図面 (/)

技術 ナビゲーション装置の表示装置、表示方法及び表示処理のためのコンピュータプログラムを記憶した媒体

出願人 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
発明者 山田邦博二村光宏柴田由美
出願日 2000年7月6日 (19年4ヶ月経過) 出願番号 2000-205782
公開日 2002年1月23日 (17年9ヶ月経過) 公開番号 2002-022472
状態 特許登録済
技術分野 教示用装置 航行(Navigation) キーボード等からの入力 特定用途計算機 位置入力装置 表示による位置入力 デジタル計算機のユーザインターフェイス 交通制御システム 航行(Navigation) 交通制御システム デジタル計算機のユーザインターフェイス
主要キーワード 選択キースイッチ 各付属装置 切り換えパターン 携帯タイプ 地理的表示 圧電スイッチ 外部情報センタ スイッチング操作
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年1月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (16)

課題

入力手段を設けなくても、多数の表示シンボル切り換える。

解決手段

キースイッチ52の上面に赤外線カプラ53が設けられ、キースイッチ52を押さなくても当該キースイッチ52の選択が検出され、この検出に基づいてディスプレイ33に図6の表示シンボル60が表示される;この選択がキースイッチ52の第1グループから第2グループに切り替わると図6の画面がディスプレイ33に表示され、第4グループから第3グループに切り替わると図7の画面が表示され、上から第3段目の表示シンボル60が切り換えられる;この後選択されたキースイッチ52を押せば情報が入力される。

概要

背景

概要

入力手段を設けなくても、多数の表示シンボル切り換える。

キースイッチ52の上面に赤外線カプラ53が設けられ、キースイッチ52を押さなくても当該キースイッチ52の選択が検出され、この検出に基づいてディスプレイ33に図6の表示シンボル60が表示される;この選択がキースイッチ52の第1グループから第2グループに切り替わると図6の画面がディスプレイ33に表示され、第4グループから第3グループに切り替わると図7の画面が表示され、上から第3段目の表示シンボル60が切り換えられる;この後選択されたキースイッチ52を押せば情報が入力される。

目的

しかしながら、このようなものでは、操作すべき入力手段を見て確認してから入力操作をしなければならず、表示画面を見ているだけで入力操作することができなかった。本発明の目的は、入力手段を見なくても、表示画面を見るだけで操作すべき入力手段を確認できるようにすることである。

効果

実績

技術文献被引用数
3件
牽制数
4件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

動体走行に関して情報を提供するナビゲーション装置において、操作されることによって情報を入力可能な入力手段と、この入力手段の各位置に対応して複数の表示シンボルを表示する表示手段と、上記入力手段が上記入力動作まで達しない状態において、当該入力手段のいずれかの位置が選択され、この位置の当該選択が切り換えられたことを検出し、この検出結果に基づいて上記複数の表示シンボルの一部又は全部を異なる表示シンボルに切り換える手段とを備えたことを特徴とするナビゲーション装置の表示装置

請求項2

移動体の走行に関して情報を提供するナビゲーション装置において、操作されることによって情報を入力可能な入力手段と、この入力手段の各位置に対応して複数の表示シンボルを表示する表示手段と、に対して、上記入力手段が上記入力動作まで達しない状態において、当該入力手段のいずれかの位置が選択され、この位置の当該選択が切り換えられたことを検出させ、この検出結果に基づいて上記複数の表示シンボルの一部又は全部を異なる表示シンボルに切り換えさせることを特徴とするナビゲーション装置の表示方法

請求項3

移動体の走行に関して情報を提供するナビゲーション装置において、操作されることによって情報を入力可能な入力手段と、この入力手段の各位置に対応して複数の表示シンボルを表示する表示手段と、に対して、上記入力手段が上記入力動作まで達しない状態において、当該入力手段のいずれかの位置が選択され、この位置の当該選択が切り換えられたことを検出させ、この検出結果に基づいて上記複数の表示シンボルの一部又は全部を異なる表示シンボルに切り換えさせる処理をコンピュータに実行させるためのプログラムを記憶した媒体であって、コンピュータが読み取り可能な表示処理のためのコンピュータプログラムを記憶した媒体。

請求項4

上記入力手段は、操作されることによってスイッチング動作をし、このスイッチング動作によって情報を入力可能であり、上記入力手段は複数であり、入力手段の上記各位置はこの複数の入力手段に対応しており、 または上記入力手段は単数であり、入力手段の上記各位置は上記表示シンボルに対応しており、上記複数の表示シンボルの切り換えは、当該入力手段の位置の選択の切り換えが、上記入力手段の各位置のうち第1のグループから第2のグループに切り換えられたときに実行され、上記表示シンボルの切り換えは、当該入力手段の位置の選択の切り換えが、上記入力手段のうち特定の位置において行われたときのみ実行され、他の位置において選択が切り換えられても上記表示シンボルの切り換えは行われない請求項1記載のナビゲーション装置の表示装置。

請求項5

上記切り換えられた表示シンボルと、このとき上記選択が切り換えられた入力手段の位置とが一致していないとき、当該入力手段の位置から当該選択が切り換えられても、上記切り換えられた表示シンボルに対応した入力手段の位置から選択が切り換えられるまで、当該切り換えられた表示シンボルの表示を維持する請求項1または4記載のナビゲーション装置の表示装置。

請求項6

上記表示シンボルは第1の表示シンボルから第2の表示シンボルへ切り換えられたり、または第2の表示シンボルから第1の表示シンボルへ切り換えられ、この第1の表示シンボルから第2の表示シンボルへ切り換えられるときは、上記選択の切り換えが第1のグループから第2のグループへ切り換えられたときであり、逆にこの第2の表示シンボルから第1の表示シンボルへ切り換えられるときは、上記選択の切り換えが第4のグループから第3のグループへ切り換えられたときであり、この第3のグループは上記第1のグループの全部又は一部を含み、この第4のグループは上記第2のグループの全部又は一部を含んでおり、上記表示シンボルの切り換えは、表示シンボルの新たな表示または表示されていた表示シンボルの消去であり、この表示または消去は複数の表示シンボルの一部または全部について実行される請求項1、4または5記載のナビゲーション装置の表示装置。

請求項7

上記当該入力手段の各位置の選択の切り換えにおいて、前回選択位置と今回の選択位置との位置関係を検出し、この検出結果に基づいて、上記表示シンボルの切り換え内容を切り換える請求項1、4、5または6記載のナビゲーション装置の表示装置。

請求項8

上記入力手段の各位置には当該各位置に対応して複数の選択検出手段が設けられ、各位置に指またはその他の入力媒体が接近すると、当該位置の上記選択が検出され、上記入力手段及び/または当該入力手段の位置の選択を検出する手段は、上記表示手段とは分離され、上記表示手段とは無線または有線によって情報/データが送受され、上記表示手段に一体若しくは連結され、または上記表示手段の表面または裏面に設けられている請求項1、4、5、6または7記載のナビゲーション装置の表示装置。

請求項9

上記入力手段の各位置の選択の検出結果に基づいて、上記表示手段に上記複数の表示シンボルが表示され、 または当該入力手段の各位置の選択の前から上記表示手段に上記複数の表示シンボルが表示され、上記1つの表示シンボルに対して入力手段の複数の位置が対応していて、この複数の位置のいずれが選択されても対応する当該1つの表示シンボルの表示状態が変化し、上記複数の表示シンボルが表示されるとき、それまで表示されていた表示内容に重ねて表示され、 またはそれまで表示されていた表示内容に代えて当該表示シンボルが表示される請求項1、4、5、6、7または8記載のナビゲーション装置の表示装置。

請求項10

上記入力手段の各位置には触覚的にわかる識別部が設けられており、この識別部によって選択された位置が視覚によらないで識別され、上記入力手段の選択された位置では、当該選択状態のまま上記入力動作にはいることが可能であり、当該入力手段の各位置が選択された後に、上記入力手段の入力操作が可能であって、当該位置が選択されていなければ、当該入力手段の入力操作は不可能である請求項1、4、5、6、7、8または9記載のナビゲーション装置の表示装置。

請求項11

上記切り換えられる表示シンボルは、データの入力、出力、転送、表示、記憶、消去、書き込み、読み出し、選択、切り換えの各種処理(処理)についての表示シンボルであり、または、表示画面のスクロールシフトまたは移動、処理内容メニューの選択についての表示シンボルであり、またはナビゲーションのための出発地、現在位置、目的地または立ち寄り地の設定、選択、変更、決定若しくは切り換え、案内経路または探索経路の一部または全部の設定、選択、変更、決定若しくは切り換え、または地理的表示情報、地図情報または道路情報の設定、選択、変更、決定若しくは切り換えについての表示シンボルであり、上記の移動体は上の車両または道路を走行する車両であり、上記ナビゲーション装置は移動体の走行に関して案内を行うものである請求項1、4、5、6、7、8、9または10記載のナビゲーション装置の表示装置。

請求項12

上記入力手段が上記入力動作まで達しない状態において、当該入力手段の各位置のうち少なくとも1つが選択されたことを検出し、この検出結果に基づいて当該選択された入力手段に対応する上記表示シンボルの表示状態を変化させる請求項1、4、5、7、8、9、10または11記載のナビゲーション装置の表示装置。

技術分野

0001

本発明は、ナビゲーション装置表示装置、ナビゲーション装置の表示方法及びナビゲーション装置の表示処理のためのコンピュータプログラムを記憶した媒体に関し、特に入力手段の選択に基づく表示または入力手段の表示シンボル切り換えに関する。

0002

従来のナビゲーション装置では、表示手段の回りに複数の入力手段が配列され、表示手段の中に複数の表示シンボルが表示され、この表示シンボルに対応する入力手段を操作すると、所望のデータが入力などされていた。また、このような入力手段を表示手段とは分離してリモコン上に設けたものもあった。

発明が解決しようとする課題

0003

しかしながら、このようなものでは、操作すべき入力手段を見て確認してから入力操作をしなければならず、表示画面を見ているだけで入力操作することができなかった。本発明の目的は、入力手段を見なくても、表示画面を見るだけで操作すべき入力手段を確認できるようにすることである。

0004

また、操作すべき内容に対応した表示シンボルの数は非常に多く、この数は入力手段の数を遙かに越えるものであり、多数の表示シンボルが切り換えられて表示され、この切り換えのための入力手段が設けられていた。本発明のもう1つの目的は、表示シンボルを切り換える入力手段を設けなくても、多数の表示シンボルを切り換えることである。

課題を解決するための手段

0005

上記課題を解決するために本発明では、入力手段が入力動作まで達しない状態において、当該入力手段のいずれかの位置が選択されたことを検出し、この検出結果に基づいて当該選択された位置に対応する上記表示シンボルの表示状態を変化させる。これにより、選択された入力手段の位置に応じて表示シンボルの表示状態が変化するので、入力手段を見なくても、表示画面を見るだけで操作すべき入力手段の位置を確認できる。これらの入力手段の位置の選択では、入力動作まで達しない状態において、入力手段のうち少なくとも1つの位置が選択される。

0006

また、上記課題を解決するために本発明では、入力手段が入力動作まで達しない状態において、当該入力手段のいずれかの位置が選択され、当該位置の選択が切り換えられたことを検出し、この検出結果に基づいて上記複数の表示シンボルの表示内容の一部又は全部を切り換える。これにより、切り換え手段を設けなくても、多数の表示シンボルを切り換えることができる。これらの入力手段の各位置の選択では、入力動作まで達しない状態において、入力手段の各位置のうち少なくとも1つが選択される。

発明を実施するための最良の形態

0007

(1)全体回路
図1はナビゲーション装置の全体回路を示す。このナビゲーション装置によって、移動体または乗り物走行に関して案内が行われ、この乗り物は上の車両または道路を走行する車両である。図1中央処理部1は、ナビゲーション装置全体の動作を制御する。この中央処理部1は、CPU(中央処理装置)2、フラッシュメモリ3、ROM(Read Only Memory)4、RAM(Random Access Memory)5、センサ入力インターフェイス7、通信インターフェイス8、画像プロセッサ9、画像メモリ10、音声プロセッサ11及び時計14を備える。各CPU2〜時計14は、CPUローカルバス15によって相互に接続されて、CPU2の制御のもと、各種情報データの授受がこの各デバイス間で行われる。

0008

フラッシュメモリ3は、電気的な消去及び書き込みが可能なメモリ(EEPROM)等で構成される。このフラッシュメモリ3(内部記憶媒体/手段)には、光ディスクまたは光磁気ディスク等の情報記憶部37(外部記憶媒体/手段)に保存されているコンピュータプログラム38bが書き写され、記憶される(インストール転送される)。また、フラッシュメモリ3は、道路情報報知ステーション又はメイン情報処理装置等の外部装置から、データ送受信装置27を介して伝送されてくるプログラムが記憶される。

0009

つまり、フラッシュメモリ3には、CD−ROM又は外部情報センター等に保存されているプログラムが転送、記憶される。したがって、フラッシュメモリ3に記憶されているプログラムが変更されれば、新しいルーチンによる処理が可能となる。このプログラム38bは、後述する各フローチャートに応じたプログラムであり、CPU2で実行される各種処理である。例えば、情報の表示制御音声案内制御等である。

0010

なお、場合によって本装置に予め別のオペレーティングシステムシステムプログラム(OS)、その他のプログラムが記憶され、上記プログラムはこれらのOS、その他のプログラムとともに実行される。このプログラムは本装置(コンピュータ本体)にインストールされ実行されたときに、別のプログラムとともにまたは単独で請求項(クレーム)に記載された処理・機能を実行させる。

0011

また、場合によってこのプログラムの一部又は全部が本装置以外の1つ以上の別装置に記憶されて実行され、本装置と別装置との間には通信手段を介して、これから処理するデータ/既に処理されたデータ/プログラムが送受され、本装置及び別装置全体として、本発明が実行される。これらの通信手段は後述するデータ送受信装置27などであり、上記別装置は基地局例えばATISまたはVICS(登録商標)などのセンターなどに設置される。例えば、後述する現在位置処理目的地設定処理経路探索処理、案内・表示処理またはその他の処理等が基地局で実行され、検索された現在位置、設定された目的地、探索された案内経路経路に沿った案内・表示情報本ナビゲーション装置に転送される。

0012

上記インストール(転送/複写)は、本ナビゲーション装置に新しい情報記憶部37がセットされたとき、または、本ナビゲーション装置の電源投入されたときなどに、自動的に実行される。または、場合によって使用者による手動操作によってインストールされる。なお、情報記憶部37には、ラベルまたはファイル識別子等を含むディスク管理情報38aが保存されており、このディスク管理情報38aによって、情報記憶部37のプログラムの更新バージョン等が判断される。また、この情報記憶部37は、他の情報記憶部37と入れ替えることができる。よって、新しい情報記憶部37がセットされたか否かが、ディスク管理情報38aの情報内容によって判断される。

0013

例えば、フラッシュメモリ3には、プログラムと、このプログラムに関する管理情報が保存されているので、新たな情報記憶部37がセットされると、フラッシュメモリ3の管理情報と、ディスク管理情報38aとが比較される。そして、新しいプログラムを含む情報記憶部37がセットされたと判断された場合に、情報記憶部37のプログラム38bが、フラッシュメモリ3にインストールされる。これにより、フラッシュメモリ3には、最新のプログラムおよびデータが、常時保存されることになる。結果、情報記憶部37の交換によって、最新のナビゲーション装置が実現される。

0014

また、フラッシュメモリ3に記憶される情報には、ナビゲーション動作で用いられる、各種パラメータ等が含まれている。ROM4には、表示シンボルデータ、表示図形データ及び各種汎用データが記憶されている。表示図形データは、ディスプレイ33上に表示されるルート案内及び地図表示に必要な図形などのデータである。各種汎用データとは、案内音声用の合成または肉声録音した音声波形データ等のナビゲーション用の音声などのデータである。

0015

表示シンボルデータは、ディスプレイ33に表示されるアイコンなどの表示データである。この表示シンボル60は場合によってディスプレイに分割表示された複数の地図/図形/図である。この表示シンボル60は、後述する複数のキースイッチに対応しており、クリックまたは入力動作されると、情報が入力され、各種処理(処理)が行わる。この処理は、データの入力、出力、転送、表示、記憶、消去、書き込み、読み出し、選択、切り換えである。

0016

上記処理は、文字の入力、表示画面のスクロールシフトまたは移動、処理内容メニューの選択であり、また、ナビゲーションのための出発地、現在位置、目的地または立ち寄り地の設定、選択、変更、決定若しくは切り換え、案内経路または探索経路の一部または全部の設定、選択、変更、決定若しくは切り換え、または地理的表示情報、地図情報または道路情報の設定、選択、変更、決定若しくは切り換えである。

0017

RAM5には、外部から入力されたデータ及び、演算のために用いられる各種パラメータや演算結果及びナビゲーション用のプログラム等が記憶される。つまり、RAM5は、キャッシュメモリ及びワーキングメモリ等に利用される。時計14は、カウンタ及びバッテリバックアップRAMまたはEEPROM等から構成されている。この時計14からは、現在時刻または時間情報が出力される。リモコンインタフェイス15では後述するリモコン50からの赤外線信号が受信され、この信号が各種情報/データとして取り込まれる。

0018

センサ入力インターフェイス7は、A/D変換回路またはバッファ回路等で構成されている。このセンサ入力インターフェイス7には、現在位置検出装置20の各センサが接続されている。現在位置検出装置20の各センサからは、アナログ信号またはデジタル信号センサデータがセンサ入力インタフェイス7に入力される。この現在位置検出装置20のセンサには、絶対方位センサ21、相対方位センサ22、距離センサ23及び車速センサ24等がある。

0019

絶対方位センサ21は、例えば、地磁気センサであり、絶対方位つまり南北方向のデータを検出する。相対方位センサ22は、例えば、ジャイロ装置を用いた操舵角センサであり、車輪操舵角を検出する。上記絶対方位に対する、自車両の走行方向の相対角度が、この相対方位センサ22から出力される。

0020

距離センサ23は、例えば、走行距離メータ連動したカウンタ等で構成され、自車両の走行距離データを出力する。速度センサ24は、速度メータに接続されたカウンタ等で構成され、自車両の走行速度データを出力する。

0021

GPS受信装置25により、GPS(Global PositioningSystem)の信号(複数の地球周回軌道衛星からのマイクロ波)が受信され、移動体の緯度経度等の地理的な位置データが検出される。また、ビーコン受信装置26により、VICS(道路交通情報通信システム)等の道路情報ステーションによって送信されるビーコン波が受信される。そして、ビーコン受信装置26から、近隣道路に関する情報(VICSデータ)またはGPSの補正データ等がI/Oデータバス28へ出力される。

0022

中央処理部1の通信インターフェイス8には、I/Oデータバス28が接続されている。このI/Oデータバス28には、現在位置検出装置20のGPS受信装置25、ビーコン受信装置26及びデータ送受信装置27等が接続されている。さらに、このI/Oデータバス28には、入出力装置30のタッチスイッチ34、プリンタ35及び、情報記憶部37からデータを読み出すデータ送受信部39が接続されている。つまり、通信インターフェイス8により、各付属装置と、CPUローカルバス15との間で、各種データの授受が行われる。

0023

データ送受信装置27には、携帯電話送受信装置インターネット送受信装置、FM多重電波受信機セルラフォーン電話回線機器ラジオ受信機テレビジョン受信機トランシーバページャモデムまたはその他の無線通信機が用いられる。このデータ送受信装置27によって、基地局、例えばATIS(交通情報サービス)、VICSセンターと情報の送受が行われる。

0024

入出力装置30は、ディスプレイ33、タッチスイッチ34、プリンタ35及びスピーカ13から構成される。ディスプレイ33には、ナビゲーション動作中に経路の案内情報が表示される。タッチスイッチ34は、ディスプレイ33の画面上に付着され、透明タッチスイッチが複数、平面マトリクス状に配置されている。透明のタッチスイッチ34は、例えば、透明電極で構成された接触スイッチまたは、圧電スイッチ等で構成される。

0025

このタッチスイッチ34からは、ナビゲーション装置に対して、出発地、目的地、通過地点等の目的地設定に必要な情報が選択され、入力される。プリンタ35では、通信インターフェイス8を介して出力される地図や施設ガイド等の各種情報が印刷される。スピーカ13からは音声で使用者に各情報が報知される。なお、プリンタ35は、無くても良い。

0026

上記ディスプレイ33は、CRT液晶ディスプレイまたはプラズマディスプレイ等であり、広いワイド画面を有していてもよく、場合によって分離できる2枚以上の液晶ディスプレイが並列して構成される。そして、各液晶ディスプレイに、各々、独立した情報が表示されたり、複数の液晶ディスプレイにわたる連続的な地図情報が表示される。

0027

ディスプレイ33に接続される画像プロセッサ9には、DRAM(Dynamic RAM)またはデュアルポートDRAM等の画像メモリ10が接続される。そして、画像プロセッサ9によって、画像メモリ10への画像データの書き込み制御が行われる。さらに、画像プロセッサ9の制御のもとで、画像メモリ10からデータが読み出されてディスプレイ33への画像表示が行われる。

0028

なお、画像プロセッサ9は、CPU2からの描画コマンドに従って、地図データ及び文字データを、表示用画像データに変換し、画像メモリ10に書き込む。このとき、画面のスクロールのために、ディスプレイ33に表示される、画面周囲の画像も形成されて、画像メモリ10に同時に書き込まれる。

0029

スピーカ13には、音声プロセッサ11が接続されている。この音声プロセッサ11は、CPUローカルバス15を介してCPU2及びROM4と接続されている。そして、CPU2によって、ROM4から読み出された案内音声用の音声波形データが、音声プロセッサ11に入力される。この音声波形データは、音声プロセッサ11によりアナログ信号に変換され、スピーカ13から出力される。

0030

上記I/Oデータバス28には、データ送受信部39を介して情報記憶部37が接続されている。この情報記憶部37には、ディスク管理情報38a、各ナビゲーション動作を制御するためのプログラム38b及び地図情報などのデータ38cが記憶されている。ディスク管理情報38aには、この情報記憶部37内に記憶されているデータ及びプログラムに関する情報が保存されている。データ38cには、道路地図データなどのナビゲーション動作に必要なデータが不揮発性的に記録されている。この情報記憶部37は、I/Oデータバス28との間で、データの読み出し制御を行う、データ送受信部39と接続されている。

0031

また、本発明の情報記憶部37としては、CD−ROM、DVD−ROM等の光メモリのみならず、場合によって次のようなデバイスが利用される。例えば、ICメモリICメモリカード等の半導体メモリ、光磁気ディスク、ハードディスクまたはフロッピー(登録商標)ディスク等の磁気メモリ等の記録媒体である。

0032

情報記憶部37のデータ38cには、ナビゲーション動作に必要な、地図データ、交差点データノードデータ、道路データ、写真データ目的地点データ、案内地点データ、詳細目地データ、目的地読みデータ家形データ、その他のデータが含まれる。また、情報記憶部37に記憶されたプログラム38bにより、データ38cの道路地図データを用いてナビゲーション動作が実行される。その他のデータ38cには、表示案内用データ音声案内用データ、簡略案内経路画像データ等がある。

0033

さらに、データ38cのデータとして、上記基地局または道路情報ステーションから送られてくるリンク番号に対応する、データ38cに記憶されている各道路の道路番号との対応関係を表すリンクデータも含まれる。

0034

なお、情報記憶部37のデータ38cには、各々異なる縮尺率の地図データ、または一つの縮尺率の地図データが記憶されている。つまり、データ38cに、同一地域の地図であって、しかも各々が異なる縮尺率の地図が記録されているか、または、一つの縮尺率の地図データのみがデータ38cに記録されている。一つの縮尺率の地図データが記録されている場合、その縮尺率は、地図が最も拡大してディスプレイ33に表示される際に、詳細な情報が表示可能となるように決定されている。

0035

なお、一つの地図データのみがデータ38cに記録されている場合で、ディスプレイ33に縮尺の小さな地図、つまり広い地理範囲の地図(広域地図)を表示する場合、このデータ38cに記録された地図データから情報が間引かれて表示される。このデータ38cの地図データの間引き表示においては、各道路等の地理的距離が小さくされるのみならず、施設等の表示記号情報の間引きも行われる。つまり、大きな施設または主要施設についての表示が中心的に行われ、所定値以下の小さな施設は表示されない。

0036

(2)リモコン50
図2はリモコン50を示す。このリモコン50によって図1の上記ナビゲーション装置に対する各種設定が実行される。このリモコン50の上記面中央には方形状の凹部51が形成され、この凹部51の中の底面には3列×4段=12個のキースイッチ(入力手段、スイッチング手段)52が設けられている。このキースイッチ52を押すことによって、上記表示シンボル60が作動されて情報が入力され、上記各種処理が実行される。

0037

このキースイッチ52の表面には楕円形状の突起識別部56が設けられている。識別部56を指の先で触ることによって選択されたキースイッチ52またはキースイッチ52の選択された位置が視覚によらないで触覚的識別される。これらキースイッチ52及び識別部56は情報を入力する手段の位置または領域を表している。

0038

上記凹部51の内側面には、赤外線カプラ53が設けられ、この凹部51のどのキースイッチ52上に指、ペンまたはその他の入力媒体が入れられたかが検出される。この赤外線カプラ53は、凹部51の内の上側面及び下側面に3つずつ、凹部51の内の右側面及び左側面に4つずつ設けられ、それぞれが対になっており、各対の一方は発光タイプ、他方は受光タイプである。

0039

これら赤外線カプラ53のそれぞれの発光はマトリックス制御によって順次切り換えられ、発光された赤外線カプラ53と受光すべき赤外線カプラ53の非受光に基づいて、上記指等の入れられた箇所が判別かつ検出される。この指の入れられた箇所に対応したキースイッチ52は、入力動作(操作、動作、スイッチング操作スイッチング動作)まで達していないが、当該キースイッチ52が選択された状態である。

0040

これにより、キースイッチ52が入力動作まで達しない状態において、複数のキースイッチ52のうち少なくとも1つが選択されたことが検出される。この検出結果に基づいて当該選択されたキースイッチ52に対応するディスプレイ33上の表示シンボル60の表示状態が後述するように変化される。

0041

このリモコン50の上端面には赤外線発光部54が設けられ、上記赤外線カプラ53の選択内容つまりいずれかが選択されたかどうか及びどれが選択されたか、さらにはキースイッチ52の入力内容つまりいずれかが入力されたかどうか及びどれが入力されたかの情報が赤外線を使って発信される。この発信された情報は、上記ナビゲーション装置のリモコンインタフェイス15に送られ、情報が入力され各種処理が実行される。

0042

このリモコン50上にはその他のスイッチ55が設けられている。このその他のスイッチ55の中の電源スイッチの操作によって上記ナビゲーション装置の電源が入力されたり、その他のスイッチ55の詳細スイッチ/拡大スイッチによってディスプレイ33の表示地図の縮尺が切り換えられる。これら各キースイッチ52、スイッチ55、赤外線カプラ53、赤外線発光部54の駆動、検出、制御は、リモコン50内のCPU(図示せず)、その他の制御回路(図示せず)によって実行される。

0043

リモコン50はディスプレイ33と分離され、ディスプレイ33とは赤外線によって情報/データが送受される。しかし、場合によってリモコン50とディスプレイ33とはその他の無線または有線によって連結され情報/データが送受される。

0044

また、赤外線カプラ53は、キースイッチ52の操作の前に必ず作動されるので、選択されたキースイッチ52は、当該選択状態のまま上記入力動作にはいることが可能であって、キースイッチ52の入力動作は、当該キースイッチ52が選択された後に可能である。つまり当該キースイッチ52が選択されていなければ、当該キースイッチ52の入力動作は不可能である。

0045

上記各赤外線カプラ53の間隔または幅は、大人の指の太さまたは入力媒体の太さより大きいので、一回の選択で必ず1つのキースイッチ52が選択される。しかし、上記各赤外線カプラ53の間隔または幅が小さくされ、場合によって1回の選択で複数のキースイッチ52が同時に選択される。

0046

なお、このキースイッチ52の数は場合によって12個未満例えば1個になる。1個のキースイッチ52でも12個の場合と同様に表示シンボル60が選択され及び情報が入力される。この1個のキースイッチ52は凹部51内の底面の下の中央に設けられ、凹部51の底面のどこを押しても、この1個のキースイッチが押される。

0047

この場合、表示シンボル60の選択は上記14個の赤外線カプラ53で検出される。つまり入力動作まで達しない状態において、この1個のキースイッチ52のどの位置(どの識別部56)が選択されたが上記14個の赤外線カプラ53で検出され、この検出結果に基づいて当該選択されたキースイッチ52の位置(識別部56)に対応する表示シンボル60の表示状態が変化される。以下の説明ではキースイッチ52は複数として説明するが、実際には1つである。

0048

(3)キースイッチ52のグループ
図3は上記キースイッチ52各グループを示す。このキースイッチ52は3列×4段=12個であり、このうち上3段=9個のキースイッチ52は第1グループであり、下1段=3個のキースイッチ52は第2グループである。また上2段=6個のキースイッチ52は第3グループであり、下2段=6個のキースイッチ52は第4グループである。したがって、第3グループは第1グループに含まれ、第2グループは第4グループに含まれる。

0049

選択されているキースイッチ52が、第4グループから第3グループに切り替わると、図6図8図10図12の表示シンボル60が表示され、第1グループから第2グループに切り替わると、図7図9図11図13図14または図15の表示シンボル60が表示される。

0050

上記表示シンボル60の切り換えは、当該キースイッチ52の選択の切り換えが、第1グループと第2グループの間、第3グループと第4グループとの間において行われたときのみ実行される。第1グループ内、第2グループ内、第3グループ内、第4グループ内において選択が切り換えられても上記表示シンボル60の切り換えは行われない。

0051

上記上から第3段目の表示シンボル60は、第1グループに入っていて、キースイッチ52の選択が第1グループから第2グループに移ったときに現れる。もし表示シンボルの切り換えが、第1グループと第2グループとの間の選択の切り換えだけで行われたら、第3段目の切り換えられた表示シンボル60のキースイッチ52を選ぼうと、指を第3段目にずらすと、この表示シンボル60は元に戻ってしまう。なぜなら、この第3段目は第1グループに入っているからである。

0052

この不都合をなくすため、上述のように第3グループと第4グループを設けてある。これにより、上記切り換えられた表示シンボル60と、このとき上記選択が切り換えられたキースイッチ52とが一致していないとき、当該キースイッチ52から当該選択が切り換えられても、上記切り換えられた表示シンボル60に対応したキースイッチ52から選択が切り換えられるまで、当該切り換えられた表示シンボル60の表示が維持される。これにより切り換えた表示シンボル60を消去してしまうことなく、当該表示シンボル60に応じた入力を行うことができる。

0053

(4)表示処理
図4は表示処理のフローチャートを示す。この表示処理は上記リモコン50の操作に基づきナビゲーション装置内の上記CPU2によって実行される。この表示処理はナビゲーション装置のディスプレイ33を引き出して起こしてセットしたとき、乗り物のイグニッションキーオンオフしたとき、電源投入または所定のスイッチ操作によって開始される。この電源投入はリモコン50の電源スイッチ55の操作によっても実行される。

0054

初めに、イニシャライズ処理が実行される(ステップSB1)。この処理では、情報記憶部37からナビゲーション用プログラムが読み出される。読み出されたナビゲーション用プログラムは、フラッシュメモリ3に複写(インストール)される。この後、フラッシュメモリ3のプログラムが実行される。さらに、CPU2によって、RAM5のワークメモリ、画像メモリ10等の各RAM内の汎用データ記憶エリアクリアされる(ステップSB1)。

0055

さらに、ディスプレイ33の画面が点灯され、何らかの表示データが表示される(ステップSB2)。この表示データは例えば現在位置付近の地図である。この地図は住宅地図、広域地図、道路地図などである。図6図15の表示例では住宅地図が表示されている。

0056

このような地図の画像データは、上記データ38c、プログラム38b、現在位置検出装置20または時計14からのデータに基づいて、CPU2によって作成され、画像プロセッサ9に書き込まれディスプレイ33に表示される。

0057

リモコン50の凹部51内に指が入れられてキースイッチ52が選択されており(ステップSB3)、この選択されているキースイッチ52が第3グループであり(ステップSB4)、RAM5に記憶されている前回選択されているキースイッチ52が第4グループであれば(ステップSB6)、この第3グループを示すデータがRAM5に記憶され(ステップSB8)、図6図8図10図12の表示シンボル60(アイコン)及び/または区別枠61がディスプレイ33に表示される(ステップSB10)。

0058

また、上記選択されているキースイッチ52が第2グループであり(ステップSB5)、RAM5に記憶されている前回選択されているキースイッチ52が第1グループであれば(ステップSB7)、この第3グループを示すデータがRAM5に記憶され(ステップSB9)、図7図9図11図13図14図15)の表示シンボル(アイコン)60及び/または区別枠61がディスプレイ33に表示される(ステップSB11)。上記区別枠61はリモコン50のキースイッチ52に対応した表示シンボル60を他の表示シンボル60から区別している。

0059

この表示される表示シンボル60は3列×4段=12個または3列×3段=9個表示され、上記3列×4段=12個または上3列×3段=9個のキースイッチ52に対応している。さらに、この選択されているキースイッチ52に対応した表示シンボル60の色が白抜きとなって表示状態が変化する(ステップSB12、SB13)。なお、図10図14では9個のキースイッチ52のうち右上、右下、左上、左下、または右、左の4キースイッチ52に対応した表示シンボル60は省略されている。

0060

この表示状態の変化は、対応する表示シンボル60のみの表示色が補色に反転されたり、当該表示シンボル60の周囲に枠が付加されたり、明度または輝度が強くなったりする。この場合、逆に場合によってこの選択されたキースイッチ52以外の全てのキースイッチ52に対応した表示シンボル60が全て表示状態が変化される。

0061

これにより、選択されたキースイッチ52の表示状態が変化するので、キースイッチ52をいちいち見なくても、ディスプレイ33の表示画面の表示シンボル60の表示状態の変化を見るだけで、現在選択されているキースイッチ52を目で容易に判別でき、操作すべきキースイッチ52を簡単に確認できる。上記キースイッチ52の選択は、上記赤外線カプラ53で検出され、この検出データは赤外線発光部54からリモコンインタフェイス15を介して、CPU2へ送られ、上記表示処理が実行される。

0062

また、表示シンボル60の切り換え手段を設けなくても、キースイッチ52の選択を切り換えるだけで多数の表示シンボル60を切り換えることができる。図6及び図7の表示シンボル60は上から3段目の1段3個のみが切り換えられ、図8図11の表示シンボル60は上から3段目及び4段目の2段6個のみが切り換えられ、図12図14では最下段の3個のみが切り換えられる。

0063

むろん、場合によって1段3個、2段6個、3段9個、全表示シンボル60が切り換えられる。また、この表示シンボル60の表示状態の切り換えは、場合によって表示シンボル60が表示されていない状態から新たに表示されたり、または表示されていた表示シンボル60が消去される。

0064

また、図6から図7図8から図9図10から図11図12から図13図14または図15に切り替わるとき上記選択の切り換えが第1グループから第2グループへ切り換えられたときであり、また図7から図6図9から図8図11から図10図13図14または図15から図12に切り替わるとき上記選択の切り換えが第4のグループから第3のグループへ切り換えられたときである。なお、図15から図12への切り換えは他のスイッチ操作によって実行されてもよく、図15の状態から各頭文字を入力に対応したキースイッチ52を順次押すと、各頭文字の「行」の各文字が順次選択され表示されていく。

0065

これにより、表示シンボル60の切り換え方向に応じて、選択すべきキースイッチ52が異なり、選択キースイッチ52と表示シンボル60との関係に合った、表示状況に応じた切り替えが実現される。むろん、場合によってキースイッチ52の第1のグループと第3のグループとが完全に一致したり、キースイッチ52の第2のグループと第4のグループとが完全に一致したりする。

0066

また、上記表示シンボル60の切り換えは、キースイッチ52の第1のグループと第2のグループとの境界を越えたとき、またはキー52の第4のグループと第3のグループとの境界を越えたときにのみ実行される。他のキースイッチ52において選択が切り換えられても上記表示シンボル60の切り換えは行われない。

0067

さらに、図12図13または図14から図15への切り替わりは、上記12個のキースイッチ52のうち右下の「頭文字ジャンプ」が選択されたときである。また、図15から図12図13または図14への切り替わりは、この右下の「頭文字ジャンプ」以外のキースイッチ52が選択されたときである。この場合も、上記ステップSB3〜SB13の処理が同様に実行され、同様にキースイッチ52の選択の切り換えに応じて表示シンボル60が切り換えられる。

0068

この場合、選択されているキースイッチ52が右下の「頭文字ジャンプ」であり(ステップSB4)、RAM5に記憶されている前回選択されているキースイッチ52がこの「頭文字ジャンプ」以外であれば(ステップSB6)、この「頭文字ジャンプ」を示すデータがRAM5に記憶され(ステップSB8)、図15の表示シンボル60(アイコン)がディスプレイ33に表示される(ステップSB10)。

0069

また、選択されているキースイッチ52が右下の「頭文字ジャンプ」以外であり(ステップSB5)、RAM5に記憶されている前回選択されているキースイッチ52がこの「頭文字ジャンプ」であれば(ステップSB7)、この「頭文字ジャンプ」以外を示すデータがRAM5に記憶され(ステップSB9)、図12図13または図14の表示シンボル60(アイコン)がディスプレイ33に表示される(ステップSB10)。

0070

さらに、このような処理においては、ステップSB3で表示シンボル60の現在の表示状態が判別され、これに応じて上記ステップSB4〜SB9で判別すべきグループの内容も切り換えられる。このようにすれば表示シンボル60の種々の切り換えパターンに対応した処理を行うことができる。

0071

また、リモコン50の凹部51内に入れられていた指が抜かれると(ステップSB3、SB15)、図6または図7のような表示シンボル60は全て消去される(ステップSB16)。この場合、場合によって一部の表示シンボル60だけが消去される。

0072

また、再度リモコン50の凹部51内に指が入れられると(ステップSB3)、図6図15のような表示シンボル60が表示される(ステップSB4〜SB13)。したがって、キースイッチ52を選択するだけ、またはキースイッチ52に指が接近するだけで、表示シンボル60を表示させることができる。また、これらの選択または接近を解除するだけで、表示シンボル60を消去させることができる。

0073

なお、図6図15の表示シンボル60は、場合によってこの表示処理の開始時、つまり上記電源投入などの時に表示される。またこの表示シンボル60は、場合によって所定のスイッチ55の操作で消去される。以上のようにしてディスプレイ33を見ながら選択されたキースイッチ52を押すと(ステップ17)、上述したように情報が入力され各種処理(処理)が実行される(ステップSB18)。図8図15の表示シンボルは、後述するこの各種処理で表示内容が切り換えられた後に、上記ステップSB3〜SB11の表示処理で表示される。

0074

また、住宅地図などの地図のみが表示されている時から、図6図15の表示シンボル60が表示されるとき、場合によって当該地図の表示は消去される。

0075

なお、リモコン50のキースイッチ52の数は、場合によって凹部51の中に1つとなる。この場合、キースイッチ52を押したとき、押されたという情報が赤外線発光部54及びリモコンインタフェイス15を通じてCPU2に送られるとともに、直前に選択されていた表示シンボル60に応じた情報が入力される。したがって、キースイッチ52の選択を検出する赤外線カプラ53の数は表示シンボル60の数だけ必要であるが、場合によってキースイッチ52は1つであり、いずれにせよ入力指示という情報が発信される。

0076

上述のような各種表示シンボル60(アイコン)及び/または各種区別枠61の画像データ、表示シンボル60の表示状態の変化に応じた画像データは、上記データ38c、プログラム38bからのデータに基づいて、CPU2によって作成され、画像プロセッサ9に書き込まれディスプレイ33に表示される。

0077

(5)各種処理
図5は、上記ステップSB18のナビゲーションのための各種処理のフローチャートを示す。この処理では、現在位置処理(ステップSA1)、目的地設定処理(ステップSA2)、経路探索処理(ステップSA3)、経路選択処理(ステップSA4)、案内・表示処理(ステップSA5)及び、その他の処理(ステップSA6)が実行される。なお、目的地設定処理(ステップSA2)、経路探索処理(ステップSA3)及び経路選択処理(ステップSA4)は、目的地の変更、または経路からの移動体の離脱等が発生しない場合には、重複して実行されない。

0078

上記現在位置処理(ステップSA1)では、本ナビゲーション装置が積載された移動体の地理座標(緯度、経度及び高度)が検出される。この検出では、GPS受信装置25によって、移動体の地球表面における座標位置が求められる。この求められた移動体の座標位置は、現在位置データMPとしてRAM5に記憶される。なお、この現在位置データMPは、ビーコン受信装置26またはデータ受信装置27から入力される情報によって修正される。

0079

また、現在位置処理(ステップSA1)では、絶対方位データZDと、相対方位角データDθと、走行距離データMLとが、絶対方位センサ21、相対方位センサ22及び距離センサ23から求められ、移動体位置を特定する演算処理が行われる。この演算処理によって求められた移動体位置は、情報記憶部37のデータ38cに記憶される地図データと照合され、地図画面上の現在位置が正確に補正される。この補正処理によって、トンネル内等のGPS信号が受信できないときでも移動体の現在位置が求められる。

0080

目的地設定処理(ステップSA2)では、使用者の希望する目的地の地理座標が登録目的地データTPとしてセットされる。例えば、ディスプレイ33上に表示される道路地図若しくは住宅地図を利用して、使用者により目的地の座標が指定される。または、ディスプレイ33上に表示される目的地の項目別リストから、使用者によって目的地が特定される。この使用者による目的地指定操作が行われると、目的地の地理座標等の情報データが登録目的地データTPとしてRAM5に記憶される。

0081

この目的地設定処理では、上記表示シンボル60のうち、「個人名」「TEL」「50音」「ルート」「切替」「最寄り」、図8図15の文字(ひらがな)の表示シンボル60に応じたキースイッチ52の操作が判別され、操作された表示シンボル60に応じた内容から目的地が検索される。

0082

経路探索処理(ステップSA3)では、案内開始地点データSP(出発地を含む、以下同じ)から、最終案内地点データED(立ち寄り地を含む、以下同じ)までの複数の経路が探索される。なお、経路の探索は、優先度テーブルPTD1、PTD2、PTD3の値の大きさの順に行われる。すなわち、値の大小が、優先度テーブルPTD2>優先度テーブルPTD1>優先度テーブルPTD3であるなら、第2の探索条件、第1の探索条件、第3の探索条件の順に経路が探索される。上記案内開始地点データSPには、現在位置データMPと同じデータがセットされるか、または、現在位置データMPに近い案内対象道路上のノードデータがセットされる。

0083

この経路探索処理では、上記表示シンボル60のうち、9つの矢印の表示シンボル60に応じたキースイッチ52の操作が判別され、操作された表示シンボル60に応じた方向に表示地図がスクロールされる。

0084

経路選択処理(ステップSA4)では、ステップSA3の経路探索処理で探索された複数の経路から一つの経路を選択する処理が、移動体の位置変化に応じて行われる。すなわち、ステップSA3の経路探索処理で複数の経路が探索された状態で、移動体の移動が開始された場合、自動的に、複数経路の何れを移動体が移動しているのか判断する処理が行われる。そして、移動体が唯一の探索経路を走行していると判断されると、経路選択処理(ステップSA4)が終了される。

0085

案内・表示処理(ステップSA5)では、上記経路選択処理(ステップSA4)もしくはルート再探索処理で求められた案内経路が、移動体の現在位置を中心としてディスプレイ33に表示される。なお、このディスプレイ33に表示される案内経路は、表示地図上において識別可能なように表示される。例えば、ディスプレイ33に表示される地図上で、案内経路が色違い表示されるなど、特徴的に表示される。さらに、この案内経路にしたがって、移動体が良好に走行できるよう、道路の案内情報がスピーカ13から発音される。これに伴って、各種の案内情報がディスプレイ33に随時表示される。なお、案内経路を表示するための画像データは、情報記憶部37にあるデータ38cの現在位置周辺の道路地図データか、または現在位置周辺の住宅地図データが用いられる。

0086

この道路地図データと住宅地図データとの切り換えは次の条件によって行われる。例えば、現在位置から案内地点(目的地、立ち寄り地または交差点等)までの距離、移動体の速度、表示可能エリアの大小、または使用者のスイッチ操作等により切り換えられる。さらに、案内地点(目的地、立ち寄り地または交差点等)付近では、この案内地点付近の拡大地図がディスプレイ33上に表示される。なお、道路地図の代わりに、場合によって簡略案内経路画像がディスプレイ33に表示される。この簡略案内経路画像には、例えば、地理的情報の表示が省略され、案内経路と目的地または立ち寄り地の方向と現在位置等の、必要最小限の情報のみが表示される。

0087

その他の処理(ステップSA6)では、最寄り施設処理が実行される場合がある。この最寄り施設処理とは、上記登録目的地データTP以外の、立ち寄り地(施設等)が検索・指定される処理である。この立ち寄り地に関するデータは、ディスプレイ33に表示される地図または各項目情報などを利用して定められる。そして、この最寄り施設処理は、上記ステップSA3の目的地設定処理と同じように行われる。

0088

また、その他の処理(ステップSA6)には、例えば、移動体の走行位置が、算出された案内経路に沿っているか否の判断が行われる。つまり、移動体が案内経路から逸脱したことが検知された場合、ルートの再探索が行われるべく、各処理開始のための状態フラグがそれぞれセットされる。また、使用者のスイッチ操作による目的地の変更命令が入力されたか否かの判断等も行われる。

0089

このその他の処理(ステップSA6)では、上記表示シンボル60のうち、図6の4つまたは8つの矢印または図7の3つまたは5つの矢印の表示シンボル60に応じたキースイッチ52の操作が判別され、操作された表示シンボル60に応じた方向に表示地図がスクロールされる。

0090

以上のような現在位置処理(ステップSA1)、目的地設定処理(ステップSA2)、経路探索処理(ステップSA3)、経路選択処理(ステップSA4)、案内・表示処理(ステップSA5)及び、その他の処理(ステップSA6)でも、上述の図4図6図15の表示シンボル60の表示状態の切り換え処理が実行されるし、同図4図6図15の複数の表示シンボルの一部又は全部を異なる表示シンボルに切り換える処理が実行される。

0091

(6)表示シンボル60の表示状態
上記図6図15はディスプレイ33の上記表示シンボル60を示す。住宅地図に重ねて表示シンボル60が表示される。上述したように、上記図6または図7の矢印の表示シンボル60に応じたキースイッチ52を操作すると、矢印の方向に表示地図がスクロールされる。

0092

図6または図7の「個人名」「TEL」「50音」「ルート」「切替」「最寄り」の表示シンボル60に応じたキースイッチ52の操作を操作すると、操作された表示シンボル60に応じた内容から目的地が検索される。ディスプレイ33の下縁には選択枠62が表示される。この選択枠62には、現在選択されているデータが表示される。

0093

図8で第1グループのキースイッチ52を押すと「あ」「い」「う」「か」「き」「く」「さ」「し」「す」の文字が入力される。この「あ」「い」「う」「か」「き」「く」「さ」「し」「す」は区別枠61の中に表示され、リモコン50の上3段の9個のキースイッチ52に対応していることがわかる。図8では「す」の表示状態が変化しており、「す」が選択されていることがわかる。入力された文字はディスプレイ33の上縁入力枠63に表示される。

0094

図9で第4グループのキースイッチ52を押すと「後退」「絞込」「検索」「左」「下」「右」の矢印に応じた処理が入力される。この「後退」「絞込」「検索」「左」「下」「右」の矢印と「あ」「い」「う」「か」「き」「く」は、区別枠61の中に表示され、リモコン50の12個のキースイッチ52に対応していることがわかる。「後退」では先に入力された1文字が消去される。「検索」「絞込」では情報記憶部37等に記憶されている場所/施設/建造物名称のうち、この入力された文字に対応するものに目的地または立ち寄り地として検索されまたは絞り込まれる。

0095

表示シンボル60の「左」「下」「右」の矢印を押すと、12個のキーを選択している表示シンボル60全体が指定された方向に移動する。これにより、図9の表示シンボル60の中にない文字に移動して、当該文字を入力できる。図9では「左」の矢印の表示状態が変化しており、表示シンボル60の左方向への移動が選択されていることがわかる。

0096

図10で表示シンボル60の「上」「左」「下」「右」の矢印を押すと、この4個の矢印と中心の文字を囲んだ表示シンボル60全体が指定された方向に移動する。これにより、図10の表示シンボル60の中にない文字に移動して、当該文字を入力できる。図10では「下」の矢印の表示状態が変化しており、表示シンボル60の下方向への移動が選択されていることがわかる。

0097

図11で表示シンボル60の「後退」「戻る」「検索」の矢印を押すと、これに応じた処理が実行される。「後退」では先に入力された1文字が消去される。「戻る」では図7の表示状態に戻る。「検索」では情報記憶部37等に記憶されている場所/施設/建造物の名称がこの入力された文字から検索される。図11では「戻る」の表示状態が変化して選択されていることがわかる。

0098

図12では上記場所/施設/建造物の名称が50音順に表示されており、この50音順のリストから選ばれた名称が選択枠64に表示される。図12で表示シンボル60の「上」「下」の矢印を押すと、この選択枠64に選択される名称が切り換えられ変化し移動し、選択される目的地または立ち寄り地が切り換えられる。図12では「下」の矢印の表示状態が変化しており、上記名称の選択移動方向として下方向が選択されていることがわかる。

0099

図13で表示シンボル60の「住所読込む」「もどる」「頭文字ジャンプ」の矢印を押すと、これに応じた処理が実行される。「住所で読込む」では目的地又は立ち寄り地が住所で入力される。「もどる」では図7の表示状態に戻る。「頭文字ジャンプ」では後述する図15が表示され頭文字によって目的地又は立ち寄り地が検索され入力される。図13では「住所で読込む」の表示状態が変化して選択されていることがわかる。

0100

図14図13と同じ表示状態である。この図14では「もどる」の表示状態が変化して選択されていることがわかる。指が入れられているキースイッチ52が第4段第1列目から第4段第2列目にシフトし、これにより図13から図14へ表示シンボル60の表示状態が変化する。

0101

図15では、上記表示シンボル60の「頭文字ジャンプ」が選択されて、「あ」「か」「さ」「た」「な」「は」「ま」「や」「ら」「わ」の頭文字の表示シンボル60が表示されている。この各頭文字を押すと、この頭文字に応じた目的地または立ち寄り地のリストが表示される。

0102

上記図8図11の画面は上記図7の「50音」に対応するキースイッチ52を押すと表示される。図8図9図10図11図12図13図12図14図12図15図13図15図14図15の各切り換えは、それぞれ上述したように上記キースイッチ52の各グループの選択の切り換えに基づく。

0103

本発明は上記実施例に限定されず、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で種々変更可能である。例えば、上記リモコン50の凹部51、キースイッチ52及び赤外線カプラ53は、場合によってナビゲーション装置のディスプレイ33の横に連結して設けられたり、ディスプレイ33と一体に設けられる。この場合、キースイッチ52は上記タッチスイッチ34で代用され、ディスプレイ33は凹部の中に設けられ、この凹部のディスプレイ33の周囲に赤外線カプラ53が設けられる。

0104

場合によってディスプレイ33またはプレートの裏面にキースイッチ52が設けられ、ディスプレイ33またはプレートを押して傾斜させれば、同様にして情報が入力される。この場合、赤外線カプラ53はディスプレイ33またはプレートの表面に形成されたタッチスイッチで代用され、キースイッチ52はディスプレイ33またはプレートの裏に設けられたキースイッチで代用される。この場合ディスプレイ33またはプレートの表面に形成されたタッチスイッチを指でなぞれば、表示シンボル60を選択できる。そしてこの裏のキースイッチが1個であれば、ディスプレイ33またはプレートを傾斜させないで押すことができる。

0105

上記切り換えのために区分されるキースイッチ52のグループ数は、場合によって2、3または4を越える。1つのグループのキースイッチの数は、場合によって1、2、…、全てのキースイッチ52となる。切り換えられる表示シンボル60のパターンは場合によって2つを越える。表示シンボル60は上記スクロール方向、ルート、最寄り、50音、TEL、個人名などのほか、戻る、メニュー、行き先ジャンル現在位置表示電源オン/オフ、表示地図縮小(詳細)、表示地図拡大(広域)、デレビ画面、再音声など、どのような情報でも入力される。また、入力文字は、ひらがなのほか、場合によってカタカナ漢字アルファベット日本語英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、その他の記号などとなる。

0106

上記赤外線カプラ53は縦4個×横3個であり、1つのキースイッチ52または1つの識別部56に対して、赤外線カプラ53が1組ずつ対応していた。場合によって1つのキースイッチ52または1つの識別部56に対して、赤外線カプラ53が2組以上(複数組以上)対応する。これに応じて、赤外線カプラ53は縦4×n(n=1、2、3、…)個×横3×n(n=1、2、3、…)個となる。

0107

これにより、1つのキースイッチ52または1つの識別部56に対応する複数組の赤外線カプラ53のいずれかが検出されても、当該1つのキースイッチ52または1つの識別部56が選択され、対応する表示シンボル60の表示状態が変化する。この場合、複数のキースイッチ52または識別部56に跨って選択されても、検出されている赤外線カプラ53の組数が多いキースイッチ52または識別部56が選択されることができる。

0108

場合によって、キースイッチ52または識別部56の選択の切り換えにおいて、前回選択位置と今回の選択位置との位置関係が検出され、この検出結果に基づいて、上記表示シンボル60の切り換えられる。例えば、前回の選択位置に対して今回の選択位置が真下、斜め右下、斜め左下、右横であれば、図6、8、10、12の表示状態に切り換えられ、前回の選択位置に対して今回の選択位置が真上、斜め右上、斜め左上、左横であれば、図7、9、11、13、14、15の表示状態に切り換えられる。

0109

この場合、図4のフローチャートでは、ステップSB4〜SB7では、前回の選択位置と今回の選択位置とが検出され、これら両検出位置の関係が対比される。むろん、対比される位置関係は、真下、右横、左横、真上のグループと、斜め右上、斜め右下、斜め左上、斜め左下のグループでもよいし、どのようなグループに分けられてもよいし、これらの分けられるグループは2つを越えてもよい。このような表示シンボル60の切り換えでも、1つのキースイッチ52または1つの識別部56に対して、赤外線カプラ53が2組以上(複数組以上)対応してもよい。

0110

本発明で説明した各プログラムと、地図及び表示記号等の情報とを記憶した情報記憶部37が、場合によって一般のコンピュータ装置で使用される。つまり、情報記憶部37に記憶されたプログラムが一般のコンピュータで実行可能なプログラムとされる。そして、GPS受信装置25によって現在位置を検出できる装置とともに、この情報記憶部37を携帯タイプのコンピュータ装置に接続すれば、このコンピュータ装置でもナビゲーション処理が可能となる。

0111

さらに、本発明は、自動車以外の車両や、オートバイ自転車ボート水上バイク等の船舶ヘリコプタグライダー等の航空機などの乗り物のナビゲーション装置としても適用できる。さらにまた、本発明は、歩行移動する人間の携帯型のナビゲーション装置に適用され、サイクリング旅行、登山、ハイキングつり等において利用され得る。

0112

上記特許請求の範囲の各請求項に記載された全発明は、ナビゲーション装置の表示処理のためのコンピュータプログラムの通信媒体通信方法通信装置、さらにナビゲーション装置の表示処理のためのコンピュータプログラム自体としても成立する。また、図4及び図5のフローチャートの一部または全部はCPU2によらず手作業で行われてもよい。

0113

本件特許出願の出願当初の特許請求の範囲及び実施の態様は以下の通りである。
[A] 移動体の走行に関して情報を提供するナビゲーション装置において、操作されることによって情報を入力可能な入力手段と、 この入力手段の各位置に対応して複数の表示シンボルを表示する表示手段と、 上記入力手段が上記入力動作まで達しない状態において、当該入力手段のいずれかの位置が選択され、この位置の当該選択が切り換えられたことを検出し、この検出結果に基づいて上記複数の表示シンボルの一部又は全部を異なる表示シンボルに切り換える手段とを備えたことを特徴とするナビゲーション装置の表示装置。

0114

[B] 上記入力手段の選択された位置に対応する上記表示シンボルの表示内容が変化し、選択されていない表示シンボルの表示内容が変化せず、 または逆に上記入力手段の選択された位置に対応する上記表示シンボルの表示内容が変化せず、選択されていない表示シンボルの表示内容が変化し、 上記入力手段の選択は1回の選択で1つの入力手段のみの選択が可能であり、同時に複数選択することが不可能であり、または同時に複数選択可能である請求項A記載のナビゲーション装置の表示装置。

発明の効果

0115

以上詳述したように、本発明では、入力手段が入力動作まで達しない状態において、当該入力手段のいずれかの位置が選択されたことを検出し、この検出結果に基づいて当該選択された位置に対応する上記表示シンボルの表示状態を変化させる。したがって、選択された入力手段の位置に応じて表示シンボルの表示状態が変化するので、入力手段を見なくても、表示画面を見るだけで操作すべき入力手段の位置を確認できる等の効果を奏する。これらの入力手段の位置の選択では、入力動作まで達しない状態において、入力手段のうち少なくとも1つの位置が選択される等の効果を奏する。

0116

また、本発明では、入力手段が入力動作まで達しない状態において、当該入力手段のいずれかの位置が選択され、当該位置の選択が切り換えられたことを検出し、この検出結果に基づいて上記複数の表示シンボルの表示内容の一部又は全部を切り換える。したがって、切り換え手段を設けなくても、多数の表示シンボルを切り換えることができる等の効果を奏する。これらの入力手段の各位置の選択では、入力動作まで達しない状態において、入力手段の各位置のうち少なくとも1つが選択される等の効果を奏する。

図面の簡単な説明

0117

図1ナビゲーション装置の全体回路を示す。
図2リモコン50を示す。
図3リモコン50のキースイッチ52のグループを示す。
図4表示処理のフローチャートを示す。
図5ステップSB18のナビゲーションのための各種処理のフローチャートを示す。
図6ディスプレイ33の表示シンボル60を示す。
図7図6から切り換えられたディスプレイ33の表示シンボル60を示す。
図8ディスプレイ33の表示シンボル60を示す。
図9図8から切り換えられたディスプレイ33の表示シンボル60を示す。
図10ディスプレイ33の表示シンボル60を示す。
図11図10から切り換えられたディスプレイ33の表示シンボル60を示す。
図12ディスプレイ33の表示シンボル60を示す。
図13図12から切り換えられたディスプレイ33の表示シンボル60を示す。
図14図12から切り換えられたディスプレイ33の表示シンボル60を示す。
図15図12図13または図14から切り換えられたディスプレイ33の表示シンボル60を示す。

--

0118

1…中央処理装置、2…CPU、3…フラッシュメモリ、4…ROM、5…RAM、7…センサ入力インタフェイス、8…通信インタフェイス、9…画像プロセッサ、10…画像メモリ、11…音声プロセッサ、13…スピーカ、14…時計、15…リモコンインタフェイス、20…現在位置検出装置、21…絶対方位センサ、22…相対方位センサ、23…距離センサ、24…速度センサ、25…GPS受信装置、26…ビーコン受信装置、27…データ送受信装置、30…入出力装置、33…ディスプレイ、37…情報記憶部、38a…ディスク管理情報、39…データ送受信部、50…リモコン、51…凹部、52…キースイッチ、53…赤外線カプラ、54…赤外線発光部、55…その他のスイッチ、56…識別部、60…表示シンボル、61…区別枠、62…選択枠、63…入力枠、64…選択枠。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 阪神高速技術株式会社の「 予告看板」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】道路に規制区域が存在する等の事象の情報を、車両の運転者に効果的に通知できる予告看板を提供する。【解決手段】 予告看板1は可搬型であり、道路交通に関する情報を視覚的に認識可能に表示する表示パネ... 詳細

  • 株式会社Cygamesの「 情報処理プログラム、情報処理システム及び情報処理装置」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】プレイヤによる選択操作を、より適切に実現する。【解決手段】情報処理プログラムが、移動可能範囲内で選択点を連続的に移動させる所定の操作における、前記選択点の位置を特定する操作受付機能と、選択対象... 詳細

  • 株式会社光計機の「 ドローンシステム、ならびに、ドローンの操縦方法」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】シューティング装置を利用して、これらのシューティング装置によって、ドローン同士、または、ドローンと人との間で、攻撃、命中した点数で争うようにした、攻撃競技を行うように構成したドローン、および、... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ