図面 (/)

技術 多目的液体水性漂白組成物

出願人 ザプロクターアンドギャンブルカンパニー
発明者 シアッラ,ステファノスパドーニ,ルカマソッティ,バレンティーナ
出願日 1998年11月2日 (22年3ヶ月経過) 出願番号 2000-519055
公開日 2001年11月13日 (19年3ヶ月経過) 公開番号 2001-521981
状態 未査定
技術分野 洗浄性組成物
主要キーワード 前処理モード エチルレブリネート アミノカルボキシレートキレート剤 ピペラジニウム塩 過硫酸塩濃度 スケール除去性能 ハロゲン化物化合物 ポリマー性繊維
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年11月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (1)

課題・解決手段

本発明は、7未満のpHを有し、過硫酸塩ならびにアルデヒド活性剤化合物ケトン活性剤化合物、ハロゲン化物活性剤化合物およびそれらの混合物から成る群から選択される漂白活性剤を含んでなる液体水性組成物に関する。これらの組成物は、長期間の保存にも化学的および物理的に安定であると同時に、改善された漂白性能を発揮するのに好適である。

概要

背景

概要

本発明は、7未満のpHを有し、過硫酸塩ならびにアルデヒド活性剤化合物ケトン活性剤化合物、ハロゲン化物活性剤化合物およびそれらの混合物から成る群から選択される漂白活性剤を含んでなる液体水性組成物に関する。これらの組成物は、長期間の保存にも化学的および物理的に安定であると同時に、改善された漂白性能を発揮するのに好適である。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

7未満のpHを有し、過硫酸塩ならびにアルデヒド活性剤化合物ケトン活性剤化合物、ハロゲン化物活性剤化合物およびそれらの混合物から成る群から選択される漂白活性剤を含んでなる液体水性組成物

請求項2

前記組成物が、前記組成物の重量全体の0.01%から50%、好ましくは0.5%から20%、より好ましくは1%から15%、最も好ましくは2%から10%の前記過硫酸塩またはその混合物を含んでなる、請求項1に記載の組成物。

請求項3

前記過硫酸塩が、一過硫酸塩、好ましくは一過硫酸塩ナトリウムおよび/または一過硫酸塩カリウムである、請求項1または2に記載の組成物。

請求項4

前記組成物が、前記組成物の重量全体の0.01%から10%、好ましくは0.05%から5%、より好ましくは0.1%から2%、最も好ましくは0.2%から1.5%の前記ケトン、アルデヒドおよび/またはハロゲン化物活性剤化合物を含んでなる、請求項1ないし3のいずれか1項に記載の組成物。

請求項5

前記漂白活性剤が、オキソペリジニウム塩、アンモニウムアセトフェノン塩、アセトアセトン、2,3−ヘキサンジオントリメチルアンモニオアセトンニトレート、5−ジエチルベンジルアンモニオ2−ペンタノンニトレート、5−ジエチルメチルアンモニオ2−ペンタノンニトレート、メチルピルベート、ジエチルケトマロネート、3−ヒドロキシ2−ブタノンアセトールヘキサクロロアセトン、2,5−ヘキサンジオン、フェニルアセトン、エチルレブリネート、3−ヒドロキシ−2−ペンタノン、アセトン、3−ペンテン−2−オンメチルエチルケトン、4−ヒドロキシ−3−メチル−2−ブタノン、3−ペンタノン2−ヘプタノンヒドロキシキノリン、4−アセチル−1−メチルピリジニウムニトレート、ジ−2−ピリジルケトンN—オキシド、2−アセチルキノキサリン、2−アセチル−3−メチルキノキサリンオキサリン、ジ−2−ピリジルケトン、6−アセチル−1,2,4−トリメチルキノリニウムニトレート、8−ヒドロキシキノリンN−オキシド、メチルフェニルグリオキサレート、N−メチル−p−モルホリノアセトフェノンメチルサルフェート3−アセチルピリジンN—オキシド、p−ニトロアセトフェノン、m−ニトロアセトフェノン、ナトリウムp−アセチルベンゼンスルホネート、p−アセチルベンゾニトリル、3,5−ジニトロアセトフェノン、4−トリメチルアンモニオアセトフェノンニトレート、4−メトキシ−3−ニトロアセトフェノン、p−クロロアセトフェノン、p−ジアセチルベンゼン、N—メチル−p−モルホリノアセトフェノンニトレート、フェナシトリフェニルホスホニウムニトレート、2−アセチルピリジン、2−アセチルピリジンN−オキシド、3−アセチルピリジン、4−アセチルピリジン、4−アセチルピリジンN—オキシド、2,6−ジアセチルピリジン、3−アセチルピリジンN−オキシド、トリアセチルベンゼン、シクロヘキサノン、2−メチルシクロヘキサノン、2,6−ジメチルシクロヘキサノン、3−メチルシクロヘキサノン、4−エチルシクロヘキサノン、4−t−ブチルシクロヘキサノン、4,4−ジメチルシクロヘキサノン、メチル4−オキソ−シクロヘキサノンカルボキシレート、ナトリウム4−オキソ−シクロヘキサノンカルボキシレート、2−トリメチルアンモニオシクロヘキサノンニトレート、4−トリメチルアンモニオシクロヘキサノンニトレート、3オキソ−シクロヘキシル酢酸シクロヘプタノン、1,4−シクロヘキサジオンデヒドロ塩素酸トロピノンメトニトレート、N—メチル−3−オキソキヌクリジニウムニトレート、シクロオクタノン、シクロペンタノン、2,2,6,6−テトラメチル−4−ピペリドン水和物、1−メチル−4—ピペリドンN−オキシド、N—カルボエトキシ4−ピペリドン、テトラヒドロチオピラン−4−オンメトニトレート、テトラヒドロチオピラン−4−オンS,S−ジオキシド、テトラヒドロチオピラン−3−オンS,S−ジオキシド、4−オキサシクロヘキサノンまたはこれらの混合物である、請求項1ないし5のいずれか1項に記載の組成物。

請求項6

前記漂白活性剤が以下の式を有するオキソピペリジニウム塩であり、

請求項

ID=000003HE=051 WI=078 LX=0665 LY=0300上式において、カルボニル基>C=Oはオキソピペリジニウムの2,3または4位のいずれかにあり;R1およびR2はそれぞれ独立に1から20の炭素原子を有する置換または未置換の炭化水素鎖、好ましくは、1から20の炭素原子、好ましくは1から12の炭素原子を含む置換または未置換のアルキルまたはアルケニルまたはアルキニル基、または6から12の原子を含む置換または未置換アリール基、またはアリール基が6から12の炭素原子を含むC1−C20アルキルアリール基であり;X-はいかなる陰イオンでもよく、例えばトリフラートトシラートメシレート、ニトレートであり、トリフラート、メシレート、トシラートがより好ましく、トリフラートが最も好ましく、オキソピペリジニウム環は、2,3,5または6位において上記のR1またはR2に対して定義された置換基の1つまたは複数またはハロゲン原子により一置換または多置換されていてもよいオキソピペラジニウム塩および/または以下の式によるアンモニウムアセトフェノン塩であり、

請求項

ID=000004HE=042 WI=089 LX=0610 LY=2000上式において、アンモニウム基は、2位、3位または4位にあり;R1、R2、およびR3は、それぞれ独立に、1から20の炭素原子を有する置換または未置換の炭化水素基、好ましくは、1から20の、好ましくは1から12の炭素原子を含む置換または未置換のアルキルまたはアルケニルまたはアルキニル基、または6から10の原子を含む置換または未置換のアリール基またはアリール基が6から10の炭素原子を含むC1−C20アルキルアリール基であり;R4は1から20の炭素原子、好ましくは1から12の炭素原子を有する置換または未置換のハロゲン化アルキル基であり、より好ましくはメチルまたはトリフルオロメチルまたはトリクロロメチルまたはトリブロモメチルであり;X-はいかなる陰イオンでもよく、例えばトリフラート、トシラート、メシレート、ニトレートであり、ベンゼン環は2,3および/または4位において上記のR1、R2またはR3に対して定義された置換基の1つまたは複数またはハロゲン原子により置換されてもよいアンモニウムアセトフェノン塩である、請求項1ないし5のいずれか1項に記載の組成物。

請求項7

前記漂白活性剤が、1,1−ジメチル−3−オキソピペリジニウムニトレート、1,1−ジメチル−4−オキソピペリジニウムトリフラート、1,1−ジメチル−3−オキソピペリジニウムトリフラート、1,1−ジメチル−4−オキソピペリジニウムニトレート、1−ベンジル−4−ピペリドンメトニトレート、1−t−ブチル−1−メチル−4−オキソピペリジニウムニトレート、1—(4−ドデシルベンジル)1−メチル−4−オキソピペリジニウムクロライド、3−(N—メチル−4−オキソピペリジニウム)−プロパンスルホネート、1−アリル−1−メチル−4−オキソピペリジニウムクロライド、1−メチル—1−(1—ナフチル−メチル)−4−オキソピペリジニウムクロライド、1−メチル−1−ペンタメチルベンジル−4−オキソピペリジニウムクロライド、N,N’−ジメチル− N,N’−フェニレンジメチレンビス(4−オキソピペリジニウムニトレート)、1−ベンジル−1−メチル−4−オキソピペリジニウムトリフラート、1−ベンジル−1−メチル−3−オキソピペリジニウムトリフラート、1−ベンジル−1−メチル−4−オキソピペリジニウムニトレート、1−ドデシル−1−メチル−4−オキソピペリジニウムニトレート、1−オクチル−1−メチル−4−オキソピペリジニウムニトレート、1−ノニル−1−メチル−4−オキソピペリジニウムニトレート、4−トリメチルアンモニウムアセトフェノンニトレート、2−トリメチルアンモニウムアセトフェノンニトレート、4−トリエチルアンモニウムアセトフェノンメシレート、3−トリメチルアンモニウムアセトフェノンメシレート、3ハロゲン化メチルフェニルケトンまたはそれらの混合物である、請求項1ないし6のいずれか1項に記載の組成物。

請求項8

前記組成物が、0.1から6、より好ましくは0.5から4、さらに好ましくは1から3、最も好ましくは1から2の範囲のpHを有する、請求項1ないし7のいずれか1項に記載の組成物。

請求項9

前記組成物が、典型的には、組成物全体の重量の5%まで、好ましくは0.01%から1.5%のキレート剤またはその混合物をさらに含んでなる、請求項1ないし8のいずれか1項に記載の組成物。

請求項10

前記キレート剤が、ホスホネートキレート剤アミノカルボキシレートキレート剤、他のカルボキシレートキレート剤、多官能置換芳香族キレート剤エチレンジアミンN,N’−二コハク酸またはそれらの混合物、より好ましくは、アミノアミノトリ(メチレンリン酸)、ジエチレントリアミノ五酢酸ジエチレントリアミンペンタメチレンホスホネート、1−ヒドロキシエタンジホスホネート、エチレンジアミンN,N’−二コハク酸およびそれらの混合物である、請求項9に記載の組成物。

請求項11

前記組成物が、組成物全体の重量の10%まで、好ましくは重量で0.001%から0.5%のラジカルスカベンジャーまたはその混合物をさらに含んでなり、前記ラジカルスカベンジャーが、好ましくは、ジ−tert−ブチルヒドロキシトルエンヒドロキノン、ジ−tert−ブチルヒドロキノン、モノ−tert−ブチルヒドロキノン、tert−ブチルヒドロキシアニソール安息香酸トルイル酸カテコール、t−ブチルカテコールベンジルアミン、1,1,3−トリス(2−メチル−4−ヒドロキシ−5−t−ブチルフェニルブタンおよび/または没食子酸n—プロピルである、請求項1ないし10のいずれか1項に記載の組成物。

請求項12

前記組成物が、ビルダー界面活性剤酸化防止剤、安定剤、汚れ懸濁剤ポリマー性汚れ放出剤触媒、転染剤溶媒抑泡剤増白剤香料顔料染料およびこれらの混合物から成る群から選択される少なくとも1つの任意成分をさらに含んでなる、請求項1ないし11のいずれか1項に記載の組成物。

請求項13

布帛漂白する方法であって、前記布帛を上記の請求項のいずれかによる漂白組成物と、希釈形態または原液形態で接触させる工程、前記布帛を漂白するに充分な時間、前記布帛を前記漂白組成物と接触させた状態に保つ工程、次いで前記布帛を水ですすぐ工程を含んでなる方法。

請求項14

前記組成物が、その重量の500倍まで、好ましくは5から200倍、より好ましくは10から80倍の希釈レベルで、水により希釈される、請求項13に記載の方法。

請求項15

前記布帛を前記漂白組成物に接触させる工程の前および/または前記布帛を希釈形態の前記漂白組成物に接触させる工程中および/または前記布帛を漂白組成物に接触させる工程の後ですすぎ工程の前および/またはすすぎ工程の後に、前記布帛が、少なくとも1つの界面活性剤を含んでなる洗剤組成物により洗浄される、請求項13または14に記載の方法。

請求項16

前記方法が、前記組成物を原液の形態または希釈形態で硬質表面につける工程および任意に前記硬質表面をすすぐ工程を含んでなる、請求項1ないし12のいずれか1項に記載の組成物で前記硬質表面を処理する方法。

技術分野

0001

本発明は、限定はされないが、壁面、タイル、床、ガラス浴室表面、台所表面、便器、皿などの硬質表面ならびに布帛洋服カーペットなどを含むさまざまな表面を漂白するために使用できる安定な液体水漂白剤含有組成物に関する。

0002

さまざまな液体水性漂白剤含有クリーニング組成物が、当技術分野で大規模に記載されている。典型的には、そのような組成物は硬質表面漂白剤含有組成物および洗濯漂白剤含有組成物に分けることができる。これらの2種類の液体組成物は、従来その配合が大きく異なり、異なるマーケティングコンセプトに基づき異なる商品として販売されている。このような差により、消費者は少なくとも2種類の製品購入および使用しなくてはいけない状況にある。さらに、上記の2種類の組成物、特に硬質表面漂白剤含有クリーニング組成物は、サブタイプ分類できる。実際、例えば浴室洗浄剤、台所洗浄剤および床洗浄剤などの異なる多種の硬質表面洗浄剤が市販されている。

0003

このような配合の多様性は、洗濯物に見られる汚れとさまざまな硬質表面に見られる汚れの間の本質的な違いによると理由付けられるかもしれない。例えば、台所の汚れは主に食用油を含むのに対し、浴室の汚れは主に皮脂と石カスと含む。床の汚れは、主に粒状の汚れであり、洗濯物は、油汚れ(例えば、オリーブ油マヨネーズ植物油化粧品)、酵素的汚れ(例えば、血液)などを含む多種の異なる汚れ/染みを持つことがある。

0004

しかし、いくつかの点でより良い性能を持つ液体水性漂白剤含有組成物、例えばさまざまな硬質表面と同時に洗濯用途に申し分なく使用でき効果的な漂白性能を発揮できる多目的液体水性漂白組成物を開発する傾向がある。

0005

したがって、本発明の目的はさまざまな表面において効果的な漂白性能を発揮する多目的液体水性漂白組成物を提供することである。

0006

布帛および硬質表面上の染みの漂白に適した通常経験される液体水性漂白組成物は、ハロゲン漂白剤、特に次亜塩素酸漂白剤を主成分にしている。しかし、塩素漂白剤などのこれらのハロゲン漂白剤に伴う欠点は、望ましくなく典型的な塩素臭が使用中および使用後に消費者に(例えば、消費者の手および/または漂白剤で処理した表面に)感じられる点である。さらに、このような液体水性ハロゲン漂白剤含有組成物(典型的には次亜塩素酸塩)は、比較的高濃度および/または反復して使用するとき布帛にかなり激しい損傷を与えることがある。過酸化水素などのより穏やかな酸素漂白剤を使用することにより色および布帛の損傷は最小限にできるが、そのような過酸化物漂白剤の漂白特性は、刺激の強いハロゲン漂白剤よりはるかに望ましさが低下する。したがって、液体水性活性化過酸化物漂白剤含有組成物は活性剤、すなわち過酸化物漂白特性を向上させる化合物を含んで開発されてきた。このような活性化過酸化水素含有組成物は、例えばEP−A−598 170に開示されている。実際、この特許出願書は、過酸化水素および漂白活性剤、例えば非イオン性界面活性剤系乳化されたアセチルトリエチルシトレートを含んでなる液体水性洗濯組成物を開示している。しかし、これらの組成物は、その漂白性能に関して消費者の立場から見て完全に満足できると認められてはいない。むしろ、改善された漂白性能が処理されるさまざまな表面に発揮できるよう、当技術分野で既に使用されているもの以外の液体水性漂白組成物が絶え間なく必要とされている。

0007

したがって、本発明の目的は、処理される表面、例えば布帛自体および/または色に対して安全である一方で、洗濯用途およびいかなる家庭用途(例えば、硬質表面の漂白/殺菌)に使用する場合でも、効果的な漂白性能を発揮する多目的液体水性漂白組成物を提供することである。

0008

また、そのような液体水性漂白組成物、特に液体水性活性化過酸化物漂白剤含有組成物を処方する場合に直面する問題として他に、長期間保存すると化学的物理的に不安定な傾向を持つことがある。

0009

したがって、本発明のさらなる目的は、長期間保存しても化学的・物理的に安定であり、効果的漂白性能を発揮する多目的液体水性漂白組成物を提供することである。

0010

7未満のpHを有し、漂白系として過硫酸塩ならびにアルデヒドおよび/またはケトンおよび/またはハロゲン化物活性剤化合物である漂白活性剤を含んでなる液体水性組成物を処方することによりこれらの目的が効率よく満たされることが見出された。より詳細には、さまざまな用途において、例えば100ml/Lから1ml/L(組成物:水)の従来の希釈レベルで例えば洗濯操作に用いる場合、全漂白剤および漂白活性剤の同レベルで例えば過酸化水素および漂白活性剤としてのアセチルトリエチルシトレートを含んでなる他の活性化漂白組成物により発揮される漂白性能に比較して、または前記アルデヒドおよび/またはケトンおよび/またはハロゲン化物活性剤化合物なしの前記組成物に比較して、改善された漂白性能が本発明による組成物に備わっていることが見出された。

0011

これらの成分を合わせることにより、漂白する表面および汚れに大きな適用性を示す液体水性多目的漂白組成物が提供される。実際、本発明による組成物は、いかなる洗濯用途にも、例えば洗濯洗剤または洗濯添加物として特に好適であり、洗濯前処理剤として使用される場合、または硬質表面洗浄用途などの他の家庭用途において特に好適である。

0012

本発明による組成物の利点は、これらの漂白組成物が、天然の布帛(例えば、綿およびリネンからできた布帛)、合成起源ポリマー性繊維からできたものなどの合成布帛(例えば、ポリアミドエラスタン)ならびに天然および合成繊維両方からできたものを含む異なる種類の布帛の漂白に適していることである。例えば、本明細書に記載する過硫酸塩および活性剤化合物を主成分とする本発明の漂白組成物は、洋服および次亜塩素酸塩含有組成物などの市販漂白組成物のラベルにある警告で明らかな、合成布帛への漂白剤の使用に対する昔からの先入観にもかかわらず合成布帛に使用できる。

0013

本発明による漂白組成物の他の利点は、さまざまな条件において、例えば硬水および軟水中でならびに原液でも希釈した状態でも性能を発揮できることである。より詳細には、本発明の液体水性組成物は、いかなる用途においてもその希釈した形態で使用する場合ならびに特にいかなる従来の洗濯用途においても好ましい用途を見出すことが見出された。実際、希釈されると(典型的には20ml/L(組成物:水)以上の希釈レベルで)、本発明の組成物はその酸性が低下し、例えば約1.5のpHから約6.5以上のpHになる。本発明による組成物は、原液の形態でも効果的な漂白性能を発揮するが、驚くべきことに希釈形態ではさらに向上した漂白性能を示す。実際に、この「pHジャンプ」効果により、長時間保存しても物理的・化学的に安定であり、希釈使用状態においてすばらしい漂白性能を発揮する酸性液体水性組成物(すなわち、7未満、好ましくは3未満、より好ましくは2未満のpH)を処方できる。

0014

本発明による組成物のさらに他の利点は、酵素的染みおよび/または脂性染みを含むさまざまな染みに対して効果的な染み除去性能も示すことである。さらに、いかなる硬質表面用途に使用する場合でもこれらの組成物は卓越した湯垢スケール除去性能を発揮し、例えば次亜塩素酸塩系組成物と比較して、処理される表面に残す縞模様被膜が少ないことが見出されている。したがって、本明細書における組成物の利点は、希釈形態で使用される場合は特に、本発明の組成物で処理した後にその表面を水で流す必要がないことである。

背景技術

0015

US−3 822 114号は、(a)1重量%から75重量%の過酸化物漂白剤、例えば一過リン酸塩または一過硫酸塩、(b)0.01重量%から75重量%のケトンまたはアルデヒド活性剤化合物および(c)前記過酸化物漂白剤および前記活性剤を含む水溶液のpHを7から12の範囲に保つことができる、1%から85%の緩衝剤から成る濃縮過酸化物漂白剤含有組成物を開示している。US−3 822 114号は、粒状組成物向けである。本発明による液体組成物は前記明細書中に開示されていない。

0016

過硫酸塩を含んでなる液体水性組成物は公知であり、例えば、EP−A−598 694、EP−A−672 748またはWO96/17044を参照されたい。しかしこれらも文書はいずれもケトン、アルデヒドおよび/またはハロゲン化物活性剤組成物を開示していない。

0017

発明の概要

0018

本発明は、7未満のpHを持ち、過硫酸塩ならびにアルデヒド活性剤化合物、ケトン活性剤化合物、ハロゲン化物活性剤化合物およびこれらの混合物から成る群から選択された漂白活性剤を含んでなる液体水性組成物を含包する。

0019

本発明は、本明細書で定義する液体組成物から始まる、表面、例えば布帛または硬質表面を処理する方法をさらに含包する。例えば、前記処理方法、特に布帛の漂白方法は、前記布帛を本発明による原液または希釈状態の液体組成物に接触される工程、前記布帛を漂白するに充分な期間前記布帛を前記漂白組成物に接触させたままにしておく工程および次いで前記布帛を水ですすぐ工程を含む。本明細書における硬質表面を処理する方法は、本明細書の組成物を原液または希釈形態で前記硬質表面に塗布する工程および任意に前記硬質表面をすすぐ工程を含む。

0020

発明の詳細な説明
液体漂白組成物

0021

本発明による組成物は、固体または気体でなく、液体組成物である。本明細書で使用される「液体」とは、「ペースト状」組成物を含む。本明細書における液体組成物は、水性組成物である。本発明による液体組成物は7未満のpHを有する。好ましくは、本発明による組成物のpHは、0.1から6であり、より好ましくは0.5から4であり、さらにより好ましくは1から3であり、最も好ましくは1から2である。酸性pH範囲において本発明による組成物を処方することは、本発明による組成物の化学的安定性にとって重大である。典型的には、酸性pHは、ジオキシランなどの酸性媒体中で保存時に不安定な反応性の高い化学種の形成を制限/限定し、したがって長期間の保存時における組成物の安定性に寄与する。実際、過硫酸塩および漂白活性剤化合物(アルデヒドおよび/またはケトン活性剤化合物)との間の反応からジオキシランが生じることがある。

0022

本組成物のpHは、当業者に公知のいかなる酸性化剤またはアルカリ性化剤により調整してもよい。酸性化剤の例は、クエン酸などの有機酸および硫酸スルホン酸および/またはメタンスルホン酸などの無機酸である。アルカリ性化剤の例は、水酸化ナトリウム水酸化カリウムおよび/または炭酸ナトリウムである。

0023

第1の必須要素として、本発明による組成物は過硫酸塩またはその混合物を含んでなる。

0024

好適な過硫酸塩には、過硫酸ナトリウム塩および/または過硫酸カリウム塩を含むアルカリ金属過硫酸塩がある。本明細書で用いるべき好ましい過硫酸塩は、一過硫酸塩である。市販されている一過硫酸塩の例としては、Curox(商品名)という商標でInteroxから、Caroat(商品名)という商標でDegussaから、Oxone(商品名)という商標でDuPontから販売されているものがある。市販のCurox(商品名)、Caroat(商品名)および/またはOxone(商品名)が使用される場合、本明細書において言及される過硫酸塩の重量%は、前記Curox(商品名)、Caroat(商品名)および/またはOxone(商品名)の全体重量に関すると本明細書において理解されたい。活動濃度は、全体重量の約1/2である。特にPeroxide ChemieGMBHから市販されている二過硫酸塩などの他の過硫酸塩は、本発明による組成物に使用することができる。他の好適な過硫酸塩は過硫酸アンモニウムである。

0025

典型的には、本明細書における組成物は、組成物全体重量に対して0.01%から50%の、好ましくは0.5%から20%の、より好ましくは1%から15%の、最も好ましくは2%から10%の前記過硫酸塩またはその混合物を含んでなる。

0026

第2の必須成分として、本発明による組成物は、漂白活性剤として、アルデヒド活性剤化合物、ケトン活性剤化合物、ハロゲン化物活性剤化合物またはその混合物を含んでなる。

0027

本明細書において、「アルデヒド」とは、少なくとも1つのカルボニル基を含み、2つの水素原子または炭素原子および少なくともカルボニル炭素原子の1つ
直接結合する水素原子を含むいかなる化合物をも意味する。

0028

本明細書において、「ケトン」とは、少なくとも1つのカルボニル基を含み、少なくともカルボニル炭素原子の1つに直接結合する2つの炭素原子を含むいか
なる化合物をも意味する。

0029

これらの化合物は、脂肪族でも芳香族でもよく、置換されていても未置換でもよく、飽和でも不飽和でもよく、非環式でも炭素環式でも複素環式でもよい。

0030

ハロゲン化物」とは、塩素化物臭素化物および/またはヨウ素化物を意味する。

0031

本明細書において、「活性剤」とは、過硫酸塩と反応して活性化漂白種、すなわちジオキシラン(活性剤化合物がケトンまたはアルデヒドである場合)またはハイポハロゲナイト(活性剤化合物がハロゲン化物である場合)を形成するケトン、アルデヒドおよびハロゲン化物化合物およびその混合物を意味する。これらの活性化機構は当技術分野に公知であり、例えば米国特許第3822114号に記載されている。

0032

過硫酸塩単独または他の活性化漂白系、例えば過酸化水素およびアセチルトリエチルシトレートよりも、本発明における漂白を著しく向上させていると考えられているのは、活性化種、すなわちジオキシランおよびハイポハロゲナイトである。これらの活性化機構は主に、本明細書の組成物の水による希釈と同時に起こり、この希釈と関連する中性からアルカリ性pH範囲(すなわち、約6以上)へのpHジャンプにより強調される。より多くのジオキシランおよび/またはハイポハロゲナイトが発生し、そのため本発明の組成物の漂白性能が著しく向上するのは、このようなpHにおいてである。

0033

本明細書における使用に好適なアルデヒド活性剤化合物には、抱水クロラールアセトアルデヒドブチルアルデヒドベンズアルデヒドおよび/または4−トリメチルアンモニオベンズアルデヒドメチルサルフェートがある。本明細書における使用に特に好適なアルデヒド活性剤化合物は、アセトアルデヒド、ブチルアルデヒドおよび/またはベンズアルデヒドであり、アセトアルデヒドが最も好ましい。一般的にアルデヒド活性剤化合物は、長期間の保存中に酸化される可能性があるのでケトン活性剤化合物より好ましさが劣る。

0034

例えば、アセトアルデヒドはAldrichから市販されている。

0035

本明細書における使用に好適な脂肪族ケトン活性剤化合物には、アセトアセトン、2,3−ヘキサンジオン、トリメチルアンモニオアセトンニトレート、5−ジエチルベンジルアンモニオ2−ペンタノンニトレート、5−ジエチルメチルアンモニオ2−ペンタノンニトレート、メチルピルベート、ジエチルケトマロネート、3−ヒドロキシ2−ブタノンアセトールヘキサクロロアセトン、2,5−ヘキサンジオン、フェニルアセトン、エチルレブリネート、3−ヒドロキシ−2−ペンタノン、アセトン、3−ペンテン−2−オンメチルエチルケトン、4−ヒドロキシ−3−メチル−2−ブタノン、3−ペンタノンおよび/または2−ヘプタノンがある。

0036

例えば、アセトアセトンはその化学名でAldrichから市販されている。

0037

本明細書における使用に好適な芳香族ケトン活性剤化合物には、ヒドロキシキノリン、4−アセチル−1−メチルピリジニウムニトレート、ジ−2−ピリジルケトンN—オキシド、2−アセチルキノキサリン、2−アセチル−3−メチルキノキサリンオキサリン、ジ−2−ピリジルケトン、6−アセチルー1,2,4−トリメチルキノリニウムニトレート、8−ヒドロキシキノリンN−オキシド、メチルフェニルグリオキサレート、N−メチル−p−モルホリノアセトフェノンメチルサルフェート、3−アセチルピリジンN—オキシド、p−ニトロアセトフェノン、m−ニトロアセトフェノン、ナトリウムp−アセチルベンゼンスルホネート、p−アセチルベンゾニトリル、3,5−ジニトロアセトフェノン、4−トリメチルアンモニオアセトフェノンニトレート、4−メトキシ−3−ニトロアセトフェノン、p−クロロアセトフェノン、p−ジアセチルベンゼン、N—メチル−p−モルホリノアセトフェノンニトレート、フェナシトリフェニルホスホニウムニトレート、2−アセチルピリジン、2−アセチルピリジンN−オキシド、3−アセチルピリジン、4−アセチルピリジン、4−アセチルピリジンN—オキシド、2,6−ジアセチルピリジン、3−アセチルピリジンN−オキシドおよび/またはトリアセチルベンゼンがある。

0038

本明細書における使用に好適な環状ケトン活性剤化合物には、シクロヘキサノン、2−メチルシクロヘキサノン、2,6−ジメチルシクロヘキサノン、3−メチルシクロヘキサノン、4−エチルシクロヘキサノン、4−t−ブチルシクロヘキサノン、4,4−ジメチルシクロヘキサノン、メチル4−オキソ−シクロヘキサノンカルボキシレート、ナトリウム4−オキソ−シクロヘキサノンカルボキシレート、2−トリメチルアンモニオシクロヘキサノンニトレート、4−トリメチルアンモニオシクロヘキサノンニトレート、3オキソ−シクロヘキシル酢酸シクロヘプタノン、1,4−シクロヘキサジオンデヒドロ塩素酸トロピノンメトニトレート、N—メチル−3−オキソキヌクリジニウムニトレート、シクロオクタノンおよび/またはシクロペンタノンがある。

0039

例えば、シクロヘキサノンはその化学名でAldrichから市販されている。

0040

本発明における使用に好適な複素環式ケトン活性剤化合物には、2,2,6,6−テトラメチル−4−ピペリドン水和物、1−メチル−4—ピペリドンN−オキシド、N—カルボエトキシ4−ピペリドン、テトラヒドロチオピラン−4−オンメトニトレート、テトラヒドロチオピラン−4−オンS,S−ジオキシド、テトラヒドロチオピラン−3−オンS,S−ジオキシドおよびまたは4−オキサシクロヘキサノンがある。

0041

上記のアルデヒドおよびケトンの例は全て市販されているか、または先行技術の教示を有する当業界の熟練者により明らかに合成可能である。Gardini他のJ.Chem.Soc.(C),(1970)page929およびLyle他のJ.Org.Chem.,Vol.24(March,1959),page342はそのような技術の例であり、参照により本明細書に組み込まれる。さらに、オキソピペリジニウム化合物の合成方法も“S.E.Denmark,D.C.Forbes,D.S.Hays,J.S.De Pue and R.G.Wilde,J.Org.Chem.1995,60,1391−1407”に記載されている。

0042

本明細書における使用に特に好ましい漂白活性剤は、ケトン活性剤化合物であり、正電荷を帯びたケトン活性剤化合物が非常に好ましい。

0043

特に好適な、正電荷を帯びたケトン活性剤化合物は、例えば以下の式を有するオキソピペリジニウム塩であり、
上式において、カルボニル基>C=Oはオキソピペリジニウムの2,3または4位のいずれかにあり;R1およびR2はそれぞれ独立に1から20の炭素原子を有する置換または未置換の炭化水素鎖、好ましくは、1から20の炭素原子、好ましくは1から12の炭素原子を含む置換または未置換のアルキルまたはアルケニルまたはアルキニル基、6から12の原子を含む置換または未置換アリール基、またはアリール基が6から12の炭素原子を含むC1−C20アルキルアリール基であり;X-はいかなる陰イオンでもよく、例えばトリフラートトシラー
ト、メシレート、ニトレートであり、トリフラート、メシレート、トシラートがより好ましく、トリフラートが最も好ましく、オキソピペリジニウム環は、2,3,5または6位において、上記のR1またはR2に対して定義された置換基の1つまたは複数またはハロゲン原子により一置換または多置換されていてもよい

0044

本明細書における使用に特に好適なオキソピペリジニウム塩の例としては、1,1−ジメチル−3−オキソピペリジニウムニトレート、1,1−ジメチル−4−オキソピペリジニウムトリフラート、1,1−ジメチル−3−オキソピペリジニウムトリフラート、1,1−ジメチル−4−オキソピペリジニウムニトレート、1−ベンジル−4−ピペリドンメトニトレート、1−t−ブチル−1−メチル−4−オキソピペリジニウムニトレート、1—(4−ドデシルベンジル)1−メチル−4−オキソピペリジニウムクロライド、3−(N—メチル−4−オキソピペリジニウム)−プロパンスルホネート、1−アリル−1−メチル−4−オキソピペリジニウムクロライド、1−メチル—1−(1—ナフチル−メチル)−4−オキソピペリジニウムクロライド、1−メチル−1−ペンタメチルベンジル−4−オキソピペリジニウムクロライド、N,N’−ジメチル− N,N’−フェニ
レンジメチレンビス(4−オキソピペリジニウムニトレート)、1−ベンジル−1−メチル−4−オキソピペリジニウムトリフラート、1−ベンジル−1−メチル−3−オキソピペリジニウムトリフラート、1−ベンジル−1−メチル−4−オキソピペリジニウムニトレート、1−ドデシル−1−メチル−4−オキソピペリジニウムニトレート、1−オクチル−1−メチル−4−オキソピペリジニウムニトレート、1−ノニル−1−メチル−4−オキソピペリジニウムニトレートまたはそれらの混合物がある。

0045

本明細書における使用に好適な、正電荷を帯びた他のケトン活性剤化合物は、例えば以下の式によるアンモニウムアセトフェノン塩であり、
上式において、アンモニウム基は、2位、3位または4位にあり;R1、R2、およびR3は、それぞれ独立に、1から20の炭素原子を有する置換または未置換の炭化水素基、好ましくは、1から20の炭素原子、好ましくは1から12の炭素原子を含む置換または未置換のアルキルまたはアルケニルまたはアルキニル基、または6から10の原子を含む置換または未置換のアリール基またはアリール基が6から10の炭素原子を含むC1−C20アルキルアリール基であり;R4は1から20の炭素原子、好ましくは1から12の炭素原子を有する置換または未置換のハロゲン化アルキル基であり、より好ましくはメチルまたはトリフルオロメチルまたはトリクロロメチルまたはトリブロモメチルであり;X-はいか
なる陰イオンでもよく、例えばトリフラート、トシラート、メシレート、ニトレートであり、ベンゼン環は2,3および/または4位において、上記のR1、R2またはR3に対して定義された置換基の1つまたは複数またはハロゲン原子に
より置換されてもよい。

0046

本明細書において使用される、このようなアンモニウムアセトフェノン塩には、4−トリメチルアンモニウムアセトフェノンニトレート、2−トリメチルアンモニウムアセトフェノンニトレート、4−トリエチルアンモニウムアセトフェノンメシレート、3−トリメチルアンモニウムアセトフェノンメシレート、トリフルオロメチルフェニルケトン、トリクロロメチルフェニルケトン、トリブロモメチルフェニルケトンなどの3ハロゲン化メチルフェニルケトンまたはそれらの混合物がある。

0047

本明細書において使用される、好適なハロゲン化物活性剤化合物には、塩化物臭化物ヨウ化物およびそれらの混合物がある。アルカリ金属の塩化物が、本明細書における使用に特に好ましいハロゲン化物活性剤化合物である。例えば、塩化ナトリウムはその化学名でAldrichから市販されている。

0048

典型的には、本明細書における組成物は、組成物全体重量に対して0.01%から10%、好ましくは0.05%から5%、より好ましくは0.1%から2%、最も好ましくは0.2%から1.5%の前記ケトン、アルデヒドおよび/またはハロゲン化物活性剤化合物を含んでなる。

0049

実際、この活性化漂白系は、家庭向け全用途ならびに特に親水性および疎水性布帛の両方に対する洗濯用途において、疎水性汚れから親水性汚れまでさまざまな汚れに対して効果的な漂白性能を提供する。

0050

本発明が効果的な漂白性能だけでなく、本明細書に記載された活性剤化合物を含まない同一の配合物に比較して、脂性の染み(例えば、口紅トマト、化粧品)および/または酵素的染み(例えば、血液、チョコプリン)を含むさまざまな種類の染みを除去する良好な染み除去性能をも提供するのが好都合である。

0051

漂白性能は、さまざまな種類の漂白可能な染みに対する以下の試験方法により評価できる。

0052

汚染布に対する漂白性能を希釈条件下で評価する好適な試験方法は以下のとおりである。本発明による組成物を典型的には1から100ml/L、好ましくは20ml/L(組成物:水)の希釈レベルに水で希釈し、次いで汚染布をその中に20分間から6時間浸漬してすすぐ。または、漂白組成物を、典型的には1から100ml/L(組成物:水)の希釈レベルで洗濯機中で使用してもよい。洗濯機中では、汚染布は30℃から70℃の温度で10から100分間洗浄され、次いですすがれる。この比較試験における参照組成物も同じ処理を受ける。例えばコーヒーなどで汚れた布帛/布きれは、E.M.C.Co.Inc.から市販されている。

0053

次いで、本発明により処理された汚染布を、参照、例えば過硫酸塩のみを含んでなる同一組成物または他の漂白系、例えば等しい漂白剤および漂白活性剤レベルの過酸化水素およびアセチルトリエチルシトレートを含んでなる組成物により処理されたものとを並べて比較することにより漂白性能が評価される。目視等級分けを用いて0から4の範囲のパネル単位(psu)での違いを割り当てることができる。

0054

本発明の組成物の利点は、長期間の保存にも物理的・化学的に安定であることである。

0055

本明細書における組成物の化学的安定性は、組成物製造後の特定の保存時間における利用可能な酸素の濃度を測定することにより評価できる。「化学的に安定」とは、本明細書において、過硫酸塩またはその混合物および活性剤化合物を含んでなる本発明の組成物が、25℃において1ヶ月で15%を超える、好ましくは10%を超えるAvO損失を被らないことを意味する。

0056

過硫酸塩含有組成物の利用可能な酸素(AvO)の損失は、硫酸アンモニウム鉄溶液での還元後、過マンガン酸カリウムでの滴定により測定できる。前記安定性試験方法は当技術分野に公知であり、例えばInteroxから市販のCurox(商品名)の技術情報シート報告されている。または、過酸に関する文献に記載されているクロマトグラフィー法(F.Di Furia et.al.,Gas−liquid Chromatography Method for Determination of Peracids,Analyst,Vol.113,May,1988,p.793−795)を用いて、過硫酸塩濃度を測定することもできる。

0057

「物理的に安定」とは、本明細書において、50℃で7日間の期間に、本発明による組成物に相分離が起こらないことを意味する。
任意成分

0058

本明細書における組成物は、さらに、界面活性剤キレート剤ラジカルスカベンジャー酸化防止剤、他の安定剤、ビルダー、汚れ懸濁剤ポリマー性汚れ放出剤触媒、転染剤溶媒抑泡剤増白剤香料顔料染料など、さまざまな任意成分を含んでもよい。
界面活性剤

0059

本発明の組成物は、非イオン性界面活性剤アニオン界面活性剤カチオン界面活性剤双性イオン界面活性剤および/または両性界面活性剤を含む界面活性剤またはその混合物を含んでもよい。典型的には、これらの界面活性剤は、過硫酸塩により酸化可能であるか、低いpHで実質的に加水分解可能な官能基を含まない。

0060

典型的には、本発明による組成物は、組成物全体の重量に対して、0.01%から50%の、好ましくは0.1%から30%の、より好ましくは0.2%から10%の界面活性剤またはその混合物を含んでもよい。

0061

本明細書における組成物での使用に好適なアニオン界面活性剤には、式ROSO3Mの水溶性塩または酸があるが、上式において、Rは、好ましくはC10−C2
4ヒドロカルビルであり、好ましくはC10−C20アルキル成分を有するアルキル
またはヒドロキシアルキルであり、より好ましくはC12−C18アルキルまたはヒドロキシアルキルであり、MはHまたはカチオン、例えばアルカリ金属カチオン(例えば、ナトリウム、カリウムリチウム)またはアンモニウムまたは置換アンモニウム(例えば、メチル−、ジメチル−およびトリメチルアンモニウムカチオンならびにテトラメチルアンモニウムなどの四級アンモニウムカチオンならびにジメチルピペリジニウムカチオンならびにエチルアミンジエチルアミントリエチルアミンなどのアルキルアミンから誘導された四級アンモニウムカチオンならびにそれらの混合物など)である。典型的には、低い洗浄温度(例えば約50℃未満)にはC12-16のアルキル鎖が好ましく、高い洗浄温度(例えば、約5
0℃を超える)にはC16-18アルキル鎖が好ましい。

0062

本明細書における使用に好適な他のアニオン界面活性剤は、RO(A)mSO3
Mの水溶性塩または酸であり、上式において、Rは、C10−C24アルキル成分を有する未置換のC10−C24アルキルまたはヒドロキシアルキル基であり、好ましくはC12−C20アルキルまたはヒドロキシアルキル、より好ましくはC12−C18
アルキルまたはヒドロキシアルキルであり、Aはエトキシまたはプロポキシユニットであり、mはゼロより大きく、典型的には約0.5と約6の間、より好ましくは約0.5と約3の間であり、MはHまたはカチオン、例えば、金属カチオン(例えば、ナトリウム、カリウム、リチウム、カルシウムマグネシウムなど)、アンモニウムまたは置換アンモニウムカチオンである。アルキルエトキシ化硫酸塩ならびにアルキルプロポキシ化硫酸塩が本明細書において考えられる。置換アンモニウムカチオンの具体例としては、メチル−、ジメチル−、トリメチル−アンモニウムおよびテトラメチルアンモニウムなどの四級アンモニウムカチオン、ジメチルピペリジニウムおよびエチルアミン、ジエチルアミン、トリエチルアミンなどのアルカノールアミンから誘導されたカチオンならびにそれらの混合物がある。典型的な界面活性剤はC12−C18アルキルポリエトキシレート(1.0)サルフェート、C12−C18E(1.0)M)、C12−C18アルキルポリエトキシレート(2.25)サルフェート、C12−C18E(2.25)M)、C12−C
18アルキルポリエトキシレート(3.0)サルフェート、C12−C18E(3.0)およびC12−C18アルキルポリエトキシレート(4.0)サルフェート、C12
−C18E(4.0)M)であり、Mはナトリウムおよびカリウムから好都合に選択される。

0063

本明細書における使用に特に好適な他のアニオン界面活性剤は、式RSO3M
の水溶性塩または酸を含むアルキルスルホネートであり、上式において、RはC
6—C22直鎖または分岐状の、飽和または不飽和のアルキル基、好ましくはC12
−C18アルキル基、より好ましくはC14−C16アルキル基であり、MはHまたはカチオン、例えばアルカリ金属カチオン(例えば、ナトリウム、カリウム、リチウム)またはアンモニウムまたは置換アンモニウム(例えば、メチル−、ジメチル−およびトリメチルアンモニウムカチオンならびにテトラメチルアンモニウムなどの四級アンモニウムカチオンならびにジメチルピペリジニウムカチオンならびにエチルアミン、ジエチルアミン、トリエチルアミンなどのアルキルアミンから誘導された四級アンモニウムカチオンならびにそれらの混合物など)である。

0064

本明細書における使用に好適なアルキルアリールスルホネートには、式RSO
3Mの水溶性塩または酸があり、上式において、RはC6−C22直鎖または分岐状の飽和または不飽和アルキル基、好ましくC12−C18アルキル基、より好ましくはC14−C16アルキル基で置換されたアリール、好ましくはベンジルであり、MはHまたはカチオン、例えばアルカリ金属カチオン(例えば、ナトリウム、カリウム、リチウム、カルシウム、マグネシウムなど)またはアンモニウムまたは置換アンモニウム(例えば、メチル−、ジメチル−およびトリメチルアンモニウムカチオンならびにテトラメチルアンモニウムなどの四級アンモニウムカチオンならびにピペリジニウムカチオンならびにエチルアミン、ジエチルアミン、トリエチルアミンなどのアルキルアミンから誘導された四級アンモニウムカチオンならびにそれらの混合物など)である。

0065

本明細書において使用されるアルキルスルホネートおよびアルキルアリールスルホネートは、一級および二級アルキルスルホネートならびに一級および二級アルキルアリールスルホネートである。「二級C6−C22アルキルスルホネートま
たはC6−C22アルキルアリールスルホネート」とは、本明細書において、上記
で定義された式の中で、SO3Mまたはアリール−SO3M基が、アルキル鎖の2つの炭素原子の間にある、前記アルキル鎖の炭素原子(二級炭素原子)に結合していることを意味する。

0066

例えば、C14−C16アルキルスルホネート塩は、HoechstからHostapur(商品名)SAS名前で市販されており、C8−アルキルスルホネートナトリウム塩はWitco SAからWitconate NAS 8(商品名)の名前で市販されている。市販のアルキルアリールスルホネートの例は、Su.Ma.から市販されているラウリルアリールスルホネートである。特に好ましいアルキルアリールスルホネートは、Albright&WilsonからNansa(商品名)の商標で市販されているアルキルベンゼンスルホネートである。

0067

洗浄目的に有用な他のアニオン界面活性剤も本明細書において使用できる。それらには、石鹸の塩(例えば、ナトリウム、カリウム、アンモニウムならびにモノ−、ジ−およびトリエタノールアミン塩などの置換アンモニウム塩)、C8−
C24オレフィンスルホネート、英国特許明細書番号第1,082,179号に記載されているようなアルカリ土類金属シトレート熱分解生成物スルホン化により調製されるスルホン化ポリカルボン酸、C8−C24アルキルポリグリコール
エーテルサルフェート(10モルまでのエチレンオキシドを含む);C14-16メ
チルエステルスルホネートなどのアルキルエステルスルホネート;アシルグリセロールスルホネート、脂肪族オレイルグリセロールサルフェート、アルキルフェノールエチレンオキシドエーテルサルフェート、パラフィンスルホネート、アルキルホスフェートアシルイセチオネートなどのイセチオネート、N—アシタウレート、アルキルスクシナメートおよびスルホスクシネート、スルホスクシネートのモノエステル(特に飽和および不飽和C12−C18モノエステル)、スルホスクシネートのジエステル(特に飽和および不飽和C6−C14ジエステル)、ア
キルポリグリコサイドのサルフェートなどのアルキルポリサッカライドのサルフェート(非イオン性硫酸化化合物が以下に記載される)、分岐状一級アルキルサルフェート、式RO(CH2CH2O)kCH2COO−M+のものなどのアル
キルポリエトキシカルボキシレートがあるが、上式においてRはC8−C22アル
キル、kは0から10の整数、Mは可溶性塩形成性カチオンである。樹脂酸および水素化樹脂酸も好適であり、例えばロジン水素化ロジンならびにトール油中に存在またはトール油から誘導された樹脂酸および水素化樹脂酸がある。さらなる例は、“Surface Active Agents and Detergents”(Vol.I and II,Schwartz,Perry and Berch著)にある。さまざまなこのような界面活性剤は、1975年12月30日にLaughlin他に発行された米国特許第3,929,678号、23段、58行から29段23行に一般的に開示されている(参照により本明細書に組み込む)。

0068

本明細書における使用に特に好適な他のアニオン界面活性剤は、アルキル鎖中に4から24の、好ましくは8から18の、より好ましくは8から16の炭素原子を有するアルキルカルボキシレートおよびアルキルアルコキシカルボキシレートであり、アルコキシはプロポキシおよび/またはエトキシであり、好ましくはアルコキシ化度が0.5から20、好ましくは5から15でのエトキシである。本明細書における使用に好ましいアルキルアルコキシカルボキシレートは、Kao Chemical GbmhからAkyposoft(商品名)100NVの名前で市販されているナトリウムラウレス11カルボキシレート(すなわち、RがC12−C14のRO(C2H4O)10−CH2COONa)である。

0069

本明細書における使用に好適な両性界面活性剤には、以下の式R1R2R3NO
を有するアミンオキシドがあり、上式において、R1、R2およびR3はそれぞれ独立に、炭素数1から30の飽和置換または不飽和、直鎖または分岐状炭化水素鎖である。本発明により使用されるべき好ましいアミンオキシド界面活性剤は、以下の式R1R2R3NOを有するアミンオキシドであり、R1は1から30、
好ましくは6から20、より好ましくは8から16、最も好ましくは8から12の炭素原子を含んでなる炭化水素鎖であり、R2およびR3は独立に、1から4の炭素原子、好ましくは1から3の炭素原子、より好ましくはメチル基を含んでなる置換または未置換、直鎖または分岐状炭化水素鎖である。R1は、飽和、置換または未置換直鎖または分岐状炭化水素鎖でよい。本明細書における使用に好適なアミンオキシドは、例えば、天然ブレンドC8—C10アミンオキシドならびにHoechstから市販のC12−C16アミンオキシドである。

0070

本明細書における使用に好適な双性イオン界面活性剤は、カチオン性親水性基、すなわち四級アンモニウム基およびアニオン性親水性基の両方を同一分子上に比較的広いpH範囲で含有する。典型的なアニオン性親水性基は、カルボキシレートおよびスルホネートであるが、サルフェート、ホスホネートなどの他の基も使用できる。本明細書において使用される双性イオン界面活性剤の一般式は、
R1−N+(R2)(R3)R4X-
であり、上式において、R1は疎水性基であり;R2は水素、C1−C6アルキル、ヒドロキシアルキルまたは他の置換C1−C6アルキル基であり;R3は、R2にも結合してNと共に環構造を形成できるC1−C6アルキル、ヒドロキシアルキルまたは他の置換C1−C6アルキル基またはC1−C6カルボン酸基またはC1−C6スルホネート基であり;R4は、カチオン性窒素原子を親水性基に結合させる部分
であり、典型的には1から10の炭素原子を含むアルキレン、ヒドロキシアルキレンまたはポリアルコキシ基であり;Xは、カルボキシレートまたはスルホネート基である親水性基である。

0071

好ましい疎水性基R1は、アミド基エステル基などの結合基を含有できる脂
肪族または芳香族、飽和または不飽和、置換または未置換の炭化水素鎖である。より好ましいR1は、1から24の、好ましくは8から18の、より好ましくは
10から16の炭素原子を含むアルキル基である。これらの単純なアルキル基は、コストおよび安定性の理由から好ましい。しかし、疎水性基R1は、式Ra−C(O)−NH−(C(Rb)2)mのアミド残基でもよく、上式において、Raは、脂肪族または芳香族、飽和または不飽和、置換または未置換炭化水素鎖であり、好ましくは、8から20までの、好ましくは18までの、より好ましくは16までの炭素原子を含むアルキル基であり、Rbは、水素およびヒドロキシ基から成
る群から選択され、mは1から4、好ましくは2から3、より好ましくは3であり、(C(Rb)2)部分に1以下ののヒドロキシ基を有する。

0072

好ましいR2は、水素またはC1−C3アルキルであり、より好ましくはメチル
である。好ましいR3は、C1−C4カルボン酸基またはC1−C4スルホネート基
、またはC1−C3アルキルであり、より好ましくはメチルである。好ましいR4
は、(CH2)nであり、nは1から10、好ましくは1から6、より好ましくは1から3の整数である。

0073

ベタインスルホベタインの共通ないくつかの例は、参照により本明細書に組み込まれる米国特許第2,082,275号、第2,702,279号および第2,255,082号に記載されている。

0074

特に好適なアルキルジメチルベタインの例には、ココナッツジメチルベタイン、ラウリルジメチルベタイン、デシルジメチルベタイン、2−(N−デシル−N,N−ジメチルアンモニアアセテート、2−(N—ココ N,N−ジメチルアンモニオ)アセテート、ミリスチルジメチルベタイン、パルミチルジメチルベタイン、セチルジメチルベタイン、ステアリルジメチルベタインがある。例えば、ココナッツジメチルベタインは、Amonyl 265(商品名)の商標でSeppicから市販されている。ラウリルベタインは、Empigen BB/L(商品名)の商標でAlbright&Wilsonから市販されている。

0075

アミドベタインの例には、ココアミドエチルベタイン、ココアミドプロピルベタインまたはC10−C14脂肪族アシルアミドプロピレンヒドロプロピレン)スルホベタインがある。例えば、C10−C14脂肪族アシルアミドプロピレン(ヒドロプロピレン)スルホベタインは、「Varion CAS(商品名) sulfobetaine」の商標でSherex Companyから市販されている。

0076

ベタインのさらなる例は、Mirataine H2C−HA(商品名)の商標でRhone−Poulencから市販されているラウリル−イミノジプロピオネートである。

0077

本明細書における使用に好適なカチオン界面活性剤には、四級アンモニウムホスホニウムイミダゾリウムおよびスルホニウム化合物誘導体がある。本明細書における使用に好ましいカチオン界面活性剤は、四級アンモニウム化合物であって、窒素に結合している炭化水素基の1つまたは2つが、炭素数6から30の、好ましくは炭素数10から25の、より好ましくは炭素数12から20の飽和の直鎖または分岐状アルキル基であり、窒素に結合している他の炭化水素基(すなわち、1つの炭化水素基が上述の長鎖炭化水素基である場合は3、2つの炭
水素基が上述の長鎖炭化水素基である場合は2)が独立に、炭素数1から4の、好ましくは炭素数1から3の、置換または未置換、直鎖または分岐状アルキル鎖、より好ましくはメチル基であるような四級アンモニウム化合物である。本明細書における使用に好適な好ましい四級アンモニウム化合物は、非塩素化物/非ハロゲン四級アンモニウム化合物である。前記四級アンモニウム化合物に使用される対イオンは、いかなる過硫酸塩とも互換性があり、メチルサルフェートまたはメチルスルホネートなどの群から選択される。

0078

ミリスチルトリメチルサルフェート、セチルトリメチルサルフェートおよび/またはタロートリメチルサルフェートなどのトリメチル四級アンモニウム化合物は、本発明の組成物に使用するのに特に好ましい。このようなトリメチル四級アンモニウム化合物は、Hoechstから、またはEMPIGEN CM(商品名)の商標でAlbright&Wilsonから市販されている。

0079

非イオン性界面活性剤のうちで、アルコキシ化非イオン性界面活性剤および特にエトキシ化非イオン性界面活性剤が本明細書における使用に好適である。本明細書における使用に特に好ましい非イオン性界面活性剤は、キャップされたアルコキシ化非イオン性界面活性剤であり、その理由は過硫酸塩に対する安定性が改善されているからである。

0080

本明細書における使用に好適なキャップされたアルコキシ化非イオン性界面活性剤は、以下の式により、
R1(O−CH2−CH2)n−(OR2)m−O−R3
上式において、R1は、C8−C24直鎖または分岐状アルキルまたはアルケニル基、アリール基、アルカリール基であり、好ましくは、R1は、C8−C18アルキルまたはアルケニル基であり、より好ましくはC10−C15アルキルまたはアルケニル基であり、さらに好ましくはC10−C15アルキル基であり;
R2は、C1−C10直鎖または分岐状アルキル基、好ましくはC2−C10直鎖また
は分岐状アルキル基であり;
R3は、C1−C10アルキルまたはアルケニル基、好ましくはC1−C5アルキル基、より好ましくはメチルであり;
nおよびmは、独立に、1から20の、好ましくは1から10の、より好ましくは1から5の範囲の整数であり;またはその混合物である。

0081

これらの界面活性剤は、Plurafac(商品名)の商標でBASFから、Genapol(商品名)の商標でHOECHSTから、Symperonic(商品名)の商標でICIから市販されている。上記の式で表される好ましいキャップされた非イオン性アルコキシ化界面活性剤は、Genapol(商品名) L2.5 NRの商標でHoechstから、Plurafac(商品名)の商標でBASFから市販されているものである。
キレート剤

0082

本発明の組成物は、好ましい任意成分としてキレート剤を含んでもよい。好適なキレート剤は当業者に公知のもののいずれでもよく、ホスホネートキレート剤アミノカルボキシレートキレート剤、他のカルボキシレートキレート剤、多官能置換芳香族キレート剤エチレンジアミンN,N’−二コハク酸またはそれらの混合物を含んでなる群から選択されるものなどである。

0083

キレート剤の存在は、組成物の化学的安定性をさらに向上させるのに寄与する。キレート剤は、本明細書における組成物のイオン強度を増加させ、したがってさまざまな表面に対する染みの除去および漂白性能を向上させるので、本発明の組成物に含まれるのが望ましい。

0084

本明細書における使用に好適なホスホネートキレート剤には、アルキル金属エタン1−ヒドロキシジホスホネート(HEDP)、アルキレンポリ(アルキレンホスホネート)ならびにアミノアミノトリ(メチレンリン酸)(ATMP)、ニトリトリメチレンホスホネート(NTP)、エチレンジアミンテトラメチレンホスホネートおよびジエチレントリアミンペンタメチレンホスホネート(DTPMP)を含むアミノホスホネート化合物がある。前記ホスホネート化合物は、その酸官能性のいくつかまたは全てに基づき、その酸の形態または異なるカチオンの塩としてのいずれかで存在してもいい。本明細書において使用されるべき好ましいホスホネートキレート剤は、ジエチレントリアミンペンタメチレンホスホネート(DTPMP)およびエタン1−ヒドロキシジホスホネート(HEDP)である。これらのホスホネートキレート剤は、DEQEST(商品名)の商標でMonsantoから市販されている。

0085

多官能置換芳香族キレート剤も本明細書における組成物に有用である。1974年5月21日にConnor他に発行された米国特許第3,812,044号を参照されたい。酸の形態でのこの種類の好ましい化合物は、1,2−ジヒドロキシ−3,5−ジスルホベンゼンなどのジヒドロキシジスルホベンゼンである。

0086

本明細書における使用に好ましい生分解性キレート剤は、エチレンジアミンN,N’−二コハク酸、またはそのアルカリ金属、アルカリ土類、アンモニウムまたは置換アンモニウム塩またはそれらの混合物である。エチレンジアミンN,N’−二コハク酸、特に(S、S)異性体は、1987年11月3日にHartmanおよびPerkinsに発行された米国特許第4,704,233号に広範囲に記載されてきた。エチレンジアミンN,N’−二コハク酸は、例えば、EDDS(商品名)の商標でPalmer Research Laboratoriesから市販されている。

0087

本明細書に使用されるべき好適なアミノカルボキシレートには、エチレンジアミンテトラアセテート、ジエチレントリアミンペンタアセテート、ジエチレントリアミンペンタアセテート(DTPA)、N−ヒドロキシエチルエチレンジアミントリアセテート、ニトリロトリアセテート、エチレンジアミンテトラプロピオネートトリエチレンテトラアミンヘキサアセテートエタノールジグリシンプロピレンジアミン四酢酸(PDTA)およびメチルグリシン二酢酸(MGDA)があり、いずれもその酸の形態またはそのアルカリ金属、アンモニウムおよび置換アンモニウム塩の形態である。本明細書において使用される特に好適なアミノカルボキシレートは、ジエチレントリアミン五酢酸、例えばTrilonFS(商品名)の商標でBASFから市販されているプロピレンジアミン四酢酸(PDTA)およびメチルグリシン二酢酸(MGDA)である。

0088

本明細書において使用されるさらなるカルボキシレートキレート剤には、サリチル酸アスパラギン酸グルタミン酸グリシンマロン酸およびそれらの混合物がある。

0089

本明細書に使用される他のキレート剤は以下の式で表され、
R1,R2,R3およびR4は独立に、−H、アルキル、アルコキシ、アリール、アリーロキシ、—Cl、—Br、−NO2、−C(O)R’および−SO2R’’から成る群から選択され、R’は、−H、−OH、アルキル、アルコキシ、アリールおよびアリーロキシからなる群から選択され;R’’は、アルキル、アルコキシ、アリールおよびアリーロキシからなる群から選択され;R5,R6,R7およ
びR8は、独立に、−Hおよびアルキルからなる群から選択される。

0090

本明細書において使用されるべき特に好ましいキレート剤は、アミノアミノトリ(メチレンリン酸)、ジエチレントリアミノ五酢酸、ジエチレントリアミンペンタメチレンホスホネート、1−ヒドロキシエタンジホスホネート、エチレンジアミンN,N’−二コハク酸およびそれらの混合物である。

0091

典型的には、本発明による組成物は、組成物の全重量の5%までの、好ましくは0.01重量%から1.5重量%の、より好ましくは0.01%から0.5%のキレート剤またはその混合物を含んでなる。
ラジカルスカベンジャー

0092

本発明の組成物は、ラジカルスカベンジャーまたはその混合物を含んでもよい。

0093

本明細書における使用に好適なラジカルスカベンジャーには、公知の置換モノおよびジヒドロキシベンゼンおよびその類似体、アルキルおよびアリールカルボキシレートおよびその混合物がある。本明細書における使用に好ましいそのようなラジカルスカベンジャーには、ジ−tert−ブチルヒドロキシトルエン(BHT)、ヒドロキノン、ジ−tert−ブチルヒドロキノン、モノ−tert−ブチルヒドロキノン、tert−ブチルヒドロキシアニソール安息香酸トルイル酸カテコール、t−ブチルカテコールベンジルアミン、1,1,3−トリス(2−メチル−4−ヒドロキシ−5−t−ブチルフェニルブタン没食子酸n—プロピルまたはこれらの混合物であり、非常に好ましいのはジ−tert−ブチルヒドロキシトルエンである。没食子酸n—プロピルなどのラジカルスカベンジャーは、Nipanox S1(商品名)の商標でNipa Laboratoriesから市販されている。

0094

使用される場合、ラジカルスカベンジャーは、本明細書において典型的には、組成物全体に対して10重量%まで、好ましくは0.001重量%から0.5重量%の量で存在する。

0095

ラジカルスカベンジャーの存在は、本発明の漂白組成物の化学的安定性ならびに本発明の組成物の安全プロフィールに寄与する可能性がある。
抑泡剤

0096

本発明による組成物は、さらに、2−アルキルアルカノールまたはその混合物などの抑泡剤を好ましい任意成分として含んでもよい。6から16の、好ましくは8から12の炭素原子を含んでなるアルキル鎖および末端ヒドロキシ基を有し、前記アルキル鎖がα位で1から10の、好ましくは2から8の、より好ましくは3から6の炭素原子を含んでなるアルキル鎖で置換されているような2−アルキルアルカノールが、本発明に使用するのに特に好適である。このような好適な化合物は、例えば、Isofol(商品名)12(2−ブチルオクタノール)またはIsofol(商品名)16(2−ヘキシルデカノール)などのIsofol(商品名)シリーズで市販されている。

0097

他の抑泡剤には、約8から約24の、好ましくは約10から約20の炭素原子を含む脂肪酸アルカリ金属塩(例えば、ナトリウムまたはカリウム)すまたはその石鹸である。

0098

石鹸をつくるのに使用されるものを含む脂肪酸は、例えば植物または動物から誘導したグリセリド(例えば、パーム油ココナッツ油ババス油大豆油ヒマシ油、タロー、鯨油魚油、タロー、グリースラードおよびこれらの混合物)などの天然の源から得ることができる。前記脂肪酸は、合成により調製することもできる(例えば、石油ストックの酸化またはフィッシャートロプシュ法による)。

0099

アルカリ金属石鹸は、油脂の直接鹸化または別の製造工程で調製された遊離脂肪酸中和によりつくることができる。ココナッツ油およびタローから誘導された脂肪酸の混合物のナトリウムおよびカリウム塩、すなわちナトリウムおよびカリウムタローおよびココナッツ石鹸が特に有用である。

0100

「タロー」という用語は、本明細書において、典型的には2.5% C14、29% C16、23% C18、2%パルミトレイン、41.5%オレインおよび3% リノール(列挙した最初の3つの脂肪酸は飽和している)というおおよその炭素鎖長分布を有する脂肪酸混合物に関連している。さまざまな動物性タローおよびラードから誘導された脂肪酸などの類似の分布を有する他の混合物も、タローという用語に含まれる。タローは、硬化して(すなわち、水素化して)不飽和脂肪酸部分の一部または全てを飽和脂肪酸部分に変換できる。

0101

「ココナッツ」という用語が本明細書において使用されるとき、それは、典型的には8% C8、7% C10、48% C12、17% C14、9% C16、2% C18、7%オレインおよび2% リノール(列挙した最初の6つの脂肪酸は飽和している)というおおよその炭素鎖長分布を有する脂肪酸混合物のことである。パーム核油およびババス油など類似の炭素鎖長分布を有する他の源もココナッツ油という用語に含まれる。

0102

他の好適な抑泡剤は、シリコーンおよびシリカシリコーン混合物により例示される。シリコーンは、アルキル化ポリシロキサン材料により一般的に表すことができる一方で、シリカは、シリカエーロゲルおよびキセロゲルならびにさまざまな種類の疎水性シリカにより例示される微細に分割された形態で使用される。これらの物質粒子として混合でき、前記抑泡剤が、水溶性または水に分散可能な、実質的に非界面活性洗剤浸透キャリアーに、好都合には放出可能に取り入れられている。または、抑泡剤は、液体キャリアーに溶解または分散し、噴霧により1つまたは複数の他の成分上へ塗布することもできる。

0103

好ましいシリコーン抑泡剤は、Bartollota他の米国特許第3,933,672号に開示されている。他の特に好ましい抑泡剤は、1977年4月28日に発行された独国特許出願DTOS 2 646 126号に記載されている自己乳化性シリコーン抑泡剤である。そのような化合物の例は、シロキサングリコールコポリマーである、Dow Corningから市販のDC−544である。

0104

特に好ましいシリコーン抑泡剤は、同時係属欧州特許出願N°92201649.8.に記載されている。前記組成物は、AerosilRなどの非多孔性
ュームシリカと組み合わされたシリコーン/シリカ混合物を含んでなる。

0105

特に好ましい抑泡剤は、シリコーン油および2−アルキル−アルカノールの混合物を含んでなる抑泡剤系である。

0106

典型的には、本明細書における組成物は、組成物全体の重量の4%までの、好ましくは0.1%から1.5%の、最も好ましくは0.1%から0.8%の抑泡剤またはその混合物を含んでもよい。
表面を処理する方法

0107

本発明において、本発明の液体水性組成物は、処理する表面に接触される必要がある。

0108

「表面」とは、本明細書においていかなる無生物表面をも意味する。これらの無生物表面には、台所、浴室などの典型的には家の中に見出される硬質表面、または、例えばタイル、壁、床、クロム、ガラス、滑らかなビニールプラスティック可塑化木材、テーブルトップシンク調理具の上面、皿、シンク、シャワーシャワーカーテン手洗器トイレなどの衛生器具などの車の内装に見出される硬質表面ならびに服、カーテン掛け布寝具用リネン、浴室用リネン、テーブルクロス寝袋テント詰め物入り家具などを含む布帛およびカーペットがあるが、これらに限定されない。無生物表面は、冷蔵庫冷凍庫、洗濯機、自動乾燥機オーブン電子レンジ皿洗い機などを含むが、これらに限定されない家電製品も含む。

0109

「表面を処理する」とは、本発明の組成物が過硫酸塩およびケトン、アルデヒドまたはハロゲン化物活性剤化合物またはそれらの混合物を主成分とする漂白系を含んでなるので、前記表面を漂白および/または殺菌することを本明細書において意味し、前記組成物が界面活性剤または他の従来の洗浄剤を含んでなる可能性があるので任意に洗浄を意味する。

0110

したがって、本発明は、無生物表面として、布帛を処理、特に漂白する方法を含包する。このような方法において、本発明による組成物は、処理する布帛と接触される。

0111

これは、本明細書において定義される液体漂白組成物が、布帛がすすがれ、または洗浄されてすすがれる前に、原液のまま前記布帛上につけられる、いわゆる「前処理モード」において、または、本明細書において定義される液体漂白組成物がまず水性浴中で希釈され、前記浴中に布帛がすすがれる前に浸されつけられる「浸しモード」、または、本明細書において定義される液体漂白組成物が、典型的な洗濯洗剤の溶解または分散により形成した洗浄液に加えられる「洗浄モード中」のいずれかにおいて実施することができる。どのケースにおいても、前記組成物に布帛が接触した後で布帛がすすがれ、その後前記組成物が完全に乾燥されることが必須である。

0112

本発明による、表面、特に布帛を漂白する方法は、効果的な白色性能ならびに効果的な染み除去性能を発揮する。

0113

本発明による組成物は、好ましくは、液体形態で布帛に接触される。実際、「液体形態で」とは、本明細書において、原液または希釈した形態での本発明による液体組成物自体を意味する。

0114

本発明による組成物は、典型的には、希釈した形態で洗濯操作に用いられる。「希釈した形態で」とは、本明細書において、本発明による布帛漂白用組成物が、使用者により好ましくは水で希釈されることを意味する。そのような希釈は、手洗い用途ならびに洗濯機などの他の手段において起こる。前記組成物は、500倍まで、好ましくは5から200倍まで、より好ましくは10から80倍まで希釈できる。

0115

より具体的には、本発明による布帛漂白方法は、まず前記布帛を希釈形態の本発明による漂白組成物に接触させる工程、次いで前記布帛を漂白するに充分な時間、典型的には1から60分、好ましくは5から30分、前記布帛を前記組成物に接触させた状態に保つ工程、次いで前記布帛を水ですすぐ工程を含んでなる。前記布帛を洗うべき場合、すなわち少なくとも1つの界面活性剤を含んでなる従
来の組成物により洗うべきである場合、前記布帛を本発明による漂白組成物および前記洗剤組成物に同時に接触させることにより、前記洗浄を前記布帛の漂白と同時に行ってもよいし、前記布帛が漂白される前または後に前記洗浄を行ってもよい。したがって、本発明による前記方法は、布帛の漂白を可能にし、同時に前記布帛を前記漂白組成物に接触させる工程の前および/または前記布帛を前記漂白組成物に接触させている工程中および/または前記布帛を前記漂白組成物に接触させている工程の後ですすぎ工程の前および/またはすすぎ工程の後で、任意に、少なくとも1つの界面活性剤を含んでなる洗剤組成物での布帛の洗浄を可能
にする。

0116

本発明の他の実施様態において、布帛を漂白する方法は、布帛を本発明による原液形態の液体漂白組成物に接触させる工程、前記布帛を漂白するに充分な時間、典型的には5秒から30分、好ましくは1分から10分、前記布帛を前記漂白組成物に接触させた状態に保つ工程、次いで前記布帛を水ですすぐ工程を含んでなる。前記布帛を洗うべき場合、すなわち少なくとも1つの界面活性剤を含んで
なる従来の組成物により洗うべきである場合、前記洗浄を前記布帛が漂白される前または後に行ってもよい。好都合には、本発明は、色および布帛自体に安全であると同時に、漂白剤含有組成物を布帛に原液で用いることに対する昔からの先入観にもかかわらず、原液のまま布帛につけて漂白できる液体漂白組成物を提供する。

0117

または、上述のような原液漂白方法(前処理剤塗布)のあとで、水によるすすぎ工程および/または液体または粉末の従来洗剤による従来の洗浄工程を行う代わりに、漂白前処理操作の後で、上述のような希釈漂白方法をバケツ(手洗い操作)または洗濯機中で行ってもよい。

0118

前記布帛が従来の洗濯洗剤組成物により洗浄させた後に本明細書の漂白方法を行うことが好ましい。実際、前記布帛を洗剤組成物で洗浄した後に、前記布帛を本発明による組成物(典型的には希釈漂白方法)で漂白すると、前記布帛をまず漂白し次いで洗浄した場合よりも、優れた白さおよび染みの除去がより少ないエネルギーと洗剤で提供される。

0119

他の実施様態において、本発明は、無生物表面として硬質表面を処理する方法をも含包する。そのような方法において、本明細書に定義された組成物は、処理する表面に接触する。したがって、本発明は、本明細書に定義された組成物で硬質表面を処理する方法をも含包し、前記方法は前記組成物を前記硬質表面、好ましくはその汚れた部分のみにつける工程および任意に前記硬質表面をすすぐ工程を含んでなる。

0120

本発明による硬質表面を処理する方法において、本明細書に定義された組成物は、原液のままでも、典型的にはその重量の200倍までの水、好ましくはその重量の80から2倍の水、より好ましくは60から2倍の水で希釈した形態で、処理される表面につけてもよい。

0121

硬質表面漂白/殺菌組成物として使用される場合、本発明の組成物はすすぎが容易であり、処理された表面に良好な輝き特性を与える。

0122

「硬質表面」とは、上述の硬質表面ならびに食器類であると理解される。
液体組成物の包装形態

0123

予想される最終用途により、本明細書における組成物は、従来のボトルロールオン、スポンジブラッシャーまたは噴霧器を備えたボトルを含むさまざまな容器包装することができる。

0124

本発明は、以下の実施例によりさらに説明される。

0125

以下の組成物は、列記された成分を列記された割合で混合することによりつくられた(他に断りのない限り重量%)。
組成物(重量%) I II III IV V
Akyposoft
100 NV(商品名) 0.5 0.5 - 0.3 0.4
Curox(商品名) 6 4 4 4.3 10
トリフルオロメチル
フェニルケトン0.5 - - 0.3 -
アセトアセトン - 0.4 - - 0.4
HEDP0.1 0.05 0.16 0.1 -
BHT0.05 - - - 0.1
没食子酸プロピル- 0.1 - 0.05 -
NaCl - - 0.1 0.5 -
NaBr - - - - 1.0
水および微量成分 100%まで
右記pHまでのアルカリ性化剤2 2.5 4 4 1.5
組成物(重量%) VI VII VIII IX X
Akyposoft
100 NV(商品名) 0.5 0.5 0.5 0.2 0.2
Curox(商品名) 5 7 10 10 6
アセチルアセトン0.5 0.5 0.5 - -
N,N−ジメチル−4
−オキソピペリジニウム
ニトレート- - - 0.5 0.5
没食子酸プロピ0.05 0.05 0.1 0.1 0.05
水および微量成分 100%まで
pH 2 1.8 1.5 1.5 2
組成物(重量%) XI XII XIII XIV XV
Akyposoft
100 NV(商品名) 0.5 0.5 0.5 0.2 0.2
Curox(商品名) 5 7 10 10 6
シクロヘキサノン0.5 - 0.5 0.5 -
N,N−ジメチル−3
−オキソピペリジニウム
ニトレート - 0.5 - - 0.5
没食子酸プロピル 0.05 0.05 0.1 0.1 0.05
水および微量成分 100%まで
pH 2 1.8 1.5 1.5 2
組成物 XVI XVII XVIII XIX XX XXI XXII
(重量%)
Witoconate 5 5 5 5 5 5 5
NAS 8
(40%活性)(商品名)
Curox(商品名) 9.5 9.5 9.5 9.5 9.5 9.5 9.5
N,N−ジメチル−4 0.5 1 0.1 0.5 0.5 - -
−オキソピペリジニウム
トリフレート
シクロヘプタノン - - - - - 0.5 0.5
HEDP 0.1 0.2 0.1 - - - 0.1
BHT 0.05 0.05 0.1 0.1 0.05 - 0.05
水および微量成分 100%まで
pH 1.5 1.5 1.5 1.5 1.5 1.5 1.5
Akyposoft 100 NV(商品名)は、Kao Chemicala Gmbhから市販されているC12−C14アルキル(エトキシ)10カルボキシレートである。
Wikconate NAS 8(商品名)は、Witco ASから市販のアルキルスルホネートである。
BHTは、ジ−tertブチルヒドロキシトルエンである。
HEDPは、serieDequest(商品名)の名前でMonsantoから市販されているエタン1−ヒドロキシジホスホネートである。
シクロヘプタノンは、Aldrichから市販されている。
Curox(商品名)は、Interoxから市販の一過硫酸カリウム硫酸カリウムおよび重硫酸カリウム三重塩である。

0126

上記の組成物は全て、布帛を漂白するためまたは硬質漂白を処理するために用いられた場合、原液でも特に希釈された条件下でもすばらしい漂白性能ならびに良好な染み除去性能を示す。

0127

これらの組成物は、物理的・化学的に安定であり、すなわち25℃で1ヶ月の保存期間後に、15%を超えるAvOを失わない。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ