図面 (/)

技術 調合香料および該調合香料を含有する洗浄・柔軟剤組成物

出願人 川崎清光
発明者 川崎清光
出願日 2001年4月27日 (17年7ヶ月経過) 出願番号 2001-132468
公開日 2002年11月15日 (16年1ヶ月経過) 公開番号 2002-327193
状態 未査定
技術分野 洗浄・漂白 化粧料 洗浄性組成物 脂肪類、香料 繊維製品への有機化合物の付着処理
主要キーワード 第一印象 アンゲリカ油 中性液体 メチルミリステート フェルマー イソアミルシンナメート メルカプトメントン ペニーロイヤル油
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年11月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

調合香料香料素材として使用されている天然および合成香料を、トップノート成分ミドルノート成分ベースノート成分分類し、これらの群から選ばれる少なくとも一種以上の香料素材からなる調合香料、およびその製法、ならびに該調合香料を含有する洗浄柔軟剤組成物を提供すること。

解決手段

香料素材を官能的(匂い紙に香料素材をつけてどの位匂いが持続するかを観察)にトップノート成分(高い揮発性のもの)、ミドルノート成分(中程度の揮発性のもの)、ベースノート成分(低い揮発性のもの)、およびこれらがミックスしたミックスノート成分に分類し、これらの成分を特定割合で配合する。この方法によれば、従来にくらべ調合香料を容易に調製することができる。

概要

背景

調合香料は、石けん衣料用洗浄剤衣料用柔軟剤台所用洗浄剤住居用洗浄剤頭髪用シャンプー、頭髪用リンスボディシャンプーなどの洗浄・柔軟剤組成物に使用されている。調合香料を洗浄・柔軟剤に賦香する場合、快い香り調和のとれた、適度の強さの芳香が必要であり、特に拡散性が求められる。台所用洗浄剤を除いて、一般的には使用後もしばらく匂い続ける持続性、洗った後も衣類、身体に香りが付いている残香性が必要とされる。この残香性は、汗臭腋臭頭髪臭、体臭などのマスキングに有効であり、また調合香料は、これら洗浄・柔軟剤に使用されている基材のマスキングにも有効である。従って、調合香料は上記洗浄・柔軟剤に賦香すると共にマスキング剤としての機能が要求される。

香りと揮発度との関係は極めて重要なものであり、調合香料の基本がこの揮発度をもとに、一般的に行われており、調合香料の素材となる天然および合成香料の特性として、それぞれの調合素材がどんな揮発度をもっているか認識する必要がある。

揮発度を観察することは調合香料を調製する上で有効な手段となる。合成香料は、通常、揮発度の高いトップノート(A)、中程度のミドルノート(B)および低揮発度のベースノート(C)に分類される。また、天然精油(以下、天然香料ということがある)においても、上記(A)、(B)および(C)に分類し、さらにトップノートとミドルノートとがミックスしたノート(A)+(B)、ミドルノートとベースノートがミックスしたノート(B)+(C)、トップノート、ミドルノート、およびベースノートがミックスしたノート(A)+(B)+(C)に分類される。調合香料素材となる天然および合成香料の揮発度を蒸気圧によって表すこともできるが、一般的には後に述べる官能的に揮発度をとらえる方法が採用される。

官能主体とする調合香料の素材の選択には、通常、上記のトップノート、ミドルノート、ベースノートおよびミックスノートを基本に調合香料が組み立てられる。

しかしながら、調合香料の素材となる天然および合成香料について、トップノート、ミドルノート、あるいはベースノートに分類した例は、200種程度[香料No.97, 17-24頁(1970)]であり、実務的には満足なものとは云えないし、またミックスノートについて分類された例は、本発明者の知る限りにおいては知られていない。

概要

調合香料の香料素材として使用されている天然および合成香料を、トップノート成分ミドルノート成分ベースノート成分に分類し、これらの群から選ばれる少なくとも一種以上の香料素材からなる調合香料、およびその製法、ならびに該調合香料を含有する洗浄・柔軟剤組成物を提供すること。

香料素材を官能的(匂い紙に香料素材をつけてどの位匂いが持続するかを観察)にトップノート成分(高い揮発性のもの)、ミドルノート成分(中程度の揮発性のもの)、ベースノート成分(低い揮発性のもの)、およびこれらがミックスしたミックスノート成分に分類し、これらの成分を特定割合で配合する。この方法によれば、従来にくらべ調合香料を容易に調製することができる。

目的

本発明の目的は、調合香料の素材として使用されている天然精油と合成香料を官能的に(A)トップノート成分、(B)ミドルノート成分、(C)ベースノート成分に分類し、また、天然精油を、さらに(A)トップノート成分と(B)ミドルノートとがミックスした(A)+(B)ミックスノート成分、(B)ミドルノート成分と(C)ベースノート成分とがミックスした(B)+(C)ミックスノート成分、(A)トップノート成分、(B)ミドルノート成分、および(C)ベースノート成分がミックスした(A)+(B)+(C)ミックスノート成分に分類し、これらの群から選ばれる少なくとも1種以上の天然もしくは合成香料からなる調合香料、およびその製法、ならびに該調合香料を含有する洗浄・柔軟剤組成物を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
15件
牽制数
27件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

(A)トップノート成分及び/又は(B)ミドルノート成分及び/又は(C)ベースノート成分の群から選ばれる少なくとも1種以上の香料を含有する調合香料

請求項2

(A)トップノート成分が0〜100重量%、(B)ミドルノート成分が0〜100重量%、(C)ベースノート成分が0〜100重量%の割合で含有する請求項1記載の調合香料。

請求項3

(A)トップノート成分が5〜100重量%、(B)ミドルノート成分が10〜50重量%、(C)ベースノート成分が10〜50重量%の割合で含有する請求項1および2記載の調合香料。

請求項4

(A)トップノート成分が約2時間以内に揮散する香料、(B)ミドルノート成分が約2〜6時間以内に揮散する香料、(C)ベースノート成分が約6時間以上香り持続する香料である請求項1、2および3記載の調合香料。

請求項5

(A)トップノート成分がリモネン、p−サイメン、α−ピネン、β−ピネン、テルピノーレン、シス−3−ヘキセン−1−オールトランス−2−ヘキセノール、1−ペンテン−3−オール、1−オクテン−3−オール、2,6−ジメチルヘプタン−2−オール、ミルセノールジヒドロミルセノールl−メントール、p−クレジルメチルエーテルヘキサナール、トランス−2−ヘキセナールオクタナールノナナール、シネンサール、メチルヘプテノン、1,4−シネオール、1,8−シネオール、リモネンオキサイド、2−メチル酪酸エチルプロピオン酸エチルプロピオン酸シス−3−ヘキセニル酢酸エチル酢酸ブチル酢酸イソアミル酢酸シス−3−ヘキセニル、酢酸トランス−2−ヘキセニル、酢酸ヘキシル、酢酸ミルニル、酢酸プレニル安息香酸メチル酢酸アミル酪酸エチル酪酸イソアミル酪酸アミル酪酸アリル、2−メチル酪酸エチル、アセト酢酸エチル吉草酸エチルイソ吉草酸シス−3−ヘキセニル、カプロン酸エチルカプロン酸アリル、ヘプタン酸エチルオクタン酸エチル、8−メルカプトメントンレモン油オレンジ油ライム油ベルガモット油ユーカリ油マンダリン油から選ばれる少なくとも1種以上の香料からなる請求項1〜4記載の調合香料。

請求項6

(B)ミドルノート成分が3−フェニルプロピルアルコール、α−フェンコン、9−デセン−1−オール、ジメチルオクタノール、シトロネロールゲラニオールテトラヒドロゴールリナロール、テトラヒドロリナロール、ネロール、エチルリナロール、ターピネオール、テトラヒドロゲラニオール、テトラヒドロミルセノール、α−フェンキルアルコールメチルオイゲノールオイゲノールジメチルベンジルカルビノールジメチルフェニルエチルカルビノールジフェニルオキサイドデュカール蟻酸トロネリル、蟻酸ゲラニルジャスマール酢酸ベンジル、酢酸ジメチルベンジルカルビニル酢酸リナリル、酢酸ネリル、酢酸o-tertブチルシクロヘキシル、酢酸p-tertブチルシクロヘキシル、シクロヘキシルオキシ酢酸アリル、酢酸フェンキル酢酸シトロネリル酢酸ゲラニル、酢酸テトラヒドロゲラニル、酢酸テルペニル、酢酸ジヒドロテルペニル、酢酸イソボルニル、酢酸l−メンチル酢酸ノニル、酢酸トリシクロデセニル、酢酸p−クレジル、酢酸2−フェニルエチル、酢酸3−フェニルプロピル酢酸スチラリル、酢酸ジメチルフェニルエチルカルビニル、酢酸1−エチニルシクロヘキシルヘプタン酸アリルプロピオン酸イソブチル、プロピオン酸2−フェニルエチル、プロピオン酸シトロネリル、プロピオン酸ベンジル、プロピオン酸トリシクロデセニル、酪酸シス−3−ヘキセニル、酪酸シクロヘキシル、イソ酪酸3−フェニルプロピル、酪酸ジメチルベンジルカルビニル、プロピオン酸ゲラニル、プロピオン酸アリル、シクロヘキシル酪酸アリル、アンスラニル酸シス−3−ヘキセニル、フェニル酢酸イソブチルサリチル酸イソブチル、サリチル酸2−フェニルエチル、ヘプチンカルボン酸メチルオクチンカルボン酸メチル、オクタン酸p−クレジル、安息香酸シス−3−ヘキセニル、アリルアミルグリコレートシクロガルバネート、β−フェニルエチルアルコール、アフェルマート、ベンジルアルコールアニスアルコールゲラニアールシトラールネラールデカナールウンデカナール、10−ウンデセナールドデカナール、シクロシトラール、イソシクロシトラール、アニスアルデヒドフェニルアセトアルデヒドヒドラトロッアルデヒドヒドロキシシトロネラールマイラックアルデヒド、ホモマイラックアルデヒド、2−メチル−3−(p−メトキシフェニル)−プロパナール、リリアール、コアボントリプラール、リメトール、フロラロゾン、2−ペンチルシクロペンタノン、l−カルボンメントンゲラニルアセトン、p−メチルアセトフェノンシトロネラール、シトロネリルオキシアセトアルデヒドメチルフェニルグリシド酸エチル、ヒドロキシシトロネラールジメチルアセタール、フェニルアセトアルデヒドジメチルアセタール、メチルノニルアセトアルデヒドジメチルアセタール、アセトアルデヒド2−フェニル−2,4−ペンタンジオールアセタール、アセト酢酸エチルプロピレングリコールアセタール、ヒドラトロパアルデヒドジメチルアセタール、ヒドラトロパアルデヒドエチレングリコールアセタールエストラゴール、グアヤコールアネトール、p−クレゾールゲラニルニトリル、シトロネリルニトリルインドール、ルボフィックスチオゲラニオールアセチルセドレンウインターグリーン油ショウノウ油ホウショウ油の群から選ばれる少なくとも1種以上の香料からなる請求項1〜4記載の調合香料。

請求項7

(C)ベースノート成分がパチュリアルコール、p−tert−ブチルシクロヘキサノール、シンナミックアルコール、β−カリオフィレン酢酸グアヤック酢酸シンナミル、酪酸ゲラニル、酪酸シトロネリル、フェニル酢酸、サリチル酸アミルサリチル酸イソアミルサリチル酸ベンジル、サリチル酸シス−3−ヘキセニル、サリチル酸ヘキシルアントラニル酸メチル、N−メチルアントラニル酸メチル安息香酸ベンジルフタール酸ジエチル、イソ酪酸フェノキシエチル、イソ酪酸ゲラニル、イソ吉草酸ゲラニル、ケイ皮酸シンナミル、ケイ皮酸エチル、フェニル酢酸シトロネリル、フェニル酢酸p−クレジル、フェニル酢酸フェニルエチル、フェニル酢酸オイゲニル、フェニル酢酸イソオイゲニル、イソロンギホラノン、メチルアトレート、テトラデカナール、α−アミルシンナミックアルデヒドヒドロシンミックアルデヒド、サイクラメンアルデヒド、リラール、ラズベリーケトン、イソジャスモンシスジャスモンダマスコン類、ダマセノン類、バニリンエチルバニリンヘリナールヘリオトロピン、α−n−ヘキシルシンナミックアルデヒド、オーラチオール、α−ダイナスコン、イオノン類、メチルイオノン類、イロン類、イソオイゲノール、メチルオイゲノール、メチルイソオイゲノール、ベンジルイソオイゲノール、β−メチルナフチルケトンβ−ナフチルメチルエーテル、β−ナフチルエチルエーテル、2−メチルウンデカナールジメチルアセタール、2−メチル−3−(p−メトキシフェニル)プロパノールネロリドールマルトールエチルマルトール、合成サンダル合成ムスク、γ−オクタラクトンγ−ウンデカラクトン、γ−デカラクトン、γ−ノニルラクトン、δ−ドデカラクトンメチルジヒドロジャスモネート、イソ−E−スーパー、セドリルメチルエーテル、イソブチルキノリンアンブロキサンチンベロールローズオキシドローズフェノンロンギホレンオークモス油、オポポナックス油、コパイバ油、サンダルウッド油、シダーウッド油、トルーバルサム油、ペルーバルサム油、ベンゾイン油、バニラ油の群から選ばれる少なくとも1種以上の香料からなる請求項1〜4記載の調合香料。

請求項8

請求項1記載の調合香料を0.001〜10重量%含有してなる洗浄柔軟剤組成物

請求項9

洗浄・柔軟剤組成物が、カチオン界面活性剤アニオン界面活性剤ノニオン界面活性剤両性界面活性剤高分子界面活性剤および天然界面活性剤の少なくとも1種以上含有してなる請求項8記載の洗浄・柔軟剤組成物。

請求項10

洗浄・柔軟剤組成物が、石けん衣料用洗浄剤衣料用柔軟剤、台所洗浄剤住居用洗浄剤ボディシャンプー頭髪用シャンプー、頭髪用リンスである請求項8記載の洗浄・柔軟剤組成物。

技術分野

08-441を使用。

0001

本発明は、(A)トップノート成分、(B)ミドルノート成分、(C)ベースノート成分の群から選ばれる少なくとも1種以上の香料を含有する調合香料ならびにその製法、および該調合香料を含有する洗浄柔軟剤組成物に関する。

背景技術

0002

さらに、本発明は上記調合香料に(D)天然精油を配合した調合香料にも関する。

0003

調合香料は、石けん衣料用洗浄剤衣料用柔軟剤、台所用洗浄剤住居用洗浄剤頭髪用シャンプー、頭髪用リンスボディシャンプーなどの洗浄・柔軟剤組成物に使用されている。調合香料を洗浄・柔軟剤に賦香する場合、快い香り調和のとれた、適度の強さの芳香が必要であり、特に拡散性が求められる。台所用洗浄剤を除いて、一般的には使用後もしばらく匂い続ける持続性、洗った後も衣類、身体に香りが付いている残香性が必要とされる。この残香性は、汗臭腋臭頭髪臭、体臭などのマスキングに有効であり、また調合香料は、これら洗浄・柔軟剤に使用されている基材のマスキングにも有効である。従って、調合香料は上記洗浄・柔軟剤に賦香すると共にマスキング剤としての機能が要求される。

0004

香りと揮発度との関係は極めて重要なものであり、調合香料の基本がこの揮発度をもとに、一般的に行われており、調合香料の素材となる天然および合成香料の特性として、それぞれの調合素材がどんな揮発度をもっているか認識する必要がある。

0005

揮発度を観察することは調合香料を調製する上で有効な手段となる。合成香料は、通常、揮発度の高いトップノート(A)、中程度のミドルノート(B)および低揮発度のベースノート(C)に分類される。また、天然精油(以下、天然香料ということがある)においても、上記(A)、(B)および(C)に分類し、さらにトップノートとミドルノートとがミックスしたノート(A)+(B)、ミドルノートとベースノートがミックスしたノート(B)+(C)、トップノート、ミドルノート、およびベースノートがミックスしたノート(A)+(B)+(C)に分類される。調合香料素材となる天然および合成香料の揮発度を蒸気圧によって表すこともできるが、一般的には後に述べる官能的に揮発度をとらえる方法が採用される。

0006

官能主体とする調合香料の素材の選択には、通常、上記のトップノート、ミドルノート、ベースノートおよびミックスノートを基本に調合香料が組み立てられる。

発明が解決しようとする課題

0007

しかしながら、調合香料の素材となる天然および合成香料について、トップノート、ミドルノート、あるいはベースノートに分類した例は、200種程度[香料No.97, 17-24頁(1970)]であり、実務的には満足なものとは云えないし、またミックスノートについて分類された例は、本発明者の知る限りにおいては知られていない。

課題を解決するための手段

0008

本発明の目的は、調合香料の素材として使用されている天然精油と合成香料を官能的に(A)トップノート成分、(B)ミドルノート成分、(C)ベースノート成分に分類し、また、天然精油を、さらに(A)トップノート成分と(B)ミドルノートとがミックスした(A)+(B)ミックスノート成分、(B)ミドルノート成分と(C)ベースノート成分とがミックスした(B)+(C)ミックスノート成分、(A)トップノート成分、(B)ミドルノート成分、および(C)ベースノート成分がミックスした(A)+(B)+(C)ミックスノート成分に分類し、これらの群から選ばれる少なくとも1種以上の天然もしくは合成香料からなる調合香料、およびその製法、ならびに該調合香料を含有する洗浄・柔軟剤組成物を提供することにある。

0009

本発明者は上記のごとき課題を解決すべく、調合香料の素材として通常使用される千数百の天然精油及び合成香料を官能的に(A)トップノート成分、(B)ミドルノート成分、(C)ベースノート成分のそれぞれに分類し、さらに(D)天然精油を(A)トップノート成分と(B)ミドルノート成分とがミックスしたノート成分(A)+(B)、(B)ミドルノート成分と(C)ベースノート成分とがミックスしたノート成分(B)+(C)、(A)トップノート成分、(B)ミドルノート成分および(C)ベースノート成分とがミックスしたノート成分(A)+(B)+(C)、の6種類に分類し、これらの群から選ばれる少なくとも1種以上の天然もしくは合成香料を適宜に配合することにより、従来にくらべ、所望する調合香料が容易に調製できることを見い出し本発明を完成した。

0010

さらに、本発明の調合香料を界面活性剤を含有する上記の石けん、衣料用洗浄剤、衣料用柔軟剤、台所用洗浄剤、住居用洗浄剤、ボディシャンプー、頭髪用シャンプー、頭髪用リンスなどの洗浄・柔軟剤にその適当量を配合することにより、調和のとれた快い香りとともにマスキング効果を発揮できる洗浄・柔軟剤が得られることを見出し本発明を完成した。

0011

合成香料、天然香料の揮発度は、原料エチルアルコールで約10%程度に希釈し、それを匂い紙につけて室温に放置してどの位香りが持続するかを観察することにより測定することができ、以下の6種類に分類することができる。
1.トップノート(A);Top note
揮発度が高く、匂い紙につけておくとその全部もしくは主要部分が約2時間程度以内に揮散してしまう天然または合成香料であって、調合香料の匂いの第一印象を与えるために必要な部分。
2.ミドルノート(B);Middle note
中程度の揮発度を有し、匂い紙につけておくとその全部もしくは主要部分が約2〜6時間程度匂いが持続する天然または合成香料であって、調合香料の骨格をなす部分。
3.ベースノート(C);Base note
揮発度が低く保留性に富み、約6時間以上匂い紙に匂いが残る天然また合成香料であって、調合香料の特徴を示す部分。
4.トップノートとミドルノートとがミックスしたノート(A)+(B)
上記のトップノート(A)とミドルノート(B)の両方のノートをもつ天然香料で、先立ちと中間の保留性に富む成分とを主成分とし、先立ちと中間の持続性をもつ特徴を有する。
5.ミドルノートとベースノートとがミックスしたノート(B)+(C)
上記のミドルノート(B)とベースノート(C)の両方とをもつ天然香料で、中間の保留性と保留性に富む成分とを主成分とし、先立ちは弱く、持続性が高い特徴を有する。
6.トップノートとミドルノートとベースノートとがミックスしたノート(A)+(B)+(C)
上記のトップノート(A)とミドルノート(B)とベースノート(C)の3種をもつ天然香料で、バランスのとれた特徴を有する。

0012

本発明の調合香料は、上記のトップノート(A)、ミドルノート(B)、ベースノート(C)、トップノート(A)とミドルノート(B)とがミックスしているノート(A)+(B)、ミドルノート(B)とベースノート(C)とがミックスしているノート(B)+(C)、トップノート(A)とミドルノート(B)とベースノート(C)とがミックスしているノート(A)+(B)+(C)、で示される揮発度の異なる多数の天然あるいは合成香料を調合して、それぞれの調合香料に要求される所定の香質乃至香気(例えば、シトラスフルーティグリーンフローラルアルデヒドスパイシーウッディスイート、モッシー、ムスキーアンバーアニマルハーバル、マリン、およびミントノートなど)を有する調合香料を容易に調製することができる。

0013

本発明の調合香料の処方中における天然または合成香料のノート成分による配合割合は、例えば(A)トップノート成分が0〜100重量%、(B)ミドルノート成分が0〜100重量%、(C)ベースノート成分が0〜100重量%、の範囲で使用されるが、通常は(A)トップノート成分が5〜100重量%、(B)ミドルノート成分が10〜50重量%、(C)ベースノート成分が10〜50重量%の範囲でしばしば使用される。さらに上記の天然精油(A)+(B)ミックスノート成分、(B)+(C)ミックスノート成分および(A)+(B)+(C)ミックスノート成分を有するそれぞれの天然香料は、処方中0〜70重量%程度の範囲で使用されるが、一般的には0〜30重量%程度の範囲でしばしば使用される。

0014

洗浄・柔軟剤組成物に使用される(A)トップノート成分に分類される天然香料、合成香料としては、例えばリモネン、p−サイメン、α−ピネン、β−ピネン、テルピノーレン、シス−3−ヘキセン−1−オールトランス−2−ヘキセノール、1−ペンテン−3−オール、1−オクテン−3−オール、2,6−ジメチルヘプタン−2−オール、ミルセノールジヒドロミルセノールl−メントール、p−クレジルメチルエーテルヘキサナール、トランス−2−ヘキセナールオクタナールノナナール、シネンサール、メチルヘプテノン、1,4−シネオール、1,8−シネオール、リモネンオキサイド、2−メチル酪酸エチルプロピオン酸エチルプロピオン酸シス−3−ヘキセニル酢酸エチル酢酸ブチル酢酸イソアミル酢酸シス−3−ヘキセニル、酢酸トランス−2−ヘキセニル、酢酸ヘキシル、酢酸ミルニル、酢酸プレニル安息香酸メチル酢酸アミル酪酸エチル酪酸イソアミル酪酸アミル酪酸アリル、2−メチル酪酸エチル、アセト酢酸エチル吉草酸エチルイソ吉草酸シス−3−ヘキセニル、カプロン酸エチルカプロン酸アリル、ヘプタン酸エチルオクタン酸エチル、8−メルカプトメントンレモン油オレンジ油ライム油ベルガモット油ユーカリ油マンダリン油などをあげることができる。上記精油は、レジノイドアブソリュートコンクリートなどの形状であることもできる。

0015

また、(B)ミドルノート成分に分類される天然香料、合成香料としては、例えば3−フェニルプロピルアルコール、α−フェンコン、9−デセン−1−オール、ジメチルオクタノール、シトロネロールゲラニオールテトラヒドロゴールリナロール、テトラヒドロリナロール、ネロール、エチルリナロール、ターピネオール、テトラヒドロゲラニオール、テトラヒドロミルセノール、α−フェンキルアルコールメチルオイゲノールオイゲノールジメチルベンジルカルビノールジメチルフェニルエチルカルビノールジフェニルオキサイドデュカール*、蟻酸トロネリル、蟻酸ゲラニルジャスマール*、酢酸ベンジル、酢酸ジメチルベンジルカルビニル酢酸リナリル、酢酸ネリル、酢酸o-tertブチルシクロヘキシル、酢酸p-tertブチルシクロヘキシル、シクロヘキシルオキシ酢酸アリル、酢酸フェンキル酢酸シトロネリル酢酸ゲラニル、酢酸テトラヒドロゲラニル、酢酸テルペニル、酢酸ジヒドロテルペニル、酢酸イソボルニル、酢酸l−メンチル酢酸ノニル、酢酸トリシクロデセニル、酢酸p−クレジル、酢酸2−フェニルエチル、酢酸3−フェニルプロピル酢酸スチラリル、酢酸ジメチルフェニルエチルカルビニル、酢酸1−エチニルシクロヘキシルヘプタン酸アリルプロピオン酸イソブチル、プロピオン酸2−フェニルエチル、プロピオン酸シトロネリル、プロピオン酸ベンジル、プロピオン酸トリシクロデセニル、酪酸シス−3−ヘキセニル、酪酸シクロヘキシル、イソ酪酸3−フェニルプロピル、酪酸ジメチルベンジルカルビニル、プロピオン酸ゲラニル、プロピオン酸アリル、シクロヘキシル酪酸アリル、アンスラニル酸シス−3−ヘキセニル、フェニル酢酸イソブチルサリチル酸イソブチル、サリチル酸2−フェニルエチル、ヘプチンカルボン酸メチルオクチンカルボン酸メチル、オクタン酸p−クレジル、安息香酸シス−3−ヘキセニル、アリルアミルグリコレートシクロガルバネート*、β−フェニルエチルアルコール、アフェルマート*、ベンジルアルコールアニスアルコールゲラニアールシトラールネラールデカナールウンデカナール、10−ウンデセナールドデカナール、シクロシトラール、イソシクロシトラール、アニスアルデヒドフェニルアセトアルデヒドヒドラトロップアルデヒド、ヒドロキシシトロネラールマイラックアルデヒド、ホモマイラックアルデヒド、2−メチル−3−(p−メトキシフェニル)−プロパナール、リリアール、コアボン*、トリプラール*、リメトール*、フロラロゾン*、2−ペンチルシクロペンタノン、l−カルボンメントンゲラニルアセトン、p−メチルアセトフェノンシトロネラール、シトロネリルオキシアセトアルデヒドメチルフェニルグリシド酸エチル、ヒドロキシシトロネラールジメチルアセタール、フェニルアセトアルデヒドジメチルアセタール、メチルノニルアセトアルデヒドジメチルアセタール、アセトアルデヒド2−フェニル−2,4−ペンタンジオールアセタール、アセト酢酸エチルプロピレングリコールアセタール、ヒドラトロパアルデヒドジメチルアセタール、ヒドラトロパアルデヒドエチレングリコールアセタールエストラゴール、グアヤコールアネトール、p−クレゾールゲラニルニトリル、シトロネリルニトリルインドール、ルボフィックス*、チオゲラニオールウインターグリーン油ショウノウ油ホウショウ油などをあげるこちができる。上記精油は、アブソリュート、レジノイド、コンクリートなどの形状であることもできる。

0016

*印を付した商品名は、以下の化合物を表す。
デュピカール(Dupical,Quest);4-(Tricyclo[5.2.1.02,6]decylidene-8)butanal
ジャスマール(Jasmal) ;3-Pentyltetrahydropyran-4-yl acetate
アフェルマート(Aphermate,IFF);α,3,3-Trimethylcyclohexanemethyl formate
フロラロゾン(Floralozon,IFF) ;p-Ethyl-α,α-dimethylhydrocinnamic aldehyde
シクロガルバネート(Cyclogalbanate,Dragoco) ;Allyl cyclohexyloxy acetateエストラゴール(Estragol,) ;Methyl chavicol
ルボフィックス(Rhubofix,Firmenich);Spiro[1,4-methanonaphthalene-2(1H),2′-oxirane],3,4,4a,5,8,8a,-hexahydro-3′,7-dimethyl(1),Spiro[1,4-methanonaphthalene-(2H),2′-Oxiran],3,4,4a,5,8,8a-hexahydro-3′,6-dimethyl(2)の異性体の混合体
トリプラール(Triplal,IFF) ;Dimethyl tetrahydrobenzaldehyde
コアボン(Koavone,IFF) ;4-Methylene-3,5,6,6-tetramethyl-2-heptanone
リメトール(Limetol) ;2,2,6-Trimethyl-6-vinyl tetrahydropyran
また、(C)ベースノート成分を示す合成香料、天然香料としては、例えばパチュリアルコール、p−tert−ブチルシクロヘキサノール、シンナミックアルコール、β−カリオフィレン酢酸グアヤック酢酸シンナミル、酪酸ゲラニル、酪酸シトロネリル、フェニル酢酸、サリチル酸アミルサリチル酸イソアミルサリチル酸ベンジル、サリチル酸シス−3−ヘキセニル、サリチル酸ヘキシルアントラニル酸メチル、N−メチルアントラニル酸メチル安息香酸ベンジルフタール酸ジエチル、イソ酪酸フェノキシエチル、イソ酪酸ゲラニル、イソ吉草酸ゲラニル、ケイ皮酸シンナミル、ケイ皮酸エチル、フェニル酢酸シトロネリル、フェニル酢酸p−クレジル、フェニル酢酸フェニルエチル、フェニル酢酸オイゲニル、フェニル酢酸イソオイゲニル、イソロンギホラノン、メチルアトレート、テトラデカナール、α−アミルシンナミックアルデヒドヒドロシンナミックアルデヒド、サイクラメンアルデヒド、リラール、ラズベリーケトン、イソジャスモンシスジャスモンダマスコン類*、ダマセノン類*、バニリンエチルバニリンヘリナールヘリオトロピン、α−n−ヘキシルシンナミックアルデヒド、オーラチオール、α−ダイナスコン*、イオノン類*、メチルイオノン類*、イロン類*、アセチルセドレンイソオイゲノール、メチルオイゲノール、メチルイソオイゲノール、ベンジルイソオイゲノール、β−メチルナフチルケトンβ−ナフチルメチルエーテル、β−ナフチルエチルエーテル、2−メチルウンデカナールジメチルアセタール、2−メチル−3−(p−メトキシフェニル)プロパノールネロリドールマルトールエチルマルトール、合成サンダル*、合成ムスク*、γ−オクタラクトンγ−ウンデカラクトン、γ−デカラクトン、γ−ノニルラクトン、δ−ドデカラクトンメチルジヒドロジャスモネート、イソ−E−スーパー、セドリルメチルエーテル、イソブチルキノリンアンブロキサン*、チンベロール*、ローズオキシドローズフェノンロンギホレンオークモス油、オポポナックス油、コパイバ油、サンダルウッド油、シダーウッド油、トルーバルサム油、ペルーバルサム油、ベンゾイン油、バニラ油などを例示することができる。上記精油は、アブソリュート、コンクリート、レジノイドなどの形状であっても差し支えない。

0017

上記の*印を付した商品名および包括名称は以下の化合物を表す。
アンブロキサン;Ambroxan(Henkel)
ダマスコン類;α−Damascone,β−Damascone,γ−Damascone,δ−Damascone
ダマセノン類;α−Damascenone,β−Damascenone,γ−Damascenone
イオノン類;α−Ionone,β−Ionone,γ−Ionone
メチルイオノン類;α-n-Methylionone,β-n-Methylionone,γ-n-Methylionone,α-iso-Methylionone,β-iso-Methylionone,γ-iso-Methylionone
合成サンダル;Bacdanol(IFF);2-Ethyl-4-(2,2,3-trimethyl-3-cyclopenten-1-yl)-2-buten-1-ol
Brahamanol(Dragoco);2-Methyl-4-(2,2,3-trimethyl-3-cyclopenten-1-yl)butanol
Madranol(Dragoco);β-2,2,3-Tetramethyl-3-cyclopentenyl-2-butenol
Sandalore(Givaudan);3-Methyl-5-(2,2,3-trimethylcyclopent-3-en-1-yl)-pentan-2-ol
3,3-Dimethyl-5-(2,2,3-trimethyl cyclopenten-1-yl)-pent-4-en-2-ol,Methyl sadeflor(TPC)、Sandeol(MS)など
合成ムスク;Cashmeran(IFF),Galaxolide(IFF),Tonalide(PFW)、Phantolide,Versalide,Exaltolide,Exaltone,Oxalide,12-Oxahexadecanolide,Ethylene brassylate,Musk ketone,Celestolide(IFF),Traseolide(Quest),Ethylenedodecanedioate,5-Cyclohexadecen-1-oneなど
イソ−E−スーパー;Iso-E-Super(IFF)
7-Acetyl-1,2,3,4,5,6,7,8-octahydro-1,1,6,7-tetramethyl-naphthalene
チンベロール;Timberol(Dragoco)
1-(2,2,6-Trimethylcyclohexan-1-yl)-hexan-3-ol
イロン類 ;α-Irone,β-Ironeγ-Irone,
α−ダイナスコン;α-Dynascone(Firmenich)
1-(5,5-Dimethyl cyclohexen-1-yl)-4-penten-1-one
また、(A)トップノートと(B)ミドルノートとがミックスした(A)+(B)天然香料としては、例えばアビエスファ油、アーモンド油、カラムス油、カモミル油、カルダモン油、ガルバナム油、キャラウエー油、クミン油コリアンダー油、ジュニパーベリ油、スペアミント油セージ油セロリー油、タイム油タラゴン油ナッツメグ油、バジル油ヒソップ油、プチグレン油ブチュ油、ペニーロイヤル油ペパーミント油メース油ラベンダー油ローズマリー油、ロベージ油、ローレル油などの天然精油を挙げることができる。

0018

また、(B)ミドルノートと(C)ベースノートとがミックスした(B)+(C)天然香料としては、例えばアミリス油、エレミ油、カッシャ油、グァヤック油、クローブ油、スチラックス油、ゼラニウム油タンジェリン油パチュリ油ベチバー油ラブダナム油、レモングラス油アンゲリカ油ヒノキ油ヒバ油シトロネラ油などの天然精油を挙げることができる。

0019

また、(A)トップノートと(B)ミドルノートと(C)ベースノートとがミックスした(A)+(B)+(C)天然香料としては、例えばアニスシード油イランイラン油クラリセージ油、シンナモン油、スターアニス油、カナンガ油ブラックカーラント油などの天然精油を挙げることができる。(A)トップノート成分及び/又は(B)ミドルノート成分及び/又は(C)ベースノート成分の群から選ばれる少なくとも1種以上の香料からなる本発明の調合香料、及びさらに(D)天然精油を配合した調合香料は、石けん、衣料用洗浄剤、衣料用柔軟剤、台所用洗浄剤、台所用洗浄剤、ボディシャンプー、頭髪用シャンプー、頭髪用リンス、などの洗浄・柔軟剤組成物に使用することができる。

0020

それぞれの調合香料に要求される所定の香質乃至香気(例えば、シトラス、フルーティ、グリーン、フローラル、アルデヒド、スパイシー、ウッディ、スイート、モッシー、ムスキー、アンバー、アニマル、ハーバル、マリン、およびミントノートなど)に調製された本発明の調合香料は、快い香りで調和のとれた、適度の先立ち、適度の強さの芳香と、拡散性および持続性をもつ特徴を有し、この調合香料を配合した石けん、衣料用洗浄剤・柔軟剤、住居用洗浄剤、頭髪用シャンプー・リンス、ボディシャンプーなどは、使用時には快い香りを有し、また、使用後もしばらく匂い続ける持続性、洗った後も衣類、身体に香りが付いている残香性を有し、香料のマスキング機能により体臭のマスキングに優れた効果を示し、また、洗浄・柔軟剤に使用されている基材のマスキングも可能であり、また香料によるアロマテラピー効果ストレス緩和作用、また抗菌性も期待できるなど優れた効果を発揮することができる。

0021

また、台所洗浄剤にあっては、トップノートを主体とした、先立ちの香りに特徴を有する本発明の調合香料を使用することにより、使用後には香りを残すことなく、上記と同じく食器類、その他調理に使用した包丁まな板に付着した種々の食物臭気をマスキングすると共に、使用時に快い香りを賦与することができる。また、台所洗浄剤に使用されている基材のマスキングも可能であり、抗菌性も期待できるなど優れた効果を発揮することができる。

0022

上記香料の他に本発明の調合香料の素材として、(A)トップノート成分、(B)ミドルノート成分、(C)ベースノート成分として使用することのできる合成香料、天然香料としては、例えば表−1,表−2,表−3のそれぞれに記載のものがあげられる。また、(A)トップノート成分と(B)ミドルノート成分とがミックスした(A)+(B)ミックスノート成分の天然香料の例を表−4に、(B)ミドルノート成分と(C)ベースノート成分とがミックスした(B)+(C)ノート成分の天然香料の例を表−5に、(A)トップノート成分と(B)ミドルノート成分と(C)ベースノート成分とがミックスした(A)+(B)+(C)ミックスノート成分の天然香料の例を表−6にそれぞれ示した。表−1〜6に記載される合成および天然香料を香り別に適宜に選択して、請求項5〜7に記載のそれぞれの群に記載される香料に代えるか、または添加して所望する香質乃至香気(例えば、シトラス、フルーティー、グリーン、フローラル、アルデヒド、スパイシー、ウッディー、アルデヒド、スパイシー、ウッディ、スイート、モッシー、ムスキー、アンバー、アニマル、ハーバル、マリン、およびミントノートなど)を有する調合香料を調製することができる。
表−1(A)トップノート
シ゛ヒト゛ロミルセニルアセテート、2,6-シ゛メチル-5-ヘフ゜テン-1-アール、エチルホーメイト、2-エチルヘキサノール、エチルイソアミルケトン、エチルイソフ゛チレート、エチルイソハ゛レレート、エチルラクテート、エチルラウレート、ヘ゛ンス゛アルテ゛ヒト゛、n-ヘフ゜タナール、シス-3-ヘキセナール、β,γ-ヘキセノール、トランス-3-ヘキセン-1-オール、イソフ゛チルアセテート、オクタナールシ゛メチルアセタール、n-フ゜ロヒ゜ルアセテート、コリアンタ゛ーオイルサイフレスオイル、ラハ゛ンシ゛ンオイル、ハ゛ーヘ゛ナ、エレミオイル、カスカリラオイル、シ゛ンシ゛ャーク゛ラスオイル、ハ゜インオイル、ヒ゛ターアーモント゛オイル、ヒ゛ターフェンネルオイル、ホーウット゛オイル、メリッサオイルユーカリオイルなど。

0023

表−2(B)ミドルノート
アセトアルテ゛ヒト゛エチルリナリルアセタール、アセトアルテ゛ヒト゛フェニルエチルn-フ゜ロヒ゜ルアセタールアセトフェノン、4-tertアミルシクロヘキサノン、ヘ゛ンシ゛ルフ゛チレート、ヘ゛ンシ゛ルホーメイト、ヘ゛ンシ゛ルイソフ゛チレート、フ゛チルフ゛チリラクテート、2-フ゛チル-4,6-シ゛メチル-シ゛ヒト゛ロヒ゜ラン、エチル 2-メチル-6-ヘ゜ンチル-4-オキソシクロヘキセ-2-エンカルホ゛キシレート、カルヒ゛ルアセテート、シトラールシ゛メチルアセタール、2,2-シ゛メチル-5-(1-メチル-1-フ゜ロヘ゜ニル)-テトラヒト゛ロフランクミンアルテ゛ヒト゛、クミンアルコール、1-テ゛カノール、トランス-2-テ゛セン-1-アール、シス-4-テ゛セナール、トランス-4-テ゛セナール、テ゛シルアセテート、シ゛ヒト゛ロオイケ゛ノール、シ゛ヒト゛ロシ゛ャスモン、シ゛ヒト゛ロリナロール、2,4-シ゛メチル-4,4a,5,9aテトラヒト゛ロインテ゛ノ[1,2d]-1,3-シ゛オキシン、3,7-シ゛メチル-1-オクタナール、ト゛テ゛カナールシ゛メチルアセタール、ト゛テ゛カンニトリル、ト゛テ゛カノール、トランス-2-ト゛テ゛セナール、エチルアセトアセテートエチレンク゛リコールケタール、エチルヘ゛ンソ゛エート、エチル2-tert-フ゛チルシクロヘキシルカーホ゛ネート、エチルケ゛ラノエート、エチルレフ゛リネート、エチルフェニルアセテート、エチルサリシレート、ヘキシルフ゛チレート、ヒト゛ロキシシトロネラールシ゛エチルアセタール、イソホ゛ルネオール、イソホ゛ルニルフ゜ロヒ゜オネート、4-イソフ゜ロヒ゜ルシクロヘキサノール、ラハ゛ンシ゛ュロール、ラハ゛ンシ゛ュリルアセテート、1-メチル-1-メトキシシクロト゛テ゛カン(Madorox;Givaudan)、メチルサリシレート、ネロールオキサイト゛、シス-6-ノネン-1-オール、ノヒ゜ルアセテート、オクタハイト゛ロ-4,7-メタノ-1H-インテ゛ンカルホ゛キシアルテ゛ヒト゛(Vertral)、オクチルアセテート、オクタノール、ヘ゜リラアルコール、ヘ゜リラアルテ゛ヒト゛、α-フェニルエチルアルコール、2-フェニルエチルホーメイト、2-フェニルエチルチク゛レート、ヒ゜ヘ゜リトン、9-テ゛セノール(Rosalva;IFF)、5-メチル-3-ヘフ゜タノンオキシム(Stemone;Givaudan)、トリシクロテ゛セニルアセテート、トクシクロテ゛セニルイソフ゛チレート、トリシクロテ゛セニルフ゜ロヒ゜オネート(Florocyclene)、1-メチル-4-(4-メチルヘ゜ンチル)-3-シクロヘキセンカルホ゛キシアルテ゛ヒト゛(Vernaldehyde;Givaudan)、2-Sec-フ゛チルシクロヘキサノン、ターヒ゜ネン-4-オール、スィートフェンネル、ヘ゛イオイル、ロース゛ト゛メイ、ヒ゜メントヘ゛リーオイル、ヘ゜ハ゜ーオイルなど。

0024

表−3(C)ベースノート
アリルα-イオノン、アンフ゛レトリト゛(Ambrettolide)、アニスアルコール、アニシルアセテートアニシルアセトン、アニシルホーメイト、イソアミルフェニルエチルエーテル(Anther)、ヘ゛ンソ゛フェノン、ヘ゛ンシ゛ルシンナメート、ヘ゛ンシ゛フェニルアセテート、ヒ゛シクロ[3,2,1]-オクタン-8-オン,1,5-シ゛メチルオキシム(Buccoxime;Dragoco)、2-tert-フ゛チルシクロヘキサノール、7-メチル-3,5-シ゛ヒト゛ロ-2H-ヘ゛ンソ゛シ゛オキセヒ゜ン-3-オン(Calone;Pfizer)、セト゛リルアセテート、α-セト゛レンエホ゜キシト゛、フ゜ロヒ゜リテ゛ンフタリト゛、シンナミックアシト゛、シンナミックアルテ゛ヒト゛、シンナミルニトリル、シクロヘキシルサリシレート、シクロヘ゜ンタテ゛カノン、テ゛シルアルコール、シ゛ヘ゛ンシ゛ルエーテル、エチルラウレート、エチルメチルフェニルク゛リシテ゛ート、ファルネソール、ケ゛ラニルヘ゛ンソ゛エート、ケ゛ラニルフェニルアセテート、ヘリオトロヒ゜ルアセトン、γ-ヘキサラクトン、ヘキシルヘ゛ンソ゛エート、イント゛ール-ヒト゛ロキシシトロネラールシッフヘ゛ース、イソアミルヘ゛ンソ゛エート、シ゛ャスミンラクトン、テトラヒト゛ロ-6-(3-ヘ゜ンテニル)-2H-ヒ゜ラン-2-オン(Jasmolactone;Firmenich)、メチル-(3,5-シ゛メチル-3-シクロヘキセニル)-メチレンアンスラニレート(Herbatiol;IFF)、メチルシ゛ャスモネート、ムスコン、δ-ノナラクトン、δ-オクタラクトン、 2-フェニルエチルヘ゛ンソ゛エート、2-フェニルエチルカフリレート、2-フェニルエチルイソアミルエーテル、2-フェニルエチルヒ゜ハ゛レート、フィトールサンタロール、2,6,10-トリメチル-1-アセチル-2,5,9-シクロト゛テ゛カトリエン(Trimofix O;IFF)、δ-ウンテ゛カラクトン、ヘ゛チヘ゛ロール、ヘ゛チヘ゛リルアセテート、コハ゜イハ゛オイル、サンタ゛ルウット゛オイル、トルーハ゛ルサムオイル、ハ゛ニラオイル、カッシーアフ゛ソリュート、オリスアフ゛ソリュート、インセンオイルなど。

0025

表−4(A)+(B)ミックスノート
クヘ゛ハ゛オイル、セイホ゛リーオイル、テ゛ィルオイル、ハ゜セリオイル、ハ゛レリアンオイル、マーシ゛ョラムオイル、リナロエオイル、サッサフラスオイル、シ゛ンシ゛ャーク゛ラスオイルなど。

0026

表−5(B)+(C)ミックスノート
アンフ゛レットシート゛オイル、アシ゛ョワンオイル、イリスオイルウコンオイル、コスタスオイル、ハ゜ルマローサ゛オイル、アルニカオイル、ホ゛アト゛ロース゛オイル、ミルオイル、フ゛ルームオイル、ヘリクラサムオイル、マリーコ゛ールト゛オイル、ミモサ゛オイル、ナルシスオイル、オレンシフラワーオイルなど。

0027

表−6(A)+(B)+(C)ミックスノート
カッシーオイル、キンモクセイオイル、シ゛ェネオイル、ハネサックルオイル、カッシーオイル、シャンハ゜カオイル、カ゛ーテ゛ニアオイル、ヒヤシンスオイル、シ゛ャスミンオイル、リンテ゛ンフ゛ロッサムオイル、マク゛ノリアオイル、オスマンサスオイル、ロース゛オイル、チャヘ゛ロース゛オイル、ハ゛イオレットオイル、シ゛ョンキルオイルなど。

0028

上記表1−6に記載される精油類は、アブソリュート、コンクリート、レジノイドなどの形状のものであることもできる。

0029

さらに、上記香料以外に本発明の調合素材として使用することのできる(A)トップノート成分、(B)ミドルノート成分、(C)ベースノート成分の合成香料の例を下記表7、8、9に示した。表−7〜9に記載される合成香料を香り別に適宜に選択して、請求項5〜7に記載のそれぞれの群に記載される香料に代えるか、または添加して所望する香質乃至香気(シトラス、フルーティ、グリーン、フローラル、アルデヒド、スパイシー、ウッディ、スイート、モッシー、ムスキー、アンバー、アニマル、ハーバル、マリン、およびミントノートなど)を有する調合香料を調製することができる。

0030

表−7 (A)トップノート
アセトアルテ゛ヒト゛、アセトアルテ゛ヒト゛シ゛エチルアセタール、アセトアルテ゛ヒト゛エチルヘキシルアセタール、アセトアルテ゛ヒト゛エチルシス-3-ヘキセニルアセタール、アセトイン、3-アセチル-2,5-シ゛メチルフラン、2-アセチルフラン、アセチルイソハ゛レリル、2-アセチル-5-メチルフラン、2-アセチルヒ゜リシ゛ン、3-アセチルヒ゜リシ゛ン、2-アセチルヒ゜ロール、ヘ゜ンタナール、シス-3-ヘキセニルホーメイト、ヘフ゜タナール、ヘキサナールシ゛メチルアセタール、ヘフ゜タナールシ゛メチルアセタール、オクタナールシ゛メチルアセタール、カフ゜リン酸アリル、アロオシメンアロオシメノール、4-アリルアニソール、アリルヘ゛ンソ゛エート、アリルカフ゜リレート、アリル2-エチルフ゛チレート、アリルヘキサノエートアリルイソチオシアネート、アリルイソハ゛レレート、アリルメルカフ゜タン、アリルフ゜ロヒ゜オネート、アリルスルフィト゛、アミルハ゛レレート、フ゛チルホーメイト、フ゛チルフ゛チレート、フ゛チルイソフ゛チレート、フ゛チルイソハ゛レレート、フ゛チルフ゜ロヒ゜オネート、フ゛チルハ゛レレート、Δ3-カレン、2,6-ノナシ゛エナール、シクロヘキシルアセテート、シ゛アセチル、シ゛アリルシ゛スルフィト゛、シ゛アリルスルフィト゛、シ゛フ゛チルスルフィト゛、シ゛エチルマロネート、シ゛メチルシ゛スルフィト゛、2,6-シ゛メチルヘフ゜タン-2-オン、2,5-シ゛メチル-4-ヒト゛ロキシ-3-(2H)-フラノン、シ゛ヒト゛ロリナロール、シ゛ヘ゜ンテン、シ゛メチルヒ゛ニルカルヒ゛ノール、シ゛メチルスルフィト゛、エチル3-ヒト゛ロキシヘキサノエート、エチルアクリレート、2-エチルヘ゛ンセ゛ンチオール、エチルテ゛カノエート、エチルクロトネート、エチル2-エチルヘキサノエート、2-エチルフロエート、エチルトランス-2-ヘキサノエート、エチル トランス-3-ヘキサノエート、2-エチルヘキシルアセテート、エチル2-ヘキシルアセトアセテート、エチル3-ヒト゛ロキシフ゛チレート、5-エチル-3-ヒト゛ロキシ-4-メチル-2[5H]-フラノン、エチルヒ゜ルヘ゛ート、エチルチク゛レート、フラネオールフルフラール、フルフラールアセトン、フルフリルアセテート、フルフリルアルコール、フルフリルアクロレイン、ヘフ゜タナールシ゛メチチルアセタール、2,3-ヘフ゜タンシ゛オン、ヘフ゜タノール、2-ヘフ゜タノール、3-ヘフ゜タノール、2-ヘフ゜タノン、3-ヘフ゜タノン、4-ヘフ゜タノン、4-ヘフ゜タナール、トランス-2-ヘフ゜タナール、3-ヘフ゜テン-2-オン、ヘフ゜チルアセテート、2,4-ヘキサシ゛エナール、ヘキサナールシ゛メチルアセタール、2,3-ヘキサシ゛オン、3,4-ヘキサシ゛オン、3-ヘキサノン、トランス-2-ヘキセナール、シス-3-ヘキセニルヘキサノエート、シス-3-ヘキセニルホーメイト、トランス-2-ヘキセニルヘキサノエート、シス-3-ヘキセニルイソハ゛レレート、シス-3-ヘキセニルハ゛レレート、シス-3-ヘキセニルラクテート、シス-3-ヘキセニル2-メチルフ゛チレート、シス-4-ヘキセン-1-オール、ヘキシルホーメイト、ヘキシルイソフ゛チレート、ヘキシルフ゜ロヒ゜オネート、3-ヒト゛ロキシ-2-フ゛タノン、5-ヒト゛ロキシ-4-オクタノン、イソアミルホーメート、イソアミルフ゛チレート、イソアミルイソハ゛レレート、イソアミルメルカフ゜タン、イソアミルフ゜ロヒ゜オネート、イソフ゛チルクロトネート、イソフ゛チル2-フランフ゜ロヒ゜オネート、イソフ゛チルヘキサノエート、イソフ゛チルイソフ゛チレート、イソフ゛チルイソハ゛レレート、イソフ゛チルハ゛レレート、イソフ゜ロヒ゜ルアセテート、イソフ゜ロヒ゜ルフ゛チレート、イソフ゜ロヒ゜ルヘキサノエート、イソフ゜ロヒ゜ルイソフ゛チレート、イソフ゜ロヒ゜ルイソハ゛レレート、イソフ゜ロヒ゜ルメルカフ゜タン、イソフ゜レコ゛ール、イソフ゜レキ゛ルアセテート、イソハ゛レルアルテ゛ヒト゛、リナリルホーメイト、1-(p-メンテン-6-イル)-1-フ゜ロハ゜ノン、メトキシヘ゛ンセ゛ン、メチルヘ゛ンシ゛ルエーテル、2-メチル-3-フ゛テン-2-オール、3-メチル-2-フ゛テン-1-オール、2-メチルフ゛タナール、2-メチルフ゛チルアセテート、メチルフ゛チレート、メチルカフ゜リネート、メチルカフ゜ロエート、メチルカフ゜リレート、メチルオクチルカーホ゛ネート、メチルシクロヘ゜ンテノロン、メチルシクロヘ゜ンチリテ゛ンアセテート、5-メチルフルフラール、メチル2-フロエート、メチルα-フリルケトン、5-メチル-3-ヘフ゜テノンメチルヘキサノエート、5-メチル-2,3-ヘキサンシ゛オン、メチル トランス-2-ヘキサノエート、メチル トランス-3-ヘキサノエート、メチルヘキシルエーテル、メチルイソフ゛チレート、メチルイソヘキサノエート、メチルイソフ゜ロヒ゜ルケトン、メチルイソハ゛レレート、メチルラクテート、メチル2-メチルフ゛チレート、メチルヘ゜ラルコ゛ネート、3-メチル-1-ヘ゜ンタノール、 4-メチル-3-ヘ゜ンテン-2-オン、メチルハ゛レレート、ミルテナールミルセン、ミルテニルアセテート、2,4-ノナシ゛エナール、2,6-ノナシ゛エナール、2,6-ノナシ゛エン-1-オール、シス-6-ノネナール、トランス-2-ノネナール、オシメン、オシメンエホ゜キシト゛、オシメノール、2-オクタノン、3-オクタノン、トランス-2-オクテナール、1-オクテン-3-オール、1-オクテン-3-イルアセテート、2,3-ヘ゜ンタンシ゛オン、2-ヘ゜ンテノン、1-ヘ゜ンテン-3-オール、トランス-2-ヘ゜ンテナール、α-フェラント゛レン、フェノキシアセトアルテ゛ヒト゛、2-or4-(2-ヒ゜ネン-10-イルメチル)ヒ゜リシ゛ン、ヒ゜ヘ゜リシ゛ン、フ゜レノール、フ゜レニルアンケ゛レート、フ゜レニルヘ゛ンソ゛エート、フ゜ロヒ゜オフェノン、フ゜ロヒ゜ルフ゛チレート、フ゜ロヒ゜ルホーメイト、フ゜ロヒ゜ル-2-フランアクリレート、フ゜ロヒ゜ルヘキサノエート、フ゜ロヒ゜ルイソフ゛チレート、フ゜ロヒ゜ルイソハ゛レレート、フ゜ロヒ゜ルフ゜ヒ゜オネート、ロース゛フラン、ターヒ゜ネン、テトラヒト゛ロフルフリルアセテート、3-チオフェンカルホ゛キシアルテ゛ヒト゛、チク゛リン酸、2,5,6-トリメチル-4-ヘフ゜テナール、3,5,5-トリメチルヘキサナール、3,5,5-トリメチル-1-ヘキサノール、トリチオアセトン、ハ゛レルアルテ゛ヒト゛、ヘ゛ンス゛アルテ゛ヒト゛シ゛エチルアセタール、ハ゛レリアン酸など。

0031

表−8 (B)ミドルノート
アセトアルテ゛ヒト゛シトロネリルメチルアセタール、アセトアルテ゛ヒト゛エチルイソオイケ゛ニルアセタール、アセトアルテ゛ヒト゛エチルフェニルエチルアセタール、アセトアルテ゛ヒト゛2-フェニル-2,4-ヘ゜ンタンシ゛オールアセタール、アセトケタール、2′-アセトナフトン、シス-2-アセトニル-4-メチルテトラヒト゛ロヒ゜ラン、アセトフェノンネオヘ゜ンチルク゛リコールケタール、1-アセトキシ-2-sec-フ゛チル-1-ヒ゛ニルシクロヘキサン、1-アセチル-3,3-シ゛メチル-1-シクロヘキセン、2-アセチル-3,3-シ゛メチルノルホ゛ルナン、アセチルシ゛メチルテトラヒト゛ロヘ゛ンス゛インタ゛ン、アセチルオイケ゛ノール、アセチルイソオイケ゛ノール、4(5)-アセチル-7,7,9(7,9,9)-トリメチルヒ゛シクロ[4.3.0]-1-ノネン、ヘフ゜タナールシ゛エチルアセタール、オクタナールシ゛エチルアセタール、ノナナールシ゛エチルアセタール、ヘキサナールP.G.アセタール、p-メチル-β-フェニルク゛リシト゛酸エチル、2-n-ヘフ゜チルシクロヘフ゜タノン、アリルシンナメート、アリルシクロヘキシルアセテート、アリルオクタノエート、p-アリルフェノールアリルフェニルエチルエーテル、4,7-シ゛ヒト゛ロ-2-イソヘ゜ンチル-2-メチル-1,3-シ゛オキセヒ゜ン、1-(2,2,6-トリメチルシクロヘキシル)-4-ヘキサノール、アミルカフ゜ロエート、アミルカフ゜リレート、o-tert-アミルシクロヘキシルアセテート、アミルシクロヘ゜ンタノン、2-アミルヒ゜リシ゛ン、α-アンケ゛リカラクトン、アニシリテ゛ンアセトン、4-イソフ゜ロヒ゜ル-5,5-シ゛メチル-1,3-シ゛オキサン、ヘ゛ンス゛アルテ゛ヒト゛シ゛メチルアセタール、ヘ゛ンシ゛ルシアナイト゛、ヘ゛ンシ゛ルヘキサノエート、ヘ゛ンシ゛ルイソハ゛レレート、ヘ゛ンシ゛ル2-メチルフ゛チレート、ヘ゛ンシ゛ルハ゛レレート、α-メチレンシトロネラール、l-ホ゛ルニルフ゜ロヒ゜オネート、β-フ゛ロモスチレン、o-tert-フ゛チルシクロヘキサノン、tert-フ゛チルシクロヘキサノン、2-フ゛チル-1,4-シ゛オキサスヒ゜ロ[4,4]ノナン、フ゛チルヘキサノエート、フ゛チリテ゛ンアセトン、tert-フ゛チルヒト゛ロキノンシ゛メチルエーテル、フ゛チルラクテート、フ゛チルレフ゛リネート、フ゛チルオクタノエート、フ゛チルスルフィト゛、2-フ゛チル-4,4,6-トリメチル-1,3-シ゛オキサン、γ-フ゛チロラクトン、α,3,3-トリメチル-2-ノルホ゛ルナン-2-メタノール、α-カンホレニックアルテ゛ヒト゛、カンファー、カルハ゛クロール、カルヘ゛オール、l-カルヒ゛ルフ゜ロヒ゜オネート、チャヒ゛コール、シトラールシ゛エチルアセタール、シトラールP.G.アセタール、シトロネラールシクロモノク゛リコールアセタール、シトロネリルE.G.アセタール、シトロネリルエチルエーテル、シトロネリルヘキサノエート、シトロネリルイソフ゛チレート、シトロネリルイソハ゛レレート、シトロネリルメチルアセタール、シトリルアセテート、o-tert-アミルシクロヘキシルアセテート、p-クレシ゛ルイソフ゛チレート、4-イソフ゜ロヒ゜ル-2-シクロヘキサノン、クミニックアセテート、クミニルニトリル、シクロト゛テ゛シルメチルエーテル、アリルシクロヘキシルオキシアセテート、l-シクロヘキセ-1-エンイソフ゜ロヒ゜ルアセテート、2-(1-シクロヘキセン-1-イル)シクロヘキサノン、シクロヘキシルフ゛チレート、シクロヘキシルクロトネート、シクロヘキシルエチルアセテート、シクロヘキシルエチルアルコール、シクロヘキシルイソハ゛レレート、シクロヘキシルラクトン、4-シクロヘキシル-4-メチル-2-ヘ゜ンタノン、2,4-テ゛カシ゛エノール、テ゛カヒト゛ロ-β-ナフトール、トランス-テ゛カヒト゛ロ-β-ナフチルアセテート、テ゛カヒト゛ロ-β-ナフチルホーメイト、トランス-テ゛カヒト゛ロ-β-ナフチルイソフ゛チレート、テ゛カナールシ゛エチルアセタール、テ゛カナールシ゛メチルアセタール、テ゛カノイックアシト゛、2-テ゛セノイックアシト゛、9-テ゛セニルアセテート、9-テ゛セニルフ゜ロヒ゜オネート、テ゛シルメチルエーテル、テ゛シルヒ゛ニルエーテル、シ゛エチルサクシネート、4,7-シ゛ヒト゛ロ-2-イソヘ゜ンチル-2-メチル-1,3-シ゛オキセヒ゜ン、シ゛ヒト゛ロカルホ゛ン、シ゛ヒト゛ロシトロネロール、シ゛エチルアシ゛ヘ゜ート、シ゛ヒト゛ロクミニルアセテート、シ゛ヒト゛ロミルセン、シ゛ヒト゛ロ-α-ターヒ゜ネオール、3,4-シ゛メトキシヘ゛ンス゛アルテ゛ヒト゛、1,2-シ゛メトキシヘ゛ンセ゛ン、m-シ゛メトキシヘ゛ンセ゛ン、2,6-シ゛メトキシフェノール、2,4-シ゛メチルヘ゛ンシ゛ルアセテート、p,α-シ゛メチルヘ゛ンシ゛ルアルコール、1,3-シ゛メチル-3-フ゛テニルイソフ゛チレート、2,4-シ゛メチル-3-シクロヘキセン-1-メタノール、γ-4-シ゛メチル-3-シクロヘキセン-1-フ゜ロハ゜ノール、2,4-シ゛メチル-3-シクロヘキセニルメチルアセテート、3,3-シ゛メチルシクロヘキシルメチルケトン、3,4-シ゛メチル-1,2-シクロヘ゜ンタンシ゛オン、3,5-シ゛メチル-1,2-シクロヘ゜ンタンシ゛オン、5,9-シ゛メチル-4,9-シ゛メチル-4,9-テ゛カシ゛エナール、3,7-シ゛メチル-7-メトキシオクタン-2-オール、2,2-シ゛メチル-5-(1-メチル-1-フ゜ロヘ゜ニル)-テトラヒト゛ロフラン、3,7-シ゛メチル-2,6-ノナシ゛エノニトリル、6,8-シ゛メチル-2-ノナノール、3,3-シ゛メチル-△2,β-ノルホ゛ルナン-2-エタノール、3,6-シ゛メチルオクタン-3-オール、3,7-シ゛メチル-1,3,6-オクタトリエン、シ゛メチルオクテノン、α,α-シ゛メチルフェニルエチルアルコール、シ゛メチルフタレート、シ゛メチルサクシネート、シ゛メチルテトラヒト゛ロヘ゛ンス゛アルテ゛ヒト゛、シ゛メチルトリスフィト゛、6,10-シ゛メチル-5,9-ウンテ゛カシ゛エン-2-イルアセテート、2-ヒト゛ロキシ-6-イソフ゜ロヒ゜ル-3-メチル-2-シクロヘキサノン、2,4-シ゛オキサ-3-メチル-7,10-メタノスヒ゜ロ[5.5]-ウンテ゛カン、シ゛フ゜ロヒ゜ルシ゛スルフィト゛、シ゛チオスヒ゜ロフラン、2,4-ト゛テ゛カシ゛エナール、3-ト゛テ゛カナール、ト゛テ゛シルアセテート、エチル-2-ヘ゛ンシ゛ルアセトアセテート、シクロケ゛ラン酸エチル、エチルテ゛カシ゛エノエート、エチルテ゛カノエート、エチル2-テ゛セノエート、エチルテ゛ヒト゛ロシクロケ゛ラネート、3-エチル-8(9),11-シ゛メチル-2,4-シ゛オキサスヒ゜ロ-[5.5]ウンテ゛セ-8-エン、3-エチル-2,4-シ゛オキサスヒ゜ロ[5.5]-ウンテ゛セ-8-エン、エチルト゛テ゛カノエート、E.G.シ゛アセテート、E.G.モノフ゛チルエーテル、4-エチルク゛アイアコール、エチルヘフ゜チンカーホ゛ネート、エチル3-ヒト゛ロキシ-3-フェニルフ゜ロヒ゜オネート、エチルイソオイケ゛ノール、アセトアルテ゛ヒト゛エチルリナリルアセタール、エチルリナリルアセテート、エチルo-メトキシヘ゛ンソ゛エート、エチル2-メトキシヘ゛ンシ゛ルエーテル、エチルノナノエートエチルオクタノエート、エチル2-オクタノエート、エチルオクチンカーホ゛ネート、エチル3-フェニルフ゜ロヒ゜オネート、エチル3,5,5-トリメチルヘキサノエート、オイケ゛ニルホーメイト、ホルムアルテ゛ヒト゛シクロト゛テ゛シルエチルアセタール、ホルムアルテ゛ヒト゛(インタ゛ン-1-オール-2-ヒト゛ロキシメチル)アセタール、ホルミルエチルテトラメチルテトラリン、4(5)ホルミル-7,7,9(7,9,9)-トリメチルヒ゛シクロ[4.3.0]-1-ノネン、ケ゛ラン酸、ケ゛ラニルエチルエーテル、シ゛ンケ゛ロール、2,4-ヘフ゜タシ゛エナール、α-フルフリルハ゛レレート、ヘフ゜タナールシ゛エチルアセタール、ヘフ゜タナールE.G.アセタール、ヘフ゜タン酸,ヘフ゜チルフ゛チレート、2-ヘフ゜チルシクロヘ゜ンタノン、2-ヘフ゜チルテトラヒト゛ロフラン、1-エチニルシクロヘキシルアセテート、2,4-ヘキサシ゛エニルイソフ゛チレート、2,4-ヘキサシ゛エン-1-オール、ヘキサナールシ゛エチルアセタール、ヘキサナールP.G.アセタール、ヘキサン酸、シス-3-ヘキセナールシ゛エチルアセタール、トランス-2-ヘキセナールシ゛エチルアセタール、シス-3-ヘキセニルアンケ゛レート、トランス-2-ヘキセニルフ゛チレート、シス-3-ヘキセニルカフ゜ロエート、シス-3-ヘキセニルチク゛レート、シス-3-ヘキセニルハ゛レレート、2-ヘキシルシクロヘ゜ンタノン、ヘキシルヘキサノエート、ヘキシルイソハ゛レレート、ヘキシル2-メチルフ゛チレート、2-ヘキシル-5-メチル-1,3-シ゛オキソラン、ヘキシルチク゛レート、ホモフラネオール、ヒト゛ラトロヒ゜ックアルコール、ヒト゛ラトロヒ゜ックアセテート、ヒト゛ラキノンシ゛メチルエーテル、3-ヒト゛ロキシ-4,5-シ゛メチル-2-(5H)-フラノン、5-(ヒト゛ロキシメチル)-2-フルフラール、3-ヒト゛ロキシメチル-2-ノナノン、イソアミルアンケ゛レート、イソアミルヘフ゜チンカーホ゛ネート、イソアミルラクテート、イソアミルレフ゛リネート、イソホ゛ルニルメチルエーテル、イソフ゛チルアンケ゛レート、イソフ゛チルヘ゛ンソ゛エート、イソフ゛チルヘ゛ンシ゛ルカルヒ゛ノール、2-イソフ゛チル-4-ヒト゛ロキシ-4-メチルテトラヒト゛ロヒ゜ラン、p-イソフ゛チル-α-メチルヒト゛ロシンナミックアルテ゛ヒト゛、α-イソフ゛チルフェニルエチルアルコール、2-イソフ゛チルヒ゜リシ゛ン、3-イソフ゛チルヒ゜リシ゛ン、イソシクロケ゛ラニオール、イソタ゛マスコン、イソシ゛ヒト゛ロラハ゛ンシ゛ュロール、イソシ゛ヒト゛ロラハ゛ンシ゛ュリルアセテート、イソノニルアルコール、5-イソフ゜ロヘ゜ニル-メチル-2-ヒ゛ニルテトラヒト゛ロフラン、4-イソフ゜ロヒ゜ルヘ゛ンス゛アルテ゛ヒト゛、イソフ゜ロヒ゜ルヘ゛ンソ゛エート、P-イソフ゜ロヒ゜ルシクロヘキシルアセテート、シス-p-イソフ゜ロヒ゜ルシクロヘキシルメタノール、イソフ゜ロヒ゜ルテ゛カノエート、4-イソフ゜ロヒ゜ル-5,5-シ゛メチル-1,3-シ゛オキサン、p-イソフ゜ロヒ゜ルヒト゛ロトロヒ゜ックアルテ゛ヒト゛、4-イソフ゜ロヒ゜ル-1-メチル-2-フ゜ロヘ゜ニルヘ゛ンセ゛ン、イソフ゜ロヒ゜ルフェニルアセテート、2-エチリテ゛ン-6-イソフ゜ロホ゜キシヒ゛シクロ[2.2.1]ヘフ゜タン、イソキノリンイソサフロール、メチルシクロオクチルカーホ゛ネート、5-メチル-3-フ゛チルテトラヒト゛ロヒ゜ラン-4-イルアセテート、4,7-シ゛ヒト゛ロ-2-(3-ヘ゜ンタニル)-1,3-シ゛オキセヒ゜ン、リモネンチオール、リナリルフ゛チレート、リナリルヘキサノエート、リナリルイソフ゛チレート、リナリルイソハ゛レレート、リナリルオクタノエート、リナリルフ゜ロヒ゜オネート、メンタラクトン、l-メンチルイソハ゛レレート、l-メンチルフ゜ロヒ゜オネート、メルカフ゜トアセティックアシト゛、メシチルオキシト゛、p-メトキシアセトフェノン、o-メトキシヘ゛ンス゛アルテ゛ヒト゛、p-メトキシヘ゛ンス゛アルテ゛ヒト゛、o-メトキシシンナミックアルテ゛ヒト゛、メトキシシトロネラール、メトキシシ゛シクロヘ゜ンタシ゛エンカルホ゛キシアルテ゛ヒト゛、p-メトキシフェニルアセトン、4-(4-メトキシフェニル)-3-フ゛タン-2-オン、2-メトキシ-2-フェニルエチルアルコール、1-(4-メトキシフェニル)-1-ヘ゜ンテン-3-オン、p-メチルアニソール、メチルアンケ゛レート、α-メチルアニシルアセトン、アニス酸メチル、2-メチルヘ゛ンス゛オキサソ゛ール、α-メチルヘ゛ンシ゛ルアセテート、4-メチルヘ゛ンシ゛ルアセテート、2-メチル-2-フ゛テニルフェニルエチルエーテル、2-メチルフ゛チルイソハ゛レレート、5-メチル-3-フ゛チルテトラヒト゛ロヒ゜ラン-4-イルアセテート、1-メチルシクロト゛テ゛シルメチルエーテル、メチルシクロケ゛ラネート、4-(4-メチル-3-シクロヘキセニリテ゛ン-1)ヘ゜ンタナール、2-メチルテ゛カナール、メチルテ゛カナール、メチルテ゛カノエート、4-メチル-3-テ゛セン-5-オール、メチルテ゛シンカーホ゛ネート、7-メチル-3,5-シ゛ヒト゛ロ-2H-ヘ゛ンソ゛シ゛オキセヒ゜ン、メチルト゛テ゛カノエート、α-メチレンシトロネラール、4-メチレン-3,5,6,6-テトラメチル-2-ヘフ゜タノン、メチルケ゛ラネート、4-メチルク゛アイアコール、6-メチル-3,5-ヘフ゜タシ゛エン-2-オン、2-メチルヘフ゜タノイックアシト゛、p-メチルヒト゛ラトロヒ゜ックアルテ゛ヒト゛、β-メチルヒト゛ロシンナミックアルテ゛ヒト゛、メチルヒト゛ロキシヘキサノエート、p-メチルイソフ゜ロヒ゜ルヘ゛ンセ゛ン、メチル-o-メトキシヘ゛ンソ゛エート、2-メチル-3-(p-メトキシフェニル)フ゜ロハ゜ナール、メチル 1-メチル-3-シクロヘキセンカルホ゛キシレート、7-メチル-3-メチレン-1,6-オクタシ゛ェン、1-メチル-4-(4-メチル-3-ヘ゜ンテニル)-3-シクロヘキセン-1-カルホ゛キシアルテ゛ヒト゛、2-メチルヘ゜ンチルハ゛レレート、2-メチル-3-(4-メチルフェニル)フ゜ロハ゜ナール、2-メチル-5-(メチルチオ)フラン、メチル 3-(メチルチオ)フ゜ロヒ゜オネート、メチル(メチルチオ)アセテート、メチルニコチネートメチルノナノエート、メチル2-ノネノエート、メチル3-ノネノエート、2-メチルオクタナール、メチルオクタノエート、4-メチルヘ゜ンタノイックアシト゛、トランス-2-メチル-2-ヘ゜ンテノイックアシト゛、3-メチル-ヘ゜ンチルアンケ゛レート、p-メチルフェノキシアセトアルテ゛ヒト゛、p-メチルフェニルアセトアルテ゛ヒト゛、メチルフェニルアセテート、3-メチル-4-フェニル-3-フ゛テン-2-オン、メチルフェニルク゛リシテ゛ート、5-メチル-2-フェニル-2-ヘキサノール、3-メチル-1-フェニル-3-フ゜ロハ゜ナ-ル、3-メチル-5-フェニルヘ゜ンタノール、4-メチル-4-フェニル-2-ヘ゜ンタノン、4-メチル-2-フェニル-2-ヘ゜ンテナール、3-メチル-5-フェニルハ゛レルアルテ゛ヒト゛、3-メチル-5-フ゜ロヒ゜ル-2-シクロヘキセン-1-オン、5-メチル-5-フ゜ロヒ゜ル-2-(1-メチルフ゛チル)-1,3-シ゛オキサン、2-メチル-4-フ゜ロヒ゜ル-1,3-オキサチアン、メチルフ゜ロヒ゜ルトリスルフィト゛、1-メチルヒ゜ロール、p-メチルキノリン、5-メチルキノリン、メチルテトラヒト゛ロフラノン、2-メチルウンテ゛カナール、2-メチルウンテ゛カナールシ゛メチルアセタール、メチル9-ウンテ゛セノエート、メントラクトン、ミュケ゛ットアルコール、ミラルテ゛ィルアセテート、ネリルフ゛チレート、ネリルホーメイト、ネリルイソフ゛チレート、ネリルフ゜ロヒ゜オネート、ノナナールシ゛エチルアセタール、ノナナールシ゛メチルアセタール、ノナンシ゛オール-1,3-シ゛アセテート、ノナン酸、2-ノナノール、2-ノナノン、3-ノナノン、1-ノネン-3-オ-ル、ノニルアルコール、sec-ノニルアルコール、ノホ゜ール、オシメニルアセテート、2,4-オクタシ゛エナール、オクタナールシ゛エチルアセタール、オクタン酸、2-オクタノール、3-オクタノール、3-オクチルアセテート、オクチルアルコール、sec-オクチルアルコール、オクチルフ゛チレート、オクチルホーメイト、オクチルイソフ゛チレート、4-オキソホロン、オキシオクタリンホーメイト、3,4,5,6,6-ヘ゜ンタメチル-2-ヘフ゜タノール、4-ヘ゜ンテン酸,2-ヘ゜ンチル-2-シクロヘ゜ンテン-1-オン、2-ヘ゜ンチルヒ゜リシ゛ン、ヘ゜リリルアセテート、フェノキシエチルアルコール、フェニルアセトアルテ゛ヒト゛P.G.アセタール、2-フェニルエチルアンケ゛レート、2-フェニルエチルイソハ゛レレート、2-フェニルエチル2-メチルフ゛チレート、5-フェニル-5-メチル-3-ヘキサノン、3-フェニルフ゜ロヒ゜オンアルテ゛ヒト゛シ゛メチルアセタール、3-フェニルフ゜ロヒ゜ルイソフ゛チレート、3-フェニルフ゜ロヒ゜ルフ゜ロヒ゜オネート、ヒ゜ノカルヘ゛オール、ヒ゜ヘ゜リテノン、4-メチルトリシクロ[6.2.1.02,7]ウンテ゛カン-5-オン、5-フ゜ロヘ゜ニルク゛エトール、フ゜ロヒ゜ルヘ゛ンソ゛エート、3-フ゜ロヒ゜ルヒ゛シクロ[2.2.1]ヘフ゜ト-5-エン-2-カルホ゛キシアルテ゛ヒト゛、P.G.シ゛フ゛チレート、P.G.シ゛フ゜ロヒ゜オネート、フ゜ロヒ゜ルヘフ゜タノエート、フ゜ロヒ゜ルオクタノエート、α-フ゜ロヒ゜ルフェニルエチルアルコール、フ゜ロヒ゜ルフェニルアセテート、フ゜ロヒ゜ルtrans-2,cis-4-テ゛カシ゛エノエート、フ゜ソイト゛イオノン、d-フ゜レコ゛ン、キノリン、ロシ゛ニルホーメイト、ロシ゛ニルアセテート、ロシ゛ニルフ゛チレート、ロシ゛ニルフ゜ロヒ゜オネート、サヒ゛ネンヒト゛レート、サフラナールサフロールサリチルアルテ゛ヒト゛、3-ヒト゛ロキシ-4,5-シ゛メチル-2(5H)-フラノン、スチラリルアルコール、スチラリルイソフ゛チレート、スチラリルフ゜ロヒ゜オネート、スチロリルシ゛アセテート、スチリルシアニト゛、テルヘ゜ニルフ゛チレート、テルヘ゜ニルホーメイト、テルヘ゜ニルイソフ゛チレート、テルヘ゜ニルイソハ゛レレート、α-テルヘ゜ニルメチルエーテル、テルヘ゜ニルフ゜ロヒ゜オネート、テトラヒト゛ロアロオシメノール、テトラヒト゛ロシトラール、テトラヒト゛ロフルフリルフ゛チレート、テトラヒト゛ロリナリルアセテート、テトラヒト゛ロムキ゛ルアセテート、テトラヒト゛ロヒ゜ロール、2,2,5,5-テトラメチル-4-イソフ゜ロヒ゜ル-1,3-シ゛オキサン、チオケ゛ラニオール、3-ツヤノール、4-ツヤノール、β-ツヤフ゜リシンチモールテアスヒ゜ラン、p-トリルアルテ゛ヒト゛、トリアセチン、トリシクロテ゛セニルメチルエーテル、トリシクロテ゛シルアセテート、4-トリシクロテ゛シリテ゛ンフ゛タナール、トリテ゛カナール、2-トリテ゛カノン、トランス-2-トリテ゛カノール、トリテ゛セン-2-ニトリル、1-(2,2,6-トリメチルシクロヘキサン-1-イル)-ヘキサン-3-オール、4-(2,2,6-トリメチル-2(1)-シクロヘキセン)-2-メチルフ゛タナール、2,6,6-トリメチル-2-シクロヘキセン-1,4-シ゛オン、2,3,5-トリメチル-2-シクロヘキセン-4-イル-1-メチルケトン、3,3,5-トリメチルシクロヘキシルエチルエーテル、トリメチルテ゛カシ゛エナール、9-エチリテ゛ン-3-オキサトリシクロ[6.2.1.02,7]ウンテ゛カン、α,3,3-トリメチルシクロヘキサン-1-メチルアセテート、3,5,5-トリメチルヘキシルアセテート、α-,3,3-トリメチル-2-ノルホ゛ルナンメタノール、2,2,5-トリメチル-5-ヘ゜ンチルシクロヘ゜ンタノン、2,5,5-トリメチル-2-フェニル-1,3-シ゛オキサン、α,α,p-トリメチルフェニルエチルアルコール、4,6,6(4,4,6)-トリメチルテトラヒト゛ロヒ゜ラン-2-オン、2,2,10-トリメチル-5,9-ウンテ゛カシ゛エナール、トリメチルウンテ゛カナール、2,2,6-トリメチル-6-ヒ゛ニルテトラヒト゛ロヒ゜ラン、2,4-ウンテ゛カシ゛エナール、1-ウンテ゛カナール、2-ウンテ゛カノ-ル、2-ウンテ゛カノン、1,3,5-ウンテ゛カトリエン、トランス-2-ウンテ゛セナール、10-ウンテ゛セン-1-オール、ウンテ゛シルアルコール、ウンテ゛シレン酸、sec-ウンテ゛シリックアルコール、ハ゛レンセン、γ-ハ゛レロラクトン、4-メチル-4-フェニル-2-ヘ゜ンチルアセテート、3-メチル-4-オクタノリト゛、ヘ゛ルテ゛ィルアセテート、ヘ゛ルテ゛ィルフ゜ロヒ゜オネートなど。

0032

*表中、E.G.は、Ethylene glycol、P.G.は、Propylene Glycolを示す。

0033

表−9 (C)ベースノート
アセチルカリオフィレン、アセチルハ゛ニリン、トリテ゛カナール、ヘキサナールシ゛エチルアセタール、アリルフェノキシアセテート、5-シクロヘキサテ゛セン-1-オン、2,5,5-トリメチルオクタヒト゛ロナフトール、α-n-アミルシンナミックアルコール、α-アミルシンナミックアルテ゛ヒト゛シ゛エチルアセタール、α-アミルシンナミックアルテ゛ヒト゛-メチルアンスラニレート(シッフヘ゛ース)、α-アミルシンナミックアルテ゛ヒト゛シ゛メチルアセタール、α-アミルシンナミルアセテート、アニシルフ゜ロヒ゜オネート、4(5)-アセチル-7,7,9(7,9,9)-トリメチルヒ゛シクロ[4,3,0]ノン-1-エン、ヘ゛ンシ゛ルチク゛レート、ヘ゛ンス゛アルテ゛ヒト゛ク゛リセリルアセタール、ヘ゛ンス゛アルテ゛ヒト゛P.G.アセタール、ヘ゛ンシ゛ルカフ゜リレート、8,9-エホ゜キシセト゛レン、ヘ゛ンシ゛ルト゛テ゛カノエート、ヘ゛ンシ゛ルオイケ゛ノール、ヘ゛ンシ゛リテ゛ンアセトフェノン、ヘ゛ンシ゛ルイソチオシアネート、ヘ゛ンシ゛ルラウレート、ヘ゛ンシ゛ルオクタノエート、ヒ゛フェニル、ヒ゛サ゛ホ゛レン、α-ヒ゛サ゛ホ゛ール、フ゛チルアンスラニレート、フ゛チルテ゛カノエート、フ゛チルト゛テ゛カノエート、p-tertフ゛チルヒト゛ロシンナミックアルテ゛ヒト゛、3-n-フ゛チリテ゛ンフタリト゛、2-n-フ゛チリテ゛ン-3,5,5(3,3,5)-トリメチルシクロヘキサノン、p-tertフ゛チル-α-メチルヒト゛ロシンナミックアルテ゛ヒト゛、フ゛チルフェニルアセテート、3-n-フ゛チルフタリト゛、2-tertフ゛チルキノリン、6(p)-tert-フ゛チルキノリン、6-sec-フ゛チルキノリン、8-sec-フ゛チルキノリン、フ゛チルサリシレート、フ゛チルステアレート、フ゛チル-10-ウンテ゛セノエート、カリオフィレンアセテート、β-カリオフィレンアルコール、カリオフィレンアルテ゛ヒト゛、カリオフィレンホーメイト、β-カリオフィレンオキシト゛、セト゛ラノン、セト゛レノン、セト゛リルホーメイト、セト゛ロールメチルエーテル、シンナミルアンスラニレート、シンナミルヘ゛ンソ゛エート、シンナミルフ゛チレート、シンナミルホーメイト、シンナミルイソフ゛チレート、シンナミルイソハ゛レレート、シンナミルフ゜ロヒ゜オネート、シンナミルチク゛レート、シトロネリルチク゛レート、シヘ゛トン、p-クレシ゛ルオクタノエート、p-クレシ゛ルサリシレート、シクランハ゛ー(Henkel)、シクロヘキサテ゛カノライト゛、5-シクロヘキサテ゛セン-1-オン、シクロヘキシルフェニルエチルエーテル、シクロメチレンシトロネロール、2-シクロヘ゜ンチルシクロヘ゜ンタテ゛カノン、シクロテン、2,4-シ゛-tert-フ゛チルシクロヘキサノン、テ゛カヒト゛ロシクロト゛テ゛カオキサソ゛ール、δ-テ゛カラクトン、ε-テ゛カラクトン、δ-2-テ゛セノラクトン、シ゛ヘ゛ンシ゛ルケトン、シ゛エチルセハ゛ケート、シ゛エチルタータレート、シ゛ヒト゛ロカルヘ゛オール、シ゛ヒト゛ロカルヒ゛ルアセテート、シ゛ヒト゛ロクマリン、シ゛ヒト゛ロインテ゛ニル-2,4-シ゛オキサン、シ゛ヒト゛ロシ゛ャスモンラクトン、1,4-シ゛メトキシ-2-tert-フ゛チルヘ゛ンセ゛ン、シ゛メチルヘ゛ンシ゛ルカルヒ゛ニルフ゜ロヒ゜オネート、シ゛メチルヘ゛ンシ゛ルカルヒ゛ニルイソフ゛チレート、1,1-シ゛メチル-3-フェニルフ゜ロハ゜ノール、2,2-シ゛メチル-3-フェニルフ゜ロハ゜ノール、シ゛フェニル、シ゛フェニルアミン、ε-ト゛テ゛カラクトン、エチル-p-アニシエート、エチルアンスラニレート、エチルシトロネリルオキサレート、エチル2-メチル-6-ヘ゜ンチル-4-オキソシクロヘキセー2-エンカルホ゛キシレート、エチルp-メチル-β-フェニルク゛リシテ゛ート、エチルメチルp-トリルク゛リシテ゛ート、エチルミリステートエチルオレエート、エチルハ゜ルミテート、エチル3-フェニルク゛リシテ゛ート、エチルサフラネート、エチルステアレートファルネセンファルネシルアセトン、ケ゛ラニルヘ゛ンソ゛エート、ケ゛ラニルリナロール、ケ゛ラニルオキシアセトアルテ゛ヒト゛、ク゛アイエン、ヘリオトロヒ゜ンシ゛エチルアセタール、ヘリオトロヒ゜ンシ゛メチルアセタール、ヘリオトロヒ゜ンアセテート、γ-ヘフ゜タラクトン、ヘフ゜チルヘキサノエート、ヘフ゜チルオクタノエート、δ-ヘキサラクトン、シス-3-ヘキセニルフェニルアセテート、ヘキシルオクタノエート、ヒノキチオールヘキシルフェニルアセテート、ヒト゛ロシンナミックアルコール、ヒト゛ロキシシトロネロール、2-ヒト゛ロキシ-6-イソフ゜ロヒ゜ル-3-メチル-2-シクロヘキサノン、4-(4-ヒト゛ロキシ-3-メトキシフェニル)-2-フ゛タノン、p-ヒト゛ロキシフェニルフ゛タノン、イソアミルヘ゛ンシ゛ルエーテル、イソアミルカフ゜リレート、イソアミルシンナメート、イソアミルテ゛カノエート、イソアミルト゛テ゛カノエート、イソアミルヘキサノエート、イソアミルラウレート、イソアミルオクタノエート、イソアミルフェニルエチルエーテル、イソアミルウンテ゛シレネート、イソフ゛チルシンナメート、イソフ゛チルフェニルエチルアセテート、2-イソフ゛チルキノリン、イソオイケ゛ニルエチルエーテル、イソオイケ゛ニルフェニルアセテート、イソヘキセニルシクロヘキセンカルホ゛キシアルテ゛ヒト゛、イソロンキ゛ホレンエホ゜キシト゛、イソフィトール、イソフ゜ロヒ゜ルシンナメート、イソフ゜ロヒ゜ルミリステート、6-イソフ゜ロヒ゜ルキノリン、γ-シ゛ャスモラクトン、δ-シ゛ャスモラクトン、リナリルヘ゛ンソ゛エート、リナリルシンナメート、p-イソフ゜ロヒ゜ルシクロヘキシルメタノール、l-メンチルフェニルアセテート、メチルシンナメート、α-メチル trans-シンナミックアルテ゛ヒト゛、6-メチルクマリン、メチルγ-テ゛カラクトン、メチルシ゛ヒト゛ロシ゛ャスモネート、p-メチルシ゛メチルヘ゛ンシ゛ルカルヒ゛ノール、3-メチルイント゛ール、3-メチル-4-(2,4,6-トリメチル-3-シクロヘキセン-1-イル)-3-フ゛テン-2-オン、メチルラウレート、α-メチル3,4-メチレンシ゛オキシヒト゛ロシンナミックアルテ゛ヒト゛、メチルN-2′-メチルヘ゜ンチリテ゛ンアンスラニレート、メチルミリステートメチルオレエート、N-メチル-N-フェニル-2-メチルフ゛チルアミト゛、4-メチル-4-フェニル-2-ヘ゜ンチルアセテート、メチルフ゜ロヒ゜ルアセトアルテ゛ヒト゛-メチルアンスラニレート-シッフヘ゛ース、メチルテトラテ゛カノエート、2-メチル-4-(2,2,6-ト リメチル-1(2)-シクロヘキセニル)-3-フ゛テン-1-アール、3-メチル-5-(2,2,3-トリメチル-3-シクロヘ゜ンテン-1-イル)-3-ヘ゜ンテン-2-オン、メチルハ゛ニリン、1,1,3,3,5-ヘ゜ンタメタチル-4,6-シ゛ニトロインタ゛ン、ムスクアンフ゛レット、ムスクチヘ゛テン、β-ナフチルイソフ゛チルエーテル、ヌートカトン、オクチルヘフ゜タノエート、オクチルオクタノエート、オレイックアシト゛、13-オキサヒ゛シクロ[10.3.0]ヘ゜ンタテ゛カン、3-オキサヒ゛シクロ[10.3.0]ヘ゜ンタテ゛セ-6-エン、2-オキサスヒ゜ロ[4.7]ト゛テ゛カン、オキソセト゛ラン、ヘ゜ンチルサリシレート、2-フェノキシエチルフ゜ロヒ゜オネート、フェニルアセトアルテ゛ヒト゛2,3-フ゛チレンク゛リコールアセタール、フェニルアセトアルテ゛ヒト゛シ゛イソフ゛チルアセタール、2-フェニルエチルアンスラニレート、2-フェニルエチルシンナメート、2-フェニルエチルメタアクリレート、2-フェニルエチルメチルエーテル、2-フェニルエチルメチルエチルカルヒ゛ノール、2-フェニルエチルメチルエチルカルヒ゛ニルアセテート、2-フェニルエチルノナノエート、フェニルエチルオクタノエート、2-フェニルエチルハ゛レレート、フェニルク゛リコールシ゛アセテート、3-フェニルフ゜ロヒ゜ルイソハ゛レレート、フェニルサリシレート、ヒ゜ヘ゜ロナール、ヒ゜ヘ゜ロニルアセテート、ヒ゜ヘ゜ロニルアセトン、フ゜ロヒ゜ルシンナメート、3-フ゜ロヒ゜リテ゛ンフタリト゛、ラス゛ヘ゛リーアルテ゛ヒト゛、レソ゛ルシノールシ゛メチルエーテル、ロシ゛ニルイソフ゛チレート、ロシ゛ニルフェニルアセテート、α(β)サンタリルアセテート、スクラレン、スクラレオールスカトールステアリン酸、δ-テトラテ゛カラクトン、テトラヒト゛ロ-p-メチルキノリン、5,6,7,8-テトラヒト゛ロキノキサリン、δ-トリテ゛カラクトン、トリエチルシトレート、2,6,10-トリメチル-1-アセチル-2,5,9-シクロト゛テ゛カトリエン、トリメチルシクロテ゛カトリエンエホ゜キシト゛、2,5,5-トリメチル-2-オクタヒト゛ロ-2-ナフトール、シ゛メチルヘ゛ンス゛アルテ゛ヒト゛-メチルアンスラニレートシッフヘ゛ース、ハ゛ニリン酸、ハ゛ニリンフ゜ロヒ゜レンク゛リコールアセタール、ハ゛ニリルアルコール、5-フ゜ロヘ゜ニルク゛エトール、1-(2,3,5,6,7,8-ヘキサヒト゛ロ-1,1-シ゛メチル-1H-ヘ゛ンス゛インタ゛ン-4-イル)-エタノンなど。

0034

*表中、P.G.は、Propylen Glycolを表す。

0035

上記のようにして製造された調合香料の劣化を防止するため、必要により公知の天然あるいは合成の酸化防止剤光劣化防止剤を添加することができる[周知・慣用技術集(香料)第1部 香料一般 2・4 香料の保存技術141頁、平成11.1.29.発行]。

0036

また、必要により、溶剤エタノールエチレングリコール、プロピレングリコールなど)、公知の天然・合成色素、公知の乳化剤可溶化剤保留剤・保香剤、冷感剤温感剤エンハンサーなどを適宜に添加することもできる[周知・慣用技術集(香料)第1部 香料一般 2・3・8乳化可溶化、2・6・11保留剤・保香剤、2・6・12エンハンサー、2・6・13冷感剤・温感剤 平成11.1.29発行]。

0037

また、本発明の調合香料、および該調合香料の天然、および合成香料素材は、所望により各種の精製・加工手段を採用して使用することもできる[周知・慣用技術集(香料)第1部 香料一般2・3香料の精製・加工技術 平成11.1.29発行]。

0038

さらに、上記(A)、(B)および(C)に記載の合成香料中に、幾何異性体あるいは光学異性体が存在する場合は、これらを含むものであり、また、該合成香料を含む天然精油も使用することができる。

0039

かくして、上記のようにして製造された本発明の調合香料は、各種の界面活性剤を含有する洗浄・柔軟剤に使用することができ、これら界面活性剤を含有する洗浄・柔軟剤としては、例えば石けん、衣料用洗剤、衣料用柔軟剤、台所洗剤住居用洗剤、ボディシャンプー、頭髪用シャンプー、頭髪用リンス・トリートメントなどをあげることができる。

0040

これらに使用されている原料組成は、例えば石けんについてみてみると、石けんは高級脂肪酸塩の総称であるが、日常皮膚洗浄に用いる石けんは水溶性であり、C12〜C18の脂肪酸アルカリ塩からなっている。石けんの原料として用いる脂肪酸や油脂には種々のものがあるが、一般的には古くは牛脂ヤシ油が用いられていたが、最近では植物性油脂の組み合わせが用いられている。代表的な油脂としては、パーム油パーム核油をあげることができ、その配合割合は例えば、パーム油60〜80%、パーム核油20〜40%程度である。

0041

石けんは弱酸強アルカリ塩であるから、その水溶液アルカリ性を示し、そのpHは10近辺であるが、この近辺のpHに不安定な香料を使用する場合には注意が必要であるが、「周知・慣用技術集 第1部 香料一般 2・5熟成技術 1999.1.29日発行」に記載されるように過度物理化学的変化が起きなければ、これは香料の熟成ととらえることができ、使用時に香気的に不都合がなければ特に問題はなく、いずれの香料も使用可能である。また、石けんは界面活性剤の1種であるからその水溶液は他の界面活性剤と同様の性質をもっている。

0042

本発明の調合香料が使用される石けんとしては、例えば化粧石けん透明石けん、合成化粧石けん、薬用化粧石けんなどがあげられる。

0043

化粧石けんは、通常、牛脂80〜85%、ヤシ油15〜20%が一般的であり、この他に泡をクリーミーにしたり、皮膚を保護する目的で、高級アルコール、高級脂肪酸、高分子ポリマーポリオール類が配合される。

0044

また、透明石けんは、一般の化粧石けんと同じで、公知の高級脂肪酸のソーダ塩を主体としたもので、カリ塩、トリエタノールアミンとが併用される。原料は、公知の高級脂肪酸やパーム核油・パーム油・ヤシ油・オリーブ油などであり、さらに透明性や可塑性をあげるためにヒマシ油砂糖グリセリン、エタノールなども使用される。

0045

また、合成化粧石けんは、硬水における石けんの泡立ちやアルカリ性の改善を施した洗浄料であり、例えば、アシルイセチオン酸塩アルキル硫酸エステル塩、脂肪酸モノグリセリト硫酸エステル塩、N−アシル−L−グルタミン酸塩アルキルヒドロキシエーテルカルボン酸塩、アルキルヒドロキシマルチトールエーテル、アルキルイミダゾリニウムベタイン型両性界面活性剤などの合成界面活性剤主原料として単独または石けんと組み合わせて構成されている。

0046

また、薬用石けんは、デオドラントソープとメディケイテッドソープに分けられ、前者は石けんに公知の殺菌剤(TCC、塩化ベンザコニウムなど)を配合したもので、皮膚の殺菌・消毒に有効である。後者の石けんは、石けんに公知の消炎剤グリチルリチン酸塩感光素、ヒノキチオール、アラントインビタミン類など)が配合される。

0047

本発明の調合香料を使用することのできるボディシャンプーは、液体石けんを主体とした石けんタイプ、合成界面活性剤を主体としたシンデットタイプ液体石けんと合成界面活性剤を組み合わせた3つのタイプがある。これらは透明タイプと不透明タイプがある。

0048

ボディシャンプーに用いられる起泡洗浄剤としは、アニオン界面活性剤の代表である脂肪酸石けんアルキル硫酸塩アルキルエーテル硫酸塩α−オレフィンスルホン酸塩などが一般的であり、安全性、有用性重視したものとして、N−アシルメチルタウリン塩アシルサルコシン塩スルホコハク酸アルキルエステル塩、N−アシル−L−グルタミン酸塩、アシルイセチオン酸塩、アルキルヒドロキシエーテルカルボン酸塩、脂肪酸タウリン塩、アルキルヒドロキシマルチトールエーテル、モノアルキン酸塩などがあげられる。

0049

これらの石けん、ボディシャンプーに要求される所定の香質乃至香気を備えた本発明の調合香料を、石けん、ボディシャンプーに配合することにより、使用時には快い香りを有し、また使用後もしばらく匂い続ける持続性、洗った後も身体に香りがついている残香性を有し、香料のマスキング機能により体臭、汗臭、腋臭のマスキングに優れた効果を示し、これらに使用されている基材に対して安定で、基材臭(例えば、脂肪酸臭、青臭さなど)のマスキングも可能であり、また使用した香料によるストレス緩和作用、アロマテラピー効果、或いは抗菌性も期待できるなど優れた効果を発揮することができる。

0050

本発明の調合香料の石けん類への賦香率には、格別の制限はなく任意に選択できるが、一般的には石けんに対して、約0.1〜5重量%程度の範囲であり、また、ボディシャンプーにおいても格別の制限はなく、適宜に選択すればよいが、一般的には約0.1〜5重量%程度の範囲がしばしば採用される。

0051

また、本発明の調合香料は、頭髪用シャンプー、頭髪用リンスなどに使用することができる。

0052

頭髪シャンプーは、主に洗髪頭皮を洗浄するもので、その種類としては、例えば汎用シャンプー、ふけ止めシャンプー、コンディショニングシャンプー、トニックシャンプー、低刺激性シャンプー、リンスインシャンプーなとがあげられる。

0053

頭髪シャンプーの成分は、その種類により異なるが、一般的にはラウリル硫酸ソーダ、ラウリル硫酸マグネシウムポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ソーダ、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸トリエタノールアミンなどのアニオン界面活性剤;ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン、パーム核油脂肪酸アミドプロピルベタインイミダゾリウムベタイン、ラウリルヒドロキシスルホベタインなどの両性界面活性剤ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、パーム核油脂肪酸ジエタノールアミドなどのノニオン界面活性剤を例示することができる。

0055

また、上記物質の他に頭髪用シャンプーに使用が許可されている物質[化粧品種別許可基準(1998)薬事日報出版)であれば任意に使用できる。例えば、フケ止めシャンプーにおいては、上記物質のほかに硫化セレンメントール類、サリチル酸、ビタミンEアミノ酸エステル、ヒドロキシテトラミン、ピロクトンオラミンプロティンなどのフケ止め剤を添加することができ、トニックシャンプーでは、ハッカ油、ペパーミント油、トウガラシチンキカンフルサリチル酸メチルなどを使用することができる。

0056

頭髪シャンプーの形態としては、例えば液状シャンプー乳濁状シャンプー、ジェルペーストシャンプー、カプセル入りシャンプー、多層液状シャンプー、泡状シャンプー、粉末シャンプーなどがあげられるが、本発明の調合香料は、いずれのシャンプーにおいても使用することができる。

0057

また、頭髪用リンスは、主に頭髪、頭皮などの油分を補い、うるおい、つやなどを与えるものであり、その種類としては、汎用リンス、ふけ止めリンス、損傷毛用リンス、コンディショニング剤コンディショナー、トリートメント、ヘアパックなどがあげられる。

0058

頭髪用リンスの成分は、その種類にもよるが、一般的には、例えば塩化アルキルトリメチルアンモニウム塩化ジアルキルジメチルアンモニウム塩化ステアリルトリメチルアンモニウムなどのカチオン界面活性剤;ポリオキシエチレンステアリルエーテルポリオキシエチレン硬化ひまし油ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルソルビタン脂肪酸エステルなどのノニオン界面活性剤などの界面活性剤をあげることができる。

0059

この他に流動パラフィンスクワランワセリンセタノール、イソセタノール、オレイルアルコールイソプロピルミリステート、オリーブ油、シリコーンワックス、などの油脂類;グリセリン、プロピレングリコール、ソルビット、ポリエチレングリコール、カラギーナン、アラビアゴムカゼインカルボキシメチルセルロース、尿素、カルビトール、ジエチレングリコールモノメチルエーテルなどの保湿剤;アジピン酸、乳酸、乳酸ナトリウム、リン酸などのpH調整剤;安息香酸、サリチル酸、デヒドロ酢酸、ソルビン酸などの酸類およびそれらの塩類、エタノールなどの防腐剤;脂肪酸、高級アルコール、アルカノールアミド、油分などの増泡剤;スチレンポリマー、ポリ酢酸ビニル、ステアリン酸マグネシウム、ステアリルアルコール、魚鱗箔、雲母チタンなどの白濁剤;アヤメ科植物抽出物、海草エキス、コメヌカ、乳蛋白、コラーゲン分解物、シルク加水分解物、などの各種植物およびその抽出物;天然・合成着色料;グリセリン脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステルレシチンなどの乳化剤などをあげることができる。

0060

上記の物質のほかにも、頭髪用リンスに使用が許可されている物質[化粧品種別許可基準(1998)薬事日報社出版)であれば任意に使用できる。

0061

頭髪リンスの形態としては、例えば液状リンス、クリーム状リンス、ゲル状リンス、エアゾール状リンスなどがあげられるが、本発明の調合香料は、いずれのリンスにおいても使用することができる。

0062

これらの頭髪用シャンプー、リンスに要求される所定の香質乃至香気を備えた本発明の調合香料を、頭髪用シャンプー、リンスに配合することにより、使用時には快い香りを有し、また使用後もしばらく匂い続ける持続性、洗った後も頭髪、頭皮に香りがついている残香性を有し、香料のマスキング機能により汗臭などの頭髪臭のマスキングに優れた効果を示し、これらに使用されている基材に対して安定で、基材のマスキングも可能であり、また使用した香料によるストレス緩和作用、アロマテラピー効果、また抗菌性も期待できるなど優れた効果を発揮することができる。

0063

本発明の調合香料の頭髪用シャンプー、リンスへの賦香率には、格別の制限はなく任意に選択できるが、一般的には頭髪用シャンプーに対して、約0.1〜5重量%程度の範囲であり、また、頭髪用リンスおいても格別の制限はなく、適宜に選択すればよいが、一般的には約0.1〜5重量%程度の範囲がしばしば採用される。

0064

また、本発明の調合香料は、住居用洗浄剤に使用することができ、住居用洗浄剤としては、例えばカーペットクリーナー、汎用硬質表面洗浄剤フロアーポリッシュムーバー、フロアワックスリムーバー窓ガラス洗浄剤、ブラインド洗浄剤、便器洗浄剤、フロアクリーナー家庭用みがき粉、運動靴スニーカー洗浄剤、換気扇レンジ洗浄剤、床・畳洗浄剤などがあげられる。

0065

カーペットクリーナーに使用される成分としては、例えばアニオン界面活性剤;アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(3%)、ラウリル硫酸ナトリウム、ノニオン界面活性剤;ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミン(3%)、ラウリン酸ジエタノールアミン(10%)、その他に粉化剤(アルミナシリカ合成樹脂アシル化サルコシネート、アシル化グルタメートスルホサクシネートハーフエステル塩、スチレン無水マレイン酸共重合樹脂)があげられる。括弧内は製品中の配合割合を示す、以下同様。

0066

また、汎用硬質表面洗浄剤(木材、金属、ガラス陶磁器プラスチックなど)に使用される成分としては、例えば弱アルカリ性液体では、ナトリウム−フェノキシポリエチレンオキシ)エタノールサルフェート(10%)などのノニオン系界面活性剤アルキルナフタレンスルホン酸塩(12%)などのアニオン系界面活性剤、また中性液体では、アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(23%)などのアニオン系界面活性剤、ポリオキシエチレンオクチルフェニルエーテル(12%)、ポリオキシエチレンアルキルエーテル(6%)などのノニオン系界面活性剤、アルカリ性液体では、ポリオキシエチレンアルキルエーテル(6%)、ヤシ油脂肪酸アルカノールアミド(0.5%)、牛脂エトキシグリセリドエステル(25%)、脂肪酸アルカノールアミド(3.2%)、ラウリルアルカノールアミド(0.5%)、ポリエチレングリコールアルキルエーテル(8%)、ポリエチレングリコールアルキルエーテル(2.0)などのノニオン系界面活性剤、ドデシルベンゼンスルホン酸ナトリウム(14〜16%)、牛脂アミノスルホン酸(7%)、ラウリル硫酸ナトリウム、(7.0%)、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミン(5〜10%)、キシレン硫酸ナトリウム(14%)などのアニオン系界面活性剤、粉末状では、ポリエチレングリコールノニルフェニルエーテル(15%)、脂肪酸アルカノールアミド(7%)などのノニオン系界面活性剤などをあげることができる。

0067

また、フロアーポリッシュリムーバーでは、ポリエチレングリコールアルキルエーテル(2%)などの界面活性剤、フロアワックスリムーバーでは、ナトリウムN−メチル−N−オレイルタウレート(25%)、アルキルナフタレンスルホン酸ナトリウム(4〜5%)などのアニオン系界面活性剤などがあげられる。

0068

また、窓ガラス洗浄剤では、アルキルナフタレンスルホン酸ナトリウム(1.3〜2.0%)、アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(40%)などのアニオン系界面活性剤、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル(0.7−1.4%)、ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテル(0.5%)などのノニオン系界面活性剤、また、ブラインド洗浄剤にあってはエチレンジアミン四酢酸ナトリウム(0.5%)などのアニオン系界面活性剤が通常使用される。

0069

また、便器洗浄剤に使用される界面活性剤としては、酸性系洗浄剤用では、例えばポリオキシエチレンノニルアルキルフェニルエーテル(0.15−4%)などのノニオン系界面活性剤、塩化N−アルキルジメチルベンジルアンモニウム(5%)などのカチオン系界面活性剤、また、アルカリ性洗浄剤用では、α−オレフィンスルホン酸ナトリウムなどのアニオン系界面活性剤、この他にアルキルグルコシドなどがあげられる。

0070

また、フロアクリーナーには、例えば木材用タイル用などがあるが、木材用に使用される界面活性剤としては、ポリエチレングリコールノニルフェニルエーテル(1.5%)などのノニオン系があり、また、タイル用中性ではアルキルベンゼン硫酸アミン(12%)などのアニオン系;タイル用弱アルカリ性ではポリオキシエチレンオクチルフェニルエーテル(10%)などのノニオン系の界面活性剤があげられる。

0071

また、家庭用みがき粉に使用される界面活性剤としては、例えばポリオキシエチレンオクチルフェニルエーテル(10%)などのノニオン系が例示される。

0072

また運動靴、スニーカー洗浄剤では、例えばホリオキシエチレンアルキルエーテル(4.5%)などのノニオン系があげられる。

0073

また、換気扇、レンジなどの洗浄剤に使用される界面活性剤としては、例えばノニオン系のアルキルアミンオキシド(8%)が例示できる。

0074

また、床、畳などの洗浄剤では、例えばノニオン系のポリオキシエチレンアルキルエーテル(11%)などをあげることができる。

0075

さらに、上記の住居用洗浄剤に使用される界面活性剤の他に、例えば金属封鎖剤界面活性増進剤としてトリポリリン酸ナトリウムピロリン酸カリウムなどの無機性リン酸塩、また、腐食防止剤懸濁剤としてメタケイ酸ナトリウムなどのケイ酸塩、また炭酸ソーダなどの水柔軟化剤、また水酸化ナトリウムアンモニア水などのアルカリ物質、また、エチレングリコールモノブチルエーテルイソプロピルアルコールなどの溶剤、界面活性剤のC.M.C.低下剤として硫酸ナトリウム;研磨剤カオリナイト、シリコーンなどのつや出し剤パイン、カルバニリドフェノール、4級アンモニウム塩などの殺菌剤;金属封鎖剤、傾向増白剤帯電防止剤;腐食防止剤などが配合される。

0076

住居用洗浄剤の中には、その液性がアルカリ性あるいは酸性のものもあるが、この近辺のpHに不安定な香料を使用する場合には注意が必要であるが、「周知・慣用技術集 第1部 香料一般2・5熟成技術 1999.1.29発行」に記載されるように過度に物理・化学的変化が起きなければ、これは香料の熟成ととらえることができ、使用時に香気的に不都合がなければ特に問題はなく、いずれの香料も使用可能である。これらの住居用洗浄剤に要求される所定の香質乃至香気を備えた本発明の調合香料を、住居用洗浄剤に配合することにより、使用時には快い香りを有し、また使用後もしばらく匂い続ける持続性、残香性を有し、香料のマスキング機能により、悪臭などのマスキングに優れた効果を示し、これらに使用されている基材に対して安定で、基材のマスキングも可能であり、また使用した香料による抗菌性も期待できるなど優れた効果を発揮することができる。

0077

本発明の調合香料の住居用洗浄剤への賦香率には、格別の制限はなく任意に選択できるが、一般的には住居用洗浄剤に対して、約0.01〜0.5重量%程度の範囲がしばしば採用される。

0078

また、本発明の調合香料は、洗顔用洗浄剤、衣料用洗浄剤、衣料用柔軟剤に使用することができる。

0079

例えば、洗顔用洗浄剤は、特にその成分は限定されないが、一般に5〜75重量%のアニオン性界面活性剤や両性界面活性剤;5〜15重量%の非イオン性界面活性剤やノニオン界面活性剤;0〜5重量%の添加剤;例えば、キレート剤スキンコンディショナー皮膚軟化剤、酸化防止剤、防腐剤、染料顔料、塩など;及び3〜90重量%の水を含むことができる。

0080

アニオン性界面活性剤としては、例えば、高級アルコールの硫酸エステル塩、高級アルコールのエトキシレート化物の硫酸エステル塩などの硫酸エステル型アニオン性界面活性剤アルキルベンゼンスルホン酸塩パラフィンスルホン酸塩、α−オレフィンスルホン酸塩、α−スルホン脂肪酸塩、α−スルホン脂肪酸アルキルエステル塩、N−メチル−N−アスルタウリン塩などのスルホン酸型アニオン性界面活性剤脂肪族カルボン酸塩ポリオキシエチレンアルキルエーテルカルボン酸塩、N−アシルサルコシン塩などのカルボン酸型アニオン性界面活性剤;アルキルりん酸塩などのりん酸エステル型アニオン性界面活性剤等が挙げられる。

0081

両性界面活性剤としては、例えば、アルキルジメチルアミノ酢酸ベタイン脂肪族アミドプロピルベタインなどのカルボキシベタイン型両性界面活性剤;アルキルアミンオキシドなどのアミンオキシド型両性界面活性剤等が挙げられる。非イオン性界面活性剤としては、例えば、グリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステル、しょ糖脂肪酸エステルなどのエステル型非イオン性界面活性剤;ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル、ポリオキシエチテンポリオキシプロピレングリコールなどのエーテル型非イオン性界面活性剤;脂肪酸アルカノールアミドなどのアルカノールアミド型非イオン性界面活性剤脂肪酸ポリエチレングリコール、脂肪酸ポリオキシエチレンソルビタンなどのエステル・エーテル型非イオン性界面活性剤等が挙げられる。

0082

本発明の衣料用洗剤は、具体的には「特許公報10(1998)−25[7159]周知・慣用技術集(衣料用粉末洗剤)」(日本国特許庁、平成10年3月26日発行)を参考にすることができる。

0083

本発明の調合香料を使用する衣料用洗剤は、特にその成分は限定されないが、一般に5〜40%量%のアニオン性界面活性剤や両性界面活性剤;0〜20重量%の非イオン性界面活性剤やカチオン性界面活性剤;0〜60重量%のビルダー充填剤、金属イオン封鎖剤;0〜20重量%の漂白剤、漂白剤先駆体;0〜15重量%のアルコール、乳化剤;0〜15重量%の添加剤、例えば、蛍光増白剤、キレート剤、再付着防止剤(カルボキシメチルセルロース等)、還元剤亜硫酸塩等)、抑泡剤(シリコーン)、酵素織物コンディショナー、染料など;及び水を含むことができる。

0084

アニオン性界面活性剤としては、例えば、高級アルコールの硫酸エステル塩、高級アルコールのエトキシレート化物の硫酸エステル塩などの硫酸エステル型アニオン性界面活性剤;アルキルベンゼンスルホン酸塩、パラフィンスルホン酸塩、α−オレフィンスルホン酸塩、α−スルホン脂肪酸塩、α−スルホン脂肪酸アルキルエステル塩、N−メチル−N−アスルタウリン塩などのスルホン酸型アニオン性界面活性剤;脂肪族カルボン酸塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテルカルボン酸塩、N−アシルサルコシン塩などのカルボン酸型アニオン性界面活性剤;アルキルりん酸塩などのりん酸エステル型アニオン性界面活性剤等が挙げられる。

0085

両性界面活性剤としては、例えば、アルキルジメチルアミノ酢酸ベタイン、脂肪族アミドプロピルベタインなどのカルボキシベタイン型両性界面活性剤等が挙げられる。

0086

非イオン性界面活性剤としては、例えば、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル、ポリオキシエチテンポリオキシプロピレングリコールなどのエーテル型非イオン性界面活性剤;脂肪酸アルカノールアミドなどのアルカノールアミド型非イオン性界面活性剤;脂肪酸ポリエチレングリコール、脂肪酸ポリオキシエチレンソルビタンなどのエステル・エーテル型非イオン性界面活性剤等が挙げられる。

0087

カチオン性界面活性剤としては、例えば、アルキルトリメチルアンモニウム塩ジアルキルジメチルアンモニウム塩アルキルベンジルジメチルアンモニウム塩などの第四級アンモニウム塩型カチオン性界面活性剤等が挙げられる。

0089

漂白剤、漂白剤先駆体としては、例えば、過炭酸塩過炭酸ナトリウムなど)、過ホウ酸塩(過ホウ酸ナトリウムなど)、過硫酸塩有機過酸および過酸化水素、並びに塩素系では次亜塩素酸塩が挙げられる。

0090

衣料用洗剤の形態は、粉末ないし粒状、液状(濃縮タイプも含む)、ブリケット状タブレット状、シート状、棒状等である。また、製品化の際は、それぞれの使い勝手や安定性等を考慮した容器が使用されるが、特に光、熱や酸素による香料成分への影響の少ない容器を選ぶことが好ましい。

0091

また、本発明の調合香料が使用される衣料用柔軟剤は、その成分に特に限定されることはないが、一般に4〜50重量%のカチオン性界面活性剤;0〜10重量%の両性界面活性剤;0〜5重量%のラノリン又は脂肪酸のような潤滑剤;0.5〜5重量%の添加剤、例えば、防腐剤、染料、pH調節剤、共溶媒不透明化剤電解質、クエン酸、蛍光増白剤など;及び水を含むことができる。

0092

カチオン性界面活性剤としては、例えば、アルキルトリメチルアンモニウム塩、ジアルキルジメチルアンモニウム塩、アルキルベンジルジメチルアンモニウム塩などの第四級アンモニウム塩型カチオン性界面活性剤等が挙げられる。

0093

両性界面活性剤としては、例えば、2−アルキル−N−カルボキシメチル−N−ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインなどの2−アルキルイミダジリンの誘導型両性界面活性剤等が挙げられる。

0094

衣類洗浄剤の中に、その液性がアルカリ性あるいは酸化還元性のものがある場合は、これらに不安定な香料を使用する場合には注意が必要であるが、「周知・慣用技術集 第1部 香料一般2・5熟成技術 1999.1.29発行」に記載されるように過度に物理・化学的変化が起きなければ、これは香料の熟成ととらえることができ、使用時に香気的に不都合がなければ特に問題はなく、いずれの香料も使用可能である。

0095

衣料用柔軟剤の形態は、粉末ないし粒状、液状、ブリケット状、タブレット状、シート状、棒状等である。また、製品化の際は、それぞれの使い勝手や安定性等を考慮した容器が使用されるが、特に光、熱や酸素による香料成分への影響の少ない容器を選ぶことが好ましい。

0096

また、台所洗剤においても、その成分には特に限定はないが、一般的には0.1〜60重量%のアニオン性界面活性剤、両性界面活性剤又は非イオン性界面活性剤;0.01〜10重量%の低級アルコール;0〜5重量%の低温安定化剤色相安定化剤;0.5〜5重量%の添加剤、例えば、可溶化剤(尿素など)、粘度調製剤(粘度鉱物水溶性高分子物質など)、水不溶性研磨剤方解石珪石リン酸カルシウムゼオライトポリエチレンナイロンポリスチレンなど)、減粘剤(エタノール、プロピレングリコール、ポリエチレングルコールなど)、保湿剤(グリセリン、ソルビトールなど)、酵素、色素、防腐剤、防かび剤など;及び水を含むことができる。

0097

アニオン性界面活性剤としては、例えば、高級アルコールの硫酸エステル塩、高級アルコールのエトキシレート化物の硫酸エステル塩などの硫酸エステル型アニオン性界面活性剤;アルキルベンゼンスルホン酸塩、パラフィンスルホン酸塩、α−オレフィンスルホン酸塩、α−スルホン脂肪酸塩、α−スルホン脂肪酸アルキルエステル塩、N−メチル−N−アスルタウリン塩などのスルホン酸型アニオン性界面活性剤;脂肪族カルボン酸塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテルカルボン酸塩、N−アシルサルコシン塩などのカルボン酸型アニオン性界面活性剤;アルキルりん酸塩などのりん酸エステル型アニオン性界面活性剤等が挙げられる。

0098

両性界面活性剤としては、例えば、アルキルジメチルアミノ酢酸ベタイン、脂肪族アミドプロピルベタインなどのカルボキシベタイン型両性界面活性剤;アルキルアミンオキシドなどのアミンオキシド型両性界面活性剤等が挙げられる。

0099

非イオン性界面活性剤としては、例えば、グリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステル、しょ糖脂肪酸エステルなどのエステル型非イオン性界面活性剤;ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル、ポリオキシエチテンポリオキシプロピレングリコールなどのエーテル型非イオン性界面活性剤;脂肪酸アルカノールアミドなどのアルカノールアミド型非イオン性界面活性剤;脂肪酸ポリエチレングリコール、脂肪酸ポリオキシエチレンソルビタンなどのエステル・エーテル型非イオン性界面活性剤等が挙げられる。

0100

低級アルコールとしては、例えば、エタノール、プロパノール、イソプロパノールブタノール等が挙げられる。

0101

低温安定化剤や色相安定化剤としては、例えば、安息香酸(塩)、サリチル酸(塩)、フタル酸(塩)、イソフタル酸(塩)、テレフタル酸(塩)、アントラニル酸(塩)、p−オキシ安息香メチル、p−オキシ安息香エチル、p−オキシ安息香n−プロピル、p−オキシ安息香イソプロピル、β−オキシナフトエ酸などおよびこれらのエステルが挙げられる。

0102

本発明の調合香料を含有する洗浄剤組成物・柔軟剤組成物には上述したような成分のほかに、通常の洗浄剤組成物・柔軟剤組成物に用いられる成分、例えば、粉末成分液体油脂固体油脂ロウ炭化水素植物抽出物漢方成分、高級アルコール、低級アルコール類、エステル類長鎖脂肪酸、界面活性剤(非イオン界面活性剤、アニオン界面活性剤、カチオン界面活性剤、両性界面活性剤)、ステロール類多価アルコール類、保湿剤、水溶性高分子化合物増粘剤皮膜剤、殺菌剤、防腐剤、紫外線吸収剤、保留剤、冷感剤、温感剤、マスキング剤、美白剤、金属イオン封鎖剤、糖分、アミノ酸類有機アミン類合成樹脂エマルジョン、pH調製剤、皮膚栄養剤、ビタミン類、酸化防止剤、酸化防止助剤セラミド類、NMF(天然保湿因子)、コラーゲン、尿素、油分、粉体機能性ビーズカプセル類金属キレート剤無機塩有機塩、などを適宜配合できる。

0103

本発明の香気持続性強化した香料組成物は、上述した成分を混合し、通常の方法によって製造する事ができる。その剤型は、特に制限されるものではなく、液状、ゲル状、エアゾールペースト状とする事ができる。

0104

これらの衣料用洗浄剤、衣料用柔軟剤に要求される所定の香質乃至香気(例えば、シトラス、フルーティ、グリーン、フローラル、アルデヒド、スパイシー、ウッディ、スイート、モッシー、ムスキー、アンバー、アニマル、ハーバル、マリン、およびミントノートなど)に調製された本発明の調合香料を、衣料用洗浄剤、衣料用柔軟剤に配合することにより、使用時には快い香りを有し、また使用後もしばらく匂い続ける持続性、洗った後も衣料に香りがついている残香性を有し、香料のマスキング機能により汗臭、腋臭、その他の体臭などのマスキングに優れた効果を示し、これらに使用されている基材に対して安定で、基材のマスキングも可能であり、また使用した香料によるアロマテラピー効果、ストレス緩和作用、また抗菌性も期待できるなど優れた効果を発揮することができる。

0105

また、台所洗浄剤にあっては、トップノートを主体とした、先立ちの香りに特徴を有する本発明の調合香料を使用することにより、使用後には香りを残すことなく、上記と同じく食器類、その他調理に使用した包丁、まな板に付着した種々の食物の臭気をマスキングすると共に、使用時に快い香りを賦与することができる。また、台所洗浄剤に使用されている基材のマスキングも可能であり、抗菌性も期待できるなど優れた効果を発揮することができる。

0106

本発明の調合香料の衣料用洗浄剤への賦香率には、格別の制限はなく任意に選択できるが、一般的には衣料用洗浄剤に対して、約0.001〜1重量%程度の範囲であり、また、衣料用柔軟剤では格別の制限はなく、適宜に選択すればよいが、一般的には約0.05〜1重量%程度の範囲がしばしば採用される。また、洗顔用洗浄剤では、一般的に約0.01〜1%程度の範囲で使用される。

0107

また、台所洗浄剤への賦香率においても格別の制限はなく任意に選択すればよく、一般的には0.01〜0.5%程度の範囲がしばしば採用される。

0108

次に実施例を挙げて本発明を更に具体的に説明する。
実施例 1-10 ;(A)トップノート成分からなる調合香料の処方例(請求項5)。
実施例 11-40 ;(B)ミドルノート成分からなる調合香料の処方例(請求項6)。
実施例 41-60 ;(C)ベースノート成分からなる調合香料の処方例(請求項7)。
実施例 61-70 ;(A)+(B)ミックスノート成分からなる調合香料の処方例。
実施例 71-80 ;(B)+(C)ミックスノート成分からなる調合香料の処方例。
実施例 81-140 ;上記実施例1−80を組み合わせた調合香料の処方例。

0109

上記実施例1-140に、所望により明細書記載のノート別の合成香料、天然香料を更に配合することもできる。
実施例 141-200;明細書記載の(A)トップノート成分を主体とする合成香料及び天然香料から選ばれた素材からなる調合香料の処方例。
実施例 201-320;明細書記載の(B)ミドルノート成分を主体とする合成香料及び天然香料から選ばれた素材からなる調合香料の処方例。
実施例 321-390;明細書記載の(C)ベースノート成分を主体とする合成香料及び天然香料から選ばれた素材からなる調合香料の処方例。
実施例 390-458;上記実施例141−390を組み合わせた調合香料の処方例。

0110

上記実施例141-458に、所望により明細書記載のノート別の合成香料、天然香料を更に配合することもできる。

0111

0112

0113

0114

0115

0116

0117

0118

0119

0120

0121

0122

0123

0124

0125

0126

0127

0128

0129

0130

0131

0132

0133

0134

0135

0136

0137

0138

0139

0140

0141

0142

0143

0144

0145

0146

0147

0148

0149

0150

以下に石けん、衣料用洗浄剤、衣料用柔軟剤、台所用洗浄剤、住居用洗浄剤、頭髪用シャンプー、頭髪用リンス、ボディシャンプーなどの配合処方例を以下に示す。
配合例1化粧石けんの処方例
石けんベース80/20 96.00%二酸化チタン0.25%
(牛脂脂肪酸・ヤシ油脂肪酸ナトリウム)EDTA0.025
ケイ酸ナトリウム0.15 Merquat 2200 2.00
香料* 0.75
香料は、実施例11−20、41-50、101-120および301-310の調合香料を使用。
配合例2透明石けんの処方例
牛脂 22.0%ヤシ油10.0%
ヒマシ油4.0%オリーブ油4.0%
苛性ソーダ6.0%エチルアルコール20.0%
エチルアルコール 20.0%グリセリン4.0%
香料* 1.0%染料適量
金属イオン封鎖剤適量
香料は、実施例21-30、51-60、151-160および391-407の調合香料を使用。
配合例3 合成化粧石けんの処方例
ラウリン酸モノク゛リセリト゛ 80.0%硫酸エステルソータ゛塩
セチルアルコール10.0%ステアリン酸モノク゛リセリト゛ 7.0%
コーンスターチ2.0% 香料* 1.5%
染料 適量酸化防止剤適量
金属封鎖剤適量
香料は、実施例31-40、81-100および442-458の調合香料を使用。
配合例4 ボディシャンプー(石けんタイプ)の処方例
ラウリン酸 2.5%ミリスチン酸5.0%
パルミチン酸2.5%オレイン酸2.5%
コイルシ゛エタノールアミト゛ 1.0% グリセリン 20.0%
苛性カリ3.6%精製水60.4%
香料* 1% 染料 適量
金属封鎖剤 適量
香料は、実施例21-30、101-120、281-290および408-424の調合香料を使用。
配合例5 ボディシャンプー(シンデットタイプ)の処方例
ラウリン酸トリエタノールアミン塩(40%水溶液) 40%ラウリルホ゜リオキシエチレン(3モル) 20%
硫酸ナトリウム(30%水溶液) ラウリルアミト゛フ゜ロヒ゜ルヘ゛タイン(水30%) 3%
アルキルヒト゛ロキシマルチトールエーテル5% ク゛リセリンモノハ゜ルミチン酸エステル1%
シ゛フ゜ロヒ゜レンク゛リコール5% 精製水 26%
香料* 0.5% 染料 適量
防腐剤適量 酸化防止剤 適量
金属封鎖剤 適量
香料は、実施例31-40、41-50、81-120、161-170、231-240および391-407の調合香
料を使用。
配合例6 透明シャンプーの処方例
ミリスチン酸 3.00%ホルマリン0.04
トリエタノールアミン4.00エトキシ化(40 E.O)水添ヒマシ油0.40
アミゾールCDE 3.00 香料* 0.4
ソフタゾリンCPB 7.00 水 to100.00
EDTA 0.15
香料は、実施例11-40、51-60、81-100、151-160、231-240および391-407の調合香
料を使用。
配合例7コンディショニングシャンプーの処方例
Sofitgen701 2.0% Sofitigen 5.0%
RewopolTLS 35.0 RewopolNL3 15.0
RewoamideDO280/SE 5.0 Antil 141 Liquid 3.0
d-Panthenol,米局方3.0色素、防腐剤 q.s.
香料* 0.8 水 q.s. to 100.0
香料は、実施例31-40、41-50、101-140、171-180、311-320、371-390および408
-441を使用。
配合例8 透明ヘアリンスコンディショナー
水 91.00% Cremophor RH 40 1.00
Natrosol250 HR 1.00 Luviquat Mono CP 5.00
防腐剤 q.s D-パンテノール2.00
香料 0.2
香料は、実施例11-30、41-50、81-100、151-160、231-250および391-424を使用

配合例9クリームリンスコンディショナー
Nikkol MGS-TG 1.0 Nikkol C10 2.0
Nikkol Amidoamine S 2.0 フ゜ロヒ゜レンク゛リコール 3.0
セタノール3.0メチルハ゜ラヘ゛ン、フ゛チルハ゜ラヘ゛ン 各0.1
クエン酸0.5 香料 0.3
水 88.0
香料は、実施例21-40、51-60、101-120、151-160、221-240、281-290および391-4
24を使用。
配合例 10衣料用粉末洗剤組成例1−6
成分 1 2 3 4 5 6
直鎖アルキルヘ゛ンセ゛ンスルホン酸Na 20.0 10.0 16.0 10.0 18.0
アルキル硫酸Na 5.0 7.0 7.0 5.0
α-オレインスルホン酸Na 5.0
α-スルホ脂肪酸エステルNa 3.0
ホ゜リオキシエチレンアルキルエーテル4.0 3.0 18.0 3.0 3.0 1.0
石けん 3.5 1.0 2.0 3.0 0.5 7.0
セ゛オライト13.5 20.0 25.0 24.0 36.5 20.0
珪酸ナトリウム15.0 1.0 1.0 1.5
炭酸ナトリウムハ゛ランスハ゛ランス ハ゛ランス ハ゛ランス ハ゛ランス ハ゛ランス
結晶性シリケート20.0
非晶質シリカ7.0
硫酸ナトリウム 5.0 5.0 5.0 1.0 11.0 5.0
亜硫酸ナトリウム1.0 1.0 1.5 1.0 1.5 1.0
酵素1.5 1.0 0.8 0.5 1.5 1.0
アクリル酸マレイン酸コホ゜リマー 2.5 2.5 2.0 3.5
蛍光染料0.2 0.2 0.2 0.4 0.8 0.5
シリコーン
過炭酸ナトリウム
ノナノイルヘ゛ンセ゛ンスルホネート
調合香料* 0.6 0.3 0.3 0.15 0.3 0.25
イオン交換水3.0 3.5 3.5 4.0 3.0 4.5
調合香料は、実施例1-10、21-40、51-60、81-120、151-160、231-250、351-370
および408-441を使用。
配合例 11 衣料用粉末洗剤 組成例7−12
成分 7 8 9 10 11 12
直鎖アルキルヘ゛ンセ゛ンスルホン酸Na 5.0 20.0 20.0 20.0 21.0
アルキル硫酸Na 2.0 6.0 5.5 6.0
α-オレインスルホン酸Na
α-スルホ脂肪酸エステルNa
ナロー型ホ゜リオキシエチレンアルキルエーテル 18.0
石けん 3.0 2.5 2.0 3.5 2.5 2.0
セ゛オライト 23.0 17.5 5.0 13.5 15.0 25.0
ハ゜ルミチン酸カルシウム10.0
珪酸ナトリウム 1.0 1.0 5.0 15.0 3.0
炭酸ナトリウム ハ゛ランス ハ゛ランス ハ゛ランス ハ゛ランス ハ゛ランス ハ゛ランス
結晶性シリケート 20.0
非晶質シリカ 7.0
硫酸ナトリウム 4.0 ハ゛ランス 5.0 5.0 7.5 5.0
亜硫酸ナトリウム 1.0 0.5 0.5 1.0 1.0
酵素 1.0 1.0 1.5 1.5 1.0 0.8
アクリル酸マレイン酸コホ゜リマー 2.5 2.5 2.5 3.2 2.0
蛍光染料 0.3 0.4 0.4 0.2 0.5 0.2
シリコーン
過炭酸ナトリウム 2.0
ノナノイルヘ゛ンセ゛ンスルホネート 2.5
調合香料* 0.3 0.8 0.3 0.6 0.3 0.3
イオン交換水 3.0 3.0 3.5 3.0 4.5 3.2
調合香料は、実施例11-30、41-50、101-140、181-200、271-310、321-340、391-40
7および442-458を使用。
配合例 12台所用液体洗剤組成例1〜6
成分(重量%) 1 2 3 4 5 6
塩化ベンザルコリウム1.0 1.0 1.0 5.0
塩化ベンゼトニウム1.0
ト゛テ゛シルトメチルアンモニウムクロライト゛ 1.0
クエン酸 5.0 10.0
酒石酸5.0
コハク酸5.0
アミノトリ(メチルホスホン酸) 5.0
1-ヒト゛ロキシエチリテ゛ン-1,1-シ゛ホスホン酸5.0
シ゛エチレンク゛リコールモノフ゛チルエーテル 3.0 3.0 3.0 7.0
フ゜ロヒ゜レンク゛リコールモノフ゛チルエーテル 3.0
エタノール 3.0
キサンタンガム0.5 0.5 0.5 1.0
カラーギナン0.5
アルギン酸Na 0.5
アルキルグリコシド2.0 2.0 2.0 5.0
ラウリルジメチルアミンオキサイド2.0
ト゛テ゛シルヒト゛ロキシスルホンヘ゛タイン 2.0
ホ゜リオキシエチレンアルキルエーテル
ラウリル硫酸Na
ト゛テ゛シルヘ゛ンセ゛ンスルホン酸Na
調合香料* 0.1 0.05 0.3 0.02 0.01 0.07
イオン交換水 ハ゛ランス ハ゛ランス ハ゛ランス ハ゛ランス ハ゛ランス ハ゛ランス
調合香料は、実施例1-10、92-100、141-200、391-407および435-441を使用。
配合例13カーペットクリーナー(カーペットシャンプー)の処方例
ラウリル硫酸ナトリウム(30%) 20.0%
ラウリル硫酸マク゛ネシウム(30%) 20.0%
ラウロイルサルコシンナトリウム30.0%
調合香料* q.s.
帯電防止剤q.s.
以上に水を加え、100.0とする。

0151

調合香料は、実施例1-10、31-40、51-60、81-100、151-160、201-210、321-330および391-407を使用。
配合例14オーブン用クリーナーの処方例(特開昭54-13511)
P.O.E.(9)ノニルフェニルエーテル硫酸ナトリウム3.0%
P.O.E.(9)ノニルスルホフェニルエーテル硫酸ナトリウム 3.0%
水酸化ナトリウム4.0%
P.O.E.ラウリン酸アミト゛ 5.0%
調合香料 0.5%
水 84.5%
調合香料は、実施例21-30、40-50、101-120、211-220、341-350および442-458を使用。
配合例15フロアワックスムーバーの処方例
methoxy propanol 8.0%
リン酸三ナトリウム2.5%
P.O.E.(9)octyl phenyl ether 8.5%
調合香料* 0.5%
水 80.5%
調合香料は、実施例31-40、121-140、261-270、391-407および408-441を使用。配合例16窓ガラス洗浄剤の処方例
イソフ゜ロハ゜ノール 5.0%
フ゛チルセロソルフ゛ 5.0%
直鎖アルキルヘ゛ンセ゛ンスルフォン酸ナトリウム1.0%
マレイン酸−スチレン共重合体(シ゛エタノールアミン塩)0.1%
調合香料* 0.5%
脱イオン水88.4%
調合香料は、実施例21-30、51-60、81-100、181-190、211-220、281-270、361-370および408-424を使用。
配合例17便器洗浄剤(アルカリ性)の処方例(特開昭53-8604)
次亜塩素酸ナトリウム4.0%
P.O.E.ノニルフェニルエーテル硫酸ナトリウム 0.5%
水酸化ナトリウム 4.0%
銅フタロシアニン系顔料7ppm
調合香料* 0.5%
以上に水を加え100とする。

0152

調合香料は、実施例11-20、31-40、51-60、81-100、151-160、221-230、351-360および381-390を使用。
配合例18便器洗浄剤(酸性)の処方例
塩酸(37%) 7.0%
リン酸三ナトリウム、12水塩1.5%
ハ゜イン油 2.0%
P.O.E.(9)octyl phenyl ether 10.0%
調合香料* 0.5%
水 79.0%
調合香料は、1-4、31-40、121-140、141-150、231-240および408-424を使用。
配合例19タイル用洗浄剤(酸性)の処方例
P.O.E.ノニルフェニルエーテル5.0%
直鎖アルキルヘ゛ンセ゛ンスルフォン酸ナトリウム5.0%
尿素5.0%
塩酸 3.0%
微粉末シリカ50.0%
調合香料* 0.3%
以上に水を加え100.0とする。

0153

調合香料は、1-20、51-60、81-100、171-180、301-310、381-390および442-458を使用。
配合例20フロアクリーナーの処方例
coconut diethanolamide 8部
sodium alkylaryl sulfonate 3部
リン酸三ナトリウム2部
イソフ゜ロハ゜ンノール 3部
水 87.9部
調合香料* 0.1部
防腐剤q.s.
調合香料は、21-30、41-50、101-120、151-160、291-300、371-380及び442-458を使用。
配合例21換気扇・ガスレンジ用クリーナー(溶剤型)の処方例
フ゛チルセロソルフ゛ 5%
ト゛テ゛シルホ゜リオキシエチレンエーテル2%
モノエタノールアミン4%
調合香料* 0.5%
以上に水を加えて100.0とする。

0154

調合香料は、実施例31-40、51-60、81-100、171-180、231-240、331-340、404-424を使用。
配合例22排水管クリーナーの処方例
熱処理(100〜130℃,2hr)過炭酸ナトリウム50%
ト゛テ゛シルホ゜リオキシエチレンエーテル20%
微粉末シリカ25%
EDTA5%
調合香料* 適量
調合香料は、実施例1-10、41-50、121-140、171-180、301-310、371-380及び425-441を使用。
配合例23家具用クリーナーの処方例
sodium lauroyl sarcosinate 5.44%
ラウリル硫酸ナトリウム8.70%
fatty alkanol amide condensate 3.26%
調合香料* 0.3%
以上に脱イオン水を加え100.0とする。

0155

調合香料は、実施例1-10、31-40、81-120、151-160、251-260、281-290及び391-424を使用。
配合例24衣料用柔軟剤の処方例
塩化ジアルキルジメチルアンモニウム15.0%
POE(30)ラウリルエーテル3.0%
脂肪酸1.0%
ジメチルポリシロキサン0.5%
エチレングリコール5.0%
防腐剤適量
金属イオン封鎖剤適量
調合香料* 0.5%
イオン交換水バランス
調合香料は、実施例21-30、51-60、81-120、151-170、251-270、321-340、351-360、4

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近 公開された関連が強い 技術

  • 焼津水産化学工業株式会社の「 抗ノロウイルス組成物及びその利用」が 公開されました。( 2018/10/18)

    【課題・解決手段】抗ノロウイルス効果に優れた組成物、その調製のためのテアフラビン類化合物の使用、及びテアフラビン類化合物を用いたノロウイルス感染防御方法を提供する。テアフラビン類化合物を、ノロウイルス... 詳細

  • 住友大阪セメント株式会社の「 金属酸化物粉体、分散液および化粧料」が 公開されました。( 2018/10/18)

    【課題・解決手段】金属酸化物粒子を形成材料とする金属酸化物粉体であって、金属酸化物粉体は、突起部を少なくとも一つ以上有する第一の金属酸化物粒子と、第二の金属酸化物粒子と、を有し、第一の金属酸化物粒子は... 詳細

  • 東ソー株式会社の「 清浄度分析装置および分析方法」が 公開されました。( 2018/10/18)

    【課題】 自動車、機械、精密機器、印刷、樹脂加工、成型加工等の工業分野において製造される部品及びそれらの製造装置と付帯設備、建造物、床等に付着する加工油類、塗料、インク類、樹脂、異物等の汚れを除去す... 詳細

この 技術と関連性が強い 技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する挑戦したい社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ