図面 (/)

技術 払い出し装置及びゲーム装置

出願人 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
発明者 小原利也青木崇東
出願日 2001年3月21日 (19年9ヶ月経過) 出願番号 2001-081253
公開日 2002年9月24日 (18年3ヶ月経過) 公開番号 2002-273024
状態 特許登録済
技術分野 その他のゲーム
主要キーワード 積み上げ用 縦積み状 プッシャープレート 払い出し位置 投入レール 押出し部材 シリンダ上端 コイン状
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年9月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題

メダル積み上げ位置や積み上げたメダルの払い出し本数を自由に設定することができ、しかも、積み上げられたメダルの出現仕方に面白味のある払い出し装置を提供する。

解決手段

メダル42をゲームフィールド18に払い出す払い出し装置40に関する。ゲームフィールド18に設けられた払い出し口44と、払い出し口44の下方でメダル42を複数積み上げる積み重ね機構46と、積み上げられた複数のメダル42を払い出し口44からゲームフィールド18上に積み上げ状態のまま払い出す払い出し機構48とを有する。

概要

背景

概要

メダル積み上げ位置や積み上げたメダルの払い出し本数を自由に設定することができ、しかも、積み上げられたメダルの出現仕方に面白味のある払い出し装置を提供する。

メダル42をゲームフィールド18に払い出す払い出し装置40に関する。ゲームフィールド18に設けられた払い出し口44と、払い出し口44の下方でメダル42を複数積み上げる積み重ね機構46と、積み上げられた複数のメダル42を払い出し口44からゲームフィールド18上に積み上げ状態のまま払い出す払い出し機構48とを有する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

払い出し対象物フィールドに払い出す払い出し装置において、前記フィールドに設けられた前記払い出し対象物を払い出す払い出し口と、前記払い出し口の下方で前記払い出し対象物を複数積み上げる積み上げ手段と、前記積み上げられた複数の前記払い出し対象物を前記払い出し口から前記フィールド上に積み上げ状態のまま払い出す払い出し手段とを有することを特徴とする払い出し装置。

請求項2

請求項1において、前記払い出し口に払い出した積み上げ状態の払い出し対象物を払い出し状態で維持するストッパが設けられていることを特徴とする払い出し装置。

請求項3

請求項2において、前記払い出し口に払い出された払い出し対象物は、フィールド上の他の払い出し対象物または押出し部材によって前記払い出し口から押出し可能にされ、前記払い出し対象物の押出し後に、前記払い出し口に少なくとも1つの払い出し対象物が前記ストッパに支持された状態で残され、前記払い出し口の蓋とされることを特徴とする払い出し装置。

請求項4

請求項3において、前記払い出し口から払い出される払い出し対象物は、前記フィールド上の他の払い出し対象物によって押出し可能にされ、前記払い出し口の前記払い出し対象物の押出し方向上流側に前記他の払い出し対象物の乗り上げ部が設けられていることを特徴とする払い出し装置。

請求項5

請求項4において、前記乗り上げ部は、前記押出し方向上流側が高く、下流側にかけて徐々に低くされていることを特徴とする払い出し装置。

請求項6

請求項1〜5のいずれかに記載の払い出し装置を用いたゲーム装置であって、ゲーム上一定の条件を満たしたときに前記払い出し口から積み上げられた複数の払い出し対象物を前記フィールドに払い出すことを特徴とするゲーム装置。

請求項7

請求項6において、前記払い出し口から払い出される払い出し対象物は、ゲーム上の満たした条件に応じて積み上げ個数が変化することを特徴とするゲーム装置。

技術分野

0001

本発明は、払い出し装置及びゲーム装置に関し、特に、払い出し対象物フィールドに払い出す払い出し装置及びゲーム装置に関する。

0002

一般に、ゲーム装置としてメダルプッシャーゲーム装置が知られている。

0003

このメダルプッシャーゲーム装置は、メダルが乗ったプレイフィールドプレーヤがメダルを投入し、プレイフィールド上のメダルをプッシャープレートにて押し出して落下させることでメダルを獲得するようになっている。

0004

しかし、このようなメダルプッシャーゲーム装置では、動作が単調で、メダルが数枚づつしか獲得できず、面白さに欠けるものである。

0005

そこで、特開2001−29643号公報に示されるように、ゲームフィールドの近傍にメダルを積み上げるメダル積重手段を設け、抽選結果により入賞した場合、積み上げられたメダルをメダル倒壊手段によりフィールドに向けて倒壊させることで、多数のメダルを獲得できるようにしたものが提案されている。

0006

しかし、このメダルプッシャーゲーム装置では、メダル積重手段がじゃまにならないようにするために積み上げ位置に制限があり、しかも、積み上げたメダルの払い出し本数にも制限があり、さらには、積み上げられたメダルの出現定位置であるために出現の面白味に欠けるものである。

0007

本発明の目的は、メダルの積み上げ位置や積み上げたメダルの払い出し本数を自由に設定することができ、しかも、積み上げられたメダルの出現の仕方に面白味のある払い出し装置及びゲーム装置を提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

前記目的を達成するため、本発明の払い出し装置は、払い出し対象物をフィールドに払い出す払い出し装置において、前記フィールドに設けられた前記払い出し対象物を払い出す払い出し口と、前記払い出し口の下方で前記払い出し対象物を複数積み上げる積み上げ手段と、前記積み上げられた複数の前記払い出し対象物を前記払い出し口から前記フィールド上に積み上げ状態のまま払い出す払い出し手段とを有することを特徴とする。

0009

本発明によれば、払い出し口をフィールドに設け、払い出し口の下方で積み上げ手段によって払い出し対象物を積み上げ、払い出し手段によってフィールド上に積み上げ状態のまま払い出すことで、積み上げ手段が邪魔にならず、しかも、払い出し位置もフィールドの任意の位置に設けることができ、さらに、積み上げられた払い出し対象物の出現もフィールドの下方から現れるため、視覚的効果も高く、積み上げ位置及び払い出し本数を自由に設定することができる。

0010

本発明においては、前記払い出し口に払い出した積み上げ状態の払い出し対象物を払い出し状態で維持するストッパを設けることができる。

0011

このような構成とすることにより、ストッパによって積み上げ状態の払い出し対象物を払い出した後、フィールドの下方に下降させることなく、払い出し状態で確実に維持することができる。

0012

この場合、前記払い出し口に払い出された払い出し対象物は、フィールド上の他の払い出し対象物または押出し部材によって前記払い出し口から押出し可能にされ、前記払い出し対象物の押出し後に、前記払い出し口に少なくとも1つの払い出し対象物が前記ストッパに支持された状態で残され、前記払い出し口の蓋とすることができる。

0013

このような構成とすることにより、払い出し対象物を蓋として用いることで、払い出し口に蓋を設ける必要がなく、払い出し装置を簡略化することができる。

0014

また、この場合、前記払い出し口から払い出される払い出し対象物は、前記フィールド上の他の払い出し対象物によって押出し可能にされ、前記払い出し口の前記払い出し対象物の押出し方向上流側に前記他の払い出し対象物の乗り上げ部を設けることができる。

0015

このような構成とすることにより、他の払い出し対象物が払い出し口の乗り上げ部に乗り上げて積み上げられた払い出し対象物を押し出すため、払い出し対象物の移動を容易にすることができる。

0016

さらに、この場合、前記乗り上げ部は、前記押出し方向上流側が高く、下流側にかけて徐々に低くすることができる。

0017

このような構成とすることにより、他の払い出し対象物の移動をスムーズにしてより確実な積み上げ状態の払い出し対象物の移動を行わせることができる。

0018

本発明のゲーム装置は、前記いずれかの払い出し装置を用いたゲーム装置であって、ゲーム上一定の条件を満たしたときに前記払い出し口から積み上げられた複数の払い出し対象物を前記フィールドに払い出すことを特徴とする。

0019

本発明によれば、ゲーム上一定の条件を満たしたときに積み上げられた複数の払い出し対象物をフィールドに払い出し、一度に大量の払い出し対象物を払い出すことができ、しかも、払い出し対象物の積み上げ位置や払い出し本数を自由に設定することができ、さらには、積み上げられたメダルの出現もフィールドの下方から持ち上がってくるので視覚的効果の高いゲーム装置を提供することができる。

0020

本発明においては、前記払い出し口から払い出される払い出し対象物は、ゲーム上の満たした条件に応じて積み上げ個数が変化するようにできる。

0021

このような構成とすることにより、積み上げられた払い出し対象物の本数のみならず、積み上げ個数を変化させることで、種々のゲームの条件に応じた払い出しを行うことができる。

発明を実施するための最良の形態

0022

以下、本発明の好適な実施の形態について、図面を参照して詳細に説明する。

0023

図1図11は、本発明の一実施の形態に係るゲーム装置を示す図である。

0024

このゲーム装置10は、メダルプッシャーゲームを行うもので、図1及び図2に示すように、筐体12の正面上部にゲーム盤面14が設けられ、このゲーム盤面14の下端位置にプッシャープレート16を有するゲームフィールド18が設けられている。

0025

また、筐体12の前方には操作部20が設けられ、この操作部20にメダル投入口22が設けられている。

0026

このメダル投入口22に投入された払い出し対象物としてのメダル24は、投入レール26を介して筐体12内のメダル発射装置28へと導かれ、そこで発射されて発射レール30を介してゲーム盤面14の上部へと放出されるようになっている。

0027

ゲーム盤面14には、抽選表示部32と、チャッカー部34と、チャッカー部34へのメダル24の進路を邪魔する複数の36と、放出されたメダル24の振り分けを行う水平移動可能な振り分け装置38とが設けられている。

0028

そして、盤面14の上部に放出されたメダル24が振り分け装置38によって振り分けられ、釘36によって邪魔されながら下方へと移動し、チャッカー部34を通過すると、抽選表示部32による抽選が行われ、例えば当たり、大当たり等の抽選結果が表示されるようになっている。

0029

この抽選結果に応じてゲームフィールド18下方の払い出し装置40から払い出し対象物である払い出し用のメダル42が払い出されるようになっている。

0030

また、ゲーム盤面14に放出されたメダル24は、ゲーム盤面14の下部からゲームフィールド18上に放出され、ゲームフィールド18上のメダル24がプッシャープレート16により押されて図示せぬメダル取り出し口へと排出されるようになっている。

0031

次に、払い出し装置40について、図3図11を参照して説明する。

0032

この払い出し装置40は、本実施の形態ではゲームフィールド18の下方に3つ設けられ、ゲームフィールド18の3カ所の位置から縦積み状態に積み上げられた3本のメダル42を払い出し可能にされている(図1参照)。

0033

各払い出し装置40は、図3図6に示すように、ゲームフィールド18に設けられた払い出し口44と、ゲームフィールド18の下方で払い出し用のメダル42を積み上げる積み重ね手段としての積み重ね機構46と、積み上げられた払い出し用のメダル42を払い出す払い出し手段としての払い出し機構48とを有している。

0034

払い出し口44は、ゲームフィールド盤面に開口50を形成し、この開口50に積み重ね機構46の一部を臨ませて形成されている。

0035

積み重ね機構46は、メダル供給装置52と、シュータ54と、シリンダ56とを有している。

0036

メダル供給装置52は、払い出し用のメダル42を1枚づつシュータ54側に供給し得るようになっている。

0037

また、このメダル供給装置52は、ゲーム上の満たした条件、例えば抽選表示部32において、当たり、大当たり等の抽選結果に応じて積み上げ用に払い出すメダル42の枚数を変化させることができるようになっている。

0038

シュータ54は、メダル供給装置52とシリンダ56との間で、メダル供給装置52からシリンダ56に向けて下降傾斜するように設けられ、メダル供給装置52から供給された払い出し用のメダル42をシリンダ56に向けてスライドさせながら搬送するようになっている。

0039

シリンダ56は、ゲームフィールド18の下方に縦型状態で配設され、メダル供給装置52からシュータ54を介して供給された払い出し用のメダル42を縦型状態で内部に積み上げ収納するようになっている。

0040

また、このシリンダ56の上端が開口となっており、この上端をゲームフィールド盤面の開口50に望ませて、この上端開口部分を払い出し口44としている。

0041

さらに、シリンダ56内には、メダル42の受部材58が配設されている。

0042

この受部材58は、シリンダ56内で昇降可能に設けられている。

0043

払い出し機構48は、駆動モータ60と、この駆動モータ60の出力軸に取り付けられた駆動プーリ62と、受部材58に取り付けられた従動プーリ64と、一端が筐体12側に固定され、途中で従動プーリ64に見解され、他端が駆動プーリ62に巻き取り可能に取り付けられたワイヤ66とを有している。

0044

そして、駆動プーリ62によりワイヤ66を巻き取ることで、従動プーリ64を介して受部材58が上昇し、受部材58上に積み上げられた複数の払い出し用のメダル42を持ち上げて払い出し口44からゲームフィールド18上へと払い出し、駆動プーリ62によりワイヤ66を巻き戻すことで、受部材58を下降させて再び払い出し用のメダル42を収納可能な状態とするようになっている。

0045

また、シリンダ56の払い出し口44付近には、払い出した積み上げ状態のメダル42を払い出し状態で維持するストッパ68が複数、例えば4つ設けられている。

0046

これらストッパ68は、平面ほぼコ字状に形成され、一端がシリンダ56の外周面に回転可能に取り付けられ他端側の係止片部70がシリンダ56に形成したスリット71よりシリンダ56内に突出し得るように図示せぬスプリングにて付勢された状態となっている。

0047

また、係止片部70は、下部側にテーパ状の開閉用のガイド部72が形成された状態となっている。

0048

さらに、係止片部70の上端は、払い出し口44の上端位置から少なくとも1つのメダル42、本実施の形態では、例えば3つのメダル42の厚さに相当する距離を置いて配設されている。

0049

従って、図3(2)に示すように、シリンダ56内で受部材58が下降し、この受部材58上に払い出し用のメダル42が積み重ねられた状態で、払い出し口44側のストッパ68は、同図(2)に示すように、係止片部70がシリンダ56内に突出した状態となっており、払い出し口44は、例えば、3つのメダル42がストッパ68の係止片部70に支持されて払い出し口44の蓋となって払い出し口44を閉塞した状態となっている。

0050

この状態から、駆動モータ60により駆動プーリ62が回転してワイヤ66を巻き取ると、従動プーリ64が取り付けられた受部材58が上昇して積み重ねられた複数のメダル42が押し上げられ、このメダル42がストッパ68の係止片部70に形成されたガイド部72に当接してストッパ68を押し広げて払い出し口44へと通過することとなる。

0051

そして、積み重ねられたメダル42がストッパ68を完全に通過すると、ストッパ68がスプリングによって回転し、係止片部70をシリンダ56内に突出させ最下端のメダル42の下面に当接する状態となる。

0052

この状態で積み上げられたメダル42は、払い出し口44からゲームフィールド18上に払い出され、かつ、払い出した積み上げ状態でストッパ68によって維持されることとなる。

0053

また、この払い出されるメダル42の本数は、ゲーム上一定の条件を満たすことによって、例えば、当たり時には1本、大当たり時には3本というように払い出されるようになっている。

0054

次に、この状態で、駆動プーリ62によりワイヤ66を巻き戻すと、従動プーリ64と一体の受部材58が下降してシリンダ56内にメダル42を収納可能な状態となり、この状態でメダル供給装置52及びシュータ54よりメダル42を供給することで、再びシリンダ56内に複数のメダル42が積み重ねられることとなる。

0055

また、ゲームフィールド18上に払い出された積み上げ状態のメダル42は、ゲームフィールド18上にあるメダル24によって押されて移動することとなる。

0056

このとき、積み上げ状態のメダル42が払い出し口44から移動したとしても、払い出し口44には、メダル42が蓋となって残ることとなり、払い出し口44が開口状態となることはない。

0057

また、払い出し口44から積み上げ状態で払い出されたメダル42をゲームフィールド18上のメダル24が確実に払い出し口44上から移動させることができるように、払い出し口44には、図7図11に示すように、メダル24の乗り上げ部74が形成されている。

0058

この乗り上げ部74は、払い出し口44のメダル24の押し出し方向上流側半周部分に、形成された状態となっている。

0059

また、この乗り上げ部74は、押し出し方向上流側が高く、下流側にかけて徐々に低く形成された状態となっている。

0060

従って、積み上げ状態のメダル42が払い出し口44からゲームフィールド上に払い出されてストッパ68により払い出し状態が維持された状態において、ゲームフィールド18上にあるメダル24がプッシャープレート16によって押し出され、移動すると、払い出し口44の上流側にあるメダル24は、乗り上げ部74に乗り上げることとなる。

0061

そして、蓋になっている下から3枚目のメダル42に当接することなく、図11に示すように、下から4枚目の払い出し口44の上に位置するメダル42に当接して確実に押し出すこととなり、しかも、乗り上げ部74が下流側にかけて徐々に低くなっているため、積み上げ状態のメダル42が払い出し口44から外れる位置まで確実に押し出すことができる。

0062

また、払い出された積み上げ状態のメダル42が払い出し口44にない場合には、図9に示すように、ゲームフィールド18上にあるメダル24は、払い出し口を閉塞している蓋となっているメダル42上を移動することとなり、メダル24の移動に何ら支障は生じない。

0063

本発明は、前記実施の形態に限定されるものではなく、本発明の要旨の範囲内において種々の形態に変形可能である。

0064

例えば、前記実施の形態では、メダルプッシャーゲームを行うゲーム装置について説明したが、この例に限定されるものではなく、積み上げ可能な例えばコイン状のお菓子ラムネ菓子のような払い出し対象物を用いるゲーム装置にも適用することが可能である。

0065

また、払い出し口に設けられる乗り上げ部は、前記実施の形態のように、シリンダ56の上端に一体に形成したものに限らず、別体に形成した乗り上げ部をシリンダ上端に取り付けたり、ゲームフィールド盤面に形成した開口付近曲折させて乗り上げ部を形成したりすることも可能である。

0066

さらに、ストッパの係止片部70上端と払い出し口との間の距離は、前述のようなメダル3枚分の厚さに相当する距離に限らず、少なくともメダル1枚の厚さに相当する距離であればよい。

0067

また、前記実施の形態では、1つの払い出し口に対して、積み上げ手段と、払い出し手段を設けるようにしたが、複数の払い出し口に対して、1つの積み上げ手段と払い出し手段を設けるようにしても良い。

0068

その際には、払い出し口に対して、積み上げ手段と払い出し手段を移動させることになる。

0069

これにより、部品点数を減らし、コストダウンを図ることができる。

図面の簡単な説明

0070

図1本発明の一実施の形態に係るゲーム装置のカバーを取り外した状態を示す正面図である。
図2図1の側面図である。
図3シリンダ内にメダルを積み上げ収納した払い出し装置を示すもので、(1)はその平面図、(2)はその側面図である。
図4シリンダ内に収納した積み上げ状態のメダルを払い出す途中の状態における払い出し装置を示すもので、(1)はその平面図、(2)はその側面図である。
図5シリンダ内から積み上げ状態のメダルを払い出した状態の払い出し装置を示すもので、(1)はその平面図、(2)はその側面図である。
図6積み上げ状態のメダルを他のメダルで押し出す状態の払い出し装置を示すもので、(1)はその平面図、(2)はその側面図である。
図7払い出し口の平面拡大図である。
図8払い出し口の拡大断面図である。
図9払い出し口をメダルで蓋をした状態を示す拡大断面図である。
図10払い出し口にメダルを払い出して、他のメダルで押し出す直前の状態を示す拡大断面図である。
図11図10の状態から払い出したメダルを移動させる状態を示す拡大断面図である。

--

0071

10ゲーム装置
16プッシャープレート
18ゲームフィールド
24、42メダル
40払い出し装置
44払い出し口
46積み重ね機構
48払い出し機構
52メダル供給装置
54シュータ
56シリンダ
58受部材
68ストッパ
70係止片部
72ガイド部
74乗り上げ部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 温州根旭電子科技有限公司の「 正答なら奨励するデジタルおもちゃ」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は正答なら奨励するデジタルおもちゃを開示した。【解決手段】主体を含み、前記主体の前端面の上側にはディスプレイ画面が固定的に設置され、前記主体の前端面の下側にはキーボードが固定的に設置され... 詳細

  • 臨沂剛剛密玩具有限公司の「 パズルを組み立てることを補助できるジグソーパズルおもちゃ」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】パズルを組み立てることを補助できるジグソーパズルおもちゃを提供する。【解決手段】主体11を含み、主体11の上側にはカバー板12が設置され、カバー板12の右端が主体11の右側の上端に回転できるよ... 詳細

  • 竹林透の「 知恵の輪パズル」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】興味及び意欲を持続することの可能な知恵の輪パズルを提供すること。【解決手段】知恵の輪パズルであって、台座と、柱状構造体、及びアーチ状構造又は環状構造を有する第1構造体を含む立体構造体と、環状構... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ