図面 (/)

技術 授乳用ブラジャーの簡易型フロント連結具

出願人 モリト株式会社フルヤ工業株式会社株式会社犬印本舗
発明者 石田真一郎
出願日 2000年6月14日 (20年6ヶ月経過) 出願番号 2000-178873
公開日 2001年12月26日 (19年0ヶ月経過) 公開番号 2001-355104
状態 特許登録済
技術分野 コルセット・ブラジャー
主要キーワード 連結用環 連結用アーム バネ脚 組立て順序 軸ガイド溝 アームスライド バネ止め 樹脂弾性
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年12月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

乳房カップの個別開閉と、乳房カップの間隔或いは乳房サイズの変化に対応でき、開閉操作性の向上、授乳後のスナップボタンの止め忘れの解消、簡単な構成で製作組立コストを安価とすることができる、フロントオープンタイプ授乳用ブラジャー簡易型フロント連結具の提供を課題とする。

解決手段

アンダーバストバンド(U)の前中心部に取付け連結用ソケット(1)と、一対の乳房用カップ(C)の開閉側のそれぞれに取付けられて前記連結用ソケット(1)に挿入する連結用アーム(3)と、前記連結用ソケット(1)に対する連結用アーム(3)のロック及びロック解除操作する一対の操作ボタン(5a)(5b)とからなり、前記連結用アーム(3)を、先端部に前記ロック歯(53)と歯合する抜止歯(34)を形成したアーム部(30)の後端に、前記一対の乳房用カップ(C)に対して脱着自在とした切り欠き(33)の有る連結用環(31)を一体に設けた主連結用アーム(3a)の一対と、前記アーム部(30)の長さが異なる予備連結用アーム(3b)とを任意に交換できるようにした授乳用ブラジャー用の簡易型フロント連結具。

概要

背景

一般に、妊婦産婦或いは産褥期褥婦を対象として使用されるマタニティーブラジャーには各種のものがあるが、授乳を容易とすることに主眼をおいた、伸縮性の高いテープを使ってアンダーバストストラップ部分を形成し、授乳時にはその伸縮性を利用して乳房カップ乳房からずらすようにしたワイヤなしタイプ、ストラップ部分に乳房カップの開閉部を設けて授乳口を開くようにしたストラップオープンタイプ、前中心に並んだスナップボタンを開けて大きく授乳口を開くようにしたフロントオープンタイプ、のものが公知である。

これら各タイプのマタニティーブラジャーはそれぞれ特有のメリットデメリットがあるが、特にフロントオープンタイプのマタニティーブラジャーは、授乳の前後の乳房の大きさの変化に順応し難く、またスナップボタンの操作が面倒であり、さらに一方の乳房口を開けるためにスナップボタンを外す際の引張りが、他方の乳房を乳房カップで圧迫することにより母乳溢出したり、授乳後にスナップボタンを止め忘れたり、また左右の乳房カップの位置がずれたりする点に欠点があった。

これらの欠点は、フロントオープンとするための開閉連結構造に起因するものであることから、従来の極めて一般的な開閉連結構造であるスナップボタンに拘することなく、前記欠点を解消することができる連結具の開発が望まれるのが現状である。

このような現状において、一対の乳房用カップ開閉側との連結手段を具備した一対の連結兼用調節アームを、アンダーバストバンドへの取付け手段を具備した熱化塑性合成樹脂製の連結用ソケットに対して、ラックとピニオンとからなる微調節連動して拡縮する機構を具備させたものが開発され、操作ボタンの操作によって、連結用ソケットに対する連結兼用調節アーム相互の拡縮と、ロック及びロック解除ができるようにして、乳房カップ相互間隔の調節と、授乳のための乳房カップの個別開閉ができるようにした授乳用ブラジャーのフロント連結具が開発(特開平10-234428号公報)され公知となっている。

上記のようにラックとピニオンの構成を具備させた授乳用ブラジャーのフロント連結具は、乳房カップの個別開閉を可能とした上で、房カップが左右いずれかに偏ることなく、乳房サイズの変化に応じて調整できる点において好ましいものであるが、フロント連結具は縦、横10×20mm程度の小さいサイズであるために調整操作が行いにくいものであり、前記構成により達成される作用効果は十分に発揮されず、部品製作組立てが複雑となることからのコスト高を招いている。

概要

乳房カップの個別開閉と、乳房カップの間隔或いは乳房サイズの変化に対応でき、開閉操作性の向上、授乳後のスナップボタンの止め忘れの解消、簡単な構成で製作、組立てコストを安価とすることができる、フロントオープンタイプの授乳用ブラジャーの簡易型フロント連結具の提供を課題とする。

アンダーバストバンド(U)の前中心部に取付ける連結用ソケット(1)と、一対の乳房用カップ(C)の開閉側のそれぞれに取付けられて前記連結用ソケット(1)に挿入する連結用アーム(3)と、前記連結用ソケット(1)に対する連結用アーム(3)のロック及びロック解除操作する一対の操作ボタン(5a)(5b)とからなり、前記連結用アーム(3)を、先端部に前記ロック歯(53)と歯合する抜止歯(34)を形成したアーム部(30)の後端に、前記一対の乳房用カップ(C)に対して脱着自在とした切り欠き(33)の有る連結用環(31)を一体に設けた主連結用アーム(3a)の一対と、前記アーム部(30)の長さが異なる予備連結用アーム(3b)とを任意に交換できるようにした授乳用ブラジャー用の簡易型フロント連結具。

目的

本発明は上記現状に鑑み、ラックとピニオンの構成を具備させることなく、最も重要な乳房カップの個別開閉を可能とするは勿論、必要に応じて乳房カップの間隔或いは乳房サイズの変化に応じて変更が可能で、しかも開閉操作性を向上させ、授乳後のスナップボタンの止め忘れを解消することができ、また製作、組立てコストを安価とすることができるところの、フロントオープンタイプの授乳用ブラジャーの簡易型フロント連結具を提供することを課題としている。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

肩部掛けられるストラップ(S)に連結された一対の乳房用カップ(C)を、アンダーバストバンド(U)のフロント中心部を開閉側として個別に開閉するようにしたフロントオープンタイプ授乳用ブラジャー(B)を対象とするフロント連結具であって、アンダーバストバンド(U)の前中心部に取付け熱化塑性合成樹脂製の連結用ソケット(1)と、一対の乳房用カップ(C)の開閉側のそれぞれに取付けられて前記連結用ソケット(1)に挿入する連結用アーム(3)と、前記連結用ソケット(1)に対する連結用アーム(3)のロック及びロック解除操作のためのロック歯(53)を具備させた一対の操作ボタン(5a)(5b)とからなり、前記連結用アーム(3)は、先端部に前記ロック歯(53)と歯合する抜止歯(34)を形成したアーム部(30)の後端に、連結用環(31)を一体に設けた主連結用アーム(3a)の一対と、前記アーム部(30)の長さが異なる一個又は数対の予備連結用アーム(3b)とから構成し、該予備連結用アーム(3b)を前記主連結用アーム(3a)と変更して使用するようにしたことを特徴とする授乳用ブラジャーの簡易型フロント連結具。

請求項2

一対の主連結用アーム(3a)と一個又は数対の予備連結用アーム(3b)は、それぞれの連結用環(31)に乳房用カップ(C)に対して脱着自在とした切り欠き(33)を具備させた請求項1記載の授乳用ブラジャーの簡易型フロント連結具。

請求項3

連結用ソケット(1)のアンダーバストバンド(U)への取付け手段が、連結用ソケット(1)と一体に形成した縫着フランジ、縫着用ベルト通し環(11)のいずれかである請求項1記載の授乳用ブラジャーの簡易型フロント連結具。

請求項4

連結用ソケット(1)は、取付け手段及びアームスライド溝(10)を具備させたソケット基体(12)とソケット表体(13)とを合着固定して、両側に相互に齟齬するアーム挿入口(14)と、挿入方向と直交する方向に操作ボタン(5a)(5b)の軸ガイド溝(15)を形成する構成とし、一対の連結用アーム(3)は、それぞれのアーム部(30)の片面に、挿入先端開放される凹溝(32)を設け、後記操作ボタン(5a)(5b)に付加される弾発力作用面となる側壁内面の先端側に抜止歯(34)を形成し、アーム部(30)の後端に、前記一対の乳房用カップ(C)に対して脱着自在とした切り欠き(33)の有る連結用環(31)を一体に設けた基本構成であって、アーム部(30)を一定長さとした主連結用アーム(3a)の一対と、アーム部(30)を前記一定長さよりも長くした一個又は一対若しくは複数対の予備連結用アーム(3b)とから構成し、一対の操作ボタン(5a)(5b)は、角軸(51)の先端にバネ脚(52)を一体形成するとともに、前記連結用アーム(3)の抜止歯(34)と前記バネ脚(52)の弾性付勢により噛合、押圧によりロック解除する角軸(51)の側面位置にロック歯(53)を突設し、さらに角軸(51)の後端に操作頭(54)を形成した構成とし、前記操作ボタン(5a)(5b)の軸ガイド溝(15)からそのロック歯(53)を外側として配設した一対の操作ボタン(5a)(5b)の角軸(51)を、一対の連結用アーム(3)の凹溝(32)が形成されたアーム部(30)の片面で挟み、乳房用カップ(C)への連結手段と操作頭(54)とを連結用ソケット(1)から露出させた状態でソケット基体(12)とソケット表体(13)との間に配設して被着固定したことを特徴とする請求項1又は3記載の授乳用ブラジャーの簡易型フロント連結具。

請求項5

連結用ソケット(1)の操作ボタン(5a)(5b)の軸ガイド溝(15)間に、前記操作ボタン(5a)(5b)の同時押圧を抑止する抑止突起(16)を設けた請求項4記載の授乳用ブラジャーの簡易型フロント連結具。

--

0001

本発明は、ブラジャーフロントの中心部が開閉側となるように一対の乳房用カップを連結したフロントオープンタイプ授乳用ブラジャーを対象とする簡易型フロント連結具に関する。

背景技術

0002

一般に、妊婦産婦或いは産褥期褥婦を対象として使用されるマタニティーブラジャーには各種のものがあるが、授乳を容易とすることに主眼をおいた、伸縮性の高いテープを使ってアンダーバストストラップ部分を形成し、授乳時にはその伸縮性を利用して乳房カップ乳房からずらすようにしたワイヤなしタイプ、ストラップ部分に乳房カップの開閉部を設けて授乳口を開くようにしたストラップオープンタイプ、前中心に並んだスナップボタンを開けて大きく授乳口を開くようにしたフロントオープンタイプ、のものが公知である。

0003

これら各タイプのマタニティーブラジャーはそれぞれ特有のメリットデメリットがあるが、特にフロントオープンタイプのマタニティーブラジャーは、授乳の前後の乳房の大きさの変化に順応し難く、またスナップボタンの操作が面倒であり、さらに一方の乳房口を開けるためにスナップボタンを外す際の引張りが、他方の乳房を乳房カップで圧迫することにより母乳溢出したり、授乳後にスナップボタンを止め忘れたり、また左右の乳房カップの位置がずれたりする点に欠点があった。

0004

これらの欠点は、フロントオープンとするための開閉連結構造に起因するものであることから、従来の極めて一般的な開閉連結構造であるスナップボタンに拘することなく、前記欠点を解消することができる連結具の開発が望まれるのが現状である。

0005

このような現状において、一対の乳房用カップの開閉側との連結手段を具備した一対の連結兼用調節アームを、アンダーバストバンドへの取付け手段を具備した熱化塑性合成樹脂製の連結用ソケットに対して、ラックとピニオンとからなる微調節連動して拡縮する機構を具備させたものが開発され、操作ボタンの操作によって、連結用ソケットに対する連結兼用調節アーム相互の拡縮と、ロック及びロック解除ができるようにして、乳房カップ相互間隔の調節と、授乳のための乳房カップの個別開閉ができるようにした授乳用ブラジャーのフロント連結具が開発(特開平10-234428号公報)され公知となっている。

0006

上記のようにラックとピニオンの構成を具備させた授乳用ブラジャーのフロント連結具は、乳房カップの個別開閉を可能とした上で、房カップが左右いずれかに偏ることなく、乳房サイズの変化に応じて調整できる点において好ましいものであるが、フロント連結具は縦、横10×20mm程度の小さいサイズであるために調整操作が行いにくいものであり、前記構成により達成される作用効果は十分に発揮されず、部品製作組立てが複雑となることからのコスト高を招いている。

発明が解決しようとする課題

0007

本発明は上記現状に鑑み、ラックとピニオンの構成を具備させることなく、最も重要な乳房カップの個別開閉を可能とするは勿論、必要に応じて乳房カップの間隔或いは乳房サイズの変化に応じて変更が可能で、しかも開閉操作性を向上させ、授乳後のスナップボタンの止め忘れを解消することができ、また製作、組立てコストを安価とすることができるところの、フロントオープンタイプの授乳用ブラジャーの簡易型フロント連結具を提供することを課題としている。

課題を解決するための手段

0008

本発明は、肩部掛けられるストラップ(S)に連結された一対の乳房用カップ(C)を、アンダーバストバンド(U)のフロント中心部を開閉側として個別に開閉するようにしたフロントオープンタイプの授乳用ブラジャー(B)を対象とするフロント連結具であって、アンダーバストバンド(U)の前中心部に取付ける熱化塑性合成樹脂製の連結用ソケット(1)と、一対の乳房用カップ(C)の開閉側のそれぞれに取付けられて前記連結用ソケット(1)に挿入する連結用アーム(3)と、前記連結用ソケット(1)に対する連結用アーム(3)のロック及びロック解除操作のためのロック歯(53)を具備させた一対の操作ボタン(5a)(5b)とからなり、前記連結用アーム(3)は、先端部に前記ロック歯(53)と歯合する抜止歯(34)を形成したアーム部(30)の後端に、連結用環(31)を一体に設けた主連結用アーム(3a)の一対と、前記アーム部(30)の長さが異なる一個又は数対の予備連結用アーム(3b)とから構成し、該予備連結用アーム(3b)を前記主連結用アーム(3a)と変更して使用するようにしたことを特徴とする授乳用ブラジャーの簡易型フロント連結具である。

発明の効果

0009

上記のように連結用ソケット(1)の左右から挿入する一対の連結用アーム(3)を、前記連結用ソケット(1)に支持されて上下する一対の操作ボタン(5a)(5b)の操作でロック及びロック解除する単純構成とするとともに、先端部に前記ロック歯(53)と歯合する抜止歯(34)を形成したアーム部(30)の後端に、連結用環(31)を一体に設けた主連結用アーム(3a)の一対と、前記アーム部(30)の長さが異なる一個又は数対の予備連結用アーム(3b)とから構成し、該予備連結用アーム(3b)を前記主連結用アーム(3a)と変更して使用することができることから、製作者又は需要者において、これら主連結用アーム(3a)と、前記アーム部(30)の長さが異なる一個又は数対の予備連結用アーム(3b)とを、選択的に一対の乳房用カップ(C)に取付けることにより、一対の乳房用カップ(C)の大小に対応して乳房用カップ(C)の間隔をフィットするサイズに変更し得る。また、特に前記一対の乳房用カップ(C)に対して脱着自在とした切り欠き(33)の有る連結用環(31)を一体に設けた主連結用アーム(3a)の一対と、前記アーム部(30)の長さが異なる一個又は数対の予備連結用アーム(3b)とから構成することにより、必要に応じて連結用環(31)の切り欠き(33)を利用して一対の乳房用カップ(C)から外して、アーム部(30)の異なる主連結用アーム(3a)と予備連結用アーム(3b)のいずれかを選択して、簡単に交換する従来のようにラックとピニオンの構成を具備させることなく簡単な構成でもって、実質的に一対の乳房用カップ(C)が、装着使用者において間隔を変更し得る。

0010

したがって本発明に係る授乳用ブラジャーの簡易型フロント連結具によれば、最も重要な乳房カップ(C)の個別開閉を可能とするは勿論、必要に応じて乳房カップ(C)の間隔或いは乳房サイズの変化に応じて変更が可能で、しかも開閉操作の面倒さ、乳房の圧迫による母乳の溢出、授乳後のスナップボタンの止め忘れを解消することができ、また部品点数が少ないことから、製作、組立てコストを安価とすることができ、よってフロントオープンタイプの授乳用ブラジャーの簡易型フロント連結具を提供することができるのである。

0011

また連結用ソケット(1)のアンダーバストバンド(U)への取付け手段として、連結用ソケット(1)と一体に形成した縫着フランジ、縫着用ベルト通し環(11)のいずれかとすることによって、縫着用フランジの場合は直接縫着、縫着用ベルト通し環(11)の場合は通されたベルトを縫着することができるから、授乳用ブラジャー(B)への簡易型フロント連結具の取付け作業が簡単となるだけでなく、簡易型フロント連結具は皮膚と接触することのない状態でアンダーバストバンド(U)の表面に取付けることができる。

0012

さらに連結用ソケット(1)の操作ボタン(5a)(5b)の軸ガイド溝(15)間に、前記操作ボタン(5a)(5b)の同時押圧を抑止する抑止突起(16)を設けたから、操作ボタン(5a)(5b)の同時押し下げにより生じる、一対の乳房用カップ(C)が同時に開放される不体裁を防止し、一対の乳房用カップ(C)の個別開閉操作の確実性を良好とする。

0013

図面は一個の予備連結用アーム(3b)を具備した、本発明の実施例に係る授乳用ブラジャーの簡易型フロント連結具を示すものであって、図1は実施例の場合の簡易型フロント連結具を、連結用ソケット(1)は反転合着ライン(d)を基準として図面上、上下に二つ割状態で展開図示した分解図、図2は操作ボタン(5a)(5b)を省略して示した連結用ソケット(1)の分解右側面図と組立て右側面図、図3は連結用ソケット(1)への操作ボタン(5a)(5b)の組立て状態を示す右側面図、図4は簡易型フロント連結具の組立て状態を、連結用ソケット(1)を上下の二つ割状態として展開図示した組立説明用分解図、図5は一個の予備連結用アーム(3b)を具備した簡易型フロント連結具完成品の正面図、図6は操作ボタン(5a)の押圧操作で、連結用ソケット(1)から一方の主連結用アーム(3a)を離脱させた状態を示す正面図、図7は簡易型フロント連結具を授乳用ブラジャー(B)に装着した状態の正面図、図8は主連結用アーム(3a)を授乳用ブラジャー(B)から外した授乳できる状態と、この状態において前記主連結用アーム(3a)を予備連結用アーム(3b)に交換する状態とを示した正面図である。

0014

そして前記図示した簡易型フロント連結具は、前中心部で脱着手段により開閉又は非脱着で連続するアンダーバストバンド(U)に、肩部に掛けられるストラップ(S)に連結された一対の乳房用カップ(C)を、フロントの中心部を開閉側として個別に開閉するように取付けた授乳用ブラジャー(B)を対象とするフロント連結具を前提とするものである。

0015

(実施例)実施例に係る授乳用ブラジャーの簡易型フロント連結具は、熱化塑性合成樹脂であるナイロン製であって、前記アンダーバストバンド(U)に取付けられる連結用ソケット(1)と、前記一対の乳房用カップ(C)の開閉側と連結し前記連結用ソケット(1)の両側から内部へ挿入する、一対の主連結用アーム(3a)と1個の予備連結用アーム(3b) とが一組となった連結用アーム(3)と、連結用ソケット(1)に対する主連結用アーム(3a)の出没を個別に制御する一対の操作ボタン(5a)(5b)とから構成されており、以下各部品の構成について説明する。

0016

なお本発明の説明における方向表現としての左右、上下等は、図7に示す、簡易型フロント連結具を取付けた授乳用ブラジャー(B)の正面図を基準とするものである。

0017

まず連結用ソケット(1)について図1に基いて説明すると、アンダーバストバンド(U)への取付取付け手段として上下に縫着用ベルト通し環(11)及び中央横方向にアームスライド溝(10)を設け且つ四隅部に合着ピン孔(18)を設けたソケット基体(12)と、中央横方向にアームスライド溝(10)を設け且つ四隅部に前記ソケット基体(12)の合着用ピン孔(18)に挿入する合着用かしめピン(18)を突設したソケット表体(13)とを合着固定して、左右両側に水平方向のスライドに対応し且つ相互に齟齬するアーム挿入口(14)と、アーム挿入方向と直交する縦方向に操作ボタン(5a)(5b)の軸ガイド溝(15)を形成した構成となっいる。

0018

そしてソケット基体(12)とソケット表体(13)との衝合面には、正面中央部横方向に、図1図2図3に示すように齟齬するアーム挿入口(14)を開口(図2参照)するように、アームスライド溝(10)と衝合面から突出する隔壁(19)を形成するとともに、アームスライド溝(10)の上壁横方向中央部左右であって、衝合面の縦方向に操作ボタン(5a)(5b)の角軸(51)を挟んだ厚みの半分の深さの軸ガイド溝(15)を設け、またアームスライド溝(10)の下壁内面には、操作ボタン(5a)(5b)のバネ脚(52)の先端を受け止めるバネ止め凹部(20)を設ける。

0019

さらにソケット表体(13)の上壁の横方向中央部外面に、操作ボタン(5a)(5b)の同時押圧を抑止する抑止突起(16)を突設した構成とする。

0020

連結用アーム(3)は、一対の主連結用アーム(3a)と一個の予備連結用アーム(3b)とから構成し、前記主連結用アーム(3a)のアーム部の長さは7mm、予備連結用アーム(3b)のアーム部(30)の長さを10mmとし、それぞれのアーム部(30)の片面に、挿入先端で開放される凹溝(32)を設け、操作ボタン(5a)(5b)に付加される弾発力作用面となる側壁内面の先端側に抜止歯(34)を形成し、アーム部(30)の後端に、前記一対の乳房用カップ(C)に対して脱着自在とするための切り欠き(33)を設けた連結用環(31)が、前記アーム部(30)との境界部に前後方向の段を設けた形態となっている。

0021

一対の操作ボタン(5a)(5b)は、前記アームスライド溝(10)の上壁部の衝合面の縦方向に形成した該操作ボタン(5a)(5b)の軸ガイド溝(15)に嵌って上下方向にスライドし、アームスライド溝(10)の上壁面に当たる抜止用段(22)を形成した角軸(51)の先端に、樹脂弾性を利用し自由端が前記連結用ソケット(1)内のバネ止め凹部(20)に係合するように髭状のバネ脚(52)を、また角軸(51)の後端には指先で押圧するための操作頭(54)を、さらに前記主連結用アーム(3a)のアーム部(30)の抜止歯(34)と係合するロック歯(53)を、角軸(51)の片側面に形成した構成とする。

0022

そして上記のように構成した授乳用ブラジャーの簡易型フロント連結具は、図3に示すように、操作ボタン(5a)(5b)を、それぞれのロック歯(53)が表裏となり、髭状のバネ脚(52)が「ハ」の字となり、ソケット基体(12)のアームスライド溝(10)を縦断するように、その角軸(51)を軸ガイド溝(15)に嵌めた後、ソケット基体(12)の合着用ピン孔(18)へソケット表体(13)の合着用かしめピン(18)を挿入してかしめ固定することにより、連結用ソケット(1)に操作ボタン(5a)(5b)を組み込む。

0023

次に操作ボタン(5a)(5b)を組み込んだ連結用ソケット(1)の左右に開口する、相互前後方向に齟齬したアーム挿入口(14)のそれぞれから、前記組み込まれた操作ボタン(5a)(5b)のロック歯(53)がアーム部(30)の抜止歯(34)と係合するように主連結用アーム(3a)を挿入して係合させ、乳房用カップ(C)と連結する連結用環(31)がソケット基体(12)からはみ出した状態に組立て、予備連結用アーム(3b)を付属させた完成品とする(図5参照)。

0024

なお図4に示した組立て状態図は、部品相互の関係を明確にするために示しているために、操作ボタン(5b)の配設に続いて右側の主連結用アーム(3a)を挿入した後、操作ボタン(5a)を組み込み、さらに先に配設した操作ボタン (5b)に左側の主連結用アーム(3a)を重ね、最後に、ソケット基体(12)の合着用ピン孔(18)へソケット表体(13)の合着用かしめピン(18)を挿入してかしめ固定するようになっており、前記組立て順序とは相違する。

0025

このように組立てられた実施例に係る授乳用ブラジャーの簡易型フロント連結具は、図7に示すように、前中心部で脱着手段により開閉又は非脱着で連続する授乳用ブラジャー(B)のアンダーバストバンド(U)に、連結用ソケット(1)と一体に形成した縫着用ベルト通し環(11)に通した縫着用ベルトを縫着し、また一端に主連結用アーム(3a)と一体に形成した切り欠き(33)の有る連結用環(31)には、肩部に掛けられるストラップ(S) に連結された一対の乳房用カップ(C)のフロント中心部の開閉側に縫着されている縫着用バンド(V)の折返し空間の端を、前記切り欠き(33)から連結用環(31)内へ潜らせるように通して連結し、また必要に応じて一対の乳房用カップ(C)の縫着用バンド(V)の折返し空間から、連結用環(31)の切り欠き(33)を利用して主連結用アーム(3a)を外し、アーム部(30)を長くした予備連結用アーム(3b)を装着して使用するのである。

0026

なお上記実施例においては、アンダーバストバンド(U)への取付け手段として縫着用ベルト通し環(11)を設けた場合について図示説明したが、これに限定されるものではなく、シート状に一体形成した縫着用フランジ、縫着用舌片のいずれかであっても良く、またソケット基体(12)の裏面に雄ホック機能を有する突起を一体形成した構成とし、取付けに際してアンダーバストバンド(U)に雌ホックを設けるようにしても同様の作用効果を達成することができる。

0027

また上記実施例においては、一対の乳房用カップ(C)に対して脱着自在とした切り欠き(33)の有る連結用環(31)を一体に設けた主連結用アーム(3a)の一対と、前記アーム部(30)の長さが異なる一個又は数対の予備連結用アーム(3b)とから構成したものについて説明したが、既述したように、切り欠き(33)を具備しない連結用環(31)を一体に設けた主連結用アーム(3a)の一対と、前記アーム部(30)の長さが異なる一個又は数対の予備連結用アーム(3b)とから構成しても良く、この場合には、製作者又は需要者において、これら主連結用アーム(3a)と、前記アーム部(30)の長さが異なる一個又は数対の予備連結用アーム(3b)とを、選択的に一対の乳房用カップ(C)に取付けることが可能であり、一対の乳房用カップ(C)の大小に対応して乳房用カップ(C)の間隔を装着対象者にフィットするサイズに変更し得ることが容易である。

図面の簡単な説明

0028

図1実施例の場合の簡易型フロント連結具を、連結用ソケット(1)は反転合着ライン(d)を基準として図面上、上下に二つ割状態として展開図示した分解図。
図2操作ボタン(5a)(5b)を省略して示した連結用ソケット(1)の分解右側面図と組立て右側面図。
図3連結用ソケット(1)への操作ボタン(5a)(5b)の組立て状態を示す右側面図。
図4簡易型フロント連結具の組立て状態を、連結用ソケット(1)を図面上、上下に二つ割状態として展開図示した組立説明用分解図。
図5一個の予備連結用アーム(3b)を具備した簡易型フロント連結具完成品の正面図。
図6操作ボタン(5a)の押圧操作で、連結用ソケット(1)から一方の主連結用アーム(3a)を離脱させた状態を示す正面図。
図7簡易型フロント連結具授乳用ブラジャー(B)に装着した状態の正面図。
図8主連結用アーム(3a)を授乳用ブラジャー(B)から外した授乳できる状態と、この状態において前記主連結用アーム(3a)を予備連結用アーム(3b)に交換する状態とを示した正面図。

--

0029

(1)連結用ソケット
(3) 連結用アーム

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ