図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2001年12月4日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

患者表面の適所採取した聴診音を比較的簡単且つ安価に送信する。

解決手段

第1ユニット(1001)は、聴診音を採取して聴診音信号を出力する電気聴診器(10)と、これにより患者表面の各適所毎に採取された聴診音に対応する聴診音信号に対し、サンプリング周波数が8kHz以上15kHz以下且つビットレートが8kbps以上20kbps以下の条件で圧縮符号化処理を行って聴診音信号を各適所毎にファイル化するコンピュータ(1006)と、このファイル化された聴診音信号を通信帯域150Hz以上7kHz以下の条件で一般電話回線ISDN回線等を介して送信するモデム(1007)やPHS(1007’)とを備える。

概要

背景

伝統的な聴診器は、例えば身体表面適所から発せられる聴診音を受信する受信面を備えたステート部と、これに接続されており聴診音を音波として伝達する中空チューブと、通常両耳用に2つに分岐した後に該チューブの先端に取り付けられたイヤーチップとから構成されている。最近は、例えば特表平08−506495号公報に開示されているように、マイクロホンが、ステート部に内蔵されていたり又はチューブの先端に接続されており、マイクロホンで拾った聴診音をスピーカイヤホンを通して出力するように構成された電気聴診器も開発されている。

更に近年における通信手段の発展に伴って、この種の電気聴診器で採取された電気信号を通信手段を介して送信するという技術も提案されている。例えば、特開平06−47005号公報には、電気聴診器で計測した聴診音を家庭内端末装置で電気信号に変換して病院へ送信するという技術が開示されている。特に、既存技術の範囲内でサンプリング周波数を高め且つ通信周波数帯域を広げることにより、聴診音を優れた音質送受信後に再生復元)することも可能であり、再生音を聴診音として医師等が聞けば十分に聴診を行えると考えられている。そして、このように聴診音を送信し、再生することは、聴診音を非リアルタイムで或いは遠隔地で医師等が可聴可能となるため、看護婦介護者を介しての在宅診療に特に有効であると考えられる。

概要

患者表面の適所で採取した聴診音を比較的簡単且つ安価に送信する。

第1ユニット(1001)は、聴診音を採取して聴診音信号を出力する電気聴診器(10)と、これにより患者表面の各適所毎に採取された聴診音に対応する聴診音信号に対し、サンプリング周波数が8kHz以上15kHz以下且つビットレートが8kbps以上20kbps以下の条件で圧縮符号化処理を行って聴診音信号を各適所毎にファイル化するコンピュータ(1006)と、このファイル化された聴診音信号を通信帯域150Hz以上7kHz以下の条件で一般電話回線ISDN回線等を介して送信するモデム(1007)やPHS(1007’)とを備える。

目的

本発明は上述した問題点に鑑みなされたものであり、聴診音信号を比較的簡単且つ安価に送信することを可能ならしめる聴診システム及びコンピュータをこのような聴診システムのデータ処理手段や再生手段として機能させるプログラムを記録した機械読み取り可能な媒体を提供することを課題とする。

効果

実績

技術文献被引用数
5件
牽制数
5件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

聴診音採取して聴診音信号を出力する聴診手段と、該聴診手段により患者表面の各適所毎に採取された聴診音に対応する聴診音信号に対し、サンプリング周波数が8kHz以上15kHz以下且つビットレートが8kbps以上20kbps以下の条件で圧縮符号化処理を行って前記聴診音信号を前記各適所毎にファイル化するデータ処理手段と、該ファイル化された聴診音信号を通信帯域150Hz以上7kHz以下の条件で通信手段を介して送信する送信手段とを備えたことを特徴とする聴診システム

請求項2

前記データ処理手段は、前記聴診音信号における周波数20Hz以下の成分をカットするローカットフィルタ処理及び周波数5kHz以上の成分をカットするハイカットフィルタ処理のうち少なくとも一方を行うことを特徴とする請求項1に記載の聴診システム。

請求項3

前記聴診手段による前記聴診音の採取を開始させ且つ終了させるオンオフスイッチを更に備えており、前記データ処理手段は、前記オンオフスイッチにおけるスイッチング動作に応じて前記各適所を示す適所識別データを前記ファイル化された聴診音信号に対し付加することを特徴とする請求項1又は2に記載の聴診システム。

請求項4

前記聴診手段は、アナログの聴診音信号を出力し、前記データ処理手段は、該アナログの聴診音信号をデジタルの聴診音信号に変換し、該デジタルの聴診音信号に対し圧縮符号化処理を行うこと特徴とする請求項1から3のいずれか一項に記載の聴診システム。

請求項5

前記データ処理手段は、マスキング効果に基づき前記圧縮符号化処理を行うことを特徴とする請求項1から4のいずれか一項に記載の聴診システム。

請求項6

前記データ処理手段は、前記聴診手段から出力される聴診音信号に対し、リアルタイムで圧縮符号化処理を行い、前記送信手段は、前記データ処理手段によりファイル化される聴診音信号をリアルタイムで送信することを特徴とする請求項1から5のいずれか一項に記載の聴診システム。

請求項7

前記聴診手段から出力される聴診音信号を記録する記録手段を更に備えており、前記データ処理手段は、前記記録手段に一旦記録された聴診音信号に対し、前記圧縮符号化処理を行うことを特徴とする請求項1から5のいずれか一項に記載の聴診システム。

請求項8

前記データ処理手段によりファイル化された聴診音信号を記録する記録手段を更に備えたことを特徴とする請求項1から7のいずれか一項に記載の聴診システム。

請求項9

前記送信された聴診音信号を受信する受信手段と、該受信された聴診音信号に対し、伸張復号化処理を行って前記聴診音信号を前記各適所毎に再生出力する再生手段とを更に備えており、前記聴診手段、前記データ処理手段及び前記送信手段は、第1聴診ユニットに設けられており、前記受信手段及び前記再生手段は、前記第1聴診ユニットに前記通信手段を介して接続される第2聴診ユニットに設けられていることを特徴とする請求項1から8のいずれか一項に記載の聴診システム。

請求項10

前記再生手段は、前記聴診音信号の波形画像表示する表示手段と、前記聴診音信号を音声出力する音声出力手段とを含むことを特徴とする請求項9に記載の聴診システム。

請求項11

コンピュータを請求項1から8のいずれか一項に記載の聴診システムにおけるデータ処理手段として機能させるプログラムを記録した機械読み取り可能な媒体

請求項12

コンピュータを請求項9又は10に記載の聴診システムにおける再生手段として機能させるプログラムを記録した機械読み取り可能な媒体。

技術分野

0001

本発明は、呼吸音心音などの聴診音採取し、聴診音信号として送信することが可能な聴診システム及びコンピュータをこのようなシステムの一部として機能させるプログラムを記録した機械読み取り可能な媒体の技術分野に属する。

背景技術

0002

伝統的な聴診器は、例えば身体表面適所から発せられる聴診音を受信する受信面を備えたステート部と、これに接続されており聴診音を音波として伝達する中空チューブと、通常両耳用に2つに分岐した後に該チューブの先端に取り付けられたイヤーチップとから構成されている。最近は、例えば特表平08−506495号公報に開示されているように、マイクロホンが、ステート部に内蔵されていたり又はチューブの先端に接続されており、マイクロホンで拾った聴診音をスピーカイヤホンを通して出力するように構成された電気聴診器も開発されている。

0003

更に近年における通信手段の発展に伴って、この種の電気聴診器で採取された電気信号を通信手段を介して送信するという技術も提案されている。例えば、特開平06−47005号公報には、電気聴診器で計測した聴診音を家庭内端末装置で電気信号に変換して病院へ送信するという技術が開示されている。特に、既存技術の範囲内でサンプリング周波数を高め且つ通信周波数帯域を広げることにより、聴診音を優れた音質送受信後に再生復元)することも可能であり、再生音を聴診音として医師等が聞けば十分に聴診を行えると考えられている。そして、このように聴診音を送信し、再生することは、聴診音を非リアルタイムで或いは遠隔地で医師等が可聴可能となるため、看護婦介護者を介しての在宅診療に特に有効であると考えられる。

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、上述した電気聴診器で採取された聴診音信号を例えば、一般の電話、PHS等の比較的普及している通信手段を介して伝送しようとすると、データ量が多すぎて或いは転送レートが高すぎて、当該送信は困難或いは実際上は不可能である。従って、例えば特開平06−047005号公報にある電気聴診器で計測した聴診音を変換して送信するという技術では、専用の通信手段が必要となるので、実際にこのような聴診音信号の送信を一般の電話回線等を介して簡易に或いは安価に行うことはできないという問題点がある。

0005

仮に、専用の通信手段を用いて聴診音信号を伝送するのでは、経済的に或いは現実に実行可能な看護介護制度を作ろうという近時の医療分野における基本的要請に全く沿うことはできず、聴診音信号を送信すること自体の意義が殆ど無くなってしまうのである。

0006

本発明は上述した問題点に鑑みなされたものであり、聴診音信号を比較的簡単且つ安価に送信することを可能ならしめる聴診システム及びコンピュータをこのような聴診システムのデータ処理手段や再生手段として機能させるプログラムを記録した機械読み取り可能な媒体を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0007

本発明の聴診システムは、聴診音を採取して聴診音信号を出力する聴診手段と、該聴診手段により患者表面の各適所毎に採取された聴診音に対応する聴診音信号に対し、サンプリング周波数が8kHz以上15kHz以下且つビットレートが8kbps以上20kbps以下の条件で圧縮符号化処理を行って前記聴診音信号を前記各適所毎にファイル化するデータ処理手段と、該ファイル化された聴診音信号を通信帯域150Hz以上7kHz以下の条件で通信手段を介して送信する送信手段とを備える。

0008

本発明の聴診システムによれば、患者表面の各適所に当てられた聴診手段は、聴診音を採取し、聴診音信号を出力する。すると、このように出力された聴診音信号に対し、データ処理手段は、サンプリング周波数が8kHz(キロヘルツ)以上15kHz以下且つビットレートが8kbps(キロビット/秒)以上20kbps以下の条件での圧縮符号化処理を行って聴診音信号を各適所毎にファイル化する。ここで本願発明者らによる研究によれば、伝統的な聴診器の周波数特性は、20Hz〜5kHzである。この帯域は、聴診音が人間の皮膚を透過する身体内部からの音であること(即ち、皮膚が周波数フィルタ役割を果たすこと)等に基づいている。そして、医学界では、このような聴診器により出力される周波数範囲にある聴診音と病状との対応関係を、長年に亘って経験的、実験的に確立したことにより、聴診音を聞くことで聴診音に対応する病状を推測することが“聴診”という医療行為として確立しているのである。従って、このような周波数範囲から外れた聴診音は、近時における電気聴診器における感度の向上等により採取したり、記録或いは送信することは技術的に見て十分可能であるが、既に確立されている一医療行為としての聴診に役立つ情報ではない(更に、実際には聴診を行う上で邪魔になる可能性もある)。従って、このような周波数範囲内の聴診音のみを記録或いは送信すれば、聴診の目的からすれば、必要十分である。

0009

そこで本発明では、聴診音信号に対して、サンプリング周波数を8〜15kHzとし且つビットレートを8〜20kbpsとする圧縮符号化処理を行うようにする。更に、ファイル化された聴診音信号を送信手段により、通信帯域150Hz〜7kHzの条件で送信を行うようにする。すると、上述した聴診を行うためにほぼ必要十分な周波数帯域カバーしつつ、送信手段として一般に普及したアナログ電話回線用通信モデムやPHS等を用いて、通信手段としてのアナログ電話回線(例えば、通信帯域が300Hz〜3.4kHz程度の通信手段)或いはISDN回線等を介して、データ処理手段によりファイル化された聴診音を送信可能となる。従って、本発明の聴診システムは、実用上大変有利となる。言い換えれば、サンプリング周波数が8〜15kHz且つビットレートが8〜20kbpsの条件で圧縮符号化処理されているので、通信帯域150Hz〜7kHzの条件で送信する一般的な電話、PHS等の送信手段により、聴診という医療行為を行うにほぼ必要十分な音質を維持しつつ且つ簡単に送信可能となる。

0010

本発明の聴診システムの一態様では、前記データ処理手段は、前記聴診音信号における周波数20Hz以下の成分をカットするローカットフィルタ処理及び周波数5kHz以上の成分をカットするハイカットフィルタ処理のうち少なくとも一方を行う。

0011

この態様によれば、データ処理手段は、圧縮符号化処理の前又は後に、聴診音信号における周波数20Hz以下の成分をカットするローカットフィルタ処理を行って、当該聴診音信号の周波数帯域を狭める。或いは、これに代えて又は加えて、周波数5kHz以上の成分をカットするハイカットフィルタ処理を行って、当該聴診音信号の周波数帯域を狭める。そして、このように周波数帯域を狭めても、前述の如く伝統的な聴診器の周波数特性は20Hz〜5kHzであるため、聴診という医療行為を行う際の妨げには殆ど又は実用上全くならない。従って、当該フィルタ処理後における取り扱いデータ量や処理負担が軽減される分だけ有利である。

0012

本発明の聴診システムの他の態様では、前記聴診手段による前記聴診音の採取を開始させ且つ終了させるオンオフスイッチを更に備えており、前記データ処理手段は、前記オンオフスイッチにおけるスイッチング動作に応じて前記各適所を示す適所識別データを前記ファイル化された聴診音信号に対し付加する。

0013

この態様によれば、オンオフスイッチにより、聴診音の採取が開始されたり、終了されたりするが、係るオンオフスイッチにおけるスイッチング動作に応じて、データ処理手段により、各適所を示す適所識別データが、ファイル化された聴診音信号に対し付加される。例えば、ファイルヘッダに適所識別データが直接付加されたり、複数のファイルのファイル番号と適所識別データとの対応関係を示す対応表データが、複数のファイルからなるファイルグループのヘッダに付加される。特に聴診のためには患者表面におけるどの適所(例えば、通常は数箇所から十数箇所程度の複数箇所)に聴診器を当てるかが基本的に重要である。即ち、圧縮符号化処理、送受信処理再生処理等を経て、どの適所における聴診音信号であるかと実際に再生した音とが1個所でもずれると、聴診結果の精度は格段に落ちてしまう。これに対して、適所識別データを各ファイルに付加しておく本発明の態様によれば、聴診音信号の再生の際に、どの適所についての聴診音であるのかを比較的容易に特定できるので実用上大変便利である。

0014

本発明の聴診システムの他の態様では、前記聴診手段は、アナログの聴診音信号を出力し、前記データ処理手段は、該アナログの聴診音信号をデジタルの聴診音信号に変換し、該デジタルの聴診音信号に対し圧縮符号化処理を行う。

0015

この態様によれば、データ処理手段は、聴診手段から出力されたアナログの聴診音信号を、先ずデジタルの聴診音信号に変換し、その後、デジタルの聴診音信号に対して圧縮符号化処理を行う。従って、アナログ方式の電気聴診器等の聴診手段をデータ処理手段に接続すれば、圧縮符号化されており簡易に送信可能な聴診音信号が、データ処理手段の出力として得られる。従って、このようにアナログ方式の電気聴診器等の聴診手段に接続されたデータ処理手段を、更にPHS等の通信手段に接続すれば、既存の電気聴診器を利用して、聴診音信号を送信可能な環境が安価且つ簡単に構築できるので、実用上大変便利である。

0016

本発明の聴診システムの他の態様では、前記データ処理手段は、マスキング効果に基づき前記圧縮符号化処理を行う。

0017

この態様によれば、マスキング効果(周波数スペクトルピークの存在により、そのピーク付近周波数帯にある音が聴覚上小さくなる効果)に基づいて、圧縮効率の高い圧縮符号化を行える。但し、本発明の聴診システムのデータ処理手段は、マスキング効果を利用したものの他、各種方式による圧縮符号化処理を行うように構成することも可能である。

0018

本発明の聴診システムの他の態様では、前記データ処理手段は、前記聴診手段から出力される聴診音信号に対し、リアルタイムで圧縮符号化処理を行い、前記送信手段は、前記データ処理手段によりファイル化される聴診音信号をリアルタイムで送信する。

0019

この態様によれば、聴診手段から出力された聴診音信号に対し、データ処理手段はリアルタイムで、圧縮符号化処理を行って聴診音信号を各適所毎にファイル化し、送信手段はリアルタイムで、これを送信する。ここで、係る圧縮符号化処理は、サンプリング周波数が8〜15kHz且つビットレートが8〜20kbpsの条件で行われ、更に送信は、通信帯域150Hz〜7kHzの条件で行われる。従って、聴診という医療行為を行うにほぼ必要十分な音質を維持しつつ、アナログ電話回線、ISDN回線等を介して、リアルタイムで聴診音信号を送信できる。

0020

或いは本発明の聴診システムの他の態様では、前記聴診手段から出力される聴診音信号を記録する記録手段を更に備えており、前記データ処理手段は、前記記録手段に一旦記録された聴診音信号に対し、前記圧縮符号化処理を行う。

0021

この態様によれば、ハードディスク、MD(ミニディスク)、テープレコーダ等の記録手段により、聴診手段から出力される聴診音信号は記録される。データ処理手段は、このように記録手段に一旦記録された聴診音信号に対し、圧縮符号化処理を行う。このため、聴診音信号を送信するために例えば圧縮符号化処理、A/D変換処理、適所識別データの付加処理等が必要となったときに、これらの圧縮符号化処理等を行えばよい。尚、送信すること無く当該聴診システムにより再生するのであれば、圧縮符号化処理等を行わなくても、記録手段から聴診音信号を再生すれば足りる。

0022

尚、このような記録手段としては、アナログの聴診音信号を記録してもよし、これをデジタル変換した後に記録してもよい。

0023

本発明の聴診システムの他の態様では、前記データ処理手段によりファイル化された聴診音信号を記録する記録手段を更に備える。

0024

この態様によれば、ハードディスク、MD、テープレコーダ等の記録手段により、データ処理手段で圧縮符号化処理された聴診音信号が記録される。その後、必要に応じて、聴診音信号が記録手段から読み出されて送信手段により送信される。この際、記録手段は、圧縮符号化された聴診音信号を記録するので、必要なメモリ容量は比較的小さくて済む。

0025

本発明の聴診システムの他の態様では、前記送信された聴診音信号を受信する受信手段と、該受信された聴診音信号に対し、伸張復号化処理を行って前記聴診音信号を前記各適所毎に再生出力する再生手段とを更に備えており、前記聴診手段、前記データ処理手段及び前記送信手段は、第1聴診ユニットに設けられており、前記受信手段及び前記再生手段は、前記第1聴診ユニットに前記通信手段を介して接続される第2聴診ユニットに設けられている。

0026

この態様によれば、聴診手段、データ処理手段及び送信手段は、第1聴診ユニットに設けられている。即ち、第1聴診ユニットを用いて看護婦等が聴診音を採取して送信できる。他方、受信手段及び再生手段は、第2聴診ユニットに設けられている。即ち第2聴診ユニットで、受信した聴診音信号を、受信と並行してリアルタイムで或いは一旦第2ユニット側で記録手段に記録した後に再生することにより、医師等は聴診を行える。この際特に両聴診ユニットは、無線有線専用回線一般回線、電話回線等の通信手段を介して接続されているので、例えば、医師の居ない遠隔地にポータブルな第1聴診ユニットを運び込んで聴診音の採取を行い、医師の居る病院等に第2聴診ユニットを配備することにより、遠隔地にいる患者についての聴診を効率的に行える。或いは、多数の家庭や多数の病室等に第1聴診ユニットを夫々配備しておき、第2聴診ユニットが配備された病院や聴診室等で、リアルタイム又は後でまとめて多数の患者についての聴診を効率的に行える。いずれの場合でも、聴診により問題があるとされた場合にのみ、患者が通院又は医師が往診すればよい。

0027

本発明の聴診システムの他の態様では、前記再生手段は、前記聴診音信号の波形画像表示する表示手段と、前記聴診音信号を音声出力する音声出力手段とを含む。

0028

この態様によれば、医師等は、表示手段において画像表示された聴診音の波形(例えば、適当な時間軸に対する波形や周波数変換後の波形)を見ることも可能となる。即ち、医師等は、聴診音の再生に際し、音声出力手段により出力される音声を聞きながら、該聞こえる音声に係る適所及び聴診音の波形については表示手段により画像表示されるものを見ながら聴診を行うことも可能となる。従って、波形特性と病状との関係を究明すれば、医師等は聴診の精度を向上することも可能となる。

0029

本発明の一の機械読み取り可能な媒体は上記課題を解決するために、コンピュータを上述した本発明の聴診システムにおけるデータ処理手段(各種態様を含む)として機能させるプログラムを記録する。

0030

本発明の一の機械読み取り可能な媒体によれば、例えばCD−ROM、DVD−ROM、フロッピーディスク、ROM等からなる当該媒体に記録されたプログラムをコンピュータにロードして実行させることにより、コンピュータを前述した本発明の聴診システムにおけるデータ処理手段として機能させることができる。

0031

本発明の他の機械読み取り可能な媒体は上記課題を解決するために、コンピュータを上述した本発明の聴診システムにおける再生手段(各種態様を含む)として機能させるプログラムを記録する。

0032

本発明の他の機械読み取り可能な媒体によれば、例えばCD−ROM、DVD−ROM、フロッピーディスク、ROM等からなる当該媒体に記録されたプログラムをコンピュータにロードして実行させることにより、コンピュータを前述した本発明の聴診システムにおける再生手段として機能させることができる。

0033

本発明のこのような作用及び他の利得は次に説明する実施の形態から明らかにされよう。

発明を実施するための最良の形態

0034

以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。

0035

<システムの全体>先ず、送信装置を備えた側の第1ユニットと該第1ユニットに通信手段を介して接続されており受信装置を備えた側の第2ユニットとを含んで構成される本発明の聴診システムの実施形態の全体構成及び全体動作について説明する。

0036

図1は、聴診システムの全体構成を示すブロック図である。

0037

図1において、第1ユニット1001は、聴診手段の一例たる電気聴診器10と、データ処理手段の一例たるラップトップ式、ポータブル式又はモバイル式のコンピュータ1006と、送信手段の一例たるモデム1007とを備える。このうち電気聴診器10は、聴診音を採取して音波として(或いは、内蔵マイクロホンにより電気的な聴診音信号に変換してから)出力するステート部11と、ステート部11で拾われた聴診音に対し電気的な聴診音信号に変換する処理、増幅処理インタフェース処理等の信号処理を行うと共に後述するオンオフスイッチを用いてのオンオフ制御を行う(或いは、既にステート部11の内蔵マイクロホンにより変換された聴診音信号の増幅処理やインターフェース処理を行うと共にオンオフ制御を行う)ための信号処理装置100と、信号処理装置100から出力される聴診音信号を音波として出力するイヤホーン108とを備えている。信号処理装置100から出力される聴診音信号は、コンピュータ1006の信号入力ポートにも入力される。コンピュータ1006は、表示装置1006aを含んで構成されている。

0038

尚、イヤホーン108は、信号処理装置100における聴診音信号出力用の端子に接続されているが、コンピュータ206に設けられた聴診音信号出力用の端子に接続されるように第1ユニット1001を構成してもよい。

0039

以上の如く夫々構成された複数の第1ユニット1001は、一般電話回線アナログ回線)1100を介して、第2ユニット2001に接続されている。

0040

第2ユニット2001は、受信手段の一例たるモデム2007と、再生手段の一例たるコンピュータ2006とを備える。そして、コンピュータ2006は、表示手段の一例たる表示装置2006aを含んでおり、更に音声出力手段の一例たるヘッドホーン2004を含んで構成されている。

0041

次に図2を参照して、第1ユニットを構成するコンピュータ1006の構成について説明する。ここに、図2は、コンピュータ1006のブロック図である。

0042

図2において、コンピュータ1006は、コンピュータ1006をデータ処理手段として機能させるためのプログラムや各種データが記録された記録媒体1006bから該プログラムや各種データを読み取るためのCDドライブDVDドライブFDドライブ等の読取装置1006cと、信号処理装置100から入力されるアナログの聴診音信号をデジタルに変換するA/Dコンバータ1006dと、デジタルに変換された聴診音信号に対し、圧縮符号化処理を行って患者表面の各適所毎にファイル化する圧縮処理部1006eと、各適所毎のファイルや一の患者についての複数のファイルからなるフォルダに対してファイルヘッダやフォルダヘッダを付加するヘッダ付加部1006fと、ファイル化されヘッダが付加された聴診音信号のモデム1007における送信を制御する送信制御部(インタフェース)1006gとを備えて構成されている。更にコンピュータ1006は、これらの読取装置1006c、A/Dコンバータ1006d、圧縮処理部1006e、ヘッダ付加部1006f、送信制御部1006g及び表示装置1006aを制御するCPU等からなる制御部1006hと、制御部1006hに対して作業領域等を提供するRAM、ハードディスク等の記憶部1006mとを備えて構成されている。尚、ヘッダ付加部1006fは、圧縮符号化処理の一部として圧縮処理部1006eにて行われるものである。また、図2では省略されているが、コンピュータ1006は、キーボードマウス入力ペン等の公知の入力装置を備えている。

0043

次に図3を参照して、第2ユニットを構成するコンピュータ2006の構成について説明する。ここに、図3は、コンピュータ2006のブロック図である。

0044

図3において、コンピュータ2006は、コンピュータ2006を再生手段として機能させるためのプログラムや各種データが記録された記録媒体2006bから該プログラムや各種データを読み取るためのCDドライブ、DVDドライブ、FDドライブ等の読取装置2006cと、一般電話回線から受信される聴診音信号のモデム2007における受信を制御をする受信制御部(インタフェース)2006dと、この受信した聴診音信号(ファイル化されている信号)中のヘッダを解析するヘッダ解析部2006fと、各ファイル内に格納された聴診音信号に対し、伸張復号化処理を行ってデジタルの聴診音信号を復号化する伸張処理部2006eと、この復号化されたデジタルの聴診音信号を画像出力可能なデータに変換する画像出力処理部2006iと、この画像出力可能に変換されたデータを表示する表示手段2006aと、伸張処理部2006eで伸張復号化されたデジタルの聴診音信号をアナログに変換するD/Aコンバータ2006gと、このアナログに変換された聴診音信号を音声として出力するヘッドホーン2004とを備えて構成されている。更にコンピュータ2006は、これらの受信制御部2006d、ヘッダ解析部2006f、伸張処理部2006e、画像出力処理部2006i及びD/Aコンバータ2006gを制御するCPU等からなる制御部2006hと、制御部2006hに対して作業領域等を提供するRAM、ハードディスク等の記憶部2006mとを備えて構成されている。尚、ヘッダ解析部2006fは、伸張復号化処理の一部として伸張処理部2006eにて行われるものである。また、図3では省略されているが、コンピュータ2006は、キーボード、マウス、入力ペン等の公知の入力装置を備えている。

0045

本実施形態では特に、第1ユニット1001におけるコンピュータ1006がデータ処理手段の一例を構成しており、信号処理装置100から出力される聴診音信号に対し、A/Dコンバータ1006d及び圧縮処理部1006eにより、サンプリング周波数が8〜15kHz且つビットレートが8〜20kbpsの条件で圧縮符号化処理を行って、聴診音信号を患者の各適所毎にファイル化する。そして、送信制御部1006gによる制御下で、モデム1007は、このようにファイル化された聴診音信号を通信帯域150Hz〜7kHz以下の条件で一般電話回線1100を介して送信する。この際、圧縮処理部1006eで行う圧縮符号化処理としては、上記条件を満たすように、例えば周波数領域重み付けインターリーブベクトル量子化音楽圧縮方式予測符号化方式適応予測符号化方式、マスキング効果を利用した圧縮符号化方式などの公知の各種圧縮符号化方式を採用可能である。また、第2ユニット2001側の伸張処理部2006eで行う伸張復号化処理は、この圧縮処理部1006eで行う圧縮符号化方式に対応させればよい。

0046

次に本実施形態の全体動作について図1から図3を参照して説明する。

0047

先ず、第1ユニット1001では、電気聴診器10は、看護婦、介護者、患者の家族等の手で持たれるステート部11及び信号処理装置100により、聴診音を採取して聴診音信号を出力する。信号処理装置100又はより好ましくはステート部11には、後に詳述するように聴診音の採取の開始及び終了を制御するオンオフスイッチが備えられており(或いは、コンピュータ1006における所定のキーを、係るオンオフスイッチとして機能させることも可能である)、コンピュータ1006は、このようなオンオフスイッチによる採取の開始から終了までの間に連続して電気聴診器10により採取された聴診音に対応する聴診音信号を一つのファイルとして、モデム1007に出力する。

0048

この際、より具体的には図2において、A/Dコンバータ1006dが、信号処理装置100から入力されるアナログの聴診音信号をデジタルに変換し、更に圧縮処理部1006eが、このデジタルの聴診音信号を圧縮符号化する。そして、ヘッダ付加部1006fにより、ファイル毎に、患者の適所を識別する適所識別データ等を含むファイルヘッダを付加したり、複数のファイルからなるフォルダ毎に、患者を識別する患者識別データ等を含むフォルダヘッダを付加する。更に、送信制御部1006gで制御してモデム1007により、このように圧縮符号化され、ファイル化され、ヘッダが付加された聴診音信号が一般電話回線1100に送信される。

0049

次に、第2ユニット2001では、モデム2007は、第1ユニット1001のモデム1007から一般電話回線1100を介して送信される圧縮符号化された聴診音信号を受信する。コンピュータ2006は、これを伸張復号化して再生する。

0050

この際、より具体的には、図3において、モデム2007で受信された聴診音信号を受信制御部2006dにより、ヘッダ解析部2006fに入力し、ヘッダ解析を行う。即ち、各ファイルに付加されたファイルヘッダや各フォルダに付加されたフォルダヘッダを読み取る。更に、伸張処理部2006eにより、各ファイル内に格納されており圧縮符号化処理された聴診音信号を、第1ユニット1001側の圧縮処理部1006eで行われた所定の圧縮符号化方式に応じた方式で、伸張復号化する。更に、D/Aコンバータ1006gにより、このように伸張復号化されたデジタルの聴診音信号が、アナログの聴診音に変換され、ヘッドホーン2004から音声出力される。他方で、画像出力処理部2006iにより、伸張復号化されたデジタルの聴診音信号が、即時表示可能な画像データに変換されて、表示装置2006aにより画像出力(波形表示)される。

0051

但し、このような第2ユニット2006側のコンピュータ2006におけるヘッダ解析処理、伸張復号化処理、画像出力処理、D/A変換処理及び音声出力処理は、モデム2007を介して聴診音信号を受信するのと並行して、リアルタイムで行ってもよいし、受信制御部2006dを介して、ヘッダ解析処理や伸張復号化処理を行う前に一旦記憶部2006mや記録媒体2006bに記録しておき、後に必要に応じて、ヘッダ解析処理及び伸張復号化処理(更には、画像出力処理や音声出力処理)を行うようにしてもよい。或いは、ヘッダ解析処理や伸張復号化処理を行った後に一旦記憶部2006mや記録媒体2006bに記録しておき、後に必要に応じて、画像出力処理や音声出力処理を行うようにしてもよい。

0052

以上詳細に説明したように本実施形態の聴診システムによれば、第1ユニット1001側におけるコンピュータ1006により、サンプリング周波数が8〜15kHz且つビットレートが8〜20kbpsの条件での圧縮符号化処理を行って、聴診音信号を各適所毎にファイル化し、更にモデム1007により、通信帯域150Hz〜7kHz以下の条件で送信する。他方で、聴診という医療行為を行うのにほぼ必要十分な聴診器の周波数特性は、20Hz〜5kHzであるので、このような聴診のために必要十分な周波数帯域をカバーしつつ、一般に普及したアナログ電話回線用の通信モデムを用いて、アナログ電話回線1100を介して、聴診音を送信し、更にこのような聴診のためにほぼ必要十分な周波数帯域をカバーしつつ第2ユニット2001側で、これを受信し、復号化し、再生出力可能となる。

0053

従って、本実施形態によれば、第1ユニット1001で、呼吸音、心音等の聴診音を、医師等の聴診可能な技能を有する者がいない自宅診療所、医療出張所等で採取したり、病院内で医師等のいない状況で多数の患者について纏めて採取できる。そして、リアルタイム或いは一旦記録媒体に記録した後に、圧縮符号化した形で聴診音信号を送信し、第2ユニット2001でこれをリアルタイム或いは一旦記録媒体2006b等に記録した後に復号化することで、医師等による遠隔聴診が可能となる。

0054

尚、本実施形態において、コンピュータ1006は、A/Dコンバータ1006dの前段にアナログ周波数フィルタを設けることにより、或いは、A/Dコンバータ1006dの後段デジタル周波数フィルタを設けることにより、聴診音信号における周波数20Hz以下の成分をカットするローカットフィルタ処理及び周波数5kHz以上の成分をカットするハイカットフィルタ処理のうち少なくとも一方を行うように構成してもよい。このように構成すれば、前述の如く聴診という医療行為を行うのにほぼ必要十分な周波数帯域(20Hz〜5kHz)を失うこと無く、コンピュータ1006内の当該フィルタ処理の後段等における、取り扱いデータ量や処理負担を軽減できる。

0055

以上説明した本実施形態の聴診システムでは好ましくは、コンピュータ1006は、リアルタイムで圧縮符号化処理を行い、更にモデム1007は、リアルタイムで送信する。従って、聴診という医療行為を行うにほぼ必要十分な音質を維持しつつ、アナログ電話回線1100を介して、リアルタイムで聴診音信号を送信できる。

0056

但し、本実施形態の聴診システムは、このようにリアルタイムで圧縮符号化処理を行って送信するのに代えて又は加えて、信号処理装置100から入力される聴診音信号をコンピュータ1006内の記憶部1006m又は記録媒体1006bに一旦記録しておき、必要に応じて、この記憶部1006m又は記録媒体1006bから聴診音信号を読み出して、圧縮処理部1006Eにより圧縮符号化処理を行って送信するように構成してもよい。或いは、A/Dコンバータ1006dでデジタル化した後に、又は更に圧縮処理部1006eで圧縮符号化した後に聴診音信号を記憶部1006m又は記録媒体1006bに記録するように構成してもよい。特に、圧縮符号化処理された聴診音信号を記録すれば、必要なメモリ容量が少なくて済み、更に記録や読み出し作業に伴う信号の劣化も殆どなくなる。

0057

尚、聴診システムの全体構成としては、図1に示したもの他に、図4又は図5に例示するものでもよい。

0058

図4に示す例では、第1ユニット1001’は、モデム1007に代えてPHS1007’を送信手段として備えており、通信手段の他の一例としてのISDN回線1100’を介してファイルグループを送信する。第2ユニット2001’はモデム2007に代えてレシーバ2007’を受信手段として備えており、ISDN回線2001’を介してファイルグループを受信する。

0059

図5に示す例では、図1及び図4に示したような第1ユニット1001及び第1ユニット1001’を複数備えており、一般電話回線1100を介してファイルグループを受信するモデム3002及びISDN回線1100’を介してファイルグループを受信するレシーバ3003から当該受信したファイルグループを取込むRASリモートアクセスサーバ)を備えている。更に、第2ユニット2001”は、インタフェース2007”を備えており、LANケーブル等のケーブル3005を介してRAS3001からファイルグループを受信する。

0060

この他にも通信手段としては、有線、無線を問わず任意の通信手段を本発明に適用可能である。

0061

このように図1から図5に示した本実施形態の聴診システムによれば、聴診のためにほぼ必要十分な周波数帯域をカバーしつつ、一般に普及したアナログ電話回線用の通信モデムやPHS等を用いて、アナログ電話回線1100やISDN回線1100’を介して、聴診音を送信可能となる。

0062

例えば本実施形態においてサンプリングレートを11kHzとし且つビットレートを10kbpsとして圧縮符号化処理を行って送信する場合を想定すると、比較例としてサンプリングレートを44kHzとし且つビットレートを88kbpsとして符号化処理を行って送信する場合とを比較して、送信するビット数は約1/70にまで減っている。他方で、本実施形態の如くに圧縮符号化し、送信した聴診音信号から再生される聴診音と、この比較例の条件で送信した聴診音信号から再生される聴診音とを比較した場合には、聴診という医療行為を行う目的からすれば殆ど或いは実用上全く差が無いということが判明している。

0063

<電気聴診器>次に図1に示した実施形態に係る電気聴診器10の構成について、図6から図14を参照して、各種の具体例を挙げて説明する。ここに、図6は、図1に示した電気聴診器10の一具体例の外観斜視図であり、図7は、主にその電気的構成を示すブロック図である。また、図8から図10は、図1に示した電気聴診器10の他の具体例における聴診器のステート部付近の外観斜視図である。図11は、図10に示した具体例における聴診器の主に電気的構成の一例を示すブロック図であり、図12は、図10に示した具体例における聴診器の主に電気的構成の他の例を示すブロック図である。更に、図13は、図1に示した電気聴診器10の他の具体例における聴診器の主に電気的構成を示すブロック図であり、図14は、図1に示した電気聴診器10の他の具体例における聴診器の外観斜視図である。

0064

先ず図6及び図7において、図1に示した電気聴診器10は、図1に示したステート部11の一具体例である聴診音を検出するステート部11と、ステート部11に設けられておりスイッチング操作に応じて制御信号Sswを送るスイッチ14と、聴診音を聴診音信号Saに変換するマイクロホン16と、制御信号Sswに基づいて動作制御されつつ聴診音信号Saを出力する信号処理装置100とを備える。

0065

ステート部11は、聴診音を検出する第1検出面12と、検出面12に対向すると共に聴診音を検出する第2検出面13とを備える。これら2つの検出面は、例えば周波数特性や感度特性が相異なり、聴診音の種類に応じて適宜使い分けられる。スイッチ14は、これら2つの検出面の周囲に位置するステート部11の側面11a(本実施形態では特にステート部11のくびれ部分における側面)に設けられている。

0066

マイクロホン16は、検出面12及び13(湾曲面)内の音波を拾うように配置されており、この音波(聴診音)に応じた聴診音信号を出力する。マイクロホン16には、ケーブル120の先端が接続されている。ケーブル120内には、マイクロホン16用の電源配線、マイクロホンからの聴診音信号Saの伝送用配線、スイッチ14からの制御信号Sswの伝送用配線が通されている。ケーブル120の他端には、聴診音信号Sa出力用コネクタ121及び制御信号Ssw出力用のコネクタ122が設けられている。

0067

信号処理装置100には、これらのコネクタ121及び122が接続されるジャック101及び102が設けられており、更に、主電源スイッチ103、主電源オンを示す電源ランプ104及び聴診音信号Saのゲイン調節用のボリュームスイッチ105が設けられている。本実施形態では特に、出力用ジャック106を介して、これに接続された、イヤホン108を備えている。信号処理装置は、聴診音信号Soutをイヤホンに出力すると共に図1に示したコンピュータ1006の信号入力ポートに出力する。

0068

図6及び図7に示した具体例では特に、ステート部11の側面11aに設けられたスイッチ14は、聴診器10における聴診音データの採取の開始と停止を制御するオンオフスイッチからなる。従って、ステート部11が看護婦等の片手で支持された状態で患者や要介護者の身体表面における適所が探し出されると、支持した片手により、これらのスイッチ14(即ち、オンオフスイッチ)が操作(例えば、押圧)されて、信号処理装置100及びコンピュータ1006を用いた聴診音採取が開始され、その後再びこの操作されたスイッチが操作(例えば、押圧が解除)されて、この採取が停止される。このようなスイッチ14の具体的な種類としては、図6に示した単純なスイッチ(例えば、スプリングが内蔵されており、若干の圧力で押している間のみオン状態の制御信号Sswが出力される押圧スイッチ)以外にも、プッシュスイッチ、タッチスイッチ、レバー型スイッチ等、公知の各種のスイッチ(例えば、機械的スイッチや、静電スイッチ等の接触スイッチ光センサ等の非接触スイッチ)を適用可能であるが、例えばステート部11を持つ片手のうちの一本の指の指先でスイッチング操作しやすい形態(配置、大きさ、形状、移動距離等)のものが好ましい。

0069

次に、図8に示した他の具体例では、聴診器20は、図6及び図7に示した聴診器10と比べて、ステート部21が、聴診音を検出するための検出面22を一つのみ有する点と、スイッチ24がステート部21の背面に設けられている点とが異なる。その他の構成については、図6及び図7に示した聴診器10とほぼ同様である。

0070

次に、図9に示した他の具体例では、聴診器30は、図8に示した聴診器20と比べて、ステート部31の背面に設けられたスイッチ34に加えてスイッチング操作に応じて制御信号を送る複数のスイッチ34aをステート部11の側面に複数備えている点(及びこれに対応して、ケーブル120内に制御信号伝送用のコードが複数ある点)が異なる。その他の構成については、図8に示した聴診器20とほぼ同様である。

0071

次に、図10及び図11に示した他の具体例では、聴診器40は、図8に示した聴診器20と比べて、ステート部41に、マイクロホン16が内蔵されておらず、ステート部41には、聴診音の検出面の穴に連通する聴診音が音波としてそのまま伝わるチューブ140が備えられている点と、スイッチ44からの制御信号伝送用のコード142がチューブ140内を通されている点と、スイッチ44がステート部41の側面に配置されている点が異なる。また、図11に示すように、チューブ140の先端には、マイクロホン16’が接続されており、マイクロホン16’が、チューブ140を介して聴診音を検出し、聴診音信号Saを生成して、ケーブル120’を介して信号処理装置100に送る点が異なる。その他の構成については、図8に示した聴診器20並びに図6及び図7に示した聴診器10とほぼ同様である。尚、このようなチューブ140は、例えば、ゴム等からなる可塑性チューブ、金属等からなる剛性チューブ、これら2種類のチューブを組み合わせたもの等からなり、その先端部には、信号処理装置100に接続されたマイクロホン16’が接続される。

0072

また、図10及び図12に示した他の具体例では、図11に示した場合と異なり、聴診器40’は、マイクロホン16’に代えて、マイクロホン416を信号処理装置400に内蔵し、チューブ140がこのマイクロホン416に接続されている。その他の構成については、図10及び図11に示した聴診器40とほぼ同様である。

0073

尚、図10及び図11或いは図10及び図12に示した各具体例では好ましくは、コード142は、チューブ140の内壁に少なくとも部分的に接着される。このように構成すれば、コード142とチューブ140とを少なくとも部分的に一体化することにより、これらのコード142とチューブ140とが、相互に絡まったり散乱する事態を回避でき、これらのコード142とチューブ140とが擦れることによる雑音の発生を防止できる。尚、同様の観点から、コード142をチューブ140の外壁に接着してもよい。

0074

次に、図13に示した他の具体例では、聴診器50は、ステート部51に、スイッチ14から送られる制御信号Ssw及びマイクロホン16から送られる聴診音信号Saを無線により信号処理装置500に向けて送信する送信器55が設けられている。他方、信号処理装置500に、この送信器55から発せられた無線信号Srを受信する受信器501が設けられている。その他の構成については、図6及び図7に示した聴診器10の場合とほぼ同様である。尚、イヤホン108への聴診音信号の送信についても無線を利用してもよい。

0075

次に、図14に示した具体例では、聴診器60は、図6及び図7に示した聴診器10と比べて、ステート部61で検出された聴診音を、マイクロホン16’への経路から分岐する第1分岐チューブ620と、第1分岐チューブ620の先端に接続された第2分岐チューブ621と、第2分岐チューブ621に接続されたチップ630と、スイッチ14からマイクロホン16’に制御信号Sswを送るためのコード63とを備える。また、可聴音を出力するためのイヤホンが信号処理装置600に設けられていない。その他の構成については図6及び図7に示した聴診器10の場合とほぼ同様である。

0076

尚、本実施形態において、各電気聴診器は、可聴音を出力するイヤホン108に代えて又は加えて、スピーカ、ヘッドホン等を備えるように構成してもよい。

0077

<聴診音を採取する際の処理動作>次に、以上のように構成された電気聴診器10、コンピュータ1006等を含む第1ユニット1001における、聴診音を採取する際の圧縮符号化処理、ヘッダ付加処理等を図1図6及び図7並びに図15から図17を参照して、表示装置1006aによる画像表示動作及びそれに応じた操作方法と共に説明する。ここに、図15は、聴診音として呼吸音を所定順序で採取する順次採取モードにおける表示画面を示し、図16は、聴診音として呼吸音を任意の適所で採取する呼吸音用の任意採取モードにおける表示画面を示す。また、図17は、聴診音として心音を任意の個所で採取する心音用の任意採取モードにおける表示画面を示す。

0078

以下に説明するコンピュータ1006による制御は、例えば記録媒体1006bに格納されたコンピュータプログラムをコンピュータ1006に読み取らせて当該プログラムを実行させることにより行われる。尚、このような記録媒体1006bとしては、DVD−ROM、CD−ROM、光磁気ディスク、フロッピーディスク等の周知の記録媒体であれば種類を問わない。但し、このようなプログラムを一般電話回線1100やISDN回線1100’を介して外部装置からダウンロードして、これに従ってプログラムを実行するようにしてもよい。

0079

本実施形態では特に、コンピュータ1006は、そのキーボード等を介して、聴診音として呼吸音を採取する呼吸音用のモードと、心音を採取する心音用のモードと、一人の患者の複数の適所における聴診音を所定順序で採取する順次採取モードと、任意の適所における聴診音を採取する任意採取モードとを選択的に指定可能に構成されている。

0080

先ず、このようなモード選択動作においては、表示装置1006aは、コンピュータ1006による制御下で、図示しないモード選択用のメニュー画面を表示し、コンピュータ1006のキーボード、マウス等により、所望のモードが選択される。

0081

例えば、呼吸音用の順次採取モードが選択されると、この選択の直後に、当該患者の呼吸音を格納するためのファイルグループが定義され、このファイルグループに対して、患者コード、呼吸音の採取である旨の情報等が付加される。或いは、この選択の後に更に以下に説明する呼吸音の一連の採取が終了し、当該患者の呼吸音を採取した複数のファイルからなるファイルグループが作成された後に、このファイルグループに対して、患者コード、呼吸音である旨の情報等が付加される。より具体的には、コンピュータ1006は、当該患者の呼吸音に係る複数のファイルを一つのファイルグループとして作成し、当該ファイルグループ(例えば、ファイルグループのヘッダ部分或いはファイルグループのテール部分などに)に、採取に係る日時を示す日時データ、患者を識別する患者データ採取者を識別する採取者データ、採取の理由(例えば、「ルーチンワーク」、「体温から」、「呼吸の様子から」などの予め設定した理由)を示すコードやテキストデータ等、当該聴診音の採取に係る所望のデータを付加してもよい。更に、当該患者に係る体温データ脈拍データ血圧データ等を付加してもよい。

0082

第1の場合として、このような呼吸音用の順次採取モードが選択されると、コンピュータ1006の制御を受けて、表示装置1006aには、図15の如き患者胴体の表側と裏側を示す患者疑似画像701が表示される。そして、この患者疑似画像701上には、丸番号、、…及び矢印で、呼吸音を採取すべき適所の位置及び採取順序を示す適所マーク702が示される。

0083

図15に示すように表示装置1006aにより患者疑似映像701が表示された状態で、看護婦等は、信号処理装置100の電源スイッチ103をオンした後、一方の手で患者等を抱きかかえ、他方の手でステート部11を持つ。この状態で、患者等の身体表面の適所の付近に、適所の種類に応じて検出面12又は13が当てられ、を示す適所マーク702に対応する1番目の適所を探し出す作業が行われる。このとき、第1検出面12又は第2検出面13が患者等の身体表面に押し当てられるように、ステート部11の側面11aやその付近が看護婦等の片手(通常、その複数の指)で支持される。この作業中、マイクロホン16により聴診音が聴診音信号Saに変換されて、信号処理装置100を介してイヤホン108から出力される当該可聴音が、看護婦等によりチェックされる。この作業の結果、を示す適所マーク702に対応する1番目の適所が探し出されて聴診音の受信状態が良好であると看護婦等が判断すると、このように一方の検出面を適所に押し当てたままで、ステート部11を支持した片手(通常、その一又は複数の指)により、ステート部11の側面11aに設けられたスイッチ14でスイッチング操作が行われる。このスイッチング操作に応じてスイッチ14からは、制御信号Sswが出力され、ケーブル120を介して、信号処理装置100に送られる。このように制御信号Sswが送られると、信号処理装置100及びデータ処理手段としてのコンピュータ1006のうち少なくとも一方は、この制御信号Sswに基づいて動作制御されて、1番目の適所に対応する聴診音信号Saに対する信号処理を開始する。即ち、例えばリアルタイムでA/D変換し、圧縮符号化する。その後、1番目の適所における聴診音が適切に採れたと看護婦等が判断すると、次に、看護婦等によるスイッチング操作に応じて制御信号Sswが送られる。信号処理装置100及びデータ処理手段としてのコンピュータ1006のうち少なくとも一方は、この制御信号Sswに基づいて動作制御されて、聴診音信号に対するA/D変換処理及び圧縮符号化処理を停止する。そして、このような採取の開始から停止までの各適所に対応する聴診音信号を一ファイルとして、ヘッダ付加処理が行われる(但し、前述のように、当該ヘッダ付加処理は、圧縮符号化処理の一部として圧縮処理部1006eにて行われるものであり、ヘッダの付加は、採取の前に行ってもよく、後で行ってもよい)。尚、このように作成されたファイルを、送信制御部1006g及びモデム1007によりリアルタイムで送信してもよいし、記憶部1006m(或いは記録媒体1006b)に一旦格納してから送信制御部1006g及びモデム1007により送信してもよい。いずれにせよ、各ファイルに対応する適所識別データとして第1番目の適所であることを示すコードを(例えば、ファイルヘッダ部分或いはファイルのテール部分などに)付加する。このようなコードの付加は、看護婦等が患者疑似映像701上のを示す適所マーク702を画面上でクリック或いはタッチパネル方式で押圧するのを確認してから行ってもよいし、或いは、聴診音データの採取の終了或いは開始と同時に行ってもよい。また、どの適所についての採取を開始するのか、行っているのか、終了したのか等を視覚的に明確にするために、当該採取に係る、、…のいずれか一つを示す適所マーク702をハイライト表示してもよい(この場合には、“”がハイライト表示される)。或いは例えば「次の適所番号=×」、「現在の適所番号=×」、「今終えた適所番号=×」のような適所識別データを所定欄内に示すような画像を患者疑似映像701の脇に表示してもよい。

0084

次に、看護婦等により患者疑似映像701上のを示す適所マーク702に対応する2番目の適所が探し出され、更に患者疑似映像701上に表示された、、…を示す適所マーク702の順序に従って各適所についての聴診音データの採取の開始及び終了を行う作業が繰り返される。この際、好ましくは、現在の採取に係る、、…のいずれか一つを示す適所マーク702を順次ハイライト表示する。そして、最後の番号を示す適所マーク702に対応する第18番目の適所における採取が終了する。以上により、一人の患者についての聴診音採取が完了する。

0085

従って、これら一連の作業の中で、看護婦等は、ステート部11を持つ片手のみで、スイッチ14を操作することにより、適所を探す作業及びこの探索作業中に発生する無用な音については排除しながら聴診音を採る作業の両者を行える。しかも、スイッチ14のオンオフに応じて、適所マーク702に対応する適所識別データが各ファイルに対し順次付加される。このため、看護婦等の採取者或いは送信者側からすれば、比較的簡単な作業によりどの適所の聴診音であるのかをラベルする作業を行ったこととなり、医師等の受信者側からすれば、後に詳述するように適所識別データを用いれば、確実に且つ比較的容易に適所に対応付けながら聴診音を再生(復元)できることになる。更に、ファイルグループに付加された患者識別データ、採取日時データ等に従って、聴診音を再生する際に、当該聴診音を各ファイルグループに係る患者、採取日時等に確実且つ比較的容易に対応付けできる。特に順次採取モードで採取を行えば、どの適所の聴診音であるかを一々コンピュータ1006aに入力することなく、適所識別データを自動的に順次付加できるので、看護婦等の採取者にとっては作業負担が非常に軽減される。

0086

第2の場合として、呼吸音用の任意採取モードが選択されると、図16の如き患者胴体の表側と裏側を示す患者疑似画像701が表示装置1006aに表示される。そして、この患者疑似画像701上には、、、…を示す適所マーク702が示されており、更に患者疑似映像701の脇に適所指定用の欄703が表示される。

0087

図16に示すように、表示装置1006aにより患者疑似映像701が表示された状態で、看護婦等により患者等の身体表面の適所の付近に、ステート部11が当てられが、この際、任意の個所(ここでは、、、…のいずれか一つ適所マーク702)に対応する適所を探し出す作業が行われる。そして、当該適所を探した後に、ステート部11の側面11aに設けられたスイッチ14でスイッチング操作が行われ、信号処理装置100及びコンピュータ1006のうち少なくとも一方は、当該適所に対応する聴診音信号Saの信号処理を開始する。その後、当該適所における聴診音が適切に採れたと看護婦等が判断すると、次に、看護婦等によるスイッチング操作に応じて制御信号Sswが送られ、信号処理を停止する。このような聴診音採取の開始と終了に応じて、コンピュータ1006は、聴診音信号を1ファイルとする。そして、当該聴診音の採取の終了直後(或いは開始直前)に、適所指定用の欄703における指定入力を待つ状態となる。この入力待ち状態で、看護婦等により適所指定用の欄703のいずれかが指定されると、コンピュータ1006は、当該ファイルに対応する適所識別データとして、この指定された適所であることを示すコードを付加する。

0088

次に、看護婦等により次の任意の適所(但し、既に採取された適所を除く)が探し出され、各適所についての採取の開始及び終了を行う作業が繰り返される。このような一人の患者に対する一連の採取作業の開始或いは終了に応じて、コンピュータ1006は、複数のファイルからなるファイルグループに、採取に係る日時を示す日時データ、患者を識別する患者データ、採取者を識別する採取者データ、採取の理由を示すコードやテキストデータ等、当該聴診音の採取に係る所望のデータを付加する。

0089

特に当該任意採取モードで採取を行えば、看護婦等の好みや習慣に応じて、任意の順序で採取を行えると共に、一連の採取作業の中で一個所或いは複数の個所のみ再度採取し直す場合などに非常に便利である。

0090

尚、図16に示した画面を表示しての任意採取モードで採取を行う場合、各適所における採取を行う毎に、その適所を適所指定用の欄703で一々指定してもよいが、複数の適所或いは全個所における採取に相前後して、それらの適所を、順序を含めて適所指定用の欄703で一気に指定してもよい。この場合、適所指定用の欄703を指定する順序と、実際に採取を行う順序とを対応付けることとすれば、比較的容易に適所の順序を示すデータ(即ち、採取個所及び順序データ)コンピュータ1006に入力できる。また、この場合には、一つのファイルグループに対して、採取日時等を示すデータと共に、採取適所の位置及び採取順序を示すデータを付加してもよい。

0091

以上のように図16に示した画面を用いての任意採取モードの場合、各適所における聴診音を任意の順序で採取することや、1個所や数個所の採取をやり直すことも可能となる。更に、採取の度に採取個所を患者疑似映像上で定義しながら採取することも可能となる。

0092

第3に、呼吸音用ではなく、心音用の任意採取モードが選択されると、図17の如き患者胴体の表側と裏側を示す患者疑似画像801が表示装置1006aに表示される。そして、この患者疑似画像801上には、、、…を示す適所マーク802が表示され、更に患者疑似映像801の脇に採取個所指定用の欄803が表示される。

0093

図17に示すように心音用の適所マーク802が示された患者疑似映像801の場合、ファイルグループに対して「心音」の採取である旨のコード等が付加されることを除けば、図16に示した呼吸音用の適所マーク702が示された患者疑似映像701の場合と同様に心音を採取できる。また、心音用についても呼吸音用の場合と同様に、任意採取モードのみならず順次採取モードでも採取可能である。

0094

以上図15から図17を用いて説明したように、一台の電気聴診器10を用いて心音や呼吸音を順次採取モードや任意採取モードで採取できるので大変便利である。但し、このようなモード指定機能を削除して、専ら呼吸音用或いは心音用の電気聴診器としてもよいし、更に、専ら順次採取モードで採取を行うか或いは専ら任意採取モードで採取を行う簡易な電気聴診器として構成してもよい。

0095

尚、本実施形態では好ましくは、コンピュータ1006は、一人の患者についての呼吸音或いは心音に係る聴診音信号が格納される複数のファイルの数と、画面上に示される或いは指定される適所マーク702又は802の数とが一致しない場合に所定種類の警告を発する。例えば、表示装置1006aにより警告メッセージを表示してもよいし、或いはイヤホーン108やコンピュータ1006のスピーカから警告音や警告メッセージを音声出力してもよい。更にリアルタイムで送信を行っている場合には、送信先の第2ユニット2001側でも警告を発するようにしてもよい。このように構成すれば、例えば、複数の適所についての採取を行う際に誤って一つを飛ばしてしまったり同じ個所で2回採取をとってしまったりなどで採取が正常に行われなかった場合、コンピュータ1006から発せられる警告に応じて、看護婦、介護者等は、採取を終了した直後に再び採取し直せるので大変便利である。

0096

<聴診音の再生処理動作>次に、以上のように構成されたコンピュータ2006等を含む第2ユニット2001における聴診音の再生処理を図1図6及び図7並びに図18及び図19を参照して、表示装置2006aによる画像表示動作及びそれに応じた操作方法と共に説明する。ここに、図18は、聴診音として呼吸音を再生してヘッドホーン2004を介して音声出力するリアルタイムモード又は通常再生モードにおける表示画面を示し、図19は、ヘッドホーン2004を介しての音声出力に代えて又は加えて当該呼吸音の波形を表示装置2006aにより画像出力する波形表示モードにおける表示画面を示す。

0097

以下に説明するコンピュータ2006による制御は、例えば記録媒体2006bに格納されたコンピュータプログラムをコンピュータ2006に読み取らせて当該プログラムを実行させることにより行われる。尚、このような記録媒体2006bとしては、DVD−ROM、CD−ROM、光磁気ディスク、フロッピーディスク等の周知の記録媒体であれば種類を問わない。但し、このようなプログラムを一般電話回線1100やISDN回線1100’を介して外部装置からダウンロードして、これに従ってプログラムを実行するようにしてもよい。

0098

本実施形態では特に、コンピュータ2006は、そのキーボード等を介して、各種の再生モードを選択的に指定可能に構成されている。

0099

各種の再生モードのうち、リアルタイムモードとは、遠隔地にある第1ユニット1001で採取した聴診音を、第2ユニット2001において、この採取作業とほぼ同時にそのままの順序で再生するものである。他方、通常再生モードは、受信した聴診音信号を第2ユニット2001において一旦記憶部2006m又は記録媒体2006bに記録しておき、必要に応じてこれを再生するものであり、予め設定された順序或いは採取された順序で一人の患者に係る一連の聴診音を連続的に再生する連続再生モードと、所望の適所マークの指定により当該指定された適所マークに対応する適所識別データが付加されたファイルを一つ一つ再生する任意再生モード(即ち、1ファイルの再生が終了すると、次に再生すべきファイルの入力待ち状態となるモード)とに細分化されている。

0100

先ず、図18を参照してリアルタイムモードについて説明する。

0101

リアルタイムモードでは、第1ユニット1001で看護婦等が聴診音を採取するのに応じて、第1ユニット1001側で圧縮符号化され且つ送信され、第2ユニット2001側で受信され且つ伸張復号化されることにより再生された聴診音が、第2ユニット2001におけるヘッドホーン2004で、リアルタイムで音声出力される。この際、表示装置2006aは、コンピュータ2006による制御下で、図18の如き画面を表示する。

0102

図18において、表示装置2006aの画面上には、患者胴体の表側と裏側を示す患者疑似画像701が表示される。そして、この患者疑似画像701上には、丸番号、、…及び矢印で、呼吸音を採取した適所の位置及び標準的な採取順序を示す(実際に採取された順序と一致するとは限らない)適所マーク702が示されている。表示装置2006aは、現在音声出力されている聴診音信号に係る適所に対応する適所マーク702を、ハイライト表示する。これにより、医師等は、表示装置2006a上で、どの適所についての聴診音であるかが視覚的に容易に認識できるので、恰も実際に自分で聴診器を持っているかのように聴診を行うことができる。

0103

このようにリアルタイムモードは、看護婦等が第1ユニット1001で聴診音を採取する時間に、医師等は、概ね病院内に設置された第2ユニット2001の側に居れば足りるため大変便利である。

0104

次に、通常再生モードについて説明する。

0105

通常再生モードにおけるモード選択動作においては、表示装置2006aは、コンピュータ2006による制御下で、図18の如き画面を表示する。ここでは、一の患者が指定され、聴診音として呼吸音が選択された場合について説明する。

0106

図18において、表示装置2006aの画面上には、患者疑似映像701の脇に適所指定用の欄703が表示される。更に、図18で画面の右端付近には、聴診音の波形を画像表示する波形表示モードを選択するための“波形表示”ボタン704、一連の聴診音を連続的に再生する連続再生モードを指定するための“連続再生”ボタン705、ファイルを一つ一つ再生する任意再生モードを指定するための“次へ”ボタン706及び再生を中止するための“再生中止”ボタン707が表示されている。各ボタンは、コンピュータ2006のマウス或いはキーボード操作により指定可能である。尚、このような画面上に更に、患者名、当該患者に係る体温データ、脈拍データ、血圧データ等の生態情報などを表示してもよい。

0107

次に、図18を参照して、通常再生モードのうちの第1のモードである任意再生モードについて説明する。

0108

表示装置2006aの画面上で“次へ”ボタン706が選択されると、任意再生モードが選択されたとして、コンピュータ2006は、ファイルグループ中の各ファイルに対して付加された適所識別データに基づいて、1番目の適所に対応するファイル中の聴診音信号Saを再生し、ヘッドホーン2004から聴診音信号Saを音声出力する。その後、当該ファイルの終端を示すEOFエンドオブファイル)マークを検出すると、コンピュータ2006は、聴診音信号Saの再生処理を停止する。また、どの適所についての再生を開始するのか、行っているのか、終了したのか等を視覚的に明確にするために、当該再生に係る、、…のいずれか一つを示す適所マーク702又は適所指定用の欄703をハイライト表示してもよい(この場合には、“”の適所マーク702又は“”の欄703がハイライト表示される)。或いは例えば「次の適所番号=×」、「現在の適所番号=×」、「今終えた適所番号=×」のような適所識別データを所定欄内に示すような画像を患者疑似映像701の脇に表示してもよい。

0109

次に、画面上で“次へ”ボタン706が選択されると、患者疑似映像701上のを示す適所マーク702に対応する2番目の適所に対応するファイル中の聴診音信号Saが再生され、ヘッドホーン2004から聴診音信号Saが音声出力される。更に“次へ”ボタンが選択される毎に、患者疑似映像701上に表示された、、…を示す適所マーク702の順序に従って各適所についての各ファイルの再生及びヘッドホーン2004からの音声出力が繰り返される。そして、最後の番号を示す適所マーク702に対応する第18番目の適所における再生が終了する。以上により、一人の患者についての一連の呼吸音を格納した複数のファイルからなるファイルグループの再生が完了する。

0110

尚、“次へ”ボタン706が選択される前に、適所指定用の欄703のうちのいずれかが指定されると、コンピュータは、指定された適所指定用の欄703の番号に対応する適所識別データが付加されたファイル中の聴診音信号Saの再生処理を開始する。即ち、デフォールトとしては、適所指定用の欄703のうちの適所指定用の欄703が指定された状態とされているが、任意の番号に係る聴診音のみを再生したり、任意の番号の聴診音から再生を開始したり可能である。また、“再生中止”ボタン707が選択されると、再生の途中であっても、当該再生を中止する。

0111

従って、医師等は、表示装置2006aにより確実に且つ比較的容易に適所に対応付けながらヘッドホーン2004により聴診音を聞くことが可能となり、一の医療行為に足りる程度の高い信頼性を持って、当該再生される再生音による聴診を行える。更に、ファイルグループに付加された患者識別データ、採取日時データ等に従って、聴診音を再生する際に、当該聴診音を各ファイルグループに係る患者、採取日時等に確実且つ比較的容易に対応付けできる。

0112

次に、図18を参照して、通常再生モードのうちの第2のモードである連続再生モードについて説明する。

0113

表示装置2006aの画面上で“連続再生”ボタン705が選択されると、コンピュータ2006は、ファイルグループ中の各ファイルに対して付加され得た適所識別データに基づいて、1番目、2番目、3番目、…の適所に対応するファイル中の聴診音信号Saの再生処理を順次行い、これに対応してヘッドホーン2004は再生された聴診音信号Saの音声出力を順次行う。この際、各ファイルのヘッダの検出又は各ファイルのEOFマークの検出に応じて、コンピュータ2006による制御下で、表示装置2006aは、現在再生されている適所に対応する適所マーク702又は適所指定用の欄703を順次ハイライト表示する。或いは例えば「現在の適所番号=×」のような適所識別データを所定欄内に示すような画像を患者疑似映像701の脇に表示してもよい。そして、最後の適所における再生が終了する。以上により、一人の患者についての一連の聴診音信号を格納した複数のファイルからなるファイルグループの再生が完了する。尚、このような連続再生中に、 “再生中止”ボタン707が選択されると、当該再生を中止する。

0114

従って、医師等は、表示装置2006aにより確実に且つ比較的容易に適所に対応付けながらヘッドホーン2004により聴診音を聞くことが可能となる。特にどの適所を再生したいのかを一々コンピュータ2006に入力することなく、現在再生中の適所が画面上で視認可能に表示されながら聴診音が自動的に連続再生されるので、医師等の聴診を行う者にとっては作業負担が非常に軽減される。

0115

特に、看護婦等が採取のために使う時間(各適所を探す時間等も含む)よりも、実際に聴診音が採取される時間は短いので、医師等は通常再生モード(上述の任意再生モード又は連続再生モード)を選択することにより、リアルタイムモードの場合と比較して聴診音を聞く際に無駄な待ち時間が無くて済むので便利である。更に、リアルタイムモードの場合と比較して、看護婦等が実際に採取を行う時刻に、第2ユニット2001の側に貼り付いていなくても済むことや、同じ聴診音を何度も繰り返して聞けるという利点もある。

0116

次に、図19を参照して、波形表示モードについて説明する。

0117

本実施形態では、上述したリアルタイムモード、任意再生モード又は連続再生モードとの組み合わせとして波形表示モードを選択可能である。即ち、波形表示モード且つリアルタイムモードであれば、現在再生されている聴診音信号Saの波形をリアルタイムで画像表示し、波形表示モード且つ任意再生モードであれば、任意の適所に係る聴診音信号Saの波形を(音声出力と同時に又は単独で)画像表示し、波形表示モード且つ連続再生モードであれば、一連の聴診音信号Saの波形を(音声出力と同時に又は対応つけて若しくは単独で)自動的に連続的に画像出力する。

0118

図19に示すように、波形表示モードでは、再生された聴診音信号Saの波形が画像出力される。本実施形態では、予め第1ユニット1001側で、聴診音信号Saをデジタル記録しておくので、これに基づき第2ユニット側で波形を画像出力できる。更に、波形としては、時間軸に対するものでもよいし、周波軸に対するものでもよく、両者を選択的に表示してもよい。特に周波数軸に対する波形を表示する場合には、第1ユニット1001側で周波数変換してから記録してもよいし、第2ユニット1002側で周波数変換してから波形を画像出力してもよい。尚、前述のように一つの適所について再生された聴診音信号Saの波形を一つずつ画像出力してもよいし、複数の適所について連続的に再生された聴診音信号Saの波形を連続的に画像出力してもよい。

0119

このように波形を画像出力する際には、好ましくは、表示装置2006aは、図19の画像を図18の画像内にウインドウ表示しつつ或いは両画像を並べて表示しつつ、適所マークのうち現在波形が画像表示されている聴診音信号Saに対応するものをハイライト表示する。或いは現在波形が画像表示されている聴診音信号Saに対応する適所識別データを所定欄に表示する。このように構成すれば、現在波形が画像表示されている聴診音信号Saがどの適所のものであるかを視覚的に確実に且つ容易に把握できる。従って、医師等は、表示装置2006aにおいて患者疑似映像701上に重ねて又は患者疑似映像701の脇に、若しくは画面を切り替えて、図19に示した如き聴診音信号Saの波形を見れる。これにより、医師等は、聴診音信号Saの再生に際し、ヘッドホーン2004により音声出力される聴診音を聞きながら、該聞こえる音声に係る適所及び聴診音の波形については表示装置2006aにより画像表示されるものを見ながら聴診を行える。

0120

尚、図18及び図19に示した例では、呼吸音を再生する場合について説明したが、心音を再生する場合も患者擬似映像及び各適所マークの位置を変更するだけで、ほぼ同様に行える。

0121

本発明は、上述した各実施形態に限られるものではなく、請求の範囲及び明細書全体から読み取れる発明の要旨或いは思想に反しない範囲で適宜変更可能であり、そのような変更を伴なう聴診システムもまた本発明の技術的範囲に含まれるものである。

発明の効果

0122

以上詳細に説明したように本発明によれば、聴診音信号を比較的簡単且つ安価に送信することが可能となる。従って、訪問医療、在宅看護や在宅介護などの病院等の医療施設外での看護や介護において、聴診音を安価にして正確且つ確実に伝送することが容易となり、特に医療の質を落とすことなく人件費を効率的に抑制できる。これらの結果、本発明によれば、無駄な医療費の増加抑制及び人命尊重を同時に図ることが可能な画期的な聴診システムを実現できる。

図面の簡単な説明

0123

図1本発明の実施形態に係る聴診システムの全体構成を示すブロック図である。
図2本発明の実施形態の聴診システムに備えられる第1ユニット(送信)側のコンピュータの構成を示すブロック図である。
図3本発明の実施形態の聴診システムに備えられる第2ユニット(受信)側のコンピュータの構成を示すブロック図である。
図4図1の一の変形形態を示すブロック図である。
図5図1の他の変形形態を示すブロック図である。
図6本発明の実施形態の聴診システムに備えられる電気聴診器の一具体例を示す全体斜視図である。
図7図6の具体例の主に電気的構成を示すブロック図である。
図8本発明の実施形態の聴診システムに備えられる電気聴診器の他の具体例におけるステート部付近における斜視図である。
図9本発明の実施形態の聴診システムに備えられる電気聴診器の他の具体例におけるステート部付近における斜視図である。
図10本発明の実施形態の聴診システムに備えられる電気聴診器の他の具体例におけるステート部付近における斜視図である。
図11図10の具体例の電気的構成の一例を示すブロック図である。
図12図10の具体例の電気的構成の他の例を示すブロック図である。
図13本発明の実施形態の聴診システムに備えられる電気聴診器の他の具体例における主に電気的構成を示すブロック図である。
図14本発明の実施形態の聴診システムに備えられる電気聴診器の他の具体例を示す全体斜視図である。
図15本実施形態で、呼吸音用の順次採取モードにおける表示画面を示す平面図である。
図16本実施形態で、呼吸音用の任意採取モードにおける表示画面を示す平面図である。
図17本実施形態で、心音用の任意採取モードにおける表示画面を示す平面図である。
図18本実施形態で、呼吸音用の通常再生モードにおける表示画面を示す平面図である。
図19本実施形態で、波形表示モードにおける表示画面を示す平面図である。

--

0124

10、20、30、40、50、60…電気聴診器
11、21、31、41、51、61…ステート部
12…検出面
13…検出面
14、24、34、34a、44…スイッチ
16、16’…マイクロホン
120…ケーブル
100、400、500、600…信号処理装置
108…イヤホン
1001…第1ユニット
1006…コンピュータ
1006a…表示装置
1006b…記録媒体
1006c…読取装置
1006d…A/Dコンバータ
1006e…圧縮処理部
1006f…ヘッダ付加部
1006g…送信制御部
1006h…制御部
1006m…記憶部
1007…モデム
2001…第2ユニット
2004…ヘッドホーン
2006…再生用のコンピュータ
2006a…表示装置
2006b…記録媒体
2006c…読取装置
2006d…受信制御部
2006e…伸張処理部
2006f…ヘッダ解析部
2006g…D/Aコンバータ
2006h…制御部
2006i…画像出力処理部
2006m…記憶部
2007…モデム

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 積水ハウス株式会社の「 安否確認システム」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】居住者の異常を的確に判定し、異常が生じた場合に、より安全に、より確実に、かつ速やかに対応する。【解決手段】住居(10)に設置され、居住者(15)少なくとも心拍数および呼吸数を非接触で検知する第... 詳細

  • ダイキン工業株式会社の「 環境制御システム」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】 対象者の環境を制御する環境制御システムを提供する。【解決手段】 対象者の環境を制御するアクチュエータと、前記アクチュエータの運転を制御する制御部と、を有する環境制御システムであって、対象... 詳細

  • ソニー株式会社の「 情報処理装置および電子機器」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題・解決手段】本技術は、どのユーザに対して応答するべきかを正しく判断することができるようにする情報処理装置および電子機器に関する。発話者特定部は、ユーザが存在する環境の画像と音声に基づいて、所定の... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ