図面 (/)

技術 在庫管理装置及び在庫管理方法及びプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体

出願人 三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
発明者 友野雅志
出願日 2000年6月14日 (20年5ヶ月経過) 出願番号 2000-178774
公開日 2001年12月26日 (18年11ヶ月経過) 公開番号 2001-357271
状態 拒絶査定
技術分野 検索装置 特定用途計算機
主要キーワード スクロール作業 渡し店 候補店舗 購入申込情報 在庫管理テーブル 商品検索条件 在庫管理データ 地理的条件
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年12月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (18)

課題

商品在庫を管理する在庫管理装置係り利用者が、複数の店舗における在庫と引き渡し予定日を確認し、引き渡し店舗を指定して購入を申し込める在庫管理装置を提供することを課題とする。

解決手段

商品検索部15は、商品検索条件入力部14により入力した商品検索条件に合致する商品を、商品名と商品属性店舗毎在庫数を記憶する在庫管理テーブル11から検索し、在庫情報出力部20は、検索した商品の商品名と、検索した商品の店舗毎の在庫の有無を出力する。

概要

背景

従来、商品在庫を管理する在庫管理システムにおいては、在庫を管理する店舗ごとに在庫管理データが独立していため、利用者が在庫の有無を確認する場合には、各店舗に対して個別にアクセスしなければならなかった。

また、在庫のある店舗から、在庫が無い店舗に商品を転送することによって、在庫のない店舗において商品を引き渡すことが考えられるが、転送元となる店舗や、転送手段によって、転送に要する日数が異なるため、引き渡し予定日が必ずしも確かではなく、通信を介する商品購入申込の支障となっていた。

概要

商品の在庫を管理する在庫管理装置係り、利用者が、複数の店舗における在庫と引き渡し予定日を確認し、引き渡し店舗を指定して購入を申し込める在庫管理装置を提供することを課題とする。

商品検索部15は、商品検索条件入力部14により入力した商品検索条件に合致する商品を、商品名と商品属性店舗毎在庫数を記憶する在庫管理テーブル11から検索し、在庫情報出力部20は、検索した商品の商品名と、検索した商品の店舗毎の在庫の有無を出力する。

目的

本発明は、上記した従来技術の欠点を除くためになされたものであって、その目的とするところは、店舗毎の在庫の有無の確認を容易にし、更に、確実な商品の引き渡し予定日を提示することによって、通信を介する商品購入申込の円滑な運用を図ることを目的としている。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数の店舗における商品在庫を管理する在庫管理装置であって、以下の要素を有することを特徴とする在庫管理装置(1)商品名と、商品名で特定される商品についての店舗毎在庫数とを対応付けて記憶する在庫管理テーブル、(2)商品を検索する商品検索条件を入力する商品検索条件入力部、(3)入力した商品検索条件に合致する商品を検索する商品検索部、(4)検索した商品について、検索した商品の商品名と、検索した商品についての店舗毎の在庫の有無を出力する在庫情報出力部。

請求項2

在庫管理装置は、通信媒体に接続し、商品検索条件入力部は、通信媒体を介して、商品検索条件を入力し、在庫情報出力部は、通信媒体を介して、検索した商品についての店舗毎の在庫の有無を出力することを特徴とする請求項1記載の在庫管理装置。

請求項3

在庫管理装置は、特定の店舗の在庫を管理する店舗内管理装置に接続し、在庫管理装置は、更に、店舗内管理装置から、特定の店舗の商品毎の在庫数を受信する在庫情報受信部と、受信した商品毎の在庫数を、特定の店舗の在庫数として、商品毎に商品名と対応付けて、在庫管理テーブルに記憶する在庫管理テーブル更新部とを有することを特徴とする請求項1記載の在庫管理装置。

請求項4

在庫管理装置は、更に、検索した商品についての店舗毎の在庫の有無に基づいて、店舗毎の引き渡し予定日を算出する引渡予定日算出部を有し、在庫情報出力部は、更に、検索した商品について、店舗毎に算出した引き渡し予定日を出力することを特徴とする請求項1記載の在庫管理装置。

請求項5

在庫管理装置は、更に、商品を引き渡す店舗の候補である引渡候補店舗に在庫が無い場合には、商品の在庫を有する店舗の中から商品の転送元となる転送元候補店舗を決定する転送元候補店舗決定部を有し、引渡予定日算出部は、引渡候補店舗が商品の在庫を有する場合には、引き渡し予定日を算出する当日以降の日付を引き渡し予定日とし、商品を引き渡す店舗の候補である引渡候補店舗に在庫が無い場合には、転送元候補店舗決定部により決定した転送元候補店舗から引渡候補店舗への商品の転送に要する転送日数予測し、予測した転送日数を、引き渡し予定日を算出する当日に加算した日以降の日付を引き渡し予定日とすることを特徴とする請求項4記載の在庫管理装置。

請求項6

在庫管理装置は、特定の店舗内に設置された店舗内管理装置に接続し、在庫管理装置は、更に、購入する商品を引き渡す店舗を特定する引渡店舗識別情報と、購入する商品を特定する引渡商品識別情報と、購入者名とを含む購入申込情報を入力する購入申込情報入力部と、入力した引渡店舗識別情報により特定される店舗内に設置された店舗内管理装置へ、入力した引渡商品識別情報と、入力した購入者名とを含む引渡指示通知を送信する引渡指示通知送信部とを有することを特徴とする請求項1記載の在庫管理装置。

請求項7

在庫管理装置は、特定の店舗内に設置された店舗内管理装置に接続し、在庫管理装置は、更に、購入する商品を引き渡す店舗を特定する引渡店舗識別情報と、購入する商品を特定する引渡商品識別情報とを含む購入申込情報を入力する購入申込情報入力部と、入力した引渡店舗識別情報により特定される引渡候補店舗に在庫が無い場合には、入力した引渡商品識別情報により特定される商品の在庫を有する店舗の中から商品の転送元となる転送元店舗を決定する転送元店舗決定部と、決定した転送元店舗内に設置された店舗内管理装置へ、入力した引渡商品識別情報を、転送する商品を特定する情報として、また、入力した引渡店舗識別情報を、商品の転送先となる転送先店舗を特定する情報として含む商品転送指示通知を送信する商品転送指示通知送信部とを有することを特徴とする請求項1記載の在庫管理装置。

請求項8

購入申込情報入力部は、更に、購入者への連絡先を入力し、在庫管理装置は、更に、転送元店舗内に設置された店舗内管理装置から、商品の発送が行われたことの通知である発送完了通知を受信する発送完了通知受信部と、発送済み通知を受信した場合に、購入申込情報入力部により入力した購入者の連絡先へ、商品の引き渡しの予告である引渡予告通知を送信する引渡予告通知送信部とを有することを特徴とする請求項6記載の在庫管理装置。

請求項9

複数の店舗における商品の在庫を管理する在庫管理方法であって、以下の要素を有することを特徴とする在庫管理方法(1)商品名と、商品名で特定される商品についての店舗毎の在庫数とを対応付けて記憶する工程、(2)商品を検索する商品検索条件を入力する工程、(3)入力した商品検索条件に合致する商品を検索する工程、(4)検索した商品について、検索した商品の商品名と、検索した商品についての店舗毎の在庫の有無を出力する工程。

請求項10

複数の店舗における商品の在庫を管理する在庫管理装置となるコンピュータに、以下の処理を実行させるためのプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体(1)商品名と、商品名で特定される商品についての店舗毎の在庫数とを対応付けて記憶する処理、(2)商品を検索する商品検索条件を入力する処理、(3)入力した商品検索条件に合致する商品を検索する処理、(4)検索した商品について、検索した商品の商品名と、検索した商品についての店舗毎の在庫の有無を出力する処理。

請求項11

複数の店舗における商品の在庫を管理する在庫管理装置であって、以下の要素を有することを特徴とする在庫管理装置(1)商品名と、商品名で特定される商品についての店舗毎の在庫数とを対応付けて記憶する在庫管理テーブル、(2)商品を検索する商品検索条件を入力する商品検索条件入力部、(3)入力した商品検索条件に合致する商品を検索する商品検索部、(4)検索した商品について、検索した商品の商品名と、検索した商品についての店舗毎の在庫の有無に基づいて判断した商品引き渡しの可否とを出力する在庫情報出力部。

請求項12

在庫管理装置は、更に、店舗毎に店舗が存在する地理的位置を記憶する店舗管理テーブルと、地理的位置についての条件である地理検索条件を入力する地理的検索条件入力部と、入力された地理的検索条件に合致する地理的位置に存在する店舗を検索する店舗検索部とを有し、在庫情報出力部は、商品検索部により検索した商品について、検索した商品の商品名と、店舗検索部により検索した店舗毎の在庫の有無を出力することを特徴とする請求項1記載の在庫管理装置。

請求項13

在庫情報受信部は、更に、店舗内管理装置から、特定の店舗の商品毎の陳列位置を受信し、在庫管理テーブルは、商品名と、商品名で特定される商品についての店舗毎の在庫数と、商品名で特定される商品についての店舗毎の陳列位置とを対応付けて記憶し、在庫情報出力部は、更に、検索した商品についての店舗毎の陳列位置を出力することを特徴とする請求項3記載の在庫管理装置。

請求項14

在庫管理装置は、購入者を判別する購入者判別情報を生成する購入者判別情報生成部を有し、引渡予告通知送信部は、生成した購入者判別情報と、購入申込情報入力部により入力した引渡商品識別情報により特定される商品名とを含む引渡予告通知を送信し、引渡指示通知送信部は、更に、購入者判別情報生成部により生成した購入者判別情報を含む引渡指示通知を送信することを特徴とする請求項8記載の在庫管理装置。

技術分野

0001

本発明は、商品在庫を管理する在庫管理装置係り利用者が、複数の店舗における在庫と引き渡し予定日を確認し、引き渡し店舗を指定して購入を申し込める在庫管理装置に関する。

背景技術

0002

従来、商品の在庫を管理する在庫管理システムにおいては、在庫を管理する店舗ごとに在庫管理データが独立していため、利用者が在庫の有無を確認する場合には、各店舗に対して個別にアクセスしなければならなかった。

0003

また、在庫のある店舗から、在庫が無い店舗に商品を転送することによって、在庫のない店舗において商品を引き渡すことが考えられるが、転送元となる店舗や、転送手段によって、転送に要する日数が異なるため、引き渡し予定日が必ずしも確かではなく、通信を介する商品購入申込の支障となっていた。

発明が解決しようとする課題

0004

本発明は、上記した従来技術の欠点を除くためになされたものであって、その目的とするところは、店舗毎の在庫の有無の確認を容易にし、更に、確実な商品の引き渡し予定日を提示することによって、通信を介する商品購入申込の円滑な運用を図ることを目的としている。

課題を解決するための手段

0005

この発明に係る在庫管理装置は、複数の店舗における商品の在庫を管理する在庫管理装置であって、以下の要素を有することを特徴とする。
(1)商品名と、商品名で特定される商品についての店舗毎の在庫数とを対応付けて記憶する在庫管理テーブル、(2)商品を検索する商品検索条件を入力する商品検索条件入力部、(3)入力した商品検索条件に合致する商品を検索する商品検索部、(4)検索した商品について、検索した商品の商品名と、検索した商品についての店舗毎の在庫の有無を出力する在庫情報出力部。

0006

また、在庫管理装置は、通信媒体に接続し、商品検索条件入力部は、通信媒体を介して、商品検索条件を入力し、在庫情報出力部は、通信媒体を介して、検索した商品についての店舗毎の在庫の有無を出力することを特徴とする。

0007

また、在庫管理装置は、特定の店舗の在庫を管理する店舗内管理装置に接続し、在庫管理装置は、更に、店舗内管理装置から、特定の店舗の商品毎の在庫数を受信する在庫情報受信部と、受信した商品毎の在庫数を、特定の店舗の在庫数として、商品毎に商品名と対応付けて、在庫管理テーブルに記憶する在庫管理テーブル更新部とを有することを特徴とする。

0008

また、在庫管理装置は、更に、検索した商品についての店舗毎の在庫の有無に基づいて、店舗毎の引き渡し予定日を算出する引渡予定日算出部を有し、在庫情報出力部は、更に、検索した商品について、店舗毎に算出した引き渡し予定日を出力することを特徴とする。

0009

また、在庫管理装置は、更に、商品を引き渡す店舗の候補である引渡候補店舗に在庫が無い場合には、商品の在庫を有する店舗の中から商品の転送元となる転送元候補店舗を決定する転送元候補店舗決定部を有し、引渡予定日算出部は、引渡候補店舗が商品の在庫を有する場合には、引き渡し予定日を算出する当日以降の日付を引き渡し予定日とし、商品を引き渡す店舗の候補である引渡候補店舗に在庫が無い場合には、転送元候補店舗決定部により決定した転送元候補店舗から引渡候補店舗への商品の転送に要する転送日数を予測し、予測した転送日数を、引き渡し予定日を算出する当日に加算した日以降の日付を引き渡し予定日とすることを特徴とする。

0010

また、在庫管理装置は、特定の店舗内に設置された店舗内管理装置に接続し、在庫管理装置は、更に、購入する商品を引き渡す店舗を特定する引渡店舗識別情報と、購入する商品を特定する引渡商品識別情報と、購入者名とを含む購入申込情報を入力する購入申込情報入力部と、入力した引渡店舗識別情報により特定される店舗内に設置された店舗内管理装置へ、入力した引渡商品識別情報と、入力した購入者名とを含む引渡指示通知を送信する引渡指示通知送信部とを有することを特徴とする。

0011

また、在庫管理装置は、特定の店舗内に設置された店舗内管理装置に接続し、在庫管理装置は、更に、購入する商品を引き渡す店舗を特定する引渡店舗識別情報と、購入する商品を特定する引渡商品識別情報とを含む購入申込情報を入力する購入申込情報入力部と、入力した引渡店舗識別情報により特定される引渡候補店舗に在庫が無い場合には、入力した引渡商品識別情報により特定される商品の在庫を有する店舗の中から商品の転送元となる転送元店舗を決定する転送元店舗決定部と、決定した転送元店舗内に設置された店舗内管理装置へ、入力した引渡商品識別情報を、転送する商品を特定する情報として、また、入力した引渡店舗識別情報を、商品の転送先となる転送先店舗を特定する情報として含む商品転送指示通知を送信する商品転送指示通知送信部とを有することを特徴とする。

0012

また、購入申込情報入力部は、更に、購入者への連絡先を入力し、在庫管理装置は、更に、転送元店舗内に設置された店舗内管理装置から、商品の発送が行われたことの通知である発送完了通知を受信する発送完了通知受信部と、発送済み通知を受信した場合に、購入申込情報入力部により入力した購入者の連絡先へ、商品の引き渡しの予告である引渡予告通知を送信する引渡予告通知送信部とを有することを特徴とする。

0013

この発明に係る在庫管理方法は、複数の店舗における商品の在庫を管理する在庫管理方法であって、以下の要素を有することを特徴とする。
(1)商品名と、商品名で特定される商品についての店舗毎の在庫数とを対応付けて記憶する工程、(2)商品を検索する商品検索条件を入力する工程、(3)入力した商品検索条件に合致する商品を検索する工程、(4)検索した商品について、検索した商品の商品名と、検索した商品についての店舗毎の在庫の有無を出力する工程。

0014

この発明に係るプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体は、複数の店舗における商品の在庫を管理する在庫管理装置となるコンピュータに、以下の処理を実行させるためのプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体であることを特徴とする。
(1)商品名と、商品名で特定される商品についての店舗毎の在庫数とを対応付けて記憶する処理、(2)商品を検索する商品検索条件を入力する処理、(3)入力した商品検索条件に合致する商品を検索する処理、(4)検索した商品について、検索した商品の商品名と、検索した商品についての店舗毎の在庫の有無を出力する処理。

0015

この発明に係る在庫管理装置は、複数の店舗における商品の在庫を管理する在庫管理装置であって、以下の要素を有することを特徴とする。
(1)商品名と、商品名で特定される商品についての店舗毎の在庫数とを対応付けて記憶する在庫管理テーブル、(2)商品を検索する商品検索条件を入力する商品検索条件入力部、(3)入力した商品検索条件に合致する商品を検索する商品検索部、(4)検索した商品について、検索した商品の商品名と、検索した商品についての店舗毎の在庫の有無に基づいて判断した商品引き渡しの可否とを出力する在庫情報出力部。

0016

また、在庫管理装置は、更に、店舗毎に店舗が存在する地理的位置を記憶する店舗管理テーブルと、地理的位置についての条件である地理検索条件を入力する地理的検索条件入力部と、入力された地理的検索条件に合致する地理的位置に存在する店舗を検索する店舗検索部とを有し、在庫情報出力部は、商品検索部により検索した商品について、検索した商品の商品名と、店舗検索部により検索した店舗毎の在庫の有無を出力することを特徴とする。

0017

また、在庫情報受信部は、更に、店舗内管理装置から、特定の店舗の商品毎の陳列位置を受信し、在庫管理テーブルは、商品名と、商品名で特定される商品についての店舗毎の在庫数と、商品名で特定される商品についての店舗毎の陳列位置とを対応付けて記憶し、在庫情報出力部は、更に、検索した商品についての店舗毎の陳列位置を出力することを特徴とする。

0018

また、在庫管理装置は、購入者を判別する購入者判別情報を生成する購入者判別情報生成部を有し、引渡予告通知送信部は、生成した購入者判別情報と、購入申込情報入力部により入力した引渡商品識別情報により特定される商品名とを含む引渡予告通知を送信し、引渡指示通知送信部は、更に、購入者判別情報生成部により生成した購入者判別情報を含む引渡指示通知を送信することを特徴とする。

発明を実施するための最良の形態

0019

実施の形態1.以下本発明を図面に示す実施例に基づいて説明する。図1は、本発明におけるシステムの全体構成図である。1は、在庫管理装置、2は、購入者端末、3〜5は、店舗内管理装置である。在庫管理装置1、購入者端末2及び店舗内管理装置3〜5は、それぞれインターネットを介して接続されている。

0020

店舗内管理装置3は、店舗識別情報=S01の店舗Aに設置されている。同様に、店舗内管理装置4は、店舗識別情報=S02の店舗Bに、店舗内管理装置5は、店舗識別情報=S03の店舗Cに設置されている。

0021

在庫管理装置1は、店舗Aから店舗Cの在庫を管理し、商品の在庫確認や商品購入申込の受付け等のサービスを提供するように構成されている。

0022

購入者端末2は、商品を検索し、商品購入の申し込みを行なう購入者が操作する端末である。この例では、購入者は、E−mailアドレスとして、”tomo@abc.jp”を用いている。

0023

図2は、本発明における在庫管理装置の構成のうち商品検索に係る部分を示す図である。11は、在庫管理テーブル、12は、在庫情報受信部、13は、在庫管理テーブル更新部、14は、商品検索条件入力部、15は、商品検索部、16は、引渡予定日算出部、17は、転送元候補店舗決定部、18は、転送元店舗優先順位テーブル、19は、転送日数テーブル、20は、在庫情報出力部である。

0024

在庫管理テーブル11は、商品についての店舗毎の在庫を管理するテーブルである。図3に、本発明における在庫管理テーブルの例を示す。この例では、商品として書籍を扱っている。各レコードは、商品毎、この例では書籍毎に設けられている。31は、商品No、32は、商品名、33は、商品属性、36は、在庫数である。商品No31は、商品を特定する商品識別情報となり得るものであり、店舗内管理装置3〜5においても共通に用いられている情報である。

0025

商品属性33は、更に、分類34と、価格35から構成されている。但し、商品属性33は、商品の特性に合わせて自由に設定することができる。書籍を例とする場合には、これらの他にも、出版社名や、作者などを商品属性33とすることも考えられる。

0026

在庫数36は、店舗Aの在庫数37、店舗Bの在庫数38、店舗Cの在庫数39から構成されている。

0027

まず商品検索の前提となる動作として、在庫管理装置1は、店舗内管理装置3〜5から店舗内の商品毎の在庫数を収集し、在庫管理テーブル11に記憶する。

0028

具体的には、在庫情報受信部12が、店舗内管理装置3〜5から店舗内の商品毎の在庫数を受信し、在庫管理テーブル更新部13は、送信元である店舗を特定し、特定した送信元の店舗の商品毎の在庫数を在庫管理テーブル11に記憶させる。

0029

在庫管理装置1は、在庫管理テーブル11において、店舗内管理装置3〜5の在庫を管理している状態で、購入者端末2から商品の検索要求受け付ける。

0030

購入者端末2は、在庫管理装置1にアクセスし、検索条件入力の画面を表示する。図4は、本発明における検索条件入力の画面の例を示す図である。この画面から、購入者は、商品検索条件を入力する。この例では、商品名について条件を設定しているが、商品属性に対して条件を設定することも有効である。

0031

商品検索条件入力部14は、このようにして設定された商品検索条件を受信し、商品検索部15へ渡す。商品検索部15は、在庫管理テーブル11から商品検索条件に合致する商品を検索し、合致したすべての商品について、商品Noと、商品名と、商品属性と、店舗毎の在庫数を取得する。店舗毎の在庫数は、店舗識別情報と在庫数の対として得られる。この例の場合、図3のレコード42に示す商品が検索条件に合致し、商品No”2156”と、商品名”世界の仔”と、商品属性として分類”趣味”と価格”3950”、店舗毎の在庫数として店舗識別情報”S01”と在庫数”0”の対と、店舗識別情報”S02”と在庫数”2”の対と、店舗識別情報”S03”と在庫数”3”の対が得られる。

0032

次に、引渡予定日算出部16が、引き渡し予定日を算出する。図5は、引渡予定日算出の処理フローを示す図である。

0033

引渡予定日算出部16は、今日の日付と現在時刻を取得し(S501)、商品検索部15から最初の店舗識別情報”S01”を引渡候補店舗識別情報として取得する(S502)。更に、引渡候補店舗識別情報と対をなす在庫数を取得し、0より大きいか判断する(S503)。

0034

在庫数が0より大きい場合は、引渡候補店舗に在庫があるので、閉店時刻前であれば今日の日付を引き渡し予定日とする(S504、S505)。閉店時刻以降であれば明日の日付を引き渡し予定日とする(S504、S506)。

0035

在庫数が0の場合は、引渡候補店舗に在庫がないので、転送日数を考慮した引き渡し予定日を算出する。引渡予定日算出部16は、商品検索部15から在庫の有る店舗の店舗識別情報を取得し(S507)、転送元候補店舗決定部17は、転送元店舗優先順位テーブル18から引渡(候補)店舗識別情報に対応する転送元(候補)店舗の優先順位を取得し、在庫の有る店舗の店舗識別情報のうち優先順位の高い店舗の店舗識別情報を、転送元候補店舗識別情報と決定する(S508)。図6は、本発明における転送元店舗優先順位テーブルの例を示す図である。この例では、引渡候補店舗である店舗Aに対する転送元候補店舗である店舗Bと店舗Cでは、図6に示すように店舗Bの優先順位が”1”と高いので、店舗Bを転送元候補店舗と判断し、転送元候補店舗識別情報”S02”を出力する。

0036

この例で在庫の有無の判断のために、基準値を0に設定し、在庫数が0より大きい場合に、在庫が有ると判断し、在庫数が0の場合に、在庫が無いと判断している。但し、0以外を基準値として判断した結果を出力することも有効である。例えば、店舗内の在庫を切らさないようにする為に、基準値以下の在庫数の場合には、他の店舗へ商品を転送しない場合などが考えられる。このような場合には、基準値を超える在庫数の場合にのみ”商品引き渡し可”の表示を行ない、基準値以下の在庫数の場合には、”商品し引き渡し否”の表示を行なうようにすることが有効である。また、第一の基準値を超える在庫数の場合にのみ”商品引き渡し可”の表示を行ない、第二の基準値(第一の基準値より小さい値)以下の在庫数の場合には、”商品し引き渡し否”の表示を行ない、第一の基準値以下であって、第二の基準値を超える在庫数の場合に”残り僅か”の旨を表示することも有効である。

0037

次に、引渡予定日算出部16は、引渡候補店舗識別情報と転送元候補店舗識別情報によって特定される転送日数を、転送日数テーブル19から取得する(S509)。図7は、転送日数テーブルの例を示す図である。この例では、図7に示すように、店舗Bから店舗Aへの転送日数は”2”日である。

0038

現在の時刻が、転送の準備に間に合う時刻であれば、本日の日付に転送日数を加えて引き渡し予定日とする(S510、S511)。転送の準備に間に合わない時刻であれば、明日の日付に転送日数を加えて引き渡し予定日とする(S510、S512)。この例では、転送の準備に間に合うと仮定して、本日の日付”6/1”に”2”日を加えて、店舗Aにおける引き渡し予定日を”6/3”と算出する。

0039

各店舗を引渡店舗として(S513、S514)、S503からS512までの処理を繰り返す。この例では、店舗Bと店舗Cは在庫があるので、ともに引き渡し予定日は今日の日付”6/1”となる。

0040

在庫情報出力部20は、上述の商品検索と引渡予定日算出の処理によって得られた商品No、商品名、店舗毎の在庫の有無、店舗毎の引き渡し予定日を購入者端末2へ出力する。図8は、在庫情報出力及び購入申込情報入力画面の例を示す図である。このように表示することによって、購入者は、各店舗の在庫の有無と、引き渡し予定日を参照して、引き渡し店舗を選択することができる。

0041

次に、購入申込の処理について説明する。図9は、本発明における在庫管理装置の構成のうち購入申込に係る部分を示す図である。21は、購入申込情報入力部、22は、転送元店舗決定部、23は、商品転送指示通知送信部、24は、引渡指示通知送信部、25は、発送完了通知受信部、26は、引渡予告通知作成部、27は、引渡予告通知送信部である。

0042

購入者は、購入者端末2から、図8に示すように商品Noと、引渡店舗と、連絡先としてE−mailアドレスと、購入者名を入力し、購入申込情報として在庫管理装置1へ送信する。

0043

購入申込情報入力部21は、購入申込情報を受信する。この例では、商品Noを引渡商品識別情報としているが、商品名と引渡商品識別情報として用いることも有効である。

0044

転送元店舗決定部22は、入力した引渡商品識別情報より特定される商品の引渡店舗における在庫数が0の場合には、商品の転送が必要となると判断し、在庫管理テーブル11から在庫の有る店舗の店舗識別情報を取得し、引渡店舗識別情報に対応する転送元(候補)店舗の優先順位を取得し、在庫の有る店舗の店舗識別情報のうちで最も優先順位の高い店舗を転送元店舗として決定する。この例では、図8に示すように、”世界の仔犬”は、店舗Bと店舗Cに在庫されているが、図6に示すように引渡店舗Aに対しては、店舗Bの方が優先順位が高いので、店舗Bを転送元店舗に決定し、転送元店舗識別情報”S02”を出力する。

0045

商品転送指示通知送信部23は、転送元店舗識別情報によって特定される転送元店舗の店舗内管理装置へ、商品転送指示通知を送信する。商品転送指示通知には、引渡商品識別情報と引渡店舗識別情報が含まれる。転送元店舗ではこれらの情報に基づいて、商品の転送を行なう。

0046

転送元店舗の店舗内管理装置では、商品の発送を完了すると、発送完了通知を在庫管理装置1に送信する。発送完了通知には、転送元店舗識別情報と、引渡店舗識別情報が含まれる。引渡予告通知作成部26は、これらの情報を元に、引渡予告通知を作成する。具体的には、転送元店舗識別情報と引渡店舗識別情報によって特定される転送日数を転送日数テーブル19より取得し、本日の日付に加算して引渡日を算出し、引渡店舗名と引渡日を含む引渡予告通知を作成する。

0047

引渡予告通知送信部27は、作成された引渡予告通知を連絡先で特定される購入者端末2へに送信する。この例では、インターネットを介してメールで引渡予告通知を送信しているが、電話や、FAXにより送信する方法も有効である。その場合には、連絡先は、電話番号や、FAX番号となる。

0048

引渡指示通知送信部24は、購入申込情報入力部21から、引渡店舗識別情報と、引渡商品識別情報と、購入者名を取得し、引渡店舗識別情報で特定される引渡店舗の店舗内管理装置へ、引渡指示通知を送信する。引渡指示通知には、引渡商品識別情報と、購入者名が含まれる。これらの情報に基づいて、引き渡し店舗では、転送された商品を購入者へ引き渡す。

0049

実施の形態2.図10は、本発明における在庫管理装置の構成のうち実施の形態2に係る部分を示す図である。28は、地理的検索条件入力部、29は、店舗検索部、30は、店舗管理テーブルである。尚、商品検索部15は、前述の形態と同様に動作する。

0050

地理的検索条件入力部28は、店舗が存在する地理的位置についての条件である地理的検索条件を入力するように構成されている。

0051

図11は、地理的検索条件入力画面である。この例では、店舗が存在する最寄り駅の条件として、沿線区間とを入力するように構成されている。但し、地理的検索条件は、この例に限定されるものではなく、行政区画や、緯度経度などによって条件を設定することも有効である。

0052

店舗検索部29は、店舗毎に、店舗が存在する地理的位置を記憶する店舗管理テーブル30の中から、入力された地理的検索条件に合致する地理的位置に存在する店舗を検索するように構成されている。

0053

図12は、店舗管理テーブルの例を示す図である。この例では、店舗毎に、店舗識別情報1001と、店舗名1002と、所在地1003と、最寄駅1004を記憶している。この他にも、緯度経度や、行政区画コードや、最寄り主要道路を記憶することも有効である。

0054

この例では、地理的検索条件として設定された東海道線の品川〜横間の最寄駅に該当する川崎駅と、横浜駅にそれぞれ対応する店舗識別情報1001”S01”と、”S02”が、在庫情報出力部20へ渡される。

0055

在庫情報出力部20は、検索した商品について、商品名と、地理的検索条件に合致する店舗毎の在庫の有無を出力するように構成されている。

0056

図13は、実施の形態2における在庫情報出力及び購入申込情報入力画面の例を示す図である。検索結果として得た店舗識別情報により特定される店舗の在庫の有無と、引き渡し予定日を選択的に表示している。また、店舗識別情報に対応付けられている店舗名を店舗管理テーブル30から取得して、表示している。

0057

このように、購入者が店舗の地理的条件を設定し、その条件に合致する店舗に関する在庫や引き渡し日の状況を出力するので、購入者が引き取りに行く店舗を検討する際に、煩雑なスクロール作業が不要になり、操作性が向上する。

0058

実施の形態3.図14は、本発明における在庫管理装置の構成のうち実施の形態3に係る部分を示す図である。在庫情報受信部12は、店舗内の商品毎の陳列位置も受信するように構成されており、在庫管理テーブル更新部13は、陳列位置も含めて在庫管理テーブル11を更新する。

0059

図15は、実施の形態3における在庫管理テーブルの例を示す図である。1501は、陳列位置である。陳列位置は、店舗の商品陳列状況に応じて商品の位置を特定する情報である。例えば、書店の場合は、の番号などがこれに該当する。この他にも、フロア階数や、フロア内のエリア識別する情報も有効である。

0060

商品検索部15は、検索対象である各商品について、店舗毎の陳列位置も入力し、商品検索条件に合致した商品の店舗毎の陳列位置を在庫情報出力部20に渡すように構成されている。

0061

在庫情報出力部20は、前述の実施の形態における出力に加えて、店舗毎の商品の陳列位置も出力するように構成されている。

0062

図16は、実施の形態3における在庫情報出力及び購入申込情報入力画面の例を示す図である。各商品について、店舗毎の陳列位置を示している。

0063

このように、在庫の状況に加えて、店舗内の陳列状況を収集し、購入者に知らせるので、購入者は、自ら店舗を訪れて購入する場合に、直ぐに商品を見つけることができる。また、購入者が予約をしなかったために、店舗を訪れるまでの間に商品が売り切れてしまったような場合にも、陳列位置に在庫が無いことを確認することで容易に事態を把握することができる。

0064

実施の形態4.図17は、本発明における在庫管理装置の構成のうち実施の形態4に係る部分を示す図である。31は、購入者判別情報生成部である。

0065

購入者判別情報生成部31は、購入申込情報入力部21からの購入者判別情報生成指示により、購入者判別情報を生成するように構成されている。これは、引渡店舗において購入者の確認の為に用いられる情報である。例えば、購入申込の度に独立に割り当てられる数字列や、バーコード等の情報である。

0066

購入者判別情報は、引渡指示通知送信部24により、引渡指示通知に含められ、引渡店舗の店舗内管理装置に送信される。

0067

更に、購入者判別情報は、引渡予告通知作成部26により、引渡予告通知に含められ、引渡予告通知送信部27により購入者端末に送信される。このとき、引渡商品識別情報により特定される商品名も併せて送信される。

0068

このように、購入者の判別する為に割り当てられた情報を、引渡店舗側と、購入者側に送信するので、引き渡しの際に、購入者がその情報を引渡店舗側に知らせることによって、来店者申込んだ購入者当人でることを確認できる。在庫管理装置内で生成された購入者判別情報は、購入者と、引渡店舗にしか知らされないので、第三者は知り得ない。従って、来店者が提示する購入者判別情報と、在庫管理装置から知らされた購入者判別情報が一致する場合には、来店者が購入者であることが保証される。これにより、申込んだ購入者以外の第三者による横取りを防止できる。

発明の効果

0069

本発明においては、検索した商品の商品名と、複数の店舗毎の在庫の有無を出力するので、広範囲点在する在庫の確認が可能となり、店舗を訪れて商品を引き取ることを前提とした購入申込の判断が容易になる。更に、点在する在庫状況一括して管理しているので、在庫の検索に係る操作や処理動作が一度で済み、複雑な操作に伴う煩わしさや、頻繁な検索に伴う緩慢応答時間がなくなり、使い勝手が著しく向上する。

0070

また、インターネットを介して、検索した商品についての店舗毎の在庫の有無を出力するので、広範な活用が可能となる。

0071

店舗内管理装置から、特定の店舗の商品毎の在庫数を受信し、在庫管理テーブルに記憶するので、複数の店舗における在庫状況を正確に把握することが出来る。

0072

店舗毎の引き渡し予定日を算出し、出力するので、引き渡される時期を考慮した購入申込の判断を促すことができる。

0073

引渡候補店舗に在庫が無い場合には、転送日数を予測し、予測した転送日数に基づいて、引き渡し予定日を求めるので、在庫が無い店舗における商品の引き渡しを前提とする購入申込において、確実な引き渡し予定日を予測することができる。

0074

引渡店舗内に設置された店舗内管理装置へ、引渡指示通知を送信するので、商品の転送を前提とする購入申込を受け付けた場合でも、確実に商品の引き渡しを行なうことができる。

0075

転送元店舗内に設置された店舗内管理装置へ、商品転送指示通知を送信するので、商品の転送を前提とする購入申込を受け付けた場合でも、確実に商品の転送を行なうことができる。

0076

転送元店舗内に設置された店舗内管理装置から発送完了通知を受信した場合に、購入者へ引渡予告通知を送信するので、より正確な引渡時期を購入者へ知らせることができる。

0077

購入者が店舗の地理的条件を設定し、その条件に合致する店舗に関する在庫や引き渡し日の状況を出力するので、購入者が引き取りに行く店舗を検討する際に、煩雑なスクロール作業が不要になり、操作性が向上する。

0078

在庫の状況に加えて、店舗内の陳列状況を収集し、購入者に知らせるので、購入者は、自ら店舗を訪れて購入する場合に、直ぐに商品を見つけることができる。また、購入者が予約をしなかったために、店舗を訪れるまでの間に商品が売り切れてしまったような場合にも、陳列位置に在庫が無いことを確認することで容易に事態を把握することができる。

0079

購入者の判別する為に割り当てられた情報を、引渡店舗側と、購入者側に送信するので、引き渡しの際に、購入者がその情報を引渡店舗側に知らせることによって、来店者が申込んだ購入者当人でることを確認できる。これにより、申込んだ購入者以外の第三者による横取りを防止できる。

図面の簡単な説明

0080

図1本発明におけるシステムの全体構成図である。
図2本発明における在庫管理装置の構成のうち商品検索に係る部分を示す図である。
図3本発明における在庫管理テーブルの例を示す図である。
図4本発明における検索条件入力の画面の例を示す図である。
図5引渡予定日算出の処理フローを示す図である。
図6本発明における転送元店舗優先順位テーブルの例を示す図である。
図7転送日数テーブルの例を示す図である。
図8在庫情報出力及び購入申込情報入力画面の例を示す図である。
図9本発明における在庫管理装置の構成のうち購入申込に係る部分を示す図である。
図10本発明における在庫管理装置の構成のうち実施の形態2に係る部分を示す図である。
図11地理的検索条件入力画面を示す図である。
図12店舗管理テーブルの例を示す図である。
図13実施の形態2における在庫情報出力及び購入申込情報入力画面の例を示す図である。
図14本発明における在庫管理装置の構成のうち実施の形態3に係る部分を示す図である。
図15実施の形態3における在庫管理テーブルの例を示す図である。
図16実施の形態3における在庫情報出力及び購入申込情報入力画面の例を示す図である。
図17本発明における在庫管理装置の構成のうち実施の形態4に係る部分を示す図である。

--

0081

1在庫管理装置、2購入者端末、3〜5店舗内管理装置、11在庫管理テーブル、12在庫情報受信部、13 在庫管理テーブル更新部、14商品検索条件入力部、15商品検索部、16 引渡予定日算出部、17転送元候補店舗決定部、18 転送元店舗優先順位テーブル、19転送日数テーブル、20 在庫情報出力部、21購入申込情報入力部、22 転送元店舗決定部、23商品転送指示通知送信部、24 引渡指示通知送信部、25発送完了通知受信部、26 引渡予告通知作成部、27 引渡予告通知送信部、28地理的検索条件入力部、29 店舗検索部、30 店舗管理テーブル、31購入者判別情報生成部。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 富士ゼロックス株式会社の「 データ管理システム」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】階層構造になっている管理システムにおいて、管理対象データの実体を最上位の装置が全て管理する場合と比較して、管理対象データがユーザの意図しない装置に提供されないシステムを提供する。【解決手段】管... 詳細

  • 株式会社ウフルの「 デバイス管理システム、デバイス管理方法、情報処理装置、及びプログラム」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】デバイスの信頼性を向上可能なデバイス管理システム、デバイス管理方法、情報処理装置、デバイス及びプログラムを提供する。【解決手段】デバイス管理システム1は、複数の情報処理装置2をネットワーク3で... 詳細

  • 本田技研工業株式会社の「 サーバ」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】車両の利用者が、該利用者の生活圏外の人であって前記利用者の属性に類似した属性を持つ地域人(地元民)が利用したPOI情報をリコメンドとして受けることができるサーバを提供する。【解決手段】サーバ1... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ