図面 (/)

技術 掃除機などのゴミ処理の改善方法

出願人 西親男
発明者 西親男
出願日 2001年9月10日 (18年7ヶ月経過) 出願番号 2001-318717
公開日 2003年3月18日 (17年1ヶ月経過) 公開番号 2003-079543
状態 拒絶査定
技術分野 電気掃除機(1)
主要キーワード 袋入れ 不況下 ジュウタン 生活ゴミ 地域環境 ゴミ袋内 カビ防止剤 家ダニ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年3月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

昨今の環境下にあっては多種、多様な科学的な高度な技術が要求されるが、自然環境に反するような方法や技術や製品化氾濫することは、地球の破滅である。「改善剤」など簡単で単純なものであるが、自然の環境などに反する要素は全くなく、時間と共に効果が現れて社会に貢献できれば幸いである。

解決手段

自然環境の悪化は地球的な規模で進む中で決められた「京都議定書」すら各国のヱゴで破定寸前にある。人の欲望と地球の破滅は同義語的な運命である。従って、地球人は早急に目覚めて量的な制限を一ツの光明として欲望を捨て努力することが地球を救う手段である。

概要

背景

(1) 今日、海や河川湖沼などの水質低下や大気汚染による生活環境にあっては、ヒトの生活にも病気にも生命にも強く懸念と重大な影響を及ぼす生活最悪の時代である。即ち、生活に係るゴミ処理方法も一ツの重大な要素である。
(2) 従来技術の問題点
科学技術の発展と共に生活水準も進み、今や飽食の時代と言われる現状である。その生活環境の中で生活廃材や食生活などのゴミ問題は今や地的な球問題化となり、京都議定書が生まれた所以である。然るに各国のヱゴが前進を妨げ、今や破定寸前と言われている現況である。従って、善良な地球人は一刻も早く目覚めて量的制限やゴミ処理などの諸問題を全知全能を尽くして努力する事が地球を救う一ツの手段である。

概要

昨今の環境下にあっては多種、多様な科学的な高度な技術が要求されるが、自然環境に反するような方法や技術や製品化氾濫することは、地球の破滅である。「改善剤」など簡単で単純なものであるが、自然の環境などに反する要素は全くなく、時間と共に効果が現れて社会に貢献できれば幸いである。

自然環境の悪化は地球的な規模で進む中で決められた「京都議定書」すら各国のヱゴで破定寸前にある。人の欲望と地球の破滅は同義語的な運命である。従って、地球人は早急に目覚めて量的な制限を一ツの光明として欲望を捨て努力することが地球を救う手段である。

目的

掃除機のゴミの被害
最近の住宅は建材などに伴いとても良い環境にあると思われるが、実体余り良い環境とは言えないのである。即ち、風の通りは悪いし、地下より湿気が多くある部屋にジュウタンを敷き、又は通気性の悪い畳みを敷いている関係から「ダニ細菌類」などの絶好の住処である。これに加えて動物などと同居している家庭が増えているからよりダニなどの好環境になっている。「アトピー傷害」の発生要因は「家ダニや細菌類」だと言われている。従って、折角掃除機で吸い取った「ダニや細菌」(ゴミ)を何んの処理もしない侭に放置すれば「元の木阿弥」になることは当然である。従って、このような被害を処理するのが本発明の目的である。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

電気掃除機の吸、排、中に「殺虫剤殺菌剤カビ防止剤防菌剤消臭剤香料剤ハープ等」(以下改善剤という)を単独又は複数で収容することを特徴とした掃除機などのゴミ処理改善方法

請求項2

生活ゴミの中及び収集袋中に「改善剤」を単独又は複数で挿入又は収容する請求項1の掃除機などのゴミ処理の改善方法。

請求項3

多孔質性の紙、不織布、繊維かどから成る袋体内に「改善剤」を単独又は複数で収容する請求項1、2の掃除機などのゴミ処理の改善方法。

技術分野

0001

生活ゴミの処理及び生活環境の改善及びアトピー傷害の抑制、病気の抑制など

背景技術

0002

(1) 今日、海や河川湖沼などの水質低下や大気汚染による生活環境にあっては、ヒトの生活にも病気にも生命にも強く懸念と重大な影響を及ぼす生活最悪の時代である。即ち、生活に係るゴミ処理方法も一ツの重大な要素である。
(2) 従来技術の問題点
科学技術の発展と共に生活水準も進み、今や飽食の時代と言われる現状である。その生活環境の中で生活廃材や食生活などのゴミ問題は今や地的な球問題化となり、京都議定書が生まれた所以である。然るに各国のヱゴが前進を妨げ、今や破定寸前と言われている現況である。従って、善良な地球人は一刻も早く目覚めて量的制限やゴミ処理などの諸問題を全知全能を尽くして努力する事が地球を救う一ツの手段である。

発明が解決しようとする課題

0003

生活廃材や食生活のゴミなどは人の生命と共に永遠である。特に食生活の生ゴミは腐敗が早く臭気が強く、病気などの起因要因が大きく且つヒトの気分や呼吸を害し、倦怠感を招きストレス生む要因となる。従って、生活の中で生じるゴミは各個人家庭に於いて二次的な公害にならないよう各人が努力することが肝要である。即ち、各個人が「改善剤」などを用いたゴミ処理を収集業務(システム)に協力することが二次的公害の「カラス」の被害が減少の一因となり環境改善の貢献となりこれが課題を解決するための手段である。

0004

ゴミの二次的公害とは
生ゴミの臭気は異常である。ヒトの気分を害し、倦怠感を醸成し、呼吸をも困難化する。特にゴミの収集置き場は強烈であるが、この臭気に食欲旺盛にして集まる動物は「カラス、鳩、雀、犬、猫、ネズミ細菌類」などが集まり、発生してゴミ袋を破り、食い散らして無苦茶にする行動が生まれる。即ち、これが正の走性の結果である環境破壊の二次的公害である。

0005

ゴミの三次公害とは
二次的な公害で被害は「細菌や臭気」などが嫌気性感傷を生み、ストレス傷害が起こり、このストレスが嵩じると病気に至るとの情報もあり、これが人に影響を与える三次的公害である。

0006

掃除機のゴミの被害
最近の住宅は建材などに伴いとても良い環境にあると思われるが、実体余り良い環境とは言えないのである。即ち、風の通りは悪いし、地下より湿気が多くある部屋にジュウタンを敷き、又は通気性の悪い畳みを敷いている関係から「ダニや細菌類」などの絶好の住処である。これに加えて動物などと同居している家庭が増えているからよりダニなどの好環境になっている。「アトピー傷害」の発生要因は「家ダニや細菌類」だと言われている。従って、折角掃除機で吸い取った「ダニや細菌」(ゴミ)を何んの処理もしない侭に放置すれば「元の木阿弥」になることは当然である。従って、このような被害を処理するのが本発明の目的である。

0007

用 途
電気掃除機のゴミ、流し台の生ゴミ、家庭の収集ゴミ、容器内のゴミ、ゴミ袋内のゴミ、収集ゴミなど、

発明を実施するための最良の形態

0008

以下、実施例による発明実施の態様を説明するが、例示は単なる説明用のもので、発明思想や制限を意味するものではない。

0008

本発明は、従来ゴミ収集システムから個々が一手間加えて公的にも、個々にも有効的に環境的に健康的に創作した方法である。即ち、(1)電気掃除機の場合は、掃除機本体(3)の吸引口(4)と排出口(5)との中間部に「改善剤」(1)をセットして作動するのみで効果がある。(2)多孔質性から成る袋(2)の中に「改善剤」(1)を収容して、これをゴミの中、及びゴミ袋の中に収容するのみで効果がある。以上が実施形態の方法であるが、効果的にはすこぶる大きな期待ができる。即ち、アトピー傷害の抑制と減少、病気などの抑制、カラスや犬、猫などの被害の減少。地域環境の改善など極めて健康的なゴミ収集システムが期待できる。

0009

(1)実施例
電気掃除機(3)内に「改善剤」(1)をセットして掃除機(3)を繰り返し実施して見た。
結果 従来の掃除機は排出口より嫌気的な臭気のため頭が重く、頭痛感じる時もあったが、実施してみると、とても好気的な排出臭に変わり180度改善されたと確認できた。

0010

(2)実施例
弱アトピー傷害のある年齢10の子の居る家庭で掃除機(3)にセットして、約1ケ月間実施して貰った。
結果 実施後10日目ごろから症状が改善されて、30日後にはほとんど完治したと好評を貰った。

0011

(3)実施例
アトピー傷害のある8才のの子の家庭で掃除機(3)内に「改善剤」をセットして貰った。
結果 実施後10日目ごろから改善症状に変わり、30日目後には見違える程改善された。

0012

(4)実施例
ゴミの収集袋内に「改善剤」を入れた袋を1袋入れて実施して貰った。7日間の結果を聞いて見た。
結果 従来は毎日生ゴミを収集する度に嫌な臭気が改善されて効果のあることを認めた。

0013

(5)実施例
ゴミ箱の中に「改善剤」2袋を入れて、その後7日間を調べて見た。
結果 従来の嫌気的な臭気は全く無く改善されていることを確認した。

発明の効果

0014

例示
「改善剤」を用いて実験や実施を繰り返して実施した。例えば畳みと畳みの間に「改善剤」を入れて実験して見たが、湿気臭の嫌な臭気が消えて好気的な匂いに変わり部屋の環境が一変した。従って、室内や部屋に限らず便所倉庫物置などの使用も可能である。

図面の簡単な説明

0015

本発明は極めて単純な方法で、環境の改善や健康にも役立ち、病気などの抑制にも効果がある。世界的な不況下にあっては、嫌気的な臭気を排除して、好気的な匂いを取り入れることは癒しの時代にふさわしい環境の改善である。時代に合致した本発明であるから民生に大いに貢献するものである。

--

0016

図1本発明の実施例を示す斜視図
図2袋体に改善剤を収容した状態を示す平面図

0017

1改善剤
2袋体
3掃除機
4吸引口
5 排出口

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社マキタの「 クリーナ」が 公開されました。( 2020/02/06)

    【課題】小型化、軽量化が可能なクリーナを提供すること。【解決手段】モータ30と、モータ30に連結され、モータ30によって回転される吸込用ファン40と、モータ30を支持し、吸込用ファン40から吹き出され... 詳細

  • 日立グローバルライフソリューションズ株式会社の「 電気掃除機」が 公開されました。( 2020/02/06)

    【課題】電気掃除機を充電台に収納する際、DCプラグに負荷がかからないようにする充電台を提供する。【解決手段】 床面に載置されるベース部と、前記ベース部から立ち上がるスタンド部と、前記スタンド部に連結... 詳細

  • パナソニックIPマネジメント株式会社の「 電気掃除機」が 公開されました。( 2020/01/23)

    【課題】掃除機本体、家具などに傷を付けることがない電気掃除機を提供する。【解決手段】側面に吸気口(図示せず)を備えた略筒状の集塵タンク22と、前記集塵タンク22の上方に着脱自在に取り付けられると共に、... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ