図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2003年5月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

従来のオルガノシリコーン系成分を含む化粧料に存在した欠点が解決されたリーブオン型(付けたままにするタイプの)化粧料組成物を提供すること。

解決手段

式(1)

Me3SiO-[Si(R)(Me3SiO)O]x -SiMe3 (1)

[ 式中、Meはメチルであり、Rは6〜18個の炭素原子を有する直鎖状または分枝状アルキル基であり、そしてxは1〜10の数である] で表される少なくとも一種トリメチルシリルアルキル-シルセスキオキサンを0.1 〜60重量%の割合で含む、パーソナルケア用リーブオン型組成物

概要

背景

概要

従来のオルガノシリコーン系成分を含む化粧料に存在した欠点が解決されたリーブオン型(付けたままにするタイプの)化粧料組成物を提供すること。

式(1)

Me3SiO-[Si(R)(Me3SiO)O]x -SiMe3 (1)

[ 式中、Meはメチルであり、Rは6〜18個の炭素原子を有する直鎖状または分枝状アルキル基であり、そしてxは1〜10の数である] で表される少なくとも一種トリメチルシリルアルキル-シルセスキオキサンを0.1 〜60重量%の割合で含む、パーソナルケア用リーブオン型組成物

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

式(1)Me3SiO-[Si(R)(Me3SiO)O]x -SiMe3 (1)[ 式中、Meはメチルであり、Rは6〜18個の炭素原子を有する直鎖状または分枝状アルキル基であり、そしてxは1〜10の数である]で表される少なくとも一種トリメチルシリルアルキル-シルセスキオキサンを0.1 〜60重量%の割合で含む、パーソナルケアリーブオン組成物

請求項2

式(1) 中のRが6〜14個の炭素原子を有するアルキル基であること及び式(1) 中のxが1〜4の数であることを特徴とする、請求項1のリーブオン型組成物。

請求項3

式(1) 中のRがn-オクチル基であること及び式(1) 中のxが1であることを特徴とする、請求項1または2のリーブオン型組成物。

請求項4

式(1) のトリメチル-シリルアルキルシルセスキオキサンが、アルコキシシラン類クロロシラン類シラノール官能基並びに有機及び/または無機化合物を実質的に含まないことを特徴とする、請求項1〜3のいずれか一つのリーブオン型組成物。

請求項5

式(1) のトリメチル-シリルアルキルシルセスキオキサンが、アルコキシシラン類、クロロシラン類、シラノール官能基並びに有機及び/または無機化合物を3重量%未満、より好ましくは1重量%未満の量でしか含まないことを特徴とする、請求項1〜4のいずれか一つのリーブオン型組成物。

請求項6

式(1) のトリメチルシリルアルキル-シルセスキオキサンを0.5 〜10重量%、特に好ましくは1〜5重量%の割合で含むことを特徴とする、請求項1〜5のいずれか一つのリーブオン型組成物。

請求項7

局所スキンケア製品またはヘアケア製品である、請求項1〜6のいずれか一つのリーブオン型組成物。

請求項8

エマルション、好ましくはオイルインウォーター型のエマルションである、請求項1〜7のいずれか一つのリーブオン型組成物。

請求項9

マイクロエマルション、好ましくはトリプルエマルションである、請求項1〜8のいずれか一つのリーブオン型組成物。

請求項10

髪の及び輝きを高めるための方法であって、以下の式(1) :Me3SiO-[Si(R)(Me3SiO)O] x -SiMe3 (1)[ 式中、Meはメチルであり、Rは6〜18個の炭素原子を有する直鎖状または分枝状アルキル基であり、そしてxは1〜10の数である]で表される少なくとも一種のトリメチルシリルアルキルシルセスキオキサンを0.1 〜60重量%の割合で含むリーブオン型組成物の有効量を髪に適用することを含む、上記方法。

請求項11

皮膚の柔軟性を高める方法であって、以下の式(1):Me3SiO-[Si(R)(Me3SiO)O] x -SiMe3 (1)[ 式中、Meはメチルであり、Rは6〜18個の炭素原子を有する直鎖状または分枝状アルキル基であり、そしてxは1〜10の数である]で表される少なくとも一種のトリメチルシリルアルキルシルセスキオキサンを0.1 〜60重量%の割合で含むリーブオン型組成物の有効量を皮膚に適用することを含む、上記方法。

請求項12

肌の撥水性を高める方法であって、以下の式(1):Me3SiO-[Si(R)(Me3SiO)O] x -SiMe3 (1)[ 式中、Meはメチルであり、Rは6〜18個の炭素原子を有する直鎖状または分枝状アルキル基であり、そしてxは1〜10の数である]で表される少なくとも一種のトリメチルシリルアルキル-シルセスキオキサンを0.1 〜60重量%の割合で含むリーブオン型組成物の有効量を皮膚に適用することを含む、上記方法。

0001

本発明は、トリメチルシリル-アルキルシルセスキオキサン類、特にトリメチルシリル-n-オクチルシセスキオキサン類(カプリリルトリメチコーン類)を含む、パーソナルケア用のリーブオン型(Leave-on; すなわち、付けたままにするタイプの)組成物に関する。

0002

本発明のリーブオン型組成物は向上された美観を有しそして適用後または乾燥後に皮膚上で見えにくい(例えば白色の)残渣を残す。これらは、良好な非油性の皮膚の感じ、向上された塗り性(spreadability) 及び潤滑性撥水性及び低められた粘着性を供する。

0003

上記トリメチルシリル-アルキルシルセスキオキサン類は、スキンケア製品中でウォーターバリヤとして働き、肌の柔らかさと滑らかさを保ち、そしてヘアケア製品中ではと輝きを高めるために使用される。

0004

該リーブオン型組成物は、様々な物理的形態、例えば粉末、懸濁液、エマルション構造化された固形物クリーム軟質固形物、ローションエアロゾルまたはポンプスプレーの形で使用することができる。

0005

シリコーン化合物レオロジー及び官能的な利点並びに有機相容性は、幅広い種々のパーソナルケア用組成物、例えばスキンクリーム、ローション、発汗抑制剤及び体臭防止剤カラー化粧料(例えばマスカラ口紅)、サンケア(suncare)製品及びヘアコンディショナーなどの組成物中でのそれらの有用性に大いに貢献してきた。

0006

様々な特許が、シリコーン化合物、例えばジメチコノールポリアルキルシロキサン類、ポリアルキルアリールシロキサン類ポリエステルシロキサン類、ポリエーテルシロキサン類、ポリフルオロシロキサン類、ポリアミノシロキサン類及びこれらの組み合わせに基づく多様なタイプの調合物を開示している。特に、ジメチルシリコーン類(線状及び環状の両方)の使用は、適用中に望ましい官能的利点を供する。非揮発性シリコーンは、適用後に、望ましい官能的特性を髪及び皮膚に与える。

0007

しかし、残念ながら、ジメチルシリコーン類は、化粧料調合物中に使用される多くの有機材料との相容性が限られている。更にこれらは、一般的に水との相容性もない。

0008

一般式Me3SiO[Si(Me3SiO)(Ph)O] x SiMe3 (式中xは1〜3である)で表されるフェニルトリメチコーン類は、多くの有機成分と優れた相容性を示す部類のシリコーンである。フェニルトリメチコーン類は、幾つかの目的、すなわち例えば、髪の艶及び輝きを高めたり、皮膚の柔らかさ及び撥水性を向上させるなどの目的で化粧料中に配合される。また、上記のフェニルトリメチコーン類は、化粧料の適用中、増強された塗り性及び潤滑性並びに低減された粘着性をも供する。

0009

近年、オルガノシリコーン類の結末大気、川及び)について相当な研究が行われている。

0010

フェニル置換基酸化されるか及び/またはケイ素からホモリティック開裂を起こし、ベンゼン及び/またはフェノールを生成する。これらは双方とも、環境汚染物と考えられている。

0011

驚くべきことに、トリメチルシリル-アルキルシルセスキオキサン類が、パーソナルケア用のリーブオン型組成物を調合するのに特に好適であることが本発明者らによって見出された。驚くべきことに、上記のトリメチルシリルアルキルシルセスキオキサン類は、髪の艶と輝きを著しく高め、皮膚の柔らかさ及び撥水性を著しく高めそして優れた塗り性を示す。これらは、適用中、向上された塗り性及び潤滑性並びに低められた粘着性を供する。驚くべきことに、これらの結果は、フェニルトリメチコーン類が為すものよりもかなり良好である。

0012

上記トリメチルシリルアルキルシルセスキオキサン類は、エマルションを調合するのに特に有用である。有利なことには、上記トリメチルシリル- アルキルシルセスキオキサン類は、環境に優しく、そして化粧料調合物中に使用される多くの有機材料と優れた相容性を示す。

0013

それゆえ、本発明は、以下の式(1)
Me3SiO-[Si(R)(Me3SiO)O] x -SiMe3 (1)
[ 式中、Meはメチルであり、R は6〜18個の炭素原子を有する直鎖状または分枝状アルキル基であり、そしてxは1〜10の数である]で表される少なくとも一種のトリメチルシリルアルキルシルセスキオキサンを0.1 〜60重量%の割合で含む、パーソナルケア用のリーブオン型組成物を提供する。

0014

式(1) 中のアルキル基Rは、好ましくは6〜14個の炭素原子を有し、特に好ましいものは、n-オクチル基−C8H17 である。式(1) 中のxは、好ましくは1〜4の数であり、特に好ましいものはxが1である化合物である。

0015

驚くべきことに、アルコキシシラン類クロロシラン類シラノール官能基並びに有機及び/または無機化合物を実質的に含まない式(1) のトリメチルシリルアルキル-シルセスキオキサンが、本発明にとって特に有用であることが判明した。

0016

好ましいものは、アルコキシシラン類、クロロシラン類、シラノール官能基並びに有機及び/または無機化合物を3重量%未満、より好ましくは1重量%未満の量でしか含まないトリメチルシリルアルキルシルセスキオキサンである。

0017

このような高純度の式(1) のトリメチルシリル-アルキルシルセスキオキサン類は、米国特許第5,932,231 号に記載の方法に従い、純粋なトリメチルクロロシランと6〜18個、好ましくは6〜14個の炭素原子を有する純粋なアルキルトリクロロシランとの混合物を、塩酸約25重量%未満の水性層が生ずるのに十分な量の蒸留水加水分解し、そして加水分解反応混合物の温度を約90℃未満に維持して、シリコーン中間体を生成し、このシリコーン反応中間体から残留酸を洗い流し、そしてこの洗浄されたシリコーン中間体から共沸蒸留により水を除去して、乾燥されたシリコーン反応中間体を作り、そして酸触媒の存在下に、前記乾燥されたシリコーン反応中間体中のシラノール基を、少なくとも化学量論量のヘキサメチルジシロキサントリメチルシリル化することによって製造することができる。

0018

米国特許第5,932,231 号に記載される方法の全態様は、本明細書に掲載されたものとする。

0019

該リーブオン型組成物は、好ましくは、トリメチルシリルアルキルシルセスキオキサンを約0.1 〜60重量%、より好ましくは0.5 〜10重量%、特に好ましくは1〜5重量%の割合で含む。

0020

好ましい態様の一つでは、本発明のリーブオン型組成物は、更に別の揮発性シリコーン誘導体(特に、アルキルヘプタメチルトリシロキサン類、オクタメチルシクロテトラシロキサンデカメチルシクロペンタシロキサンシクロメチコーン類、ジメチコーン類、好ましくはこれらの25℃で5センチポイズ以下の粘度を有するものなどのシロキサン)、及び以下の式(2)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ