図面 (/)

技術 スクラップ解体機

出願人 株式会社とわに
発明者 高倉可明
出願日 2001年1月25日 (19年10ヶ月経過) 出願番号 2001-016764
公開日 2002年8月6日 (18年4ヶ月経過) 公開番号 2002-219371
状態 特許登録済
技術分野 破砕・粉砕(1) 特殊プレス
主要キーワード 電気配線ハーネス 剛性枠 可動ラム 大型家電製品 押さえアーム 旋回ステージ トレーラトラック 作業ハンド
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年8月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

多種多様スクラップ対象物解体作業に対応可能なマルチ解体機としての機能を備え、安定した作動のもとに効率の良い解体作業を行うことのできる自走式スクラップ解体機を提供する。

解決手段

自走車両の車体上に旋回可能に搭載された起伏可能な油圧作動ブームと、ブーム先端に取り付けられて遠隔操作によって作動するスクラップ解体作業ペンチャーと、前記車体の前部又は後部に起伏駆動可能に装備された左右一対押さえアームとを備えたスクラップ解体機。両押さえアームの間に一体的な剛性枠(13)が固定され、該剛性枠内の対向辺間には相対的に接近離反可能な一対のラム(15a,15b)を有するプレス機構が装備され、前記剛性枠によってプレス機構の反力支承部が構成されている。

概要

背景

例えば自動車スクラップ解体作業では、搬送されてきた廃車を一台ずつ自走式のスクラップ解体機解体している。このようなスクラップ解体機は、例えば特公平3−78460号公報や実用新案登録第2533010号公報で公知である。これらの解体機は、自動車スクラップに限らず電気冷蔵庫電気洗濯機などの大型家電製品の解体にも使用されている。

概要

多種多様スクラップ対象物の解体作業に対応可能なマルチ解体機としての機能を備え、安定した作動のもとに効率の良い解体作業を行うことのできる自走式スクラップ解体機を提供する。

自走車両の車体上に旋回可能に搭載された起伏可能な油圧作動ブームと、ブーム先端に取り付けられて遠隔操作によって作動するスクラップ解体作業ペンチャーと、前記車体の前部又は後部に起伏駆動可能に装備された左右一対押さえアームとを備えたスクラップ解体機。両押さえアームの間に一体的な剛性枠(13)が固定され、該剛性枠内の対向辺間には相対的に接近離反可能な一対のラム(15a,15b)を有するプレス機構が装備され、前記剛性枠によってプレス機構の反力支承部が構成されている。

目的

自動車家電製品を始めとして解体対象スクラップが多種多様となりつつある現状では、これら多様なスクラップを同一解体機で処理するためにスクラップ解体機に要求される機能はますます多様化している。従って、本発明の課題は、多種多様なスクラップ対象物の解体作業に対応可能なマルチ解体機としての機能を備えた自走式スクラップ解体機を提供することであり、更には安定した作動のもとに効率の良い解体作業を行うことのできるスクラップ解体機を提供しようとする物である。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

自走車両の車体上に旋回可能に搭載された起伏可能な油圧作動ブームと、ブーム先端に取り付けられて遠隔操作によって作動するスクラップ解体作業ペンチャーと、前記車体の前部又は後部に起伏駆動可能に装備された左右一対押さえアームとを備えたスクラップ解体機において、前記両押さえアームの間に一体的な剛性枠が固定され、該剛性枠内の対向辺間には相対的に接近離反可能な一対のラムを有するプレス機構が装備され、前記剛性枠によってプレス機構の反力支承部が構成されていることを特徴とするスクラップ解体機。

請求項2

プレス機構が前記剛性枠の対向辺間に支承された一対のラムを備え、これらラムの少なくとも一方は油圧駆動可能な可動ラムであり、両ラムには、スクラップ対象物を挟持するための挟持用作業ハンド又はスクラップ対象物を圧潰するための圧潰用作業ハンドが交換可能に取り付けられていることを特徴とする請求項1に記載のスクラップ解体機。

請求項3

可動ラムによる作業ハンドの移動を案内するためのガイド機構が剛性枠に付設されていることを特徴とする請求項2に記載のスクラップ解体機。

技術分野

0001

本発明は、自動車家電製品解体並びに解体で生じた例えば自動車エンジンやタイヤ等の要素の更なる解体に供される自走式のスクラップ解体機に関するものである。

背景技術

0002

例えば自動車スクラップ解体作業では、搬送されてきた廃車を一台ずつ自走式のスクラップ解体機で解体している。このようなスクラップ解体機は、例えば特公平3−78460号公報や実用新案登録第2533010号公報で公知である。これらの解体機は、自動車スクラップに限らず電気冷蔵庫電気洗濯機などの大型家電製品の解体にも使用されている。

発明が解決しようとする課題

0003

自動車や家電製品を始めとして解体対象スクラップ多種多様となりつつある現状では、これら多様なスクラップを同一解体機で処理するためにスクラップ解体機に要求される機能はますます多様化している。従って、本発明の課題は、多種多様なスクラップ対象物の解体作業に対応可能なマルチ解体機としての機能を備えた自走式スクラップ解体機を提供することであり、更には安定した作動のもとに効率の良い解体作業を行うことのできるスクラップ解体機を提供しようとする物である。

課題を解決するための手段

0004

本発明においては、自走車両の車体上に旋回可能に搭載された起伏可能な油圧作動ブームと、ブーム先端に取り付けられて遠隔操作によって作動するスクラップ解体作業ペンチャーと、前記車体の前部又は後部に起伏駆動可能に装備された左右一対押さえアームとを備えたスクラップ解体機において、前記両押さえアームの間に一体的な剛性枠を固定配備し、該剛性枠内の対向辺間には相対的に接近離反可能な一対のラムを有するプレス機構を装備し、剛性枠によってプレス機構の反力支承部を構成することによって上述の課題を達成したものである。

0005

本発明の好適な一実施形態によれば、プレス機構は前記剛性枠の対向辺間に支承された一対のラムを備え、これらラムの少なくとも一方は油圧駆動可能な可動ラムであり、両ラムには、スクラップ対象物を挟持するための挟持用作業ハンド又はスクラップ対象物を圧潰するための圧潰用作業ハンドが交換可能に取り付けられている。この場合、可動ラムによる作業ハンドの移動を案内するためのガイド機構を剛性枠に付設することは好ましいことである。

0006

本発明によるスクラップ解体機で例えば自動車や大型家電製品を解体する場合には、これらスクラップ対象物を両押さえアームの先端下に押さえつけ、ブーム先端のペンチャーで構成部品を挟んで引きちぎり、或いはスクラップ対象物内から電気配線ハーネスをペンチャーで掴んで該ペンチャーを回転させることにより巻き付けながら引きちぎるなど、大まかな解体の殆どは押さえアームとペンチャーとで行うことができる。

0007

解体で生じた例えば自動車エンジンは、プレス機構の一対のラムに挟持用の作業ハンドを装着してペンチャーで掴んだエンジンを該ハンド間に持ち込むことにより両ハンドでエンジンを回動可能に挟持し、ペンチャーでエンジンの向きを回しながらエンジンに付設されている電装部品を取り外すことで解体可能である。更に、エンジンのハウジングを構成しているアルミニウム部分スチール部分とを分離するには、プレス機構の一対のラムに圧潰用の作業ハンドを装着してペンチャーで掴んだエンジンをこのハンド間に持ち込み、ラムを油圧駆動してアルミニウム部分とスチール部分との間を圧潰すれば分離でき、分離したそれぞれの部分はペンチャーで回収可能である。

0008

本発明によるスクラップ解体機は古タイヤの解体、即ちホイールとタイやを解体する作業にも対応可能である。この場合、プレス機構の一対のラムに挟持用の作業ハンドを装着しておき、ペンチャーで掴んだ古タイヤを立てた状態で該ハンド間に持ち込んで両ハンドで古タイヤをその直径上の外周2カ所から中心へ向かって押しつぶし、これで縮径状に変形したホイールをペンチャーで掴み出すことにより極めて簡単にホイールとタイヤを分離可能である。

0009

本発明において、ラムに装着すべき作業ハンドの形態は種々の物を選ぶことができ、例えば実用新案登録第2533010号公報中に開示されている全ての種類の作業ハンドはその対象であるが、これに限定されるものではない。

0010

また、剛性枠は各種プレス機用の一体剛性枠であれば本発明に採用でき、もちろん溶接で組み立てられた剛性枠でも充分な設計強度が得られる限り採用可能である。

発明を実施するための最良の形態

0011

図1は本発明に係るスクラップ解体機の一実施例を示す側面図であり、図2はその車両前部の押さえアームを含む主要部の構成を示す斜視図である。尚、本実施例では自走車両1として油圧バックホーを利用しており、車両1には図示しないエンジンの出力の一部で駆動される旋回ステージ2が搭載されており、このステージ2の後部側には油圧発生装置5が搭載されている。

0012

ステージ2上には、走行時に前向きとなるように運転キャビン3が前部左側に寄った位置で設けられており、また中央部にはブーム6が起伏シリンダ7で起伏可能に枢支され、ブーム6の先端には解体作業用ペンチャー4が油圧発生装置5からの油圧で作動できるように装備されている。ブーム6は、車両1をトレーラトラックなどによって搬送する際には折り畳まれるようになっている。

0013

車両1の前部に装備された主要部10は、車両1に枢支された油圧ピストンシリンダ装置8とのピン9による連結のためのブラケットを有する支持ブロック11で固定間隔一体化された左右一対の押さえアーム12a,12bを含み、これら押さえアームは、油圧ピストンシリンダ装置8による油圧駆動で上下に起伏可能に前方へ突き出して取り付けられている。この一対の押さえアーム12a,12bは、好ましくは枢支基部側で幅方向厚味が徐々に増加する剛構造を有するものとするのが良く、これにより後述するプレス反力に充分な強度で耐えられるようにすることができる。

0014

主要部10はまた、押さえアーム間のほぼ中央部に一体構造の剛性枠13を含んでおり、この剛性枠13は、好ましくはそれ自体が一体構造のものであって、押さえアーム12a,12bに固定されている。剛性枠13の一体的な4辺のうち、対向する2辺(図示の例では押さえアームに沿った2辺)には剛性枠の内部において向かい合うように一対のラム15a,15bが装備されている。これらのラムは本発明で云うプレス機構を構成するものであり、ブーム起伏シリンダ7やアーム起伏シリンダ装置8と同様に油圧発生装置5からの油圧によりキャビン3からの遠隔操作で作動する。本実施例では一方のラム15bのみが油圧駆動による可動ラムであるが、他方のラム15aも固定ラムから油圧駆動による可動ラムに替えても良いことは述べるまでもない。

0015

ラム15a,15bは先端が取付座となっており、そこには種々の作業ハンドが交換可能に取付可能である。図示の実施例では椀状にへこんだ先端面を有する挟持用作業ハンド14a,14bがラム15a,15bに装着されている。この挟持用作業ハンド14a,14bは、主にスクラップのエンジンなどの堅牢対象物を間に挟持してペンチャー4で回動させながら付属電装部品などを引きちぎるのに好適なものである。

0016

可動側のラム15bには、その油圧駆動による伸長又は収縮運動に際して、先端に装着した作業ハンド14bの移動を案内するガイド機構が付設されている。このガイド機構は、図示の例ではラム15bの両側に固定されたスライド板16と、このスライド板16の移動を剛性枠13の対向2辺で滑らかにガイドする案内溝17とを備えている。

0017

両押さえアーム12a,12bの先端部18a,18bは若干下方へ向けて曲げられており、その先端下面にはスクラップ対象物を安定して押さえつけるための19a,19bが固定されている。また、各先端部18a,18bの上面にはそれぞれ突設工具20a,20bが固定されており、これらの突設工具は前方及び後方へ突き出た形状を有している。この突設工具は、ペンチャー4で掴んだ例えば電気冷蔵庫や電気洗濯機のような器状の形態の外被を有する対象物を引っかけてペンチャー4で引き込むことにより外被を開裂破断するのに利用することができ、これにより対象物内部の電動機などを露出させることができる。

0018

尚、以上に述べた実施例は本発明の好適な一実施形態を単に例示するものであり、当業者に自明なその変形は特許請求の範囲の記載に基づいて本発明の技術的範疇に属するものであることは述べるまでもない。

発明の効果

0019

以上のように、本発明によるスクラップ解体機では、自走車両前部に突き出た両押さえアームの間に一体的な剛性枠が固定され、該剛性枠内の対向辺間には相対的に接近離反可能な一対のラムを有するプレス機構が装備され、前記剛性枠によってプレス機構の反力支承部が構成されているので、押さえアームとペンチャーによる解体作業に加えて充分強力な力を発揮するプレス機構による解体作業が同一解体機で可能となり、押さえアーム間の空間を利用して強力な破壊力を発揮しうるプレス機構をコンパクトに装備したマルチ解体機能を備えた自走式スクラップ解体機が得られるという顕著な効果を奏することが可能である。

図面の簡単な説明

0020

図1本発明に係るスクラップ解体機の一実施例を示す側面図である。
図2車両前部の押さえアームを含む主要部の構成を示す斜視図である。

--

0021

1:自走車両
2:旋回ステージ
4:解体作業用ペンチャー
5:油圧発生装置
6:ブーム
7:起伏シリンダ
8:油圧ピストンシリンダ装置
9:取付ピン
10:主要部
11:支持ブロック
12a,b:押さえアーム
13:剛性枠
14a,b:作業ハンド
15a,b:ラム
16:スライド板(ガイド機構)
17:案内溝(ガイド機構)
19a,b:沓
20a,b:突設工具

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ