図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2003年4月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

反射鏡と該反射鏡を覆う照射レンズの構造を改良する事により、自転車走行前方照射のみならず、側面及び後方からの視認性を良好にする。

解決手段

走行前方に向けて取付けられるところの、求心部に位置して電球が取付けられる凹面の反射鏡、該反射鏡の前面を覆う照射レンズからなり、反射鏡は、その端縁の一部に左右側面方向に向けて開口させた側面窓を有すると共に、該側面窓には側面窓を仕切一定間隔毎の複数の板状をした反射リブが同じく側面方向に向けて形成され、照射レンズは取付け状態において前記反射鏡の側面窓を覆う透明な側面レンズ部を一体に有し、該側面レンズ部には前記反射鏡における側面窓に形成した複数の板状をした反射リブの、各々の中間位置に対応する位置に、外方に向けて突出させた複数の透明な突出リブを形成してなる。これにより、特に側面方向および斜め後方に対する発光能力を高め、安全性を向上させる事ができる。

概要

背景

従来公知の自転車用ヘッドライトは、自転車走行に伴う車輪回転力を利用して発電させるダイナモ使用のものや、あるいは乾電池を内蔵した照明灯ハンドルに取り付けるものなどがある。 これらはいずれのものも、求心位置電球を位置せしめるようにした凹面の反射鏡を、自転車の走行前方に向けて取りつけるとともに、その前面に照射レンズを取りつけて前方照射光量を増幅させる構造のものである。 また最近では照射レンズの一部を側面方向に向けて開口させることにより、走行時に側面方向からの視認性を確保するようにした構造のものも開発されている。

概要

反射鏡と該反射鏡を覆う照射レンズの構造を改良する事により、自転車の走行前方部照射のみならず、側面及び後方からの視認性を良好にする。

走行前方に向けて取付けられるところの、求心部に位置して電球が取付けられる凹面の反射鏡、該反射鏡の前面を覆う照射レンズからなり、反射鏡は、その端縁の一部に左右側面方向に向けて開口させた側面窓を有すると共に、該側面窓には側面窓を仕切一定間隔毎の複数の板状をした反射リブが同じく側面方向に向けて形成され、照射レンズは取付け状態において前記反射鏡の側面窓を覆う透明な側面レンズ部を一体に有し、該側面レンズ部には前記反射鏡における側面窓に形成した複数の板状をした反射リブの、各々の中間位置に対応する位置に、外方に向けて突出させた複数の透明な突出リブを形成してなる。これにより、特に側面方向および斜め後方に対する発光能力を高め、安全性を向上させる事ができる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

走行前方に向けて取りつけられるところの、求心部に位置して電球が取りつけられる凹面の反射鏡と、該反射鏡の前面を覆う照射レンズとからなり、反射鏡は、その端縁の一部に左右側面方向に向けて開口させた側面窓を有すると共に、さらに該側面窓には側面窓を仕切一定間隔毎の複数の板状をした反射リブが同じく側面方向に向けて形成され、また照射レンズは、取りつけ状態において前記反射鏡の側面窓を覆う透明な側面レンズ部を一体に有し、しかも該側面レンズ部には前記反射鏡における側面窓に形成した複数の板状をした反射リブの、それぞれの中間位置に対応する位置に、外方に向けて突出させた複数の透明な突出リブを形成してなることを特徴とする自転車用ヘッドライト

請求項2

照射レンズに一体に形成したところの、側面外方に向けて突出させた複数の透明な突出リブは、一定の幅を有すると共に突出端が側面方向に向けた平坦部と、少なくとも斜め後方に向けた平坦部とを有するものであるところの請求項1に記載の自転車用ヘッドライト。

請求項3

照射レンズに一体に形成したところの、側面外方に向けて突出させた複数の透明な突出リブは、一定の幅を有すると共に突出端が側面方向に向けた平坦部と、少なくとも斜め後方に向けた平坦部とを有し、しかも側面方向に向けた平坦部と斜め後方に向けた平坦部との接線が角をなすものであるところの請求項1又は2に記載の自転車用ヘッドライト。

技術分野

0001

本発明は、自転車用ヘッドライトに関し、さらに具体的には反射鏡と該反射鏡を覆う照射レンズの構造を改良することにより、自転車走行前方照射のみならず、側面および後方からの視認性を良好にして夜間における走行の安全性を高めることを目的とする。

背景技術

0002

従来公知の自転車用ヘッドライトは、自転車の走行に伴う車輪回転力を利用して発電させるダイナモ使用のものや、あるいは乾電池を内蔵した照明灯ハンドルに取り付けるものなどがある。 これらはいずれのものも、求心位置電球を位置せしめるようにした凹面の反射鏡を、自転車の走行前方に向けて取りつけるとともに、その前面に照射レンズを取りつけて前方照射光量を増幅させる構造のものである。 また最近では照射レンズの一部を側面方向に向けて開口させることにより、走行時に側面方向からの視認性を確保するようにした構造のものも開発されている。

発明が解決しようとする課題

0003

しかしながら、上記の自転車用ヘッドライトは、走行前方に対する照射能力には優れているものの、上記した照射レンズの一部を側面方向に向けて開口させて照射光の一部を側面方向に分散させるようしした構造のものをも含め、側面方向(自転車の走行方向に対する交差方向)に対する発光が不十分で、特に夜間走行時の安全性の面で問題が多い。

課題を解決するための手段

0004

そこで本発明は、上記した従来型ヘッドライトの構造を改良し、前方に対する照射のみならず、側面方向に対する発光能力を著しく高め、さらに後方に対する発光機能をも十分にして周囲からの視認性を良好にすることにより、夜間走行に際しての安全性を向上させるようにしたものである。

0005

すなわち具体的には、請求項1の発明は、走行前方に向けて取りつけられるところの、求心部に位置して電球が取りつけられる凹面の反射鏡と、該反射鏡の前面を覆う照射レンズとからなり、反射鏡は、その端縁の一部に左右側面方向に向けて開口させた側面窓を有すると共に、さらに該側面窓には側面窓を仕切一定間隔毎の複数の板状をした反射リブが同じく側面方向に向けて形成され、また照射レンズは、取りつけ状態において前記反射鏡の側面窓を覆う透明な側面レンズ部を一体に有し、しかも該側面レンズ部には前記反射鏡における側面窓に形成した複数の板状をした反射リブの、それぞれの中間位置に対応する位置に、外方に向けて突出させた複数の透明な突出リブを形成してなることを特徴とする自転車用ヘッドライトに関する。

0006

また請求項2の発明は、照射レンズに一体に形成したところの、側面外方に向けて突出させた複数の透明な突出リブが、一定の幅を有すると共に突出端が側面方向に向けた平坦部と、少なくとも斜め後方に向けた平坦部とを有するものであるところの請求項1に記載の自転車用ヘッドライトに関する。 さらに請求項3の発明は、照射レンズに一体に形成したところの、側面外方に向けて突出させた複数の透明な突出リブが、一定の幅を有すると共に突出端が側面方向に向けた平坦部と、少なくとも斜め後方に向けた平坦部とを有し、しかも側面方向に向けた平坦部と斜め後方に向けた平坦部との接線が角をなすものであるところの請求項1又は2に記載の自転車用ヘッドライトに関する。

0007

上記の構成において、図示しないダイナモなどによる発電装置バッテリーからの電源をもとにヘッドライトの電球を発光させると、光は凹面の反射鏡により走行前方と側面窓方向とに向けて反射され、前方への光は照射レンズを介して走行前方に向けて照射され、また側面窓方向に反射された光は側面窓に形成された複数の板状をした反射リブの各側板面に反射されて、さらにこれら反射リブの各中間位置に対応する照射レンズ側の側面レンズ部に形成したところの、外方に突出させた透明な各突出リブに集光され、これらの各突出リブが自転車の側面方向に向けて強い発光を照射する。

0008

また、この場合に照射レンズに一体に形成したところの、側面外方に向けて突出させた複数の透明な突出リブが、一定の幅を有すると共に突出端が側面方向に向けた平坦部と、少なくとも斜め後方に向けた平坦部とを有するものである場合においては、上記した反射鏡の板状をした反射リブと照射レンズ側の透明な突出リブによる強い光の一部が自転車の斜め後方部へ向けても照射される。

0009

さらにこの場合に、照射レンズに一体に形成したところの、側面外方に向けて突出させた複数の透明な突出リブが、一定の幅を有すると共に突出端が側面方向に向けた平坦部と、少なくとも斜め後方に向けた平坦部とを有し、しかも側面方向に向けた平坦部と斜め後方に向けた平坦部との接線が角をなすものである場合においては、この角部分エッジ効果により、より一層の集光機能が発揮されて、自転車の側面方向のみならず、後方への発光が強化される。

発明を実施するための最良の形態

0010

以下において本発明の具体的な内容を図1〜3にあらわした実施例をもとに説明すると、1は自転車用ヘッドライトをあらわし、2は該ヘッドライト1における反射鏡、7は照射レンズを示している。 反射鏡2は凹面をなし、求心部に電球取りつけ穴3が形成されており、凹面部を自転車の走行前方に向けて取りつけられ、また照射レンズ7は、上記反射鏡2の前面を覆うべく取りつけられる。

0011

さらに具体的に説明すると、反射鏡2は、図2にあらわしたように周端縁フランジ4が形成され、その端縁の一部に左右の側面方向に向けてそれぞれ開口させた側面窓5を有し、さらに該側面窓5には側面窓5を、該側面窓5の開口方向に平行して伸びる板状をした反射リブ6が、一定間隔毎に複数、同じく側面方向に向けて形成されている。 なお図2において(A)は正面図、(B)は(A)図におけるa−a線であらわした部分の断面図、(C)は右側面図、(D)は半裁断面であらわした底面図をそれぞれあらわしている。

0012

また照射レンズ7は、図3にあらわしたように、取りつけ状態において前記反射鏡2の側面窓5を覆う透明な側面レンズ部8を一体に有し、しかも該側面レンズ部8には前記反射鏡2における側面窓5に形成した複数の板状をした反射リブ6の、それぞれの中間位置に対応する位置に、外方に向けて突出させた複数の透明な突出リブ9を形成している。

0013

さらに該突出リブ9は、一定の幅を有すると共に突出端が側面方向に向けた平坦部9aと、少なくとも斜め後方に向けた平坦部9bとを有し、しかも側面方向に向けた平坦部9aと斜め後方に向けた平坦部9bとの接線が角をなして角部9cを形成している。 なお図3において、(A)は正面図、(B)は左側面図、(C)は底面図、(D)は(A)図におけるbーb線断面図をあらわしている。

0014

上記した構成において、図示しないダイナモなどによる発電装置やバッテリーからの電源をもとにヘッドライト1の電球を発光させると、光は凹面の反射鏡2により走行前方と側面窓5方向とに向けて反射され、前方への光は照射レンズ7を介して走行前方に向けて照射され、また側面窓5方向に反射された光は側面窓5に形成された複数の板状をした反射リブ6のそれぞれの側板面に反射されて、さらにこれら板状をした反射リブ6の各中間位置に対応する照射レンズ7側の側面レンズ部8に形成したところの、外方に突出させた透明な各突出リブ9に集光され、これらの各突出リブ9が自転車の側面方向に向けて強い発光を照射する(図4参照)。

0015

また、この場合に照射レンズ7に一体に形成したところの、側面外方に向けて突出させた複数の透明な突出リブ9が、一定の幅を有すると共に突出端が側面方向に向けた平坦部9aと、少なくとも斜め後方に向けた平坦部9bとを有するものである場合においては、上記した反射鏡2側の板状をした反射リブ6と照射レンズ7側の透明な突出リブ9による強い光の一部が自転車の斜め後方部へ向けても照射される。

0016

さらにこの場合に、照射レンズ7に一体に形成したところの、側面外方に向けて突出させた複数の透明な突出リブ9が、一定の幅を有すると共に突出端が側面方向に向けた平坦部9aと、少なくとも斜め後方に向けた平坦部9bとを有し、しかも側面方向に向けた平坦部9aと斜め後方に向けた平坦部9bとの接線が角をなすものである場合においては、この角部9cによるエッジ効果により、より一層の集光機能が発揮されて、自転車の側面方向のみならず、後方への発光が強化される。

発明の効果

0017

本発明は上記したように、自転車用のヘッドライトにおいて、走行前方に向けて取りつけられるところの、求心部に位置して電球が取りつけられる凹面の反射鏡と、該反射鏡の前面を覆う照射レンズとからなり、反射鏡は、その端縁の一部に左右側面方向に向けて開口させた側面窓を有すると共に、さらに該側面窓には側面窓を仕切る一定間隔毎の複数の板状をした反射リブが同じく側面方向に向けて形成され、また照射レンズは、取りつけ状態において前記反射鏡の側面窓を覆う透明な側面レンズ部を一体に有し、しかも該側面レンズ部には前記反射鏡における側面窓に形成した複数の板状をした反射リブの、それぞれの中間位置に対応する位置に、外方に向けて突出させた複数の透明な突出リブを形成してなるものであるために、前方に対する照射のみならず、側面方向に対する発光能力を著しく高めることができ、自転車の夜間走行に際しての安全性を著しく高めることができる。

0018

また照射レンズに一体に形成したところの、側面外方に向けて突出させた複数の透明な突出リブは、一定の幅を有すると共に突出端が側面方向に向けた平坦部と、少なくとも斜め後方に向けた平坦部とを有するものである場合においては、さらに後方に対する発光機能をも十分にすることができ、さらに上記した透明な突出リブに関し、側面方向に向けた平坦部と斜め後方に向けた平坦部との接線が角をなして角部を形成するようにした場合においては、エッジ効果により当該部分の集光性が、より一層増し、その結果自転車の周囲からの視認性を最良にすることにより、夜間走行に際しての高い安全性を確保することができる。

図面の簡単な説明

0019

図1本発明の一実施例である自転車用ヘッドライトの概略の構成をあらわした側面図。
図2図1のヘッドライトに用いられる反射鏡の詳細構成図。
図3図1のヘッドライトに用いられる照射レンズの詳細構成図。
図4反射鏡の反射リブと照射レンズの透明な突出リブとによる集光原理をあらわした概略説明図。

--

0020

1ヘッドライト
2反射鏡
3電球取りつけ穴
4フランジ
5 側面窓
6 板状をした反射リブ
7照射レンズ
8 側面レンズ部
9 透明な突出リブ
9a 側面方向に向けた平坦部
9b斜め後方に向けた平坦部
9c 角部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社小糸製作所の「 車両用灯具システム」が 公開されました。( 2020/09/10)

    【課題】配光パターンを簡単かつ正確に形成可能な車両用灯具システムを提供する。【解決手段】それぞれの照射可能領域を複数の要素に分解して任意の要素を変更することによって任意の光学像を形成する、少なくとも一... 詳細

  • 本田技研工業株式会社の「 電動車両のバッテリ端子構造」が 公開されました。( 2020/09/10)

    【課題】バッテリ収納部内に浸入した水等がバッテリ接続端子に掛かることを抑えることができる電動車両のバッテリ端子構造を提供する。【解決手段】バッテリケース42の樹脂ケース部132F,132Rの下端には、... 詳細

  • 東芝ライテック株式会社の「 照明器具」が 公開されました。( 2020/09/10)

    【課題】適切な配光を実現する光源としてLED等の発光素子を用いた照明器具を提供する。【解決手段】照明器具は、天井面Cに取付けられる本体1と、本体1の背面側に設けられる複数の間接光光源部9と、間接光光源... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ