図面 (/)

技術 1つのディスクによる乱流形成を行う噴射弁

出願人 シーメンスヴィディーオーオートモーティヴコーポレイション
発明者 ウィリアムエーピーターソンジュニア
出願日 2001年5月8日 (19年7ヶ月経過) 出願番号 2001-137685
公開日 2002年1月9日 (18年11ヶ月経過) 公開番号 2002-004983
状態 特許登録済
技術分野 燃料噴射装置
主要キーワード 通路オリフィス ハウジング室 調量開口 ソレノイドアセンブリ オーバモールド 向き付け シール直径 プランジャ形
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2002年1月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

調量オリフィス開口における所望の乱流を形成するために弁座下流面に制御された正確なジオメトリが形成された燃料インジェクタを開発する。

解決手段

ハウジング20が、入口210と、出口220と、ハウジングを貫通した長手方向軸線270とを有しており、弁座30がシール面330とオリフィス320とを有しており、出口に配置された調量オリフィス50が、この調量オリフィスを貫通した複数の調量開口530を有しており、ニードル40が、第1の位置と第2の位置との間を長手方向軸線に沿って往復運動するようにハウジング内に配置されており、弁座30と前記調量オリフィス50との間に形成された制御速度チャネル560が、オリフィス320から複数の調量開口530にまで外方へ延びている。

概要

背景

燃料インジェクタは、各燃焼室に導入するために燃料の正確な調量を提供するために内燃機関において通常使用される。さらに、燃料インジェクタは、噴射時に燃料を霧化し、燃料を多数の微小粒子に分割し、噴射される燃料の表面領域を増大させ、燃焼前に酸化剤、通常周囲空気を燃料とより十分に混合させる。燃料の正確な調量及び霧化は、燃焼エミッションを減じ、エンジン燃料効率を増大させる。

電磁燃料インジェクタは、燃料調量弁作動力を提供するために通常ソレノイドアセンブリを使用する。通常、燃料調量弁は、プランジャ形式のニードル弁であり、このニードル弁は、ニードルシール直径に沿って弁座に当て付けられて燃料が調量オリフィスディスクを通過して燃焼室漏出するのを防止する閉鎖位置と、ニードルが弁座から持ち上げられて燃料が調量オリフィスを通過して燃焼室へ導入することができる開放位置との間を往復運動する。

通常、調量オリフィスディスクは、複数の調量オリフィス開口を有しており、これらの調量オリフィス開口は、ニードルのすぐ下方かつシール直径の内方に設けられている。このアプローチは、ニードルの端部と調量オリフィスディスクの上流面との間の距離の正確な制御に依存する。ニードルのジオメトリ、シール直径及びニードルのリフト量の変化は、この臨界的寸法を変化させるおそれがある。この寸法の正確な制御を維持するための別のアプローチは、マルチディスク考え方を使用する。しかしながら、このアプローチは、向き付け層剥離、部分取扱いがより複雑である。

概要

調量オリフィス開口における所望の乱流を形成するために弁座の下流面に制御された正確なジオメトリが形成された燃料インジェクタを開発する。

ハウジング20が、入口210と、出口220と、ハウジングを貫通した長手方向軸線270とを有しており、弁座30がシール面330とオリフィス320とを有しており、出口に配置された調量オリフィス50が、この調量オリフィスを貫通した複数の調量開口530を有しており、ニードル40が、第1の位置と第2の位置との間を長手方向軸線に沿って往復運動するようにハウジング内に配置されており、弁座30と前記調量オリフィス50との間に形成された制御速度チャネル560が、オリフィス320から複数の調量開口530にまで外方へ延びている。

目的

したがって、本発明の課題は、調量オリフィス開口において所望の乱流を形成するために弁座の下流面に制御された正確なジオメトリが形成された燃料インジェクタを開発することである。

効果

実績

技術文献被引用数
5件
牽制数
13件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

燃料インジェクタにおいて、ハウジングが設けられており、該ハウジングが、入口と、出口と、ハウジングを貫通した長手方向軸線とを有しており、前記出口の近傍に配置された弁座が設けられており、該弁座がシール面とオリフィスとを有しており、前記出口に配置された調量オリフィスが設けられており、該調量オリフィスが、該調量オリフィスを貫通した複数の調量開口を有しており、ニードルが設けられており、該ニードルが、長手方向軸線に沿って、ニードルが弁座から離反させられて燃料がニードルを流過することができる第1の位置と、ニードルが弁座に押し付けられてニードルを通る燃料流を妨げる第2の位置との間を往復運動するようにハウジング内に配置されており、前記弁座と前記調量オリフィスとの間に形成された制御速度チャネルが設けられており、該制御速度チャネルが、前記オリフィスから複数の調量開口にまで外方へ延びていることを特徴とする、燃料インジェクタ。

請求項2

前記制御速度チャネルが、外方へ、より大きな高さからより小さな高さにまで調量開口に向かってテーパしたほぼ環状のチャネルである、請求項1記載の燃料インジェクタ。

請求項3

前記調量オリフィスが、ほぼ平坦でありかつ長手方向軸線に対して垂直である、請求項1記載の燃料インジェクタ。

請求項4

前記調量オリフィスが、調量開口の間に突出部を有している、請求項3記載の燃料インジェクタ。

請求項5

前記ニードルが、長手方向軸線に対してほぼ垂直なほぼ平らな端面を有している、請求項4記載の燃料インジェクタ。

請求項6

前記ニードルが第2の位置にある場合に、前記端面が突出部から50〜100μmの距離だけ離反させられている、請求項5記載の燃料インジェクタ。

請求項7

前記ニードルが、ほぼ丸い端面を有している、請求項3記載の燃料インジェクタ。

請求項8

前記調量オリフィスが、ほぼ丸い、請求項7記載の燃料インジェクタ。

請求項9

前記ニードルが、長手方向軸線に対してほぼ垂直なほぼ平らな端面を有している、請求項1記載の燃料インジェクタ。

請求項10

前記ニードルが第2の位置にある場合に、前記端面が調量オリフィスから約50〜100μmの距離だけ離反させられている、請求項9記載の燃料インジェクタ。

請求項11

調量オリフィス上に弁座の仮想延長線によって規定された第1の仮想円が、複数の調量開口によって規定された第2の仮想円よりも小さい、請求項1記載の燃料インジェクタ。

請求項12

調量オリフィスを横切る燃料流が、複数の調量開口のそれぞれに対してほぼ横方向である、請求項1記載の燃料インジェクタ。

請求項13

隣接する調量開口の間の距離が、それぞれの調量開口の直径の約2.5倍である、請求項1記載の燃料インジェクタ。

請求項14

燃料インジェクタを通る燃料流に乱流を形成する方法において、圧力を掛けられた燃料流を燃料インジェクタに提供し、燃料インジェクタに設けられた弁を開放し、弁を通ってオリフィス内加圧燃料を流入させ、燃料流を初期速度でオリフィスから、弁座と調量オリフィスとによって形成された制御速度チャネル内へ送り込み、燃料が、制御速度チャネルと通過する間制御された速度を維持し、制御された速度が、燃料流の乱流を形成し、燃料流を、制御速度チャネルの下流に設けられた少なくとも1つのオリフィス開口に流入させ、さらに燃料インジェクタから流出させることを特徴とする、燃料インジェクタを通る燃料流に乱流を形成する方法。

請求項15

前記制御速度チャネルが、該制御速度チャネルの上流端部における第1の高さから前記制御速度チャネルの下流端部における第2の高さにまでテーパしており、該第2の高さが前記第1の高さよりも小さい、請求項14記載の方法。

技術分野

0001

本発明は、燃料インジェクタ、特に、調量オリフィスにおいて乱流を形成する1つのディスクを有する燃料インジェクタに関する。

背景技術

0002

燃料インジェクタは、各燃焼室に導入するために燃料の正確な調量を提供するために内燃機関において通常使用される。さらに、燃料インジェクタは、噴射時に燃料を霧化し、燃料を多数の微小粒子に分割し、噴射される燃料の表面領域を増大させ、燃焼前に酸化剤、通常周囲空気を燃料とより十分に混合させる。燃料の正確な調量及び霧化は、燃焼エミッションを減じ、エンジン燃料効率を増大させる。

0003

電磁燃料インジェクタは、燃料調量弁作動力を提供するために通常ソレノイドアセンブリを使用する。通常、燃料調量弁は、プランジャ形式のニードル弁であり、このニードル弁は、ニードルシール直径に沿って弁座に当て付けられて燃料が調量オリフィスディスクを通過して燃焼室漏出するのを防止する閉鎖位置と、ニードルが弁座から持ち上げられて燃料が調量オリフィスを通過して燃焼室へ導入することができる開放位置との間を往復運動する。

0004

通常、調量オリフィスディスクは、複数の調量オリフィス開口を有しており、これらの調量オリフィス開口は、ニードルのすぐ下方かつシール直径の内方に設けられている。このアプローチは、ニードルの端部と調量オリフィスディスクの上流面との間の距離の正確な制御に依存する。ニードルのジオメトリ、シール直径及びニードルのリフト量の変化は、この臨界的寸法を変化させるおそれがある。この寸法の正確な制御を維持するための別のアプローチは、マルチディスク考え方を使用する。しかしながら、このアプローチは、向き付け層剥離、部分取扱いがより複雑である。

発明が解決しようとする課題

0005

したがって、本発明の課題は、調量オリフィス開口において所望の乱流を形成するために弁座の下流面に制御された正確なジオメトリが形成された燃料インジェクタを開発することである。

課題を解決するための手段

0006

簡単に言えば、本発明は、ハウジングと、弁座と、調量オリフィスと、ニードルとを有する燃料インジェクタである。ハウジングは、入口と、出口と、ハウジングを通って延びた長手方向軸線を有する。弁座は、出口の近傍に配置されている。弁座は、シール面を備えた通路オリフィスとを有している。調量オリフィスは、出口に配置されており、出口を貫通した複数の調量開口を有している。ニードルは、ニードルが弁座から離反させられて燃料がニードルを流過することができる第1の位置と、ニードルが弁座に押し付けられ燃料がニードルを流過することができない第2の位置との間を長手方向軸線に沿って往復運動するようにハウジング内に配置されている。制御速度チャネルが、弁座と調量オリフィスとの間に形成されている。制御速度チャネルは、オリフィスから複数の調量開口にまで外方へ延びている。

0007

さらに、本発明は、燃料インジェクタを通過する燃料流に乱流を形成する方法である。この方法は、圧力を掛けられた燃料流を燃料インジェクタに提供することを含む。燃料インジェクタに設けられた弁が開放され、加圧燃料が弁を通り燃料室内へ流れる。燃料流は、初期速度で、燃料室から、弁座によって形成された制御速度チャネル及び調量オリフィス内へ方向付けられる。制御速度チャネルは、制御速度チャネルの上流端部における第1の高さから、制御速度チャネルの下流端部における第2の高さにまでテーパしている。第2の高さは第1の高さよりも小さい。燃料は、制御速度チャネルを通過する間ほぼ制御された速度を維持する。最終的な速度は、初期速度よりも高く、燃料流に乱流を形成する。次いで、燃料流は、制御速度チャネルの下流における少なくとも1つのオリフィス開口を通過させられ、燃料インジェクタから排出される。

発明を実施するための最良の形態

0008

本明細書に組み込まれかつ本明細書の一部を構成した添付の図面は、本発明の現時点での有利な実施態様を示しており、前記の概略的説明及び以下の詳細な説明と相俟って、本発明の特徴を説明するために働く。

0009

図面中同一の符号は同一の部材を示すために使用されている。図1及び図2に示された第1の有利な実施形態は、内燃機関の燃料噴射システムにおいて使用するための燃料インジェクタ10である。インジェクタ10は、ハウジング20と、弁座30と、ニードル40と、ほぼ平ら燃料調量オリフィス50とを有している。内燃機関(図示せず)の作動に関連した燃料インジェクタ10の作動の詳細は、よく知られており、有利な実施形態に関連した作動を除きここでは詳細に説明しない。有利な実施形態は概して内燃機関のためのインジェクタに関連しているが、当業者は、有利な実施形態を流体の正確な調量が望ましい又は必要とされているような別の応用例に適用することができることを、本明細書の開示から認識するであろう。

0010

弁ハウジング20は、上流又は入口端部210と、下流又は出口端部220とを有している。ハウジング20はさらに弁体260を有しており、この弁体260は、ハウジング室262を有している。“上流”及び“下流”という用語は、参照される図面における流れ方向を示している。上流側は、各図面の上部を表し、下流側は、各図面の下部を表す。ハウジング室262は、弁ハウジング20を通って延びた長手方向軸線270に沿って弁ハウジング20の中央長手方向部分を通って延びており、内部ハウジング壁部264によって形成されている。中央ニードルガイド開口284と、半径方向に間隔を置いた複数の燃料流れ開口282とを有するニードルガイド280が、ハウジング20の下流端部220の近傍でハウジング室262内に配置されている。ニードルガイドは、長手方向軸線270に沿ったニードル40の往復運動を維持することを助ける。誘電材料、有利にはプラスチック又はその他の適切な材料から形成されたオーバモールド部290は、弁体260を包囲している。Oリング12が、インジェクタ10を内燃機関(図示せず)内に座着させるために弁体260の外周の周囲に配置されている。

0011

弁座30は、ニードルガイド280と噴射端部220との間で出口220の近傍にハウジング室262内に配置されている。弁座30は、ほぼハウジング20の長手方向軸線270に沿って延びておりかつほぼ円筒状の壁部322によって形成された通路オリフィス320を有している。有利には、オリフィス320の中心321が長手方向軸線270上に位置している。弁座30は、傾斜したシール面330をも有しており、このシール面330は、オリフィス320を包囲しておりかつオリフィス320に向かって半径方向下方及び内方へテーパしており、これにより、シール面330は長手方向軸線270に対して傾斜している。“内方”及び“外方”の用語は、それぞれ長手方向に向かう方向及び長手方向から離れる方向を表す。

0012

ニードル40は、ほぼハウジング20の長手方向軸線270に沿って往復運動可能にハウジング室262内に配置されている。ニードル40は、ニードル40が弁座30から離反させられ、加圧燃料がニードル40を通って下流へ流れることができる第1の開放位置(図2)と、ニードル40が押付けエレメント、有利にはばね(図示せず)によって弁座30に押し付けられ、燃料がニードルを流過することを妨げる第2の閉鎖位置(図1)との間を往復運動可能である。

0013

ニードル40は、第1の横断面A1を有する第1の部分410と、第2の横断面A2を有する第2の部分420とを有している。第2の部分420は、ニードル40が閉鎖位置にある時に傾斜した弁シール面330とシールして係合するようにサイズ決めされた、ほぼ球状の弁接触面422を有している。球状の弁接触面422は、傾斜した弁シール面330と係合し、これにより、これらの間にほぼ線接触を提供する。線接触は、ニードル40と弁座30とのソリッドなシールを提供し、燃料がニードル40から漏出する可能性を低減する。拡大された図2に示された接触面422は、ニードル40の下流端部に配置された平らな端面426と連続している。端面426は、有利には、ハウジング20の長手方向軸線270に対してほぼ垂直である。

0014

有利には、第1及び第2の横断面A1,A2は円形であるが、当業者は、第1及び第2の横断面A1,A2が別の形状であってもよいことを認識するであろう。この構成は、ニードル40が閉鎖位置にあるときに弁接触面422の係合のためのニードル40の比較的寛容シール領域を提供するために、弁接触面422の比較的大きなシール直径を維持しながら、ニードル40の質量を減じる。ニードルの増大した横断面A2は、平均ニードル直径に対してより大きなガイド面をも提供し、これにより、中央ニードルガイド開口284の内面耐摩耗性を改良する。中央ニードルガイド開口284の内面の改良された耐摩耗性は、ほぼ一定の横断面を有する従来のニードルと共に使用される慣用ベース弁ガイドに比べ負荷が低減されることによるものである。例えば、典型的な従来のニードルは、端部において終わった、ほぼ連続的な円筒状のシャフトを有しており、この場合、ニードルの上部における横断面は、図2に示されたニードル40の横断面A2の2倍の大きさである。

0015

ニードル40は、閉鎖位置(図1)と開放位置(図2)との間を往復運動可能である。ニードル40が開放位置にあるときには、ほぼ環状のチャネル430が、弁接触面422と弁シール面330との間に形成される。

0016

調量オリフィス50が、ハウジング室262内に配置されており、弁座30の下流においてハウジング20に結合されている。調量オリフィス50は、弁座30及びニードル40に面した内面510と、燃焼室(図示せず)に面した外面520とを有している。調量オリフィス50の平面は、平らな端面426の平面に対してほぼ平行である。

0017

図2に示されたAの位置において調量オリフィス50の内面510をはさみ取るように、弁座30の仮想延長線430が調量オリフィス50上に投射されることができる。図3を参照すると、8個の調量開口530が示されているが、調量オリフィス50は有利には4個〜12個のほぼ円形の調量開口530を有しているが、当業者は、調量オリフィス50が、4個よりも少ない又は12個よりも多い調量開口530を有していることができ、調量開口530が、楕円形又はその他のあらゆる適切な形状等の別の形状であってよいことを認識するであろう。有利には、隣接する調量開口530の間の距離は、調量開口530の直径の少なくとも約2.5倍の大きさであるが、当業者は、隣接する調量開口530の間の距離はその大きさよりも小さくてもよいことを認識するであろう。調量オリフィス50は、調量開口530によって決定された範囲内に配置された突出部540を有している。有利には、閉鎖位置では、調量オリフィス50の突出部540と端面426とは、50〜250μmだけ、さらに有利には、50〜100μmだけ互いに離間されているが、当業者は、この距離は50μmより小さくても100μmよりも大きくてもよいことを認識するであろう。突出部540は、有利には円形であり、調量オリフィス50とニードル40の平らな端面426との間のサック容積(sac volume)60を減じる。しかしながら、当業者は、突出部540が楕円形等の別の形状であってよいことを認識するであろう。連続的な環状の間隙542が、突出部540と、弁座30に設けられたオリフィス開口330との間に形成されている。間隙542は、ニードル40が開放位置にあるときに、調量オリフィス50と弁座30と間の燃料流を許容する。

0018

円形の壁部322の下流において、弁座30は、テーパした部分350に沿って下方及び外方へ斜めの形式でオリフィス320から離れる方向に、半径方向で調量開口530を越えた箇所にまでテーパしており、この箇所において弁座30は、有利には長手方向軸線270に対して垂直な底面550へ移行している。弁座オリフィス320は、有利には、調量開口530によって規定された範囲内に全体が配置されている。調量オリフィス50の外周付近の内面510は、ほぼ環状の接触領域に沿って底面550に係合している。

0019

図2を参照すると、ほぼ環状の制御速度チャネル560が、弁座30のテーパした部分350と、調量オリフィス50の内面510との間に形成されている。有利には、制御速度チャネル560は、ほぼ一定の速度を提供するが、当業者は、制御された速度はチャネル560の長さに亘って変化してよいことを理解するであろう。チャネル560は、オリフィス320におけるより大きな高さA3から外方へより小さな高さA4にまで調量開口530に向かってテーパしている。調量開口530に向かっての高さの減少は、以下でより詳細に説明するように、燃料をほぼ制御された速度に維持し、燃料を調量開口530を横切って横方向に移動させ、燃料は、調量開口530を通って燃焼室(図示せず)内へ進入するときに霧化される。調量開口530の半径方向外側における調量オリフィス50の内面510と、弁座30のテーパした部分350との間にはほぼ環状の空間570が形成されている。

0020

作動時には、加圧燃料が燃料ポンプ(図示せず)によってインジェクタ10に提供される。加圧燃料はインジェクタ10に進入し、燃料フィルタ(図示せず)を通ってハウジング室262に進入する。燃料は、ハウジング室262と、ガイド280に設けられた燃料流れ開口282とを通って、弁接触面422と弁シール面330の間の境界面へ流れる。閉鎖位置では、ニードル40は調量オリフィス50の突出部540に押し付けられて衝突する。次いで、燃料は、長手方向軸線270から調量オリフィス50の突出部540に沿ってほぼ半径方向外方へ流れ、流れは、ほぼ下方へ、突出部540と弁座オリフィスの壁部320との間に変向される。次いで、燃料は、長手方向軸線270からほぼ半径方向外方へ、弁座30のテーパした部分530と調量オリフィス50との間のほぼ環状のチャネル560を通過させられる。燃料は、ほぼ環状のチャネル560の最初においてほぼ高い速度を得る。燃料が長手方向軸線270から外方へ流れながら、燃料流の周囲は、長手方向軸線270からの距離に対して直接的な線形の関係で増大する。燃料流のほぼ一定の領域を維持するために、調量オリフィス50と弁座30のテーパした部分350との間の高さは(図2の高さA3と比較して減じられた高さA4で示したように)以下の式に従い減少しなければならない。

0021

2Br1h1=2Br2h2 (式1)
ここでr1は、長手方向軸線270と位置A3との間の燃料流の半径であり;h1は、位置A3における調量オリフィス50とテーパした部分350との間の高さであり;r2は、長手方向軸線270と位置A4との間の燃料流の半径であり;h2は、位置A4における調量オリフィス50とテーパした部分350との間の高さである。

0022

ほぼ一定の流速が望ましいが、当業者は、望ましいならば燃料の速度を加速又は減速するためにほぼ環状のチャネル560を使用することができることを認識するであろう。

0023

燃料が調量開口530を横切って流れるときに、乱流が燃料流に形成され、この乱流は噴霧粒子サイズを低減し、燃料が調量開口530を通って燃焼室(図示せず)内へ流れるときに燃料を霧化する。

0024

所定量の燃料が燃焼室内へ噴射されると、ソレノイド若しくは作動装置遮断し、ばね(図示せず)がニードル40を閉鎖位置へ押し付け、ほぼ環状のチャネル430を閉鎖し、ニードルの弁接触面422を弁座30のシール面330に対しシールさせる。

0025

第2実施例が図4に示されている。第2実施例では、弁座130は弁シール面132と弁オリフィス134とを有している。弁座130は、弁座30とほぼ同じ形状を有しており、下方及び外方へ長手方向軸線270から斜めの形式で弁オリフィス134から下方へ延びたテーパした部分136を有している。テーパした部分134は、調量オリフィス開口152よりも半径方向外方の位置において終わっている。ほぼ環状の制御速度チャネル154は、調量開口152よりも半径方向外方における調量オリフィス150と、弁座130のテーパした部分136との間に形成されている。

0026

ニードル140は、ニードル先端部142が平らな端面を有していないという点で第1実施例のニードル40とは異なっている。しかしながら、当業者は、それぞれのニードル40,140は、球形、円錐形テーパ形平坦又はその他の適切な先端部を有していることができることを認識するであろう。ニードル140が閉鎖位置にある場合、ニードル先端部142はほぼ円形の点接触で弁座130に係合する。ニードル140が開放位置にある場合、ほぼ環状のチャネル144がニードル140と弁座130との間に形成される。

0027

図5に上面図で示された調量オリフィス150は、ほぼ平らであり、長手方向軸線270に対してほぼ垂直な平面に延びている。調量オリフィス150は、突出部540を有していないという点で調量オリフィス50とは異なっている。

0028

作動中、ニードルが140が弁座130から持ち上げられた場合、加圧燃料流が、ニードル140と弁座130との間に形成されたチャネル144を流過する。燃料は、弁座オリフィス134及び調量オリフィス150へ送られる。次いで燃料は長手方向軸線270から外方へ制御速度チャネル154内へ送られ、燃料は、制御速度チャネル154の入口において高い速度を達成する。高い燃料速度は、燃料を調量オリフィス150とオリフィス開口152とを横切って横方向にオリフィス開口152にまで流過させ、燃料に乱流を形成し、この乱流は、燃料がオリフィス開口152を通過するときに燃料を霧化する。

0029

図6に示された第3実施例は、第2実施例と類似であるが、第3実施例では、調量オリフィス600がオリフィス開口610の間でほぼ湾曲されており、凹面620がニードル140に面している。弁座700は、下方及び外方に斜めに長手方向軸線270から離れる方向に弁座オリフィス710の下方に底部720に沿ってテーパしている代わりに、有利には、長手方向軸線270から離れる方向に長手方向軸線270に対してほぼ垂直に延びている。ほぼ環状のチャネル630は、弁座700の底部720と調量オリフィス600との間に形成されている。チャネル630は、外方へ、より大きな高さからより小さな高さにまでオリフィス開口610に向かってテーパしている。ほぼ環状の空間640が、調量開口610よりも半径方向外方における調量オリフィス600と、弁座700の底部720との間に形成されている。

0030

第3実施例の作動は、前記第2実施例の作動に類似である。

0031

前記3つの有利な実施例は、弁座と調量オリフィスとの間に形成されたほぼ環状のチャネルを開示しており、このチャネルは、外方へ、より大きな高さからより小さな高さにまでオリフィス開口に向かってテーパしており、これにより、ほぼ一定の横断面を維持しているが、当業者は、外方へより大きな高さからより小さな高さにまでオリフィス開口に向かってテーパしたほぼ環状のチャネルを別の形式で形成することができることを認識するであろう。

0032

有利には、前記実施例のそれぞれにおいて、弁座30と、ニードル40と、調量オリフィス50とはそれぞれステンレス鋼から形成されている。しかしながら、当業者は、弁座30と、ニードル40と、調量オリフィス50とを別の適切な材料から形成することができることを認識するであろう。

0033

前記実施例に対して、この実施例の広い発明概念から逸脱することなしに変更を加えることができることは当業者によって認められるであろう。したがって、本発明は、開示された実施例に限定されることがなく、添付の請求項に定義されたような本発明の思想及び範囲内での修正カバーするものであろう。

図面の簡単な説明

0034

図1閉鎖位置におけるニードルを備えた、本発明の第1実施例によるインジェクタの噴射端部を示す縦断面図である。
図2開放位置におけるニードルを備えた、図1のインジェクタの噴射端部を示す拡大された縦断面図である。
図3図1に示されたインジェクタにおいて使用される調量オリフィスを示す上面図である。
図4本発明の第2の有利な実施例によるインジェクタの噴射端部を示す縦断面図である。
図5図4に示されたインジェクタにおいて使用される調量オリフィスを示す上面図である。
図6本発明の第3の有利な実施例によるインジェクタの噴射端部を示す縦断面図である。

--

0035

10インジェクタ、 20ハウジング、 30弁座、 40ニードル、 50調量オリフィス、 210入口端部、 220出口端部、 260弁体、 262ハウジング室、 270長手方向軸線、 264内部ハウジング壁部、 280ニードルガイド、 284中央ニードルガイド開口、 290オーバモールド部、 330シール面、 320オリフィス、 321 中心、 322 壁部、 350テーパした部分、 410 第1の部分、 420 第2の部分、 422 弁接触面、 426 端面、 430仮想延長線、 530調量開口、 540 突出部、 542間隙、550 底面、 560制御速度チャネル、 600 調量オリフィス、610オリフィス開口、 630 チャネル、 640 空間、 700 弁座、 720 底部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日立オートモティブシステムズ株式会社の「 燃料噴射装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】 本発明の目的は、弁部材とこの弁部材が摺動する摺動面との摺動を安定的に行えるようにすることで、安定的に燃料を噴射可能な燃料噴射装置を提供することにある。【解決手段】 燃料噴射装置は、弁部材... 詳細

  • ボッシュ株式会社の「 蓄圧式燃料噴射制御装置及び蓄圧式燃料噴射制御装置の制御方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】流量制御弁または圧力制御弁が故障した時に、速やかに故障箇所を特定し、退避走行モードへ移行することが可能な蓄圧式燃料噴射制御装置を提供する【解決手段】蓄圧式燃料噴射制御装置の電子制御ユニットが、... 詳細

  • 株式会社デンソーの「 燃料噴射制御装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】コンデンサの電圧変動を抑制して還流電流の充電を行え、噴射時間のばらつきをなくすことができるようにした燃料噴射制御装置を提供する。【解決手段】燃料噴射制御装置2の制御回路3は、昇圧回路4により昇... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ