図面 (/)

技術 ウェブサイトの会員獲得システム、ウェブサイトの会員獲得方法およびウェブサイトの会員獲得用サーバ

出願人 株式会社SmartEbook.com
発明者 安嶋幸直
出願日 2001年10月5日 (17年9ヶ月経過) 出願番号 2001-310398
公開日 2003年4月18日 (16年3ヶ月経過) 公開番号 2003-114939
状態 未査定
技術分野 特定用途計算機
主要キーワード 削減システム 移行データ データ削減量 ウェブサイト画面 ウェブサイト中 ダミーページ ウェブサイト運営 上下操作
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年4月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

勝手サイト等の一般のウェブサイト閲覧しているユーザを効率良く有料公式サイトに代表される会員制のウェブサイトへ導くこと。

解決手段

種々のサービスを行う誘導用ポータルサイトリンクするリンク部142がウェブページ中に埋め込まれた複数の一般のウェブサイト141と、ユーザのリンク部142に対する所定の操作によりユーザのクライアント端末に、一般のウェブサイト141の一画面として、誘導用ポータルサイト画面120A,120Bを表示させるためのポータルサイト用データを保存すると共に会員制のウェブサイトへの入会を導く入会リンク部133のデータを保存している会員獲得用サーバ15と、ユーザの入会リンク部133に対する所定の操作によりクライアント端末が接続され、会員制のウェブサイトへのユーザの入会手続を可能とする会員制のウェブサイト用サーバ16と、を備える。

概要

背景

携帯電話端末の進歩により、ユーザは携帯電話端末を介してウェブ上の各サイトアクセス可能となっている。かかるウェブサイトには、通信回線運営するキャリア側に認められて、該キャリアが提供する初期画面から容易にアクセスできる公式サイトと、それ以外のいわゆる勝手サイトと呼ばれているサイトが存在している。公式サイトへのアクセスのためには、上述のようにキャリアが提供する初期画面にまずアクセスすることとなり、この時点で一種会員登録がなされる。

また、公式サイト及び勝手サイトには、有料サイト無料サイトがあるが、公式サイト中の有料サイトの場合、キャリア側が通信費としてユーザから料金を回収し、回収した通信費のうち有料サイトの使用料金やその有料サイトの会費分をサイト運営者側に支払う形態をとっている。このため、公式サイト中の有料サイト運営者にとっては、会費の徴収が確実に行え、ネットビジネスとしては魅力があるものとなっている。

概要

勝手サイト等の一般のウェブサイトを閲覧しているユーザを効率良く有料公式サイトに代表される会員制のウェブサイトへ導くこと。

種々のサービスを行う誘導用ポータルサイトリンクするリンク部142がウェブページ中に埋め込まれた複数の一般のウェブサイト141と、ユーザのリンク部142に対する所定の操作によりユーザのクライアント端末に、一般のウェブサイト141の一画面として、誘導用ポータルサイト画面120A,120Bを表示させるためのポータルサイト用データを保存すると共に会員制のウェブサイトへの入会を導く入会リンク部133のデータを保存している会員獲得用サーバ15と、ユーザの入会リンク部133に対する所定の操作によりクライアント端末が接続され、会員制のウェブサイトへのユーザの入会手続を可能とする会員制のウェブサイト用サーバ16と、を備える。

目的

本発明は、上記の事情に基づきなされたもので、その目的とするところは、勝手サイト等の一般のウェブサイトを閲覧しているユーザを効率良く有料公式サイトに代表される会員制のウェブサイトへ導くことができるウェブサイトの会員獲得システム、ウェブサイトの会員獲得方法およびウェブサイトの会員獲得用サーバを提供しようとするものである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

種々のサービスを行う誘導用ポータルサイトリンクするリンク部がウェブページ中に埋め込まれた複数の一般のウェブサイトと、ユーザの上記リンク部に対する所定の操作によりユーザのクライアント端末に、上記一般のウェブサイトの一画面として、上記誘導用ポータルサイトを表示させるためのポータルサイト用データを保存すると共に会員制のウェブサイトへの入会を導く入会リンク部のデータを保存している会員獲得用サーバと、上記ユーザの上記入会リンク部に対する所定の操作により上記クライアント端末が接続され、上記会員制のウェブサイトへの上記ユーザの入会手続を可能とする会員制のウェブサイト用サーバと、を備えていることを特徴とするウェブサイトの会員獲得システム

請求項2

前記会員獲得用サーバは、前記入会リンク部に対する所定の操作の回数を、入会対象となる複数の会員制のウェブサイト毎カウントし、そのカウントデータを保存することを特徴とする請求項1記載のウェブサイトの会員獲得システム。

請求項3

種々のサービスを行う誘導用ポータルサイトにリンクするリンク部がウェブページ中に埋め込まれた複数の一般のウェブサイトと、ユーザの上記リンク部に対する所定の操作によりユーザのクライアント端末に、上記一般のウェブサイトの一画面として、上記誘導用ポータルサイトを表示させるためのポータルサイト用データを保存すると共に会員制のウェブサイトへ移行させる会員サイトリンク部のデータを保存し、かつ上記誘導用ポータルサイトから上記会員制のウェブサイトへユーザが移行した際に会員制のウェブサイトの各ウェブページのURLの最後に付与されるデータであって上記誘導用ポータルサイトを識別するための識別データを保存している会員獲得用サーバと、上記ユーザが上記会員制のウェブサイトの会員となった際にその会員の情報と共に上記識別データを保存する会員制のウェブサイト用サーバと、を備えることを特徴とするウェブサイトの会員獲得システム。

請求項4

前記会員獲得用サーバは、前記一般のウェブサイト中のリンク部から移行してきた前記ユーザの前記クライアント端末に表示させるウェブページの一部に、リンク元の前記一般のウェブサイトのロゴマーク等であってそのリンク元の一般のウェブサイトを特定できるマークを表示できるようにした前記ポータルサイト用データを保持し、前記ポータルサイト用データを利用して複数の一般のウェブサイトのそれぞれに対応した前記誘導用ポータルサイトの画面を前記クライアント端末に表示させるようにしたことを特徴とする請求項1、2または3記載のウェブサイトの会員獲得システム。

請求項5

前記会員獲得用サーバは、前記一般のウェブサイトから前記誘導用ポータルサイトに移行してきたユーザの数、およびそのユーザの中で前記入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数またはその入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数に代えて前記識別データを有するユーザの数をその一般のウェブサイト毎にカウントし、そのデータを保存することを特徴とする請求項1、2、3または4記載のウェブサイトの会員獲得システム。

請求項6

前記会員獲得用サーバは、前記一般のウェブサイトから前記誘導用ポータルサイトへ移行してきたユーザの数またはそのユーザの中で前記会員制のウェブサイトの会員登録へ移行したユーザの数の少なくとも一方を表示するウェブページを保持し、前記一般のウェブサイトを運営する者がネットワークを介してそのウェブページを閲覧可能にしたことを特徴とする請求項1から5のいずれか1項記載のウェブサイトの会員獲得システム。

請求項7

前記会員獲得用サーバは、前記入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数または前記識別データを有するユーザの数を表示するウェブページを保持し、前記会員制のウェブサイトを運営する者がネットワークを介してそのウェブページを閲覧可能にしたことを特徴とする請求項1から6のいずれか1項記載のウェブサイトの会員獲得システム。

請求項8

前記会員獲得用サーバは、前記入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数または前記識別データを有するユーザの数のいずれかを根拠とした所定の計算式に基づく会員獲得のための料金を計算し、その額を表示するウェブページを保持し、前記会員制のウェブサイトを運営する者がネットワークを介してそのウェブページを閲覧可能にすると共にそのウェブページによってその金額が請求されるようにしたことを特徴とする請求項1から7のいずれか1項記載のウェブサイトの会員獲得システム。

請求項9

種々のサービスを行う誘導用ポータルサイトにリンクするリンク部が埋め込まれた一般のウェブサイトにアクセスしたユーザがそのクライアント端末の画面に表示される上記リンク部に対して所定の操作をすることで上記誘導用ポータルサイトであって上記一般のウェブサイトの一画面とみなされる画面を有するポータルサイトにアクセスさせ、その後、その誘導用ポータルサイトのウェブページ中に埋め込まれた、上記会員制のウェブサイトへの入会を導く入会リンク部に所定の操作をさせることで、上記会員制のウェブサイトの会員登録のための画面を上記クライアント端末に表示させ、上記一般のウェブサイトを閲覧している上記ユーザを会員制のウェブサイトの会員に導くようにしたこと、を特徴とするウェブサイトの会員獲得方法

請求項10

前記入会リンク部に対する所定の操作の回数を、入会対象となる複数の会員制のウェブサイト毎にカウントし、そのカウントデータを前記誘導用ポータルサイトが置かれる会員獲得用サーバまたは他のウェブサーバに保存することを特徴とする請求項9記載のウェブサイトの会員獲得方法。

請求項11

種々のサービスを行う誘導用ポータルサイトにリンクするリンク部が埋め込まれた一般のウェブサイトにアクセスしたユーザがそのクライアント端末の画面に表示される上記リンク部に対して所定の操作をすることで上記誘導用ポータルサイトであって上記一般のウェブサイトの一画面とみなされる画面を有するポータルサイトにアクセスさせ、その後、その誘導用ポータルサイトのウェブページ中に埋め込まれた、上記会員制のウェブサイトへ移行させる会員サイトリンク部に対する所定の操作をさせることで、上記ユーザを上記会員制のウェブサイトへ導くと共に、上記誘導用ポータルサイトから上記会員制のウェブサイトへ上記ユーザが移行した際に、上記誘導用ポータルサイトを識別するための識別データを上記会員制のウェブサイトのウェブページのURLの最後に付与するようにしたこと、を特徴とするウェブサイトの会員獲得方法。

請求項12

前記誘導用ポータルサイトでは、前記会員制のウェブサイトを含む複数のウェブサイトをキーワードによって検索可能とされていることを特徴とする請求項9、10または11記載のウェブサイトの会員獲得方法。

請求項13

前記検索の結果を前記ユーザの前記クライアント端末の画面に表示する際、前記誘導用ポータルサイトと契約している前記会員制のウェブサイトの情報を、契約していない他の会員制のウェブサイトの情報より上位に表示させることを特徴とする請求項9、10、11または12記載のウェブサイトの会員獲得方法。

請求項14

前記一般のウェブサイト中のリンク部から移行してきた前記ユーザの前記クライアント端末に表示させるウェブページの一部に、リンク元の前記一般のウェブサイトのロゴマーク等であってそのリンク元の一般のウェブサイトを特定できるマークを表示できるようにした前記誘導用ポータルサイトのためのデータを保持し、この誘導用ポータルサイトのためのデータを利用して複数の一般のウェブサイトのそれぞれに対応した前記誘導用ポータルサイトの画面を前記クライアント端末に表示させるようにしたことを特徴とする請求項9から13のいずれか1項記載のウェブサイトの会員獲得方法。

請求項15

前記一般のウェブサイトから前記誘導用ポータルサイトに移行してきたユーザの数およびそのユーザの中で前記入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数またはその入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数に代えて前記識別データを有するユーザの数をその一般のウェブサイト毎にカウントし、上記2つのデータの少なくとも一方を前記一般のウェブサイトを運営する者に表示可能としたことを特徴とする請求項9から14のいずれか1項記載のウェブサイトの会員獲得方法。

請求項16

前記入会リンク部に対して所定の操作をしたユーザの数または前記識別データを有するユーザの数を前記会員制のウェブサイトを運営する者に表示可能としたことを特徴とする請求項9から15のいずれか1項記載の会員獲得方法。

請求項17

複数の一般のウェブサイトのウェブページ中に埋め込まれたリンク部に対して所定の操作をすることで、ユーザのクライアント端末に、種々のサービスを行う誘導用ポータルサイトを上記一般のウェブサイトの一画面として表示させるためのポータルサイト用データを保存すると共に会員制のウェブサイトへの入会を導く入会リンク部のデータを保存し、ネットワークを介して上記ユーザの上記クライアント端末に接続可能とされていることを特徴とするウェブサイトの会員獲得用サーバ。

請求項18

前記入会リンク部に対する所定の操作の回数を、入会対象となる複数の会員制のウェブサイト毎にカウントし、そのカウントデータを保存することを特徴とする請求項17記載のウェブサイトの会員獲得用サーバ。

請求項19

複数の一般のウェブサイトのウェブページ中に埋め込まれたリンク部に対する所定の操作をすることで、ユーザのクライアント端末に、種々のサービスを行う誘導用ポータルサイトを上記一般のウェブサイトの一画面として表示させるためのポータルサイト用データを保存すると共に会員制のウェブサイトへ移行させる会員サイトリンク部のデータを保存し、かつ上記誘導用ポータルサイトから上記会員制のウェブサイトへユーザが移行した際に、上記会員制のウェブサイトの各ウェブページのURLの最後に付与されるデータであって上記誘導用ポータルサイトを識別するための識別データを保存していることを特徴とするウェブサイトの会員獲得用サーバ。

請求項20

前記一般のウェブサイト中のリンク部から移行してきた前記ユーザの前記クライアント端末に表示させるウェブページの一部に、リンク元の前記一般のウェブサイトのロゴマーク等であってそのリンク元の一般のウェブサイトを特定できるマークを表示できるようにした前記ポータルサイト用データを保持したことを特徴とする請求項17、18または19記載のウェブサイトの会員獲得用サーバ。

請求項21

前記一般のウェブサイトから前記誘導用ポータルサイトに移行してきたユーザの数、およびそのユーザの中で前記入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数またはその入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数に代えて前記識別データを有するユーザの数をその一般のウェブサイト毎にカウントし、そのデータを保存することを特徴とする請求項17から20のいずれか1項記載のウェブサイトの会員獲得用サーバ。

請求項22

前記一般のウェブサイトから前記誘導用ポータルサイトへ移行してきたユーザの数またはそのユーザの中で前記会員制のウェブサイトの会員登録へ移行したユーザの数の少なくとも一方を表示するウェブページを保持し、前記一般のウェブサイトを運営する者がネットワークを介してそのウェブページを閲覧可能にしたことを特徴とする請求項17から21のいずれか1項記載のウェブサイトの会員獲得用サーバ。

請求項23

前記入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数または前記識別データを有するユーザの数を表示するウェブページを保持し、前記会員制のウェブサイトを運営する者がネットワークを介してそのウェブページを閲覧可能にしたことを特徴とする請求項17から22のいずれか1項記載のウェブサイトの会員獲得用サーバ。

請求項24

前記入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数または前記識別データを有するユーザの数のいずれかを根拠とした所定の計算式に基づく会員獲得のための料金を計算し、その額を表示するウェブページを保持し、前記会員制のウェブサイトを運営する者がネットワークを介してそのウェブページを閲覧可能にすると共にそのウェブページによってその金額が請求されるようにしたことを特徴とする請求項17から23のいずれか1項記載のウェブサイトの会員獲得用サーバ。

技術分野

0001

本発明は、一般のウェブサイト閲覧しているユーザを会員制のウェブサイトの会員に導く際に好適なウェブサイトの会員獲得システム、ウェブサイトの会員獲得方法およびウェブサイトの会員獲得用サーバに関する。

背景技術

0002

携帯電話端末の進歩により、ユーザは携帯電話端末を介してウェブ上の各サイトアクセス可能となっている。かかるウェブサイトには、通信回線運営するキャリア側に認められて、該キャリアが提供する初期画面から容易にアクセスできる公式サイトと、それ以外のいわゆる勝手サイトと呼ばれているサイトが存在している。公式サイトへのアクセスのためには、上述のようにキャリアが提供する初期画面にまずアクセスすることとなり、この時点で一種会員登録がなされる。

0003

また、公式サイト及び勝手サイトには、有料サイト無料サイトがあるが、公式サイト中の有料サイトの場合、キャリア側が通信費としてユーザから料金を回収し、回収した通信費のうち有料サイトの使用料金やその有料サイトの会費分をサイト運営者側に支払う形態をとっている。このため、公式サイト中の有料サイト運営者にとっては、会費の徴収が確実に行え、ネットビジネスとしては魅力があるものとなっている。

発明が解決しようとする課題

0004

ところで、上述のように、公式サイト中の有料サイトとしては、会員を増やすことが収入増につながるため会員増加を目論むこととなる。しかしながら、有料サイトの数は多く、その存在を認知させるには多額の宣伝費や多大な労力をかけてのPRが必要となる。一方、勝手サイトは、その収入を主に広告費でまかなうビジネスモデルを採用している場合が多い。しかし、広告収入は、景気の変動を受けやすく安定した経営をしづらい。そこで、勝手サイトとしては、有料公式サイトの会員増へ寄与できることとなれば、その有料公式サイトからのキャッシュバック等の各種のバックが期待できることとなる。

0005

本発明は、上記の事情に基づきなされたもので、その目的とするところは、勝手サイト等の一般のウェブサイトを閲覧しているユーザを効率良く有料公式サイトに代表される会員制のウェブサイトへ導くことができるウェブサイトの会員獲得システム、ウェブサイトの会員獲得方法およびウェブサイトの会員獲得用サーバを提供しようとするものである。

課題を解決するための手段

0006

上述の目的を達成するため、本発明のウェブサイトの会員獲得システムは、種々のサービスを行う誘導用ポータルサイトリンクするリンク部がウェブページ中に埋め込まれた複数の一般のウェブサイトと、ユーザのリンク部に対する所定の操作によりユーザのクライアント端末に、一般のウェブサイトの一画面として、誘導用ポータルサイトを表示させるためのポータルサイト用データを保存すると共に会員制のウェブサイトへの入会を導く入会リンク部のデータを保存している会員獲得用サーバと、ユーザの入会リンク部に対する所定の操作によりクライアント端末が接続され、会員制のウェブサイトへのユーザの入会手続を可能とする会員制のウェブサイト用サーバと、を備えている。

0007

このため、一般のウェブサイトである、いわゆる勝手サイトと、公式サイトのような会員制のウェブサイト、特に公式サイト中の有料サイトとを、誘導用ポータルサイトを介して違和感なくつなぐことができる。この結果、一般のウェブサイトを閲覧しているユーザを会員制のウェブサイトへ導きやすくなり、会員制のウェブサイトの会員が増加することとなる。また、一般のウェブサイトから会員制のウェブサイトの会員登録までのユーザの軌跡を把握しやすくなる。なお、会員制のウェブサイトとは、上述した公式サイトのように、キャリアが提供する初期画面からアクセスする際にそのキャリアのサービスを享受可能とする会員登録を行う場合の公式サイト全体であったり、公式サイト等であるそれぞれのウェブサイトが提供する会員登録画面への会員登録を行う場合の各公式サイトや勝手サイトであったりする。

0008

また、他の発明は、上述の発明に加えて、会員獲得用サーバは、入会リンク部に対する所定の操作の回数を、入会対象となる複数の会員制のウェブサイト毎カウントし、そのカウントデータを保存している。

0009

この構成によって、この誘導用ポータルサイトを経由して会員制のウェブサイトへ入会した会員数を、その会員制のウェブサイト毎に把握できることとなる。この結果、このシステム運用者は、会員数の増加に見合った適切な金額を各会員制のウェブサイトから受け取ることが可能となる。

0010

さらに、他の発明のウェブサイトの会員獲得システムは、種々のサービスを行う誘導用ポータルサイトにリンクするリンク部がウェブページ中に埋め込まれた複数の一般のウェブサイトと、ユーザのリンク部に対する所定の操作によりユーザのクライアント端末に、一般のウェブサイトの一画面として、誘導用ポータルサイトを表示させるためのポータルサイト用データを保存すると共に会員制のウェブサイトへ移行させる会員サイトリンク部のデータを保存し、かつ誘導用ポータルサイトから会員制のウェブサイトへユーザが移行した際に会員制のウェブサイトの各ウェブページのURLの最後に付与されるデータであって誘導用ポータルサイトを識別するための識別データを保存している会員獲得用サーバと、ユーザが会員制のウェブサイトの会員となった際にその会員の情報と共に識別データを保存する会員制のウェブサイト用サーバと、を備えている。

0011

このため、一般のウェブサイトである、いわゆる勝手サイトと、公式サイトのような会員制のウェブサイト、特に公式サイト中の有料サイトとを、誘導用ポータルサイトを介して違和感なくつなぐことができる。この結果、一般のウェブサイトを閲覧しているユーザを会員制のウェブサイトへ導きやすくなり、会員制のウェブサイトの会員が増加することとなる。また、一般のウェブサイトから会員制のウェブサイトの会員登録までのユーザの軌跡を把握しやすくなる。さらに、識別データを有している会員のデータを会員制のウェブサイト用サーバから受信するようにすると、誘導用ポータルサイトを経由して会員制のウェブサイトへ入会した会員数を、その会員制のウェブサイト毎に把握できることとなる。この結果、このシステムの運用者は、会員数の増加に見合った適切な金額を各会員制のウェブサイトから受け取ることが可能となる。

0012

また、他の発明は、上述の各発明のウェブサイトの会員獲得システムに加え、会員獲得用サーバは、一般のウェブサイト中のリンク部から移行してきたユーザのクライアント端末に表示させるウェブページの一部に、リンク元の一般のウェブサイトのロゴマーク等であってそのリンク元の一般のウェブサイトを特定できるマークを表示できるようにしたポータルサイト用データを保持し、このポータルサイト用データを利用して複数の一般のウェブサイトのそれぞれに対応した誘導用ポータルサイトの画面をクライアント端末に表示させるようにしている。

0013

このように、リンク元のウェブサイトを特定できるマークを誘導用ポータルサイトのウェブページ中に表示させているので、一般のウェブサイトを閲覧していたユーザは、そのウェブサイトのままであると感じやすくなる。すなわち、ユーザは、その一般のウェブサイトの閲覧行動の一つと思い込んで誘導用ポータルサイトの画面を閲覧することとなる。

0014

また、他の発明は、上述の各発明のウェブサイトの会員獲得システムに加え、会員獲得用サーバは、一般のウェブサイトから誘導用ポータルサイトに移行してきたユーザの数、およびそのユーザの中で入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数またはその入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数に代えて識別データを有するユーザの数をその一般のウェブサイト毎にカウントし、そのデータを保存している。

0015

この構成によって一般のウェブサイトから誘導用ポータルサイトへ移行してきたユーザの数と会員制のウェブサイトへ会員登録したユーザの数を各一般のウェブサイト毎に把握できることとなる。この結果、このシステムの運用者は、会員数の増加に見合った適切な金額を会員制のウェブサイトから受け取ることが可能になると共にその受け取った金額の一部またはすべてを各一般のウェブサイトへ適切に配分することが可能となる。

0016

さらに、他の発明は、上述の各発明に加え、会員獲得用サーバは、一般のウェブサイトから誘導用ポータルサイトへ移行してきたユーザの数またはそのユーザの中で会員制のウェブサイトの会員登録へ移行したユーザの数の少なくとも一方を表示するウェブページを保持し、一般のウェブサイトを運営する者がネットワークを介してそのウェブページを閲覧可能にしている。

0017

この構成によって、一般のウェブサイトを運営する者は、自分のウェブサイトから誘導用ポータルサイトへ流れたユーザの数と、そのユーザの内、会員制のウェブサイトの会員登録へ移行したユーザの数の少なくとも一方を把握することが可能となる。このため、一般のウェブサイトを運営する者は、自分のウェブサイトの寄与度客観的に算出することが可能になる。なお、会員登録への移行としては、誘導用ポータルサイト中の入会リンク部をクリックすることであったり、会員制のウェブサイトへの会員登録そのものであったりする。

0018

また、他の発明は、上述の各発明に加え、会員獲得用サーバは、入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数または識別データを有するユーザの数を表示するウェブページを保持し、会員制のウェブサイトを運営する者がネットワークを介してそのウェブページを閲覧可能にしている。

0019

このように構成したので、会員制のウェブサイトを運営する者は、誘導用ポータルサイトから流れてきて自分のウェブサイトの会員登録を行った者の数を把握できることとなる。このため、会員制のウェブサイトを運営する者は、誘導用ポータルサイトの寄与度を客観的に算出できることとなる。

0020

さらに、他の発明は、上述の各発明に加え、会員獲得用サーバは、入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数または識別データを有するユーザの数のいずれかを根拠とした所定の計算式に基づく会員獲得のための料金を計算し、その額を表示するウェブページを保持し、会員制のウェブサイトを運営する者がネットワークを介してそのウェブページを閲覧可能にすると共にそのウェブページによってその金額が請求されるようにしている。

0021

この構成によって、会員制のウェブサイトを運営する者は、会員の増加に伴って誘導用ポータルサイトに支払うこととなる金額を簡単に把握できることとなると共に支払うべき金額の請求を簡単に受信することが可能となる。

0022

また、本発明のウェブサイトの会員獲得方法は、種々のサービスを行う誘導用ポータルサイトにリンクするリンク部が埋め込まれた一般のウェブサイトにアクセスしたユーザがそのクライアント端末の画面に表示されるリンク部に対して所定の操作をすることで誘導用ポータルサイトであって一般のウェブサイトの一画面とみなされる画面を有するポータルサイトにアクセスさせ、その後、その誘導用ポータルサイトのウェブページ中に埋め込まれた、会員制のウェブサイトへの入会を導く入会リンク部に所定の操作をさせることで、会員制のウェブサイトの会員登録のための画面をクライアント端末に表示させ、一般のウェブサイトを閲覧しているユーザを会員制のウェブサイトの会員に導くようにしている。

0023

このため、一般のウェブサイトである、いわゆる勝手サイトと、公式サイトのような会員制のウェブサイト、特に公式サイト中の有料サイトとを、誘導用ポータルサイトを介して違和感なくつなぐことができる。この結果、一般のウェブサイトを閲覧しているユーザを会員制のウェブサイトへ導きやすくなり、会員制のウェブサイトの会員が増加することとなる。また、一般のウェブサイトから会員制のウェブサイトの会員登録までのユーザの軌跡を把握しやすくなる。

0024

さらに、他の発明は、上述の発明のウェブサイトの会員獲得方法に加え、入会リンク部に対する所定の操作の回数を、入会対象となる複数の会員制のウェブサイト毎にカウントし、そのカウントデータを誘導用ポータルサイトが置かれる会員獲得用サーバまたは他のウェブサーバに保存している。

0025

この方法の採用によって、この誘導用ポータルサイトを経由して会員制のウェブサイトへ入会した会員数を、その会員制のウェブサイト毎に把握できることとなる。この結果、このシステムの運用者は、会員数の増加に見合った適切な金額を各会員制のウェブサイトから受け取ることが可能となる。

0026

また、他の発明のウェブサイトの会員獲得方法は、種々のサービスを行う誘導用ポータルサイトにリンクするリンク部が埋め込まれた一般のウェブサイトにアクセスしたユーザがそのクライアント端末の画面に表示されるリンク部に対して所定の操作をすることで誘導用ポータルサイトであって一般のウェブサイトの一画面とみなされる画面を有するポータルサイトにアクセスさせ、その後、その誘導用ポータルサイトのウェブページ中に埋め込まれた、会員制のウェブサイトへ移行させる会員サイトリンク部に対する所定の操作をさせることで、ユーザを会員制のウェブサイトへ導くと共に、誘導用ポータルサイトから会員制のウェブサイトへユーザが移行した際に、誘導用ポータルサイトを識別するための識別データを会員制のウェブサイトのウェブページのURLの最後に付与するようにしている。

0027

このため、一般のウェブサイトである、いわゆる勝手サイトと、公式サイトのような会員制のウェブサイト、特に公式サイト中の有料サイトとを、誘導用ポータルサイトを介して違和感なくつなぐことができる。この結果、一般のウェブサイトを閲覧しているユーザを会員制のウェブサイトへ導きやすくなり、会員制のウェブサイトの会員が増加することとなる。また、一般のウェブサイトから会員制のウェブサイトの会員登録までのユーザの軌跡を把握しやすくなる。

0028

また、他の発明は、上述の各発明のウェブサイトの会員獲得方法に加え、誘導用ポータルサイトでは、会員制のウェブサイトを含む複数のウェブサイトをキーワードによって検索可能とされている。

0029

このように、誘導用ポータルサイトにおいては、ウェブサイトを検索できるようになっているので、会員制のウェブサイトの検索と抽出が容易となる。また、検索され抽出されたウェブサイトが会員制のウェブサイトであると、その抽出結果部分から会員制のウェブサイトへ直接移行したり、その会員制のウェブサイトを模した擬似のウェブサイトを介して会員登録をさせたりすることが容易となる。

0030

さらに、他の発明は、上述の各発明のウェブサイトの会員獲得方法に加え、検索の結果をユーザのクライアント端末の画面に表示する際、誘導用ポータルサイトと契約している会員制のウェブサイトの情報を、契約していない他の会員制のウェブサイトの情報より上位に表示させている。

0031

この方法を採用すると、契約先の会員制のウェブサイトへの会員登録が、契約していない他のウェブサイトに比べ、増加する。このため、会員制のウェブサイトとの契約の中で、誘導用ポータルサイト経由の会員登録数に対応したキャッシュバック等を行うことが明示されているような場合、その金額が増加し、誘導用ポータルサイトの運営者の収入が増加することとなる。

0032

また、他の発明は、上述の各発明のウェブサイトの会員獲得方法に加え、一般のウェブサイト中のリンク部から移行してきたユーザのクライアント端末に表示させるウェブページの一部に、リンク元の一般のウェブサイトのロゴマーク等であってそのリンク元の一般のウェブサイトを特定できるマークを表示できるようにした誘導用ポータルサイトのためのデータを保持し、この誘導用ポータルサイトのためのデータを利用して複数の一般のウェブサイトのそれぞれに対応した誘導用ポータルサイトの画面をクライアント端末に表示させるようにしている。

0033

このように、リンク元のウェブサイトを特定できるマークを誘導用ポータルサイトのウェブページ中に表示させているので、一般のウェブサイトを閲覧していたユーザは、そのウェブサイトのままであると感じやすくなる。すなわち、ユーザは、その一般のウェブサイトの閲覧行動の一つと思い込んで誘導用ポータルサイトの画面を閲覧することとなる。

0034

また、他の発明は、上述の各発明のウェブサイトの会員獲得方法に加え、一般のウェブサイトから誘導用ポータルサイトに移行してきたユーザの数およびそのユーザの中で入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数またはその入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数に代えて識別データを有するユーザの数をその一般のウェブサイト毎にカウントし、2つのデータの少なくとも一方を一般のウェブサイトを運営する者に表示可能としている。

0035

この方法を採用すると、一般のウェブサイトを運営する者は、自分のウェブサイトから誘導用ポータルサイトへ流れたユーザの数と、そのユーザの内、会員制のウェブサイトの会員登録へ移行したユーザの数(入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数またはその入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数に代えて識別データを有するユーザの数)の少なくとも一方を把握することが可能となる。このため、一般のウェブサイトを運営する者は、自分のウェブサイトの寄与度を客観的に算出することが可能になる。この結果、このシステムの運用者は、会員数の増加に見合った適切な金額を会員制のウェブサイトから受け取ることが可能になると共にその受け取った金額の一部またはすべてを各一般のウェブサイトへ適切に配分することが可能となる。なお、会員登録への移行としては、誘導用ポータルサイト中の入会リンク部をクリックすることであったり、会員制のウェブサイトへの会員登録そのものであったりする。

0036

また、他の発明は、上述の各発明のウェブサイトの会員獲得方法に加え、入会リンク部に対して所定の操作をしたユーザの数または識別データを有するユーザの数を会員制のウェブサイトを運営する者に表示可能としている。

0037

この方法を採用すると、会員制のウェブサイトを運営する者は、誘導用ポータルサイトから流れてきて自分のウェブサイトの会員登録を行った者の数を把握できることとなる。このため、会員制のウェブサイトを運営する者は、誘導用ポータルサイトの寄与度を客観的に算出できることとなり、必要なら、適切な金額を誘導用ポータルサイトの運営者に支払うことが可能となる。

0038

また、本発明のウェブサイトの会員獲得用サーバは、複数の一般のウェブサイトのウェブページ中に埋め込まれたリンク部に対して所定の操作をすることで、ユーザのクライアント端末に、種々のサービスを行う誘導用ポータルサイトを一般のウェブサイトの一画面として表示させるためのポータルサイト用データを保存すると共に会員制のウェブサイトへの入会を導く入会リンク部のデータを保存し、ネットワークを介してユーザのクライアント端末に接続可能とされている。

0039

このサーバを利用すると、一般のウェブサイトである、いわゆる勝手サイトと、公式サイトのような会員制のウェブサイト、特に公式サイト中の有料サイトとを、誘導用ポータルサイトを介して違和感なくつなぐことができる。この結果、一般のウェブサイトを閲覧しているユーザを会員制のウェブサイトへ導きやすくなり、会員制のウェブサイトの会員が増加することとなる。また、一般のウェブサイトから会員制のウェブサイトの会員登録までのユーザの軌跡を把握しやすくなる。

0040

さらに、他の発明は、上述のウェブサイトの会員獲得用サーバに加え、入会リンク部に対する所定の操作の回数を、入会対象となる複数の会員制のウェブサイト毎にカウントし、そのカウントデータを保存している。

0041

この構成によって、この誘導用ポータルサイトを経由して会員制のウェブサイトへ入会した会員数を、その会員制のウェブサイト毎に把握できることとなる。この結果、このシステムの運用者は、会員数の増加に見合った適切な金額を各会員制のウェブサイトから受け取ることが可能となる。

0042

また、他の発明のウェブサイトの会員獲得用サーバは、複数の一般のウェブサイトのウェブページ中に埋め込まれたリンク部に対する所定の操作をすることで、ユーザのクライアント端末に、種々のサービスを行う誘導用ポータルサイトを一般のウェブサイトの一画面として表示させるためのポータルサイト用データを保存すると共に会員制のウェブサイトへ移行させる会員サイトリンク部のデータを保存し、かつ誘導用ポータルサイトから会員制のウェブサイトへユーザが移行した際に、会員制のウェブサイトの各ウェブページのURLの最後に付与されるデータであって誘導用ポータルサイトを識別するための識別データを保存している。

0043

このサーバを利用すると、一般のウェブサイトである、いわゆる勝手サイトと、公式サイトのような会員制のウェブサイト、特に公式サイト中の有料サイトとを、誘導用ポータルサイトを介して違和感なくつなぐことができる。この結果、一般のウェブサイトを閲覧しているユーザを会員制のウェブサイトへ導きやすくなり、会員制のウェブサイトの会員が増加することとなる。また、一般のウェブサイトから会員制のウェブサイトの会員登録までのユーザの軌跡を把握しやすくなる。

0044

さらに他の発明は、上述の各発明のウェブサイトの会員獲得用サーバに加え、一般のウェブサイト中のリンク部から移行してきたユーザのクライアント端末に表示させるウェブページの一部に、リンク元の一般のウェブサイトのロゴマーク等であってそのリンク元の一般のウェブサイトを特定できるマークを表示できるようにしたポータルサイト用データを保持している。

0045

このように、リンク元のウェブサイトを特定できるマークを誘導用ポータルサイトのウェブページ中に表示させているので、一般のウェブサイトを閲覧していたユーザは、そのウェブサイトのままであると感じやすくなる。すなわち、ユーザはその一般のウェブサイトの閲覧行動の一つと思い込んで誘導用ポータルサイトの画面を閲覧することとなる。

0046

また、他の発明は、上述の各発明のウェブサイトの会員獲得用サーバに加え、一般のウェブサイトから誘導用ポータルサイトに移行してきたユーザの数、およびそのユーザの中で入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数またはその入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数に代えて識別データを有するユーザの数をその一般のウェブサイト毎にカウントし、そのデータを保存している。

0047

この構成によって、一般のウェブサイトから誘導用ポータルサイトへ移行してきたユーザの数と会員制のウェブサイトへ会員登録したユーザの数を各一般のウェブサイト毎に把握できることとなる。この結果、このシステムの運用者は、会員数の増加に見合った適切な金額を会員制のウェブサイトから受け取ることが可能になると共にその受け取った金額の一部またはすべてを各一般のウェブサイトへ適切に配分することが可能となる。

0048

また、他の発明は、上述の各発明のウェブサイトの会員獲得用サーバに加え、一般のウェブサイトから誘導用ポータルサイトへ移行してきたユーザの数またはそのユーザの中で会員制のウェブサイトの会員登録へ移行したユーザの数の少なくとも一方を表示するウェブページを保持し、一般のウェブサイトを運営する者がネットワークを介してそのウェブページを閲覧可能にしている。

0049

この構成によって、一般のウェブサイトを運営する者は、自分のウェブサイトから誘導用ポータルサイトへ流れたユーザの数と、そのユーザの内、会員制のウェブサイトの会員登録へ移行したユーザの数の少なくとも一方を把握することが可能となる。このため、一般のウェブサイトを運営する者は、自分のウェブサイトの寄与度を客観的に算出することが可能になる。なお、会員登録への移行としては、ポータルサイト中の入会リンク部に対して所定の操作をすることであったり、会員制のウェブサイトへの会員登録そのものであったりする。

0050

さらに他の発明は、上述の各発明のウェブサイトの会員獲得用サーバに加え、入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数または識別データを有するユーザの数を表示するウェブページを保持し、会員制のウェブサイトを運営する者がネットワークを介してそのウェブページを閲覧可能にしている。

0051

このように構成したので、会員制のウェブサイトを運営する者は、誘導用ポータルサイトから流れてきて自分のウェブサイトの会員登録を行った者の数を把握できることとなる。このため、会員制のウェブサイトを運営する者は、誘導用ポータルサイトの寄与度を客観的に算出できることとなる。

0052

また、他の発明は、上述の各発明のウェブサイトの会員獲得用サーバに加え、入会リンク部に対する所定の操作をしたユーザの数または識別データを有するユーザの数のいずれかを根拠とした所定の計算式に基づく会員獲得のための料金を計算し、その額を表示するウェブページを保持し、会員制のウェブサイトを運営する者がネットワークを介してそのウェブページを閲覧可能にすると共にそのウェブページによってその金額が請求されるようにしている。

0053

この構成によって、会員制のウェブサイトを運営する者は、会員の増加に伴って誘導用ポータルサイトに支払うこととなる金額を簡単に把握できることとなると共に支払うべき金額の請求を簡単に受信することが可能となる。

発明を実施するための最良の形態

0054

以下、本発明の一実施の形態について、図1から図12に基づいて説明する。この実施の形態の説明に当たっては、主としてウェブサイトの会員獲得システムについて説明し、ウェブサイトの会員獲得方法およびウェブサイトの会員獲得用サーバについては、ウェブサイトの会員獲得システムの説明と併せて説明することとする。

0055

図1は、本発明の一実施の形態であるウェブサイトの会員獲得システム10の概要を示す図である。このウェブサイトの会員獲得システム10は、クライアントサーバシステムであり、ポータルサイトや会員制のウェブサイト等に対して、クライアント端末(情報端末)としての携帯電話端末11からアクセスするものである。

0056

なお、携帯電話端末11は、インターネットにアクセス可能なタイプの携帯電話端末である。その携帯電話端末11のタイプは、JAVA(登録商標)言語で記載されたアプリケーションプログラム起動させることが可能な、JAVA対応タイプの携帯電話端末11aであったり、JAVA言語で記載されたアプリケーションプログラムの起動ができないJAVA非対応タイプの携帯電話端末11bであったりする。また、クライアント端末としては、携帯電話端末11以外にパーソナルコンピュータ、PDA(Personal Digital Assistants )、ゲーム機器通信機能を有する他の情報端末等としても良い。

0057

この図1に示すように、このウェブサイトの会員獲得システム10は、携帯電話端末11と、この携帯電話端末11が基地局12を介して接続する、通信回線を提供しているキャリアが運営しているキャリア用ウェブサーバ13と、このキャリア用ウェブサーバ13を介してインターネット網17に接続した後、携帯電話端末11からアクセス可能とされるいわゆる勝手サイトと呼ばれる一般のウェブサイトが置かれる一般ウェブサイト用サーバ14と、一般のウェブサイトから移行してきたユーザを会員制のウェブサイトに導くための誘導用ポータルサイトが配置される会員獲得用サーバ15と、会員制のウェブサイトが置かれる会員制のウェブサイト用サーバ16と、各サーバ13,14,15,16をつなぐネットワークとなるインターネット網17とから主に構成される。

0058

このウェブサイトの会員獲得システム10においては、携帯電話端末11は、各キャリアが有する基地局12を介して、該基地局12が管理されるサーバであると共に、インターネット網17への接続を可能にするプロバイダサーバともなるキャリア用ウェブサーバ13にアクセスされる。そして、このキャリア用ウェブサーバ13がインターネット網17に接続され、誘導用ポータルサイトが置かれる会員獲得用サーバ15や、これとは別のコンテンツ提供者が有するコンテンツサーバともなる一般のウェブサイト用サーバ14や会員制のウェブサイト用サーバ16にアクセス可能とされている。なお、図1では、キャリア用ウェブサーバ13、一般のウェブサイト用サーバ14、会員制のウェブサイト用サーバ16をそれぞれ1つずつのみ示しているが、実際は複数存在している。特に、各ウェブサイト用サーバ14,16は、それぞれ数百以上配置されている。

0059

なお、誘導用ポータルサイトの運営者が独自のコンテンツを提供可能な場合には、そのポータルサイト運営者が独自のコンテンツサーバを有していても良い。また、かかるコンテンツを会員獲得用サーバ15内のデータベース部51(図3参照)内に記憶させるように構成しても良い。この実施の形態では、会員獲得用サーバ15内に誘導用ポータルサイトの運営者が提供するコンテンツを保存させている。

0060

また、一般のウェブサイト用サーバ14と会員獲得用サーバ15、また会員獲得用サーバ15と会員制のウェブサイト用サーバ16とは、互いにインターネット網17を介して接続可能としているが、各両者を専用回線で接続するにしても良い。また、誘導用ポータルサイト等を運営するポータルサイト側でコンテンツを提供可能な場合には、会員獲得用サーバ15にプロキシサーバとしての機能も持たせ、ポータルサイト運営者側の内部のLAN等のイントラネットを経由してコンテンツサーバと接続するようにしても良い。

0061

ここで、キャリア用ウェブサーバ13の本発明に関係する部分の概略構成図2に示す。この図2に示すように、キャリア用ウェブサーバ13内には、プログラム部20と、データベース部21と、インターネット網17との接続を行うと共に受信手段の一部となるインターフェース部22と、携帯電話端末11等から送信されてきたデータを一時的に保存するデータ保存部23と、このキャリア用ウェブサーバ13の各部を制御する制御部24とを有している。なお、キャリア用ウェブサーバ13は、課金サーバとしての機能も有しているが、この部分の機能の詳細については説明を省略する。

0062

プログラム部20は、超小型演算処理装置やROM、RAM、ハードディスク等の記憶部等が協働してその機能を担うようになっている。また、プログラム部20には、キャリア用ウェブサーバ13を起動させたり、データベース部21のデータを利用して各種の表示や操作を行わせたりするためのサーバ用プログラム30と、このキャリアが認めている公式サイトへのアクセスが可能な会員であるか否かの認証を行う、会員認証手段の一部となる会員認証プログラム31と、認証したデータや通信状態等のデータを他のウェブサーバ(図示省略)等に送信する送信手段の一部となる送信プログラム32と、が記憶(保存)されている。

0063

また、データベース部21には、携帯電話端末11に表示させる会員登録用のウェブページ(ホームページ)のデータを記憶しているウェブページデータベース40と、会員に関するデータを記憶している会員データベース41と、このキャリア用ウェブサーバ13によって何らかのサービスを行う場合には、各種コンテンツのデータを記憶しているコンテンツデータベース42と、が記憶されている。

0064

一般のウェブサイト用サーバ14は、この実施の形態では、キャリア用ウェブサーバ13と略同一構成で、会員認証プログラム31と会員データベース41が存在せず、逆にコンテンツデータベース42が存在するものとなっている。なお、この一般のウェブサイト用サーバ14上に配置される一般のウェブサイトは、いわゆる公式サイトとされないものである。しかし、このサイト独自の会員を有するようなサイトとしても良いので、会員認証プログラム31や会員データベース41を配置する構成としても良い。このような場合も含めるため、本発明における、一般のウェブサイトの概念には、会員制のウェブサイトも含まれるものとする。

0065

図3に、一般のウェブサイト用サーバ14から移行してくるユーザが最初にアクセスする誘導用ポータルサイトが配置される会員獲得用サーバ15の概略構成を示す。この図3に示すように、会員獲得用サーバ15は、プログラム部50と、データベース部51と、インターネット網17との接続を行うと共に受信手段の一部となるインターフェース部52と、携帯電話端末11等から送信されてきたデータを一時的に保存するデータ保存部53と、この会員獲得用サーバ15の各部を制御する制御部54とを有している。

0066

会員獲得用サーバ15内のプログラム部50も、超小型演算処理装置やROM、RAM、ハードディスク等の記憶部等が協働してその機能を担うようになっている。また、プログラム部50には、ダウンロード実行プログラム60と、データ削減手段の一部となるパケット削減プログラム61と、データ圧縮手段の一部となるデータ圧縮プログラム62と、サーバ用プログラム63と、会員認証手段としての会員認証プログラム64と、送信プログラム65と、一般のウェブサイトが運営しているポータルサイトであるかのように見せるための誘導用ポータルサイト作成プログラム66と、会員制のウェブサイトに移行したかのように見せると共に、その中に会員登録のための入会リンク部133(図7参照)を有するウェブページを作成する擬似ウェブページ作成プログラム67と、トレース関連プログラム68とが記憶(保存)されている。

0067

ここで、ダウンロード実行プログラム60は、たとえばNTドコモ社の503iシリーズの携帯電話端末11aのように、JAVA言語で記載されたアプリケーションプログラムで起動可能な携帯電話端末11aからユーザがアクセスしてきた場合に、パケット削減アプリケーションプログラムのダウンロードを実行させるものである。

0068

また、パケット削減プログラム61は、たとえばNTTドコモの502iシリーズの携帯電話端末11bのように、アーキテクチャが異なるためJAVA言語で記載されたアプリケーションプログラムを起動できない携帯電話端末11bからユーザがアクセスしてきた場合に、会員獲得用サーバ15側での起動によってパケットデータ量の削減を図るプログラムである。

0069

また、データ圧縮プログラム62は、JAVA対応の携帯電話端末11aからユーザがアクセスしてきた場合に、送信されるパケットデータの圧縮を図るものである。なお、JAVA対応の携帯電話端末11aがダウンロードしたパケット削減アプリケーションプログラムには、圧縮されたパケットデータを解凍する解凍プログラム機能が含まれている。

0070

また、サーバ用プログラム63は、上述のキャリア用ウェブサーバ13内のサーバ用プログラム30と同様の機能を奏するものであり、会員獲得用サーバ15を起動させたり、データベース部51のデータを利用しての各種の表示等を行わせたりするためのものである。また、会員認証プログラム64は、後述する会員データベース71に対して会員であるか否かの問い合わせを行い、会員である場合には会員用のウェブページへのアクセスを可能とするものである。さらに、送信プログラム65は、他のサーバ13,14,16との間でデータを送信したり、携帯電話端末11との間でデータの送信を行うためのものである。

0071

擬似ポータルサイト作成プログラム66は、一般のウェブサイト用サーバ14に置かれる一般のウェブサイトからリンクによって移行してきたユーザに表示させる誘導用ポータルサイトの画面を生成するプログラムである。会員獲得用サーバ15によって保存されている誘導用ポータルサイトの画面は、それぞれ一般のウェブサイトの一画面かの如く表示される。すなわち、たとえばAという一般のウェブサイトを閲覧しているユーザは、所定のリンク部142(図7参照)を操作すると、会員獲得用サーバ15に配置されている誘導用ポータルサイトがユーザの携帯電話端末11に表示される。この誘導用ポータルサイトには、その一般のウェブサイトを印象づけるロゴマーク等のマークが付されると共に種々のサービスメニューが表示され、実行できるようになっている。

0072

擬似ウェブページ作成プログラム67は、誘導用ポータルサイトで検索等が行われた際に、所定の会員制のウェブサイトが抽出され、そのURLが表示された場合、そのURL等をクリック等によって操作することで表示される画面であって、実際の会員制のウェブサイトの画面に似た画面を作成するプログラムである。この擬似画面は、この擬似ウェブページ作成プログラム67によって事前に作成しておいても良く、またURL等がクリック等された際に、この擬似ウェブページ作成プログラム67を動作させて、この擬似ウェブページを作成するようにしても良い。

0073

トレース関連プログラム68は、会員獲得用サーバ15内のログ集計するプログラムと、一般のウェブサイト用サーバ14から移行してきたユーザの数と会員制のウェブサイトへの入会行為に移行したユーザの数を把握するプログラムと、後述する入会リンク部133を操作したユーザの数を基に所定の計算式によって金額(会員制のウェブサイト運営する者に請求する金額)を算出するプログラム、等を含むものとなっている。

0074

また、会員獲得用サーバ15内のデータベース部51には、携帯電話端末11に独自のポータルサイトや誘導用ポータルサイト等を表示させるためのウェブページが集められたウェブページデータベース70と、会員の登録情報が記憶されている会員データベース71と、会員獲得用サーバ15を運営する者が提供するコンテンツ等を記憶するコンテンツデータベース72と、ダウンロード実行プログラム60を起動させた場合に、このダウンロード実行プログラム60により携帯電話端末11aに対して送信するダウンロード用プログラムが保存されているダウンロード用プログラム保存データベース73と、トレース関連データベース76と、が記憶されている。

0075

ウェブページデータベース70は、会員獲得用サーバ15を運営する者の独自のポータルサイト用や誘導用ポータルサイト用の各ウェブページや、その者が提供するコンテンツの提供サービスのためのウェブページ用のデータ等を記憶している。なお、パケットデータ圧縮前の各ポータルサイト中の各種のウェブページデータが元データベース部74内に記憶されている。また、既にパケットデータが圧縮された状態の各ポータルサイト中のウェブページデータが、圧縮データベース部75内に記憶されている。

0076

ウェブページデータベース70には、上述したように、誘導用ポータルサイトの画面やその誘導用ポータルサイトにリンクされた各種のウェブページのデータも保存されている。また、この誘導用ポータルサイトに関するデータも、パケットデータ圧縮前は、元データベース部74に保存され、既にパケット圧縮された状態のものは圧縮データベース部75に保存されている。

0077

なお、圧縮前と圧縮後の両者のウェブページの基本的な構成は同一であり、圧縮後のウェブページデータは、圧縮前のウェブページデータと比較して、広告等の重要でない画像データが省略される。また、いくつかのそれ程重要でない情報、たとえばプログラム中のコメント部分や重要性が低いリンクの表示が省略されたり、大文字小文字にしたりしている。また、リンク先のURL等を、他のサーバ(図示省略)によって小さい容量のデータと対応付け保管することで容量を減少させている。

0078

会員データベース71は、上述のキャリア用ウェブサーバ13内の会員データベース41と同様であり、この会員獲得用サーバ15を運営する者が独自に管理している特定のコンテンツの提供サービスにおける会員データを記憶しているものである。なお、このウェブサイトの会員獲得システム10では、会員獲得用サーバ15を運用する者が独自に管理する会員制のウェブサイトの会員を増やそうとするものではないため、この会員データベース71は、このウェブサイトの会員獲得システム10においては必須のものではない。

0079

次に、会員制のウェブサイト用サーバ16の本発明に関係する一般的な構成を図4に示す。この図4に示すように、会員制のウェブサイト用サーバ16内には、プログラム部80と、データベース部81と、インターネット網17との接続を行うと共に受信手段の一部となるインターフェース部82と、携帯電話端末11等から送信されてきたデータを一時的に保存するデータ保存部83と、この会員制のウェブサイト用サーバ16の各部を制御する制御部84とを有している。

0080

プログラム部80は、超小型演算処理装置やROM、RAM、ハードディスク等の記憶部等が協働してその機能を担うようになっている。また、プログラム部80には、会員制のウェブサイト用サーバ16を起動させたり、データベース部81のデータを利用して各種の表示や動作を行わせたりするためのサーバ用プログラム90と、キャリアが認めている公式サイトへのアクセスが可能なユーザであってこのウェブサイトの会員であるか否かの認証を行う、会員認証手段の一部となる会員認証プログラム91と、コンテンツ等のデータをユーザの携帯電話端末11等へ送信する送信手段の一部となる送信プログラム92と、が記憶(保存)されている。

0081

また、データベース部81には、携帯電話端末11に表示させる会員登録用のウェブページ(ホームページ)のデータを記憶(保存)しているウェブページデータベース100と、会員に関するデータを記憶している会員データベース101と、各種コンテンツのデータを記憶しているコンテンツデータベース102と、会員獲得用サーバ15の仲介によって会員が増加した際に会員獲得用サーバ15の運営者に支払った費用の明細に関するデータが保存されている会員獲得コストデータベース103とが記憶(保存)されている。

0082

次に、会員獲得用サーバ15に配置される独自のポータルサイトと誘導用ポータルサイトの構成および動作について、図5に基づいて説明する。

0083

図5(A)は、会員獲得用サーバ15を運営する者が独自に行っているポータルサイトの画面表示である独自ポータルサイト画面110の一例を示す。この実施の形態では、独自ポータルサイト画面110は、この独自のポータルサイトを運営している者を表すロゴマーク部111と、携帯電話端末11が使用している所定のキャリアによって認められている公式サイトおよび認められていない非公式サイト(いわゆる勝手サイト)の両サイトを検索できる検索部112と、各種のサービスメニューが表示されているサービスメニュー部113と、を有している。

0084

図5(B)は、図5(A)の独自ポータルサイト画面110のデータを利用して作成された誘導用ポータルサイトの画面表示の例である誘導用ポータルサイト画面120を示す。この実施の形態では、誘導用ポータルサイト画面120は、リンク元の一般のウェブサイトのロゴマーク等であって、そのリンク元を特定できるマークが表示されるリンク元擬似化部121と、先の検索部112と同様な検索部122と、先のサービスメニュー部113と同様なサービスメニュー部123と、会員獲得用サーバ15を運営し、この誘導用ポータルサイト画面120の作成のためのツールを提供している者を表示する協力者表示部124とを有している。

0085

リンク元擬似化部121は、一般のウェブサイトが有名なサイトである場合、その顧客吸引力をそのまま利用しようとするものである。すなわち、一般のウェブサイト用サーバ14上に配置されている一般のウェブサイト、たとえば有名な非公式サイトを閲覧していた者がそのサイト中のウェブページに埋め込まれているリンク部142(図7参照)に対して所定の操作をすることで、この誘導用ポータルサイト画面120が携帯電話端末11に表示されることとなる。この際、この誘導用ポータルサイト画面120中に、リンク元と同様なマークを表すリンク元擬似化部121が存在することで、上述の有名な非公式サイトを閲覧していた者は、依然としてその非公式サイトを閲覧しているかのように錯覚する。このため、そのサイトの信用がバックに存在することとなり、検索結果に対する安心性、確実性信用性が高く維持されることとなる。

0086

一方、上述の有名な非公式サイトにとっても、そのメニューが増加し、そのサイトの魅力が向上すると共に、収入増も図ることができる。収入増の具体例としては、その一般のウェブサイトからこの誘導用ポータルサイトへユーザが移行(リンク部142への所定操作)したとき、そのようなユーザの数に対応して会員獲得用サーバ15の運営者からその一般のウェブサイトの運営者に支払われる対価が挙げられる。

0087

誘導用ポータルサイト画面120は、会員獲得用サーバ15の運営者が提供する誘導用ポータルサイト作成プログラム66によって事前に作成され、その画面形成のためのプログラムが保存される。その際、検索部122を組み込まないようにしたり、サービスメニュー部123の一部のサービスを提供(表示)しないようにすることができる。図5(B)の例では、検索部122を組み込み、サービスメニュー部123もサービスメニュー部113と全く同一内容としている。

0088

誘導用ポータルサイト画面120は、この会員獲得用サーバ15へのリンク部142を有する一般のウェブサイトの数に等しい数の分だけ用意される。すなわち、一般のAウェブサイトには、A用の誘導用ポータルサイト画面120が用意され、一般のBウェブサイトには、B用の誘導用ポータルサイト画面120が用意される。このため、誘導用ポータルサイト作成プログラム66は、異なる誘導用ポータルサイト画面120をそれぞれ生成することとなり、わずかずつ異なるプログラムの集合体となる。

0089

次に、会員獲得用サーバ15に配置される独自のポータルサイトや誘導用ポータルサイトにおける画面転移の構成および動作を図6に基づいて説明する。

0090

図5(A)や図5(B)に示すポータルサイト画面110,120において、たとえば検索部112,122のキーワード入力欄112a,122aに、ワードとして「着メロ」を入力し、検索ボタン部112b,122bを操作すると、図6の左方に示す検索結果画面となるおすすめ一覧画面130が携帯電話端末11の表示部18に表示される。この検索結果の表示に当たっては、独自のポータルサイトを運営する者が提供するサービスや、会員獲得用サーバ15の運営者が会員獲得のための契約を行っている会員制のウェブサイトのサービスが上位に表示されるようにプログラムされている。

0091

おすすめ一覧画面130中の一つ、たとえば最も上位のサービスをチェックし、確定させると、図6右方に示す、擬似ウェブページとなるおすすめサイトダミーページ画面131が表示される。また、おすすめ一覧画面130中の「アイコンについて」と表示される部分を指定すると、アイコン説明画面132が表示部18に表示される。

0092

検索結果となるおすすめ一覧画面130では、公式サイト、非公式サイトの両者であってこの会員獲得用サーバ15のデータベース(図示省略)に登録されているものから抽出されたコンテンツ提供サービス(この例では、着メロ提供サービス)を行っているウェブサイトの名称等が表示される。図6に示す例では、「シネマメロッChu」「アニメメロッChu」「スポメロ」が各ウェブサイトの名称となっている。なお、この例では、(公)は公式サイトの意味であり、(有)は有料サイトの意味であり、(得)は後述するパケット削減の対象となり得ることを意味する。

0093

おすすめ一覧画面130において、たとえば「シネマメロッChu」の部分を指定すると、その部分に埋め込まれているリンク先を示すURL(Uniform Resource Locator)に基づいて、おすすめサイトダミーページ画面131が携帯電話端末11に表示される。しかし、このURLは、この「シネマメロッChu」のサービスを提供している本来のURLではなく、会員獲得用サーバ15内に置かれたURLである。すなわち、おすすめサイトダミーページ画面131は、ウェブページデータベース100内に保存されているものである。

0094

このおすすめサイトダミーページ画面131は、会員獲得用サーバ15を運営する者が提供する擬似ウェブページ作成プログラム67によって事前に形成され、ウェブページデータベース70に保存される。擬似ウェブページ作成プログラム67によって、実際の会員制のウェブサイトと全く同一な1つまたは複数のウェブページを作成できるが、より簡略化したウェブページを作成しても良い。ただし、本物感を有することが好ましい。

0095

おすすめサイトダミーページ画面131の一部に、この会員制のウェブサイト、ここでは公式サイトとなる「シネマメロッChu」のサイトに対する会員登録が可能となる入会リンク部133(図6では「ここから入会」と表示されている部分)が表示されている。なお、おすすめサイトダミーページ画面131が複数の画面(ウェブページ)を有するときは、その中の1つまたは複数の画面の中に入会リンク部133が表示される。

0096

入会リンク部133に対して、所定の操作、たとえば携帯電話端末11の操作部の上下操作ボタンで入会リンク部133を指定して、その後、確定ボタンを押すことで、公式サイトの全会員を管理しているキャリア用ウェブサーバ13に接続される。キャリアが提供しているこの公式サイトサービスを享受するための会員となるため、キャリア用ウェブサーバ13に保存されている会員登録用のウェブページがまず携帯電話端末11に表示される。

0097

会員登録用のウェブページに所定の項目を入力し、確定させると、そのデータがキャリア用ウェブサーバ13の会員データベース41に記憶される。この登録によって、会員制のウェブサイトとなる公式サイトである「シネマメロッChu」の会員としても登録される。すなわち、その会員のデータは、会員制のウェブサイト用サーバ16の会員データベース101にも記録される。その後、ユーザは、この会員制のウェブサイトが提供するすべてのウェブページを閲覧できると共に所定のサービスを享受することができる。

0098

なお、会員制のウェブサイトに入った後、さらに所定のサービスに対しては、所定の会員のみが享受できる構成となっている場合には、さらに特別会員登録がなされる。また、会員制のウェブサイトが公式サイトでない場合は、キャリア用ウェブサーバ13には接続されず、疑似ではない真のウェブサイトが置かれている会員制のウェブサイト用サーバ16に接続されて会員登録がなされる。

0099

図5および図6に基づいて説明した内容を、図7にまとめて示す。なお、図7では一般のウェブサイト141が2つある場合を示し、そのため、2つを区別するため「A」「B」を付し、また、おすすめサイトダミーページ画面131が3つある場合を示しその3つを区別するため「C」「D」「E」を付している。

0100

それぞれの一般のウェブサイト用サーバ14A,14Bには、一般のウェブサイト画面141A,141Bがそれぞれ置かれている。その一般のウェブサイト画面141A,141B中には、会員獲得用サーバ15に置かれている誘導用ポータルサイト画面120A,120Bにリンクするためリンク部142,142が表示されている。一般のウェブサイト画面141Aのリンク部142に対して所定の操作をすると、携帯電話端末11の表示部18には誘導用ポータルサイト画面120Aが表示される。また、一般のウェブサイト画面141Bを表示している際に、そのリンク部142に対して所定の操作をすると、誘導用ポータルサイト画面120Bが表示部18に表示される。

0101

リンク部142を有しないウェブサイトから移行してきたり、直接に独自ポータルサイト画面110のURLを入力した場合には、携帯電話端末11の表示部18には独自ポータルサイト画面110が現れる。

0102

それぞれのポータルサイト画面120A,120B,110中の検索等のサービスメニューを操作することで、おすすめ一覧画面130が携帯電話端末11に表示される。そのおすすめ一覧画面130中の所定のコンテンツサービス名称の部分を指示、確定させると、おすすめサイトダミーページ画面131C,131D,131Eのいずれかが表示される。たとえば「□CCCC」と表示されているサービス名称の部分を指定すると、おすすめサイトダミーページ画面131Cが表示される。なお、会員制のウェブサイトがこの会員獲得用サーバ15の運営者と契約をしていない場合には、おすすめサイトダミーページ画面131は表示されず、直接、そのウェブサイトが置かれている会員制のウェブサイト用サーバ16やその他のサーバに接続される。

0103

おすすめ一覧画面130中から選択されたサービスが公式サイトである場合は、入会リンク部133に対し、所定の操作、たとえば指示し確定させると、キャリア用ウェブサーバ13に接続され、登録画面151を介して会員登録がなされる。その後、それぞれの公式サイトが置かれている会員制のウェブサーバ16C,16Dに接続され、各ウェブサイト画面152,153が携帯電話端末11に表示される。

0104

おすすめ一覧画面130中から選択されたサービスが非公式サイトである場合(図7で、おすすめダミーページ画面131Eが表示された場合)には、入会リンク部133を指示し確定させると、キャリア用ウェブサーバ13を介さずに、直接、その非公式サイトの会員制のウェブサイト用サーバ16Eに接続される。そして、携帯電話端末11の表示部18には、ウェブサイト画面154が表示される。

0105

また、おすすめ一覧画面130中から選択されたサービスが契約していないサイト(公式サイトの場合もあり得るし、非公式サイトの場合もあり得る)である場合は、上述したように、おすすめサイトダミーページ画面131は表示されず、直接、そのサイトが置かれている会員制のウェブサイト用サーバ16に接続され、ウェブサイト画面155が携帯電話端末11に表示される。なお、選択されたサービスが一般のウェブサイトである場合には、一般のウェブサイト用サーバ14に接続され、そのウェブサイト画面が携帯電話端末11に表示される。

0106

次に、以上のように構成されたウェブサイトの会員獲得システム10の動作について説明する。なお、各構成の説明をするに当たって、すでに説明した動作については、その説明を省略または簡略化することとする。

0107

まず、会員獲得用サーバ15を管理する者(または運営者)は、リンク部142をウェブサイト中に埋め込んでくれることとなる一般のウェブサイト141を運営する者と所定の契約を行う。同様に、会員の増加を希望する会員制のウェブサイトの運営者と所定の契約を結ぶ。一般のウェブサイトとしては、各種の検索が可能となる検索ポータルサイトや電子取引ができるオークションサイト等、多数のユーザが集まると共に信用力が高いサイトが好ましいが、その他のサイトでも良い。また、会員制のウェブサイトとしては、いわゆる公式サイトと呼ばれているサイトが好ましいが、その他のサイトでも良い。

0108

一般のウェブサイトと契約することで、会員獲得用サーバ15を管理する者は、そのサイトから誘導用ポータルサイトへ移行してきた人数や、その後に会員制のウェブサイトの会員になった人(実際は会員登録手続きに移行したユーザ)の数によって、その一般のウェブサイトの管理者に対して所定の計算式によって算出された金額を支払うこととなる。

0109

また、この契約によって、リンク部142が一般のウェブサイト画面141に埋め込まれると共に、誘導用ポータルサイト作成プログラム66によって、その一般のウェブサイトに適合した誘導用ポータルサイト画面120が作成される。誘導用ポータルサイト画面120の作成は、一般のウェブサイト運営者が、会員獲得用サーバ15上でかつインターネット網17を介して行うことができるようにしているが、誘導用ポータルサイト作成プログラム66を一般のウェブサイトを運営している者にインターネット網17等を介して渡し、そのサイトのサーバ内等で作成するようにしても良い。

0110

会員制のウェブサイトの運営者と契約することで、会員獲得用サーバ15(実際はおすすめサイトダミーページ画面131)から入会した人数によって、その入会した会員制のウェブサイトの運営者に対し、会員獲得用サーバ15の運営者は、所定の計算式によって算出された金額を請求することとなる。

0111

また、この会員制のウェブサイトとの契約によって、その会員制のウェブサイトに似せたまたは全く同一なおすすめサイトダミーページ画面131が作成される。このおすすめサイトダミーページ画面131の作成は、擬似ウェブページ作成プログラム67を会員獲得用サーバ15上で動かして生成したり、そのプログラム67をインターネット網17等を介して会員制のウェブサイト側に渡してそのサイト側で生成したりする。

0112

このようにして、会員獲得用サーバ15内に、誘導用ポータルサイト画面120やおすすめサイトダミーページ画面131が保存または作成できる状態にする。以上のような準備が整った後、このウェブサイトの会員獲得システム10を稼働させる。

0113

ユーザは、そのクライアント端末である携帯電話端末11を操作してインターネット網17に接続する。その際、携帯電話端末11は、まず基地局12に接続し、その後、プロバイダ用サーバを兼ねるキャリア用ウェブサーバ13に接続することでインターネット網17にアクセスする。キャリア用ウェブサーバ13は、プロバイダ用サーバや課金サーバ等を兼ねているが、それらの機能をそれぞれ別のサーバにて行わせるようにしても良い。

0114

インターネット網17に接続された携帯電話端末11を操作することで、携帯電話端末11は、一般のウェブサイト用サーバ14(14A,14B)に接続され、その表示部18に一般のウェブサイト画面141(141A,141B)が表示される。そして、その画面141中のリンク部142への操作によって、携帯電話端末11は会員獲得用サーバ15に接続され、その一般のウェブサイトに対応した誘導用ポータルサイト画面120(120A,120B)が表示される。なお、携帯電話端末11がリンク部142を有しないウェブサイトにアクセスすることもあるが、その場合は、上述のルートを通らず、独自ポータルサイト画面110にアクセスすることとなる。

0115

誘導用ポータルサイト画面120(120A,120B)や独自ポータルサイト画面110から検索等の所定の操作によって、おすすめ一覧画面130に移行する。ユーザは、携帯電話端末11の表示部18に表示されるリストの中から1つのサービス名称を選択する。その後、上述したように、おすすめサイトダミーページ画面131(131C,131D,131E)に表示が変わり、その選択したサービスが公式サイトのものである場合は、入会リンク部133を指定等することによってキャリア用ウェブサーバ13に接続される。

0116

選択したサービスが公式サイトでない場合は、入会リンク部133への操作によって直接その会員制のウェブサイト用サーバ16(16E)に接続される。選択したサービスが会員獲得用サーバ15の運営者(管理者)と契約していないものであるときは、おすすめサイトダミーページ画面131は現れず、直接、その会員制のウェブサイト用サーバ16やその他のサーバに接続される。

0117

キャリア用ウェブサーバ13内の会員登録用のウェブサイト画面151へ所定の情報を入力すると、このキャリアが提供しているサービス全体の会員で、かつおすすめサイトダミーページ画面131で表示されているサービスを実行しているウェブサイトの会員として、キャリア用ウェブサーバ13の会員データベース41に登録される。そして、携帯電話端末11は、おすすめサイトダミーページ画面131で表示されているサービスを提供している会員制のウェブサイト用サーバ16(16C,16D)に接続され、その表示部18には、ウェブサイト画面152またはウェブサイト画面153が表示される。

0118

会員制のウェブサイト用サーバ16には、キャリア用ウェブサーバ13から会員情報伝送されるようにしても良い。その場合、会員制のウェブサイト用サーバ16内の会員データベース101にその会員情報が保存される。また、その会員制のウェブサイト独自のさらなる特別会員を有するサイトである場合は、その特別会員のデータも、会員データベース101に保存される。

0119

以上のようにして、ユーザは、一般のウェブサイト用サーバ14から会員獲得用サーバ15に移り、キャリア用ウェブサーバ13へさらに会員制のウェブサイト用サーバ16に移行していく。しかし、ユーザ自身は、会員獲得用サーバ15の存在を全く意識しない。すなわち、ユーザとしては、一般のウェブサイトを閲覧していたらそのサービスとして検索等が行えるポータルサイトに出会い、その検索によって会員制のウェブサイトに行き着き、その会員制のウェブサイトから会員登録をした状態となる。

0120

以上、このウェブサイトの会員獲得用システム10のいわゆる表の動作のついて述べたが、次に、このウェブサイトの会員獲得用システム10を金銭的に採算の合う形で動作させるための背後の動きについて説明する。

0121

このウェブサイトの会員獲得システム10の背後の動きの主たるものは、会員獲得用サーバ15に置かれるトレース関連プログラム68である。このトレース関連プログラム68は、一般のウェブサイト画面141(141A,141B)から誘導用ポータルサイト画面120(120a,120b)へのリンク移行図7のL1で示す)のデータを取得し、トレース関連データベース76に保存する。このデータ(以下、誘導成功データという)は、トレース関連プログラム68によって各ウェブサイト毎や日時毎に集計される。

0122

トレース関連プログラム68は、誘導用ポータルサイト画面120(120A,120B)からおすすめ一覧画面130への移行(図7のL2で示す)のデータも取得し、トレース関連データベース76に保存する。さらに、おすすめ一覧画面130から、契約しているサイトのおすすめサイトダミーページ画面131(131C,131D,131E)への移行(図7のL3で示す)のデータも、トレース関連プログラム68は取得し、トレース関連データベース76に保存する。

0123

トレース関連プログラム68は、さらに、おすすめサイトダミーページ画面131(131C,131D)からキャリア用ウェブサーバ13への移行(図7のL4で示す)のデータ(以下、公式サイト会員化成功データという)およびおすすめサイトダミーページ画面131(131E)から会員制のウェブサイト用サーバ16(16E)への移行(図7のL5で示す)のデータ(以下、非公式サイト会員化成功データという)も取得し、各データをトレース関連データベース76に保存する。このL4,L5に関するデータは、入会リンク部133を操作して会員制のウェブサイト画面151,154へ移行するときに取得される。

0124

また、トレース関連プログラム68は、契約している一般のウェブサイト以外のウェブサイトから移行してきたり、直接に独自ポータルサイト画面110にアクセスしてくる図7のM1で示す移行データや、その独自ポータルサイト画面110からおすすめ一覧画面130への移行(図7のM2で示す)のデータも取得し、トレース関連データベース76に記憶する。なお、トレース関連プログラム68は、おすすめ一覧画面130から会員制のウェブサイト用サーバ16への直接の移行(図7のM3で示す)やその他のサーバへの直接移行のデータも取得し、トレース関連データベース76に保存(記憶)する。

0125

会員獲得用サーバ15の管理者(運営者)は、トレース関連プログラム68を動作させ、かつトレース関連データベース76のデータを利用して、一般のウェブサイトを運営している者に対して、L1,L2に関する誘導成功データをインターネット網17を介して報告する。具体的には、各一般のウェブサイト毎の報告用のウェブページがウェブページデータベース70に保存されており、その報告用のウェブページをトレース関連プログラム68によって書き換え、または新たに作る。一般のウェブサイトを運営している者は、トップページとなる一般報告ページにアクセスし、その後、自己のIDやパスワードを入力することで、自己宛の報告書を閲覧できる。

0126

会員獲得用サーバ15の運営者は、同様にして、会員制のウェブサイトを運営しているそれぞれの者に対し、公式サイト会員化成功データ(図7のL4に関するデータ)と非公式サイト会員化成功データ(図7のL5に関するデータ)をインターネット網17を介して報告すると共にトレース関連プログラム68によって計算した金額をインターネット網17を介して請求する。なお、会員制のウェブサイトを運営している者がその報告書や請求書にアクセスする方法は、上述した一般のウェブサイトの運営者の場合と同様である。

0127

なお、会員獲得用サーバ15の運営者は、図7のM1,M2,M3に関するデータを取得し、他のデータ(L1,L2,L3,L4,L5)と共に分析することで、契約をしていない一般のウェブサイトや契約をしていない会員制のウェブサイトに対してより強力な勧誘を行うことが可能となる。また、L1,L2,L3,L4,L5,M1,M2,M3に関するデータを分析することで、独自ポータルサイト内や誘導用ポータルサイト内のユーザの動き方を把握することができる。

0128

契約した一般のウェブサイトの運営者に報告されるデータとしては、誘導成功データ(少なくともユーザの人数)で、そのウェブサイトから移行したユーザのデータのみがそれぞれ報告される。また、この誘導成功データに加え、またはそのデータに代えて、その一般のウェブサイトから移行してきたユーザの中で、会員登録へ移行したユーザの数(L4,L5に関するデータの一部)を報告するようにしても良い。

0129

いずれにしても、各一般のウェブサイトの運営者には、そのウェブサイトが関係するデータのみを報告するのが好ましい。ただし、他のウェブサイト(一般のウェブサイト、会員制のウェブサイトの両者を含む)に関するデータを、名称が分からない形式で報告したり、総合計的な数は、そのまま表示するようにしても良い。

0130

契約した会員制のウェブサイトの運営者に報告されるデータとしては、公式サイトには公式サイト会員化成功データ(図7のL4に関するデータ)で、少なくとも入会リンク部133の所定の操作を行ったユーザ数のデータが挙げられる。この報告は、公式サイト別に、かつ他の公式サイトや他の非公式サイトの状況が分からないように報告される。ただし、他の契約先の会員制のウェブサイトの名称が分からない形で他のウェブサイトの状況を報告したり、総合的な数を報告したりしても良い。

0131

契約した会員制のウェブサイトの運営者には、上述したように、このシステムの運用者から、契約に基づいて所定の金額が請求される。また、契約した一般のウェブサイトの運営者には、このシステムの運用者から、契約に基づいて所定の金額が支払われる。請求金額支払い金額は、各所定の計算式に基づいてトレース関連プログラム68が算出する。算出された金額は、契約先毎に集計等ができるようにトレース関連データベース76に保存される。保存されたデータは、上述したように、インターネット網17を介して、各契約先が閲覧でき、取得することができる。

0132

以上のような、このウェブサイトの会員獲得システム10の背後で動くものが存在することによって、契約した一般のウェブサイト、契約した会員制のウェブサイトおよび会員獲得用サーバ15の各運営者(各管理者)は、互いに利益を享受することとなる。

0133

次に、この実施の形態のウェブサイトの会員獲得システム10で動作するパケット削減システムについて、図8から図11に基づいて説明する。このパケット削減システムは、本発明とは直接関係しないが、独自のポータルサイトや誘導用のポータルサイトをユーザが利用したくなる大きな誘因となるものである。

0134

(JAVA対応の携帯電話端末11aを用いた場合)まず、最初にJAVA対応の携帯電話端末11aを用いた場合の動作フローについて説明する。最初に、会員獲得用サーバ15の運営者が提供している所定のサービスの会員登録をする。この会員登録は、その所定のサービスを提供しているサーバまたはこの会員獲得用サーバ15に対して行われる。他のサーバへの会員登録がなされる場合は、会員獲得用サーバ15にも会員としてユーザIDが登録される。

0135

次に、JAVA言語で記載されたパケット削減アプリケーションプログラムのダウンロードを行う必要がある。ユーザは、図8に示すような、「パケ割アプリダウンロード」なるダウンロード実行のためのリンク表示201がなされているウェブページ200(このウェブページは先の会員登録の際のページと同一でも可)にアクセスする。そして、かかるリンク表示201を指示し、確定(一種のクリック)することにより、携帯電話端末11aへのダウンロード実行プログラム60が起動され、パケット削減アプリケーションプログラムのダウンロードが開始される。

0136

なお、このダウンロードに際して、先に会員登録がなされたユーザIDが携帯電話端末11aのスクラッチパッドへ登録される。また、ダウンロードを行うにあたっては、通信費の低減を図るため、圧縮された状態のパケット削減アプリケーションプログラムのデータを送信するようにしても良い。この場合、携帯電話端末11a側で、圧縮されたデータが解凍される。また、会員獲得用サーバ15の一部の機能、たとえばパケット削減やデータ圧縮の機能を別のサーバであって会員獲得用サーバ15と一体的に動作するプロキシサーバに担わせるようにしても良い。

0137

パケット削減アプリケーションプログラムのダウンロードが終了すると、該アプリケーションプログラムが携帯電話端末11a内の記憶媒体内に記憶される。そして、かかる記憶媒体に記憶されたパケット削減アプリケーションプログラムは、削除されない限りにおいて、いつでも立ち上げることが可能な状態となる。

0138

携帯電話端末11aを起動し、先に会員登録した所定のサービスのウェブページに行こうとすると、パケット削減アプリケーションプログラムが立ち上がり、プロキシサーバともなる会員獲得用サーバ15を経由してそのウェブページに接続される。なお、インターネット網17にアクセスしようとした場合も、自動的に会員獲得用サーバ15に接続され、表示部18には、独自ポータルサイト画面110のデータを削減した図9に示すようなトップページ210が表示される。

0139

先に会員登録したサービスのウェブページ(以下、登録ウェブページという)にアクセスする場合、ユーザIDがその通信データにパラメータとして付加されて送信される。登録ウェブページを保存しているサーバが別に配置されている場合、そのサーバは、アクセス元URL(この場合、会員獲得用サーバ15に配置されるURL)によって、この会員獲得用サーバ15からのアクセスと判断すると共にユーザIDによって会員か否かを判断する。

0140

通常、会員か否かの認証は、キャリア用ウェブサーバ13が行うが、この場合は、会員獲得用サーバ15からの登録ウェブページへのアクセスと判断されるため、キャリア用ウェブサーバ13は認証を拒否する。このパケット削減システムでは、登録ウェブページが配置されているサーバが会員か否かを判断する。なお、会員か否かの判断は、会員獲得用サーバ15へのアクセス時に行っても良い。

0141

ここで、パケット削減アプリケーションプログラムを立ち上げた場合のパケットデータ送信の態様(方法)については、以下の3通りがあるので順を追って説明する。

0142

第1の態様…データ圧縮プログラム62による、ウェブページデータのデータ圧縮がなされていなく、しかも会員獲得用サーバ15内のパケット削減プログラム61が起動しない場合

0143

この態様は、ウェブページデータの圧縮がなされていないものを携帯電話端末11aで表示させる場合である。この場合、携帯電話端末11aは、プロキシサーバとなる会員獲得用サーバ15に対してアクセスする。すると、パケット削減アプリケーションプログラムのための表示データの一部としてこのアプリケーションプログラムと共にダウンロードされた独自のポータルサイト画面110、または会員獲得用サーバ15へのアクセスにより表示される独自ポータルサイト画面110もしくは誘導用ポータルサイト画面120のいずれかであって、データ削減後のトップページ210が表示部18に表示される。なお、図9は、独自ポータルサイト画面110のデータ削減後の例を示している。

0144

なお、このようなポータルサイト画面110,120のデータ削減後の画面を表示する場合、プロキシサーバを兼ねる会員獲得用サーバ15のウェブページデータベース70内に記憶されているポータルサイト画面110,120の削減されたデータが携帯電話端末11aに送信され、表示部18に表示される。かかるポータルサイト画面110,120の表示は、たとえば広告や余分なタグ等のデータが削減された状態である図9に示すような削減後のデータとして、ウェブページデータベース70内に記憶されている。そして、送信プログラム65による会員獲得用サーバ15からのデータ送信に際しては、このデータ量が削減されたトップページAのデータが送信され、送信されるパケットデータ量の削減が図られる。

0145

このトップページ210で検索欄211に検索キーワードを入力して検索ボタン部212をクリックしたり、該トップページ210で表示される特定のカテゴリーのリンクに対して所定の操作をすると、携帯電話端末11aが、再び会員獲得用サーバ15側にアクセスすることとなる。そして、この会員獲得用サーバ15から、再びウェブページデータベース70内に記憶されている、該当する特定のカテゴリーのウェブページ220(図10参照)のデータが携帯電話端末11aに送信され、携帯電話端末11aにおいて該特定のカテゴリー(この場合は「着メロ」のカテゴリーに属するもの)のウェブページ220が表示される。

0146

なお、このウェブページ220は、図10(A)に示すように、そのカテゴリーに属する各サイトへアクセス可能な会員サイトリンク部となるリンク221の列挙表示であり、その内容は、先に示したおすすめ一覧画面130と略同様となっている。また、表示されるウェブページ220のデータは、会員獲得用サーバ15内のウェブページデータベース70に存し、先に示したおすすめ一覧画面130の状態からデータ量が削減された状態となっている。

0147

特定のカテゴリーのウェブページ220において表示される、いずれかのリンク221をクリック等すると、再び携帯電話端末11aは、会員獲得用サーバ15にアクセスすることとなる。そして、コンテンツデータベース72内に、該当するコンテンツに関するウェブページ230(図10参照)のデータが記憶されている場合には、このウェブページ230のデータが携帯電話端末11aに対して送信され、表示される。ここで、表示されるウェブページ230は、予めデータ量が削減された状態となっている。それによって、送信プログラム65による会員獲得用サーバ15側からの送信に際しては、送信されるパケットデータ量の削減が図られることとなる。

0148

特定のコンテンツに関するウェブページ230が携帯電話端末11aで表示されると、続いてユーザはこのウェブページ230の表示の中から、コンテンツ提供者側が用意する所望のサイトへ移動するためのリンク表示231に対してクリック等の所定の操作をする。すると、図11に示すような、種々のサービスを享受できるサイトのウェブページ240への移行がなされる。なお、かかるデータも、全てコンテンツデータベース72内に記憶させておくことが可能である。

0149

以上のように、1つ目の態様(方法)では、予め広告や余分なタグ等の削除を行って、携帯電話端末11aにパケットデータを送信する際のデータ量の削減を図っている。

0150

第2の態様…データ圧縮プログラム62による、ウェブページデータのデータ圧縮がなされていない場合であって、パケット削減プログラム61を起動させる場合

0151

この場合、ウェブページデータベース70内には、トップページ210の元画面となる独自ポータルサイト画面110や誘導用ポータルサイト画面120のデータは、広告や余分なタグ等が何等削除されていない状態で記憶されている。そして、携帯電話端末11aが会員獲得用サーバ15にアクセスし、該携帯電話端末11aからトップページ210のデータの取得要求がなされた場合、パケット削減プログラム61が起動される。

0152

このパケット削減プログラム61は、各ポータルサイト画面110,120のデータのうち、広告や余分なタグ等を削除するものである。そして、かかるデータの削減の後に、トップページ210のデータを送信する。その結果、携帯電話端末11aには、図9に示すようなトップページ210が表示される。なお、パケット削減プログラム61は、図10(A)に示すような、ウェブページ220の送信に際しても、同様の動作を行う。この場合の手順は、上述の第1の態様で説明したように、トップページ210の検索欄211に検索キーワードを入力して検索ボタン部212を確定させたり、該トップページ210で表示される特定のカテゴリーのリンクをクリック等したりすることで、該当するウェブページ220の送信がなされる。

0153

続いて、パケット削減プログラム61が起動した状態で、特定のコンテンツに関するウェブページ220の会員サイトリンク部となるリンク221に対してクリック等の所定の操作をした場合、会員獲得用サーバ15を経由して、図7に示すM3のラインを通って、該当するウェブページ230のデータが存する会員制のウェブサイト用サーバ16にアクセスすることとなる。

0154

会員制のウェブサイト用サーバ16は、このアクセスに対して、図10(B)に示すような、ウェブサイト画面155となる独自のウェブページ230(以下、コンテンツトップページ230とも言う。)の表示のためのデータを、該会員獲得用サーバ15側に送信する。なお、おすすめサイトダミーページ131Eを経由してウェブサイト画面154にアクセスしたり、公式サイトである会員制のウェブサイト用サーバ16C,16Dへ、キャリア用ウェブサーバ13を介さずにアクセスしたりするようにしても良い。このような場合、各ウェブサイト画面152,153,154のデータ(コンテンツトップページ230のデータを含む)は、会員獲得用サーバ15に送られる。

0155

そして、このコンテンツトップページ230のデータを受け取った会員獲得用サーバ15では、パケット削減プログラム61の起動によって該コンテンツトップページ230のデータのうち、上述と同様に、広告や余分なタグ等を削減する。その後、送信プログラム65によって削減されたコンテンツトップページ230のデータが会員獲得用サーバ15から携帯電話端末11a側に送信される。

0156

この後に、ユーザは、このコンテンツトップページ230の表示の中から、所望のサイトへ移動するためのリンク表示231をクリック等する。すると、ユーザは、図11に示すような、会員制のウェブサイト用サーバ16により提供される所望のウェブページ240へ移行することが可能となり、この会員制のウェブサイト用サーバ16により提供される種々のサービスを享受することが可能となる。

0157

会員制のウェブサイト用サーバ16から会員獲得用サーバ15に対して、ウェブページ240(以下、会員向けのウェブページ240とも言う。)のデータが送信される。そして、この会員向けのウェブページ240のデータのうち、パケット削減プログラム61によって、広告や余分なタグ等が削減される。そして、かかるデータの削減の後に、会員向けのウェブページ240のデータを携帯電話端末11aに送信する。

0158

また、第2の態様の変形として、会員制のウェブサイト用サーバ16に関するデータが、全て会員獲得用サーバ15内のコンテンツデータベース72内に存する場合がある。この場合は、会員獲得用サーバ15と会員制のウェブサイト用サーバ16との間の通信が省略され、全て会員獲得用サーバ15内での処理のみとなる。しかしながら、上述のように、パケット削減プログラム61の起動により、パケットデータの削減を行うことには何等変わりはない。

0159

以上、第2の態様では、パケット削減プログラム61により、広告や余分なタグ等を削減した後に、携帯電話端末11aに対して該パケットデータの送信を行っている。なお、ウェブページ230,240を有するサーバを、会員制のウェブサイト用サーバ16でなはく、会員制ではないウェブサイト用サーバとしても良い。

0160

第3の態様…データ圧縮プログラム62による、ウェブページデータのデータ圧縮を行う場合

0161

この第3の態様は、会員獲得用サーバ15から携帯電話端末11aに対してデータを送信するに際して、データ圧縮プログラム62により、該送信されるデータの圧縮を行うものである。この場合、上述の場合と同様に、まず携帯電話端末11aは、会員獲得用サーバ15に対してアクセスし、会員獲得用サーバ15に対してポータルサイト画面110,120のデータの送信を要求する。

0162

この場合、ポータルサイト画面110,120のデータは、ウェブページデータベース70から引き出されると共に、データ圧縮プログラム62により圧縮される。そして、圧縮された状態のトップページ210のデータが送信プログラム65によって送信される。圧縮された状態のトップページ210のデータを受信した携帯電話端末11aは、解凍手段としても機能するパケット削減アプリケーションプログラムによって、該データの解凍を行う。それにより、元データベース部74を利用した場合は、通常と変わらない状態のポータルサイト画面110,120が表示され、圧縮データベース部75を利用した場合は、広告や余分なタグ等が削除された状態のトップページ210が携帯電話端末11a側に表示される。

0163

なお、圧縮データベース部75内のデータを利用する場合には、データ圧縮プログラム62を起動させずに、即座に携帯電話端末11aに該圧縮された状態のデータを送信するようにしても良い。そして、圧縮された状態のトップページ210のデータを受信した携帯電話端末11aは、パケット削減アプリケーションプログラムの起動によって該データを解凍する。

0164

その後の動作は、基本的には第1の態様および第2の態様で述べた動作と同様である。すなわち、トップページ210において表示される検索欄211に検索キーワードを入力して検索ボタン部212をクリックしたり、トップページ210に表示されている各カテゴリー毎のリンクをクリック等すると、携帯電話端末11aは、再び会員獲得用サーバ15にアクセスする。そして、この会員獲得用サーバ15から、図10(A)に示すような、ウェブページデータベース70内に記憶されている特定のカテゴリーのウェブページ220のデータをデータ圧縮プログラム62により圧縮した後で、携帯電話端末11aに向かって送信する。

0165

また、予め圧縮データベース部75内に圧縮された状態で記憶されているウェブページ220のデータを、データ圧縮プログラム62を起動させずに即座に携帯電話端末11aに送信するようにしても良い。

0166

特定のカテゴリーのウェブページ220のデータを受信した携帯電話端末11aは、パケット削減アプリケーションプログラムの起動によって、受信したデータの解凍を行う。それにより、携帯電話端末11aにおいて、特定のカテゴリーに属する各サイトへアクセス可能なリンク221が列挙表示されたウェブページ220が表示される。そして、このウェブページ220において表示される、いずれかのリンク221をクリックしたりすると、携帯電話端末11aから、再び会員獲得用サーバ15に対して、ウェブページ230のデータの取得要求がなされる。

0167

そして、会員獲得用サーバ15を経由してウェブページ230のデータが存する会員制のウェブサイト用サーバ16にアクセスすることとなる。会員制のウェブサイト用サーバ16は、このアクセスに対して、図10(B)に示すような独自のウェブページ230の表示のためのデータを、会員獲得用サーバ15側に送信する。

0168

そして、このコンテンツトップページ230のデータを受け取った会員獲得用サーバ15では、データ圧縮プログラム62の起動によって、該コンテンツトップページ230のデータの圧縮を行う。この後に、送信プログラム65によって、圧縮されたコンテンツトップページ230のデータが携帯電話端末11a側に送信される。

0169

該圧縮されたデータを受信した携帯電話端末11aでは、パケット削減アプリケーションプログラムの起動により、解凍を行う。それにより、携帯電話端末11aの表示部18に、コンテンツトップページ230の表示がなされる。この後に、ユーザは、このコンテンツトップページ230の表示の中から、所望のサイトへ移動するためのリンク表示231を指定し、確定させる。すると、会員獲得用サーバ15でのデータ圧縮と、携帯電話端末11aでのデータの解凍を行うことで、ユーザは、図11に示すような所望のウェブページ240へ移行することが可能となり、会員制のウェブサイト用サーバ16により提供される種々のサービスを享受することが可能となる。

0170

(JAVA非対応の携帯電話端末11bを用いた場合)このJAVA非対応の携帯電話端末11bを用いた場合には、パケット削減アプリケーションプログラムを携帯電話端末11bにダウンロードできないため、会員獲得用サーバ15やその他のパケット削減可能とするプロキシサーバに、自動的にはアクセスできず、しかもそれらのサーバを介しての通信をすることはできない。このため、ユーザは、ポータルサイト画面110,120を開いてから、パケット削減のために利用するサーバを特定する作業が、インターネット網17にアクセスする度に必要となる。この特定は、ポータルサイト画面110,120中の「パケット削減コーナー」と表示されているリンク部分113a,123aをクリック等することで、パケット削減用のURLが携帯電話端末11bに返信されることでなされる。

0171

携帯電話端末11bの使用の場合、会員獲得用サーバ15内に、数値化されたリンク先のURLデータを集めたデータベースを備えさせるのが好ましい。携帯電話端末11bは、圧縮されたデータの解凍ができないため、データ圧縮によるパケット削減が行えない。このため、文字数が多くなるURLを、わずかな字数となる対応した数値に置き換えるようにすると、データ削減量が多くなり、すなわち、パケット削減に大きく寄与することとなり、好ましいと言える。

0172

携帯電話端末11bを使用する際は、上述の第1の態様の「データ圧縮プログラム62による、ウェブページデータのデータ圧縮がなされていなく、しかもパケット削減プログラム61が起動しない場合」の動作と、第2の態様の「データ圧縮プログラム62による、ウェブページデータのデータ圧縮がなされていない場合であって、パケット削減プログラム61を起動させる場合」の動作と、それぞれ同様となっている。すなわち、まず携帯電話端末11bは、会員獲得用サーバ15に対してアクセスし、該携帯電話端末11bの表示部18にポータルサイト画面110,120を表示させる。

0173

その後、上述したように、パケット削減を可能とするプロキシサーバやこの会員獲得用サーバ15におけるURLを取得し、そのURLへ移行することでデータ削減されたトップページ210が携帯電話端末11bの表示部18に表示される。その後の動作は、上述の第1の態様や第2の態様と同様となる。

0174

このような構成のパケット削減システムによると、プロキシサーバを兼ねる会員獲得用サーバ15のパケット削減プログラム61を起動させることにより、携帯電話端末11に対してパケットデータを送信するに際して、パケットデータ量の削減を図ることが可能となる。それにより、携帯電話端末11の通信費を従来よりも低減することが可能となる。このように携帯電話端末11を用いてインターネット網17にアクセスする際に、通信費の低減を図ることは、携帯電話端末11のユーザにとって携帯電話端末11を用いてインターネット網17を利用し易い環境となり、ユーザ側にとって気軽に携帯電話端末11を活用できる結果となる。

0175

具体的には、図5(A)(B)に示すポータルサイト画面110,120を表示させるためには、約3.3円掛かっていたが、図9に示すように、プログラム中のコメント表示、余分な広告やタグ、或いは有料・無料等の表示を削除したり、全角文字半角文字にしたり、URLを数値化したりすることにより、2.7円まで通信費を低減することが可能となる。

0176

また、データ圧縮プログラム62を起動させて、パケットデータを携帯電話端末11aに対して送信するに際して、送信対象であるパケットデータを圧縮し、その後に送信プログラム65によって送信することが可能である。この場合も、送信されるパケットデータ量を低減することが可能となり、携帯電話端末11aの通信費を従来よりも低減することが可能となる。

0177

それにより、パケット削減プログラム61を利用する場合と同様に、携帯電話端末11aを用いてインターネットにアクセスする際に、通信費の低減を図ることは、携帯電話ユーザにとって携帯電話端末11aを用いてインターネット網17を利用し易い環境となり、ユーザ側にとって気軽に携帯電話端末11aを活用できる結果となる。

0178

なおパケットデータの送信に際して、このパケット削減プログラム61とデータ圧縮プログラム62との両方を起動させるようにしても良い。かかる両方起動の場合は、送信対象であるパケットデータの一層の低減を図ることが可能となり、通信費の一層の低減を実現することが可能となる。

0179

なお、かかる通信費の低減は、JAVA対応のタイプの携帯電話端末11aでは、パケット削減アプリケーションプログラムをダウンロードさせ、このアプリケーションプログラムを起動させることによって、実現可能となる。また、JAVA非対応のタイプの携帯電話端末11bでは、会員獲得用サーバ15を必ず通すようにして、アクセスすることで、実現可能となる。

0180

以上、本発明の一実施の形態について説明したが、本発明はこれ以外にも種々変形可能である。以下、それについて述べる。

0181

上述の実施の形態では、会員制のウェブサイトの画面に似せた、おすすめサイトダミーページ画面131を形成し、その内部に入会リンク部133を埋め込んだが、このようなおすすめサイトダミーページ画面131を設けないようにすることもできる。図12は、このように構成したシステムの例を示すもので、図7に対応した図である。なお、上述の実施の形態で示した部材と同一部材には同一符号を付しており、以下ではその説明を省略または簡略化する。

0182

このウェブサイトの会員獲得システム300は、図1に示したウェブサイトの会員獲得システム10と、そのシステム構成や各サーバ13,14,15,16の構成は基本的に同一となっている。異なる主な点は、第1に、会員獲得用サーバ15内には、おすすめサイトダミーページ画面131が保存されたり形成されないこと、第2に、おすすめ一覧画面130から会員制のウェブサイト画面151,154に移行(図12のN1)する際、そのウェブサイト画面151,154を示すURLの最後に識別データが付加されて移行していくこと、第3に、会員制のウェブサイト用サーバ16(16C,16E)中の会員データベース101に保存された会員のデータの中から識別データを持っている会員のデータをコピーし会員獲得用サーバ15のトレース関連データベース76に保存させることである。

0183

このウェブサイトの会員獲得システム300では、会員制のウェブサイト用サーバ16(16C,16E)に移行した際、ウェブサイト画面152,154が携帯電話端末11に表示され、その入会ボタン部301に対して所定の操作(クリック等)をすることで、会員登録画面302が表示される。会員登録画面302へ所定の事項記入し確定させると会員登録がなされる。このとき、ウェブサイト画面152,154のURLの最後に付加された識別データは、会員登録画面302のURLの最後部分にも引き継いで付加され、会員データベース101の会員登録に際し、その識別データがその会員の情報データと共に登録される。

0184

この識別データは、重複しない番号であり、数字のみまたは数字と記号とから形成されている。たとえば、時刻とURLから所定の変換式によって導かれるものが考えられる。このような識別データであると、会員獲得用サーバ15に送信されてきてトレース関連データベース76に保存される各会員制のウェブサイトの会員のデータに基づいて種々の分析が可能となる。

0185

なお、このウェブサイトの会員獲得システム300の背後の仕組みやウェブを介しての報告、請求もウェブサイトの会員獲得システム10と同様である。ただし、上述の第1の実施の形態も含めて、一般のウェブサイトや会員制のウェブサイトへの報告や請求をウェブを介して行うのではなく、代わりに紙媒体を使用したり、紙媒体を併用したりしても良い。

0186

また、各サーバ13,14,15,16は、それぞれ複数のサーバで構成するようにしても良い。その場合、データベース部21,51,81を別のサーバに保管したり、その一部、たとえばトレース関連データベース76を会員獲得用サーバ15の一部となる別のサーバに配置したり、会員データベース101を会員制のウェブサイト用サーバ16の一部となる別のサーバに配置したりしても良い。また、所定の機能のみを、会員獲得用サーバ15やウェブサイト用サーバ16の一部となる他のサーバに代用させたりすることができる。

0187

上述の各実施の形態では、主にウェブページを携帯電話端末11で受信する場合について述べたが、着メロ等の音楽データや、画像データを携帯電話端末11で受信する場合にも本発明を適用可能であることは勿論である。また、JAVA対応の携帯電話端末11aに検索欄が表示される場合、この検索欄に入れたキーワードに基づいて、会員獲得用サーバ15にアクセスする際、パケット削減アプリケーションプログラムの起動によって携帯電話端末11aから送信されるキーワード等を圧縮し、会員獲得用サーバ15側で解凍するようにしても良い。

0188

また、上述の各実施の形態では、パケット削減アプリケーションプログラムを起動させた場合、携帯電話端末11aに付属しているメールソフトの起動については何等言及していないが、パケット削減アプリケーションプログラムの機能にメールソフトの機能も追加しても良い。この場合、該パケット削減アプリケーションプログラムの起動中においても、携帯電話端末11aのメール機能を使用できるものとなる。

0189

また、上述の各実施の形態では、パケット削減アプリケーションプログラムを起動させるクライアント端末として、JAVA対応の携帯電話端末11aについて述べたが、JAVA以外にも、たとえばJINI等、JAVAに類似した言語を使用できる端末としても良い。この場合も、本発明と同等の機能を奏することが可能となる。

0190

さらに、携帯電話端末11a,11bに後述する機能を有するクリアボタンを設けたり、または携帯電話端末11a,11bの表示部18に表示される各画面中にクリアボタン表示251や復帰ボタン表示252を設けるようにしても良い。このクリアボタンやクリアボタン表示251は、プロキシサーバとしての会員獲得用サーバ15を通さないようにするもので、復帰ボタン表示252は、パケット削減アプリケーションプログラムの起動やパケット削減の実行を停止するためのものであり、パケットが削減されていない状態のウェブページを表示させるためのものである。

0191

かかるクリアボタンやクリアボタン表示251および復帰ボタン表示252を設けた場合、ユーザは、会員獲得用サーバ15を通したり通さないようにしたり、またパケット削減を行える状態でのウェブページの表示およびパケット削減を行わない状態でのウェブページの表示を選択することが可能となる。なお、クリアボタンやクリアボタン表示251を操作する必要がある場合の例としては、登録されていない公式サイトへのアクセスを行う際にキャリア用ウェブサーバ13での認証が必要となることへの対応が挙げられる。また、復帰ボタン表示252を操作する必要がある場合としては、パケット削減された表示をユーザが好まない場合などが挙げられる。

0192

また、携帯電話端末11の表示部18に表示される画面は、その表示部18が小画面であることが多いことから、スクロールできる画面とするのが好ましい。さらに、表示される画面の画像としては、静止画像以外に、動画像を採用するようにしても良い。

発明の効果

0193

本発明によれば、勝手サイト等の一般のウェブサイトを閲覧しているユーザを効率良く、有料公式サイトに代表される会員制のウェブサイトへ導くことができるウェブサイトの会員獲得システム、ウェブサイトの会員獲得方法およびウェブサイトの会員獲得用サーバを得ることができる。

図面の簡単な説明

0194

図1本発明の一実施の形態に係るウェブサイトの会員獲得システムの概略構成を示す図である。
図2図1のウェブサイトの会員獲得システムにおける、キャリア用ウェブサーバの構成の概略を示す図である。
図3図1のウェブサイトの会員獲得システムにおける、会員獲得用サーバの構成の概略を示す図である。
図4図1のウェブサイトの会員獲得システムにおける、会員制のウェブサイト用のサーバの構成の概略を示す図である。
図5図1のウェブサイトの会員獲得システムにおける、会員獲得用サーバ上で運営されるポータルサイトの画面例を示す図で、(A)は独自ポータルサイト画面で、(B)は誘導用ポータルサイト画面である。
図6図1のウェブサイトの会員獲得システムにおける、会員獲得用サーバ上で運営されるポータルサイトから検索等によって、携帯電話端末に表示されてきたおすすめ一覧画面、そのおすすめ一覧画面からさらに移行したおすすめサイトダミーページ画面およびアイコン説明画面の各例を示す図である。
図7図1のウェブサイトの会員獲得システムにおける各サーバ間のリンク関係を示す図である。
図8図1のウェブサイトの会員獲得システム中で動作するパケット削減システムを説明するための図で、「パケット削減アプリダウンロード」のリンク表示が携帯電話端末の画面になされた状態を示す図である。
図9図1のウェブサイトの会員獲得システム中で動作するパケット削減システムを説明するための図で、パケット削減後のポータルサイトのトップページを示すものである。
図10図1のウェブサイトの会員獲得システム中で動作するパケット削減システムを説明するための図で、ポータルサイトにおけるウェブページの表示が携帯電話端末になされた状態を示す図であり、(A)はパケット削減後のおすすめ一覧画面で、(B)はパケット削減後のおすすめサイトダミーページ画面である。
図11図1のウェブサイトの会員獲得システム中で動作するパケット削減システムを説明するための図で、パケット削減後の会員制のウェブサイト中の画面例を示す図である。
図12本発明のウェブサイトの会員獲得システムの他の実施の形態を示す図で、図7に対応した各サーバ間のリンク関係を示す図である。

--

0195

10…ウェブサイトの会員獲得システム
11,11a,11b…携帯電話端末(クライアント端末)
13…キャリア用ウェブサーバ
14,14A,14B…一般のウェブサイト用サーバ
15…会員獲得用サーバ
16…会員制のウェブサイト用サーバ
20,50,80…プログラム部
21,51,81…データベース部
22,52,82…インターフェース部
23,53,83…データ保存部
24,54,84…制御部
30,63,90…サーバ用プログラム
31,64,91…会員認証プログラム(会員認証手段の一部)
32,65,92…送信プログラム(送信手段の一部)
40,70,100…ウェブページデータベース
41,71,101…会員データベース
42,72,102…コンテンツデータベース
60…ダウンロード実行プログラム
61…パケット削減プログラム(データ削減手段の一部)
62…データ圧縮プログラム(データ圧縮手段の一部)
66…誘導用ポータルサイト作成プログラム
67…擬似ウェブページ作成プログラム
68…トレース関連プログラム
73…ダウンロード用プログラム保存データベース
74…元データベース部
75…圧縮データベース部
76…トレース関連データベース
110…独自ポータルサイト画面
120,120A,120B…誘導用ポータルサイト画面
130…おすすめ一覧画面
131,131C,131D,131E…おすすめサイトダミーページ画面
133…入会リンク部
142…リンク部
221…リンク(会員サイトリンク部)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ