図面 (/)

技術 ペットボトル用注ぎ水の脈動防止具

出願人 有限会社山貴製作所
発明者 山田善朗
出願日 2001年4月6日 (19年2ヶ月経過) 出願番号 2001-109013
公開日 2002年10月15日 (17年8ヶ月経過) 公開番号 2002-302122
状態 未査定
技術分野 剛性または準剛性容器の細部
主要キーワード ガイド翼 阻止壁 外面図 ペットボトル口 最上部位 配備位置 左右アーム 屈曲管
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年10月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

この発明は、ペットボトルの口部に配備し、注ぎ時に発生する脈動を防止するペットボトル用注ぎ水の脈動防止具の提供。

解決手段

ペットボトル2の注ぎ口2aの内側と、ペットボトル2の内壁2bにそって屈曲管空気路3aに空気を通すことのできる主体3を配備し、安定した水流を確保し、脈動を防止するペットボトル用注ぎ水の脈動防止具1。

概要

背景

家庭飲用水ミネラルウォーターが用いられるようになり、ペットボトル通称されるプラスチック製容器封入されて多量に流通している。

概要

この発明は、ペットボトルの口部に配備し、注ぎ時に発生する脈動を防止するペットボトル用注ぎ水の脈動防止具の提供。

ペットボトル2の注ぎ口2aの内側と、ペットボトル2の内壁2bにそって屈曲管空気路3aに空気を通すことのできる主体3を配備し、安定した水流を確保し、脈動を防止するペットボトル用注ぎ水の脈動防止具1。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ペットボトル注ぎ口の内側と、ボトル内壁にそって屈曲管空気路に空気を通すことのできる主体配備し、安定した水流を確保し、脈動を防止するペットボトル用注ぎ水の脈動防止具

請求項2

前記主体は、その主体と一体に接続形成され、素材の弾力でボトルの口の内側に取付け取付部を備える請求項1のペットボトル用注ぎ水の脈動防止具。

請求項3

ペットボトルのキャップ締める際に取り付け位置を保ち、ペットボトルの本来の密閉性を損なわない構造を備える請求項1または請求項2のペットボトル用注ぎ水の脈動防止具。

請求項4

注ぎ始めの脈動の原因となる屈曲管状空気路以外からの空気の流入を防止するため、主体の内側に平面の壁で空気の流入を阻止する阻止壁部を備える請求項1、請求項2または請求項3のペットボトル用注ぎ水の脈動防止具。

請求項5

取付時の安定性をよくするため、主体の上部外面に、左右に離隔し、ペットボトルの注ぎ口の内径面に連接する突起を備える請求項1、請求項2、請求項3または請求項4のペットボトル用注ぎ水の脈動防止具。

請求項6

取付時の安定性をよくするため、取付部を構成する左右アームの各先端縁を、上部より下部を長くした構造を備える請求項1、請求項2、請求項3、請求項4または請求項5のペットボトル用注ぎ水の脈動防止具。

請求項7

取付部を構成する左右アームの一方の上部に取外用突起を備える請求項1、請求項2、請求項3、請求項4、請求項5または請求項6のペットボトル用注ぎ水の脈動防止具。

請求項8

互いに向かい合わせに組み合わせ可能な形状に形成され、二つをペットボトルの注ぎ口の内側に配備し、二方向での注ぎの際の脈動を防止する請求項1、請求項2、請求項3、請求項4、請求項5、請求項6または請求項7のペットボトル用注ぎ水の脈動防止具。

請求項9

二つを組み付けて装着する際、同一の高さになるようにアームの位置を調整するガイド翼を備える請求項1、請求項2、請求項3、請求項4、請求項5、請求項6、請求項7または請求項8のペットボトル用注ぎ水の脈動防止具。

--

0001

この発明は、ペットボトルの口部に配備し、注ぎ時に発生する脈動を防止するペットボトル用注ぎ水の脈動防止具に関するものである。

背景技術

0002

家庭飲用水ミネラルウォーターが用いられるようになり、ペットボトルと通称されるプラスチック製容器封入されて多量に流通している。

発明が解決しようとする課題

0003

一般的に流通する2リットル等のペットボトルのウォーター注ぐときに、その口部の口径、薄壁等を原因として注ぎ水に脈動が発生し、注ぎ水を周囲に飛散させる欠点ある。

0004

この発明は、かかる2リットル等のペットボトルの注水時に、注ぎ水に脈動が発生することを防止することを目的になされたものである。

課題を解決するための手段

0005

ペットボトルの注ぎ口の内側と、ボトル内壁にそって屈曲管空気路に空気を通すことのできる主体を配備し、安定した水流を確保し、脈動を防止するペットボトル用注ぎ水の脈動防止具にある。

0006

前記主体は、その主体と一体に接続形成され、素材の弾力でボトルの口の内側に取付け取付部を備えるものとしてもよいものである。

0007

ペットボトルのキャップ締める際に取り付け位置を保ち、ペットボトルの本来の密閉性を損なわない構造を備えるものとしてもよいものである。

0008

注ぎ始めの脈動の原因となる屈曲管状空気路以外からの空気の流入を防止するため、主体の内側に平面の壁で空気の流入を阻止する阻止壁部を備えるものとしてもよいものである。

0009

取付時の安定性をよくするため、主体の上部外面に、左右に離隔し、ペットボトルの注ぎ口の内径面に連接する突起を備えるものとしてもよいものである。

0010

取付時の安定性をよくするため、取付部を構成する左右アームの各先端縁を、上部より下部を長くした構造を備えるものとしてもよいものである。

0011

取付部を構成する左右アームの一方の上部に取外用突起を備えるものとしてもよいものである。

0012

互いに向かい合わせに組み合わせ可能な形状に形成され、二つをペットボトルの注ぎ口の内側に配備し、二方向での注ぎの際の脈動を防止するものとしてもよいものである。

0013

二つを組み付けて装着する際、同一の高さになるようにアームの位置を調整するガイド翼を備えるものとしてもよいものである。

発明を実施するための最良の形態

0014

ペットボトルの注ぎ口の内側に、ボトルの内壁にそって屈曲管状空気路に空気を通すことができ、その主体と一体に接続形成され、素材の弾力でボトルの口の内側に取付ける取付部を備え、ペットボトルのキャップを締める際に取り付け位置を保ち、ペットボトル本来の密閉性を損なわない構造を備え、注ぎ始めの脈動の原因となる屈曲管状空気路以外からの空気の流入を防止するため、主体の内側に平面の壁で空気の流入を阻止する阻止壁部を備え、取付時の安定性をよくするため、主体の上部外面に、左右に離隔し、ペットボトルの注ぎ口の内径面に連接する突起を備え、また安定性をよくするため、取付部を構成する左右アームの各先端縁を、上部より下部を長くした構造を備え、その左右アームの一方の上部に取外用突起を備え、主体を二つを互いに向かい合わせに組み合わせ可能で、二方向での注ぎの際の脈動を防止し、二つを組み付けて装着する際、同一の高さになるようにアームの位置を調整するガイド翼構造を備えてなるペットボトル用注ぎ水の脈動防止具。

0015

以下、この発明のペットボトル用注ぎ水の脈動防止具を実施例として示す図面により説明すると、実施例のペットボトル用注ぎ水の脈動防止具1は、図2図6に示す形状をなすものであり、これを図1図7に示す如く、ペットボトル2を傾けた時、注ぎ口2aの内径面2a1からペットボトル2の内壁面2bに至る最上部位面に、入口3a1と出口3a2を両端に持ち、所要断面積の屈曲管状空気路3aを構成する屈折したパイプ構造の主体3を配備し、注ぎの際に、この主体3の屈曲管状空気路3aを通じて外部の空気をペットボトル2内に流入させ、その流入分液体4が連続的に外部に出るようにして、空気と液体の入れ替えを安定的に制御することで、2リットル等のペットボトル飲料水等の液体4を注ぐときに発生する脈動を防止し、飲料水等の安定した流れを確保するものである。

0016

前記主体3の屈曲管状空気路3aが初期の脈動発生を防止し、確実に性能を発揮するために、ペットボトル2の注ぎ口2aの内径面2a1と対応する主体3の半部分を左右に広げて空気流入阻止壁部3b(図3に該当部分を点着色で示す)に接続形成し、ペットボトル2を傾けたとき、この空気流入阻止壁部3bの左右の側縁3b1、3b2がペットボトル2の注ぎ口2aの内径面2a1に連接し、空気流入阻止壁3bを境に上方部と下方部に区画し、下方部を水流に、上方部を空気流に制御し、初期の空気の流れを確実に屈曲管状空気路3aに発生するように構成している。

0017

主体3の屈曲管状空気路3aの入口3a1には、上面側が開口し、両側面および下面側がコ字形閉鎖される空気流入阻止兼注ぎ水整流部3a11に形成している。

0018

前記主体3は、注ぎ口2aの内径面2a1と対応する上半部分において、空気流入阻止壁部3bから左右に、取付部となる弾力のある左アーム3c1と右アーム3c2を一体に接続形成し、左アーム3c1と右アーム3c2の弾力によりペットボトル2の注ぎ口2aの内径面2a1に固定し、キャップ5を使用しても、ペットボトル用注ぎ水の脈動防止具1は、配備位置を保ち、ペットボトル2の注ぎ口2aの密閉性を損なわない構造を有している。

0019

前記ペットボトル用注ぎ水の脈動防止具1は、配備時に注ぎ口2aの内径面2a1からペットボトル2の内壁面2bに至る最上部位において正しい姿勢で安定して収まるように、主体3の上部外面に、その中心から左右に離隔して突出する安定突起6、6を有する構造をもち、同様の理由で、取付部となる左アーム3c1と右アーム3c2の各先端縁が上縁よりも下縁が長いという構造に形成し、左アーム3c1と右アーム3c2は各左アーム先端縁3c11、右アーム先端縁3c21が注ぎ口2aの円筒型の内径面2a1に、同一内径垂直線に沿って連接しようとして主体3の外面を注ぎ口2aの内径面2a1を押し付けて配備する。そこで、このペットボトル用注ぎ水の脈動防止具1をペットボトル2の注ぎ口2aに押し込むだけで、例えば、図1に示す位置に正しくセットすることができる。

0020

前記ペットボトル用注ぎ水の脈動防止具1は、ペットボトル2の注ぎ方向をなるべく限定しないために、注ぎの方向性を1方向に限定せず、2方向でも対応可能なように2つを組み合わせて取り付けられる構造をもっている。すなわち、2つを組み合わせる際には、右アーム3c2の基端側下縁外面にガイド翼7を突出形成して有することにより、向かい合うペットボトル用注ぎ水の脈動防止具1の右アーム3c2の外面と左アーム3c1の内面係合連接し、同じ高さでの配備できる構造をもつものである。

0021

前記ペットボトル用注ぎ水の脈動防止具1は、取付部の右アーム3c2の先端縁より内面側に突出する取外用突起8を形成している。そこて、ペットボトル2の注ぎ口2aにセットした後、取り外しには、この取外用突起8に指を掛けて外すことができる。

0022

従来、ペットボトル飲料などは、注ぎ口で液体と空気の入れ替えが安定せずに、脈動が発生しやすく、結果として液体が跳ねぶなどの不都合が発生していた。これを防止するためには、注意してゆっくりと注ぐことや、コップなどの容器をボトルの口まで持ち上げるなどの作業が必要であった。しかるに、この発明のペットボトル用注ぎ水の脈動防止具1を配備したペットボトルは、前記のように、注ぎの際に、この主体3の屈曲管状空気路3aを通じて外部の空気の所要量をペットボトル2内に流入させ、その流入分の液体4が連続的に外部に出るようするから、2リットル等の比較的大量のペットボトル飲料水等の液体4を注ぐときに発生する脈動をなくし、飲料水等の安定した流れを確保し、周囲に水滴の飛散を完全に防止するものである。

発明の効果

0023

この発明は、パイプ構造の器具をボトル内部に取り付けることにより、脈動の発生するボトルネック部分での液体と空気との入れ替えを制御することで、これらの不都合を取り除くことを可能にしたものである。

図面の簡単な説明

0024

図1この発明のペットボトル用注ぎ水脈防止具ペットボトル口部に装着した状態を示す断面側面図である。
図2この発明のペットボトル用注ぎ水脈動防止具をペットボトル口部から外した単体状態の拡大内面側斜視図である。
図3同じく、単体状態の拡大側面図である。
図4同じく、単体状態で主として空気流入阻止壁部の部分を明示する拡大内面図である。
図5同じく、単体状態の拡大外面図である。
図6同じく、単体状態の拡大平面図である。
図7ペットボトル内の飲料水等の液体を注ぎ口から注ぐ時における拡大作用説明図である。
図8この発明のペットボトル用注ぎ水脈動防止具を長方形角型ペットボトルの口部に、長手方向に互いに向かい合わせに装備した状態の側面図である。
図9同じく、長手方向に互いに向かい合わせに装備した状態の平面図である。

--

0025

1ペットボトル用注ぎ水の脈動防止具
2 ペットボトル
2a注ぎ口
2a1内径面
2b内壁面
3主体
3a屈曲管状空気路
3a1 入口
3a11空気流入阻止兼注ぎ水整流部
3a2出口
3b 空気流入阻止壁部
3b1 左の側縁
3b2 右の側縁
3c1左アーム
3c11 左アーム先端縁
3c2右アーム
3c21 右アーム先端縁
4液体
5キャップ
6 安定突起
7ガイド翼
8 取外用突起

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社吉野工業所の「 二重容器」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】内容器を交換する際の操作性を向上させた二重容器を提供する。【解決手段】二重容器1Aは、内部に内容物を収容する内容器10と、内容器を収容する有底筒状の外容器2とを備える。外容器の底壁部30と内容... 詳細

  • 柴田 謙の「 キャップ・ロック」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】不特定多数が集まる場所にボトルやビンなどのキャップ付き容器を置いておく場合に、キャップを保護する施錠品を提供する。【解決手段】容器のキャップを保護する本体20に開閉カバー30が軸支され、開閉カ... 詳細

  • 大日本印刷株式会社の「 ラック」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】処理内容に応じて、複数の容器を保持したラックの向きを変化させ、容器を適切に保持することができるラックを提供する。【解決手段】ラック20は、第1方向D1に開口した内部空間ISを区画する外枠部30... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ