図面 (/)

技術 弾球遊技機

出願人 株式会社高尾
発明者 内ヶ島敏博内ヶ島隆寛巽正吾茨田悦臣
出願日 2001年8月3日 (19年9ヶ月経過) 出願番号 2001-251686
公開日 2003年2月18日 (18年3ヶ月経過) 公開番号 2003-047739
状態 特許登録済
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等) 弾玉遊技機の表示装置
主要キーワード 回動リング 羽根部分 付属ユニット 各初期値 抽出回数 外部入出力回路 特典遊技中 回転リング
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年2月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

図柄表示装置での図柄の変動時間は主制御装置により決定され、変動開始時に主制御装置から図柄制御装置へと送信される情報に従って図柄表示装置での表示を制御しているが、従来の変動停止手段では、変動停止手段の操作が確認された際に変動中の図柄を確定表示させてしまうため、主制御装置から送信された変動時間と動きが異なってしまい、図柄制御装置、音制御措置又はランプ制御装置等で同期が図れない。

解決手段

弾球遊技機前面の遊技者が操作可能な箇所に変動停止手段を最終的な確定図柄を早期に確認できる手段として設け、図柄の変動表示中に前記変動停止手段を操作した際に最終的な確定図柄を停止表示し、図柄の変動表示開始から予め指定された所定時間経過以後に確定表示することにより主制御装置30と図柄表示装置32bとの同期を図ると共に、前記変動停止手段が有効か否かを遊技者に報知する状態表示手段を設ける。

概要

背景

例えば、当否判定乱数により大当たりを発生させる弾球遊技機においては、発射された球が特別図柄作動口入賞又は通過すると画面上で特別図柄を所定時間変動表示した後に確定表示し、この確定表示した特別図柄が予め定められた所定の図柄の組み合わせであれば遊技内容遊技者に有利な状態、所謂「大当たり」と称して大入賞口等を所定時間開放して遊技者に大量の球を賞球として払い出している。このように、遊技者に有利な状態とする予め定められた特別図柄の組み合わせを表示するか否かは、球が特別図柄作動口に入賞したタイミングに起因して選択される乱数の値によって決定され、選択された乱数値が予め定められた値と一致すれば、変動表示時間経過後、例えば「777」又は「333」等、画面上に所定の特別図柄の組み合わせを表示し遊技者に有利な遊技内容となったことを報知すると共に、大当たりを発生させる。

通常、この変動表示時間については、主制御装置から送信される情報に従って、変動開始後、所定時間経過したときに自動的に変動表示を停止させる方法が主流であるが、この方法では相対的に遊技時間中に占める変動表示時間の割合が長くなり、遊技者に不満を与える場合も生じるため、所定の変動表示時間が経過する前に遊技者が変動停止釦等の変動停止手段を操作したことに基づいて変動表示時間を短縮させるように制御する弾球遊技機も開発されている。この場合は変動停止手段が操作されるとすぐに図柄を停止させる。しかしながら、変動停止手段を設けた弾球遊技機においても、図柄表示装置での図柄の変動時間は主制御装置により決定され、変動開始時に主制御装置から図柄制御装置へと送信される情報に従って図柄表示装置での表示を制御しているため、変動停止手段の操作が確認された際に変動中の図柄を確定表示させてしまうと、主制御装置から送信された変動時間とずれが生じ、動きが異なってしまうため、図柄制御装置、音制御装置又はランプ制御装置等で同期が図れず違和感が生じるという問題がある。

概要

図柄表示装置での図柄の変動時間は主制御装置により決定され、変動開始時に主制御装置から図柄制御装置へと送信される情報に従って図柄表示装置での表示を制御しているが、従来の変動停止手段では、変動停止手段の操作が確認された際に変動中の図柄を確定表示させてしまうため、主制御装置から送信された変動時間と動きが異なってしまい、図柄制御装置、音制御措置又はランプ制御装置等で同期が図れない。

弾球遊技機前面の遊技者が操作可能な箇所に変動停止手段を最終的な確定図柄を早期に確認できる手段として設け、図柄の変動表示中に前記変動停止手段を操作した際に最終的な確定図柄を停止表示し、図柄の変動表示開始から予め指定された所定時間経過以後に確定表示することにより主制御装置30と図柄表示装置32bとの同期を図ると共に、前記変動停止手段が有効か否かを遊技者に報知する状態表示手段を設ける。

目的

そこで、本発明の弾球遊技機は、遊技者心理として大当たりか外れかを早期に確認したい場合も生じることに着目し、変動停止手段を図柄確定表示手段としてではなく、最終的な確定図柄を早期に確認できる手段として設け、主制御装置と図柄表示装置との変動時間の同期を図ることによって、遊技者に娯楽溢れる弾球遊技機を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
6件
牽制数
13件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

主制御装置により特別遊技状態とするか否かを決定する毎に、図柄を変動表示して前記特別遊技状態とするか否かを示す態様を確定表示する図柄表示装置を含む弾球遊技機において、前面に遊技者が操作可能な変動停止手段を設け、図柄の変動表示中に前記変動停止手段を操作することにより、確定表示時に示されるべき図柄を図柄表示装置に停止表示し、前記変動停止手段の操作の有無に関わらず、図柄の変動開始から予め定められた所定時間経過後に確定表示を行うことを特徴とする弾球遊技機。

請求項2

図柄の変動表示が保留されている変動保留数所定個数となることにより、前記変動停止手段の操作を有効から無効へ、又は無効から有効へと変化させることを特徴とする請求項1記載の弾球遊技機。

請求項3

確定表示される図柄が所定条件を満たしていることにより、前記変動停止手段の操作を有効から無効へ、又は無効から有効へと変化させることを特徴とする請求項1記載の弾球遊技機。

請求項4

前記変動停止手段が有効であるか否かを報知する状態表示手段を設けたことを特徴とする請求項1乃至3記載の弾球遊技機。

請求項5

前記変動停止手段が操作されたか否かに関する信号を主制御装置で検出することを特徴とすることを特徴とする請求項1乃至4記載の弾球遊技機。

請求項6

前記変動停止手段が操作されたか否かに関する信号を図柄制御装置で検出することを特徴とすることを特徴とする請求項1乃至5記載の弾球遊技機。

請求項7

前記変動停止手段を操作した場合に限り、確定表示される図柄に従って表示上の付加価値を遊技者に付与することを特徴とする請求項1乃至6記載の弾球遊技機。

技術分野

0001

本発明は弾球遊技機に係わり、詳しくは、変動停止手段を操作することにより変動中の図柄を確定図柄停止表示させる手段を備えた弾球遊技機に関する。

背景技術

0002

例えば、当否判定乱数により大当たりを発生させる弾球遊技機においては、発射された球が特別図柄作動口入賞又は通過すると画面上で特別図柄を所定時間変動表示した後に確定表示し、この確定表示した特別図柄が予め定められた所定の図柄の組み合わせであれば遊技内容遊技者に有利な状態、所謂「大当たり」と称して大入賞口等を所定時間開放して遊技者に大量の球を賞球として払い出している。このように、遊技者に有利な状態とする予め定められた特別図柄の組み合わせを表示するか否かは、球が特別図柄作動口に入賞したタイミングに起因して選択される乱数の値によって決定され、選択された乱数値が予め定められた値と一致すれば、変動表示時間経過後、例えば「777」又は「333」等、画面上に所定の特別図柄の組み合わせを表示し遊技者に有利な遊技内容となったことを報知すると共に、大当たりを発生させる。

0003

通常、この変動表示時間については、主制御装置から送信される情報に従って、変動開始後、所定時間経過したときに自動的に変動表示を停止させる方法が主流であるが、この方法では相対的に遊技時間中に占める変動表示時間の割合が長くなり、遊技者に不満を与える場合も生じるため、所定の変動表示時間が経過する前に遊技者が変動停止釦等の変動停止手段を操作したことに基づいて変動表示時間を短縮させるように制御する弾球遊技機も開発されている。この場合は変動停止手段が操作されるとすぐに図柄を停止させる。しかしながら、変動停止手段を設けた弾球遊技機においても、図柄表示装置での図柄の変動時間は主制御装置により決定され、変動開始時に主制御装置から図柄制御装置へと送信される情報に従って図柄表示装置での表示を制御しているため、変動停止手段の操作が確認された際に変動中の図柄を確定表示させてしまうと、主制御装置から送信された変動時間とずれが生じ、動きが異なってしまうため、図柄制御装置、音制御装置又はランプ制御装置等で同期が図れず違和感が生じるという問題がある。

発明が解決しようとする課題

0004

そこで、本発明の弾球遊技機は、遊技者心理として大当たりか外れかを早期に確認したい場合も生じることに着目し、変動停止手段を図柄確定表示手段としてではなく、最終的な確定図柄を早期に確認できる手段として設け、主制御装置と図柄表示装置との変動時間の同期を図ることによって、遊技者に娯楽溢れる弾球遊技機を提供することを目的とする。

0005

前記課題を解決するため、請求項1記載の弾球遊技機は、主制御装置により特別遊技状態とするか否かを決定する毎に、図柄を変動表示して前記特別遊技状態とするか否かを示す態様を確定表示する図柄表示装置を含む弾球遊技機において、前面に遊技者が操作可能な変動停止手段を設け、図柄の変動表示中に前記変動停止手段を操作することにより、確定表示時に示されるべき図柄を図柄表示装置に停止表示し、前記変動停止手段の操作の有無に関わらず、図柄の変動開始から予め定められた所定時間経過後に確定表示を行うことを特徴とする弾球遊技機である。ここでいう変動停止手段とは、主制御装置又は図柄制御装置に入力され、図柄の変動を停止させるものであり、遊技者が操作可能な位置に設けられていれば何等差し支えない。具体的に変動停止手段としては、変動停止釦、スティック、スイッチ等が考えられ、基本的には発射ハンドル付近上皿、下皿又は枠等に設けることが好ましい。また、ここでいう図柄とは、特別図柄に限らず、普通電動役物等の特別図柄作動口を遊技者に有利な状態とするか否か等を決定する普通図柄も含む。典型的には、変動停止手段の操作時に停止信号を受信して停止表示してから、所定の変動時間経過以後に確定信号を受信するまでの余剰時間は、主制御装置等との整合を図るために揺動変動等を行って図柄を停止表示し、該余剰時間の経過以後に図柄を確定表示する。なお、変動停止手段を操作するタイミングは停止図柄の種類には関係なく、如何なるタイミングで操作しても常に最終的な確定図柄で停止表示する。これにより、変動停止手段を操作したときに最終の確定図柄を早期に確認できるため、お金の両替又はカード購入等の用事で席を離れる際等に遊技の結果を気にする必要が無く時間を有効に利用できると共に、主制御装置と図柄制御装置との同期を図ることができる。

0006

請求項2記載の弾球遊技機は、図柄の変動表示が保留されている変動保留数所定個数となることにより、前記変動停止手段の操作を有効から無効へ、又は無効から有効へと変化させることを特徴とする請求項1記載の弾球遊技機が好ましい。これにより、例えば変動保留数が4であれば有効に、それ以外であれば無効にするように設定すると、今の結果を早期に確認でき、お金の両替又はカードの購入等の用事をする際に時間を有効に利用できる。

0007

請求項3記載の弾球遊技機は、確定表示される図柄が所定条件を満たしていることにより、前記変動停止手段の操作を有効から無効へ、又は無効から有効へと変化させることを特徴とする請求項1記載の弾球遊技機が好ましい。これにより、確定表示される図柄がリーチの有無等の所定条件を満たしているか否かに応じて、変動停止手段が有効又は無効へと変化するため、今の結果を早期に確認でき、お金の両替又はカードの購入等の用事をする際に時間を有効に利用できる。

0008

請求項4記載の弾球遊技機は、前記変動停止手段が有効であるか否かを報知する状態表示手段を設けたことを特徴とする請求項1乃至3記載の弾球遊技機が好ましい。ここでいう状態表示手段とは、遊技者がその状態を確認できる箇所に設けていれば良く、変動停止手段の操作部の近傍又は遊技盤面上に設けたとしても、LED等の発光素子又は図柄表示装置の表示装置を用いたとしても何等差し支えない。これにより、変動停止手段が有効であるか否かを報知することができ、満たすべき所定条件によって興趣に富んだ遊技機を提供することができる。特に、リーチの有無に応じて変動停止手段を有効とするか無効とするかを設定すると、状態表示手段は変動停止手段が有効であるか否かを報知すると共に、リーチとなるか否かについても報知することができる。なお、ここでは、リーチ予告という形式ではなくて、あくまでも変動停止手段への操作が有効か否かを報知しているだけであり、リーチに関しての報知は結果としてそれにリンクしているだけである。

0009

請求項5記載の弾球遊技機は、前記変動停止手段が操作されたか否かに関する信号を主制御装置で検出することを特徴とすることを特徴とする請求項1乃至4記載の弾球遊技機が好ましい。これにより、図柄制御装置の変化に音の出力やランプ発光を同期して表現することができ、表示上の違和感もない興趣ある画像を表現することができる。

0010

請求項6記載の弾球遊技機は、前記変動停止手段が操作されたか否かに関する信号を図柄制御装置で検出することを特徴とすることを特徴とする請求項1乃至5記載の弾球遊技機が好ましい。これにより、主制御装置の負担を軽減することができると共に、表示上の違和感もない興趣ある画像を表現することができる。

0011

請求項7記載の弾球遊技機は、前記変動停止手段を操作した場合に限り、確定表示される図柄に従って表示上の付加価値を遊技者に付与することを特徴とする請求項1乃至6記載の弾球遊技機が好ましい。ここでいう表示上の付加価値とは、図柄停止表示時の図柄が特定図柄か非特定図柄かによって当たり専用画像又は外れ専用画像を表示すること等をいい、当たり専用画像であれば、余剰時間又は大当たり中等に、外れ専用画像であれば前記余剰時間等に表示することが考えられる。ここで表示される専用画像は変動停止手段を操作しなければ登場しない所謂プレミアム画像であり、外れ専用画像よりも当たり専用画像の方が稀少度の高い画像を表示することが好ましい。また、当たり専用画像又は外れ専用画像を表示する以外にも、当たり外れに関係なく余剰時間を利用して物語展開させることもできる。ここでは、物語の展開する方向性を変化させることにより、当たりの場合と外れの場合に差を設けることもできる。物語は変動毎に終了しても良いし、複数回継続して展開するようにしても良い。ここでいう余剰時間とは、前述したように、変動停止手段の操作時に停止信号を受信して停止表示してから、主制御装置により選択された変動パターンにより指定された所定の変動時間が経過することに伴い確定信号を受信して図柄を確定表示させるまで、主制御装置等との整合を図るために揺動変動等を行って図柄を停止表示している時間をいう。これにより、図柄変動中に変動停止手段を操作して余剰時間を作れば、通常では見られないプレミアム画像や物語を見ることができ、単に遊技球を発射して大当たりを待つだけという単調さからも解放され、遊技者の射幸心を高めることができると共に、図柄の停止表示から確定表示までの余剰時間を有効に活用することができる。特に余剰時間に物語を展開させる場合、物語の先を見るためには、図柄を変動させて変動停止手段を操作して余剰時間を作る必要があり、物語の表示時間が変動時間(主制御装置で選択された変動パターン)によって変化するため、単に物語を展開させるだけでなく、物語の展開を見ることによって、大当たりへの期待感を煽り遊技者を興奮させることができる。要するに、大当たりする場合には比較的長い変動時間を有する変動パターンが選択される場合が多いため、変動停止手段を操作したときは余剰時間も長くなり、物語を長く展開することができ、物語の展開する方向性によって当たり外れに差を設けた場合等は、リーチ表示等の特別図柄の変動により大当たりへの期待感を抱かせる代わりに、物語の展開により遊技者の大当たりへの期待感を煽り興奮させることができる。

発明を実施するための最良の形態

0012

以下に、本発明の好適な実施例をまず第1実施形態として、図面に基づいて説明する。なお、本発明の実施の形態は、下記の実施形態に何ら限定されるものではなく、本発明の技術的範囲に属する限り種々の形態を採り得ることは言うまでもない。図1に示すように、パチンコ機10は、大きくは長方形外枠11と前面枠12とからなり、前面枠12は、ヒンジ14により外枠11に対し回動可能に取り付けられている。前面枠12の下方には上皿15が設けられ、この上皿15の前面に貸出釦16、精算釦17及び残高表示部18が設けられており、記憶された残高が残高表示部18に表示され、貸出釦16を押下すると球の貸出しが実行され上皿15の払い出し口より球が排出される。前面枠12には、窓状金枠20が前面枠12に対して解放可能に取り付けられている。この金枠20には板ガラス21が二重に嵌め込まれている。板ガラス21の奥には遊技盤22が収納されている。上皿15の前面枠12下部には、下皿23が設けられ、下皿23の右側には発射ハンドル24が取付けられている。この発射ハンドル24の外周には、図示しない回動リングが擁され、これを時計方向に回動すれば球を遊技盤22上に発射することができる。上皿15と下皿23とは連結されていて、上皿15が球で満杯状態になれば下皿23に球を誘導するよう構成されている。図2の拡大図からも示すように、上皿15の残高表示部18の近傍には変動停止釦25が取り付けられている。変動停止釦25を設置する個所は上皿15に限らず、遊技者が操作可能な場所であれば、発射ハンドル24の付近等、適宜の場所に変更可能である。また、変動停止釦25に代えて、スティック、スイッチ等でも良い。有線無線も問わない。

0013

図3はパチンコ機10の裏面図であり、前述した遊技盤22を脱着可能に取り付ける機構盤26が前述した外枠11に収納されている。この機構盤26には、上方から、球タンク27、誘導樋28及び払出し装置29が設けられている。この構成により、遊技盤22上の入賞口に球の入賞があれば球タンク27から誘導樋28を介して所定個数の球を払出し装置29により前述した上皿15に排出することができる。

0014

また、機構盤26には主制御装置30及び賞球制御装置31が脱着可能に、遊技盤22には特別図柄表示装置32が、前面枠12左下部には発射制御装置33が、特別図柄表示装置32の左側に外部接続端子装置50が、各々取り付けられている。尚、機構盤26を中心とした球の払い出し等に関する構造は従来の構成と同様なのでその詳細な説明は割愛する。

0015

次に、図4を用いて遊技盤22について説明する。図4に示すように遊技盤22には、中央に特別図柄表示装置32を構成するLCDパネルユニット(以下、「LCD」という。)32a、特別図柄保留記憶用LED32c、LCD32a中の特別図柄表示領域50a〜50c、LCD32aの下方には特別図柄作動口としての普通電動役物36、LCD32a上部の普通図柄表示装置37、普通図柄表示装置37に表示される図柄の変動開始に用いられるLCD32aの左右の普通図柄作動ゲート38及び39、普通電動役物36下部の大入賞口40、盤面最下部アウト口41、その他の各種入賞口、風車及び図示しない遊技釘等が備えられている。この構成により、前述した発射ハンドル24の回転リング(図示略)を回動すれば発射制御装置33により駆動される発射モータ33a(図5参照)が駆動されて上皿15上の遊技球がガイドレールを介して遊技盤22上に発射される。発射された遊技球が各入賞口に入賞すれば遊技球は盤面裏面にセーフ球として取り込まれ、入賞しなければアウト口41を介してアウト球として同様に盤面裏面に取り込まれる。

0016

続いて前述したパチンコ機10の電気的構成図5ブロック図を用いて説明する。パチンコ機10の電気回路は、図示するように、前述した主制御装置30、賞球制御装置31、特別図柄表示装置32、発射制御装置33、ランプ制御装置34及び音制御装置35等から構成されている。なお、この回路図には、信号の受け渡しを行うための所謂中継装置及び電源回路等は記載していない。

0017

主制御装置30は、遊技制御プログラムを記憶したROM及び演算等の作業領域として働くRAMを内蔵した8ビットワンチップマイコンを中心とした論理演算回路として構成され、この他各装置又は各種スイッチ類及び各種アクチェータ類との入出力を行うための外部入出力回路も設けられている。主制御装置30の入力側には、第1種始動口スイッチ36a、普通図柄作動スイッチ38a及び39a、役物連続作動スイッチ(以下、単に「Vスイッチ」と呼ぶ)40a、カウントスイッチ40b、賞球払出しスイッチ29a、満タンスイッチ43、補給スイッチ44、タッチスイッチ24a及び変動停止スイッチ25a等が接続されている。また、出力側には、大入賞口ソレノイド40c、Vソレノイド40d、普通役物ソレノイド36b及び外部接続端子装置50等が接続されている。

0018

第1種始動口スイッチ36aは前述した遊技盤22上の普通電動役物36内、普通図柄作動スイッチ38a及び39aは各々普通図柄作動ゲート38及び39内、Vスイッチ40aは大入賞口40内の特定領域内、同じくカウントスイッチ40bは大入賞口40内、賞球払出しスイッチ29aは払出し装置29内の球切りモータ29bの下方、満タンスイッチ43は下皿23内、補給スイッチ44は球タンク27内、に各々取り付けられている。ここで、Vスイッチ40aは大入賞口40内に入賞した遊技球が特別装置作動領域(以下、「特別領域」という。)を通過したことを、カウントスイッチ40bは大入賞口40内に入賞する全ての遊技球を、賞球払出しスイッチ29aは球切りモータ29bにより上皿15に排出される遊技球を、満タンスイッチ43は下皿23内に遊技球が満タン状態になったことを、補給スイッチ44は球タンク27内に遊技球が存在することを、タッチスイッチ24aは発射ハンドル24に内蔵され遊技者が発射ハンドル24に触れていることを、各々検出するためのものである。出力側に接続された大入賞口ソレノイド40cは大入賞口40、Vソレノイド40dは大入賞口40内の特別領域、普通役物ソレノイド36bは普通電動役物36の開閉に各々使用されるものである。また、変動停止スイッチ25aは変動停止釦25付近に取り付けられており、変動停止スイッチ25aは変動停止釦25が押し下げられたことを検出するためのものである。ここで、本実施形態の第1具体例では、主制御装置が変動停止釦25に内蔵されている変動停止スイッチ25aからの信号を配線によって受信する構成としているが、第2具体例として、図6に示すように、変動停止スイッチ25aからの信号を図柄制御装置32bに入力する構成としても良い。

0019

特別図柄表示装置32は、前述したLCD32aと、このLCD32aを駆動制御する図柄制御装置(画像制御装置ともいう。)32b、特別図柄保留記憶用LED32c及びバックライト及びインバータ装置等の付属ユニット(図示略)等から構成されている。図柄制御装置32bは、前述した主制御装置30と同様8ビットワンチップマイコンを中心とした論理演算回路として構成され、この他、各装置又は各種スイッチ類及び各種アクチュエータ類との入出力を行うための外部入出力回路や乱数更新のためのカウンタも設けられている。

0020

賞球制御装置31は、主制御装置30からの指令コマンドに従って球切りモータ29bを駆動制御して入賞があった場合に遊技者に賞球としての遊技球を払い出すと共に、プリペイドカードユニット13、CR精算表示装置42等も制御するものであり、マイクロコンピュータを用いた論理演算回路として構成しても良いし、ディスクリートな回路として構成しても良い。CR精算表示装置42は、前述した上皿15の貸出釦16、精算釦17及び残高表示部18等から構成されている。なお、賞球制御装置31は主制御装置30からの指令に従って遊技球を払い出すが、入賞に対応した遊技球が払い出されているか否かの検知は主制御装置30で行われる。

0021

発射制御装置33は、遊技者が操作する発射ハンドル24の回動量に応じて発射モータ33aを駆動制御するものであり、その他遊技者が発射停止スイッチ24bを押下したとき発射を停止させたり、発射ハンドル24に内蔵されたタッチスイッチ24aがオン状態のときタッチランプ45を点灯させるためのものである。ランプ制御装置34は、前述した主制御装置30と同様8ビットワンチップマイコンを中心とした論理演算回路として構成されており、主制御装置30からの指令を受けて普通図柄表示装置37、大当たりランプやエラーランプ等のランプ類及びLED等の周知の各種ランプ類を点灯表示させるためのものである。音制御装置35は、前述した主制御装置30と同様8ビットワンチップマイコンを中心とした論理演算回路として構成されており、音源IC及びアンプ等を備え、主制御装置30の指令を受けてスピーカ46を駆動制御するためのものである。

0022

前述した特別図柄表示装置32、賞球制御装置31、発射制御装置33、ランプ制御装置34及び音制御装置35への送信は、主制御装置30からのみ送信することができるよう一方向通信の回路として構成されている。

0023

以上説明した回路構成を有するパチンコ機10の主制御装置30内の8ビットワンチップマイコン(以下、単に「マイコン」と呼ぶ。)が実行する処理を図7に示すフローチャートに従って説明することにする。図7に示されるフローチャートは、主制御装置30のマイコンにより実行されるメイン処理を表したものであり、約2ms毎のハード割り込みにより定期的に実行される処理である。本実施形態では、ステップS100〜S200までの各処理は割り込み処理において1回だけ実行される処理であって「本処理」と称し、この本処理を実行して余った時間内に時間の許す限り繰り返し実行されるステップS210及びS220の処理を「残余処理」と称する。

0024

マイコンによるハード割り込みが実行されると、まず正常割り込みであるか否かが判定される(ステップS100)。この判定処理は、メモリとしてのRAMの所定領域の値が所定値であるか否かを判定することにより行われ、マイコンにより実行される処理が本処理に移行したとき、通常の処理を実行して良いのか否かを判定するためのものである。正常でないと判定されると(ステップS100:NO)、前記メモリの所定領域に所定値を書き込む、特別図柄及び普通図柄を初期図柄とする等のメモリの作業領域への各初期値の書き込み、即ち初期設定が為され(ステップS110)、残余処理に移行する。

0025

正常との肯定判定が為されると(ステップS100:YES)、まず初期乱数更新処理が実行される(ステップS120)。この処理は、初期乱数の値をこの処理を実行する毎に+1インクリメントする処理であり、この処理実行前の初期乱数の値に+1するが、この処理を実行する前の乱数値が最大値である「249」のときには次回の処理で初期値である「0」に戻り、「0」〜「249」までの250個の整数を繰り返し昇順に作成する。

0026

ステップS120に続く当否乱数更新処理(ステップS130)は、初期乱数更新処理と同様に処理を実行する毎に+1するインクリメント処理であるが、最大値である「249」に至ると次回の処理では、そのときの初期乱数の値を初期値(以下、「更新初期値」という。)とし、更に割り込み毎に+1する処理を続行して更新初期値より「1」少ない値(以下、「更新最大値」という。)に至れば次回の処理では、更にそのときの初期乱数の値を初期値とし「0」から「249」までの250個の整数値を繰り返し作成する。

0027

大当たり図柄乱数更新処理(ステップS140)は、「0」〜「14」の15個の整数を繰り返し作成するカウンタとして構成され、本処理毎に+1され最大値を超えると初期値である「0」に戻る。15個の各乱数値「0」〜「14」は、画面上に表示される3桁同一の「000」、「111」、「222」、「333」、「444」、「555」、「666」、「777」、「888」、「999」、[AAA」、「BBB」、「CCC」、「DDD」、「EEE」に各々対応する。外れ図柄乱数更新処理(ステップS150)は、左図柄用乱数、中図柄用乱数及び右図柄用乱数から構成され、大当たりでないときの外れ図柄として使用される。左図柄用乱数は、「0」〜「14」の15個の整数を繰り返し作成するカウンタとして構成され、本処理毎に+1され最大値を超えると初期値である「0」に戻る。中図柄用乱数は、「0」〜「14」の15個の整数を繰り返し作成するカウンタとして構成され、左図柄用乱数が「0」に戻るときに本処理で+1され最大値を超えると「0」に戻る。右図柄用乱数は、「0」〜「14」の15個の整数を繰り返し作成するカウンタとして構成され、中図柄用乱数が「0」に戻るときに本処理毎に+1され最大値を超えると「0」に戻る。普通図柄乱数更新処理(ステップS160)は、「0」〜「6」の7個の整数を繰り返し作成するカウンタとして構成され、本処理で+1され最大値を超えると初期値である「0」に戻る。

0028

前述した各乱数更新処理(ステップS120〜S160)により、初期乱数、当否乱数、大当たり図柄乱数、外れ図柄乱数及び普通図柄乱数が各々更新されるが、続く処理(ステップS170)では、パチンコ機10に設けられ主制御装置30に接続された各スイッチ類の入力処理が実行される。本実施形態では、前述した変動停止スイッチ25a、満タンスイッチ43、補給スイッチ44、タッチスイッチ24a、第1種始動口スイッチ36a、Vスイッチ40a、カウントスイッチ40b、普通図柄作動スイッチ38a及び39a、その他の入賞口に設けられた図示しない各入賞検知スイッチ、等の各スイッチの作動状況チェックする処理が実行される。この入力処理により第1種始動口スイッチ36aに入力がある場合には、始動口としての普通電動役物36に遊技球が入賞したときであり、この割り込み処理時の前記当否乱数の値が抽出され当否判定値と比較される(ステップS180)。なお、変動停止スイッチ25aの入力処理については後述する。

0029

本実施形態のパチンコ機10は、確率変動機として構成され、通常確率時では当否判定値は「1」であるが、高確率時には「1」、「3」、「5」、「7」、「9」となり、大当たりとなる確率は通常確率時の5倍となる。前述したように当否乱数を構成する「0」〜「249」の250個の各整数値の出現率は均一であり、遊技球が始動口としての普通電動役物36に入賞するタイミングで抽出される当否乱数の値は、前記ハード割り込みの微小時間である2msと比較すれば入賞タイミングを微小時間単位で調節できないことから無作為に抽出された値となり、当否乱数は完全なる乱数として機能する。従って、抽出された当否乱数の値が当否判定値と一致して大当たりとなる確率は、通常確率時には1/250であり、高確率時には1/50(=5/250)となる。

0030

当否判定処理(ステップS180)が終了すると、続いて画像出力処理(ステップS190)が実行される。画像出力処理(ステップS190)において、そのコマンドコードは、主制御装置30から特別図柄表示装置32の図柄制御装置32bに送信されるコードである。図8の表に示すように、主制御装置30と図柄制御装置32bとの送信コマンドコードは、1.電源投入時、2.客待ちデモ、3.図柄変動中、4.大当たり開始時、5.大当たり中、6.大当たり終了時、7.動作異常時、の7種類の区間に大別できる。

0031

上記のうち、図柄変動中コマンドは、図8の区間3に示す通り、30個の変動タイムコード、15個の左確定図柄指定コード、15個の中確定図柄指定コード、15個の右確定図柄指定コード、の4種類のコマンドコード(以下、この4つのコマンドコードを総称して「画像表示コマンド」ということもある。)に分類される。また、変動停止手段からの信号が主制御装置30に入力される構成とした場合は、図柄制御装置32bには変動停止コマンドも送信される。さらに、変動時間の終了に伴って図柄確定コマンドが送信される構成であり、図柄確定コマンドが送信された後に、前記確定図柄指定コードで指定された図柄で最終的に確定表示されることになる。なお、他のコマンドコードは周知であるので、その詳細は割愛する。

0032

上記変動タイムコード、左、中及び右確定図柄指定コードは、遊技盤22上に発射された遊技球が始動口としての普通電動役物36に入賞したとき2バイトずつほぼ同時に図柄制御装置32bへ送信されるコマンドコードであり、その内容は次のようにして決定される。即ち、主制御装置30では、遊技球が普通電動役物36に入賞すると、そのときの当否乱数の値、大当たり図柄乱数の値、外れ図柄乱数の値が各々抽出される。抽出された当否乱数値は、通常確率時には当否判定値「1」と比較し、高確率時には当否判定値「1」、「3」、「5」、「7」及び「9」と比較して一致すれば大当たりが発生、一致しなければ外れとなる。大当たり発生時には、抽出された大当たり図柄乱数値に+1して、この値を左、中及び右確定図柄指定コードの識別番号とする。即ち、左、中及び右確定図柄指定コードの識別番号は同一となる。当否乱数値と当否判定値が一致しなくて外れのときには、抽出された外れ図柄乱数の左図柄用乱数値、中図柄用乱数値及び右図柄用乱数値の各々の値に+1した値を各々左、中及び右確定図柄指定コードの識別番号とする。このとき、偶然に3つの識別番号が一致する場合には、右確定図柄指定コードの識別番号の値を「1」だけ異なる値とする処理が為される。前述した変動タイムコードは30種類の変動時間が設定され、左、中及び右確定図柄指定コードの識別番号が全て一致するときには大きな値とし、全て一致しなくとも左及び中確定図柄指定コードの識別番号が一致するときには中間の値とし、全く一致しないときには小さな値に振り分けられる。

0033

続く、各出力処理(ステップS200)は、遊技の進行に応じて主制御装置30は、特別図柄表示装置32、賞球制御装置31、発射制御装置33、ランプ制御装置34、音制御装置35、大入賞口ソレノイド40c等の各種ソレノイドに対して各々出力処理を実行する。即ち、前記各入力処理(ステップS170)により遊技盤22面上の各入賞口に遊技球の入賞があることが検知されたときには賞球としての遊技球を払い出すべく賞球制御装置31に賞球データを出力する処理を、遊技状態に対応したサウンドデータを音制御装置35に出力する処理を、パチンコ機10に異常があるときにはエラー中であることを報知すべく図柄制御装置32bにエラー信号を出力する処理を、更には、大当たり発生時には大当たり処理を、各々実行し残余処理に移行する。

0034

前述した本処理に続く残余処理は、外れ図柄乱数更新処理(ステップS210)及び初期乱数更新処理(ステップS220)から構成されるが、各々前述したステップS150及びステップS120と全く同じ処理である。この2つの処理は無限ループを形成し、次の割り込みが実行されるまで時間の許される限り繰り返し実行される。

0035

以上、主制御装置30で実行されるメインルーチンを詳述したが、次に、主制御装置30で実行される画像出力処理に従い、図柄制御装置32bで実行される画像表示処理について説明する。特別図柄表示装置32の図柄制御装置32bは主制御装置30から画像表示コマンドを受信すると、指示された変動タイムコード(変動時間)に従って、図柄を変動させ、指示された変動時間経過以後、確定信号の受信により主制御装置30により指示された確定図柄で確定させる。確定図柄が大当たり図柄であれば大当たりが発生し、確定図柄が外れ図柄であれば、外れとなる。大当たり発生の場合には、その前に必ずリーチが発生し、一方、大当たりでない場合にも、リーチが発生する可能性がある構成としている。なお、リーチを発生させるか否かを決定するのがリーチ発生乱数であるが、これに関しては従来と同様なので、ここでの詳細は割愛する。

0036

通常は、上記のように確定信号の受信により主制御装置30により指示された確定図柄で確定するわけだが、本実施形態におけるパチンコ機10では、図柄の変動中に変動停止釦25の押下により、確定信号の受信前に図柄の変動を停止させる場合が発生する。なお、ここでいう図柄とは特別図柄だけではなく普通図柄も含み、普通図柄のみ又は普通図柄及び特別図柄両方の変動を停止表示させることも可能である。一般的に、普通図柄とは普通図柄作動ゲート38又は39を遊技球が通過することに起因して、普通図柄表示装置37において変動表示され、例えば「7」等の所定図柄で確定表示されると、普通電動役物36を開放して遊技者に有利な状態にすること等をいう。この普通図柄の変動中においても、変動停止釦25を操作したときに普通図柄が停止表示する構成とすれば、普通電動役物36が開放されて有利な状態に突入するか否かが遊技者は早期に確認することができる。また、結果的に普通図柄の抽選時間を短縮する構成としても良い。普通図柄用の変動停止手段を設ける場合は、特別図柄用の変動停止釦25と兼用しても良いし、特別図柄用の変動停止釦25とは別に設置しても良い。まず、本実施形態の第1具体例として、変動停止スイッチ25aからの信号が主制御装置30に入力される場合(図5参照)における主制御装置30の処理として、各入力処理(ステップS170)及び各出力処理(ステップS200)で行われる処理を各パターンに分けて詳述する。

0037

図9に示す変動停止フローチャート1では、図柄の変動中に変動停止釦25の操作があれば、つまり主制御装置30が変動停止スイッチ25aからの信号を受信すると(ステップS300:YES)、停止信号を図柄制御基板32bに送信し(ステップS310)、リターンに抜ける。なお、操作がなければ(ステップS300:NO)、そのままリターンに抜ける。

0038

変動停止釦25が操作されて停止信号を送信した場合及び操作されずに停止信号を送信していない場合共に、引き続き図10に示す変動確定フローチャート1の処理に移行する。ここでは、予め変動タイムコードに従って指定した所定の変動時間が経過したか否かを判断し(ステップS400)、所定時間が経過していれば(ステップS400:YES)、確定信号を送信し(ステップS410)、リターンに抜ける。なお、所定時間が経過していなければ(ステップS400:NO)、そのままリターンに抜ける。つまり、いずれにしても所定の変動時間経過以後に確定信号を送信するわけだが、変動停止釦25の操作があれば停止信号と確定信号とを送信することになり、変動停止釦25の操作が無ければ確定信号のみを送信する。

0039

また、変動停止釦25の操作が如何なるときに有効となるか又は無効となるかという条件を設定することもできる。図11に示す変動停止フローチャート2は、リーチ時のみ変動停止釦25の操作を有効とする処理である。まず、リーチの有無を判断し(ステップS500)、リーチ中であれば(ステップS500:YES)、変動停止釦25が操作され変動停止スイッチ25aからの信号を受信したか否かを判断し(ステップS510)、操作があれば(ステップS510:YES)、停止信号を図柄制御基板32bに送信し(ステップS520)、リターンに抜ける。操作がなければ(ステップS510:NO)、そのままリターンに抜ける。なお、リーチ中でなければ(ステップS500)、そのままリターンに抜ける。つまりリーチ中でなければ変動停止釦25の操作は判断がされず、変動停止釦25の操作をしても無効となる。その後は引き続き図10の変動確定フローチャート1の処理に移行する。

0040

また、図柄の変動停止の保留数によっても有効と無効を切り替えることができる。図12に示す変動停止フローチャート3は、保留数が0の時のみ変動停止釦25の操作を有効とする処理である。まず、保留数の有無を判断し(ステップS600)、保留数が0であれば(ステップS600:YES)、変動停止釦25が操作され変動停止スイッチ25aからの信号を受信したか否かを判断し(ステップS610)、操作があれば(ステップS610:YES)、停止信号を図柄制御装置32bに送信し(ステップS620)、リターンに抜ける。操作がなければ(ステップS610:NO)、そのままリターンに抜ける。なお、保留数が0でなければ(ステップS600)、そのままリターンに抜ける。つまり保留数が0でなければ変動停止釦25の操作は判断がされず、保留がある時に変動停止釦25の操作をしても無効となる。その後は引き続き図10の変動確定フローチャートの処理に移行する。なお、遊技者は遊技盤22上から特別図柄保留記憶用LED32cによって現在の保留数を視認できる。

0041

一方、この第1具体例における図柄制御装置32bの処理としては、図13の変動停止フローチャート4に示すように、まず、予め送信された変動タイムコードによって指定された所定の変動時間が経過したか否かを判断し(ステップS700)、所定時間が経過していれば(ステップS700:YES)、通常のように図柄停止処理を行い(ステップS710)、リターンに抜ける。また、所定時間が経過していなくても(ステップS700:NO)、主制御装置30から送信された停止信号を受信すると(ステップS720:YES)、その時点で図柄停止処理を行い(ステップS710)、リターンに抜ける。一方、停止信号を受信していなければ(ステップS720:NO)、そのままリターンに抜けて、所定時間が経過した時点で図柄停止処理を行う。

0042

図柄停止処理の後、引き続き図14に示す変動確定フローチャート2に移行する。ここでは、停止表示された図柄は主制御装置30から確定信号を受信した時点で(ステップS800:YES)、図柄確定処理を行い(ステップS810)、リターンに抜ける。確定信号を受信していなければ(ステップS800:NO)、そのままリターンに抜ける。なお、通常、確定信号を受信しない場合は考えられないが、仮にそのような場合には、確定処理をすぐには行わず、次回の変動開始時に送信されるストローブ割込み)信号又は該信号後に送信される変動に関する情報(変動タイム及び各確定図柄指定コマンド)のいずれかを受信したときに、前回の確定信号を取り損ねたと認識し確定したものとみなすこととする。

0043

次に、第2具体例として、変動停止スイッチ25aからの信号が図柄制御装置32bに直接入力される場合(図6参照)における図柄制御装置32bの処理を詳述する。なお、ここでは主制御装置30は変動停止釦25に関係なく通常の処理を行う。

0044

図15の変動停止フローチャート5に示すように、まず、予め送信された変動タイムコードによって指定された所定の変動時間が経過したか否かを判断し(ステップS900)、所定時間が経過していれば(ステップS900:YES)、通常のように図柄停止処理を行い(ステップS910)、リターンに抜ける。また、所定時間が経過していない場合に(ステップS900:NO)、変動停止釦25を操作して変動停止スイッチ25aから信号を受信すると(ステップS920:YES)、その時点で図柄停止処理を行い(ステップS910)、リターンに抜ける。一方、操作がなく信号を受信していなければ(ステップS920:NO)、そのままリターンに抜けて、所定時間が経過した時点で図柄停止処理を行う。その後は、第1具体例と同様に、図14に示す変動確定フローチャート2に移行する。

0045

また、第1具体例と同様に、変動停止釦25の操作を如何なるときに有効にするか又は無効にするかという条件を設定することもできる。例えば、図16の変動停止フローチャート6に示すように、リーチ時のみ変動停止釦25の操作を有効とすることもできる。まず、リーチの有無を判断し(ステップS1000)、リーチ中であれば(ステップS1000:YES)、変動停止釦25の操作があるか否か、つまり変動停止スイッチ25aから信号を受信したか否かを判断し(ステップS1010)、操作があれば(ステップS1010:YES)、図柄停止処理を行い(ステップS1020)、リターンに抜ける。リーチ中でない場合(ステップS1000:NO)又は変動停止釦25の操作がなければ(ステップS1010:NO)、予め送信された変動タイムコードによって指定された所定の変動時間が経過したか否かを判断し(ステップS1030)、所定時間が経過していれば(ステップS1030:YES)、通常のように図柄停止処理を行い(ステップS1020)、リターンに抜ける。所定時間が経過していなければ(ステップS1030:NO)、そのままリターンに抜ける。つまりリーチ中でなければ操作の判断がされず、リーチ中以外に変動停止釦25の操作をしても無効となる。その後は引き続き図14に示す変動確定フローチャート2の処理に移行する。

0046

図17は、各コマンドと図柄変動表示との関係を例示するタイミングチャートである。まず、第1種始動口としての普通電動役物36に遊技球が入賞して、第1種始動口スイッチ36aで検出されると、主制御装置30は、当否乱数の値を抽出し当否判定値と比較して大当たりか否かを判定し、その結果に対応した変動時間及び確定図柄コマンドを図柄制御装置32bに送信する。図柄制御装置32bが主制御装置30から変動時間及び確定図柄コマンドを受信すると、指示された変動タイムコードに従って図柄を変動開始させる。変動中に変動停止手段としての変動停止釦25が操作され、変動停止スイッチ25aからの入力信号(停止信号)が主制御装置30で検出されると、主制御装置30は変動停止信号を図柄制御装置32bに送信し、変動中の図柄を停止表示させる(第1具体例)。また、主制御装置30を介さず直接図柄制御装置32bに変動停止スイッチ25aからの停止信号が送信される構成としても良い(第2具体例)。ここでは、変動停止手段を操作するタイミングは停止表示する図柄の種類とは関係なく、操作した時点で予め指定された最終的な確定図柄で停止表示する。停止表示中の図柄は所定の変動時間経過以後に主制御装置30から送信される確定信号を受信することにより、停止表示中の図柄で最終的に確定表示される。なお、図柄制御装置32bが確定信号を受信するまでに、変動停止手段が操作されず変動停止スイッチ25aで入力信号が検出されなかった場合は、確定表示される前に停止表示する機会を失う。

0047

このとき、図柄は停止表示しても次の変動にすぐ移るわけではないので、停止表示してから確定信号を受信して確定表示するまでは余剰時間が発生する。この余剰時間は遊技者にとっては無駄な時間となるため、当たり外れに関係なく、この余剰時間中に通常では見ることのできない専用のプレミアム画像等を表示したり物語を展開したりすること等により、表示上の付加価値を遊技者に付与し、この余剰時間を有効に活用することが好ましい。例えば、停止表示時に特定図柄が表示された場合は当たり専用画像を表示し、非特定図柄の場合は外れ専用画像を表示する等すれば、通常では見られない稀少度の高いプレミアム画像を見ることができ、遊技者の射幸心を高めることができる。ここで表示される画像は変動停止手段を操作しなければ登場しない画像であり、外れ専用画像よりも当たり専用画像の方が稀少度の高い画像を表示することが好ましい。なお、当たり専用画像は大当たりのラウンド中にも表示すれば、大当たりした際の喜びを増大させることができる。また、当たり専用画像又は外れ専用画像を表示する以外にも、当たり外れに関係なく余剰時間を利用して物語を展開させることもできる。ここでは、物語の展開する方向性を変化させることにより、当たりの場合と外れの場合に差を設け、遊技者の期待感を煽ることができる。物語は変動毎に終了しても良いし、複数回継続して展開するようにしても良い。

0048

また、停止表示では、例えば、停止表示中の図柄を僅かに上下又は左右に揺動変動させるか、又は確定表示色と異なる色で表示すること等により遊技者に図柄が確定していないことを示すトリック表示等が好適であると考えられる。このようなトリック表示によって、遊技者の画面へ注目度が高まる。

0049

また、これまで説明してきた変動停止手段の構成は同様に時間決定手段として利用しても効果的である。一般的に図柄の変動時間が短くなれば、乱数抽出回数が増えるため大当たりの機会が増え、遊技者にとっては有利である。そのため、従来では、普通図柄の抽選時間が短縮されたり、普通電動役物の開放時間が長くなったり等の遊技者にとってのメリットがある時間短縮機能を備えた時短機が開発されているが、遊技者が意図的に自らの技量で変動時間を操作することのできる弾球遊技機は未だ開発されていない。そこで、第2実施形態として上記変動停止手段(変動停止釦25)を時間決定手段(時間決定釦等)として置き換えた場合について詳述する。なお、その他の共通する部分に関しては、第1実施形態と同様の構成とする。なお、変動停止手段と時間決定手段を1台の弾球遊技機に同時に設置することも可能である。

0050

弾球遊技機前面に遊技者が操作可能な時間決定手段を設け、図柄の変動表示中に前記時間決定手段を操作することにより抽出される乱数に従い変動時間を短縮又は伸長することを特徴とする弾球遊技機であれば、遊技者が時間決定手段を操作することにより、図柄の変動時間を決定することができる。なお、ここでいう変動時間とは、普通図柄の変動時間でも良いし、特別図柄の変動時間でも構わない。例えば、普通図柄であれば単位時間あたりの普通電動役物36の開放回数に、特別図柄であれば単位時間当たりの大当たり乱数の抽出回数に変化を与え、遊技者の技術の介入を図ることができ、遊技者に通常の遊技とは異なる楽しみを付加し、興趣を高めることができる。

0051

このとき、現在変動中のものについては、既に主制御装置30から送信された変動タイムコードに従って変動しているので、次回の変動表示の変動時間を前記時間決定手段により決定する構成とする。このように、次回の変動表示の変動時間を決定させることにより、特別図柄であれば主制御装置30で抽出される変動時間を変化させて図柄制御装置32bに送信することができ、図柄制御装置32b、音制御装置35及びランプ制御装置34による制御を同期させることができる。

0052

また、前記乱数の抽選は表示装置に図柄を回転又はスクロール表示させる等して遊技者が視認可能な状態で表示することが好ましい。例えば、奇数であれば変動時間が短縮され偶数であれば伸長されたり、7であれば変動時間が最も短くなる等の設定をして、変動表示中のこの乱数を表示し遊技者に視認可能とすることで、なるべく短い変動時間の乱数を狙い時間決定手段を操作することにより遊技者の技術介入を図ることができる。ここでの表示装置としては、図18に示すように特別図柄表示装置32を利用してLCD32aの画面上の一部に表示することができる。例えば、LCD32aの所定領域、例えば、中央下部では左中右の3列で特別図柄を変動表示させ、所定領域、例えば上部に特定領域を設けて時間決定手段乱数(図柄)及び普通図柄を1列又は2列で変動表示させる。なお、普通図柄や時間決定手段の乱数は特別図柄よりも小さく表示することが好ましい。図柄は0〜9までの10種類の数字順番にスクロール表示させる。その他に、別途図19に示すような7セグメント表示装置47や図20に示すような所定の図柄を設けたドラム48を設置して表示しても良い。

0053

上述した変動停止手段と同様に、時間決定手段においても操作が如何なるときに有効又は無効となるかという条件を設定することもできる。例えば、前記時間決定手段は確率変動中又は時短中に限定して操作を有効としてもよい。このような構成とすれば、特別図柄の変動時間決定手段であれば確率変動中に新たな楽しみを付加することができ、普通図柄の変動時間決定手段であればベースの上昇を抑えて、新たな楽しみを付加することができる。また、変動保留数に応じて前記時間決定手段を有効から無効へ又は無効から有効へと変化させる構成としても良い。

0054

このように、図柄の変動中に時間決定手段の操作により、次回の図柄変動時間を決定する場合が発生するが、このときの主制御装置30の処理として、各入力処理(ステップS170)及び各出力処理(ステップS200)で行われる処理を各パターンに応じて図21図24のフローチャートに従って詳述する。なお、主制御装置30のその他の処理については通常の場合と同様である。

0055

図21に示す時間抽選フローチャート1は次回の変動表示される変動時間を抽選する処理である。図柄の変動中に時間決定手段の操作があれば、(ステップS1100:YES)、乱数を抽出し(ステップS1110)、その抽出した乱数が予め設定された所定数であるか否かを判断し(ステップS1120)、例えば、所定数であれば変動時間を短縮し、所定数以外であれば変動時間を伸長する設定とすると、所定数であれば(ステップS1120:YES)、短い変動時間を抽出し(ステップS1130)、リターンに抜ける。所定数でなければ(ステップS1120:NO)、長い変動時間を抽出して(ステップS1140)、リターンに抜ける。なお、時間決定手段の操作がなければ(ステップS1100:NO)、そのままリターンに抜ける。

0056

図22に示す時間変更フローチャートは、図21の時間抽選フローチャート1の後に続く、次回の変動表示される変動時間を変更する処理である。まず、図21の時間抽選フローチャートにより抽出された変動時間の記憶があるか否かを判断し(ステップS1200)、記憶があれば(ステップS1200:YES)、その記憶を変動時間として次の変動時間へ割り当てて(ステップS1210)、記憶がなければ(ステップS1200:NO)、そのまま変動時間を抽出し(ステップS1220)、コマンドを図柄制御装置32bに送信して(ステップS1230)、リターンに抜ける。要するに、図柄制御装置32bへコマンドを送信する前に、主制御装置30の方で変動時間を決めるわけだが、その前の段階で時間決定手段を操作していれば、抽出されたものが記憶されているので、それを変動時間として図柄制御装置32bへ送信する。なお、時間決定手段により抽出された変動時間の記憶は一度変動時間として図柄制御装置32bへ送信したらその時点で消滅する。また、その記憶は遊技者が時間決定手段を操作していれば必ず存在する。

0057

また、ここでは他の方法として、変動中に時間決定手段の操作があれば、乱数を抽出する代わりに短時間フラグを立てることにより変動時間を変更させることもできる。要するに、図柄制御装置32bへコマンドを送信する前に主制御装置30の方で変動時間を決めるわけだが、その前の段階で時間決定手段を操作していれば、短時間フラグが立っているので、比較的短い変動パターンの記憶されているテーブルから変動パターンを選択し、図柄制御装置32bへ送信する。一方、時間決定手段を操作していなければ、短時間フラグが立っていないため、通常のテーブルから変動パターンを選択し、図柄制御装置32bへ送信する。

0058

図23に示す時間抽選フローチャート2は、確率変動中又は時短中に限定して時間決定手段の操作を有効とした場合に次回に変動表示される変動時間を抽選する処理である。まず、確率変動中又は時短中等の特典遊技中か否かを判断し(ステップS1300)、特典遊技中であれば(ステップS1300:YES)、時間決定手段の操作があるか否かを判断し(ステップS1310)、操作があれば(ステップS1310:YES)、乱数を抽出し(ステップS1320)、その抽出した乱数が予め設定された所定数であるか否かを判断する(ステップS1330)。例えば、所定数であれば変動時間を短縮し、所定数以外であれば変動時間を伸長する設定とした場合、所定数であれば(ステップS1330:YES)、短い変動時間を抽出し(ステップS1340)、リターンに抜ける。所定数でなければ(ステップS1330:NO)、長い変動時間を抽出して(ステップS1350)、リターンに抜ける。なお、特典遊技中でなければ(ステップS1300:NO)、時間決定手段の操作は判断されずにそのままリターンに抜ける。また、時間決定手段の操作がなければ(ステップS1310:NO)、そのままリターンに抜ける。その後は、図21に示す時間抽選フローチャートと同様に、引き続き図22に示す時間変更フローチャートに移行する。

0059

図24に示す時間抽選フローチャート3は、図柄の変動停止の保留数に応じて時間決定手段の操作の有効と無効を切り替える場合に次回の変動表示される変動時間を抽選する処理である。ここでは、保留数が3個以上の場合に時間決定手段の操作を有効としているが、保留数の数はこれに限らず適宜設定可能である。なお、上述したように、遊技者は遊技盤22上から特別図柄保留記憶用LED32cによって現在の保留数を視認できる。まず、保留数が3個以上か否かを判断し(ステップS1400)、保留数が3個以上であれば(ステップS1400:YES)、時間決定手段の操作があるか否かを判断し(ステップS1410)、操作があれば(ステップS1410:YES)、乱数を抽出し(ステップS1420)、その抽出した乱数が予め設定された所定数であるか否かを判断する(ステップS1430)。例えば、所定数であれば変動時間を短縮し、所定数以外であれば変動時間を伸長する設定とした場合、所定数であれば(ステップS1430:YES)、短い変動時間を抽出し(ステップS1440)、リターンに抜ける。所定数でなければ(ステップS1430:NO)、長い変動時間を抽出して(ステップS1450)、リターンに抜ける。なお、保留数が3個未満であれば(ステップS1400:NO)、時間決定手段の操作は判断されずにそのままリターンに抜ける。また、時間決定手段の操作がなければ(ステップS1410:NO)、そのままリターンに抜ける。その後は、図21に示す時間抽選フローチャートと同様に、引き続き図22に示す時間変更フローチャートに移行する。

0060

以上詳細に説明したように、第1実施形態によれば、変動停止手段を設置することにより、早期に最終の確定図柄を確認できるため、お金の両替又はカードの購入等の用事で席を離れる際等に遊技の結果を気にする必要が無く時間を有効に利用できると共に、主制御装置30と図柄制御装置32bとの同期を図ることができる。また、状態表示手段を設ければ、変動停止手段が有効であるか否かを報知することができ、例えば、変動表示手段がリーチの有無に応じて有効又は無効へと変化するため、状態表示手段は変動停止手段が有効であるか否かを報知すると共に、リーチとなるか否かについても報知することができる。第1具体例のように、変動停止スイッチ25aからの信号を主制御装置30に入力すれば、図柄制御装置32bの変化に音の出力やランプの発光を同期して表現することができ、表示上の違和感もない興趣ある画像を表現することができる。また、第2具体例のように、図柄制御装置32bに直接入力できる構成とすれば、主制御装置30の負担を軽減することができると共に、表示上の違和感もない興趣ある画像を表現することもできる。さらに、変動停止手段の操作による停止表示時の図柄によって専用画像を表示する等の遊技上の付加価値を付与すれば、通常では見られないプレミアム画像を見ることができ、単に遊技球を発射して大当たりを待つだけという単調さからも解放され、遊技者の射幸心を高めることができると共に、停止表示から確定表示までの余剰時間を有効に活用することができる。さらにまた、第2実施形態によれば、この変動停止手段の構成を時間決定手段として利用することにより、遊技者自身の技量により変動時間を変更することができるため、遊技者に通常の遊技とは異なる楽しみを付加し、遊技の娯楽性趣向性を高めることが可能となる。

0061

なお、本発明は、上述の実施の形態に限定されるものではなく、本発明の技術的思想を逸脱しない範囲において、改変等を加えることができるものであり、それらの改変、均等物等も本発明の技術的範囲に含まれることとなる。例えば、所謂第1種パチンコ遊技機に限定されず、第2種パチンコ遊技機、第3種パチンコ遊技機の何れの形態にも適応可能である。具体的には、球が図柄作動口に入球又は図柄作動通過領域を通過することに起因して画面上で図柄を所定時間変動表示した後に確定表示し、この確定表示した図柄が特定の図柄で揃い確定すると「大当たり」とする第1種、球が特定の作動口に入球することに起因して羽根部材を備えた電動役物羽根部分を開き遊技者に有利な遊技状態とし且つ球が電動役物内に設けた特定領域を通過すると「大当たり」とする俗称「ヒコーキ」と呼ばれる第2種、球が図柄作動口に入球又は図柄作動通過領域を通過することに起因して画面上で図柄を所定時間変動表示した後に確定表示し、この確定表示した図柄が特定の図柄で揃い確定し、権利発生口としての特定入賞口内に設けた特定領域に球を入れると「大当たり」とする俗称「権利物」と呼ばれる第3種の何れでも良いし、また、それらを組み合わせたものでも構わない。

図面の簡単な説明

0062

図1本発明を採用したパチンコ機10を示す外観斜視図である。
図2変動停止釦25周辺の拡大図である。
図3パチンコ機10を裏面から見た裏面図である。
図4パチンコ機10の遊技盤22の構成を示す正面図である。
図5パチンコ機10の電気的構成を示すブロック図である。
図6第2実施形態に形態におけるパチンコ機10の電気的構成を示すブロック図である。
図7主制御装置30で実行される「メインルーチン」の処理を示すフローチャートである。
図8主制御装置30から図柄制御装置32bに送信されるコマンドコードを示す図表である。
図9主制御装置30で実施される変動停止処理1を示すフローチャートである。
図10主制御装置30で実施される変動確定処理1を示すフローチャートである。
図11主制御装置30で実施される変動停止処理2を示すフローチャートである。
図12主制御装置30で実施される変動停止処理3を示すフローチャートである。
図13図柄制御装置32bで実施される変動停止処理4を示すフローチャートである。
図14図柄制御装置32bで実施される変動確定処理2を示すフローチャートである。
図15図柄制御装置32bで実施される変動停止処理5を示すフローチャートである。
図16図柄制御装置32bで実施される変動停止処理6を示すフローチャートである。
図17各コマンドと図柄変動表示との関係を例示するタイミングチャートである。
図18時間決定手段の乱数の表示例である。
図19時間決定手段の乱数の表示に用いる7セグメント表示機である。
図20時間決定手段の乱数の表示に用いるドラム型表示機である。
図21主制御装置30で実施される時間抽選処理1を示すフローチャートである。
図22主制御装置30で実施される時間変更処理を示すフローチャートである。
図23主制御装置30で実施される時間抽選処理2を示すフローチャートである。
図24主制御装置30で実施される時間抽選処理3を示すフローチャートである。

--

0063

10・・・パチンコ機、 13・・・プリペイドカードユニット、15・・・上皿、 18・・・残高表示部、22・・・遊技盤、 24・・・発射ハンドル、25・・・変動停止釦、 25a・・・変動停止スイッチ、30・・・主制御装置、 31・・・賞球制御装置、32・・・特別図柄表示装置、 32a・・・LCDパネルユニット、32b・・・図柄制御装置、 32c・・・特別図柄保留記憶用LED、34・・・ランプ制御装置、 35・・・音制御装置、36・・・普通電動役物、 37・・・普通図柄表示装置、38,39・・・普通図柄作動ゲート、38a,39a・・・普通図柄作動スイッチ、50a〜50c・・・特別図柄表示領域、

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社サンセイアールアンドディの「 遊技機」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】遊技興趣を向上させることが可能な遊技機を提供すること。【解決手段】パチンコ遊技機PY1の遊技制御用マイコン101は、第1始動口11への入賞に基づいて、第1特別図柄の変動表示を実行可能である。ま... 詳細

  • 株式会社サンセイアールアンドディの「 遊技機」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】遊技興趣を向上させることが可能な遊技機を提供すること。【解決手段】パチンコ遊技機PY1の遊技制御用マイコン101は、第1始動口11または第2始動口12への入賞に基づいて、第1特別図柄または第2... 詳細

  • 株式会社サンセイアールアンドディの「 遊技機」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】遊技興趣を向上させることが可能な遊技機を提供すること。【解決手段】パチンコ遊技機PY1の遊技制御用マイコン101は、第3時短状態における特図1の可変表示については、特図1変動パターンを、時短残... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ