図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2002年10月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

従来のコンバインは、エンジンの前に刈取懸架台を配置し、更に、その前にミッションケ−ス上に油圧無段変速装置を設けた構成であったから、エンジンと油圧無段変速装置との伝動距離が長くなると共に、刈取フレ−ムが前方に長く延長することとなって、機体が大型化する課題があった。

解決手段

本発明は、エンジン2より前方に設けたミッションケ−ス4の上部に、エンジン2に近い側に油圧無段変速装置5を、遠い側に刈取懸架台6を取り付けて設けた。ミッションケ−ス4から刈取懸架台6に支持した刈取フレ−ム7に、刈取動力を伝動する刈取伝動装置8を設けた。刈取伝動装置8は、ミッションケ−ス4と走行車体1の操縦座席9との間に配置して構成したコンバインの伝動装置としている。

概要

背景

従来からコンバイン走行ミッション装置は、ミッションケ−スの上部から右側部に油圧無段変速装置が設けられ、この油圧無段変速装置を経由して変速された回転動力が、一度、ミッションケ−スに入力された後、刈取装置(穀稈引起し装置、穀稈搬送装置を含む)に伝動される伝動経路が構成されている。したがって、刈取装置は、走行速度にシンクロされた回転速度で駆動されるから、走行速度に対応した刈取、搬送速度が確保される利点があり、作業能率を走行速度を基本に設定できる優れた特徴がある。

そして、従来型コンバインは、一般に知られている配置構成として、エンジンの前側に刈取懸架台が設けられ、その前方に装備したミッションケ−スの右側部から上部にかけて油圧ポンプ油圧モ−タからなる油圧無段変速装置を装置する構成が採用されていた。

概要

従来のコンバインは、エンジンの前に刈取懸架台を配置し、更に、その前にミッションケ−ス上に油圧無段変速装置を設けた構成であったから、エンジンと油圧無段変速装置との伝動距離が長くなると共に、刈取フレ−ムが前方に長く延長することとなって、機体が大型化する課題があった。

本発明は、エンジン2より前方に設けたミッションケ−ス4の上部に、エンジン2に近い側に油圧無段変速装置5を、遠い側に刈取懸架台6を取り付けて設けた。ミッションケ−ス4から刈取懸架台6に支持した刈取フレ−ム7に、刈取動力を伝動する刈取伝動装置8を設けた。刈取伝動装置8は、ミッションケ−ス4と走行車体1の操縦座席9との間に配置して構成したコンバインの伝動装置としている。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
5件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

走行車体1上に搭載したエンジン2より前方に、走行ミッション装置3を内装したミッションケ−ス4を装備し、該ミッションケ−ス4の上部には、前記エンジン2に近い側に油圧無段変速装置5を、該エンジン2から遠い側に刈取懸架台6をそれぞれ取り付けて設け、前記ミッションケ−ス4から前記刈取懸架台6に支持した刈取フレ−ム7に、刈取動力伝動する刈取伝動装置8を設け、該刈取伝動装置8は、前記ミッションケ−ス4と走行車体1の操縦座席9との間に配置して構成したコンバインの伝動装置。

請求項2

油圧無段変速装置5からミッションケ−ス4の走行ミッション装置3に回転動力を入力する迂回伝動装置10は、前記ミッションケ−ス4の外側で、走行車体1の操縦座席9から遠い側を迂回して配置構成した請求項1記載のコンバインの伝動装置。

請求項3

ミッションケ−ス4は、走行車体1の操縦座席9に近い側に刈取伝動装置8を、前記操縦座席9から遠い側に迂回伝動装置10を配置して構成した請求項2記載のコンバインの伝動装置。

請求項4

冷却ファン11を装備したエンジン2と冷却ファン12を装備した油圧無段変速装置5とを横方向に隔てて、且つ前後に配置して設け、該油圧無段変速装置5と前記エンジン2とは、横方向に冷却風流動する同一の冷却風路39内に臨ませて構成した請求項1記載のコンバインの伝動装置。

技術分野

0001

本発明は、コンバイン伝動装置であって、特に、エンジンからミッションケ−ス上に装備した油圧無段変速装置への伝動、及びミッションケ−スから刈取フレ−ムに至る刈取伝動、更に、油圧無段変速装置の冷却に関する技術分野に属するものである。

背景技術

0002

従来からコンバインの走行ミッション装置は、ミッションケ−スの上部から右側部に油圧無段変速装置が設けられ、この油圧無段変速装置を経由して変速された回転動力が、一度、ミッションケ−スに入力された後、刈取装置(穀稈引起し装置、穀稈搬送装置を含む)に伝動される伝動経路が構成されている。したがって、刈取装置は、走行速度にシンクロされた回転速度で駆動されるから、走行速度に対応した刈取、搬送速度が確保される利点があり、作業能率を走行速度を基本に設定できる優れた特徴がある。

0003

そして、従来型コンバインは、一般に知られている配置構成として、エンジンの前側に刈取懸架台が設けられ、その前方に装備したミッションケ−スの右側部から上部にかけて油圧ポンプ油圧モ−タからなる油圧無段変速装置を装置する構成が採用されていた。

発明が解決しようとする課題

0004

従来型コンバインは、上述した従来技術の項で説明したとおり、走行車体に搭載したエンジンとミッションケ−ス上の油圧無段変速装置との間に刈取懸架台を設けた構成であったから、エンジンから油圧無段変速装置に至る伝動距離が必然的に長くなり、機体の前後長さが長くなる課題があった。

0005

更に、上述の刈取懸架台は、エンジンとミッションケ−スとの間において、基部を走行車体上に装置して上方に延長した構成としていたから、刈取フレ−ムがミッションケ−スの後側から前方に長く延長することとなり、全長が前後に長くなって大型化する課題もあった。

課題を解決するための手段

0006

本発明は、上述した課題を解決するために、つぎの如き技術手段を講ずるものである。まず、請求項1の発明は、走行車体1上に搭載したエンジン2より前方に、走行ミッション装置3を内装したミッションケ−ス4を装備し、該ミッションケ−ス4の上部には、前記エンジン2に近い側に油圧無段変速装置5を、該エンジン2から遠い側に刈取懸架台6をそれぞれ取り付けて設け、前記ミッションケ−ス4から前記刈取懸架台6に支持した刈取フレ−ム7に、刈取動力を伝動する刈取伝動装置8を設け、該刈取伝動装置8は、前記ミッションケ−ス4と走行車体1の操縦座席9との間に配置して構成したコンバインの伝動装置としている。

0007

つぎに、請求項2の発明は、油圧無段変速装置5からミッションケ−ス4の走行ミッション装置3に回転動力を入力する迂回伝動装置10は、前記ミッションケ−ス4の外側で、走行車体1の操縦座席9から遠い側に迂回して配置構成した請求項1記載のコンバインの伝動装置としている。

0008

つぎに、請求項3の発明は、ミッションケ−ス4は、走行車体1の操縦座席9に近い側に刈取伝動装置8を、前記操縦座席9から遠い側に迂回伝動装置10を配置して構成した請求項2記載のコンバインの伝動装置としている。つぎに、請求項4の発明は、冷却ファン11を装備したエンジン2と冷却ファン12を装備した油圧無段変速装置5とを横方向に隔てて、且つ前後に配置して設け、該油圧無段変速装置5と前記エンジン2とは、横方向に冷却風流動する同一の冷却風路39内に臨ませて構成した請求項1記載のコンバインの伝動装置としている。

発明の効果

0009

つぎに、本発明の効果について説明する。まず、請求項1の発明は、エンジンから油圧無段変速装置に至る伝動距離を短くすることができ、それに関連して刈取フレ−ムも短くできるから、機体構成を著しくコンパクトにすることができた特徴がある。そして、走行ミッション装置を経由した回転動力を刈取側に取り出す刈取伝動装置は、ミッションケ−スの操縦座席側に配置してメンテナンスをやり易くした効果がある。

0010

つぎに、請求項2の発明は、油圧無段変速装置からミッションケ−スの走行ミッション装置に回転動力を入力する伝動装置を、ミッションケ−スの外側で、走行車体の操縦座席から遠い側を迂回して配置構成しているから、ミッションケ−スの上部に油圧ポンプと油圧モ−タとを上下に配置して搭載できて、コンパクトな構成になるのは勿論であるが、ミッションケ−スと操縦座席とを接近させて設けることが可能となり、操縦座席側からのメンテナンスが楽になる利点がある。

0011

更には、迂回伝動装置は、操縦座席の反対側から修理点検等のメンテナンスが容易にできるものとなっている。つぎに、請求項3の発明は、ミッションケ−スの操縦座席に近い側に刈取伝動装置を配置し、反対の遠い側に迂回伝動装置を配置して構成することによって、刈取伝動装置を操縦座席から、迂回伝動装置を反対側の機外から比較的簡単にメンテナンスが可能になった特徴がある。

0012

つぎに、請求項4の発明は、それぞれ冷却ファンを装備したエンジンと油圧無段変速装置とを横方向で、且つ前後に配置し、同一の冷却風路内に臨ませて構成したから、二つの冷却風の流れが同一方向でスム−スとなり、冷却風が衝突して乱流を起こす等の障害がなく、相乗的に冷却効率を高める特有の効果を有する。

0013

そして、実施例に係る油圧無段変速装置の冷却ファンは、油圧変速入力プ−リに取り付けた簡単な構成で、効果的に冷却することができる特徴がある。

発明を実施するための最良の形態

0014

以下、本発明の実施の形態を具体的に説明する。まず、コンバインは、図5、乃至図7に示すように、クロ−ラ13を有する走行車体1上に、前部右側に操縦座席9を装置し、その背後にグレンタンク14を搭載し、更に、その左側に隣接して脱穀装置15を搭載して構成している。そして、コンバインは、図1、乃至図3に示すように、走行ミッション装置3を内装したミッションケ−ス4を走行車体1の前部に連結支持して設け、このミッションケ−ス4の前側上部に刈取懸架台6を設け、後側上部に油圧ポンプ5aと油圧モ−タ5bからなる油圧無段変速装置5を装置して構成している。

0015

そして、刈取フレ−ム7は、図面から解るように、その基部を前記刈取懸架台6に回動自由に枢着して前方下方に延長し、前部から分草杆16、穀稈引起し装置17、刈取装置18、穀稈搬送装置19を設けて刈取穀稈を上記脱穀装置15まで搬送して供給する構成としている。

0016

そして、前記した操縦座席9は、図6に示すように、前側の低部に、オペレ−タが作業中に足を置いたり、又立ち姿の状態で仕事をするためのステップフロア20を配置し、その左側(走行車体1の中央側)に側部カバ−21(図1参照)を開閉自由に設けて構成している。なお、この側部カバ−21は、後述する刈取伝動装置8のメンテナンス作業を行なうときに、係止しているセットボルト21aを緩めて開放するものである。

0017

そして、本明細書に記載している左側、又は右側の表現は、全てコンバインの前進方向に向かって見た状態を基準にして判断したものである。そして、コンバインの走行ミッション装置3は、図2に示すように、ミッションケ−ス4に入力軸22と変速軸23とを軸架し、更に、その伝動下手側に、サイドクラッチ軸24、及び左右の走行出力軸25、25’の順に軸架し、従来から公知の副変速装置を設けた一連ミッション機構を構成している。そして、ミッションケ−ス4は、、既に説明した図1、及び図3に示すように、コンバインの前部において、エンジン2の前側に配置して走行車体1に連結して搭載している。

0018

そして、油圧無段変速装置5は、図8、乃至図10に示し前述したように、油圧ポンプ5aと油圧モ−タ5bとから構成し、図3で解るように、ミッションケ−ス4の上部に装備している。そして、油圧無段変速装置5は、図2に示すように、油圧モ−タ5bの出力軸26に軸着している出力ギヤ27から中間軸28の中間ギヤ29に伝動し、更に、下手側の入力ギヤ30に伝動してミッションケ−ス4内の入力軸22に変速した回転動力を伝動する構成としている。そして、上記各ギヤ27、29、30は、図面から解るように、出力軸26、中間軸28、入力軸22がミッションケ−ス4の左壁軸受されて外側に延長された部位にそれぞれ軸着され、迂回伝動装置10が構成されている。このように、迂回伝動装置10は、ミッションケ−ス4で各軸27、29、22を片持状に軸架して、その外側から伝動カバ−31によって着脱自由に覆う構成としている。

0019

したがって、迂回伝動装置10は、上記伝動カバ−31の取外しによって内部の伝動機構をメンテナンスできる構成としている。そして、刈取伝動装置8は、図2に示すように、前記入力軸22をミッションケ−ス4の右側外部まで延長して端部に軸着した刈取動力取出プ−リ32と、刈取フレ−ム7の刈取入力プ−リ33との間に刈取ベルト34を巻回して構成し、走行ミッション装置3を経由した回転動力を刈取装置18(穀稈引起し装置17、穀稈搬送装置19等を含む)に伝動するものである。そして、刈取ベルト34は、実施例の場合、ステップフロア20の側部カバ−21の外側に位置し、その側部カバ−21を開けば比較的簡単に交換等のメンテナンスができる構成となっている。

0020

そして、実施例に示す油圧無段変速装置5は、図8、乃至図10に示すように、従来の構成に比較してチャ−ジポンプとリリ−フバルブとを設けない構成とし、オイルタンク35を一体に取り付けた構成としている。そして、冷却ファン12は、図1、及び図2に示すように、油圧無段変速装置5の油圧変速入力プ−リ36の外側に一体回転可能に連結して設け、その外周位置に風筒37を設けて冷却風を誘導、案内する構成としている。この場合、風筒37は、支持ア−ム38によって油圧無段変速装置5に固定して支持する構成としている。

0021

そして、冷却ファン12を装備した油圧無段変速装置5は、図4に示すように、右外側に冷却ファン11を設けたエンジン2の左側で横方向に隔てて位置し、且つ前後に配置して、エンジン2側から油圧無段変速装置5側へ横方向に冷却風が流動する同一の冷却風路39内に臨ませて構成している。この場合、冷却風路39は、図4に示すように、前側(ステップフロア20側)の風路側板39aとエンジン2本体との間に形成されている。

0022

そして、冷却ファン12は、油圧無段変速装置5の本体は勿論、オイルタンク35やミッションケ−ス4にまで冷却風を吹き付けて冷却することができる配置構成としている。この実施例の構成は、油圧変速入力プ−リ36の外側に冷却ファン12を取り付けた簡単な構成で冷却効果が期待でき、コンバインの走行、停止に関係なく作動する利点がある。

0023

又、実施例に示すように、油圧無段変速装置5をエンジン2と同一の冷却風路39内に臨ませて配置したから、エンジン2側から送られてくる冷却風の作用を受けながら冷却でき、相乗的に冷却できる効果もある。そして、油圧無段変速装置5の冷却装置は、図4に示すように、ステップフロア20の後側壁と側部カバ−21とにそれぞれ防塵網40、41を有する吸気口42、43を開口した構成としている。このように構成すると、冷却風は、上記した冷却風路39を流れてエンジン2側から送風される風と、吸気口42、43から流入する風とが冷却ファン12の回転作用により油圧無断変速装置5、及び周辺部材に吹き付けられ、冷却効率を高めると共に、操縦座席9の近傍の熱気吸引できるから、オペレ−タ−をエンジン2の熱気から守ることができる特徴がある。

0024

そして、冷却ファン12を装備した油圧無段変速装置5は、図11に示すように、前側に刈取懸架台6が配置され、上側に脱穀装置15の入口漏斗44が被さった状態に位置し、後側に脱穀装置15の本体が位置しているから、これらに囲まれた風路内に配置した構成になっている。このように、油圧無段変速装置5は、刈取懸架台6、入口漏斗44、脱穀装置15本体によって囲まれて、エンジン2側から送風される冷却風と、ステップフロア20の吸気口42、43から吸引された冷却風とを外部に逃がさず吹き付けられることになる。

0025

以上、実施例について説明したが、本発明の要点は、ミッションケ−ス4上の前側に刈取懸架台6を設けて、後側に油圧無段変速装置5を搭載することによりエンジン2から油圧無段変速装置5に至る伝動距離を短くすることができた。更に、それに関連して刈取フレ−ム7も短くできるから、機体構成を著しくコンパクトにすることができた特徴がある。そして、走行ミッション装置3を経由した回転動力を刈取側に取り出す刈取伝動装置8は、ミッションケ−ス4の操縦座席9側に配置してメンテナンスをやり易くした効果がある。

0026

更には、油圧無段変速装置5からミッションケ−ス4の走行ミッション装置3に回転動力を入力する伝動装置10を、ミッションケ−ス4の外側で、走行車体1の操縦座席9から遠い側に迂回して配置構成しているから、ミッションケ−ス4の上部に油圧ポンプ5aと油圧モ−タ5bとを上下一体型に配置して搭載できて、コンパクトな構成になるのは勿論であるが、ミッションケ−ス4と操縦座席9とを接近させて設けることが可能となり、操縦座席9側からのメンテナンスが楽になる利点がある。そして、実施例の場合、迂回伝動装置10は、操縦座席9の反対側から伝動カバ−31を外せば簡単に修理点検等のメンテナンスができるものとなっている。

0027

そして、ミッションケ−ス4の操縦座席9に近い側に刈取伝動装置8を配置し、反対の遠い側に迂回伝動装置10を配置して構成することによって、刈取伝動装置8を操縦座席9から、迂回伝動装置10を反対側の機外から比較的簡単にメンテナンスが可能になった特徴がある。

0028

更には、それぞれ冷却ファン11、12を装備したエンジン2と油圧無段変速装置5とを横方向で、且つ前後に配置し、同一の冷却風路39内に臨ませて構成したから、二つの冷却風の流れが同一方向でスム−スとなり、冷却風が衝突して乱流を起こす等の障害がなく、相乗的に冷却効率を高める特有の効果を有する。しかも、油圧無段変速装置5の冷却ファン12は、実施例で説明したように、油圧変速入力プ−リ36に一体的に連結した簡単な構成で、低コストで製造できるものでありながら、効果的な冷却作用を行なうことができる特徴がある。

0029

別実施例1
つぎに、既に説明した図4を参照しながら、図12に基づいて別実施例1を説明する。別実施例1は、図12に示すように、既に説明した図4の実施例に比較すると、エンジン2側の冷却風路39と冷却ファン12との間に仕切壁50を設けて、エンジン2側から吹き出してくる冷却風を冷却ファン12が吸気できないように仕切って構成している。この場合、仕切壁50は、図12に示すように、一端を風路側板39aの端部に接続して冷却ファン12の前に配置して固定している。そして、冷却ファン12は、図面から解るように、ステップフロア20の後部に開口している吸気口42と側部カバ−21の吸気口43とから吸引した風を冷却風として使用する構成としている。

0030

このように構成すると、油圧無段変速装置5、及びその周辺のオイルタンク35やミッションケ−ス4は、冷却ファン12の駆動によって吸気口42、43から流入してきた新しい風が吹き付けられ、エンジン熱に左右されず効果的に冷却されることになる。

図面の簡単な説明

0031

図1本発明の実施例であって、一部断面して示す平面図である。
図2本発明の実施例であって、ミッション機構を展開して示す断面図である。
図3本発明の実施例であって、ミッションケ−スの左側面図である。
図4本発明の実施例であって、一部断面して示す平面図である。
図5本発明の実施例であって、コンバインの正面図である。
図6本発明の実施例であって、コンバインの右側面図である。
図7本発明の実施例であって、コンバインの左側面図である。
図8本発明の実施例であって、油圧無段変速装置の側面図である。
図9本発明の実施例であって、油圧無段変速装置の正面図である。
図10本発明の実施例であって、油圧無段変速装置の油圧回路図である。
図11本発明の実施例であって、一部断面して示す平面図である。
図12本発明の別実施例1であって、一部断面して示す平面図である。

--

0032

1走行車体2エンジン
3走行ミッション装置4ミッションケ−ス
5油圧無段変速装置6 刈取懸架台
7 刈取フレ−ム 8 刈取伝動装置
9操縦座席10迂回伝動装置
11冷却ファン12 冷却ファン
39冷却風路。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ヤンマー株式会社の「 多条刈りコンバイン」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】各引起装置が電動モータで駆動される引起装置の電動化を図りながら、各引起装置にて引き起こされた穀稈が電動モータに接触して穀稈の搬送姿勢が乱れることに起因した不都合の発生を抑制する。【解決手段】多... 詳細

  • 株式会社クボタの「 作業車」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】運転者が運転座席に乗り降りする際に手摺に手を届かせ易い作業車を提供する。【解決手段】作業車には、運転座席14と、運転座席の両横隣において、走行装置3を覆うフェンダー16と、フェンダーのうち運転... 詳細

  • 株式会社クボタの「 乗用作業機」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】軽量かつ簡素な構造によって天板とフロントグリルとが連結されたボンネットを有する乗用作業機の提供。【解決手段】機体フレーム1に設けられるとともに搭乗者が搭乗可能な搭乗部と、搭乗部よりも機体前側に... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ