図面 (/)

技術 入出力端子一括接続装置およびオーディオ装置の検査方法

出願人 株式会社デノン
発明者 亀倉政治菊池好顕
出願日 2001年3月14日 (16年11ヶ月経過) 出願番号 2001-072967
公開日 2002年9月20日 (15年4ヶ月経過) 公開番号 2002-270295
状態 未査定
技術分野 電気的特性試験と電気的故障の検出 雄雌型接触部材 雄雌嵌合接続装置細部 電気接続器の製造又は製造方法(2)
主要キーワード 挿入寸法 スリ割 ボード体 中心出し 被検査装置 電気的導通検査 出入力端子 配線コネクタ

この技術の活用可能性のある市場・分野

関連する未来課題
重要な関連分野

この技術に関連する成長市場

関連メディア astavision

  • 燃料電池車

    水素を燃料とし、空気中から取り込んだ酸素と反応させることで生み出した電気エネルギーを駆動力に利用する…

  • ワクチンと自然免疫制御

    2009年6月、世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザA(N1H1)のパンデミック(pande…

  • MEMS・マイクロマシン・組込システム

    MEMS (Micro Electro Mechanical Systems:微小電気機械システム)…

後で読みたい技術情報を見つけたら、ブックマークしておきましょう!

ページの右上にあるブックマークボタンからこのページをブックマークできます。
あなたがブックマークした技術情報は、いつでもマイページのリストから閲覧することが出来ます。

この項目の情報は公開日時点(2002年9月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

オーディオ装置のように入出力端子が多数になる場合に、簡単な構成で接続作業をスムーズに行うことができ、接続ピン着脱作業を短時間で容易に行うことのできる入出力端子一括接続装置を提供する。

解決手段

入出力端子一括接続装置は、多数の接続ピン14がそれぞれ貫通する多数の貫通孔21が穿われたピンボード13と、接続ピン14が貫通孔21を貫通して配設されたとき、接続ピン14と貫通孔内壁との間に設けられて接続ピン14の中心出しを行って保持するオーリング22,23からなる保持手段と、および該接続ピンの接続ピン軸方向の移動量を調節するスリーブ25,ワッシャー26,27および突起24から構成される調節手段とを備える。

概要

背景

従来、オーディオ装置入出力端子の接続はオーディオ装置の入出力端子に複数のピンプラグを個々に連続作業によって行うことが一般に行われて来た。

特開平9−69378号公報には、複数のコネクタ端子と複数の電線一括接続するコネクタアセンブリが記載されている。

また、特開平6−257695号公報には、主機補機との間を結ぶ流体導管電気配線の各配管配線コネクタワンタッチ操作で一括接続する配管,配線コネクタ装置が記載されている。

概要

オーディオ装置のように入出力端子が多数になる場合に、簡単な構成で接続作業をスムーズに行うことができ、接続ピン着脱作業を短時間で容易に行うことのできる入出力端子一括接続装置を提供する。

入出力端子一括接続装置は、多数の接続ピン14がそれぞれ貫通する多数の貫通孔21が穿われたピンボード13と、接続ピン14が貫通孔21を貫通して配設されたとき、接続ピン14と貫通孔内壁との間に設けられて接続ピン14の中心出しを行って保持するオーリング22,23からなる保持手段と、および該接続ピンの接続ピン軸方向の移動量を調節するスリーブ25,ワッシャー26,27および突起24から構成される調節手段とを備える。

目的

本発明は、かかる点に鑑み、オーディオ装置のように入出力端子が多数になる場合に、簡単な構成で接続作業をスムーズに行うことができ、接続ピンの着脱作業を短時間で容易に行うことのできる入出力端子一括接続装置を提供することを目的とする。

また、この入出力端子一括接続装置を使用したオーディオ装置の検査方法を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

多数の入力端子に多数の接続ピン一括して接続する入出力端子一括接続装置において、多数の接続ピンがそれぞれ貫通する多数の貫通孔が穿われたピンボードと、接続ピンが貫通孔に貫通して配設されたとき、該接続ピンと貫通孔内壁との間に設けられて該接続ピンの中心出しを行って保持する保持手段と、および該接続ピンの接続ピン軸方向の移動量を調節する調節手段とを備えたことを特徴とする入出力端子一括接続装置。

請求項2

請求項1において、前記保持手段は、複数個リング状の弾性のあるオーリングにより構成されることを特徴とする入出力端子一括接続装置。

請求項3

請求項1において、前記調節手段は、前記接続ピンを接続ピン軸方向に押圧するワッシャーと、該ワッシャーを押圧するスリーブと、および該スリーブを押圧する接続ピンに設けたねじに螺合するナットから構成されることを特徴とする入出力端子一括接続装置。

請求項4

請求項1において、前記接続ピンは、スリ割を設けた先端部を備えることを特徴とする入出力端子一括接続装置。

請求項5

請求項1において、前記接続ピンの前記ピンボードからの突出長さよりも長くされた基準ピンを前記ピンボード上で接続ピンに近接して設け、かつ多数の入出力端子を備えた端子ボードに基準ピンが挿入される基準ピン孔を穿ったことを特徴とする入出力端子一括接続装置。

請求項6

多数の入力端子に多数の接続ピンを一括して接続する入出力端子一括接続装置において、多数の接続ピンがそれぞれ貫通する多数の貫通孔が穿われたピンボードと、接続ピンが貫通孔に貫通して配設されたとき、該接続ピンと貫通孔内壁との間に設けられて該接続ピンの中心出しを行って保持し、および該接続ピンの接続ピン軸方向の移動量を調節する保持調節手段とを備えたことを特徴とする入出力端子一括接続装置。

請求項7

オーディオ装置の端子ボードに設けられた多数の入出力端子に多数の接続ピンを一括して接続する入出力端子一括接続装置において、多数の接続ピンがそれぞれ中心出しを行うようにして保持される保持手段を備えたピンボードと、前記接続ピンの前記ピンボードからの突出長さよりも長くされてピンボード上に設けられた基準ピンとを備えて接続ピンボード体を構成し、該接続ピンボード体を端子ボード方向に移動させるエアシリンダーを備えたエア供給装置を設けたことを特徴とする入出力端子一括接続装置。

請求項8

オーディオ装置の端子ボードに設けられた多数の入出力端子に多数の接続ピンを一括して接続して、オーディオ装置の所定の部分の電気的導通検査を行うオーディオ装置の検査方法において、ピンボード上に設けた基準ピンによって、ピンボード上に設けた基準ピンによって、ピンボード上に中心出して設けた接続ピンの長さを、ピンボードから突出した規準ピンの長さよりも小さく調節し、ピンボードを任意交換し、ピンボードをエアシリンダーから供給されるエアによって移動せしめて入出力端子に接続ピンを一括して接続し、以って、オーディオ装置の所定の部分の電気的導通検査を行うことを特徴とするオーディオ装置の検査方法。

技術分野

0001

本発明は、入出力端子一括接続装置、特にオーディオ装置に適用するに適した入出力端子一括接続装置およびオーディオ装置の検査方法に関する。

背景技術

0002

従来、オーディオ装置の入出力端子の接続はオーディオ装置の入出力端子に複数のピンプラグを個々に連続作業によって行うことが一般に行われて来た。

0003

特開平9−69378号公報には、複数のコネクタ端子と複数の電線を一括接続するコネクタアセンブリが記載されている。

0004

また、特開平6−257695号公報には、主機補機との間を結ぶ流体導管電気配線の各配管配線コネクタワンタッチ操作で一括接続する配管,配線コネクタ装置が記載されている。

発明が解決しようとする課題

0005

AV(Audio and Video)アンプ等のオーディオ装置の製造工程では、組み立てられたオーディオ装置の動作確認を行う際にオーディオ装置の入出力端子に接続ピンを差し込み、オーディオ装置の入力端子からの信号入力又は出力端子からの信号出力が正しく行われるか否かの検査が通常行われる。

0006

AVアンプなどのオーディオ装置においては、入力端子及び出力端子が十数個備えられている。これら入出端子を十数個備えるオーディオ装置に接続ピンを接続する作業には多くの時間がかかり、接続ピンの着脱作業が煩わしいという課題がある。

0007

また、オーディオ装置の検査に使用される入力端子は多数からなり、従来の一括接続装置のような端子が少ない場合の構造であっては一括接続できないばかりでなく、接続の際の接続ピンの着脱作業が煩わしいものとなる。

0008

本発明は、かかる点に鑑み、オーディオ装置のように入出力端子が多数になる場合に、簡単な構成で接続作業をスムーズに行うことができ、接続ピンの着脱作業を短時間で容易に行うことのできる入出力端子一括接続装置を提供することを目的とする。

0009

また、この入出力端子一括接続装置を使用したオーディオ装置の検査方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0010

本発明は、オーディオ製品の入出力端子に、多数の入出力端子の接続をエアシリンダーにより一括接続する装置を提供する。

0011

また、本発明は、オーディオ製品の入出力端子一括接続装置において、端子挿入力軽減のために接続ピンを接続ピンの軸方向に予め定めた範囲に移動可能に保持し、オーリングを使用し端子の中心出し、すなわち方向設定を行うことを特徴とする接続機構具備する。

0012

また、本発明は、オーディオ製品の入出力端子一括接続装置において、端子挿入力軽減のために接続ピンにスリ割を設け製品の入出力端子取り付けバラツキ吸収する接続ピンを具備する。

0013

また、本発明は、オーディオ製品の入出力端子一括接続装置において近接センサーを用い製品の入出力端子と接続ピンの最適挿入寸法を確保する構成を有する。

0014

また、本発明は、オーディオ製品の入出力一括接続における位置出しに製品のバックパネル基準穴を設け、接続ピンの位置出しを行うようにしている。

0015

本発明は、具体的には、多数の入力端子に多数の接続ピンを一括して接続する入出力端子一括接続装置において、多数の接続ピンがそれぞれ貫通する多数の貫通孔が穿われたピンボードと、接続ピンが貫通孔に貫通して配設されたとき、該接続ピンと貫通孔内壁との間に設けられて該接続ピンの中心出しを行って保持する保持手段と、および該接続ピンの接続ピン軸方向の移動量を調節する調節手段とを備えた入出力端子一括接続装置を提供する。

発明を実施するための最良の形態

0016

以下、本発明にかかる実施例を図面に基づいて説明する。

0017

図1は、実施例の概略構成を示す図であり、図2は構成の一部断面を示す図である。図5は、他の実施例を示す。

0018

これらの図において、被検査対象装置である、例えばオーディオ装置1を構成する内部回線導通状態を検査するためにオーディオ装置1に、入出力端子一括接続装置2が取り付けられる。

0019

入出力端子一括接続装置2は、一括接続部3が取付板4に取り付けられて設けてある。一括接続部3は、取付板4に取り付けられたエア供給装置5のエアシリンダー6によって操作される。

0020

また、取付板4にはセット押え7がヒンジ8によって回動するように取り付けてある。

0021

オーディオ装置1に入出力端子一括接続装置2の取り付け完了後、接続ピン挿入時にオーディオ装置1が飛び出してしまうことを防ぐためにセット押え7をヒンジ8の回動によって下ろし、オーディオ装置1を固定する。セット押え7は、ヒンジ8を回動することによって上下に移動する。

0022

セット押え7には、セット検出センサー9が設けてあり、セット検出センサー9はオーディオ装置1の上面に接触する。また、取付板4にはオーディオ装置1方向に固定材11が設けてあり、この固定材11にセット検出センサー10が設けてある。セット検出センサー10はオーディオ装置1の側面に接触する。

0023

セット押えが完了すると、セット検出センサー9,10によりオーディオ装置1のセッティングが完了したことが検出され、セッティング完了となる。

0024

一括接続部3は、エアシリンダー6によって押圧されるピンボード13とこれに設けた多数の接続ピン14とパネル検出センサー15とを備える。そして、接続ピン14はオーディオ装置1に設けた入出力端子16と接続される。

0025

セッティング完了になると接続ピン14の入出力端子16への接続ピン挿入の待機状態となる。

0026

図5は、他の実施例を示し、図1の構成に代えてこの図に示すようにすることができ、この図は接続ピン14の入出力端子16への接続ピン挿入の待機状態を示す。ピンボード13上にはオーディオ装置1方向に接続ピン14より長さを長くした基準ピン17が複数本設けてあり、オーディオ装置1の裏面である端子ボード51に設けた複数の基準穴18に嵌合される。

0027

ピンボード13に取り付けた基準ピン17が基準穴18に挿入されることにより、入出力端子16と接続ピン14の位置出しを正確に行う。これにより、より多くの入出力端子を備える被検査装置であるオーディオ装置1に接続ピン14を接続する場合にもより正確に接続ピン14を入出力端子(出入力端子)16に接続することを容易に、かつ短時間に行い得る。他の構成は、図1に示す例と同じである。

0028

図2において、ピンボード13には接続ピン14に対応して段差のある貫通孔21が設けてあり、この貫通孔21内に接続ピン14が配設される。貫通孔21の大きな貫通孔部には弾性体であるオーリング22,23が貫通孔21の内壁と接続ピン14との間に配置される。これによって、接続ピン14は方向を変え得る。すなわち、接続ピン14は、入出力端子16に向って中心出しがなされて保持される。オーリング22,23は断面が略円形をなし、全体形状は環状をなす。

0029

接続ピン14は突起24を備え、貫通孔21の大きな貫通孔部に突出する。また、ねじ部31が形成される。

0030

貫通孔21の小さな貫通孔部を貫通してスリーブ25が配され、スリープ25はその両側にワッシャー26,27を備える。

0031

ワッシャー26は突起24に接触して、押さえられ、ワッシャー27はねじ部31に螺合するナット28によって座金29を介して押し込まれ、接続ピン14を所定位置位置付ける。このようにして接続ピン14の軸方向位置が設定される。接続ピン14は、オーリング22,23を介してピンボード13に保持される。また、接続ピン14は、オーディオ装置1の入出力端子16と略水平な位置に予め配置される。

0032

以上のように、入出力端子一括接続装置2は、多数の接続ピン14がそれぞれ貫通する多数の貫通孔21が穿われたピンボード13と、接続ピン14が貫通孔21を貫通して配設されたとき、接続ピン14と貫通孔21の内壁との間に設けられて接続ピン14の中心出しを行って保持するオーリング22,23からなる保持手段と、および該接続ピンの接続ピン軸方向の移動量を調節するスリーブ25,ワッシャー26,27および突起24から構成される調節手段とを備える。

0033

オーリング22,23の弾性力により入出力端子16への接続時にはそれぞれの入出力端子16間に上下方向への距離のバラツキがあった場合でも、接続ピン14を入出力端子16に挿入することができる。

0034

図2に示すように、接続ピン14は、ワッシャー26,27にスリーブ25をはさみこみナット28により固定される。接続ピン14のピンボード13への取り付けについて、ピンボード13のA部はスリーブ25の長さより短くし又、B部はC部の径より大きくしピンボード13に接続ピン14を保持することによって、ピンボード13は接続ピン14を接続ピンの軸方向に予め定めた範囲に移動可能に保持され得る。

0035

スタート信号により、エアシリンダー6が動作しピンボード13に取り付けてある接続ピン14がオーディオ装置1の入出力端子16に一度に一括して挿入される。

0036

接続ピン14の挿入深さは、パネル検出センサー15によりオーディオ装置1のパネルの表面までの距離を検出することによりエアシリンダー6へのエアの供給が止まり挿入深さを決定する。

0037

接続ピン14は、ピンボード13に接続ピンの軸方向に予め定めた範囲に移動可能に保持される。この接続ピンの軸方向の移動により入力端子の軸方向の寸法公差及び、取り付け誤差を吸収し接続ピン挿入時の負荷を軽減させ、一度に多数の接続を可能にする。

0038

図3および図4に接続ピン14の正面図及び側面図を示す。

0039

図に示すように接続ピン14は、十字型すり割41を設けることにより、製品の入出力端子16の穴の径のバラツキがあっても、接続ピン14を少ない挿入力で容易に接続することができる。

0040

入出力接続ピン14をピンボード13に林立させ入出力端子に接続してもオーディオ製品1に与える挿入時の負荷を軽減させ、一度に多数の接続が可能とすることができる。

0041

図1に示すように、予め複数の接続ピンを備えるピンボード13をエアシリンダー6によりオーディオ装置1の入出力端子16の方向へ移動させることにより、接続ピン14は中心出しならびに位置設定がなされているから入出力端子に一括して接続することができ、且つ、エアシリンダー6によりピンボード13をオーディオ装置1から離れる方向へ移動させることにより、複数の入出力端子に接続された接続ピン14を一括して離脱させることができる。このことにより、接続ピン14を入出力端子16へ接続したり離脱させる(着脱)際に作業時間の短縮をすることができる。

0042

また、本実施例の入出力端子一括接続装置2は、入出力端子の位置及び端子数違うオーディオ装置に応じて、ピンボード13を交換することにより、多種類のオーディオ装置の検査に使用することができる。このことにより、入出力端子の位置及び端子数が異なるオーディオ装置毎に入出力端子一括接続装置を用意する必要がないので、オーディオ装置の製造時の製品検査コストを低減させることができる。

0043

以上のように、入出力端子一括接続装置2は、多数の接続ピン14の中心出しを行って保持する保持手段を備えたピンボード13と、接続ピン14のピンボード13からの突出長さよりも長くされてピンボード13上に設けられた基準ピン17とを備えて接続ピンボード体を構成し、該接続ピンボード体を端子ボード方向に移動させるエアシリンダーを備えたエア供給装置5を備える。

0044

以上のように、オーディオ装置1の端子ボード51に設けられた多数の入出力端子16に多数の接続ピン14を一括して接続して、オーディオ装置1の所定の部分の電気的導通検査を行うオーディオ装置1の検査方法であって、ピンボード13上に設けた基準ピン17によって、ピンボード13上に中心出しをして設けられた接続ピン14のピンボード13からの長さを、ピンボード13から突出した基準ピン17の長さよりも小さく調節し、ピンボード13を任意に交換し、ピンボード13をエアシリンダー6から供給されるエアによって移動せしめて入出力端子16に接続ピン14を一括して接続し、以って、オーディオ装置1の所定の部分の電気的導通検査を行うオーディオ装置の検査方法が提供される。

発明の効果

0045

以上のように、本発明によれば、オーディオ装置のように被検査装置が入出力端子を多数有している場合にあっても簡単な構成で接続作業をスムーズに行うことができ、接続ピンの着脱作業を短時間で容易に行うことのできる入出力端子一括接続装置を提供できる。

0046

また、この入出力端子一括接続装置を使用したオーディオ装置の検査方法を提供できる。

図面の簡単な説明

0047

図1本発明の実施例の構造を示す模式図。
図2図1の一部詳細断面図。
図3接続ピンの正面図。
図4接続ピンの側面図。
図5本発明の他の実施例の構造を示す斜視図。

--

0048

1…オーディオ装置、2…入出力端子一括接続装置、3…一括接続部、4…取付板、5…エア供給装置、6…エアシリンダー、7…セット押え、13…ピンボード、14…接続ピン、15…パネル検出センサー、16…入出力端子、17…基準ピン、18…基準穴、21…貫通孔、22,23…オーリング、24…突起、25…スリーブ、26,27…ワッシャー、28…ナット、51…端子ボード。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する未来の課題

関連する公募課題

ページトップへ

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 高性能コンピュータ

    2015年4月、理化学研究所は新規のスーパーコンピュータシステム「HOKUSAI GreatWave…

  • ワクチンと自然免疫制御

    2009年6月、世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザA(N1H1)のパンデミック(pande…

  • 生体情報デバイス・バイオセンサ

    「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるか?」をテーマに、クラブイベント「2045」…

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

  • 住友電装株式会社の「コネクタ」が公開されました。(2017/12/14)

    【課題】部品点数を増加させることなく、コネクタの操作力のピーク値を低減させる。【解決手段】インナハウジング12とその外周に配されたアウタハウジング30とを有する第1コネクタ10と、第1コネクタ10が嵌... 詳細

  • ニチコン株式会社の「車載充電装置および電動車両」が公開されました。(2017/12/14)

    【課題】比較的簡単な構成でありながら、SAE J1772規格およびGB/T規格に準拠した2つの充電口における充電プラグの嵌合状態を判定することができる車載充電装置、および該車載充電装置を備えた電動車... 詳細

  • ソニー株式会社の「コネクタ装置及び同軸コネクタ」が公開されました。(2017/12/14)

    【課題】簡素な構成で小型化が可能であり、かつ抜去操作力も低減できるコネクタ装置及び同軸コネクタを提供する。【解決手段】本技術の一形態に係るコネクタ装置は、第1のコネクタと、第2のコネクタとを具備する。... 詳細

この技術と関連性が強い人物

この技術と関連する未来の課題

関連する未来の課題一覧

この技術と関連する公募課題

公募課題一覧

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ