図面 (/)

技術 共通商品コードを利用したネット通販システム

出願人 株式会社ダイエー
発明者 野澤昌義
出願日 2000年8月4日 (21年2ヶ月経過) 出願番号 2000-236358
公開日 2002年2月15日 (19年8ヶ月経過) 公開番号 2002-049801
状態 拒絶査定
技術分野 自動賃貸装置 特定用途計算機
主要キーワード 携帯型端末機器 通販商品 特約店 共通商品コード 注文履歴情報 商品決済 商品購入手続 色違い
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年2月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

ネット通販における希望商品注文を簡単にしかも間違いなく行うことができるネット通販システムを提供する。

解決手段

通信ネットワークを介して行われる通信販売において、購入商品物流システムにおいて用いられているJANコード等のような共通商品コードにより指定する。共通商品コードは、同じ商品であっても内容量の違いや色違い等の違いがあるとそれぞれ別の共通商品コードが適用されており、そのため、共通商品コードを用いて希望商品を指定することは、その共通商品コードに対応した特定の商品を確実に指定でき、それにより、希望するものと異なった商品を注文してしまうのを回避する。共通商品コードはまた、現在、流通されるすべての商品にそれぞれ付されているため、ユーザは簡単に共通商品コードを入手でき、例えば、手元にある商品に付された共通商品コードを指定するだけで同じ商品を注文できる。

概要

背景

近年のパソコンの急速な普及に伴って、インターネットiモード商標通信等の通信ネットワークを介して行われる通信販売、所謂、ネット通販もまた広く利用されている。しかし、ユーザにとって商品注文するとき、希望する商品が掲載されているページ探す作業が面倒であり、また、希望する商品が異なった種類の場合、その商品の属するページをそれぞれ探さなければならず、注文するまでの作業が煩雑なものであった。

概要

ネット通販における希望商品の注文を簡単にしかも間違いなく行うことができるネット通販システムを提供する。

通信ネットワークを介して行われる通信販売において、購入商品物流システムにおいて用いられているJANコード等のような共通商品コードにより指定する。共通商品コードは、同じ商品であっても内容量の違いや色違い等の違いがあるとそれぞれ別の共通商品コードが適用されており、そのため、共通商品コードを用いて希望商品を指定することは、その共通商品コードに対応した特定の商品を確実に指定でき、それにより、希望するものと異なった商品を注文してしまうのを回避する。共通商品コードはまた、現在、流通されるすべての商品にそれぞれ付されているため、ユーザは簡単に共通商品コードを入手でき、例えば、手元にある商品に付された共通商品コードを指定するだけで同じ商品を注文できる。

目的

本発明は、ネット通販における希望商品の注文を簡単にしかも間違いなく行うことができるネット通販システムを提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

通信ネットワークを介して行われる通信販売において、購入商品共通商品コードにより指定することを特徴とするネット通販ステム

請求項2

通販サーバを備え、該通販サーバは、共通商品コードによる購入商品の指定およびその数量を含む注文情報ユーザ端末から通信ネットワークを介して受領したとき、その注文情報に基づく配送依頼情報を通信ネットワークを介して所要配送センターサーバに送信することを特徴とするネット通販システム。

請求項3

通販商品データベースおよび顧客データベースを有する通販サーバを備え、該通販サーバは、ユーザ端末から共通商品コードによる商品問合せ情報を通信ネットワークを介して受領したとき、共通商品コードに対応する商品情報を通販商品データベースから抽出してユーザ端末に表示させ、購入商品の指定およびその数量を含む注文情報をユーザ端末から受領したとき、指定された購入商品の共通商品コードおよびその数量、顧客データベースから抽出されたユーザ指定配達先等を含む配送依頼情報を通信ネットワークを介して配送センターサーバに送信することを特徴とするネット通販システム。

請求項4

前記共通商品コードは商品に付されたバーコードをバーコード読取器によって読み取ることにより得られることを特徴とする請求項1、2または3記載のネット通販システム。

請求項5

前記ユーザ端末は携帯電話モバイル機器またはその他の携帯型端末機器であることを特徴とする請求項4記載のネット通販システム。

請求項6

前記顧客データベースは各ユーザ端末からの注文履歴情報を記録しており、通販サーバは注文履歴情報に基づいて各ユーザ端末に商品宣伝情報を送信することを特徴とする請求項5記載のネット通販システム。

請求項7

前記商品情報は通信販売の対象商品であるか否かを示す通販商品情報を含むことを特徴とする請求項2〜6のいずれか一項に記載のネット通販システム。

請求項8

前記通販サーバは、商品問合せ情報に通信販売の対象外商品が含まれているとき、その対象外商品に対する要望があったことを通販商品データベースに記録することを特徴とする請求項7記載のネット通販システム。

請求項9

ユーザに商品を配達する配送センターは、ユーザが予め指定した配送先に最も短時間で商品を配達できるチェーン店系列店、特約店または物流センターであることを特徴とする請求項2〜8のいずれか一項に記載のネット通販システム。

請求項10

前記配送センターサーバは、受領したユーザ情報および配送依頼情報に基づいて注文された商品をピッキングしたとき、各配送先毎のピッキングした商品の共通商品コードおよびその数量に関する配送処理情報を通販サーバに送信し、通販サーバは、配送センターサーバから配送処理情報を受領したとき、該配送処理情報とユーザ端末から受領した注文情報を照合して配送結果情報を作成し、ユーザ端末に送信することを特徴とする請求項2〜9のいずれか一項に記載のネット通販システム。

技術分野

0001

本発明は、インターネットiモード商標通信等の通信ネットワークを介して行われる通信販売に関する。

背景技術

0002

近年のパソコンの急速な普及に伴って、インターネットやiモード(商標)通信等の通信ネットワークを介して行われる通信販売、所謂、ネット通販もまた広く利用されている。しかし、ユーザにとって商品注文するとき、希望する商品が掲載されているページ探す作業が面倒であり、また、希望する商品が異なった種類の場合、その商品の属するページをそれぞれ探さなければならず、注文するまでの作業が煩雑なものであった。

発明が解決しようとする課題

0003

本発明は、ネット通販における希望商品の注文を簡単にしかも間違いなく行うことができるネット通販システムを提供することにある。

課題を解決するための手段

0004

本発明によるネット通販システムは、通信ネットワークを介して行われる通信販売において、購入商品物流システムにおいて用いられているJANコード等のような共通商品コードにより指定するものである。共通商品コードは、同じ商品であっても内容量の違いや色違い等の違いがあるとそれぞれ別の共通商品コードが適用されており、そのため、共通商品コードを用いて希望商品を指定することは、その共通商品コードに対応した特定の商品を確実に指定でき、それにより、希望するものと異なった商品を注文してしまうのを回避する。共通商品コードはまた、現在、流通されるすべての商品にそれぞれ付されているため、ユーザは簡単に共通商品コードを入手でき、例えば、手元にある商品に付された共通商品コードを指定するだけで同じ商品を注文できる。

0005

本発明によるネット通販システムはまた、通販サーバを備えていてもよい。この通販サーバは、共通商品コードによる購入商品の指定およびその数量を含む注文情報ユーザ端末から通信ネットワークを介して受領したとき、その注文情報に基づく配送依頼情報を通信ネットワークを介して所要配送センターサーバに送信する。ユーザから配送センターまでの商品の指定を共通商品コードによって行うため、手配ミスによって希望した商品と配達された商品とが異なってしまう可能性を排除できる。

0006

また、本発明によるネット通販システムは、通販商品データベースおよび顧客データベースを有する通販サーバを備えていてもよい。この通販サーバは、ユーザ端末から共通商品コードによる商品問合せ情報を通信ネットワークを介して受領したとき、共通商品コードに対応する商品情報を通販商品データベースから抽出してユーザ端末に表示させる。そして、購入商品の指定およびその数量を含む注文情報をユーザ端末から受領したとき、指定された購入商品の共通商品コードおよびその数量、顧客データベースから抽出されたユーザ指定配達先等を含む配送依頼情報を通信ネットワークを介して配送センターサーバに送信する。商品情報を得ることにより、ユーザにとって、希望商品を確認することができるだけでなく、希望商品が特価対象商品であるか否かとか、通販対象商品であるか否か等を事前に知ることができる利点を更に有する。

0007

更に、本発明によるネット通販システムは、商品に付されたバーコードをバーコード読取器によって読み取ることにより共通商品コードを得るように構成することもできる。各商品には必ずバーコードが付されているため、希望する商品のバーコードを読み取るだけで購入商品の指定を行うことができる。また、ユーザ端末として携帯電話モバイル機器またはその他の携帯型端末機器を使用することもできる。これにより、例えば、店頭で希望商品のバーコードを読み取ってその情報を送ることによりその場で注文することもできる。

0008

また更に、本発明によるネット通販システムは、各ユーザ端末からの注文履歴情報を顧客データベースに記録することもでき、通販サーバは注文履歴情報に基づいて各ユーザ端末に商品宣伝情報を送信するようにも構成することができる。

0009

本発明によるネット通販システムは更に、商品情報中に通信販売の対象商品であるか否かを示す通販商品情報を含ませることもできる。また、通販サーバは、商品問合せ情報に通信販売の対象外商品が含まれているとき、その対象外商品に対する要望があったことを通販商品データベースに記録し、後日、販売商品の検討資料として利用することができる。

0010

本発明によるネット通販システムは更にまた、ユーザが予め指定した配送先に最も短時間で商品を配達できるチェーン店系列店、特約店または物流センターを配送センターとして使用することもできる。

0011

本発明によるネット通販システムはまた、受領したユーザ情報および配送依頼情報に基づいて注文された商品をピッキングしたとき、各配送先毎のピッキングした商品の共通商品コードおよびその数量に関する配送処理情報を配送センターサーバから通販サーバに送信し、通販サーバが配送センターサーバから配送処理情報を受領したとき、通販サーバは、この配送処理情報とユーザ端末から受領した注文情報を照合して配送結果情報を作成し、その配送結果情報をユーザ端末に送信するように構成することもできる。

発明を実施するための最良の形態

0012

本発明の実施例によるネット通販システムは、図1に示すように、インターネット、VPN、iモード(商標)通信等の通信ネットワーク1を介してユーザ端末2と接続される通販サーバ3を備えている。通販サーバ3は通販商品データベース4と顧客データベース5を有している。通販サーバ3はまた通信ネットワーク1を介して配送センターのサーバ6に接続される。配送センターサーバ6は、チェーン店、系列店、特約店または物流センターに配置されるのが好ましい。

0013

通販サーバ3の通販商品データベース4は、一般に流通されているすべての商品について、物流システムにおいて用いられているJANコード等のような共通商品コードおよびその共通商品コードについて登録された商品の内容とその商品が通販の取扱対象の商品であるか否かや特価対象商品であるか否か等の通販商品情報と、通販対象商品について配送可能な配送センターの情報からなる商品情報が記録されている。通販商品データベース4はまた、各商品について、ユーザからの注文状況等を記録する。顧客データベース5は、ユーザ自身名前住所等の個人情報、ユーザが指定する商品の配達先や商品決済に関する情報等のような商品購入手続に必要な情報等からなるユーザ情報が記録される。顧客データベース5はまた、ユーザが注文を行ったとき、その注文の日時、内容等の注文履歴情報を記録する。

0014

ユーザ端末2は汎用のパソコンを使用してもよいが、携帯電話、モバイル機器またはその他の携帯型端末機器を使用するのが好ましく、また、携帯型のバーコード読取器7を備えているのが好ましい。バーコード読取器7は、商品に付されているバーコードにその受光部をあてることによってその商品の共通商品コードを読み取るのに使用される。読み取られた共通商品コードは、携帯型端末機器またはバーコード読取器7に内蔵されたメモリに記録される。

0015

ユーザは、欲しい商品があったとき、バーコード読取器7によってその商品に付されたバーコードを読み取り、その商品の共通商品コードをユーザ端末2やバーコード読取器7に記録させる。次いで、ユーザ端末2から通信ネットワーク1を介して通販サーバ3にアクセスし、ユーザ端末2から通販サーバ3に商品問合せ情報を送信する。この商品問合せ情報は、ユーザ端末2やバーコード読取器7に記録した共通商品コードにより構成される。ここにおいて、ユーザがバーコード読取器7を所有していない場合、商品に付されたバーコードに併記されている一連数字を送信することによって行えることは容易に理解されよう。

0016

通販サーバ3は、ユーザ端末2から商品問合せ情報を受領すると、その情報中に含まれている共通商品コードに関する商品情報を通販商品データベース4から抽出してユーザ端末2に表示させる。このユーザ端末2に表示させる内容については特に限定するものではないが、少なくともユーザがどの商品を注文しようとしているのかを確認できる程度のものを表示すべきである。ユーザは、ユーザ端末2に表示された商品の中から購入する商品およびその数量を指定した注文情報を通販サーバ3に送信することにより注文を行う。商品問合せ情報に通信販売の対象外商品が含まれているとき、通販サーバは3、その対象外商品に対するアクセスがあったことを通販商品データベース4に記録し、後日、販売商品の検討資料として利用する。

0017

ユーザ端末2から注文情報が送られてくると、通販サーバ3はその注文情報を注文履歴情報として顧客データベース5に記録する一方、通販商品データベース4および顧客データベース5に基づいて、注文情報中の各購入商品についてユーザの指定した配達先に最も短時間で商品を配達できる配送センターを選択し、各配送センターサーバ6へ配送依頼情報を送信する。配送依頼情報は購入商品の共通商品コードおよびその数量、顧客データベース5から抽出されたユーザ指定の配達先等を含んでいる。顧客データベース5に記録された注文履歴情報は、特価販売や新製品販売等の際に、注文履歴情報にその対象商品に相当する商品が含まれているとき、通販サーバ3はそのユーザ端末に商品宣伝情報を送信することによってユーザに情報提供を行う。

0018

各配送センターでは、受領した配送依頼情報に従って、注文商品をピッキングして所定の配達先へ配達する。このとき、各配送先毎にピッキングした商品の共通商品コードおよびその数量に関する配送処理情報を作成して通販サーバ3に送信するのが好ましい。通販サーバ3は、配送センターサーバ6から配送処理情報を受領したとき、この配送処理情報を先にユーザ端末2から受領した注文情報と照合して配送結果情報を作成し、ユーザ端末に送信する。ここにおいて、通販サーバ3と配送センターサーバ6の間の情報伝達における商品の指定も、ユーザ端末2と通販サーバ3の間におけると同様に、手配ミスを回避するために共通商品コードによって行われるのが好ましい。

発明の効果

0019

本発明によれば、共通商品コードを用いて希望商品を指定するため、その共通商品コードに対応した特定の商品を確実に指定でき、それにより、希望するものと異なった商品を注文してしまうのを回避することができる。また、現在、流通されるすべての商品にそれぞれ付されているため、ユーザは簡単に共通商品コードを入手でき、例えば、手元にある商品に付された共通商品コードを指定するだけで同じ商品を注文できる。

0020

また、ユーザ端末と通販サーバの間並びに通販サーバと配送センターサーバの間における商品の指定を共通商品コードによって行うため、手配ミスが生じるのを確実に回避でき、それにより、希望したものと異なった商品が配送されてしまうのを確実に回避することができる。

0021

更に、通販サーバから商品問合せ情報に対する商品情報を得ることができるため、希望商品を確認することができるだけでなく、希望商品が特価対象商品であるか否かとか、通販対象商品であるか否か等を事前に知ることができる。このことは、例えば、他店で欲しいと思った商品のバーコードをバーコード読取器で読みとって通販サーバに商品問合せ情報を送って商品情報を得ることにより、その店で購入した方が得か否かをその場で判断することができる。

0022

更に、各商品には必ずバーコードが付されているため、希望する商品のバーコードをバーコード読取器で読み取るだけで購入商品の指定を行うことができ、また、ユーザ端末として携帯電話、モバイル機器またはその他の携帯型端末機器を使用することにより、例えば、店頭で希望商品のバーコードを読み取ってその情報を送ることによりその場で注文することもできる。

0023

更に、各ユーザ端末からの注文履歴情報を顧客データベースに記録することにより、注文履歴情報に基づいた商品宣伝情報を各ユーザ端末に送信することができるため、ユーザは常に最新の情報を入手することができる。また、ユーザからの商品問合せ情報に通信販売の対象外商品が含まれているときであっても、その対象外商品に対するアクセスの記録が通販商品データベースに記録されることにより、後日、販売商品の検討資料として活用することができる。

0024

更に、ユーザが予め指定した配送先に購入商品を最短時間で配送可能なチェーン店、系列店、特約店または物流センターを配送センターとして使用するため、迅速な配達が可能となり、また、商品のピッキングに関する配送処理情報を注文情報と照合することにより誤配達による混乱を回避することができる。

図面の簡単な説明

0025

図1本発明の実施例によるネット通販システムの構成を示す概要図である。

--

0026

1通信ネットワーク2ユーザ端末
3通販サーバ4通販商品データベース
5顧客データベース6配送センターサーバ
7バーコード読取器

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ