図面 (/)

技術 サービス提供装置、サービス提供方法、サービス提供プログラム及び記録媒体

出願人 ソニー株式会社
発明者 三代川信義
出願日 2001年8月3日 (18年1ヶ月経過) 出願番号 2001-236632
公開日 2003年2月21日 (16年7ヶ月経過) 公開番号 2003-050943
状態 特許登録済
技術分野 特定用途計算機 計算機間の情報転送 記録のためのテレビジョン信号処理 CATV、双方向TV等 双方向TV,動画像配信等 記憶装置の機密保護
主要キーワード 蛍光素材 ダイナミックRAM マスクROM サービス利用装置 CRTディスプレイ 収集手順 コンテンツ配信サイト サービス利用履歴
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年2月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

利用者属性に応じてコンテンツ配信等の提供サービス内容を変化させ、サービス提供形態の自由度を向上させる。

解決手段

まず、サービス提供条件情報取得手段2において、サービス提供条件期待値2aaが、提供サービス内容2abに対応付けられたサービス提供条件情報2aを取得し、利用者属性情報得手段3において、利用者の属性に関する情報である利用者属性情報3aを取得する。次に、提供サービス内容特定手段4において、サービス提供条件情報2aと利用者属性情報3aとを照合し、利用者属性情報3aに示される利用者の属性に適合するサービス提供条件期待値2aaに対応付けられた提供サービス内容2abを、利用者に提供するサービスの内容(提供サービス内容4a)として特定する。

概要

背景

従来、音楽映像といったコンテンツの提供は、CD(Compact Disc)、ビデオテープといった記録媒体を用いて行われることが一般的であった。しかし、インターネット等の公衆通信回線の普及、発展により、近年、これらのコンテンツをインターネット等の公衆通信回線を介して配信し、その提供を行うコンテンツ提供形態の普及が進んでいる。

このように公衆通信回線を用いて配信されたコンテンツの取得は、例えば、利用者が有するパーソナルコンピュータ等を用い、所定のコンテンツ配信サイトからコンテンツをダウンロードすることによって行われる。このように提供されるコンテンツに対する購入代金支払いは、例えば、このコンテンツのダウンロード時に、クレジットカードを用いた電子決済等によって行われることが一般的であり、このようにダウンロードされたコンテンツは、例えば、利用者が有するパーソナルコンピュータのハードディスク等に格納され、利用者は、このように格納されたコンテンツを再生することにより、その視聴を行う。

また、このようなコンテンツの購入形態には、従来のCD等を購入する場合のように購入したコンテンツを半永久的に視聴できる権利を購入する形態だけではなく、一定時間のみ或いは一定回数のみの視聴が可能な権利を購入する形態、ダウンロードしたコンテンツの一部のみを視聴できる権利を購入する形態等が存在する。さらに、ダウンロードしたコンテンツの一部のみを視聴できる権利を購入した利用者が、所定の追加料金を支払うことによって所定のパスワードを取得し、そのパスワードを入力することによって、ダウンロードしたコンテンツにおいて視聴が制限されていた部分の視聴を可能にする形態も存在する。

概要

利用者の属性に応じてコンテンツ配信等の提供サービス内容を変化させ、サービス提供形態の自由度を向上させる。

まず、サービス提供条件情報取得手段2において、サービス提供条件期待値2aaが、提供サービス内容2abに対応付けられたサービス提供条件情報2aを取得し、利用者属性情報得手段3において、利用者の属性に関する情報である利用者属性情報3aを取得する。次に、提供サービス内容特定手段4において、サービス提供条件情報2aと利用者属性情報3aとを照合し、利用者属性情報3aに示される利用者の属性に適合するサービス提供条件期待値2aaに対応付けられた提供サービス内容2abを、利用者に提供するサービスの内容(提供サービス内容4a)として特定する。

目的

本発明はこのような点に鑑みてなされたものであり、利用者の属性に応じてコンテンツ配信等の提供サービス内容を変化させ、サービス提供形態の自由度を向上させることが可能なサービス提供装置を提供することを目的とする。

また、本発明の他の目的は、利用者の属性に応じてコンテンツ配信等の提供サービス内容を変化させ、サービス提供形態の自由度を向上させることが可能なサービス提供方法を提供することである。

さらに、本発明の他の目的は、利用者の属性に応じてコンテンツ配信等の提供サービス内容を変化させ、サービス提供形態の自由度を向上させる機能をコンピュータに実行させるサービス提供プログラムを提供することである。

また、本発明の他の目的は、利用者の属性に応じてコンテンツ配信等の提供サービス内容を変化させ、サービス提供形態の自由度を向上させる機能をコンピュータに実行させるサービス提供プログラムを記録したコンピュータ読みとり可能な記録媒体を提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

サービスの提供を行うサービス提供装置において、利用者がサービスの提供を受けるために必要な条件を示すサービス提供条件期待値が、前記サービス提供条件期待値に適合する前記利用者に対して提供されるサービスの内容を示す提供サービス内容に対応付けられたサービス提供条件情報を取得するサービス提供条件情報取得手段と、前記利用者の属性に関する情報である利用者属性情報を取得する利用者属性情報取得手段と、前記サービス提供条件情報取得手段において取得された前記サービス提供条件情報と、前記利用者属性情報取得手段において取得された前記利用者属性情報と、を照合し、前記利用者属性情報取得手段において取得された前記利用者属性情報に示される前記利用者の属性に適合する前記サービス提供条件期待値に対応付けられた前記提供サービス内容を、前記利用者に提供するサービスの内容として特定する提供サービス内容特定手段と、を有することを特徴とするサービス提供装置。

請求項2

前記提供サービス内容特定手段において前記利用者に提供するサービスの内容として特定された前記提供サービス内容に示されるサービスを提供するための情報であるサービス提供情報を、前記利用者が利用するサービス利用装置に送信するサービス提供情報送信手段を、さらに有する、ことを特徴とする請求項1記載のサービス提供装置。

請求項3

前記サービス提供情報は、前記利用者に提供するサービスの内容として特定された前記提供サービス内容によって特定される条件に従い、コンテンツを、前記利用者が利用する前記サービス利用装置において出力させるための情報である、ことを特徴とする請求項2記載のサービス提供装置。

請求項4

前記サービス提供条件情報の内容を更新するサービス提供条件情報更新手段を、さらに有する、ことを特徴とする請求項1記載のサービス提供装置。

請求項5

前記利用者属性情報を格納する利用者属性情報格納手段を、さらに有し、前記利用者属性情報取得手段は、前記利用者属性情報格納手段から前記利用者属性情報を取得する、ことを特徴とする請求項1記載のサービス提供装置。

請求項6

前記提供サービス内容特定手段において行われる処理手順を示す情報である提供サービス内容特定処理情報を取得する提供サービス内容特定処理情報取得手段を、さらに有し、前記提供サービス内容特定手段は、前記提供サービス内容特定処理情報取得手段において取得された前記提供サービス内容特定処理情報に示される処理手順に従い、前記利用者に提供する前記サービス内容の特定を行う、ことを特徴とする請求項1記載のサービス提供装置。

請求項7

前記提供サービス内容特定処理情報の内容を更新する提供サービス内容特定処理情報更新手段を、さらに有する、ことを特徴とする請求項6記載のサービス提供装置。

請求項8

前記利用者属性情報取得手段において取得される前記利用者属性情報は、前記サービス提供条件情報が有する前記サービス提供条件期待値を前記利用者に認知させることなく、前記利用者から収集した情報である、ことを特徴とする請求項1記載のサービス提供装置。

請求項9

前記利用者属性情報は、前記利用者が保有する権利に関する情報を有する、ことを特徴とする請求項1記載のサービス提供装置。

請求項10

前記利用者属性情報は、前記利用者の所有物に関する情報を有する、ことを特徴とする請求項1記載のサービス提供装置。

請求項11

前記利用者属性情報は、前記利用者のサービス利用履歴に関する情報を有する、ことを特徴とする請求項1記載のサービス提供装置。

請求項12

サービスの提供を行うサービス提供方法において、利用者がサービスの提供を受けるために必要な条件を示すサービス提供条件期待値が、前記サービス提供条件期待値に適合する前記利用者に対して提供されるサービスの内容を示す提供サービス内容に対応付けられたサービス提供条件情報を取得するサービス提供条件情報取得ステップと、前記利用者の属性に関する情報である利用者属性情報を取得する利用者属性情報取得ステップと、前記サービス提供条件情報取得ステップにおいて取得された前記サービス提供条件情報と、前記利用者属性情報取得ステップにおいて取得された前記利用者属性情報と、を照合し、前記利用者属性情報取得ステップにおいて取得された前記利用者属性情報に示される前記利用者の属性に適合する前記サービス提供条件期待値に対応付けられた前記提供サービス内容を、前記利用者に提供するサービスの内容として特定する提供サービス内容特定ステップと、を有することを特徴とするサービス提供方法。

請求項13

前記提供サービス内容特定ステップにおいて前記利用者に提供するサービスの内容として特定された前記提供サービス内容に示されるサービスを提供するための情報であるサービス提供情報を、前記利用者が利用するサービス利用装置に送信するサービス提供情報送信ステップを、さらに有する、ことを特徴とする請求項12記載のサービス提供方法。

請求項14

前記サービス提供情報は、前記利用者に提供するサービスの内容として特定された前記提供サービス内容によって特定される条件に従い、コンテンツを、前記利用者が利用する前記サービス利用装置において出力させるための情報である、ことを特徴とする請求項13記載のサービス提供方法。

請求項15

前記サービス提供条件情報の内容を更新するサービス提供条件情報更新ステップを、さらに有する、ことを特徴とする請求項12記載のサービス提供方法。

請求項16

前記利用者属性情報を格納する利用者属性情報格納手段を、さらに有し、前記利用者属性情報取得ステップは、前記利用者属性情報格納手段から前記利用者属性情報を取得する、ことを特徴とする請求項12記載のサービス提供方法。

請求項17

前記提供サービス内容特定ステップにおいて行われる処理手順を示す情報である提供サービス内容特定処理情報を取得する提供サービス内容特定処理情報取得ステップを、さらに有し、前記提供サービス内容特定ステップは、前記提供サービス内容特定処理情報取得ステップにおいて取得された前記提供サービス内容特定処理情報に示される処理手順に従い、前記利用者に提供するサービス内容の特定を行う、ことを特徴とする請求項12記載のサービス提供方法。

請求項18

前記提供サービス内容特定処理情報の内容を更新する提供サービス内容特定処理情報更新ステップを、さらに有する、ことを特徴とする請求項17記載のサービス提供方法。

請求項19

前記利用者属性情報取得ステップにおいて取得される前記利用者属性情報は、前記サービス提供条件情報が有する前記サービス提供条件期待値を前記利用者に認知させることなく、前記利用者から収集した情報である、ことを特徴とする請求項12記載のサービス提供方法。

請求項20

前記利用者属性情報は、前記利用者が保有する権利に関する情報を有する、ことを特徴とする請求項12記載のサービス提供方法。

請求項21

前記利用者属性情報は、前記利用者の所有物に関する情報を有する、ことを特徴とする請求項12記載のサービス提供方法。

請求項22

前記利用者属性情報は、前記利用者のサービス利用履歴に関する情報を有する、ことを特徴とする請求項12記載のサービス提供方法。

請求項23

コンピュータに、利用者がサービスの提供を受けるために必要な条件を示すサービス提供条件期待値が、前記サービス提供条件期待値に適合する前記利用者に対して提供されるサービスの内容を示す提供サービス内容に対応付けられたサービス提供条件情報を取得するサービス提供条件情報取得ステップと、前記利用者の属性に関する情報である利用者属性情報を取得する利用者属性情報取得ステップと、前記サービス提供条件情報取得ステップにおいて取得された前記サービス提供条件情報と、前記利用者属性情報取得ステップにおいて取得された前記利用者属性情報と、を照合し、前記利用者属性情報取得ステップにおいて取得された前記利用者属性情報に示される前記利用者の属性に適合する前記サービス提供条件期待値に対応付けられた前記提供サービス内容を、前記利用者に提供するサービスの内容として特定する提供サービス内容特定ステップと、を実行させるためのサービス提供プログラム

請求項24

コンピュータに、利用者がサービスの提供を受けるために必要な条件を示すサービス提供条件期待値が、前記サービス提供条件期待値に適合する前記利用者に対して提供されるサービスの内容を示す提供サービス内容に対応付けられたサービス提供条件情報を取得するサービス提供条件情報取得ステップと、前記利用者の属性に関する情報である利用者属性情報を取得する利用者属性情報取得ステップと、前記サービス提供条件情報取得ステップにおいて取得された前記サービス提供条件情報と、前記利用者属性情報取得ステップにおいて取得された前記利用者属性情報と、を照合し、前記利用者属性情報取得ステップにおいて取得された前記利用者属性情報に示される前記利用者の属性に適合する前記サービス提供条件期待値に対応付けられた前記提供サービス内容を、前記利用者に提供するサービスの内容として特定する提供サービス内容特定ステップと、を実行させるためのサービス提供プログラムを記録したコンピュータ読みとり可能な記録媒体

技術分野

0001

本発明は、サービスの提供を行うサービス提供装置サービス提供方法、その機能をコンピュータに実行させるためのサービス提供プログラム、及びそのサービス提供プログラムを記録したコンピュータ読みとり可能な記録媒体に関し、特に、状況に応じ、異なった内容のサービスを提供するサービス提供装置、サービス提供方法、その機能をコンピュータに実行させるためのサービス提供プログラム、及びそのサービス提供プログラムを記録したコンピュータ読みとり可能な記録媒体に関する。

背景技術

0002

従来、音楽映像といったコンテンツの提供は、CD(Compact Disc)、ビデオテープといった記録媒体を用いて行われることが一般的であった。しかし、インターネット等の公衆通信回線の普及、発展により、近年、これらのコンテンツをインターネット等の公衆通信回線を介して配信し、その提供を行うコンテンツ提供形態の普及が進んでいる。

0003

このように公衆通信回線を用いて配信されたコンテンツの取得は、例えば、利用者が有するパーソナルコンピュータ等を用い、所定のコンテンツ配信サイトからコンテンツをダウンロードすることによって行われる。このように提供されるコンテンツに対する購入代金支払いは、例えば、このコンテンツのダウンロード時に、クレジットカードを用いた電子決済等によって行われることが一般的であり、このようにダウンロードされたコンテンツは、例えば、利用者が有するパーソナルコンピュータのハードディスク等に格納され、利用者は、このように格納されたコンテンツを再生することにより、その視聴を行う。

0004

また、このようなコンテンツの購入形態には、従来のCD等を購入する場合のように購入したコンテンツを半永久的に視聴できる権利を購入する形態だけではなく、一定時間のみ或いは一定回数のみの視聴が可能な権利を購入する形態、ダウンロードしたコンテンツの一部のみを視聴できる権利を購入する形態等が存在する。さらに、ダウンロードしたコンテンツの一部のみを視聴できる権利を購入した利用者が、所定の追加料金を支払うことによって所定のパスワードを取得し、そのパスワードを入力することによって、ダウンロードしたコンテンツにおいて視聴が制限されていた部分の視聴を可能にする形態も存在する。

発明が解決しようとする課題

0005

しかし、従来の方法では、特定の電子機器所有している利用者であるといった利用者の属性に応じ、コンテンツ配信等のサービス内容を変化させるサービス形態を採ることができず、サービスの提供形態に対する自由度が十分でなかったという問題点がある。

0006

本発明はこのような点に鑑みてなされたものであり、利用者の属性に応じてコンテンツ配信等の提供サービス内容を変化させ、サービス提供形態の自由度を向上させることが可能なサービス提供装置を提供することを目的とする。

0007

また、本発明の他の目的は、利用者の属性に応じてコンテンツ配信等の提供サービス内容を変化させ、サービス提供形態の自由度を向上させることが可能なサービス提供方法を提供することである。

0008

さらに、本発明の他の目的は、利用者の属性に応じてコンテンツ配信等の提供サービス内容を変化させ、サービス提供形態の自由度を向上させる機能をコンピュータに実行させるサービス提供プログラムを提供することである。

0009

また、本発明の他の目的は、利用者の属性に応じてコンテンツ配信等の提供サービス内容を変化させ、サービス提供形態の自由度を向上させる機能をコンピュータに実行させるサービス提供プログラムを記録したコンピュータ読みとり可能な記録媒体を提供することである。

課題を解決するための手段

0010

本発明では上記課題を解決するために、サービスの提供を行うサービス提供装置において、利用者がサービスの提供を受けるために必要な条件を示すサービス提供条件期待値が、前記サービス提供条件期待値に適合する前記利用者に対して提供されるサービスの内容を示す提供サービス内容に対応付けられたサービス提供条件情報を取得するサービス提供条件情報取得手段と、前記利用者の属性に関する情報である利用者属性情報を取得する利用者属性情報取得手段と、前記サービス提供条件情報取得手段において取得された前記サービス提供条件情報と、前記利用者属性情報取得手段において取得された前記利用者属性情報と、を照合し、前記利用者属性情報取得手段において取得された前記利用者属性情報に示される前記利用者の属性に適合する前記サービス提供条件期待値に対応付けられた前記提供サービス内容を、前記利用者に提供するサービスの内容として特定する提供サービス内容特定手段と、を有することを特徴とするサービス提供装置が提供される。

0011

ここで、サービス提供条件情報取得手段は、利用者がサービスの提供を受けるために必要な条件を示すサービス提供条件期待値が、サービス提供条件期待値に適合する利用者に対して提供されるサービスの内容を示す提供サービス内容に対応付けられたサービス提供条件情報を取得し、利用者属性情報取得手段は、利用者の属性に関する情報である利用者属性情報を取得し、提供サービス内容特定手段は、サービス提供条件情報取得手段において取得されたサービス提供条件情報と、利用者属性情報取得手段において取得された利用者属性情報と、を照合し、利用者属性情報取得手段において取得された利用者属性情報に示される利用者の属性に適合するサービス提供条件期待値に対応付けられた提供サービス内容を、利用者に提供するサービスの内容として特定する。

0012

また、本発明のサービス提供装置は、好ましくは、提供サービス内容特定手段において利用者に提供するサービスの内容として特定された提供サービス内容に示されるサービスを提供するための情報であるサービス提供情報を、利用者が利用するサービス利用装置に送信するサービス提供情報送信手段を、さらに有する。

0013

また、本発明のサービス提供装置において、好ましくは、サービス提供情報は、利用者に提供するサービスの内容として特定された提供サービス内容によって特定される条件に従い、コンテンツを、利用者が利用するサービス利用装置において出力させるための情報である。

0014

また、本発明のサービス提供装置は、好ましくは、サービス提供条件情報の内容を更新するサービス提供条件情報更新手段を、さらに有する。また、本発明のサービス提供装置において、好ましくは、利用者属性情報を格納する利用者属性情報格納手段を、さらに有し、利用者属性情報取得手段は、利用者属性情報格納手段から利用者属性情報を取得する。

0015

また、本発明のサービス提供装置は、好ましくは、提供サービス内容特定手段において行われる処理手順を示す情報である提供サービス内容特定処理情報を取得する提供サービス内容特定処理情報取得手段を、さらに有し、提供サービス内容特定手段は、提供サービス内容特定処理情報取得手段において取得された提供サービス内容特定処理情報に示される処理手順に従い、利用者に提供するサービス内容の特定を行う。

0016

また、本発明のサービス提供装置は、好ましくは、提供サービス内容特定処理情報の内容を更新する提供サービス内容特定処理情報更新手段を、さらに有する。

0017

また、本発明のサービス提供装置は、好ましくは、利用者属性情報取得手段において取得される利用者属性情報は、サービス提供条件情報が有するサービス提供条件期待値を利用者に認知させることなく、利用者から収集した情報である。

0018

また、本発明のサービス提供装置において、好ましくは、利用者属性情報は、利用者が保有する権利に関する情報を有する。また、本発明のサービス提供装置において、好ましくは、利用者属性情報は、利用者の所有物に関する情報を有する。

0019

また、本発明のサービス提供装置において、好ましくは、利用者属性情報は、利用者のサービス利用履歴に関する情報を有する。また、サービスの提供を行うサービス提供方法において、利用者がサービスの提供を受けるために必要な条件を示すサービス提供条件期待値が、前記サービス提供条件期待値に適合する前記利用者に対して提供されるサービスの内容を示す提供サービス内容に対応付けられたサービス提供条件情報を取得するサービス提供条件情報取得ステップと、前記利用者の属性に関する情報である利用者属性情報を取得する利用者属性情報取得ステップと、前記サービス提供条件情報取得ステップにおいて取得された前記サービス提供条件情報と、前記利用者属性情報取得ステップにおいて取得された前記利用者属性情報と、を照合し、前記利用者属性情報取得ステップにおいて取得された前記利用者属性情報に示される前記利用者の属性に適合する前記サービス提供条件期待値に対応付けられた前記提供サービス内容を、前記利用者に提供するサービスの内容として特定する提供サービス内容特定ステップと、を有することを特徴とするサービス提供方法が提供される。

0020

また、本発明のサービス提供方法は、好ましくは、提供サービス内容特定ステップにおいて利用者に提供するサービスの内容として特定された提供サービス内容に示されるサービスを提供するための情報であるサービス提供情報を、利用者が利用するサービス利用装置に送信するサービス提供情報送信ステップを、さらに有する。

0021

また、本発明のサービス提供方法おいて、好ましくは、サービス提供情報は、利用者に提供するサービスの内容として特定された提供サービス内容によって特定される条件に従い、コンテンツを、利用者が利用するサービス利用装置において出力させるための情報である。

0022

また、本発明のサービス提供方法は、好ましくは、サービス提供条件情報の内容を更新するサービス提供条件情報更新ステップを、さらに有する。また、本発明のサービス提供方法は、好ましくは、利用者属性情報を格納する利用者属性情報格納手段を、さらに有し、利用者属性情報取得ステップは、利用者属性情報格納手段から利用者属性情報を取得する。

0023

また、本発明のサービス提供方法は、好ましくは、提供サービス内容特定ステップにおいて行われる処理手順を示す情報である提供サービス内容特定処理情報を取得する提供サービス内容特定処理情報取得ステップを、さらに有し、提供サービス内容特定ステップは、提供サービス内容特定処理情報取得ステップにおいて取得された提供サービス内容特定処理情報に示される処理手順に従い、利用者に提供するサービス内容の特定を行う。

0024

また、本発明のサービス提供方法は、好ましくは、提供サービス内容特定処理情報の内容を更新する提供サービス内容特定処理情報更新ステップを、さらに有する。

0025

また、本発明のサービス提供方法において、好ましくは、利用者属性情報取得ステップにおいて取得される利用者属性情報は、サービス提供条件情報が有するサービス提供条件期待値を利用者に認知させることなく、利用者から収集した情報である。

0026

また、本発明のサービス提供方法において、好ましくは、利用者属性情報は、利用者が保有する権利に関する情報を有する。また、本発明のサービス提供方法において、好ましくは、利用者属性情報は、利用者の所有物に関する情報を有する。

0027

また、本発明のサービス提供方法において、好ましくは、利用者属性情報は、利用者のサービス利用履歴に関する情報を有する。また、コンピュータに、利用者がサービスの提供を受けるために必要な条件を示すサービス提供条件期待値が、前記サービス提供条件期待値に適合する前記利用者に対して提供されるサービスの内容を示す提供サービス内容に対応付けられたサービス提供条件情報を取得するサービス提供条件情報取得ステップと、前記利用者の属性に関する情報である利用者属性情報を取得する利用者属性情報取得ステップと、前記サービス提供条件情報取得ステップにおいて取得された前記サービス提供条件情報と、前記利用者属性情報取得ステップにおいて取得された前記利用者属性情報と、を照合し、前記利用者属性情報取得ステップにおいて取得された前記利用者属性情報に示される前記利用者の属性に適合する前記サービス提供条件期待値に対応付けられた前記提供サービス内容を、前記利用者に提供するサービスの内容として特定する提供サービス内容特定ステップと、を実行させるためのサービス提供プログラムが提供される。

0028

また、コンピュータに、利用者がサービスの提供を受けるために必要な条件を示すサービス提供条件期待値が、前記サービス提供条件期待値に適合する利用者に対して提供されるサービスの内容を示す提供サービス内容に対応付けられたサービス提供条件情報を取得するサービス提供条件情報取得ステップと、利用者の属性に関する情報である利用者属性情報を取得する利用者属性情報取得ステップと、前記サービス提供条件情報取得ステップにおいて取得された前記サービス提供条件情報と、前記利用者属性情報取得ステップにおいて取得された前記利用者属性情報と、を照合し、前記利用者属性情報取得ステップにおいて取得された前記利用者属性情報に示される前記利用者の属性に適合する前記サービス提供条件期待値に対応付けられた前記提供サービス内容を、前記利用者に提供するサービスの内容として特定する提供サービス内容特定ステップと、を実行させるためのサービス提供プログラムを記録したコンピュータ読みとり可能な記録媒体が提供される。

発明を実施するための最良の形態

0029

以下、本発明の実施の形態を図面を参照して説明する。まず、本形態におけるサービス提供装置及びサービス提供方法の概要について説明し、その後、それらの詳細を説明していく。

0030

図1は、本形態におけるサービス提供装置1及びサービス提供方法の概要を例示した概念図である。図1に例示するようにサービス提供装置1は、例えば、利用者がサービスの提供を受けるために必要な条件を示すサービス提供条件期待値2aaが、サービス提供条件期待値2aaに適合する利用者に対して提供されるサービスの内容を示す提供サービス内容2abに対応付けられたサービス提供条件情報2aを取得するサービス提供条件情報取得手段2、利用者の属性に関する情報である利用者属性情報3aを取得する利用者属性情報取得手段3、及びサービス提供条件情報取得手段2において取得されたサービス提供条件情報2aと、利用者属性情報取得手段3において取得された利用者属性情報3aと、を照合し、利用者属性情報取得手段3において取得された利用者属性情報3aに示される利用者の属性に適合するサービス提供条件期待値2aaに対応付けられた提供サービス内容2abを、利用者に提供するサービスの内容として特定する提供サービス内容特定手段4を有している。なお、ここでいうサービスとは、例えば、通信手段を介して提供できるものであれば、音楽、映像等のコンテンツの配信サービス、特定のサイト利用権提供、割引券の提供等、特に制限はなく、どのようなものでもよい。また、利用者の属性に関する情報とは、例えば、その利用者が特定の電子機器の所有者である等の利用者の所有物に関する情報、その利用者が特定のコンテンツに関する利用権を有している、特定のインターネットプロバイダネットワーク会員である等の利用者が保有する権利に関する情報、利用者が特定のコンテンツを所定時間以上視聴している等の利用者のサービス利用履歴に関する情報等を意味する。

0031

このサービス提供装置1において利用者に対するサービスの提供を行う場合、例えば、まず、サービス提供装置1は、サービス提供条件情報取得手段2において、利用者がサービスの提供を受けるために必要な条件を示すサービス提供条件期待値2aaが、サービス提供条件期待値2aaに適合する利用者に対して提供されるサービスの内容を示す提供サービス内容2abに対応付けられたサービス提供条件情報2aを取得し、利用者属性情報取得手段3において、利用者の属性に関する情報である利用者属性情報3aを取得する。

0032

サービス提供条件情報取得手段2において取得されたサービス提供条件情報2a、及び利用者属性情報取得手段3において取得された利用者属性情報3aは、例えば、それぞれ提供サービス内容特定手段4に送られ、これらの情報を受け取った提供サービス内容特定手段4は、例えば、サービス提供条件情報取得手段2において取得されたサービス提供条件情報2aと、利用者属性情報取得手段3において取得された利用者属性情報3aと、を照合し、利用者属性情報取得手段3において取得された利用者属性情報3aに示される利用者の属性に適合するサービス提供条件期待値2aaに対応付けられた提供サービス内容2abを、利用者に提供するサービスの内容(提供サービス内容4a)として特定する。

0033

このように特定された提供サービス内容4aに関する情報は、例えば、サービスの提供を行うサービス提供サーバ(後述)に送られ、この情報を受け取ったサービス提供サーバは、その情報に示される内容のサービスを、ネットワークを介し、利用者が利用するサービス利用装置(後述)等に提供する。

0034

このようにすることにより、コンテンツ配信業者等のサービス提供業者は、特定の電子機器を所有している利用者であるといった利用者の属性に応じてコンテンツ配信等の提供サービス内容を変化させることが可能となり、結果、サービス提供形態の自由度を向上させることが可能となる。

0035

次に、本形態におけるサービス提供装置及びサービス提供方法の詳細について説明を行う。図2は、本形態におけるサービス提供システム10の全体構成を例示した概念図である。

0036

図2に例示するように、サービス提供システム10は、例えば、サービスの提供を行うサービス提供装置30、及びサービス提供装置30から提供されたサービスを利用者20が利用する際に用いるサービス利用装置40を有しており、サービス提供装置30は、例えば、利用者20に提供するサービス内容の特定を行うサービス内容特定サーバ31、利用者の属性に関する情報を格納する利用者属性情報サーバ32、サービス内容特定サーバ31によって特定されたサービスを提供するサービス提供サーバ33を有している。

0037

図2に例示するように、例えば、サービス内容特定サーバ31、利用者属性情報サーバ32、サービス提供サーバ33及びサービス利用装置40は、ネットワーク70を介し、相互に通信可能なように接続され、また、このネットワーク70には、利用者20が保有する電子機器50(A社テレビ51、A社DVD52、B社PC53、C社コンポ54)、及びコンテンツの配信業務やインターネット接続サービスを提供する業者サーバ60(D社コンテンツ配信サーバ61、プロバイダ社サーバ62)も通信可能なように接続されている。

0038

なお、ここで、サービス利用装置40とは、例えば、利用者20が所有するパーソナルコンピュータ、パームトップコンピュータ携帯電話等の情報処理装置を意味し、ネットワークとは、インターネット等の公衆通信回線、イントラネット、LAN(Local Area Network)等の私用通信回線等を意味する。

0039

また、図2では、サービス内容特定サーバ31、利用者属性情報サーバ32、及びサービス提供サーバ33を1つずつ設ける構成としたが、サービス内容特定サーバ31、利用者属性情報サーバ32、及びサービス提供サーバ33の少なくとも1つを、2つ以上設ける構成としてもよく、さらに、これらの機能を複合したサーバを設けることとしてもよい。

0040

さらに、図2では、説明の簡略化のため、1つのサービス利用装置40のみを記載したが、実際はこれよりも多い数のサービス利用装置を設ける構成としてもよい。また、図2に記載した電子機器50や業者サーバ60の数や種類についても、その他の構成を採ることとしてもよい。

0041

図3は、本形態におけるサービス内容特定サーバ31のハードウェア構成を例示した図である。図3に例示するように、サービス内容特定サーバ31は、例えば、CPU(Central processing Unit:中央処理装置)31a、HDD(Hard Disk Drive:ハードディスク装置)31b、ROM(Read Only Memory)31c、RAM(Random Access Memory)31d、ホストバス31e、ブリッジ31f、外部バス31g、入力インターフェース31h、キーボード31i、マウス31j、映像処理装置31k、CRT(Cathode−Ray Tube)ディスプレイ31l、バッファ31m、音声再生装置31n及び通信インターフェース31oを有しており、通信インターフェース31oを介し、ネットワーク70と通信可能なように接続されている。

0042

図3に例示するように、例えば、CPU31a、HDD31b、ROM31c及びRAM31dは、ホストバス31eと、それぞれ情報のやりとりが可能なように接続され、ホストバス31eは、ブリッジ31fを介し、外部バス31gと情報のやりとりが可能なように接続される。外部バス31gは、例えば、入力インターフェース31h、映像処理装置31k、バッファ31m及び通信インターフェース31oと、それぞれ情報のやりとりが可能なように接続され、入力インターフェース31hには、キーボード31i及びマウス31jが、映像処理装置31kにはCRTディスプレイ31lが、バッファ31mには、音声再生装置31nが、それぞれ情報のやりとりが可能なように接続される。

0043

CPU31aは、例えば、プロセッサを中心とした構成となっており、図示していない発信器から供給されるクロック信号に同期して、ROM31c、或いはRAM31dに格納されているオペレーティングシステムアプリケーションプログラム等の各種プログラムを実行する。

0044

HDD31bは、例えば、固定式記憶装置、ROM31cは、マスクROM等、RAM31dは、ダイナミックRAMDRAM:Dynamic Random Access Memory)等であり、オペレーティングシステム、アプリケーションプログラム等の各種プログラムや、プログラムの実行に必要な各種データ等の格納を行う。

0045

ホストバス31e及び外部バス31gは、例えば、マイクロプロセッサメモリ等から構成される情報伝達路であり、ブリッジ31fは、ホストバス31e、外部バス31g間のデータを中継する。

0046

入力インターフェース31hは、例えば、キーボード31i及びマウス31jからの入力信号を外部バス31gに中継する。映像処理装置31kは、例えば、CPU31aの制御の下、外部バス31gから供給される映像のアナログデータ或いはデジタルデータに対応するアナログ信号を生成し、生成したアナログ信号をCRTディスプレイ31lに供給する。

0047

CRTディスプレイ31lは、例えば、画面表面の蛍光素材電子ビームを当てることによって映像の表示を行うブラウン管型のディスプレイであり、映像処理装置31kから供給されたアナログ信号をもとに、所定の映像の表示を行う。

0048

音声再生装置31nは、例えば、スピーカ音声データの復号回路等から構成され、音楽等の音源情報を、バッファ31mを介して取得し、取得した音源情報の復号、再生、音声出力を行う。

0049

通信インターフェース31oは、例えば、IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers)の所定の規格に対応するインターフェースであり、サービス内容特定サーバ31をネットワーク70と通信可能なように接続する。

0050

以上のようなハードウェア構成により、本形態におけるサービス内容特定サーバ31の処理機能が実現される。なお、ここでは、サービス内容特定サーバ31のハードウェア構成のみの説明を行ったが利用者属性情報サーバ32、サービス提供サーバ33、サービス利用装置40についても、サービス内容特定サーバ31と同様なハードウェア構成を採るものとする。

0051

図4は、図3に例示したようなハードウェア構成を有するサービス内容特定サーバ31、利用者属性情報サーバ32及びサービス提供サーバ33において所定のプログラム(ソフトウェア)を実行させることにより、このハードウェアとソフトウェアとが協働した具体的手段によって構築されるサービス提供装置30の処理機能を例示したブロック図である。

0052

図4に例示するように、サービス提供装置30は、例えば、利用者の属性に関する情報である利用者属性情報を収集する利用者属性情報収集手段30a、利用者属性情報収集手段30aにおいて収集された利用者属性情報を格納する利用者属性情報格納手段30b、コンテンツに関する情報であるコンテンツ情報が格納されるコンテンツ情報格納手段30c、利用者20によって入力されたサービス提供を希望する旨を示す情報であるサービス提供要求情報を取得するサービス提供要求情報取得手段30d、利用者がサービスの提供を受けるために必要な条件を示すサービス提供条件期待値が、サービス提供条件期待値に適合する利用者に対して提供されるサービスの内容を示す提供サービス内容に対応付けられたサービス提供条件情報を取得するサービス提供条件情報取得手段30e、下記の提供サービス内容特定手段30hにおいて行われる処理手順を示す情報である提供サービス内容特定処理情報を取得する提供サービス内容特定処理情報取得手段30f、利用者属性情報を取得する利用者属性情報取得手段30g、サービス提供条件情報取得手段30eにおいて取得されたサービス提供条件情報と、利用者属性情報取得手段30gにおいて取得された利用者属性情報と、を照合し、利用者属性情報取得手段30gにおいて取得された利用者属性情報に示される利用者の属性に適合するサービス提供条件期待値に対応付けられた提供サービス内容を、利用者に提供するサービスの内容として特定する提供サービス内容特定手段30h、提供サービス内容特定手段30hにおいて利用者に提供するサービスの内容として特定された提供サービス内容に示されるサービスを提供するための情報であるサービス提供情報の生成を行うサービス提供情報生成手段30i、利用者20が利用するサービス利用装置40にサービス提供情報を送信するサービス提供情報送信手段30j、サービス提供条件情報の内容を更新するサービス提供条件情報更新手段30k、及び提供サービス内容特定処理情報の内容を更新する提供サービス内容特定処理情報更新手段30lからなる処理機能を有している。

0053

図4に例示するように、例えば、利用者属性情報収集手段30aは、利用者属性情報格納手段30bに、利用者属性情報格納手段30bは、利用者属性情報取得手段30gに、それぞれ情報の提供が可能なように構成されている。また、例えば、提供サービス内容特定手段30hは、サービス提供条件情報取得手段30e、提供サービス内容特定処理情報取得手段30f、及び利用者属性情報取得手段30gと、それぞれ情報のやりとりが可能なように、サービス提供情報生成手段30iに情報の提供が可能なように構成される。さらに、例えば、コンテンツ情報格納手段30cは、サービス提供条件情報更新手段30k、提供サービス内容特定処理情報更新手段30l、及びサービス提供情報生成手段30iと情報のやりとりが可能なように、サービス提供条件情報取得手段30e、及び提供サービス内容特定処理情報取得手段30fに情報の提供が可能なように構成される。また、例えば、サービス提供情報生成手段30iは、サービス提供情報送信手段30jに、サービス提供要求情報取得手段30dは、提供サービス内容特定手段30h、及びサービス提供情報送信手段30jに、それぞれ情報の提供が可能なように構成される。さらに、例えば、利用者属性情報収集手段30a、サービス提供要求情報取得手段30d、及びサービス提供情報送信手段30jは、ぞれぞれネットワーク70と通信可能なように構成される。

0054

図5は、図4に例示したコンテンツ情報格納手段30cのデータ構成を例示した概念図である。図5に例示するように、コンテンツ情報格納手段30cには、例えば、音楽、画像等のコンテンツに関する情報であるコンテンツ情報101〜106が格納されている。なお、図5では、6つのコンテンツ情報101〜106を例示したが、コンテンツ情報格納手段30cに格納されるコンテンツ情報の数は、これよりも多くても少なくてもよい。

0055

図6は、図5に例示したコンテンツ情報101のデータ構成を例示した概念図である。図6に例示するように、コンテンツ情報101は、例えば、提供サービス内容特定手段30hにおいて行われる処理手順を示すプログラム等の情報である提供サービス内容特定処理情報101a、利用者がサービスの提供を受けるために必要な条件を示すサービス提供条件期待値が、サービス提供条件期待値に適合する利用者に対して提供されるサービスの内容を示す提供サービス内容に対応付けられたサービス提供条件情報101b、音声情報画像情報等のコンテンツ素材の情報であるコンテンツ素材情報101c、及びコンテンツ素材情報101cを所定の再生処理形態に適合するように処理するための情報(例えば、オーサリング処理に必要な関数、データ等)であるコンテンツ再生処理情報101dを有している。

0056

なお、説明の簡略化のため、図6では、コンテンツ情報101のみのデータ構成を例示したが、その他のコンテンツ情報102〜106等についても、このコンテンツ情報101と同様なデータ構成を採るものとする。

0057

図7は、図6に例示したサービス提供条件情報101bのデータ構成を例示した概念図である。図7に例示するように、サービス提供条件情報101bは、例えば、利用者がサービスの提供を受けるために必要な条件の種類を示す提供条件101ba、利用者がサービスの提供を受けるために必要な条件を示すサービス提供条件期待値101bb、及びサービス提供条件期待値101bbに適合する利用者に対して提供されるサービスの内容を示す提供サービス内容101bcが、相互に関連付けられることにより構成されている。

0058

図7の例の場合、このサービス提供条件情報101bは、提供条件101baとして「権利の保持」及び「製品の保持」を示す情報を有しており、この「権利の保持」に対応付けられたサービス提供条件期待値101bbとして「永久視聴権を有していること」「A社のネットワーク会員であること」を示す情報を、「製品の保持」に対応付けられたサービス提供条件期待値101bbとして「いずれかのA社製品を3種類以上所有していること」「A社製最新型テレビとDVDを所有していること」「A社製/B社製/C社製いずれかの最新型製品を5台以上所有していること」「A社製PCを所有していること」を示す情報を、それぞれ有している。さらに、図7に例示するように、サービス提供条件期待値101bb「永久視聴権を有していること」には、提供サービス内容101bc「何度でも視聴が無料」が、サービス提供条件期待値101bb「A社のネットワーク会員であること」及び「いずれかのA社製品を3種類以上所有していること」には、提供サービス内容101bc「一度の視聴が無料」が、サービス提供条件期待値101bb「A社製最新型テレビとDVDを所有していること」「A社製/B社製/C社製いずれかの最新型製品を5台以上所有していること」及び「A社製PCを所有していること」には、提供サービス内容101bc「1分だけの視聴が無料」が、それぞれ対応付けられている。

0059

図8は、別のサービス提供条件情報102bのデータ構成を例示した概念図である。図8に例示するように、このサービス提供条件情報102bの場合も提供条件102ba、サービス提供条件期待値102bb及び提供サービス内容102bcを有しており、この提供条件102baとして「コンテンツ利用時間」を示す情報を有している。また、サービス提供条件期待値102bbとして「いずれかのA社製コンテンツを20時間以上視聴」「いずれかのA社製コンテンツを10時間以上視聴」「上記条件のいずれにも合致しない」を示す情報を有しており、これらのサービス提供条件期待値102bbに対し、提供サービス内容102bc「一度の視聴が無料」「1分間だけの視聴が無料」「15秒だけの視聴が無料」が、それぞれ対応付けられている。

0060

図9は、図4に例示した利用者属性情報格納手段30bに格納される利用者属性情報110のデータ構成を例示した概念図である。図9に例示するように、利用者属性情報110では、例えば、各利用者を示す利用者ID111、及び各利用者の属性を示す利用者属性112が相互に関連付けられている。

0061

図9の例の場合、この利用者属性情報110は、利用者ID111として、「AI123456」「BJ987654」を有しており、この利用者ID111「AI123456」に示される利用者の利用者属性112として「A社テレビ所有」「A社DVD所有」「B社PC所有」「C社コンポ所有」「D社コンテンツ13時間視聴」「E社ネットワーク会員」を、利用者ID111「BJ987654」に示される利用者属性112として「A社DVD所有」をそれぞれ有している。

0062

図10は、図3に例示したようなハードウェア構成を有するサービス利用装置40において所定のプログラム(ソフトウェア)を実行させることにより、このハードウェアとソフトウェアとが協働した具体的手段によって構築されるサービス利用装置40の処理機能を例示したブロック図である。

0063

図10に例示するように、サービス利用装置40は、例えば、利用者20による利用者属性情報の入力を受け付ける利用者属性情報入力手段41、利用者属性情報入力手段41において入力された利用者属性情報を、ネットワーク70を介し、サービス提供装置30に送信する利用者属性情報送信手段42、利用者20によるサービス提供要求情報の入力を受け付けるサービス提供要求情報入力手段43、サービス提供要求情報入力手段43において入力されたサービス提供要求情報を、ネットワーク70を介し、サービス提供装置30に送信するサービス提供要求情報送信手段44、ネットワーク70を介し、サービス提供装置30から送信されたサービス提供情報を取得するサービス提供情報取得手段46、及びサービス提供情報取得手段46において取得されたサービス提供情報に示されるコンテンツ等のサービス情報の出力を行うサービス情報出力手段45を有している。

0064

図10に例示するように、例えば、利用者属性情報入力手段41は、利用者属性情報送信手段42に、サービス提供要求情報入力手段43は、サービス提供要求情報送信手段44に、サービス提供情報取得手段46は、サービス情報出力手段45に、それぞれ情報の提供が可能なように構成され、利用者属性情報送信手段42、サービス提供要求情報送信手段44、及びサービス提供情報取得手段46は、ネットワーク70と通信可能なように、それぞれ構成される。

0065

次に、本形態におけるサービス提供システム10の処理動作について説明する。図11及び図12は、本形態におけるサービス提供システム10の処理動作を説明するための図である。以下、これらの図に沿って、本形態におけるサービス提供システム10の処理動作の説明を行っていく。なお、図11及び図12では、縦軸は時間の流れを示しており、図面において下方に示されている処理ほど、後に行われる処理に相当することとなる。

0066

ステップS1:本ステップでは、例えば、サービス利用装置40において、利用者20からの利用者属性情報の入力を受け付け、入力された利用者属性情報を利用者属性情報サーバ32に送信し、送信された利用者属性情報を利用者属性情報サーバ32に格納する。なお、ここで利用者属性情報が送信される利用者属性情報サーバ32は、例えば、事前に、この利用者属性情報の送信先として指定され、その所在地に関する情報(アドレス等)が利用者20に提供されているサーバであってもよく、利用者20によって指定されたサーバであってもよい。また、本ステップにおける処理は、一定の期間をおいて定期的に行われることとしてもよく、利用者が新たな電子機器50を購入したり、プロバイダと新規契約を結んだ際等の特定のタイミングにおいて行われることとしてもよい。

0067

以下に、本ステップにおける処理を処理機能的に説明する。本ステップでは、例えば、まず、図10に例示したサービス利用装置40の利用者属性情報入力手段41において、利用者20からの利用者属性情報の入力を受け付ける。ここで入力される利用者属性情報は、例えば、利用者20が有する電子機器50に関する情報や、利用者20が有するコンテンツの視聴権等に関する情報を意味し、その内容は、例えば、利用者20自らが申し出た内容となる。なお、ここでの利用者属性情報の入力受け付けは、前述したサービス提供条件期待値を利用者20に認知させることなく行われることが望ましい。サービス提供条件期待値を知った利用者20が希望するサービスの提供を受けるために、虚偽の利用者属性情報を入力するといった不正を抑制するためである。

0068

入力された利用者属性情報は、例えば、図10に例示した利用者属性情報送信手段42に送られ、利用者属性情報送信手段42は、送られた利用者属性情報を、ネットワーク70を介し、サービス提供装置30に送信する。なお、このようにサービス提供装置30に送信される利用者属性情報には、例えば、各利用者を識別するための利用者IDを添付されることとすることが望ましい。この利用者IDは、例えば、本システムの利用を希望する利用者が、本システム利用の前提として行う利用契約時にサービス提供装置30から与えられるIDであり、サービス提供装置30は、この利用者IDを用いて各利用者の管理を行う。

0069

サービス提供装置30に送信された利用者属性情報は、例えば、図4に例示した利用者属性情報収集手段30aにおいて受信され、この利用者属性情報を受信した利用者属性情報収集手段30aは、その利用者属性情報を、利用者IDとともに利用者属性情報格納手段30bに格納する(図9)。なお、ここでの利用者属性情報の利用者属性情報格納手段30bへの格納は、例えば、まず、この利用者から提供された利用者属性情報の正当性を確認し、その正当性が確認された場合にのみ行うこととしてもよい。このようにすることにより、不正な利用者属性情報が登録されることを抑制することができる。

0070

ステップS2:本ステップでは、例えば、利用者20が保有する電子機器50や業者サーバ60から利用者属性情報を提供させ、提供された利用者属性情報を利用者属性情報サーバ32において収集、格納する。なお、ここで、電子機器50や業者サーバ60が行う利用者属性情報サーバ32への利用者属性情報の提供は、例えば、電子機器50や業者サーバ60において、ネットワーク70上における利用者属性情報サーバ32のアドレスを指定し、電子機器50の製造業者名、機種等の情報、業者サーバ60が利用者20に提供しているサービスの種類、サービス利用履歴等に関する情報を、ネットワーク70を介し、送信することによって行われる。また、この利用者属性情報が送信される利用者属性情報サーバ32は、例えば、事前に、この利用者属性情報の送信先として指定され、その所在地に関する情報(アドレス等)が電子機器50や業者サーバ60に提供されたサーバであってもよく、利用者20、電子機器50、業者サーバ60によって指定されたサーバであってもよい。また、本ステップにおける処理は、一定の期間をおいて定期的に行われることとしてもよく、利用者20が新たな電子機器50を購入し、その電子機器50をネットワーク70に接続した時点、プロバイダと新規契約を結んだ時点等の特定のタイミングにおいて行われることとしてもよい。

0071

処理機能的には、例えば、電子機器50、業者サーバ60から提供された利用者属性情報を、ネットワーク70を介し、図4に例示した利用者属性情報収集手段30aにおいて受信し、受信した利用者属性情報を利用者属性情報格納手段30bに格納する。なお、本ステップにおいても、利用者属性情報は、例えば、当該利用者の利用者IDとともに提供され、利用者属性情報格納手段30bにおける利用者属性情報の格納は、この利用者IDとともに行われる(図9)。

0072

ステップS3:本ステップでは、例えば、サービス利用装置40において、利用者20によるサービス提供要求情報の入力を受け付け、このように入力されたサービス提供要求情報をサービス内容特定サーバ31に送信する。ここで、サービス提供要求情報とは、例えば、特定のサービス提供を希望する旨を示す情報であり、具体的には、例えば、ビデオクリップ等のコンテンツの視聴を希望する旨の情報を意味する。このサービス提供要求情報には、例えば、利用者20が提供を希望するサービスを特定するための情報(例えば、視聴を希望するコンテンツを特定するための情報)や、利用者の利用者IDに関する情報等が含まれる。

0073

送信されたサービス提供要求情報は、サービス内容特定サーバ31において受信され、このサービス内容特定サーバ31は、例えば、このサービス提供要求情報を受け取ることにより、提供サービスの内容特定処理を開始する。

0074

以下に、本ステップにおける処理を処理機能的に説明する。本ステップでは、例えば、まず、図10に例示したサービス利用装置40のサービス提供要求情報入力手段43において、利用者20からのサービス提供要求情報の入力を受け付ける。このように入力されたサービス提供要求情報は、例えば、サービス提供要求情報送信手段44に送られ、サービス提供要求情報が送られたサービス提供要求情報送信手段44は、例えば、このサービス提供要求情報を、ネットワーク70を介し、サービス提供装置30に送信する。

0075

サービス提供装置30は、例えば、図4に例示したサービス提供要求情報取得手段30dにおいて、このサービス提供要求情報を受信し、受信したサービス提供要求情報を提供サービス内容特定手段30hに送る。

0076

このサービス提供要求情報がサービス提供装置30に送られると、例えば、次に、ステップS4の処理が行われる。
ステップS4:本ステップでは、例えば、サービス内容特定サーバ31において、サービス提供サーバ33から、サービス提供条件期待値が、提供サービス内容に対応付けられたサービス提供条件情報を取得し(サービス提供条件情報取得ステップ)、さらに、サービス提供サーバ33から、後述の提供サービス内容特定ステップ(ステップS6)において行われる処理手順を示す情報である提供サービス内容特定処理情報を取得する(提供サービス内容特定処理情報取得ステップ)。

0077

ここで取得されるサービス提供条件情報及び提供サービス内容特定処理情報は、例えば、前述のステップS3においてサービス内容特定サーバ31が受信したサービス提供要求情報によって指定されたサービスの種類(例えばコンテンツの種類)に対応したサービス提供条件情報及び提供サービス内容特定処理情報であるものとする。

0078

以下に、本ステップにおける処理を処理機能的に説明する。本ステップでは、例えば、まず、図4に例示した提供サービス内容特定手段30hにおいて、ステップS3の処理においてサービス提供要求情報取得手段30dから送られたサービス提供要求情報に示されるサービス内容に関する情報を、サービス提供条件情報取得手段30e及び提供サービス内容特定処理情報取得手段30fに送る。なお、以下では、このサービスとしてコンテンツの提供を例に採り、さらに、ここでサービス提供条件情報取得手段30e及び提供サービス内容特定処理情報取得手段30fに送られるサービス内容に関する情報として、提供されるコンテンツを特定するための情報を例に採って説明を行っていく。

0079

このコンテンツを特定するための情報を受け取ったサービス提供条件情報取得手段30eは、例えば、コンテンツ情報格納手段30cから、この受け取った情報によって特定されるコンテンツのコンテンツ情報を抽出する。図6に例示したように、例えば、このコンテンツ情報にはサービス提供条件情報が含まれており、サービス提供条件情報取得手段30eは、このコンテンツ情報に含まれたサービス提供条件情報を抽出し、抽出したサービス提供条件情報を提供サービス内容特定手段30hに送る。

0080

また、コンテンツを特定するための情報を受け取った提供サービス内容特定処理情報取得手段30fは、例えば、コンテンツ情報格納手段30cから、この受け取った情報によって特定されるコンテンツのコンテンツ情報を抽出する。図6に例示したように、例えば、このコンテンツ情報には提供サービス内容特定処理情報が含まれており、サービス提供条件情報取得手段30eは、このコンテンツ情報に含まれた提供サービス内容特定処理情報を抽出し、抽出した提供サービス内容特定処理情報を提供サービス内容特定手段30hに送る。

0081

ステップS5:本ステップでは、例えば、サービス内容特定サーバ31において利用者属性情報サーバ32から、利用者属性情報を取得する(利用者属性情報取得ステップ)。なお、ここで取得される利用者属性情報は、例えば、ステップS3においてサービス利用装置40から送られたサービス提供要求情報に示される利用者IDによって特定される利用者に関する利用者属性情報であるものとする。

0082

処理機能的には、例えば、図4に例示した提供サービス内容特定手段30hから利用者属性情報取得手段30gに対して利用者属性情報に示される利用者IDに関する情報を送り、この利用者IDに関する情報を受け取った利用者属性情報取得手段30gは、この利用者IDに対応する利用者属性情報を、利用者属性情報格納手段30bから抽出する。このように抽出された利用者属性情報は、例えば、提供サービス内容特定手段30hに送られ、以下の提供サービスの特定処理に用いられる(ステップS6)。

0083

ステップS6:本ステップでは、例えば、サービス内容特定サーバ31において、サービス提供条件情報取得ステップ(ステップS4)において取得されたサービス提供条件情報と、利用者属性情報取得ステップ(ステップS5)において取得された利用者属性情報と、を照合し、利用者属性情報取得ステップ(ステップS5)において取得された利用者属性情報に示される利用者20の属性に適合するサービス提供条件期待値に対応付けられた提供サービス内容を、利用者20に提供するサービスの内容として特定する(提供サービス内容特定ステップ)。なお、本ステップにおける処理は、例えば、提供サービス内容特定処理情報取得ステップ(ステップS4)において取得された提供サービス内容特定処理情報に示される処理手順に従って行われる。

0084

処理機能的には、例えば、図4に例示した提供サービス内容特定手段30hにおいて、ステップS4において取得されたサービス提供条件情報と、ステップS5において取得された利用者属性情報と、を照合し、ステップS5において取得された利用者属性情報に示される利用者20の属性に適合するサービス提供条件期待値に対応付けられた提供サービス内容を、利用者20に提供するサービスの内容として特定する。

0085

具体的には、例えば、利用者20の利用者IDが「AI123456」であった場合、図9に例示するように、利用者属性情報110に示されるこの利用者20の利用者属性112は、「A社テレビ所有」「A社DVD所有」「B社PC所有」「C社コンポ所有」「D社コンテンツ13時間視聴」「E社ネットワーク会員」である。また、ステップS3において提供されたサービス提供要求情報に示される情報が、図5に例示したコンテンツ情報101に示されるコンテンツの提供を要求するものであった場合、図7に例示したように、そのサービス提供条件情報101bに示されるサービス提供条件期待値101bbは、「永久視聴権を有していること」「A社のネットワーク会員であること」「いずれかのA社製品を3種類以上所有していること」「A社製最新型テレビとDVDを所有していること」「A社製/B社製/C社製いずれかの最新型製品を5台以上所有していること」「A社製PCを所有していること」である。よって、この利用者属性112(利用者属性情報110に示される利用者20の属性)に適合するサービス提供条件期待値101bbは、「A社製最新型テレビとDVDを所有していること」になる。さらに、図7に例示するように、このサービス提供条件期待値101bb「A社製最新型テレビとDVDを所有していること」に対応付けられた提供サービス内容101bcは、「1分間だけの視聴が無料」となる。そのため、この「1分間だけの視聴が無料」という提供サービス内容101bcが、利用者20に提供されるサービスの内容として特定される。なお、この具体例の場合、ここで提供されるコンテンツは、コンテンツ情報101に示されるコンテンツであり、このコンテンツを特定するための情報も、例えば、この利用者20に提供されるサービスの内容に含まれるものとする。

0086

提供されるサービスの内容が特定されると、例えば、次にステップS7の処理に移る。
ステップS7:本ステップでは、例えば、サービス内容特定サーバ31において、サービス提供サーバ33に対し、ステップS6の処理において特定された提供サービス内容を示す特定提供サービス内容情報を送信する。

0087

処理機能的には、例えば、図4に例示した提供サービス内容特定手段30hから、サービス提供情報生成手段30iに対し、上述の特定提供サービス内容情報を送る。この特定提供サービス内容情報がサービス提供情報生成手段30iに送られると、例えば、次に、ステップS8の処理に移る。

0088

ステップS8:本ステップでは、例えば、サービス提供サーバ33において、ステップS7においてサービス内容特定サーバ31から送られた特定提供サービス内容情報に示されるサービスを提供するための情報であるサービス提供情報を、利用者20が利用するサービス利用装置40に送信する(サービス提供情報送信ステップ)。なお、このサービス提供情報は、例えば、コンテンツを、利用者に提供するサービスの内容として特定された提供サービス内容によって特定される条件に従い、利用者20が利用するサービス利用装置40において出力させるための情報である。

0089

以下に、本ステップにおける処理を処理機能的に説明する。本ステップでは、例えば、まず、図4に例示したサービス提供情報生成手段30iにおいて、ステップS7で取得した特定提供サービス内容情報に示されるコンテンツが格納されたコンテンツ情報を、コンテンツ情報格納手段30cから取得する。

0090

次に、例えば、サービス提供情報生成手段30iにおいて、取得したコンテンツ情報が有するコンテンツ素材を、このコンテンツ情報が有するコンテンツ再生処理情報を用い、ステップS7で取得した特定提供サービス内容情報に示される提供サービス内容(例えば、「1分間だけの視聴が無料」)に従って加工し、上述のサービス提供情報の生成を行う。

0091

このように生成されたサービス提供情報は、例えば、サービス提供情報送信手段30jに送られ、サービス提供情報送信手段30jは、このサービス提供情報を、ネットワーク70を介し、サービス利用装置40に送信する。サービス利用装置40に送信されたサービス提供情報は、例えば、図10に例示したサービス提供情報取得手段46において受信され、サービス提供情報取得手段46は、この受信したサービス提供情報をサービス情報出力手段45に送る。このサービス提供情報がサービス利用装置40に送られると、例えば、次に、ステップS9の処理に移る。

0092

ステップS9:本ステップでは、例えば、サービス利用装置40において、ステップS8でサービス提供サーバ33から送られたサービス提供情報に示されるサービス情報を出力させる。

0093

処理機能的には、例えば、図10に例示したサービス情報出力手段45において、サービス提供情報取得手段46から送られたサービス提供情報に示されるコンテンツ等のサービス情報を、このサービス提供情報に示される条件に従い出力する。具体的には、例えば、1分間だけコンテンツを無料で視聴できるのであれば、対価支払い処理が行われない限り、その1分間だけ、このコンテンツの出力が行われる。

0094

以上のような方法を採ることにより、コンテンツ配信業者等のサービス提供業者は、利用者の属性に応じてコンテンツ配信等のサービス内容を変化させることが可能となり、結果、サービス提供形態の自由度を向上させることが可能となる。

0095

また、例えば、提供サービス内容特定処理情報の内容、及びサービス提供条件情報の内容は、コンテンツ配信業者等により、随時、更新できることとしてもよい。

0096

例えば、提供サービス内容特定処理情報の内容の更新を行う場合(サービス提供条件情報更新ステップ)、コンテンツ配信業者等は、図4に例示した提供サービス内容特定処理情報更新手段30lを用い、提供サービス内容特定処理情報の内容を更新するための更新情報を入力する。この更新情報が入力された提供サービス内容特定処理情報更新手段30lは、例えば、その更新情報に従い、コンテンツ情報格納手段30cに格納されたコンテンツ情報が有する提供サービス内容特定処理情報の内容を更新する。

0097

また、例えば、サービス提供条件情報の内容を更新する場合(提供サービス内容特定処理情報更新ステップ)、コンテンツ配信業者等は、図4に例示したサービス提供条件情報更新手段30kを用い、サービス提供条件情報の内容を更新するための更新情報を入力する。この更新情報が入力されたサービス提供条件情報更新手段30kは、例えば、その更新情報に従い、コンテンツ情報格納手段30cに格納されたコンテンツ情報が有するサービス提供条件情報の内容を更新する。

0098

このように提供サービス内容特定処理情報やサービス提供条件情報の内容を更新できる構成とすることにより、利用者に提供するサービス内容特定のための判断基準判断方法を動的に変化させることが可能となる。

0099

このように、本形態では、サービス提供条件情報取得手段30eにおいて、利用者20がサービスの提供を受けるために必要な条件を示すサービス提供条件期待値が、サービス提供条件期待値に適合する利用者に対して提供されるサービスの内容を示す提供サービス内容に対応付けられたサービス提供条件情報を取得し、利用者属性情報取得手段30gにおいて、利用者20の属性に関する情報である利用者属性情報を取得し、提供サービス内容特定手段30hにおいて、サービス提供条件情報取得手段30eにおいて取得されたサービス提供条件情報と、利用者属性情報取得手段30gにおいて取得された利用者属性情報と、を照合し、利用者属性情報取得手段30gにおいて取得された利用者属性情報に示される利用者20の属性に適合するサービス提供条件期待値に対応付けられた提供サービス内容を、利用者20に提供するサービスの内容として特定することとしたため、特定の電子機器を所有している利用者であるといった利用者の属性に応じてコンテンツ配信等の提供サービス内容を変化させることが可能となり、結果、サービス提供形態の自由度を向上させることが可能となる。具体的には、この方法を用いることにより、例えば、利用者の環境に最も適した内容のサービスを提供することが可能となり、また、特定の電子機器を購入した利用者に対してのみ特定のコンテンツの提供サービスを行うといったサービス形態に利用することも可能となる。

0100

また、サービス提供情報送信手段30jにおいて、提供サービス内容特定手段30hにおいて利用者20に提供するサービスの内容として特定された提供サービス内容に示されるサービスを提供するための情報であるサービス提供情報を、利用者20が利用するサービス利用装置40に送信することにより、利用者20の属性に応じて提供内容を変化させたサービスを迅速に提供することが可能となる。結果、サービス提供形態の自由度を向上させることが可能となる。

0101

さらに、サービス提供情報を、利用者20に提供するサービスの内容として特定された提供サービス内容によって特定される条件に従い、コンテンツを、利用者20が利用するサービス利用装置40において出力させるための情報とすることにより、利用者20の属性に応じて提供内容を変化させたコンテンツを迅速に提供することが可能となる。結果、コンテンツ提供形態の自由度を向上させることが可能となる。

0102

また、サービス提供条件情報更新手段30kにおいて、サービス提供条件情報の内容を更新することにより、利用者に提供するサービス内容特定のための判断基準を動的に変化させることが可能となる。これにより、時間経過、状況の変化等に応じ、サービス内容特定のための判断基準を自由に変更することが可能となり、結果、コンテンツ提供形態の自由度を向上させることが可能となる。具体的には、例えば、一定期間だけサービス提供条件情報の内容を変更し、特定の期間中にのみ特別な付加価値を持ったサービスを提供するといったサービス形態を採ることも可能となり、或いは、時間経過に応じ、順次、サービス提供条件情報の内容を緩和していくといったサービス形態を採ることも可能となる。

0103

さらに、利用者属性情報を格納する利用者属性情報格納手段30bを設けることとし、利用者属性情報取得手段30gは、この利用者属性情報格納手段30bから利用者属性情報を取得する構成とすることにより、利用者属性情報の収集手順を簡略化することが可能となり、さらにネットワーク70上のデータ流通量を削減させ、ネットワーク70上の負荷を軽減させることも可能となる。

0104

また、提供サービス内容特定手段30hにおいて行われる処理手順を示す情報である提供サービス内容特定処理情報を取得する提供サービス内容特定処理情報取得手段30fを設けることとし、提供サービス内容特定手段30hは、この提供サービス内容特定処理情報取得手段30fにおいて取得された提供サービス内容特定処理情報に示される処理手順に従い、利用者に提供するサービス内容の特定を行う構成を採ることにより、この提供サービス内容特定処理情報の内容を変更するだけで、利用者に提供するサービス内容特定のための判断方法を動的に変化させることが可能となる。これにより、状況の変化等に応じ、サービス内容特定のための判断方法を自由に変更することが可能となり、結果、コンテンツ提供形態の自由度を向上させることが可能となる。具体的には、例えば、何らかの要因により、判断方法を変更しなければならなくなった場合でも、この提供サービス内容特定処理情報の内容を変更するだけで、その対応を迅速に行うことが可能となる。

0105

さらに、提供サービス内容特定処理情報更新手段30lにおいて、提供サービス内容特定処理情報の内容を更新する構成を採ることにより、利用者に提供するサービス内容特定のための判断方法を動的に変化させることが可能となる。これにより、状況の変化等に応じ、サービス内容特定のための判断方法を自由に変更することが可能となり、結果、コンテンツ提供形態の自由度を向上させることが可能となる。

0106

また、サービス提供装置30において、サービス提供条件情報が有するサービス提供条件期待値を利用者20に認知させることなく、利用者20から利用者属性情報を取得することにより、サービス提供条件期待値を知った利用者20が、希望するサービスの提供を受けるために、虚偽の利用者属性情報を提供するといった不正を抑制することが可能となる。

0107

さらに、利用者属性情報を、利用者が保有する権利に関する情報を有する構成とすることにより、利用者が保有するコンテンツの使用権、ネットワーク利用権等に応じ、その利用者に提供するサービス内容を変化させることが可能となる。結果、サービス提供形態の自由度を向上させることが可能となる。

0108

また、利用者属性情報を、利用者の所有物に関する情報を有する構成とすることにより、利用者が保有する電子機器の種類等に応じ、その利用者に提供するサービス内容を変化させることが可能となる。結果、サービス提供形態の自由度を向上させることが可能となる。

0109

さらに、利用者属性情報を、利用者のサービス利用履歴に関する情報を有する構成とすることにより、コンテンツ視聴時間等の利用者のサービス利用履歴に応じ、その利用者に提供するサービス内容を変化させることが可能となる。結果、サービス提供形態の自由度を向上させることが可能となる。

0110

なお、これまで説明してきた通り、上記の処理機能は、サーバコンピュータクライアントコンピュータとによって実現することができる。その場合、サービス提供装置30が有すべき機能の処理内容記述したサーバプログラム、及びサービス利用装置40が有すべき機能の処理内容を記述したクライアントプログラムが提供される。サーバプログラムをサーバコンピュータで実行することにより、サービス提供装置30の処理機能がサーバコンピュータ上で実現される。また、クライアントプログラムをクライアントコンピュータで実行することにより、サービス利用装置40の処理機能がクライアントコンピュータ上で実現される。

0111

処理内容を記述したサーバプログラムやクライアントプログラムは、コンピュータで読みとり可能な記録媒体に記録しておくことができる。コンピュータで読みとり可能な記録媒体としては、磁気記録装置光ディスク光磁気記録媒体半導体メモリなどがある。磁気記録装置には、ハードディスク装置(HDD)、フレキシブルディスクFD)、磁気テープなどがある。光ディスクには、DVD(Digital Versatile Disc)、DVD−RAM(Random Access Memory)、CD−ROM(Compact Disc Read Only Memory)、CD−R(Recordable)/RW(ReWritable)などがある。光磁気記録媒体には、MO(Magneto−Optical disk)などがある。

0112

サーバプログラムやクライアントプログラムを流通させる場合には、例えば、各プログラムが記録されたDVD、CD−ROMなどの可搬型記録媒体販売される。また、クライアントプログラムをサーバコンピュータの記憶装置に格納しておき、ネットワークを介して、サーバコンピュータからクライアントコンピュータにクライアントプログラムを転送することもできる。

0113

サーバプログラムを実行するサーバコンピュータは、例えば、可搬型記録媒体に記録されたサーバプログラムを、自己の記憶装置に格納する。そして、サーバコンピュータは、自己の記憶装置からサーバプログラムを読みとり、サーバプログラムに従った処理を実行する。なお、サーバコンピュータは、可搬型記録媒体から直接サーバプログラムを読みとり、そのサーバプログラムに従った処理を実行することもできる。

0114

クライアントプログラムを実行するクライアントコンピュータは、例えば、可搬型記録媒体に記録されたクライアントプログラムもしくはサーバコンピュータから転送されたクライアントプログラムを、自己の記憶装置に格納する。そして、クライアントコンピュータは、自己の記憶装置からクライアントプログラムを読みとり、クライアントプログラムに従った処理を実行する。なお、クライアントコンピュータは、可搬型記録媒体から直接クライアントプログラムを読みとり、そのクライアントプログラムに従った処理を実行することもできる。また、クライアントコンピュータは、サーバコンピュータからクライアントプログラムが転送される毎に、逐次、受け取ったクライアントプログラムに従った処理を実行することもできる。

0115

また、本発明は上述の実施の形態に限定されるものではない。例えば、本形態では、コンテンツ情報に、提供サービス内容特定処理情報と、サービス提供条件情報とを含有させる構成としたが、提供サービス内容特定処理情報及びサービス提供条件情報の少なくとも一方をコンテンツ情報に付加しないこととし、代わりに、コンテンツ情報が有していない提供サービス内容特定処理情報或いはサービス提供条件情報の存在場所(アドレス等)の情報を、このコンテンツ情報に付与する構成としてもよい。この場合、サービス提供条件情報取得手段30e及び提供サービス内容特定処理情報取得手段30fは、このコンテンツ情報に付された提供サービス内容特定処理情報或いはサービス提供条件情報の存在場所から、これらの情報を取得することとなる。

0116

また、本形態では、各コンテンツ情報ごとに提供サービス内容特定処理情報と、サービス提供条件情報とを付与する構成としたが、提供サービス内容特定処理情報及びサービス提供条件情報の少なくとも一方を、全てのコンテンツに対して共通化させることとしてもよい。さらに、この場合、この共通化された提供サービス内容特定処理情報及びサービス提供条件情報を、特定のサーバに格納し、コンテンツ情報に、このサーバの存在場所に関する情報を付与することとしてもよい。この場合、サービス提供条件情報取得手段30e及び提供サービス内容特定処理情報取得手段30fは、このコンテンツ情報に付された提供サービス内容特定処理情報或いはサービス提供条件情報の存在場所から、これらの情報を取得することとなる。

0117

また、提供サービス内容特定処理情報或いはサービス提供条件情報に関する情報(提供サービス内容特定処理情報或いはサービス提供条件情報自体、或いはこれらの存在場所に関する情報)をコンテンツ情報とは別の場所に格納しておく構成を採ることとしてもよい。

0118

さらに、本形態では、事前に、利用者属性情報収集手段30aにおいて収集した利用者属性情報を利用者属性情報格納手段30bに格納しておき、提供サービス内容特定手段30hにおける提供サービス内容の特定時に、この利用者属性情報格納手段30bに格納された利用者属性情報を抽出する構成としたが、特に、利用者属性情報格納手段30bを設けず、提供サービス内容特定手段30hにおける提供サービス内容の特定時ごとに、ネットワーク70を介し、この利用者属性情報を収集する構成としてもよい。

0119

また、本形態におけるステップS3〜ステップS5までの処理は、その順序が相互に入れ替わってもかまわない。さらに、本形態では、提供サービス内容特定処理情報を提供サービス内容特定ステップにおいて行われる処理手順を示す情報と定義したが、提供サービス内容特定ステップにおいて行われる処理手順だけではなく、利用者属性情報の収集処理、サービス提供条件情報、提供サービス内容特定処理情報及びコンテンツ情報の収集処理をも、この提供サービス内容特定処理情報に含ませることとし、サービス提供装置30における各処理を、このような提供サービス内容特定処理情報に従って行わせることとしてもよい。

0120

また、本形態では、サービス利用装置40から利用者20に利用者属性情報を入力させ、その利用者属性情報をサービス提供装置30に提供する構成としたが、このようなサービス利用装置40からの利用者属性情報提供を行わず、電子機器50、業者サーバ60等のみから利用者属性情報をサービス提供装置30に提供する構成としてもよい。

0121

さらに、電子機器50、業者サーバ60等からサービス提供装置30への利用者属性情報を行わず、利用者20により、サービス利用装置40を用いて入力された利用者属性情報のみを用い、上述の各処理を実行する構成としてもよい。

0122

また、本システムにおいて提供するサービスとしては、コンテンツの配信サービスに限らず、インターネット上における特定のサイトの使用権、商品券や割引券の配付書籍等の有体物ネット販売に対する割引サービス等、どのようなサービスでもよい。

発明の効果

0123

以上説明したように本発明のサービス提供装置では、サービス提供条件情報取得手段において、利用者がサービスの提供を受けるために必要な条件を示すサービス提供条件期待値が、サービス提供条件期待値に適合する利用者に対して提供されるサービスの内容を示す提供サービス内容に対応付けられたサービス提供条件情報を取得し、利用者属性情報取得手段において、利用者の属性に関する情報である利用者属性情報を取得し、提供サービス内容特定手段において、サービス提供条件情報取得手段において取得されたサービス提供条件情報と、利用者属性情報取得手段において取得された利用者属性情報と、を照合し、利用者属性情報取得手段において取得された利用者属性情報に示される利用者の属性に適合するサービス提供条件期待値に対応付けられた提供サービス内容を、利用者に提供するサービスの内容として特定することとしたため、特定の電子機器を所有している利用者であるといった利用者の属性に応じてコンテンツ配信等の提供サービス内容を変化させることが可能となり、結果、サービス提供形態の自由度を向上させることが可能となる。

0124

また、本発明のサービス提供方法では、サービス提供条件情報取得ステップにおいて、利用者がサービスの提供を受けるために必要な条件を示すサービス提供条件期待値が、サービス提供条件期待値に適合する利用者に対して提供されるサービスの内容を示す提供サービス内容に対応付けられたサービス提供条件情報を取得し、利用者属性情報取得ステップにおいて、利用者の属性に関する情報である利用者属性情報を取得し、提供サービス内容特定ステップにおいて、サービス提供条件情報取得ステップにおいて取得されたサービス提供条件情報と、利用者属性情報取得ステップにおいて取得された利用者属性情報と、を照合し、利用者属性情報取得ステップにおいて取得された利用者属性情報に示される利用者の属性に適合するサービス提供条件期待値に対応付けられた提供サービス内容を、利用者に提供するサービスの内容として特定することとしたため、特定の電子機器を所有している利用者であるといった利用者の属性に応じてコンテンツ配信等の提供サービス内容を変化させることが可能となり、結果、サービス提供形態の自由度を向上させることが可能となる。

図面の簡単な説明

0125

図1サービス提供装置及びサービス提供方法の概要を例示した概念図である。
図2サービス提供システムの全体構成を例示した概念図である。
図3サービス内容特定サーバのハードウェア構成を例示した図である。
図4図3に例示したようなハードウェア構成を有するサービス内容特定サーバ、利用者属性情報サーバ及びサービス提供サーバにおいて所定のプログラム(ソフトウェア)を実行させることにより、このハードウェアとソフトウェアとが協働した具体的手段によって構築されるサービス提供装置の処理機能を例示したブロック図である。
図5図4に例示したコンテンツ情報格納手段のデータ構成を例示した概念図である。
図6図5に例示したコンテンツ情報のデータ構成を例示した概念図である。
図7図6に例示したサービス提供条件情報のデータ構成を例示した概念図である。
図8サービス提供条件情報のデータ構成を例示した概念図である。
図9図4に例示した利用者属性情報格納手段に格納される利用者属性情報のデータ構成を例示した概念図である
図10図3に例示したようなハードウェア構成を有するサービス利用装置において所定のプログラム(ソフトウェア)を実行させることにより、このハードウェアとソフトウェアとが協働した具体的手段によって構築されるサービス利用装置の処理機能を例示したブロック図である。
図11サービス提供システムの処理動作を説明するための図である。
図12サービス提供システムの処理動作を説明するための図である。

--

0126

30…サービス提供装置、30a…利用者属性情報収集手段、30b…利用者属性情報格納手段、30c…コンテンツ情報格納手段、30e…サービス提供条件情報取得手段、30f…提供サービス内容特定処理情報取得手段、30g…利用者属性情報取得手段、30h…提供サービス内容特定手段、30j…サービス提供情報送信手段、30k…サービス提供条件情報更新手段、30l…提供サービス内容特定処理情報更新手段、31…サービス内容特定サーバ、32…利用者属性情報サーバ、33…サービス提供サーバ、40…サービス利用装置、50…電子機器、60…業者サーバ、70…ネットワーク

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ