図面 (/)

技術 安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液およびその利用方法

出願人 ホーユー株式会社
発明者 林洋行相武久美子
出願日 2000年10月31日 (19年8ヶ月経過) 出願番号 2000-332173
公開日 2002年5月14日 (18年1ヶ月経過) 公開番号 2002-137916
状態 特許登録済
技術分野 化粧料 珪酸塩及びセ゛オライト、モレキュラーシーブ
主要キーワード 封鎖効果 ホウ酸ナトリウム水溶液 シリコン誘導体 酸化剤水溶液 ライトブラウン ポリエチレン製容器 明度変化 コーム
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年5月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

用時に調整する必要がなく、保存安定性に優れた安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液およびその利用方法を提供することにある。

解決手段

安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液は、0.05〜20重量%の過ホウ酸ナトリウム及び0.01〜5.0重量%の金属イオン封鎖剤を配合し、pHが2.5〜6.9の範囲に設定される。金属イオン封鎖剤としては、ヒドロキシエタンジホスホン酸フィチン酸およびそれらの塩の中から選ばれる少なくとも一種が配合される。また、界面活性剤毛髪保護剤pH調整剤等から選ばれる少なくとも一種が添加成分として配合されている。

概要

背景

ホウ酸ナトリウム水溶液は、染毛剤パーマネントウェーブ用剤酸化剤(第2剤)として用いられる。この過ホウ酸ナトリウム水溶液は、用時に粉末状の過ホウ酸ナトリウムを水に溶解して調整される。

粉末状の過ホウ酸ナトリウムの水への溶解は、用時に通常、アプリケータ内において行われる。溶解後の過ホウ酸ナトリウム水溶液はそのアプリケータに設けられたコームノズルを使って、毛髪に塗布される。

概要

用時に調整する必要がなく、保存安定性に優れた安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液およびその利用方法を提供することにある。

安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液は、0.05〜20重量%の過ホウ酸ナトリウム及び0.01〜5.0重量%の金属イオン封鎖剤を配合し、pHが2.5〜6.9の範囲に設定される。金属イオン封鎖剤としては、ヒドロキシエタンジホスホン酸フィチン酸およびそれらの塩の中から選ばれる少なくとも一種が配合される。また、界面活性剤毛髪保護剤pH調整剤等から選ばれる少なくとも一種が添加成分として配合されている。

目的

本発明は、上記のような従来技術に存在する問題点に着目してなされたものである。その目的とするところは、用時に調整する必要がなく、保存安定性に優れた安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液およびその利用方法を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

0.05〜20重量%の過ホウ酸ナトリウム及び0.01〜5.0重量%の金属イオン封鎖剤を含有する過ホウ酸ナトリウム水溶液であって、そのpHが2.5〜6.9であることを特徴とする安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液。

請求項2

前記金属イオン封鎖剤がヒドロキシエタンジホスホン酸フィチン酸およびそれらの塩の中から選ばれることを特徴とする請求項1に記載の安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液。

請求項3

界面活性剤毛髪保護剤pH調整剤から選ばれる少なくとも一種を含有する請求項1又は請求項2に記載の安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液。

請求項4

酸化染毛剤酸化剤である請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液。

請求項5

パーマネントウェーブ用剤の酸化剤である請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液。

請求項6

請求項5に記載の安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液をヘアカラー処理された毛髪パーマネントウェーブ処理する際の酸化剤として利用することを特徴とする安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液の利用方法

技術分野

0001

本発明は、長期にわたって安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液およびその利用方法に関するものである。

背景技術

0002

過ホウ酸ナトリウム水溶液は、染毛剤パーマネントウェーブ用剤酸化剤(第2剤)として用いられる。この過ホウ酸ナトリウム水溶液は、用時に粉末状の過ホウ酸ナトリウムを水に溶解して調整される。

0003

粉末状の過ホウ酸ナトリウムの水への溶解は、用時に通常、アプリケータ内において行われる。溶解後の過ホウ酸ナトリウム水溶液はそのアプリケータに設けられたコームノズルを使って、毛髪に塗布される。

発明が解決しようとする課題

0004

ところが、従来の過ホウ酸ナトリウム水溶液は、過ホウ酸ナトリウムが水溶液上で分解し易い性質であるため、用時に粉末状の過ホウ酸ナトリウムを水に溶解するなどして過ホウ酸ナトリウム水溶液を調整する必要があった。このため、作業工程が増えて手間がかかるという問題があった。こうしたことから用時に調整する必要のない安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液の供給が要求されるようになっているが、その要求に答え満足な方法がないまま今日に至っている。

0005

本発明は、上記のような従来技術に存在する問題点に着目してなされたものである。その目的とするところは、用時に調整する必要がなく、保存安定性に優れた安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液およびその利用方法を提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

上記の目的を達成するために、請求項1に記載の発明は、0.05〜20重量%の過ホウ酸ナトリウム及び0.01〜5.0重量%の金属イオン封鎖剤を含有する過ホウ酸ナトリウム水溶液であって、そのpHが2.5〜6.9であることを要旨とする。

0007

請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液において、前記金属イオン封鎖剤がヒドロキシエタンジホスホン酸フィチン酸およびそれらの塩の中から選ばれることを要旨とする。

0008

請求項3に記載の発明は、請求項1又は請求項2に記載の安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液において、界面活性剤毛髪保護剤pH調整剤から選ばれる少なくとも一種を含有することを要旨とする。

0009

請求項4に記載の発明は、請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液において、酸化染毛剤の酸化剤であることを要旨とする。

0010

請求項5に記載の発明は、請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液において、パーマネントウェーブ用剤の酸化剤であることを要旨とする。

0011

請求項6に記載の発明は、請求項5に記載の安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液をヘアカラー処理された毛髪にパーマネントウェーブ処理する際の酸化剤として利用することを要旨とする。

発明を実施するための最良の形態

0012

(第1実施形態)以下、本発明を酸化染毛剤の酸化剤として用いられる安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液に具体化した第1実施形態について詳細に説明する。

0013

本実施形態における安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液には、過ホウ酸ナトリウム、安定化剤としての金属イオン封鎖剤等が配合されている。

0014

過ホウ酸ナトリウムの配合量は、0.05〜20重量%が好ましく、1〜10重量%がより好ましい。この配合量が0.05重量%よりも少ないと有効酸素濃度が低くなり十分な効果が得られない。また20重量%を超えると溶解性が悪くなる。

0015

金属イオン封鎖剤としては、ヒドロキシエタンジホスホン酸、フィチン酸、ジヒドロキシエチルエチレンジアミン二酢酸ジエチレントリアミン五酢酸EDTAHEDTAおよびそれらの塩が挙げられる。これらの中でもヒドロキシエタンジホスホン酸、フィチン酸およびそれらの塩が好ましい。これらの金属イオン封鎖剤は単独で配合してもよいし、二種以上を組み合わせて配合してもよい。金属イオン封鎖剤の配合量は、0.01〜5.0重量%が好ましく、0.05〜3.0重量%がより好ましい。この配合量が0.01重量%よりも少ないと十分な金属イオン封鎖効果が得られない。また5.0重量%を超えても効果が特に大きくは向上しないので、5.0重量%を超えて配合することは不経済である。0.01〜5.0重量%の範囲に設定した場合には、金属イオン封鎖効果と経済的な効果の両方をバランスよく発揮することができる。

0016

また、その他の添加成分として、界面活性剤、毛髪保護剤、pH調整剤から選ばれる少なくとも一種を配合してもよい。

0017

界面活性剤としては、例えば、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム、ジステアリルジメチルアンモニウム等のカチオン性界面活性剤ポリオキシエチレンラウリルエーテルサルフェート、ポリオキシエチレンラウリルスルホコハク酸塩等のアニオン性界面活性剤、ラウリルヒドロキシスルホベタイン、ラウリルジメチルカルボベタイン等の両性界面活性剤ポリオキシエチレンアルキルエーテルポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル等の非イオン界面活性剤等が挙げられる。これらの界面活性剤は単独で配合してもよいし、二種以上を組み合わせて配合してもよい。

0018

毛髪保護剤としては、例えば、カチオン化セルロースカチオン化グアーガムカチオン化デキストランジアリル級アンモニウム塩アクリルアミド共重合物、4級化ポリビニルピロリドン誘導体等のカチオン化ポリマージメチコン、高重合ジメチコン、アモジメチコン等のシリコン誘導体コラーゲンケラチン等の蛋白加水分解物及びその誘導体、油性成分などが挙げられる。これらの毛髪保護剤は単独で配合してもよいし、二種以上を組み合わせて配合してもよい。

0019

pH調整剤としては、例えば、リン酸硫酸等の無機酸、クエン酸酢酸乳酸酒石酸等の有機酸及びそれらの誘導体等が挙げられる。これらの中でも無機酸が好ましく、さらには、リン酸が過ホウ酸ナトリウムの溶解性が良いという点で特に好ましい。そして、過ホウ酸ナトリウム水溶液のpHは、好ましくは2.5〜6.9、より好ましくは4.0〜6.0、さらに好ましくは4.5〜5.5に調整される。

0021

以上詳述した本実施形態によれば次のような効果が発揮される。
・ 本実施形態の過ホウ酸ナトリウム水溶液は保存安定性に優れている。このため、従来のように用時に粉末状の過ホウ酸ナトリウムを水に溶解して水溶液を調整する必要がなく、保存容器に入れられている過ホウ酸ナトリウム水溶液をそのまま利用することが可能であり、作業が容易である。

0022

・ 本実施形態の過ホウ酸ナトリウム水溶液は比較的温和な酸化剤であるため、毛髪に過剰に反応することがない。よって、酸化剤による毛髪損傷を低減することができる。

0023

・金属イオン封鎖剤を安定化剤として0.01〜5.0重量%配合することにより過ホウ酸ナトリウム水溶液の安定性を向上させることができる。また、金属イオン封鎖剤としてヒドロキシエタンジホスホン酸、フィチン酸およびそれらの塩から選ばれる少なくとも一種を使用することで、上記の効果を一層向上させることができる。

0024

(第2実施形態)次に、本発明をパーマネントウェーブ用剤の酸化剤として用いられる安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液に具体化した第2実施形態について、第1実施形態と異なる部分を中心に説明する。

0025

本実施形態における酸化剤には、前記第1実施形態における酸化剤と同じものが用いられる。

0026

次に、この実施形態の過ホウ酸ナトリウム水溶液の利用方法について説明する。さて、この安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液は、ヘアカラー処理された毛髪にパーマネントウェーブ処理する際のパーマネントウェーブ用剤の酸化剤(第2剤)として利用することができる。

0027

ところで、パーマネントウェーブ処理には、従来臭素酸塩又は過酸化水素等が配合された酸化剤水溶液が一般的に用いられている。これらの酸化剤水溶液は比較的ウェーブ力が強く、安定性にも優れている。しかし、臭素酸塩水溶液は放置時間の延長により、毛髪先端部への過収縮を生じる危険性があり、過酸化水素水溶液は、毛髪損傷を引き起こすという問題がある。

0028

更に、ヘアカラー処理された毛髪に、これらの酸化剤を用いてパーマネントウェーブ処理を行うと、臭素酸塩の場合、パーマネントウェーブ用剤の第1剤により還元された染料に対する再酸化力が弱いため、ヘアカラー処理された毛髪の色調が変化してしまうという問題があり、過酸化水素の場合、パーマネントウェーブ用剤の第1剤により還元された染料に対する再酸化力は強いが、毛髪中メラニンを分解する作用があるため、結果として毛髪全体が明るくなってしまうという問題がある。

0029

ところが、本実施形態の安定な過ホウ酸ナトリウム水溶液でパーマネントウェーブ処理する場合、過ホウ酸ナトリウム水溶液が比較的温和にヘアカラー毛に作用するため、ヘアカラー処理により傷んだ毛髪にも過剰に反応することがない。また、パーマネントウェーブ用剤の第1剤により還元された染料に対する再酸化力も強く、メラニンを分解する作用もない。よって、ヘアカラー処理された毛髪にパーマネントウェーブ処理をした場合の色調変化明度変化及び毛髪損傷を低減することができる。

0030

次に、実施例及び比較例を挙げて前記実施形態をさらに具体的に説明する。
(実施例1〜7及び比較例1〜9)ポリエチレン製容器の内部にパーマネントウェーブ用剤の酸化剤として過ホウ酸ナトリウム水溶液を充填して50゜C恒温槽にて一ヶ月間保存し、保存後の容器外観を評価した。その結果及び各例において用いた過ホウ酸ナトリウム水溶液の組成等を表1及び表2に示す。
<評価の基準>
容器の外観…◎(変化なし)、○(若干の膨張)、△(膨張)、×(破裂

0031

0032

0033

表1の結果より、実施形態の過ホウ酸ナトリウム水溶液を使用した場合には、保存安定性が良好であることが示された。

0034

表2の結果より、金属イオン封鎖剤としてヒドロキシエタンジホスホン酸、フィチン酸を使用した場合に、より保存安定性が向上することが示された。

0035

(実施例8及び比較例10〜11)日本人髪の毛束を市販の酸化染毛剤(ビューティーンヘアカラー体験ライトブラウン;ホーユー(株)製)で、商品に指定されている条件下で染色し、水洗いの後乾燥させた。乾燥後の毛束に、パーマネントウェーブ用剤を用いてパーマネントウェーブ処理を施し、処理後の毛髪の色調変化、明度変化および毛髪中のシステイン酸増加率について、測定、評価した。その結果を表5に示す。尚、各例において用いたパーマネントウェーブ用剤の第1剤及び第2剤の組成等をそれぞれ表3及び表4に示す。ちなみに、毛髪中のシステイン酸増加率は、毛髪の損傷の度合いを示しており、増加率が低いほど、毛髪の損傷が少ないことを示す。
<評価の基準>
色調変化…◎(ない)、○(ほとんどない)、△(ややある)、×(ある)
明度変化…◎(ない)、○(ほとんどない)、△(ややある)、×(ある)

0036

0037

0038

0039

表5の結果より、実施形態の過ホウ酸ナトリウム水溶液をヘアカラー処理された毛髪にパーマネントウェーブ処理する際の酸化剤として利用した場合に、色調変化、明度変化及び毛髪損傷が少ないことが示された。

発明の効果

0040

本発明は、以上のように構成されているため、次のような効果を奏する。請求項1に記載の発明によれば、用時に調整する必要がなく、保存安定性に優れた過ホウ酸ナトリウム水溶液を提供することができる。

0041

請求項2及び請求項3に記載の発明によれば、請求項1に記載の発明の効果に加え、過ホウ酸ナトリウム水溶液の安定性をより向上させることができる。

0042

請求項4に記載の発明によれば、酸化染毛剤の酸化剤において請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の発明の効果を奏することができる。

0043

請求項5に記載の発明によれば、パーマネントウェーブ用剤の酸化剤において請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の発明の効果を奏することができる。

0044

請求項6に記載の発明によれば、請求項5に記載の発明の効果に加え、ヘアカラー処理された毛髪に対して、パーマネントウェーブ処理する際の酸化剤として利用することができるとともに、色調変化、明度変化及び毛髪損傷を低減することができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ