図面 (/)

技術 成形装置及び成形方法

出願人 日精エー・エス・ビー機械株式会社
発明者 堀籠浩
出願日 2000年12月25日 (20年0ヶ月経過) 出願番号 2000-392325
公開日 2002年7月10日 (18年5ヶ月経過) 公開番号 2002-192603
状態 特許登録済
技術分野 プラスチック等の成形材料の処理、取扱一般 プラスチック等の成形用の型 プラスチック等のブロー成形,熱成形
主要キーワード プッシュロッド先端 上昇付勢力 移送板 エアダンパ 可動ロッド ネック型 回転停止位置 垂下状態
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年7月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

ネック型コア型と独立して駆動可能にして種々の成形条件成形する樹脂材料適合させるとともに、ネック型の損傷等を防止できる成形装置を提供する。

解決手段

射出コア型34を取り付けた型締め板38を下降させて、型締め板38に設けたプッシュロッド40によりネック型22を回転搬送する移送板20をその上昇付勢力に抗して下降させることで、射出コア型34及びネック型22を射出キャビティ型30に型締めするもので、プッシュロッド40を昇降させるプッシュロッド駆動シリンダ42を有する。

概要

背景

概要

ネック型コア型と独立して駆動可能にして種々の成形条件成形する樹脂材料適合させるとともに、ネック型の損傷等を防止できる成形装置を提供する。

射出コア型34を取り付けた型締め板38を下降させて、型締め板38に設けたプッシュロッド40によりネック型22を回転搬送する移送板20をその上昇付勢力に抗して下降させることで、射出コア型34及びネック型22を射出キャビティ型30に型締めするもので、プッシュロッド40を昇降させるプッシュロッド駆動シリンダ42を有する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

コア型を取り付けた型締め板下降させて、前記型締め板に設けたプッシュロッドによりネック型回転搬送する移送板をその上昇付勢力に抗して下降させることで前記コア型及びネック型をキャビティ型型締めする成形装置であって、前記プッシュロッドを昇降させるプッシュロッド駆動手段を有することを特徴とする成形装置。

請求項2

機台上に固定した下部基盤と、前記下部基盤の上方に固定した上部基盤と、前記下部基盤及び上部基盤を貫通するタイバーの上部に固定されて前記タイバーと共に昇降可能にされた型締め板と、前記型締め板の下面側に設けられたコア型と、前記上部基盤の下面側に複数に分割された板体を個々に上下動自在に組み合わせて形成された円形の移送板と、前記移送板を間欠回転する前記上部基盤上の駆動装置と、前記各板体に開閉可能に取り付けられた割型からなるネック型と、前記ネック型の一停止位置における前記下部基盤上に設けたキャビティ型と、前記板体を昇降可能に支持する受け部材と、前記タイバーに固定されて前記受け部材を介して前記板体を上方に付勢する型開閉用の付勢手段と、前記型締め板の下面側に垂下して前記型締め板による型締め時に前記板体を前記付勢手段の付勢力に抗して押下するプッシュロッドと、前記プッシュロッドを昇降駆動するプッシュロッド駆動手段と、を有することを特徴とする成形装置。

請求項3

コア型を取り付けた型締め板を下降させて、前記型締め板に設けたプッシュロッドによりネック型を回転搬送する移送板をその上昇付勢力に抗して下降させることで前記コア型及びネック型をキャビティ型に型締めして成形する成形方法であって、前記型締め板の下降によって前記コア型が前記ネック部と接触する前に前記プッシュロッドをプッシュロッド駆動手段により下降させて前記プッシュロッド先端を前記移送板に当接させる工程と、前記型締め板の下降動作終了直前に前記プッシュロッドを前記プッシュロッド駆動手段により上昇させる工程とを含むことを特徴とする成形方法。

請求項4

コア型を取り付けた型締め板を下降させて、前記型締め板に設けたプッシュロッドによりネック型を回転搬送する移送板をその上昇付勢力に抗して下降させることで前記コア型及びネック型をキャビティ型に型締めして成形する成形方法であって、型開直前に前記プッシュロッドをプッシュロッド駆動手段により移送板側に駆動させ、型開時に前記コア型と前記ネック型とを離間させる工程を含むことを特徴とする成形方法。

技術分野

0001

本発明は、成形装置及び成形方法に関し、特に、ネック型を上下してキャビティ型との型開閉を行う成形装置及び成形方法に関する。

0002

射出延伸ブロー成形装置として、例えば、分割形成された移送板の下面側にネック型を取り付け、この移送板を間欠回転可能にすると共に、移送板の回転停止位置に配設された各成形部にネック部を循環搬送するものが知られている。

0003

このような射出延伸ブロー成形装置では、例えば、射出成形部において、移送板を上方に付勢した状態とし、型締め板取付けプッシュロッドが型締め板の下降によって移送板を押し下げると共に、射出コア型とネック型を当接させながら一緒射出キャビティ型に対して型締め動作させることが行われている。

0004

この場合、型開き時にネック型が上昇している間、射出コア型がネック型に接触していることとなり、射出成形されたプリフォームはネック型の上昇中にも射出コア型によって冷却され続けることとなる。

0005

これに対し、成形条件によっては、射出成形時のプリフォームの保有熱量をできるだけ維持してブロー成形を行いたい場合がある。

0006

また、成形する樹脂材料、例えばPP(ポリプロピレン)等では、プリフォームを射出キャビティ型から離型した後に、射出コア型を離型駆動させると、プリフォームが密着して離型不良が生じやすく、そのため、プリフォームを射出キャビティ型から離型させる前に、射出コア型を離型駆動させたい場合もある。

0007

さらに、射出コア型が下降途中でネック型に当接すると、当接した際に割型からなるネック型が多少型開き状態になることがあり、その分型締め時に射出キャビティ型と接触してネック型の寿命を短くしてしまうこともある。

0008

本発明の目的は、ネック型をコア型と独立して駆動可能にして、種々の成形条件や成形する樹脂材料に適合させるとともに、ネック型の耐久性を向上できる成形装置を提供することにある。

0009

本発明の他の目的は、種々の成形条件や成形する樹脂材料に適合した成形方法またはネック型の耐久性を向上できる成形方法を提供することにある。

課題を解決するための手段

0010

前記目的を達成するため、本発明の成形装置は、コア型を取り付けた型締め板を下降させて、前記型締め板に設けたプッシュロッドによりネック型を回転搬送する移送板をその上昇付勢力に抗して下降させることで前記コア型及びネック型をキャビティ型に型締めする成形装置であって、前記プッシュロッドを昇降させるプッシュロッド駆動手段を有することを特徴とする。

0011

また、本発明の他の成形装置は、機台上に固定した下部基盤と、前記下部基盤の上方に固定した上部基盤と、前記下部基盤及び上部基盤を貫通するタイバーの上部に固定されて前記タイバーと共に昇降可能にされた型締め板と、前記型締め板の下面側に設けられたコア型と、前記上部基盤の下面側に複数に分割された板体を個々に上下動自在に組み合わせて形成された円形の移送板と、前記移送板を間欠回転する前記上部基盤上の駆動装置と、前記各板体に開閉可能に取り付けられた割型からなるネック型と、前記ネック型の一停止位置における前記下部基盤上に設けたキャビティ型と、前記板体を昇降可能に支持する受け部材と、前記タイバーに固定されて前記受け部材を介して前記板体を上方に付勢する型開閉用の付勢手段と、前記型締め板の下面側に垂下して前記型締め板による型締め時に前記板体を前記付勢手段の付勢力に抗して押下するプッシュロッドと、前記プッシュロッドを昇降駆動するプッシュロッド駆動手段と、を有することを特徴とする。

0012

このような成形装置によれば、移送板を下降させるプッシュロッドをプッシュロッド駆動手段によって昇降可能とすることで、ネック型をコア型と独立して駆動可能にすることができ、その結果、種々の成形条件や成形する樹脂材料に適合させるとともに、ネック型の耐久性を向上することができる。

0013

例えば、成形条件によって、射出成形時のプリフォームの保有熱量をできるだけ維持してブロー成形を行いたい場合には、型開時にプッシュロッドを駆動させて、できるだけ早い時期に射出コア型を離型駆動させることができ、また、成形する樹脂材料によっては、プリフォームを射出キャビティ型から離型させる前に射出コア型を離型駆動させることで、成形安定性を実現できる。

0014

また、型閉じ動作において射出コア型とネック型とを当接しない状態にして、型締め直前にネック型に対して射出コア型を当接させることで、ネック型の耐久性を向上させるすることもできる。

0015

本発明の成形方法は、コア型を取り付けた型締め板を下降させて、前記型締め板に設けたプッシュロッドによりネック型を回転搬送する移送板をその上昇付勢力に抗して下降させることで前記コア型及びネック型をキャビティ型に型締めして成形する成形方法であって、前記型締め板の下降によって前記コア型が前記ネック部と接触する前に前記プッシュロッドをプッシュロッド駆動手段により下降させて前記プッシュロッド先端を前記移送板に当接させる工程と、前記型締め板の下降動作終了直前に前記プッシュロッドを前記プッシュロッド駆動手段により上昇させる工程とを含むことを特徴とする。

0016

本発明によれば、型締め板の下降によってコア型がネック型と接触する前にプッシュロッドをプッシュロッド駆動手段により下降させることで、ネック型に対してコア型を当接させない状態で型閉じ動作を行わせることができ、型締め板の下降動作終了直前にプッシュロッドを上昇させることで、ネック型がキャビティ型内に挿入された状態でコア型を型締めすることができ、ネック型の型開き状態を防止してネック型の耐久性を向上させることができる。

0017

また、本発明の他の成形方法は、コア型を取り付けた型締め板を下降させて、前記型締め板に設けたプッシュロッドによりネック型を回転搬送する移送板をその上昇付勢力に抗して下降させることで前記コア型及びネック型をキャビティ型に型締めして成形する成形方法であって、型開直前に前記プッシュロッドをプッシュロッド駆動手段により移送板側に駆動させ、型開時に前記コア型と前記ネック型とを離間させる工程を含むことを特徴とする。

0018

本発明によれば、型開直前にプッシュロッドを移送板側に駆動させ、型開時にコア型とネック型とを離間させることで、種々の成形条件や成形する樹脂材料に適合した成形を行うことができる。

0019

例えば、成形条件によって、射出成形時のプリフォームの保有熱量をできるだけ維持したい場合や、成形する樹脂材料によってプリフォームを射出キャビティ型から離型させる前に射出コア型を離型駆動させることができる。

発明を実施するための最良の形態

0020

以下、本発明の好適な実施の形態について、図面を参照して詳細に説明する。

0021

図1図5は、本発明の一実施の形態に係る射出延伸ブロー成形装置の射出成形部を示す図である。

0022

この射出延伸ブロー成形装置10は、図1及び図2に示すように、機台12上に立設した支持バー14によって機台12の上方に上部基板16が固定されている。

0023

この上部基板16の下面側には、分割された複数の扇形の板体18を個々に上下動自在に組み合わせて形成した円形の移送板20を上部基板16上に設けた図示せぬ駆動装置により間欠回転可能にしている。

0024

各板体18には、その下面側に割型からなる複数のネック型22を開閉可能に取り付けたネック型支持板24が取り付けられている。

0025

そして、各板体18に取り付けられたネック型22が、移送板20の回転停止位置に形成された射出成形部26や図示せぬ加熱部、延伸ブロー成形部、取出部等の各部に搬送されて、それぞれの処理が行われるようになっている。

0026

射出成形部26は、プリフォーム(図示せず)を射出成形するもので、機台12の上面に下部基板28を固定し、この下部基板28上に射出キャビティ型30が設けられている。

0027

そしてこの射出キャビティ型30に対して、型締め装置32によって、ネック型22及び射出コア型34が型開閉及び型締め可能にされている。

0028

型締め装置32は、3本のタイバー36と、型締め板38と、複数のプッシュロッド40と、プッシュロッド駆動手段としてのプッシュロッド駆動シリンダ42とを有する。

0029

各タイバー36は、下部基板28及び上部基板16を貫通し、機台12内に配設された図示せぬ油圧駆動型締めシリンダにより昇降可能にされている。

0030

また、各タイバー36には、板体18の下面をスライド可能に受ける受部材46が設けられ、受部材46の下面には、型開閉シリンダ44が固定され、この型開閉シリンダ44のピストンロッド下端は機台12に固定させることで、受部材46を常時上方に付勢するエアダンパとしている。

0031

型締め板38は、タイバー36の上部に固定されてタイバー36とともに昇降可能にされている。

0032

また、この型締め板38の下面側には、コア型取付フレーム48が取り付けられ、このコア型取付フレーム48の下面にコア型固定板50を介して射出コア型34が垂下状態で取り付けられた状態となっている。

0033

プッシュロッド40は、型締め板38の下面側に垂下して、型締め板38による型締め時に板体18を型開閉シリンダ44の付勢力に抗して押下するようになっている。

0034

また、このプッシュロッド40は、プッシュロッド駆動シリンダ42によって昇降駆動されるようになっている。

0035

具体的には、プッシュロッド40は、型締め板38の下面側に配したプッシュロッド固定板52に上端部が取り付けられるようになっており、プッシュロッド駆動シリンダ42は、型締め板38の上面側にスペーサ54を介して取り付けられ、型締め板38上に配したプッシュロッド可動板56を昇降可能にしており、このプッシュロッド可動板56とプッシュロッド固定板52とを可動ロッド58にて連結することで、プッシュロッド40を昇降可能にしている。

0036

次に、このような射出延伸ブロー成形装置10における射出成形部26の成形方法について説明する。

0037

まず、移送板20の間欠回転によって、常に1枚の板体18が受部材46上に位置した状態で停止する。

0038

この停止位置では、板体18は受部材46にら受け止められた状態となり、射出キャビティ型30の上方にネック型22が静止した状態となる。

0039

この状態で、板体18は、型開閉シリンダ44により受部材46を介して上方に付勢された状態となっている。

0040

この状態から型締め板38を下降させて型締め動作を行うのであるが、この型締め板38の下降動作開始前にプッシュロッド駆動シリンダ42を駆動させて、プッシュロッド可動板56を下降させると、可動ロッド58及びプッシュロッド固定板52を介してプッシュロッド40が図1二点鎖線で示す位置Aまで下降することとなる。

0041

なお、このプッシュロッド40の下降は、型締め板38の下降動作開始前に限らず、射出コア型34がネック型22と接触する前であれば良い。

0042

この状態で、型締め板38を下降駆動させると、図4に示すように、プッシュロッド40の下端が板体18の上面に当接し、板体18を型開閉シリンダ44の付勢力に抗して下降させることとなる。

0043

なお、図4では、プリフォームを記載しているが、この場合には、プリフォームは未だ存在していない。

0044

この場合、射出コア型34は、プッシュロッド40が板体18と当接するため、ネック型22内には挿入されるが、ネック型22とは接触しない状態で維持されることとなる。

0045

従って、ネック型22が射出コア型34の挿入によって開かれることはなく、図4に示すように、射出キャビティ型30と型閉した後、射出コア型34の下降動作終了直前にプッシュロッド駆動シリンダ42でプッシュロッド40を上昇させる。

0046

すると、図5に示すように、ネック型22が射出キャビティ型30のキャビティ面に接触した状態で射出コア型34がネック型22内に挿入されることとなる。

0047

なお、図5には、プリフォームを記載しているが、この場合、プリフォームは未だ存在していない。

0048

そして、型締め板38により射出コア型34及びネック型22に型締め力を付与し、射出キャビティ型30と型締めさせ、プリフォームを射出成形することとなる。

0049

次に、射出成形終了後、所定時間冷却させた後、型開直前にプッシュロッド駆動シリンダ42によりプッシュロッド40を板体18側に駆動(下降駆動)させる。

0050

そして、型締め板38を型開駆動上昇駆動)させると、型開時に、図4に示すように、射出コア型34とネック型22を離間させることができる。

0051

この場合、プリフォームがまだ射出キャビティ型30のキャビティ面に密着した状態であるため、射出コア型34とプリフォームとの離型は、離型不良を生じさせることなく確実に行うことができる。

0052

また、成形条件によって、プリフォームの射出成形時の保有熱量をできるだけ維持してブロー成形を行いたい場合にも、射出コア型34がプリフォームから離型された状態で型開動作が行われるため、冷却時間を短くして保有熱量を有効に利用することができる。

0053

本発明は、前記実施の形態に限定されるものではなく、本発明の要旨の範囲内において種々の形態に変形可能である。

0054

例えば、前記実施の形態においては、射出延伸ブロー成形装置について説明したが、この例に限らず、射出成形部と取出部を有する射出成形装置に適用することも可能である。

0055

また、射出延伸ブロー成形装置において射出成形部と加熱とブロー成形部と取り出し部を有する場合について説明したが、加熱部は適宜省略することも可能である。

図面の簡単な説明

0056

図1本発明の一実施の形態に係る射出延伸ブロー成形装置における射出成形部の型開状態の正面図である。
図2図1の状態から型締めした状態を示す正面図である。
図3図2型締め状態における側面図である。
図4型閉じ状態におけるプッシュロッドと射出キャビティ型とネック型の状態を示す断面図である。
図5図4の状態から型締めした状態を示す断面図である。

--

0057

10射出延伸ブロー成形装置
12機台
16 上部基板
18板体
20移送板
22ネック型
26射出成形部
28 下部基板
30射出キャビティ型
32型締め装置
34射出コア型
36タイバー
38型締め板
40プッシュロッド
42 プッシュロッド駆動シリンダ
44型開閉シリンダ
46 受部材

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 信越化学工業株式会社の「 タイヤ成型用離型剤組成物およびタイヤ成型用ブラダー」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】一度離型剤を塗布した後、再度離型剤を塗布することなく、従来よりも大幅に多く繰り返し連続してタイヤの成型加硫が可能となる、離型性に優れたタイヤ成型用離型剤組成物を提供する。【解決手段】(A)1分... 詳細

  • アズビル株式会社の「 金型」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】異物を挟み込んだ場合でも、型かじりを防止することができる金型を提供する。【解決手段】固定側金型10と、固定側金型10に対して進退可能に設けられる可動側金型20と、固定側金型10及び可動側金型2... 詳細

  • 株式会社ブリヂストンの「 ベントホール清掃装置及びベントホール清掃方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】タイヤ加硫用モールドのベントホールを清掃する際に、ベントホールに挿入する清掃工具が折れるのを防止する。【解決手段】ベントホール清掃装置100は、タイヤ加硫用モールド1の姿勢を検出するモールド検... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ