図面 (/)

技術 電気機器

出願人 船井電機株式会社
発明者 藤井透
出願日 2000年11月7日 (20年11ヶ月経過) 出願番号 2000-339004
公開日 2002年5月14日 (19年5ヶ月経過) 公開番号 2002-137490
状態 特許登録済
技術分野 付属装置、全体制御
主要キーワード スイッチング電源ユニット 端子ホルダー プラグ型 本体外装 輸送用コンテナ 外部露出 仕向け地 DCアダプタ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年5月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

電気機器仕様を共通化してその製造コストを安く抑えたり、輸送コストを安く抑えたりすることができる電機機器を提供する。交直変換ユニット電気コードの引廻しのじゃまにならない電機機器を提供する。

解決手段

筐体リアカバー)13内の配線基板12と電気コード20とを分離し、電気コード20の末端部基端部とに交流電源コンセント着脱するコネクタ22と外部露出端子23,24を備えた交直変換ユニット21とをそれぞれ取り付ける。筐体13にユニット装着部14を形成し、このユニット装着部14に、配線基板に接続した基板接触端子32,33を配備する。交直変換ユニット21をユニット装着部14に装着することによって、交直変換ユニット21の外部露出端子23,24に、基板側接触端子32,33が接触する。

概要

背景

インクジェットプリンタファクシミリ装置複写機スキャナーといった画像形成装置や、ビデオテープレコーダラジカセといったオーディオ装置などの電気機器において、所定値直流電圧で動作するようになっているものは、交流電源コンセント電源とし、その交流電圧動作電圧に見合う直流電圧に変換して入力させる必要がある。

そこで、従来は、図4〜図6のように、所謂DCアダプタ通称されている交直変換ユニット1を用いている。図4の事例では、電気機器の筐体2に内蔵した交直変換ユニット1から電気コード3を筐体2の外部に導き出し、その電気コード3の末端部に、交流電源コンセントに着脱されるコネクタ4を取り付けてある。図5の事例では、電気機器の筐体2にジャック5を具備させ、そのジャック5に着脱されるプラグ6を基端部に備えた電気コード3の末端部に交流電源コンセントに着脱されるコネクタ4を取り付けてあると共に、電気コード3の中間部に交直変換ユニット1を介在させてある。図6の事例では、電気機器の筐体2にジャック5を具備させ、そのジャック5に着脱されるプラグ6を基端部に備えた電気コード3の末端部に交直変換ユニット1を取り付け、その交直変換ユニット1に、交流電源コンセントに着脱する機能を具備させてある。

一方、特公平7−79018号公報には、電源としてのバッテリービデオカメラ一体型ビデオテープレコーダなどの電子機器に確実に着脱することができるようにするための対策についての記述がある。また、実開平5−50859号公報には、ファクシミリ装置に関して、記録部と電源部とをそれぞれユニット化し、ファクシミリ本体に対する上記各ユニット取付け位置を変更することができるようにすることによって、排紙方向を選択することができるようにする技術についての記述がある。さらに、特開平6−250459号公報には、電子写真画像形成装置に関して、本体外装の外側に電源ユニットを配置することによって、電源ユニットの発熱の影響を画像形成ユニットに及びにくくした技術についての記載がある。

概要

電気機器の仕様を共通化してその製造コストを安く抑えたり、輸送コストを安く抑えたりすることができる電機機器を提供する。交直変換ユニットが電気コードの引廻しのじゃまにならない電機機器を提供する。

筐体(リアカバー)13内の配線基板12と電気コード20とを分離し、電気コード20の末端部と基端部とに交流電源コンセントに着脱するコネクタ22と外部露出端子23,24を備えた交直変換ユニット21とをそれぞれ取り付ける。筐体13にユニット装着部14を形成し、このユニット装着部14に、配線基板に接続した基板接触端子32,33を配備する。交直変換ユニット21をユニット装着部14に装着することによって、交直変換ユニット21の外部露出端子23,24に、基板側接触端子32,33が接触する。

目的

本発明は以上の状況の下でなされたものであり、仕向け地の交流電源仕様に合わせて電気機器を製造する必要がなくなって電気機器の仕様を共通化することができるものでありながら、交直変換ユニットが電気コードの引廻しのじゃまになったり、交直変換ユニットが輸送時にコンテナ内で大きなスペースを占めて輸送コストを増大させたりするという事態が起こり得ない電気機器を提供することを目的とする。

また、本発明は、ジャックを取り付ける必要のない電気機器を提供することを目的とする。

さらに、本発明は、電気機器の仕様に適合していない交直変換ユニットを備えた電気コードを誤って接続するといった事態の起こり得ない電気機器を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

インクカートリッジの装着されたキャリッジが、印字領域とその印字領域の側方退避領域との間で移動するようになっているインクジェットプリンタでなり、このインクジェットプリンタの筐体に収容された配線基板回路と、この回路と交流電源コンセントとを接続するための電気コードとが分離されており、電気コードの末端部に上記交流電源コンセントに着脱されるコネクタが取り付けられている電気機器において、上記電気コードの基端部に、外部露出端子を備えた交直変換ユニットが取り付けられ、その交直変換ユニットが、上記筐体に具備されていてその交直変換ユニットを外部から操作して着脱することのできるユニット装着部に装着されており、その交直変換ユニットの上記外部露出端子に、上記配線基板の上記回路に直接に接続された基板接触端子が接触していることを特徴とする電気機器。

請求項2

上記ユニット装着部が、上記退避領域の後方箇所に形成されている請求項1に記載した電気機器。

請求項3

上記外部露出端子が上記交直変換ユニットの外面に形成されている請求項1又は請求項2に記載した電気機器。

請求項4

上記交直変換ユニットがスイッチング電源ユニットでなる請求項1ないし請求項3のいずれかに記載した電気機器。

請求項5

筐体に収容された配線基板の回路と、この回路と交流電源コンセントとを接続するための電気コードとが分離されており、電気コードの末端部に上記交流電源コンセントに着脱されるコネクタが取り付けられている電気機器において、上記電気コードの基端部に、外部露出端子を備えた交直変換ユニットが取り付けられ、その交直変換ユニットが上記筐体に装着されていると共に、その交直変換ユニットの上記外部露出端子に、上記配線基板の上記回路に接続された基板側接触端子が接触していることを特徴とする電気機器。

請求項6

上記筐体に上記交直変換ユニットをその筐体の外部から操作して着脱することのできるユニット装着部が具備され、そのユニット装着部に上記交直変換ユニットが装着されている請求項5に記載した電気機器。

請求項7

上記外部露出端子が上記交直変換ユニットの外面に形成されている請求項5又は請求項6に記載した電気機器。

請求項8

上記基板側接触端子が上記配線基板に直接に接続されている請求項5ないし請求項7のいずれかに記載した電気機器。

技術分野

0001

本発明は、インクジェットプリンタなどを含む電気機器に関する。

背景技術

0002

インクジェットプリンタ、ファクシミリ装置複写機スキャナーといった画像形成装置や、ビデオテープレコーダラジカセといったオーディオ装置などの電気機器において、所定値直流電圧で動作するようになっているものは、交流電源コンセント電源とし、その交流電圧動作電圧に見合う直流電圧に変換して入力させる必要がある。

0003

そこで、従来は、図4図6のように、所謂DCアダプタ通称されている交直変換ユニット1を用いている。図4の事例では、電気機器の筐体2に内蔵した交直変換ユニット1から電気コード3を筐体2の外部に導き出し、その電気コード3の末端部に、交流電源コンセントに着脱されるコネクタ4を取り付けてある。図5の事例では、電気機器の筐体2にジャック5を具備させ、そのジャック5に着脱されるプラグ6を基端部に備えた電気コード3の末端部に交流電源コンセントに着脱されるコネクタ4を取り付けてあると共に、電気コード3の中間部に交直変換ユニット1を介在させてある。図6の事例では、電気機器の筐体2にジャック5を具備させ、そのジャック5に着脱されるプラグ6を基端部に備えた電気コード3の末端部に交直変換ユニット1を取り付け、その交直変換ユニット1に、交流電源コンセントに着脱する機能を具備させてある。

0004

一方、特公平7−79018号公報には、電源としてのバッテリービデオカメラ一体型ビデオテープレコーダなどの電子機器に確実に着脱することができるようにするための対策についての記述がある。また、実開平5−50859号公報には、ファクシミリ装置に関して、記録部と電源部とをそれぞれユニット化し、ファクシミリ本体に対する上記各ユニット取付け位置を変更することができるようにすることによって、排紙方向を選択することができるようにする技術についての記述がある。さらに、特開平6−250459号公報には、電子写真画像形成装置に関して、本体外装の外側に電源ユニットを配置することによって、電源ユニットの発熱の影響を画像形成ユニットに及びにくくした技術についての記載がある。

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、図4で説明した電気機器では、筐体2に交直変換ユニット1が内蔵されているので、交流電源仕様の異なる仕向け地ごとに交直変換ユニット1の仕様を適応させておく必要があるところから、電気機器自体製造コストが高くつくという欠点がある。

0006

図5図6で説明した電気機器では、交直変換ユニット1が電気機器から分離されているので、仕向け地の交流電源仕様に合わせて電気機器を製造する必要がなくなって電気機器の仕様を共通化することができるので、それだけ電気機器の製造コストが安くつくという利点があるものの、電気コード3の中間部や末端部に交直変換ユニット1が取り付けられているために、ユーザにとっては電気機器を設置するときにその交直変換ユニット1がじゃまになって電気コードの引廻しに困難を伴うといった欠点がある。 また、製造者が仕向け地に向けて電気機器を輸送する場合に、電気機器自体に加え、交直変換ユニット1を備えた電気コード3が輸送用コンテナ内で大きなスペース占有することになって輸送コストが高くつくという欠点がある。加えて、図7に詳細に示したように、筐体2側にジャック7を取り付けておく必要があるため、このジャック7の取付けコストに見合うだけ電気機器のコストが高くなるという欠点もあった。さらに、電気機器の筐体2に具備されているジャック5に対しては、出力電圧の異なる交直変換ユニット1を持った電気コード3に備わっているプラグ6を共通化して接続することができる場合が多いため、電気機器の仕様に適合しない交直変換ユニット1を持った電気コードに備わっているプラグ6を誤ってジャック5に接続してしまい、電気機器を損傷したり電気機器の所定の性能が発揮されないようになるおそれがあった。

0007

上掲の各公報に記述されている技術によっては、図5図6で説明したユーザや製造者にとっての欠点やジャック7の取付けに伴う欠点を解消することはできない。

0008

本発明は以上の状況の下でなされたものであり、仕向け地の交流電源仕様に合わせて電気機器を製造する必要がなくなって電気機器の仕様を共通化することができるものでありながら、交直変換ユニットが電気コードの引廻しのじゃまになったり、交直変換ユニットが輸送時にコンテナ内で大きなスペースを占めて輸送コストを増大させたりするという事態が起こり得ない電気機器を提供することを目的とする。

0009

また、本発明は、ジャックを取り付ける必要のない電気機器を提供することを目的とする。

0010

さらに、本発明は、電気機器の仕様に適合していない交直変換ユニットを備えた電気コードを誤って接続するといった事態の起こり得ない電気機器を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0011

本発明に係る電気機器には、インクカートリッジの装着されたキャリッジが、印字領域とその印字領域の側方退避領域との間で移動するようになっているインクジェットプリンタが含まれる。

0012

インクジェットプリンタに適用された本発明では、インクジェットプリンタの筐体に収容された配線基板回路と、この回路と交流電源コンセントとを接続するための電気コードとが分離されており、電気コードの末端部に上記交流電源コンセントに着脱されるコネクタが取り付けられていることが必要である。

0013

また、上記電気コードの基端部に、外部露出端子を備えた交直変換ユニットが取り付けられ、その交直変換ユニットが、上記筐体に具備されていてその交直変換ユニットを外部から操作して着脱することのできるユニット装着部に装着されており、その交直変換ユニットの上記外部露出端子に、上記配線基板の上記回路に直接に接続された基板接触端子が接触していることを要する。

0014

この構成であれば、交直変換ユニットやコネクタが取り付けられた電気コードを除く部分、すなわちインクジェットプリンタの筐体を含む本体部分の製造を、仕向け地の交流電源仕様に合わせて行う必要がなくなってその本体部分の仕様を共通化することが可能になる。すなわち、本体部分に交直変換ユニットが含まれていないので、本体部分の仕様を共通化することか可能になる。また、電気コード側に取り付けられている交直変換ユニットが、本体部分の筐体のユニット装着部に装着されているので、輸送のためのコンテナに積み込む際には、交直変換ユニットが本体部分の占有スペースに積み込まれることになるので、交直変換ユニット自体がコンテナ内でスペースを占有するということがない。そのため、輸送コストが安くつく。さらに、交直変換ユニットの外部露出端子に、筐体に収容された配線基板の回路に直接に接続された基板側接触端子が接触しているため、別途ジャックを本体部分に取り付ける必要がなくなり、それだけコスト低減を図りやすくなる。さらに、ユーザにとっては、電気コードの中間部や末端部に交直変換ユニットが介在されていないので、電気コードの引廻しを容易に行うことが可能になる。

0015

本発明では、上記ユニット装着部が、上記退避領域の後方箇所に形成されていることが望ましい。これによると、印字領域の後方箇所の空きスペースが、交直変換器を装着するためのスペースに有効利用されるので、インクジェットプリンタの筐体が大型化しないという利点がある。

0016

本発明では、上記外部露出端子が上記交直変換ユニットの外面に形成されていることが望ましく、この構成を採用すると、基板側接触端子を金属片でなる導電体によって安価に形成することが可能になる。また、上記交直変換ユニットがスイッチング電源ユニットでなることが望ましい。スイッチング電源ユニットは、冒頭で説明したDCアダプタに比べて安価であるので、インクジェットプリンタがそれだけ安価になる。さらに、上記のように外部露出端子が上記交直変換ユニットの外面に形成されているという構成を採用することにより、図5図6で説明したようなプラグ6を誤って接続してしまうという事態が起こらなくなり、そのことが、電気機器を損傷などを未然に防ぐことに役立つ。

0017

本発明に係る電気機器は、インクジェットプリンタに限定されない。たとえば、ファクシミリ装置、複写機、スキャナーといった画像形成装置や、ビデオテープレコーダ、ラジカセといったオーディオ装置などの電気機器も対象としている。

0018

すなわち、本発明では、筐体に収容された配線基板の回路と、この回路と交流電源コンセントとを接続するための電気コードとが分離されており、電気コードの末端部に上記交流電源コンセントに着脱されるコネクタが取り付けられている電気機器を対象としている。

0019

このような電気機器に適用される本発明では、電気コードの基端部に、外部露出端子を備えた交直変換ユニットが取り付けられ、その交直変換ユニットが上記筐体に装着されていると共に、その交直変換ユニットの上記外部露出端子に、上記配線基板の上記回路に接続された基板側接触端子が接触している。この場合、上記筐体に上記交直変換ユニットをその筐体の外部から操作して着脱することのできるユニット装着部が具備され、そのユニット装着部に上記交直変換ユニットが装着されていることが望ましく、また、上記外部露出端子が上記交直変換ユニットの外面に形成されていることが望ましく、さらに、上記基板側接触端子が上記配線基板に直接に接続されていることが望ましい。

発明を実施するための最良の形態

0020

以下、本発明に係る電気機器の一例であるインクジェットプリンタについての実施形態を説明する。

0021

図1はインクジェットプリンタの概略平面図、図2は要部の概略斜視図、図3は要部の概略側面図である。

0022

図1のインクジェットプリンタは、インクカートリッジを装着したキャリッジ11が、印字領域Pとその印字領域の側方の退避領域Hとの間で移動するようになっている。また、キャリッジ11の移動経路に沿って配線基板12が直立した状態に配備されている。上記したキャリッジ11や配線基板12などを内蔵している筐体は、フロントカバー(不図示)やリアカバー13などに分割されていて、リアカバー13が図2図3に示されている。また、リアカバー13の一側部に、後方が開放したユニット装着部14が形成されており、このユニット装着部14に、後述する交直変換ユニット21を後方外部から抜き差しして着脱することができるようになっている。ユニット装着部14の前側に端子ホルダー21が取り付けられている。この端子ホルダー21には、上記配線基板12の回路(不図示)に半田付けされてその配線基板12から後方に向けて立ち上げられた基板側接触端子22,23が保持されていて、それらの基板側接触端子32,33が、上記したユニット装着部21の内部に突き出ている。

0023

図2のように、電気コード20は、上記配線基板12の回路から分離されており、その末端部には交流電源コンセントに着脱されるプラグ型のコネクタ22が取り付けられている。また、この電気コード20の基端部に、交直変換ユニット21が取り付けられている。交直変換ユニット21は、側面視略矩形に形成されていて、その外面に外部露出端子23,24が備わっている。そして、この交直変換ユニット21を上記したリアカバー13のユニット装着部14に差し込んで図3のように装着すると、その外部露出端子23,24に上記した基板側接触端子32,33が各別に弾接して電気的導通が図られる。

0024

なお、交直変換ユニット21の上面に前後方向に伸びる溝部25が形成されているのに対し、上記ユニット装着部14の上部内面リブ15が形成されている。また、交直変換ユニット21の下面にモ前後方向に伸びる溝部(不図示)が形成されているのに対し、上記ユニット装着部14の下部内面にリブ16が形成されている。これらのリブ15,16や交直変換ユニット21側の溝部25は、交直変換ユニット21がユニット装着部14に不適切姿勢で差し込まれようとしたときにそれを阻止する機能を発揮する。したがって、これらのリブ15,16や交直変換ユニット21側の溝部25によって交直変換ユニット21の誤挿入が未然に防止される。

0025

この実施形態で説明したインクジェットプリンタでなる電気機器によれば、交直変換ユニット21やコネクタ22が取り付けられた電気コード20を除く部分、すなわちインクジェットプリンタの本体部分の製造を、仕向け地の交流電源仕様に合わせて行う必要がなくなってその本体部分の仕様を共通化することが可能になる。すなわち、本体部分に交直変換ユニットが含まれていないので、本体部分の仕様を共通化することか可能になる。また、電気コード20側に取り付けられている交直変換ユニット21が、本体部分のユニット装着部14に装着されているので、このインクジェットプリンタを輸送のためのコンテナに積み込む際には、交直変換ユニット21が本体部分の占有スペースに積み込まれることになり、交直変換ユニット21自体がコンテナ内でスペースを占有するということがない。そのため、輸送コストが安くつく。さらに、交直変換ユニット21の外部露出端子23,24に、端子ホルダー21に保持された基板側接触端子が接触しているため、別途ジャックを本体部分に取り付ける必要がなくなり、それだけコスト低減を図りやすくなる。さらに、ユーザにとっては、電気コード20の中間部や末端部に交直変換ユニット21が介在されていないので、電気コード20の引廻しを容易に行うことが可能になる。

0026

この実施形態では、ユニット装着部14が、図1で説明した退避領域Hの後方箇所に形成されている。この退避領域Hの後方箇所は、インクジェットプリンタの機構部品が配備されていない箇所であるので、通常は空きスペースとなっている。この実施形態では、そのような空きスペースを活用してユニット装着部14を形成してあるので、ユニット装着部14を形成したことによってインクジェットプリンタが大型化するという事態は起こらない。また、上記外部露出端子は、安価な金属片でなる導電体によって形成することができる利点がある。さらに、この実施形態において、交直変換ユニット21には、DCアダプタに比べて安価なスイッチング電源ユニットが採用されている。

0027

この実施形態はインクジェットプリンタを例示したけれども、本発明は、インクジェットプリンタ以外の画像形成装置、たとえばファクシミリ装置、複写機、スキャナーといった画像形成装置にも適用することが可能である。また、ビデオテープレコーダ、ラジカセといったオーディオ装置などの電気機器にも適用することが可能である。

発明の効果

0028

以上のように、本発明によれば、仕向け地の交流電源仕様に合わせて電気機器を製造する必要がなくなって電気機器の仕様を共通化することができるので、製造者にとってはその製造コストを安く抑えることができる。また、交直変換ユニットが輸送時にコンテナ内で大きなスペースを占めて輸送コストを増大させたりするという事態が起こり得ないないので、この点で、製造者にとってはその輸送コストを安く抑えることができる。さらに、交直変換ユニットが電気コードの引廻しのじゃまになることがないので、ユーザにとっては電気機器の設置に際して電気コードの引廻しが困難になるといった事態が起こらない。また、交直変換ユニットの外面に外部露出端子が形成されているものによると、適合しない仕様の交直変換ユニットを誤って接続してしまうとう事態が起こり得ないので、安全性が向上するという効果が奏される。

図面の簡単な説明

0029

図1本発明に係る電気機器の一例であるインクジェットプリンタの概略平面図である。
図2要部の概略斜視図である。
図3要部の概略側面図である。
図4従来の電気機器の説明図である。
図5従来の他の種類の電気機器の説明図である。
図6従来のさらに他の種類の電気機器の説明図である。
図7従来の電機機器のジャック取付け部分を示した概略側面図である。

--

0030

11キャリッジ
12配線基板
13リアカバー(筐体)
14ユニット装着部
20電気コード
21交直変換ユニット
22コネクタ
23,24外部露出端子
32,33基板側接触端子
P印字領域
H 退避領域

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • キヤノン株式会社の「 画像形成システム及び方法」が 公開されました。( 2021/08/19)

    【課題】ユーザによる操作が引き起こす音に基づいて画像形成装置の異常のリスクを評価することを可能にすること。【解決手段】ユーザにより物理的に操作されて第1状態から第2状態へ又は前記第2状態から前記第1状... 詳細

  • 富士ゼロックス株式会社の「 画像形成装置」が 公開されました。( 2021/08/19)

    【課題】情報処理装置で利用されるソフトウエアのライセンス管理にかかるメッセージを、当該情報処理装置に通知する場合とは異なる態様でユーザへ通知する。【解決手段】画像形成装置である複合機70には、タッチパ... 詳細

  • サトーホールディングス株式会社の「 印字システム、プログラム、印字方法」が 公開されました。( 2021/08/19)

    【課題】所定数の印字媒体に対する印字をより高速に行うことができる印字システム、プログラム及び印字方法を提供する。【解決手段】所定数の印字媒体の各々に対して同一印字内容を印字する印字システム1であって、... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ