図面 (/)

技術 折り畳み農作業機

出願人 小橋工業株式会社
発明者 太田万喜
出願日 2000年11月10日 (20年3ヶ月経過) 出願番号 2000-343754
公開日 2002年5月21日 (18年9ヶ月経過) 公開番号 2002-142513
状態 特許登録済
技術分野 農業機械一般(1)連結、尾輪、PTO等
主要キーワード 中央部分側 変速ギヤボックス 部分平面 作業機部分 チェン伝動ケース 伝動シャフト コンプレッションロッド ロータリ作業
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年5月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

中央部分から左右両側に延出している作業機部分を、それぞれ中央部分側に折り畳んだ状態で自動的にロックする。

解決手段

トラクタの後部に連結装置を介して農作業機の長さ方向中央部分を昇降可能に装着し、トラクタから農作業機の中央部分に動力を伝達するようにし、中央部分に対し、該中央部分から左右両側に延出している作業機部分を、それぞれ中央部分側に折り畳み可能とした農作業機であって、.農作業機1はロータリ作業部13,13aの外周にシールドカバー15,15a及びエプロン16,16aを備え、左右の作業機部分のエプロン16aの内端部に、作業機部分6L,6Rを折り畳んだときエプロン16aをシールドカバー15aに係止し、作業機部分を作業状態展開したときはエプロン16aのシールドカバー15aへの係止を解除するロック装置21を設けた。.ロック装置21は、作業機部分6L,6Rを作業状態に展開したときエプロン16aのシールドカバー15への係止を解除すると共に、中央部分のエプロン16に係止する。

概要

背景

従来、図9に示すように、図示しないトラクタの後部に連結装置(3点リンク連結装置)Bを介して農作業機Aの長さ方向中央部分を昇降可能に装着し、トラクタから農作業機Aの中央部分Cに動力を伝達すると共に、上記中央部分Cに対し、該中央部分Cから左右両側に延出している作業機部分Dを、それぞれ中央部分C側に回転軸Eを中心に折り畳み可能とした農作業機Aが周知である。

農作業機Aには、ロータリ作業部Fの外周にエプロンG及びレベラHが設けられ、中央部分CのレベラHと作業機部分DのレベラHとは回動軸Iにより連結されている。そして、作業機部分Dを中央部分C側に折り畳んだとき、中央部分CのエプロンGと中央部分CのエプロンGは共に基端部が回動自在であり、エプロンG及びレベラHがぶら下がり機体走行時にぶらぶらしたり、他の部材に接触して音を発生したり、他の部材を損傷したりすることがあった。

概要

中央部分から左右両側に延出している作業機部分を、それぞれ中央部分側に折り畳んだ状態で自動的にロックする。

トラクタの後部に連結装置を介して農作業機の長さ方向中央部分を昇降可能に装着し、トラクタから農作業機の中央部分に動力を伝達するようにし、中央部分に対し、該中央部分から左右両側に延出している作業機部分を、それぞれ中央部分側に折り畳み可能とした農作業機であって、.農作業機1はロータリ作業部13,13aの外周にシールドカバー15,15a及びエプロン16,16aを備え、左右の作業機部分のエプロン16aの内端部に、作業機部分6L,6Rを折り畳んだときエプロン16aをシールドカバー15aに係止し、作業機部分を作業状態展開したときはエプロン16aのシールドカバー15aへの係止を解除するロック装置21を設けた。.ロック装置21は、作業機部分6L,6Rを作業状態に展開したときエプロン16aのシールドカバー15への係止を解除すると共に、中央部分のエプロン16に係止する。

目的

本発明は、左右の作業機部分を中央部分側に折り畳んだときは、自動的にエプロンをシールドカバーに係止し、作業機部分を作業状態に展開したときは、自動的にエプロンのシールドカバーへの係止を解除し、また、作業機部分を作業状態に展開したときは、自動的にエプロンのシールドカバーへの係止を解除すると共に、ロックピンを中央部分のエプロンに係止するロック装置を設けた折り畳み農作業機を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
3件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

トラクタの後部に連結装置を介して農作業機の長さ方向中央部分を昇降可能に装着し、上記トラクタから農作業機の中央部分に動力を伝達すると共に、上記中央部分に対し、該中央部分から左右両側に延出している作業機部分を、それぞれ中央部分側に折り畳み可能とした農作業機において、上記農作業機はロータリ作業部の外周にシールドカバー及びエプロンを備え、左右の作業機部分のエプロンの内端部に、作業機部分を折り畳んだときエプロンをシールドカバーに係止し、作業機部分を作業状態展開したときはエプロンのシールドカバーへの係止を解除するロック装置を設けたことを特徴とする折り畳み農作業機。

請求項2

上記ロック装置は、作業機部分を作業状態に展開したときエプロンのシールドカバーへの係止を解除すると共に、中央部分のエプロンに係止する構成としたことを特徴とする請求項1記載の折り畳み農作業機。

技術分野

0001

本発明は、トラクタの後部に連結装置を介して農作業機の長さ方向中央部分を昇降可能に装着し、該中央部分から左右両側に延出している作業機部分を、それぞれ中央部分側に折り畳み可能とした農作業機に関する。

背景技術

0002

従来、図9に示すように、図示しないトラクタの後部に連結装置(3点リンク連結装置)Bを介して農作業機Aの長さ方向中央部分を昇降可能に装着し、トラクタから農作業機Aの中央部分Cに動力を伝達すると共に、上記中央部分Cに対し、該中央部分Cから左右両側に延出している作業機部分Dを、それぞれ中央部分C側に回転軸Eを中心に折り畳み可能とした農作業機Aが周知である。

0003

農作業機Aには、ロータリ作業部Fの外周にエプロンG及びレベラHが設けられ、中央部分CのレベラHと作業機部分DのレベラHとは回動軸Iにより連結されている。そして、作業機部分Dを中央部分C側に折り畳んだとき、中央部分CのエプロンGと中央部分CのエプロンGは共に基端部が回動自在であり、エプロンG及びレベラHがぶら下がり機体走行時にぶらぶらしたり、他の部材に接触して音を発生したり、他の部材を損傷したりすることがあった。

発明が解決しようとする課題

0004

上記のように従来の農作業機Aにおいては、作業機部分Dを中央部分C側に折り畳んだ状態で機体走行させると、エプロンG及びレベラHがぶら下がった状態となり、エプロンG及びレベラHがぶらぶらしたり、他の部材に接触して音を発生したり、他の部材を損傷したりする、という問題点があった。

0005

本発明は、左右の作業機部分を中央部分側に折り畳んだときは、自動的にエプロンをシールドカバー係止し、作業機部分を作業状態展開したときは、自動的にエプロンのシールドカバーへの係止を解除し、また、作業機部分を作業状態に展開したときは、自動的にエプロンのシールドカバーへの係止を解除すると共に、ロックピンを中央部分のエプロンに係止するロック装置を設けた折り畳み農作業機を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上記の目的を達成するために本発明は、以下の構成を特徴としている。A.トラクタの後部に連結装置を介して農作業機の長さ方向中央部分を昇降可能に装着し、上記トラクタから農作業機の中央部分に動力を伝達すると共に、上記中央部分に対し、該中央部分から左右両側に延出している作業機部分を、それぞれ中央部分側に折り畳み可能とした農作業機において、上記農作業機はロータリ作業部の外周にシールドカバー及びエプロンを備え、左右の作業機部分のエプロンの内端部に、作業機部分を折り畳んだときエプロンをシールドカバーに係止し、作業機部分を作業状態に展開したときはエプロンのシールドカバーへの係止を解除するロック装置を設けた。B.上記ロック装置は、作業機部分を作業状態に展開したときエプロンのシールドカバーへの係止を解除すると共に、中央部分のエプロンに係止する構成とした。

0007

上記の構成により本発明の折り畳み農作業機は、左右の作業機部分を折り畳んだときはエプロンがシールドカバーに係止され、エプロンがぶら下がって機体走行時にぶらぶらしたり、他の部材に接触して音を発生したり、他の部材を損傷したりすることがない。また、作業機部分を作業状態に展開したときはエプロンのシールドカバーへの係止が解除されて作業機部分のエプロンは自在に回動して整地作業を行う。さらに、作業機部分を作業状態に展開してエプロンのシールドカバーへの係止を解除すると共に、ロック装置を中央部分のエプロンに係止するときは、中央部分のエプロンと左右の作業機部分のエプロンとが同時に回動して整地作業を行う。

発明を実施するための最良の形態

0008

以下、本発明の実施の形態を添付の図面を参照して具体的に説明する。図1ないし図3において、符号1は左右方向の長さが長く砕土・代掻機能を持つ代掻ハローである。この代掻ハロー1の前部中央部分には、図示しないトラクタのトップリンクロアーリンクとからなる周知の3点リンクヒッチ機構に連結される,ロアーリンク連結部2及びトップマスト3が設けられ、代掻ハロー1はトラクタの後部に昇降可能に装着される。また、トラクタのPTO軸から、ユニバーサルジョイント伝動シャフト等を介して、代掻ハロー1の前側中央部に設けられた変速ギヤボックス4に、入力軸4aを介して動力が伝達される。

0009

代掻ハロー1は、トラクタのタイヤTの間隔よりやや作業幅の広い中央部分5と左右の作業機部分6L,6Rとに3分割され、中央部分5の左右の端部と左右の作業機部分6L,6Rの内端部とをそれぞれ回転軸(回転支点)7,7によりほぼ180°回転可能に連結し、中央部分5の背面と左右の作業機部分6L,6Rの背面とを重ね合わせるようにして折り畳み可能としている。従って、中央部分5は、トラクタのタイヤTにより圃場に付けられた車輪跡を消去可能な幅を有していることになる。図1に示されるように、中央部分5の長さに対し左右の作業機部分6L,6Rの長さをほぼ2分の1としている。作業機部分6L,6Rは左右対称であり、ほぼ同じ構成を有している。

0010

上記ギヤボックス4から左右両側に、本体フレームを兼ね、伝動シャフトを内装した伝動フレーム8,8aを設けている。この伝動フレーム8の作業機部分6L側及び伝動フレーム8a,8aの外側端に位置して、それぞれチェン伝動ケース9、10,10を垂設している。また、伝動フレーム8の作業機部分6R側の外側端及び作業機部分6L,6Rの内側端に位置して側板11,12,12を垂設している。これらチェン伝動ケース9と側板11及びチェン伝動ケース10,10と側板12,12の下端部間に砕土・代掻ロータ(ロータリ作業部)13、13aを軸支している。

0011

上記伝動フレーム8,8aに内装された伝動シャフトの中央部分5と作業機部分6L,6Rが対向する端部に位置して、クラッチ14が設けられている。このクラッチ14は、図1及び図2に示すように、中央部分5に対し左右の作業機部分6L,6Rを作業状態に展開したときは接続状態となり、図3及び図4に示すように、作業機部分5L,5Rを回転軸7を中心に回動して中央部分5上に折り畳んだときは切断されるようになっている。砕土・代掻ロ−タ13、13aの上方は、本体フレームに支持されたシールドカバー15,15aにより覆われており、このシールドカバー15,15aの後端部に、後端部にレベラ17、17aを枢支軸17bにより枢支したエプロン16、16aの上端部が、枢支軸16bを介して上下方向に回動自在に枢着されている。本体フレームとエプロン16、16a及びレベラ17、17aとの間には、それぞれコンプレッションロッド介装されている。また、レベラ17、17aは、土壌均平する均平位置と土壌を掻き寄せる土寄せ位置とに変位可能になっている。

0012

中央部分のレベラ17と左右の作業機部分のレベラ17aの相対向する端部には、それぞれリンクアーム18,18aの基部が連結されており、このリンクアーム18,18aの先端部をピボット19及びピン20により回動可能に連結している。そして、左右の作業機部分6L,6Rを中央部分5上に折り畳んだ状態で、中央部分のエプロン16及びレベラ17は、エプロン16a及びレベラ17aとの間に上下回動間隔を有して単独で作動することが可能である。レベラ17aの外端部には、延長レベラを起倒可能に設けてもよいものである。

0013

中央部分のエプロン16と左右の作業機部分のエプロン16aとの間には、図4及び図5に示すロック装置21が設けられている。このロック装置21は、U字状のロックピン22をエプロンの側板16cに開けた2つの支持穴挿通し、バネ23、座金24,ピン25,25を介して所定範囲摺動可能に弾持されている。ロックピン22はその長さが異なっており、長さの短い側の先端22aはシールドカバーの側板15bに開けられた係止穴に対して挿脱可能であり、また長さの長い側の先端22bは、左右の作業機部分6L,6Rを作業状態に展開したとき中央部分のエプロンの側板16dと当接してロックピン22をバネ23の弾発力に抗して移動させ、長さの短い側の先端22aをシールドカバーの側板15bに開けた係止穴から抜け出させる。従って、シールドカバー15aに対するエプロン16aのロックは解除される。左右の作業機部分6L,6Rを中央部分5側に折り畳んだときは、長さの長い側の先端22bのエプロンの側板16cとの当接が解除され、バネ23の弾発力によりロックピン22を移動させ、長さの短い側の先端22aをシールドカバーの側板15bに開けた係止穴に嵌挿して左右の作業機部分のエプロン16aをシールドカバー15aにロックさせる。

0014

ロック装置21は、図6及び図7に示す第2実施例のように構成してもよいものである。即ち、第2実施例では、図4及び図5の第1実施例におけるロックピン22の長さをやや短くし、中央部分のエプロン16の両側に、長さの長い側の先端22bと嵌合するロック解除係止部材26,27を設けている。そして、左右の作業機部分6L,6Rを作業状態に展開したときは、長さの長い側の先端22bの一方がロック解除・係止部材26と嵌合し、前側のピン25を介してロックピン22をバネ23の弾発力に抗して移動させ、長さの短い側の先端22aをシールドカバーの側板15bに開けた係止穴から抜け出させ、ロックを解除する。また、他方の長さの長い側の先端22bはロック解除・係止部材27と嵌合させて、ロックピン22をバネ23の弾発力に抗して移動させ、長さの短い側の先端22aをシールドカバーの側板15bに開けた係止穴から抜け出させ、ロックを解除する。左右の作業機部分6L,6Rを中央部分5側に折り畳んだときには、長さの長い側の先端22bのロック解除・係止部材26,27との嵌合が解除され、バネ23の弾発力によりロックピン22を移動させ、長さの短い側の先端22aをシールドカバーの側板15bに開けた係止穴に嵌挿して左右の作業機部分のエプロン16aをシールドカバー15aにロックする。

0015

このような構成の代掻ハロー1においては、図1及び図2に示すように、中央部分5と左右の作業機部分6L,6Rの全部で作業する形態、図3及び図4に示すように、中央部分5に対し左右の作業機部分6L,6Rを折り畳んで中央部分5のみで作業する形態、中央部分5に対し右側の作業機部分6Rを折り畳んで中央部分5と左側の作業機部分6Lで作業する形態、中央部分5に対し左側の作業機部分6Lを折り畳んで中央部分5と右側の作業機部分6Rで作業する形態の4通りの作業を、圃場の大きさ、形状等に合わせて選択して実施する。

0016

特に狭い圃場においては、中央部分5に対し左右の作業機部分6L,6Rを折り畳んで中央部分5のみで作業することにより、エプロン16と共に、レベラ17がリンクアーム18、ピボット19及びピン20により自在に回動して、良好な砕土・均平作業を行うことができる。また、作業が終了してトラクタ及び作業機1が圃場から出る際に、中央部分5によりトラクタの車輪T跡を消去する。さらに、中央部分のレベラ17と左右の作業機部分のレベラ17aとを、リンクアーム18,18a、ピボット19及びピン20により回動可能に連結しているので、中央部分5に対して作業機部分6L,6Rを折り畳み、折り畳んだ状態から作業状態へ展開する作業が容易に、かつスムーズに行われる。

0017

中央部分5に対し左右の作業機部分6L,6Rを折り畳んだときは、エプロン16aがロック装置21によりシールドカバー15aに係止され、エプロン16aやレベラ17aがぶら下がって機体走行時にぶらぶらしたり、他の部材に接触して騒音を発生したり、他の部材を損傷したりすることがない。また、作業機部分6L,6Rを作業状態に展開したときは、ロック装置21によりエプロン16aのシールドカバー15aへの係止が解除されて、中央部分のエプロン16及び作業機部分のエプロン16aは自在に回動して整地作業を行う。さらに、作業機部分6L,6Rを作業状態に展開して長さの長い側の先端22bをロック解除・係止部材26,27と嵌合さると、エプロン16aのシールドカバー15aへの係止を解除すると共に、中央部分のエプロン16と左右の作業機部分のエプロン16aとが同時に回動して幅広い整地作業が行われる。

発明の効果

0018

以上説明したように本発明の折り畳み農作業機によれば、上記の構成により以下の効果を奏することができる。

0019

左右の作業機部分を折り畳んだときはエプロンがロック装置によりシールドカバーに係止され、エプロンがぶら下がって機体走行時にぶらぶらしたり、他の部材に接触して音を発生したり、他の部材を損傷したりすることが防止される。また、作業機部分を作業状態に展開したときは、ロック装置によるエプロンのシールドカバーへの係止が解除されて作業機部分のエプロンは自在に回動して良好な整地作業を行うことができる。

0020

また、作業機部分を作業状態に展開してロック装置によるエプロンのシールドカバーへの係止を解除すると共に、ロック装置を中央部分のエプロンに係止するときは、中央部分のエプロンと左右の作業機部分のエプロンとが同時に回動して幅広い整地作業を同時に行うことができる。

図面の簡単な説明

0021

図1本発明による折り畳み式代掻ハロー全体の平面図である。
図2同左右の作業機部分を作業する状態に展開した側面図である。
図3同左右の作業機部分を折り畳んだ状態の側面図である。
図4(a),(b)は、ロック装置により左右の作業機部分のエプロンをロックした状態の部分平面図である。
図5(a)は、左右の作業機部分を作業状態にしてエプロンのロックを解除した部分平面図、(b)及び(c)は、(a)図のP−P線及びQ−Q線断面図である。
図6(a),(b)は、他の実施例のロック装置により左右の作業機部分のエプロンをロックした状態の部分平面図である。
図7(a)は、左右の作業機部分を作業状態にし、他の実施例によるロック装置のロックを解除した部分平面図、(b)は、(a)図のR−R線断面図である。
図8左右の作業機部分を折り畳んだ状態で作業を行っている状態の側面図である。
図9従来の折り畳み作業機の側面図である。

--

0022

1代掻ハロー
ロアリンク連結部
3トップマスト
4変速ギヤボックス4a入力軸
5 代掻ハローの中央部分
6L 左作業機部分6R 右作業機部分
7回転軸(回転支点)
8,8a伝動フレーム
9,10チェン伝動ケース
11,12側板
13,13a砕土・代掻ロ−タ(ロータリ作業部)
14クラッチ
15,15aシールドカバー15b シールドカバーの側板
16,16aエプロン16c,16d エプロンの側板
17,17aレベラ
18,18aリンクアーム
19ピボット
20ピン
21ロック装置
22ロックピン22a,22b ロックピンの先端
23バネ
24座金
25 ピン
26,27ロック解除・係止部材
Tトラクタのタイヤ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ