図面 (/)

技術 楽音検索装置および楽音供給方法

出願人 株式会社ホワイト
発明者 塩田和明
出願日 2000年6月16日 (19年1ヶ月経過) 出願番号 2000-181961
公開日 2002年1月11日 (17年6ヶ月経過) 公開番号 2002-007416
状態 拒絶査定
技術分野 検索装置 他に分類されない音響(残響,カラオケ等) 電気楽器
主要キーワード イベント表 選定作業 取消信号 神秘的 音楽形式 人工知能システム 音源ファイル データファイルサイズ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年1月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

テレビ放送等において、たとえば効果音として用いられる楽音である音源を容易に検索して入手することができる楽音検索装置および楽音供給方法を提供する。

解決手段

楽音検索装置10は、楽音の検索を実行する検索部20と、楽音の検索作業および楽音の出力作業のための操作を行う操作部40とを備える。検索部20および操作部40は通信路11を介して相互に接続される。楽音検索装置10の利用者は、楽音検索装置10を用いて楽音を検索し、楽音入手して出力することによって楽音を確認することができ、楽音検索装置10の利用者は、楽音の検索作業、確認作業および入手作業を一連の作業として行うことができる。

概要

背景

音源とは、テレビ放送ラジオ放送映画演劇等においてBGMまたは効果音として使用できる楽音である。BGMおよび効果音は、たとえば映画、演劇等において、雰囲気盛り上げたり、感動的な演出とすることを目的として用いられる。効果音は、たとえば川の流れの音、動物鳴き声自動車エンジン音等のように現実に存在する現実音と、たとえばレーザ光線の音、恐竜の鳴き声、UFO(未確認飛行物体)が飛ぶ音等のように現実には存在しない非現実音とに大別される。

このような楽音は、従来は、音楽用CD(コンパクトディスク)に記録され、楽音を必要とする人である楽音の利用者に供給されていた。楽音の名称、BGMの音楽形式ジャンル)、効果音およびBGMの雰囲気、イメージ言葉で表したキーワード等の音楽用CDに記録された楽音の概要は、楽音固有付帯情報としてCDのジャケットに表示され、または楽音の概要がまとめて表示される小冊子等に表示されていた。楽音の利用者は、このような楽音の概要を参照して、CDのジャケットまたは前述のような小冊子に記載された文字情報から、利用者が想定する楽音に近似すると思われる楽音を推測し、楽音の付帯情報に含まれるたとえばCD番号およびトラック番号に基づいて、実際にその楽音をCDプレーヤ等の再生装置を用いて再生し、その楽音が利用者の想定するイメージと合致するか否かを確認する。このような楽音の選定作業を繰り返し、利用者の想定するイメージと合致する楽音を利用することができる。再生した楽音が、利用者の想定した楽音のイメージとは異なる場合には、前述のような楽音の選定作業を繰り返す必要がある。

前述のような従来の楽音の選定作業は、CDジャケットまたは楽音の概要がまとめて表示された小冊子を用いて、楽音を推測して選択する作業と、選択した楽音を実際に再生して確認する作業とを別個に行う必要がある。前述のような楽音を選択する作業は、小冊子等に印刷された文字情報を逐一確認する必要があり、多大な労力を要し、また見落としが生じる場合がある。また楽音を再生して確認する作業においても、楽音の記録されたCDを用意し、再生装置にセットする作業を伴う。確認すべき楽音が多数存在する場合であって、楽音が記録されているCDが多数の場合には、楽音の確認作業において、CDを再生装置に複数回入れ替える必要があり、極めて煩わしい。以上のとおり、従来の楽音の選定作業では、大量の楽音の中から所望の楽音を入手することは容易ではない。

概要

テレビ放送等において、たとえば効果音として用いられる楽音である音源を容易に検索して入手することができる楽音検索装置および楽音供給方法を提供する。

楽音検索装置10は、楽音の検索を実行する検索部20と、楽音の検索作業および楽音の出力作業のための操作を行う操作部40とを備える。検索部20および操作部40は通信路11を介して相互に接続される。楽音検索装置10の利用者は、楽音検索装置10を用いて楽音を検索し、楽音入手して出力することによって楽音を確認することができ、楽音検索装置10の利用者は、楽音の検索作業、確認作業および入手作業を一連の作業として行うことができる。

目的

したがって本発明の目的は、所望の楽音を容易かつ効率良く入手することができる楽音検索装置および楽音検索方法を提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

テレビコマーシャル等のBGM(background music)および効果音等に利用される楽音に関する音源データが記憶される音源データ記憶手段と、楽音を検索するための検索条件データを入力する検索条件入力手段と、前記検索条件入力手段に入力された検索条件データと音源データ記憶手段に記憶されている音源データの少なくとも一部とを比較することによって、楽音を検索する音源データ検索手段と、前記音源データ検索手段によって検索された検索結果を表示する検索結果表示手段と、前記検索結果表示手段に表示された検索結果の中から楽音を指定する楽音指定手段と、前記楽音指定手段によって指定された楽音に対応する音源データに基づいて、指定された楽音を出力する楽音出力手段とを有することを特徴とする楽音検索装置

請求項2

テレビコマーシャル等のBGM(background music)および効果音等に利用される楽音に関する音源データが記憶される音源データ記憶手段と、楽音を検索するための検索条件データを入力する検索条件入力手段と、前記検索条件入力手段に入力された検索条件データを検索条件受信手段に送信する検索条件送信手段と、前記検索条件送信手段から送信された検索条件データを受信する検索条件受信手段と、前記検索条件受信手段によって受信された検索条件データと音源データ記憶手段に記憶されている音源データの少なくとも一部とを比較することによって、楽音を検索する音源データ検索手段と、前記音源データ検索手段によって検索された検索結果を検索結果受信手段に送信する検索結果送信手段と、前記検索結果送信手段から送信された検索結果を受信する検索結果受信手段と、 前記検索結果受信手段によって受信された検索結果を表示する検索結果表示手段と、前記検索結果表示手段に表示された検索結果の中から楽音を指定する楽音指定手段と、前記楽音指定手段によって指定された楽音に対応する音源データを音源データ受信手段に送信する音源データ送信手段と、前記音源データ送信手段から送信される音源データを受信する音源データ受信手段と、前記音源データ受信手段が受信する音源データに基づいて、指定された楽音を出力する楽音出力手段とを有することを特徴とする楽音検索装置。

請求項3

音源データ記憶手段に記憶される音源データは、少なくとも第1の出力用音源データと、第1の出力用音源データよりも音質の劣る第2の出力用音源データとを含むことを特徴とする請求項1または2のいずれかに記載の楽音検索装置。

請求項4

音源データ記憶手段に記憶される音源データは、楽音として出力される際の演奏時間の異なる複数の出力用音源データを含むことを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載の楽音検索装置。

請求項5

音源データ記憶手段に記憶される音源データに含まれる出力用音源データは、出力用音源データを分割するためのタグ情報を含み、前記タグ情報に基づいて分割される部分を相互に結合して楽音を生成して出力することを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載の楽音検索装置。

請求項6

音源データ記憶手段に記憶される音源データは、楽音の演奏情報である演奏データ楽器音色情報である音色データとを含み、楽音を出力する際に前記演奏データと音色データとから楽音を生成することを特徴とする請求項1〜5のいずれかに記載の楽音検索装置。

請求項7

音源データ記憶手段に記憶される音源データは、音響効果処理がなされていることを特徴とする請求項1〜6のいずれかに記載の楽音検索装置。

請求項8

検索条件入力手段に入力される検索条件データは、楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間のうち少なくとも1つ以上であることを特徴とする請求項1〜7のいずれかに記載の楽音検索装置。

請求項9

テレビコマーシャル等のBGM(background music)および効果音等に利用される楽音に関する音源データが記憶される音源データ記憶手段と、楽音を検索するための検索条件データを入力する検索条件入力手段と、前記検索条件入力手段に入力された検索条件データと音源データ記憶手段に記憶されている音源データの少なくとも一部とを比較することによって、楽音を検索する音源データ検索手段と、前記音源データ検索手段によって検索された検索結果を表示する検索結果表示手段と、前記検索結果表示手段に表示された検索結果の中から楽音を指定する楽音指定手段と、前記楽音指定手段によって指定された楽音に対応する音源データに基づいて、指定された楽音を出力する楽音出力手段とを備えた楽音検索装置を用いる楽音供給方法であって、前記音源データ記憶手段に記憶される音源データは、楽音番号、楽音名、楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間のうち少なくとも1つ以上が含まれる楽音情報データと、楽音を出力するために用いられる出力用音源データとを含み、前記検索条件入力手段に入力された検索条件データと前記楽音情報データの少なくとも一部とを比較することによって楽音を検索し、前記音源データ検索手段によって検索された検索結果を検索結果表示手段に表示し、前記検索結果表示手段に表示された検索結果の中から出力する楽音を楽音指定手段によって指定し、指定された楽音に対応する出力用音源データに基づいて楽音を楽音出力手段によって出力し、楽音の検索と楽音の出力とを連続して行うことができることを特徴とする楽音供給方法。

請求項10

テレビコマーシャル等のBGM(background music)および効果音等に利用される楽音に関する音源データが記憶される音源データ記憶手段と、楽音を検索するための検索条件データを入力する検索条件入力手段と、前記検索条件入力手段に入力された検索条件データを検索条件受信手段に送信する検索条件送信手段と、前記検索条件送信手段から送信された検索条件データを受信する検索条件受信手段と、前記検索条件受信手段によって受信された検索条件データと音源データ記憶手段に記憶されている音源データの少なくとも一部とを比較することによって、楽音を検索する音源データ検索手段と、前記音源データ検索手段によって検索された検索結果を検索結果受信手段に送信する検索結果送信手段と、前記検索結果送信手段から送信された検索結果を受信する検索結果受信手段と、 前記検索結果受信手段によって受信された検索結果を表示する検索結果表示手段と、前記検索結果表示手段に表示された検索結果の中から楽音を指定する楽音指定手段と、前記楽音指定手段によって指定された楽音に対応する音源データを音源データ受信手段に送信する音源データ送信手段と、前記音源データ送信手段から送信される音源データを受信する音源データ受信手段と、前記音源データ受信手段が受信する音源データに基づいて、指定された楽音を出力する楽音出力手段とを備えた楽音検索装置を用いる楽音供給方法であって、前記音源データ記憶手段に記憶される音源データは、楽音番号、楽音名、楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間のうち少なくとも1つ以上が含まれる楽音情報データと、楽音を出力するために用いられる出力用音源データとを含み、前記検索条件入力手段に入力された検索条件データと前記楽音情報データの少なくとも一部とを比較することによって楽音を検索し、前記音源データ検索手段によって検索された検索結果を検索結果表示手段に表示し、前記検索結果表示手段に表示された検索結果の中から出力する楽音を楽音指定手段によって指定し、指定された楽音に対応する出力用音源データに基づいて楽音を楽音出力手段によって出力し、楽音の検索と楽音の出力とを連続して行うことができることを特徴とする楽音供給方法。

請求項11

音源データ記憶手段に記憶される音源データは、少なくとも第1の出力用音源データと、第1の出力用音源データよりも音質の劣る第2の出力用音源データとを含むことを特徴とする請求項9または10のいずれかに記載の楽音供給方法。

請求項12

音源データ記憶手段に記憶される音源データは、楽音として出力される際の演奏時間の異なる複数の出力用音源データを含むことを特徴とする請求項9〜11のいずれかに記載の楽音供給方法。

請求項13

音源データ記憶手段に記憶される音源データに含まれる出力用音源データは、出力用音源データを分割するためのタグ情報を含み、前記タグ情報に基づいて分割される部分を相互に結合して楽音を生成して出力することを特徴とする請求項9〜12のいずれかに記載の楽音供給方法。

請求項14

音源データ記憶手段に記憶される音源データは、楽音の演奏情報である演奏データと楽器の音色情報である音色データとを含み、楽音を出力する際に前記演奏データと音色データとから楽音を生成することを特徴とする請求項9〜12のいずれかに記載の楽音供給方法。

請求項15

音源データ記憶手段に記憶される音源データは、音響効果処理がなされていることを特徴とする請求項9〜14のいずれかに記載の楽音供給方法。

請求項16

検索条件入力手段に入力される検索条件データは、楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間のうち少なくとも1つ以上であることを特徴とする請求項9〜15のいずれかに記載の楽音供給方法。

技術分野

0001

本発明は、テレビ放送またはラジオ放送等において、たとえばBGM(background music)として用いられる楽音である音源を容易に検索して入手することができる楽音検索装置および楽音供給方法に関する。

背景技術

0002

音源とは、テレビ放送、ラジオ放送、映画演劇等においてBGMまたは効果音として使用できる楽音である。BGMおよび効果音は、たとえば映画、演劇等において、雰囲気盛り上げたり、感動的な演出とすることを目的として用いられる。効果音は、たとえば川の流れの音、動物鳴き声自動車エンジン音等のように現実に存在する現実音と、たとえばレーザ光線の音、恐竜の鳴き声、UFO(未確認飛行物体)が飛ぶ音等のように現実には存在しない非現実音とに大別される。

0003

このような楽音は、従来は、音楽用CD(コンパクトディスク)に記録され、楽音を必要とする人である楽音の利用者に供給されていた。楽音の名称、BGMの音楽形式ジャンル)、効果音およびBGMの雰囲気、イメージ言葉で表したキーワード等の音楽用CDに記録された楽音の概要は、楽音固有付帯情報としてCDのジャケットに表示され、または楽音の概要がまとめて表示される小冊子等に表示されていた。楽音の利用者は、このような楽音の概要を参照して、CDのジャケットまたは前述のような小冊子に記載された文字情報から、利用者が想定する楽音に近似すると思われる楽音を推測し、楽音の付帯情報に含まれるたとえばCD番号およびトラック番号に基づいて、実際にその楽音をCDプレーヤ等の再生装置を用いて再生し、その楽音が利用者の想定するイメージと合致するか否かを確認する。このような楽音の選定作業を繰り返し、利用者の想定するイメージと合致する楽音を利用することができる。再生した楽音が、利用者の想定した楽音のイメージとは異なる場合には、前述のような楽音の選定作業を繰り返す必要がある。

0004

前述のような従来の楽音の選定作業は、CDジャケットまたは楽音の概要がまとめて表示された小冊子を用いて、楽音を推測して選択する作業と、選択した楽音を実際に再生して確認する作業とを別個に行う必要がある。前述のような楽音を選択する作業は、小冊子等に印刷された文字情報を逐一確認する必要があり、多大な労力を要し、また見落としが生じる場合がある。また楽音を再生して確認する作業においても、楽音の記録されたCDを用意し、再生装置にセットする作業を伴う。確認すべき楽音が多数存在する場合であって、楽音が記録されているCDが多数の場合には、楽音の確認作業において、CDを再生装置に複数回入れ替える必要があり、極めて煩わしい。以上のとおり、従来の楽音の選定作業では、大量の楽音の中から所望の楽音を入手することは容易ではない。

発明が解決しようとする課題

0005

したがって本発明の目的は、所望の楽音を容易かつ効率良く入手することができる楽音検索装置および楽音検索方法を提供することである。

課題を解決するための手段

0006

本発明は、テレビコマーシャル等のBGMおよび効果音等に利用される楽音に関する音源データが記憶される音源データ記憶手段と、楽音を検索するための検索条件データを入力する検索条件入力手段と、前記検索条件入力手段に入力された検索条件データと音源データ記憶手段に記憶されている音源データの少なくとも一部とを比較することによって、楽音を検索する音源データ検索手段と、前記音源データ検索手段によって検索された検索結果を表示する検索結果表示手段と、前記検索結果表示手段に表示された検索結果の中から楽音を指定する楽音指定手段と、前記楽音指定手段によって指定された楽音に対応する音源データに基づいて、指定された楽音を出力する楽音出力手段とを有することを特徴とする楽音検索装置である。

0007

本発明に従えば、楽音検索装置は、楽音に関する音源データが記憶される音源データ記憶手段と楽音を検索するための検索条件データを入力する検索条件入力手段と検索条件データと音源データ記憶手段に記憶されている音源データの少なくとも一部とを比較して楽音を検索する音源データ検索手段と検索結果を表示する検索結果表示手段と検索結果の中から楽音を指定する楽音指定手段と指定された楽音に対応する音源データに基づいて楽音を出力する楽音出力手段とを有する。

0008

本発明の楽音検索装置を利用して楽音を入手する楽音検索装置の利用者は、入手したい楽音を想定し、たとえばコンピュータキーボードマウスディスプレイ等で実現される検索条件入力手段に、楽音を検索するための検索条件データである楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間のうち少なくとも1つ以上を入力する。コンピュータの主制御装置メモリ外部記憶装置等で実現される音源データ検索手段が、入力された検索条件データと音源データ記憶手段に記憶されている音源データの少なくとも一部とを比較して楽音を検索する。音源データは楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間等を含む楽音情報データと楽音を出力する際に用いられる出力用音源データとを含む。出力用音源データは、MP3(moving picture coding experts group 1 audio layerIII)等の方式で圧縮されたデジタルデータである。

0009

楽音の検索処理の結果を示す検索結果は、ディスプレイ等で実現される検索結果表示手段に表示される。検索結果表示手段に表示された検索結果に基づいて、利用者は出力することを希望する楽音を、キーボード、マウス、ディスプレイ等で実現される楽音指定手段によって指定する。楽音指定手段によって指定された楽音に対応する出力用音源データが音源データ記憶手段から読み出され、この読み出された出力用音源データに基づいた楽音を、D/A変換器およびスピーカ等で実現される楽音出力手段によって出力させることができる。

0010

楽音検索装置の利用者は、所望の楽音が得られるであろう検索条件を入力し、検索条件に適合した検索結果に基づいて楽音を指定し、指定された楽音を出力させ、実際に楽音を聞いてその楽音を確認することができ、楽音を入手することができる。すなわち、本発明の楽音検索装置の利用者は、楽音の検索作業と楽音の確認作業と、楽音の入手作業を一連の作業として行うことができる。したがって、利用者は効率よく所望の楽音を入手することができる。

0011

また本発明は、テレビコマーシャル等のBGMおよび効果音等に利用される楽音に関する音源データが記憶される音源データ記憶手段と、楽音を検索するための検索条件データを入力する検索条件入力手段と、前記検索条件入力手段に入力された検索条件データを検索条件受信手段に送信する検索条件送信手段と、前記検索条件送信手段から送信された検索条件データを受信する検索条件受信手段と、前記検索条件受信手段によって受信された検索条件データと音源データ記憶手段に記憶されている音源データの少なくとも一部とを比較することによって、楽音を検索する音源データ検索手段と、前記音源データ検索手段によって検索された検索結果を検索結果受信手段に送信する検索結果送信手段と、前記検索結果送信手段から送信された検索結果を受信する検索結果受信手段と、 前記検索結果受信手段によって受信された検索結果を表示する検索結果表示手段と、前記検索結果表示手段に表示された検索結果の中から楽音を指定する楽音指定手段と、前記楽音指定手段によって指定された楽音に対応する音源データを音源データ受信手段に送信する音源データ送信手段と、前記音源データ送信手段から送信される音源データを受信する音源データ受信手段と、前記音源データ受信手段が受信する音源データに基づいて、指定された楽音を出力する楽音出力手段とを有することを特徴とする楽音検索装置である。

0012

本発明に従えば、楽音検索装置は、楽音に関する音源データが記憶される音源データ記憶手段と楽音を検索するための検索条件データを入力する検索条件入力手段と検索条件データを検索条件受信手段に送信する検索条件送信手段と検索条件送信手段から送信された検索条件データを受信する検索条件受信手段と記検索条件受信手段によって受信された検索条件データと音源データ記憶手段に記憶されている音源データの少なくとも一部とを比較して楽音を検索する音源データ検索手段と音源データ検索手段によって検索された検索結果を検索結果受信手段に送信する検索結果送信手段と検索結果送信手段から送信された検索結果を受信する検索結果受信手段と検索結果受信手段によって受信された検索結果を表示する検索結果表示手段と検索結果表示手段に表示された検索結果の中から楽音を指定する楽音指定手段と楽音指定手段によって指定された楽音に対応する音源データを音源データ受信手段に送信する音源データ送信手段と音源データ送信手段から送信される音源データを受信する音源データ受信手段と音源データ受信手段が受信する音源データに基づいて指定された楽音を出力する楽音出力手段とを有する。

0013

本発明の楽音検索装置を利用して楽音を入手する楽音検索装置の利用者は、たとえばインターネット等のネットワークを介して、クライアントコンピュータであるパーソナルコンピュータ等を利用して、サーバコンピュータであるホストコンピュータ等に含まれる音源データ記憶手段から楽音を入手することができる。

0014

まず楽音検索装置の利用者は、入手したい楽音を想定し、たとえばコンピュータのキーボード、マウス、ディスプレイ等で実現される検索条件入力手段を用いて、楽音を検索するための検索条件データである楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間のうち少なくとも1つ以上を入力する。検索条件入力手段に入力された検索条件はクライアントコンピュータの主制御装置、メモリ、モデム等で実現される検索条件送信手段によって、サーバコンピュータの主制御装置、メモリ、TA(terminal adapter)、DSU(digital service unit)等で実現される検索条件受信手段に送信される。

0015

検索条件受信手段によって受信された検索条件データは、コンピュータの主制御装置等で実現される音源データ検索手段が、この検索条件データと音源データ記憶手段に記憶されている音源データの少なくとも一部とを比較して楽音を検索する。音源データは楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間等を含む楽音情報データと楽音を出力する際に用いられる出力用音源データとを含む。出力用音源データは、MP3(moving picture coding experts gr oup 1 audiolayer III)等の方式で圧縮されたデジタルデータである。

0016

楽音の検索処理の結果である検索結果は、クライアントコンピュータの主制御装置、メモリ、モデム等で実現される検索結果受信手段に、サーバコンピュータの主制御装置、メモリ、TA(terminal adapter)、DSU(digital serviceunit)等で実現される検索結果送信手段によって送信される。サーバコンピュータの検索結果送信手段から送信された検索結果は、クライアントコンピュータの検索結果受信手段によって受信され、クライアントコンピュータのディスプレイ等で実現される検索結果表示手段に表示される。検索結果表示手段に表示される検索結果は、たとえば検索条件に適合する楽音の件数、検索条件に適合する楽音の楽音名、楽音番号、楽音の演奏時間等の楽音の各種情報である。

0017

検索結果表示手段に表示された検索結果の中から、利用者は実際に出力して聞いて確認したいと思う楽音をキーボード、マウス、ディスプレイ等で実現される楽音指定手段によって指定する。楽音指定手段に入力された、入手する楽音および入手方法等が含まれる楽音指定データは、クライアントコンピュータの検索条件送信手段によって、サーバコンピュータの検索条件受信手段に送信される。サーバコンピュータの主制御装置、メモリ、TA、DSU等で実現される音源データ送信手段は、検索条件受信手段によって受信された楽音指定データに基づいて、利用者が入手を希望する楽音に対応する出力用音源データを、音源データ記憶手段から読み出し、クライアントコンピュータの主制御装置、メモリ、モデム等で実現される音源データ受信手段に送信する。

0018

音源データ受信手段によって受信した出力用音源データに基づいた楽音を、クライアントコンピュータの主制御装置、メモリ、D/A変換器、スピーカ等で実現される楽音出力手段によって出力させ、利用者は指定した楽音を実際に聞くことができる。

0019

楽音検索装置の利用者は、所望の楽音が得られるであろう検索条件を入力し、検索条件に適合した検索結果に基づいて楽音を指定し、指定された楽音を出力させ、実際に楽音を聞いてその楽音を確認することができ、楽音を入手することができる。すなわち、本発明の楽音検索装置の利用者は、インターネット等のネットッワークを介して、楽音の検索作業と楽音の確認作業と、楽音の入手作業を一連の作業として行うことができる。利用者は、楽音の検索処理を行うためのソフトウェアプログラムおよび楽音に対応する大量の音源データを保持しなくとも、効率よく所望の楽音を入手することができる。

0020

さらに本発明は、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、少なくとも第1の出力用音源データと、第1の出力用音源データよりも音質の劣る第2の出力用音源データとを含むことを特徴とする。

0021

本発明に従えば、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、少なくとも第1の出力用音源データと、第1の出力用音源データよりも音質の劣る第2の出力用音源データとを含む。第2の出力用音源データの音質が第1の出力用音源データの音質よりも劣るので、第2の出力用音源データは第1の出力用音源データよりもデジタルデータとしてのファイルサイズが小さい。したがって、指定した楽音を試聴して確認する際に、第1の出力用音源データに基づいて楽音を出力する場合に比べて、第2の出力用音源データに基づいて楽音を出力する場合の方が、作業時間を短縮することができるとともに、楽音を出力する楽音出力手段に対する負荷を小さくすることができる。

0022

さらにまた本発明は、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、楽音として出力される際の演奏時間の異なる複数の出力用音源データを含むことを特徴とする。

0023

本発明に従えば、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、楽音として出力される際の演奏時間の異なる複数の出力用音源データを含むので、本発明の楽音検索装置の利用者がCMのBGM等として楽音を検索する際であって、入手すべき楽音の演奏時間が予め定まった演奏時間である場合に、利用者の想定する楽音を効率的に検索して入手することができる。

0024

さらにまた本発明は、音源データ記憶手段に記憶される音源データに含まれる出力用音源データは、出力用音源データを分割するためのタグ情報を含み、前記タグ情報に基づいて分割される部分を相互に結合して楽音を生成して出力することを特徴とする。

0025

本発明に従えば、音源データ記憶手段に記憶される音源データに含まれる出力用音源データは、出力用音源データをたとえば前奏部(プロローグ)、1番に相当する部分、間奏部、2番に相当する部分、終結部(エピローグ)の複数部分に分割し、前奏部と1番に相当する部分との間、1番に相当する部分と間奏部との間、間奏部と2番に相当する部分との間、2番に相当する部分と終結部との間のそれぞれにタグを付加し、このタグ情報にしたがって、楽音を生成することができる。すなわち、楽音の演奏時間、楽音のイメージ等の観点から、たとえば前奏部の直後に終結部を連結させた楽音とする場合、前奏部と1番に相当する部分と間奏部と終結部とを連結させた楽音とする場合等、各部分を適宜組み合わせることができ、利用者の想定する楽音に近い楽音を容易に生成し、入手することができる。

0026

さらにまた本発明は、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、演奏データPCM(pulse code modulation)波形データとを含み、楽音を出力する際に前記演奏データとPCM波形データとから楽音を生成することを特徴とする。

0027

本発明に従えば、音源データ記憶手段に記憶される音源データに含まれる演奏データとPCM波形データとから、楽音を出力する際に演奏データとPCM波形データとを組み合わせ、楽音合成を行い、楽音を生成して出力することができる。

0028

さらにまた本発明は、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、音響効果処理がなされていることを特徴とする。

0029

本発明に従えば、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、残響付加処理等の音響効果処理がなされているので、利用者の指定した楽音に対応する出力用音源データをD/A変換器およびスピーカー等の楽音出力手段によって出力し、そのまま効果音等として利用することができる。

0030

さらにまた本発明は、検索条件入力手段に入力される検索条件データは、楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間のうち少なくとも1つ以上であることを特徴とする。

0031

本発明に従えば、検索条件入力手段に入力される検索条件データは、楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間のうち少なくとも1つ以上であるので、楽音検索装置の利用者は、楽音を検索する際に楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間等を具体的に検索条件として絞り込み、入手したい楽音を想定して、楽音の検索を実行することができる。

0032

さらにまた本発明は、テレビコマーシャル等のBGMおよび効果音等に利用される楽音に関する音源データが記憶される音源データ記憶手段と、楽音を検索するための検索条件データを入力する検索条件入力手段と、前記検索条件入力手段に入力された検索条件データと音源データ記憶手段に記憶されている音源データの少なくとも一部とを比較することによって、楽音を検索する音源データ検索手段と、前記音源データ検索手段によって検索された検索結果を表示する検索結果表示手段と、前記検索結果表示手段に表示された検索結果の中から楽音を指定する楽音指定手段と、前記楽音指定手段によって指定された楽音に対応する音源データに基づいて、指定された楽音を出力する楽音出力手段とを備えた楽音検索装置を用いる楽音供給方法であって、前記音源データ記憶手段に記憶される音源データは、楽音番号、楽音名、楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間のうち少なくとも1つ以上が含まれる楽音情報データと、楽音を出力するために用いられる出力用音源データとを含み、前記検索条件入力手段に入力された検索条件データと前記楽音情報データの少なくとも一部とを比較することによって楽音を検索し、前記音源データ検索手段によって検索された検索結果を検索結果表示手段に表示し、前記検索結果表示手段に表示された検索結果の中から出力する楽音を楽音指定手段によって指定し、指定された楽音に対応する出力用音源データに基づいて楽音を楽音出力手段によって出力し、楽音の検索と楽音の出力とを連続して行うことができることを特徴とする楽音供給方法である。

0033

本発明に従えば、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、楽音番号、楽音名、楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間のうち少なくとも1つ以上が含まれる楽音情報データと、楽音を出力するために用いられる出力用音源データとを含むので、楽音情報データと出力用音源データとは確実に一対一で対応され、楽音情報データと出力用音源データとを分割、分離してホストコンピュータに登録する方法において発生する人的ミスによる楽音情報データと、実際の出力用音源データとの不一致といった事故を防ぐことができる。また記検索条件入力手段に入力された検索条件データと前記楽音情報データの少なくとも一部とを比較し楽音を検索するので、数多くの検索条件データを入力することなく検索を行うことができる。さらに音源データ検索手段によって検索された検索結果を検索結果表示手段に表示し、検索結果表示手段に表示された検索結果の中から出力する楽音を楽音指定手段によって指定するので、指定すべき楽音を容易に指定することができる。さらに指定された楽音に対応する出力用音源データに基づいて楽音を楽音出力手段によって出力し、楽音の検索と楽音の出力とを連続して行うことができるので、大量の楽音の中から所望の楽音を容易かつ効率よく検索して入手することができる。

0034

さらにまた本発明は、テレビコマーシャル等のBGMおよび効果音等に利用される楽音に関する音源データが記憶される音源データ記憶手段と、楽音を検索するための検索条件データを入力する検索条件入力手段と、前記検索条件入力手段に入力された検索条件データを検索条件受信手段に送信する検索条件送信手段と、前記検索条件送信手段から送信された検索条件データを受信する検索条件受信手段と、前記検索条件受信手段によって受信された検索条件データと音源データ記憶手段に記憶されている音源データの少なくとも一部とを比較することによって、楽音を検索する音源データ検索手段と、前記音源データ検索手段によって検索された検索結果を検索結果受信手段に送信する検索結果送信手段と、前記検索結果送信手段から送信された検索結果を受信する検索結果受信手段と、 前記検索結果受信手段によって受信された検索結果を表示する検索結果表示手段と、前記検索結果表示手段に表示された検索結果の中から楽音を指定する楽音指定手段と、前記楽音指定手段によって指定された楽音に対応する音源データを音源データ受信手段に送信する音源データ送信手段と、前記音源データ送信手段から送信される音源データを受信する音源データ受信手段と、前記音源データ受信手段が受信する音源データに基づいて、指定された楽音を出力する楽音出力手段とを備えた楽音検索装置を用いる楽音供給方法であって、前記音源データ記憶手段に記憶される音源データは、楽音番号、楽音名、楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間のうち少なくとも1つ以上が含まれる楽音情報データと、楽音を出力するために用いられる出力用音源データとを含み、前記検索条件入力手段に入力された検索条件データと前記楽音情報データの少なくとも一部とを比較することによって楽音を検索し、前記音源データ検索手段によって検索された検索結果を検索結果表示手段に表示し、前記検索結果表示手段に表示された検索結果の中から出力する楽音を楽音指定手段によって指定し、指定された楽音に対応する出力用音源データに基づいて楽音を楽音出力手段によって出力し、楽音の検索と楽音の出力とを連続して行うことができることを特徴とする楽音供給方法である。

0035

本発明に従えば、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、楽音番号、楽音名、楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間のうち少なくとも1つ以上が含まれる楽音情報データと、楽音を出力するために用いられる出力用音源データとを含むので、検索処理に要する時間を短縮することができる。また検索条件入力手段に入力された検索条件データと楽音情報データの少なくとも一部とを比較することによって楽音を検索するので、所望の楽音を効率良く検索することができる。さらに音源データ検索手段によって検索された検索結果を検索結果表示手段に表示し、前記検索結果表示手段に表示された検索結果の中から出力する楽音を楽音指定手段によって指定するので、表示手段に表示された検索結果に基づいて、指定すべき楽音を指定することができる。さらにまた指定された楽音に対応する出力用音源データに基づいて楽音を楽音出力手段によって出力し、楽音の検索と楽音の出力とを連続して行うことができるので、大量の楽音の中から所望の楽音を容易かつ効率よく検索して入手することができる。検索条件入力手段に入力された検索条件データは検索条件送信手段によって検索条件受信手段に送信され、検索条件送信手段から送信された検索条件データは検索条件受信手段によって受信され、音源データ検索手段によって検索された検索結果は検索結果送信手段によって検索結果受信手段に送信され、検索結果送信手段から送信された検索結果は検索結果受信手段によって受信され、楽音指定手段によって指定された楽音に対応する音源データは音源データ送信手段によって音源データ受信手段に送信され、音源データ送信手段から送信される音源データは音源データ受信手段によって受信されるので、本発明の楽音検索システムに適用される各構成要素を互いに離れた場所に設置することができる。

0036

さらにまた本発明は、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、少なくとも第1の出力用音源データと、第1の出力用音源データよりも音質の劣る第2の出力用音源データとを含むことを特徴とする。

0037

本発明に従えば、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、少なくとも第1の出力用音源データと、第1の出力用音源データよりも音質の劣る第2の出力用音源データとを含む。第2の出力用音源データの音質が第1の出力用音源データの音質よりも劣るので、第2の出力用音源データは第1の出力用音源データよりもデジタルデータとしてのファイルサイズが小さい。したがって、指定した楽音を試聴して確認する際に、第1の出力用音源データに基づいて楽音を出力する場合に比べて、第2の出力用音源データに基づいて楽音を出力する場合の方が、作業時間を短縮することができるとともに、楽音を出力する楽音出力手段に対する負荷を小さくすることができる。

0038

さらにまた本発明は、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、楽音として出力される際の演奏時間の異なる複数の出力用音源データを含むことを特徴とする。

0039

本発明に従えば、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、楽音として出力される際の演奏時間の異なる複数の出力用音源データを含むので、本発明の楽音検索装置の利用者がCMのBGM等として楽音を検索する際であって、入手すべき楽音の演奏時間が予め定まった演奏時間である場合に、利用者の想定する楽音を効率的に検索して入手することができる。

0040

さらにまた本発明は、音源データ記憶手段に記憶される音源データに含まれる出力用音源データは、出力用音源データを分割するためのタグ情報を含み、前記タグ情報に基づいて分割される部分を相互に結合して楽音を生成して出力することを特徴とする。

0041

本発明に従えば、音源データ記憶手段に記憶される音源データに含まれる出力用音源データは、出力用音源データをたとえば前奏部(プロローグ)、1番に相当する部分、間奏部、2番に相当する部分、終結部(エピローグ)の複数部分に分割し、前奏部と1番に相当する部分との間、1番に相当する部分と間奏部との間、間奏部と2番に相当する部分との間、2番に相当する部分と終結部との間のそれぞれにタグを付加し、このタグ情報にしたがって、楽音を生成することができる。すなわち、楽音の演奏時間、楽音のイメージ等の観点から、たとえば前奏部の直後に終結部を連結させた楽音とする場合、前奏部と1番に相当する部分と間奏部と終結部とを連結させた楽音とする場合等、各部分を適宜組み合わせることができ、利用者の想定する楽音に近い楽音を容易に生成し、入手することができる。

0042

さらにまた本発明は、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、演奏データとPCM(pulse code modulation)波形データとを含み、楽音を出力する際に前記演奏データとPCM波形データとから楽音を生成することを特徴とする。

0043

本発明に従えば、音源データ記憶手段に記憶される音源データに含まれる演奏データとPCM波形データとから、楽音を出力する際に演奏データとPCM波形データとを組み合わせ、楽音合成を行い、楽音を生成して出力することができる。

0044

さらにまた本発明は、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、音響効果処理がなされていることを特徴とする。

0045

本発明に従えば、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、残響付加処理等の音響効果処理がなされているので、利用者の指定した楽音に対応する出力用音源データをD/A変換器およびスピーカー等の楽音出力手段によって出力し、そのまま効果音等として利用することができる。

0046

さらにまた本発明は、検索条件入力手段に入力される検索条件データは、楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間のうち少なくとも1つ以上であることを特徴とする。

0047

本発明に従えば、検索条件入力手段に入力される検索条件データは、楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間のうち少なくとも1つ以上であるので、楽音検索装置の利用者は、楽音を検索する際に楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間等を具体的に検索条件として絞り込み、入手したい楽音を想定して、楽音の検索を実行することができる。

0048

図1は本発明の実施の形態の楽音検索装置10を適用した楽音検索システムの構成を簡略して示す構成図であり、図2は楽音検索装置10を適用した楽音検索システムを利用して所望の楽音を入手する方法を簡略して示すフローチャートである。

0049

本発明に係る楽音検索システムは、テレビ放送、ラジオ放送、映画、演劇等においてBGMまたは効果音として使用できる楽音である音源を容易に検索し、その楽音を確認し、その楽音を入手することができる楽音の検索、確認、入手システムである。

0050

音源(sound source)とは、たとえばFM(frequency modulation)音源、PCM(pulse code modulation)音源のように、発音体を意味する単語として用いられる場合と、音源分離(sound source separation)、音源同定(soundsource identification)のように発音体から発せられた音自体を意味する単語として用いられる場合がある。また楽音とは、音波周期的に構成されていて、振動数を正確に測定でき、聴覚快感を与える音と定義されている。本明細書において音源とは、前述のような意味を有するとともに、テレビジョン放送番組ラジオ放送番組、映画、演劇等のBGMに用いられる音楽または効果音自体を意味する単語として用い、楽音と同義として用いる場合がある。

0051

楽音検索装置10は、大略的には、主に楽音の検索を実行する検索部20と、主に楽音の検索作業および楽音の出力作業のための操作を行う操作部40とを備える。楽音検索装置10の具体的な構成においては、検索部20および操作部40とは、共通の構成要素によって実現される場合がある。

0052

検索部20はたとえばサーバコンピュータと呼ばれるコンピュータによって実現され、操作部40はたとえばクライアントコンピュータと呼ばれるコンピュータによって実現され、検索部20および操作部40は通信路11を介して相互に接続される。

0053

検索部20は、本実施の形態に適合する処理を実行するための各種制御を行うとともに楽音の検索処理を行う音源データ検索手段である検索部制御装置21と、各種データが一時的または継続的にストアされる検索部メモリ22と、楽音に関する音源データが記憶される音源データ記憶手段である音源データ記憶装置23と、操作部40の操作部送信装置44から送信される検索条件データおよび楽音指定データを受信する検索条件受信手段である検索部受信装置24と、検索結果データおよび出力用音源データを操作部40の操作部受信装置46に送信する検索結果送信手段である検索部送信装置25とを備える。検索部制御装置21、検索部メモリ22、音源データ記憶装置23、検索部受信装置24および検索部送信装置25はバスライン26を介して相互に接続される。

0054

操作部40は、本実施の形態に適合する処理を実行するための各種制御を行う操作部制御装置41と、各種データが一時的または継続的にストアされる操作部メモリ42と、検索条件データおよび楽音指定データを入力する検索条件入力手段である操作部入力装置43と、検索条件データおよび楽音指定データを検索部20の検索部受信装置24に送信する検索条件送信手段である操作部送信装置44と、検索部20の検索部送信装置25から送信される検索結果データおよび出力用音源データを受信する検索結果受信手段である操作部受信装置45と、操作部受信装置45が受信した検索結果データに基づいて検索結果を表示する検索結果表示手段である操作部表示装置46と、操作部受信装置45が受信した出力用音源データをアナログ音声信号に変換して楽音として出力する楽音出力手段である操作部出力装置47と、受信した出力用音源データを記憶することができる操作部記憶装置48とを備える。操作部制御装置41、操作部メモリ42、操作部入力装置43、操作部送信装置44、操作部受信装置45、操作部表示装置46、操作部出力装置47および操作部記憶装置48はバスライン49を介して相互に接続される。

0055

本実施の形態の楽音検索装置10を利用して楽音を入手する楽音検索装置10の利用者は、たとえばインターネット等のネットワーク15を介して、クライアントコンピュータであるパーソナルコンピュータ等を利用して、サーバコンピュータであるホストコンピュータ等に含まれる音源データ記憶手段から所望の楽音を入手することができる。

0056

楽音検索装置10の利用者は、まずステップS1において、入手したい楽音を想定する。次に、その想定した楽音を検索するための検索作業を、本実施の形態の楽音検索装置10を利用して、ステップS2において行う。ステップS3の判断の結果、想定した楽音に該当する楽音が存在する場合には、ステップS6において、検索の結果得られた楽音を実際に出力し、その楽音を聞いた印象などその楽音の内容を確認する確認作業を行う。ステップS3の判断の結果、想定した楽音に該当する楽音が存在しない場合には、ステップS4において、さらに楽音検索を行うか否かを判断する。さらに検索作業を行う場合には、ステップS5において、想定する楽音を変更し、ステップS2に戻る。検索作業を行わない場合には、楽音検索を終了する。

0057

ステップS6の確認作業の結果、ステップS7において、その楽音が想定した楽音として利用できるものであるかどうかを判断する。その楽音が利用できるものである場合には、ステップS9においてその楽音を入手する入手作業を行う。ステップS7における判断の結果、確認した楽音が想定した楽音として利用できるものでない場合には、ステップS8において、さらに他の楽音の確認作業を行うか否かを判断する。さらに確認作業を行う場合には、ステップS6に戻る。確認作業を行わない場合には、楽音検索を終了する。

0058

楽音検索装置10の利用者はこのようにして楽音を容易に、かつ効率的に検索し、楽音の内容を容易に確認し、所望の楽音を入手することができる。すなわち、楽音検索装置10の利用者は、楽音の検索作業、確認作業および入手作業を一連の作業として行うことができる。入手した楽音は、BGM、効果音などに用いることができる。

0059

検索部制御装置21は、CPU(central processing unit)等によって実現され、各種プログラムを実行し、音源データ記憶装置23、検索部受信装置24および検索部送信装置25を制御するとともに、後述するように楽音を検索するために操作部入力装置43に入力される検索条件データと音源データ記憶装置23に記憶される音源データに含まれる楽音情報データとを比較する。

0060

検索部メモリ22は、複数の電子部品等で実現され、検索部制御装置21に対してその制御動作の基本になる情報または命令の各種データが一時的または継続的にストアされるとともに、検索部制御装置21の制御に基づいて、音源データ記憶装置23、検索部受信装置24および検索部送信装置25に制御情報を与え、かつ音源データ記憶装置23、検索部受信装置24および検索部送信装置25から各種情報を得る。

0061

音源データ記憶装置23は、ハードディスク磁気ディスクデジタルビデオディスク等の外部記憶装置によって実現され、楽音に関する音源データが記憶される。音源データは、楽音の検索処理の際に検索条件データと比較される楽音情報データと、楽音を出力する際に用いられる出力用音源データとを含む。

0062

楽音情報データは、楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間等を特定する言葉、数字記号等である。

0063

出力用音源データは、操作部出力装置47によって楽音を出力する際に用いられる音源データであって、データファイルを圧縮して記憶されたデジタルデータである。出力用音源データは、後述するように、少なくとも第1の出力用音源データと、第1の出力用音源データよりも音質の劣る第2の出力用音源データとを含む。具体的には、出力用音源データは、第1の出力用音源データである、楽音検索装置10の利用者が購入する販売用音源データと、販売用音源データの音質よりも音質の劣る第2の出力用音源データである、利用者が選択し指定した楽音を実際にで聞いて試聴し確認する際に用いられる試聴用音源データとを含む。楽音情報データと出力用音源データとは確実に一対一で対応され、楽音情報データと出力用音源データとを分割、分離してホストコンピュータに登録する方法において発生する人的ミスによる楽音情報データと、実際の出力用音源データとの不一致といった事故を防ぐことができる。

0064

検索部受信装置24は、モデム、TA、DSU等によって実現され、操作部送信装置44から送信される検索条件データおよび楽音指定データを受信する。

0065

検索部送信装置25は、モデム、TA、DSU等よって実現され、検索結果データおよび出力用音源データを操作部受信装置46に送信する。

0066

操作部制御装置41は、CPU等によって実現され、各種プログラムを実行するとともに、操作部入力装置43、操作部送信装置44、操作部受信装置45、操作部表示装置46、操作部出力装置47および操作部記憶装置48を制御する。

0067

操作部メモリ42は、複数の電子部品等で実現され、操作部制御装置41に対してその制御動作の基本になる情報または命令の各種データが一時的または継続的にストアされるとともに、操作部制御装置41の制御に基づいて、操作部入力装置43、操作部送信装置44、操作部受信装置45、操作部表示装置46、操作部出力装置47および操作部記憶装置48に制御情報を与え、かつ操作部入力装置43、操作部送信装置44、操作部受信装置45、操作部表示装置46、操作部出力装置47および操作部記憶装置48から各種情報を得る。

0068

操作部入力装置43は、キーボード、マウス等で実現され、検索条件データおよび楽音指定データを入力することができる。検索条件データは利用者が想定する楽音を検索するための言葉、数字、記号等であって、この検索条件データと楽音情報データとを比較することによって検索条件データに適合した楽音を検索することができる。検索条件データは、たとえば楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間等である。

0069

操作部送信装置44はモデム、TA、DSU等で実現され、検索条件データおよび楽音指定データを検索部受信装置24に送信する。

0070

操作部受信装置45はモデム、TA、DSU等で実現され、検索部送信装置25から送信される検索結果データおよび出力用音源データを受信する。

0071

操作部表示装置46はCRT(cathode ray tube)、液晶ディスプレイ等で実現され、操作部受信装置45が受信した検索結果データに基づいた検索結果を表示する。

0072

操作部出力装置47はD/A変換器(デジタル−アナログ変換器)およびスピーカ等で実現され、操作部受信装置45が受信した出力用音源データをアナログ音声信号に変換して楽音として出力する。

0073

操作部記憶装置48はハードディスク、磁気ディスク、デジタルビデオディスク等の外部記憶装置によって実現され、受信した出力用音源データを記憶することができる。

0074

操作部入力装置43によって入力される検索条件データは、利用者が入手し、BGM、効果音としての利用を意図する音源である楽音を想定し、その想定した楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間等を特定する言葉、数字、記号等である。この検索条件データとして入力される言葉、数字、記号等は、音源データ記憶装置43に記憶される楽音情報データと比較される。

0075

検索条件データである楽音のイメージを表すキーワードは、利用者が入手を意図し想定する楽音のイメージを象徴する言葉である、たとえば、明るい、爽やか、悲しい軽快ドラマチック活動的、エキサイティング、緊迫感、緊張感、混沌、メカニカルセンチメンタル、ノスタルジック、不思議、神秘的、不安、怪奇、スリリング広がりファンタジック、透明、静寂、清らか、のどか、懐かしい、優しさ、郷愁、ミステリアス、幻想的情景的、クール、リラックス、おしゃれ、メロウシック、楽しい、グルービー、アダルト、リズミカル、ファンキー、夕方等である。

0076

検索条件データである楽音のジャンルは、楽音の種類を示すジャンルを示す言葉ある、たとえば、ポップス(Pops)、イージーリスニング(Easy Listening)、キッズ(Kid’s)、ダイナミック(Dynamic)、ダンス(Dance)、インダストリアル(Industrial)、ロック(Rock)、ニューエイジ(New Age)、ジャズ(Jazz)等である。

0077

検索条件データである楽音のテンポとは、楽音である曲の速度であって、たとえば遅い(Slowly、Andante)、やや遅い(Medium slow、Andantino)、普通(Medium、Moderato)、やや速い(Medium fast、Allegretto)、速い(Fast、Allegro)のような言葉である場合と、一分間あたり拍の単位となる音符刻む数であるメトロノーム表示の数値である場合がある。

0078

検索条件データである楽音の演奏時間とは、出力用音源データに基づいて楽音を演奏(再生)する際の演奏時間(再生時間)であって、実際の演奏時間(再生時間)の数値である。たとえば「15秒」、「30秒」、「50〜60秒」等である。

0079

検索条件データである楽音の価格は実際に楽音を入手する場合に、その楽音の対価として支払われる金額であって、たとえば「1000円」、「2000円」、「3000円以下」等である。

0080

検索条件データである出力用音源データの送信時間は、出力用音源データを入手する際に、検索部送信装置25から操作部受信装置までの出力用音源データの伝送時間であって、たとえば「2分」、「3分」、「5分」、「7分以下」等である。

0081

以上のように構成された楽音検索装置10を用いて、楽音を検索する方法を、さらに説明する。まず楽音検索装置10の利用者は、入手したい楽音を想定し、たとえばコンピュータのキーボード、マウス、ディスプレイ等で実現される検索条件入力手段である操作部入力装置43を用いて、楽音を検索するための検索条件データである楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間のうち少なくとも1つ以上を入力する。たとえばキーワードとして「明るい、爽やか」、楽音のジャンルとして「イージーリスニング」、楽音のテンポとして「やや速い」、楽音の演奏時間として「20〜30秒」、楽音の価格として「2000円以下」および出力用音源データの送信時間として「5分以下」などの検索条件を入力する。

0082

操作部入力装置43に入力された検索条件は検索条件データとして、操作部40であるクライアントコンピュータの主制御装置である操作部制御装置41、操作部メモリ42、モデム等で実現される検索条件送信手段である操作部送信装置44によって、サーバコンピュータである検索部20の主制御装置である検索部制御装置21、検索部メモリ22、TAおよびDSU等で実現される検索条件受信手段である検索部受信装置24に送信される。

0083

検索部受信装置24によって受信された検索条件データは、サーバコンピュータである検索部20の主制御装置である検索部制御装置21等で実現される音源データ検索手段である音源データ検索装置24によって、この検索条件データと音源データ記憶手段である音源データ記憶装置23に記憶されている音源データの楽音情報データとを比較して楽音を検索する。

0084

前述のように音源データは、楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間等を含む楽音情報データと楽音を出力する際に用いられる出力用音源データとを含む。出力用音源データは、MP3(moving picture coding expertsgroup 1 audio layer III)等の方式で圧縮されたデジタルデータである。

0085

楽音の検索処理の結果である検索結果は検索結果データとして、サーバコンピュータである検索部20の主制御装置である検索部制御装置21、検索部メモリ22、TA、DSU等で実現される検索結果送信手段である検索部送信装置25によって、クライアントコンピュータである操作部40の主制御装置である操作部制御装置41、操作部メモリ42、モデム等で実現される検索結果受信手段である操作部受信装置45に送信される。

0086

楽音の検索処理の結果は、たとえば検索条件に適合する楽音の件数、検索条件に適合する楽音の楽音名、楽音番号、楽音の演奏時間、楽音の価格等の楽音に関する各種楽音情報である。この楽音に関する各種情報は、音源データ記憶装置23に記憶されている音源データに基づいて作成される。

0087

サーバコンピュータである検索部20の検索結果送信手段である検索部送信装置25から送信された検索結果データは、クライアントコンピュータである操作部40の検索結果受信手段である操作部受信装置45によって受信され、クライアントコンピュータである操作部40のディスプレイ等で実現される検索結果表示手段である操作部表示装置46に表示される。

0088

検索結果表示手段である操作部表示装置46に表示される検索結果は、たとえば検索条件に適合する楽音の件数、検索条件に適合する楽音の楽音名、楽音番号、楽音の演奏時間、楽音の価格等の楽音に関する各種楽音情報である。

0089

検索結果表示手段である操作部表示手段46に表示された検索結果の中から、利用者は実際に出力して聞いて確認したいと思う楽音をキーボード、マウス、ディスプレイ等で実現される楽音指定手段である操作部入力装置43によって指定する。

0090

楽音指定手段である操作部入力装置43に入力された、入手する楽音および入手方法等が含まれる楽音指定データは、クライアントコンピュータである操作部40の楽音指定データ送信手段である操作部送信装置44によって、サーバコンピュータである検索部20の楽音指定データ受信手段である検索部受信装置24に送信される。

0091

楽音の指定方法は、たとえば操作部表示装置46であるディスプレイ上に表示された楽音名、楽音番号ならびに入手目的および入手方法等を、マウス、キーボード等の操作部入力装置43を操作して指定する。たとえば、楽音名、楽音番号等が表示されている領域にカーソルを移動し、マウスボタン押し下げることによって、指定された楽音を特定する楽音指定データが、操作部送信装置44によって、検索部受信装置24に送信される。複数の楽音を指定した後、送信操作を行うようにしてもよい。

0092

楽音の入手目的は、たとえば楽音を視聴するために入手する視聴目的と楽音を購入のために入手する購入目的とがある。楽音の入手方法は、たとえば操作部受信装置45によって受信する出力用音源データを受信だけする方法、出力用音源データを受信するとともに、同時に操作部出力装置47によって楽音を再生する方法等である。

0093

楽音指定データ受信手段である検索部受信装置24によって受信された楽音指定データに基づいて、利用者が入手を希望する楽音に対応する出力用音源データを、サーバコンピュータの主制御装置、メモリ、TA、DSU等および検索部送信装置25によって実現される音源データ送信手段は、音源データ記憶手段から出力用音源データを読み出し、出力用音源データをクライアントコンピュータの主制御装置、メモリ、モデム等で実現される音源データ受信手段である操作部受信装置45に送信する。

0094

音源データ受信手段である操作部受信装置45は、検索部送信装置25から送信された出力用音源データを受信する。操作部受信装置45が受信した出力用音源データを、ハードディスク等の外部記憶装置で実現される操作部記憶装置48に記憶することができる。

0095

操作部受信装置45によって受信した出力用音源データに基づいた楽音または操作部記憶装置48に記憶された出力用音源データを、クライアントコンピュータの主制御装置、メモリ、D/A変換器、スピーカ等で実現される楽音出力手段である操作部出力装置47によって出力させ、利用者は指定した楽音を実際に聞くことができる。

0096

楽音検索装置10の利用者は、所望の楽音が得られるであろう検索条件を入力し、検索条件に適合した検索結果に基づいて楽音を指定し、指定された楽音を出力させ、実際に楽音を聞いてその楽音を確認することができ、楽音を入手することができる。すなわち、本実施の形態の楽音検索装置10の利用者は、インターネット等のネットッワークを介して、楽音の検索作業と楽音の確認作業と楽音の入手作業を一連の作業として行うことができる。利用者は、楽音の検索処理を行うためのソフトウェアプログラムおよび楽音に対応する大量の音源データを保持しなくとも、効率よく所望の楽音を入手することができる。

0097

さらに図3図8を参照して、楽音検索装置10を適用した本実施の形態に係る具体的な楽音検索システムを用いた楽音検索方法を説明する。図3図8は楽音検索装置10を用いた楽音検索方法の概要を示すフローチャートである。

0098

楽音検索装置10の利用者は、入手したい楽音を想定し、ステップS21において、操作部40の操作部入力装置43を用いて、想定した楽音を検索するための検索条件データを入力する。たとえばキーワードとして「明るい、爽やか」、楽音のジャンルとして「イージーリスニング」、楽音のテンポとして「やや速い」、楽音の演奏時間として「20〜30秒」、楽音の価格として「2000円以下」および出力用音源データの送信時間として「5分以下」などの検索条件を入力する。

0099

ステップS22において、操作部入力装置43に入力された検索条件に基づいて生成された検索条件データは、ステップS23において、検索条件送信手段である操作部送信装置44によって、検索条件受信手段である検索部受信装置24に送信される。

0100

ステップS24において、検索部受信装置24は検索条件データを受信し、ステップS25において、検索条件データと楽音情報データとを比較して検索処理を行う。

0101

音源データ検索装置24は、検索条件データと楽音情報データとを比較し、ステップS26において、検索条件データに該当する楽音情報データが存在するか否かを判断する。各検索条件の検索処理については、さらに後述する。

0102

音源データ記憶装置23内に、検索条件データに該当する楽音情報データが存在する場合には、ステップS27において、音源データ記憶装置23から該当する楽音に対応する楽音情報データのうち検索結果データに含める予め定められた種類の楽音情報データを読み出し、ステップS28において、検索件数結果と予め定められた種類の楽音情報データとから検索結果データを生成する。楽音情報データのうち検索結果データに含める予め定められた楽音情報データとは、たとえば、楽音の楽音番号、名称、キーワード、ジャンル、テンポ、演奏時間、価格、データサイズなど、楽音検索装置10の利用者が楽音を選択し指定する際に行う判断に役立つ情報である。

0103

ステップS29において、検索部送信装置25は操作部受信装置45に検索結果データを送信する。

0104

ステップS61において、操作部40の操作部受信装置45は検索部送信装置25から送信された検索結果データを受信する。

0105

操作部受信装置45が受信した検索結果データに基づいて、ステップS62において、操作部40の操作部表示装置46が楽音検索結果を表示する。操作部表示装置46に表示される検索結果は、検索結果データに基づいており、検索条件に適合する楽音の件数、検索条件に適合した楽音の楽音番号、楽音名、イメージを示すキーワード、テンポ、ジャンル、演奏時間、受信時間、価格などの各種楽音情報である。

0106

操作部表示装置46に表示された検索結果に基づいて、利用者は実際に入手して楽音を出力させ楽音を確認するために、ステップS63において、楽音を選択し、指定する。楽音の指定は、キーボード、マウスなどの操作部入力装置43を用いて行う。たとえば、操作部表示装置46に表示されている楽音名上にカーソルを移動させ、マウスボタンを押すことによって指定する。

0107

ステップS64において、操作部表示装置46に楽音の指定とともに、出力用音源データの入手方法を選択し、指定する。たとえば、楽音の入手目的は、楽音の試聴を目的として一時的に楽音を入手する視聴目的と楽音を購入のために入手する購入目的とがある。楽音の入手方法は、たとえば操作部受信装置45によって受信する出力用音源データを受信だけする方法、出力用音源データを受信するとともに、同時に操作部出力装置47によって楽音を再生する方法等である。

0108

ステップS65において、楽音の入手方法を判断し、楽音の入手方法が試聴の場合にはステップS68に進む。入手方法が試聴ではない場合にはステップS66に進み、ステップS66において、操作部入力装置43から購入信号が入力される。

0109

ステップS66において購入信号が入力されると、ステップS67に進み、楽音を購入するための条件として、予め定められたID番号およびパスワードが操作部入力装置43から入力される。ID番号およびパスワードによって、楽音検索装置10の利用者を特定することができる。楽音を購入する場合は、ステップS67においてID番号およびパスワードが入力された後、ステップS68に進む。

0110

ステップS68において、検索部受信装置24に送信される楽音指定データが生成される。楽音指定データは、楽音の入手方法が試聴の場合は指定した楽音を特定するデータであり、楽音の入手方法が購入の場合は指定した楽音を特定するデータならびにID番号およびパスワードに関するデータである。

0111

ステップS68で生成された楽音指定データは、ステップS69において、操作部送信装置44から検索部受信装置24に送信される。

0112

操作部送信装置44から送信された楽音指定データは、ステップS70において、検索部受信装置24によって受信される。

0113

ステップS71において、楽音指定データに基づいて楽音の入手方法を判断し、楽音の入手方法が試聴である場合には、ステップS72に進み、音源データ記憶装置23に記憶されている試聴用音源データを読み出し、ステップS73において、検索部送信装置25から操作部受信装置45に試聴用音源データを送信する。

0114

ステップS71において、楽音指定データに基づいて楽音の入手方法を判断し、楽音の入手方法が試聴でない場合には、ステップS74に進み、ID番号およびパスワードを確認する。

0115

ステップS75において、ID番号およびパスワードが楽音を購入する条件を満たしているか否かを判断し、ID番号およびパスワードが楽音を購入する条件を満たしている場合には、ステップS76に進み、音源データ記憶装置23に記憶されている販売用音源データを読み出し、ステップS77において、検索部送信装置25から操作部受信装置45に販売用音源データを送信する。

0116

販売用音源データを送信した後、ステップS78において、楽音の販売に関する情報である課金データ更新し、ステップS79において、更新された最新の課金データを操作部受信装置45に送信する。

0117

ステップS75において、ID番号およびパスワードが楽音を購入する条件を満たしていない場合には、ステップS80に進み、楽音を販売できない旨のエラー情報を操作部受信装置45に送信する。

0118

検索部送信装置25から送信されたエラー情報は、ステップS81において、操作部受信装置45によって受信され、ステップS82において、操作部表示装置46に表示され、ステップS83において、ID番号およびパスワードの再入力などの作業を続行するか否かを判断する(図5)。さらに作業を続行する場合には、ステップS67に戻る。作業を中止する場合には、楽音検索を終了する。

0119

ステップS73において送信された試聴用音源データは、ステップS91において、操作部受信装置45によって受信される。

0120

ステップS91において、操作部受信装置45によって受信された試聴用音源データは、ステップS92において、操作部出力装置47によって出力される。楽音検索装置10の利用者は、操作部出力装置47によって出力される楽音を実際に聞いて確認し、ステップS93において、利用者が想定した楽音として採用できるか否かを判断する。

0121

ステップS93において、利用者が想定した楽音として採用できる場合には、ステップS94に進み、ステップS66と同様にステップS94において、操作部入力装置43から購入信号が入力される。

0122

ステップS94において購入信号が入力されると、ステップS67と同様にステップS94において、楽音を購入するための条件として、予め定められたID番号およびパスワードが操作部入力装置43から入力される。ステップS95においてID番号およびパスワードが入力された後、ステップS96に進む。

0123

ステップS96において、検索部受信装置24に送信される楽音指定データが生成される。この場合の楽音指定データは、指定した楽音を特定するデータならびにID番号およびパスワードに関するデータである。

0124

ステップS96で生成された楽音指定データは、ステップS97において、操作部送信装置44から検索部受信装置24に送信される。

0125

操作部送信装置44から送信された楽音指定データは、ステップS70において、検索部受信装置24によって受信される。

0126

ステップS93において、利用者が想定した楽音として採用できない場合には、ステップS98に進み、さらに他の楽音を確認するか否かを判断する。さらに他の楽音を確認する場合には、ステップS63に戻る。さらに他の楽音の確認を行わない場合には、楽音検索を終了する。

0127

ステップS77において検索部送信装置25から送信された販売用音源データは、ステップS99において、操作部受信装置45に受信され、ステップS100において、操作部40の操作部記憶装置48に記憶される。操作部記憶装置48に記憶された販売用音源データは、適宜、楽音検索装置10の利用者によって、BGM、効果音等に利用される。

0128

ステップS79において検索部送信装置25から送信された課金データは、ステップS101において、操作部受信装置45に受信され、ステップS102において、操作部表示装置46に表示される。操作部表示装置46に表示される課金データは、たとえば、購入した楽音の価格を含み、たとえば1カ月等の一定期間毎に集計した価格を含む場合もある。

0129

図9は音源データ記憶装置23に記憶される音源データの一例を示す図である。音源データ記憶装置23に記憶される音源データは、前述のように、楽音に関する各種情報が含まれる楽音情報データと、操作部送信装置44からの楽音指定データに基づいて、操作部受信装置45に送信される出力用音源データとを含む。

0130

楽音情報データには、複数の種類の項目に対応した情報が含まれる。楽音情報データに含まれる項目として、たとえば、楽音番号、楽音名称、楽音の作者、楽音のイメージを示す言葉であるキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音を出力する際の演奏時間(出力時間)、楽音の販売用音源データのデータサイズ、楽音の販売用音源データの送信時間、楽音の価格等である。

0131

出力用音源データは、少なくとも第1の出力用音源データと、第1の出力用音源データよりも音質の劣る第2の出力用音源データとを含む。具体的には、出力用音源データは、第1の出力用音源データである、楽音検索装置10の利用者が購入する販売用音源データと、販売用音源データの音質よりも音質の劣る第2の出力用音源データである、利用者が選択し指定した楽音を実際に耳で聞いて試聴し確認する際に用いられる試聴用音源データとを含む。

0132

試聴用音源データの音質を販売用音源データの音質よりも低く設定するので、試聴用音源データのデータサイズを販売用音源データのデータサイズよりも小さくすることができる。したがって、利用者が選択し指定した楽音を試聴する際に、試聴用音源データの送信時間を短くすることができる。すなわち、楽音の確認作業を効率よく行うことができる。具体的には、試聴用音源データを生成する際のサンプリング周波数を、販売用音源データを生成する際のサンプリング周波数よりも低く設定する。たとえば、試聴用音源データを生成する際のサンプリング周波数を22.05kHz、販売用音源データを生成する際のサンプリング周波数を44.1kHzとする。

0133

図10および図11は、ステップS21において操作部表示装置46に表示される検索条件入力画面例を示す図である。

0134

操作部表示装置46にステップS21において表示される検索条件入力画面50は、楽音をキーワードで検索する際にキーワードを入力するキーワード入力欄51と、楽音をテンポで検索する際にテンポを入力するテンポ入力欄52と、楽音を演奏時間で検索する際に演奏時間を入力する演奏時間入力欄53と、楽音をジャンルで検索する際にジャンルを入力するジャンル入力欄54とを含む。

0135

キーワード入力欄51には、たとえば、明るい、爽やか、悲しい、軽快、ドラマチック、活動的、エキサイティング、緊迫感、緊張感、混沌、メカニカル、センチメンタル、ノスタルジック、不思議、神秘的、不安、怪奇、スリリング、広がり、ファンタジック、透明、静寂、清らか、のどか、懐かしい、優しさ、郷愁、ミステリアス、幻想的、情景的、クール、リラックス、おしゃれ、メロウ、シック、楽しい、グルービー、アダルト、リズミカル、ファンキー、朝、夕方等の楽音をキーワードで検索するためのキーワードを入力する。

0136

テンポ入力欄52には、たとえば、遅い(Slowly、Andante)、やや遅い(Medium slow、Andantino)、普通(Medium、Mo derato)、やや速い(Mediumfast、Allegretto)、速い(Fast、Allegro)のような言葉または一分間あたり拍の単位となる音符が刻む数であるメトロノーム表示の数値等の楽音である曲の速度を入力する。テンポ入力欄52に含まれるプルダウンメニュー表示部55上にマウスカーソルを移動させ、マウスボタンを押すと、図11に示すようなプルダウンメニュー56が表示されるので、このプルダウンメニュー56によって表示される楽音のテンポを指定することによって、テンポを入力することができる。

0137

演奏時間入力欄53には、たとえば「15秒」、「30秒」、「50〜60秒」等の出力用音源データに基づいて楽音を演奏(再生)する際の演奏時間(再生時間)であって、実際の演奏時間(再生時間)の数値を入力する。

0138

ジャンル入力欄54には、たとえば、ポップス(Pops)、イージーリスニング(Easy Listening)、キッズ(Kid’s)、ダイナミック(Dynamic)、ダンス(Dance)、インダストリアル(Industrial)、ロック(Rock)、ニューエイジ(New Age)、ジャズ(Jazz)等の楽音の種類を示すジャンルを示す言葉が表示されており、入力するジャンルを示す言葉にマウスカーソルを移動させ、マウスボタンを押すことによって、ジャンルを入力することができる。

0139

各検索条件を入力した後、検索ボタン57上にマウスカーソルを移動させ、マウスボタンを押すことによって、図3のステップS22において検索条件データが生成され、ステップS23において、検索条件データが検索部受信装置24に送信される。検索条件データとして、前述のように、楽音の価格、出力用音源データの送信時間などを含めることもできる。

0140

検索条件として楽音の演奏時間を指定できるので、BGM、効果音としての楽音を検索する際に極めて利便である。すなわち、BGM、効果音は、その演奏時間が予め定められている場合が多く、楽音のイメージが想定した楽音のイメージに合致していても、演奏時間が想定した楽音の演奏時間に合致していなければ利用することができないからである。

0141

図12はステップS62において操作部表示装置46に表示される検索結果表示画面例を示す図であり、図13はステップS67,S95において操作部表示装置46に表示される検索結果表示画面例を示す図である。

0142

操作部表示装置46にステップS62において表示される検索結果表示画面60は、検索条件に適合する楽音の件数が表示される検索件数表示欄61と、検索条件に適合する楽音の内容を確認するための楽音情報が表示される楽音情報表示欄62とを含む。

0143

検索件数表示欄61には、ステップS25における楽音の検索の結果、検索条件に適合した楽音が何件存在したかが表示され、たとえば「10件あります。」等が表示される。

0144

楽音情報表示欄62には、検索条件に適合した楽音の楽音情報が表示され、たとえば、名称欄63に楽音の名称、キーワード欄64には楽音のイメージを示すキーワード、演奏時間欄65には楽音の演奏時間、価格欄66には楽音の価格、ジャンル欄67には楽音のジャンル、テンポ欄68には楽音のテンポが表示される。

0145

検索結果表示画面60は、さらに、楽音の入手方法を指定するために用いられる入手方法入力欄70を含む。入手方法入力欄70は、たとえば楽音の試聴を目的として一時的に楽音を入手する視聴目的の入手方法を指定するための試聴用入力欄71と、楽音を購入のために楽音を入手する購入目的の入手方法を指定する購入用入力欄72とを含む。

0146

試聴を目的として楽音を入手する場合には、入手する楽音の試聴用入力欄71にマウスカーソルを移動し、マウスボタンを押すことによって、楽音指定データを生成し、検索部受信装置24に楽音指定データを送信することができる。

0147

購入を目的として楽音を入手する場合には、入手する楽音の購入用入力欄72にマウスカーソルを移動し、マウスボタンを押すと、図13に示されるID等入力画面80が操作部表示装置46に表示される。

0148

検索結果表示画面60は、さらにまた、検索条件に適合する楽音を検索件数が多い場合などに、さらに検索条件を追加して検索を行う絞り込み検索条件を入力する絞り込み検索用入力欄73と、絞り込み検索用入力欄73に入力された検索条件に基づく検索条件データを送信するための検索実行入力欄74とを含む。絞り込み検索用入力欄73を用いて、絞り込み検索を行うことによって、より的確な楽音をより容易かつ効率的に入手することができる。

0149

購入を目的として楽音を入手する場合に、入手する楽音の購入用入力欄72にマウスカーソルを移動し、マウスボタンを押すと操作部表示装置46に表示されるID等入力画面80は、たとえば、楽音の名称が表示される名称表示欄81と、楽音の価格が表示される価格表示欄82と、楽音の演奏時間が表示される演奏時間表示欄83と、楽音のジャンルが表示されるジャンル表示欄84と、楽音のテンポが表示されるテンポ表示欄85と、楽音のイメージを示すキーワードが表示されるキーワード表示欄86と、楽音を受信する際の受信時間である出力用音源データの送信時間を表示する伝送時間表示欄87と、楽音検索装置10の利用者毎に予め設定されたID番号を入力するID入力欄88と、利用者毎に予め設定されたパスワードを入力するパスワード入力欄89とを含む。

0150

利用者は、ID等入力画面80の名称表示欄81、価格表示欄82、演奏時間表示欄83、ジャンル表示欄84、テンポ表示欄85、キーワード表示欄86および伝送時間表示欄87に表示された各種の楽音情報を確認し、この楽音を購入する場合には、ID入力欄88に利用者のID番号を入力するとともに、パスワード入力欄89に利用者のパスワードを入力し、ID等入力画面80に含まれる購入信号入力欄90にマウスカーソルを移動させ、マウスボタンを押すと、楽音指定データが生成され、検索部受信装置24に楽音指定データが送信される。

0151

利用者は、ID等入力画面80の名称表示欄81、価格表示欄82、演奏時間表示欄83、ジャンル表示欄84、テンポ表示欄85、キーワード表示欄86および伝送時間表示欄87に表示された各種の楽音情報を確認し、この楽音を購入しない場合には、ID等入力画面80に含まれる取消信号入力欄91にマウスカーソルを移動させ、マウスボタンを押す。

0152

図14は、ステップS102において操作部表示装置46に表示される課金データ表示画面例を示す図である。

0153

課金データ表示画面92は、利用者が入手した楽音の価格の合計金額を表示する価格表示欄93と、利用者が入手した楽音の各種情報が表示される購入楽音情報表示欄94とを含む。購入楽音情報表示欄94は、楽音検索装置10の利用日時を表示する利用日時表示欄95と、入手した楽音の名称を表示する楽音名称表示欄96と、楽音の価格が表示される価格表示欄97とを含む。

0154

図15は、ステップS25における検索動作の例を示すフローチャートである。ステップS25においては、楽音のイメージを示すキーワード、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音のジャンルおよび楽音の伝送時間によって楽音検索を行う場合の例である。

0155

ステップS2501において、検索処理が開始されると、ステップS2502において、検索条件にキーワードが含まれているか否かを判断してキーワード検索か否かを判断する。キーワード検索の場合には、ステップS2503に進み、検索条件データに含まれるキーワードと音源データ記憶装置23に記憶される音源データに含まれる楽音情報データとを比較する。検索条件のキーワードに合致するキーワードを楽音情報データに含む楽音が存在する場合には、ステップS2504において、検索条件に合致する楽音だけを含む検索結果を記憶する。検索条件のキーワードに合致するキーワードを楽音情報データに含む楽音が存在しない場合には、ステップS26に進む。キーワード検索ではない場合には、ステップS2505に進む。

0156

ステップS2505において、検索条件に楽音のテンポが含まれているか否かを判断してテンポ検索か否かを判断する。テンポ検索の場合には、ステップS2506に進み、ステップS2504において記憶された検索結果に含まれる楽音を検索対象として、検索条件データに含まれるテンポと音源データ記憶装置23に記憶される音源データに含まれる楽音情報データとを比較する。検索条件のテンポに合致するテンポを楽音情報データに含む楽音が存在する場合には、ステップS2507において、検索条件に合致する楽音だけを含む検索結果を記憶する。検索条件のテンポに合致するテンポを楽音情報データに含む楽音が存在しない場合には、ステップS26に進む。テンポ検索ではない場合には、ステップS2508に進む。

0157

ステップS2508において、検索条件に楽音の演奏時間が含まれているか否かを判断して演奏時間検索か否かを判断する。演奏時間検索の場合には、ステップS2509に進み、ステップS2507において記憶された検索結果に含まれる楽音を検索対象として、検索条件データに含まれる演奏時間と音源データ記憶装置23に記憶される音源データに含まれる楽音情報データとを比較する。検索条件の演奏時間に合致する演奏時間を楽音情報データに含む楽音が存在する場合には、ステップS2510において、検索条件に合致する楽音だけを含む検索結果を記憶する。検索条件の演奏時間に合致する演奏時間を楽音情報データに含む楽音が存在しない場合には、ステップS26に進む。演奏時間検索ではない場合には、ステップS2511に進む。

0158

ステップS2511において、検索条件に楽音のジャンルが含まれているか否かを判断してジャンル検索か否かを判断する。ジャンル検索の場合には、ステップS2512に進み、ステップS2510において記憶された検索結果に含まれる楽音を検索対象として、検索条件データに含まれるジャンルと音源データ記憶装置23に記憶される音源データに含まれる楽音情報データとを比較する。検索条件のジャンルに合致するジャンルを楽音情報データに含む楽音が存在する場合には、ステップS2513において、検索条件に合致する楽音だけを含む検索結果を記憶する。検索条件のジャンルに合致するジャンルを楽音情報データに含む楽音が存在しない場合には、ステップS26に進む。ジャンル検索ではない場合には、ステップS2514に進む。

0159

ステップS2514において、検索条件に楽音の伝送時間が含まれているか否かを判断して伝送時間検索か否かを判断する。伝送時間検索の場合には、ステップS2515に進み、ステップS2513において記憶された検索結果に含まれる楽音を検索対象として、検索条件データに含まれる伝送時間と音源データ記憶装置23に記憶される音源データに含まれる楽音情報データとを比較する。検索条件の伝送時間に合致する伝送時間を楽音情報データに含む楽音が存在する場合には、ステップS2516において、検索条件に合致する楽音だけを含む検索結果を記憶する。検索条件の伝送時間に合致する伝送時間を楽音情報データに含む楽音が存在しない場合には、ステップS26に進む。伝送時間検索ではない場合には、ステップS26に進む。

0160

販売用音源データの伝送時間は、データの送受信装置である、検索部送信装置25および操作部受信装置45が対応できるデータの送受信速度によって異なるので、検索条件データに伝送時間が含まれる場合には、検索条件として入力された伝送時間(ダウンロード時間)とその利用者の通信環境に基づくダウンロード係数とから検索条件として入力された伝送時間に対応するデータファイルサイズを算出し、この算出したファイルサイズと販売用音源データのファイルサイズとを比較することによって検索を行う。検索条件として入力された伝送時間に対応するファイルサイズと販売用音源データのファイルサイズが合致する場合には、伝送時間が合致する楽音として検索結果に含まれる。

0161

このように本実施の形態においては、キーワード検索、テンポ検索、演奏時間検索、ジャンル検索および伝送時間検索を順次的に検索するように構成し、キーワード検索による検索結果を対象にテンポ検索を行い、テンポ検索による検索結果を対象に演奏時間検索を行い、演奏時間検索による検索結果を対象にジャンル検索を行い、ジャンル検索による検索結果を対象に伝送時間検索を行うので、検索条件データと楽音情報データとの比較処理回数を少なくすることができ、効率良い検索処理を行うことができる。

0162

本実施の形態においては、キーワード検索、テンポ検索、演奏時間検索、ジャンル検索および伝送時間検索を順次的に検索するようにしたが、検索項目順序は変更することができるとともに、検索項目を増加または減少させることができる。

0163

以上のように楽音検索装置10を用いることによって、楽音の検索作業、確認作業および入手作業を一連の作業として行うことができ、利用者が想定した楽音を、容易に、かつ効率良く入手することができる。

0164

図16は、本発明の他の実施の形態の楽音検索装置100の構成を簡略して示す構成図である。楽音検索装置100は、前述の楽音検索装置10と同様の目的で使用され、BGM、効果音等に用いられる楽音を検索し、その楽音を確認し、その楽音を出力させることができる。楽音検索装置100の構成は、基本的にパーソナルコンピュータなどの汎用電子計算機システムの構成と同じ構成である。

0165

楽音検索装置100は、本実施の形態に適合する処理を実行するための各種制御を行うとともに楽音の検索処理を行う音源データ検索手段である制御装置101と、各種データが一時的または継続的にストアされるメモリ102,103と、楽音に関する音源データが記憶される音源データ記憶手段である音源データ記憶装置104と、検索条件データおよび楽音指定データを入力する検索条件入力手段である入力装置105と、検索結果を表示する検索結果表示手段である表示装置106と、出力用音源データをアナログ音声信号に変換するD/A変換器107と、D/A変換器107によって変換されたアナログ音声信号を楽音として出力する楽音出力手段である出力装置108とを含む。制御装置101、メモリ102,103、音源データ記憶装置104、入力装置105、表示装置106、D/A変換器107および出力装置108はバスライン109を介して相互に接続される。

0166

制御装置101は、CPU等によって実現され、各種プログラムを実行し、音源データ記憶装置104、メモリ102,103、音源データ記憶装置104、入力装置105、表示装置106、D/A変換器107および出力装置108を制御するとともに、楽音を検索するために入力装置105に入力される検索条件データと音源データ記憶装置23に記憶される音源データに含まれる楽音情報データとを比較する。

0167

メモリ102,103は、複数の電子部品等で実現されるROM(read onlymemory)、RAM(random access memory)であり、制御装置101に対してその制御動作の基本になる情報または命令の各種データが一時的または継続的にストアされるとともに、制御装置101の制御に基づいて、音源データ記憶装置104に制御情報を与え、かつ音源データ記憶装置104、入力装置105、表示装置106、D/A変換器107および出力装置108から各種情報を得る。

0168

音源データ記憶装置104は、ハードディスク、磁気ディスク、デジタルビデオディスク等の外部記憶装置によって実現され、楽音に関する音源データが記憶される。音源データは楽音検索装置10の音源データと同様であって、楽音の検索処理の際に検索条件データと比較される楽音情報データと、楽音を出力する際に用いられる出力用音源データとを含む。

0169

楽音情報データは前述の楽音検索装置10において用いられる楽音情報データと同様に、楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間等を特定する言葉、数字、記号等である。

0170

出力用音源データは、出力装置108によって楽音を出力する際に用いられる音源データであって、データファイルを圧縮して記憶されたデジタルデータである。

0171

表示装置106は、CRT、液晶ディスプレイ等で実現され、制御装置101が処理する検索処理の結果である検索結果データに基づいた検索結果を表示する。

0172

D/A変換器107は、制御装置101の制御に基づいて、音源データ記憶装置104から読み出した出力用音源データを音声信号に変換して、出力装置108に音声信号を出力する。

0173

出力装置108は、スピーカ等で実現され、D/A変換器107から出力された音声信号を増幅して楽音として出力する。

0174

以上のように構成された楽音検索装置100を用いて、楽音を検索し、所望の楽音を入手する方法は、図2に示すフローチャートを参照して楽音検索装置10について説明した方法と大略的に同一である。ここで図17に示すフローチャートを参照しながら、楽音検索装置100を用いた楽音の検索方法をさらに説明する。図17は、楽音検索装置100を用いた楽音検索方法の概要を示すフローチャートである。

0175

楽音検索装置100の利用者は、入手したい楽音を想定し、ステップS201において、入力装置105を用いて、想定した楽音を検索するための検索条件を入力する。検索条件は、前述の場合と同様に、たとえばキーワードとして「明るい、爽やか」、楽音のジャンルとして「イージーリスニング」、楽音のテンポとして「やや速い」、楽音の演奏時間として「20〜30秒」、楽音の価格として「2000円以下」および出力用音源データの送信時間として「5分以下」などの検索条件を入力する。

0176

ステップS202において、入力装置105に入力された検索条件に基づいて生成された検索条件データは、ステップS203において、検索条件データと楽音情報データとを比較して検索処理を行う。

0177

制御装置101は検索条件データと楽音情報データとを比較し、ステップS204において、検索条件データに該当する楽音情報データが存在するか否かを判断する。各検索条件の検索処理については、前述の場合と同様である。

0178

音源データ記憶装置104内に、検索条件データに該当する楽音情報データが存在する場合には、ステップS205において、音源データ記憶装置104から該当する楽音に対応する楽音情報データのうち検索結果データに含める予め定められた種類の楽音情報データを読み出し、ステップS206において、検索件数結果と予め定められた種類の楽音情報データとから検索結果データを生成する。楽音情報データのうち検索結果データに含める予め定められた楽音情報データとは、たとえば、楽音の楽音番号、名称、キーワード、ジャンル、テンポ、演奏時間、価格、データサイズなど、楽音検索装置100の利用者が楽音を選択し指定する際に行う判断に役立つ情報である。

0179

ステップS207において、表示装置106が楽音検索結果を表示する。表示装置106に表示される検索結果は、検索結果データに基づいており、検索条件に適合する楽音の件数、検索条件に適合した楽音の楽音番号、楽音名、イメージを示すキーワード、テンポ、ジャンル、演奏時間、受信時間、価格などの各種楽音情報である。

0180

表示装置106に表示された検索結果に基づいて、ステップS208において、利用者は実際に出力する楽音を選択し、指定する。楽音の指定は、キーボード、マウスなどの入力装置105を用いて行う。たとえば、表示装置106に表示されている楽音名上にカーソルを移動させ、マウスボタンを押すことによって指定する。

0181

ステップS208において指定された楽音の出力用音源データを、ステップS209において、音源データ記憶装置104から読み出す。

0182

ステップS209において読み出された出力用音源データは、ステップS210においてアナログ音声信号に変換され、ステップS211において、出力装置108から楽音として出力される。

0183

ステップS204において、検索条件データに該当する楽音情報データが存在しない場合には、ステップS212に進み、表示装置106に検索条件に適合する楽音が存在しないことを表示する。

0184

ステップS213において、検索条件を変更してさらに楽音検索を行うかどうかを、利用者の入力する入力信号に基づいて判断し、さらに楽音検索を行う場合には、ステップS201に戻る。楽音検索を行わない場合には、終了する。

0185

楽音検索装置100は、インターネット等のネットワーク15を介さない、いわゆるスタンドアローンタイプのシステムであって、CD−ROM、DVD−ROM、MO等の記憶媒体に記憶された音源データを対象として、楽音検索をすることができる。したがって、データの送受信装置および通信環境を備えていない構成であっても、容易にかつ効率良く楽音検索を行うことができる。

0186

前述の楽音検索装置10,100の音源データ記憶装置23,104に記憶される音源データは、複数の種類の記憶形態として記憶することができる。音源データ、特に出力用音源データを複数の形態のデータとして記憶することによって、入手できる楽音の数を増加させることができる。ここでいう楽音は1つの完成した曲を意味し、楽音の数とは1つの曲である楽音を編集することによって得られる二次的な曲である楽音を含めた楽音の数である。

0187

出力用音源データの記憶形態としては、たとえば、1つの楽音について、演奏時間の異なる出力用音源データを作成し、出力用音源データとして記憶する形態である。したがって、1つの一次的な楽音そのものをデジタル化して圧縮して記憶される出力用音源データと、前記一次的な楽音に基づいて前記一次的な楽音を編集して得られる演奏時間の異なる複数の二次的な楽音をデジタル化して圧縮して記憶される複数の出力用音源データとが存在することになる。二次的な楽音の出力用音源データは、アナログ音声信号を編集した後にデジタル化して圧縮しても良く、デジタル化された一次的な楽音の出力用音源データを編集して作成してもよい。

0188

以上のような出力用音源データの記憶形態においては、記憶されるそれぞれの出力用音源データに対応する検索用音源データが記憶され、利用者が入力する検索条件と比較されるが、それぞれの出力用音源データに対応する検索用音源データの一部または全部を相互に共通とすることもできる。

0189

図18は、出力用音源データの記憶形態が、楽音そのものをデジタル化して圧縮して記憶する形態である場合の楽音を出力する動作の概要を示すフローチャートである。

0190

ステップS301において、音源提供処理が開始される。ステップS302において、指定された楽音の出力用音源データである音源ファイルを、音源データ記憶装置23,104から読み出す。このステップS301およびステップS302は、前述のステップS76,S209に対応する。

0191

ステップS303において、音源データ記憶装置23,104から読み出された出力用音源データに基づいて、D/A変換等を経て、アナログ音声信号を操作部出力装置47または出力装置108によって楽音として出力する。

0192

出力用音源データが、演奏時間の異なる複数の出力用音源データであるので、検索対象である楽音の数が多く、利用者が所望する楽音に合致する楽音である確率が増加し、利用者は容易にかつ効率良く所望の楽音を入手することができる。

0193

また他の出力用音源データの記憶形態としては、たとえば、1つの楽音について、楽音全体をデジタル化して得られた出力用音源データに、出力用音源データを分割する箇所に分割情報としてタグを付加しておき、このタグと出力用音源データをどのように分割および結合すべきであるかを指定する編集指示データとを記憶する形態である。タグ情報と編集指示データとに基づいて、出力すべき出力用音源データを生成して、楽音を出力することができる。

0194

楽音として分割しても音楽的に不都合が生じない、いわゆる音楽的にキリの良い箇所に、予めタグ(印)をつけておくことで、楽音の前奏部分であるイントロ部、イントロ部に続くAメロ部、Aメロ部に続くBメロ部、Bメロ部に続くいわゆるさびの部分であるフック部、楽音の最後の部分であるエンディング部などの音楽構成要素(以下、「パート」と示す場合がある)毎に分割し、パートを適宜相互に結合して組み合わせることが容易にできる。出力用音源データをパート毎に分割し、分割したパートを適宜結合して組み合わすことによって、種々の楽音を生成することができる。したがって、利用者の検索条件に適合する楽音の数が増加し、利用者は容易にかつ効率良く所望の楽音を入手することができる。

0195

図19はタグ情報が付加された出力用音源データを読み出し楽音として出力する場合の動作の概要を示すフローチャートであり、図20は出力用音源データを分割および結合するために用いられるタグ情報の一例を示す図であり、図21はタグ情報が付加された出力用音源データの波形表示の一例を示す図である。

0196

ステップS311において、音源提供処理が開始される。ステップS312において、出力用音源データをどのように分割および結合すべきであるかを指定する編集指示データを読み出す。編集指示データは、利用者の検索条件に適合するたとえば演奏時間の楽音となるパートの組み合わせ方法を指定するものである。たとえば、出力用音源データ全体では演奏時間が長く、利用者の検索条件に適合しない場合であっても、出力用音源データのイントロ部とAメロ部とエンディング部とを結合した場合には、利用者の検索条件に合致するような場合に、イントロ部とAメロ部とエンディング部とを結合することを指定するものである。

0197

ステップS313において、出力用音源データに付加されたタグ情報を読み出す。このタグ情報は、図20および図21に示すように、たとえば、楽音の前奏部分であるイントロ部、イントロ部に続くAメロ部、Aメロ部に続くBメロ部、Bメロ部に続くいわゆるさびの部分であるフック部、フック部に続く間奏部、楽音の最後の部分であるエンディング部などの間に付加される。

0198

ステップS314において、編集指示データおよびタグ情報に基づき、出力用音源データを分割および結合し、検索条件に適合する楽音に対応する出力用音源データを生成する。ステップS315において、ステップS314において生成された出力用音源データに基づいて、D/A変換等を経て、アナログ音声信号を操作部出力装置47または出力装置108によって楽音として出力する。

0199

タグ情報は、図20に示すように、タグ名称120とその時間情報121とからなる。タグ名称120は、たとえば、Intro(イントロ)、Amelo(Aメロ)、Bmelo(Bメロ)、Hook(フック)、Ending(エンディング)などであり、タグ番号として数字で合っても良い。時間情報121は、そのパートに相当する演奏時間を示すものである。タグ情報は、出力用音源データの冒頭部または末尾などに含ませることもでき、また出力用音源データとは異なるデータファイルとして記憶してもよい。

0200

さらに他の出力用音源データの記憶形態としては、たとえば、1つの楽音について、楽音全体をデジタル化して得られた出力用音源データに、出力用音源データを分割する箇所に分割情報としてタグを付加しておき、このタグと出力用音源データをどのように分割および結合すべきであるかを指定する編集指示データと、分割された出力用音源データに音響効果処理を行うための音響効果処理データとを記憶する形態である。この場合検索装置10,100は、出力用音源データに音響効果処理を行うことができる音響効果処理手段として音響効果処理装置を備える構成としてもよい。音響効果処理装置としては、たとえば、特開平6−110485、特開平9−222886、特開平9−269775等に開示されている音響効果処理装置を用いることができる。

0201

音響効果処理は、出力用音源データを分割した場合であって、パートの最後まで楽音として用いない場合またはBGM、効果音として楽音を再生する際に、出力用音源データの演奏時間がBGM、効果音としての楽音の演奏時間よりも短い場合に、最後のパートに対応する楽音が音の途中で途切れてしまう場合に効果がある。すなわち、音が途中で途切れてしまうと、聴者に不快な印象を与えるなど心理的に好ましくない。したがって、楽音の最後に残響付加処理などの音響効果処理を行い、音の途切れ部分残響を付加し、音が途中で途切れた印象を和らげることによって、聴者に不快な印象を与えるなどの心理的に好ましくない楽音を心理的に好ましい楽音とし、BGM、効果音としての楽音に用いることができるようにするものである。

0202

出力用音源データに音響効果処理を行うために、残響処理などの音響効果処理を行う箇所に予めタグ情報を付加しておき、このタグ情報を、たとえば前述のようなタグ情報とともにタグ情報データとして、音源データ記憶装置23,104に記憶しておく。残響処理は、出力用音源データ全体に対して行う必要はなく、音の最後の部分である音の終了間際の一部分のみに行うようにしてもよい。

0203

図22は音響効果処理を行った出力用音源データに基づいて楽音を出力する場合の動作の概要を示すフローチャートであり、図23は音響効果処理を行う前の出力用音源データの波形表示の一例を示す図であり、図24は音響効果処理に関するタグ情報が含まれたタグ情報の一例を示す図であり、図25は音響効果処理を行った後の出力用音源データの波形表示の一例を示す図である。

0204

ステップS321において、音源提供処理が開始される。ステップS322において、出力用音源データをどのように分割および結合すべきであるかを指定するとともにどのような音響効果処理を行うかを指定する編集指示データを読み出す。編集指示データは、利用者の検索条件に適合するたとえば演奏時間の楽音となるパートの組み合わせ方法を指定するとともに、どのような音響効果をどの部分に行うのかを指定するものである。たとえば、パートであるBメロに続いて、残響処理を所定時間行うことを指定する。

0205

ステップS323において、出力用音源データに付加されたタグ情報を読み出す。このタグ情報は、図24および図25に示すように、たとえば、イントロ部、Aメロ部、Bメロ部、フック部、間奏部、エンディング部などの間に付加されるとともに、残響処理を行う箇所に付加されている。

0206

ステップS324において、編集指示データおよびタグ情報に基づき、出力用音源データを分割および結合し、検索条件に適合する楽音に対応する出力用音源データを生成する。

0207

ステップS325において、ステップS324において生成された出力用音源データにタグ情報に含まれる音響効果処理に基づいて、音響効果処理を行う。

0208

ステップS326において、ステップS325において音響効果処理が行われた出力用音源データに基づいて、D/A変換等を経て、アナログ音声信号を操作部出力装置47または出力装置108によって楽音として出力する。

0209

この場合のタグ情報は、図24に示すように、前述のタグ情報と同様にタグ名称120とその時間情報121とからなる。タグ名称120は、たとえば、前述のIntro(イントロ)、Amelo(Aメロ)、Bmelo(Bメロ)、Hook(フック)、Ending(エンディング)などに加え、残響処理を表すReverb(Reverberate)などである。時間情報121は、そのパートに相当する演奏時間を示すものである。タグ情報は、前述の場合と同様に、出力用音源データの冒頭部または末尾などに含ませることもでき、また出力用音源データとは異なるデータファイルとして記憶してもよい。

0210

音響効果処理を行わない出力用音源データは、図23に示すように、楽音の最後に相当する出力用音源データの終了部分において、音が途切れているので好ましくない。音響効果処理を行った出力用音源データは、図25に示すように、楽音の最後に相当する出力用音源データの終了部分において、徐々に音が小さくなるような残響処理が行われているので、聴者に不快な印象を与えない。したがって、BGM、効果音として利用価値の高い楽音となる。

0211

このような音響効果処理は、すべてのパートに対して行うことができ、これらのパートを種々組み合わせることによって、利用者の検索条件に合致した楽音を検索することができる。

0212

前述の説明においては、主に残響処理について説明したが、音響効果処理装置が付与する音響効果処理は残響効果処理だけではなく、たとえばディレイと呼ばれるような遅延処理など、音の途切れを緩和する効果のある音響効果処理すべてを含み、音響効果処理装置は音の途切れを緩和する効果のある音響効果処理を行うことができるものである。

0213

さらにまた他の出力用音源データの記憶形態としては、たとえば、楽音の演奏情報である演奏データと楽器音色情報である音色データとを記憶する形態である。この場合、楽音を出力する際に前記演奏データと音色データとから楽音を生成する。すなわち、楽音を出力する際には、特開平9−90955、特開平9−258736、特開平9−258737等に開示されているいわゆるソフトウェアシンセサイザなどの音声合成装置を用い、前記演奏情報および音色データに基づいて、楽音を生成する。したがって、楽音検索装置10,100は、ソフトウェアシンセサイザなどの音声合成装置を備える。

0214

図26は、楽音検索装置100において演奏データと音色データとから楽音を出力する動作の概要を示すフローチャートである。

0215

ステップS331において、音源提供処理が開始される。ステップS332において、演奏データと音色データとを読み出す。演奏データは楽音の演奏情報であって、発音させる音の時期、種類、長さ等を指定するデータであって、音色データは楽器の音色情報である波形データであって、予め決定されているデータである。演奏データについてはさらに後述する。

0216

ステップS333において、音色データである波形データを音声合成装置に取り込み、ステップS334において、演奏データに従って、音色データに基づき音声合成装置が音声を生成し、発音処理を行い、ステップS335において、楽音を出力する。

0217

このようにスタンドアロンタイプの楽音検索装置100において、音源データ記憶装置23に記憶された出力用音源データに含まれる演奏データおよび音色データに基づいて、音声合成装置によって音声を合成し、楽音を出力することができる。楽音が演奏データおよび音色データに基づいて合成されるので、楽音を出力するために必要な出力用音源データのデータサイズを小さくすることができる。したがって、音源データ記憶装置23の記憶容量を大きくする必要がない。

0218

楽音検索装置10においても、楽音検索装置100と同様に、音源データ記憶装置23に記憶された出力用音源データに含まれる演奏データおよび音色データに基づいて、音声合成装置によって音声を合成し、楽音を出力することができる。この場合、音声合成装置を検索部20に備える構成とすることも可能であり、また音声合成装置を操作部40に備える構成とすることも可能である。

0219

音声合成装置を検索部20に備える構成では、出力用音源データとして検索部送信装置25から送信されるデータは、楽音合成装置によって合成された音声信号データとなる。この場合には、操作部40であるクライアントコンピュータの構成を簡略化することができる。

0220

音声合成装置を操作部40に備える構成では、出力用音源データとして検索部送信装置25から送信されるデータは、演奏データおよび音色データとなる。この場合には、検索部送信装置25から送信される出力用音源データのデータサイズを小さくすることができ、したがって、データの送受信時間を短縮することができる。

0221

図27は、楽音検索装置10において演奏データと音色データとから楽音を出力する動作の概要を示すフローチャートである。

0222

ステップS341において、音源提供処理が開始される。ステップS342において、演奏データと音色データと編集指示データとを読み出す。演奏データは楽音の演奏情報であって、発音させる音の時期、種類、長さ等を指定するデータであって、音色データは楽器の音色情報である波形データであって、予め決定されているデータである。演奏データについてはさらに後述する。編集指示データは、前述の編集指示データと同様であって、出力用音源データをどのように分割および結合すべきであるかを指定するとともに、どのような音響効果処理を行うかを指定する。

0223

ステップS343において、音色データである波形データを音声合成装置に取り込み、ステップS344において、編集指示データに基づき、演奏データを編集する。

0224

ステップS345において、編集された演奏データに従って、音色データに基づき音声合成装置が音声を生成し、発音処理を行い、ステップS346において、楽音を出力する。

0225

図28は、楽音検索装置10において演奏データと音色データとから楽音を出力する動作の概要を示すフローチャートである。

0226

ステップS351において、音源提供処理が開始される。ステップS352において、演奏データと音色データと編集指示データとを読み出す。演奏データは楽音の演奏情報であって、発音させる音の時期、種類、長さ等を指定するデータであって、音色データは楽器の音色情報である波形データであって、予め決定されているデータである。演奏データについてはさらに後述する。編集指示データは、前述の編集指示データと同様であって、出力用音源データをどのように分割および結合すべきであるかを指定するとともに、どのような音響効果処理を行うかを指定する。

0227

ステップS353において、音色データである波形データを音声合成装置に取り込み、ステップS354において、編集指示データに基づき、演奏データを編集する。

0228

ステップS355において、編集された演奏データに従って、音色データに基づき音声合成装置が音声を生成し、かつ、編集指示データの音響効果処理の指示に従って、音声合成装置が生成した音声に音響効果処理を行い、ステップS356において、楽音を出力する。

0229

図29は演奏データの一例を示す図であり、図30は演奏データの意味を説明するための図である。

0230

演奏データは楽音の演奏情報であって、発音させる音の高さ、強弱、音色などの要素を含み、これらの演奏情報に従って、音声合成装置によって音が合成される。実際には、このような演奏データはコンピュータなどで実現される音声合成装置が認識できるように数値に変換される。

0231

演奏データは、複数の行によって構成されており、各行の情報を音声合成装置が順次的に認識し、各行の情報に従って動作する。各行は、たとえば、小節番号が記される小節番号表示部131と、拍が記される拍表示部132と、発音のタイミングを示すチック(Tick)が表示されるチック表示部133と、楽器番号が表示される楽器番号表示部134と、音の高さが表示される音高表示部135と、音の強弱が表示される音強弱表示部136と、音の持続時間が表示される持続時間表示部137とを含む。

0232

図31は、タグ情報を含む演奏データの一例を示す図である。タグ情報を演奏データに含める場合は、小節番号表示部131、拍表示部132およびチック表示部133とともに、イベント表示部140においてイベント情報を示すイベント表記を記入する。

0233

演奏データ141は1小節の1拍目はイントロ(Intro)部であることを示し、演奏データ142は9小節の1拍目はAメロ(A mero)部であることを示し、演奏データ143は17小節の1拍目はBメロ(B mero)部であることを示す。演奏データ145は25小節の1拍目はフック(Hook)部であることを示す。この場合、演奏データ144に残響処理(Reverb)を示す情報が存在するので、演奏データ145のフック(Hook)部には残響処理が行われ、音の途切れが緩和される。

0234

さらにまた、前述の楽音検索装置の説明においては、予め検索条件データを作成し、利用者の入力する検索条件に基づく検索条件データと検索用音源データとを比較し、検索条件データに合致する楽音の中から楽音を入手するようにしたけれども、本発明に係る楽音検索装置に人工知能システムを備え、利用者が想定する楽音に関する検索条件を人工知能が処理し、適切な楽音を容易に入手できるようにしてもよい。たとえば、楽音検索装置に備えられた人工知能システムの人工知能(AI)が、利用者が想定する楽音に関する検索条件に基づいて、各種音源データについて編集処理を行い、所望の楽音の基礎となる音源データを生成するようにしてもよい。このように、人工知能システムを楽音検索装置に含めると、前述のようなタグ情報を音源データに予め付与しておかなくても人工知能が音源データを分割し、結合し、残響効果処理を施す等を判断し、実行する。

発明の効果

0235

本発明によれば、楽音を検索するための検索条件を検索条件入力手段に入力し、音源データ検索手段が検索条件データと音源データの少なくとも一部とを比較して楽音を検索し、この検索結果は検索結果表示手段に表示される。検索結果表示手段に表示された検索結果に基づいて、楽音を指定し、指定した楽音を出力することができる。楽音の検索作業と出力作業を一連の作業として行うことができるので、所望の楽音を容易かつ効率良く入手することができる。

0236

また本発明によれば、所望の楽音が得られるであろう検索条件を入力し、検索条件に適合した検索結果に基づいて楽音を指定し、指定された楽音を出力させ、実際に楽音を聞いてその楽音を確認することができ、楽音を入手することができる。

0237

さらに本発明によれば、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、少なくとも第1の出力用音源データと、第1の出力用音源データよりも音質の劣る第2の出力用音源データとを含む。第2の出力用音源データの音質が第1の出力用音源データの音質よりも劣るので、第2の出力用音源データは第1の出力用音源データよりもデジタルデータとしてのファイルサイズが小さい。したがって、指定した楽音を試聴して確認する際に、第1の出力用音源データに基づいて楽音を出力する場合に比べて、第2の出力用音源データに基づいて楽音を出力する場合の方が、作業時間を短縮することができるとともに、楽音を出力する楽音出力手段に対する負荷を小さくすることができる。

0238

さらにまた本発明によれば、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、楽音として出力される際の演奏時間の異なる複数の出力用音源データを含むので、本発明の楽音検索装置の利用者がCMのBGM等として楽音を検索する際であって、入手すべき楽音の演奏時間が予め定まった演奏時間である場合に、利用者の想定する楽音を効率的に検索して入手することができる。

0239

さらにまた本発明によれば、音源データ記憶手段に記憶される音源データに含まれる出力用音源データは、出力用音源データをたとえば前奏部(プロローグ)、1番に相当する部分、間奏部、2番に相当する部分、終結部(エピローグ)の複数部分に分割し、前奏部と1番に相当する部分との間、1番に相当する部分と間奏部との間、間奏部と2番に相当する部分との間、2番に相当する部分と終結部との間のそれぞれにタグを付加し、このタグ情報にしたがって、楽音を生成することができる。すなわち、楽音の演奏時間、楽音のイメージ等の観点から、たとえば前奏部の直後に終結部を連結させた楽音とする場合、前奏部と1番に相当する部分と間奏部と終結部とを連結させた楽音とする場合等、各部分を適宜組み合わせることができ、利用者の想定する楽音に近い楽音を容易に生成し、入手することができる。

0240

さらにまた本発明によれば、音源データ記憶手段に記憶される音源データに含まれる演奏データとPCM波形データとから、楽音を出力する際に演奏データとPCM波形データとを組み合わせ、楽音合成を行い、楽音を生成して出力することができる。

0241

さらにまた本発明によれば、音源データ記憶手段に記憶される音源データは、残響付加処理等の音響効果処理がなされているので、利用者の指定した楽音に対応する出力用音源データをD/A変換器およびスピーカー等の楽音出力手段によって出力し、そのまま効果音等として利用することができる。

0242

さらにまた本発明によれば、検索条件入力手段に入力される検索条件データは、楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間のうち少なくとも1つ以上であるので、楽音検索装置の利用者は、楽音を検索する際に楽音のイメージを表すキーワード、楽音のジャンル、楽音のテンポ、楽音の演奏時間、楽音の価格および出力用音源データの送信時間等を具体的に検索条件として絞り込み、入手したい楽音を想定して、楽音の検索を実行することができる。

0243

以上のように、本発明によれば、楽音の検索を容易にかつ効率良く行うことができるとともに、検索した楽音を容易にかつ効率良く確認することができ、さらに所望の楽音を容易にかつ効率良く入手することができる。

図面の簡単な説明

0244

図1本発明の実施の形態の楽音検索装置10を適用した楽音検索システムの構成を簡略して示す構成図である。
図2楽音検索装置10を適用した楽音検索システムを利用して所望の楽音を入手する方法を簡略して示すフローチャートである。
図3楽音検索装置10を用いた楽音検索方法の概要を示すフローチャートである。
図4楽音検索装置10を用いた楽音検索方法の概要を示すフローチャートである。
図5楽音検索装置10を用いた楽音検索方法の概要を示すフローチャートである。
図6楽音検索装置10を用いた楽音検索方法の概要を示すフローチャートである。
図7楽音検索装置10を用いた楽音検索方法の概要を示すフローチャートである。
図8楽音検索装置10を用いた楽音検索方法の概要を示すフローチャートである。
図9音源データ記憶装置23に記憶される音源データの一例を示す図である。
図10ステップS21において操作部表示装置46に表示される検索条件入力画面例を示す図である。
図11ステップS21において操作部表示装置46に表示される検索条件入力画面例を示す図である。
図12ステップS62において操作部表示装置46に表示される検索結果表示画面例を示す図である。
図13ステップS67,S95において操作部表示装置46に表示される検索結果表示画面例を示す図である。
図14ステップS102において操作部表示装置46に表示される課金データ表示画面例を示す図である。
図15ステップS25における検索動作の例を示すフローチャートである。
図16本発明の他の実施の形態の楽音検索装置100の構成を簡略して示す構成図である。
図17楽音検索装置100を用いた楽音検索方法の概要を示すフローチャートである。
図18出力用音源データの記憶形態が、楽音そのものをデジタル化して圧縮して記憶する形態である場合の楽音を出力する動作の概要を示すフローチャートである。
図19タグ情報が付加された出力用音源データを読み出し楽音として出力する場合の動作の概要を示すフローチャートである。
図20出力用音源データを分割および結合するために用いられるタグ情報の一例を示す図である。
図21タグ情報が付加された出力用音源データの波形表示の一例を示す図である。
図22音響効果処理を行った出力用音源データに基づいて楽音を出力する場合の動作の概要を示すフローチャートである。
図23音響効果処理を行う前の出力用音源データの波形表示の一例を示す図である。
図24音響効果処理に関するタグ情報が含まれたタグ情報の一例を示す図である。
図25音響効果処理を行った後の出力用音源データの波形表示の一例を示す図である。
図26楽音検索装置100において演奏データと音色データとから楽音を出力する動作の概要を示すフローチャートである。
図27楽音検索装置10において演奏データと音色データとから楽音を出力する動作の概要を示すフローチャートである。
図28楽音検索装置10において演奏データと音色データとから楽音を出力する動作の概要を示すフローチャートである。
図29演奏データの一例を示す図である。
図30演奏データの意味を説明するための図である。
図31図30は、タグ情報を含む演奏データの一例を示す図である。

--

0245

10,100楽音検索装置
20検索部
23,104音源データ記憶装置
30 操作部
105入力装置
106表示装置
108 出力装置

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ