図面 (/)

技術 ゲーム装置、ゲームシステム及びゲーム方法

出願人 井出剛
発明者 井出剛
出願日 2000年12月13日 (20年5ヶ月経過) 出願番号 2000-379006
公開日 2002年6月25日 (18年11ヶ月経過) 公開番号 2002-177652
状態 拒絶査定
技術分野 電子ゲーム機
主要キーワード ドアデータ 部屋データ 設定条件下 モンスタ パソコンゲーム 変換規則データ 処理分岐 動作変更
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年6月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

多種多様ゲーム設定データを容易に入手することが可能なゲーム装置を提供すること。

解決手段

通信回線20との接続を行うとともに、通信回線20に接続されたサーバ30からホームページコンテンツCを取得するホームページコンテンツ取得部112と、ホームページコンテンツCをゲーム設定データDに変換する変換規則を格納する記憶部114と、取得されたホームページコンテンツCを変換規則に従ってゲーム設定データDに変換するホームページコンテンツ解釈部113とを具備する。

概要

背景

コンピュータアプリケーションプログラムをロードすることによりゲームを実行するテレビゲームパソコンゲーム等のゲームが従来から用いられている。このようなゲームの中には、「ゲーム設定データ」を外部から導入し、各種パラメータ表示状態を変更することで多様な状況下でゲームを楽しむことができるものがある。

ゲーム設定データを取得する方式としてはゲームのプログラムを収録したCD−ROMやDVD、カセット等の配布記憶媒体に予め含まれているものを取得する方式、ゲームを行う度毎にコンピュータがランダムに生成したものを取得する方式、音楽CDや他の商品バーコード等のデータを読み取って取得する方式等があった。

概要

多種多様なゲーム設定データを容易に入手することが可能なゲーム装置を提供すること。

通信回線20との接続を行うとともに、通信回線20に接続されたサーバ30からホームページコンテンツCを取得するホームページコンテンツ取得部112と、ホームページコンテンツCをゲーム設定データDに変換する変換規則を格納する記憶部114と、取得されたホームページコンテンツCを変換規則に従ってゲーム設定データDに変換するホームページコンテンツ解釈部113とを具備する。

目的

そこで本発明は、多種多様なゲーム設定データを容易に入手することが可能なゲーム装置、ゲームシステム及びゲーム方法を提供することを目的としている。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

コンピュータを利用したゲーム装置において、通信回線との接続を行う接続手段と、この接続手段を介して上記通信回線に接続されたサーバからホームページコンテンツを取得する取得手段と、ホームページコンテンツをゲーム設定データに変換する変換規則を格納する変換規則記憶手段と、上記取得手段により取得されたホームページコンテンツを上記変換規則に従ってゲーム設定データに変換する変換手段とを具備することを特徴とするゲーム装置。

請求項2

コンピュータを利用したゲームシステムにおいて、通信回線と、この通信回線に接続されるゲーム装置と、上記通信回線に接続されホームページコンテンツを提供するサーバとを備え、上記ゲーム装置は、上記通信回線との接続を行う接続手段と、この接続手段を介して上記サーバからホームページコンテンツを取得する取得手段と、上記ホームページコンテンツをゲーム設定データに変換する変換規則を格納する変換規則記憶手段と、上記取得手段により取得されたホームページコンテンツを上記変換規則に従ってゲーム設定データに変換する変換手段とを具備することを特徴とするゲームシステム。

請求項3

上記ホームページコンテンツに含まれる所定の特定データには、非変換データ識別子が付され、上記変換手段は、上記特定データは、上記ゲーム設定データに変換しないものであることを特徴とする請求項2に記載のゲームシステム。

請求項4

上記特定データを表示するデータ表示手段をさらに具備することを特徴とする請求項3に記載のゲームシステム。

請求項5

上記取得手段は、上記サーバに対し、上記ホームページコンテンツの利用形態を示すアプリケーション種別識別子を含めて送出することを特徴とする請求項2に記載のゲームシステム。

請求項6

上記サーバは、上記ホームページコンテンツの利用形態を示すアプリケーション種別識別子を認識する認識手段と、この認識手段によって認識された上記アプリケーション種別識別子に基づいて、上記ホームページコンテンツの動作を変更する動作変更手段とを備えていることを特徴とする請求項2に記載のゲームシステム。

請求項7

コンピュータを利用したゲーム方法において、通信回線との接続を行う接続工程と、上記通信回線に接続され、ホームページコンテンツを提供するサーバから上記ホームページコンテンツを取得する取得工程と、この取得工程により取得されたホームページコンテンツを所定の変換規則に従ってゲーム設定データに変換する変換工程と、上記ゲーム設定データに基づいてゲームソフトウエアの設定を行う設定工程と、この設定工程により設定された上記ゲームソフトウエアを実行する実行工程とを具備することを特徴とするゲーム方法。

技術分野

0001

本発明は、通信回線を介して取得したホームページデータゲーム設定データに変換して用いるゲームシステム及びゲーム方法に関する。

背景技術

0002

コンピュータアプリケーションプログラムをロードすることによりゲームを実行するテレビゲームパソコンゲーム等のゲームが従来から用いられている。このようなゲームの中には、「ゲーム設定データ」を外部から導入し、各種パラメータ表示状態を変更することで多様な状況下でゲームを楽しむことができるものがある。

0003

ゲーム設定データを取得する方式としてはゲームのプログラムを収録したCD−ROMやDVD、カセット等の配布記憶媒体に予め含まれているものを取得する方式、ゲームを行う度毎にコンピュータがランダムに生成したものを取得する方式、音楽CDや他の商品バーコード等のデータを読み取って取得する方式等があった。

発明が解決しようとする課題

0004

上述したゲーム設定データの取得方法にあっては次のような問題があった。すなわち、CD−ROM等に収録されているものを取得する方式ではCD−ROM等の記憶容量に制限が有るため、収録できるゲーム設定データのバリエーションが限られてしまう。

0005

また、ゲーム設定データをランダムに生成したものを取得する方式ではゲーム設定データの再現性が低く、同一の設定条件下で他のプレーヤースコアを競ったり、情報を交換する等のコミュニケーションが困難であった。

0006

さらに、音楽CDや他の商品のバーコード等からゲーム設定データを取得する方式では、データを取得する為に音楽CD等の商品を入手する必要が有り、その都度費用が発生するという問題があった。また、ゲーム進行中追加データが必要になった場合に、バーコード等を再入力する作業が必要になり、ゲームの進行が中断されるという点で問題があった。

0007

そこで本発明は、多種多様なゲーム設定データを容易に入手することが可能なゲーム装置、ゲームシステム及びゲーム方法を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0008

上記課題を解決し目的を達成するために、本発明のゲーム装置、ゲームシステム及びゲーム方法は次のように構成されている。

0009

(1)コンピュータを利用したゲーム装置において、通信回線との接続を行う接続手段と、この接続手段を介して上記通信回線に接続されたサーバからホームページコンテンツを取得する取得手段と、ホームページコンテンツをゲーム設定データに変換する変換規則を格納する変換規則記憶手段と、上記取得手段により取得されたホームページコンテンツを上記変換規則に従ってゲーム設定データに変換する変換手段とを具備することを特徴とする。

0010

(2)コンピュータを利用したゲームシステムにおいて、通信回線と、この通信回線に接続されるゲーム装置と、上記通信回線に接続されホームページコンテンツを提供するサーバとを備え、上記ゲーム装置は、上記通信回線との接続を行う接続手段と、この接続手段を介して上記サーバからホームページコンテンツを取得する取得手段と、上記ホームページコンテンツをゲーム設定データに変換する変換規則を格納する変換規則記憶手段と、上記取得手段により取得されたホームページコンテンツを上記変換規則に従ってゲーム設定データに変換する変換手段とを具備することを特徴とする。

0011

(3)上記(2)に記載されたゲームシステムであって、上記ホームページコンテンツに含まれる所定の特定データには、非変換データ識別子が付され、上記変換手段は、上記特定データは、上記ゲーム設定データに変換しないものであることを特徴とする。

0012

(4)上記(3)に記載されたゲームシステムであって、上記特定データを表示するデータ表示手段をさらに具備することを特徴とする。

0013

(5)上記(2)に記載されたゲームシステムであって、上記取得手段は、上記サーバに対し、上記ホームページコンテンツの利用形態を示すアプリケーション種別識別子を含めて送出することを特徴とする。

0014

(6)上記(2)に記載されたゲームシステムであって、上記サーバは、上記ホームページコンテンツの利用形態を示すアプリケーション種別識別子を認識する認識手段と、この認識手段によって認識された上記アプリケーション種別識別子に基づいて、上記ホームページコンテンツの動作を変更する動作変更手段とを備えていることを特徴とする。

0015

(7)コンピュータを利用したゲーム方法において、通信回線との接続を行う接続工程と、上記通信回線に接続され、ホームページコンテンツを提供するサーバから上記ホームページコンテンツを取得する取得工程と、この取得工程により取得されたホームページコンテンツを所定の変換規則に従ってゲーム設定データに変換する変換工程と、上記ゲーム設定データに基づいてゲームソフトウエアの設定を行う設定工程と、この設定工程により設定された上記ゲームソフトウエアを実行する実行工程とを具備することを特徴とする。

発明を実施するための最良の形態

0016

図1は本発明の一実施の形態に係るゲームシステム10を示す図、図2はゲームシステム10の動作の流れを示す説明図である。

0017

ゲームシステム10は、インターネット電話回線等の通信回線20と、この通信回線20に接続されホームページコンテンツを提供するサーバ30と、通信回線20に接続されたゲーム装置100とを備えている。

0018

サーバ30は、例えばWEBサーバ等のホームページコンテンツ提供装置であって、通信回線20を介してゲーム装置100に接続されており、後述するホームページコンテンツ取得部112からの要求にしたがってホームページコンテンツCを送出する機能を有している。ホームページコンテンツCは、HTML、XML等のマークアップ言語やJava Script、VB Script等のスクリプト言語によって記述されたホームページ記述データである。また、ホームページコンテンツCに広告データ(特定データ)が含まれている場合には、ホームページコンテンツCのどの部分が広告データであるかを識別できるように広告データ識別子が記述されている場合がある。

0019

ゲーム装置100は、例えばゲームソフトウエアを動作させるゲーム専用機であって、ゲーム機本体110と、ゲームコントローラ等の入力装置120と、テレビモニタ等の出力装置130とを備えている。

0020

ゲーム機本体110には、ゲーム制御部111と、インターネット等の通信回線に接続しホームページコンテンツを取得するホームページコンテンツ取得部112と、ホームページコンテンツ解釈部113と、記憶部114とが設けられており、これらは相互に接続されている。

0021

ゲーム制御部111は、例えば導入されたゲームソフトウエアにしたがって動作するCPU等を備え、ゲームソフトウエアの設定に沿って、各部を連携制御する機能を有している。具体的には、ホームページコンテンツ取得部112に対しては、ホームページコンテンツ取得要求を伝える。また、ホームページコンテンツ解釈部113からはゲーム設定データDへの変換完了通知を受ける。また、記憶部114からゲーム設定データDを読み取る。さらに、入力装置120からユーザの操作情報受け取り、出力装置130へゲームの状況等ユーザに伝達したい内容をユーザに伝達する。

0022

ホームページコンテンツ取得部112は、例えばネットワークインターフェース制御装置から構成され、制御ソフトウェアにより動作が行われる。具体的には、ゲーム制御部111からのホームページコンテンツ取得要求を受け取る。また、通信回線20を介してサーバ30に接続することで、ホームページコンテンツCの取得要求送出し、またホームページコンテンツCを受信する。さらに、受信したホームページコンテンツCをホームページコンテンツ解釈部113に渡す。

0023

ホームページコンテンツ解釈部113は、例えばソフトウェアモジュールであって、ホームページコンテンツCを受け取れるようになっている。また記憶部114と接続され、ホームページコンテンツCとゲーム設定データDの変換規則データRを読み出すこと及びホームページコンテンツを変換規則に従って変換して作成したゲーム設定データDを書き込むことができるようになっている。

0024

記憶部114は例えば半導体メモリであって、少なくともゲーム設定データD及び変換規則データRが記憶されている。またゲーム制御部111に接続されゲーム制御部111が、記憶されているゲーム設定データDを読み出せるようになっている。またホームページコンテンツ解釈部113に接続され、ホームページコンテンツ解釈部113がホームページコンテンツとゲーム設定データDの変換を行う際に使用する変換規則データRを読み出したり、変換によって得られるゲーム設定データDを書き込めるようになっている。

0025

入力装置120は、ゲーム制御部111に接続されており、ユーザの操作をゲーム制御部111に伝達する機能を有している。出力装置130は、ゲーム制御部111に接続されており、ゲームの状況等のゲーム制御部111がユーザに伝達すべき内容を表示することで伝達するようになっている。

0026

ゲーム設定データDは、ゲーム制御部111がゲームを制御する上で必要な情報を含んだデータである。ゲーム設定データDは、ゲーム開始時に予め用意されるデータで初期化されホームページコンテンツ解釈部113によって生成されるゲーム設定データDによって更新される。またゲーム制御部111がゲームの進行に合せて随時更新する。

0027

変換規則データRは、ホームページコンテンツCをゲーム設定データDとして解釈し、変換する為の規則を含んだデータである。変換規則データRの入手方法としては、ゲームソフトウエアに含まれている場合や、CD−ROM等の記憶媒体に配布される場合、通信回線20を介して入手する場合等がある。

0028

上述したようなゲーム装置100では、次のようにしてゲームを行う。すなわち、ユーザが入力装置120によりゲームのアプリケーションソフト起動し、ゲームを開始するとその操作情報がゲーム制御部111に伝達される。記憶部114のゲーム設定データDが予め用意されたデータによって初期化され、この初期化されたゲーム設定データDをゲーム制御部111が読み込むことで、ゲームの初期設定がなされ、出力装置130を介して初期画面表示が行われる。この画面において、URL入力がユーザに対して促される。

0029

続いて入力装置120を介してユーザからのURL入力がゲーム制御部111に伝達される。ゲーム制御部111は取得したURLをホームページコンテンツ取得部112に伝達し、指定されたURLに対応するホームページコンテンツCの取得を指示する。

0030

ホームページコンテンツ取得部112はホームページコンテンツ取得指示を受けるとURLに指定されたサーバ30に対してホームページコンテンツ取得要求を送出する。このホームページコンテンツ取得要求には、URLの他に、ホームページコンテンツの利用方法がゲーム設定データの取得である旨を示すアプリケーション種別識別子が含まれている。

0031

サーバ30では、ホームページコンテンツ取得要求を受けると指定されたURLに対応したホームページコンテンツCをホームページコンテンツ取得部112に対して送出する。この際、サーバ30はホームページコンテンツ取得要求に含まれるアプリケーション種別識別子によってホームページコンテンツの利用方法がゲーム設定データの取得である旨を認識し、当該ホームページコンテンツCの閲覧前提とした処理、例えばカウンタインクリメントを行わない。

0032

ホームページコンテンツ取得部112ではサーバ30からホームページコンテンツCを受信すると、ホームページコンテンツ解釈部113に転送する。ホームページコンテンツ解釈部113ではホームページコンテンツCを受け取ると記憶部114に格納された変換規則データRを参照しながらホームページコンテンツCの記述内容をゲーム設定データDに変換し、記憶部114に格納されているゲーム設定データDを更新する。

0033

また、ホームページコンテンツC内にimg タグ等で指定されたURLに対応する他のデータへの参照が含まれていた場合には、ホームページコンテンツ解釈部113はホームページコンテンツ取得部112に対してそのURLを伝達し、そのホームページコンテンツCの取得を要求する。この場合においても、ホームページコンテンツ取得部112はアプリケーション種別識別子を含んだものをサーバ30に送出するので、サーバ30では当該ホームページコンテンツCの閲覧を前提とした処理が行われない。

0034

なお、ホームページコンテンツ解釈部113の変換処理の際、ホームページコンテンツCに広告データ識別子によって広告データである旨が指定されたデータが含まれている場合には、その部分は変換は行われず、広告データのままで記憶部114に格納される。

0035

取得したホームページコンテンツCのゲーム設定データDへの変換が完了すると、ゲーム制御部111に完了が通知される。このとき、ホームページコンテンツCに他のホームページコンテンツCへのリンクが設定されていた場合にはリンク先URL情報がゲーム設定データDに含められる。

0036

完了通知を受けとったゲーム制御部111では、記憶部114に格納されたゲーム設定データDを読み込んでゲームの設定を更新しゲームを進める。また、広告データが含まれていた場合にはそれを広告として出力装置130を介してユーザに出力するように設定することができる。

0037

その後、ユーザは入力装置120により操作を行い、この操作をゲーム制御部111が解釈することでゲームが進められる。図2に示すように、ユーザ操作が別のホームページコンテンツの利用を必要としないものであれば、ゲーム設定データDを参照したり、必要に応じて書き換えたりしながら表示を更新し、ゲームが進められていく。一方、ゲーム設定データDで設定されたゲーム内容所期の目的に達した場合や特定のイベントが終了した場合等、他のホームページコンテンツCが必要になった場合にはゲーム設定データDに含まれるリンク先URL情報に基づいて、別のホームページコンテンツCを取得し、ゲーム設定データDを更新する。これを繰り返すことで、ゲームを長時間にわたって継続することが可能になる。

0038

なお、ゲーム制御部111に直前のホームページコンテンツCに戻るという機能を持たせることで、リンク先URL情報を持たないホームページコンテンツCであってもゲームを継続させることができる。

0039

なお、広告データについては、適宜出力装置130によりユーザに対して表示される。これにより、ホームページコンテンツCの作成者の意図とは異なったホームページコンテンツCの利用形態である場合にも、広告データ等の特定のデータについてはその目的に沿った表示を行うことが可能である。

0040

上述したゲーム装置100において、ダンジョン探索ゲームについて適用した例図3図5を用いて説明する。図3処理フローを示す説明図、図4は処理フローにおいてホームページコンテンツの変換処理フローを示す説明図、図5カウンターCGI処理分岐を示す説明図である。なお、ダンジョン探索ゲームとは、いわゆるロールプレイングゲームの一つであって、ユーザが画面内のキャラクタを操作して未知迷路建物内を移動しながら宝を集めたり、モンスタ対戦したりしてキャラクタを成長させ、与えられた目的を達成するようにする行うゲームである。

0041

予め記憶部114に記憶されている変換規則データRは例えば次のような変換規則を有している。すなわち、
・ホームページコンテンツそのもの=部屋データ
・直前に使用していたホームページコンテンツのURL=直前に使用していたホームページコンテンツを利用して作られる部屋に通じるドアのデータ
・Aタグのhrefで指定されたURL=指定されたURLに対応したホームページコンテンツを利用して作られる部屋に通じるドアのデータ
・img タグで指定された画像データURLでsrc 名長が4の倍数=src 名で指定される画像ファイルのサイズを宝の額とした宝箱データ
・img タグで指定された画像データURLでsrc 名長が4の倍数以外=src 名で指定される画像ファイルのサイズを強さの値としたモンスターデータ
等の規則である。これらの規則により、連続して生成される「部屋」を探索するダンジョン探索ゲームが実現される。なお、ホームページコンテンツC中の広告データは記憶部114に格納される設定である。

0042

ゲーム開始時には予め用意されたゲーム終了予告のホームページコンテンツCのURLを直前に使用したホームページコンテンツのURLとして設定する。ユーザに対して初期URLの入力を促す画面が表示され、ユーザは任意のURLを入力装置120を使って入力する。

0043

入力されたURLはゲーム制御部111を介してホームページコンテンツ取得部112に伝達され、指定されたURLに対応したホームページコンテンツCが通信回線20を介して取得される。なお、ホームページコンテンツ取得部112はサーバ30に対し、
APP=GAME
という情報を同時に送出することで、アプリケーション種別がゲームであることをサーバ30に伝達している。ホームページコンテンツCを受信したホームページコンテンツ取得部112は取得したホームページコンテンツをホームページコンテンツ解釈部113に転送する。

0044

ホームページコンテンツ解釈部113は取得したホームページコンテンツを上述した変換規則に基づいてゲーム設定データDに変換し記憶部114に格納する。ここでホームページコンテンツにimg タグで指定された画像データが含まれていると、画像データを取得した上でsrc に指定されたURLの文字列としての長さを評価し、宝箱データ又はモンスターデータを作成する。

0045

また、ホームページコンテンツCに例えば、
<IMG src=”/cgi/counter.cgi”>
という記述が含まれており、画像データを取得するとサーバ側で閲覧数カウンターがインクリメントされる仕組みになっている場合には、アプリケーション種別がゲームであることをサーバ30に伝達しているので、サーバ30はCGIソフトウェアの起動に際してのパラメータとして、
APP=GAME
という情報をCGIソフトウェアに渡すことでCGIソフトウェアはカウンタをインクリメントするか否かを区別して実行する。

0046

ホームページコンテンツ解釈部113では、ホームページコンテンツCからゲーム設定データDへの変換処理がすべて終了するとゲーム制御部111に変換完了を伝える。ゲーム制御部111は変換完了を受け取ると記憶部114からゲーム設定データDにしたがって部屋の表示データを作成し出力装置130を使ってユーザに部屋を表示する。

0047

ユーザは表示された部屋にて宝箱を開けて宝を獲得したり、モンスターを倒すことで成長したりしながらゲームを進め、表示されたドアのうちのいずれかを開いて別の部屋に移ろうとする。このとき、ユーザは入力装置120を利用してドア開放の操作を行うが、この操作が入力装置120を介してゲーム制御部111に伝達される。そして、ドアデータに格納されたURLにしたがって新たなホームページコンテンツCが取得され、ゲーム設定データDが更新されて新しい部屋の表示データが作成される。そして、ユーザに出力装置130を介して表示され次の部屋にてゲームが進行する。

0048

なお、ゲームにおいてはインターネット上に特別に用意されたホームページコンテンツCを取得して利用した場合、広告データとして特別なデータが表示され、それにしたがってプレゼントが貰えるようにすることで、よりゲームの面白味を増すことが可能となる。

0049

なお、ダンジョン探索ゲームの他、シューティングゲーム(ユーザが画面内のキャラクタや戦闘機等を操作してその武器によって画面に表示される敵を攻撃しその成功度合いによってポイントを獲得して取得したポイントを競ったりするゲーム)に適用することも可能である。具体的には、「部屋」を「戦闘地域」、「モンスター」を「敵機」、「ドア」を「他の戦闘地域への移動手段」、「宝箱」を「エネルギー弾薬補充等のアイテム」に置き換える等の変換を行う。

0050

上述したように本実施の形態に係るゲームシステム10によれば、インターネット上に提供されている豊富なホームページコンテンツをゲーム設定データDとして利用できる為、低コストでゲーム設定のバリエーションを非常に多くすることが可能となる。また、ゲーム設定をゲームの進行に合せて自動的に新しい設定に更新していくことが可能である。さらにこれらのホームページコンテンツCはゲーム設定データDとして意図されずに作成されている上に適当な間隔で更新される為、最初に入力するURLが同一であっても、ゲーム設定データDが予想できないランダム性を備えることとなりゲームの面白味を増すことができる。さらにホームページコンテンツを都度保存しておけば何度でも同じゲーム設定データを再現することが可能となる。またHTML等リンク機能を具備したマークアップ言語で記述されたソースを利用する場合にはリンクされているHTMLコンテンツを自動的に取得して利用することでゲームの中断をせずにゲーム設定データの更新が可能となる。

0051

一方、ホームページコンテンツCに広告データが含まれる場合には、広告データであることを示す広告データ識別子を設けることでホームページコンテンツC内の広告データをゲーム設定データDとして利用せずに、広告データとしてそのまま表示することができ、ホームページCの広告機能を発揮させることができる。

0052

また、サーバ30にアクセスする際に、アプリケーション識別子を送るようにしているので、サーバ30において、ホームページコンテンツCの使われ方を判別することができ、ホームページのアクセス数カウントするプログラムが使用されている場合であっても、ホームページを閲覧以外の目的でアクセスされた場合にはカウントされないようにすることができる。

0053

なお、本発明は前記実施の形態に限定されるものではない。すなわち、上述した実施の形態では、ゲーム機本体110と入力装置120とは別体としているが、一体に構成するようにしてもよい。また操作の内容や方法にしたがって音声入力装置キーボードハンドルジョイスティック楽器状の入力装置、マット状で足で踏むことによって操作する入力装置等であっても構わない。

0054

また、出力装置130はゲーム制御部111がユーザに伝達すべき内容をユーザに伝達できるようになっていればよく、ゲーム機本体110と出力装置130が別体としているが、一体に構成するようにしてもよい。また伝達したい内容によって音声出力装置プリンタ等であっても構わない。

0055

記憶部114は、半導体メモリの他、かならずしも一つである必要はなく複数であっても構わない。またCD-ROMやDVD-ROM、ハードディスクフロッピー登録商標ディスク、MO等でも構わない。別体となっていても構わない。複数となる場合には変換規則データRとゲーム設定データDは別々の記憶装置に格納されていても構わないしゲームの進行に合せて各記憶装置の間で移動したり複製されたりしても構わない。

0056

さらにゲーム装置100はゲーム専用機としたが、インターネットに接続できてゲームが実行できればよくパソコン携帯電話携帯情報端末であってもよい。この他、本発明の要旨を逸脱しない範囲で種々変形実施可能であるのは勿論である。

発明の効果

0057

本発明によれば、多種多様なゲーム設定データを容易に入手することが可能なゲーム装置、ゲームシステム及びゲーム方法を提供することが可能となる。

図面の簡単な説明

0058

図1本発明の一実施の形態に係るゲームシステムの構成を示す図。
図2同ゲームシステムの動作の流れを示す説明図。
図3同ゲームシステムをダンジョン探索ゲームに適用した場合の処理フローを示す説明図。
図4同処理フローにおいてホームページコンテンツの変換処理フローを示す説明図。
図5同ゲームシステムのカウンターCGIの処理分岐を示す説明図。

--

0059

10…ゲームシステム
20…通信回線
30…サーバ
100…ゲーム装置
110…ゲーム機本体
111…ゲーム制御部
112…ホームページコンテンツ取得部
113…ホームページコンテンツ解釈部
114…記憶部
120…入力装置
130…出力装置

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ