図面 (/)

技術 自動変速機のレンジ切り換え制御装置

出願人 日産自動車株式会社
発明者 西野健司
出願日 2000年12月18日 (20年5ヶ月経過) 出願番号 2000-383373
公開日 2002年6月26日 (18年11ヶ月経過) 公開番号 2002-178778
状態 特許登録済
技術分野 変速制御装置の配置,取付け
主要キーワード 判断論理 誤操作防止用 常開スイッチ プラススイッチ 複数スイッチ ソレノイド油圧 レンジ選択スイッチ 論理表
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年6月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

シフトバイワイヤ式レンジ切り換え装置の誤操作防止を、2スイッチの操作により実現し、機械的な手段の付設によることなく簡素に目的を達する。

解決手段

(1),(2)のように、第2マイナススイッチ−SW2または第1マイナススイッチ−SW1を操作した場合、現在P,2レンジであれば慎重を要するP→R、2→1レンジ切り換えであるから、現在のレンジを保持する。しかし(3)のように、−SW2および−SW1の双方を操作した場合、運転者が当該レンジ切り換えを希望していて誤操作でないとし、これらの切り換えを行わせる。(4),(5)のように、第1プラススイッチ+SW1または第2プラススイッチ+SW2を操作した場合、現在R,Nレンジであれば慎重を要するR→P、N→Rレンジ切り換えであるから、現在のレンジを保持する。しかし(6)のように、+SW1および+SW2の双方を操作した場合、誤操作でないからこれを行わせる。

概要

背景

自動変速機有段式自動変速機か無段式自動変速機かを問わず、希望する走行形態に応じて運転者マニュアルバルブ前進自動変速(D)レンジや、2速エンジンブレーキ(2)レンジや、1速エンジンブレーキ(1)レンジや、後退走行(R)レンジや、駐車(P)レンジや、中立(N)レンジに対応した位置にすることにより、該マニュアルバルブによる油路切り換え制御下で希望の走行形態(駐停車を含む)を実現することができる。そして、マニュアルバルブを希望するレンジに対応した位置にするに当たっては通常、運転者がマニュアルバルブをリンクなどにより直接機械的に操作して選択レンジ対応の位置にするよう構成するのが普通であった。

ところで、運転者が操作するシフトレバーとマニュアルバルブとの間を上記リンクなどで連結するには大きなスペースが必要であるし、これらシフトレバーおよびマニュアルバルブ間の相対位置の自由度も低くなることから、これに代えて、運転者のスイッチ操作によるレンジ選択指令応動するモータ等のアクチュエータによりマニュアルバルブを電子的に選択レンジ対応の位置にするようにした、所謂シフトバイワイヤ式レンジ切り換え制御装置が従来、例えば特開平5−18236号公報により提案されている。

一方で、自動変速機のレンジ切り換えには慎重を要するレンジ切り換えがあり、殆どの自動変速機で採用されている一般的なPレンジ、Rレンジ、Nレンジ、Dレンジ、2レンジ、1レンジの順次配列になるレンジパターンについて説明すると、PレンジからRレンジへの切り換え、2レンジから1レンジへの切り換え、NレンジからRレンジへの切り換え、RレンジからPレンジへの切り換えが慎重を要するレンジ切り換えである。これがため前者の機械式のレンジ切り換え制御装置にあっては、これらのレンジ切り換えに際し、運転者が操作するシフトレバーに設けた押しボタンを押した状態にしなければこのシフトレバーを上記のレンジ切り換えのための操作を行い得ないようにし、これにより運転者が誤ってP→Rレンジ切り換え操作や、2→1レンジ切り換え操作や、N→Rレンジ切り換え操作や、R→Pレンジ切り換え操作を行うことのないようにする対策がなされている。

概要

シフトバイワイヤ式レンジ切り換え装置の誤操作防止を、2スイッチの操作により実現し、機械的な手段の付設によることなく簡素に目的を達する。

(1),(2)のように、第2マイナススイッチ−SW2または第1マイナススイッチ−SW1を操作した場合、現在P,2レンジであれば慎重を要するP→R、2→1レンジ切り換えであるから、現在のレンジを保持する。しかし(3)のように、−SW2および−SW1の双方を操作した場合、運転者が当該レンジ切り換えを希望していて誤操作でないとし、これらの切り換えを行わせる。(4),(5)のように、第1プラススイッチ+SW1または第2プラススイッチ+SW2を操作した場合、現在R,Nレンジであれば慎重を要するR→P、N→Rレンジ切り換えであるから、現在のレンジを保持する。しかし(6)のように、+SW1および+SW2の双方を操作した場合、誤操作でないからこれを行わせる。

目的

請求項1に記載の第1発明は、慎重を要するレンジ切り換えが複数スイッチの操作によってしか行われ得ないようにすることで当該レンジ切り換えが運転者の意に反して不用意に行われてしまう誤操作を防止し得るようにし、もって上記のような機械的な誤操作対策を一切施すことなく、従ってシフトバイワイヤ式レンジ切り換え制御装置の利点である操作システムの簡素化を損なうことなく、慎重を要するレンジ切り換えの誤操作を防止し得るようにした自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

請求項2に記載の第2発明は、レンジ切り換えをスイッチ操作により行うようにするといえども、運転者が操作するスイッチの数を少なくしてレンジ切り換え操作が煩わしくなることのないようにした自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

請求項3に記載の第3発明は、第2発明におけるようなスイッチを利用して、つまり、誤操作防止用のスイッチを付加することなく、安価に第1発明の作用効果を達成し得るようにした自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

請求項4に記載の第4発明は、第3発明におけるスイッチを運転者による操作が容易となるような配置とした自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

請求項5に記載の第5発明は、慎重を要するレンジ切り換えの誤操作を専用スイッチの付加により防止し、操作性を向上させた自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

請求項6に記載の第6発明は、自動変速モード手動変速モードとの間の切り換えを行うスイッチを利用して安価に、慎重を要するレンジ切り換えの誤操作を防止し得るようにした自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

請求項7に記載の第7発明は、第6発明においてレンジ切り換えスイッチを、手動変速モードで変速指令するためのシフトスイッチとしても利用可能にし、これによりスイッチ数の減少、つまりコスト低減、更には操作性の向上を実現させ得た自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

請求項8に記載の第8発明は、手動変速モードでも低速段選択時には自動的にエンジンブレーキが効くようなレンジ切り換えを実現した自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

請求項9に記載の第9発明は、上記したごとき慎重を要するレンジ切り換えの誤操作防止対策によっても、手動変速モードでの素早い変速操作が可能となるようにした自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

請求項10に記載の第10発明は、前記の誤操作が起きた時の違和感が大きな後退走行レンジへの誤操作が確実に防止されるようにした自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

請求項11に記載の第11発明は、前記の誤操作が起きた時の違和感が大きな駐車レンジへの誤操作が確実に防止されるようにした自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

請求項12に記載の第12発明は、前記の誤操作が起きた時の違和感が大きな低速段エンジンブレーキレンジへの誤操作が確実に防止されるようにした自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

運転者がスイッチを操作することにより選択したレンジに応じて変速動作を行う自動変速機において、慎重を要するレンジ切り換えは、前記スイッチのうち複数のスイッチの操作があった時にのみ行い得るよう構成したことを特徴とする自動変速機のレンジ切り換え制御装置

請求項2

請求項1において、前記運転者が操作するスイッチはレンジ切り換えの方向を指令するレンジ切り換え方向指令スイッチであることを特徴とする自動変速機のレンジ切り換え制御装置。

請求項3

請求項2において、前記レンジ切り換え方向指令スイッチを一対1組として複数組設け、慎重を要するレンジ切り換えは、同じ方向のレンジ切り換え方向指令スイッチが複数個操作された時に初めて該レンジ切り換えが行われるよう構成したことを特徴とする自動変速機のレンジ切り換え制御装置。

請求項4

請求項3において、前記レンジ切り換え方向指令スイッチをレンジ切り換え方向が異なるもの同士一対1組として、ステアリングホイール中立位置で該ステアリングホイールの左右に1組ずつ設けたことを特徴とする自動変速機のレンジ切り換え制御装置。

請求項5

請求項1において、前記運転者が操作するスイッチとして、レンジ切り換えを指令するレンジ切り換えスイッチの他に解除スイッチを設け、慎重を要するレンジ切り換えは、解除スイッチの操作があった時のみ行い得るよう構成したことを特徴とする自動変速機のレンジ切り換え制御装置。

請求項6

請求項1乃至4のいずれか1項において、自動変速機をモード切り換えスイッチにより自動変速モード手動変速モードとの間で切り換え可能とし、自動変速モードで自動変速機は運転者がレンジ切り換えスイッチにより選択したレンジに応じて変速動作を行い、手動変速モードで自動変速機は運転者が指令した変速段を任意に選択することができ、自動変速モードでのレンジ切り換えのうち慎重を要するレンジ切り換えは、運転者がモード切り換えスイッチにより自動変速モードの選択を指令した時にのみ行い得るよう構成したことを特徴とする自動変速機のレンジ切り換え制御装置。

請求項7

請求項6において、前記運転者が操作するレンジ切り換えスイッチはレンジ切り換えの方向を指令するレンジ切り換え方向指令スイッチとし、該レンジ切り換えスイッチを、手動変速モードで運転者が変速を指令する時のためのシフトスイッチとして兼用するよう構成したことを特徴とする自動変速機のレンジ切り換え制御装置。

請求項8

請求項6または7において、自動変速モードで自動変速機は運転者がレンジ切り換えスイッチにより選択したレンジに対応する位置にマニュアルバルブ変位して該マニュアルバルブからの油圧により選択レンジに応じた変速動作を行うと共に、マニュアルバルブが低速段エンジンブレーキレンジ対応の位置にある時は該マニュアルバルブからの油圧によりエンジンブレーキ用摩擦要素締結して該低速段でのエンジンブレーキが可能となるようにし、手動変速モードで前記低速段が選択される時にマニュアルバルブを前記低速段エンジンブレーキレンジ対応の位置にするよう構成したことを特徴とする自動変速機のレンジ切り換え制御装置。

請求項9

請求項6乃至8のいずれか1項において、手動変速モードでの全ての変速を、運転者が変速を指令する時のためのシフトスイッチの1操作のみにより行い得るよう構成したことを特徴とする自動変速機のレンジ切り換え制御装置。

請求項10

請求項1乃至9のいずれか1項において、前記慎重を要するレンジ切り換えが後退走行レンジへのレンジ切り換えであることを特徴とする自動変速機のレンジ切り換え制御装置。

請求項11

請求項1乃至10のいずれか1項において、前記慎重を要するレンジ切り換えが駐車レンジへのレンジ切り換えであることを特徴とする自動変速機のレンジ切り換え制御装置。

請求項12

請求項1乃至11のいずれか1項において、前記慎重を要するレンジ切り換えが低速段エンジンブレーキレンジへのレンジ切り換えであることを特徴とする自動変速機のレンジ切り換え制御装置。

技術分野

0001

本発明は、自動変速機レンジ切り換え制御装置に関し、特に運転者リンクなどにより直接機械的にレンジを選択するのでなく、運転者のスイッチ操作により例えば電子的にレンジを選択するようにした、所謂シフトバイワイヤ式のレンジ切り換え制御装置に関するものである。

背景技術

0002

自動変速機は有段式自動変速機か無段式自動変速機かを問わず、希望する走行形態に応じて運転者がマニュアルバルブ前進自動変速(D)レンジや、2速エンジンブレーキ(2)レンジや、1速エンジンブレーキ(1)レンジや、後退走行(R)レンジや、駐車(P)レンジや、中立(N)レンジに対応した位置にすることにより、該マニュアルバルブによる油路切り換え制御下で希望の走行形態(駐停車を含む)を実現することができる。そして、マニュアルバルブを希望するレンジに対応した位置にするに当たっては通常、運転者がマニュアルバルブをリンクなどにより直接機械的に操作して選択レンジ対応の位置にするよう構成するのが普通であった。

0003

ところで、運転者が操作するシフトレバーとマニュアルバルブとの間を上記リンクなどで連結するには大きなスペースが必要であるし、これらシフトレバーおよびマニュアルバルブ間の相対位置の自由度も低くなることから、これに代えて、運転者のスイッチ操作によるレンジ選択指令応動するモータ等のアクチュエータによりマニュアルバルブを電子的に選択レンジ対応の位置にするようにした、所謂シフトバイワイヤ式のレンジ切り換え制御装置が従来、例えば特開平5−18236号公報により提案されている。

0004

一方で、自動変速機のレンジ切り換えには慎重を要するレンジ切り換えがあり、殆どの自動変速機で採用されている一般的なPレンジ、Rレンジ、Nレンジ、Dレンジ、2レンジ、1レンジの順次配列になるレンジパターンについて説明すると、PレンジからRレンジへの切り換え、2レンジから1レンジへの切り換え、NレンジからRレンジへの切り換え、RレンジからPレンジへの切り換えが慎重を要するレンジ切り換えである。これがため前者の機械式のレンジ切り換え制御装置にあっては、これらのレンジ切り換えに際し、運転者が操作するシフトレバーに設けた押しボタンを押した状態にしなければこのシフトレバーを上記のレンジ切り換えのための操作を行い得ないようにし、これにより運転者が誤ってP→Rレンジ切り換え操作や、2→1レンジ切り換え操作や、N→Rレンジ切り換え操作や、R→Pレンジ切り換え操作を行うことのないようにする対策がなされている。

発明が解決しようとする課題

0005

ところで後者のスイッチ式レンジ切り換え制御装置では、何れのレンジ切り換えも1つのスイッチ操作で一挙に、または段階的にこれが行われ得るため、慎重を要するレンジ切り換えについて上記のような誤操作の防止を行うことが困難である。なお、慎重を要するレンジ切り換えのためのスイッチを、ボタンの下面などに付設した機械的な手段により上記のような誤操作を回避する対策も考えられるが、この場合シフトバイワイヤ式レンジ切り換え制御装置の利点である操作システムの簡素化が損なわれしまい得策ではない。

0006

請求項1に記載の第1発明は、慎重を要するレンジ切り換えが複数スイッチの操作によってしか行われ得ないようにすることで当該レンジ切り換えが運転者の意に反して不用意に行われてしまう誤操作を防止し得るようにし、もって上記のような機械的な誤操作対策を一切施すことなく、従ってシフトバイワイヤ式レンジ切り換え制御装置の利点である操作システムの簡素化を損なうことなく、慎重を要するレンジ切り換えの誤操作を防止し得るようにした自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

0007

請求項2に記載の第2発明は、レンジ切り換えをスイッチ操作により行うようにするといえども、運転者が操作するスイッチの数を少なくしてレンジ切り換え操作が煩わしくなることのないようにした自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

0008

請求項3に記載の第3発明は、第2発明におけるようなスイッチを利用して、つまり、誤操作防止用のスイッチを付加することなく、安価に第1発明の作用効果を達成し得るようにした自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

0009

請求項4に記載の第4発明は、第3発明におけるスイッチを運転者による操作が容易となるような配置とした自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

0010

請求項5に記載の第5発明は、慎重を要するレンジ切り換えの誤操作を専用スイッチの付加により防止し、操作性を向上させた自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

0011

請求項6に記載の第6発明は、自動変速モード手動変速モードとの間の切り換えを行うスイッチを利用して安価に、慎重を要するレンジ切り換えの誤操作を防止し得るようにした自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

0012

請求項7に記載の第7発明は、第6発明においてレンジ切り換えスイッチを、手動変速モードで変速指令するためのシフトスイッチとしても利用可能にし、これによりスイッチ数の減少、つまりコスト低減、更には操作性の向上を実現させ得た自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

0013

請求項8に記載の第8発明は、手動変速モードでも低速段選択時には自動的にエンジンブレーキが効くようなレンジ切り換えを実現した自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

0014

請求項9に記載の第9発明は、上記したごとき慎重を要するレンジ切り換えの誤操作防止対策によっても、手動変速モードでの素早い変速操作が可能となるようにした自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

0015

請求項10に記載の第10発明は、前記の誤操作が起きた時の違和感が大きな後退走行レンジへの誤操作が確実に防止されるようにした自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

0016

請求項11に記載の第11発明は、前記の誤操作が起きた時の違和感が大きな駐車レンジへの誤操作が確実に防止されるようにした自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

0017

請求項12に記載の第12発明は、前記の誤操作が起きた時の違和感が大きな低速段エンジンブレーキレンジへの誤操作が確実に防止されるようにした自動変速機のレンジ切り換え制御装置を提案することを目的とする。

課題を解決するための手段

0018

これらの目的のため、先ず第1発明による自動変速機のレンジ切り換え制御装置は、運転者がスイッチを操作することにより選択したレンジに応じて変速動作を行う自動変速機において、慎重を要するレンジ切り換えは、前記スイッチのうち複数のスイッチの操作があった時にのみ行い得るよう構成したことを特徴とするものである。

0019

第2発明による自動変速機のレンジ切り換え制御装置は、第1発明において、前記運転者が操作するスイッチがレンジ切り換えの方向を指令するレンジ切り換え方向指令スイッチであることを特徴とするものである。

0020

第3発明による自動変速機のレンジ切り換え制御装置は、第2発明において、前記レンジ切り換え方向指令スイッチを一対1組として複数組設け、慎重を要するレンジ切り換えは、同じ方向のレンジ切り換え方向指令スイッチが複数個操作された時に初めて該レンジ切り換えが行われるよう構成したことを特徴とするものである。

0021

第4発明による自動変速機のレンジ切り換え制御装置は、第3発明において、前記レンジ切り換え方向指令スイッチをレンジ切り換え方向が異なるもの同士一対1組として、ステアリングホイールの中立位置で該ステアリングホイールの左右に1組ずつ設けたことを特徴とするものである。

0022

第5発明による自動変速機のレンジ切り換え制御装置は、第1発明において、前記運転者が操作するスイッチとして、レンジ切り換えを指令するレンジ切り換えスイッチの他に解除スイッチを設け、慎重を要するレンジ切り換えは、解除スイッチの操作があった時のみ行い得るよう構成したことを特徴とするものである。

0023

第6発明による自動変速機のレンジ切り換え制御装置は、第1発明乃至第4発明のいずれかにおいて、自動変速機をモード切り換えスイッチにより自動変速モードと手動変速モードとの間で切り換え可能とし、自動変速モードで自動変速機は運転者がレンジ切り換えスイッチにより選択したレンジに応じて変速動作を行い、手動変速モードで自動変速機は運転者が指令した変速段を任意に選択することができ、自動変速モードでのレンジ切り換えのうち慎重を要するレンジ切り換えは、運転者がモード切り換えスイッチにより自動変速モードの選択を指令した時にのみ行い得るよう構成したことを特徴とするものである。

0024

第7発明による自動変速機のレンジ切り換え制御装置は、第6発明において、前記運転者が操作するレンジ切り換えスイッチはレンジ切り換えの方向を指令するレンジ切り換え方向指令スイッチとし、該レンジ切り換えスイッチを、手動変速モードで運転者が変速を指令する時のためのシフトスイッチとして兼用するよう構成したことを特徴とするものである。

0025

第8発明による自動変速機のレンジ切り換え制御装置は、第6発明または第7発明において、自動変速モードで自動変速機は運転者がレンジ切り換えスイッチにより選択したレンジに対応する位置にマニュアルバルブを変位して該マニュアルバルブからの油圧により選択レンジに応じた変速動作を行うと共に、マニュアルバルブが低速段エンジンブレーキレンジ対応の位置にある時は該マニュアルバルブからの油圧によりエンジンブレーキ用摩擦要素締結して該低速段でのエンジンブレーキが可能となるようにし、手動変速モードで前記低速段が選択される時にマニュアルバルブを前記低速段エンジンブレーキレンジ対応の位置にするよう構成したことを特徴とするものである。

0026

第9発明による自動変速機のレンジ切り換え制御装置は、第6発明乃至第8発明のいずれかにおいて、手動変速モードでの全ての変速を、運転者が変速を指令する時のためのシフトスイッチの1操作のみにより行い得るよう構成したことを特徴とするものである。

0027

第10発明による自動変速機のレンジ切り換え制御装置は、第1発明乃至第9発明のいずれかにおいて、前記慎重を要するレンジ切り換えが後退走行レンジへのレンジ切り換えであることを特徴とするものである。

0028

第11発明による自動変速機のレンジ切り換え制御装置は、第1発明乃至第10発明のいずれかにおいて、前記慎重を要するレンジ切り換えが駐車レンジへのレンジ切り換えであることを特徴とするものである。

0029

第12発明による自動変速機のレンジ切り換え制御装置は、第1発明乃至第11発明のいずれかにおいて、前記慎重を要するレンジ切り換えが低速段エンジンブレーキレンジへのレンジ切り換えであることを特徴とするものである。

発明の効果

0030

自動変速機は、運転者がスイッチを操作することにより選択したレンジに応じて変速動作を行う。ところで第1発明の場合、慎重を要するレンジ切り換えは、上記スイッチのうち複数のスイッチの操作があった時にのみ行い得るようにしたから、当該レンジ切り換えが運転者の意に反して不用意に行われてしまう誤操作を防止することができる。しかもこの誤操作防止をスイッチ操作ロジックへの対策で実現したから、従来のような機械的な誤操作対策を一切施すことなく、従ってシフトバイワイヤ式レンジ切り換え制御装置の利点である操作システムの簡素化を損なうことなく、慎重を要するレンジ切り換えの誤操作を防止することができる。

0031

第2発明においては、上記のごとく運転者が操作するスイッチを、レンジ切り換えの方向を指令するレンジ切り換え方向指令スイッチとしたから、レンジ切り換えをスイッチ操作により行うようにするとはいっても、スイッチの数がレンジの数より少なくてもレンジ切り換えを行うことができ、運転者が操作するスイッチの数を少なくしてレンジ切り換え操作が煩わしくなることのないようにし得る。

0032

第3発明においては、第2発明におけるレンジ切り換え方向指令スイッチを一対1組として複数組設け、慎重を要するレンジ切り換えは、同じ方向のレンジ切り換え方向指令スイッチが複数個操作された時に初めて行われるようにしたら、第2発明におけるスイッチを利用して、つまり、誤操作防止用のスイッチを付加することなく、安価に第1発明の作用効果を達成することができる。

0033

第4発明においては、上記レンジ切り換え方向指令スイッチをレンジ切り換え方向が異なるもの同士一対1組として、ステアリングホイールの中立位置で該ステアリングホイールの左右に1組ずつ設けたため、第3発明のごとく、慎重を要するレンジ切り換えに際し、同じ方向のレンジ切り換え方向指令スイッチを複数個操作する時に両手による同時操作が可能となり、スイッチの操作が容易になるとともにその操作性が向上する。

0034

第5発明においては、第1発明における運転者が操作するスイッチとして、レンジ切り換えを指令するレンジ切り換えスイッチの他に解除スイッチを設け、慎重を要するレンジ切り換えは、解除スイッチの操作があった時のみ行い得るようにしたから、慎重を要するレンジ切り換えの誤操作を専用スイッチの付加により防止し、操作性を向上させることができる。

0035

第6発明においては、自動変速機をモード切り換えスイッチにより切り換え可能な自動変速モードと手動変速モードとで動作可能とし、自動変速モードで自動変速機は運転者がレンジ切り換えスイッチにより選択したレンジに応じて変速動作を行い、手動変速モードで自動変速機は運転者が指令した変速段を任意に選択することができる。ところで自動変速モードでのレンジ切り換えのうち慎重を要するレンジ切り換えは、運転者がモード切り換えスイッチにより自動変速モードの選択を指令した時にのみ行い得るようにしたから、自動変速モードと手動変速モードとの間の切り換えを行うスイッチを利用して安価に、慎重を要するレンジ切り換えの誤操作を防止することができる。

0036

第7発明においては、第6発明におけるレンジ切り換えスイッチを、レンジ切り換えの方向を指令するレンジ切り換え方向指令スイッチとし、これを、手動変速モードで運転者が変速を指令する時のためのシフトスイッチとして兼用するため、手動変速モード付きの自動変速機であってもスイッチの数を減少させることができ、コスト低減、更には操作性の向上を実現することができる。

0037

第8発明において自動変速機は、自動変速モードなら運転者がレンジ切り換えスイッチにより選択したレンジに対応する位置にマニュアルバルブを変位して該マニュアルバルブからの油圧により選択レンジに応じた変速動作を行うと共に、マニュアルバルブが低速段エンジンブレーキレンジ対応の位置にある時は該マニュアルバルブからの油圧によりエンジンブレーキ用摩擦要素を締結して該低速段でのエンジンブレーキを可能にする。ところで第8発明においては、手動変速モードで上記低速段が選択される時にマニュアルバルブを上記低速段エンジンブレーキレンジ対応の位置にするため、手動変速モードでも低速段選択時には自動的にエンジンブレーキが効くようなレンジ切り換えを実現することができる。

0038

第9発明においては、手動変速モードでの全ての変速を、運転者が変速を指令する時のためのシフトスイッチの1操作のみにより行い得るようにしたから、前記したごとき慎重を要するレンジ切り換えの誤操作防止対策によっても、手動変速モードでの素早い変速操作が可能となる。

0039

第10発明においては、前記慎重を要するレンジ切り換えが後退走行レンジへのレンジ切り換えであることとしたから、誤操作が起きた時の違和感が大きな後退走行レンジへの誤操作を確実に防止することができる。

0040

第11発明においては、前記慎重を要するレンジ切り換えが駐車レンジへのレンジ切り換えであることとしたから、誤操作が起きた時の違和感が大きな駐車レンジへの誤操作を確実に防止することができる。

0041

第12発明においては、前記慎重を要するレンジ切り換えが低速段エンジンブレーキレンジへのレンジ切り換えであることとしたから、誤操作が起きた時の違和感が大きな低速段エンジンブレーキレンジへの誤操作を確実に防止することができる。

発明を実施するための最良の形態

0042

以下、本発明の実施の形態を図面に基づき詳細に説明する。図1において1は、本発明の一実施の形態になるレンジ切り換え制御装置を具えた有段式の自動変速機を示す。この自動変速機1は、変速制御油圧回路を内蔵したコントロールバルブボディー2を具え、該コントロールバルブボディー2は、変速制御油圧回路中の図示せざるマニュアルバルブを選択レンジ(前記したP,R,N,D,1,2レンジ)対応の位置(P,R,N,D,1,2レンジの順に配列されているものとする)にストロークさせるモータ等のアクチュエータ3を有すると共に、歯車変速機構選択変速段(第1速〜第4速)を決定するためのシフトソレノイド4,5を有する。

0043

自動変速機1の変速段はシフトソレノイド4,5のON,OFFの組み合わせにより決定され、これらシフトソレノイド4,5のON,OFFを、アクチュエータ3の作動位置とともに変速機コントローラ6により制御する。シフトソレノイド4,5のON,OFFによる変速制御のためコントローラ6には、車速VSPの情報や、スロットル開度TVOの情報や、油温などその他の変速制御のための情報を入力するほか、アクチュエータ3を介したレンジ切り換え制御のためコントローラ6には更に、レンジ切り換え方向指令スイッチである第1プラススイッチ+SW1、第1マイナススイッチ−SW1、第2プラススイッチ+SW2、および第2マイナススイッチ−SW2からの信号を入力する。

0044

これらレンジ切り換え方向指令スイッチ+SW1,−SW1,+SW2,−SW2は常開スイッチとし、運転者が操作する時に閉じてレンジ切り換え信号を発するものとする。ここで、第1マイナススイッチ−SW1および第2マイナススイッチ−SW2はそれぞれ、レンジ切り換え信号を発する度に現在の選択レンジから配列順P,R,N,D,1,2レンジと逆の方向へのレンジ切り換えを指令し、第1プラススイッチ+SW1および第2プラススイッチ+SW2はそれぞれ、レンジ切り換え信号を発する度に現在の選択レンジから配列順P,R,N,D,1,2レンジの方向へのレンジ切り換えを指令するものとする。

0045

そして、対をなす第1プラススイッチ+SW1および第1マイナススイッチ−SW1は、これらを1組としてステアリングホイール7の中立位置でその右側に配置し、対をなす第2プラススイッチ+SW2および第2マイナススイッチ−SW2は、これらを1組としてステアリングホイール7の中立位置でその左側に配置し、この際、第1プラススイッチ+SW1を第1マイナススイッチ−SW1よりも上方に配置し、第2プラススイッチ+SW2を第2マイナススイッチ−SW2よりも上方に配置して、この配置とレンジ切り換え方向との間に統一性を持たせるのが良い。

0046

変速機コントローラ6は、レンジ切り換え方向指令スイッチ+SW1,−SW1,+SW2,−SW2からのレンジ切り換え信号を基に、アクチュエータ3を介してマニュアルバルブを図2論理表により示すごとく選択レンジ位置へと変位させる。
(1),(2)の論理に示すように、第2マイナススイッチ−SW2または第1マイナススイッチ−SW1を操作した場合、現在の選択レンジがPレンジであれば、レンジ切り換え方向次段がRレンジであって、慎重を要するP→Rレンジ切り換えであることから、当該第2マイナススイッチ−SW2または第1マイナススイッチ−SW1のみの操作ではレンジ切り換えを行わせず、このPレンジを保持(KEEP)し、現在の選択レンジがRレンジであれば、レンジ切り換え方向次段がNレンジであって誤操作が問題とならないR→Nレンジ切り換えであることから当該レンジ切り換えを行わせ、現在の選択レンジがN,Dレンジであればそれぞれ、レンジ切り換え方向次段がD,2レンジであって誤操作が問題とならないN→Dレンジ切り換えまたはD→2レンジ切り換えであることから当該レンジ切り換えを行わせる。また現在の選択レンジが2レンジであれば、レンジ切り換え方向次段が1レンジであって、慎重を要する2→1レンジ切り換えであることから、当該第2マイナススイッチ−SW2または第1マイナススイッチ−SW1のみの操作ではレンジ切り換えを行わせず、現在の2レンジを保持(KEEP)する。更に現在の選択レンジが1レンジであれば、既にレンジ切り換え方向限界位置であることから、この1レンジを保持(KEEP)する。

0047

(3)の論理に示すように、第2マイナススイッチ−SW2および第1マイナススイッチ−SW1の双方を操作した場合、現在の選択レンジがPレンジであれば、レンジ切り換え方向次段がRレンジであって、慎重を要するP→Rレンジ切り換えであるが、第2マイナススイッチ−SW2および第1マイナススイッチ−SW1の双方が操作されていることから、運転者が当該レンジ切り換えを確かに希望していて誤操作ではないとし、このP→Rレンジ切り換えを行わせる。現在の選択レンジがR,N,Dレンジであれば、レンジ切り換え方向次段がN,D,2レンジであって、誤操作が問題とならないR→Nレンジ切り換え、N→Dレンジ切り換え、D→2レンジ切り換えであることから、それぞれの切り換えを行わせる。また現在の選択レンジが2レンジであれば、レンジ切り換え方向次段が1レンジであって、慎重を要する2→1レンジ切り換えであるが、第2マイナススイッチ−SW2および第1マイナススイッチ−SW1の双方が操作されていることから、運転者が当該レンジ切り換えを確かに希望していて誤操作ではないとし、この2→1レンジ切り換えを行わせる。更に現在の選択レンジが1レンジであれば、既にレンジ切り換え方向限界位置であることから、この1レンジを保持(KEEP)する。

0048

(4),(5)の論理に示すように、第1プラススイッチ+SW1または第2プラススイッチ+SW2を操作した場合、現在の選択レンジがPレンジであれば、既にレンジ切り換え方向限界位置であることから、このPレンジを保持(KEEP)する。現在の選択レンジがRレンジであれば、レンジ切り換え方向次段がPレンジであって慎重を要するR→Pレンジ切り換えであることから、当該第1プラススイッチ+SW1または第2プラススイッチ+SW2のみの操作では当該レンジ切り換えを行わせず、現在のRレンジを保持(KEEP)する。また現在の選択レンジがNレンジであれば、レンジ切り換え方向次段がRレンジであって慎重を要するN→Rレンジ切り換えであることから、当該第1プラススイッチ+SW1または第2プラススイッチ+SW2のみの操作では当該レンジ切り換えを行わせず、現在のNレンジを保持(KEEP)する。現在の選択レンジがD,2,1レンジであれば、レンジ切り換え方向次段がN,D,2レンジであって、誤操作が問題とならないD→N,2→D,1→2レンジ切り換えであることから、当該第1プラススイッチ+SW1または第2プラススイッチ+SW2のみの操作でも対応するレンジ切り換えを行わせる。

0049

(6)の論理に示すように、第1プラススイッチ+SW1および第2プラススイッチ+SW2の双方を操作した場合、現在の選択レンジがPレンジであれば、既にレンジ切り換え方向限界位置であることから、このPレンジを保持(KEEP)する。現在の選択レンジがRレンジであれば、レンジ切り換え方向次段がPレンジであって慎重を要するR→Pレンジ切り換えであるが、第1プラススイッチ+SW1および第2プラススイッチ+SW2の双方が操作されていることから運転者が確かに当該レンジ切り換えを希望しているとし、このR→Pレンジ切り換えを実行させる。また現在の選択レンジがNレンジであれば、レンジ切り換え方向次段がRレンジであって慎重を要するN→Rレンジ切り換えであるが、第1プラススイッチ+SW1および第2プラススイッチ+SW2の双方が操作されていることから運転者が確かに当該レンジ切り換えを希望しているとし、このN→Rレンジ切り換えを実行させる。現在の選択レンジがD,2,1レンジであれば、レンジ切り換え方向次段がN,D,2レンジであって、誤操作が問題とならないD→N,2→D,1→2レンジ切り換えであることから対応するレンジ切り換えを行わせる。なお(7)の論理に示すように、レンジ切り換え方向指令スイッチ+SW1,−SW1,+SW2,−SW2のその他の操作の組み合わせでは、現在の選択レンジをそのまま保持(KEEP)する。

0050

図1における変速機コントローラ6は、上記のようにして選択したレンジを運転席計器板8上におけるレンジインジケータ9に表示すると共に、車速VSPおよびスロットル開度TVOなどの情報を基に自動変速機1を選択レンジに応じシフトソレノイド4,5により変速制御する。

0051

ところで本実施の形態においては、P→R,2→1,N→R,R→Pレンジ切り換えのような慎重を要するレンジ切り換えを、レンジ切り換え方向指令スイッチ+SW1,−SW1,+SW2,−SW2のうち、対応する同じレンジ切り換え方向に係わるスイッチ−SW1および−SW2の双方、またはスイッチ+SW1および+SW2の双方が操作された時にのみ行い得る構成としたから、つまり複数のスイッチの操作があった時にのみ行い得るようにしたから、当該レンジ切り換えが運転者の意に反して不用意に行われてしまう誤操作を防止することができる。しかもこの誤操作防止をスイッチ操作ロジックへの対策で実現したから、従来のような機械的な誤操作対策を一切施すことなく、従ってシフトバイワイヤ式レンジ切り換え制御装置の利点である操作システムの簡素化を損なうことなく、慎重を要するレンジ切り換えの誤操作を防止することができる。

0052

更に本実施の形態においては、上記のごとく運転者が操作するスイッチを、レンジ切り換えの方向を指令するレンジ切り換え方向指令スイッチ+SW1,−SW1,+SW2,−SW2としたから、レンジ切り換えをスイッチ操作により行うようにするとはいっても、スイッチの数がレンジの数より少なくてもレンジ切り換えを行うことができ、運転者が操作するスイッチの数を少なくしてレンジ切り換え操作が煩わしくなることのないようにし得る。

0053

加えて本実施の形態においては、レンジ切り換え方向指令スイッチ+SW1,−SW1,+SW2,−SW2を一対1組として2組設け、慎重を要するレンジ切り換えは、同じ方向のレンジ切り換え方向指令スイッチ−SW1および−SW2の双方、またはスイッチ+SW1および+SW2の双方が操作された時に初めて行われるようにしたら、誤操作防止用のスイッチを新たに付加することなく、安価に上記の誤操作防止作用を達成することができる。

0054

また本実施の形態においては図1に示すごとく、レンジ切り換え方向指令スイッチ+SW1,−SW1,+SW2,−SW2をレンジ切り換え方向が異なるもの同士一対1組として、ステアリングホイール7の中立位置で該ステアリングホイールの左右に1組ずつ設けたため、慎重を要するレンジ切り換えに際し、同じ方向のレンジ切り換え方向指令スイッチを2個操作する時に両手による同時操作が可能となり、スイッチの操作が容易になると共にその操作性が向上する。

0055

図3および図4は本発明の他の実施の形態を示し、本実施の形態においては図3に示すように運転者が操作する自動・手動変速モード切り換えスイッチA/MSWを付加して設け、変速機コントローラ6はモード切り換えスイッチA/MSWからの信号により手動変速モードが指令されている間、自動変速機1をシフトスイッチとして兼用するレンジ切り換え方向指令スイッチ+SW1,−SW1,+SW2,−SW2から変速指令に応じて手動変速させると共に、計器板8の変速段インジケータ10上に手動変速モードでの選択変速段を数字で表示するものとする。

0056

なお本実施の形態において自動変速機1は、例えば特開平10−292861号公報に記載のように、第2速〜第4速の選択時にエンジンブレーキが必要な場合、エンジンブレーキ用摩擦要素をソレノイドにより締結して各変速段でのエンジンブレーキが可能であるが、第1速でエンジンブレーキが必要な場合は、アクチュエータ3により前記のごとく選択レンジ対応の位置にストロークされる図示せざるマニュアルバルブを1レンジ対応の位置にストロークさせ、該マニュアルバルブからの油圧によりエンジンブレーキ用摩擦要素を締結して第1速でのエンジンブレーキが可能なものとする。ところで手動変速モードでは、マニュアルバルブがDレンジにされているため手動変速モードの第1速でエンジンブレーキが効かないのが普通である。しかし手動変速モードでは全ての変速段でエンジンブレーキが自動的に効くようにするのが好ましく、そこで本実施の形態においては後で詳述するごとく、手動変速モードの第1速選択時に上記のマニュアルバルブを1レンジに対応した位置にするレンジ切り換え制御により手動変速モードの第1速選択時でもエンジンブレーキが効くようにする。

0057

なお自動・手動変速モード切り換えスイッチA/MSWは、常態でOFFとなっている常開スイッチとし、図4(a)に示すように操作してONする度に、現在のモードが自動変速(A)モードなら手動変速(M)モードへの切り換わりを指令し、現在のモードが手動変速(M)モードなら自動変速(A)モードへの切り換わりを指令するものとする。変速機コントローラ6はかかる選択モード指令に応じ、自動変速(A)モードが選択されている間、レンジ切り換え方向指令スイッチ+SW1,−SW1,+SW2,−SW2からのレンジ切り換え方向信号を基に、アクチュエータ3を介してマニュアルバルブを図4(b)の論理表により示すごとく選択レンジ位置へと変位させ、手動変速(M)モードが選択されている間、シフトスイッチとして兼用するレンジ切り換え方向指令スイッチ+SW1,−SW1,+SW2,−SW2からの変速信号を基に、シフトソレノイド4,5を介して自動変速機1を図4(c)の論理表により示すごとくに変速段制御すると同時に、アクチュエータ3を介してマニュアルバルブを図4(c)の論理表により示すごとくにレンジ切り換え制御する。

0058

自動変速(A)モード選択時の図4(b)に示すレンジ切り換え制御は図2につき前述したと同じもので、上記実施の形態におけると同様の作用効果を奏することができる。

0059

手動変速(M)モード選択時の図4(c)に示す変速段制御は以下の通りである。(1),(2),(3)の論理に示すように、第2マイナススイッチ−SW2または第1マイナススイッチ−SW1、或いはこれら双方を操作した場合、現在の変速段が第1速であれば、既にシフト方向限界変速段(最低速変速段)であることから当該第1速を保持(KEEP)する。現在の変速段が第2速、第3速、または第4速であれば、シフト指令方向次段がそれぞれ第1速、第2速、または第3速であることから、手動による2→1、3→2、4→3ダウンシフトを行わせる。(4),(5),(6)の論理に示すように、第1プラススイッチ+SW1または第2プラススイッチ+SW2、或いはこれら双方を操作した場合、現在の変速段が第1速、第2速、または第3速であれば、シフト指令方向次段がそれぞれ第2速、第3速、または第4速であることから、手動による1→2、2→3、3→4アップシフトを行わせる。しかして現在の変速段が第4速であれば、既にシフト方向限界変速段(最高速変速段)であることから当該第4速を保持(KEEP)する。なお(7)の論理に示すように、スイッチ+SW1,−SW1,+SW2,−SW2のその他の操作の組み合わせでは、現在の選択変速段をそのまま保持(KEEP)する。

0060

次に、手動変速(M)モード選択時の図4(c)に示すレンジ切り換え制御を説明するに、上記のごとく第1速への手動変速が行われる状態のもとでは、つまり、現在の変速段が第2速で、(1)〜(3)の論理に示すように第2マイナススイッチ−SW2または第1マイナススイッチ−SW1、或いはこれら双方を操作した結果2→1ダウンシフトが行われる場合、選択レンジを1レンジに切り換えるべくアクチュエータ3はマニュアルバルブを対応位置にストロークさせる。この位置になる時マニュアルバルブから出力される油圧で自動変速機1のエンジンブレーキ用摩擦要素が締結され、手動変速(M)モードの第1速においてエンジンブレーキを効かせることができる。

0061

ところで、第1速からのアップシフトが行われる状態のもとでは、つまり、現在の変速段が第1速で、(4)〜(6)の論理に示すように第1プラススイッチ+SW1または第2プラススイッチ+SW2、或いはこれら双方を操作した結果1→2アップシフトが行われて第1速でなくなる場合、選択レンジをDレンジに戻すべくアクチュエータ3はマニュアルバルブを対応位置にストロークさせる。この位置になる時マニュアルバルブから、自動変速機1のエンジンブレーキ用摩擦要素を締結するための油圧が出力されなくなるが、第2速〜第4速ではソレノイド油圧によりエンジンブレーキ用摩擦要素を締結し得ることから、手動変速(M)モードの第2速〜第4速でもエンジンブレーキを効かせることができる。なお、手動変速(M)モード選択時で上記以外の状況のもとでは図4(c)に示すように、現在の選択レンジを保持(KEEP)し、マニュアルバルブを現在のストローク位置に保つ。

0062

ところで本実施の形態においては上記したごとく、手動変速(M)モードで第1速が選択される時にマニュアルバルブを第1速エンジンブレーキ(1)レンジ対応の位置にして手動変速(M)モードでの第1速選択時に自動的にエンジンブレーキが効くようなレンジ切り換え制御としたから、手動で第1速を選択する場合においてもエンジンブレーキを効かせることができる。他方で手動で第2速〜第4速を選択する場合は、マニュアルバルブがDレンジ位置のままでもソレノイド油圧によりエンジンブレーキ用摩擦要素を締結してエンジンブレーキを効かせることができる。従って、手動変速(M)モードでは第1速を含めて全ての変速段でエンジンブレーキを効かせることができ、当該モードでのエンジンブレーキに関する要求を十分に満足させることができる。

0063

また本実施の形態においては、レンジ切り換え方向指令スイッチ+SW1,−SW1,+SW2,−SW2を、手動変速(M)モードで運転者が変速を指令する時のためのシフトスイッチとして兼用するため、手動変速(M)モード付きの自動変速機であってもスイッチの数を減少させることができ、コスト低減、更には操作性の向上を実現することができる。しかも、手動変速(M)モードでの全ての変速を、運転者が変速を指令する時のためのシフトスイッチ+SW1,−SW1,+SW2,−SW2の1操作のみにより行い得るようにしたから、前記したごとき慎重を要するレンジ切り換えの誤操作防止対策によっても、手動変速(M)モードでの素早い変速操作が可能となる。

0064

図5および図6は本発明の更に他の実施の形態を示し、本実施の形態においては図5に示すように、図3における自動・手動変速モード切り換えスイッチA/MSWの代わりに自動変速モードスイッチASWおよび手動変速モードスイッチMSWを設けたものである。これらモード選択スイッチASW,MSWは、常態でOFFとなっている常開スイッチとし、以下に説明するようにモード切り換え指令を発するものとする。つまり変速機コントローラ6は図6(a)に示すように、運転者が自動変速モードスイッチASWを操作してONする時、現在のモードが自動変速(A)モードならこのモードを保持(KEEP)し、現在のモードが手動変速(M)モードなら当該モードへの切り換わりを受け付け、また運転者が手動変速モードスイッチMSWを操作してONする時、現在のモードが自動変速(A)モードなら手動変速(M)モードへの切り換わりを受け付け、手動変速(M)モードならこのモードを保持(KEEP)し、モード選択スイッチASW,MSWのその他の操作の組み合わせ時は現在のモードを保持(KEEP)するものとする。

0065

変速機コントローラ6はかかる選択モード指令に応じ、自動変速(A)モードが選択されている間、レンジ切り換え方向指令スイッチ+SW1,−SW1,+SW2,−SW2からのレンジ切り換え方向信号を基に、アクチュエータ3を介してマニュアルバルブを図6(b)の論理表により示すごとく選択レンジ位置へと変位させ、手動変速(M)モードが選択されている間、シフトスイッチとして兼用するレンジ切り換え方向指令スイッチ+SW1,−SW1,+SW2,−SW2からの変速信号を基に、シフトソレノイド4,5を介して自動変速機1を図6(c)の論理表により示すごとくに変速段制御すると同時に、アクチュエータ3を介してマニュアルバルブを図6(c)の論理表により示すごとくにレンジ切り換え制御する。

0066

自動変速(A)モード選択時の図6(b)に示すレンジ切り換え制御は、(2),(4),(7),(9)の論理以外を図2および図4につき前述したと同じにしたもので、上記実施の形態におけると同様の防止効果を奏することができる。本実施の形態においては、(2),(4)の論理に示すように自動変速モードスイッチASWを操作してONしていれば、第2マイナススイッチ−SW2および第1マイナススイッチ−SW1の一方を操作しただけでも、(5)の論理に示すように第2マイナススイッチ−SW2および第1マイナススイッチ−SW1の双方を操作した場合と同様に、慎重を要するP→R,2→1レンジ切り換えを許可することとし、また(7),(9)の論理に示すように、自動変速モードスイッチASWを操作してONしていれば、第1プラススイッチ+SW1および第2プラススイッチ+SW2の一方を操作しただけでも、(10)の論理に示すように第1プラススイッチ+SW1および第2プラススイッチ+SW2の双方を操作した場合と同様に、慎重を要するN→R,R→Pレンジ切り換えを許可することとする。

0067

この場合、既存の自動変速モードスイッチASWを利用して安価に、慎重を要するレンジ切り換えの誤操作防止、および当該レンジ切り換えの許可を行うことができる。しかも本実施の形態においては、上記慎重を要するレンジ切り換えの許可を第2マイナススイッチ−SW2および第1マイナススイッチ−SW1の双方を操作した時とか、第1プラススイッチ+SW1および第2プラススイッチ+SW2の双方を操作した時に限らず、当該許可を別の2操作でも行うことができることとなって操作性が向上する。

0068

なお、手動変速(M)モード選択時の図6(c)に示す変速段制御およびレンジ切り換え制御は、自動変速モードスイッチASWと関係なく図4(c)につき前述したと同じに行われ、同様の作用効果を達成することができる。

0069

図7及び図8は、図7に示すようにマイナススイッチ−SWおよびプラススイッチ+SWからなる1組のレンジ切り換え方向指令スイッチを設け、これらをシフトレバー11により操作するものとし、その他を図5におけると同様に構成する。シフトレバー11は図示の中立位置に弾支され、マイナススイッチ−SWおよびプラススイッチ+SWは常態でOFFになっている常開スイッチとする。そして運転者がシフトレバー11を一方向へ傾倒する時マイナススイッチ−SWが操作されてONになり、シフトレバー11を逆方向へ傾倒する時プラススイッチ+SWが操作されてONになるものとする。

0070

モード選択スイッチASW,MSWは図8(a)に示すが、図6(a)につき前述したと同様にモード切り換え指令を発する。つまり、運転者が自動変速モードスイッチASWを操作してONする時、現在のモードが自動変速(A)モードならこのモードを保持(KEEP)し、現在のモードが手動変速(M)モードなら当該モードへの切り換えを指令し、また運転者が手動変速モードスイッチMSWを操作してONする時、現在のモードが自動変速(A)モードなら手動変速(M)モードへの切り換わえを指令し、手動変速(M)モードならこのモードを保持(KEEP)する。

0071

変速機コントローラ6はかかる選択モード指令に応じ、自動変速(A)モードが選択されている間、レンジ切り換え方向指令スイッチ+SW,−SWからのレンジ切り換え方向信号および自動変速モードスイッチASWからのON,OFF信号を基に、アクチュエータ3を介してマニュアルバルブを図8(b)の論理表により示すごとく選択レンジ位置へと変位させ、手動変速(M)モードが選択されている間、シフトスイッチとして兼用するレンジ切り換え方向指令スイッチ+SW,−SW1からの変速信号を基に、シフトソレノイド4,5を介して自動変速機1を図8(c)の論理表により示すごとくに変速段制御すると同時に、アクチュエータ3を介してマニュアルバルブを図8(c)の論理表により示すごとくにレンジ切り換え制御する。

0072

自動変速(A)モード選択時の図8(b)に示すレンジ切り換え制御は、以下のごときものである。(1)の論理に示すように、自動変速モードスイッチASWがOFFの状態でマイナススイッチ−SWを操作した場合、現在の選択レンジがPレンジであれば、レンジ切り換え方向次段がRレンジであって、慎重を要するP→Rレンジ切り換えであることから、当該マイナススイッチ−SWのみの操作ではレンジ切り換えを行わせず、このPレンジを保持(KEEP)し、現在の選択レンジがRレンジであれば、レンジ切り換え方向次段がNレンジであって誤操作が問題とならないR→Nレンジ切り換えであることから当該レンジ切り換えを行わせ、現在の選択レンジがN,Dレンジであればそれぞれ、レンジ切り換え方向次段がD,2レンジであって誤操作が問題とならないN→Dレンジ切り換えまたはD→2レンジ切り換えであることから当該レンジ切り換えを行わせる。また現在の選択レンジが2レンジであれば、レンジ切り換え方向次段が1レンジであって、慎重を要する2→1レンジ切り換えであることから、当該マイナススイッチ−SWのみの操作ではレンジ切り換えを行わせず、現在の2レンジを保持(KEEP)する。更に現在の選択レンジが1レンジであれば、既にレンジ切り換え方向限界位置であることから、この1レンジを保持(KEEP)する。

0073

(2)の論理に示すように、自動変速モードスイッチASWがONの状態でマイナススイッチ−SWを操作した場合、つまり、自動変速モードスイッチASWおよびマイナススイッチ−SWが共に操作された場合、現在の選択レンジがPレンジであれば、レンジ切り換え方向次段がRレンジであって、慎重を要するP→Rレンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから、運転者が当該レンジ切り換えを確かに希望していて誤操作ではないとし、このP→Rレンジ切り換えを行わせる。現在の選択レンジがR,N,Dレンジであれば、レンジ切り換え方向次段がN,D,2レンジであって、誤操作が問題とならないR→Nレンジ切り換え、N→Dレンジ切り換え、D→2レンジ切り換えであることから、それぞれの切り換えを行わせる。また現在の選択レンジが2レンジであれば、レンジ切り換え方向次段が1レンジであって、慎重を要する2→1レンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから、運転者が当該レンジ切り換えを確かに希望していて誤操作ではないとし、この2→1レンジ切り換えを行わせる。更に現在の選択レンジが1レンジであれば、既にレンジ切り換え方向限界位置であることから、この1レンジを保持(KEEP)する。

0074

(3)の論理に示すように、自動変速モードスイッチASWがOFFの状態でプラススイッチ+SWを操作した場合、現在の選択レンジがPレンジであれば、既にレンジ切り換え方向限界位置であることから、このPレンジを保持(KEEP)する。現在の選択レンジがRレンジであれば、レンジ切り換え方向次段がPレンジであって慎重を要するR→Pレンジ切り換えであることから、当該プラススイッチ+SWのみの操作では当該レンジ切り換えを行わせず、現在のRレンジを保持(KEEP)する。また現在の選択レンジがNレンジであれば、レンジ切り換え方向次段がRレンジであって慎重を要するN→Rレンジ切り換えであることから、当該プラススイッチ+SWのみの操作では当該レンジ切り換えを行わせず、現在のNレンジを保持(KEEP)する。現在の選択レンジがD,2,1レンジであれば、レンジ切り換え方向次段がN,D,2レンジであって、誤操作が問題とならないD→N,2→D,1→2レンジ切り換えであることから、当該プラススイッチ+SWのみの操作でも対応するレンジ切り換えを行わせる。

0075

(4)の論理に示すように、自動変速モードスイッチASWがONの状態でプラススイッチ+SWを操作した場合、つまり、自動変速モードスイッチASWおよびプラススイッチ+SWが共に操作された場合、現在の選択レンジがPレンジであれば、既にレンジ切り換え方向限界位置であることから、このPレンジを保持(KEEP)する。現在の選択レンジがRレンジであれば、レンジ切り換え方向次段がPレンジであって慎重を要するR→Pレンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから運転者が確かに当該レンジ切り換えを希望しているとし、このR→Pレンジ切り換えを実行させる。また現在の選択レンジがNレンジであれば、レンジ切り換え方向次段がRレンジであって慎重を要するN→Rレンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから運転者が確かに当該レンジ切り換えを希望しているとし、このN→Rレンジ切り換えを実行させる。現在の選択レンジがD,2,1レンジであれば、レンジ切り換え方向次段がN,D,2レンジであって、誤操作が問題とならないD→N,2→D,1→2レンジ切り換えであることから対応するレンジ切り換えを行わせる。なお(5)の論理に示すように、レンジ切り換え方向指令スイッチ+SW,−SWおよび自動変速モードスイッチASWのその他の操作の組み合わせでは、現在の選択レンジをそのまま保持(KEEP)する。本実施の形態においても、慎重を要するレンジ切り換えを、2個のスイッチが操作されている時にのみ許可するから、前記各実施の形態におけると同様の誤操作防止を実現することができる。

0076

手動変速(M)モード選択時の図8(c)に示す変速段制御は以下の通りである。(1)の論理に示すように、マイナススイッチ−SWを操作した場合、現在の変速段が第1速であれば、既にシフト方向限界変速段(最低速変速段)であることから当該第1速を保持(KEEP)し、現在の変速段が第2速、第3速、または第4速であれば、シフト指令方向次段がそれぞれ第1速、第2速、または第3速であることから、手動による2→1、3→2、4→3ダウンシフトを行わせる。(2)の論理に示すように、プラススイッチ+SWを操作した場合、現在の変速段が第1速、第2速、または第3速であれば、シフト指令方向次段がそれぞれ第2速、第3速、または第4速であることから、手動による1→2、2→3、3→4アップシフトを行わせ、現在の変速段が第4速であれば、既にシフト方向限界変速段(最高速変速段)であることから当該第4速を保持(KEEP)する。なお(3)の論理に示すように、スイッチ+SW,−SWのその他の操作の組み合わせでは、現在の選択変速段をそのまま保持(KEEP)する。

0077

次に、手動変速(M)モード選択時の図8(c)に示すレンジ切り換え制御を説明するに、上記のごとく第1速への手動変速が行われる状態のもとでは、つまり、現在の変速段が第2速で、(1)の論理に示すようにマイナススイッチ−SWを操作した結果2→1ダウンシフトが行われる場合、選択レンジを1レンジに切り換えるべくアクチュエータ3はマニュアルバルブを対応位置にストロークさせる。この位置になる時マニュアルバルブから出力される油圧で自動変速機1のエンジンブレーキ用摩擦要素が締結され、手動変速(M)モードの第1速においてエンジンブレーキを効かせることができる。

0078

ところで、第1速からのアップシフトが行われる状態のもとでは、つまり、現在の変速段が第1速で、(2)の論理に示すようにプラススイッチ+SWを操作した結果1→2アップシフトが行われて第1速でなくなる場合、選択レンジをDレンジに戻すべくアクチュエータ3はマニュアルバルブを対応位置にストロークさせる。この位置になる時マニュアルバルブから、自動変速機1のエンジンブレーキ用摩擦要素を締結するための油圧が出力されなくなるが、第2速〜第4速ではソレノイド油圧によりエンジンブレーキ用摩擦要素を締結し得ることから、手動変速(M)モードの第2速〜第4速でもエンジンブレーキを効かせることができる。なお、手動変速(M)モード選択時で上記以外の状況のもとでは図8(c)に示すように、現在の選択レンジを保持(KEEP)し、マニュアルバルブを現在のストローク位置に保つ。

0079

本実施の形態においては、レンジ切り換え方向指令スイッチ+SW,−SWを、手動変速(M)モードで運転者が変速を指令する時のためのシフトスイッチとして兼用するため、手動変速(M)モード付きの自動変速機であってもスイッチの数を減少させることができ、コスト低減、更には操作性の向上を実現することができる。しかも、手動変速(M)モードでの全ての変速を、運転者が変速を指令する時のためのシフトスイッチ+SW,−SWの1操作のみにより行い得るようにしたから、上記した慎重を要するレンジ切り換えの誤操作防止対策によっても、手動変速(M)モードでの素早い変速操作が可能となる。

0080

図9および図10は本発明の更に別の実施の形態を示し、本実施の形態においては図9に示すごとく、レンジ切り換えを前記したレンジ切り換え方向指令スイッチではなく、レンジごとに設けたレンジ選択スイッチ、つまりPレンジスイッチPSW、RレンジスイッチRSW、NレンジスイッチNSW、DレンジスイッチDSW、2レンジスイッチ2SW、および1レンジスイッチ1SWで直接的に選択するようにし、更に慎重を要するレンジ切り換えを許可するための専用の解除スイッチRLSWを設け、これらスイッチからの信号を基に変速機コントローラ6がアクチュエータ3を介してマニュアルバルブを図10の論理表により示すごとく選択レンジ位置へと変位させるものとする。

0081

(1)の論理により示すように、PレンジスイッチPSWおよび解除スイッチRLSWを共に操作した場合、現在Pレンジであれば当然にこのレンジを保持し、現在Rレンジであれば慎重を要するR→Pレンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから当該レンジ切り換えを実行し、現在Nレンジなら慎重を要するN→Pレンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから当該レンジ切り換えを実行する。しかして現在D,2,1レンジであれば、これらレンジが走行レンジであることから、そして走行中にPレンジへの切り換えが行われるとパークロック機構を破損させるから、当該レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持する。

0082

(2)の論理により示すように、PレンジスイッチPSWのみを操作した場合、現在Pレンジであれば当然にこのレンジを保持し、現在Rレンジであれば慎重を要するR→Pレンジ切り換えであるから、PレンジスイッチPSWのみの操作では当該レンジ切り換えを実行しないいで現在のレンジを保持し、現在Nレンジであれば慎重を要するN→Pレンジ切り換えであるから、PレンジスイッチPSWのみの操作では当該レンジ切り換えを実行しないで現在のレンジを保持する。現在D,2,1レンジである場合も、走行中にPレンジへの切り換えが行われるとパークロック機構を破損させるから、当該レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持する。

0083

(3)の論理により示すように、RレンジスイッチRSWおよび解除スイッチRLSWを共に操作した場合、現在Pレンジであれば慎重を要するP→Rレンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから当該レンジ切り換えを実行し、現在Rレンジであれば当然にこのレンジを保持し、現在Nレンジなら慎重を要するN→Rレンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから当該レンジ切り換えを実行する。しかして現在D,2,1レンジであれば、これらレンジが前進走行レンジであって、前進走行中にRレンジへの切り換えが行われると変速機出力回転を逆転させることになるから、当該レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持する。

0084

(4)の論理により示すように、RレンジスイッチRSWのみを操作した場合、現在Pレンジであれば慎重を要するP→Rレンジ切り換えであるからRレンジスイッチRSWのみの操作では当該レンジ切り換えを実行せずに現在のレンジを保持し、現在Rレンジであれば当然にこのレンジを保持し、現在Nレンジであれば慎重を要するN→Rレンジ切り換えであるから、RレンジスイッチRSWのみの操作では当該レンジ切り換えを実行しないで現在のレンジを保持する。現在D,2,1レンジであれば、これらレンジが前進走行レンジであって、前進走行中にRレンジへの切り換えが行われると変速機出力回転を逆転させることになるから、当該レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持する。

0085

(5)の論理により示すように、NレンジスイッチNSWおよび解除スイッチRLSWを共に操作した場合、慎重を要するレンジ切り換えを含めてNレンジへの全てのレンジ切り換えを許可し、勿論、現在Nレンジなら当然にこのレンジを保持する。しかして、(6)の論理により示すようにNレンジスイッチNSWのみを操作した場合、現在Pレンジであれば慎重を要するP→Nレンジ切り換えであるからNレンジスイッチNSWのみの操作では当該レンジ切り換えを実行せずに現在のレンジを保持し、現在Rレンジであれば誤操作が問題とならないR→Nレンジ切り換えであるから当該レンジ切り換えを実行し、現在Nレンジであれば当然このレンジを保持し、現在Dレンジであれば誤操作が問題とならないD→Nレンジ切り換えであることから当該レンジ切り換えを実行する。ところで現在2,1レンジであれば、これらレンジがエンジンブレーキレンジであって、Nレンジへの切り換えが行われるとエンジンブレーキ不能になる虞があることから、当該レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持する。

0086

(7)の論理により示すように、DレンジスイッチDSWおよび解除スイッチRLSWを共に操作した場合、現在Pレンジであれば慎重を要するP→Dレンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから当該レンジ切り換えを実行してもよいところながら、パークロック機構が解除する前にDレンジになるとパークロック機構が破損するため、これを防止すべくP→R→Dの順にのみレンジ切り換えを許可する目的でここでは直接的なP→Dレンジ切り換えを禁止してPレンジを保持する。現在R,N,2レンジであれば誤操作が問題にならないR→D、N→D、2→Dレンジ切り換えであるからこれらのレンジ切り換えを実行し、現在Dレンジなら当然にこのレンジを保持する。現在1レンジであれば、慎重を要する1→Dレンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから、当該レンジ切り換えを実行する。

0087

(8)の論理により示すように、DレンジスイッチDSWのみを操作した場合、現在Pレンジであれば(7)の論理における上記と同じ理由から、また慎重を要するP→Dレンジ切り換えであるから、当該レンジ切り換えを実行せずに現在のレンジを保持し、現在Rレンジであれば変速機出力回転を逆転させるR→Dレンジ切り換えであるから当該レンジ切り換えを禁止してRレンジを保持する。現在N,2レンジであれば誤操作が問題とならないN→D、2→Dレンジ切り換えであるから、DレンジスイッチDSWのみの操作で当該レンジ切り換えを実行し、現在Dレンジなら当然に現在のレンジを保持する。しかし現在1レンジであれば、誤操作が問題とならない1→Dレンジ切り換えであるが、大きなエンジンブレーキ状態が一挙に解消される弊害があるからDレンジスイッチDSWのみの操作だけでは当該レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持する。

0088

(9)の論理により示すように、2レンジスイッチ2SWおよび解除スイッチRLSWを共に操作した場合、現在Pレンジであれば慎重を要するP→2レンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから当該レンジ切り換えを実行してもよいところながら、パークロック機構が解除する前に2レンジになるとパークロック機構が破損するため、これを防止すべくP→R→2の順にのみレンジ切り換えを許可する目的でここでは直接的なP→2レンジ切り換えを禁止してPレンジを保持する。現在Rレンジであれば、変速機出力回転を逆転させるR→2レンジ切り換えであることから、当該直接的なR→2レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持する。現在N,D,2レンジであれば誤操作が問題にならないN→2、D→2、1→2レンジ切り換えであるからこれらのレンジ切り換えを実行し、現在2レンジなら当然にこのレンジを保持する。

0089

(10)の論理により示すように、2レンジスイッチ2SWのみを操作した場合、現在Pレンジであれば(9)の論理における上記と同じ理由から、また慎重を要するP→2レンジ切り換えであるから、当該レンジ切り換えを実行せずに現在のレンジを保持し、現在Rレンジであれば変速機出力回転を逆転させるR→2レンジ切り換えであるから当該レンジ切り換えを禁止してRレンジを保持する。現在Nレンジであれば、誤操作が問題とならないN→2レンジ切り換えであるが、N→D→2の順のレンジ切り換えが好ましいから直接的なN→2レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持する。現在D,1レンジであれば誤操作が問題とならないD→2、1→2レンジ切り換えであるから、2レンジスイッチ2SWのみの操作で当該レンジ切り換えを実行し、現在2レンジなら当然に現在のレンジを保持する。

0090

(11)の論理により示すように、1レンジスイッチ1SWおよび解除スイッチRLSWを共に操作した場合、現在Pレンジであれば慎重を要するP→1レンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから当該レンジ切り換えを実行してもよいところながら、パークロック機構が解除する前に1レンジになるとパークロック機構が破損するため、これを防止すべくP→R→1の順にのみレンジ切り換えを許可する目的でここでは直接的なP→1レンジ切り換えを禁止してPレンジを保持する。現在Rレンジであれば、変速機出力回転を逆転させるR→1レンジ切り換えであることから、当該直接的なR→1レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持する。現在N,Dレンジであれば、慎重を要するN→1、D→1レンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから当該レンジ切り換えを実行してもよいところながら、N→D→1、D→2→1の順のレンジ切り換えが好ましいことからここでは直接的なN→1、D→1レンジ切り換えを禁止し、現在のレンジを保持する。現在2レンジであれば慎重を要する2→1レンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから、このレンジ切り換えを実行し、現在1レンジなら当然にこのレンジを保持する。

0091

(12)の論理により示すように、1レンジスイッチ1SWのみを操作した場合、現在Pレンジであれば(9)の論理における上記と同じ理由から、また慎重を要するP→1レンジ切り換えであるから、当該レンジ切り換えを実行せずに現在のレンジを保持し、現在Rレンジであれば変速機出力回転を逆転させるR→1レンジ切り換えであるから当該レンジ切り換えを禁止してRレンジを保持する。現在N,D,2レンジであれば、慎重を要するN→1、D→1,2→1レンジ切り換えであるから、1レンジスイッチ1SWのみの操作では当該レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持し、現在1レンジであれば当然に現在のレンジを保持する。

0092

本実施の形態においては、レンジ切り換えを指令するレンジ選択スイッチPSW,RSW,NSW,DSW,2SW,1SWの他に解除スイッチRLSWを設け、慎重を要するレンジ切り換えは、解除スイッチRLSWの操作があった時のみ行い得るようにしたから、慎重を要するレンジ切り換えの誤操作を専用スイッチRLSWの付加により防止することとなり、その分操作性を向上させることができる。

0093

図11および図12は本発明の更に他の実施の形態を示し、本実施の形態は図9および図10に示す実施の形態に手動変速(M)モードを付加したもので、これがため図10のごとく、図9における解除スイッチRLSWに代えて自動変速モードスイッチASWおよび手動変速モードスイッチMSWを設け、手動変速(M)モードで変速指令を発するためのシフトスイッチ+SW1,−SW1,+SW2,−SW2をステアリングホイール7に設ける。なお、モード選択スイッチASW,MSWは図12(a)に示すが、図6(a)につき前述したと同様にモード切り換え指令を発するもので、またシフトスイッチ+SW1,+SW2はアップシフトスイッチ、シフトスイッチ−SW1,−SW2はダウンシフトスイッチである。

0094

変速機コントローラ6は上記した選択モード指令に応じ、自動変速(A)モードが選択されている間、レンジ選択スイッチPSW,RSW,NSW,DSW,2SW,1SWからの信号、および自動変速モードスイッチASWからの信号を基に、アクチュエータ3を介してマニュアルバルブを図12(b)の論理表により示すごとく選択レンジ位置へと変位させるものとする。

0095

(1)の論理により示すように、PレンジスイッチPSWおよび自動変速モードスイッチASWを共に操作した場合、現在Pレンジであれば当然にこのレンジを保持し、現在Rレンジであれば慎重を要するR→Pレンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから当該レンジ切り換えを実行し、現在Nレンジなら慎重を要するN→Pレンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから当該レンジ切り換えを実行する。しかして現在D,2,1レンジであれば、これらレンジが走行レンジであることから、そして走行中にPレンジへの切り換えが行われるとパークロック機構を破損させるから、当該レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持する。

0096

(2)の論理により示すように、PレンジスイッチPSWのみを操作した場合、現在Pレンジであれば当然にこのレンジを保持し、現在Rレンジであれば慎重を要するR→Pレンジ切り換えであるから、PレンジスイッチPSWのみの操作では当該レンジ切り換えを実行しないいで現在のレンジを保持し、現在Nレンジであれば慎重を要するN→Pレンジ切り換えであるから、PレンジスイッチPSWのみの操作では当該レンジ切り換えを実行しないで現在のレンジを保持する。現在D,2,1レンジである場合も、走行中にPレンジへの切り換えが行われるとパークロック機構を破損させるから、当該レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持する。

0097

(3)の論理により示すように、RレンジスイッチRSWおよび自動変速モードスイッチASWを共に操作した場合、現在Pレンジであれば慎重を要するP→Rレンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから当該レンジ切り換えを実行し、現在Rレンジであれば当然にこのレンジを保持し、現在Nレンジなら慎重を要するN→Rレンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから当該レンジ切り換えを実行する。しかして現在D,2,1レンジであれば、これらレンジが前進走行レンジであって、前進走行中にRレンジへの切り換えが行われると変速機出力回転を逆転させることになるから、当該レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持する。

0098

(4)の論理により示すように、RレンジスイッチRSWのみを操作した場合、現在Pレンジであれば慎重を要するP→Rレンジ切り換えであるからRレンジスイッチRSWのみの操作では当該レンジ切り換えを実行せずに現在のレンジを保持し、現在Rレンジであれば当然にこのレンジを保持し、現在Nレンジであれば慎重を要するN→Rレンジ切り換えであるから、RレンジスイッチRSWのみの操作では当該レンジ切り換えを実行しないで現在のレンジを保持する。現在D,2,1レンジであれば、これらレンジが前進走行レンジであって、前進走行中にRレンジへの切り換えが行われると変速機出力回転を逆転させることになるから、当該レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持する。

0099

(5)の論理により示すように、NレンジスイッチNSWおよび自動変速モードスイッチASWを共に操作した場合、慎重を要するレンジ切り換えを含めてNレンジへの全てのレンジ切り換えを許可し、勿論、現在Nレンジなら当然にこのレンジを保持する。しかして、(6)の論理により示すようにNレンジスイッチNSWのみを操作した場合、現在Pレンジであれば慎重を要するP→Nレンジ切り換えであるからNレンジスイッチNSWのみの操作では当該レンジ切り換えを実行せずに現在のレンジを保持し、現在Rレンジであれば誤操作が問題とならないR→Nレンジ切り換えであるから当該レンジ切り換えを実行し、現在Nレンジであれば当然このレンジを保持し、現在Dレンジであれば誤操作が問題とならないD→Nレンジ切り換えであることから当該レンジ切り換えを実行する。ところで現在2,1レンジであれば、これらレンジがエンジンブレーキレンジであって、Nレンジへの切り換えが行われるとエンジンブレーキ不能になる虞があることから、当該レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持する。

0100

(7)の論理により示すように、DレンジスイッチDSWおよび自動変速モードスイッチASWを共に操作した場合、現在Pレンジであれば慎重を要するP→Dレンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから当該レンジ切り換えを実行してもよいところながら、パークロック機構が解除する前にDレンジになるとパークロック機構が破損するため、これを防止すべくP→R→Dの順にのみレンジ切り換えを許可する目的でここでは直接的なP→Dレンジ切り換えを禁止してPレンジを保持する。現在R,N,2レンジであれば誤操作が問題にならないR→D、N→D、2→Dレンジ切り換えであるからこれらのレンジ切り換えを実行し、現在Dレンジなら当然にこのレンジを保持する。現在1レンジであれば、慎重を要する1→Dレンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから、当該レンジ切り換えを実行する。

0101

(8)の論理により示すように、DレンジスイッチDSWのみを操作した場合、現在Pレンジであれば(7)の論理における上記と同じ理由から、また慎重を要するP→Dレンジ切り換えであるから、当該レンジ切り換えを実行せずに現在のレンジを保持し、現在Rレンジであれば変速機出力回転を逆転させるR→Dレンジ切り換えであるから当該レンジ切り換えを禁止してRレンジを保持する。現在N,2レンジであれば誤操作が問題とならないN→D、2→Dレンジ切り換えであるから、DレンジスイッチDSWのみの操作で当該レンジ切り換えを実行し、現在Dレンジなら当然に現在のレンジを保持する。しかし現在1レンジであれば、誤操作が問題とならない1→Dレンジ切り換えであるが、大きなエンジンブレーキ状態が一挙に解消される弊害があるからDレンジスイッチDSWのみの操作だけでは当該レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持する。

0102

(9)の論理により示すように、2レンジスイッチ2SWおよび自動変速モードスイッチASWを共に操作した場合、現在Pレンジであれば慎重を要するP→2レンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから当該レンジ切り換えを実行してもよいところながら、パークロック機構が解除する前に2レンジになるとパークロック機構が破損するため、これを防止すべくP→R→2の順にのみレンジ切り換えを許可する目的でここでは直接的なP→2レンジ切り換えを禁止してPレンジを保持する。現在Rレンジであれば、変速機出力回転を逆転させるR→2レンジ切り換えであることから、当該直接的なR→2レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持する。現在N,D,2レンジであれば誤操作が問題にならないN→2、D→2、1→2レンジ切り換えであるからこれらのレンジ切り換えを実行し、現在2レンジなら当然にこのレンジを保持する。

0103

(10)の論理により示すように、2レンジスイッチ2SWのみを操作した場合、現在Pレンジであれば(9)の論理における上記と同じ理由から、また慎重を要するP→2レンジ切り換えであるから、当該レンジ切り換えを実行せずに現在のレンジを保持し、現在Rレンジであれば変速機出力回転を逆転させるR→2レンジ切り換えであるから当該レンジ切り換えを禁止してRレンジを保持する。現在Nレンジであれば、誤操作が問題とならないN→2レンジ切り換えであるが、N→D→2の順のレンジ切り換えが好ましいから直接的なN→2レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持する。現在D,1レンジであれば誤操作が問題とならないD→2、1→2レンジ切り換えであるから、2レンジスイッチ2SWのみの操作で当該レンジ切り換えを実行し、現在2レンジなら当然に現在のレンジを保持する。

0104

(11)の論理により示すように、1レンジスイッチ1SWおよび自動変速モードスイッチASWを共に操作した場合、現在Pレンジであれば慎重を要するP→1レンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから当該レンジ切り換えを実行してもよいところながら、パークロック機構が解除する前に1レンジになるとパークロック機構が破損するため、これを防止すべくP→R→1の順にのみレンジ切り換えを許可する目的でここでは直接的なP→1レンジ切り換えを禁止してPレンジを保持する。現在Rレンジであれば、変速機出力回転を逆転させるR→1レンジ切り換えであることから、当該直接的なR→1レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持する。現在N,Dレンジであれば、慎重を要するN→1、D→1レンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから当該レンジ切り換えを実行してもよいところながら、N→D→1、D→2→1の順のレンジ切り換えが好ましいことからここでは直接的なN→1、D→1レンジ切り換えを禁止し、現在のレンジを保持する。現在2レンジであれば慎重を要する2→1レンジ切り換えであるが、2個のスイッチが操作されていることから、このレンジ切り換えを実行し、現在1レンジなら当然にこのレンジを保持する。

0105

(12)の論理により示すように、1レンジスイッチ1SWのみを操作した場合、現在Pレンジであれば(9)の論理における上記と同じ理由から、また慎重を要するP→1レンジ切り換えであるから、当該レンジ切り換えを実行せずに現在のレンジを保持し、現在Rレンジであれば変速機出力回転を逆転させるR→1レンジ切り換えであるから当該レンジ切り換えを禁止してRレンジを保持する。現在N,D,2レンジであれば、慎重を要するN→1、D→1,2→1レンジ切り換えであるから、1レンジスイッチ1SWのみの操作では当該レンジ切り換えを禁止して現在のレンジを保持し、現在1レンジであれば当然に現在のレンジを保持する。

0106

本実施の形態においては、レンジ切り換えを指令するレンジ選択スイッチPSW,RSW,NSW,DSW,2SW,1SWの他に自動変速モードスイッチASWを用いて、慎重を要するレンジ切り換えは、自動変速モードスイッチASWの操作があった時のみ行い得るようにしたから、慎重を要するレンジ切り換えの誤操作を既存の自動変速モードスイッチASWの利用により安価に防止することができる。

0107

変速機コントローラ6は、手動変速(M)モードが選択されている間、シフトスイッチ+SW1,−SW1,+SW2,−SW2からの変速指令を基に図12(c)の論理表により示すごとく、シフトソレノイド4,5を介して自動変速機1を変速段制御すると同時にアクチュエータ3を介してマニュアルバルブのレンジ切り換え制御を行う。ところで、手動変速(M)モード選択時の図12(c)に示す変速段制御およびレンジ切り換え制御は、自動変速モードスイッチASWと関係なく図4(c)につき前述したと同じに行われ、同様の作用効果を達成することができる。

図面の簡単な説明

0108

図1本発明の一実施の形態になるレンジ切り換え制御装置を具えた自動変速機の制御システムを示す概略系統図である。
図2同実施の形態においてコントローラが実行するレンジ切り換え制御の論理説明図である。
図3本発明の他の実施の形態になるレンジ切り換え制御装置を具えた自動変速機の制御システムを示す概略系統図である。
図4同実施の形態においてコントローラが行う判断論理で、(a)は、自動・手動変速モード切り換えスイッチからの信号に基づく変速モード判断論理の説明図、(b)は、自動変速モードにおけるレンジ切り換え制御の論理説明図、(c)は、手動変速モードにおける変速段制御およびレンジ切り換え制御の論理説明図である。
図5本発明の更に他の実施の形態になるレンジ切り換え制御装置を具えた自動変速機の制御システムを示す概略系統図である。
図6同実施の形態においてコントローラが行う判断論理で、(a)は、自動変速モードスイッチおよび手動変速モードスイッチからの信号に基づく変速モード判断論理の説明図、(b)は、自動変速モードにおけるレンジ切り換え制御の論理説明図、(c)は、手動変速モードにおける変速段制御およびレンジ切り換え制御の論理説明図である。
図7本発明の更に別の実施の形態になるレンジ切り換え制御装置を具えた自動変速機の制御システムを示す概略系統図である。
図8同実施の形態においてコントローラが行う判断論理で、(a)は、自動変速モードスイッチおよび手動変速モードスイッチからの信号に基づく変速モード判断論理の説明図、(b)は、自動変速モードにおけるレンジ切り換え制御の論理説明図、(c)は、手動変速モードにおける変速段制御およびレンジ切り換え制御の論理説明図である。
図9本発明の更に他の実施の形態になるレンジ切り換え制御装置を具えた自動変速機の制御システムを示す概略系統図である。
図10同実施の形態においてコントローラが実行するレンジ切り換え制御の論理説明図である。
図11本発明の更に別の実施の形態になるレンジ切り換え制御装置を具えた自動変速機の制御システムを示す概略系統図である。
図12同実施の形態においてコントローラが行う判断論理で、(a)は、自動変速モードスイッチおよび手動変速モードスイッチからの信号に基づく変速モード判断論理の説明図、(b)は、自動変速モードにおけるレンジ切り換え制御の論理説明図、(c)は、手動変速モードにおける変速段制御およびレンジ切り換え制御の論理説明図である。

--

0109

1自動変速機
2コントロールバルブボディー
3マニュアルバルブアクチュエータ
4シフトソレノイド
5 シフトソレノイド
6変速機コントローラ
7ステアリングホイール
8計器板
9レンジインジケータ
10変速段インジケータ
11シフトレバー
-SWレンジ切り換え方向指令スイッチ(シフトスイッチ)
+SW レンジ切り換え方向指令スイッチ(シフトスイッチ)
-SW1 レンジ切り換え方向指令スイッチ(シフトスイッチ)
+SW1 レンジ切り換え方向指令スイッチ(シフトスイッチ)
-SW2 レンジ切り換え方向指令スイッチ(シフトスイッチ)
+SW2 レンジ切り換え方向指令スイッチ(シフトスイッチ)
A/MSW 自動・手動変速モード切り換えスイッチ
ASW自動変速モードスイッチ
MSW手動変速モードスイッチ
PSWPレンジスイッチ
RSW Rレンジスイッチ
NSW Nレンジスイッチ
DSW Dレンジスイッチ
2SW 2レンジスイッチ
1SW 1レンジスイッチ
RLSW 解除スイッチ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社東海理化電機製作所の「 シフト装置」が 公開されました。( 2021/03/25)

    【課題】車両の運転支援装置が動作している際に乗員に混乱が生じるのを抑制する。【解決手段】シフト装置10では、車両が自動駐車モードで動作されて、ノブ16が「P」位置に配置された状態で、自動変速機のシフト... 詳細

  • 津田工業株式会社の「 シフト装置」が 公開されました。( 2021/03/11)

    【課題】異物が内部に侵入するおそれを抑制可能なシフト装置を提供すること。【解決手段】変速機で選択されるシフトレンジを変更するため、少なくとも所定のシフト方向に沿って運転者が操作するシフトレバーを備える... 詳細

  • 株式会社ミドリテクノパークの「 自動車内装用部品」が 公開されました。( 2021/03/11)

    【課題】本発明は、良好な外観を有し、かつ、外観の劣化が殆どなく、突き当て構造にした際にきしみ音を発生しないばかりではなく、製造が容易かつ安価な自動車内装用部品を提供する。【解決手段】本発明は、ポリブチ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ