図面 (/)

技術 書類や、鍵、鍵、メガネ、時計、財布等身の回り品の置き場所を忘却した際に、その所在場所を容易に発見するために用いる、遠隔操作器(リモート・コントローラー。携帯電話やコンピューター等に遠隔操作機能を内臓させる場合を含む。)及びそれに連動した超小型音響器。

出願人 西のり子
発明者 西のり子
出願日 2000年8月4日 (20年4ヶ月経過) 出願番号 2000-270798
公開日 2002年2月15日 (18年10ヶ月経過) 公開番号 2002-049373
状態 未査定
技術分野 電気ブザー
主要キーワード 音響器 遠隔操作器 紛失物 操作ツール 置き場所 オフボタン 所在場所 洗面台
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年2月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

書類や、鍵、メガネ時計財布等の身の回り品の置き場所忘却した際に、その所在場所を、自己の記憶のみを頼りに探すことによる時間を節約し、その発見の効率化を図る。

解決手段

書類や、鍵、メガネ、時計、財布等のその置き場所を忘却しやすい身の回り品に予め超小型音響器を装置し、遠隔操作器1(リモートコントローラー携帯電話コンピューター等に遠隔操作機能を内蔵させる場合も含む。)と各超小型音響器2を連動させ、上記書類や身の回り品の置き場所を忘却した際に、当該書類や身の回り品と対応する遠隔操作器上のボタンを押す等の操作により、当該書類や身の回り品に装置した超小型音響器2が音響を発し、当該音響により、当該書類や身の回り品の所在場所の発見を容易にする。

概要

背景

概要

書類や、鍵、メガネ時計財布等の身の回り品の置き場所忘却した際に、その所在場所を、自己の記憶のみを頼りに探すことによる時間を節約し、その発見の効率化を図る。

書類や、鍵、メガネ、時計、財布等のその置き場所を忘却しやすい身の回り品に予め超小型音響器を装置し、遠隔操作器1(リモートコントローラー携帯電話コンピューター等に遠隔操作機能を内蔵させる場合も含む。)と各超小型音響器2を連動させ、上記書類や身の回り品の置き場所を忘却した際に、当該書類や身の回り品と対応する遠隔操作器上のボタンを押す等の操作により、当該書類や身の回り品に装置した超小型音響器2が音響を発し、当該音響により、当該書類や身の回り品の所在場所の発見を容易にする。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

書類や、鍵、メガネ時計財布等の身の回り品に対し、超小型音響器を装置し、遠隔操作器リモートコントローラー携帯電話コンピューター等に遠隔操作機能内臓させる場合を含む。)と各超小型音響器を連動させ、上記書類や身の回り品の置き場所忘却した際に、当該書類や身の回り品と対応する遠隔操作器上のボタンを押す等の操作により、当該書類や身の回り品に装置した超小型音響器が音響を発し、当該音響により、当該書類や身の回り品の所在場所発見を容易にするところの、当該遠隔操作器及び超小型音響器等一連機器

技術分野

0001

物の探査を目的とする連動した遠隔操作器リモートコントローラー携帯電話コンピューター等に遠隔操作機能内臓させる場合を含む。)と超小型音響器装置。

発明が解決しようとする課題

0002

書類や、鍵、メガネ時計財布等の身の回り品の置き場所忘却した際に、その所在場所を、自己の記憶のみを頼りに探すことによる時間を節約し、その発見の効率化を図る。

課題を解決するための手段

0003

書類や、鍵、メガネ、時計、財布等その置き場所を忘却しやすい身の回り品に予め超小型音響器を装置し、遠隔操作器(リモート・コントローラー。携帯電話やコンピューター等に遠隔操作機能を内臓させる場合も含む。)と各超小型音響器を連動させ、上記書類や身の回り品の置き場所を忘却した際に、当該書類や身の回り品と対応する遠隔操作器上のボタンを押す等の操作により、当該書類や身の回り品に装置した超小型音響器が音響を発し、当該音響により、当該書類や身の回り品の所在場所の発見を容易にする。

発明を実施するための最良の形態

0004

超小型音響器は、予め、書類や、鍵、メガネ、時計、財布等の身の回り品の、目立たぬ部分に装置しておき、遠隔操作器は、オンオフボタン及び各超小型音響器に対応したボタン等操作ツールを有する。遠隔操作器は、一定の場所に備え置き、通常は、オフの状態にしておく。書類や、身の回り品の置き場所(の上、引き出しの中、洗面台等)を失念した際に、遠隔操作器上の当該書類や身の回り品に対応するボタンを押す等の操作をする。それにより、当該書類や身の回り品に装置した超小型音響器が音響を発することにより、その所在の発見を容易にするというもの。

図面の簡単な説明

0005

図1紛失物(具体例として眼鏡)遠隔操作器、及び超小型音響器等の図

--

0006

1遠隔操作器
2 超小型音響器
3 音響
4眼鏡等小物又は書類

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社ミツバの「 ホーン装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】空気の振動により音を発生し、共鳴器で音圧を増幅させる所謂「渦巻きホーン」であっても、より効果的に音圧を増幅させる。【解決手段】第1ダイヤフラム114を振動させる可動鉄心115および第2ダイヤフ... 詳細

  • 株式会社レイメイ藤井の「 防犯ブザー」が 公開されました。( 2020/10/08)

    【課題】 誤動作を防止すると共に簡易・迅速に警報音を鳴音させることができる防犯ブザーを提供する。【解決手段】 本体10の正面に警報音を発生させるスピーカ11が形成され、本体10の背面の一部が内側に... 詳細

  • 株式会社ミツバの「 ホーン装置」が 公開されました。( 2020/08/27)

    【課題・解決手段】コイル44への通電を制御するコントローラを、複数の電子部品を封止材により封止してなる単一のパッケージ部品としてのICチップ51で構成した。これにより、生産性の向上,低コスト化,小型軽... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ