図面 (/)

技術 ハイブリッド孔版印刷装置及び該ハイブリッド孔版印刷装置の印刷方法

出願人 理想科学工業株式会社
発明者 内山耕一尾塩晋渡辺秀夫
出願日 2000年10月31日 (20年3ヶ月経過) 出願番号 2000-332833
公開日 2002年5月14日 (18年9ヶ月経過) 公開番号 2002-137528
状態 未査定
技術分野 インクジェット(インク供給、その他) 事務叉は他の商業用の複写、転写 印刷方法
主要キーワード 屈曲経路 水平ベルト 垂直ベルト 下流側搬送ロール 上流側搬送ロール 並列印刷 穿孔箇所 点状パターン
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年5月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

印刷用紙の紙質にかかわらずインクジェット印刷部でインク滲みのない印刷画像印刷できるハイブリッド孔版印刷装置を提供する。

解決手段

孔版印刷部6と、この孔版印刷部6の搬送下流側に配置されインクジェット印刷部26とを有し、装置本体1に装着されている版胴18をインクの代わりにインクジェット印刷用プレコート液材を転写するものに交換し、孔版印刷部6ではインクジェット印刷部26による印刷用紙15の印刷面にプレコート液材を微細な点状配置又は網目状配置となるように塗布した。

概要

背景

孔版印刷装置は、所望の画像データに基づき穿孔して製版された孔版原紙版胴に装着し、回転する版胴に押圧ロール印刷圧を作用させながら印刷用紙を搬送して画像を印刷用紙に転写するものである。従って、孔版印刷装置は、単一の孔版原紙について1パターン印刷画像しか形成することができず、印刷画像の一部のみを異なる画像とする場合にも版胴に装着される孔版原紙を交換しなければならない。又、印刷画像の一部をカラーとしたい場合にはその部分のみを他の印刷装置で印刷する必要がある。つまり、上記した孔版印刷装置は同一印刷内容で、且つ、単一色の印刷を高速で印刷する高速印刷性能には優れているが、印刷内容の可変対応性能には劣る。

そこで、高速印刷性能に優れている孔版印刷部と、印刷内容の可変対応性に優れているインクジェット印刷部とを有し、それぞれの利点を活用して各種要望に対しフレキシブル応えられるハイブリット孔版印刷装置が提案されている。このようなハイブリッド孔版印刷装置では、孔版印刷部の前方又は後方に他方式印刷部を配置し、印刷用紙を孔版印刷部と他方式印刷部とに連続的に供給することによって双方の印刷を施すように設けられる。

概要

印刷用紙の紙質にかかわらずインクジェット印刷部でインク滲みのない印刷画像を印刷できるハイブリッド孔版印刷装置を提供する。

孔版印刷部6と、この孔版印刷部6の搬送下流側に配置されインクジェット印刷部26とを有し、装置本体1に装着されている版胴18をインクの代わりにインクジェット印刷用プレコート液材を転写するものに交換し、孔版印刷部6ではインクジェット印刷部26による印刷用紙15の印刷面にプレコート液材を微細な点状配置又は網目状配置となるように塗布した。

目的

そこで、本発明は、前記した課題を解決すべくなされたものであり、印刷媒体材質にかかわらずインクジェット印刷部でインク滲みのない印刷画像を印刷できるハイブリッド孔版印刷装置及び該ハイブリッド孔版印刷装置の印刷方法を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

装置本体に版胴着脱自在に設けられ、この版胴に穿孔された孔版原紙を装着し、この孔版原紙が装着された前記版胴に印刷媒体押圧搬送して前記印刷媒体に前記孔版原紙の穿孔からインク転写して印刷を施す孔版印刷部と、この孔版印刷部の搬送下流側に配置され、前記印刷媒体にインクを噴射して印刷を施すインクジェット印刷部とを有するハイブリッド孔版印刷装置において、インクの代わりにインクジェット印刷用プレコート液材を転写するものを前記版胴として前記装置本体に装着し、前記孔版印刷部では前記インクジェット印刷部による前記印刷媒体の印刷面にプレコート液材を塗布したことを特徴とするハイブリッド孔版印刷装置。

請求項2

請求項1記載のハイブリッド孔版印刷装置であって、前記孔版印刷部がプレコート液材を塗布する範囲は、前記インクジェット印刷部の印刷エリアに対応するエリアのみとしたことを特徴とするハイブリッド孔版印刷装置。

請求項3

請求項1記載のハイブリッド孔版印刷装置であって、前記プレコート液材は、エマルション液材であることを特徴とするハイブリッド孔版印刷装置。

請求項4

請求項1記載のハイブリッド孔版印刷装置であって、前記孔版印刷部は、前記プレコート液材を前記印刷媒体に微細な点状に塗布することを特徴とするハイブリッド孔版印刷装置。

請求項5

請求項1記載のハイブリッド孔版印刷装置であって、前記孔版印刷部は、前記プレコート液材を前記印刷媒体に微細な網目状に塗布することを特徴とするハイブリッド孔版印刷装置。

請求項6

装置本体に版胴が着脱自在に設けられ、この版胴に穿孔された孔版原紙を装着し、この孔版原紙が装着された前記版胴に印刷媒体を押圧搬送して前記印刷媒体にインクを転写して印刷を施す孔版印刷部と、この孔版印刷部の搬送下流側に配置され、前記印刷媒体にインクを噴射して印刷を施すインクジェット印刷部とを有し、前記装置本体に装着されている前記版胴をインクの代わりにインクジェット印刷用のプレコート液材を転写するものに交換し、前記孔版印刷部では前記インクジェット印刷部による前記印刷媒体の印刷面にプレコート液材を塗布したことを特徴とするハイブリッド孔版印刷装置の印刷方法

技術分野

0001

本発明は、孔版印刷部と該孔版印刷部の搬送下流側インクジェット印刷部とそれぞれを有するハイブリッド孔版印刷装置及び該ハイブリッド孔版印刷装置の印刷方法に関する。

背景技術

0002

孔版印刷装置は、所望の画像データに基づき穿孔して製版された孔版原紙版胴に装着し、回転する版胴に押圧ロール印刷圧を作用させながら印刷用紙を搬送して画像を印刷用紙に転写するものである。従って、孔版印刷装置は、単一の孔版原紙について1パターン印刷画像しか形成することができず、印刷画像の一部のみを異なる画像とする場合にも版胴に装着される孔版原紙を交換しなければならない。又、印刷画像の一部をカラーとしたい場合にはその部分のみを他の印刷装置で印刷する必要がある。つまり、上記した孔版印刷装置は同一印刷内容で、且つ、単一色の印刷を高速で印刷する高速印刷性能には優れているが、印刷内容の可変対応性能には劣る。

0003

そこで、高速印刷性能に優れている孔版印刷部と、印刷内容の可変対応性に優れているインクジェット印刷部とを有し、それぞれの利点を活用して各種要望に対しフレキシブル応えられるハイブリット孔版印刷装置が提案されている。このようなハイブリッド孔版印刷装置では、孔版印刷部の前方又は後方に他方式印刷部を配置し、印刷用紙を孔版印刷部と他方式印刷部とに連続的に供給することによって双方の印刷を施すように設けられる。

発明が解決しようとする課題

0004

ところで、孔版印刷は、孔版原紙の穿孔から滲み出るインクによって印刷を行うため、ある程度粘度の高いインクが使用されるが、インクジェット印刷はインクを噴射することによって印刷を行うため、粘度の低いインクが使用される。そのため、きめの粗い印刷用紙(例えばざら紙)を使用した場合には、孔版印刷部では良好な印刷画像が得られるが、インクジェット印刷部ではインク滲みのある印刷画像しか得られないという問題がある。

0005

そこで、本発明は、前記した課題を解決すべくなされたものであり、印刷媒体材質にかかわらずインクジェット印刷部でインク滲みのない印刷画像を印刷できるハイブリッド孔版印刷装置及び該ハイブリッド孔版印刷装置の印刷方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

請求項1の発明は、装置本体に版胴が着脱自在に設けられ、この版胴に穿孔された孔版原紙を装着し、この孔版原紙が装着された前記版胴に印刷媒体を押圧搬送して前記印刷媒体に前記孔版原紙の穿孔からインクを転写して印刷を施す孔版印刷部と、この孔版印刷部の搬送下流側に配置され、前記印刷媒体にインクを噴射して印刷を施すインクジェット印刷部とを有するハイブリッド孔版印刷装置において、インクの代わりにインクジェット印刷用プレコート液材を転写するものを前記版胴として前記装置本体に装着し、前記孔版印刷部では前記インクジェット印刷部による前記印刷媒体の印刷面にプレコート液材を塗布したことを特徴とするハイブリッド孔版印刷装置である。

0007

このハイブリッド孔版印刷装置によれば、インクジェット印刷部ではプレコート液材が塗布された印刷媒体にインクが噴射され、印刷媒体に着弾したインクがプレコート液材によって不要に広がることがない。

0008

請求項2の発明は、請求項1記載のハイブリッド孔版印刷装置であって、前記孔版印刷部がプレコート液材を塗布する範囲は、前記インクジェット印刷部の印刷エリアに対応するエリアのみとしたことを特徴とするハイブリッド孔版印刷装置である。

0009

このハイブリッド孔版印刷装置では、請求項1の発明の作用に加え、プレコート液材の塗布エリアを必要最低限度に抑えることができる。

0010

請求項3の発明は、請求項1記載のハイブリッド孔版印刷装置であって、前記プレコート液材は、エマルション液材であることを特徴とするハイブリッド孔版印刷装置である。

0011

このハイブリッド孔版印刷装置では、請求項1の発明の作用に加え、プレコート液材のインクの広がり防止は、印刷媒体に塗布されたプレコート液材の水分が印刷媒体内に吸収され、プレコート液材の油分が印刷媒体の表面に残り、この油分がインクジェット印刷部で噴射されるインクの不要な広がりを抑えることによってなされる。

0012

請求項4の発明は、請求項1記載のハイブリッド孔版印刷装置であって、前記孔版印刷部は、前記プレコート液材を前記印刷媒体に微細な点状に塗布することを特徴とするハイブリッド孔版印刷装置である。

0013

このハイブリッド孔版印刷装置では、請求項1の発明の作用に際し、微細な点状に配置されたプレコート液材によってインクの広りが防止される。

0014

請求項5の発明は、請求項1記載のハイブリッド孔版印刷装置であって、前記孔版印刷部は、前記プレコート液材を前記印刷媒体に微細な網目状に塗布することを特徴とするハイブリッド孔版印刷装置である。

0015

このハイブリッド孔版印刷装置では、請求項1の発明の作用に際し、網目状に配置されたプレコート液材によってインクの広りが防止される。

0016

請求項6の発明は、装置本体に版胴が着脱自在に設けられ、この版胴に穿孔された孔版原紙を装着し、この孔版原紙が装着された前記版胴に印刷媒体を押圧搬送して前記印刷媒体にインクを転写して印刷を施す孔版印刷部と、この孔版印刷部の搬送下流側に配置され、前記印刷媒体にインクを噴射して印刷を施すインクジェット印刷部とを有し、前記装置本体に装着されている前記版胴をインクの代わりにインクジェット印刷用のプレコート液材を転写するものに交換し、前記孔版印刷部では前記インクジェット印刷部による前記印刷媒体の印刷面にプレコート液材を塗布したことを特徴とするハイブリッド孔版印刷装置の印刷方法である。

0017

このハイブリッド孔版印刷装置の印刷方法では、インクジェット印刷部ではプレコート液材が塗布された印刷媒体にインクが噴射され、印刷媒体に着弾したインクがプレコート液材によって不要に広がることがない。

発明を実施するための最良の形態

0018

以下、本発明の実施形態を図面に基づいて説明する。

0019

図1図4は本発明の第1実施形態を示し、図1はハイブリッド孔版印刷装置1Aの概略構成図、図2プレコート層が形成された印刷用紙にインクジェット印刷部で印刷する状態の断面模式図図3は点状配置のプレコート層を形成された印刷用紙にインクジェット印刷部で「T」の字を印刷した状態の平面模式図、図4は網目状配置のプレコート層が形成された印刷用紙にインクジェット印刷部で「T」の字を印刷した状態の平面模式図である。

0020

図1に示すように、ハイブリッド孔版印刷装置1Aは、孔版印刷機2と多段式インクジェット印刷機3とを連結したものであり、孔版印刷機2は、所望の画像情報に基づいて孔版原紙10に穿孔する製版部4と、印刷媒体である印刷用紙13を給紙する給紙部5と、この給紙された印刷用紙15に孔版印刷を施す孔版印刷部6と、孔版印刷された印刷用紙15を多段式インクジェット印刷機3の給紙台28に搬送する排紙部7と、版胴18に装着された孔版原紙10を廃棄する排版部8とを有する。

0021

製版部4は、ロールされた長尺状の孔版原紙10を収容する図示しない原紙収容部と、この収容された孔版原紙10の搬送下流に配置されたサーマルヘッド11及びプラテンロール12と、このサーマルヘッド11及びプラテンロール12の搬送下流に配置された原紙カッタ13と、この原紙カッタ13の搬送下流に配置された一対の搬送ロール14,14とを有する。そして、プラテンロール12と一対の搬送ロール14,14の回転により孔版原紙10を搬送し、この孔版原紙10に所望画像データに基づきサーマルヘッド11で感熱穿孔し、この製版した孔版原紙10の後流を原紙カッタ13で切断して所定長さの孔版原紙10を作成する。又、サーマルヘッド11は、プレコートモードが選択された場合には後述するインクジェット印刷部26の印刷エリアに対応するエリアに微細な点状が形成される穿孔パターンを孔版原紙10に形成する。又、インクジェット印刷部の印刷エリアに対応するエリアに微細な網目状が形成される穿孔パターンを孔版原紙10に形成する。

0022

給紙部5は、印刷用紙15が積載される給紙台16と、この給紙台16に積載された最上位置の印刷用紙15のみ順次搬送する1次給紙ロール17と、この1次給紙ロール17によって搬送された印刷用紙15を孔版印刷部6に所定タイミングで給紙する2次給紙ロール9とを有している。

0023

孔版印刷部6は、装置本体1に対して着脱自在に設けられ、多孔構造によるインク通過性部材で外周壁が設けられた版胴18と、この版胴18の外周壁に設けられ、製版された孔版原紙10の先端をクランプするクランプ部19と、版胴18の外周壁に内周面側からインクを供給する図示しないインク供給部と、回転する版胴18の外周壁に押圧する押圧位置と版胴18の外周壁から離間する離間位置との間で変移自在な押圧ロール20とを有する。版胴18は装置本体1に回転自在で設けられ、先端をクランプ部19にてクランプされた孔版原紙10が巻き付け装着される。そして、印刷用紙15が給紙されると、孔版原紙10が装着された版胴18に押圧ロール20が押圧し、版胴18と押圧ロール20との間を印刷用紙15が押圧搬送される過程で孔版原紙10の穿孔箇所を通過するインクが印刷用紙15に転写されることによって所定の印刷画像が形成される。

0024

一方、装置本体1に装着できる版胴18として内部の図示しないインク供給部からインクの代わりにプレコート液材を供給するものが用意されている。つまり、装置本体1に装着する版胴18としてインク供給用のものとプレコート液材供給用のものとをが用意されており、これらを自由に交換できる。プレコート液材は、油分:水分の割合が3:7〜4:6の範囲で構成されたエマルション液材であって、乳白色であるが印刷用紙に塗布されると無色透明となるものが使用されている。

0025

排紙部7は、孔版印刷部6より排出された印刷用紙15を図示しない吸引ファンベルト面に吸引しつつ搬送するベルト搬送部21を有し、このベルト搬送部21より印刷用紙15を上述のように多段式インクジェット印刷機3の給紙台28に排紙する。

0026

排版部8は、版胴18の外周近傍に配置され、版胴18から離間した孔版原紙10の先端を導き、且つ、搬送する一対の排版ロール22,22と、この一対の排版ロール22,22にて搬送されてくる孔版原紙10を収容する排版ボックス23とを有する。

0027

多段式インクジェット印刷機3は、孔版印刷機2から排出された印刷用紙15に載置する給紙台28を有し、この印刷用紙15を給紙する給紙部25と、この給紙部25より給紙される印刷用紙15にそれぞれ印刷を施す6段のインクジェット印刷部26と、この6段のインクジェット印刷部26から排出された印刷用紙15を搬送して排紙台積層状態で載置する排紙部27とを備えている。

0028

給紙部25は、積層された印刷用紙15が載置される給紙台28と、この給紙台28上に載置された最下方位置の印刷用紙15に圧接され、最下方位置の印刷用紙15のみを順次給紙する給紙ロール29と、この給紙ロール29により搬送された印刷用紙15を垂直方向方向変更させるガイドプレート30と、このガイドプレート30で導かれた印刷用紙15を上方に搬送する垂直ベルト搬送機構31と、この垂直ベルト搬送機構31により搬送されてくる印刷用紙15を各インクジェット印刷部26に導く図示しない複数の方向変更爪とを有する。垂直ベルト搬送機構31は、一対のプーリ32,32間に掛け渡されたエンドレスのベルト33と、このベルト33の用紙搬送路側を吸引する図示しない吸引手段とから構成されている。そして、この給紙部25より給紙された印刷用紙15は一対の搬送ロール34,34を介して対応する段のインクジェット印刷部26にそれぞれ導かれる。

0029

6段のインクジェット印刷部26は、上下方向に多段に配置され、各インクジェット印刷部26はそれぞれ別個独立印刷動作を実行できるように構成されている。各インクジェット印刷部26は、下方にインクを噴射させるインクジェット記録ヘッド35と、このインクジェット記録ヘッド35の搬送上流側に配置された上下一対上流側搬送ロール36,36と、インクジェット記録ヘッド35の搬送下流側に配置された上下一対の下流側搬送ロール37,37とを有する。インクジェット記録ヘッド35は、印刷用紙15より一定間隔だけ離れた上方位置に配置されている。そして、一対の上流側搬送ロール36,36間と一対の下流側搬送ロール37,37間とでそれぞれ挟持された印刷用紙15が各ロール36,37の回転によって所定のインクジェット印刷スピードで搬送され、この搬送される印刷用紙15にインクジェット記録ヘッド35がインクを噴射して印刷用紙15に印刷を施すものである。

0030

排紙部27は、複数のインクジェット印刷部26から一対の搬送ロール38,38を介して排出される印刷用紙15を垂直下方に搬送する垂直ベルト搬送機構40と、この垂直ベルト搬送機構40の下方に配置され、略水平方向に設置された水平ベルト搬送機構41と、この水平ベルト搬送機構41の下流側の印刷用紙15の落下位置に配置された排紙台42とを備えている。垂直ベルト搬送機構40及び水平ベルト搬送機構41は、一対のプーリ43,44間に掛け渡されたエンドレスのベルト45,46と、このベルト45,46の用紙搬送路側を吸引する図示しない吸引手段とからそれぞれ構成されている。

0031

上記構成において、インク供給用の版胴18が装着されている場合にあっては、所望画像データに基づき製版された孔版原紙10が版胴18に装着される。そして、孔版印刷機2の給紙部5より給紙された印刷用紙15が版胴18と押圧ロール20間を押圧搬送され、この押圧搬送過程で印刷用紙15に孔版原紙10からインク画像が転写される。孔版印刷された印刷用紙15は排紙部7よりインクジェット印刷機3の給紙台28に排紙される。この給紙台28に載置された印刷用紙15がその最下方位置のものから給紙部25によって各インクジェット印刷部26に順次給紙される。この各インクジェット印刷部26に給紙された印刷用紙15には各インクジェット記録ヘッド35にて所定個所にインクが噴射され、この着弾インクによって所望画像がそれぞれ印刷される。このようにインクジェット印刷された各印刷用紙15は、排紙部27にて搬送されて排紙台42に積載される。排紙台42からは孔版印刷及びインクジェット印刷の双方がなされた印刷用紙15が得られる。

0032

又、この第1実施形態では、孔版印刷機2で孔版印刷された印刷用紙15が6台のインクジェット記録ヘッド35にて同時に並列印刷可能であるため、印刷処理スピードの高速化になる。

0033

又、この第1実施形態では、孔版印刷部6とインクジェット印刷部26との間の用紙搬送の実質的搬送距離Lが最大用紙サイズ長以上であることから孔版印刷が完全に終了した後にインクジェット印刷がなされるため、孔版印刷部6とインクジェット印刷部26のように印刷スピードが異なる場合にあっても画像が伸びたり、縮んだりする悪影響等が発生しない。

0034

次に、きめの粗い印刷用紙(例えばざら紙)15を用いてインクジェット印刷を行う場合には、インク供給用の版胴18を装置本体1より取り外してプレコート液材供給用の版胴18を装置本体1に装着する。そして、プレコートモードを選択すると、孔版原紙10には点状パターンとなる感熱穿孔が施されて版胴18に装着される。そして、孔版印刷機2の給紙部5より給紙された印刷用紙15が版胴18と押圧ロール20間を押圧搬送され、この押圧搬送過程で印刷用紙15に孔版原紙10からプレコート液材が転写される。プレコート液材はその水分が印刷用紙15内に吸収されて油分だけ印刷用紙15の表面に残り、これによって、図2及び図3に示すように、印刷用紙15の表面には微細な点状のプレコート層50が形成される。プレコート層50が形成された印刷用紙15は排紙部7よりインクジェット印刷機3の給紙台28に排紙される。この給紙台28に載置された印刷用紙15がその最下方位置のものから給紙部25によって各インクジェット印刷部26に順次給紙される。この各インクジェット印刷部26に給紙された印刷用紙15には各インクジェット記録ヘッド35にて所定個所にインクが噴射され、この着弾インクによって所望画像がそれぞれ印刷される。このようにインクジェット印刷された各印刷用紙15は、排紙部27にて搬送されて排紙台42に積載される。排紙台42からはインクジェット印刷のみされた印刷用紙15が得られる。

0035

上記インクジェット記録ヘッド35のみのインクジェット印刷動作にあって、図2に示すように、印刷用紙15上に着弾したインク51はその低粘度性故に広がろうとするが点状に配置されたプレコート層50によってその広がりを阻止される。従って、印刷用紙15に着弾したインク51が不要に広がることがないため、印刷用紙15の紙質にかかわらずインクジェット印刷部26でインク滲みのない印刷画像を印刷できる。

0036

この第1実施形態では、孔版印刷部6がプレコート液材を塗布する範囲は、インクジェット印刷部26の印刷エリアに対応するエリアのみとしたので、プレコート液材の塗布エリアを必要最低限度に抑えることができるため、プリコート液材の無駄を防止できる。例えば印刷用紙15の一部のみがインクジェット印刷エリアの場合にはその一部エリアのみにプレコート液材を塗布する。

0037

又、上記印刷動作では、図3に示すように、孔版印刷部6がプレコート液材を印刷用紙15に微細な点状に塗布してプレコート層50が点状に配置されるようにしたが、図4に示すように、孔版印刷部6がプレコート液材を印刷用紙15に微細な網目状に塗布してプレコート層52が網目状に配置されるようにしても同様にインク51の広りを防止できる。尚、図3及び図4に示すように、プレコート液材の塗布パターンとして点状と網目状を示したが、塗布パターンは印刷用紙15に着弾したインクの広がりを防止できるパターンであればよい。

0038

図5は、本発明の第2実施形態を示し、ハイブリッド孔版印刷装置1Bの概略構成図である。図5において、ハイブリッド孔版印刷装置1Bは、所望の画像情報に基づいて孔版原紙に穿孔する図示しない製版部と、印刷媒体である印刷用紙15を給紙する給紙部5と、この給紙された印刷用紙15に孔版印刷を施す孔版印刷部6と、孔版印刷された印刷用紙15を搬送し、インクジェット印刷部54に給紙する用紙搬送部53と、用紙搬送部53により搬送された印刷用紙15にインクジェット印刷を施すインクジェット印刷部54と、インクジェット印刷部54から排出された印刷用紙15を排紙台55に排紙する排紙部7と、版胴18に装着された孔版原紙を廃棄する図示しない排版部とを有している。

0039

給紙部5及び孔版印刷部6の構成は、前記第1実施形態と略同一であるため、同一構成個所には同一符号を付してその説明を省略する。又、孔版印刷部6の版胴18は、前記第1実施形態と同様に装置本体17に着脱自在であると共にプレコート液材供給用の版胴18も用意されている。

0040

用紙搬送部53は、版胴18から印刷用紙15を引き剥がす分離爪56と、版胴18から離間した印刷用紙15を搬送する一対の搬送ロール57,57と、この一対の搬送ロール57,57から排出される印刷用紙15を吸引ファン58でベルト面に吸引しつつ搬送する搬送するベルト搬送部59の上流部分と、このベルト搬送部59のベルト面に印刷用紙15を密着させる複数のガイドロール60とから構成されている。ベルト搬送部59は、後述するようにインクジェット印刷部54の搬送手段を兼用している。そして、用紙搬送部53は、孔版印刷部6の印刷位置とインクジェット印刷部54の印刷位置との間の実質的搬送距離Lが少なくとも使用可能な印刷用紙15の最大用紙サイズ長(印刷用紙15の最大用紙サイズ長以上)有するように設けられている。一対の搬送ロール57,57及びベルト搬送部59のベルト面によって形成される用紙搬送部53の搬送経路は、水平方向にストレート経路に形成されてあり、この第2実施形態では直線距離が少なくとも使用可能な印刷用紙15の最大用紙サイズ長(印刷用紙15の最大用紙サイズ長以上)有するように設定されている。

0041

インクジェット印刷部54は、用紙搬送部53のベルト搬送部59の下流部分と、この下流部分の上方位置に配置されたインクジェット記録ヘッド61とを有している。

0042

この第2実施形態においても前記第1実施形態と同様にプレコート供給用の版胴18を装着したインクジェット記録ヘッド61のインクジェット印刷にあって、印刷用紙15上に着弾したインクの広がりをプレコート層によって阻止できるため、印刷用紙15の紙質にかかわらずインクジェット印刷部54でインク滲みのない印刷画像を印刷できる。又、前記第1実施形態のように印刷スピードの高速化が望めない点を除いて前記第1実施形態と同様の作用、効果が得られる。又、孔版印刷部6の印刷位置とインクジェット印刷部54の印刷位置との間の実質的搬送距離Lが少なくとも使用可能な印刷用紙15の最大用紙サイズ長(印刷用紙15の最大用紙サイズ長以上)有するので、孔版印刷部6とインクジェット印刷部54のように印刷スピードが異なる場合にあっても画像が伸びたり、縮んだりする悪影響等が発生しない。

0043

図6は、本発明の第3実施形態を示し、ハイブリッド孔版印刷装置1Cの概略構成図である。図6において、ハイブリッド孔版印刷装置1Cは、所望の画像情報に基づいて孔版原紙に穿孔する図示しない製版部と、印刷媒体である印刷用紙13を給紙する給紙部5と、この給紙された印刷用紙15に孔版印刷を施す孔版印刷部6と、孔版印刷された印刷用紙15を搬送し、インクジェット印刷部71に給紙する用紙搬送部70と、用紙搬送部70により搬送された印刷用紙15にインクジェット印刷を施すインクジェット印刷部71と、インクジェット印刷部71から排出された印刷用紙15を排紙台55に排紙する排紙部7と、版胴18に装着された孔版原紙を廃棄する図示しない排版部とを有している。

0044

給紙部5及び孔版印刷部6の構成は、前記第1実施形態と略同一であるため、同一構成個所には同一符号を付してその説明を省略する。又、孔版印刷部6の版胴18は、前記第1実施形態と同様に装置本体1に着脱自在であると共に、プレコート液材供給用の版胴18も用意されている。

0045

用紙搬送部70は、版胴18から印刷用紙15を引き剥がす分離爪72と、版胴18から離間した印刷用紙15を搬送する一対の搬送ロール73,73と、この一対の搬送ロール73,73から排出される印刷用紙15を搬送する一対の上流側たわみ用ロール74,74と、これより下流に配置された一対の下流側たわみ用ロール75,75とを有する。そして、用紙搬送部70は一対の上流側たわみ用ロール74,74と一対の下流側たわみ用ロール75,75との間で印刷用紙15を撓ませることによって屈曲経路を形成する。そして、用紙搬送部70の搬送経路は、印刷用紙15を撓ませることによって孔版印刷部6の印刷位置とインクジェット印刷部71の印刷位置との間の実質的搬送距離Lが少なくとも使用可能な印刷用紙15の最大用紙サイズ長(印刷用紙15の最大用紙サイズ長以上)有するように設けられている。

0046

インクジェット印刷部71は、印刷用紙15を吸引ファン76でベルト面に吸引しつつ搬送するベルト搬送部77と、このベルト搬送部77の上方位置に配置されたインクジェット記録ヘッド78と、ベルト搬送部77のベルト面に印刷用紙15を密着させる複数のガイドロール79とから構成されている。

0047

この第3実施形態においても前記第1実施形態と同様にプレコート供給用の版胴18を装着したインクジェット記録ヘッド78のインクジェット印刷にあって、印刷用紙15上に着弾したインクの広がりをプレコート層によって阻止できるため、印刷用紙15の紙質にかかわらずインクジェット印刷部71でインク滲みのない印刷画像を印刷できる。又、前記第1実施形態のように印刷スピードの高速化が望めない点を除いて前記第1実施形態と同様の作用、効果が得られる。又、孔版印刷部6の印刷位置とインクジェット印刷部71の印刷位置との間の実質的搬送距離Lが少なくとも使用可能な印刷用紙15の最大用紙サイズ長(印刷用紙15の最大用紙サイズ長以上)有するので、孔版印刷部6とインクジェット印刷部71のように印刷スピードが異なる場合にあっても画像が伸びたり、縮んだりする悪影響等が発生しない。

0048

又、この第3実施形態では、用紙搬送部70が印刷用紙15を撓ませて搬送させることから孔版印刷部6とインクジェット印刷部71とを近接配置できるため、ハイブリッド孔版印刷装置1Cをコンパクトにできる。

0049

尚、第1実施形態〜第3実施形態では、孔版印刷部6は、孔版原紙10が装着された版胴18に印刷用紙15を押圧搬送して孔版原紙10の印刷画像を直接に印刷用紙15に転写するように構成されているが、本発明では、版胴に転写胴を押圧して孔版原紙の印刷画像を転写胴に一旦転写し、転写胴を介して印刷用紙に印刷画像を形成する場合をも含むものとする。

0050

尚、第1実施形態〜第3実施形態では、プレコート液材としてエマルション液材を用いているが、印刷用紙15に着弾されたインクの広がりを防止できるものであれば良い。

発明の効果

0051

以上説明したように、請求項1の発明のハイブリッド孔版印刷装置によれば、インクジェット印刷部ではプレコート液材が塗布された印刷媒体にインクが噴射され、印刷媒体に着弾したインクがプレコート液材によって不要に広がることがないため、印刷媒体の材質にかかわらずインクジェット印刷部でインク滲みのない印刷画像を印刷できる。

0052

請求項2の発明のハイブリッド孔版印刷装置によれば、プレコート液材の塗布エリアを必要最低限度に抑えることができるため、プリコート液材の無駄を防止できる。

0053

請求項3の発明のハイブリッド孔版印刷装置によれば、プレコート液材はエマルション液材であるので、プレコート液材のインクの広がり防止は、印刷媒体に塗布されたプレコート液材の水分が印刷媒体内に吸収され、プレコート液材の油分が印刷媒体の表面に残り、この油分がインクジェット印刷部で噴射されるインクの不要な広がりを抑えることによってなされる。

0054

請求項4の発明のハイブリッド孔版印刷装置によれば、孔版印刷部はプレコート液材を印刷媒体に微細な点状に塗布するので、微細な点状に配置されたプレコート液材によってインクの広りが防止される。

0055

請求項5の発明のハイブリッド孔版印刷装置によれば、孔版印刷部はプレコート液材を印刷媒体に微細な網目状に塗布するので、網目状に配置されたプレコート液材によってインクの広りが防止される。

0056

請求項6の発明のハイブリッド孔版印刷装置の印刷方法によれば、インクジェット印刷部ではプレコート液材が塗布された印刷媒体にインクが噴射され、印刷媒体に着弾したインクがプレコート液材によって不要に広がることがないため、印刷媒体の紙質にかかわらずインクジェット印刷部でインク滲みのない印刷画像を印刷できる。

図面の簡単な説明

0057

図1本発明の第1実施形態を示し、ハイブリッド孔版印刷装置の概略構成図である。
図2本発明の第1実施形態を示し、プレコート層が形成された印刷用紙にインクジェット印刷部で印刷する状態の断面模式図である。
図3本発明の第1実施形態を示し、点状配置のプレコート層を形成された印刷用紙にインクジェット印刷部で「T」の字を印刷した状態の平面模式図である。
図4本発明の第1実施形態を示し、網目状配置のプレコート層を形成された印刷用紙にインクジェット印刷部で「T」の字を印刷した状態の平面模式図である。
図5本発明の第2実施形態を示し、ハイブリッド孔版印刷装置の概略構成図である。
図6本発明の第3実施形態を示し、ハイブリッド孔版印刷装置の概略構成図である。

--

0058

1A,1B,1Cハイブリッド孔版印刷装置
1 装置本体
6孔版印刷部
10孔版原紙
15印刷用紙(印刷媒体)
18版胴
26,54,71インクジェット印刷部
50,52プレコート層
51 インク

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ