図面 (/)

技術 検索可能データ作成方法およびその装置および記憶媒体

出願人 ソニック・ソルーションズ
発明者 河合詔之稲田良造
出願日 2000年9月27日 (19年9ヶ月経過) 出願番号 2000-295225
公開日 2002年4月12日 (18年2ヶ月経過) 公開番号 2002-108891
状態 拒絶査定
技術分野 TV信号の記録 検索装置
主要キーワード 事前作成 物理単位 映像資料 単位映像 マージン値 アドレス間隔 永続データ データどうし
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年4月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

検索可能データを作成するための所要時間を大幅に短縮する。

解決手段

検索データ作成部によって検索データを作成する。そして、映像データ書き出し部によって、元の映像を読み込むとともに、作成された検索データを読み込んで、検索データが埋め込まれてなる検索可能映像データを作成し、書き出すことによって、検索可能映像データを作成する。

概要

背景

内部に検索データを持つ映像データを作成する方法として、従来は、事前に全ての元となる映像を読み込み、1枚1枚の各映像のデータサイズなどから検索データを計算しておき、次に、再度元となる映像を読み込みながら、計算された検索データを埋め込んで検索可能映像データを書き込む方法(図10参照)、および元となる映像を読み込んで検索データのための領域を空の状態で確保しながら映像データとして書き込み、書き込みながら検索データを作成し、映像データを全て書き込んだ後に、再度検索データのための領域を作成された検索データで書き換える方法(図11参照)が提案されている。

そして、何れかの方法を用いて検索可能映像データを作成した場合には、例えば、図12に示すように、映像データに検索データを埋め込んでなる検索可能映像データを得ることができ、検索データによって、矢印で示すように、映像データの任意の位置を指し示すことができる。

概要

検索可能データを作成するための所要時間を大幅に短縮する。

検索データ作成部によって検索データを作成する。そして、映像データ書き出し部によって、元の映像を読み込むとともに、作成された検索データを読み込んで、検索データが埋め込まれてなる検索可能映像データを作成し、書き出すことによって、検索可能映像データを作成する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

実データ中に検索データが埋め込まれてなる検索可能データを作成する方法であって、実データの作成前に検索データを作成し、実データの作成処理並行して、作成した検索データを取り込み、作成した実データに検索データを埋め込んで検索可能データを作成することを特徴とする検索可能データ作成方法

請求項2

前記実データの作成前に検索データを作成する処理は、実データサイズの理論値マージン値加算した値に基づいてアドレス間隔を算出し、アドレス間隔を加算してアドレスを算出することにより行われる請求項1に記載の検索可能データ作成方法。

請求項3

前記作成した実データに検索データを埋め込む処理は、実データと空データとを書き込みながら検索データを埋め込むことにより行われる請求項1に記載の検索可能データ作成方法。

請求項4

実データ中に検索データが埋め込まれてなる検索可能データを作成する装置であって、実データの作成前に検索データを作成する検索データ作成手段(1)と、実データの作成処理と並行して、作成した検索データを取り込み、取り込んだ実データに検索データを埋め込んで検索可能データを作成する検索可能データ作成手段(2)とを含むことを特徴とする検索可能データ作成装置

請求項5

前記検索データ作成手段(1)は、実データサイズの理論値にマージン値を加算した値に基づいてアドレス間隔を算出し、アドレス間隔を加算してアドレスを算出することにより、実データの作成前に検索データを作成するものである請求項4に記載の検索可能データ作成装置。

請求項6

前記検索可能データ作成手段(2)は、実データと空データとを書き込みながら検索データを埋め込むことにより、作成した実データに検索データを埋め込んでなる検索可能データを作成するものである請求項4に記載の検索可能データ作成装置。

請求項7

実データサイズの理論値にマージン値を加算した値に基づいてアドレス間隔を算出し、アドレス間隔を加算してアドレスを算出することにより実データの作成前に検索データを作成する処理手順と、実データの作成処理と並行して、作成した検索データを取り込み、実データと空データとを書き込みながら検索データを埋め込むことにより、作成した実データに検索データを埋め込んで検索可能データを作成する処理手順とをコンピュータ読み取り可能に格納したことを特徴とする記憶媒体

技術分野

0001

この発明は検索可能データ作成方法およびその装置および記憶媒体に関し、さらに詳細にいえば、実データ中に検索データが埋め込まれてなる検索可能データを作成するための方法、その装置、および記憶媒体に関する。

背景技術

0002

内部に検索データを持つ映像データを作成する方法として、従来は、事前に全ての元となる映像を読み込み、1枚1枚の各映像のデータサイズなどから検索データを計算しておき、次に、再度元となる映像を読み込みながら、計算された検索データを埋め込んで検索可能映像データを書き込む方法(図10参照)、および元となる映像を読み込んで検索データのための領域を空の状態で確保しながら映像データとして書き込み、書き込みながら検索データを作成し、映像データを全て書き込んだ後に、再度検索データのための領域を作成された検索データで書き換える方法(図11参照)が提案されている。

0003

そして、何れかの方法を用いて検索可能映像データを作成した場合には、例えば、図12に示すように、映像データに検索データを埋め込んでなる検索可能映像データを得ることができ、検索データによって、矢印で示すように、映像データの任意の位置を指し示すことができる。

発明が解決しようとする課題

0004

しかし、何れの方法を採用した場合であっても、元となる映像の読み込み、検索データの作成、検索データを埋め込んで検索可能とした映像データの作成、書き込みをそれぞれ別個に行わなければならないので、検索可能映像データを作成するための所要時間が著しく長くなってしまうという不都合がある。

0005

したがって、映像資料豊富にあるテレビ局博物館劇場などにおいて、これらの映像資料を検索可能な映像データベースとして蓄積しようとすれば、著しく多大な時間がかかってしまう。

0006

この発明は上記の問題点に鑑みてなされたものであり、検索可能データを作成するための所要時間を大幅に短縮することができる検索可能データ作成方法およびその装置および記憶媒体を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0007

請求項1の検索可能データ作成方法は、実データ中に検索データが埋め込まれてなる検索可能データを作成する方法であって、実データの作成前に検索データを作成し、実データの作成処理並行して、作成した検索データを取り込み、作成した実データに検索データを埋め込んで検索可能データを作成する方法である。

0008

請求項2の検索可能データ作成方法は、実データサイズの理論値マージン値加算した値に基づいてアドレス間隔を算出し、アドレス間隔を加算してアドレスを算出することにより、実データの作成前に検索データを作成する方法である。ここで、および以下において、実データサイズとは、映像ファイルのサイズ、または単位映像のサイズを意味する用語として使用される。

0009

請求項3の検索可能データ作成方法は、実データと空データとを書き込みながら検索データを埋め込むことにより、作成した実データに検索データを埋め込む方法である。

0010

請求項4の検索可能データ作成装置は、実データ中に検索データが埋め込まれてなる検索可能データを作成する装置であって、実データの作成前に検索データを作成する検索データ作成手段と、実データの作成処理と並行して、作成した検索データを取り込み、取り込んだ実データに検索データを埋め込んで検索可能データを作成する検索可能データ作成手段とを含むものである。

0011

請求項5の検索可能データ作成装置は、前記検索データ作成手段として、実データサイズの理論値にマージン値を加算した値に基づいてアドレス間隔を算出し、アドレス間隔を加算してアドレスを算出することにより、実データの作成前に検索データを作成するものを採用するものである。

0012

請求項6の検索可能データ作成装置は、前記検索可能データ作成手段として、実データと空データとを書き込みながら検索データを埋め込むことにより、作成した実データに検索データを埋め込んでなる検索可能データを作成するものを採用するものである。

0013

請求項7の記憶媒体は、実データサイズの理論値にマージン値を加算した値に基づいてアドレス間隔を算出し、アドレス間隔を加算してアドレスを算出することにより実データの作成前に検索データを作成する処理手順と、実データの作成処理と並行して、作成した検索データを取り込み、実データと空データとを書き込みながら検索データを埋め込むことにより、作成した実データに検索データを埋め込んで検索可能データを作成する処理手順とをコンピュータ読み取り可能に格納したものである。

0014

請求項1の検索可能データ作成方法であれば、実データ中に検索データが埋め込まれてなる検索可能データを作成するに当たって、実データの作成前に検索データを作成し、実データの作成処理と並行して、作成した検索データを取り込み、作成した実データに検索データを埋め込んで検索可能データを作成するのであるから、検索可能データを作成するための所要時間を大幅に短縮することができる。

0015

請求項2の検索可能データ作成方法であれば、実データサイズの理論値にマージン値を加算した値に基づいてアドレス間隔を算出し、アドレス間隔を加算してアドレスを算出することにより、実データの作成前に検索データを作成するのであるから、従来は不可能であった検索データの事前作成を行うことができ、請求項1と同様の作用を達成することができる。

0016

請求項3の検索可能データ作成方法は、実データと空データとを書き込みながら検索データを埋め込むことにより、作成した実データに検索データを埋め込むのであるから、請求項1と同様の作用を達成することができる。

0017

請求項4の検索可能データ作成装置であれば、実データ中に検索データが埋め込まれてなる検索可能データを作成するに当たって、検索データ作成手段によって実データの作成前に検索データを作成し、検索可能データ作成手段によって、実データの作成処理と並行して、作成した検索データを取り込み、取り込んだ実データに検索データを埋め込んで検索可能データを作成することができる。

0018

したがって、検索可能データを作成するための所要時間を大幅に短縮することができる。

0019

請求項5の検索可能データ作成装置であれば、前記検索データ作成手段として、実データサイズの理論値にマージン値を加算した値に基づいてアドレス間隔を算出し、アドレス間隔を加算してアドレスを算出することにより、実データの作成前に検索データを作成するものを採用するのであるから、従来は不可能であった検索データの事前作成を行うことができ、請求項4と同様の作用を達成することができる。

0020

請求項6の検索可能データ作成装置であれば、前記検索可能データ作成手段として、実データと空データとを書き込みながら検索データを埋め込むことにより、作成した実データに検索データを埋め込んでなる検索可能データを作成するものを採用するのであるから、請求項4と同様の作用を達成することができる。

0021

請求項7の記憶媒体であれば、実データサイズの理論値にマージン値を加算した値に基づいてアドレス間隔を算出し、アドレス間隔を加算してアドレスを算出することにより実データの作成前に検索データを作成する処理手順と、実データの作成処理と並行して、作成した検索データを取り込み、実データと空データとを書き込みながら検索データを埋め込むことにより、作成した実データに検索データを埋め込んで検索可能データを作成する処理手順とをコンピュータ読み取り可能に格納しているので、格納された処理手順をコンピュータによって実行することができ、ひいては、検索可能データを作成するための所要時間を大幅に短縮することができる。

発明を実施するための最良の形態

0022

以下、添付図面を参照して、この発明の検索可能データ作成方法およびその装置および記憶媒体の実施の態様を詳細に説明する。

0023

図1はこの発明の検索可能データ作成方法の一実施態様の処理フローを説明する図である。

0024

この検索可能データ作成方法は、先ず、検索データ作成部1によって検索データ(早送り、巻き戻し、スキップ再生などの特殊再生を行う場合に用いられるデータ)を作成する。そして、映像データ書き出し部2によって、元の映像を読み込むとともに、作成された検索データを読み込んで、検索データが埋め込まれてなる検索可能映像データを作成し、書き出すことによって、検索可能映像データを作成することができる。なお、検索可能データが書き出される媒体としては、DVDなどのディスクなどが採用可能である。

0025

さらに説明する。

0026

最終的に検索可能な映像データを作成する場合には、映像データを論理的な単位(例えば、複数のフレームを集めた映像グループパケットなど)(以下、論理データ単位と称する)に構成し、それをディスクなどの物理的な入れ物(例えば、セクターなど)に詰め込む作業が必要になる{図2中参照}。ここで、物理的な入れ物への詰め込み方には、論理データ単位=物理単位(物理的な入れ物の単位)の場合もあるし、1つの物理単位の中に複数の論理データ単位が入る場合もある。

0027

次いで、映像の取り込み処理よりも前に検索データを作成する処理を行うためのデータ作成方法を説明する。

0028

検索データ作成処理で作成される検索データ内の検索情報のためのアドレス間隔は、映像データサイズ論理値とマージン値との和より計算する。

0029

この和を検索データのためのアドレスの間隔として使用し、アドレスはその総和として求める。

0030

前記映像データサイズ論理値は、格納される映像データの平均値や、映像データの分布から求めることができる。前記マージン値は、統計的なばらつきより求めたり、経験的に求めたりすることができる。ただし、このマージン値を大きくとると容量が犠牲になるので、格納容量とのトレードオフとなる。

0031

図3はアドレス間隔とそこに格納されるデータ量との関係を概略的に示す図であり、映像データサイズ論理値とマージン値との和をアドレス間隔とすることにより、映像データをアドレス間隔内に格納することができる。

0032

さらに説明する。

0033

検索データはアドレスの集まりである。このアドレスは、ディスク内での記録位置、またはファイル先頭からのオフセット位置を表すものである。

0034

そして、複数ファイルの先頭が検索データとして登録される場合には、データファイルのサイズにマージン値を加算した値に基づいて、ディスク内でのファイルの先頭の位置を得ることができる。

0035

また、ファイルの途中が検索データとして登録される場合には、記録データをデータの単位映像ユニット(例えば、映像グループ)に分け、この映像グループのサイズ(記録データからすれば、単位映像ユニットのサイズ)の理論値にマージン値を加算した値に基づいてアドレスを得ることができる。

0036

さらに、検索データを同時に埋め込むための映像データ作成処理方法を説明する。

0037

物理単位に論理データを詰め込む時に、アドレス間隔と実データ(映像データ)のサイズとを比較し、足りない部分(アドレス間隔−実データ)を映像再生時に無視される空データで補う。ここで、空データによる補い方としては、物理単位全てに空データを詰め込む方法(図4図5参照)と、1つの物理単位に映像データと空データとを詰め込む方法(図6参照)とがある。また、物理単位を空データで補う場合には、空データをデータ全体に平均的になるように補う方法(図4参照)と、空データを局部的にまとめる方法(図5参照)とが採用可能である。

0038

そして、各物理単位に映像データと空データとを詰め込む場合、および空データを含む物理単位を平均的にばらまく場合には、再生データ(再生のために読み出されるデータ)の転送レートを一定に保つことが可能となり、再生データの偏りを防ぎ、アドレス間隔での映像ギャップを最小限にすることができる。逆に、空データを局部的にまとめる場合には、処理が非常に簡単になるという利点がある。

0039

以上のように、空データを埋め込むことによって、映像間のデータ量は映像データサイズ論理値とマージン値との和として求めることができ、既に空データを含めた次の映像データのアドレス、それ以降の全ての映像データのアドレスが求まっているため、映像データを書き込むと同時に、以降の映像データへの検索データを埋め込む(挿入する)ことができる。

0040

これらの処理を行う結果、映像の取り込み処理よりも前に検索データを作成することができるとともに、映像データ作成と同時に検索データを埋め込むことができるので、検索可能映像データを作成するための所要時間を大幅に短縮することができる。

0041

図7図1の検索可能映像データ作成方法によって作成された検索可能映像データの一例を概略的に示す図である。

0042

図7においては、複数の物理単位にわたって映像データが格納されているとともに、映像データどうしの間における物理単位に検索データが格納されている。

0043

したがって、検索データに基づいて図7中に矢印で示すように、早送り、巻き戻し、スキップ再生などを行うことができる。

0044

図8図1の検索可能映像データ作成方法によって作成された検索可能映像データの他の例を概略的に示す図である。なお、図8中(A)は検索データどうしの間隔が異なる場合を、図8中(B)は検索データどうしの間隔が一定の場合を、それぞれ示している。また、何れも各物理単位に映像データと空データとが詰め込まれている。

0045

したがって、これらの場合にも、検索データに基づいて矢印で示すように、早送り、巻き戻し、スキップ再生などを行うことができる。

0046

図9はこの発明の検索可能データ作成方法が適用されたDVDビデオオーサリング処理を説明する図である。なお、DVDビデオでは、再生映像データ内に、時間軸に沿って、前方向および後方向の所定時間離れた映像グループへのアドレスが検索データとして埋め込まれている。

0047

このDVDビデオオーサリング処理においては、先ず、映像データを取り込んでエンコーダ11によりデジタル圧縮処理などを行って映像ストリーム一連の映像の流れ)を作成する。

0048

また、エンコーダ11からの出力を入力として検索データ作成部12によって検索データを作成する。そして、作成された映像ストリームと作成された検索データとを入力として、マルチプレクサ13によって、映像と音声の同期を計算し、1つの再生のための映像データ(再生データ)を作成する処理を行う。

0049

その後、DVD−R書き込み部14によって再生データおよび再生・検索情報をDVD−Rに書き込み、検索可能なデータが書き込まれたDVD−Rを作成することができる。

0050

この結果、検索可能永続データ作成所要時間を大幅に短縮することができ、かつ作業用スペースを節約することができる。

0051

また、図1の検索可能データ作成方法の処理ステップを実行するためのコンピュータプログラムを記憶した記憶媒体を準備しておき、コンピュータプログラムをコンピュータにより実行させることにより、上記の実施態様と同様の作用を達成することができる。

発明の効果

0052

請求項1の発明は、検索可能データを作成するための所要時間を大幅に短縮することができるという特有の効果を奏する。

0053

請求項2の発明は、従来は不可能であった検索データの事前作成を行うことができ、請求項1と同様の効果を奏する。

0054

請求項3の発明は、請求項1と同様の効果を奏する。

0055

請求項4の発明は、検索可能データを作成するための所要時間を大幅に短縮することができるという特有の効果を奏する。

0056

請求項5の発明は、従来は不可能であった検索データの事前作成を行うことができ、請求項4と同様の効果を奏する。

0057

請求項6の発明は、請求項4と同様の効果を奏する。

0058

請求項7の発明は、格納された処理手順をコンピュータによって実行することができ、ひいては、検索可能データを作成するための所要時間を大幅に短縮することができるという特有の効果を奏する。

図面の簡単な説明

0059

図1この発明の検索可能データ作成方法の一実施態様を説明する概略フロー図である。
図2再生データの詰め込み方を説明する図である。
図3アドレス間隔と格納されるデータとの関係を説明する図である。
図4空データを含む物理データ単位を平均的にばらまく状態を説明する図である。
図5空データを含む物理データ単位を局部的に集中させる状態を説明する図である。
図6空データを論理データ単位に詰め込み、他のデータと共に物理データ単位に詰め込む状態を説明する図である。
図7図1の検索可能映像データ作成方法によって作成された検索可能映像データの一例を概略的に示す図である。
図8図1の検索可能映像データ作成方法によって作成された検索可能映像データの他の例を概略的に示す図である。
図9この発明の検索可能データ作成方法が適用されたDVDビデオオーサリング処理を説明する図である。
図10従来の検索可能映像データ作成方法の一例を説明する概略フロー図である。
図11従来の検索可能映像データ作成方法の他の例を説明する概略フロー図である。
図12映像データ内における検索データの埋め込み状態を説明する概略図である。

--

0060

1検索データ作成部 2映像データ書き出し部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 楽天株式会社の「 要約作成装置、要約作成方法、及びプログラム」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】要約の精度を高める。【解決手段】要約作成装置(10)の取得手段(101)は、文書から1又は複数の要素を抽出し、抽出された要素の各々の出現度を取得するアルゴリズムであって、互いに異なる複数のアル... 詳細

  • ジャパンモード株式会社の「 施術支援システム」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】 施術の精度を向上させることが可能となる施術支援システムを提供する。【解決手段】施術支援システムは、施術対象者の施術前の横顔と正面顔とを含む施術前顔画像を有する対象情報を取得する取得部と、予... 詳細

  • 株式会社日立製作所の「 データ管理システムおよびデータ管理方法」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】要求対象の時間に合ったデータを提供可能なデータ管理システムを提供する。【解決手段】複数のストレージ装置を含んで構成されるデータ管理システムであって、要求対象の時間を示す情報が含まれる要求を受け... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ