図面 (/)

技術 紙などを利用した立体的点描画絵手紙セット

出願人 山銅茂
発明者 山銅茂
出願日 2001年6月15日 (19年8ヶ月経過) 出願番号 2001-218818
公開日 2002年12月24日 (18年1ヶ月経過) 公開番号 2002-370478
状態 未査定
技術分野 クレジットカード等 練習用教習具
主要キーワード 独創性 折り込み リハビリ 立体的 構造的
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年12月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

これまでの手紙は平面的なもので、や絵の具を使って「手紙を書く」というのが一般通念であった。文字離れ活字離れの昨今、ますます手紙は書かなくなってきている。これを転換して、「手紙を作る」楽しみに変えていく独創的絵手紙セットにする。

解決手段

細長紙片などを筒状に巻いたりして下絵に貼りつけて、ロールの太さや色使いによって、さまざまな図画表現できるようにした立体的点描画の絵手紙セットにする。

概要

背景

概要

これまでの手紙は平面的なもので、や絵の具を使って「手紙を書く」というのが一般通念であった。文字離れ活字離れの昨今、ますます手紙は書かなくなってきている。これを転換して、「手紙を作る」楽しみに変えていく独創的絵手紙セットにする。

細長紙片などを筒状に巻いたりして下絵に貼りつけて、ロールの太さや色使いによって、さまざまな図画表現できるようにした立体的点描画の絵手紙セットにする。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

紙などを筒状に巻いたりしたものを、貼付けて作る立体的点描画が作れるようにした絵手紙セット。

請求項2

各人の自由な発想図画を立体的点描画の絵手紙に作るために必要な各種のパーツ、材料等の絵手紙セット。

図面の簡単な説明

本発明は、紙などを利用して筒状に巻いたりしたものを貼付けて作る、今までにない立体的点描画にした絵手紙ができるようにしたものである。また、本発明はだれでも簡単にできるようにするために、必要な各種材料をコンパクトにセットした形になっている。さらに各人が自由な発想図画を立体的点描画絵手紙に作れるようにするための各種のパーツ、材料等のセットの形のものもある。従来、はがきや手紙類は絵の具やなどを使って図画を表現したものが一般的であるが、ほとんどが平面的なものである。構造的折り込み式のものも一部あるが、本発明のものとは全く異質なものであることは一目瞭然であり、現物を見れば万人が認めるものである。本発明は、従来の平面的な図画の絵手紙ではなく、平面的図画を立体的点描画で表現するところに、これまでに全くない独創性がある。細長紙片などを筒状に巻いたりして下絵に貼りつける、立体的な点描画で、ロールの太さや色使いによってさまざまな絵柄の絵手紙を作ることができる。それを図面について説明すれば、紙1を筒状2に巻いたものを台紙3の下絵に合わせて、貼付けて立体的点描画にする絵手紙である。このように立体的点描画にすることで、今までにない斬新な絵手紙が楽しめる。手紙を送る人もワクワク、受け取る人も見たこともない絵手紙だとビックリする。そんな楽しみいっぱいの立体的点描画絵手紙です。と同時に、手先を使うだけでだれでも簡単にできる。このことは従来の「手紙を書く」という通念から、「手紙を作る」という楽しみへ大きく転換していくことになる。また、手先を使う作業は介護リハビリのための教材や子供の知育教材としても役立つものである。

--

0001

図1紙を手先で巻いている状態の図である。
図2紙を筒状に途中まで巻いた側面図である。
図3紙を筒状に巻いたものを台紙の下絵に貼った側面図である。
図4上記図3の平面図である。
図5紙を筒状に巻いたものを貼り合わせた状態の図である。
図6上記図5の平面図である。

0002

1 紙
2 紙を筒状に巻いたもの
3 台紙

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ