図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2002年3月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

記録用紙に画像を印刷する印刷装置本体と、これを遠隔操作する遠隔操作装置とを有する画像印刷装置において、印刷装置本体の構成を簡素化すると共に、良好な使用感を得られかつ操作性の向上を実現した画像印刷装置及び遠隔操作装置を提供する。

解決手段

記録用紙に画像を印刷する印刷装置本体1とこれを遠隔操作する遠隔操作装置2とを有する画像印刷装置であって、遠隔操作装置は画像データを記録する記録媒体4を着脱自在に配設する装着手段23と、これに装着される記録媒体に記録された画像データの画像サイズを変換し印刷用画像データを生成する生成手段26と、これにより生成された印刷用画像データを印刷装置本体に送信する送信手段21とを備え、印刷装置本体は送信手段21により送信される印刷用画像データを受信する受信手段11と、これにより受信される印刷用画像データに基づいて印刷動作を行なう印刷手段19とを備えて構成する。

概要

背景

従来より、CCD等の撮像素子を用いて撮影レンズ系により結像された光学的な被写体像光電変換することで電気的な画像信号を取得し、これに対して所定の信号処理を施して生成されるデジタル画像データを所定の記録媒体に記録するように構成された電子的撮像装置、いわゆるデジタルカメラ電子スチルカメラ等(以下、単に電子カメラという)が一般的に実用化されている。

これに伴って、このような電子カメラ等によって生成され取得された画像データに基づいて所定の画像処理を施し、これを所定の記録用紙等の媒体に二次元的な画像として印刷プリント)出力するように構成した画像印刷装置についても様々なものが一般的に実用化されている。

また、このような画像印刷装置においては、所定の記録用紙に画像を印刷するための印刷装置本体と、この印刷装置本体を遠隔操作するための遠隔操作装置とによって構成し、印刷装置本体から離れた位置において遠隔操作装置を操作することにより当該印刷装置本体を遠隔操作し、これにより所望の印刷出力物を得ることができるようにしたものについても、例えば特開平5−341924号公報や特開平8−58186号公報等によって、従来より種々の提案がなされている。

上記特開平5−341924号公報及び上記特開平8−58186号公報によって開示されている画像印刷装置は、印刷機構等からなる印刷装置本体(プリンタ部)と、外部記録媒体を装着し得ると共に操作部材等からなる遠隔操作装置(リモコン部)とによって構成したものであって、遠隔操作装置(リモコン部)から送信された画像データ等を印刷装置本体(プリンタ部)によって受信し、この受信された画像データ等に基づいて印刷装置本体(プリンタ部)は、所定の印刷動作を行なったり、当該印刷装置本体に内蔵又は外部接続される所定の表示手段等を用いて画像の表示動作を行なうようにしている。

これによれば、外部記録媒体を操作者手元にある遠隔操作装置(リモコン部)に装着することで、所望の画像の印刷動作を開始させることができる。つまり、操作者は自己から離れた位置に設置してある印刷装置本体(プリンタ部)を遠隔操作装置(リモコン部)によって遠隔操作することができることから、良好な使用感を得ると共に、操作性の向上に寄与することができるという効果がある。

また、上記特開平5−341924号公報に開示されている画像印刷装置においては、遠隔操作装置(リモコン部)から送信すべき画像データに対して、その送信前に所定の圧縮処理等を施すことによって、送信する画像データの容量を減少させ、これによって高速通信処理を実現する手段についての開示もなされている。

概要

記録用紙に画像を印刷する印刷装置本体と、これを遠隔操作する遠隔操作装置とを有する画像印刷装置において、印刷装置本体の構成を簡素化すると共に、良好な使用感を得られかつ操作性の向上を実現した画像印刷装置及び遠隔操作装置を提供する。

記録用紙に画像を印刷する印刷装置本体1とこれを遠隔操作する遠隔操作装置2とを有する画像印刷装置であって、遠隔操作装置は画像データを記録する記録媒体4を着脱自在に配設する装着手段23と、これに装着される記録媒体に記録された画像データの画像サイズを変換し印刷用画像データを生成する生成手段26と、これにより生成された印刷用画像データを印刷装置本体に送信する送信手段21とを備え、印刷装置本体は送信手段21により送信される印刷用画像データを受信する受信手段11と、これにより受信される印刷用画像データに基づいて印刷動作を行なう印刷手段19とを備えて構成する。

目的

本発明は、上述した点に鑑みてなされたものであって、その目的とするところは、記録用紙に画像を印刷するための印刷装置本体と、この印刷装置本体を遠隔操作するための遠隔操作装置とを有する画像印刷装置において、印刷装置本体の構成の簡素化に寄与すると共に、より良好な使用感を得ることができ、さらに操作性の向上を実現した画像印刷装置及び遠隔操作装置を提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

記録用紙に画像を印刷するための印刷装置本体と、この印刷装置本体を遠隔操作するための遠隔操作装置とを有する画像印刷装置であって、上記遠隔操作装置は、画像データを記録する記録媒体着脱自在に配設し得る装着手段と、この装着手段に装着された上記記録媒体に記録されている画像データを変換して印刷用画像データを生成するための印刷用画像データ生成手段と、この印刷用画像データ生成手段により生成された印刷用画像データを上記印刷装置本体に送信するための送信手段とを備え、上記印刷装置本体は、上記送信手段により送信される印刷用画像データを受信するための受信手段と、この受信手段により受信される印刷用画像データに基づいて印刷動作を行なうための印刷手段とを備えてなることを特徴とする画像印刷装置。

請求項2

上記印刷用画像データ生成手段は、インデックス印刷用画像データを生成し得るように構成されていることを特徴とする請求項1に記載の画像印刷装置。

請求項3

記録用紙に画像を印刷するための印刷装置本体と、この印刷装置本体を遠隔操作するための遠隔操作装置とを有する画像印刷装置であって、上記遠隔操作装置は、画像データを記録する記録媒体を着脱自在に配設し得る装着手段と、この装着手段に装着された上記記録媒体に記録されている画像データを変換して表示用画像データを生成するための表示用画像データ生成手段と、この表示用画像データ生成手段により生成された表示用画像データを上記印刷装置本体に送信するための送信手段とを備え、上記印刷装置本体は、上記送信手段により送信される表示用画像データを受信するための受信手段と、この受信手段により受信される表示用画像データに基づく画像を表示装置に表示すべく、上記表示用画像データを出力するための出力手段とを備えたことを特徴とする画像印刷装置。

請求項4

上記表示用画像データ生成手段は、インデックス表示用画像データを生成し得るように構成されていることを特徴とする請求項3に記載の画像印刷装置。

請求項5

上記遠隔操作装置は、上記印刷装置本体の電源開閉操作を行なうための電源操作部材を備え、上記表示用画像データ生成手段は、上記電源操作部材による開操作に応じて、上記画像データを変換して上記インデックス表示用画像データを生成するように構成されていることを特徴とする請求項4に記載の画像印刷装置。

請求項6

記録用紙に画像を印刷する画像印刷装置を遠隔操作し得るようになされた遠隔操作装置であって、画像データを記録する記録媒体を着脱自在に配設する装着手段と、この装着手段に装着された上記記録媒体に記録されている画像データを変換して印刷用画像データを生成するための印刷用画像データ生成手段と、この印刷用画像データ生成手段により生成された印刷用画像データを上記印刷装置本体に送信するための送信手段と、を備えてなることを特徴とする遠隔操作装置。

請求項7

記録用紙に画像を印刷する画像印刷装置を遠隔操作し得るようになされた遠隔操作装置であって、画像データを記録する記録媒体を着脱自在に配設する装着手段と、この装着手段に装着された上記記録媒体に記録されている画像データを変換して表示用画像データを生成するための表示用画像データ生成手段と、この表示用画像データ生成手段により生成された表示用画像データを上記印刷装置本体に送信するための送信手段と、を備えてなることを特徴とする遠隔操作装置。

技術分野

0001

この発明は、画像印刷装置及び遠隔操作装置、詳しくは記録用紙に画像を印刷する画像印刷装置と、この画像印刷装置を遠隔操作するための遠隔操作装置に関するものである。

背景技術

0002

従来より、CCD等の撮像素子を用いて撮影レンズ系により結像された光学的な被写体像光電変換することで電気的な画像信号を取得し、これに対して所定の信号処理を施して生成されるデジタル画像データを所定の記録媒体に記録するように構成された電子的撮像装置、いわゆるデジタルカメラ電子スチルカメラ等(以下、単に電子カメラという)が一般的に実用化されている。

0003

これに伴って、このような電子カメラ等によって生成され取得された画像データに基づいて所定の画像処理を施し、これを所定の記録用紙等の媒体に二次元的な画像として印刷(プリント)出力するように構成した画像印刷装置についても様々なものが一般的に実用化されている。

0004

また、このような画像印刷装置においては、所定の記録用紙に画像を印刷するための印刷装置本体と、この印刷装置本体を遠隔操作するための遠隔操作装置とによって構成し、印刷装置本体から離れた位置において遠隔操作装置を操作することにより当該印刷装置本体を遠隔操作し、これにより所望の印刷出力物を得ることができるようにしたものについても、例えば特開平5−341924号公報や特開平8−58186号公報等によって、従来より種々の提案がなされている。

0005

上記特開平5−341924号公報及び上記特開平8−58186号公報によって開示されている画像印刷装置は、印刷機構等からなる印刷装置本体(プリンタ部)と、外部記録媒体を装着し得ると共に操作部材等からなる遠隔操作装置(リモコン部)とによって構成したものであって、遠隔操作装置(リモコン部)から送信された画像データ等を印刷装置本体(プリンタ部)によって受信し、この受信された画像データ等に基づいて印刷装置本体(プリンタ部)は、所定の印刷動作を行なったり、当該印刷装置本体に内蔵又は外部接続される所定の表示手段等を用いて画像の表示動作を行なうようにしている。

0006

これによれば、外部記録媒体を操作者手元にある遠隔操作装置(リモコン部)に装着することで、所望の画像の印刷動作を開始させることができる。つまり、操作者は自己から離れた位置に設置してある印刷装置本体(プリンタ部)を遠隔操作装置(リモコン部)によって遠隔操作することができることから、良好な使用感を得ると共に、操作性の向上に寄与することができるという効果がある。

0007

また、上記特開平5−341924号公報に開示されている画像印刷装置においては、遠隔操作装置(リモコン部)から送信すべき画像データに対して、その送信前に所定の圧縮処理等を施すことによって、送信する画像データの容量を減少させ、これによって高速通信処理を実現する手段についての開示もなされている。

発明が解決しようとする課題

0008

ところが、上記特開平5−341924号公報及び上記特開平8−58186号公報によって開示されている手段では、遠隔操作装置(リモコン部)からは、所定の記録媒体に記録されている形態のままの画像データを送信するようにしている。この形態の画像データは、必ずしも印刷や表示を行なうのに最適な形態ではないことから、これを受信した印刷装置本体(プリンタ部)によって、印刷処理表示処理等の所望の動作を実行させるためには、まず受信した画像データに対して所定の画像処理、即ち印刷用の画像データ又は表示用データに変換する画像処理等を施す必要がある。

0009

また、上記特開平5−341924号公報に開示されている手段においては、遠隔操作装置(リモコン部)から画像データを送信する際に、当該画像データに対して所定の圧縮処理を施すようにしているので、これを受信する印刷装置本体(プリンタ部)の側では、受信した画像データに対して所定の伸長処理を施した後、さらに印刷用の画像データ又は表示用データに変換する画像処理等を施す必要がある。

0010

このように、上記特開平5−341924号公報及び上記特開平8−58186号公報によって開示されている手段では、印刷装置本体(プリンタ部)において、所望の画像データを受信した後、印刷動作や表示動作を実行するに際して、予め受信した画像データに対して各種の画像処理を行なう必要がある。したがって、印刷装置本体側の回路構成等が複雑になってしまうという問題点がある。

0011

また、これと同時に遠隔操作部(リモコン部)による操作を行なってから、印刷動作又は表示動作が実際に開始されるまでの間に各種の画像処理を行なうための所定の時間が必要となることから、装置の使用感を阻害してしまうという問題点もある。

0012

本発明は、上述した点に鑑みてなされたものであって、その目的とするところは、記録用紙に画像を印刷するための印刷装置本体と、この印刷装置本体を遠隔操作するための遠隔操作装置とを有する画像印刷装置において、印刷装置本体の構成の簡素化に寄与すると共に、より良好な使用感を得ることができ、さらに操作性の向上を実現した画像印刷装置及び遠隔操作装置を提供することである。

課題を解決するための手段

0013

上記目的を達成するために、第1の発明による画像印刷装置は、記録用紙に画像を印刷するための印刷装置本体と、この印刷装置本体を遠隔操作するための遠隔操作装置とを有する画像印刷装置であって、上記遠隔操作装置は、画像データを記録する記録媒体を着脱自在に配設し得る装着手段と、この装着手段に装着された上記記録媒体に記録されている画像データを変換して印刷用画像データを生成するための印刷用画像データ生成手段と、この印刷用画像データ生成手段により生成された印刷用画像データを上記印刷装置本体に送信するための送信手段とを備え、上記印刷装置本体は、上記送信手段により送信される印刷用画像データを受信するための受信手段と、この受信手段により受信される印刷用画像データに基づいて印刷動作を行なうための印刷手段とを備えてなることを特徴とする。

0014

また、第2の発明は、上記第1の発明による画像印刷装置において、上記印刷用画像データ生成手段は、インデックス印刷用画像データを生成し得るように構成されていることを特徴とする。

0015

そして、第3の発明による画像印刷装置は、記録用紙に画像を印刷するための印刷装置本体と、この印刷装置本体を遠隔操作するための遠隔操作装置とを有する画像印刷装置であって、上記遠隔操作装置は、画像データを記録する記録媒体を着脱自在に配設し得る装着手段と、この装着手段に装着された上記記録媒体に記録されている画像データを変換して表示用画像データを生成するための表示用画像データ生成手段と、この表示用画像データ生成手段により生成された表示用画像データを上記印刷装置本体に送信するための送信手段とを備え、上記印刷装置本体は、上記送信手段により送信される表示用画像データを受信するための受信手段と、この受信手段により受信される表示用画像データに基づく画像を表示装置に表示すべく、上記表示用画像データを出力するための出力手段とを備えたことを特徴とする。

0016

第4の発明は、上記第3の発明による画像印刷装置において、上記表示用画像データ生成手段は、インデックス表示用画像データを生成し得るように構成されていることを特徴とする。

0017

第5の発明は、上記第4の発明による画像印刷装置において、上記遠隔操作装置は、上記印刷装置本体の電源開閉操作を行なうための電源操作部材を備え、上記表示用画像データ生成手段は、上記電源操作部材による開操作に応じて、上記画像データを変換して上記インデックス表示用画像データを生成するように構成されていることを特徴とする。

0018

第6の発明による遠隔操作装置は、記録用紙に画像を印刷する画像印刷装置を遠隔操作し得るようになされた遠隔操作装置であって、画像データを記録する記録媒体を着脱自在に配設する装着手段と、この装着手段に装着された上記記録媒体に記録されている画像データを変換して印刷用画像データを生成するための印刷用画像データ生成手段と、この印刷用画像データ生成手段により生成された印刷用画像データを上記印刷装置本体に送信するための送信手段と、を備えてなることを特徴とする。

0019

第7の発明による遠隔操作装置は、記録用紙に画像を印刷する画像印刷装置を遠隔操作し得るようになされた遠隔操作装置であって、画像データを記録する記録媒体を着脱自在に配設する装着手段と、この装着手段に装着された上記記録媒体に記録されている画像データを変換して表示用画像データを生成するための表示用画像データ生成手段と、この表示用画像データ生成手段により生成された表示用画像データを上記印刷装置本体に送信するための送信手段と、を備えてなることを特徴とする。

0020

したがって、第1・第2の発明の画像印刷装置及び第6の発明の遠隔操作装置によれば、遠隔操作装置の側に印刷用画像データ生成手段を設けたことによって、印刷装置本体の側の構成を簡素化することができる。また、印刷用画像データ生成手段を用いて画像データを変換する際に、例えば画像サイズを小さくさせる変換を行なうようにした場合には、送信される画像データの容量がより少ないものとなるので、遠隔操作装置から印刷装置本体への画像データの通信時間を短縮することができる。したがって、遠隔操作装置を操作してから実際の印刷動作が開始されるまでの時間を短縮することができ、よって良好な使用感を得ることができる。

0021

第3・第4の発明の画像印刷装置及び第7の発明の遠隔操作装置によれば、遠隔操作装置の側に表示用画像データ生成手段を設けたことによって、印刷装置本体の側の構成を簡素化することができる。また、画像サイズを小さくさせる変換を行なうようにした場合には、送信される画像データの容量がより少ないものとなるので、遠隔操作装置から印刷装置本体への画像データの通信時間を短縮することができる。したがって、遠隔操作装置を操作してから実際の表示動作が開始されるまでの時間を短縮することができ、よって良好な使用感を得ることができる。

0022

第5の発明の画像印刷装置によれば、遠隔操作装置を用いて電源を開(オン)状態とするための操作に応じて、当該遠隔操作装置の側でインデックス表示用画像データを生成し、これを印刷装置本体に向けて送信するようにしたことから、簡単な操作を行なうだけで、より迅速に表示装置にインデックス表示を表示させることができる。

発明を実施するための最良の形態

0023

以下、図示の実施の形態によって本発明を説明する。図1は、本発明の第1の実施形態の画像印刷装置及び遠隔操作装置と表示装置を示す外観斜視図である。また、図2は、本実施形態の遠隔操作装置の詳細を示す拡大斜視図である。そして、図3は、本実施形態の画像印刷装置及び遠隔操作装置の電気的な内部構成の概略を示すブロック構成図である。

0024

本実施形態の画像印刷装置を構成する印刷装置本体1及び遠隔操作装置2は、図1に示すようにそれぞれが切り離され各独立した形態となっている。そして、印刷装置本体1には、接続ケーブル31を介して表示装置3が接続されるようになっている。また、遠隔操作装置2には、記録媒体4が着脱自在に所定の位置に配設し得るようになっている。なお、この記録媒体4は、電子カメラ等(図示せず)によって取得される画像データ、即ち画像を表わす電気信号やこの画像信号に関する撮影機器情報等の各種の画像情報からなる画像データが所定の形態で記録し保持し得るように構成されている。この場合において、当該記録媒体4に記録される画像データは、例えば所定の圧縮処理、例えばJPEG(Joint Photographic Experts Group:ジェイペグ)方式等の圧縮処理等が施された形態で記録されるのが普通である。

0025

印刷装置本体1は、電子カメラ等(図示せず)によって取得される画像データ、即ち画像を表わす電気信号やこの画像信号に関する撮影機器情報等の各種の画像情報からなる画像データを受けて、これに対応する画像やこれに付随する画像情報等を所定の記録用紙等の媒体に印刷(プリント)出力したり、入力された画像データに対応する画像及びこれに付随する画像情報等を表示装置3へと出力し得るように構成されている。

0026

そのために印刷装置本体1には、接続ケーブル31の一端部が接続される接続部9(図3も参照)が設けられており、このビデオ出力端子9に接続される接続ケーブル31を介して当該印刷装置本体1からの出力信号(表示用画像データを形成する電気的信号)が表示装置3へと出力されるようになっている。つまり、ビデオ出力端子9は、所定の表示用画像データを表示装置3へと出力する出力手段の役目をしている。

0027

また、印刷装置本体1の前面側には、遠隔操作装置2から出力される画像データや各種の指示信号等を受信する受信手段であると共に、当該印刷装置本体1により生じる所定の指示信号等を例えば赤外線又はその他の無線通信手段等を利用して送信する送信手段とを兼ねた送受信手段となる送受信部11と、当該印刷装置本体1の動作状態や設定されている動作モード等を視覚的に識別し得るようにするための発光ダイオードLED)等からなる表示部12と、印刷を行なうための複数の記録用紙を当該印刷装置本体1の所定の位置に配置するための用紙トレイ8等によって構成されている。

0028

遠隔操作装置2は、電子カメラ等によって取得された画像データが記録されている所定の記録媒体4、例えばスマートメディア登録商標)等のカード形状半導体メモリ等を着脱自在に配設する装着手段である記録媒体接続部23と、この記録媒体接続部23に装着された記録媒体4に記録されている画像データや後述する操作部22の操作部材等により生じる各種の指示信号等(図1の符号A参照)を、例えば赤外線又はその他の無線通信手段等を利用して送信する送信手段であると共に、印刷装置本体1から送信される所定の指示信号等(図1の符号B参照)を受信する受信手段とを兼ねた送受信手段となる送受信部21と、複数の操作部材等からなる操作部22等によって構成されている。

0029

遠隔操作装置2における操作部22は、図1図2に示すように複数の操作部材等によって構成されている。この遠隔操作装置2の操作部22を構成する複数の操作部材等は、例えば図2に示すように配置されている。

0030

電源ボタン22aは、印刷装置本体1の電源20(図3参照)を開(オン)状態又は閉(オフ)状態に切り換えるための指示信号を発生させる電源操作部材である。

0031

表示ボタン22bは、印刷装置本体1に接続される表示装置3の表示画面に表示される表示形態、例えばインデックス表示や全画面表示等の表示形態のうち所望の表示形態を切り換え選択するための指示信号を発生させる操作部材である。

0032

入力モードボタン22cは、印刷装置本体1によって印刷動作を行なう際の動作モード、例えば標準ノーマル)モード・全画像モードカメラ予約モード等の各種の入力形態を選択し切り換えるための指示信号を発生させる操作部材である。

0033

ここで、標準(ノーマル)モードとは、記録媒体4に記録済みの画像データのうち後述する選択予約ボタン22dにより選択した画像データを表示動作及び印刷動作の対象とする入力モード(印刷モード)である。

0034

全画像モードとは、記録媒体4に記録されている全ての画像データを表示動作及び印刷動作の対象とする入力モード(印刷モード)である。

0035

カメラ予約モードとは、記録媒体4に記録済みの複数の画像データのうち電子カメラ等によって画像データが作成される際に予め所定の識別信号等を付加することにより印刷予約がなされている画像データを表示動作及び印刷動作の対象とする入力モード(印刷モード)である。

0036

選択予約ボタン22dは、記録媒体4に記録済みの全ての画像データに基づいて生成されるインデックス表示用画像データによって表示装置3に表示される画像一覧表示(インデックス表示)がなされているときに、選択された所望の画像データに対して表示動作及び印刷動作の対象とする旨の選択信号や印刷予約の識別信号等を付加するための指示信号を発生させる操作部材である。

0037

カーソルボタン矢印ボタン)22eは、上述の選択予約ボタン22dを用いて所望の画像データを選択する際に、表示装置3に表示中の画像一覧表示画面上を移動する指標(いわゆるカーソル)を操作するための操作部材である。このカーソルボタン22eは、画面上の指標を上下左右四方向に移動させ得るように、それぞれが略三角形状からなる四つの操作部材によって形成されており、各三角形頂点が四方向を指し示すようになっている。

0038

インデックス印刷ボタン22fは、全画像データ又は選択予約済みの画像データを対象にして生成される画像一覧用の画像データに基づいて一枚の用紙に複数の画像を並べて印刷するインデックス印刷動作を行なわしめるための指示信号を発生させる操作部材である。

0039

印刷ボタン22gは、所望の一画像を一枚の用紙に印刷する通常の印刷動作を行なわしめるための指示信号を発生させる操作部材である。

0040

メニューボタン22hは、例えば印刷動作を実行するに際して所望の画像データに対して様々な設定を変更するための複数の印刷画像設定項目や、各種の印刷処理自体の設定項目等を並べて表示するようにしたメニュー画面呼び出すための指示信号を発生させる操作部材である。このメニューボタン22hを操作することにより呼び出されるメニューモードには、例えば次に示すような設定項目が用意される。

0041

・印刷画像の設定項目としては、シャープネス設定・明るさ設定・色調設定等、
・印刷処理の設定項目としては、印刷枚数の設定・多分割印刷の分割数の設定・日付印刷の有無の設定・左右反転印刷等に加え、各種の画像合成印刷処理(例えばカレンダー作成処理やテンプレート合成印刷処理等)を行なう場合における各種の設定等、
がある。これらの設定項目を表示装置3等を用いて表示させ、使用者は、この表示画面上に表示されるこれら各種の項目について、例えばカーソルボタン等を用いて選択し、各種の設定変更等を行なうことができるようになっている。

0042

キャンセルボタン22kは、メニューボタン22hにより呼び出されるメニューモード時に、所定の操作を行なって所望の設定項目の選択操作を行なった後、後述の決定ボタン22mによって決定された設定項目を取り消すための指示信号を発生させる操作部材である。

0043

決定ボタン22mは、メニューボタン22hにより呼び出されるメニューモード時に、所定の操作を行なって所望の設定項目の選択操作を行なった後、選択された設定項目を決定する際に操作される操作部材であって、設定項目に応じた所定の指示信号を発生させるものである。

0044

表示装置3は、印刷装置本体1から出力される表示用画像データを受けて、これに基づく画像を表示するものである。例えばCRTやLCD(液晶表示装置)等、電子的な画像データ(電気信号)に基づいて対応する画像等を表示し得るように構成される一般的な画像表示装置である。

0045

次に、本実施形態の画像印刷装置における印刷装置本体と遠隔操作装置の内部構成について図3に基づいて、以下に説明する。なお図3において、(A)は画像印刷装置の印刷装置本体側の内部構成を、(B)は遠隔操作装置の内部構成をそれぞれ示している。また、図3においては、制御信号線点線で、データ信号線実線でそれぞれ示している。

0046

図3(A)に示すように本実施形態の印刷装置本体1には、所望の画像を印刷するのに際して所定の画像データを外部より取り込む手段として、二系統入力手段が用意されている。

0047

即ち、遠隔操作装置2から送信される画像データや各種の指示信号等を受信する受信手段を含む送受信部11を制御する送受信インターフェース(I/F)11aと、例えば小型コンピュータ等の外部画像処理装置等(図示せず)と本印刷装置本体1とを接続し、当該外部画像処理装置等から出力される画像データ等を受ける所定の接続端子13を制御する画像信号入力インターフェース(I/F)14との二系統の入力手段である。

0048

接続端子13には、シリアル接続手段であるいわゆるUSB(Universal Serial Bus)接続部13aと、パラレル接続手段であるセントロクス接続部13b等、複数の接続手段が備えられている。

0049

そして、印刷装置本体1は、上述の送受信部11により受信した画像データのうち表示用画像データを一時的に記憶するビデオラム(V−RAM)15と、同送受信部11により受信した画像データのうち印刷用画像データを一時的に記憶するD−RAM17と、V−RAM15からの出力信号(表示用画像データ)を受けて、これにより表わされる画像を所定の表示装置3の表示画面に表示するのに最適な形態の画像信号(アナログ信号)へと変換するD/A変換器16と、このD/A変換器16によって生成されたアナログ画像信号を受けて、接続ケーブル31を介して表示装置3へと出力するビデオ出力端子(Video Out)9と、本印刷装置本体1の全体を制御する制御手段であって例えばCPU等からなる制御回路ワンチップマイコン)10と、D−RAM17に一時的に記憶された印刷用画像データから順次出力される一ライン毎のデータを受けて、これを印刷手段へと出力するバッファ18と、このバッファ18からの信号を受けて印刷動作を実行するための印刷手段の一部を構成するヘッド部19aと、このヘッド部19aを含み印刷手段を構成する印刷機構19と、複数のLED等からなり印刷装置本体1の動作状態等や設定状態等を表示するための表示部12と、当該印刷装置本体1の各電気回路へと電力を供給する電源20等の各種の構成部材具備して構成されている。

0050

一方、遠隔操作装置2は、図3(B)に示すように構成されている。本遠隔操作装置2は、全体を制御回路(ワンチップマイコン)24によって制御されるようになっている。この制御回路24には、所定の画像データを送信する送信手段を含む送受信部21を制御する送受信インターフェース(I/F)21aと、記録媒体接続部23に装着される記録媒体4に記録済みの画像データの読出制御を行なう記録媒体インターフェース(I/F)27と、記録媒体接続部23に装着された記録媒体4から読み出される画像データに対してファイル展開処理や所定のデータ形態に変換する画像変換信号処理及びこの画像変換信号処理により生成された画像データの再圧縮処理等、各種の信号処理等を行なうために本画像印刷装置専用に製作された集積回路であるASIC(Application Specific IntegratedCircuit;エーシック:以下、単にASICという)26と、このASIC26において所定の信号処理が施された後の画像データ(表示用画像データ又は印刷用画像データ等)を受けて、これを一時的に記憶する画像データ保存用のメモリ25と、印刷装置本体1を動作させるために各種の指示信号を発生させる複数の操作部材や操作スイッチ及び回路等からなる操作部22(図2参照)と、当該遠隔操作装置2の各電気回路へと電力を供給する電源28等によって構成されている。

0051

このように構成された本実施形態の画像印刷装置及び遠隔操作装置による作用を、以下に説明する。まず、遠隔操作装置側の作用は次の通りである。

0052

図5は、遠隔操作装置の操作部22のうち電源ボタン22aが操作された際の動作の流れを示すフローチャートである。

0053

電源ボタン22aが操作されると割り込み信号により図5のフローチャートで示すプログラムが実行される。

0054

テップS1において、制御回路24は、本体ステイタス呼出通信処理を実行する。この本体ステイタス呼出通信処理の概略は、次のような処理となる。

0055

即ち、遠隔操作装置2の制御回路24は、印刷装置本体1の状況を確認するための所定の指令、即ち[本体ステイタス]コマンドを発生させ、これを送受信I/F21aを介して送受信部21の送信手段を用いて送信出力する。

0056

印刷装置本体1の送受信部11の受信手段は、これを受けて送受信I/F11aを介して制御回路10へと電送する。制御回路10は、この[本体ステイタス]コマンドを受けて、自己の状況を示す所定の信号(ステイタス)を送受信I/F11aを介して送受信部11の送信手段から送信出力する。

0057

遠隔操作装置2の送受信部21の受信手段は、これを受けて送受信I/F21aを介して制御回路24へと電送する。このように、制御回路24は、送受信部21・送受信I/F21aを介して印刷装置本体1からのステイタス信号を受け取ることにより、印刷装置本体1の状況を確認する。この場合におけるステイタス信号は、例えば次のような情報からなる。

0058

第1に印刷装置本体1の動作状況に関する情報、即ち、
・印刷装置本体1の電源20の状況に関する情報[電源]であって、電源がオン状態にある旨を示す情報[POWERON]又はオフ状態にある旨を示す情報[POWER OFF]、
・印刷装置本体1の動作状況に関する情報[MODE]であって、動作の待機中である旨を示す情報[WAIT MODE]又は印刷動作の実行中や画像データの展開処理中である旨を示す情報[BUSY MODE]、第2に印刷装置本体1の表示部12の表示状況に関する情報、即ち、
・設定されている入力モードを表わす情報[PRN MODE]であって、選択画像入力モードを示す情報[SEL(選択)]又は全画像入力モードを示す情報[ALL(全画像)]又は予約選択画像入力モードを示す情報[CAM.SEL(カメラ予約)]、
・印刷装置本体1に接続されている表示装置3における表示モードを表わす情報[DISP MODE]であって、画像一覧表示モードを示す情報[INDEX]又は全画面表示モードを表わす情報[FULL]、
・印刷装置本体1に接続される表示装置3に表示中の画像データに関する情報であって、その時、カーソルによって指示されている画像に対応する番号等を示す情報[No.]、
等である。

0059

上述のステップS1における本体ステイタス呼出通信処理が実行された後、ステップS2において、通信処理が正常に行なうことができたか否かの確認を行なう。即ち、印刷装置本体1の電源20の状況が完全にオフ状態にあるとき等には、ステイタス信号が生じないことになり、ステイタス信号は所定時間の間に受信されないことになる。この場合には、通信不能である、即ちエラーが発生したものとして処理を終了する(エンド)。また、正常に通信処理が行なわれエラーが発生しなかったことが確認されたときには、ステップS3の処理に進む。

0060

ステップS3において、制御回路24は、受信したステイタス信号に基づいて、印刷装置本体1の電源状態がオン状態であるか否かの確認を行なう。ここで、受信したステイタス信号が電源オン状態を示す[POWERON]であることが確認された場合には、ステップS10の処理に進む。このステップS10において、制御回路24は電源オフ通信処理を実行する。その後、一連の処理を終了する(エンド)。

0061

つまり、この場合においては、電源ボタン22aの操作がなされる直前の印刷装置本体1の電源状態がオン状態であるときに、電源ボタン22aの操作がなされたことになる。したがって、このときの電源ボタン22aの操作は、印刷装置本体1の電源状態をオフ状態へと切り換えるための指示になる。

0062

ここで、電源オフ通信処理は、次のような処理である。即ち、遠隔操作装置2の制御回路24は、印刷装置本体1の電源状態をオフ状態に切り換えるための所定の指令である[電源オフ]コマンドを発生させ、これを送受信I/F21aを介して送受信部21の送信手段から送信出力する。

0063

印刷装置本体1の送受信部11の受信手段は、これを受けて送受信I/F11aを介して制御回路10へと電送する。制御回路10は、この[電源オフ]コマンドを受けて電源20を制御し、これをオフ状態に切り換える。これにより、当該印刷装置本体1の電源状態はオフ状態となる。

0064

一方、上述のステップS3において、制御回路24は、受信したステイタス信号が電源オフ状態を示す[POWEROFF]であることを確認した場合には、次のステップS4の処理に進む。

0065

ステップS4において、制御回路24は電源オン通信処理を実行する。つまり、この場合においては、電源ボタン22aの操作がなされる直前の印刷装置本体1の電源状態がオフ状態であるときに、電源ボタン22aの操作がなされたことになる。したがって、このときの電源ボタン22aの操作は、印刷装置本体1の電源状態をオン状態へと切り換えるための指示になる。

0066

ここで、電源オン通信処理は、次のような処理である。即ち、遠隔操作装置2の制御回路24は、印刷装置本体1の電源状態をオン状態に切り換えるための所定の指令である[電源オン]コマンドを発生させ、これを送受信I/F21aを介して送受信部21の送信手段から送信出力する。

0067

印刷装置本体1の送受信部11の受信手段は、これを受けて送受信I/F11aを介して制御回路10へと電送する。制御回路10は、この[電源オン]コマンドを受けて電源20を制御し、これをオン状態に切り換える。これにより、当該印刷装置本体1の電源状態はオン状態となり、電源20から印刷装置本体1の各電気回路に対して必要に応じて必要な電力が供給される。これと同時に制御回路10は、印刷装置本体1の初期化処理を実行する。

0068

次いで、ステップS5において、制御回路24は、本体ステイタス呼出通信処理を再度実行し、その通信結果によって受信したステイタス信号に基づいて、次のステップS6において、印刷装置本体1の初期化処理が終了したか否かの確認を行なう。この場合において、初期化処理が終了したか否かの判定は、受信したステイタス信号に[WAIT MODE]が含まれているか、又は[BUSYMODE]が含まれているかを確認することにより行なわれる。ここで受信したステイタス信号に[WAIT MODE]が含まれている場合には、初期化処理が終了したものと判断されて次のステップS7の処理に進む。また、[BUSYMODE]が含まれている場合には、初期化処理が終了していないものと判断されて、上述のステップS5の処理に戻り、以降の処理を繰り返す。

0069

上述のステップS6において、初期化処理の終了が確認されて、ステップS7の処理に進むと、このステップS7において、制御回路24は、記録媒体I/F27を制御して記録媒体接続部23に所定の記録媒体4が装着されているか否かの確認を行なう。ここで、記録媒体接続部23に所定の記録媒体4が装着されていることが確認された場合には、次のステップS8の処理に進む。また、記録媒体接続部23に所定の記録媒体4が装着されていないものと判断された場合には、ステップS11の処理に進み、このステップS11において、制御回路24は、所定のエラー表示通信処理を実行する。

0070

ここで、エラー表示通信処理は、次のような処理である。即ち、遠隔操作装置2の制御回路24は、印刷装置本体1の表示部12によって所定のエラー表示を行なわしめるための所定の指令である[エラー表示]コマンドを発生させ、これを送受信I/F21aを介して送受信部21の送信手段から送信出力する。

0071

印刷装置本体1の送受信部11の受信手段は、これを受けて送受信I/F11aを介して制御回路10へと電送する。制御回路10は、この[エラー表示]コマンドを受けて表示部12を制御し、所定のエラー表示を行なう。これと同時に制御回路10は、エラー表示を示す所定の画像データを生成し、これをV−RAM15・D/A変換器16を介して所定の形態のエラー表示用画像データに変換した後、これをビデオ出力端子9へと出力する。すると、このエラー表示用画像データは、接続ケーブル31を介して表示装置3へと電送されて、その表示画面に所定のエラー表示画像、例えば記録媒体4が装着されておらず画像を表示することができない旨の警告表示がなされる。

0072

なお、このエラー表示を行なうための表示手段を遠隔操作装置2の側にも設け、上述の印刷装置本体1によるエラー表示動作と同時に、遠隔操作装置2の側の表示手段(図示せず)においても、所定のエラー表示を行なうようにしても良い。この場合には、遠隔操作装置2の制御回路24が印刷装置本体1に向けて[エラー表示]コマンドを発生させるのと同時に、当該遠隔操作装置2の側の表示手段を制御し、所定のエラー表示を行うようにすればよい。

0073

一方、上述のステップS7において記録媒体接続部23に所定の記録媒体4が装着されていることが確認されて、次のステップS8の処理に進むと、このステップS8において、制御回路24は、表示装置3によって表示するのに最適となるインデックス表示用画像データを生成し、これをメモリ25に一時的に記憶させる一連の信号処理(インデックス表示用画像データ生成処理)を実行する。その後、ステップS9の処理に進む。

0074

このインデックス表示用画像データ生成処理は、次のような処理である。即ち、制御回路24は、記録媒体I/F27を制御して記録媒体接続部23に装着されている所定の記録媒体4に記録されている画像データよりサムネイル画像元画像サイズ縦横縮小させた画像)を順次読み出し、ASIC26へと伝送する。ASIC26では、読み出された画像データを展開処理した後、所定の画像サイズとする変換処理等、所定の信号処理を施し、これらの複数の画像データに基づく画像を所定のサイズの一画像領域に並べて配列した形態で表示する画像一覧形式のインデックス表示用画像データを作成する。このようにして作成されたインデックス表示用画像データは、ASIC26において再圧縮処理等が施された後、一時的にメモリ25に記憶される。

0075

ここで、記録媒体4に記録されている画像データに基づいて表示用画像データ又は印刷用画像データを生成する際の概念図4を用いて、以下に説明する。

0076

本実施形態の画像印刷装置においては、記録媒体4に記録されている元画像データ101に基づいて所定の表示装置3に表示するのに最適となる表示用画像データ103(後述する)や、印刷装置本体1を用いて印刷するのに最適となる印刷用画像データ102等を、必要に応じて遠隔操作装置2を利用して生成し、これを印刷装置本体1へと転送するようにしている。

0077

ここで、記録媒体4に記録されている画像データにより表わされる画像の画素数は、例えば横1600画素(pixel;ピクセル)×縦1200画素(pixel;ピクセル)であり、印刷装置本体1の印刷機構19による印刷解像度を約300dpiであるものとする。また、画像の印刷に使用する記録用紙の規格寸法(サイズ)としては、例えばA6判(JIS A列規格;横148mm×縦105mm)のいわゆる葉書サイズの記録用紙を最大サイズとする。

0078

通常の場合、画像印刷装置によって所定サイズの記録用紙に画像を印刷するときには、用紙を移動させるための充分な余白マージン)を必要とする。したがって、この余白分を考慮すると、A6判の記録用紙において画像を印刷し得る有効印刷領域の最大寸法は、例えば横115mm×縦85mm程度になる。

0079

この場合において、当該画像データ(1600画素×1200画素)を用いて、これに何の変更処理も施さずに約300dpiの印刷解像度の設定で印刷動作を行なうと、その印刷結果は、横135mm×横98mmの画像が得られることになる。したがって、A6判の記録用紙における有効印刷領域の最大サイズよりも大きなものとなってしまう。

0080

このことから、A6判の記録用紙の有効印刷領域内における最大サイズで、かつ印刷解像度約300dpiの設定条件で印刷をしようとする場合、画像データの画素数は、横1365画素×縦1024画素程度であれば良いことがわかる。

0081

したがって、本実施形態の画像印刷装置においては、所望の一つの画像を一枚の記録用紙の有効印刷領域内で最大となるように印刷出力するための最適な画像データ(印刷用画像データ)の画像サイズ(横1365画素×縦1024画素)は、元になる画像データ(以下、元画像データという)の画像サイズ(横1600×縦1200画素)に対して若干少ないものとしている。

0082

そして、本実施形態の画像印刷装置においては、遠隔操作装置2に装着された記録媒体4から読み込んだ元画像データ101に対して、例えば画像サイズを変換する信号処理等の所定の信号処理等を施すことにより、印刷装置本体1において印刷出力するのに最適な印刷用画像データ102を遠隔操作装置2の側で(ASIC26を用いて)予め生成し、これを遠隔操作装置2から印刷装置本体1へと転送するようにしている。

0083

一方、一般的なビデオ信号を扱う表示装置3におけるモニター表示画面では、水平信号に基づいていわゆる電子銃によって画面の右上部から横方向に順に描画し、これを繰り返して左下部までの描画がなされるようにしているのが普通である。そして、このとき二回の描画動作によって一画像を表示するようにしている。この場合において、一画像は515本/フレーム走査線によって表示されるようにしている。

0084

このことから、表示装置3を用いて画像の表示を行なうための最適な画像データ(表示用画像データ103)の画像サイズとしては、例えば横640画素(pixel)×縦480画素(pixel)程度の画像データ(いわゆるVGAサイズ)であれば良いことがわかる。

0085

したがって、本実施形態の画像印刷装置においては、印刷装置本体1に接続する表示装置3を用いて所望の一つの画像をその表示領域一杯表示出力するための最適な画像データ(表示用画像データ103)を作成するのに際しても、その画像サイズを横640画素(pixel)×縦480画素(pixel)程度のいわゆるVGAサイズの画像データに変換するようにしている。

0086

そのために、本実施形態の画像印刷装置においては、遠隔操作装置2に装着された記録媒体4から読み込んだ元画像データ101に対して、画像サイズを変換する縮小処理画像サイズ変換処理という)等の所定の信号処理等を施し、印刷装置本体1に接続される表示装置3によって表示出力するのに最適な表示用画像データ103を遠隔操作装置2の側で(ASIC26を用いて)予め生成し、これを遠隔操作装置2から印刷装置本体1へと転送するようにしている。

0087

図5に戻って、次のステップS9において、制御回路24は、上述のステップS8の処理で生成されメモリ25に一時的に記憶させたインデックス表示用画像データを印刷装置本体1へ向けて送信するインデックス表示用画像データ転送通信処理を実行する。

0088

この表示用画像データ転送通信処理は、次のような処理である。即ち、制御回路24は、メモリ25に記憶されているインデックス表示用画像データを読み出すと共に、送受信I/F21aを介して送受信部21を制御して、当該インデックス表示用画像データを送受信部21の送信手段から送信出力する。

0089

印刷装置本体1の制御回路10は、送受信I/F11aを介して送受信部11の受信手段を制御し、これを受信する。このようにして受信されたインデックス表示用画像データは、V−RAM15へと電送され、ここに一時的に記憶される。次いで、当該インデックス表示用画像データは、D/A変換器16へと出力され、このD/A変換器16において所定の形態のアナログ信号(ビデオ信号)に変換された後、ビデオ出力端子9へと出力される。

0090

そして、このインデックス表示用画像データは、ビデオ出力端子9に接続される接続ケーブル31を介して表示装置3へと電送される。表示装置3は、これを受けて、そのインデックス表示用画像データに基づくインデックス画像を、その表示画面に表示する。

0091

次に、本実施形態における遠隔操作装置2の操作部22のうち表示ボタン22bが操作された際の動作の流れを図6に示すフローチャートによって、以下に説明する。

0092

表示ボタン22bが操作されると割り込み信号により図6に示すフローチャートのプログラムが実行される。

0093

ステップS22において、制御回路24は、本体ステイタス呼出通信処理を実行する。この本体ステイタス呼出通信処理は、上述の図5のステップS2と全く同様の処理である。したがって、その詳細は省略する。

0094

次いで、ステップS23において、制御回路24は、受信したステイタス信号に基づいて印刷装置本体1の電源状態がオン状態であるか否かの確認を行なう。ここで、電源オン状態が確認されなかった場合、即ち電源オフ状態である場合や通信が不能であった場合等には、一連の処理を終了する(エンド)。そして、本画像印刷装置は待機状態となる。一方、電源オン状態であることが確認された場合には、次のステップS24の処理に進む。

0095

ステップS24において、制御回路24は、受信したステイタス信号に基づいて印刷装置本体1の動作モードがメニューモードに設定されているか否かの確認を行なう。このメニューモードは、印刷動作を行なうのに際して印刷を所望する画像データに対して例えば色調整等の各種の画像処理を表示装置3の表示画面に表示されている画像を見ながら施すための動作モードである。このメニューモードにおいては、表示ボタン22bによって実行し得る表示形態の切り換え操作等を制御することができないようにしている。

0096

したがって、このステップS24において、印刷装置本体1の動作モードがメニューモードであることが確認された場合には、一連の処理を終了(エンド)し、本画像印刷装置は待機状態となる。一方、印刷装置本体1の動作モードがメニューモードに設定されていない(設定されている動作モードがメニューモード以外である)ことが確認された場合には、次のステップS25の処理に進む。

0097

ステップS25において、制御回路24は、受信したステイタス信号に基づいて印刷装置本体1の動作状況に関する情報[MODE]が印刷動作の実行中や画像データの展開処理中である旨を示す情報[BUSY MODE]であるか否かの確認を行なう。ここで、ステイタス信号が[BUSY MODE]であることを確認すると、一連の処理を終了(エンド)し、本画像印刷装置は待機状態となる。

0098

一方、ステイタス信号が[BUSY MODE]ではない場合、即ち印刷装置本体1が動作の待機中である旨を示す情報[WAIT MODE]であることが確認された場合には、次のステップS26の処理に進む。

0099

ステップS26において、制御回路24は、受信したステイタス信号に基づいて印刷装置本体1に接続されている表示装置3の表示モードを表わす情報[DISP MODE]が画像一覧表示モード(インデックス表示モード)を示す情報[INDEX]であるか否かの確認を行なう。ここで、ステイタス信号が[INDEX]ではない場合、即ち全画面表示モードを表わす情報[FULL]であることが確認された場合には、次のステップS30の処理に進む。

0100

つまり、この場合には、今回の表示ボタン22bによる操作は、表示装置3に表示中の全画面表示画像からインデックス表示画像へと切り換えるための指示である。したがって、ステップS30以降の処理において、表示装置3の表示画像を全画面表示画像からインデックス表示画像へと切り換えるための処理が実行される。

0101

ステップS30において、制御回路24は、インデックス表示用画像データを生成する所定の信号処理を実行する。ここで行なわれるインデックス表示用画像データ生成処理は、上述のステップS8(図5参照)と全く同様の処理である。したがって、その詳細は省略する。そして、次のステップS28の処理に進む。

0102

一方、上述のステップS26において、ステイタス信号が[INDEX]であることが確認された場合には、次のステップS27の処理に進む。この場合には、今回の表示ボタン22bによる操作は、表示装置3に表示中のインデックス表示画像から全画面表示画像へと切り換えるための指示である。したがって、ステップS27以降の処理において、表示装置3の表示画像をインデックス表示画像から全画面表示画像へと切り換えるための処理が実行される。

0103

ステップS27において、制御回路24は、全画面表示用画像データを生成する所定の信号処理を実行する。ここで行なわれる全画面表示用画像データ生成処理は、次のような処理である。

0104

即ち、この時点においては、表示装置3の表示画面にはインデックス表示画像が表示されており、このインデックス表示画像のうちの任意の一画像がカーソルによって指示されている状態にある。

0105

したがって、今回の表示ボタン22bによる操作は、表示装置3に表示中のインデックス表示画像のうちカーソルによって指示されている任意の一画像を、全画面表示するための指示となる。この場合の任意の一画像としては、例えばステイタス信号の[No.]に対応する画像データが対象となる。

0106

この場合において、表示ボタン22bによる指示信号を受けて制御回路24は、記録媒体I/F27を制御して記録媒体接続部23に装着されている所定の記録媒体4に記録されている複数の画像データのうちカーソルによって指示されている任意の一画像に対応する画像データを読み出し、これをASIC26へと伝送する。ASIC26では、読み出された画像データを展開処理した後、これに対して画像サイズ変換処理等の所定の信号処理等を施し、当該画像データにより表わされる画像が表示装置3によって表示し得る最適な形態となる全画面表示用画像データ(図4参照)を作成する。このようにして作成された全画面表示用画像データは、ASIC26において再圧縮処理が施された後、一時的にメモリ25に記憶される。このように、ASIC26は、表示用画像データを生成する表示用画像データ生成手段の役目もしている。

0107

そして、この全画面表示用画像データ生成処理が完了すると、ステップS28の処理に進む。

0108

続いてステップS28において、制御回路24は、メモリ25に一時的に記憶されている画像データ、即ち、上述のステップS27において生成された全画面表示用画像データ、又は、上述のステップS30において生成されたインデックス表示用画像データを印刷装置本体1へ向けて送信する表示用画像データ転送通信処理を実行する。この表示用画像データ転送通信処理は、次のような処理である。即ち、制御回路24は、メモリ25に記憶されている表示用画像データを読み出すと共に、送受信I/F21aを介して送受信部21を制御して、当該表示用画像データを送受信部21の送信手段から送信出力する。

0109

印刷装置本体1の制御回路10は、送受信I/F11aを介して送受信部11の受信手段を制御し、これを受信する。このようにして受信された表示用画像データは、V−RAM15へと電送され、ここに一時的に記憶される。そして、次のステップS29の処理に進む。

0110

ステップS29において、制御回路24は、表示ボタン操作通信処理を実行する。この表示ボタン操作通信処理は、遠隔操作装置2の表示ボタン22bが操作された旨を示す所定の指示信号を印刷装置本体1へと送信する処理である。

0111

この指示信号を受けて、印刷装置本体1の制御回路10は、V−RAM15に一時的に記憶されている表示用画像データをD/A変換器16へと出力する。すると、D/A変換器16は、これを所定の形態のアナログ信号(ビデオ信号)に変換処理した後、同表示用画像データをビデオ出力端子9へと出力する。そして、当該表示用画像データは、ビデオ出力端子9に接続される接続ケーブル31を介して表示装置3へと電送される。表示装置3は、これを受けて、その表示用画像データに基づく画像(単一の画像又はインデックス画像)を、その表示画面に表示する。その後、一連の処理を終了(エンド)し、本画像印刷装置は待機状態となる。

0112

次に、本実施形態における遠隔操作装置2の操作部22のうち印刷ボタン22gが操作された際の動作の流れを図7に示すフローチャートによって、以下に説明する。

0113

印刷ボタン22gが操作されると割り込み信号により図7のフローチャートに示すプログラムが実行される。

0114

ステップS32において、制御回路24は、本体ステイタス呼出通信処理を実行する(図5のステップS2・図6のステップS22と全く同様の処理)。そして、次のステップS33の処理に進む。

0115

このステップS33の印刷装置本体1の電源オン状態の確認から、ステップS34の印刷装置本体1の動作モードのメニューモード設定の確認を経て、ステップS35の印刷装置本体1の動作状況に関する情報[MODE]が[BUSYMODE]であるか否かの確認までの各ステップの処理は、図6によって説明した上述のステップS23・S24・S25の各ステップと全く同様の処理である。

0116

次いで、ステップS36において、制御回路24は、印刷用画像データを生成する所定の信号処理を実行する。ここで行なわれる印刷用画像データ生成処理は、次のような処理である。即ち、制御回路24は、記録媒体I/F27を制御して記録媒体接続部23に装着されている所定の記録媒体4に記録されている画像データのうち現在表示装置3において表示中の印刷を所望する所定の画像に対応する所定の画像データを読み出し、これをASIC26へと伝送する。ASIC26では、読み出された画像データを展開処理した後、画像サイズ変換処理等の所定の信号処理を施して印刷用画像データ(図4参照)を作成する。このようにして作成された印刷用画像データは、ASIC26において再圧縮処理が施された後、一時的にメモリ25に記憶される。そして、次のステップS37の処理に進む。このように、ASIC26は、印刷用画像データを生成する印刷用画像データ生成手段の役目もしている。

0117

ステップS37において、制御回路24は、印刷ボタン操作通信処理を実行する。この印刷ボタン操作通信処理は、遠隔操作装置2の印刷ボタン22gが操作された旨を示す所定の指示信号を印刷装置本体1へと送信する処理である。その後、ステップS38の処理に進む。

0118

ステップS38において、制御回路24は、メモリ25に一時的に記憶されている画像データ、即ち、上述のステップS36において生成された印刷用画像データを印刷装置本体1へ向けて送信する印刷用画像データ転送通信処理を実行する。

0119

ここで、印刷用画像データ転送通信処理は、次のような処理である。即ち、制御回路24は、メモリ25に記憶されている印刷用画像データを読み出すと共に、送受信I/F21aを介して送受信部21を制御して、当該印刷用画像データを送受信部21の送信手段から送信出力する。印刷装置本体1の制御回路10は、送受信I/F11aを介して送受信部11の受信手段を制御し、これを受信する。このようにして受信された印刷用画像データは、D−RAM17へと電送され、ここに一時的に記憶される。

0120

続いて、制御回路10は、上述のステップS37において受信した指示信号(印刷ボタン22gを操作した旨の指示信号)に基づいて印刷動作を開始する。即ち、制御回路10は、D−RAM17を制御して、これに記憶されている印刷用画像データをバッファ18に向けて一ライン毎に順次出力する。さらに、当該印刷用画像データは、バッファ18からの出力信号をヘッド部19aへと伝送する。これと同時に制御回路10は、ヘッド部19a及び印刷機構19等の印刷手段を制御して記録用紙への画像の印刷を行なう。

0121

このようにして、所定の印刷動作が完了すると、その後、一連の処理は終了(エンド)し、本画像印刷装置は待機状態となる。

0122

次に、本実施形態における遠隔操作装置2の操作部22のうちインデックス印刷ボタン22fが操作された際の動作の流れを図8に示すフローチャートによって、以下に説明する。この場合における動作の流れは、上述の印刷ボタン22gが操作された際の動作の流れ(図7参照)と略同様である。インデックス印刷ボタン22fが操作されると割り込み信号により図8のフローチャートに示すプログラムが実行される。

0123

ステップS42において、制御回路24は、本体ステイタス呼出通信処理を実行する。このステップS42の本体ステイタス呼出通信処理から、次のステップS43の処理(印刷装置本体1の電源オン状態の確認)、ステップS44の処理(印刷装置本体1の動作モードのメニューモード設定の確認)、ステップS45の処理(印刷装置本体1の動作状況[MODE]の[BUSY MODE]の確認)までの各ステップの処理は、図6によって説明した上述のステップS22・S23・S24・S25の各ステップ、及び図7のステップS32〜S35の各処理と全く同様の処理である。

0124

次いで、ステップS46において、制御回路24は、インデックス印刷用画像データを生成する所定の信号処理を実行する。ここで実行されるインデックス印刷用画像データ生成処理は、次のような処理である。即ち、制御回路24は、記録媒体I/F27を制御して記録媒体4に記録されている画像データを順次読み出し、これをASIC26へと伝送する。

0125

ASIC26では、読み出された画像データを順次展開処理した後、画像サイズ変換処理等の所定の信号処理をそれぞれ施し、これらの複数の画像データを所定のサイズの単一の画像領域内に複数並べて画像一覧形式(インデックス形式)で印刷を行なうのに最適な形態のインデックス印刷用画像データを作成する。

0126

この場合において、当該インデックス印刷用画像データの画素数は、所定の記録用紙の有効印刷領域で最大となるように印刷出力するための最適な画像データ(印刷用画像データ)の画像サイズ(横1365画素×縦1024画素)に略等しいものであり、インデックス画像は、この画像サイズの範囲内に均等に配列されるような形態となる。

0127

このようにして作成されたインデックス印刷用画像データは、ASIC26において再圧縮処理が施された後、一時的にメモリ25に記憶される。そして、次のステップS47の処理に進む。

0128

ステップS47において、制御回路24は、インデックス印刷ボタン操作通信処理を実行する。このインデックス印刷ボタン操作通信処理は、遠隔操作装置2のインデックス印刷ボタン22fが操作された旨を示す所定の指示信号を印刷装置本体1へと送信する処理である。そして、次のステップS48の処理に進む。

0129

ステップS48において、制御回路24は、メモリ25に一時的に記憶されている画像データ、即ち、上述のステップS46において生成されたインデックス印刷用画像データを印刷装置本体1へ向けて送信する印刷用画像データ転送通信処理を実行する。この印刷用画像データ転送通信処理は、上述の図7のステップS38と同様の処理である。そして、所定の印刷動作が完了すると一連の処理は終了(エンド)し、本画像印刷装置は待機状態となる。

0130

次に、本実施形態における遠隔操作装置2の操作部22のうち入力モードボタン22cが操作された際の動作の流れを図9に示すフローチャートによって、以下に説明する。入力モードボタン22cが操作されると割り込み信号により図9のフローチャートに示すプログラムが実行される。

0131

ステップS52において、制御回路24は、本体ステイタス呼出通信処理を実行する。このステップS52の本体ステイタス呼出通信処理から、次のステップS53の処理(印刷装置本体1の電源オン状態の確認)、ステップS54の処理(印刷装置本体1の動作モードのメニューモード設定の確認)、ステップS55の処理(印刷装置本体1の動作状況[MODE]の[BUSY MODE]の確認)までの各ステップの処理は、図6によって説明した上述のステップS22・S23・S24・S25の各ステップ及び図7のステップS32〜S35の各処理、図8のステップS42〜S45の各処理と全く同様の処理がなされる。

0132

次いで、ステップS56において、制御回路24は、上述のステップS52において受信したステイタス信号に基づいて、現在設定されている入力モードを表わす情報[PRN MODE]を確認し、入力モードの設定の切り換えを行なう。

0133

この入力モードは、上述したように、
・選択画像入力モードを示す情報[SEL(選択)]
・全画像入力モードを示す情報[ALL(全画像)]
・予約選択画像入力モードを示す情報[CAM.SEL(カメラ予約)]
の三つのモードが用意されており、入力モードボタン22cの操作によって順次切り換わるようになっている。

0134

なお、選択画像入力モード[SEL(選択)]は、所望の画像データを選択操作し選択した画像データを印刷動作の対象とする入力モードである。また、全画像入力モード[ALL(全画像)]は、記録媒体4に記録されている全画像データを印刷動作の対象とする入力モードである。そして、予約選択画像入力モード[CAM.SEL(カメラ予約)]は、電子カメラ等によって画像データが作成される際に予め印刷予約を示す所定の識別信号等が付加されている画像データを印刷動作の対象とする入力モードである。

0135

したがって、例えば受信したステイタス信号が[SEL]である場合には、これを[ALL]に切り換える設定がなされる。また、受信したステイタス信号が[ALL]である場合には[CAM.SEL]に切り換える設定がなされる。そして、受信したステイタス信号が[CAM.SEL]である場合には[SEL]に切り換える設定がなされる。

0136

このようにして入力モードが設定されると、続いてステップS57において、制御回路24は、上述のステップS56の処理において設定された入力モードに応じた表示用画像データの生成処理を実行する。この表示用画像データ生成処理は、上述の図5によって説明したステップS8の処理・図6によって説明したステップS30の処理、即ちインデックス表示用画像データ生成処理と略同様の処理である。その後、ステップS58の処理に進む。

0137

ステップS58において、制御回路24は表示用画像データ転送通信処理を実行した後、ステップS59の処理に進む。この表示用画像データ転送通信処理は、上述の図5によって説明したステップS9の処理・図6によって説明したステップS28の処理と全く同様の処理である。

0138

上述のステップS59において、制御回路24は入力モードボタン操作通信処理を実行する。この入力モードボタン操作通信処理は、遠隔操作装置2の入力モードボタン22cが操作された旨を示す所定の指示信号を印刷装置本体1へと送信する処理である。その後、一連の処理を終了する(エンド)。

0139

次に、本実施形態における遠隔操作装置2の操作部22のうち選択予約ボタン22dが操作された際の動作の流れを図10に示すフローチャートによって、以下に説明する。選択予約ボタン22dが操作されると割り込み信号により図10のフローチャートに示すプログラムが実行される。

0140

ステップS62において、制御回路24は、本体ステイタス呼出通信処理を実行する。このステップS62の本体ステイタス呼出通信処理から、次のステップS63の処理(印刷装置本体1の電源オン状態の確認)、ステップS64の処理(印刷装置本体1の動作モードのメニューモード設定の確認)、ステップS65の処理(印刷装置本体1の動作状況[MODE]の[BUSY MODE]の確認)までの各ステップの処理は、図6によって説明した上述のステップS22・S23・S24・S25の各ステップ及び図7のステップS32〜S35の各処理、図8のステップS42〜S45の各処理、図9のステップS52〜S55の各処理と全く同様の処理である。

0141

次いで、ステップS66において、制御回路24は、上述のステップS62において受信したステイタス信号に基づいて、現在設定されている印刷モード(入力モード)を表わす情報[PRN MODE]が選択画像入力モードを示す情報[SEL(選択)]となっているか否かを確認する。

0142

ここで、受信したステイタス信号が[SEL]である場合にのみ次のステップS67の処理に進み、受信したステイタス信号が[ALL]又は[CAM.SEL]である場合には、一連の処理を終了(エンド)し、本画像印刷装置は待機状態となる。

0143

上述のステップS66において、受信したステイタス信号が[SEL]であることが制御回路24により確認されて、次のステップS67の処理に進むと、このステップS67において、制御回路24は、所望の画像データが選択されたことを示す指標となる表示枠の表示データ、即ち選択表示枠表示用データの生成処理を行なう。その後、ステップS68の処理に進む。

0144

ステップS68において、制御回路24はインデックス表示用の画像データを生成する所定の信号処理を実行する。ここで行なわれるインデックス表示用画像データ生成処理は、上述のステップS67において生成された選択表示枠表示用データを含むインデックス表示用の画像データを生成する処理である。基本的には、上述のステップS8(図5参照)・ステップS30(図6参照)と略同様の処理である。その後、ステップS69の処理に進む。

0145

ステップS69において、制御回路24は、上述のステップS68の処理で生成されメモリ25に一時的に記憶させたインデックス表示用画像データを印刷装置本体1へ向けて送信する表示用画像データ転送通信処理を実行する。この表示用画像データ転送通信処理は、図5によって説明した上述のステップS9の処理及び図6によって説明した上述のステップS28の処理と略同様の処理である。その後、ステップS70の処理に進む。

0146

ステップS70において、制御回路24は選択予約ボタン操作通信処理を実行する。この選択予約ボタン操作通信処理は、遠隔操作装置2の選択予約ボタン22dが操作された旨を示す所定の指示信号を印刷装置本体1へと送信する処理である。その後、一連の処理を終了(エンド)し、本画像印刷装置は待機状態となる。

0147

なお、本実施形態における遠隔操作装置2の操作部22のうち上述した各操作ボタン以外のその他の操作ボタンが操作された際の作用については、本発明に直接関連しない部分であるので、その詳細な説明は省略するが、基本的には上述した各操作ボタンを操作したときの作用と略同様である。

0148

一方、本実施形態の画像印刷装置における印刷装置本体1の側の作用は次の通りである。

0149

図11は、印刷装置本体1の動作の流れを示すフローチャートである。また、図12は、遠隔操作装置2の側からの通信がなされた場合の印刷装置本体1における割り込み処理を示すフローチャートである。

0150

まず、印刷装置本体1の動作を図11によって、以下に説明する。本実施形態の画像印刷装置における印刷装置本体1は、所定の電源ケーブル(図示せず)を接続するか又は当該印刷装置本体1に設けられる所定の本体電源操作部材(図示せず)の操作によって、装置内部の最低限必要な一部の回路に電力が供給され動作の待機状態(スタンバイ)となる。そして、印刷装置本体1が待機状態にある場合には、ステップS71の処理がなされている。

0151

即ち、図11のステップS71においては、印刷装置本体1の制御回路10は、遠隔操作装置2からの通信割り込みの発生を待機している。ここで、遠隔操作装置2からの何らかの指示信号を受信して、通信割り込みが生じたことを確認すると、次のステップS72の処理に進む。

0152

ステップS72において、制御回路10は、上述のステップS71において受信した通信割り込みが、遠隔操作装置2の電源ボタン22aが操作されることにより生じる所定の指示信号(電源をオン状態にする旨の信号;電源オン要求の指示信号)であるか否かの確認を行なう。ここで、電源オン要求の指示信号であることが確認されると、次のステップS73の処理に進む。また、受信した通信割り込みが電源オン要求の指示信号以外である場合には、上述のステップS71の処理に戻り、再度通信割り込みを待機する。

0153

上述のステップS72において、電源オン要求の指示信号を受信して、ステップS73の処理に進むと、このステップS73において、制御回路10は印刷装置本体1の電源オン処理を実行する。この電源オン処理は、例えば装置内部の各回路に電力を供給したり、印刷機構19(ヘッド部19a)の初期化処理等である。

0154

続いてステップS74において、制御回路10は、再度遠隔操作装置2からの通信割り込みの発生を待機する。ここで、遠隔操作装置2からの何らかの指示信号を受信することにより通信割り込みの発生が確認されると、次のステップS75の処理に進む。

0155

ステップS75において、制御回路10は、上述のステップS74において受信した通信割り込みが、遠隔操作装置2の操作部22のうちのいずれかのボタンが操作されることにより生じる所定の指示信号であるか否かの確認を行なう。ここで、受信した通信割り込みが、操作部22のいずれかのボタンが操作されて生じる指示信号であると判断された場合には、ステップS79の処理に進む。また、受信した通信割り込みが、操作部22のいずれかのボタンが操作されて生じる指示信号ではないものと判断された場合には、ステップS76の処理に進む。

0156

ステップS76において、制御回路10は、受信した通信割り込みが画像データ転送を指示する指示信号であるか否かの確認がなされる。ここで、受信した通信割り込みが画像データの転送指示信号である場合には、次のステップS77の処理に進む。また、受信した通信割り込みが画像データの転送指示信号ではない場合には、上述のステップS74の処理に戻り、以降の処理を繰り返す。

0157

次いでステップS77において、制御回路10は、上述のステップS76で受信した画像データ転送指示信号が表示用画像データの転送を指示する指示信号であるか否かの確認を行なう。ここで、表示用画像データの転送指示信号である場合には、これを受信した後、次のステップS78の処理に進み、表示用画像データの転送指示信号ではない場合、即ち印刷用画像データの転送指示信号である場合には、これを受信した後、上述のステップS74の処理に戻り、以降の処理を繰り返す。

0158

ステップS78において、制御回路10は、上述のステップS77において受信した表示用画像データに基づいて、所定の画像表示処理が実行される。この画像表示処理は、次のような処理である。即ち、送受信部11の受信手段により受信される表示用画像データは、送受信I/F11aを介して制御回路10へと伝送される。これを受けて制御回路10は、この表示用画像データをV−RAM15へと伝送し、ここに一時的に記憶する。これと同時に、制御回路10は、当該表示用画像データをD/A変換器16へと伝送し、ここで所定の形態のアナログ信号(ビデオ信号)、即ち表示装置3によって表示するのに最適な形態の画像信号となるように変換処理し、これをビデオ出力端子9へと出力する。そして、当該表示用画像データは、ビデオ出力端子9から接続ケーブル31を介して表示装置3へと伝送され、その表示画面に対応する画像が表示される。

0159

これら一連の画像表示処理が完了し、表示装置3の表示画面に遠隔操作装置2から転送された表示用画像データに基づく画像が表示された後は、上述のステップS74の処理に戻り、再度通信割り込みの待機状態となる。そして、以降の処理が繰り返される。

0160

一方、上述のステップS75において、受信した通信割り込みが操作部22のいずれかのボタンが操作されて生じる指示信号であると判断されてステップS79の処理に進むと、このステップS79において、制御回路10は、上述のステップS75において受信した通信割り込みが、遠隔操作装置2の電源ボタン22aが操作されることにより生じる所定の指示信号(電源をオフ状態にする旨の信号;電源オフ要求の指示信号)であるか否かの確認を行なう。ここで、電源オフ要求の指示信号であることが確認されると、次のステップS80の処理に進み、このステップS80において、制御回路10は、印刷装置本体1の電源オフ処理を実行する。

0161

つまり、この場合における遠隔操作装置2の電源ボタン22aの通信割込み処理の指示信号は、印刷装置本体1の電源状態を待機状態(スタンバイ)へと切り換えるための指示である。

0162

したがって、ここで行なわれる電源オフ通信処理は、次のような処理である。即ち、遠隔操作装置2からの電源オフ処理の指示信号である[電源オフ]コマンドが送受信部21の受信手段により受信され送受信I/F21aを介して制御回路10へと電送される。制御回路10は、この[電源オフ]コマンドを受けて、電源20を制御し、これをオフ状態に切り換える。これにより、当該印刷装置本体1の電源状態は待機状態(スタンバイ)となる。

0163

このステップS80の電源オフ通信処理が完了した後は、上述のステップS71の処理に戻り、以降の処理が繰り返される。

0164

また、上述のステップS79において、上述のステップS75で受信された通信割り込みが電源オフ要求の指示信号以外であることが確認された場合には、ステップS81の処理に進む。

0165

ステップS81において、上述のステップS75で受信された通信割り込みが印刷ボタン22gが操作されることにより生じる指示信号であるか否かの確認を行なう。ここで、印刷ボタン22gによる指示信号であることが確認されると、次のステップS82の処理に進み、このステップS82において、所定の印刷処理が実行される。また、印刷ボタン22gによる指示信号ではないことが確認されると、ステップS83の処理に進む。

0166

ステップS83において、上述のステップS75で受信された通信割り込みがカーソルボタン22eが操作されることにより生じる指示信号であるか否かの確認を行なう。ここで、カーソルボタン(矢印ボタン)22eによる指示信号であることが確認されると、次のステップS84の処理に進む。

0167

ステップS84において、制御回路10は、カーソルボタン22eによる指示信号に応じた所定の画像表示処理(詳細は省略する)を実行した後、上述のステップS74の処理に戻って待機状態となり、以降の処理が繰り返される。

0168

また、上述のステップS83において、カーソルボタン22eによる指示信号ではないことが確認されると、次の処理ステップに進み、同様の処理、即ちその他の操作部材(ボタン)による指示信号であるか否かの確認処理が実行されるる。なお、以降の処理ステップについては、基本的には上述のステップS79・S81・S83等の各処理と同様であるので、その詳細な説明は省略する。

0169

次に、遠隔操作装置2の側からの通信がなされた場合の印刷装置本体1における割り込み処理の動作の流れについて図12のフローチャートに基づいて、以下に説明する。

0170

まず、ステップS91において、制御回路10は、通信割り込みの通信モード、即ち通信割り込みの指示信号の形態を確認する。ここで、通信モードが[画像転送]モードであることが確認されると、ステップS92の処理に進む。また、通信モードが[ステイタス]モードであることが確認されると、ステップS96の処理に進む。そして、通信モードが[ボタン操作]モードであることが確認されると、ステップS98の処理に進む。

0171

このステップS91において通信モードが[画像転送]モードであることが確認されてステップS92の処理に進むと、このステップS92において、制御回路10は、転送される画像データが表示用画像データであるか否かの確認を行なう。ここで、転送される画像データが表示用画像データである場合には、次のステップS93の処理に進む。一方、転送される画像データが表示用画像データではない場合、即ち印刷用画像データである場合には、ステップS95の処理に進む。

0172

ステップS93において、制御回路10は、受信した表示用画像データをV−RAM15へと転送し、次のステップS94の処理に進む。

0173

また、ステップS95において、制御回路10は、受信した印刷用画像データをD−RAM17へと転送し、ステップS94の処理に進む。

0174

ステップS94において、制御回路10は、画像データの通信処理を実行する。ここで実行される画像データ通信処理は、上述のステップS93又はステップS95において設定されたメモリ(V−RAM15又はD−RAM17)に対して受信した表示用画像データ又は印刷用画像データを転送する処理である。この画像データ通信処理が完了した後、一連の処理を終了する(リターン)。

0175

また、上述のステップS91において通信モードが[ステイタス]モードであることが確認されてステップS96の処理に進むと、このステップS96において、制御回路10は、受信されたステイタス情報に応じた印刷装置本体1の設定を行なって、次のステップS97の処理に進む。

0176

ステップS97において、制御回路10は、設定されたステイタス情報に応じた所定の通信処理を実行し、その後、一連の処理を終了する(リターン)。

0177

そして、上述のステップS91において通信モードが[ボタン操作]モードであることが確認されてステップS98の処理に進むと、このステップS98において、受信された操作部22からの指示信号に応じた所定の通信処理を実行し、次のステップS99の処理に進む。

0178

ステップS99において、制御回路10は、受信した指示信号に応じたボタン操作情報についての設定を行なう。その後、一連の処理を終了する(リターン)。

0179

なお、USB接続部13a又はセントロニクス接続部13bの接続端子13から画像信号入力I/F14を介して入力される画像信号(データ)は、通常の場合、外部画像処理装置等(図示せず)において予め所定の画像信号処理がなされ、印刷動作を実行するのに最適な形態の印刷用画像データとなっている。

0180

したがって、接続端子13から入力された印刷用画像データは、印刷装置本体1の画像信号入力I/F14を介してD−RAM17に直接入力され、これに一時的に記憶される。そして、印刷装置本体1の制御回路10は、印刷動作の開始を指示する指示信号を受けて印刷動作を実行する制御がなされると、D−RAM17に一時的に記憶されている印刷用画像データがバッファ18へと出力され、これを介してヘッド部19aへと出力される。これにより、印刷用画像データに対応する画像が記録用紙に印刷されることになる。

0181

この場合において、各種の動作を指示する所定の指示信号は、外部画像処理装置等から接続端子13を介して制御回路10に対して入力されるのが普通である。しかし、これに限らず、遠隔操作装置2からの指示信号によって印刷装置本体1の駆動制御するようにしてもよい。

0182

以上説明したように上記第1の実施形態によれば、画像印刷装置において主に印刷手段等からなる印刷装置本体1と、この印刷装置本体1を遠隔操作する遠隔操作装置2とを切り離して構成し、遠隔操作装置2の側に着脱自在に配設された記録媒体4から読み込まれる画像データに基づいて所望の印刷用又は表示用の画像データを生成し、これを印刷装置本体1の側へと送信するようにしたので、印刷装置本体1の側の構成を簡素化することができる。

0183

また、遠隔操作装置2のみを変更することで異なる仕様の画像印刷装置を構成することができる。つまり、遠隔操作装置2の仕様を変更すれば、同一の印刷装置本体1に対してそれぞれ異なる動作制御を行わしめることができるようになる。そして、遠隔操作装置2に装着される記録媒体4の種類や記録形態等に応じて異なる遠隔操作装置2を用意することによって、さまざまな種類の記録媒体4や記録形態等に対応することができる。

0184

さらに、遠隔操作装置2による送信操作を行なった後は、印刷装置本体1の側で各種の信号処理等を経ることなく、すぐに所望の動作(印刷動作や表示動作)が実行されることになるので、より良好な使用感を得ることができる。

0185

なお、印刷装置本体1と表示装置3との接続については、上述の実施形態では接続ケーブル31によって行なうようにしているが、このような接続手段とは別に、接続ケーブル31に代えて印刷装置本体1と表示装置3とのそれぞれに表示用画像データを無線形態で送信及び受信し得る送受信手段を備えるようにしてもよい。このような構成とした場合には、印刷装置本体1と遠隔操作装置2と表示装置3とのそれぞれの機器間を接続する接続ケーブルを配することができるので、各機器の配設位置を考慮する必要が無く、より操作性の向上に寄与することができる。

0186

また、本実施形態によれば、遠隔操作装置2に装着された記録媒体4から読み込んだ元画像データ101に対して、画像サイズ変換処理等の所定の信号処理等を施すことにより、印刷用画像データ102又は表示用画像データ103を遠隔操作装置2の側で(ASIC26を用いて)予め生成し、これを遠隔操作装置2から印刷装置本体1へと転送するようにしている。

0187

したがって、表示装置3を用いて画像の表示を行なう際には、よりデータ容量の小さい表示用画像データ103を転送することになり、より早い表示動作を確保することができる。これと同時に、印刷装置本体1を用いて画像の印刷を行なう際には、元画像データに比べて小容量となる印刷用画像データ102を転送することになるので、元画像データを転送する場合に比べて処理速度の向上に寄与することができる。

発明の効果

0188

以上述べたように本発明によれば、記録用紙に画像を印刷するための印刷装置本体と、この印刷装置本体を遠隔操作するための遠隔操作装置とを有する画像印刷装置において、印刷装置本体の構成の簡素化に寄与すると共に、より良好な使用感を得ることができ、さらに操作性の向上を実現した画像印刷装置及び遠隔操作装置を提供することができる。

図面の簡単な説明

0189

図1本発明の第1の実施形態の画像印刷装置及び遠隔操作装置と表示装置を示す外観斜視図。
図2図1の遠隔操作装置の詳細を示す拡大斜視図。
図3図1の画像印刷装置及び遠隔操作装置の電気的な内部構成の概略を示すブロック構成図。
図4図1の記録媒体に記録されている画像データに基づいて表示用画像データ又は印刷用画像データを生成する際の概念図。
図5図1の遠隔操作装置の操作部のうち電源ボタンが操作された際の動作の流れを示すフローチャート。
図6図1の遠隔操作装置の操作部のうち表示ボタンが操作された際の動作の流れを示すフローチャート。
図7図1の遠隔操作装置の操作部のうち印刷ボタンが操作された際の動作の流れを示すフローチャート。
図8図1の遠隔操作装置の操作部のうちインデックス印刷ボタンが操作された際の動作の流れを示すフローチャート。
図9図1の遠隔操作装置の操作部のうち入力モードボタンが操作された際の動作の流れを示すフローチャート。
図10図1の遠隔操作装置の操作部のうち選択予約ボタンが操作された際の動作の流れを示すフローチャート。
図11図1の印刷装置本体の動作の流れを示すフローチャート。
図12図1の印刷装置本体において遠隔操作装置側からの通信がなされた場合の割り込み処理を示すフローチャート。

--

0190

1……印刷装置本体
2……遠隔操作装置
3……表示装置
4……記録媒体
9……ビデオ出力端子(VideoOUT;出力手段)
10……制御回路(印刷装置本体側)
11……送受信部(印刷装置本体側の送信手段兼受信手段)
19……印刷機構(印刷手段)
21……送受信部(遠隔操作装置側の送信手段兼受信手段)
22……操作部
22a……電源ボタン(電源操作部材;操作部)
22b……表示ボタン(操作部)
22c……入力モードボタン(操作部)
22d……選択予約ボタン(操作部)
22e……カーソルボタン(矢印ボタン;操作部)
22f……インデックス印刷ボタン(操作部)
22g……印刷ボタン(操作部)
22h……メニューボタン(操作部)
22k……キャンセルボタン(操作部)
22m……決定ボタン(操作部)
23……記録媒体接続部(装着手段)
24……制御回路(遠隔操作装置側)
25……メモリ(画像データ保存用)
26……ASIC(表示用画像データ生成手段、印刷用画像データ生成手段)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • シチズン時計株式会社の「 プリンタ」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】 ファンで発生した風を無駄なくサーマルヘッドの狙いの位置に当てることができるプリンタを提供する。【解決手段】 ケース2の縦壁に配置されるファン41と、ケース2の開口部2aを開閉するカバー(... 詳細

  • 富士ゼロックス株式会社の「 メッセージ提供装置、プログラム、及び表示制御方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】チャットルームでユーザがチャットボットとメッセージをやり取りする場合において、ユーザが意図しないチャットボットがメッセージに応答する事態を抑制する技術を提供する。【解決手段】複数のユーザがそれ... 詳細

  • 東芝テック株式会社の「 画像処理装置および画像処理方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】 本発明が解決しようとする課題は、所定の条件を満たした場合に宛先やアドレスを全桁表示することで適切な宛先を選択できるようにすることである。【解決手段】 上記課題を解決するために、本実施形態... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ