図面 (/)

技術 広告自動組込システム

出願人 田中哲矢
発明者 田中哲矢
出願日 2001年1月30日 (19年9ヶ月経過) 出願番号 2001-021535
公開日 2002年8月16日 (18年3ヶ月経過) 公開番号 2002-230392
状態 拒絶査定
技術分野 特定用途計算機 照明広告以外の広告
主要キーワード 組込対象 自動組込 年齢層向け 組込形 セットアップシステム 放映システム 対象ターゲット 組込処理
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年8月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

通信媒体記録媒体、若しくは印刷媒体を介してコンテンツを取得するユーザ、コンテンツの制作者広告主の3者ともにメリットのある広告自動組込ステムを提供する。

解決手段

有償若しくは無償のコンテンツを対象として、ユーザに前記コンテンツを提供する広告自動組込システムにおいて、前記コンテンツの提供時に当該ユーザのプロフィールに合わせた広告を自動的に組込む広告組込手段を備える。提供対象のコンテンツとしては、電子書籍音楽ゲームソフトウェア映像放送メディアを含み、前記広告組込手段は、これらのソフトウェアの種類に応じた組込形態で前記広告を組込む。例えば、前記コンテンツがストリーミング系コンテンツの場合、当該ストリーミング中に含まれるCMの時に前記ユーザのプロフィールに合わせた広告を組込む。

概要

背景

不特定多数の人々に情報を伝達する際には、かつては、マスコミュニケーション媒体となる新聞雑誌ラジオテレビなどが伝達手段として用いられてきたが、近年では、デジタル化した情報を扱う技術の著しい進歩に伴い、コンピュータ読取り可能な記録媒体インターネット等の通信媒体が利用されるようになってきた。そして、現在はパソコンパーソナルコンピュータ)などの情報処理端末からインターネットを介して書籍の情報を閲覧したり、所望の書籍を注文したり、音楽のデータを取込んで聞いたり、ゲームプログラム等のプログラムを取込んで実行したり、動画像による放映を見たりすると言ったことが可能な時代となっている。一方、電子的な広告をインターネットを利用して伝達する場合、電子メールシステムを用いて配布する方法や各種のWEBページ掲載する方法が採用されている。

概要

通信媒体、記録媒体、若しくは印刷媒体を介してコンテンツを取得するユーザ、コンテンツの制作者広告主の3者ともにメリットのある広告自動組込ステムを提供する。

有償若しくは無償のコンテンツを対象として、ユーザに前記コンテンツを提供する広告自動組込システムにおいて、前記コンテンツの提供時に当該ユーザのプロフィールに合わせた広告を自動的に組込む広告組込手段を備える。提供対象のコンテンツとしては、電子書籍、音楽、ゲームソフトウェア映像放送メディアを含み、前記広告組込手段は、これらのソフトウェアの種類に応じた組込形態で前記広告を組込む。例えば、前記コンテンツがストリーミング系コンテンツの場合、当該ストリーミング中に含まれるCMの時に前記ユーザのプロフィールに合わせた広告を組込む。

目的

ところで、広告は、ラジオやテレビでのコマーシャルと同様に、不特定多数の人に対して同一の情報を伝達するようにしており、その人にとっては不要な情報が多く、無駄な時間や費用がかかってしまうなどと言った弊害があった。また、例えばラジオやテレビのCM(コマーシャル)、レンタルビデオの映像の前や後ろに挿入されている広告、ダイレクトメール等で一方的に配布される広告、印刷書籍に掲載されている広告などは、いずれも不特定多数の人を対象とした広告であり、ほとんど見ない人が多く、宣伝効果が高いとは言い難かった。また、インターネット等の通信ネットワークを利用してコンテンツ(ソフトウェア)を提供する場合も同様であり、コンテンツに組込んだ広告は不特定多数の人を対象とした同一の情報であるため、ユーザにとっては不要な広告情報が多く、コンテンツの制作者や広告主にとっても効果的に情報が提供されているとは言い難かった。

本発明は上述のような事情から成されたものであり、本発明の目的は、通信媒体、記録媒体、若しくは印刷媒体を介してコンテンツを取得するユーザ、コンテンツの制作者、広告主の3者ともにメリットのある広告自動組込システムを提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
10件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

有償若しくは無償のコンテンツを対象として、ユーザに前記コンテンツを提供する広告自動組込ステムであって、前記コンテンツの提供時に当該ユーザのプロフィールに合わせた広告を自動的に組込む広告組込手段を備えたことを特徴とする広告自動組込システム。

請求項2

前記広告組込手段は、前記ユーザにより登録されたパーソナルデータの要素である趣味嗜好年齢性別職種役職収入家族構成国籍出身地住所のいずれか若しくはそれらを組合せた情報をパラメータとして当該ユーザが欲する情報を推定し、前記組込対象の広告を決定するようになっている請求項1に記載の広告自動組込システム。

請求項3

提供対象のコンテンツが、電子書籍音楽ゲームソフトウェア映像放送メディアを含み、前記広告組込手段は、これらのソフトウェアの種類に応じた組込形態で前記広告を組込むようになっている請求項1又は2に記載の広告自動組込システム。

請求項4

前記広告を組込むコンテンツ、その組込み場所及び対象ユーザ広告主が任意に設定できるようになっている請求項1乃至3のいずれかに記載の広告自動組込システム。

請求項5

前記ユーザに通信媒体記録媒体、若しくは印刷媒体を用いて当該コンテンツを提供するようになっている請求項1乃至4のいずれかに記載の広告自動組込システム。

請求項6

前記コンテンツが電子書籍の場合、当該電子書籍のページ中に前記ユーザのプロフィールに合わせた広告の内容を組込んで直接広告表示、若しくはURLを組込んで間接的に広告表示するようになっている請求項1乃至5のいずれかに記載の広告自動組込システム。

請求項7

前記コンテンツが映像の場合、前記ユーザのプロフィールに合わせた広告を前記映像の前、後、若しくは映像中に組込むようになっている請求項1乃至5のいずれかに記載の広告自動組込システム。

請求項8

前記コンテンツがストリーミング系コンテンツの場合、当該ストリーミング中に含まれるCMの時に前記ユーザのプロフィールに合わせた広告を組込むようになっている請求項1乃至5のいずれかに記載の広告自動組込システム。

請求項9

前記コンテンツがゲームソフトの場合、前記ユーザのプロフィールに合わせた広告をゲーム中の背景、ゲームの開始時、若しくは終了時に組込むようになっている請求項1乃至5のいずれかに記載の広告自動組込システム。

請求項10

前記コンテンツが音楽の場合、音声若しくは画像の広告、又は、音声及び画像の広告を当該コンテンツに組込むようになっている請求項1乃至5のいずれかに記載の広告自動組込システム。

請求項11

前記コンテンツが印刷書籍の場合、当該印刷書籍に前記ユーザのプロフィールに合わせた広告を組込み、当該印刷書籍を出版し得るようになっている請求項1乃至5のいずれかに記載の広告自動組込システム。

請求項12

前記コンテンツがレンタル形態のコンテンツの場合、ユーザにより選択されたコンテンツを貸出対象の記録媒体に記録する手段を備え、その記録時に前記ユーザのプロフィールに合わせた広告を組込むようになっている請求項1乃至5のいずれかに記載の広告自動組込システム。

技術分野

0001

本発明は、電子書籍映像音楽等のコンテンツを有償で販売貸与若しくは無償で配布するなどによりユーザに提供するシステムに関し、特に、ユーザのパーソナル情報に則した広告入りのコンテンツを通信媒体記録媒体、若しくは印刷媒体を通して提供するシステムに関する。

背景技術

0002

不特定多数の人々に情報を伝達する際には、かつては、マスコミュニケーション媒体となる新聞雑誌ラジオテレビなどが伝達手段として用いられてきたが、近年では、デジタル化した情報を扱う技術の著しい進歩に伴い、コンピュータ読取り可能な記録媒体やインターネット等の通信媒体が利用されるようになってきた。そして、現在はパソコンパーソナルコンピュータ)などの情報処理端末からインターネットを介して書籍の情報を閲覧したり、所望の書籍を注文したり、音楽のデータを取込んで聞いたり、ゲームプログラム等のプログラムを取込んで実行したり、動画像による放映を見たりすると言ったことが可能な時代となっている。一方、電子的な広告をインターネットを利用して伝達する場合、電子メールシステムを用いて配布する方法や各種のWEBページ掲載する方法が採用されている。

発明が解決しようとする課題

0003

ところで、広告は、ラジオやテレビでのコマーシャルと同様に、不特定多数の人に対して同一の情報を伝達するようにしており、その人にとっては不要な情報が多く、無駄な時間や費用がかかってしまうなどと言った弊害があった。また、例えばラジオやテレビのCM(コマーシャル)、レンタルビデオの映像の前や後ろに挿入されている広告、ダイレクトメール等で一方的に配布される広告、印刷書籍に掲載されている広告などは、いずれも不特定多数の人を対象とした広告であり、ほとんど見ない人が多く、宣伝効果が高いとは言い難かった。また、インターネット等の通信ネットワークを利用してコンテンツ(ソフトウェア)を提供する場合も同様であり、コンテンツに組込んだ広告は不特定多数の人を対象とした同一の情報であるため、ユーザにとっては不要な広告情報が多く、コンテンツの制作者広告主にとっても効果的に情報が提供されているとは言い難かった。

0004

本発明は上述のような事情から成されたものであり、本発明の目的は、通信媒体、記録媒体、若しくは印刷媒体を介してコンテンツを取得するユーザ、コンテンツの制作者、広告主の3者ともにメリットのある広告自動組込システムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0005

本発明は、ユーザのパーソナル情報に則した広告入りのコンテンツを通信媒体、記録媒体、若しくは印刷媒体を通して提供するシステムに関するものであり、本発明の上記目的は、有償若しくは無償のコンテンツを対象として、ユーザに前記コンテンツを提供する広告自動組込システムであって、前記コンテンツの提供時に当該ユーザのプロフィールに合わせた広告を自動的に組込む広告組込手段を備えることによって達成される。

0006

さらに、前記広告組込手段は、前記ユーザにより登録されたパーソナルデータの要素である趣味嗜好年齢性別職種役職収入家族構成国籍出身地住所のいずれか若しくはそれらを組合せた情報をパラメータとして当該ユーザが欲する情報を推定し、前記組込対象の広告を決定すること;提供対象のコンテンツが、電子書籍、音楽、ゲームソフトウェア、映像、放送メディアを含み、前記広告組込手段は、これらのソフトウェアの種類に応じた組込形態で前記広告を組込むこと;前記広告を組込むコンテンツ、その組込み場所及び対象ユーザを広告主が任意に設定できるようになっていること;前記ユーザに通信媒体、記録媒体、若しくは印刷媒体を用いて当該コンテンツを提供すること;によって、それぞれ一層効果的に達成される。

0007

また、前記コンテンツが電子書籍の場合、当該電子書籍のページ中に前記ユーザのプロフィールに合わせた広告の内容を組込んで直接広告表示、若しくはURLを組込んで間接的に広告表示すること;前記コンテンツが映像の場合、前記ユーザのプロフィールに合わせた広告を前記映像の前、後、若しくは映像中に組込むこと;前記コンテンツがストリーミング系コンテンツの場合、当該ストリーミング中に含まれるCMの時に前記ユーザのプロフィールに合わせた広告を組込むこと;前記コンテンツがゲームソフトの場合、前記ユーザのプロフィールに合わせた広告をゲーム中の背景、ゲームの開始時、若しくは終了時に組込むこと;前記コンテンツが音楽の場合、音声若しくは画像の広告、又は、音声及び画像の広告を当該コンテンツに組込むようになっていること;前記コンテンツが印刷書籍の場合、当該印刷書籍に前記ユーザのプロフィールに合わせた広告を組込み、当該印刷書籍を出版し得るようになっていること;前記コンテンツがレンタル形態のコンテンツの場合、ユーザにより選択されたコンテンツを貸出対象の記録媒体に記録する手段を備え、その記録時に前記ユーザのプロフィールに合わせた広告を組込むこと;によって、それぞれ一層効果的に達成される。

発明を実施するための最良の形態

0008

以下、図面に基づいて本発明の好適な実施の形態について詳細に説明する。

0009

図1は、本発明に係るソフトウェアの提供サービス広告システム(以下、「広告自動組込システム」と言う)の構成例を概略図で示している。本発明に係る広告自動組込システム1は、電子書籍,音楽,映像,放送メディアなどのマルチメディア・ソフトウェア(以下、コンテンツと言う)を通信ネットワーク3上(本例ではインターネット上)で公開し、ユーザが入手希望したコンテンツ4、若しくはシステム側からの配布や放映等の一方送信の形態によってユーザに提供するコンテンツ4に対して、当該ユーザのプロフィールに合わせた広告を自動的に組込んで提供するシステムである。上記広告を組込んだコンテンツ4の提供形態としては、通信ネットワーク3などの通信媒体を介してユーザ端末2側に提供する形態、図1中の破線で示すように、コンピュータ読取り可能な記録媒体3aを用いてユーザに提供する形態、あるいは印刷媒体3bを用いて当該コンテンツをユーザに提供する形態がある。

0010

なお、本発明で言う「コンテンツ」とは、プログラムやデータ(文字数値静止画動画,音声等のデータ)から成るディジタル・コンテンツに限らず、印刷書籍のような印刷媒体3bも含まれるが、以下の説明では、主にディジタル・コンテンツを例とし、ユーザが入手を希望したコンテンツ4をユーザ端末2側に通信ネットワーク3(通信媒体)を介して提供する場合を例として説明する。

0011

図1において、広告自動組込システム1は、提供対象となるコンテンツの登録からユーザ端末側へのダウンロードに到るまでの処理全体を制御するセットアップシステム10と、提供対象のコンテンツや電子広告等のデータを格納するマルチメディア・データベース20と、ユーザ端末2側からのコンテンツの抄録の閲覧や検索購入の受付、配布等の処理を行うサーバ30などから構成されている。そして、ユーザに広告を提供する手段としては、当該コンテンツの提供時に当該ユーザのプロフィールに合わせた広告を自動的に組込む広告組込手段を備えている。

0012

提供の対象となるコンテンツ4は、継続使用時に一定の対価を要求するシェアウェアやレンタル形態のコンテンツを含む有償のコンテンツ、若しくは無償のコンテンツであり、例えば、単行本や雑誌等の書籍を電子化した電子書籍,デジタル化された各種の音楽,ゲームソフトウェア,映像,テレビ番組ラジオ番組等の放送メディア,ユーティリティ類などの各種のソフトウェア(バージョンアップ用のプログラム/データ、及び印刷書籍を含むソフトウェア)である。

0013

上記のようなコンテンツは、例えばインターネット上で公開され、会員登録して個人認証情報(ID,パスワード)を得たユーザが、希望のものがあるかどうかを名称や制作者等の検索キーで検索できると共に、抄録を閲覧したり、機能制限時間制限の下に当該コンテンツを試行したりすることができるようになっている。

0014

セットアップシステム10では、コンテンツ4の入手を希望したユーザに対し、当該ユーザのパーソナルデータに基づいて、そのユーザのプロフィールに合った電子広告を抽出し、コンテンツ中に自動的に組込んでユーザ端末2側に通信ネットワーク3を介して提供する。本発明で言う「パーソナルデータ」とは、コンテンツ4の欲しい人が会員として登録する際に入力する趣味、嗜好、年齢、性別、職種、役職、収入、家族構成、国籍、出身地、住所等のデータであり、これらの基本顧客情報以外に、例えばコンテンツの種類,名称,制作者等の指定により、ユーザが入手を希望する製品情報もパーソナルデータとして入力できるようになっている。

0015

上記電子広告の出稿形態としては、例えばインストール画面に表示する形態、ダウンロードソフトのメニューに広告主へのURL(Universal Serial Bus)を埋め込む形態、PDF(Portable Document File)ファイルHTML(HyperMarkup Language)データ,スクリーンセーバなど画像を扱うものは、その画像を広告主の広告データとして組込む形態、動画や音声などのストリーミング中に挿入することで組込む形態などがある。これらの出稿形態は、広告主の指示によりコンテンツの種類に応じて設定される。また、どのような人をターゲットとするかを示す広告対象情報女性向け,特定の年齢層向け,特定の趣味を持つ人向け,特定の職種向け,特定の地域向け,当該国籍の人向け,高収入の人向け,子供のいる人向け等のID情報)、コンテンツ中への組込み場所を示すエリア情報広告期間等の広告仕様情報が電子広告毎に設定されて登録される。

0016

図2は、広告自動組込システム1のシステムコンポーネントと処理の流れを模式的に示したものである。同図を参照して広告自動組込システム1が具備するサーバ30とデータベース20の構成例と、コンテンツの登録からユーザ端末側へ通信ネットワークを介して提供するまでの流れを説明する。先ず、サーバ30とデータベース20の構成について説明する。

0017

広告自動組込システム1の構成要素であるサーバ30は、Web上に公開されるWebサーバ31、ファイル転送の機能を有するFTPサーバ32、及び電子メールの送受信機能を有するメールサーバ33等から構成される。マルチメディア・データベース20としては、ユーザ向けの電子広告を判断するためのパーソナルデータや前述の広告仕様情報などを格納するパーソナライズデータベース21、各種のコンテンツを格納するシェアウェア等格納データベース22、広告画像等の電子広告データを格納する広告画像格納データベース23、及びユーザの購買履歴のデータを格納する購買履歴データベース24とを備えている。

0018

パーソナライズデータベース21は、本システムの会員として登録されたユーザの情報などを格納するデータベースであり、当該ユーザの認証情報(本例ではID番号,パスワード)、購入したコンテンツの決済に必要な情報の他に、前述のように趣味、嗜好、年齢、性別、職種、役職、収入、家族構成、国籍、出身地、住所,希望する製品情報等のパーソナルデータが格納されている。

0019

シェアウェア等格納データベース22は、前述のような各種のコンテンツの情報を格納するデータベースであり、データベースに格納されるコンテンツ群は、例えば大分類、中分類、…というようにカテゴリ等で分類されて、カテゴリや名称、制作者等で索引可能に格納され、ディレクトリ最下層がダウンロード対象のコンテンツとなっている。データ構成としては、例えば、電子書籍の場合はPDF形式で作成され、単行本や雑誌等のページ表示単位とした構成となっている。また、音楽の場合は、例えばMPEG(Moving Picture Experts Group) Audio,MIDI(Musical Instrument Digital Interface)等の規格準拠したデータ構成となっている。

0020

本システムでは予め登録されたアニメ映画等の映像の他に、テレビ番組の放映を可能としており、その放映形態では、図示されない放映システムからの映像データを広告自動組込システム1が中継して受信し、個人のプロフィールに合わせた電子広告をストリーミング・データ中に自動挿入してから視聴者側端末に送信するようにしている。このような広告方式を採用することにより、テレビ放映の中に個人向けのCMを流すことを可能としている。また、ラジオ放送のように音声による放送の場合にも、そのデジタル音声中に個人向けのCMを流すことを可能としている。

0021

広告画像格納データベース23は、各広告主の広告データ(文字,数値,静止画,動画,音声(音楽を含む可聴音全般)等の視聴聴取可能な情報のいずれか若しくはそれらを組合せた情報を電子化した広告情報)を格納するデータベースであり、これらの広告データは広告主の端末からの登録操作やファイル転送により登録される。購買履歴データベース24は、ユーザが購買したコンテンツの履歴を記録するデータベースであり、購買したコンテンツのID,年月日等のデータが、ユーザID等で索引可能に累積されて記録される。

0022

上述のような構成において、同図2を参照してコンテンツの登録からユーザ端末側へ通信ネットワークを介して提供するまでの流れを簡単に説明する。なお、有償コンテンツ決済処理については決済センター等を介して行われるが、ここでは決済に係る処理については説明を省略する。

0023

先ず、事前の作業として、参加するダウンロードソフトウェア(提供対象のコンテンツ)を登録する。その際、どの部分にどのように広告を入れるかも登録する。また、どのコンテンツを対象として広告を組込むかを設定する。もちろん、全てを対象としても良い。また、予めセグメント化した対象ターゲットを登録する。コンテンツの欲しい人は、Webサーバ31に接続して、会員として自分のパーソナルデータをユーザ端末2から登録し、ユーザを特定するIDと認証用のパスワードを得る。

0024

ユーザは、広告自動組込システム1から発行されたIDとパスワードでサイト内に入り、欲しいコンテンツがあったら、それを購入するボタンを押す(図2の)。セットアップシステム10は、ユーザを特定するIDと購入要求がされたコンテンツの識別情報により()、パーソナライズデータベース21、シェアウェア等格納データベース22、広告画像格納データベース23を参照し()、購買履歴データベース24に購買データを記録すると共に()、当該コンテンツのデータを読み出し、前述のパーソナルデータと広告仕様情報に基づいて、そのコンテンツに対する当該ユーザ向けの電子広告を判断してコンテンツ中に組込む。また、購買履歴のデータも当該ユーザ向けの電子広告を判断する要素として使用する()。続いて、セットアップシステム10では、ユーザが希望したコンテンツのダウンロードを可能とするディレクトリを作成し()、そのディレクトリを例えば電子メールでユーザに通知する()。通知を受けたユーザは、指定のディレクトリからユーザ端末側の記憶媒体に当該コンテンツをダウンロードする。

0025

次に、本発明に係る電子広告の組込処理について、コンテンツの具体例を示して説明する。なお、データの圧縮処理暗号化処理については説明を省略する。

0026

[電子書籍への広告組込処理]電子書籍の場合、ユーザが希望の書籍をダウンロードする時に、そのユーザのプロフィールに合わせた電子広告を自動的に組込む。その組込み場所は、表紙やページの下部エリアなどの場所を任意に設定することができ、予め設定された広告仕様情報に含まれるエリア情報により決定される。電子広告の表示形態としては、書籍のページ中の指定エリアに広告を組込んで広告内容直接表示する形態、ページ中に広告主へのURLを組込んでおき、広告内容を間接的に表示する形態(ユーザの操作により当該サイトのWebページに掲載されている広告内容を表示する形態)などがあり、これらの表示形態の組合せにより当該広告内容を表示する。書籍の種類は単行本でも雑誌でも可能であり、予め登録されたもの以外に、これから出版される刊行物予約注文された書籍)や、定期購入依頼された定期刊行物でも良い。ダウンロードにより電子書籍を購入したユーザは、通常の雑誌をページをめくって見るイメージで、パソコン等の画面に表示して購読する。

0027

[映像への広告組込処理]ユーザがアニメや映画のコンテンツをダウンロードする時に、そのユーザのプロフィールに合わせた電子広告を自動的に組込む。そのコンテンツがダウンロード後にオフラインで視聴可能な映像コンテンツの場合、電子広告の組込み場所は、コンテンツの前や後ろに限らず、シーンの区切れ目などコンテンツ中に設定することもできる。また、ストリーミング(ユーザ端末側でダウンロードしながらリアルタイムに映像を再生する方式:テレビジョンやラジオの電波の変わりに、インターネットを使うイメージ)など、リアルタイムに放送されるテレビ番組やラジオ番組の様なものは、CM(予め入っているコマーシャル)の時に瞬間的にその視聴者聴取者に合った広告を挿入することで組込む。なお、CMの広告主が同一の場合は、そのCMの代わりにその視聴者(または聴取者)に合わせた電子広告を組込むようにしても良い。

0028

[ゲームソフトへの広告組込処理]ゲームソフトの場合、ユーザが希望のゲームをダウンロードする時に、そのユーザのプロフィールに合わせた電子広告を自動的に組込む。組込む場所としては、ゲーム中の背景(野球ゲームレーシングゲームなど)、ゲームの始まりや終わる時、若しくはインストール時にスポンサーとして広告を表示するなどの形態がある。

0029

[音楽への広告組込処理]音楽の場合、まず、ユーザに提供する専用のプレイヤー(本システムが有する当該音楽の少なくとも再生機能を有する専用のソフトウェア・プレイヤー)を広告自動組込システム1側で用意し、ユーザはそのプレイヤーを自分のパソコン等の情報処理端末にダウンロードする。その後、ユーザが希望の音楽をダウンロードした時に、そのユーザのプロフィールに合わせた電子広告(音声若しくは画像の広告、又は、音声及び画像の広告)を自動的に組込む。そして、その音楽を再生すると、プレイヤーにより広告が画像若しくは音声により表示される。また、携帯電話・PHSで使用される着信メロディー等のデータの場合、そのユーザのプロフィールに合わせたCMソングを電子広告として組込むこともできる。なお、実プレイヤーで再生可能な記録媒体(MD,DVD等)に音楽を書込んで提供する場合は、上記ソフトウェア・プレイヤーは不要であり、実プレイヤーによる音楽の再生時に、音声若しくは画像の広告(又は、音声及び画像)の広告が表示される。

0030

[その他のメディアへの広告組込処理]その他、現存するメディアへの応用として、広告自動組込システム1では、前述の電子広告組込方式を利用して、例えば次のようなメディアへの広告組込サービスを提供する。

0031

(1)オンデマンド印刷
注文された印刷書籍(紙葉類による書籍)1冊1冊に、その注文者購読者)に合わせた広告を組込んでから印刷する。ここで、組込まれる広告は、前述の電子広告組込手段により注文者のパーソナルデータに基づいて抽出される電子広告であり、例えばDTP(Desk Top Publishing)により出版物を印刷する過程で、広告自動組込システムからインターネットを介して当該注文者に対する電子広告を受信し、当該電子広告の情報を組込むことで、注文者に合わせた広告が掲載された書籍を印刷して出版可能とする。このようなオンデマンド印刷方式を採用することで、新刊単行本などの新たな収益源となる。また、このオンデマンド印刷方式は、通信販売でしか販売しない定期刊行物(月刊誌・週刊誌等)などにも適用することができる。

0032

(2)レンタルビデオ
レンタルビデオに関しては現状のシステムでは店舗所有する記録媒体を貸出す形態をとっているが、例えば、ユーザが見たいビデオ店頭で選んだ後に、店員がインターネット3を介してデジタルで送信し、映像をビデオテープやDVD等の貸出対象の記録媒体に録画する方式(オンデマンド配信)にする。その際に、映像への広告組込処理と同様の方式で電子広告を組込む。このオンデマンド配信方式は、CDやMDなどの記録媒体により貸出される音楽メディアやゲームソフトにも適用することができる。

0033

(3)CATV(cable television)
映画などをオンデマンド配信する際に、上記のインターネットでの場合と同様に、視聴者に合わせた電子広告を組込む。

0034

次に、会員登録時の動作例とコンテンツ(本例では、ディジタル・コンテンツ)の閲覧時の動作例について、図3図6フローチャートを用いて説明する

0035

先ず、会員登録時の動作例を図3のフローチャートの流れに沿って説明する。

0036

広告自動組込システム1(以下、「サービスセンター」と言う)では、ユーザ端末1とWebサーバ31とが接続されると(ステップS1)、接続要求元の端末に対してサービスメニューの画面データを送信し、サービスメニューを当該端末の画面に表示する(ステップS2〜S4)。サービスメニューの中から会員情報登録のメニューが選択されると(ステップS5)、会員情報登録の画面データを送信して会員情報(前述のパーソナルデータ)の入力を促す(ステップS6〜S10)。そして、入力された会員情報を受信してその内容を確認した後、パーソナライズデータベース21に格納し(ステップS11〜S14)、当該ユーザに対して発行した会員ID,パスワードをメールサーバ33により電子メールで通知する(ステップS15,S16)。また、会員ID,パスワードの情報を含む登録確認用の画面データを端末側に送信し、会員としての登録が完了したことを通知した後(ステップS17〜S19)、会員登録処理を終了する。

0037

次に、コンテンツの閲覧時の動作例を図4図6のフローチャートの流れに沿って説明する。

0038

サービスセンター1では、ユーザ端末1との接続後、ユーザによりサービスメニューの中から会員メニューが選択されると(ステップS21〜S25)、先ず、会員IDとパスワードの入力用の画面データを送信する(ステップS28)。そして、ユーザが入力画面上で入力した会員ID,パスワードの情報を受信して(ステップS29〜S33)、パーソナライズデータベース21に登録されている会員ID,パスワードと照合して会員であるか否かを確認する(ステップS34)。会員としての認証が取れたのであれば、会員メニューを送信して端末側の画面に表示する(ステップS35〜S37)。

0039

会員メニューの中からコンテンツメニューリスト項目が選択されると(ステップS38)、サービスセンター1ではコンテンツメニューリストの画面データを送信して、コンテンツメニューリストの画面を端末側に表示する(ステップS39〜S43)。ユーザは、希望するコンテンツをコンテンツメニューリストの中から選択する。ユーザが選択する際には、例えば、コンテンツの種類等に応じて抄録の参照や試聴,試行ができるようになっている。また、コンテンツ名や製作者等をキーとして、所望のコンテンツを検索できるようになっている(ステップS44)。

0040

コンテンツの選択情報(ユーザが希望するコンテンツの情報)を受信したサービスセンター1では(ステップS45,S46)、コンテンツデータベース図2のシェアウェア等格納データベース22)、ユーザ情報データベース図2のパーソナライズデータベース21)、及びCM情報データベース(図2の広告画像格納データベース23)を参照し(ステップS47〜S49)、当該会員のパーソナルデータに基づいて、そのユーザのプロフィールに合わせたCM(電子広告)を当該コンテンツに組込み、会員固有のコンテンツを生成する。

0041

例えば、ユーザが登録したパーソナルデータの要素である趣味,嗜好,年齢,性別,職種,役職,収入,家族構成,国籍,出身地,住所,ユーザが希望する製品情報のいずれか若しくはそれらを組合せた情報、現時点の日や季節等のカレンダー情報などをパラメータとして、当該ユーザが欲すると思われる情報(商品情報等)を推定し、その情報から組込対象の電子広告を決定し、会員固有のコンテンツを生成すると共に、ユーザ端末側からの指示により当該コンテンツのダウンロードを可能とするディレクトリ(格納場所アクセス権限等から成るディレクトリ情報)を生成する(ステップS50)。

0042

そして、生成した会員固有コンテンツダウンロード用の画面データを端末に送信、若しくは電子メールで送信する(ステップS51)。ユーザは、画面内のメニュー(ディレクトリ)上で当該コンテンツを指示して端末側の記憶媒体にダウンロードし(ステップS52,S53)、オフラインで閲覧する。なお、テレビ番組やラジオ番組のようなストリーミング・データの場合は、オンラインでリアルタイムに視聴又は聴取する。

0043

上記コンテンツのダウンロードの形態としては、前述のように電子メールで当該ディレクトリを通知してそのディレクトリから当該コンテンツをダウンロードする形態、電子メールに当該コンテンツのファイルを添付する形態、コンテンツメニューリストの中から指定されたコンテンツをリアルタイムにダウンロードする形態などがある。また、定期的に配布する定期購読の電子書籍や新規製作ソフトの予約注文のような場合は、例えば当該コンテンツの発行日に当該ユーザに電子メール等で通知し、ユーザ端末側にダウンロードする。

発明の効果

0044

以上に説明したように、本発明によれば、ユーザに提供するコンテンツ内に、そのユーザのプロフィールに合わせた広告を自動的に組込むことができる。そのため、ユーザ、コンテンツの制作者、広告主の3者ともにメリットをもたらすことが可能となる。先ず、広告主には狙ったターゲットに確実に自社製品の広告を打つことが可能となる。コンテンツの制作者にはコンテンツの代金以外の収入が見込め、ユーザには自分の欲しい情報とコンテンツが一石二鳥で入手することが可能となる。また、コンテンツ制作会社が広告収入を見込んで、コンテンツの価格を低くまたは無償とすることでユーザの需要がさらに広がり、広告主にとってはユーザ層が広がるため、十分に広告費を投入する意義が見出せるようになる。

図面の簡単な説明

0045

図1本発明に係る広告自動組込システムの構成例を示す概略図である。
図2本発明に係る広告自動組込システムのシステムコンポーネントと処理の流れを示す模式図である。
図3本発明における会員登録時の動作例を説明するためのフローチャートである。
図4本発明におけるコンテンツの閲覧時の動作例を説明するためのフローチャートである。
図5図4の第1の分図である。
図6図4の第2の分図である。

--

0046

1広告自動組込システム
2ユーザ端末
3通信ネットワーク
4ソフトウェア(コンテンツ)
10セットアップシステム
20マルチメディア・データベース
21パーソナライズデータベース
22シェアウェア等格納データベース
23広告画像格納データベース
24購買履歴データベース
30サーバ
31Webサーバ
32FTPサーバ
33 メールサーバ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ