図面 (/)

技術 マン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成方法および装置およびコンピュータプログラムプロダクト

出願人 フォルクスヴァーゲンアクチエンゲゼルシャフト
発明者 アンドレオーバーシャハトジークカールステンベルクマン
出願日 2002年3月22日 (17年6ヶ月経過) 出願番号 2002-081890
公開日 2003年3月19日 (16年6ヶ月経過) 公開番号 2003-084878
状態 特許登録済
技術分野 車両用電気・流体回路 デジタル計算機の表示出力 デジタル計算機のユーザインターフェイス プログラマブルコントロ-ラ デジタル計算機のユーザインターフェイス
主要キーワード 指示面 エアコンディショニング 配置並び 予設定 基本エレメント サーバステーション 操作エレメント データ線路
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年3月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

解決手段

マン・マシーン・インタフェース10に処理装置4が配属され、その表示/操作環境の記憶されている生成データV1,V2,V3,28,30,32を処理装置によって呼び出し、インタフェースの表示/操作環境の記憶されている生成データを処理装置に所定のパラメータに依存して伝送し、接続されている装置/アプリケーションの記憶されているデータA1,A2,A3を処理装置によって呼び出し、処理装置に伝送し、インタフェースの生成データを伝送されたデータと処理装置で結び付け、これに依存してインタフェースでの指示および/または操作ストラクチャを生成する。

概要

背景

マンマシーンインタフェースに対する装置および方法は一般に、自動車での用途を含めた、数多くの装置およびアプリケーションにおいて使用される。これらの装置および方法は、これまで、固定プログラミングされた指示ないし指示装置に基づいており、この指示ないし指示装置は直接または分離不能にアプリケーションプログラムに接続されている。自動車に使用されるこの種のマン・マシーン・インタフェースは例えばヨーロッパ特許EP701926B1号から公知である。

WO01/00452号から更に、指示および操作装置に対して、HTML/XMLページフォーマットに基づいているグラフィックユーザインタフェースが実現されており、基本エレメントとして標準化されているHTML/XMLおよびアクティブモジュールに対して使用される、指示および操作装置を備えた車両コミュニケーションシステムが公知である。インプリメンテーションされたグラフィックユーザインタフェースは、所属ファイルシステムHTML/XMLページを介して生成されかつ制御計算機または指示および操作ユニットまたは2つのコンポーネント分配されてインプリメンテーションされているものである、HTTPサーバーの形のMMIアプリケーションモジュールから、並びにこれら生成されたページの表示のための指示および操作ユニットにおける所属のブラウザまたはインタプリタから成っている。システムは標準化されたオペレーションシステムなしでやっていける。

概要

ユニバーサル使用可能なダイナミックマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境生成方法

マン・マシーン・インタフェース10に処理装置4が配属され、その表示/操作環境の記憶されている生成データV1,V2,V3,28,30,32を処理装置によって呼び出し、インタフェースの表示/操作環境の記憶されている生成データを処理装置に所定のパラメータに依存して伝送し、接続されている装置/アプリケーションの記憶されているデータA1,A2,A3を処理装置によって呼び出し、処理装置に伝送し、インタフェースの生成データを伝送されたデータと処理装置で結び付け、これに依存してインタフェースでの指示および/または操作ストラクチャを生成する。

目的

本発明の課題は、実質的にユニバーサルに使用可能なダイナミックマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境を生成するための方法および装置を提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

マンマシーンインタフェース(10)に直接または間接的に処理装置(4)が配属されているという形式であって、接続されている装置および/またはアプリケーションを有するマン・マシーン・インタフェース(10)の指示および操作環境生成方法において、マン・マシーン・インタフェース(10)の表示および/または操作環境の記憶されている包括的ないし生成データ(V1,V2,V3;28,30,32)を処理装置(4)によって呼び出しおよび/またはマン・マシーン・インタフェース(10)の表示および/または操作環境の記憶されている包括的ないし生成データ(V1,V2,V3;28,30,32)を所定のパラメータに依存して処理装置(4)に伝送し、前記接続されている装置および/またはアプリケーションの記憶されているデータ(A1,A2,A3)、例えば機能データを処理装置(4)によって呼び出しおよび/または前記接続されている装置および/またはアプリケーションの記憶されているデータ(A1,A2,A3)、例えば機能データを処理装置(4)に伝送しかつマン・マシーン・インタフェース(10)の表示および/または操作環境の前記呼び出されたおよび/または伝送された包括的ないし生成データを接続されている装置および/またはアプリケーションの前記呼び出されたおよび/または伝送されたデータ(A1,A2,A3)と処理装置(4)において結び付けかつ該結び付けに依存してマン・マシーン・インタフェース(10)での指示および/または操作ストラクチャを生成するマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成方法

請求項2

マン・マシーン・インタフェースの表示および/または操作環境の生成データは、環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータ(V1,V2,V3)および機能および/または機能群に依存しているデータ(28,30,32)を有しており、ここで環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータ(V1,V2,V3)は機能および/または機能群に依存しているデータ(28,30,32)に所定のパラメータに依存して処理装置(4)においてまとめられる請求項1記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成方法。

請求項3

環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータ(V1,V2,V3)は指示画像およびその部分の外観、例えば色および形状に関するデータを有している請求項2記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成方法。

請求項4

機能および/または機能群に依存しているデータ(28,30,32)は指示画像の構造的な構成、例えば指示画像およびその部分の数および/または配置並びにその結び付きに関するデータを含んでいる請求項2または3記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成方法

請求項5

機能および/または機能群に依存しているデータ(28,30,32)を呼び出しおよび/または伝送し、該呼び出された機能および/または機能群に依存しているデータ(28,30,32)に従っておよび/または所定のパラメータに依存して環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータ(V1,V2,V3)を呼び出しおよび/または伝送し、接続されている装置および/またはアプリケーションのデータ(A1,A2,A3)を呼び出しおよび/または伝送し、呼び出されたおよび/または伝送されたデータを結び付けかつ該結び付けに依存してマン・マシーン・インタフェース(10)での指示および/または操作ストラクチャを生成する請求項2から4までのいずれか1項記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成方法。

請求項6

自動車(100)にマン・マシーン・インタフェース(10)が組み込まれている場合、環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータ(V1,V2,V3)は車両固有のパラメータを有している請求項2から5までのいずれか1項記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成方法。

請求項7

機能および/または機能群に依存しているデータ(28,30,32)は、複数の車両それぞれに対して、少なくとも1つのプログラム制御される表示、例えばアプレットの外観および/または少なくとも1つの機能に相応するデータを有している請求項6記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成方法。

請求項8

接続されているおよび/または接続可能な装置および/またはアプリケーションのデータ(A1,A2,A3)は、接続されているおよび/または接続可能な装置および/またはアプリケーションの機能のデータを含んでおり、ここで少なくとも1つの機能はプログラム制御される表示(26)に相応している請求項6または7記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成方法。

請求項9

少なくとも1つのプログラム制御される表示の外観および/または機能を表示する少なくとも必要なデータ(28,30,32)を呼び出しおよび/または伝送し、該少なくとも1つのプログラム制御される表示のデータ(28,30,32)に相応しておよび/または固定されたパラメータに依存して、環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータ(V1,V2,V3)の少なくとも車両固有のパラメータを呼び出しおよび/または伝送し、前記少なくとも1つのプログラム制御される表示に相応して少なくとも、接続されている装置および/またはアプリケーションのデータ(A1,A2,A3)を呼び出しおよび/または伝送し、前記呼び出されおよび/または伝送されたデータに相応する少なくとも1つのプログラム制御される表示を用いてマン・マシーン・インタフェース(10)での指示および/または操作ストラクチャを生成する請求項5から7までのいずれか1項記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成方法。

請求項10

指示すべきおよび/または操作すべき装置および/またはアプリケーションのデータ、例えば機能データの少なくとも部分(A1,A2,A3)がデータコミュニケーションネットワーク中央装置(40)に記憶されておりかつ確立可能なコミュニケーションコネクションを介して処理装置(4)から呼び出されるおよび/または処理装置(4)に自動的に伝送される請求項1から9までのいずれか1項記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成方法。

請求項11

マン・マシーン・インタフェース(10)の表示および/または操作環境の生成データ(V1,V2,V3;28,30,32)の少なくとも部分がデータコミュニケーションネットワークの中央装置(40)に記憶されておりかつ確立可能なコミュニケーションコネクションを介して処理装置(4)から呼び出されるおよび/または処理装置(4)に自動的に伝送される請求項1から10までのいずれか1項記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成方法。

請求項12

表示および/または操作環境の記憶されているデータ(V1,V2,V3;28,30,32)および/または指示すべきおよび/または操作すべき装置および/またはアプリケーションの記憶されているデータ(A1,A2,A3)が更新可能でありまたは更新されかつ前記データは規定の時間間隔をおいておよび/またはイベントに依存して呼び出し可能でありまたは呼び出されおよび/または自動的に伝送される請求項1から11までのいずれか1項記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成方法。

請求項13

接続されているおよび/または接続可能な装置および/またはアプリケーションに相応する指示および操作環境の生成装置であって、マン・マシーン・インタフェース(10)は少なくとも1つの操作装置(8)および少なくとも1つの出力装置(6)を有しておりかつ処理装置(4)を含んでおりおよび/または処理装置(4)に接続されている形式の装置において、前記処理装置(4)には1つまたは複数のメモリ装置(12,18,34,42)が配属されており、該メモリ装置には、マン・マシーン・インタフェース(10)の表示および/または操作環境の包括的ないし生成データ(V1,V2,V3,28,30,32)および接続されているおよび/または接続可能な装置および/またはアプリケーションのデータ(A1,A2,A3)、例えば機能データがファイルされておりかつ前記処理装置(4)は次のように構成されている:マン・マシーン・インタフェース(10)の表示および/または操作環境の、所定のパラメータに依存して記憶されている包括的ないし生成データ(V1,V2,V3;28,30,32)および接続されているおよび/または接続可能な装置および/またはアプリケーションの記憶されているデータ(A1,A2,A3)が呼び出し可能でありおよび/または呼び出されおよび/または自動的に伝送可能でありおよび/または伝送されかつマン・マシーン・インタフェース(10)の表示および/または操作環境の前記呼び出されたおよび/または伝送された包括的ないし生成データ(V1,V2,V3;28,30,32)が、接続されている装置および/またはアプリケーションの前記呼び出されたおよび/または伝送されたデータ(A1,A2,A3)と結び付け可能および/または結び付けられかつ該結び付けに依存して、マン・マシーン・インタフェース(10)での指示および/または操作ストラクチャが生成可能および/または生成されることを特徴とするマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成装置。

請求項14

マン・マシーン・インタフェースの表示および/または操作環境の生成データ(V1,V2,V3;28,30,32)は、接続可能な装置および/またはアプリケーションの環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータ(V1,V2,V3)および機能および/または機能群に依存しているデータ(28,30,32)を有しておりかつ前記処理装置(4)は次のように構成されている:環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータ(V1,V2,V3)のデータおよび/または機能および/または機能群に依存しているデータ(28,30,32)のデータの呼び出しおよび/または伝送後に、これらデータは所定のパラメータに依存して処理装置(4)においてまとめることができるおよび/またはまとめられる請求項13記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成装置。

請求項15

環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータ(V1,V2,V3)は指示画像およびその部分の外観、例えば色および形状に関するデータを有している請求項14記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成装置。

請求項16

機能および/または機能群に依存しているデータ(28,30,32)は指示画像の構造上の構成、例えば指示画像およびその部分の数および/または配置並びにその結び付きに関するデータを含んでいる請求項14または15記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成装置。

請求項17

処理装置(4)は次のように構成されている:機能および/または機能群に依存しているデータ(28,30,32)のデータが呼び出し可能および/または呼び出されおよび/または自動的に処理装置(4)に伝送可能および/または伝送され、該呼び出されたおよび/または伝送された機能および機能群に固有にデータ(28,30,32)に従っておよび/または所定のパラメータに依存して環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータ(V1,V2,V3)のデータ並びに接続されている装置および/またはアプリケーションのデータ(A1,A2,A3)が呼び出し可能および/または呼び出されおよび/または伝送可能および/または伝送されかつ呼び出されたおよび/または伝送されたデータが相互に結び付け可能および/または結び付けられかつ該結び付けに依存してマン・マシーン・インタフェース(10)の指示および/または操作ストラクチャが生成可能および/または生成される請求項14から16までのいずれか1項記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成装置。

請求項18

マン・マシーン・インタフェース(10)が自動車に使用される場合、環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータ(V1,V2,V3)は車両固有のパラメータを有している請求項14から17までのいずれか1項記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成装置。

請求項19

機能および/または機能群に依存しているデータ(28,30,32)は、複数の車両(100)それぞれに対して、少なくとも1つのプログラム制御される表示、例えばアプレットの外観および/または少なくとも1つの機能に相応するデータを有している請求項18記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成装置。

請求項20

接続されているおよび/または接続可能な装置および/またはアプリケーションのデータ(A1,A2,A3)は、接続されている装置および/またはアプリケーションの機能のデータを含んでおり、ここで少なくとも1つの機能はプログラム制御される表示に相応している請求項18または19記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成装置。

請求項21

前記処理装置(4)は次のように構成されている:該少なくとも1つのプログラム制御される表示の外観および/または機能を表示しているデータ(28,30,32)が呼び出し可能および/または呼び出されおよび/または自動的に伝送可能および/または伝送され、環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータ(V1,V2,V3)の少なくとも車両固有のパラメータが少なくとも1つのプログラム制御される表示のデータ(28,30,32)に相応しておよび固定されているパラメータに依存してかつ接続されている装置および/またはアプリケーションのデータ(A1,A2,A3)がプログラム制御される表示に相応して呼び出し可能および/または呼び出されおよび/または自動的に伝送可能および/または伝送されかつ前記呼び出されたおよび/または伝送されたデータに相応して、少なくとも1つのプログラム制御される表示を用いてマン・マシーン・インタフェース(10)での指示および/または指示ストラクチャおよび/または操作ストラクチャが生成可能および/または生成される請求項18から20までのいずれか1項記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成装置。

請求項22

接続されている装置および/またはアプリケーションのデータ(A1,A2,A3)の少なくとも部分、例えば機能データがデータコミュニケーションネットワークの中央装置(40)に記憶されておりかつ確立可能なコミュニケーションコネクションを介して処理装置(4)から呼び出し可能および/または自動的に伝送可能である請求項13から21までのいずれか1項記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成装置。

請求項23

マン・マシーン・インタフェース(10)の表示および操作環境の生成データ(V1,V2,V3;28,30,32)の少なくとも部分がデータコミュニケーションネットワークの中央装置(40)に記憶されておりかつ確立可能なコミュニケーションコネクションを介して処理装置(4)から呼び出し可能および/または自動的に伝送可能である請求項13から22までのいずれか1項記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成装置。

請求項24

前記処理装置(4)は次のように構成されている:表示および/または操作環境の記憶されている生成データ(V1,V2,V3;28,30,32)および/または指示すべきおよび/または操作すべき装置および/またはアプリケーションの記憶されているデータ(A1,A2,A3)が更新可能でありおよび/または更新されかつ前記データは規定の時間間隔をおいておよび/またはイベントに依存して呼び出し可能であるかまたは呼び出されおよび/または自動的に伝送可能であるおよび/または伝送される請求項13から23までのいずれか1項記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成装置。

請求項25

接続されている装置の制御装置は、制御装置が処理装置(4)の少なくとも部分タスクを実行することができるおよび/または実行するように構成されている請求項13から24までのいずれか1項記載のマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成装置。

請求項26

処理装置(4)のメモリ直接ロード可能でありかつプログラム部分を有しているコンピュータプログラムプロダクトであって、該コンピュータプログラムプロダクトによって、該プログラムプロダクトが処理装置(4)において実行されるとき、請求項1ないし12記載のステップが自動的に実施可能でありおよび/または実施されるコンピュータプログラムプロダクト。

技術分野

0001

本発明は、接続されている装置および/またはアプリケーションを備えたマンマシーンインタフェースの指示および操作環境生成方法であって、マン・マシーン・インタフェースに直接または間接的に処理装置配属されているという形式での方法、接続されている装置および/またはアプリケーションに相応するマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成装置であって、マン・マシーン・インタフェースが少なくとも1つの入力装置および少なくとも1つの出力装置を有しかつ処理装置を有しているおよび/または処理装置に接続されているという形式のもの並びにコンピュータプログラムプロダクトに関する。

背景技術

0002

マン・マシーン・インタフェースに対する装置および方法は一般に、自動車での用途を含めた、数多くの装置およびアプリケーションにおいて使用される。これらの装置および方法は、これまで、固定プログラミングされた指示ないし指示装置に基づいており、この指示ないし指示装置は直接または分離不能にアプリケーションプログラムに接続されている。自動車に使用されるこの種のマン・マシーン・インタフェースは例えばヨーロッパ特許EP701926B1号から公知である。

0003

WO01/00452号から更に、指示および操作装置に対して、HTML/XMLページフォーマットに基づいているグラフィックユーザインタフェースが実現されており、基本エレメントとして標準化されているHTML/XMLおよびアクティブモジュールに対して使用される、指示および操作装置を備えた車両コミュニケーションシステムが公知である。インプリメンテーションされたグラフィックユーザインタフェースは、所属ファイルシステムHTML/XMLページを介して生成されかつ制御計算機または指示および操作ユニットまたは2つのコンポーネント分配されてインプリメンテーションされているものである、HTTPサーバーの形のMMIアプリケーションモジュールから、並びにこれら生成されたページの表示のための指示および操作ユニットにおける所属のブラウザまたはインタプリタから成っている。システムは標準化されたオペレーションシステムなしでやっていける。

発明が解決しようとする課題

0004

本発明の課題は、実質的にユニバーサル使用可能なダイナミックマン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境を生成するための方法および装置を提供することである。

0005

この課題は請求項1,13または26の特徴部分に記載の構成によって解決される。有利な実施形態および発展形態従属請求項に記載されている。

0006

本発明によれば、マン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境の生成方法は次のステップを有している:マン・マシーン・インタフェースの表示および/または操作環境の記憶されている生成データを処理装置によって呼び出しおよび/またはこれらデータを所定のパラメータに依存して処理装置に自動的に伝送し、前記接続されている装置および/またはアプリケーションの記憶されているデータ、例えば機能データを処理装置によって呼び出しおよび/またはこれらデータを処理装置に自動的に伝送しかつマン・マシーン・インタフェースの表示および/または操作環境の前記呼び出されたおよび/または伝送された生成データを、接続されている装置および/またはアプリケーションの前記呼び出されたおよび/または伝送されたデータと処理装置において結び付けかつ該結び付けに依存してマン・マシーン・インタフェースでの指示および/または操作ストラクチャを生成する。

0007

本発明の有利な形態によれば、マン・マシーン・インタフェースの表示および/または操作環境の生成データは、環境固有および/または機器固有および/または顧客固有データ並びにこれらとは別個に、接続可能な装置の機能および/または機能群に依存しているデータを有している。環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータは例えば、設定されている使用場所のデータであってよく、これらデータはこのことに依存して、マン・マシーン・インタフェースが車両、商売の領域またはプライベートな領域にあるのかを区別することができる。この種のデータは例えば、指示またはその部分のデザインおよびカラーデータである。機能および/または機能群に依存しているデータは例えば指示画像および/またはその部分のストラクチャ構造のデータ、メニューストラクチャないし指示の結びつきのデータである。

0008

環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータは本発明によれば、一方および/または他方の群の記憶されているデータのいずれが呼び出されるまたは伝送されるかを少なくとも定める予め定義されているパラメータに依存して、機能および/または機能群に依存しているデータの呼び出されたデータと一緒にまとめられる。

0009

本発明の方法の付加的な発展形態によれば、第1のステップにおいて、機能および/または機能群に依存しているデータが呼び出されおよび/または自動的に伝送されるようになっている。その後次のステップにおいて、該呼び出されたおよび/または伝送された機能および/または機能群に依存しているデータに従っておよび/または予め定められているパラメータに依存して環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータが自動的に呼び出されおよび/または伝送される。更に、接続されている装置および/またはアプリケーションのデータが自動的に呼び出されおよび/または伝送される。最終的に、呼び出されたおよび/または伝送されたデータが相互に結び付けられかつ呼び出されたおよび/または伝送されたデータを用いてマン・マシーン・インタフェースでの指示および/または操作ストラクチャが生成される。

0010

マン・マシーン・インタフェースが自動車に使用されている場合、本発明の有利な形態によれば、環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータは車両固有のデータ、例えば製造業者および/または車両型式のデータおよび/または装備のデータを有している。更に、機能および/または機能群に依存しているデータは、複数の車両それぞれに対して、少なくとも1つのプログラム制御される表示、例えばアプレット外観および/または少なくとも1つの機能のデータを有しているようになっている。

0011

有利には、接続されている装置および/またはアプリケーションのデータは、接続されている装置および/またはアプリケーションの機能のデータを含んでおり、ここで有利にも少なくとも1つの機能はプログラム制御される表示に相応している。

0012

自動車に使用される場合の本発明の発展形態によれば、次のステップが設けられている:少なくとも1つのプログラム制御される表示、例えばアプレットの表示の外観および/または機能を表示するデータを呼び出しおよび/または自動的に伝送し、該少なくとも1つのプログラム制御される表示の呼び出されたデータに相応して環境固有のデータの少なくとも車両固有のパラメータを呼び出しおよび/または自動的に伝送しおよび/または所定の予条件またはパラメータに依存して車両固有のパラメータを呼び出しおよび/または伝送し、少なくとも1つのプログラム制御される表示の呼び出されたデータに相応して接続されている装置および/またはアプリケーションの機能データを呼び出しおよび/または自動的に伝送し、呼び出されおよび/または伝送されおよび相互に結び付けられたデータに相応して少なくとも1つのプログラム制御される表示を用いてマン・マシーン・インタフェースでの指示および/または操作ストラクチャを生成する。

0013

更に、指示すべきおよび/または操作すべき装置および/またはアプリケーションのデータ、例えば機能データの少なくとも部分がデータコミュニケーションネットワーク、例えばインターネットまたはイントラネット中央装置に記憶されておりかつ確立可能なコミュニケーションコネクションを介して処理装置から呼び出されるおよび/または自動的に伝送されるように設定することができる。

0014

別の形態によれば、マン・マシーン・インタフェースの表示および/または操作環境の生成データの少なくとも部分および/または表示および/または操作環境の付加的なデータがデータコミュニケーションネットワークの中央装置に記憶されておりかつ確立可能なコミュニケーションコネクションを介して処理装置から呼び出されるおよび/または自動的に伝送されるようになっている。

0015

表示および/または操作環境の記憶されているデータおよび/または指示すべきおよび/または操作すべき装置および/またはアプリケーションの記憶されているデータは、本発明の有利な実施形態および発展形態によれば規定の時間間隔をおいておよび/またはイベントに依存して更新されかつ規定の時間間隔をおいておよび/またはイベントに依存して呼び出されおよび/または自動的に伝送される。この種のイベントは車両用途の場合例えば「点火オンオフ」、「新しい装置および/またはアプリケーション」がマン・マシーン・インタフェースに接続される、「記憶されているデータの手動の要求」、「新しいデータが存在している」および/または「車両はサービス中である」などが考えられる。しかし今列記したがそれは保護範囲を何ら制限するものではない。別のイベントも考えられる。

0016

本発明の装置では、処理装置には1つまたは複数のメモリ装置が配属されており、該メモリ装置には、マン・マシーン・インタフェースの表示および/または操作環境の生成データおよび接続されている装置および/またはアプリケーションのデータ、例えば機能データがファイルされている。処理装置は本発明によれば次のように構成されている:それぞれの形式の所定のパラメータないし予設定条件および接続されている装置および/またはアプリケーションの記憶されているデータに依存して表示および/または操作環境の記憶されている生成データが呼び出し可能でありおよび/または呼び出されおよび/または自動的に伝送可能でありおよび/または伝送されかつ表示および/または操作環境の呼び出されたおよび/または伝送された生成データが、接続されている装置および/またはアプリケーションの呼び出されたおよび/または伝送されたデータと結び付け可能および/または結び付けられるように構成されている。更に、処理装置は、行われた結び付けに依存して、マン・マシーン・インタフェースでの指示および/または操作ストラクチャが生成可能および/または生成されるように構成されている。

0017

その際生成データとは、接続されている特有の装置および/またはアプリケーションおよびその機能に関連しているようなデータではなく、指示、指示および操作ストラクチャの機能性および外観に関連してるようなデータの謂いである。

0018

本発明の装置の1つの形態によれば、生成データは2つの群のデータに分類されている。一方においてこれらは、環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータおよび他方において指示並びに指示および操作ストラクチャの機能および機能群に依存しているデータである。その際処理装置は、環境固有および/または機器固有および/または顧客固有の呼び出されたおよび/または伝送されたデータおよび/または機能および機能群に依存しているデータの呼び出されおよび/または伝送されたデータが処理装置にまとめることができるおよび/またはまとめられるように構成されている。

0019

本発明の装置の形態によれば、処理装置は次のように構成されている:機能および/または機能群に依存しているデータのデータが呼び出し可能および/または呼び出されおよび/または自動的に伝送可能および/または伝送され、該呼び出されたおよび/または伝送された機能および機能群に固有にデータに従っておよび/または所定のパラメータまたは予条件に依存して環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータ並びに接続されている装置および/またはアプリケーションのデータが呼び出し可能および/または呼び出されおよび/または伝送可能および/または伝送される。処理装置は更に、呼び出されたおよび/または伝送されたデータが相互に結び付け可能および/または結び付けられかつ該結び付けに依存してマン・マシーン・インタフェースの指示および/または操作ストラクチャが生成可能および/または生成されるように構成されている。

0020

環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータが車両固有のデータを有しかつ機能および/または機能群に依存しているデータが、複数の車両それぞれに対して、少なくとも1つのプログラム制御される表示、例えばアプレットの外観および/または少なくとも1つの機能に相応するデータ、車両型式および/または装備を有しかつ接続されている装置および/またはアプリケーションの機能データが、接続されている装置および/またはアプリケーションの機能に相応しており、その際少なくとも1つの機能がプログラム制御される表示の機能に相応しているならば、処理装置は有利には次のように構成されている:少なくとも1つのプログラム制御される表示の構成および/または機能を表しているデータが呼び出し可能であるおよび/または呼び出されおよび/または伝送されかつ該少なくとも1つのプログラム制御される表示のデータに相応しおよび/または固定されたパラメータおよび予条件に依存して環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータの少なくとも車両固有のパラメータが呼び出し可能および/または呼び出されおよび/または伝送可能および/または伝送される。付加的にこれらデータ、殊に接続されている装置および/またはアプリケーションの機能データは少なくとも1つのプログラム制御される表示に相応して呼び出し可能および/または呼び出されおよび/または自動的に伝送されるおよび/または伝送可能である。処理装置は実施形態において更に、呼び出されたおよび/または伝送されたデータに相応して指示および/または指示ストラクチャおよび/または操作エレメントおよび/または操作ストラクチャがマン・マシーン・インタフェースに少なくとも1つのプログラム制御される表示と一緒に生成可能および/または生成されるように構成されている。

0021

本発明の装置の発展形態によれば、接続されている装置および/またはアプリケーションのデータの少なくとも部分、例えば機能データはデータコミュニケーションネットワーク、殊にインターネットまたはイントラネットの中央装置(サーバー)に記憶されておりかつ処理装置は、これらデータがコミュニケーションコネクションを介して処理装置によって呼び出し可能および/または呼び出されおよび/または自動的に伝送可能および/または伝送されるように構成されている。

0022

別の発展形態によれば、マン・マシーン・インタフェースの表示および/または操作環境の生成データの少なくとも部分がデータコミュニケーションネットワーク、例えばインターネットまたはイントラネットの中央装置に記憶されておりかつ処理装置が、確立可能なコミュニケーションコネクションを介してデータが処理装置から呼び出し可能および/または処理装置に自動的に伝送可能であるようになっている。

0023

コミュニケーションコネクションとして、インターネットの他のデータの呼び出しのためないしデータ伝送のためにそれぞれ別のコミュニケーションコネクション、例えばポイント・ツー・ポイント伝送方式またはポイント・ツー・マルチポイント伝送方式を使用することができる。

0024

処理装置の発展形態によれば、表示および/または操作環境の記憶されているデータおよび/または指示すべきおよび/または操作すべき装置および/またはアプリケーションの記憶されているデータが更新可能でありおよび/または更新されかつ処理装置が、必要なデータが規定の時間間隔をおいておよび/またはイベントに依存して呼び出し可能であるおよび/または呼び出されおよび/または自動的に伝送可能であるおよび/または伝送されるように構成されている。

0025

本発明の発展形態によれば、処理装置は接続されている装置の1つに配置されてもよくまたは接続されている装置の制御装置の部分として実現されていてもよい。しかしいくつかのステップが処理装置においてかつステップの別の部分が接続されている装置の制御装置の1つまたは複数の制御装置で実行されるようにすることもできる。

0026

本発明は更に、処理装置のメモリ直接ロード可能であるコンピュータプログラムプロダクトに関する。このコンピュータプログラムプロダクトはプログラムプロダクトが処理装置において実行されるとき、本発明の方法のステップが自動的に実施可能でありおよび/または実施されるプログラム部分を有している。

0027

次に本発明を図示の実施例につき図面を用いて詳細に説明する。

0028

図1には、本発明による自動車用ダイナミックマン・マシーン・インタフェースに対する第1の実施例が略示されている。マン・マシーン・インタフェース10は、例えば目的地ガイド装置オーディオ装置エアコンディショニングおよび電話装置および種々様々なテレマチック装置のような、接続されている装置および/またはアプリケーションに対する指示および/または操作ストラクチャを表示するための指示装置6を有している。その際個々の装置並びにマン・マシーン・インタフェースもデータバスシステムに組み込まれているかまたは相互に直接接続されているものである。更にマン・マシーン・インタフェース10には処理装置4または制御装置が直接または間接的に配属されている。場合により処理装置は付加的に別のタスク引き受けることもできる。更に、メモリ装置2が設けられており、これは個別メモリないしメモリ部分12,18および34を有している。第1のメモリ部分12は、環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータを記憶するためにコンフィギュレーションされている。ここでこの種のデータは、実施例において、例えば製造業者、車両モデル、車両型式、車両の装備段階および/または装備パケットなどのような少なくとも車両固有のパラメータを表している。確かに図1では、第1のメモリ部分は3つの種々異なっているデータセットV1,V2,V3に対してコンフィギュレーションされているが、メモリ部分は任意の数の種々異なっているデータセットに対してコンフィギュレーションされていてもよいことを指摘しておく。実施例において第1のメモリ部分12におけるデータはXLS(eXtensible Stylesheet Language)標準または匹敵する標準に従って格納されている。これらは例えば指示画像の色または形を定めるものである。

0029

第2のメモリ部分18は機能および/または機能群に依存しているデータ28,30,32の記憶のために設けられている。実施例においてこれらは、少なくとも1つのプログラム制御される表示(アプレット)の外観および/または機能を定義するデータである。例えばこれらデータは、タッチスクリーンディスプレイの指示画像上に操作ボタンがいくつあるか、いわゆるソフトキーに何の機能が割り当てられているかまたはリスト選択が設定されているかどうかを記述するものである。これらデータによってサブメニューの数も特定することができる。実施例において、データ28,30,32には異なったタスクが割り当てられている。第1のデータ28は、マン・マシーン・インタフェース10の包括的な機能データを表しており、第2のデータ30はプログラム制御される表示(アプレット)の外観を定義しかつ第3のデータ32は、以下に詳しく説明するような、目的結び付けを表している。第2のメモリ部分18は第1のデータ28,データ30および/またはデータ32をXML(eXtensible Markup Language)または匹敵する標準を記憶するようにコンフィギュレーションすることができる。

0030

処理装置4は例えばHTML標準に従ってコンフィギュレーションされていてよい。処理装置4は所定の予め与えられている条件に依存してデータ28,30,32を第2のメモリ部分18から呼び出しかつ呼び出されたデータ、実施例では第1のメモリ部分12からの車両固有のデータV1と関連してマン・マシーン・インタフェースの包括的な外観を生成する。その際車両固有のデータはマン・マシーン・インタフェースが使用されるべきないし使用される車両に依存して呼び出される。これらのデータV1は例えばマン・マシーン・インタフェース10の車両固有の形態、例えば指示装置またはその部分の形および色を特定する。

0031

指示面6に表示されるプログラム制御される表示24(アプレット)は4つの切換面26a,26b,26c,26dを有している。その都度適当な数のインタフェースエレメントを設けることができることに注目されたい。例えば切換面26a,26b,26c,26dのようなそれぞれのインタフェースエレメントは予め固定された機能および/または固定された結び付けに対応させることができる。すなわち実施例において切換面26a,26b,26c,26dはソフトキーとして実現されている操作エレメント8の機能割り当てに相応している。指示装置がタッチスクリーンとして実現されている場合、切換面はそれ自体「操作エレメントとして実現されていてもよい。呼び出されたデータ32を用いて、インタフェースエレメントの目的結び付けまたは機能が生成される。実施例において使用されるブラウザはDOM(Document Objekt Model)標準としてコンフィギュレーションされている。

0032

処理装置4は更に第3のメモリ部分34を有している、このメモリ部分は接続されている装置および/またはアプリケーションA1,A2,A3のデータをコンフィギュレーションしている。これらデータは少なくとも、接続されている装置および/またはアプリケーションの機能のデータ、例えばラジオ装置の場合記憶されている送信局の選択を含んでいる。確かに図1では、3つの装置および/またはアプリケーションA1,A2,A3しか図示されていないが、任意の数の装置および/またはアプリケーションが可能であることを指摘しておく。更に、接続されている装置および/またはアプリケーションのそれぞれの機能またはそれぞれのパラメータをメモリ部分に記憶しておくことができる。マン・マシーン・インタフェースへの接続の可能性が設定されている装置および/またはアプリケーションのデータも既に記憶しておくことができる。その場合これらは例えば装置またはアプリケーションの接続の際に呼び出される。接続されている装置および/またはアプリケーションA1,A2,A3のデータは第3のメモリ部分に例えばJAVA(登録商標)コードの形で記憶されている。別の標準も考えられる。処理装置4を介して、接続されている装置および/またはアプリケーションの呼び出されたデータ34が第1および第2のメモリ部分12および18から呼び出されたデータと結び付けられかつマン・マシーン・インタフェースに対する相応する指示および操作ストラクチャが生成される。

0033

接続されているラジオ装置の記憶されている送信局の送信局選択に基づいて結び付けについて例を挙げて説明する。機能および機能群に依存しているデータ28,30,32は指示面における切換面の数および配置並びにその機能割り当て(次のメニューレベルへのジャンプまたは更に格納すべき機能のトリガ)を表している。例えば4つの切換面を設けることができる。個々の切換面の形状および外観は第1のメモリ部分からの車両固有のデータによって定義される。第3のメモリ部分34からのラジオ装置のデータを介してそれぞれの切換面に1つのラジオ送信局が割り当てられ、それはそれから相応の切換面を介して選択することができる。

0034

ここで、メモリ部分12,18,34のそれぞれ個々または複数個唯一論理メモリ装置に集積することができることを指摘しておく。しかしこれらを相互に独立に論理的に実現するようにしてもよい。更に、それぞれ個々のメモリ部分12,18,34が車両に組み込まれていてもよいしまたはメモリ部分が複数個車両に組み込まれていてもよい、例えばマン・マシーン・インタフェースの部分であってもよく、またはマン・マシーン・インタフェースとは離れた所に配置されていてもよい。その際マン・マシーン・インタフェースが車両に組み込まれる前に既に車両に関連してコンフィギュレーションされる、すなわちメモリ部分12,18,34が直接には個々のマン・マシーン・インタフェースに配属されていないようにすることも考えられる。その場合呼び出されたデータの更新は例えばデータコミュニケーションネットワークを介してまたはサーバステーションにおいて外部のメモリ装置からの呼び出しによって行うことができる。

0035

図2には、別の実施例が示されている。図2において図1の場合と同一のエレメントには同じ参照番号が付されている。図2に図示の、マン・マシーン・インタフェース10を発生するための装置もメモリ部分12,18,34を含んでいる。これらには相応に、環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータV1,V2,V3と、マン・マシーン・インタフェース10のプログラム制御される表示の外観および機能を表している機能および/または機能群固有のデータ28,30,32と、接続されているおよび/またはまだ接続可能である装置および/またはアプリケーションの機能データが記憶されている。これらは、処理装置によって必要に応じて、所定の予条件ないしパラメータに依存して呼び出されかつ相応の指示装置および/またはその部分を生成するためにマン・マシーン・インタフェースの指示装置6に相互に結び付けられる。これらのコンポーネントは車両100の存在しているものとして図示されている。車両100の外部に、メモリ装置42を備えている中央装置40、例えばデータコミュニケーションネットワークのサーバーが存在している。中央装置40によって処理装置4は処理装置に配属されているコミュニケーション装置44およびこのコミュニケーション装置を用いて確立可能なコミュニケーション区間を介してデータ交換を実施しかつメモリ装置42にファイルされているデータを呼び出すことができる。このことは、コミュニケーションコネクションが確立されているとき、連続的に行うことができるが、例えば所定の時間間隔をおいてまたはイベントに関連して行うようにしてもよい。この種のイベントは例えば、車両のスタート、新しい機器の接続、サービス時点または操作員による手動の要求などである。勿論、処理装置4と中央装置40との間のコミュニケーションコネクションはその都度確立されなければならない。ここで、メモリ装置42を必要に応じてサービスステーションの制御装置を介して、データ線路を介して直接処理装置4に接続することも考えられる。

0036

メモリ装置42は、環境固有および/または機器固有および/または顧客固有のデータV1,V2,V3、機能および/または機能群固有のデータ28,30,32並びに接続されているおよび/または更に接続可能な装置および/またはアプリケーションに対するデータを含んでいることができる。つまりこれらデータを用いて、例えば装置および/またはアプリケーションを交換するかまたは新しい装置を接続するかまたは新しいアプリケーションをインストールしたいとき、車両のメモリ部分12,18,34におけるデータを更新することができる。しかし、例えば接続されている装置またはインストールされたアプリケーションのデータの部分をメモリ装置42にファイルしておきかつ必要に応じてまたは自動的な呼び出しに従って呼び出すようにすることも考えられる。ここでは例として、目的地ガイド装置または個々の運転者支援システムに対して必要である道路地図のデータが挙げられる。これらデータは大きなメモリ容量および大きな変化率を有しているので、これらデータの外部メモリ42への記憶を介して車両装置に対するデータの更新が保証される。

0037

ここでは本発明の2つの実施例しか開示かつ説明しなかったが、これらの例は本発明を制限するものではない。本発明の別の実施形態も考えられる。更に、本発明の目的および範囲を逸脱しない限り、本発明に変更を加えることができるものと考えてよい。従って装置に関連したデータA1,A2,A3を有するメモリ部分34がそれぞれの接続することができるないし接続されている装置に配属されているようにしてもよい、すなわち装置が「そのメモリ部分」34を持参する。しかし付加的にメモリ部分34が、処理装置に物理的に配属されている複数の装置および/またはアプリケーションに対して存在していることもできる。

0038

本発明の利点は殊に、新しいデータを呼び出し、相互に結合しかつ相応に整合された指示および操作ストラクチャを提供することによって、データに変更があると簡単に更新することができる非常に種々様々な使用例に整合可能であるマン・マシーン・インタフェースが提供される点にある。付加的に、本発明によれば、新しいまたは別の装置をマン・マシーン・インタフェース10に接続する可能性も提供される。

図面の簡単な説明

0039

図1マン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境を生成するための装置の第1の実施例の略示図である。
図2マン・マシーン・インタフェースの指示および操作環境を生成するための装置の第2の実施例の略示図である。

--

0040

2,12,18,34,42メモリ装置、 4処理装置、 6指示装置ないし指示面、 8操作エレメント、 10マン・マシーン・インタフェース、 26a,26b,26c,26d 切換面、 40中央装置、 44コミュニケーション装置、 100 車両、

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ