図面 (/)

技術 語学の学習用教材の作製から語学を教授するに至るまでのシステム及び語学の教授システム

出願人 有限会社レッツインターナショナル
発明者 上田早苗大森和美
出願日 2000年12月28日 (18年11ヶ月経過) 出願番号 2000-400077
公開日 2002年7月19日 (17年4ヶ月経過) 公開番号 2002-202717
状態 未査定
技術分野 電気的に作動する教習具 特定用途計算機
主要キーワード 年齢層向け 生徒達 宣伝主 進歩状況 学習用教材 音声速度 固定長フレーム 企業イメージ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年7月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

コンピュータネットワークを利用して上田方式の学習用教材に用いる所定の情報を企業から入手し、またネットワークを利用して教師及び生徒に上田方式の学習用教材を配布し、さらに配布された上田方式の学習用教材に基づいて教師が生徒に語学を教えること。

解決手段

上田方式の学習用教材において、当該日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報が企業が宣伝している広告であり、当該広告を語学の学習用教材の作成会社がコンピュータに入力する段階と、学習用教材をコンピュータを使用して作製する段階と、ネットワークを利用して生徒に配布する段階と、教師に配布する段階と、学習用教材に基づいて教師を育成する段階と、教師当該コンピュータに登録する段階と、教師が当該教師用及び生徒用の語学の学習教材を使用して、当該コンピュータにより生徒に語学を教える段階と、からなる。

概要

背景

従来の語学学習方法は、本の形式で作製された語学の学習用教材に基づき教師生徒に教えたり、語学を学ぼうとする者が自分自身テレビの語学の講座を利用して当該テレビの講座のために作製された教材を利用して、語学を学んだり、また語学を学ぶためのビデオと当該語学を学ぶためのビデオに基づく教材に基づいて語学を学ぼうとする者が自分自身で語学を学んだり、又は当該テレビ又はビデオに基づいて作製された教材を利用して教師が生徒に語学を教えたりしていた。

これらの語学の学習用教材は、当該学習領域の分野、例えば、外国旅行の分野、四季移り変わりの分野、ビジネスの分野、低年齢層向けの分野、主婦層向けの分野等当該領域の分野に基づいて作製されていた。

概要

コンピュータネットワークを利用して上田方式の学習用教材に用いる所定の情報を企業から入手し、またネットワークを利用して教師及び生徒に上田方式の学習用教材を配布し、さらに配布された上田方式の学習用教材に基づいて教師が生徒に語学を教えること。

上田方式の学習用教材において、当該日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報が企業が宣伝している広告であり、当該広告を語学の学習用教材の作成会社がコンピュータに入力する段階と、学習用教材をコンピュータを使用して作製する段階と、ネットワークを利用して生徒に配布する段階と、教師に配布する段階と、学習用教材に基づいて教師を育成する段階と、教師当該コンピュータに登録する段階と、教師が当該教師用及び生徒用の語学の学習教材を使用して、当該コンピュータにより生徒に語学を教える段階と、からなる。

目的

本発明は当該上田方式の学習用教材をコンピュータに入力することにより、コンピュータのネットワークを利用して当該上田方式の学習用教材に用いる所定の情報を企業から入手し、またネットワークを利用して教師及び生徒に上田方式の学習用教材を配布し、さらに配布された上田方式の学習用教材に基づいて教師が生徒に語学を教えることを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材において、(A)当該日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報が企業が宣伝している広告であり、当該広告を語学の学習用教材の作成会社がコンピュータに入力する段階と、(B)当該広告に基づいて語学の学習用教材の作成会社が当該生徒用の語学の学習用教材及び当該教師用の語学の学習用教材をコンピュータを使用して作製する段階と、(C)当該生徒用の語学の学習用教材とネットワークを利用して生徒に配布する段階と、(D)当該生徒用の語学の学習用教材及び教師用の語学の学習用教材をネットワークを利用して、又は通常用いられている手段で教師に配布する段階と、(E)当該生徒用及び教師用の語学の学習用教材に基づいて教師を育成する段階と、(F)当該育成された教師及び生徒を当該コンピュータに入力し登録する段階と、(G)当該育成された教師が当該教師用及び生徒用の語学の学習用教材を使用して、当該コンピュータにより生徒に語学を教える段階と、からなることを特徴とする語学の学習用教材の作製から語学を教授するに至るまでのシステム

請求項2

前記企業の広告が実際に企業がテレビに流している宣伝広告であることを特徴とする請求項1記載の語学の学習教材の作製から語学を教授するに至るまでのシステム。

請求項3

前記企業の広告が所定の期間経過後変更されるものであることを特徴とする請求項1又は2記載の語学の学習用教材の作製から語学を教授するに至るまでのシステム。

請求項4

前記情報が企業の広告の対象となっている商品説明書及び/又は企業情報であることを特徴とする請求項1記載の語学の学習用教材の作製から語学を教授するに至るまでのシステム。

請求項5

前記企業の広告を当該コンピュータに入力した場合、当該広告を語学の学習用教材に掲載することによる料金を企業から徴収することを特徴とする請求項1記載の語学の学習用教材の作製から語学を教授するに至るまでのシステム。

請求項6

前記生徒用教材は生徒に無料で配布すること、及び生徒の登録は無料で行うことを特徴とする請求項1記載の語学の学習用教材の作製から語学を教授するに至るまでのシステム。

請求項7

前記教師の育成は有料で行うこと、及び育成された教師の登録は無料又は有料で行うことを特徴とする語学の学習用教材の作製から語学を教授するに至るまでのシステム。

請求項8

日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎に区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学の学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材において、(A)当該語学の学習用教材をコンピュータに入力する段階と、(B)当該コンピュータに入力された語学の学習用教材に基づき、当該教師が当該生徒に生徒が習おうとする国の言語で単語、文型、文章をコンピュータを使用して教える段階と、からなることを特徴とする語学の教授システム。

請求項9

日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎に区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学の学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材において、(A)当該語学の学習用教材をコンピュータに入力する段階と、(B)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、(C)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師がゆっくりと当該生徒に聞かせる段階と、(D)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を各々の文節に区切り当該教師が当該コンピュータを使用し普通のスピードで、又はゆっくりと当該生徒に聞かせる段階と、(E)最後に、また、当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、からなることを特徴とする語学の教授システム。

請求項10

日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎に区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学の学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材において、(A)当該語学の学習用教材をコンピュータに入力する段階と、(B)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、(C)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師がゆっくりと当該生徒に聞かせる段階と、(D)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を各々の文節に区切り当該教師が当該コンピュータを使用し普通のスピードで、又はゆっくりと当該生徒に聞かせる段階と、(E)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章をコンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、(F)最後に、当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が普通のスピードより早めのスピードで当該生徒に聞かせる段階と、からなることを特徴とする語学の教授システム。

請求項11

日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎に区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学の学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材において、(A)当該語学の学習用教材をコンピュータに入力する段階と、(B)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、(C)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師がゆっくりと当該生徒に聞かせる段階と、(D)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を各々の文節に区切り当該教師が当該コンピュータを使用し普通のスピードで、又はゆっくりと当該生徒に聞かせる段階と、(E)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、(F)当該コンピュータに入力されているBGM効果音を当該教師が当該生徒に聞かせる段階と、(G)当該生徒が当該コンピュータに入力されているBGM、効果音を流しながらナレーションを入れ、次に当該ナレーション、BGM及び効果音を同時に流し、当該教師が当該生徒に聞かせる段階と、(H)最後に、また、当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、からなることを特徴とする語学の教授システム。

請求項12

日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎に区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学の学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材において、(A)当該語学の学習用教材をコンピュータに入力する段階と、(B)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、(C)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師がゆっくりと当該生徒に聞かせる段階と、(D)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を各々の文節に区切り当該教師が当該コンピュータを使用し普通のスピードで、又はゆっくりと当該生徒に聞かせる段階と、(E)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、(F)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードより早めのスピードで聞かせる段階と、(G)当該コンピュータに入力されているBGM、効果音を当該教師が当該生徒に聞かせる段階と、(H)当該生徒が当該コンピュータに入力されているBGM、効果音を流しながらナレーションを入れ、次に当該ナレーション、BGM及び効果音を同時に流し、当該教師が当該生徒に聞かせる段階と、(I)最後に、また、当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文書を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、からなることを特徴とする語学の教授システム。

請求項13

日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎に区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学の学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材において、(A)当該語学の学習用教材をコンピュータに入力する段階と、(B)当該所定の情報に基づき当該生徒自身が習おうとする国の言語で新たに作成した文章を当該コンピュータに入力する段階と、(C)当該コンピュータに入力された当該生徒自身が習おうとする国の言語で新たに作成した文章を当該教師が添削する段階と、からなることを特徴とする語学の教授システム。

請求項14

日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎に区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学の学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材において、(A)当該語学の学習用教材をコンピュータに入力する段階と、(B)当該所定の情報に基づき当該生徒自身が習おうとする国の言語で新たに作成した文章を当該コンピュータに入力する段階と、(C)当該コンピュータに入力された当該生徒自身が習おうとする国の言語で新たに作成した文章を当該教師が添削する段階と、(D)当該コンピュータに入力された当該生徒自身が習おうとする国の言語で新たに作成した文章に基づき当該生徒自身が作成したナレーションを、当該コンピュータに入力されているBGM、効果音を流しながら当該コンピュータに入力し、次に当該BGM、効果音及びナレーションを同時に流し、当該教師が当該生徒に聞かせる段階と、からなることを特徴とする語学の教授システム。

請求項15

前記情報に基づき、前記コンピュータに入力された当該生徒自身が習おうとする国の言語で新たに作成した文章及び前記生徒自身が作成したナレーションで企業の広告の対象となった商品の感想をネットワークを利用して企業に送信することを特徴とする請求項13又は14記載の語学の教授システム。

請求項16

前記情報がテレビのコマーシャルであることを特徴とする請求項13は、14又は15記載の語学の教授システム。

請求項17

日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎に区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学の学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材において、(A)当該語学の学習用教材をコンピュータに入力する段階と、(B)当該コンピュータに入力されている習おうとする国の言語で表現されている文章、当該所定の情報を当該教師が読ませる段階と、からなることを特徴とする語学の教授システム。

請求項18

前記コンピュータに入力されている習おうとする国の言語で表現されている文章が、教材作成会社又は当該教師が当該情報に記載されている文章を修正して作った文章であること、当該情報に基づき当該生徒自身が作成した文章であることを特徴とする請求項1記載の語学の教授システム。

請求項19

前記情報が企業の宣伝広告、企業の宣伝広告の対象となっている商品の説明書及び/又は企業情報であることを特徴とする請求項17又は18に記載の語学の教授システム。

技術分野

0001

本発明は、コンピュータを利用した語学学習用教材の作製から語学を教授するに至るまでのシステム及びコンピュータを利用した語学の教授システムに関する。

背景技術

0002

従来の語学の学習方法は、本の形式で作製された語学の学習用教材に基づき教師生徒に教えたり、語学を学ぼうとする者が自分自身テレビの語学の講座を利用して当該テレビの講座のために作製された教材を利用して、語学を学んだり、また語学を学ぶためのビデオと当該語学を学ぶためのビデオに基づく教材に基づいて語学を学ぼうとする者が自分自身で語学を学んだり、又は当該テレビ又はビデオに基づいて作製された教材を利用して教師が生徒に語学を教えたりしていた。

0003

これらの語学の学習用教材は、当該学習領域の分野、例えば、外国旅行の分野、四季移り変わりの分野、ビジネスの分野、低年齢層向けの分野、主婦層向けの分野等当該領域の分野に基づいて作製されていた。

発明が解決しようとする課題

0004

前記の学習用教材は外国の旅行の分野等当該領域の分野に基づいて作製されていたため、実際に即した生きた語学の学習をすること等が困難であった。そこでこの問題を解決するため本出願人は実際に即した生きた語学の学習をするための教材を発明し、2000年12月6日(特願2000−371819)に特許に出願した。

0005

また、特願2000−371819に記載されている語学の学習用教材は従来のように語学の学習を本のみで、テレビと本、ビデオと本で学習するということだけでなく学習用教材をコンピュータに入力しコンピュータによる語学の教授及び学習方法を示唆している。

0006

特願2000−371819には、日常生活におけるわれわれの身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学の学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材が示されている。当該語学の学習用教材は上田方式(UEDA METHOD)と呼ばれている今までにない語学の学習用教材である。

0007

本発明は当該上田方式の学習用教材をコンピュータに入力することにより、コンピュータのネットワークを利用して当該上田方式の学習用教材に用いる所定の情報を企業から入手し、またネットワークを利用して教師及び生徒に上田方式の学習用教材を配布し、さらに配布された上田方式の学習用教材に基づいて教師が生徒に語学を教えることを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

前記目的を達成するため、本発明の語学の学習用教材の作製から語学を教授するに至るまでのシステムは、日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎に区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学の学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材において、(A)当該日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報が企業が宣伝している広告であり、当該広告を語学の学習用教材の作成会社がコンピュータに入力する段階と、(B)当該広告に基づいて語学の学習用教材の作成会社が当該生徒用の語学の学習用教材及び当該教師用の語学の学習用教材をコンピュータを使用して作製する段階と、(C)当該生徒用の語学の学習用教材をネットワークを利用して生徒に配布する段階と、(D)当該生徒用の語学の学習用教材及び教師用の語学の学習用教材をネットワークを利用して、又は通常用いられている手段で教師に配布する段階と、(E)当該生徒用及び教師用の語学の学習用教材に基づいて教師を育成する段階と、(F)当該育成された教師及び生徒を当該コンピュータに入力し登録する段階と、(G)当該育成された教師が当該教師用及び生徒用の語学の学習用教材を使用して、当該コンピュータにより生徒に語学を教える段階と、からなる。

0009

前記企業の広告が実際に企業がテレビに流している宣伝広告であることが好適である。

0010

前記企業の広告が所定の期間経過後変更されるものであることが好適である。

0011

前記情報が企業の広告の対象となっている商品説明書及び/又は企業情報であることが好適である。

0012

前記企業の広告を当該コンピュータに入力した場合、当該広告を語学の学習用教材に掲載することによる料金を企業から徴収することが好適である。

0013

前記生徒用教材は生徒に無料で配布すること、及び生徒の登録は無料で行うことが好適である。

0014

前記教師の育成は有料で行なうこと、及び育成された教師の登録は無料又は有料で行なうことが好適である。

0015

また、本発明における教授システムは、日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎に区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学の学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材において、(A)当該語学の学習用教材をコンピュータに入力する段階と、(B)当該コンピュータに入力された語学の学習用教材に基づき、当該教師が当該生徒に生徒が習おうとする国の言語で単語、文型、文章をコンピュータを使用して教える段階と、からなる。

0016

また、本発明の語学の教授システムは、日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎に区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学の学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材において、(A)当該語学の学習用教材をコンピュータに入力する段階と、(B)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、(C)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師がゆっくりと当該生徒に聞かせる段階と、(D)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を各々の文節に区切り当該教師が当該コンピュータを使用し普通のスピードで、又はゆっくりと当該生徒に聞かせる段階と、(E)最後に、また、当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、からなる。

0017

また、本発明における語学の教授システムは、日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎に区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学の学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材において、(A)当該語学の学習用教材をコンピュータに入力する段階と、(B)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、(C)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師がゆっくりと当該生徒に聞かせる段階と、(D)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を各々の文節に区切り当該教師が当該コンピュータを使用し普通のスピードで又はゆっくりと当該生徒に聞かせる段階と、(E)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章をコンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、(F)最後に、当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が普通のスピードより早めのスピードで当該生徒に聞かせる段階と、からなる。

0018

また、本発明における語学の教授システムは、日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎に区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学の学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材において、(A)当該語学の学習用教材をコンピュータに入力する段階と、(B)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、(C)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師がゆっくりと生徒に聞かせる段階と、(D)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を各々の文節に区切り当該教師が当該コンピュータを使用し普通のスピードで、又はゆっくりと当該生徒に聞かせる段階と、(E)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、(F)当該コンピュータに入力されているBGM効果音を当該教師が当該生徒に聞かせる段階と、(G)当該生徒が当該コンピュータに入力されているBGM、効果音を流しながらナレーションを入れ、次に当該ナレーション、BGM及び効果音を同時に流し、当該教師が当該生徒に聞かせる段階と、(H)最後に、また、当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、からなる。

0019

また、本発明における語学の教授システムは、日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎に区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学の学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材において、(A)当該語学の学習用教材をコンピュータに入力する段階と、(B)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、(C)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章をコンピュータを使用して当該教師がゆっくりと当該生徒に聞かせる段階と、(D)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を各々の文節に区切り当該教師が当該コンピュータを使用し普通のスピードで、又はゆっくりと当該生徒に聞かせる段階と、(E)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、(F)当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードより早めのスピードで聞かせる段階と、(G)当該コンピュータに入力されているBGM、効果音を当該教師が当該生徒に聞かせる段階と、(H)当該生徒が当該コンピュータに入力されているBGM、効果音を流しながらナレーションを入れ、次に当該ナレーション、BGM及び効果音を同時に流し、当該教師が当該生徒に聞かせる段階と、(I)最後に、また、当該コンピュータに入力された習おうとする国の言語で表現されている文章を当該コンピュータを使用して当該教師が当該生徒に普通のスピードで聞かせる段階と、からなる。

0020

また、本発明における語学の教授システムは、日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎に区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学の学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材において、(A)当該語学の学習用教材をコンピュータに入力する段階と、(B)当該所定の情報に基づき当該生徒自身が習おうとする国の言語で新たに作成した文章を当該コンピュータに入力する段階と、(C)当該コンピュータに入力された当該生徒自身が習おうとする国の言語で新たに作成した文章を当該教師が添削する段階と、からなる。

0021

また、本発明における語学の教授システムは、日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎に区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学の学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材において、(A)当該語学の学習用教材をコンピュータに入力する段階と、(B)当該所定の情報に基づき当該生徒自身が習おうとする国の言語で新たに作成した文章を当該コンピュータに入力する段階と、(C)当該コンピュータに入力された当該生徒自身が習おうとする国の言語で新たに作成した文章を当該教師が添削する段階と、(D)当該コンピュータに入力された当該生徒自身が習おうとする国の言語で新たに作成した文章に基づき当該生徒自身が作成したナレーションを、当該コンピュータに入力されているBGM、効果音を流しながら当該コンピュータに入力し、次に当該BGM、効果音及びナレーションを同時に流し、当該教師が当該生徒に聞かせる段階と、教師が当該生徒に聞かせる段階と、からなる。

0022

また、前記情報に基づき、前記コンピュータに入力された当該生徒自身が習おうとする国の言語で新たに作成した文章及び前記生徒自身が作成したナレーションで企業の広告の対象となった商品の感想をネットワークを利用して企業に送信することが好適である。

0023

また、前記情報システムがテレビのコマーシャルであることが好適である。

0024

さらに、本発明の語学の教授システムは、日常生活における我々の身近に存在する情報の内から選択された所定の情報と、当該情報に記載されている文章、当該情報に記載されている文章を変更して作成した文章、又は当該情報に基づいて作成された一定の文型と、当該一定の文型を単語毎に区切り、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現し、当該区切られた各々の単語を絵、記号及び/又は写真で表現できない部分又は表現しにくい部分は習おうとする国の言語で表現することにより表現される当該一定の文型と、からなる生徒用の語学の学習用教材と、当該各々の単語、一定の文型及び文章を習おうとする国の言語で表現されている教師用の語学の学習用教材と、からなる語学の学習用教材において、(A)当該語学の学習用教材をコンピュータに入力する段階と、(B)当該コンピュータに入力されている習おうとする国の言語で表現されている文章、当該所定の情報を当該教師が読ませる段階と、からなる。

0025

また、前記コンピュータに入力されている習おうとする国の言語で表現されている文章が、教材作成会社又は当該教師が当該情報に記載されている文章を修正して作った文章であること、当該情報に基づき当該生徒自身が作成した文章であることが好適である。

0026

また、前記情報が企業の宣伝広告、企業の宣伝広告の対象となっている商品の説明書及び/又は企業情報であることが好適である。

0027

上田方式の語学の学習用教材は文章を絵、記号及び/又は写真で表現し、習おうとする語学を習得していくことに大きな特徴があり、本発明は、当該語学の学習用教材をコンピュータに入力し、コンピュータのネットワークを利用することにより企業、教師、生徒を結びつけて語学の学習用教材を作製し、教授する一連のシステムに大きな特徴がある。

0028

当該所定の情報は新聞の広告、テレビの広告等我々の身近にある情報なら何でも良いが企業が流している宣伝広告が一番身近に感じるものであり、それを語学の学習用教材に使用することが一番生きた語学の学習になるものである。

0029

したがって、当該所定の情報は所定の期間経過後変更されることにより更に生きた語学の学習になるものである。

0030

企業からの広告を当該語学の学習用教材に掲載する料金を企業から徴収すること、また育成する教師を有料で行なうこと、また所定の場合教師としての登録を有料で行なうこと、によりこれらの方面からも語学を教えるための経営者側は収入を得ることができるが、これらの方面からの収入があるため生徒用教材は生徒に無料で配布することができるものであり、このことによりさらに生徒を獲得するのが便利となる。

0031

企業の広告をコンピュータに入力する場合、広告のみならず商品の説明書及び企業情報も入力することにより、さらに企業側の商品を教師、生徒達に宣伝することになり企業から料金を徴収しやすくなるものである。

0032

教師及び生徒を登録することにより現在何人の教師、生徒が登録されているかいつでも把握することができ、その登録状況を企業にネットワークを利用して教えることができるので、この点からも企業から料金を徴収しやすくなるものである。

0033

当該上田方式の語学の学習用教材をコンピュータに入力し、コンピュータを使用して習おうとする国の言語の単語、文型及び文章を教え、またで聞き取らせ、また文章、ナレーションを生徒自身に作成させ、また口で発音させたりすることにより効果的に生徒に教えることができるのである。

発明を実施するための最良の形態

0034

以下、本発明の実施の形態の一例を図面に基づいて説明する。図1は企業の宣伝を語学の学習用教材に使用し宣伝広告収入を得て語学の学習用教材を配布するシステムを示す図である。

0035

TV映像(テレビのコマーシャル等)、ポスターカタログ等企業の宣伝(広告)1002、図示していないが商品の説明書、企業情報等を上田方式の語学の学習用教材、即ち、生徒/教師(先生)用教材1001に掲載し、パーソナルコンピュータ等のコンピュータに入力するが、当該生徒/教師用教材1001は教材作成会社1004が作製する。

0036

教材作成会社1004は生徒/教師用教材1001を作製し、生徒(学習者)1005及び教師1006に配布する。生徒1005への配布は無料で行なう。無料で行なうことにより生徒1005を獲得しやすくなるからである。配布はパーソナルコンピュータ等のコンピュータのネットワークを利用して行なう。教師用の語学の学習用教材は教師育成の段階で通常行なわれている方法、即ち郵送、手渡し等の方法により行なっても良い。

0037

教材作成会社1004は、教師育成料(教師指導料)として教師1006から所定の額を徴収する。

0038

上田方式の語学の学習用教材、即ち、生徒/教師用教材1001を使用することは生徒1005及び教師1006が企業の宣伝の対象となっている商品、場合によっては商品の説明書、企業情報等をもみることができるので、企業としては企業イメージを伝達することもでき、企業側としては生徒1005、教師1006からの商品の購入をも期待することができ、この点からも企業側、即ち宣伝主1003は収益をあげることができる。

0039

企業の広告は、企業の広告が変った場合、季節毎など所定の期間経過後変更するものである。これにより常に身近の情報を学習することができ、生きた語学を学ぶことができるものである。

0040

図2は教師育成において利益をあげ教材1001は自由配布するシステムを示した図である。教材作成会社は教師養成講座1007により教師1006を育成し、教師1006より教師養成授業料(教師育成料)を徴収する。教材1001は無料配布1008することにより生徒1005の増加1009を期待することが出来、生徒1005が増えることにより教師1006の必要性が増加1010する、ということになる。

0041

図3商品表示に説明等のデータベースへのリンクを張るシステムを示した図である。上田方式の語学の学習用教材、即ち生徒/教師用教材1001は当該商品へのインターネット上のリンクアドレスを表示するようにしたり、コンテンツウエブページとして作成する場合には、その商品にその商品へのインターネット上のリンクアドレスを関連付けるようにする。当該語学の学習用教材に用いた企業商品の間でも、インターネット上のリンクアドレスを関連付ける。リンクのアドレスとしてはURL(Uniform Resource Locator)を直接表示することも行うが、バーコード等によって表示しておいて、バーコードリーダーを用いてバーコードを取得し、パーソナルコンピューター等のコンピューターにバーコードを入力する。パーソナルコンピューター等においてはバーコード等に対応するURLの表を持っていて、バーコード等からURLへの変換を行い、ウエブブラウザー等を用いて目的のURLの表示を行う。ネットワークを用いない場合にはバーコード等を表示すべきデータの対を表として用意しておいて、バーコードからそのバーコード等に対応すべきデータを導き出し表示する。このことにより、さらに企業は宣伝効果をあげることが出来るものである。

0042

図4はネットワークを媒介として教材を配布するシステムを示す図である。サーバ側、即ち教材作成会社1004では上田方式の語学の学習用教材の蓄積を行うとともに生徒1005,教師1006の登録処理を行い、生徒1005及び教師1006に関するデーターベースを管理する。

0043

教師1006は自分の生徒1005の進歩状況を確認することが出来、生徒1005や教師1006はどの科目勉強すればどの程度の会話が可能となるか等の学習のための示唆を受けることが出来る。また教師1006は生徒1005の必要とする機能、場面、文法、文型、語彙だけを自ら選び組合せが出来る。

0044

このように上田方式の語学の学習用教材1001をコンピューターに入力し、コンピューターを使用して習おうとする国の言語の単語、文型、及び文章を教師1006は生徒1005に教えることが出来る。

0045

又、企業は教師1006及び生徒1005の登録により自国のみならず他国における実際の人数を確認することが出来る。 本発明は語学の学習に関するものなので自国のみならず他国でも上田方式の語学の学習用教材1001を使用して語学を教授することがあるからである。

0046

図5及び図6音程をある程度または正確に保持する方法を示す図であり、図5端末側で話速度変換するのを示す図であり、図6サーバーで変換のため端末側にアダプターなしの場合を示す図である。

0047

上田方式の語学の学習用教材1001をパーソナルコンピューター等のコンピューターに入力しコンピューターを使用して教師1006は習いたい国の言語の単語、文型及び文章を生徒1005に教えるが、次に生徒1005に聞かせる(聴解)学習をするが、その聞かせる段階は第1段階として普通のスピードで、第2段階としてゆっくりと、第3段階として文節に区切り普通のスピードで次にゆっくりと、第4段階として普通のスピードで聞かせることにより聴解の学習を生徒にさせる。又第5段階として、レベルが高い生徒、若しくは意欲的な生徒には普通のスピードより早めのスピードで聞かせて学習をさせる。

0048

又、その他の聞かせる方法の第1段階として当該コンピューターに入力されているBGM、効果音を聞かせる段階、第2段階として生徒1005がコンピューターにナレーションを入れ、ナレーションと同時にコンピューターに入力されているBGM、効果音を流す段階を加えて聞かせる学習をすることがあるが、この場合も前記の第1段階〜第5段階を併用して行うものである。

0049

さらに当該所定の情報に基づき生徒1005自身が習おうとする国の言語で新たに作成した文章をコンピューターに入力し、当該文章を教師1006が添削することにより作成された文章を前記第1段階〜第5段階の方法で、又前記のその他の方法の第1段階、第2段階を併用して聞かせる学習をするものである。

0050

又コンピューターに入力されている上田方式の語学の学習用教材1001を使用して教師1006が前記の文章、所定の情報等を読ませる学習を生徒1005にする。

0051

これらの事項は図示していないが、聞かせる、即ち聴解の学習、読ませる、即ち読解の学習等の場合に用いる音声に関しては、映像と音声の再生速度を変化させ、音声に関しては再生速度によらずもとの音程をある程度または正確に保持する方法を図5,及び図6に示した。

0052

この音程を変えない方法としてはいろいろな方法があるが、これは音声速度変換という技術分野に属するものであり、原理ピッチ周期程度の波形の繰り返しを増減させて音韻長を伸縮するものである。

0053

コストパフォーマンスを考え、時間領域での波形の重み付け加算法を用いる。固定長フレームの波形の類似性の高いところで重み付け加算する手法を用いて、背景雑音楽音重畳した音声に対してでも自然性が高い良好な再生音を得るようにしている。このようなことを行ってくれるLSIが市販されていて、例えばサンヨーの話速度変換システムLSI LC85401E等がある。

0054

実際の運用にあたっては、ネットワーク等で上田方式の語学の学習用教材1001を配布する場合のCD−ROM等のデータ量が問題となる状況では、1倍速のデータをネットワークに流すとか、CD−ROM等に格納するなどして、再生するパーソナルコンピューター等に話速度変換のアダプターをつけることで、広範囲の話速度変換をその場で行うという方法がある。

0055

ネットワーク等で上田方式の語学の学習用教材1001を配布する場合でのCD−ROM等のデータ量が問題とならない場合には、あらかじめサーバ又はCD−ROM等の内部に複数の話速に変換したデータを格納する。または、サーバにおいては、1倍速のみを格納しておいて、さらにサーバに話速度変換機構を付加しておいて、必要に応じて変換を行えば良い。

0056

図示していないが図1に示すネットワークを利用して当該生徒1005自身が習おうとする言語で新たに作成した文章及び生徒1005自身が作製したナレーションで企業の広告の対象となった商品の感想を企業に送信することもより高度な語学の学習となる。

発明の効果

0057

本発明は以上の構成を有するので、コンピューターのネットワークを利用して当該上田方式の語学の学習用教材に用いる所定の情報を企業から入手し、ネットワークを利用して教師及び生徒に上田方式の学習用教材を配布し、さらに配布された当該上田方式の学習用教材に基づいて教師が生徒に語学を効果的に教えることが出来るものである。

図面の簡単な説明

0058

図1企業の宣伝を語学の学習用教材に使用し宣伝広告収入を得て語学の学習用教材を配布するシステムを示す図である。
図2教師育成において利益をあげ教材は自由配布するシステムを示した図である。
図3商品表示に説明等のデータへのリンクを張るシステムを示した図である。
図4ネットワークを媒体として教材を配布するシステムを示す図である。
図5音程をある程度または正確に保持する方法を示す図である。
図6音程をある程度または正確に保持する方法を示す図である。

--

0059

1001生徒/生徒用教材
1002 企業宣伝
1003宣伝主
1004教材作成会社
1005 生徒
1006 教師

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ