図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2003年3月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

長尺原稿読み取りその分割を指示できる、最大用紙幅がA3短辺程度の汎用目的の小型の画像読取装置、及び上記の分割出力が可能な画像形成装置の提供。

解決手段

シートスルー方式の画像読取装置6であって、定型原稿を読み取る第1のモードと長尺原稿を読取る第2のモードとを切り換え切換手段127と、原稿面画像プレスキャンするプレスキャンモードと、プレスキャンされた画像を表示するとともにこの表示された画像Pを所定のサイズで分割する分割線a、bを表示する分割線表示手段を含む画像表示手段126とを備え、切換手段127によって第2のモードに切り換えられたときはプレスキャンモードが選択され、プレスキャンモードによりプレスキャンされた画像Pが分割線127とともに画像表示手段126により表示されるようにする。

概要

背景

従来より、工業用複写機では、原稿シートスキャン速度にあわせて移動させて読み取るシートスルー方式画像読取部と、ロール紙をカットしながら供給する給紙部および長尺紙画像形成する画像形成部を備えており、長尺図面や横断幕のような長尺の原稿コピーすることが可能である。例えばA0版等の長尺原稿作業者が画像読取部にセットすれば、原稿と同じ長尺のコピー物が自動的に出来上がるようになっている。そして一般的には長尺のコピー物は専用のケース保管され、必要時にはそこから取り出して閲覧するようになっている。

概要

長尺原稿を読み取りその分割を指示できる、最大用紙幅がA3短辺程度の汎用目的の小型の画像読取装置、及び上記の分割出力が可能な画像形成装置の提供。

シートスルー方式の画像読取装置6であって、定型原稿を読み取る第1のモードと長尺原稿を読取る第2のモードとを切り換え切換手段127と、原稿面画像プレスキャンするプレスキャンモードと、プレスキャンされた画像を表示するとともにこの表示された画像Pを所定のサイズで分割する分割線a、bを表示する分割線表示手段を含む画像表示手段126とを備え、切換手段127によって第2のモードに切り換えられたときはプレスキャンモードが選択され、プレスキャンモードによりプレスキャンされた画像Pが分割線127とともに画像表示手段126により表示されるようにする。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
4件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

原稿面を読取窓に対向させた状態で通過させながら原稿面の画像を読み取るシートスルー方式画像読取装置であって、定型原稿を読み取る第1のモードと定型原稿よりも長い長尺原稿を読取る第2のモードとを切り換え切換手段と、前記原稿面の画像をプレスキャンするプレスキャンモードと、前記プレスキャンされた画像を表示するとともにこの表示された画像を所定のサイズで分割する分割線を表示する分割線表示手段を含む画像表示手段とを備え、前記切換手段によって第2のモードに切り換えられたときは前記プレスキャンモードが選択され、前記プレスキャンモードによりプレスキャンされた画像が前記分割線とともに前記画像表示手段により表示されるようにしたことを特徴とする画像読取装置。

請求項2

前記画像表示手段は、前記分割線の位置を前記所定のサイズから変更する分割線変更手段を備えたことを特徴とする請求項1記載の画像読取装置。

請求項3

前記画像表示手段は、前記分割線で分割された各セクション頁番号を付与する頁番号付与手段を備えたことを特徴とする請求項1乃至2記載の画像読取装置。

請求項4

前記画像表示手段は、前記分割線で分割された隣接した各セクション間で一部重複した糊代部分を形成する糊代形成手段をを備えたことを特徴とする請求項1乃至3記載の画像読取装置。

請求項5

前記画像表示手段により表示された分割条件登録する分割登録手段と、前記長尺原稿を本スキャンし前記分割登録手段に登録された分割条件に従って前記各セクションの画像データを分割記憶する分割読取制御手段備えたことを特徴とする請求項1乃至4記載の画像読取装置。

請求項6

前記画像表示手段は、前記分割線表示手段の表示を解除するとともに前記長尺原稿の全長を表示する原稿長表示手段を備えたことを特徴とする請求項1記載の画像読取装置。

請求項7

請求項5記載の画像読取装置を備えた画像形成装置であって、複数の定型用紙に前記分割読取制御手段により分割記憶された各セクションを分割して出力するようにしたことを特徴とする画像形成装置。

請求項8

請求項6記載の画像読取装置を備えた画像形成装置であって、単数長尺紙に前記長尺原稿の全長を出力するようにした長尺紙出力モードを備えたことを特徴とする画像形成装置。

技術分野

0001

本発明は、所定サイズの定形原稿に限らず、A4,A3等の定形原稿よりも長い長尺原稿をも適用が可能な画像読取装置およびそれを有する画像形成装置に関するものである。

背景技術

0002

従来より、工業用複写機では、原稿シートスキャン速度にあわせて移動させて読み取るシートスルー方式の画像読取部と、ロール紙をカットしながら供給する給紙部および長尺紙画像形成する画像形成部を備えており、長尺図面や横断幕のような長尺の原稿コピーすることが可能である。例えばA0版等の長尺原稿を作業者が画像読取部にセットすれば、原稿と同じ長尺のコピー物が自動的に出来上がるようになっている。そして一般的には長尺のコピー物は専用のケース保管され、必要時にはそこから取り出して閲覧するようになっている。

発明が解決しようとする課題

0003

しかし、工業用の複写機は高価であり、大型であるため、一般の事務所では入手しにくいものである。また一般のユーザーはそれほど大きな長尺原稿をコピーすることはなく、最大A3短辺の幅がコピーできれば十分である。また長尺紙にコピーすると丸めて保管することになり、通常そのようなコピー物を収容する場所がなく、配布資料としても不適切であるため、カット紙に分割してコピーすることも望まれている。このような場合には、分割位置が予め判れば分割部分が図や写真の上に位置しないようにでき便利である。また、分割シート毎に分割位置を調整できれば便利である。また分割位置が図や文章の途中になってしまう場合、分割位置前後のシート重複部分がコピーされると前後の関係が理解しやすいし、後から繋げて使用する場合の糊代にもなり便利である。一方頻度は低いが、A3短辺幅程度の垂れ幕や横断幕のような室内に掲示する掲示物をコピーする需要は存在する。このような需要に対しては、オプションの長尺紙給紙装置で対応できるようにすればよい。

0004

本発明は、上記のごとき課題に鑑みてなされたものであり、本発明の第1の目的は、長尺原稿を読み取りその分割を指示できる、最大用紙幅がA3短辺程度の汎用目的の小型の画像読取装置、及び上記の分割出力が可能な画像形成装置の提供である。また第2の目的は、さらに上記に加えて長尺原稿全体を分割せずに読み取れる画像読取装置、及び長尺原稿全体の画像を出力できる画像形成装置の提供である。

課題を解決するための手段

0005

上記目的を達成するため、請求項1の発明は、原稿面を読取窓に対向させた状態で通過させながら原稿面の画像を読み取るシートスルー方式の画像読取装置であって、定型原稿を読み取る第1のモードと定型原稿よりも長い長尺原稿を読取る第2のモードとを切り換え切換手段と、前記原稿面の画像をプレスキャンするプレスキャンモードと、前記プレスキャンされた画像を表示するとともにこの表示された画像を所定のサイズで分割する分割線を表示する分割線表示手段を含む画像表示手段とを備え、前記切換手段によって第2のモードに切り換えられたときは前記プレスキャンモードが選択され、前記プレスキャンモードによりプレスキャンされた画像が前記分割線とともに前記画像表示手段により表示されるようにしたことを特徴としている。

0006

この構成によれば、シートスルー方式の画像読取装置において、定型原稿を読み取る第1のモードと定型原稿よりも長い長尺原稿を読取る第2のモードとを備え、切換手段によって第1のモードから第2のモードに切り換えるとプレスキャンモードに切り換わり、長尺原稿の1パス目はプレスキャンされ、プレスキャンされた画像が所定のサイズで分割した分割線とともに画像表示手段によりディスプレイに表示される。これにより、ユーザーが長尺原稿を分割読取する前にその分割位置が適切かどうか前もって確認でき、不適切な分割がなされた画像を消去したり、無駄なコピーを行なって紙を無駄にするようなことが避けられる。

0007

また請求項2の発明は、請求項1記載の画像読取装置において、前記画像表示手段は、前記分割線の位置を前記所定のサイズから変更する分割線変更手段を備えたことを特徴としている。この構成によれば、分割線の位置をディスプレイ上で変更することができ、原稿の先端位置を調整するような手間がかからず省力的で便利である。

0008

また請求項3の発明は、請求項1または2記載の画像読取装置において、前記画像表示手段は、前記分割線で分割された各セクション頁番号を付与する頁番号付与手段を備えたことを特徴としている。この構成によれば、分割線で分割された各セクションに頁番号を付与するので、分割された原稿の本来の並び順一目でわかり、便利である。

0009

また請求項4の発明は、請求項1乃至3記載の画像読取装置において、前記画像表示手段は、前記分割線で分割された隣接した各セクション間で一部重複した糊代部分を形成する糊代形成手段を備えたことを特徴としている。この構成によれば、分割位置が図や文章の途中になってしまう場合、分割位置前後のシートに重複部分がコピーされると前後の関係が理解しやすいし、後から繋げて使用する場合の糊代にもなる。

0010

また請求項5の発明は、請求項1乃至4記載の画像読取装置において、前記画像表示手段により表示された分割条件登録する分割登録手段と、前記長尺原稿を本スキャンし前記分割登録手段に登録された分割条件に従って前記各セクションの画像データを分割記憶する分割読取制御手段備えたことを特徴としている。この構成によれば、原稿1パス目のプレスキャンで設定した分割条件を2パス目の本スキャンで実施でき、さらに同様の原稿を継続してスキャンする場合は、この登録された条件をプレスキャンなしにそのまま使用することができるため、以降のプレスキャンの手間が省かれる。

0011

また請求項6の発明は、請求項1記載の画像読取装置において、前記画像表示手段は、前記分割線表示手段の表示を解除するとともに前記長尺原稿の全長を表示する原稿長表示手段を備えたことを特徴としている。この構成によれば、長尺記録紙の給紙装置を備えた画像形成装置で長尺記録紙に出力する場合には、プレスキャンにより長尺原稿の全長を表示することで、必要な記録紙の長さがわかり、本スキャンの前に記録紙を準備することができる。

0012

また請求項7の発明は、請求項5記載の画像読取装置を備えた画像形成装置であって、複数の定型用紙に前記分割読取制御手段により分割記憶された各セクションを分割して出力するようにしたことを特徴としている。

0013

この構成によれば、ユーザーが長尺原稿を分割読取する前にその分割位置が適切かどうか前もって確認でき、不適切な分割がなされた画像を消去したり、無駄なコピーを行なって紙を無駄にするようなことが避けられる。また、分割線の位置をディスプレイ上で変更することができ、原稿の先端位置を調整するような手間がかからず省力的で便利である。また、分割線で分割された各セクションに頁番号を付与するので、分割された原稿の本来の並び順が一目でわかり、便利である。また、分割位置が図や文章の途中になってしまう場合、分割位置前後のシートに重複部分がコピーされると前後の関係が理解しやすいし、後から繋げて使用する場合の糊代にもなる。また、原稿1パス目のプレスキャンで設定した分割条件を2パス目の本スキャンで実施でき、さらに同様の原稿を継続してスキャンする場合は、この登録された条件をプレスキャンなしにそのまま使用することができるため、以降のプレスキャンの手間が省かれる。

0014

また請求項8の発明は、請求項6記載の画像読取装置を備えた画像形成装置であって、単数の長尺紙に前記長尺原稿の全長を出力するようにした長尺紙出力モードを備えたことを特徴としている。この構成によれば、長尺記録紙の給紙装置を備えた画像形成装置で長尺記録紙に出力する場合には、プレスキャンにより長尺原稿の全長を表示することで、必要な記録紙の長さがわかり、本スキャンの前に記録紙を準備することができる。

発明を実施するための最良の形態

0015

以下,添付図面を参照して,本発明の実施の形態につき説明し,本発明の理解に供する。なお,以下の実施の形態は,本発明の具体的な例であって,本発明の技術的範囲を限定する性格のものではない。

0016

図1は、本発明で使用する画像形成装置の一例であるデジタル複写機を示す概略断面図である。デジタル複写機1は、中央付近に画像形成部2、その下部に給紙部3を備え、画像形成部2の上部には原稿読取部6が配置されている。画像形成部1には、感光体ドラム11がその中央部に配置され図中時計回りに回転され、図面右側から供給される用紙に転写するトナー像が感光体ドラム11上に形成される。

0017

感光体ドラム11はその上部の帯電部12で表面が一様に帯電され、レーザ光学部13から画像信号により明滅されるレーザ光でスキャンされて表面に静電潜像が形成され、現像部14によりトナーで現像される。さらに転写部15において感光体ドラム11に形成されたトナー像が、レジストローラ16により所定のタイミングで送り込まれた用紙上面に転写される。トナー画像が転写された用紙は、図中左側の定着ローラ17へ搬送され、用紙表面にトナーが熱定着されて、排紙ローラ18により排紙トレイ19に排出される。

0018

給紙部3は、通常使用される定型にカットされた用紙を画像形成部2へ供給するものである。用紙トレイ31にはA3、A4などの定型の用紙が積載されており、給紙ローラ32により最上部用紙が1枚ずつ捌かれて給紙される。給紙ローラ32により給紙された用紙は、縦搬送路33を搬送ローラ34、35により上へ搬送され、さらに横搬送路36を搬送ローラ37によりレジストローラ16へ運ばれる。用紙はレジストローラ16により転写部15てトナーの転写を受けて定着ローラ17で熱定着される。

0019

この用紙の両面に画像形成する場合には、転写部15の後にある分岐爪41が変位(図中点線)して定着後の用紙は下方に進路変更され、ローラ42によりスイッチバック路43へ送られる。用紙後端がローラ42を通過する前にローラ42が用紙後端を咥えたまま逆転し、分岐爪44の移動(図中点線)により、用紙先端は画像形成部2と給紙部3の間に位置する還送路45を、ローラ46によりデジタル複写機1右側部の縦搬送路33へ送られる。さらに横搬送路36へ送られた用紙はこんどは裏面が上向きとなっている。レジストローラ16により転写部15に送られた用紙は、裏面にトナーの転写を受け、定着ローラ17により定着され、排紙ローラ18により排紙トレイ19に排出される。

0020

またデジタル複写機1右側部には、手差し給紙部5が設けられ、給紙台51上に積載されたカット用紙束上面に当接されて用紙束上部を給紙方向に寄せるゴム製の寄せローラ55と寄せられた複数用紙を1枚ずつ給送するゴム製の分離給紙ローラ対52により、1枚ずつ横搬送路36に送りこむようになっている。手差し給紙が行なわれると、給紙部3の用紙と同様に、用紙は搬送ローラ37、レジストローラ16により横搬送路36を搬送され、所定のタイミングで転写部15でトナーの転写を受け定着ローラ17にて定着された後、排紙ローラ18により排紙トレイ19に排出されるか、分岐爪41の回転により進路を変更して用紙裏面に画像が形成されるようになっている。用紙裏面に画像が形成される場合は、以後は給紙部3から給紙された用紙と同様であるため、説明を省く。

0021

また本発明に使用するデジタル複写機1は、後述する定型原稿を読み取る第1のモードと定型原稿よりも長い長尺原稿を読取る第2のモードとを備えており、第2のモードにおいて長尺原稿の全体画像を長尺紙に出力することもできるようになっている(長尺紙出力モード)。そのため、手差し給紙部5の給紙台51の外側端に長尺紙ホルダー91がオプションで取り付けられるようになっている。長尺紙ホルダー91は、図2(a)に示すように、J字を左方向に倒したような形状のガイド部材であり、給紙台51外側端に延長されて取り付けられる。この長尺紙ホルダー91は、定型用紙の最大長より長尺紙が、その後端が給紙台51の外側端から垂れ下がって落下しないように、ホルダー91内部に長尺紙後端側を湾曲あるいは巻き込んで収納するようになっており、長尺紙先端がローラ対52によってデジタル複写機1内に侵入するにつれて、用紙後端側が徐徐に繰り出されるようになっている。またこの長尺紙ホルダー91には、カーソル93が設けられ、長尺紙が真直ぐ給紙されるようになっている。

0022

また、デジタル複写機1の横搬送路36や還送路45には、用紙の先端または後端が通過する際ONまたはOFFするスイッチSW1(図1における搬送ローラ37の上流)、SW2(図1における定着ローラ17の下流)、SW3(図1におけるローラ46の上流)が設置されており、用紙先端の通過によりONされた後、所定時間内にOFFされない場合、その部分で用紙の重送あるいはジャムが発生していると判断して駆動を停止し、表示部にジャム表示を行うようになっている。前記長尺紙のように搬送方向に長い用紙が搬送される場合は、後に述べるように、操作者が予め長尺紙に出力するモードの設定をすることにより、通常の定型紙に出力するモードのジャム検知が一旦解除されるようになっている。さらに横搬送路36のレジストローラ16部分に設けられたSW4がレジストローラ16の回転スタート(用紙先端がSW4に位置する)から用紙後端がSW4を通過するまでの時間を検知して実際の用紙長算定し、以後に通過するスイッチの通過時間を補正するため、この時点から実際の長尺紙の長さによるジャム検知が設定され、以後の通紙状態が管理されるようになっている。

0023

また、排紙トレイ19の外側端には、図2(b)に示すように、長尺紙ホルダー92がオプションで取り付けられるようになっている。これにより定型用紙の最大長より長い長尺紙が、その前端が排紙トレイ19の外側端から垂れ下がって落下しないように、逆J字形状のガイド部材で構成されており、排紙ローラ18から繰り出される長尺紙先端側を受け入れるようになっている。

0024

次に原稿読取部を、図1および図3を用いて説明する。原稿読取部6は、画像データに変換するスキャナー部7と、原稿をスキャナー部7に供給する原稿搬送装置8により構成されており、光学系を移動させて静置原稿画像を読み取る方法と、本発明の主要部である原稿搬送装置を用いて原稿を移動させながら画像を読取る方法(シートスルー方式)とを実施できる。光学系を移動させて静置原稿画像を読み取るスキャナー部7は、上面に読取窓71Aが配置され、照明ランプ、複数のミラー、およびレンズより構成される光学系72により、読取窓71Aに置かれた原稿がスキャンされ、その光学像がCCD等のイメージセンサ73に送られて画像データとして読取られる。照明ランプと複数のミラーは、読取窓71Aに置かれた原稿をスキャンするために相対的に移動する。

0025

原稿を移動させながら画像を読取るシートスルー方式では、読取窓71Aの図面左側に隣接して、紙面の前後方向に細長い読取窓71Bが設けられており、スキャナー部7の光学系72はこの読取窓71Bの位置にセットされる。そして読み取り時は光学系72はこの読取窓71Bの位置に停止したまま移動しないようになっている。原稿搬送部8は、スキャナー部7の読取窓71上部に、読取窓71を覆う閉位置と読取窓71を開放する開位置との間で移動自在に取り付けられている。原稿搬送装置8は、中央上部に原稿供給部81と中央下部に原稿排出部82を備え、原稿供給部81から供給された原稿を、略U字型原稿搬送路83を経由して光学系72が固定された読取窓71Bの位置へ搬送し、原稿排出部82に排出するようになっている。さらに、原稿供給部81の上流端(図1右側)には長尺原稿収納部84が、原稿排出部82の下流端図1右側)には長尺原稿収納部85が取付けられている。

0026

図3を用いて、シートスルー方式で定型原稿を読み取る定型原稿モード(第1のモード)時について詳細説明する。原稿供給部81は、読み取るべき定型原稿を載置する原稿載置台811、定型原稿を1枚ずつ分離しながら給紙するための、給紙中は回転がストップする分離ローラ812、給紙方向に回転して最上紙搬送路83に送り出す給紙ローラ813、原稿を分離ローラ812側に寄せる寄せローラ814にて構成される。搬送路83には、ローラ対831、832、833があり、読取窓71に向けて原稿を搬送する。原稿は、読取窓71Bと当接するプラテン834で、イメージセンサ73が読み取る速度と一致した正規の速度で通過しながら読取られる。スキャナー部7の照明ランプとミラーはプラテン部834と対峙する位置に停止しており、原稿が読取速度と同じ速度で移動することにより読取られるようになっている。読取られた原稿は、ローラ対835を経て排出ローラ対821により、原稿載置台811の下部に設けられた原稿排出部82の排出トレイ822へ排出される。

0027

原稿の両面を読み取る場合には、搬送路83のローラ対831、832の間にある分岐爪861が点線の位置に回動し、原稿先端は、ローラ対831を通過した後、搬送路83の上部に設けられた反転路86に侵入する。ローラ対862は原稿を上部へ送り、原稿後端が分岐爪861を通過すると反転して原稿後端をスイッチバックによりローラ対832へ送る。ローラ対832に原稿後端が挟み込まれるとローラ対862が点線のように離間して、原稿はローラ対832の搬送力で搬送路83を搬送される。反転路86で裏返された原稿は、最初にその裏面が読取窓71Bで正規の速度で読み取られる。さらに排出ローラ対821の手前に設けられた分岐爪871が点線の位置に回動し、ローラ対835を通過した原稿先端は、搬送路83の排出側と給紙側繋ぐ還送路87に侵入する。

0028

還送路87により給紙側へ還送された原稿先端は、ローラ対831と点線の位置に回動している分岐爪861により再度反転路86に侵入し、離間しているローラ対862の間を抜けて反転路86を上昇する。原稿後端が分岐爪861を通過すると、ローラ対862が圧接して、再度原稿をスイッチバックして搬送路83の読取窓71へ搬送する。この状態では読取窓71Bで原稿の表面が正規の速度で読み取られる。原稿先端が排出ローラ対821に向かうときには分岐爪861は実線の位置に回動しており、原稿は排出ローラ対821により排出トレイ822へ排出される。

0029

次に、シートスルー方式で長尺原稿を読み取る長尺原稿モード(第2のモード)時の長尺原稿を給紙するしくみについて説明する。長尺原稿収納部84に長さ方向に巻いた長尺原稿を、紙面を横切る方向に挿入し、原稿先端を操作者が原稿供給部81まで引き出すことにより給紙させることができる。また、長尺原稿収納部84が原稿載置台811に取付けられる位置に繰出ローラ対841を設けて、自動的に原稿供給部81まで原稿先端を繰り出すようにしてもよい。図3の実施例は繰出ローラ対841を設けた例である。さらに繰出ローラ対841の上流に原稿先端を検知するセンサ819を設けて繰出ローラ対841を始動するようにし、原稿供給部81の原稿検知センサ815で原稿先端を検知したら繰り出しをストップするようにしてもよい。

0030

長尺原稿収納部84は、図3、4で示すように、原稿を巻いた状態で挿入する筒部842、原稿先端を原稿供給部81の原稿載置台811に引き出すためのガイドとなる引出ガイド部843、原稿載置台811に取付けた長尺原稿収納部84を軸回りに回動させ、原稿搬送装置8の背面側に退避させるための回転軸844、長尺原稿収納部84が装着位置にあるか退避位置にあるか検知するための検知装置845により構成されている。筒部842にはさらに、巻いた原稿を挿入するためのガイドとなる、筒部842の内面が長さ方向手前側に舌状に突き出した形の挿入ガイド846、原稿を筒部842の奥へ挿入したとき奥側の停止位置となるストッパ847、筒部842から原稿先端を原稿供給部81へ引き出すために筒部842の長さ方向全体に亘って設けられたスリット848が備えられ、前記引出ガイド部843がこのスリット848に連接している。

0031

図4(b)に、長尺原稿収納部84を退避位置に回動させる様子を示している。この図のように、筒部842、引出ガイド部843、検知装置845、挿入ガイド846、ストッパ847、スリット848、及び繰出ローラ対841の従動ローラ849で構成される長尺原稿収納部84を、回転軸844を回転中心として矢印Xの方向におよそ90°回動させて、原稿搬送装置8の背面側(図の上側)に退避させるようにしている。

0032

また回転軸844は、長尺原稿収納部84を原稿載置台811に取付ける取付ピンにもなっており、原稿載置台811の取付穴816に長尺原稿収納部84が回動自在となるように差込まれている。この回転軸844は、原稿載置台811側に設けてもよい。また検知装置845は、長尺原稿収納部84を回転軸844回りに回動させて原稿載置台811の当り部材817に当ったことを検出するスイッチのようなものであり、長尺原稿収納部84が装着位置にある間ON状態を維持するようになっている。これにより、長尺原稿の読取が実行可能となり、長尺原稿収納部84が退避位置にある場合はOFF状態となるため長尺原稿の読取が実行不能となり、定型原稿の読取が実行可能となる。この検知装置845は、原稿載置台811側に設けることも可能であり、この場合当り部材817は長尺原稿収納部84側に設けられる。

0033

また本実施例では、原稿載置台811と引出ガイド部843の接合部に繰出ローラ対841を設けている。このうち下側のローラは、原稿載置台811に軸支され、駆動ローラ818として原稿供給部からの駆動力で回転し、上側のローラは引出ガイド部843に軸支され、従動ローラ849として駆動ローラ818により従動する。長尺原稿収納部84を退避させる際は、駆動ローラ818が原稿載置台811側に残り、従動ローラ849は長尺原稿収納部84と共に退避される。この引出ローラ対841は、両ローラ共原稿載置台811側に設けられてもよく、また、長尺原稿収納部84に両ローラと共に小型のモータを設けて、原稿供給部と別駆動としてもかまわない。

0034

次に長尺原稿のセット方法について図5を用いて説明する。長尺原稿を長尺原稿収納部84へセットする前に巻く方法として、画像側が内側になるように巻く場合(A)と、画像側が外側になるように巻く場合(B)とがある。また、長尺原稿収納部84へのセット方法には、巻きカールに沿った順方向に引き出すようにセットする場合(図5(a))と、画像側を外側になるように巻いて巻きカールに逆らう逆方向に引き出すようにセットする場合(図5(b))がある。本発明の装置では上記のいずれの場合も可能であり、長尺原稿収納部84から画像を上側にして引き出す場合、(A)の巻き方では図5(a)のセット方法、(B)の巻き方では図5(b)のセット方法を採用すれば、長尺原稿を引き出したとき画像面が上になって、原稿供給部81から搬送路83を経由して画像面を読取窓71の方向に向けることができる。このうち図5(b)のセット方法では、筒部のスリットのエッジ部で原稿を巻きとは逆方向にしごいて巻き癖矯正しながら繰り出せるメリットがある。

0035

上記の図3に示す長尺原稿収納部84は、引出ガイド部843の上側に筒部842を設けているが、他の実施形態として、引出ガイド部の下側に筒部を設けるようにしてもよい。図5の(c)(d)では、筒部842の上側で、さらに原稿載置台811の上部に引出ガイド部843を備え、原稿載置台811と引出ガイド部843の間の隙間から長尺原稿を引き出すようにしている。この場合、原稿の(A)の巻き方には逆方向に引き出す図5(d)のセット方法、原稿の(B)の巻き方には順方向に引き出す図5(c)のセット方法とすれば、いずれの場合も原稿の画像を上にして引き出すことができる。

0036

本実施例の原稿搬送装置8は、排出トレイ822の下流に長尺原稿を巻き取るための長尺原稿収納部85をさらに備えている。長尺原稿収納部85は、長尺原稿収納部84と近似した形をしており、ガイド845を備えた繰込ローラ対851、その下流に連接する繰込ガイド部853、繰込ガイド部853の下流上部にさらに連接する筒部852を備えている。長尺原稿は繰込ローラ対851により、さらにガイド855を備えたスリット858から筒部852の内部へ巻き込まれるようになっている。さらに長尺原稿収納部85は、長尺原稿収納部84と同様な機構で原稿搬送装置8の後ろ側へ回動させて退避させることが可能である。さらに長尺原稿収納部84と同様な検知装置を備えることで、長尺原稿収納部85のセット状態を長尺原稿モード時に検知できるようにしてもよい。

0037

さらに、原稿搬送装置8の搬送路83においては、給紙ローラ813とローラ対831の間、およびローラ対832と833の間には、用紙の通過状態を検知するスイッチSW5およびSW6が備えられている。特にスイッチSW5は、原稿の先端及び後端の通過時間時間t1、t2を検知している。その時間の差t=t2−t1が、原稿供給部81から給紙された所定の定型原稿が所定の速度で通過した場合の設定された時間と比較され、設定された時間よりtが長ければ、原稿の重送が発生していると判断して、装置を止めてしまうようになっている。長尺原稿のように定型原稿より長い場合には、正常な通過状態においてもこのようなジャム検知が働いてしまい、装置がストップしてしまうため、定型原稿モードにおけるジャム検知を解除してそれを回避するようになっている。

0038

また、本発明の画像読取装置はプレスキャンモードを有している。このモードでは、イメージセンサ73は画素間引かれた大雑把な画像として原稿を読み取り、後述するディスプレイにその画像を表示する。イメージセンサ73によるスキャンは主走査方向、副走査方向とも間引かれるため、読取窓71Bを通過する原稿の速度は通常より速くてよく、例えば通常の2倍の速度で読取窓71Bを通過するようにしている。これに伴い、給紙ローラ813、ローラー対831、832、833、835、862、排紙ローラ対821、繰込ローラ対851の回転も速くなる。

0039

このプレスキャンモードは、長尺原稿を読み取るモード(第2のモード)の、後述する操作部における設定時に自動的に選択されるようになっている。最初の原稿搬送時(1パス目)にはこのプレスキャンモードによるプレスキャンが行なわれ、ディスプレイにプレスキャン画像が画像の分割線と共に表示される。画像の分割条件が確定された後の2回目の原稿搬送時(2パス目)には、原稿は正規の速度(通常速度)で読取窓71Bを通過しながら読み取られ、確定された分割条件に従って分割されメモリーに保存される。

0040

次に、デジタル複写機1の制御回路構成を説明する。図6は、制御回路構成の概略を示すブロック図である。制御部100は、原稿読取部6のイメージセンサ73から読み込まれた画像データをビットマップ等の形態で一時保存する画像メモリー101、画像メモリー101に保存された画像データに種々の処理を施す画像処理部102、処理前或いは処理後の画像データをファイル形式で保存するハードディスク(HDD)103を含む。またプレスキャンモードで読み取られた画像データもこの画像処理部102で処理され、後述する画像表示部126に転送される。また、画像読取部6のスキャナー部7や原稿搬送装置8の動作を制御する画像入力制御部104(この画像入力制御部104は原稿読取部6にあってもよい)、及び画像形成部2や各給紙部3、5の動作を制御する画像出力制御部105をも含んでいる。

0041

画像読取部6の原稿搬送装置8には、長尺原稿収納部84の装着を検知する検知装置845があり、画像入力制御部104では操作部6からの指示信号や検知装置845の検知結果に基いて、定型原稿モードまたは長尺原稿モード(プレスキャン動作を含む)での画像入力(読取)動作の制御が行われる。前記画像メモリー101は、外部のコンピュータ(PC)111からの画像データを、プリンタコントローラ112を介して読み込むことができる。また、原稿読取部6からの画像データ、プリンタコントローラ112からの画像データ、HDD103からの画像データを、この画像メモリー101からレーザ光学部に送り、レーザの点滅走査信号に変換されて画像形成部2に出力される。

0042

また制御部100は、図7に示す操作部120により操作される。図7においてキー入力部121はテンキーによる数値入力部であり、液晶表示部122は各種モードの条件等を表示し選択可能になっているタッチパネルである。またこの液晶表示部122は、プレスキャン画像を表示する画像表示部126(画像表示手段)のディスプレイ122にもなっている。そしてこのディスプレイ122では、長尺画像の分割線の表示(分割線表示手段)や、表示された分割位置の変更操作(分割線変更手段)が行なえるようになっている。また、分割線で分割された各セクションへの頁番号の付与操作(頁番号付与手段)や隣接した各セクション間で一部重複した糊代部分の形成操作(糊代形成手段)、表示された分割条件の確定のための登録操作(分割登録手段)もこのディスプレイ122上で行なわれる。また、長尺記録紙に出力する場合等のため、長尺画像の分割のキャンセル操作や、その際の原稿の全長表示もディスプレイ122上で行なわれる。

0043

モード切替部123はモードをキー選択できる各種モードキーが並ぶ領域である。このモード切替部123には、長尺原稿モード(第2のモード)切換キー127(切換手段)、長尺紙モード切換キー124が存在する。長尺原稿を読み取る長尺原稿モードに切り換える場合は切換キー127を押しこのキーを点灯させ、また定型原稿を読み取る定型原稿モード(第1のモード)に切り換えるときは点灯したこのキーを押して消灯させる。長尺紙に出力する長尺紙モードに切り換えるときは切換キー124を押してこのキーを点灯させることによりカット紙を給紙する通常モード状態から手差し給紙部5の長尺紙ホルダー91から長尺紙を給紙して出力する長尺紙モード状態に切り替わり、これにより一旦通常モードにおけるジャム検知が解除されるようになる。またカット紙を給紙する通常モードへ切り換えるときには切換キー124を押して点灯させればよい。その他、画像読取部6での画像読込みや、画像の用紙への出力を開始実行させるスタートキー125が、キー入力部121に存在する。

0044

次に、デジタル複写機1を用いて実際に長尺原稿を読み取って定型用紙に分割出力する方法を説明する。図8操作制御を示すフローチャートである。まず操作者は、長尺原稿モードために図7の操作部120のモード切替部123にある長尺原稿モード切換キー127を押す(ステップ符号S1のY)。するとこの時点で、原稿読取部6の動作制御は長尺原稿のものに自動設定される。ジャム検知は長尺原稿モード用に切り替わる。この状態では、デジタル複写機1は、給紙部3から定型用紙を供給して画像形成する(S2がN)。操作部120の液晶表示部122には「原稿ホルダーをセットしてください」のメッセージが表示されるので、操作者が退避位置にある長尺原稿収納部84を回動して装着位置にセットする。これにより検知装置845が当り部材817に当ることによりONされ、長尺原稿収納部84の装着が検知される(S3がY)。

0045

次に液晶表示部122に「原稿をセットしてください」のメッセージが表示される。操作者は、長尺原稿を巻いた状態で長尺原稿収納部84の挿入ガイド846に沿わせて筒部842のストッパ847まで挿入する。さらにスリット848から長尺原稿の先端を表向きに取り出して引出ガイド部843上を繰出ローラ対841まで引き出すと、センサ819が原稿を検知して繰出ローラ対841が回転し、長尺原稿の先端を原稿給紙部81の分離ローラ815に位置まで送り出す。原稿先端が分離ローラ815位置に到達して原稿検知センサ815により検知されると(S4がY)、繰出ローラ対841の回転がストップして、液晶表示部122に「プレスキャンします。スタートキーを押してください。」のメッセージが表示される。

0046

操作者が操作部120のスタートキー125をONすると(S5がY)、寄せローラ814および給紙ローラ813が回転して原稿が給紙される(S6)。原稿はプレスキャンモードとして通常より速い速度で給紙され、ローラ対831、832、833の順に搬送路83を通常より速い速度で搬送される。スイッチSW5、6において、原稿先端の通過が検知され、スイッチSW5の検知の所定時間後までにスイッチSW6の検知が成されないと、ジャムと判断され、原稿搬送装置は停止して液晶表示部122にジャム表示する。スイッチSW6で用紙先端通過が検知されると、その通過時刻と搬送速度から原稿先端が読取窓71Bに到達する時刻が計算される。この計算された時刻に基きスキャナー部7のイメージセンサ73における画像読込みがスタートする。またスイッチSW5、6において原稿後端の通過が検知され、上記と同様のジャム判断が成される。またスイッチSW6で原稿の後端通過が検知されると、その時刻に基いて計算された時刻にイメージセンサ73における画像読込みがストップする。スイッチSW5の原稿検知信号は、その他、長尺原稿の両面を読み取る場合の、反転路86のローラ対862の離間タイミング等の制御に使用される。

0047

原稿が読取窓71Bを通常より速い速度で通過し、光学像が光学系72によりイメージセンサ73に送られ、イメージセンサ73で画素密度の荒いプレスキャン画像として画像データ読み込まれると(S7)、制御部の画像メモリー101を経由して画像処理部102でさらに画像圧縮等が成され、画像データは操作部120の画像表示部126に送られる。ここで液晶表示部122の画素密度に変換されてディスプレイ(液晶表示部)122にプレスキャン画像として表示される(S8)。一方、読み取られた原稿は、ローラ対835、排出ローラ821により原稿排出部82の排出トレイ822に排出される。さらに原稿先端が繰込ローラ851に到達すると繰込ローラ851によって繰込ガイド部853上を長尺原稿収納部85の筒部852の内側に繰込まれ、巻き取られる。

0048

実施例として、A、B、C、Dの4文字を縦に並べた長尺原稿をプレスキャンし、画像分割等の設定を行なう場合について、その方法を図9を用いて説明する。図9(a)は、プレスキャン後にディスプレイ122に長尺原稿画像が表示された状態を示している。画面200には、上部にメッセージ領域210、中央部左にプレスキャンされた長尺原稿画像を表示する画像表示領域220が配置され、下部には、左から出力用紙を選択する用紙選択領域230、長尺画像の分割セクションを調整するための分割線調整領域240(分割線変更手段)、分割条件を確定登録するための登録キー261(分割登録手段)等を備える領域260が配置されている。用紙選択領域230には、このデジタル複写機1に装着されている用紙トレイを選択するキー231、232、233、234が配置されている。画像表示領域220に表示された画像Pには、用紙選択領域230中の最大用紙の大きさで分割する場合の分割線a、bが最初画像P上に表示される。このようにすれば、画像の繋ぎ目が最少になるからである。この場合の用紙選択キー(例えばA3キー231)は反転表示され、その用紙に出力する場合の画像倍率が領域260の倍率表示設定部262に表示される。用紙に変更したい場合は他の用紙キーを押せば、その用紙幅に応じた幅基準倍率変更が成されて倍率表示設定部262に表示され、その倍率での分割線が画像P上に表示される。

0049

図9(a)では、A、B、C、Dの4文字が原稿画像上に並び、画像表示部126が設定したのはそれを3分割する形である。このまま分割出力すると文字の途中で分割されることになり見苦しい。このような場合には、分割線調整領域240で使用可能な分割線移動キー241、242を用いて分割線a、bを各文字間になるように左右に移動させることができる。例えば分割線a、bを左に移動させて文字間(AB間とBC間)に移動させると、分割線bと画像の右端の距離は最大用紙(A3)長を超えることになる。この時は分割線bの右に新たな分割線cが形成され、分割線cの移動キー243が使用可能になる。移動キー243にて分割線cに位置調整した結果が図9(b)である。この状態で登録キー261を押せばこの分割状態が登録されて、以後の分割出力に反映される。

0050

図9(b)で登録キー251を押すと、ディスプレイ122の画面200が図9(c)の画面300に変わる。この画面では、画面200で設定した分割条件に対し、頁番号設定領域(頁番号付与手段)340で頁番号付与の設定を行ない、糊代設定領域(糊代形成手段)350で糊代部の設定を行なう。その他の領域(メッセージ領域310、画像表示領域320、用紙選択領域330、領域360)は画面200と同様なので説明を省く。頁番号設定領域340では、各分割セクションに頁番号を左から付与して、セクションの隣接関係が判るようにする。頁の数字は、例えば画面縦向き341或いは画面横向き342の選択が可能で、夫々の向きについて用紙四隅のどこかを選択するようにできる。図9(c)では、各分割領域の左上に左向きの頁数を表示した例を示す。また頁番号が不要な場合は343の「なし」を選択すればよい。頁の数字の位置はこの例に限定されず、用紙コーナーの中間でもよく、また頁番号には全頁数を付記するようにしてもよい。

0051

糊代設定領域350は、分割された画像を後で繋げることができ、分割された部分の各セクション間の関係把握にも有効なため設けられている。糊代設定領域350は、各分割セクションの画面の左右方向どちらかに、分割線の延長としての糊代を任意幅設けることができる設定表示部351、および糊代を設けない場合のキャンセルキー352で構成されている。設定表示部351で設定された糊代域は、画像設定領域320の画像P上に、分割線とは異なる例えば点線で表示される。図9(c)では、分割線の右側に延長して糊代域を幅20mmも受けた様子を示している。またこの糊代を設けることにより画像を出力した場合の領域が拡大するので、その分画像は縮小される。その縮小率が倍率表示設定部362に表示されるようになっている。逆に、縮小率を倍率表示設定部362で指定することで、糊代幅を算定することもできる。頁番号と糊代の設定が終了した後、メッセージ領域310のメッセージに従って登録キー361を押せば(図8のS9がY)、この設定状態が登録されて、以後の分割出力に反映される(S10)。

0052

登録キー361を押した後、液晶表示部122に「原稿を再セットしてください。」のメッセージが表示され、原稿を長尺原稿収納部84から取り出し、長尺原稿収納部85に再度セットしてその先端が原稿供給部81の給紙位置まで到達すると(S11)、「スタートキーを押してください。」のメッセージが表示される。スタートキー125が押されると、画像読取部6が本スキャンを開始し(S12)、定型原稿の場合と同じ正規の給紙搬送速度で長尺原稿が原稿搬送部8を給紙搬送され、分割画像の読取が実施される(S13)。読取窓71からイメージセンサ73によって読み込まれた(S14)画像データは、制御部100の画像メモリー101に記憶されたあと、画像処理部102で設定登録された条件に従い分割処理が成され、画像圧縮等が施されたあと、分割セクション毎の頁が付与された状態でHDD103に一旦格納される(S15)。

0053

HDD103に格納された分割画像データは、制御部の画像メモリー101に読み出され、画像形成部2のレーザ光学部13に転送される。また、給紙部3からこの場合A3用紙が給紙され(S16)画像形成部2に搬送されて、読み出された分割画像がその上に画像形成され定着ローラ17で熱定着された後、排紙トレイ19に排紙される(S17)。以上により、長尺原稿から定型紙への画像分割出力が完了する。

0054

次に長尺原稿を読み取って、デジタル複写機1の手差給紙部5に付加された長尺紙ホルダー91を用いて長尺原稿の全体を長尺紙に出力する、長尺紙出力モード利用の場合について説明する。図8に示すフローチャートに従って説明すれば、まず操作者は、操作部120のキー入力部121にある長尺原稿モード切換キー127(S1がY)、及び長尺紙モード切換キー124(S2がY)を押す。するとこの時点で、原稿読取部6の動作制御は長尺原稿のものに自動設定され、デジタル複写機1本体は手差し給紙モードのジャム検知解除モード状態に自動設定される。次にメッセージに従って長尺原稿収納部84を装着位置にセットし(S18がY)、長尺原稿を長尺原稿収納部84にセットして原稿先端を原稿給紙部81の給紙位置の原稿検知センサ815の検知位置まで送り出す(S19がY)。その後スタートキー125を押して(S20)原稿を正規より遅い速度でプレスキャンさせ(S21)、画像をメモリーに読み込んで(S22)画像表示部126に送り、ディスプレイ122に長尺原稿画像を表示させる(S23)。以上までは、前述の分割画像の手順とほぼ同じであるので詳細は省く。

0055

図10にディスプレイ122に表示される長尺原稿画像と各設定部を示す。この表示された画面400は、上部にメッセージ領域410、中央部に画像表示領域320、下部に左から用紙選択領域430、全長表示領域430、登録キー461および倍率表示設定部462を備えた領域460が配置されている。画像表示領域420には、前記図9で用いたのと同じ長尺原稿の全体がプレスキャンされて、図9(a)の画像表示領域220から分割線を省いた状態で表示される。用紙選択領域430には、長尺紙を給紙する手差しキー431のみが表示されている。全長表示領域430には、長尺原稿長さを表示する原稿長表示部(原稿長表示手段)441があり、長尺原稿の全長をmm単位で表示するようになっている。そして、この長さの長尺紙を準備することで、原稿全体が長尺紙に出力できることになる。長尺紙の長さが短い場合は、領域460の倍率表示設定部462で縮小設定することができる。また倍率表示設定部462で縮小された場合の必要用紙長を原稿長表示部441に表示するようにしてもよい。

0056

図10の条件を確定させるため登録キー461を押すと、この設定状態が登録されて、以後の長尺紙への出力に反映される(図8のS24がY)。図10のメッセージ領域410のメッセージに従い、全長表示領域430で表示された長さの長尺紙をデジタル複写機1の手差給紙部5に取り付けた長尺紙ホルダー91に挿入して、用紙先端を給紙台51下流側の給紙位置にセットする(S25がY)。この給紙位置で用紙先端が検知されると、液晶表示部122に「原稿を再セットしてください。」のメッセージが表示される。前記分割読取の場合と同様に原稿を再セットすると、「スタートキーを押してください。」のメッセージが表示される。ここで操作部120のスタートキー125を押せば、長尺原稿の本スキャンが前記分割読取の場合と同様に開始される(S27がY)。原稿搬送部8は長尺原稿モードの制御に従って原稿を正規の速度で搬送し(S28)、イメージセンサ73で画像データが読み込まれ(S29)、読み込まれた画像データが画像メモリー101から画像処理部102で圧縮等されたあと、HDD103に格納される(S30)

0057

HDD103に格納された画像データは、制御部の画像メモリー101に読み出され、画像形成部2のレーザ光学部13に転送される。また、手差給紙部5から長尺紙が給紙され(S31)、前述した長尺紙に出力するモードの制御に従い、画像形成部2に搬送されて、読み出された分割画像がその上に画像形成され定着ローラ17で熱定着された後、排紙トレイ19に排紙される(S32)。以上により長尺原稿から長尺紙に対する出力が完了する。

0058

以上のように本発明は、本実施例においてはデジタル複写機の原稿読取部で実施されているが、そればかりでなく原稿搬送装置を備えた単独のスキャナ等で実施される場合も本発明に含まれる。また本発明は、上記実施例に拘束されるものではなく、以下のような変形例をも含むものである。

0059

(1)上記実施形態では、長尺原稿を分割出力するときのプレスキャン時のディスプレイ画面で、原稿画像の分割設定する画面と、頁付与および糊代形成の設定画面を分けていたが、1つの画面にこれらを集約してディスプレイに表示しても一向にかまわない。

0060

(2)上記実施形態では、長尺原稿のプレスキャン画面で原稿画像の全体を表示させていたが、スクロールバーと共に原稿画像の一部分を表示させ、原稿画像をスクロールさせながら分割位置を調整するようにしてもよい。このようにすれば、原稿の長さによって表示倍率が変化することが避けられ、原稿画像が見やすくなり、また非常に長い長尺原稿にも対応できるようになる。

0061

(3)本発明は、デジタル複写機ばかりでなく、原稿読取部を備えたプリンタ印刷機など他の画像形成装置でも実施できるものである。また、画像データの保存や分割等の画像処理は、画像形成機器に接続されたコンピュータ上で行ってもよい。

発明の効果

0062

以上説明したように、請求項1の本発明によれば、原稿面を読取窓に対向させた状態で通過させながら原稿面の画像を読み取るシートスルー方式の画像読取装置であって、定型原稿を読み取る第1のモードと定型原稿よりも長い長尺原稿を読取る第2のモードとを切り換える切換手段と、前記原稿面の画像をプレスキャンするプレスキャンモードと、前記プレスキャンされた画像を表示するとともにこの表示された画像を所定のサイズで分割する分割線を表示する分割線表示手段を含む画像表示手段とを備え、前記切換手段によって第2のモードに切り換えられたときは前記プレスキャンモードが選択され、前記プレスキャンモードによりプレスキャンされた画像が前記分割線とともに前記画像表示手段により表示されるようにしたので、ユーザーが長尺原稿を分割読取する前にその分割位置が適切かどうか前もって確認でき、不適切な分割がなされた画像を消去したり、無駄なコピーを行なって紙を無駄にするようなことが避けられる。

0063

また請求項2の本発明によれば、請求項1記載の画像読取装置において、前記画像表示手段は、前記分割線の位置を前記所定のサイズから変更する分割線変更手段を備えているので、分割線の位置をディスプレイ上で変更することができ、原稿の先端位置を調整するような手間がかからず省力的で便利である。

0064

また請求項3の本発明によれば、請求項1または2記載の画像読取装置において、前記画像表示手段は、前記分割線で分割された各セクションに頁番号を付与する頁番号付与手段を備えているので、分割された原稿の本来の並び順が一目でわかり、便利である。

0065

また請求項4の本発明によれば、請求項1乃至3記載の画像読取装置において、前記画像表示手段は、前記分割線で分割された隣接した各セクション間で一部重複した糊代部分を形成する糊代形成手段を備えているので、後から繋げて使用する場合の糊代になるばかりでなく。分割位置が図や文章の途中になってしまう場合、分割位置前後のシートに重複部分がコピーされると前後の関係が理解しやすくなる。

0066

また請求項5の本発明によれば、請求項1乃至4記載の画像読取装置において、前記画像表示手段により表示された分割条件を登録する分割登録手段と、前記長尺原稿を本スキャンし前記分割登録手段に登録された分割条件に従って前記各セクションの画像データを分割記憶する分割読取制御手段備えているので、原稿1パス目のプレスキャンで設定した分割条件を2パス目の本スキャンで実施でき、さらに同様の原稿を継続してスキャンする場合は、この登録された条件をプレスキャンなしにそのまま使用することができるため、以降のプレスキャンの手間が省かれる。

0067

また請求項6の本発明によれば、請求項1記載の画像読取装置において、前記画像表示手段は、前記分割線表示手段の表示を解除するとともに前記長尺原稿の全長を表示する原稿長表示手段を備えているので、長尺記録紙の給紙装置を備えた画像形成装置で長尺記録紙に出力する場合には、プレスキャンにより長尺原稿の全長を表示することで、必要な記録紙の長さがわかり、本スキャンの前に記録紙を準備することができる。

0068

また請求項7の本発明によれば、請求項5記載の画像読取装置を備えた画像読取装置において、複数の定型用紙に前記分割読取制御手段により分割記憶された各セクションを分割して出力するようにしたので、ユーザーが長尺原稿を分割読取する前にその分割位置が適切かどうか前もって確認でき、不適切な分割がなされた画像を消去したり、無駄なコピーを行なって紙を無駄にするようなことが避けられる。また、分割線の位置をディスプレイ上で変更することができ、原稿の先端位置を調整するような手間がかからず省力的で便利である。また、分割線で分割された各セクションに頁番号を付与するので、分割された原稿の本来の並び順が一目でわかり、便利である。また、分割位置が図や文章の途中になってしまう場合、分割位置前後のシートに重複部分がコピーされると前後の関係が理解しやすいし、後から繋げて使用する場合の糊代にもなる。また、原稿1パス目のプレスキャンで設定した分割条件を2パス目の本スキャンで実施でき、さらに同様の原稿を継続してスキャンする場合は、この登録された条件をプレスキャンなしにそのまま使用することができるため、以降のプレスキャンの手間が省かれる。

0069

また請求項8の本発明によれば、請求項6記載の画像読取装置を備えた画像読取装置において、単数の長尺紙に前記長尺原稿の全長を出力するようにした長尺紙出力モードを備えているので、長尺記録紙の給紙装置を備えた画像形成装置で長尺記録紙に出力する場合には、プレスキャンにより長尺原稿の全長を表示することで、必要な記録紙の長さがわかり、本スキャンの前に記録紙を準備することができる。

図面の簡単な説明

0070

図1本発明の実施の形態に係るデジタル複写機の概略断面図である。
図2図1のデジタル複写機が備える長尺紙ホルダーの斜視図である。
図3図1のデジタル複写機が備える本発明の1実施形態である原稿搬送装置の詳細断面図である。
図4(a)図1のデジタル複写機が備える本発明の1実施形態である原稿搬送装置の主要部斜視図である。(b)原稿搬送装置主要部の長尺原稿収納部が退避する状態を説明する平面図である。
図5本発明主要部である長尺原稿収納部への長尺原稿セット方法を説明するための図である。
図6図1のデジタル複写機の制御ブロック図である。
図7図1のデジタル複写機の操作部の概略図である。
図8本発明の実施の形態を説明するためのフローチャートである。
図9本発明のプレスキャンモードにおいて表示されるディスプレイ画面上で、画像の分割設定等を説明するための図である。
図10本発明のプレスキャンモードにおいて表示されるディスプレイ画面上で、原稿の全長表示等を説明するための図である。

--

0071

1…デジタル複写機(画像形成装置)
6…原稿読取部(画像読取装置)
8…原稿搬送部
71B…読取窓
104…画像入力制御部
124…長尺紙モード切換キー
126…画像表示部(画像表示手段)
127…長尺原稿モード切換キー(切換手段)
220…画像表示領域
240…分割線調整領域(分割線変更手段)
261…登録キー(分割登録手段)
340…頁番号設定領域(頁番号付与手段)
350…糊代設定領域(糊代形成手段)
440…全長表示領域(原稿長表示手段)
a、b、c…分割線

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日本電気株式会社の「 入出力装置及び入出力装置の設置方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】机上に配置した場合であっても、景観を損なわずかつ利用者に圧迫感を与えることがない操作性の高い入出力装置及び入出力装置の設置方法を提供する。【解決手段】机上Dの所定領域Eへ画像を投影する表示装置... 詳細

  • 富士ゼロックス株式会社の「 画像読取装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】読み取りガラスの裏面からガラス面に対し深い角度から光を照射する場合に比べて、読み取りガラス上のゴミや汚れを使用者に目視で見えやすくすることができる画像読取装置及び画像形成装置を提供する。【解決... 詳細

  • キヤノン株式会社の「 画像形成装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】画像形成条件の調整用のテストパターンの読取画像に異常が生じた場合であっても、画像形成条件の調整を高精度に行うことができる画像形成装置を提供する。【解決手段】画像形成装置(プリンタ300)は、A... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ