図面 (/)

技術 洗浄剤組成物

出願人 株式会社資生堂
発明者 長野種雅橋本克夫円山朋子
出願日 2001年9月17日 (20年2ヶ月経過) 出願番号 2001-281539
公開日 2003年3月19日 (18年8ヶ月経過) 公開番号 2003-082385
状態 特許登録済
技術分野 洗浄性組成物
主要キーワード カルボン酸型アニオン界面活性剤 シリコーンマイクロエマルション Nメチル アルファオレフィンスルホン酸塩 任意配合成分 通常洗浄 泡切れ イミダゾリニウム型両性界面活性剤
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年3月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (1)

課題

洗浄時において、泡立ちが良く、泡質が優れ、その泡に持続性があり、すすぎ時には、すすぎ易く、さらに使用感に優れた洗浄剤組成物を提供すること。

解決手段

下記一般式(1)

化7

(式中、R1は炭素数8〜30の炭化水素基を表し、X1、X2のいずれか一方は−CH2COOM1を表し、他方は水素原子を表し、M1は水素原子、アルカリ金属類アルカリ土類金属類アンモニウム、低級アルカノールアミンカチオン、低級アルキルアミンカチオン、または塩基性アミノ酸カチオンを表す。)で示されるヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤と、以下の(A)及び/又は(B)とを含有することを特徴とする洗浄剤組成物。

(A)カチオン電荷密度が2meq/g未満の非セルロース性カチオン性ポリマー

(B)グリセリン脂肪酸エステル

概要

背景

従来、シャンプーをはじめとする洗浄剤組成物には、洗浄剤成分としてのアニオン界面活性剤カチオン性ポリマーシリコーンまたはその誘導体等のコンデシニング剤が主成分として配合され、泡立ち泡質等の泡特性、使用感等に優れた洗浄剤組成物を目指して開発されてきている。

しかしながら、現在までに、新規な洗浄剤成分やコンデショニング剤が開発され、シャンプーの分野が進歩しているにもかかわらず、洗浄に際しては、泡質に優れた、持続性のある豊かな泡がすばやく立ちすすぎ時においては、泡切れが早く、さらに使用感に優れるという洗浄剤の特性を充分満足するものは残念ながら開発されていない。

最近、カチオン電荷密度が2meq/g以上の非セルロース性カチオン性ポリマーと2−ヒドロキシアルキルエーテルカルボキシル型のアニオン界面活性剤を含有した洗浄用化粧品組成物の技術が開示され、毛髪もつれのほぐれ易さ、滑らかさ及び柔軟性に関し、改善された化粧品特性を有する洗浄用化粧品組成物が得られるとされている(特開2000−247846号公報)が、前記要求される洗浄剤の特性においては充分ではない。

概要

洗浄時において、泡立ちが良く、泡質が優れ、その泡に持続性があり、すすぎ時には、すすぎ易く、さらに使用感に優れた洗浄剤組成物を提供すること。

下記一般式(1)

(式中、R1は炭素数8〜30の炭化水素基を表し、X1、X2のいずれか一方は−CH2COOM1を表し、他方は水素原子を表し、M1は水素原子、アルカリ金属類アルカリ土類金属類アンモニウム、低級アルカノールアミンカチオン、低級アルキルアミンカチオン、または塩基性アミノ酸カチオンを表す。)で示されるヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤と、以下の(A)及び/又は(B)とを含有することを特徴とする洗浄剤組成物。

(A)カチオン電荷密度が2meq/g未満の非セルロース性カチオン性ポリマー

(B)グリセリン脂肪酸エステル

目的

本発明は上記事情に鑑みてなされたもので、その目的は、洗浄時において、泡立ちが良く、泡質が優れ、その泡に持続性があり、すすぎ時には、すすぎ易く、さらに使用感に優れた洗浄剤組成物を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

下記一般式(1)

請求項

ID=000003HE=020 WI=085 LX=0625 LY=0400(式中、R1は炭素数8〜30の炭化水素基を表し、X1、X2のいずれか一方は−CH2COOM1を表し、他方は水素原子を表し、M1は水素原子、アルカリ金属類アルカリ土類金属類アンモニウム、低級アルカノールアミンカチオン、低級アルキルアミンカチオン、または塩基性アミノ酸カチオンを表す。)で示されるヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤と、以下の(A)及び/又は(B)とを含有することを特徴とする洗浄剤組成物。(A)カチオン電荷密度が2meq/g未満の非セルロース性カチオン性ポリマー(B)グリセリン脂肪酸エステル

請求項2

ヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤が、ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテル塩である請求項1記載の洗浄剤組成物。

請求項3

ヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤の配合量が、洗浄剤組成物全量中1〜50質量%である請求項1又は2記載の洗浄剤組成物。

請求項4

非セルロース性カチオン性ポリマーが、下記一般式(2)

請求項

ID=000004HE=050 WI=100 LX=0550 LY=1150(式中、a、bは、それぞれ独立に、カチオン電荷密度を2meq/g未満にする正の整数を表し、X−は無機酸又は有機酸から誘導されるアニオンを表し、Meはメチル基を表す。)で示されるカチオン化ポテトスターチである請求項1乃至3のいずれか一項に記載の洗浄剤組成物。

請求項5

グリセリン脂肪酸エステルが、炭素数12〜20の脂肪酸モノグリセリドである請求項1乃至4のいずれか一項に記載の洗浄剤組成物。

請求項6

グリセリン脂肪酸エステルが、オレイン酸モノグリセリドである請求項1乃至5のいずれか一項に記載の洗浄剤組成物。

請求項7

グリセリン脂肪酸エステルの配合量が、洗浄剤組成物全量中0.01〜10質量%である請求項1乃至6のいずれか一項に記載の洗浄剤組成物。

技術分野

0001

本発明は、洗浄剤組成物、特に毛髪用または皮膚用の洗浄剤組成物に関する。さらに詳しくは、洗浄時において、泡立ちが良く、泡質が優れ、その泡に持続性があり、すすぎ時には、すすぎ易く、さらに使用感に優れた洗浄剤組成物に関する。

背景技術

00010

で示されるヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤と、以下の(A)及び/又は(B)とを含有することを特徴とする洗浄剤組成物。
(A)カチオン電荷密度が2meq/g未満の非セルロース性カチオン性ポリマー
(B)グリセリン脂肪酸エステル

0002

従来、シャンプーをはじめとする洗浄剤組成物には、洗浄剤成分としてのアニオン界面活性剤とカチオン性ポリマー、シリコーンまたはその誘導体等のコンデシニング剤が主成分として配合され、泡立ち、泡質等の泡特性、使用感等に優れた洗浄剤組成物を目指して開発されてきている。

0003

しかしながら、現在までに、新規な洗浄剤成分やコンデショニング剤が開発され、シャンプーの分野が進歩しているにもかかわらず、洗浄に際しては、泡質に優れた、持続性のある豊かな泡がすばやく立ち、すすぎ時においては、泡切れが早く、さらに使用感に優れるという洗浄剤の特性を充分満足するものは残念ながら開発されていない。

発明が解決しようとする課題

0004

最近、カチオン電荷密度が2meq/g以上の非セルロース性カチオン性ポリマーと2−ヒドロキシアルキルエーテルカルボキシル型のアニオン界面活性剤を含有した洗浄用化粧品組成物の技術が開示され、毛髪もつれのほぐれ易さ、滑らかさ及び柔軟性に関し、改善された化粧品特性を有する洗浄用化粧品組成物が得られるとされている(特開2000−247846号公報)が、前記要求される洗浄剤の特性においては充分ではない。

課題を解決するための手段

0005

本発明は上記事情に鑑みてなされたもので、その目的は、洗浄時において、泡立ちが良く、泡質が優れ、その泡に持続性があり、すすぎ時には、すすぎ易く、さらに使用感に優れた洗浄剤組成物を提供することにある。

0006

本発明者らは、前記特開2000−247846号公報では除外されたカチオン電荷密度が2meq/g未満の非セルロース性カチオン性ポリマー中に、前記要求される洗浄剤の特性を充分満足できる優れた効果を発揮するコンデショニング剤があるものとの確信のもとに、鋭意研究を行った結果、カチオン電荷密度が2meq/g未満の非セルロース性カチオン性ポリマーの中のものの他、さらに特定のエステル化合物によっても上記課題を解決できることを見出し、本発明を完成するに至った。

0007

すなわち、本発明は、下記一般式(1)

0008

0009

(式中、R1は炭素数8〜30の炭化水素基を表し、X1、X2のいずれか一方は−CH2COOM1を表し、他方は水素原子を表し、M1は水素原子、アルカリ金属類アルカリ土類金属類アンモニウム、低級アルカノールアミンカチオン、低級アルキルアミンカチオン、または塩基性アミノ酸カチオンを表す。)

0011

本発明のヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤は、ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテル塩が好ましい。ヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤の配合量は、洗浄剤組成物全量中1〜50質量%であることが好ましい。

0012

本発明の非セルロース性カチオン性ポリマーは、特に下記一般式(2)

0013

0014

(式中、a、bは、それぞれ独立に、カチオン電荷密度を2meq/g未満にする正の整数を表し、X−は無機酸又は有機酸から誘導されるアニオンを表し、Meはメチル基を表す。)

0015

で示されるカチオン化ポテトスターチであることが好ましい。

0016

本発明のグリセリン脂肪酸エステルは、炭素数12〜20の脂肪酸モノグリセリドであることが好ましく、さらに、オレイン酸モノグリセリドであることが好ましい。グリセリン脂肪酸エステルの配合量は、洗浄剤組成物全量中0.01〜10質量%であることが好ましい。

発明を実施するための最良の形態

0017

以下、本発明の実施形態について詳述する。

0018

本発明において用いられるヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤は、下記一般式(1)で示される公知の界面活性剤である。

0019

0020

[式中、R1は炭素数8〜30の炭化水素基を表し、X1、X2のいずれか一方は−CH2COOM1を表し、他方は水素原子を表し、M1は水素原子、アルカリ金属類、アルカリ土類金属類、アンモニウム、低級アルカノールアミンカチオン、低級アルキルアミンカチオン、または塩基性アミノ酸カチオンを表す。]

0021

本発明に用いられるヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤において、化5のR1は炭素数8〜30の炭化水素基を表すが、飽和、不飽和また直鎖状でも分岐鎖状でも構わない。また、炭化水素基はアルキル基又はアルケニル基が好ましく、特に好ましくはアルキル基である。また、その炭素数は8〜22が好ましく、特に8〜16が好ましい。特に好ましいR1は炭素数8〜16のアルキル基である。R1の具体例を挙げれば、C8H17、C9H19、C10H21、C11H23、C12H25、C13H26、C15H31、C17H35、C13H25、C15H29等である。また、M1の好ましい具体例を挙げれば、リチウムカリウムナトリウムカルシウムマグネシウム、アンモニウム、モノエタノールアミントリエタノールアミン等である。

0022

本発明において好適なヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤の具体例としては、デカン−1,2−ジオール酢酸エーテルナトリウム、デカン−1,2−ジオール酢酸エーテルカリウム、ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルナトリウム、ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルカリウム、ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルトリエタノールアミン、テトラデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルナトリウム、テトラデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルモノエタノールアミン、ヘキサデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルナトリウム、ヘキサデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルカリウム、オクタデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルナトリウム、オクタデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルカリウム、エイコサン−1,2−ジオール酢酸エーテルナトリウム、エイコサン−1,2−ジオール酢酸エーテルカリウム、テトラコサン−1,2−ジオール酢酸エーテルナトリウム、テトラコサン−1,2−ジオール酢酸エーテルカリウム等が挙げられるが、なかでもドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルナトリウム等のドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテル塩が最も好ましい。これらのヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤は、1種または2種以上が任意に選択されて配合される。

0023

ヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤の配合量は、洗浄剤組成物全量中、1〜50質量%が好ましい。1質量%未満では本発明の効果が充分発揮されない場合があり、50質量%を超えて配合しても必要とされる効果の増強は望めない。さらに好ましい配合量は2〜15質量%である。

0024

本発明においては、カチオン電荷密度が2meq/g未満の非セルロース性カチオン性ポリマーが配合される。好ましくは、0.1meq/g以上2.0meq/g未満のカチオン電荷密度を有する非セルロース性カチオン性ポリマーである。本発明においては、前記カチオン電荷密度の非セルロース性カチオン性ポリマーであれば特に構造は制限されないが、カチオン化ポテトスターチ、カチオン化タマリンドガムカチオン化ローカストビーンガム、カチオン化コーンスターチ等が好ましい。特に、下記一般式(2)で示されるカチオン化ポテトスターチが好ましい。

0025

0026

(式中、a、bは、それぞれ独立に、カチオン電荷密度を2meq/g未満にする正の整数を表し、X−は無機酸又は有機酸から誘導されるアニオンを表し、Meはメチル基を表す。)

0027

化6の数平均分子量は、100,000〜500,000が好ましく、このためには、a、bは前記条件に加えて、前記分子量範囲になるよう調整される。また、化6において、X−の具体例としては、Cl−、Br−、I−等が挙げられる。

0028

化6のカチオン化ポテトスターチを用いると、本発明の効果が顕著に発揮される。本発明において好ましく用いられる化6のカチオン化ポテトスターチは、市販品を用いることが可能であり、市販品の例としては、例えばセンサマーCI−50(NALCO社製)等が挙げられる。センサマーCI−50は、化6のaが0.75、bが0.25、X−がCl−、数平均分子量が150,000のカチオン化ポテトスターチである。

0029

カチオン電荷密度が2meq/g未満の非セルロース性カチオン性ポリマーは1種または2種以上が任意に選択されて配合される。また、カチオン電荷密度が2meq/g未満の非セルロース性カチオン性ポリマーの配合量は、洗浄剤組成物全量中、0.001〜10質量%が好ましい。0.001質量%未満では本発明の効果が充分発揮されない場合があり、10質量%を超えて配合しても必要とされる効果の増強は望めない。さらに好ましい配合量は0.01〜3.0質量%である。特に、0.1〜1.0質量%が好ましい。

0030

本発明において用いられるグリセリン脂肪酸エステルとしては、洗浄剤組成物等の化粧料に配合できるグリセリン脂肪酸エステルであれば特に制限されない。グリセリン脂肪酸エステルを構成する脂肪酸としては、炭素数8〜24の飽和又は不飽和の脂肪酸が好ましい。また、直鎖状又は分岐状いずれでも構わない。脂肪酸の具体例としては、例えば、ラウリン酸ミリスチン酸パルミチン酸ステアリン酸アラキン酸ベヘン酸、2−パルミトイン酸、ペトロセリン酸オレイン酸エライジン酸リシノール酸リノール酸リノレイン酸アラキドン酸イソステアリン酸、12−ヒドロキシステアリン酸等が挙げられる。本発明においては、炭素数12〜20脂肪酸が特に好ましく、中でもオレイン酸が好ましい。また、グリセリン脂肪酸エステルは水酸基が残っているものが好ましく、特にモノグリセリンエステルが好ましい。本発明における好ましいグリセリン脂肪酸エステルは、炭素数12〜20脂肪酸モノグリセリドであり、特にオレイン酸モノグリセリドが好ましい。グリセリン脂肪酸エステルは、1種または2種以上が任意に選択されて配合される。

0031

グリセリン脂肪酸エステルの配合量は、洗浄剤組成物全量中、0.01〜10質量%が好ましい。0.01質量%未満では本発明の効果が充分発揮されない場合があり、10質量%を超えて配合しても必要とされる効果の増強は望めない。さらに好ましい配合量は0.1〜3.0質量%である。

0032

本発明においては、前記必須成分に加えて高級脂肪酸エタノールアマイドを配合することができる。高級脂肪酸エタノールアマイドの配合により、粘ちゅう性等の泡質、泡の持続性をさらに向上させることができる。本発明における高級脂肪酸エタノールアマイドとしては、高級脂肪酸モノエタノールアマイド、高級脂肪酸ジエタノールアマイド等を挙げることができ、これらの高級脂肪酸エタノールアマイドが1種または2種以上任意に選択されて配合される。

0033

高級脂肪酸エタノールアマイドを構成する高級脂肪酸としては、炭素数9〜24の高級脂肪酸が好ましく、さらに炭素数12〜20の脂肪酸が使用感等の上で好ましい。具体的な高級脂肪酸の例としては、例えば、ラウリン酸、ミリスチン酸、パーム核油脂肪酸、ヤシ油脂肪酸等を挙げることができる。本発明の高級脂肪酸エタノールアマイドの具体的な例としては、例えば、高級脂肪酸モノエタノールアマイドとして、ラウリン酸モノエタノールアマイド、ミリスチン酸モノエタノールアマイド、ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド等が挙げられる。また、高級脂肪酸ジエタノールアマイドとして、ラウリン酸ジエタノールアマイド、ミリスチン酸ジエタノールアマイド、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアマイド等が挙げられる。これらのうち、特にヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアマイドが好ましい。

0034

高級脂肪酸エタノールアマイドの配合量は、特に限定されないが、洗浄剤組成物全量中0.001〜10質量%が好ましい。さらに好ましくは0.5〜5質量%である。

0035

本発明の洗浄剤組成物には、上記した成分の他に、通常洗浄剤組成物に用いられる他の成分、例えば、前記以外の界面活性剤、炭化水素、エステル、高級脂肪酸、高級アルコール、シリコーン等の油分、高分子物質保湿剤増粘剤粉末顔料多価アルコール紫外線吸収剤タンパク質タンパク質加水分解質、アミノ酸類ビタミン類薬剤植物抽出物不透明化剤パール化剤金属イオン封鎖剤緩衝剤酸化防止剤抗菌剤殺菌剤)、抗炎症剤防腐剤清涼剤香料色素、水等を必要に応じて、本発明の効果を損なわない範囲で適宜配合することができる。

0036

上記任意配合成分のうち、前記以外の界面活性剤(以下、その他の界面活性剤という。)の具体的な例としては、例えば、高級脂肪酸塩(ラウリン酸ナトリウム、パルミチン酸ナトリウム等)、アルキル硫酸塩ラウリル硫酸カリウム等)、アルキル硫酸トリエタノールアミンエーテル、アシメチルタウリン(N−ココイル−N−メチルタウリンナトリウム、N−ココイル−N−メチルタウリン−Nメチルタウリンナトリウム等)、ポリオキシエチレン(以下、POEともいう。)アルキルエーテル硫酸塩[POE(2モルラウリルエーテル硫酸Na等]、アルキルスルホン酸塩アルキルベンゼンスルホン酸塩、N−アシルサルコシン塩N−アシルアミノ酸塩、アルファオレフィンスルホン酸塩アルキルエーテル酢酸塩等のアニオン界面活性剤、

0037

ソルビタン脂肪酸エステル類ソルビタンモノステアレートセスキオレイン酸ソルビタン等)、プロピレングリコール脂肪酸エステル類(モノステアリン酸プロピレングリコール等)、硬化ヒマシ油誘導体グリセリンアルキルエーテルPOEソルビタン脂肪酸エステル類(POEソルビタンモノオレエート、モノステアリン酸ポリオエチレンソルビタン等)、POEソルビット脂肪酸エステル類(POE−ソルビットモノラウレート等)、POEグリセリン脂肪酸エステル類(POE−グリセリンモノイソステアレート等)、POE脂肪酸エステル類(ポリエチレングリコールモノオレート、POEジステアレート等)、POEアルキルエーテル類(POE2−オクチルドデシルエーテル等)、POEアルキルフェニルエーテル類(POEノニルフェニルエーテル等)、プルロニック型類、POE・POPアルキルエーテル類(POE・POP2−デシルテトラデシルエーテル等)、テトロニック類、POEヒマシ油・硬化ヒマシ油誘導体(POEヒマシ油、POE硬化ヒマシ油等)、糖エステル系、糖エーテル系、糖アミド系等の糖類(ショ糖脂肪酸エステル等)、アルキルグルコシド等の非イオン界面活性剤

0038

アミドベタイン型両性界面活性剤(ラウリン酸アミドプロピルベタインヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン等)、アミドスルホベタイン型両性界面活性剤ラウリルアミドアルキレンジメチルアミノスルホベタイン等)、ベタイン型両性界面活性剤(ラウリル(ジメチルベタインヤシ油アルキルベタインステアリル(ジメチル)ベタイン、ステアリルジヒドロキシエチルベタイン等)、スルホベタイン型両性界面活性剤(ラウリルスルホベタイン、ラウリルヒドロキシスルホベタイン等)、イミダゾリニウム型両性界面活性剤(2−ウンデシル−N,N,N−(ヒドロキシエチルカルボキシメチル)−2−イミダゾリンナトリウム、2−ココイル−2−イミタゾリニウムヒドロキサイド−1−カルボキシチロキシ2ナトリウム塩、ヤシ油アルキルN−カルボキシエチルN−ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン等)等の両性界面活性剤、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム塩化ベンザルコニウムラウリルアミンオキサイド等のカチオン界面活性剤等が挙げられる。その他の界面活性剤は、1種または2種以上が任意に選択されて配合することができる。その他の界面活性剤の配合量は、特に限定されないが、洗浄剤組成物全量中0.05〜40質量%が好ましい。さらに好ましくは3〜30質量%である。

0039

また、保湿剤の具体的な例としては、例えば、ポリエチレングリコール、グリセリン、1,3−ブチレングリコール、1,2−ペンタンジオールエリスリトールソルビトールキシリトールマルチトール、プロピレングリコール、ジプロピレングリコールジグリセリンピロリドンカルボン酸ナトリウム乳酸乳酸ナトリウム等が挙げられる。保湿剤は、1種または2種以上が任意に選択されて配合することができる。

0040

本発明の洗浄剤組成物は前記成分を配合して常法にしたがって処理することにより得ることができ、ペースト状、ゲル状、液状、固形状、ムース状等の剤型とすることができる。また、本発明の洗浄剤組成物は、例えば、ヘアシャンプーボディーシャンプー等として、毛髪及び皮膚の洗浄に好適に使用される。

0041

以下実施例を挙げて本発明を具体的に説明する。配合量は質量%である。実施例の説明に先立ち本発明で用いた効果試験方法について説明する。

0042

(1)使用テスト
泡立ち、泡質、泡の持続性、すすぎ易さ、使用感の評価項目それぞれについて、20名の専門パネルによる使用テストを行い、下記の評価点基準に基づいて評価した。次いで、各人がつけた評価点の平均値を算出し、下記評価基準に基づいて評価した。なお、泡立ちについては、洗浄時の泡立ちの早さ、泡の量(起泡力)等について評価し、泡質については、泡のクリーミーさ、泡の粘ちゅう性等について評価し、すすぎ易さについては、すすぎ時の泡切れの早さ等について評価し、使用感については、髪の滑らかさ、髪のつや等について評価した。

0043

(評価点基準)
5点:良い。
4点:やや良い。
3点:普通。
2点:やや悪い。
1点:悪い。
(評価基準)
◎:平均点が4.5点以上である。
○:平均点が3.5点以上4.5点未満である。
△:平均点が2.5点以上3.5点未満である。
×:平均点が2.5点未満である。

0044

(実施例1〜4、比較例1〜3)表1に示す各成分を撹拌混合して洗浄剤組成物を製造した。

0045

0046

(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

0047

実施例1〜4、比較例1〜3の評価結果を表2に示す。

0048

0049

表2から分かるように、本発明に係るヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤とカチオン電荷密度が2meq/g未満の非セルロース性カチオン性ポリマーであるカチオン化ポテトスターチを配合した実施例1〜4は、全ての評価項目において優れた効果が得られた。

0050

これらに対して、本発明の範囲外になる炭素数の少ないヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤(オクタン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa)をカチオン化ポテトスターチと組み合わせて配合した比較例1、カチオン化ポテトスターチに代えてカチオン化セルロースを配合した比較例2及び本発明範囲内のヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤に代えてPOE(2)ラウリルエーテル硫酸ナトリウムをカチオン化ポテトスターチと組み合わせて配合した比較例3は、いずれも本発明の効果を発揮し得ないことが分かる。

0051

(実施例5〜8、比較例4〜6)表3に示す各成分を撹拌混合して洗浄剤組成物を製造した。

0052

0053

(注1)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

0054

実施例5〜8、比較例4〜6の評価結果を表4に示す。

0055

0056

表4から分かるように、本発明に係るヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤とグリセリン脂肪酸エステルであるオレイン酸モノグリセリドを配合した実施例5〜8は、全ての評価項目において優れた効果が得られた。

0057

これらに対して、本発明の範囲外になる炭素数の少ないヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤(オクタン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa)をオレイン酸モノグリセリドと組み合わせて配合した比較例4、オレイン酸モノグリセリドに代えてカチオン化セルロースを配合した比較例5及び本発明範囲内のヒドロキシエーテルカルボン酸型アニオン界面活性剤に代えてPOE(2)ラウリルエーテル硫酸ナトリウムをオレイン酸モノグリセリドと組み合わせて配合した比較例6は、いずれも本発明の効果を発揮し得ないことが分かる。

0058

以下、種々の処方の本発明洗浄剤組成物を表1の方法と同様にして製造し、実施例として示す。なお、上記の効果試験をこれらにおいて行ったところ、いずれにおいても優れた結果が得られた。

0059

〔実施例9〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 3.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.7
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油アルキルベタイン3.5
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.0
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
EDTA−2Na・2H2O 0.05
香料適量
水道水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)

0060

〔実施例10〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 3.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 2.8
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン3.5
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.0
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)

0061

〔実施例11〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 1.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.7
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン4.0
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.0
ジプロピレングリコール2.3
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)

0062

〔実施例12〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 15.0
ヘキサデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルカリウム2.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.7
カチオン化ポリマー(注2) 0.2
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン4.0
ジプロピレングリコール2.3
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

0063

〔実施例13〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 10.0
デカン−1,2−ジオール酢酸エーテルナトリウム3.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.7
カチオン化ポリマー(注2) 0.4
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン4.0
ジプロピレングリコール2.3
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
シリコーンマイクロエマルション1.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

0064

〔実施例14〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 3.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.5
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン4.0
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 5.0
N−ココイル−N−メチルタウリンナトリウム10.0
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)

0065

〔実施例15〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 2.0
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルカリウム0.2
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.08
カチオン化ポリマー(注2) 0.1
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油アルキルN-カルホ゛キシエチルN-ヒト゛ロキシエチルイミタ゛ソ゛リニウムヘ゛タイン4.0
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.8
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

0066

〔実施例16〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 1.8
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.7
カチオン化ポリマー(注2) 0.3
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド0.4
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン4.0
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 11.2
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

0067

〔実施例17〕ヘアリンス
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 3.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.3
ナタネ油アルコール3.7
イソステアリン酸トリグセリル1.0
塩化ステアリルトリメチルアンモニウム0.8
クエン酸0.5
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)

0068

〔実施例18〕ボディシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 10.0
テトラデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルナトリウム5.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 1.0
ラウリン酸ナトリウム5.0
ヤシ脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン10.0
モノラウリン酸プロピレングリコール4.0
クエン酸ナトリウム0.25
EDTA−2Na・2H2O 0.05
香料適量
緩衝剤適量
水道水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)

0069

〔実施例19〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 3.0
カチオン化ポリマー(注1) 0.7
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油アルキルベタイン3.5
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.0
オレイン酸モノグリセリド1.0
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
大豆レシチン0.1
加水分解ケラチン0.1
アミグリP−30(太陽化学社製) 0.1
香料適量
イオン交換水残余
(注1)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

0070

〔実施例20〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 2.2
カチオン化ポリマー(注1) 0.7
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油アルキルベタイン3.5
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.8
オレイン酸モノグリセリド1.5
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

0071

〔実施例21〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 1.0
カチオン化ポリマー(注1) 0.7
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン4.0
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.0
ジプロピレングリコール2.3
オレイン酸モノグリセリド1.0
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

0072

〔実施例22〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 1.0
カチオン化ポリマー(注1) 0.7
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン4.0
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.0
ジプロピレングリコール2.3
オレイン酸モノグリセリド0.05
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

0073

〔実施例23〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 3.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.7
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油アルキルベタイン3.5
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.0
オレイン酸モノグリセリド1.0
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)

0074

〔実施例24〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 3.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.7
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油アルキルベタイン3.5
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.0
オレイン酸モノグリセリド0.1
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)

0075

〔実施例25〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 1.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 1.0
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン4.0
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.0
ジプロピレングリコール2.3
オレイン酸モノグリセリド1.0
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)

0076

〔実施例26〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 1.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 1.0
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン4.0
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.0
ジプロピレングリコール2.3
オレイン酸モノグリセリド3.0
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)

0077

〔実施例27〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 3.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.7
カチオン化ポリマー(注2) 0.4
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン4.0
ジプロピレングリコール2.3
オレイン酸モノグリセリド1.0
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.0
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

0078

〔実施例28〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 3.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.7
カチオン化ポリマー(注2) 0.1
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン4.0
ジプロピレングリコール2.3
オレイン酸モノグリセリド5.5
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.0
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

0079

〔実施例29〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 3.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 1.0
カチオン化ポリマー(注2) 0.3
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン4.0
ジプロピレングリコール2.3
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.0
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
オレイン酸モノグリセリド1.0
シリコーンマイクロエマルション1.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

0080

〔実施例30〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 3.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 1.0
カチオン化ポリマー(注2) 0.3
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン4.0
ジプロピレングリコール2.3
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.0
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
オレイン酸モノグリセリド1.5
シリコーンマイクロエマルション1.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

0081

〔実施例31〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 13.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.5
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン4.0
N−ココイル−N−メチルタウリンナトリウム10.0
オレイン酸モノグリセリド1.0
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)

0082

〔実施例32〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 3.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.5
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン4.0
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 5.0
N−ココイル−N−メチルタウリンナトリウム10.0
オレイン酸モノグリセリド1.5
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)

0083

〔実施例33〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 16.0
オクタデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルナトリウム1.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.7
カチオン化ポリマー(注2) 0.2
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油アルキルN-カルホ゛キシエチルN-ヒト゛ロキシエチルイミタ゛ソ゛リニウムヘ゛タイン4.0
オレイン酸モノグリセリド1.0
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

0084

〔実施例34〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 1.5
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルトリエタノールアミン1.5
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.7
カチオン化ポリマー(注2) 0.2
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド1.8
ヤシ油アルキルN-カルホ゛キシエチルN-ヒト゛ロキシエチルイミタ゛ソ゛リニウムヘ゛タイン4.0
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.0
オレイン酸モノグリセリド1.5
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

0085

〔実施例35〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 3.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.7
カチオン化ポリマー(注2) 0.3
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド0.4
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン4.0
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 8.0
オレイン酸モノグリセリド1.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

0086

〔実施例36〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 1.8
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.7
カチオン化ポリマー(注2) 0.3
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド0.4
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン4.0
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 11.2
オレイン酸モノグリセリド1.5
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

0087

〔実施例37〕ヘアリンス
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 3.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.3
オレイン酸モノグリセリド1.5
ナタネ油アルコール3.7
塩化ステアリルトリメチルアンモニウム0.8
クエン酸0.5
クエン酸ナトリウム0.25
大豆レシチン0.1
加水分解ケラチン0.1
アミグリP−30(太陽化学社製) 0.1
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)

0088

〔実施例38〕ボディシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 15.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 1.0
オレイン酸モノグリセリド1.5
ラウリン酸ナトリウム5.0
ヤシ脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン10.0
モノラウリン酸プロピレングリコール4.0
クエン酸ナトリウム0.25
香料適量
緩衝剤適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)

0089

〔実施例39〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 1.3
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.2
カチオン化ポリマー(注2) 0.25
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド3.5
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン5.0
N−ココイル−N−メチルタウリンナトリウム7.5
ジステアリン酸エチレングリコール2.7
安息香酸ナトリウム0.3
香料適量
EDTA−2Na・2H2O 0.05
水道水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)マーコート2200(NALCO社製)

0090

〔実施例40〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 8.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.8
カチオン化ポリマー(注2) 4.0
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド2.0
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン3.6
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.8
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
安息香酸ナトリウム0.25
香料適量
EDTA−2Na・2H2O 0.05
水道水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)マーコート550(NALCO社製)

0091

〔実施例41〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 8.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.4
カチオン化ポリマー(注2) 4.0
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド3.5
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン5.0
N−ココイル−N−メチルタウリンナトリウム7.5
ジステアリン酸エチレングリコール2.7
オレイン酸モノグリセリド0.3
安息香酸ナトリウム0.3
香料適量
EDTA−2Na・2H2O 0.05
水道水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)マーコート550(NALCO社製)

0092

〔実施例42〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 8.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.8
カチオン化ポリマー(注2) 4.0
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド2.0
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン3.6
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.8
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
オレイン酸モノグリセリド1.0
安息香酸ナトリウム0.25
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)マーコート550(NALCO社製)

0093

〔実施例43〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 3.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 1.0
カチオン化ポリマー(注2) 6.0
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド2.0
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン5.0
N−ココイル−N−メチルタウリンナトリウム7.5
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
シリコーンマイクロエマルション2.0
安息香酸ナトリウム0.3
香料適量
EDTA−2Na・2H2O 0.05
水道水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)マーコート550(NALCO社製)

0094

〔実施例44〕ヘアシャンプー
成分 配合量(質量%)
ドデカン−1,2−ジオール酢酸エーテルNa 15.0
カチオン化ポテトスターチ(注1) 0.8
カチオン化ポリマー(注2) 4.0
カチオン化ポリマー(注3) 0.6
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアマイド2.0
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン3.6
ポリオキシエチレン(2モル)ラウリルエーテル硫酸Na 10.8
ジステアリン酸エチレングリコール2.0
安息香酸ナトリウム0.25
オレイン酸モノグリセリド1.0
香料適量
イオン交換水残余
(注1)センサマーCI−50(NALCO社製)
(注2)マーコート550(NALCO社製)
(注3)ポリマーJR−400(ユニオンカーバイド社製)

発明の効果

0095

以上、詳述したように本発明によれば、洗浄に際して、泡立ちが早く、しかも豊かな起泡力、クリーミーで粘ちゅう性の泡質が得られると共に、泡の持続性に優れ、すすぎ時においては、泡切れが早く、さらに髪が滑らかで、つやがある等の使用感に優れた洗浄剤組成物、特に毛髪用または皮膚用の洗浄剤組成物が得られる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ