図面 (/)

技術 電子機器及び表示体

出願人 セイコーエプソン株式会社
発明者 内田昌宏中西早人
出願日 2001年9月21日 (19年3ヶ月経過) 出願番号 2001-289006
公開日 2003年4月4日 (17年8ヶ月経過) 公開番号 2003-098983
状態 特許登録済
技術分野 要素組合せによる可変情報用表示装置1 液晶表示装置の制御 要素組合せによる可変情報用表示装置2 液晶2(構造一般、スペーサ、注入口及び封止部材) 陰極線管以外の表示装置の制御 EL表示装置の制御 エレクトロルミネッセンス光源 電場発光光源(EL) 液晶2(構造一般、スペーサ、注入口及びシール材)
主要キーワード 未操作状態 方性ゴム 電子機器周辺 用表示情報 エポキシ系熱硬化性樹脂 キャラクター表示 封止用ガラス基板 有機EL表示体
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年4月4日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

有機EL表示体の利点である優れた表示性能を実現するとともに、液晶表示体の利点である低消費電力を実現することを可能とした電子機器及び表示体を提供する。

解決手段

表示体として、液晶パネル20と、この液晶パネル20の表示面上に重ねられて配置された光透過性を有する有機ELパネル10とを備え、表示する表示情報のうち、電源投入している間は常時表示を必要とする、例えば携帯電話200の待受画面時刻表示などの第一の表示情報は液晶パネル20に表示し、それ以外の、例えば暗時の表示や動画表示などの第二の表示情報は有機ELパネル10に表示するようにする。

概要

背景

有機EL素子(少なくとも一層の発光性有機層陰極陽極との間に配置されてなる自発光性素子)を画素に対応させて備える有機EL表示体は、高輝度自発光であること、直流低電圧駆動が可能であること、応答性高速であること、固体有機膜による発光であることによって、優れた表示性能薄型化、軽量化、低消費電力化が可能であるため、将来的に液晶表示体に変わるものとして期待されている。

概要

有機EL表示体の利点である優れた表示性能を実現するとともに、液晶表示体の利点である低消費電力を実現することを可能とした電子機器及び表示体を提供する。

表示体として、液晶パネル20と、この液晶パネル20の表示面上に重ねられて配置された光透過性を有する有機ELパネル10とを備え、表示する表示情報のうち、電源投入している間は常時表示を必要とする、例えば携帯電話200の待受画面時刻表示などの第一の表示情報は液晶パネル20に表示し、それ以外の、例えば暗時の表示や動画表示などの第二の表示情報は有機ELパネル10に表示するようにする。

目的

本発明は、上記事情に鑑みてなされたものであり、表示体として、液晶表示体と有機EL表示体との両方を備え、用途に応じて使い分けるようにすることによって、高速応答及び広視野角が実現可能であるとともに、より低消費電力で駆動させることを可能とした電子機器及び表示体を提供することを課題としている。

効果

実績

技術文献被引用数
8件
牽制数
8件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

表示体と、この表示体に駆動信号を供給する駆動回路と、この駆動回路を制御する制御手段と、を備え、前記表示体に所定の表示情報を表示させるようになっている電子機器において、前記表示体は、液晶表示体と、この液晶表示体の表示面上に重ねられて配置された光透過性を有する有機EL表示体と、を備えて構成されていることを特徴とする電子機器。

請求項2

前記駆動回路は、前記液晶表示体に駆動信号を供給する液晶用駆動回路と、前記有機EL表示体に駆動信号を供給する有機EL用駆動回路と、 を備えて構成されていることを特徴とする請求項1に記載の電子機器。

請求項3

前記液晶表示体は、ドットマトリックス型の表示体であり、前記有機EL表示体は、セグメント型の表示体であることを特徴とする請求項1又は2に記載の電子機器。

請求項4

前記液晶表示体及び前記有機EL表示体のそれぞれは、ドットマトリックス型の表示体であることを特徴とする請求項1又は2に記載の電子機器。

請求項5

前記制御手段は、前記液晶表示体に表示される前記表示情報を記憶する液晶用情報記憶部と、この液晶用情報記憶部から供給される表示情報に基づいて前記液晶用駆動回路を動作させる液晶用制御回路と、前記有機EL表示体に表示される前記表示情報を記憶する有機EL用情報記憶部と、この有機EL用情報記憶部から供給される表示情報に基づいて前記有機EL用駆動回路を動作させる有機EL用制御回路と、を備えることを特徴とする請求項1乃至請求項4のいずれか一項に記載の電子機器。

請求項6

前記制御手段は、前記表示情報を記憶する情報記憶部と、供給される表示情報に基づいて前記液晶用駆動回路を動作させる液晶用制御回路と、供給される表示情報に基づいて前記有機EL用駆動回路を動作させる有機EL用制御回路と、前記情報記憶部に記憶されている表示情報を前記液晶用制御回路及び前記有機EL用制御回路のいずれかに選択して供給可能な表示情報切替回路と、を備えることを特徴とする請求項4に記載の電子機器。

請求項7

前記表示情報切替回路は、時間情報に基づいて前記選択を行うようになっていることを特徴とする請求項6に記載の電子機器。

請求項8

前記表示情報切替回路は、明るさに基づいて前記選択を行うようになっていることを特徴とする請求項6に記載の電子機器。

請求項9

前記表示情報切替回路は、バッテリーの残量に基づいて前記選択を行うようになっていることを特徴とする請求項6に記載の電子機器。

請求項10

前記表示情報切替回路は、使用者の操作に基づいて前記選択を行うようになっていることを特徴とする請求項6に記載の電子機器。

請求項11

前記表示情報切替回路は、表示情報が静止画像であるか動画像であるかに基づいて前記選択を行うようになっていることを特徴とする請求項6に記載の電子機器。

請求項12

前記表示情報のうち、電源投入している間には常時表示を必要とする第一の表示情報は前記液晶表示体に表示し、それ以外の第二の表示情報は前記有機EL表示体に表示するようになっていることを特徴とする請求項1に記載の電子機器。

請求項13

液晶表示体と、この液晶表示体の表示面上に重ねられて配置された光透過性を有する有機EL表示体と、を備えて構成されていることを特徴とする表示体。

技術分野

0001

本発明は、表示体として、有機EL(Electro Luminescence)表示体と液晶表示体との両方を備えた電子機器及び表示体に関する。

背景技術

0002

有機EL素子(少なくとも一層の発光性有機層陰極陽極との間に配置されてなる自発光性素子)を画素に対応させて備える有機EL表示体は、高輝度自発光であること、直流低電圧駆動が可能であること、応答性高速であること、固体有機膜による発光であることによって、優れた表示性能薄型化、軽量化、低消費電力化が可能であるため、将来的に液晶表示体に変わるものとして期待されている。

発明が解決しようとする課題

0003

しかしながら、有機EL表示体は、液晶表示体に比べて消費電力が大きいため、特に携帯電話などの電子機器に使用する場合、時刻待受画面などを電源投入している間には常時表示しておく必要があることから、さらなる改善の余地があった。

0004

本発明は、上記事情に鑑みてなされたものであり、表示体として、液晶表示体と有機EL表示体との両方を備え、用途に応じて使い分けるようにすることによって、高速応答及び広視野角が実現可能であるとともに、より低消費電力で駆動させることを可能とした電子機器及び表示体を提供することを課題としている。

課題を解決するための手段

0005

このような課題を解決するために、請求項1に記載の発明は、表示体と、この表示体に駆動信号を供給する駆動回路と、この駆動回路を制御する制御手段と、を備え、前記表示体に所定の表示情報を表示させるようになっている電子機器において、前記表示体は、液晶表示体と、この液晶表示体の表示面上に重ねられて配置された光透過性を有する有機EL表示体と、を備えて構成されていることを特徴としている。

0006

ここで、光透過性とは、吸収や散乱が生じることなく光などの電磁波が通過する透明の状態や、わずかな吸収や散乱が生じるが光などの電磁波が通過する半透明の状態などを指す。また、液晶表示体の上に、有機EL表示体を重ねるとは、液晶表示体の上面に有機EL表示体が積層されている状態や、液晶表示体の上方に隙間を空けて、有機EL表示体が配置されている状態を指す。

0007

請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の電子機器において、前記駆動回路は、前記液晶表示体に駆動信号を供給する液晶用駆動回路と、前記有機EL表示体に駆動信号を供給する有機EL用駆動回路と、 を備えて構成されていることを特徴としている。請求項3に記載の発明は、請求項1又は2に記載の電子機器において、前記液晶表示体は、ドットマトリックス型の表示体であり、前記有機EL表示体は、セグメント型の表示体であることを特徴としている。

0008

請求項4に記載の発明は、請求項1又は2に記載の電子機器において、前記液晶表示体及び前記有機EL表示体のそれぞれは、ドットマトリックス型の表示体であることを特徴としている。請求項5に記載の発明は、請求項1乃至2のいずれか一項に記載の電子機器において、前記制御手段は、前記液晶表示体に表示される前記表示情報を記憶する液晶用情報記憶部と、この液晶用情報記憶部から供給される表示情報に基づいて前記液晶用駆動回路を動作させる液晶用制御回路と、前記有機EL表示体に表示される前記表示情報を記憶する有機EL用情報記憶部と、この有機EL用情報記憶部から供給される表示情報に基づいて前記有機EL用駆動回路を動作させる有機EL用制御回路と、を備えることを特徴としている。

0009

請求項6に記載の発明は、請求項4に記載の電子機器において、前記制御手段は、前記表示情報を記憶する情報記憶部と、供給される表示情報に基づいて前記液晶用駆動回路を動作させる液晶用制御回路と、供給される表示情報に基づいて前記有機EL用駆動回路を動作させる有機EL用制御回路と、前記情報記憶部に記憶されている表示情報を前記液晶用制御回路及び前記有機EL用制御回路のいずれかに選択して供給可能な表示情報切替回路と、を備えることを特徴としている。

0010

請求項7に記載の発明は、請求項6に記載の電子機器において、前記表示情報切替回路は、時間情報に基づいて前記選択を行うようになっていることを特徴としている。請求項8に記載の発明は、請求項6に記載の電子機器において、前記表示情報切替回路は、明るさに基づいて前記選択を行うようになっていることを特徴としている。

0011

請求項9に記載の発明は、請求項6に記載の電子機器において、前記表示情報切替回路は、バッテリーの残量に基づいて前記選択を行うようになっていることを特徴としている。請求項10に記載の発明は、請求項6に記載の電子機器において、前記表示情報切替回路は、使用者の操作に基づいて前記選択を行うようになっていることを特徴としている。

0012

請求項11に記載の発明は、請求項6に記載の電子機器において、前記表示情報切替回路は、表示情報が静止画像であるか動画像であるかに基づいて前記選択を行うようになっていることを特徴としている。請求項12に記載の発明は、請求項1に記載の電子機器において、前記表示情報のうち、電源を投入している間には常時表示を必要とする第一の表示情報は前記液晶表示体に表示し、それ以外の第二の表示情報は前記有機EL表示体に表示するようになっていることを特徴としている。

0013

ここで、第一の表示情報とは、例えば、携帯電話の待受画面や時刻表示など、電源を投入している間には常時表示する必要がある表示情報を指し、第二の表示情報とは、例えば、キャラクター表示などの動画表示や暗時の時刻表示など、優れた画像表示を必要とする表示情報を指す。請求項13に記載の発明は、液晶表示体と、この液晶表示体の表示面上に重ねられて配置された光透過性を有する有機EL表示体と、を備えて構成されていることを特徴とする表示体としている。

0014

本発明の電子機器において、表示体を、液晶表示体と、この液晶表示体の表示面上に重ねられて配置された光透過性を有する有機EL表示体とで構成したことによって、有機EL表示体における表示と液晶表示体における表示との両方を視認することが可能となるため、必要に応じて液晶表示体と有機EL表示体とを使い分けたり、或いは同時に使用したりすることが可能となる。

0015

特に、請求項12に記載の電子機器のように、電源を投入している間には常時表示を必要とする、例えば、携帯電話等の待受画面や時刻表示などの第一の表示情報は、低消費電力の液晶表示体で表示し、それ以外の、液晶表示体では表示が見え難くなる暗時の表示や動画表示などの第二の表示情報は、優れた表示性能を有する有機EL表示体で表示するようにすることによって、液晶表示体及び有機EL表示体の双方の欠点を補いつつ、利点を生かすことが可能となる。すなわち、有機EL表示体の利点である高速応答及び広視野角、或いは良好なコントラストと、液晶表示体の利点である低消費電力とをともに実現させることが可能となり、有機EL表示体を使用する際の課題とされている、消費電力の問題を改善することができる。

0016

また、請求項6に記載の電子機器において、供給される表示情報に基づいて、液晶用制御回路及び有機EL用制御回路のいずれかに選択して供給可能な表示情報切替回路を備えたことによって、通常は液晶表示体で表示している、 例えば、携帯電話における時刻表示や待受画面などの表示情報を、有機EL表示体で表示したり、逆に、通常は有機EL表示体で表示している、例えば、動画表示などの表示情報を液晶表示体で表示することが可能となるため、表示レイアウトの自由度を向上させることが可能となる。

0017

特に、請求項7に記載の電子機器において、表示情報切替回路を、時間情報に基づいて選択を行うようにしたことによって、例えば、有機ELパネルが表示された状態で、 未操作の状態が所定時間続くと、自動的に液晶パネルを表示させるようにすることが可能となる。よって、電子機器のさらなる低消費電力化を実現することが可能となる。

0018

また、請求項8に記載の電子機器において、表示情報切替回路を、電子機器周辺の明るさに基づいて選択を行うようにしたことによって、例えば、液晶表示体で表示が見え難くなる暗時には、有機EL表示体に表示させるようにすることが可能となる。よって、暗示においても、視認性に優れた表示情報を表示することが可能となる。

0019

さらに、請求項9に記載の電子機器において、表示情報切替回路を、バッテリーの残量に基づいて選択を行うようにしたことによって、例えば、バッテリーの残量が少なくなると、消費電力の大きな有機EL表示体ではなく、低消費電力の液晶表示体に表示させるようにすることが可能となる。よって、携帯電話などの電子機器を長時間にわたって使用することが可能となる。

0020

さらに、請求項10に記載の電子機器において、表示情報切替回路を、使用者の操作に基づいて選択を行うようにしたことによって、使用者の必要とする表示情報を、 使用者の嗜好に応じて表示させることが可能となる。本発明の表示体によれば、本発明の電子機器を容易に実現することが可能となる。

発明を実施するための最良の形態

0021

以下、本発明の一実施の形態について、図面を参照して説明する。
(第一実施形態)図1は、本発明における電子機器の一例としての携帯電話の斜視図である。図2は、図1における携帯電話用ディスプレイの一実施形態を示す断面図である。

0022

本実施形態における携帯電話200は、図1に示すように、複数の操作ボタン201と、受話口202と、送話口203と、ディスプレイ100と、を具備している。ディスプレイ100は、図2に示すように、携帯電話200の矩体C内に順次積層される、有機ELパネル用駆動回路308が形成された有機EL駆動用基板30と、液晶パネル用駆動回路307が形成された液晶駆動用基板40と、導光板バックライト)50と、液晶パネル20と、有機ELパネル10と、さらに有機ELパネル10の上に形成され、矩体C内を密封状態に保つカバーガラスGと、から構成されている。

0023

ここで、有機ELパネル10は、ガラス基板11の一面側(図2における下面側)に順次積層される、陽極12と陰極14との間に発光性有機層13を挟層してなる有機EL素子Eと、封止材15と、封止用ガラス基板16と、から構成されている。この有機ELパネル10は、ドットマトリックス型の表示体であり、パッシブマトリックス方式で駆動されるようになっているが、アクティブマトリックス方式で駆動するようにしても構わない。

0024

陽極12は、ITO(Indium Tin Oxide:錫ドープ酸化インジウム)や、IZO(亜鉛ドープ酸化インジウム)など、導電性を有する透明材料からなり、例えばスパッタリング法などにより形成される。陰極14は、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、リチウム(Li)、バリウム(Ba)など仕事関数の低い金属を用い、さらに、耐酸化性や導電性を向上させるために、アルミニウム(Al)、金(Au)、銀(Ag)、タンタル(Ta)、ITO、IZOなどの耐酸化性及び導電性を併せ持つ金属や金属酸化物を積層したり、合金化したりすることが望ましい。ここで、陰極14は、真空蒸着法やスパッタリング法などにより形成される。

0025

発光性有機層13は、正孔注入層として、バイエル社製「Baytron」(PEDOT:ポリエチレンジオキシチオフェン)などの導電性高分子材料成膜したのち、発光層として、各色に対応したポリフルオレン系やポリパラフェニレンビニレン系などのπ共役を有する発光性高分子材料を積層した構造からなり、例えばインクジェット法などにより形成される。

0026

封止用ガラス基板16は、有機ELパネル10内への酸素及び水分の浸入を妨げる機能を果たしており、封止剤15として、2液性エポキシ系熱硬化性樹脂UV硬化性樹脂等を用いて、ガラス基板11と張り合わせ封止している。また、液晶パネル20は、有機ELパネル10における封止用ガラス基板16と対向して配置される液晶用対向基板21の一面側(図2における下面側)に順次積層される、液晶22と、液晶駆動用TFT(Tin Film Transister)基板23と、から構成されている。この液晶パネル20も、有機ELパネル10と同様に、ドットマトリックス型の表示体であり、その駆動方式はアクティブマトリックス方式であるが、パッシブマトリックス方式で駆動するようにしても構わない。

0027

液晶22は、公知の液晶材料を用いることができ、例えば、TN(Twisted Nematic)型やSTN(Super Twisted Nematic)型の液晶、さらに、高分子を含有する高分子分散型の液晶を用いることができる。さらに、有機EL駆動用基板30は、有機ELパネル用駆動回路308が形成されており、異方性ゴム30aを介して、有機ELパネル10の陽極12及び陰極14と接続されている。この陽極12及び陰極14間に直流電圧印加することで、有機EL素子Eを発光させ、有機ELパネル10に表示を行うようにしている。

0028

さらに、液晶駆動用基板40は、液晶パネル用駆動回路307が形成されており、TAB(Tape Automated Bonding)等の配線が形成されたフレキシブル基板40aを介して、液晶パネル20の電極取り出し部22aに接続されている。この電極取り出し部22aに直流電圧を印加することで、液晶パネル20に表示を行うようにしている。

0029

バックライト50は、液晶パネル20を背面から照射する装置であり、液晶駆動用基板40と、配線50aを介して接続されたバックライト用LED(Light−emitting diode:発光ダイオード)50Aによって発光が行われるようになっている。次に、本実施形態のディスプレイ100における制御装置300と、液晶パネル用駆動回路307及び有機ELパネル用駆動回路308とについて、図3を参照して説明する。図3は、本発明の電子機器における制御装置及び駆動回路の一構成例を示すブロック図である。

0030

制御装置300は、電源回路301と、クロック発生回路302と、液晶用表示情報出力回路303と、有機EL用表示情報出力回路304と、液晶用表示情報処理回路305と、有機EL用表示情報処理回路306と、から構成されており、この制御装置300によって、液晶パネル用駆動回路307と、有機ELパネル用駆動回路308の動作が制御されている。

0031

ここで、液晶用表示情報出力回路303には、時刻表示や壁紙表示など電源を投入している間には常時表示する必要がある表示情報(第一の表示情報)が記憶されており、随時必要に応じて、その記憶されている表示情報が液晶用表示情報処理回路305に供給される。有機EL用表示情報出力回路304には、既に決められた数種類のキャラクター表示などの動画や時刻表示などを表示する表示情報(第二の表示情報)が記憶されており、随時必要に応じて、その記憶されている表示情報が有機EL用表示情報処理回路306に供給される。

0032

また、液晶用表示情報処理回路305及び有機EL用表示情報処理回路306では、それぞれ液晶用表示情報出力回路303及び有機EL用表示情報出力回路304から供給された表示情報を、表示に適した配列に変換する等の処理を行っている。さらに、液晶パネル用駆動回路307及び有機ELパネル用駆動回路308では、データ線駆動回路307X、308Xと、走査線駆動回路307Y、308Yとを備えている。そして、液晶用表示情報処理回路305及び有機EL用表示情報処理回路306から供給された表示データに従って、データ線駆動回路307X、308X及び走査線駆動回路307Y、308Yを動作させて、データ線走査線を駆動させるようになっている。

0033

ここで、本実施形態における制御装置300において、電源回路301から電源が供給されると、クロック発生回路302の情報に基づいて計時カウントが行われ、液晶用表示情報出力回路303から、液晶用表示情報処理回路305に向けて、時計表示非動作の待受画面などの各種情報(第一の表示情報)が出力される。次いで、液晶用表示情報処理回路305において、表示に適したデータ配列への変換などの処理を施された後、上記時計表示や非動作の待受画面などの各種表示情報が、液晶パネル用駆動回路307に送信される。そして、その表示データに従って、データ線駆動回路307X及び走査線駆動回路307Yに電圧が印加されることで、液晶パネル20に時計表示や非動作の待受画面などが表示されるようになる。

0034

一方、キャラクター表示などの動画表示や、暗時の表示など各種表示情報(第二の表示情報)を行う場合には、クロック発生回路302からの計時カウントに基づいて、液晶用表示情報処理回路305の動作を一時停止し、有機EL用表示情報出力回路304から、有機EL用表示情報処理回路306に向けて、キャラクター表示など動画表示や暗時の表示などの第二の表示情報が出力される。次いで、有機EL用表示情報処理回路306において、表示に適したデータ配列への変換などの処理を施された後、上記キャラクター表示や時刻表示などの各種表示情報は、有機ELパネル用駆動回路308に送信される。そして、その表示データに従って、データ線駆動回路308X及び走査線駆動回路308Yに電圧が印加されることで、有機ELパネル10にキャラクター表示などの動画或いは暗時の表示が表示されるようになる。

0035

本実施形態の制御装置300において、電源を投入している間には常時表示が必要である時刻表示や待受画面などは、液晶パネル用駆動回路307によって、液晶パネル20に表示させておき、暗時において表示させる時刻表示やイベント発生時などに表示させるキャラクター表示などの動画などは、一時的に液晶パネル20の表示を停止し、有機ELパネル用駆動回路308によって、有機ELパネル10に表示させるようにしている。

0036

つまり、本実施形態においては、待受画面や時刻表示などの静止画が表示される液晶パネル20と、キャラクター表示などの動画が表示される有機ELパネル10とは、同時に表示されることなく、液晶パネル20或いは有機ELパネル10は常時いずれか一方が表示されるようになっている。このように、待受画面や時刻の表示など常時表示が必要とされる場合は、低消費電力で表示可能な液晶パネル20において表示を行うようにし、優れた画像表示や動画表示、 或いは暗時における表示が必要とされる場合は、高速応答性及び広視野角、並びに高コントラスト比で表示可能な有機ELパネル10において表示を行うようにしたことによって、有機ELパネル10を使用する際に課題とされている、消費電力の問題を改善することが可能となる。
(第一実施形態の変形例)第一実施形態のディスプレイ100の制御装置300において、液晶パネル用駆動回路307と有機ELパネル用駆動回路308とを同時に駆動させ、液晶パネル20及び有機ELパネル10を同時に表示させるようにしても構わない。

0037

本変形例におけるディスプレイ100は、制御装置300において、液晶パネル用駆動回路307と有機ELパネル用駆動回路308とを同時に駆動させることで、液晶パネル20によって表示する待受画面、壁紙、背景、時刻表示などの上に、有機ELパネル10によって表示するキャラクター表示などの動画が表示されるようになる。つまり、異なる表示情報を有する液晶パネル20と有機ELパネル10とを同時に表示し、異なる二つの表示を同時に表示させるようにしている。

0038

このように、液晶パネル20と有機ELパネル10とに異なる画像表示を形成し、液晶パネル用駆動回路307と有機ELパネル用駆動回路308とを同時に駆動させることによって、有機ELパネル10によって高速応答性及び広視野角、並びに高コントラスト比を有する動画表示が実現可能であるとともに、液晶パネル20によってより低消費電力を実現させることが可能となる。

0039

また、液晶パネル20に表示する表示情報と、有機ELパネル10に表示する表示情報とを両方とも視認することができるため、表示レイアウトの自由度を向上させることが可能となる。
(第二実施形態)図4は、図1における携帯電話用ディスプレイの他の実施形態を示す断面図である。

0040

ディスプレイ100は、第一実施形態における液晶パネル用駆動回路307と、有機ELパネル用駆動回路308とを、同一基板である液晶及び有機EL駆動用基板60に形成した構成としている。この液晶及び有機EL駆動用基板60は、液晶パネル20の電極取り出し部22aと、TAB等の配線が形成されたフレキシブル基板60bを介して接続されている。同様に、有機ELパネル10の陽極12及び陰極14と、異方性ゴム60aを介して接続されている。さらに、バックライト用LED50Aと、配線60cを介して接続されている。

0041

このように、液晶パネル用駆動回路307と、有機ELパネル用駆動回路308とを、同一の液晶及び有機EL駆動用基板60に形成するようにしたことによって、携帯電話200など電子機器の薄型化、軽量化を実現することが可能となる。
(第三実施形態)図5は、本発明の電子機器における制御装置及び駆動回路の他の構成例を示すブロック図である。

0042

ディスプレイ100の制御装置300Aは、第一実施形態の駆動装置300における液晶用表示情報出力回路303と有機EL用表示情報出力回路304とを、機能的には一つの表示情報出力回路309としているとともに、この表示情報出力回路309内から出力される表示情報を、液晶パネル用駆動回路307を制御する液晶用表示情報処理回路305及び有機ELパネル用駆動回路308を制御する有機EL用表示情報処理回路306のいずれかに選択的に出力可能な表示情報切替回路310を備えている。

0043

ここで、表示情報切替回路310を、時間情報に基づいて、例えば、有機ELパネル10が表示された状態で未操作状態が所定時間続くと、自動的に液晶パネル20が表示されるように、有機EL用表示情報処理回路306から液晶用表示情報処理回路305に切り替わるように設定すると、さらなる低消費電力化を実現させることが可能となる。

0044

また、表示情報切替回路310を、携帯電話200の周辺の明るさに基づいて、例えば、液晶パネル20で表示が見え難くなる暗時になると、自動的に有機ELパネル10に表示されるように、液晶用表示情報処理回路305から有機EL用表示情報処理回路306に切り替わるように設定すると、暗時においても視認性に優れた表示を実現させることが可能となる。

0045

さらに、表示情報切替回路310を、バッテリの残量に基づいて、例えば、バッテリーの残量が少なくなったある任意の時点で、大きな消費電力を有する有機ELパネル10ではなく低消費電力の液晶パネル20に表示させるように、有機EL用表示情報処理回路306から液晶用表示情報処理回路305に切り替わるように設定すると、携帯電話200など電子機器の長時間にわたる使用を実現させることが可能となる。

0046

さらに、表示情報切替回路310を、使用者の操作に基づいて、例えば、使用者が必要とする情報を有機ELパネル10に表示させ、あまり必要としない情報は液晶パネル10に表示させるように、有機EL用表示情報処理回路306と液晶用表示情報処理回路305とを自由に切り替えることができるように設定すると、使用者の嗜好に応じた表示レイアウトを実現させることが可能となる。

0047

つまり、本来は、液晶パネル20で表示している時刻表示や待受画面を有機ELパネル10で表示させたり、或いは、本来は、有機ELパネル10で表示している動画などを液晶パネル20に表示させたりすることが可能となる。よって、表示レイアウトの自由度を向上させることが可能となる。
(第三実施形態の変形例)第三実施形態の制御装置300Aにおいて、表示情報出力回路309として、第一実施形態の制御装置300と同様の液晶用表示情報出力回路303及び有機EL用表示情報出力回路304を備え、通常は第一実施形態と同様の制御を行い、例えば、時間情報、 明るさ、バッテリーの残量、使用者の操作などに基づいた所定の選択条件が備わった場合に、表示情報切替回路310を動作させるようにしても構わない。

0048

つまり、通常、液晶用表示情報出力回路303に記憶された表示情報は、液晶用表示情報処理回路305に供給し、液晶パネル用駆動回路307を動作させることで液晶パネル20に表示させておくとともに、有機EL用表示情報出力回路304に記憶された表示情報は、有機EL用表示情報処理回路306に供給し、有機ELパネル用駆動回路308を動作させることで有機ELパネル10に表示させておく。そして、時間情報、明るさ、バッテリーの残量、使用者の操作など所定の選択条件が備わった場合に、例えば、液晶用表示情報出力回路303に記憶された表示情報を、表示情報切替回路310によって有機EL用表示情報処理回路306に供給し、有機ELパネル10に表示させたり、或いは、有機EL用表示情報出力回路304に記憶された表示情報を、表示情報切替回路310によって液晶用表示情報処理回路305に供給し、液晶パネル20に表示させるようにしてもよい。

0049

また、液晶用表示情報出力回路303に記憶された表示情報と、有機EL用表示情報出力回路304に記憶された表示情報の両方を、表示情報切替回路310を動作させることによって、液晶用表示情報処理回路305に供給し、液晶パネル20に表示させるようにしてもよい。同様に、液晶用表示情報出力回路303に記憶された表示情報と、有機EL用表示情報出力回路304に記憶された表示情報の両方を、表示情報切替回路310を動作させることによって、有機EL用表示情報処理回路306に供給し、有機ELパネル10に表示させるようにしてもよい。
(第四実施形態)図6は、本発明の電子機器における制御装置及び駆動回路の他の構成例を示すブロック図である。

0050

ディスプレイ100は、第一実施形態と同様の構成を有するディスプレイ100における有機ELパネル10が、セグメント型の表示体であり、パッシブ方式で駆動されるようになっている。ここで、本実施形態における制御装置300Bにおける有機ELパネル用駆動回路308は、図6に示すように、特定の数字文字、図形などをかたどった一つ一つの画素から引き出される複数のセグメント電極と、このセグメント電極と対抗する一つのコモン電極と、から構成されるセグメント駆動回路308Zを駆動させることよって、有機ELパネル10に特定のセグメント表示を表示させるようにしている。

0051

このように、待受画面や時刻の表示など電源を投入している間には常時表示が必要とされる表示情報を、低消費電力の液晶表示パネル20で表示するとともに、暗時の時刻表示やイベント時のアラーム表示など比較的消費電力の小さな一定の表示情報を有機ELパネル10で表示するようにしたことによって、携帯電話200など電子機器をより低消費電力で駆動させることが可能となる。
(その他の実施形態)上記実施形態において、電子機器の一例としてディスプレイ100を搭載した携帯電話200について説明したが、その他、モバイル型パーソナルコンピュータディジタルスチルカメラ等に適用した例として、図7及び図8を参照して説明する。

0052

図7は、モバイル型のパーソナルコンピュータを示す斜視図である。モバイル型のパーソナルコンピュータ400は、キーボード401を備えた本体部402と、前述のディスプレイ100からなる表示ユニット403と、から構成されている。図8は、ディジタルスチルカメラを示す斜視図である。

0053

ディジタルスチルカメラ500は、ケース501と、その背面に設けられ、前述のディスプレイ100からなる表示パネル502と、ケース501の観察側(図 6における裏面側)に設けられる光学レンズやCCD(Charge Coupled Device)を含んだ受光ユニット503と、シャッタボタン504と、シャッタボタン504を押した時のCCDの撮像信号転送・格納される回路基板505と、から構成されている。また、このディジタルスチルカメラ500にあっては、ケース501の側面にビデオ信号出力端子506と、データ通信用入出力端子507とが設けられ、前者のビデオ信号出力端子506にはテレビモニタ600が、後者のデータ通信用の入出力端子507にはパーソナルコンピュータ700が、それぞれ必要に応じて接続される。

0054

なお、電子機器としては、これに限らず、テレビビューファインダ型、モニタ直視型のビデオテープレコーダカーナビゲーション装置ページャ電子手帳電卓ワードプロセッサワークステーションテレビ電話POS端末タッチパネルを備えた機器等に挙げられ、いずれも上述のディスプレイ100を搭載することが可能である。

0055

ここで、本実施形態における液晶パネル20は、請求項における液晶表示体に対応し、有機ELパネル10は、有機EL表示体に対応している。同様に、制御装置300、300A、300Bは制御手段に、液晶用表示情報出力回路303は液晶用情報記憶部に、有機EL用表示情報出力回路304は有機EL用情報記憶部に、表示情報出力回路309は情報記憶部に、液晶用表示情報処理回路305は液晶用制御回路に、有機EL用表示情報処理回路306は有機EL用制御回路に、それぞれ対応している。また、液晶パネル用駆動回路307は液晶用駆動回路に、有機ELパネル用駆動回路308は有機EL用駆動回路に、それぞれ対応している。

発明の効果

0056

以上説明したように、本発明における電子機器によれば、表示体を、液晶表示体と、この液晶表示体の表示面上に重ねられて配置された光透過性を有する有機EL表示体とで構成したことによって、有機EL表示体における表示と液晶表示体における表示との両方を視認することが可能となるため、必要に応じて液晶表示体と有機EL表示体とを使い分けたり、或いは同時に使用したりすることが可能となる。本発明における表示体によれば、本発明における電子機器を容易に実現することが可能となる。

図面の簡単な説明

0057

図1本発明における電子機器の一例としての携帯電話を示す斜視図である。
図2図1における携帯電話用ディプレイの一実施形態を示す断面図である。
図3本発明の電子機器における制御装置及び駆動回路の一構成例を示すブロック図である。
図4図1における携帯電話用ディスプレイの他の実施形態を示す断面図である。
図5本発明の電子機器における制御装置及び駆動回路の他の構成例を示すブロック図である。
図6本発明の電子機器における制御装置及び駆動回路の他の構成例を示すブロック図である。
図7本発明における電子機器の他の一例としてのモバイル型のパーソナルコンピュータを示す斜視図である。
図8本発明における電子機器の他の一例としてのディジタルスチルカメラを示す斜視図である。

--

0058

10有機ELパネル(有機EL表示体)
11ガラス基板
12陽極
13発光性有機層
14陰極
15封止材
16封止用ガラス基板
20液晶パネル(液晶表示体)
21液晶用対向基板
22液晶
23液晶駆動用TFT基板
30有機EL駆動用基板
40液晶駆動用基板
50導光板(バックライト)
50A バックライト用LED
60 液晶及び有機EL駆動用基板
30a、60a 異方性ゴム
40a、60bフレキシブル基板
50a、60c配線
100ディスプレイ
200携帯電話(電子機器)
201 操作ボタン
202受話口
203送話口
300、300A、300B制御装置(制御手段)
301電源回路
302クロック発生回路
303 液晶用表示情報出力回路(液晶用情報記憶部)
304 有機EL用表示情報出力回路 (有機EL用情報記憶部)
305 液晶用表示情報処理回路(液晶用制御回路)
306 有機EL用表示情報処理回路 (有機EL用制御回路)
307 液晶パネル用駆動回路(液晶用駆動回路)
308 有機ELパネル用駆動回路(有機EL用駆動回路)
309 表示情報出力回路(情報記憶部)
310 表示情報切替回路
400モバイル型パーソナルコンピュータ(電子機器)
401キーボード
402 本体部
403表示ユニット
500ディジタルスチルカメラ(電子機器)
501ケース
502表示パネル
503受光ユニット
504シャッタボタン
505回路基板
506ビデオ信号出力端子
507データ通信用の入出力端子
600テレビモニタ
700 パーソナルコンピュータ
C矩体
E有機EL素子
Gカバーガラス
307 液晶パネル用駆動回路(液晶用駆動回路)
308 有機ELパネル用駆動回路(有機EL用駆動回路)
307X、308Xデータ線駆動回路
307Y、308Y走査線駆動回路
308Z セグメント駆動回路

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日東電工株式会社の「 光学的表示装置を製造する方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】粘着剤層の筋状変形、先端部の貼りズレまたは浮き等が生じない、光学的表示装置を製造する方法を提供する。【解決手段】パネル貼合位置100に、帯状の光学フィルム積層体1のキャリアフィルム2から粘着剤... 詳細

  • 信越エンジニアリング株式会社の「 貼合デバイスの貼り合わせ装置及び貼り合わせ方法並びに貼合デバイス」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】封入空間に対するフィル材の供給量を多くしても、フィル材の伸展圧力でシールが決壊せず、複数の素子の有効封止領域をフィル材より無気泡で封止する貼り合わせ装置を提供する。【解決手段】複数の素子Eが配... 詳細

  • 日本精機株式会社の「 放熱構造」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】熱伝導部材の位置ズレが抑制され、良好な放熱機能を得ることが可能な放熱構造を提供する。所定情報を表示する表示部11aを備えた表示素子11と表示素子11に照明光を供給する発熱電子部品とし... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ