図面 (/)

技術 海外送金システム及び方法

出願人 株式会社ジェーシービー
発明者 水口志津男片桐秀三小林信太郎田丸伸治増田慎也
出願日 2000年12月26日 (20年6ヶ月経過) 出願番号 2000-394866
公開日 2002年7月12日 (19年0ヶ月経過) 公開番号 2002-197278
状態 特許登録済
技術分野 金融・保険関連業務,支払い・決済
主要キーワード 受取データ 手続データ 利用枠 受取要求 自動現金取引装置 データ処理センター 物理的実体 多機能カード
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年7月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

簡便、低コストかつ信頼性のある海外送金システムを提供する。

解決手段

海外送金システムにおいて、送金側データ処理装置と、受取側データ処理装置とを有し、受取人及び送金人のそれぞれに対して2つの関連付けられたカード番号をもつカードを予め発行し、送金人の入金した送金金額及び送金人のカード番号を含む送金データ国際決済処理ネットワークを利用して送金側から受取側のデータ処理装置へ伝送し、受取人からのカード番号の提示があった場合に、受取人のカード番号と送金人のカード番号との関連付けを確認し、確認された場合に受取人に対して送金の金額の範囲内の受取り承認する。

概要

背景

従来、国境をまたがる送金は、一般的に取扱銀行での海外送金サービスを利用して行われている。すなわち、銀行間の海外ネットワークが利用されている。図4(A)は、銀行ネットワークによる海外送金の一例を概略的に示している。電信による場合であるが、およそ図4の(1)〜(4)の手順により実行される。

・図4(A)の処理の流れ(1)〜(4)
(1)送金人が、自国のA銀行の送金受付窓口にて送金手続を行う。例えば、現金をA銀行へ入金すると同時に、受取人特定情報送金先である受取人の口座番号等)、送金金額、送金人情報等の必要な送金情報提示する。また、送金人は、送金のための手数料支払う。

(2)次にA銀行は、適宜送金処理を行った後、送金情報を含む送金データ受取側銀行である外国のB銀行へ伝送する。通常、伝送には適宜の情報通信ネットワークが利用される。この時点では、情報のみが伝送され実際に金銭が移動しない。尚、A銀行とB銀行が提携関係にある場合は、直接送金データを伝送できるが、提携関係がない場合には、C銀行、D銀行、..、E銀行等の複数の銀行を介して送金データを伝送することとなる。上記の銀行間のデータ伝送においては、いずれも手数料が発生する。一方、B銀行には、受取人の口座が予め設けられており、B銀行は送金データを受信したならば、その送金情報に基づいて受取人の口座に対して入金処理を行う。

(3)受取人は、B銀行の自分の口座に送金があったことを、送金人若しくはB銀行からの連絡又は自ら照会することにより認知し、口座から現金を引き出すことができる。

(4)後日、A銀行からB銀行へ送金金額に相当する金銭的価値の移動を行う決済処理が行われるが、その具体的手段は実際の現金移動の有無を含め、極めて多様である。一般的には個々の取引毎に決済処理が行われるものではなく、実際に現金移動を伴うことは稀であろう。以下、本明細書中の説明における銀行間の決済処理については全て同様であり、特定の手段に限定されないものとする。

また、従来の海外送金システムの別の例として、図4(B)に概略的に示す小切手による場合がある。図4(B)の手順はおよそ次の(1)〜(3)の通りである。

・図4(B)の処理の流れ(1)〜(3)
(1)A銀行に口座をもつ送金人が、振出した小切手を外国に所在する受取人へ郵送する。

(2)受取人は、その小切手を取扱できるB銀行へ赴き、小切手を換金する。

(3)後日、小切手に記載された金額に相当する金銭的価値がA銀行からB銀行へ移動する決済処理が行われる。

概要

簡便、低コストかつ信頼性のある海外送金システムを提供する。

海外送金システムにおいて、送金側データ処理装置と、受取側データ処理装置とを有し、受取人及び送金人のそれぞれに対して2つの関連付けられたカード番号をもつカードを予め発行し、送金人の入金した送金の金額及び送金人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して送金側から受取側のデータ処理装置へ伝送し、受取人からのカード番号の提示があった場合に、受取人のカード番号と送金人のカード番号との関連付けを確認し、確認された場合に受取人に対して送金の金額の範囲内の受取り承認する。

目的

本発明は、現状の問題点に鑑み、簡便かつ低コストで海外送金を行うことができる新規ステムを提供することを目的とする。具体的には、手数料が安く、送金にかかる日数が短くかつ信頼性のあるシステムである。更に、送金人及び受取人のいずれも、時間と場所を制限されずに送金又は受取の手続を行うことができるシステムを提供する。また、送金人又は受取人の双方又はいずれかが銀行口座を有していない場合にも、送金することが可能な海外送金システム及び方法を提供する。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
6件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システムにおいて、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを有し、前記受取側データ処理装置が受取人及び送金人のそれぞれに対して2つの関連付けられたカード番号をそれぞれ割り当てたカードを予め発行し、前記送金側データ処理装置が前記送金人の入金した送金の金額及び前記送金人のカード番号を含む送金データ国際決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送し、前記受取人から送金の受取要求と共に前記受取人のカード番号の提示があった場合に、前記受取側データ処理装置が前記受取人により提示された前記受取人のカード番号と前記送金データに含まれる前記送金人のカード番号との関連付けを確認し、双方の前記カード番号の関連付けが確認された場合に前記受取人に対して前記送金の金額の範囲内の受取り承認することを特徴とする海外送金システム。

請求項2

前記送金人による入金及び前記送金人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金の金額及び前記送金人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送する送金窓口を有することを特徴とする請求項1に記載の海外送金システム。

請求項3

前記受取人による前記送金の受取要求及び前記受取人のカード番号の提示を受付け、前記受取人のカード番号を含む受取データを前記受取側データ処理装置へ伝送する受取窓口を有することを特徴とする請求項1に記載の海外送金システム。

請求項4

送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システムにおいて、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを有し、前記受取側データ処理装置が受取人及び送金人のそれぞれに対して2つの関連付けられたカード番号をそれぞれ割り当てたカードを予め発行し、前記送金側データ処理装置が前記送金人の入金した送金の金額及び前記送金人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送し、前記受取側データ処理装置が前記送金データに含まれる前記送金人のカード番号と関連付けられた前記受取人のカード番号に対応する前記受取人のカードの利用枠を前記送金の金額だけ充填することを特徴とする海外送金システム。

請求項5

前記送金人による入金及び前記送金人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金の金額及び前記送金人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送する送金窓口を有することを特徴とする請求項4に記載の海外送金システム。

請求項6

送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システムにおいて、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを有し、前記受取側データ処理装置が受取人に対してカード番号を割り当てたカードを予め発行し、前記送金側データ処理装置が送金人の入金した送金の金額及び前記受取人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送し、前記受取人から送金の受取要求と共に前記受取人のカード番号の提示があった場合に、前記受取側データ処理装置が前記受取人により提示された前記受取人のカード番号と前記送金データに含まれる前記受取人のカード番号との一致を確認し、双方の前記カード番号の一致が確認された場合に前記受取人に対して前記送金の金額の範囲内の受取りを承認することを特徴とする海外送金システム。

請求項7

前記送金人による入金及び前記受取人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金の金額及び前記受取人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送する送金窓口を有することを特徴とする請求項6に記載の海外送金システム。

請求項8

前記受取人による前記送金の受取要求及び前記受取人のカード番号の提示を受付け、前記受取人のカード番号を含む受取データを前記受取側データ処理装置へ伝送する受取窓口を有することを特徴とする請求項6に記載の海外送金システム。

請求項9

送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システムにおいて、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを有し、前記受取側データ処理装置が受取人に対してカード番号を割り当てたカードを予め発行し、前記送金側データ処理装置が送金人の入金した送金の金額及び前記受取人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送し、前記受取側データ処理装置が前記送金データに含まれる前記受取人のカード番号に対応する前記受取人のカードの利用枠を前記送金の金額だけ充填することを特徴とする海外送金システム。

請求項10

前記送金人による入金及び前記受取人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金の金額及び前記受取人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送する送金窓口を有することを特徴とする請求項9に記載の海外送金システム。

請求項11

送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システムにおいて、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを有し、前記受取側データ処理装置が複数の受取人に対してそれぞれ異なるカード番号を割り当てた複数のカードを予め発行し、前記送金側データ処理装置が送金人の入金した送金について1又は複数の受取人の各々の受け取るべき金額及び1又は複数の前記受取人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送し、前記受取人から送金の受取要求と共に前記受取人のカード番号の提示があった場合に、前記受取側データ処理装置が前記受取人により提示された前記受取人のカード番号と前記送金データに含まれる1又は複数の前記受取人のカード番号のうちの一つとの一致を確認し、前記一致が確認された場合に、受取要求をした前記受取人に対して当該受取人の受け取るべき金額の範囲内の受取りを承認することを特徴とする海外送金システム。

請求項12

前記送金人による入金及び1又は複数の前記受取人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金について1又は複数の受取人の各々の受け取るべきの金額及び1又は複数の前記受取人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送する送金窓口を有することを特徴とする請求項11に記載の海外送金システム。

請求項13

前記受取人による前記送金の受取要求及び前記受取人のカード番号の提示を受付け、前記受取人のカード番号を含む受取データを前記受取側データ処理装置へ伝送する受取窓口を有することを特徴とする請求項11に記載の海外送金システム。

請求項14

送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システムにおいて、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを有し、前記受取側データ処理装置が複数の受取人に対してカード番号を割り当てたカードを予め発行し、前記送金側データ処理装置が送金人の入金した送金について1又は複数の受取人の各々の受け取るべき金額及び1又は複数の前記受取人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送し、前記受取側データ処理装置が前記送金データに含まれる1又は複数の前記受取人のカード番号に対応する各々の前記受取人のカードの利用枠を前記送金の金額だけ充填することを特徴とする海外送金システム。

請求項15

前記送金人による入金及び1又は複数の前記受取人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金について1又は複数の受取人の各々の受け取るべき金額及び1又は複数の前記受取人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送する送金窓口を有することを特徴とする請求項14に記載の海外送金システム。

請求項16

前記送金側データ処理装置から前記受取側データ処理装置へ国際間決済処理ネットワークを利用して前記送金データに基づき送金処理が行われることを特徴とする請求項1〜15のいずれかに記載の海外送金システム。

請求項17

送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システムにおいて、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを有し、送金人から送金の入金があった場合に、前記送金側データ処理装置がカード番号を割り当てたカードを発行すると共に受取人に対して前記カード番号を通知し、前記受取人から送金の受取要求と共に前記カード番号の提示があった場合に、前記受取側データ処理装置を介し国際間決済処理ネットワークを利用して前記送金側データ処理装置に対して前記カード番号についての与信チェック手続データが伝送され、前記送金側データ処理装置が前記カード番号についての与信チェック手続を実行し、前記カード番号が認証された場合に前記受取人に対して前記送金の金額の範囲内の受取りを承認することを特徴とする海外送金システム。

請求項18

送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システムにおいて、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを有し、送金人から送金の入金があった場合に、前記送金側データ処理装置がカード番号を割り当てたカードを発行すると共に受取人に対して前記カードを送付し、前記受取人から送金の受取要求と共に前記カードの提示があった場合に、前記受取側データ処理装置を介し国際間決済処理ネットワークを利用して前記送金側データ処理装置に対して前記カードについての与信チェック手続データが伝送され、前記送金側データ処理装置が前記カードについての与信チェック手続を実行し、前記カードが認証された場合に前記受取人に対して前記送金の金額の範囲内の受取りを承認することを特徴とする海外送金システム。

請求項19

前記送金人による入金を受付け、前記送金側データ処理装置に替わり前記カードを発行すると共に、前記送金人の入金した送金の金額のデータ及び前記カードの発行に関するデータを前記送金側データ処理装置へ伝送する送金窓口を有することを特徴とする請求項17又は18に記載の海外送金システム。

請求項20

前記受取人からの送金の受取要求及び前記カード番号若しくはカードの提示を受付け、前記受取側データ処理装置を介し国際間決済処理ネットワークを利用して前記送金側データ処理装置との間で前記カード番号若しくはカードについての与信チェック手続データを授受する受取窓口を有することを特徴とする請求項17又は18に記載の海外送金システム。

請求項21

前記送金側データ処理装置から前記受取側データ処理装置へ国際間決済処理ネットワークを利用して、前記受取人の受け取った金額について送金処理が行われることを特徴とする請求項17〜20のいずれかに記載の海外送金システム。

請求項22

送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システムにおいて、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される加盟店管理装置とを有し、前記加盟店管理装置が、受取人により引出可能な仮想加盟店口座を開設しかつ前記仮想加盟店口座に対応する加盟店番号を付与し、前記送金人により前記加盟店番号の提示と共に送金の入金があった場合に、前記送金側データ処理装置が仮のカード番号を用いて前記加盟店番号及び前記送金の金額を含む支払データを作成すると共に、前記仮のカード番号を用いて国際間決済処理ネットワークを利用して前記支払データを前記加盟店管理装置へ伝送し、前記加盟店管理装置が、前記支払データに含まれる前記加盟店番号に対応する前記仮想加盟店口座に対して前記支払データに含まれる前記送金の金額を入金することを特徴とする海外送金システム。

請求項23

前記送金人による入金及び送金先として前記加盟店番号を受付け、前記送金人の入金した金額及び前記加盟店番号を含むデータを前記送金側データ処理装置へ伝送する送金窓口を有することを特徴とする請求項22に記載の海外送金システム。

請求項24

前記仮想加盟店口座の開設要求を受付け、口座開設データを前記加盟店管理装置へ伝送する受取窓口を有することを特徴とする請求項22に記載の海外送金システム。

請求項25

前記仮想加盟店口座からの引出しを行うための受取窓口を有することを特徴とする請求項22に記載の海外送金システム。

請求項26

前記送金側データ処理装置から前記加盟店管理装置へ国際間決済処理ネットワークを利用して前記支払データに基づき送金処理が行われることを特徴とする請求項22〜25のいずれかに記載の海外送金システム。

請求項27

送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金方法において、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを設けるステップと、前記受取側データ処理装置が受取人及び送金人のそれぞれに対して2つの関連付けられたカード番号をそれぞれ割り当てたカードを予め発行するステップと、前記送金側データ処理装置が前記送金人の入金した送金の金額及び前記送金人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送するステップと、前記受取人から送金の受取要求と共に前記受取人のカード番号の提示があった場合に、前記受取側データ処理装置が前記受取人により提示された前記受取人のカード番号と前記送金データに含まれる前記送金人のカード番号との関連付けを確認するステップと、双方の前記カード番号の関連付けが確認された場合に前記受取人に対して前記送金の金額の範囲内の受取りを承認するステップとを有することを特徴とする海外送金方法。

請求項28

送金窓口を設けるステップと、前記送金窓口が、前記送金人による入金及び前記送金人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金の金額及び前記送金人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送するステップとを有することを特徴とする請求項27に記載の海外送金方法。

請求項29

受取窓口を設けるステップと、前記受取窓口が、前記受取人による前記送金の受取要求及び前記受取人のカード番号の提示を受付け、前記受取人のカード番号を含む受取データを前記受取側データ処理装置へ伝送するステップとを有することを特徴とする請求項27に記載の海外送金方法。

請求項30

送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金方法において、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを設けるステップと、前記受取側データ処理装置が受取人及び送金人のそれぞれに対して2つの関連付けられたカード番号をそれぞれ割り当てたカードを予め発行するステップと、前記送金側データ処理装置が前記送金人の入金した送金の金額及び前記送金人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送するステップと、前記受取側データ処理装置が前記送金データに含まれる前記送金人のカード番号と関連付けられた前記受取人のカード番号に対応する前記受取人のカードの利用枠を前記送金の金額だけ充填するステップとを有することを特徴とする海外送金方法。

請求項31

送金窓口を設けるステップと、前記送金窓口が、前記送金人による入金及び前記送金人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金の金額及び前記送金人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送するステップとを有することを特徴とする請求項30に記載の海外送金方法。

請求項32

送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金方法において、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを設けるステップと、前記受取側データ処理装置が受取人に対してカード番号を割り当てたカードを予め発行するステップと、前記送金側データ処理装置が送金人の入金した送金の金額及び前記受取人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送するステップと、前記受取人から送金の受取要求と共に前記受取人のカード番号の提示があった場合に、前記受取側データ処理装置が前記受取人により提示された前記受取人のカード番号と前記送金データに含まれる前記受取人のカード番号との一致を確認するステップと、双方の前記カード番号の一致が確認された場合に前記受取人に対して前記送金の金額の範囲内の受取りを承認するステップとを有することを特徴とする海外送金方法。

請求項33

送金窓口を設けるステップと、前記送金窓口が、前記送金人による入金及び前記受取人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金の金額及び前記受取人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送するステップとを有することを特徴とする請求項32に記載の海外送金方法。

請求項34

受取窓口を設けるステップと、前記受取窓口が、前記受取人による前記送金の受取要求及び前記受取人のカード番号の提示を受付け、前記受取人のカード番号を含む受取データを前記受取側データ処理装置へ伝送するステップとを有することを特徴とする請求項32に記載の海外送金方法。

請求項35

送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金方法において、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを設けるステップと、前記受取側データ処理装置が受取人に対してカード番号を割り当てたカードを予め発行するステップと、前記送金側データ処理装置が送金人の入金した送金の金額及び前記受取人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送するステップと、前記受取側データ処理装置が前記送金データに含まれる前記受取人のカード番号に対応する前記受取人のカードの利用枠を前記送金の金額だけ充填するステップとを有することを特徴とする海外送金方法。

請求項36

送金窓口を設けるステップと、前記送金窓口が、前記送金人による入金及び前記受取人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金の金額及び前記受取人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送するステップとを有することを特徴とする請求項35に記載の海外送金方法。

請求項37

送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金方法において、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを設けるステップと、前記受取側データ処理装置が複数の受取人に対してそれぞれ異なるカード番号を割り当てた複数のカードを予め発行するステップと、前記送金側データ処理装置が送金人の入金した送金について1又は複数の受取人の各々の受け取るべき金額及び1又は複数の前記受取人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送するステップと、前記受取人から送金の受取要求と共に前記受取人のカード番号の提示があった場合に、前記受取側データ処理装置が前記受取人により提示された前記受取人のカード番号と前記送金データに含まれる1又は複数の前記受取人のカード番号のうちの一つとの一致を確認するステップと、前記一致が確認された場合に、受取要求をした前記受取人に対して当該受取人の受け取るべき金額の範囲内の受取りを承認するステップとを有することを特徴とする海外送金方法。

請求項38

送金窓口を設けるステップと、前記送金窓口が、前記送金人による入金及び1又は複数の前記受取人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金について1又は複数の受取人の各々の受け取るべきの金額及び1又は複数の前記受取人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送するステップとを有することを特徴とする請求項37に記載の海外送金方法。

請求項39

受取窓口を設けるステップと、前記受取窓口が、前記受取人による前記送金の受取要求及び前記受取人のカード番号の提示を受付け、前記受取人のカード番号を含む受取データを前記受取側データ処理装置へ伝送するステップとを有することを特徴とする請求項37に記載の海外送金方法。

請求項40

送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金方法において、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを設けるステップと、前記受取側データ処理装置が複数の受取人に対してカード番号を割り当てたカードを予め発行するステップと、前記送金側データ処理装置が送金人の入金した送金について1又は複数の受取人の各々の受け取るべき金額及び1又は複数の前記受取人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送するステップと、前記受取側データ処理装置が前記送金データに含まれる1又は複数の前記受取人のカード番号に対応する各々の前記受取人のカードの利用枠を前記送金の金額だけ充填するステップとを有することを特徴とする海外送金方法。

請求項41

送金窓口を設けるステップと、前記送金窓口が、前記送金人による入金及び1又は複数の前記受取人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金について1又は複数の受取人の各々の受け取るべき金額及び1又は複数の前記受取人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送するステップとを有することを特徴とする請求項41に記載の海外送金方法。

請求項42

前記送金側データ処理装置から前記受取側データ処理装置へ国際間決済処理ネットワークを利用して前記送金データに基づき送金処理が行われるステップをさらに有することを特徴とする請求項27〜41のいずれかに記載の海外送金方法。

請求項43

送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金方法において、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを設けるステップと、送金人から送金の入金があった場合に、前記送金側データ処理装置がカード番号を割り当てたカードを発行すると共に受取人に対して前記カード番号を通知するステップと、前記受取人から送金の受取要求と共に前記カード番号の提示があった場合に、前記受取側データ処理装置を介し国際間決済処理ネットワークを利用して前記送金側データ処理装置に対して前記カード番号についての与信チェック手続データが伝送されるステップと、前記送金側データ処理装置が前記カード番号についての与信チェック手続を実行し、前記カード番号が認証された場合に前記受取人に対して前記送金の金額の範囲内の受取りを承認するステップとを有することを特徴とする海外送金方法。

請求項44

送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金方法において、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを設けるステップと、送金人から送金の入金があった場合に、前記送金側データ処理装置がカード番号を割り当てたカードを発行すると共に受取人に対して前記カードを送付するステップと、前記受取人から送金の受取要求と共に前記カードの提示があった場合に、前記受取側データ処理装置を介し国際間決済処理ネットワークを利用して前記送金側データ処理装置に対して前記カードについての与信チェック手続データが伝送されるステップと、前記送金側データ処理装置が前記カードについての与信チェック手続を実行し、前記カードが認証された場合に前記受取人に対して前記送金の金額の範囲内の受取りを承認するステップとを有することを特徴とする海外送金方法。

請求項45

送金窓口を設けるステップと、前記送金窓口が、前記送金人による入金を受付け、前記送金側データ処理装置に替わり前記カードを発行すると共に、前記送金人の入金した送金の金額のデータ及び前記カードの発行に関するデータを前記送金側データ処理装置へ伝送するステップとを有することを特徴とする請求項43又は44に記載の海外送金方法。

請求項46

受取窓口を設けるステップと、前記受取窓口が、前記受取人からの送金の受取要求及び前記カード番号若しくはカードの提示を受付け、前記受取側データ処理装置を介し国際間決済処理ネットワークを利用して前記送金側データ処理装置との間で前記カード番号若しくはカードについての与信チェック手続データを授受するステップとを有することを特徴とする請求項43又は44に記載の海外送金方法。

請求項47

前記送金側データ処理装置から前記受取側データ処理装置へ国際間決済処理ネットワークを利用して、前記受取人の受け取った金額について送金処理が行われるステップをさらに有することを特徴とする請求項43〜46のいずれかに記載の海外送金方法。

請求項48

送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金方法において、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される加盟店管理装置とを設けるステップと、前記加盟店管理装置が、受取人により引出可能な仮想加盟店口座を開設しかつ前記仮想加盟店口座に対応する加盟店番号を付与するステップと、前記送金人により前記加盟店番号の提示と共に送金の入金があった場合に、前記送金側データ処理装置が仮のカード番号を用いて前記加盟店番号及び前記送金の金額を含む支払データを作成すると共に、前記仮のカード番号を用いて国際間決済処理ネットワークを利用して前記支払データを前記加盟店管理装置へ伝送するステップと、前記加盟店管理装置が、前記支払データに含まれる前記加盟店番号に対応する前記仮想加盟店口座に対して前記支払データに含まれる前記送金の金額を入金するステップとを有することを特徴とする海外送金方法。

請求項49

送金窓口を設けるステップと、前記送金窓口が、前記送金人による入金及び送金先として前記加盟店番号を受付け、前記送金人の入金した金額及び前記加盟店番号を含むデータを前記送金側データ処理装置へ伝送するステップとを有することを特徴とする請求項48に記載の海外送金方法。

請求項50

受取窓口を設けるステップと、前記受取窓口が、前記仮想加盟店口座の開設要求を受付け、口座開設データを前記加盟店管理装置へ伝送するステップとを有することを特徴とする請求項48に記載の海外送金方法。

請求項51

受取窓口を設けるステップと、前記受取窓口において前記仮想加盟店口座からの引出しを行うステップとを有することを特徴とする請求項48に記載の海外送金方法。

請求項52

前記送金側データ処理装置から前記加盟店管理装置へ国際間決済処理ネットワークを利用して前記支払データに基づき送金処理が行われるステップをさらに有することを特徴とする請求項48〜51のいずれかに記載の海外送金方法。

技術分野

0001

本発明は、海外送金システム及び方法に関する。

背景技術

0002

従来、国境をまたがる送金は、一般的に取扱銀行での海外送金サービスを利用して行われている。すなわち、銀行間の海外ネットワークが利用されている。図4(A)は、銀行ネットワークによる海外送金の一例を概略的に示している。電信による場合であるが、およそ図4の(1)〜(4)の手順により実行される。

0003

図4(A)の処理の流れ(1)〜(4)
(1)送金人が、自国のA銀行の送金受付窓口にて送金手続を行う。例えば、現金をA銀行へ入金すると同時に、受取人特定情報送金先である受取人の口座番号等)、送金金額、送金人情報等の必要な送金情報提示する。また、送金人は、送金のための手数料支払う。

0004

(2)次にA銀行は、適宜送金処理を行った後、送金情報を含む送金データ受取側銀行である外国のB銀行へ伝送する。通常、伝送には適宜の情報通信ネットワークが利用される。この時点では、情報のみが伝送され実際に金銭が移動しない。尚、A銀行とB銀行が提携関係にある場合は、直接送金データを伝送できるが、提携関係がない場合には、C銀行、D銀行、..、E銀行等の複数の銀行を介して送金データを伝送することとなる。上記の銀行間のデータ伝送においては、いずれも手数料が発生する。一方、B銀行には、受取人の口座が予め設けられており、B銀行は送金データを受信したならば、その送金情報に基づいて受取人の口座に対して入金処理を行う。

0005

(3)受取人は、B銀行の自分の口座に送金があったことを、送金人若しくはB銀行からの連絡又は自ら照会することにより認知し、口座から現金を引き出すことができる。

0006

(4)後日、A銀行からB銀行へ送金金額に相当する金銭的価値の移動を行う決済処理が行われるが、その具体的手段は実際の現金移動の有無を含め、極めて多様である。一般的には個々の取引毎に決済処理が行われるものではなく、実際に現金移動を伴うことは稀であろう。以下、本明細書中の説明における銀行間の決済処理については全て同様であり、特定の手段に限定されないものとする。

0007

また、従来の海外送金システムの別の例として、図4(B)に概略的に示す小切手による場合がある。図4(B)の手順はおよそ次の(1)〜(3)の通りである。

0008

図4(B)の処理の流れ(1)〜(3)
(1)A銀行に口座をもつ送金人が、振出した小切手を外国に所在する受取人へ郵送する。

0009

(2)受取人は、その小切手を取扱できるB銀行へ赴き、小切手を換金する。

0010

(3)後日、小切手に記載された金額に相当する金銭的価値がA銀行からB銀行へ移動する決済処理が行われる。

発明が解決しようとする課題

0011

従来の海外送金システムは、銀行間の海外ネットワークを利用する場合は、送金手数料が高く、送金金額に関わらず1件あたり平均4,500〜6,000円である。送金の受付から海外指定口座への入金までにかかる日数が、そのときの状況により不確定である。特に、上記のように複数の銀行が介在する場合は、一週間以上かかることもある。また、送金人にとって極めて不便な点は、送金受付窓口が非常に限られていることである。現在のところ、海外送金取扱銀行においてしかも本店クラスでのみ受付可能である。また、銀行の営業時間が短いため利用時間帯が限られてくる。従って、送金人は、いつでもどこでも海外送金を行うわけにはいかないのが現状である。さらに、通常、受取人は、受取側の銀行に口座を有している必要がある。従って、海外旅行等で海外に一時的に滞在する人への送金には利用できない。

0012

また、小切手郵送を利用する場合も手数料は高く、郵送であるから当然に日数がかかる。

0013

このように従来の海外送金システムは、送金人及び受取人の双方にとって利用し易いシステムではなかった。また、かかる現状は、手数料が安く送金日数の短い地下銀行の暗躍という弊害をもたらし、マネーロンダリング温床ともなっている。

0014

本発明は、現状の問題点に鑑み、簡便かつ低コストで海外送金を行うことができる新規システムを提供することを目的とする。具体的には、手数料が安く、送金にかかる日数が短くかつ信頼性のあるシステムである。更に、送金人及び受取人のいずれも、時間と場所を制限されずに送金又は受取の手続を行うことができるシステムを提供する。また、送金人又は受取人の双方又はいずれかが銀行口座を有していない場合にも、送金することが可能な海外送金システム及び方法を提供する。

課題を解決するための手段

0015

上記の目的を達成するべく本発明は、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システム及び方法において、以下の各実施形態の構成を提供する。

0016

(1)本発明の海外送金システムにおける第1の実施形態は、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システムにおいて、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを有し、前記受取側データ処理装置が受取人及び送金人のそれぞれに対して2つの関連付けられたカード番号をそれぞれ割り当てたカードを予め発行し、前記送金側データ処理装置が前記送金人の入金した送金の金額及び前記送金人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送し、前記受取人から送金の受取要求と共に前記受取人のカード番号の提示があった場合に、前記受取側データ処理装置が前記受取人により提示された前記受取人のカード番号と前記送金データに含まれる前記送金人のカード番号との関連付けを確認し、双方の前記カード番号の関連付けが確認された場合に前記受取人に対して前記送金の金額の範囲内の受取り承認する。

0017

(2)上記(1)の構成において、前記送金人による入金及び前記送金人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金の金額及び前記送金人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送する。

0018

(3)上記(1)の構成において、前記受取人による前記送金の受取要求及び前記受取人のカード番号の提示を受付け、前記受取人のカード番号を含む受取データを前記受取側データ処理装置へ伝送する受取窓口を有する。

0019

(4)本発明の海外送金システムの第1の実施形態の一変形態様として、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システムにおいて、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを有し、前記受取側データ処理装置が受取人及び送金人のそれぞれに対して2つの関連付けられたカード番号をそれぞれ割り当てたカードを予め発行し、前記送金側データ処理装置が前記送金人の入金した送金の金額及び前記送金人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送し、前記受取側データ処理装置が前記送金データに含まれる前記送金人のカード番号と関連付けられた前記受取人のカード番号に対応する前記受取人のカードの利用枠を前記送金の金額だけ充填する。

0020

(5)上記(4)の構成において、前記送金人による入金及び前記送金人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金の金額及び前記送金人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送する送金窓口を有する。

0021

(6)本発明の海外送金システムの第1の実施形態の一変形態様として、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システムにおいて、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを有し、前記受取側データ処理装置が受取人に対してカード番号を割り当てたカードを予め発行し、前記送金側データ処理装置が送金人の入金した送金の金額及び前記受取人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送し、前記受取人から送金の受取要求と共に前記受取人のカード番号の提示があった場合に、前記受取側データ処理装置が前記受取人により提示された前記受取人のカード番号と前記送金データに含まれる前記受取人のカード番号との一致を確認し、双方の前記カード番号の一致が確認された場合に前記受取人に対して前記送金の金額の範囲内の受取りを承認する。

0022

(7)上記(6)の構成において、前記送金人による入金及び前記受取人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金の金額及び前記受取人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送する送金窓口を有する。

0023

(8)上記(6)の構成において、前記受取人による前記送金の受取要求及び前記受取人のカード番号の提示を受付け、前記受取人のカード番号を含む受取データを前記受取側データ処理装置へ伝送する受取窓口を有する。

0024

(9)本発明の海外送金システムの第1の実施形態の一変形態様として、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システムにおいて、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを有し、前記受取側データ処理装置が受取人に対してカード番号を割り当てたカードを予め発行し、前記送金側データ処理装置が送金人の入金した送金の金額及び前記受取人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送し、前記受取側データ処理装置が前記送金データに含まれる前記受取人のカード番号に対応する前記受取人のカードの利用枠を前記送金の金額だけ充填する。

0025

(10)上記(9)の構成において、前記送金人による入金及び前記受取人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金の金額及び前記受取人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送する。

0026

(11)本発明の海外送金システムの第1の実施形態の一変形態様として、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システムにおいて、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを有し、前記受取側データ処理装置が複数の受取人に対してそれぞれ異なるカード番号を割り当てた複数のカードを予め発行し、前記送金側データ処理装置が送金人の入金した送金について1又は複数の受取人の各々の受け取るべき金額及び1又は複数の前記受取人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送し、前記受取人から送金の受取要求と共に前記受取人のカード番号の提示があった場合に、前記受取側データ処理装置が前記受取人により提示された前記受取人のカード番号と前記送金データに含まれる1又は複数の前記受取人のカード番号のうちの一つとの一致を確認し、前記一致が確認された場合に、受取要求をした前記受取人に対して当該受取人の受け取るべき金額の範囲内の受取りを承認する。

0027

(12)上記(11)の構成において、前記送金人による入金及び1又は複数の前記受取人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金について1又は複数の受取人の各々の受け取るべきの金額及び1又は複数の前記受取人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送する送金窓口を有する。

0028

(13)上記(11)の構成において、前記受取人による前記送金の受取要求及び前記受取人のカード番号の提示を受付け、前記受取人のカード番号を含む受取データを前記受取側データ処理装置へ伝送する受取窓口を有する。

0029

(14)本発明の海外送金システムの第1の実施形態の一変形態様として、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システムにおいて、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを有し、前記受取側データ処理装置が複数の受取人に対してカード番号を割り当てたカードを予め発行し、前記送金側データ処理装置が送金人の入金した送金について1又は複数の受取人の各々の受け取るべき金額及び1又は複数の前記受取人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送し、前記受取側データ処理装置が前記送金データに含まれる1又は複数の前記受取人のカード番号に対応する各々の前記受取人のカードの利用枠を前記送金の金額だけ充填する。

0030

(15)上記(14)の構成において、前記送金人による入金及び1又は複数の前記受取人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金について1又は複数の受取人の各々の受け取るべき金額及び1又は複数の前記受取人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送する送金窓口を有する。

0031

(16)上記(1)〜(15)のいずれかの構成において、前記送金側データ処理装置から前記受取側データ処理装置へ国際間決済処理ネットワークを利用して前記送金データに基づき送金処理が行われる。

0032

(17)本発明の海外送金システムにおける第2の実施形態は、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システムにおいて、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを有し、送金人から送金の入金があった場合に、前記送金側データ処理装置がカード番号を割り当てたカードを発行すると共に受取人に対して前記カード番号を通知し、前記受取人から送金の受取要求と共に前記カード番号の提示があった場合に、前記受取側データ処理装置を介し国際間決済処理ネットワークを利用して前記送金側データ処理装置に対して前記カード番号についての与信チェック手続データが伝送され、前記送金側データ処理装置が前記カード番号についての与信チェック手続を実行し、前記カード番号が認証された場合に前記受取人に対して前記送金の金額の範囲内の受取りを承認する。

0033

(18)本発明の海外送金システムの第2の実施形態の一変形態様として、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システムにおいて、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを有し、送金人から送金の入金があった場合に、前記送金側データ処理装置がカード番号を割り当てたカードを発行すると共に受取人に対して前記カードを送付し、前記受取人から送金の受取要求と共に前記カードの提示があった場合に、前記受取側データ処理装置を介し国際間決済処理ネットワークを利用して前記送金側データ処理装置に対して前記カードについての与信チェック手続データが伝送され、前記送金側データ処理装置が前記カードについての与信チェック手続を実行し、前記カードが認証された場合に前記受取人に対して前記送金の金額の範囲内の受取りを承認する。ことを特徴とする

0034

(19)上記(17)又は(18)の構成において、前記送金人による入金を受付け、前記送金側データ処理装置に替わり前記カードを発行すると共に、前記送金人の入金した送金の金額のデータ及び前記カードの発行に関するデータを前記送金側データ処理装置へ伝送する送金窓口を有する。

0035

(20)上記(17)又は(18)の構成において、前記受取人からの送金の受取要求及び前記カード番号若しくはカードの提示を受付け、前記受取側データ処理装置を介し国際間決済処理ネットワークを利用して前記送金側データ処理装置との間で前記カード番号若しくはカードについての与信チェック手続データを授受する受付窓口を有する。

0036

(21)上記(17)〜(20)のいずれかの構成において、前記送金側データ処理装置から前記受取側データ処理装置へ国際間決済処理ネットワークを利用して、前記受取人の受け取った金額について送金処理が行われる。

0037

(22)本発明の海外送金システムの第3の実施形態は、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金システムにおいて、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される加盟店管理装置とを有し、前記加盟店管理装置が、受取人により引出可能な仮想加盟店口座を開設しかつ前記仮想加盟店口座に対応する加盟店番号を付与し、前記送金人により前記加盟店番号の提示と共に送金の入金があった場合に、前記送金側データ処理装置が仮のカード番号を用いて前記加盟店番号及び前記送金の金額を含む支払データを作成すると共に、前記仮のカード番号を用いて国際間決済処理ネットワークを利用して前記支払データを前記加盟店管理装置へ伝送し、前記加盟店管理装置が、前記支払データに含まれる前記加盟店番号に対応する前記仮想加盟店口座に対して前記支払データに含まれる前記送金の金額を入金する。

0038

(23)上記(22)の構成において、前記送金人による入金及び送金先として前記加盟店番号を受付け、前記送金人の入金した金額及び前記加盟店番号を含むデータを前記送金側データ処理装置へ伝送する送金窓口を有する。

0039

(24)上記(22)の構成において、前記仮想加盟店口座の開設要求を受付け、口座開設データを前記加盟店管理装置へ伝送する受取窓口を有する。

0040

(25)上記(22)の構成において、前記仮想加盟店口座からの引出しを行うための受取窓口を有する。

0041

(26)上記(22)〜(25)のいずれかの構成において、前記送金側データ処理装置から前記加盟店管理装置へ国際間決済処理ネットワークを利用して前記支払データに基づき送金処理が行われる。

0042

(27)本発明の海外送金方法における第1の実施形態は、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金方法において、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを設けるステップと、前記受取側データ処理装置が受取人及び送金人のそれぞれに対して2つの関連付けられたカード番号をそれぞれ割り当てたカードを予め発行するステップと、前記送金側データ処理装置が前記送金人の入金した送金の金額及び前記送金人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送するステップと、前記受取人から送金の受取要求と共に前記受取人のカード番号の提示があった場合に、前記受取側データ処理装置が前記受取人により提示された前記受取人のカード番号と前記送金データに含まれる前記送金人のカード番号との関連付けを確認するステップと、双方の前記カード番号の関連付けが確認された場合に前記受取人に対して前記送金の金額の範囲内の受取りを承認するステップとを有する。

0043

(28)上記(27)の構成において、送金窓口を設けるステップと、前記送金窓口が、前記送金人による入金及び前記送金人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金の金額及び前記送金人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送するステップとを有する。

0044

(29)上記(27)の構成において、受取窓口を設けるステップと、前記受取窓口が、前記受取人による前記送金の受取要求及び前記受取人のカード番号の提示を受付け、前記受取人のカード番号を含む受取データを前記受取側データ処理装置へ伝送するステップとを有する。

0045

(30)本発明の海外送金方法の第1の実施形態の一変形態様として、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金方法において、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを設けるステップと、前記受取側データ処理装置が受取人及び送金人のそれぞれに対して2つの関連付けられたカード番号をそれぞれ割り当てたカードを予め発行するステップと、前記送金側データ処理装置が前記送金人の入金した送金の金額及び前記送金人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送するステップと、前記受取側データ処理装置が前記送金データに含まれる前記送金人のカード番号と関連付けられた前記受取人のカード番号に対応する前記受取人のカードの利用枠を前記送金の金額だけ充填するステップとを有する。

0046

(31)上記(30)の構成において、送金窓口を設けるステップと、前記送金窓口が、前記送金人による入金及び前記送金人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金の金額及び前記送金人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送するステップとを有する。

0047

(32)本発明の海外送金方法の第1の実施形態の一変形態様として、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金方法において、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを設けるステップと、前記受取側データ処理装置が受取人に対してカード番号を割り当てたカードを予め発行するステップと、前記送金側データ処理装置が送金人の入金した送金の金額及び前記受取人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送するステップと、前記受取人から送金の受取要求と共に前記受取人のカード番号の提示があった場合に、前記受取側データ処理装置が前記受取人により提示された前記受取人のカード番号と前記送金データに含まれる前記受取人のカード番号との一致を確認するステップと、双方の前記カード番号の一致が確認された場合に前記受取人に対して前記送金の金額の範囲内の受取りを承認するステップとを有する。

0048

(33)上記(32)の構成において、送金窓口を設けるステップと、前記送金窓口が、前記送金人による入金及び前記受取人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金の金額及び前記受取人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送するステップとを有する。

0049

(34)上記(32)の構成において、受取窓口を設けるステップと、前記受取窓口が、前記受取人による前記送金の受取要求及び前記受取人のカード番号の提示を受付け、前記受取人のカード番号を含む受取データを前記受取側データ処理装置へ伝送するステップとを有する。

0050

(35)本発明の海外送金方法の第1の実施形態の一変形態様として、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金方法において、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを設けるステップと、前記受取側データ処理装置が受取人に対してカード番号を割り当てたカードを予め発行するステップと、前記送金側データ処理装置が送金人の入金した送金の金額及び前記受取人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送するステップと、前記受取側データ処理装置が前記送金データに含まれる前記受取人のカード番号に対応する前記受取人のカードの利用枠を前記送金の金額だけ充填するステップとを有する。

0051

(36)上記(35)の構成において、送金窓口を設けるステップと、前記送金窓口が、前記送金人による入金及び前記受取人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金の金額及び前記受取人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送するステップとを有する。

0052

(37)本発明の海外送金方法の第1の実施形態の一変形態様として、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金方法において、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを設けるステップと、前記受取側データ処理装置が複数の受取人に対してそれぞれ異なるカード番号を割り当てた複数のカードを予め発行するステップと、前記送金側データ処理装置が送金人の入金した送金について1又は複数の受取人の各々の受け取るべき金額及び1又は複数の前記受取人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送するステップと、前記受取人から送金の受取要求と共に前記受取人のカード番号の提示があった場合に、前記受取側データ処理装置が前記受取人により提示された前記受取人のカード番号と前記送金データに含まれる1又は複数の前記受取人のカード番号のうちの一つとの一致を確認するステップと、前記一致が確認された場合に、受取要求をした前記受取人に対して当該受取人の受け取るべき金額の範囲内の受取りを承認するステップとを有する。

0053

(38)上記(37)の構成において、送金窓口を設けるステップと、前記送金窓口が、前記送金人による入金及び1又は複数の前記受取人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金について1又は複数の受取人の各々の受け取るべきの金額及び1又は複数の前記受取人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送するステップとを有する。

0054

(39)上記(37)の構成において、受取窓口を設けるステップと、前記受取窓口が、前記受取人による前記送金の受取要求及び前記受取人のカード番号の提示を受付け、前記受取人のカード番号を含む受取データを前記受取側データ処理装置へ伝送するステップとを有する。

0055

(40)本発明の海外送金方法の第1の実施形態の一変形態様として、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金方法において、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを設けるステップと、前記受取側データ処理装置が複数の受取人に対してカード番号を割り当てたカードを予め発行するステップと、前記送金側データ処理装置が送金人の入金した送金について1又は複数の受取人の各々の受け取るべき金額及び1又は複数の前記受取人のカード番号を含む送金データを国際間決済処理ネットワークを利用して前記受取側データ処理装置へ伝送するステップと、前記受取側データ処理装置が前記送金データに含まれる1又は複数の前記受取人のカード番号に対応する各々の前記受取人のカードの利用枠を前記送金の金額だけ充填するステップとを有する。

0056

(41)上記(40)の構成において、送金窓口を設けるステップと、前記送金窓口が、前記送金人による入金及び1又は複数の前記受取人のカード番号を受付け、前記送金人の入金した送金について1又は複数の受取人の各々の受け取るべき金額及び1又は複数の前記受取人のカード番号を含む前記送金データを前記送金側データ処理装置へ伝送するステップとを有する。

0057

(42)上記(27)〜(41)のいずれかの構成において、前記送金側データ処理装置から前記受取側データ処理装置へ国際間決済処理ネットワークを利用して前記送金データに基づき送金処理が行われるステップをさらに有する。

0058

(43)本発明の海外送金方法における第2の実施形態は、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金方法において、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを設けるステップと、送金人から送金の入金があった場合に、前記送金側データ処理装置がカード番号を割り当てたカードを発行すると共に受取人に対して前記カード番号を通知するステップと、前記受取人から送金の受取要求と共に前記カード番号の提示があった場合に、前記受取側データ処理装置を介し国際間決済処理ネットワークを利用して前記送金側データ処理装置に対して前記カード番号についての与信チェック手続データが伝送されるステップと、前記送金側データ処理装置が前記カード番号についての与信チェック手続を実行し、前記カード番号が認証された場合に前記受取人に対して前記送金の金額の範囲内の受取りを承認するステップとを有する。

0059

(44)本発明の海外送金方法の第2の実施形態の一変形態様として、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金方法において、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される受取側データ処理装置とを設けるステップと、送金人から送金の入金があった場合に、前記送金側データ処理装置がカード番号を割り当てたカードを発行すると共に受取人に対して前記カードを送付するステップと、前記受取人から送金の受取要求と共に前記カードの提示があった場合に、前記受取側データ処理装置を介し国際間決済処理ネットワークを利用して前記送金側データ処理装置に対して前記カードについての与信チェック手続データが伝送されるステップと、前記送金側データ処理装置が前記カードについての与信チェック手続を実行し、前記カードが認証された場合に前記受取人に対して前記送金の金額の範囲内の受取りを承認するステップとを有する。

0060

(45)上記(43)又は(44)の構成において、送金窓口を設けるステップと、前記送金窓口が、前記送金人による入金を受付け、前記送金側データ処理装置に替わり前記カードを発行すると共に、前記送金人の入金した送金の金額のデータ及び前記カードの発行に関するデータを前記送金側データ処理装置へ伝送するステップとを有する。

0061

(46)上記(43)又は(44)の構成において、受取窓口を設けるステップと、前記受取窓口が、前記受取人からの送金の受取要求及び前記カード番号若しくはカードの提示を受付け、前記受取側データ処理装置を介し国際間決済処理ネットワークを利用して前記送金側データ処理装置との間で前記カード番号若しくはカードについての与信チェック手続データを授受するステップとを有する。

0062

(47)上記(43)〜(46)のいずれかの構成において、前記送金側データ処理装置から前記受取側データ処理装置へ国際間決済処理ネットワークを利用して、前記受取人の受け取った金額について送金処理が行われるステップをさらに有する。

0063

(48)本発明の海外送金方法における第3の実施形態は、送金側の国から受取側の国への送金を実行する海外送金方法において、前記送金側の国に設置される送金側データ処理装置と、前記受取側の国に設置される加盟店管理装置とを設けるステップと、前記加盟店管理装置が、受取人により引出可能な仮想加盟店口座を開設しかつ前記仮想加盟店口座に対応する加盟店番号を付与するステップと、前記送金人により前記加盟店番号の提示と共に送金の入金があった場合に、前記送金側データ処理装置が仮のカード番号を用いて前記加盟店番号及び前記送金の金額を含む支払データを作成すると共に、前記仮のカード番号を用いて国際間決済処理ネットワークを利用して前記支払データを前記加盟店管理装置へ伝送するステップと、前記加盟店管理装置が、前記支払データに含まれる前記加盟店番号に対応する前記仮想加盟店口座に対して前記支払データに含まれる前記送金の金額を入金するステップとを有する。

0064

(49)上記(48)の構成において、送金窓口を設けるステップと、前記送金窓口が、前記送金人による入金及び送金先として前記加盟店番号を受付け、前記送金人の入金した金額及び前記加盟店番号を含むデータを前記送金側データ処理装置へ伝送するステップとを有する。

0065

(50)上記(48)の構成において、受取窓口を設けるステップと、前記受取窓口が、前記仮想加盟店口座の開設要求を受付け、口座開設データを前記加盟店管理装置へ伝送するステップとを有する。

0066

(51)上記(48)の構成において、受取窓口を設けるステップと、前記受取窓口において前記仮想加盟店口座からの引出しを行うステップとを有する。

0067

(52)上記(48)〜(51)のいずれかの構成において、前記送金側データ処理装置から前記加盟店管理装置へ国際間決済処理ネットワークを利用して前記支払データに基づき送金処理が行われるステップをさらに有する。

発明を実施するための最良の形態

0068

以下、図面を参照して本発明の実施の形態を説明する。本発明の海外送金システム及び方法は、既存の国際クレジットカード会社保有の決済処理ネットワークを活用することを特徴とする。先ず、図5を参照しつつ既存の国際クレジットカード会社保有の決済処理ネットワークを介して行われている国際間のクレジットカード決済業務について簡単に説明する。以下、「国際クレジットカード会社保有の決済処理ネットワーク」を「国際間決済処理ネットワーク」と称する。世界的規模事業を営むクレジットカード会社は、各国に加盟店を有しており、クレジットカード会員はそれらの加盟店でクレジットカード決済によりショッピング等をすることができる。この場合、クレジット決済業務はおよそ図5の(1)〜(9)の流れで行われる。

0069

図5の処理の流れ(1)〜(9)
(1)クレジットカード会員が加盟店で商品等を購入する。
(2)加盟店は、加盟店管理者に対して売上を提出する。加盟店管理者は、加盟店獲得、加盟店管理(与信チェック手続含む)、精算業務(国際間決済処理ネットワーク及び加盟店との間)等を担う。
(3)加盟店管理者は、加盟店からの売上提出に対し、商品代金等を支払う。
(4)加盟店管理者は、国際間決済処理ネットワークに対し売上データを伝送する。国際間決済処理ネットワークは、加盟店管理者とカード発行者との仲立ち役割を担う。例えば、国際間のクレジットカード決済業務に関し、カード発行者と加盟店管理者の間に介在しこれらの間のデータ授受を円滑に行うシステムを提供し、国際間決済に伴う通貨換算処理や手数料処理も行う。さらに、加盟店とカード発行者との間の信用販売を行うために事前カード保有者販売与信枠チェックする与信チェック手続(オーソリゼーション)も仲介する。
(5)国際間決済処理ネットワークは、売上データに応じて加盟店管理者との精算を行う。
(6)国際間決済処理ネットワークは、カード発行者に対して請求データを伝送する。カード発行者は、クレジットカード発行カード情報管理(与信チェック手続含む)、精算業務(国際間決済処理ネットワーク及び加盟店との間)等を担う。
(7)カード発行者は、売上に応じて国際間決済処理ネットワークに対して精算を行う。
(8)カード発行者は、カード会員に対して請求を行う。
(9)カード会員は、カード発行者からの請求に対して支払いする(銀行引落し等)。

0070

本発明の海外送金システム及び方法の特徴の一つは、国際間決済処理ネットワークを、通常のクレジットカード利用のためではなく海外送金のために利用することである。本発明の海外送金システム及び方法は、個人と個人、法人と法人、又は、個人と法人の間の海外送金に利用可能である。

0071

ここで、以下の説明における「送金処理(データの移動ではなく現金の移動)」について注記すると、送金人の入金した現金そのものが現実に受取人へ渡されることを意味しない。今日では、金融機関間での決済処理等において現実の現金の移動はむしろ稀であって、多くの場合その実体は、帳簿等の書面上での現金の移動若しくは電子データ記録上での現金の移動である。特に、本発明においては国際間での「現金の移動」が行われるため、当然ながら通貨換算等も必要となる。従って、本明細書中における「送金処理」における現金の移動は、実際には金銭的価値の移動を意味する。

0072

以下の各実施形態において、「カード(又はカード番号)の発行」が行われる場合の「カード」とは、実カード及び仮想カードのいずれの場合も通常のクレジットカードではなく、また通常の銀行カードでもない。この場合の「カード」は、本発明の海外送金システム及び方法に用いるための機能を具備するカードである。しかしながら、もちろん、通常のクレジットカード若しくは銀行カードと一体化させ、双方の機能を具備する多機能カードとすることは任意である。

0073

次に、図1図3を参照して、本発明による海外送金システム及び方法の各実施形態を説明する。
<第1の実施形態>図1は、本発明による海外送金システム及び方法の第1の実施形態を示す概略的構成図である。図中、S1〜S8は、主な処理ステップの流れを示す。先ず、主要構成要素及びそれらの機能を説明する。送金人29が現金を送る手続を行う送金側の国には送金側処理機関21が存在し、受取人39が送られた現金(又はそれに相当する金銭的価値)を受け取る受取側の国には、受取側処理機関31が存在する。

0074

送金側処理機関21は、本発明の海外送金システム及び方法における送金側としての機能に関与する会社及び団体等並びにこれらに設置される若しくはこれらの間に設置される装置及びシステム等(ハードウェア及びソフトウェアを含む)を包括的に示した概念である。

0075

送金受付会社22は、送金側処理機関21のデータ処理センターとしての役割を果たし、送金受付会社22に適宜のコンピュータである送金側データ処理装置23が設置される。さらに、送金側データ処理装置23と連動し、関連データを必要に応じて格納する一般的記憶装置であるデータベース24も設置される。尚、送金側データ処理装置23及びデータベース24は、本発明の機能を実行するためのハードウェア装置を模式的に示したものであり、実際のシステム構成では公知技術に基づく多様な構成が考えられる。

0076

送金受付会社22の例としては、当該分野における国際クレジットカード会社、カード発行者、加盟店管理者等が挙げられる。尚、本発明のシステム及び方法における複数の機能を一つの事業者が担う場合もある。前述の「国際クレジットカード会社」及び後述する「送金受取会社」についても同様である。

0077

複数の送金窓口25の各々は、海外送金しようとする送金人が送金手続を行うための窓口である。各送金窓口25には、送金受付会社22と情報伝送可能な情報端末装置26が設置される。すなわち、送金窓口25の実体は情報端末装置26であり、適宜のコンピュータである。情報端末装置26は、送金人が入金した現金についての入金処理を行い、かつ、送金人から提示された送金に必要な情報をデータとして入力する。尚、情報端末装置26以外の、電話FAX若しくは文書による情報伝送も本発明の実施態様に含まれるものとする。

0078

送金窓口25の例としては、送金受付会社22の本店若しくは営業所等に置かれた営業窓口若しくはATM(自動現金取引装置)、送金受付会社22の提携機関(銀行等)の営業窓口若しくはATM等を含むものとする。ここでいう銀行の営業窓口は、従来の海外送金専用窓口ではなく一般的な営業窓口である。また、ATMの設置場所としては、銀行等の金融機関のみでなくコンビニエンスストア等も含まれる。これらにより、相当数の送金窓口が確保され、送金人にとって非常に利便性が向上する。さらに、インターネットを介して送金受付会社22の指定する所定の口座へ振込手続を行うと共に必要な情報も入力する、いわゆるネットバンキングによる送金手続についても送金窓口25の一形態に含めるものとする。

0079

一方、受取側処理機関31は、本発明の海外送金システム及び方法における受取側としての機能に関与する会社及び団体等並びにこれらに設置される若しくはこれらの間に設置される装置及びシステム等(ハードウェア及びソフトウェアを含む)を包括的に示した概念である。

0080

送金受取会社32が、受取側処理機関31のデータ処理センターとしての役割を果たし、送金受取会社32に適宜のコンピュータである受取側データ処理装置51が設置される。第1の実施形態では送金受取会社32がカード発行を行うため、受取側データ処理装置51は、カード決済関連データ処理機能の他にカード発行の機能も有するものとする。また、関連データを必要に応じて格納する一般的記憶装置であるデータベース34も設置される。尚、受取側データ処理装置51及びデータベース34は、本発明の機能を実行するためのハードウェア装置を図を簡略化するため模式的に示したものであり、実際のシステム構成では公知技術に基づく多様な構成が考えられる。例えば、実際にはカード発行とその他の処理を担う装置は別個に設けられる。

0081

複数の受取窓口35の各々は、海外送金を受け取ろうとする受取人が受取手続を行うための窓口である。各受取窓口35には、送金受取会社32と情報伝送可能な情報端末装置36が設置される。すなわち、受取窓口35の実体は情報端末装置36であり、適宜のコンピュータである。情報端末装置36は、受取人から提示された受取に必要な情報をデータとして入力する。また、受取人への現金等の支払を承認するデータを受け取る。さらに、現金の出金処理も行う。尚、情報端末装置36以外の、電話、FAX若しくは文書による情報伝送も本発明の実施態様に含まれるものとする。

0082

受取窓口35の例としては、送金受取会社32の本店若しくは支店に置かれた営業窓口若しくはATM、送金受取会社32の提携機関の営業窓口若しくはATM、その国に存在する送金受付会社22の営業窓口若しくはATM、送金受付会社22の提携機関の営業窓口若しくはATM等が含まれる。これらにより、相当数の受取窓口が確保され、受取人にとって非常に利便性が向上する。さらに、インターネットを介し電子マネー等の現金以外の形で送金を受け取る場合も、受取窓口35の一形態に含めるものとする。

0083

尚、上記の送金受付会社22と送金受取会社32との間の国際間のデータ授受は、前述の国際間決済処理ネットワーク11が、他の通常のクレジットカード業務のデータ授受と同様に処理する。すなわち、売上データ処理、国際間決済処理等についての従来のクレジットカード業務処理に用いる手段を共用する。

0084

図1に示す第1の実施形態は、図中S1〜S9で示されるステップ1〜ステップ9のフローに従って実行される。
・第1の実施形態の処理の流れ
ステップ1:第1の実施形態では、送金人29及び受取人39が、実際の送金手続に先立って受取側の国にある送金受取会社32からカード42、44の発行を受ける。この場合、送金受取会社32は、少なくともカード発行者としての機能を有する。送金受取会社32に設置された受取側データ処理装置51は、カード発行及びカード管理等の処理を実行する。カード42、44は、物理的実体のある実カードでも物理的実体のない仮想カードでもよい。カード42と44は、互いに関連付けられたカード番号がそれぞれ割り当てられる。一実施例では、同一番号でもよい。受取側データ処理装置51は、これらのカード番号及びそれらの関連付け含むカード発行記録をデータベース34に格納する。また、カード42、44が物理的実体のあるカードである場合は、割り当てられたカード番号がそのカードに記録される。好適には磁気的又は光学的方式によりコンピュータ読取可能な方式で記録される。物理的実体のない仮想カードの場合は、送金人29と受取人39がそれぞれ自己に割り当てられたカード番号を認知するのみである。また、便宜上「カード番号」と称するが、カード保有者固有識別標識であれば数字に限られず、文字記号等も含まれる。

0085

第1の実施形態が利用される局面としては、例えば、受取側の国から送金側の国へ出稼ぎに来た人(送金人)が、受取側の国にいる家族等(受取人)に送金する場合が想定される。この場合、送金人は送金側の国へやって来る前に受取側の国において、送金受取会社32からカード42、44を発行してもらう。そして送金側の国へやって来た後、送金人29は、発行されたカード(又はカード番号)44を用いて受取側の国にいる受取人39へ送金する。受取側の国にいる受取人39は、もう一方のカード(又はカード番号)42を用いてその送金を受け取ることとなる。

0086

尚、受取側の国の送金受取会社32の支店等が送金側の国に置かれている場合は、送金側の国においてもその支店等によりカードの発行が可能である。その場合、上記の例でいえば、受取側の国から送金側の国に出稼ぎに来た人が、送金側の国においてカードを発行してもらうことができる。

0087

ステップ2:カード44を保有する送金人29は、送金側の国の送金窓口25へ赴き、送金手続を行う。具体的には、カード44を提示すると共に送金する現金を入金する。以下、「カードの提示」という場合には、「仮想カードの場合のカード番号の提示」を含むものとする。また、このときの入金には、本システムを利用する手数料も含まれるが、本発明の本質とは関連しないので以下の説明では無視することとする(他の実施形態においても同様)。

0088

海外送金に少なくとも必要な情報は、受取人を指定するための情報と送金金額すなわち入金の金額である。従って送金人は、受取人の保有するカード42を示すことが必要であるが、この例では、双方のカード番号が予め関連付けられているので、送金人のカード番号を提示すれば自動的に受取人が指定される。送金人及び受取人の個人情報については、いずれかのカード番号が提示されればそれに基づいて発行元である送金受取会社32へ照会することが可能である。

0089

続いて、カード番号及び入金の金額を含む送金データが、送金窓口25から送金受付会社22へ伝送される。尚、前述の通り、情報端末装置26以外の電話、FAX若しくは文書により送金窓口25と送金受付会社22との間で情報が伝達される場合も本発明の実施態様に含まれるものとする。尚、入金された現金の処理については図示していないが、送金受付会社22による適宜の入金処理を経てその管理下に置かれ、後のステップにおいて送金受取会社32との間で支払処理が行われるまで保管される。

0090

ステップ3:送金窓口25から送金データを受け取った送金受付会社22では、送金データを伝送するためのデータ処理を適宜行い、データベース24へ保存すべき情報を保存する。

0091

ステップ4:送金受付会社22は、送金受取会社32に対して送金データを伝送する。この送金データの伝送は、上述の通り国際間決済処理ネットワーク11により実行され、付随する処理である通貨換算、為替関連の手数料等の処理も併せて実行される。尚、これらの付随する処理により実際には入金された金額に変動が生じ得るが、この変動分は本発明の本質とは関連しないので以下の説明では無視することとする(他の実施形態についても同様)。従って、送金データの本質的内容(カード番号及び入金の金額)は基本的にそのまま伝送される。

0092

ステップ5:送金受取会社32は、送金データを受信したならば、適宜のデータ受信処理を行い、データベース34へ送金データを保存する。

0093

ステップ6:一方、受取人39に対して送金が行われた旨が連絡される。具体的には、種々の方法があり得るが、例えば、送金受付会社22、送金受取会社32又は送金人29からの通知により連絡される。郵便、電話、電子メール等のいずれの手段を用いてもよい。

0094

ステップ7:送金があったことを認知した受取人39は、受取手続を行う。受取手続の一例を挙げると、受取人39が受取窓口35へ赴き、保有するカード42を提示して受取要求する。そして、受取窓口35の情報端末装置36から送金受取会社32に対して、受取人39の提示したカード42の照合を要求する受取データが伝送される。カード42に関する照合要求に対し、受取側データ処理装置51は、データベース34に保存された送金データを取り出し、送金データに含まれる送金人のカード44のカード番号と、受取データに含まれる受取人のカード42のカード番号と照合する。この照合のために必要なカード42と44の関連づけは、データベース34に格納されている。照合の結果、双方のカードの関連づけが確認されたならば、送金受取会社32は、受取窓口35に対して、送金金額に相当する現金の支払を承認する通知を伝送する。

0095

尚、受取窓口35と送金受取会社32との間のネットワーク伝送以外に、電話、FAX若しくは文書により受取窓口35と送金受取会社32との間で情報が伝達される場合も本発明の実施態様に含まれるものとする。

0096

ステップ8:受取窓口35にて上記の入金の金額に相当する現金が受取人39へ支払われる。ここまでのステップで、送金人29と受取人39の間での送金手続は完了したことになる。

0097

このように本発明の海外送金システム及び方法では、送金側処理機関21と受取側処理機関31の中核となる機関(本例では、送金受付会社22と送金受取会社32)同士の提携関係すなわち互いの信用に基づき、実際の送金処理が完了したか否かに関わらず送金データの伝送のみによって受取人への現金の支払が承認される。以下の各実施形態でも基本的に同様である。これにより本発明では、迅速な送金が実現される。

0098

ステップ9:上記ステップ4で用いられた送金データに基づき、国際間決済処理ネットワーク11を介して送金受付会社22から送金受取会社32に対して送金が行われる。尚、このステップ9の送金処理は、ステップ7及び8の送金受取の時点とは関係なく実行してもよい。

0099

尚、ステップ9は、図5で説明した国際間決済処理ネットワークにより実行される処理と同様である。従って、国際間決済処理ネットワークにとっては、本発明の海外送金システム及び方法により発生した支払処理であっても、通常のクレジットカード利用により発生した決済処理であっても手順としては同様であるので、これらをまとめて実行することができ、それによりコスト低減を図ることができる。

0100

尚、第1の実施形態は、幾つかのバリエーションが考えられる。
・第1の実施形態のバリエーション(1)
受取人が送金を受け取る方法に関し、現金で受け取る他に、カード42の利用可能な金額枠(利用枠)という形で受け取ることができる。いわば、カード42に対して送金金額に相当するプリペイド枠が設けられるようなものである。この場合、送金受取会社32が送金データを受信した後、送金データに含まれるカード番号に基づいて受取人を特定し、その受取人の保有するカード42に対して送金金額に相当する金銭的価値を充填する処理を実行する。尚、カードに関する処理は、受取側データ処理装置51により実行される。その後、受取人はこの利用枠内でショッピングをすることもでき、あるいは、その利用枠を現金に換えることもできる。

0101

カード42に関するデータは、カード発行元である送金受取会社32のデータベース34に保管されており、送金金額に相当する利用枠の充填及びその後の利用履歴もまた記録保管されることとなる。このようなカードに関する管理は、受取側データ処理装置51が担う。

0102

このバリエーションの更なる変形例として、受取人のカード42が、いわゆる電子マネーを充填できるICカードである場合、送金金額に相当する電子マネーをICカードに充填するという形で送金を受け取ることも可能である。

0103

また、カード利用枠の充填による送金受取の場合は、受取人のカード42が物理的実体のあるICカードでなくとも実施可能である。例えば、受取人は、インターネットを介していわゆる電子ショッピングをするとき、仮想カードのカード番号を入力することにより利用枠内でショッピング等をすることができる。

0104

またさらに、送金金額に相当する電子マネーを電子財布電子決済に用いるソフトウェアによる仮想の財布)に充填するという形で受け取ることも可能である。送金を充填するための電子財布は、予め若しくは受取時に指定される。

0105

このように、受取人による送金の受取方法は、現金での受取以外にも多様に考えられる(他の実施形態についても同様)。

0106

・第1の実施形態のバリエーション(2)
この例では、送金受取会社32の受取側データ処理装置51が受取人のみに予めカード発行する。送金人は、受取人カードのカード番号を認知するのみでよく、送金人へのカード発行は原則として不要である。従って、カード発行の時点では、送金人が特定されていなくともよい。送金手続をする送金人は、受取人カードのカード番号を提示すると共に入金する。

0107

送金受取会社32は、送金データに含まれる受取人カード番号と、受取人から提示された受取人カード番号を照合し、受取人への現金の支払を承認する。カードに関する処理は、主として受取側データ処理装置51により主として実行される。尚、この場合も受取人は、カード利用枠への充填等、バリエーション(1)で述べた現金以外の形で送金を受け取ることができる。

0108

バリエーション(2)では、原則として送金人カードは不要であるが、一般的に送金手続の際には送金人の情報(住所、氏名等)も提示することが常識的であり、その場合、送金人を特定する情報を記録したカードがあれば送金手続上便利であるので、送金人へカードを発行してもよい。同様に、他のバリエーション及び他の実施形態において、送金人又は受取人のいずれかについてカード発行が基本的に不要の場合にも、送金手続又は受取手続の便利さの理由からカードを発行することは任意である。

0109

・第1の実施形態のバリエーション(3)
この例では、送金受取会社32の受取側データ処理装置51が複数の受取人に予めカードを発行する。カード番号はそれぞれ異なるものとする。送金人は、それら複数の受取人カードの各カード番号を認知するのみでよく、送金人へのカードの発行は原則として不要である。送金人は、複数の受取人のうち、送金を受け取るべき1又は複数の受取人を指定すると共に指定した各受取人の受け取るべき送金金額も指定し、それらの総額を入金する。

0110

送金受取会社32は、送金を受け取ろうとする受取人が提示した受取人カード番号を、送金データに含まれる1又は複数の受取人カード番号と照合する。一致するカード番号があれば、その一致したカード番号を保有する受取人の受け取るべき指定された金額の現金の支払いを承認する。カードに関する処理は、主として受取側データ処理装置51により実行される。

0111

尚、この場合も各受取人は、カード利用枠への充填等、バリエーション(1)で述べた現金以外の形で送金を受け取ることができる。その場合、送金受取会社32は、送金データを受信したならば、送金データに含まれる1又は複数の受取人カード番号に基づいて各受取人を特定し、その各受取人の保有する各カードに対してそれぞれ指定された送金金額に相当する金銭的価値を充填する処理を実行する。カードに関する処理は、主として受取側データ処理装置51により実行される。

0112

<第2の実施形態>図2は、本発明による海外送金システム及び方法の第2の実施形態を示す概略的構成図である。図中、S1〜S9は、主な処理ステップの流れを示す。図2中では、図1に示した第1の実施形態と同等の構成要素については同じ符号を用いて示している。異なる構成要素については、以下のフローの説明で併せて説明する。

0113

・第2の実施形態の処理の流れ
図2に示す第2の実施形態は、図中S1〜S9で示されるステップ1〜ステップ9のフローに従って実行される。
ステップ1:送金人29が、送金側の国に存在する送金窓口25へ赴き、送金手続を申し込む。送金人29は、現金を入金すると共に受取人を指定する情報等を提示する。

0114

ステップ2:前述の第1の実施形態とは異なり、送金人29も受取人39も予めカードを発行されてはいない。第2の実施形態では、送金人29が送金窓口25において送金手続を申し込んだ時点で、送金人29に対してカード46が発行される。カード46は、物理的実体のあるカードであっても、カード番号のみを割り当てる仮想カードであってもよい。そして、発行されたカードのカード番号、受取人情報並びに入金の金額を含む送金データが、情報端末装置26から送金受付会社22へ伝送される。尚、送金窓口25と送金受付会社22との間のネットワーク伝送以外に、電話、FAX若しくは文書により送金窓口25と送金受付会社22との間で情報が伝達される場合も本発明の実施態様に含まれるものとする。

0115

ステップ3:送金受付会社22は、送金側処理機関21のデータ処理センターとしての役割を果たし、送金受付会社22には適宜のコンピュータである送金側データ処理装置52が設置される。第2の実施形態では送金受付会社22がカード発行を行うため、送金側データ処理装置52は、カード決済関連データ処理機能の他に、カード発行の機能も有するものとする。尚、送金側データ処理装置52及びこれに関連するデータを適宜格納するデータベース24は、本発明の機能を実行するためのハードウェア装置を図を簡略化するため模式的に示したものであり、実際のシステム構成では公知技術に基づく多様な構成が考えられる。例えば、実際にはカード発行とその他の処理を担う装置は別個に設けられる。送金窓口25から伝送された送金データを受け取った送金側データ処理装置52は、新たに発行されたカードに関する処理を行い、送金データをデータベース24へ格納する。カード46は、見かけ上、送金窓口25から送金人29へ発行されるが、実質的な発行元は送金受付会社22である。従ってこの場合、送金受付会社22は、少なくともカード発行者としての機能を有する。カード46に関するデータは、カード発行者である送金受付会社22のデータベース24に保存される。

0116

ここで、ステップ1〜3の送金受付処理のバリエーション態様について説明する。送金人は、送金受付会社22又はその送金窓口25となる金融機関(銀行等)に予め送金専用口座を持っているものとする。この送金専用口座へ入金することにより送金手続を行う。送金専用口座への入金は、窓口業務を通じて直接入金する場合、ATMを通じて入金する場合、又はインターネットを通じてネットバンキング手続により送金人が持つ他口座から振替える場合等がある。このようにして送金専用口座への入金があった場合も、送金人に対して実カード又は仮想カードが発行されると共に、カード番号及び入金金額等の送金データが送金受付会社22の送金側データ処理装置52へ伝送され、データベース24へ格納される。

0117

尚、現状では、ATMを利用する場合は装置対応上の理由から予め実カードを発行されることが必要となるが、本実施形態の本質は、予め発行されるカードを必要としない。

0118

ステップ4:一方、送金受付会社22は、送金データに含まれる受取人39を指定する情報に基づいて、受取人39に対して、カード46のカード番号及び送金金額等を連絡する。連絡手段は、郵送、電話、電子メール等のいずれでもよい。もちろん送金人29から受取人39へ連絡してもよい。あるいは、送金人29又は送金受付会社22が、カード46自体を受取人39へ送付してもよい。送金受付会社22がカード46を受取人39に送付する場合、カード46は送金人29へは渡されない。

0119

ステップ5:受取人39は、送金があったことを通知された後、又はカード46を送付された後、受取窓口35へ赴いて受取手続を行う。その際、受取人39は、カード46のカード番号又は実カードであるカード46自体を提示する。更に、受取人が本人であることを示す証明書を提示することがセキュリティ上好ましい。例えば、パスポート運転免許証等である。

0120

カード46が実カードである場合、ATMで受取手続を行うことが好適である。本システム及び方法で用いられるカード46は、後述するステップ7の与信チェック手続を含めて国際間決済処理ネットワーク11による処理に対応しているので、国際間決済処理ネットワーク11が提携する全てのATMでの受取が可能である。

0121

ステップ6:受取窓口35の情報端末装置36から送金受付会社22の送金側データ処理装置52に対してオンラインでの与信チェック手続が実行される。このとき、送金受取会社32は、受取窓口35と送金受付会社22との間の与信チェック手続データの受渡を行う。送金受取会社32におけるデータ処理は、実質的に受取側データ処理装置33が担う。

0122

ステップ7:この与信チェック手続は、受取窓口35と送金受付会社22(カード発行者)との間の信用に基づき受取窓口35が出金するために、事前にカード与信枠をチェック手続であり、従来のクレジットカードシステムにおいて海外加盟店が行う手続と同様である。従って、国際間決済処理ネットワーク11の与信チェック手続の仲介機能を利用して実行することができる。与信チェックによりカードの正当性が確認され、支払が確保される。

0123

送金受付会社22の送金側データ処理装置52は、データベース24に保存された送金データ及びカード46のデータを取り出し、カード(又はカード番号)46の正当性を認証する。与信チェックの結果は、送金側データ処理装置52から送金受取会社32を経て受取窓口35の情報端末装置36へ送られる。

0124

ステップ8:カード(又はカード番号)46の正当性が認証されたならば、受取人39に対し送金金額の範囲内の現金の支払が承認される。ここまでのステップで、送金人29と受取人39の間での送金手続は完了したことになる。

0125

この実施形態においても、国際間決済処理ネットワーク11を利用することにより、受取人39への支払いが承認される。これにより、迅速な送金が実現された形となる。

0126

ステップ9:受取窓口35から受取人39へ支払われた金額に関する支払データに基づいて、国際間決済処理ネットワーク11を介して送金受付会社22から送金受取会社32に対して送金が行われる。尚、受取人39へ支払われた金額のデータは、与信チェック手続の完了後、適宜の時点で受取窓口35から送金受取会社32を経て、国際間決済処理ネットワーク11を介して送金受付会社22へ送信される。

0127

上記ステップ9は、図5で説明した国際間決済処理ネットワークにより実行される処理と同様である。従って、国際間決済処理ネットワークにとっては、本発明の海外送金システム及び方法により発生した支払処理であっても、通常のクレジットカード利用により発生した決済処理であっても手順としては同様であるので、これらをまとめて実行することができ、それによりコスト低減を図ることができる。

0128

第2の実施形態が利用される局面としては、例えば、受取側の国に滞在している人が緊急に現金を必要とする事態が発生し、送金側の国にいる家族が受取側の国へ送金しようとする場合が想定されるが、この例に限られない。第2の実施形態では、カードを予め発行しない形での送金も可能であるため、多様な利用形態が可能である。

0129

尚、一回送金を行った送金人29が、そのとき発行されたカード46を用いてその後何回でも送金できるようにしてもよい。これを実現するためには、カード46のデータを、送金受付会社22のデータベース24に維持しておく。あるいは、カード46の使用を一回の送金に限ってもよい。その場合は、送金完了後にデータベース24内のデータで制御できる。

0130

<第3の実施形態>図3は、本発明による海外送金システム及び方法の第3の実施形態を示す概略的構成図である。図中、S1〜S7は、主な処理ステップの流れを示す。図3中では、図1に示した第1の実施形態と同等の構成要素については同じ符号を用いて示している。異なる構成要素については、以下のフローの説明で併せて説明する。

0131

図3に示す第3の実施形態は、図中S1〜S7で示されるステップ1〜ステップ7のフローに従って実行される。
・第3の実施形態の処理の流れ
ステップ1:受取人39は、受取窓口35経由で、送金受取会社32内に口座37を開設するための手続を行う。尚、口座37は、送金人29が開設してもよいが、受取人39は基本的にこの口座37から送金を受け取るので、受取人39による口座37からの引出しが可能であるような処置がとられるものとする。

0132

そして、口座37を開設するための口座開設データが、受取窓口35の情報端末装置36から送金受取会社32へ伝送される。尚、情報端末装置36によるネットワーク伝送以外に、電話、FAX若しくは文書により受取窓口35と送金受取会社32との間で情報が伝達される場合も本発明の実施態様に含まれるものとする。

0133

ステップ2:送金受取会社32は、受取側処理機関31のデータ処理センターとしての役割を果たし、送金受取会社32には適宜のコンピュータであるデータ処理装置が設置されるが、特に、第3の実施形態では、送金受取会社32が仮想加盟店登録を行うため、これに関連する機能を具備する加盟店管理装置53のみを図示している。加盟店管理装置53は、口座37を開設する処理を行う。口座37の開設においては、受取人39が「仮想加盟店」として登録され、口座37は「仮想加盟店の保有する口座」すなわち「仮想加盟店口座」とみなされる。尚、仮想加盟店の登録手続において、加盟店番号が付与される。これにより、受取人39及びその口座37が、処理の上でクレジットカード加盟店及び加盟店口座として取り扱われることが可能となる。従ってこの場合、送金受取会社32は、少なくとも加盟店管理者としての機能を有する。

0134

ステップ3:上記仮想加盟店の加盟店番号を認知する送金人29が、送金窓口25へ赴き、送金手続を行う。送金人29は、送金する金額を入金すると共に送金先として仮想加盟店を指定する。仮想加盟店を指定する情報として加盟店番号を提示する。そして、送金窓口25の情報端末装置26から送金受付会社22へ送金の金額及び送金先指定情報(加盟店番号)を含む送金データが伝送される。尚、情報端末装置25によるネットワーク伝送以外に、電話、FAX若しくは文書により送金窓口25と送金受付会社22との間で情報が伝達される場合も本発明の実施態様に含まれるものとする。

0135

ステップ4:送金受付会社22の送金側データ処理装置52は、送金窓口25より伝送された送金データに基づいて仮想加盟店への支払データを作成する。この支払データの作成にあたっては、本海外送金を通常のクレジットカードの売上処理と同様にするため、送金専用のカード番号を利用するものとする。尚、このカード番号は予め専用に用意したものを使用してもよいし、また支払データ作成の度に新たにカード(番号)を発行してもよい。後者の場合、送金受付会社22は少なくともカード発行者としての機能を有する。

0136

ステップ5:送金受付会社11は、国際間決済処理ネットワーク11を通じて、作成した支払データを送金受取会社32へ伝送する。これは、仮想加盟店での売り上げ処理を行うことに相当し、通常のクレジットカードの売上に関する処理と同様である。

0137

ステップ6:送金受取会社32は、伝送された支払データを登録する。具体的には、加盟店管理装置53が、支払データに含まれる加盟店番号により仮想加盟店口座37を特定し、その仮想加盟店口座37に対して支払データに含まれる送金金額が入金されたものとして処理する。

0138

ステップ7:送金受付会社22は、ステップ4で作成した支払データに基づいて送金を行う。この送金処理もまた、国際間決済処理ネットワーク11を通じて行われる。尚、このステップ7の送金処理は、必ずしも次のステップ8及び9の送金受取の前に行われる必要はなく、送金受取の時点とは関係なく実行してもよい。

0139

ステップ8:送金受取会社32は、少なくともステップ6の支払データの登録が完了した後、受取人39に対して、送金があった旨を連絡する。つまり、仮想加盟店口座37から送金金額の範囲内での引出が可能であることを連絡する。受取窓口35を通じて連絡してもよく、連絡手段は、郵送、電話、電子メール等のいずれでもよい。

0140

ステップ9:送金があったことを認知した受取人39は、仮想加盟店口座37から送金の引出を行う。送金の引出は、ATMを含む受取窓口35で行うことができる。また、第1の実施形態で述べたような電子マネーとして受け取ることもできる。

0141

このように、第3の実施形態では、受取人をあたかも加盟店の一つであるかのように想定して仮想的口座を開設し、かつ、送金をあたかも仮想加盟店のクレジットカード売上に対する支払等とみなして仮のカード番号を付与して処理することにより、国際間決済処理ネットワークを利用して通常のクレジットカード支払処理と同様の手順で海外送金を実行することができる。

発明の効果

0142

以上述べた本発明による海外送金システム及び方法は、送金側処理機関と受取側処理機関の中核となる機関(本例では、送金受付会社と送金受取会社)同士の提携関係すなわち互いの信用に基づき、実際の送金処理が完了したか否かに関わらず送金データ等のデータ伝送のみによって受取人への現金の支払が承認される。加えて、本発明のいずれの実施形態においても、送金側と受取側の間のデータ伝送及び支払処理等に関して、既に確立されている国際クレジットカード会社保有の決済処理ネットワークを利用することから、これらのネットワークにおける通常の業務処理とまとめて行うことができる。これらにより、低コストかつ迅速な海外送金処理が実現される。

0143

本発明のいずれかの実施形態を利用すれば、受取人及び送金人の双方又はいずれかが銀行口座を保有していない場合にも、互いに海外送金を行うことができる。またいずれの実施形態でも、送金手続の後、実際の送金処理とは関係なく送金手続に基づくデータ伝送のみにより受取人が送金を受け取ることができ、送金に要する期間も短くかつ一定である。いずれの実施形態においても、送金受付会社及び送金受取会社及びこれらの提携先(種々の金融機関含む)の受付窓口及びATMを含め、多数の送金窓口及び受取窓口が確保される。従って、利用者にとって利用できる場所及び時間の選択性広がり、利便性が向上する。

0144

さらに送金受付会社及びその送金受取会社間で実行されるシステム及び方法であるので信頼性が高く、利用者は安心して利用することができる。本発明による海外送金システム及び方法の利用が普及すれば、地下銀行の暗躍も解消され、健全経済活動の維持発展に寄与することとなる。

図面の簡単な説明

0145

図1本発明の第1の実施形態を示すフローを含む概略的構成図である。
図2本発明の第2の実施形態を示すフローを含む概略的構成図である。
図3本発明の第3の実施形態を示すフローを含む概略的構成図である。
図4(A)は、従来の銀行間ネットワークを利用した電信による海外送金システム及び方法の概要を示す概略的構成図である。(B)は、従来の小切手郵送による海外送金システム及び方法の概要を示す概略的構成図である。
図5既存の国際クレジットカード会社保有の決済処理ネットワークを介して行われている国際間のクレジットカード決済業務のフローを概略的に示す図である。

--

0146

11国際間決済処理ネットワーク
21送金側処理機関
22送金受付会社
23 送金側データ処理装置
24データベース(送金側)
25 送金窓口
26情報端末装置
29送金人
31受取側処理機関
32 送金受取会社
33 受取側データ処理装置
34 データベース(受取側)
35 受取窓口
36 情報端末装置
37仮想加盟店口座
39受取人
42、44、46カード
51 受取側データ処理装置
52 送金側データ処理装置
53加盟店管理装置

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ