図面 (/)

技術 多国語対応機能付き携帯型電話機

出願人 株式会社エヌ・イー・エフ
発明者 栗田文子
出願日 2000年5月15日 (20年9ヶ月経過) 出願番号 2000-142089
公開日 2001年11月22日 (19年2ヶ月経過) 公開番号 2001-326713
状態 未査定
技術分野 キーボード等からの入力 電話機の構造
主要キーワード UP方向 ナンバーキー ピクトグラム 指定言語 言語切替 キー構成 国際化 機能スイッチ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年11月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

取り外し可能なはめ込み式パネルを使用することなく、携帯型電話機LCD表示部及びキー操作部を多国語に対応した表示に変更することを可能にする。

解決手段

キー検出部5で検出されたキーが切替キーであった場合に、制御部7は選択された言語の識別コードを記憶部6に記憶し、表示内容切替部10は記憶部6に記憶された識別コードから表示言語を選択してLCD表示部1へ表示する。それとともに操作部切替部11は記憶部6に記憶された識別コードから表示言語を選択してキー操作部4の表示言語を切り替える。

概要

背景

従来、この種の携帯型電話機では機能の高度化に伴い、操作が複雑化してきている。その操作の複雑さを緩和するために、操作内容ガイダンスピクトグラムの表示をLCD表示部で行っている。

通常このような携帯型電話機では、LCD表示部の表示とキー操作部のキー表示に従い、キー操作部のナンバーキーを押下して電話をかけたり、アルファベットキーを押下して電話番号登録などの動作を行うようになっている。

一方、国際化の進む現在、各種電子機器において、多国語に対応した操作部の実現が要求されている。例えば、特開平04−229914号公報には、複数の国で使用できるようにするために、取外し可能なはめ込み式のパネルを提供する技術が示されている。これは、各国別、または使用態様別のパネルを作り、これを交換使用するもので、電子機器体内電気回路との位置的整合も簡単である。

また特開平10−162076号公報には、多国語対応の操作内容表示を行う技術として、外国人の言語に合わせてガイダンスを行うことが出来る指示機能付き電子機器が示されている。

更に特公平06−087386号公報には、シートを用いた操作面の切替機構の技術として、スイッチの切替により操作スイッチの機能名の表示変更と合わせて操作機能の変更も行うようにした操作面切替機構が示されている。

概要

取り外し可能なはめ込み式パネルを使用することなく、携帯型電話機のLCD表示部及びキー操作部を多国語に対応した表示に変更することを可能にする。

キー検出部5で検出されたキーが切替キーであった場合に、制御部7は選択された言語の識別コードを記憶部6に記憶し、表示内容切替部10は記憶部6に記憶された識別コードから表示言語を選択してLCD表示部1へ表示する。それとともに操作部切替部11は記憶部6に記憶された識別コードから表示言語を選択してキー操作部4の表示言語を切り替える。

目的

本発明は上述した従来技術の欠点を解決するためになされたものであり、その目的は、操作性を向上した多国語対応機能付き携帯型電話機を提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

電子的に文字情報を表示する表示部と、多国語記述した機能名が表示された表示シートと、前記表示シートに記述された多国語の機能名を選択的に表面から見えるように表示する複数のキーを有するキー操作部と、前記表示部および前記キー操作部の表示言語を指定する切替要求部と、前記切替要求部で指定された言語を特定する識別情報一時記憶する記憶部と、前記表示部の文字情報を前記識別情報に従って指定言語切り替え表示内容切替部と、前記前記識別情報に従って指定言語を表示するよう前記表示シートを移動する操作部切替部とを備え、前記表示内容切替部と前記操作部切替部が連動することを特徴とする多国語対応機能付き携帯型電話機

請求項2

前記表示内容切替部は、多国語で表現した前記文字情報を記憶する文字情報蓄積部と、指定言語の文字情報を前記文字情報蓄積部から読み出すデータロード部と、前記データロード部によって読み出された文字情報を一時的に記憶する一時蓄積部とを備え、前記一時蓄積部から当該文字情報を前記表示部に表示することを特徴とする請求項1記載の多国語対応機能付き携帯型電話機。

請求項3

前記操作部切替部は、機械的動力を発生する動力部と、前記動力部の動力を前記表示シートに伝達する動力伝達部とを備えることを特徴とする請求項1又は請求項2記載の多国語対応機能付き携帯型電話機。

技術分野

0001

本発明は、携帯型電話機に関し、特にキー操作部及びLCD表示部の多国語表示機能を有する携帯型電話機に関する。

背景技術

0002

従来、この種の携帯型電話機では機能の高度化に伴い、操作が複雑化してきている。その操作の複雑さを緩和するために、操作内容ガイダンスピクトグラムの表示をLCD表示部で行っている。

0003

通常このような携帯型電話機では、LCD表示部の表示とキー操作部のキー表示に従い、キー操作部のナンバーキーを押下して電話をかけたり、アルファベットキーを押下して電話番号登録などの動作を行うようになっている。

0004

一方、国際化の進む現在、各種電子機器において、多国語に対応した操作部の実現が要求されている。例えば、特開平04−229914号公報には、複数の国で使用できるようにするために、取外し可能なはめ込み式のパネルを提供する技術が示されている。これは、各国別、または使用態様別のパネルを作り、これを交換使用するもので、電子機器体内電気回路との位置的整合も簡単である。

0005

また特開平10−162076号公報には、多国語対応の操作内容表示を行う技術として、外国人の言語に合わせてガイダンスを行うことが出来る指示機能付き電子機器が示されている。

0006

更に特公平06−087386号公報には、シートを用いた操作面の切替機構の技術として、スイッチの切替により操作スイッチの機能名の表示変更と合わせて操作機能の変更も行うようにした操作面切替機構が示されている。

発明が解決しようとする課題

0007

しかし特開平04−229914号公報に記載されたはめ込み式パネルでは、多国語用のはめ込み式パネルで言語表示を変更しようとした場合、容易に変更することができないという問題がある。

0008

その理由は、はめ込み式のパネルを使用すると、変更しようとしたパネルが手元になければ変更する事ができないからである。また、パネルを無くさないように注意しなければならないという煩わしさもある。

0009

また特開平10−162076号公報に記載された指示機能付き電子機器では、利用者が指示した言語で表示されたガイダンスに従ってキーを操作する場合に、利用者が正確に操作できないという問題がある。

0010

その理由は、キー部分の表示が変更されないため、キー表示と画面上の操作ガイダンスが異なってしまうからである。

0011

また特公平06−087386号公報に記載された操作面切替機構では、操作面の表示のみを切り替えることができないという問題がある。

0012

その理由は、1つのスイッチを複数の機能スイッチとして使用しているため、操作面の切替を行う時に押下されるスイッチ自体の機能も変更されてしまうからである。

0013

本発明は上述した従来技術の欠点を解決するためになされたものであり、その目的は、操作性を向上した多国語対応機能付き携帯型電話機を提供することである。

課題を解決するための手段

0014

請求項1の多国語対応機能付き携帯型電話機は、電子的に文字情報を表示する表示部と、多国語で記述した機能名が表示された表示シートと、前記表示シートに記述された多国語の機能名を選択的に表面から見えるように表示する複数のキーを有するキー操作部と、前記表示部および前記キー操作部の表示言語を指定する切替要求部と、前記切替要求部で指定された言語を特定する識別情報一時記憶する記憶部と、前記表示部の文字情報を前記識別情報に従って指定言語に切り替える表示内容切替部と、前記前記識別情報に従って指定言語を表示するよう前記表示シートを移動する操作部切替部とを備え、前記表示内容切替部と前記操作部切替部が連動することを特徴とする。

0015

請求項2の多国語対応機能付き携帯型電話機は請求項1記載の発明において、前記表示内容切替部は、多国語で表現した前記文字情報を記憶する文字情報蓄積部と、指定言語の文字情報を前記文字情報蓄積部から読み出すデータロード部と、前記データロード部によって読み出された文字情報を一時的に記憶する一時蓄積部とを備え、前記一時蓄積部から当該文字情報を前記表示部に表示することを特徴とする。

0016

請求項3の多国語対応機能付き携帯型電話機は請求項1または請求項2記載の発明において、前記操作部切替部は、機械的動力を発生する動力部と、前記動力部の動力を前記表示シートに伝達する動力伝達部とを備えることを特徴とする。

発明を実施するための最良の形態

0017

次に本発明の第1の実施の形態について図面を参照して詳細に説明する。図1は、本発明の第1の実施の形態における多国語対応機能付き携帯型電話機の構成を示すブロック図である。

0018

図1を参照すると、本発明の第1の実施の形態は、操作内容のガイダンス等を表示するLCD表示部1と、切替キー及び決定キーの操作で表示言語の切替要求および指定を行う切替要求部2と、LCD表示部1とキー操作部4の表示言語切替処理を行うデータ処理部3と、全体を制御する制御部7と、電話番号等の入力操作を行うキー操作部4と、キー操作部4で操作されたキーの検出を行うキー検出部5と、現状の表示言語を特定する識別コードと指定言語を識別する識別コードを記憶しておく記憶部6とを備えている。

0019

データ処理部3は、LCD表示部1の表示言語切替処理を行う表示内容切替部10と、キー操作部4の表示言語切替処理を行う操作部切替部11とを備えている。

0020

図2は表示内容切替部10の構成を示すブロック図である。表示内容切替部10は、文字情報蓄積部21と、データロード部22と、一時蓄積部23とを備えている。文字情報蓄積部21はLCD表示部1に表示する操作ガイダンス等の文字情報を格納するメモリで、複数の国の言語で表現された文字情報が格納されている。図3は文字情報蓄積部21における文字情報の格納状態の一例を示す説明図である。図3に示すように、各種の文字情報は国別に格納されており、国別文字情報の格納先は識別コードから特定することができる。データロード部22は、選択された国の言語を文字情報蓄積部21から一時蓄積部23へダウンロードする。一時蓄積部23は、ダウンロードされた文字情報をLCD表示部1へ表示するために一時的に蓄積する。

0021

図4図1のキー操作部4のキー構成を示す部分断面側面図である。図4を参照するとキー操作部4は、キートップ30と、表示シート31と、スイッチ(SW)32とを備える。キートップ30は、操作者電話番号入力等の際に押下する釦である。表示シート31はキートップ30の下に設けられ、各キートップ30のスイッチ機能文字表示されている。また、この表示シート上の文字表示は、複数の国の言語で記載されており、選択的にキートップ30の表面に表示される。スイッチ(SW)32は、各キートップ30に対応して表示シート31の下部に配置されており、キートップ30が押下されたことをキー検出部5に伝える。

0022

図5は表示シート31の一例を示す説明図で、各キートップ30のスイッチ機能が、対応する位置に日本語英語の2カ国語で表示されている。

0023

図6はキー操作部4の構成を示す斜視図である。表示シート31は、後述する操作部切替部11の制御によって、図5に示すように上下方向にスライドすることができる。

0024

図7は、操作部切替部11の構成を示す説明図である。図7を参照すると操作部切替部11は、モータ40とギヤ41とラック42とを備えている。モータ40は、表示シート31を移動させる動力源で、一定角度で正方向または逆方向に回転可能な回転子を有している。ギヤ41はモータ40の回転子に付設され、モータ40の動力を表示シート3に伝える。ラック42は表示シート31の長手方向一端に設けられ、ラック42がギヤ41と係合して連動することによって表示シート31を上下方向に移動し、キー操作部4の表示言語を切り替える。また表示シート31に設けられたラック42は、ギヤ41の1周分でちょうど次の言語の文字がキートップ30の位置にくるように表示されるように設定されている。

0025

次に、図を参照して第1の実施の形態の動作について詳細に説明する。

0026

図8は第1の実施の形態におけるLCD表示部1及びキー操作部4の文字表示の一例を示す外観図である。本発明の第1の実施の形態では、図8に示すように現状として日本語が表示されているものとする。

0027

操作者は表示言語を日本語から英語に切り替えるために切替要求部2に設けられた切替キーを押下する。切替キーが押下されたことをキー検出部5で検出すると制御部7は、現在表示されている言語が日本語であることをLCD表示部1に表示する。その後、操作者が切替キーを押下する度に表示可能な言語が順々に表示され、希望言語の英語が表示された時点で操作者は切替要求部2に設けられた決定キーを押下する。決定キーが押下されると記憶部6は英語に対応した識別コードを記憶する。そして制御部7は記憶部6に記憶された英語の識別コードに基づいて文字情報蓄積部21内の英語の文字情報の格納位置を特定する。英語の文字情報の格納位置が特定されるとデータロード部22は英語の文字情報を文字情報蓄積部21から読出し、一時蓄積部23へダウンロードする。

0028

そして制御部7は、キー操作部4のキー入力毎に表示するメッセージ内容を判断し、操作ガイダンスにあった英語のメッセージを一時蓄積部23から検索してLCD表示部1に表示する。

0029

また、制御部7は表示内容切替部10に対してLCD表示部1の表示言語切替を指示する一方で、操作部切替部11に対してキー操作部4の表示言語の変更を指示する。制御部7は記憶部6に記憶された識別コードから現状の表示言語と選択された表示言語の相対的位置関係を認識してギヤ41の回転方向と回転量を決定する。本実施形態における表示シート31は日本語と英語の2カ国語に対応しており、図5に示すような位置関係で各言語が表示されているので、表示シート31をUP方向へギヤ1回転分移動することで表示言語を日本語から英語に切り替えることができる。制御部7は記憶部6に記憶された日本語の識別コードと英語の識別コードからこれらの移動量を算出してモータ40を制御する。モータ40はギヤ41を回転して表示シート31をUP方向に1回転分移動させ、キー操作部4の表示言語を英語に切り替える。図9は第1の実施形態における表示文字切替後の多国語対応機能付き携帯型電話機を示す外観図である。

0030

本発明はこれら一連の動作によって、LCD表示部の表示言語切替と連動したキー操作部の表示言語切替を提供することが出来る。

0031

なお本実施形態では表示シートの表示を日本語と英語の2カ国語対応としているが、所定の配置に他の言語を追加してモータを制御することによって、2カ国語以上の言語に対応させることも可能である。

0032

次に、本発明の第2の実施の形態について図面を参照して詳細に説明する。

0033

図10は本発明の第2の実施の形態の構成を示す説明図である。第1の実施の形態では表示シート31の移動手段としてモータ40、ギヤ41及びラック42を使用していたが、第2の実施の形態では、図10に示すように、2段階、及び3段階以上に前後できるアクチュエータ50を用いている。アクチュエータ50が1段階スライドすると次の言語がキートップ30の下に、スイッチ32の上に表示されるようにする。これにより、第1の実施の形態と同様にLCD表示部と連動したキー操作部の言語切替を提供することができる。

0034

次に、本発明の第3の実施の形態について図面を参照して詳細に説明する。

0035

第1、第2の実施の形態がキー操作部4にキートップ30、表示シート31、及びスイッチ32を使用しているのに対し、第3の実施の形態ではキー操作部4にタッチパネルを使用する。タッチパネルの表示言語切替は、第1、第2の実施の形態におけるLCD表示切替と同じ方法で実現することができる。

発明の効果

0036

以上述べたように本発明は、表示部の言語切替に連動してキー操作部の言語を切り替えることにより、表示部とキー操作部の表示言語を同一にすることができ、言葉ギャップ感じることなく、携帯型電話機の機能を十分に使いこなせるようになる。

図面の簡単な説明

0037

図1本発明の第1の実施の形態の構成を示すブロック図である。
図2表示内容切替部10の構成を示すブロック図である。
図3一時蓄積部23の構成を示す説明図である。
図4キー操作部4の構成を示す部分側面断面図である。
図5多国語に対応した表示シートの一例を示す説明図である。
図6表示シート31の移動方向を説明する斜視図である。
図7操作部切替部11の構成を示す説明図である。
図8本発明の多国語表示機能付き携帯型電話機における日本語による表示例を示す外観図である。
図9本発明の多国語表示機能付き携帯型電話機における英語による表示例を示す外観図である。
図10本発明の第2の実施の形態における操作部切替部の構成を示す説明図である。

--

0038

1LCD表示部
2切替要求部
3データ処理部
4キー操作部
5キー検出部
6 記憶部
7 制御部
10表示内容切替部
11 操作部切替部
21文字情報蓄積部
22データロード部
23一時蓄積部
30キートップ
31表示シート
32 スイッチ(SW)
40モータ
41ギヤ
42 ラック
50 アクチュエータ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • パナソニックIPマネジメント株式会社の「 入力装置」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】開口部を有する回転部と、第1領域内において光を透過する押圧部材と、第1電極体を有する回転電極部と、第2電極体を有し、前記回転電極部の回転によって、前記第2電極体が前記第1電極体と接離... 詳細

  • ハーモニックリンク合同会社の「 意思伝達装置及び意思伝達方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】本発明は、複数の被伝達情報を有する文字盤の画像から、文字盤の被伝達情報に対応する被伝達情報の領域を設定する被伝達情報領域設定手段と、文字盤における位置情報を入力する入力手段と、位置情... 詳細

  • JSR株式会社の「 カバー部材および認証機能付き電子デバイス」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】カバー部材は、透光性の構造体と、透光性の構造体の一方の面に配置され少なくとも一つの開口部を有する第1マスキング層と、開口部に配置された第2マスキング層と、を含む。第1マスキング層は、... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ