図面 (/)

技術 平面型ディスプレイ装置

出願人 三菱電機株式会社
発明者 田中真純貴島拓己上田俊史
出願日 2001年6月25日 (18年7ヶ月経過) 出願番号 2001-190940
公開日 2003年1月10日 (17年1ヶ月経過) 公開番号 2003-008252
状態 未査定
技術分野 電気装置のための箱体
主要キーワード メイン部材 分割カバー カシメナット 後面カバー 取り外し状態 平面型ディスプレイ装置 材料板 軽量材料
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2003年1月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

スタンドで支持した状態のままメンテナンス作業などを容易に行うことのできるプラズマディスプレイ装置等の平面型ディスプレイ装置を提供する。

解決手段

前面カバー1の後部にプラズマディスプレイパネルユニット2を取り付け、そのユニットの後部に後面カバー3を取り付け、その後面カバー3にスタンド4を取り付けてプラズマディスプレイ装置を構成する。後面カバー3は、前記スタンド4の取り付けられる分割カバー部31と、スタンド4の取り付けられない分割カバー部32とに分割する。

概要

背景

図8は従来のプラズマディスプレイ装置の分解斜視図を示し、図9はその組立状態の斜視図を示す。このプラズマディスプレイ装置は、前面カバー1と、その後部に配置されるプラズマディスプレイパネル(PDPユニット2と、このPDPユニット2の後部に配置される後面カバー3と、一対のスタンド4,4とで構成される。PDPユニット2の背面側には回路基板5が取り付けられている。後面カバー3は、複数のビス6により前面カバー1に取り付けられる。また、スタンド4は、そのビス挿通孔7にワッシャー8を介して挿通させたビス9を後面カバー3のスタンド取付孔10に螺合することにより、後面カバー3の背面に取り付けられる。このスタンド4により、プラズマディスプレイ装置の全体が支持される。

概要

スタンドで支持した状態のままメンテナンス作業などを容易に行うことのできるプラズマディスプレイ装置等の平面型ディスプレイ装置を提供する。

前面カバー1の後部にプラズマディスプレイパネルユニット2を取り付け、そのユニットの後部に後面カバー3を取り付け、その後面カバー3にスタンド4を取り付けてプラズマディスプレイ装置を構成する。後面カバー3は、前記スタンド4の取り付けられる分割カバー部31と、スタンド4の取り付けられない分割カバー部32とに分割する。

目的

そこで、この発明の目的は、メンテナンス作業等の遂行が容易なプラズマディスプレイ装置等の平面型ディスプレイ装置、特に望ましくはスタンドで支持した状態のままメンテナンス作業等を容易に行うことができ、かつ軽量化が図れるプラズマディスプレイ装置等の平面型ディスプレイ装置を提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

前面カバーの後部にディスプレイパネルユニットを取り付け、そのユニットの後部に後面カバーを取り付けてなる平面型ディスプレイ装置において、前記後面カバーを、複数の分割カバー部に分割したことを特徴とする平面型ディスプレイ装置。

請求項2

前記後面カバーにスタンドを取り付けてなり、前記複数の分割カバー部は、前記スタンドの取り付けられる第1の分割カバー部と、前記スタンドの取り付けられない第2の分割カバー部とを含む請求項1に記載の平面型ディスプレイ装置。

請求項3

前記ディスプレイパネルユニットの背面のうち、前記第2の分割カバー部が対向する領域に、外部調整可能な部品を含む回路基板が配置されている請求項2に記載の平面型ディスプレイ装置。

請求項4

前記第2の分割カバー部の大きさは、前記回路基板に対向する大きさに限られたものとされる請求項3に記載の平面型ディスプレイ装置。

請求項5

前記第2の分割カバー部は、前記第1の分割カバー部に比べて軽量で板厚の薄い材料からなる請求項2から請求項4までのいずれかに記載の平面型ディスプレイ装置。

請求項6

前記第2の分割カバー部の取り付けに用いられる取付具の一部は蝶番とされている請求項2から請求項5までのいずれかに記載の平面型ディスプレイ装置。

技術分野

0001

この発明はプラズマディスプレイ装置等の平面型ディスプレイ装置に関し、特にその後面カバーの構造に関する。

背景技術

0002

図8は従来のプラズマディスプレイ装置の分解斜視図を示し、図9はその組立状態の斜視図を示す。このプラズマディスプレイ装置は、前面カバー1と、その後部に配置されるプラズマディスプレイパネル(PDPユニット2と、このPDPユニット2の後部に配置される後面カバー3と、一対のスタンド4,4とで構成される。PDPユニット2の背面側には回路基板5が取り付けられている。後面カバー3は、複数のビス6により前面カバー1に取り付けられる。また、スタンド4は、そのビス挿通孔7にワッシャー8を介して挿通させたビス9を後面カバー3のスタンド取付孔10に螺合することにより、後面カバー3の背面に取り付けられる。このスタンド4により、プラズマディスプレイ装置の全体が支持される。

発明が解決しようとする課題

0003

しかし、上記構成では、後面カバー3を取り外して、PDPユニット2の背面に取り付けられた回路基板5の各種電圧調整ボリューム11の調整や、ヒューズ12の交換や、その他の回路基板のメンテナンス等の作業を行おうとすると、後面カバー3と一体のスタンド4も外れてしまうので、プラズマディスプレイ装置をスタンド4で支持した状態のまま上記したメンテナンス等の作業を行うことができず、その作業を容易に行えないという問題点を有する。

0004

また、一体部品としての後面カバー3によりスタンド4を支持する構造であるため、後面カバー3全体の材料板厚を厚くして支持強度を得なければならず、装置重量が重くなってしまうという問題点がある。

0005

そこで、この発明の目的は、メンテナンス作業等の遂行が容易なプラズマディスプレイ装置等の平面型ディスプレイ装置、特に望ましくはスタンドで支持した状態のままメンテナンス作業等を容易に行うことができ、かつ軽量化が図れるプラズマディスプレイ装置等の平面型ディスプレイ装置を提供することである。

課題を解決するための手段

0006

この発明に係る平面型ディスプレイ装置は、前面カバーの後部にディスプレイパネルユニットを取り付け、そのユニットの後部に後面カバーを取り付けてなる平面型ディスプレイ装置において、前記後面カバーを、複数の分割カバー部に分割している。

0007

前記平面型ディスプレイ装置において、前記後面カバーにスタンドを取り付け、前記複数の分割カバー部が、前記スタンドの取り付けられる第1の分割カバー部と、前記スタンドの取り付けられない第2の分割カバー部とを含むものとしても良い。

0008

また、前記平面型ディスプレイ装置において、前記ディスプレイパネルユニットの背面のうち、前記第2の分割カバー部が対向する領域に、外部調整可能な部品を含む回路基板が配置されるものとしても良い。

0009

また、前記平面型ディスプレイ装置において、前記第2の分割カバー部の大きさは、前記回路基板に対向する大きさに限られたものとしても良い。

0010

また、前記平面型ディスプレイ装置において、前記第2の分割カバー部は、前記第1の分割カバー部に比べて軽量で板厚の薄い材料からなるものとしても良い。

0011

また、前記平面型ディスプレイ装置において、前記第2の分割カバー部の取り付けに用いられる取付具の一部は蝶番としても良い。

発明を実施するための最良の形態

0012

以下、この発明をその実施の形態を示す図面に基づいて具体的に説明する。なお、図8および図9に示す従来例と同一または同等の部材には同一符号を付している。

0013

実施の形態1.図1はこの発明の実施の形態1によるプラズマディスプレイ装置の概略構成を示す分解斜視図である。このプラズマディスプレイ装置は、前面カバー1と、その後部に配置されるPDPユニット2と、このPDPユニット2の後部に配置される後面カバー3と、左右一対のスタンド4,4とで構成される。PDPユニット2の背面側には、外部調整可能な部品である各種電圧調整ボリューム11やフューズ12を含む回路基板5が取り付けられている。

0014

前面カバー1は、アルミニウムプラスチック等の軽量材料からなる。後面カバー3は、各スタンド4が取り付けられる左右の分割カバー部31,31と、スタンド4が取り付けられない中央の分割カバー部32とに3分割されている。左右の分割カバー部31は、図3に示すように、亜鉛メッキ鋼板,アルミニウムあるいはプラスチック等の板材からなるメイン部材31aの裏面に、亜鉛メッキ鋼板など板材からなる補強部部材31bを重ねて構成され、これによりスタンド4を取り付けるための強度が確保されている。

0015

このプラズマディスプレイ装置の組立は以下の手順で行われる。先ず、前面カバー1の裏面にPDPユニット2が取り付けられ、PDPユニット2の背面に回路基板5が取り付けられる。回路基板5は、PDPユニット2の背面における後面カバー3の中央の分割カバー部32が対向する領域に取り付けられる。次に、後面カバー3を構成する左右の分割カバー部31,31および中央の分割カバー部32が、ビス6によりそれぞれ前面カバー1に締結される。次に、左右の分割カバー部31に、それぞれスタンド4が取り付けられる。図3に示すように、分割カバー部31のメイン部材31aと補強部材31bが重なる部分には、スタンド取付孔10が形成され、このスタンド取付孔10にカシメナット13が装着されている。スタンド4には、前記カシメナット13に整合するビス挿通孔7が形成され、このビス挿通孔7にワッシャー8を介して挿通させたビス9を前記カシメナット13に螺合させることにより、スタンド4が分割カバー部31に取り付けられる。このスタンド4によって、プラズマディスプレイ装置全体が図2のように支持される。

0016

このように構成されたプラズマディスプレイ装置では、図4のようにスタンド4で支持させた状態のまま、後面カバー3における中央の分割カバー部32を取り外すことができるので、この状態で露出する回路基板5の各種電圧調整ボリューム11を調整したり、フューズ12を交換したりでき、他の回路基板のメンテナンス等の作業も容易に行うことができる。メンテナンス等の作業後には、中央の分割カバー部32を取り外し時とは逆の手順で取り付けることにより、組立状態に復帰させることができる。

0017

また、前記後面カバー3のうち、スタンド4の取り付けられない中央の分割カバー部32は、スタンド4の取り付けられる左右の分割カバー部31,31に比べて軽量で板厚の薄い材料で構成することができるので、プラズマディスプレイ装置全体を軽量化できる。

0018

実施の形態2.図5はこの発明の実施の形態2によるプラズマディスプレイ装置の斜視図を示す。このプラズマディスプレイ装置では、後面カバー3が、回路基板5に対向する部分に開口33(図6参照)を有する分割カバー部31Aと、前記開口33を覆う分割カバー部32Aとに2分割されている。分割カバー部31Aには左右一対のスタンド4,4が取り付けられる。開口33を覆う分割カバー部32Aは、ビス14(図6参照)により分割カバー部31Aに取り付けられる。その他の構成は実施の形態1の場合と同様である。

0019

このプラズナディスプレイ装置では、後面カバー3の分割カバー部32Aが、回路基板5に対向する大きさに限られた小さいものであるため、図6に示すように取り付けのためのビス14も少なくて済み、メンテナンス等の作業時の分割カバー部32Aの取り外しが簡単になる。図6は、その分割カバー部32Aを取り外した状態を示す。

0020

実施の形態3.図7はこの発明の実施の形態3によるプラズマディスプレイ装置の斜視図を示す。このプラズマディスプレイ装置でも、後面カバー3が、実施の形態2の場合と同様に、回路基板5に対向する部分に開口33を有する分割カバー部31Aと、前記開口33を覆う分割カバー部32Aとに2分割されている。しかし、ここでは、分割カバー部31Aへの分割カバー部32Aの取り付けは、一対の蝶番15,15と2本のビス14で行われている。すなわち、分割カバー部32Aの下辺が蝶番15,15を介して前記開口33の下縁に連結され、分割カバー部32Aの上辺が2本のビス14で開口33の上縁部に締結されている。そして、ビス14による締結を解くことにより、蝶番15,15を支軸にして分割カバー部32Aが上下に回動して、開口33が開閉するようにされている。その他の構成は実施の形態2の場合と同様である。

0021

このプラズマディスプレイ装置では、分割カバー部32Aを取り外すとき、締結解除するビス14の数が少なくて済み、また取り外した分割カバー部32Aの下辺が蝶番15,15で定位置に支持されたままであるので、メンテナンス等の作業時の分割カバー部32Aの取り外しおよび取り付けがより簡単になる。

0022

なお、実施の形態1における分割カバー部32の取り付けに上記と同様に蝶番を利用してもよく、その場合にも上記と同様の効果を奏する。

0023

また、上述した各実施の形態では、この発明を平面型ディスプレイ装置のうちのプラズマディスプレイ装置に適用したものについて説明したが、この発明はプラズマディスプレイ装置以外の平面型ディスプレイ装置にも同様に適用できることは勿論である。その場合、上記PDPユニット2が他の平面型のディスプレイパネルユニットに置き換えられる。

発明の効果

0024

この発明の請求項1に係る平面型ディスプレイ装置は、前面カバーの後部にディスプレイパネルユニットを取り付け、そのユニットの後部に後面カバーを取り付けてなる平面型ディスプレイ装置であって、前記後面カバーを複数の分割カバー部に分割したので、メンテナンス等の時には必要な分割カバー部のみ取り外せばよく、メンテナンス等の作業を容易に行うことができる。

0025

この発明の請求項2に係る平面型ディスプレイ装置では、前記後面カバーにスタンドを取り付け、前記複数の分割カバー部が、前記スタンドの取り付けられる第1の分割カバー部と、前記スタンドの取り付けられない第2の分割カバー部とを含むので、後面カバーのうち第2の分割カバー部のみを取り外すことにより、スタンドで支持した状態のまま、メンテナンス等の作業を容易に行うことができる。

0026

また、この発明の請求項3に係る平面型ディスプレイ装置では、前記ディスプレイパネルユニットの背面のうち、前記第2の分割カバー部が対向する領域に、外部調整可能な部品を含む回路基板が配置されているので、スタンドの取り付けられない第2の分割カバー部を取り外すことにより、外部調整可能な部品を含む回路基板が露出し、外部からの調整を容易に行うことができる。

0027

また、この発明の請求項4に係る平面型ディスプレイ装置では、前記第2の分割カバー部の大きさは、前記回路基板に対向する大きさに限られたものとされるので、取り付け具の数が少なくて済み、メンテナンス等の作業時の分割カバー部の取り外しが簡単になる。

0028

また、この発明の請求項5に係る平面型ディスプレイ装置では、前記後面カバーのうち、強度がそれほど要求されないスタンドの取り付けられない第2の分割カバー部は、強度が要求されるスタンドの取り付けられる第1の分割カバー部に比べて軽量で板厚の薄い材料からなるものとしたので、平面型ディスプレイ装置全体を軽量化できる。

0029

また、この発明の請求項6に係る平面型ディスプレイ装置では、スタンドの取り付けられない第2の分割カバー部の取り付けに用いられる取付具の一部を蝶番としたので、第2の分割カバー部を取り外すとき、締結解除する取付具の数が少なくて済み、かつ取り外した第2の分割カバー部が蝶番で定位置に支持されたままであるので、メンテナンス等の作業時の分割カバー部の取り外しおよび取り付けがより簡単になる。

図面の簡単な説明

0030

図1この発明の実施の形態1によるプラズマディスプレイ装置の概略構成を示す分解斜視図である。
図2この発明の実施の形態1によるプラズマディスプレイ装置の組立状態を示す斜視図である。
図3この発明の実施の形態1によるプラズマディスプレイ装置におけるスタンド取付構造を分解して示す拡大断面図である。
図4この発明の実施の形態1によるプラズマディスプレイ装置の分割カバー部取り外し状態を示す斜視図である。
図5この発明の実施の形態2によるプラズマディスプレイ装置の組立状態を示す斜視図である。
図6この発明の実施の形態2によるプラズマディスプレイ装置の分割カバー部取り外し状態を示す斜視図である。
図7この発明の実施の形態3によるプラズマディスプレイ装置の組立状態を示す斜視図である。
図8従来のプラズマディスプレイ装置の概略構成を示す分解斜視図である。
図9従来のプラズマディスプレイ装置の組立状態を示す斜視図である。

--

0031

1前面カバー、2PDPユニット、3後面カバー、4スタンド、5回路基板、11電圧調整ボリューム(外部調整可能な部品)、15蝶番、31,31A分割カバー部、32,32A 分割カバー部、33 開口。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社カミオジャパンの「 筆箱」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】 本発明は、表示画面を横方向又は横方向の成分を含む斜め上方に向けた姿勢で携帯端末を配置することのできる筆箱を提供する。【解決手段】 本発明に係る筆箱は、筆記具を収容可能な収容空間及び該収容... 詳細

  • 三菱電機株式会社の「 電子装置の筐体および電子装置の設置方法」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】電子装置の輸送および保管を容易に行うことができ、かつ、電子装置の設置時に利用者が電子装置の周辺を移動する際の妨げにならず外観を損なわない技術を提供することを目的とする。【解決手段】筐体10は、... 詳細

  • トヨタ自動車株式会社の「 電源装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】後方衝突時における電源装置の高電圧部分の変形を抑制することができる電源装置を提供する。【解決手段】電源装置1は、分岐ユニット10を備えている。分岐ユニット10は、車両に搭載された複数の電子機器... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ