図面 (/)

技術 光学装置の駆動指令操作装置、光学装置、光学装置駆動ユニット、光学調節システムおよびカメラシステム

出願人 キヤノン株式会社
発明者 吉川一勝夏目賢史
出願日 2000年4月5日 (19年10ヶ月経過) 出願番号 2000-103486
公開日 2001年10月19日 (18年3ヶ月経過) 公開番号 2001-290071
状態 特許登録済
技術分野 カメラの露出制御 レンズ鏡筒 カメラ本体及び細部(構成部品等) スタジオ装置 スタジオ装置
主要キーワード 作動端子 信号出力器 イメージ像 カメラ選択信号 操作指令信号 入力指令 アイリスモード 調節システム
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年10月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

従来のカメラシステムでは、撮影者自身アイリス制御を行うことが難しい。

解決手段

焦点調節手段1、変倍調節手段5および光量調節手段9を備えた光学装置に接続され、焦点調節手段又は変倍調節手段の駆動を指令するための指令信号を操作に応じて出力する光学装置の駆動指令操作装置300に、操作に応じて光量調節手段の駆動を指令するための光量調節指令信号を出力する光量調節操作手段26,27を設ける。

概要

背景

図5には、テレビカメラおよびテレビレンズを操作する際のイメージ像を占めている。一般にテレビカメラ200の先端にテレビレンズ100を装着し、それら全体を三脚架台500に固定して使用する。この三脚架台500からは、2本のパン棒501a、501bが後方に延びており、一方のパン棒501aにテレビレンズ100のズームレンズ光学系を操作するためのズームデマンド300が取り付けられている。また、他方のパン棒501bにはフォーカスレンズ光学系を操作するためのフォーカスデマンド400が取り付けられている。これらズームおよびフォーカスの操作は、撮影者Nの手指等による入力に対し、直接テレビレンズ100に信号を伝達することによって行われる。

一方、アイリス光量調節手段)の制御は、テレビカメラ200からの指令信号に基づいて行われる。アイリスの制御には、テレビカメラ200がテレビレンズ100を通して入射される光量に応じて、テレビレンズ100のアイリスを自動制御するオートアイリスモードと、テレビカメラ200やテレビレンズ100を撮影者以外の人が遠隔操作する際にテレビカメラ200に接続されたテレビカメラコントロールユニットを操作し、アイリスを制御するリモートアイリスモードという2つのモードがある。

概要

従来のカメラシステムでは、撮影者自身アイリス制御を行うことが難しい。

焦点調節手段1、変倍調節手段5および光量調節手段9を備えた光学装置に接続され、焦点調節手段又は変倍調節手段の駆動を指令するための指令信号を操作に応じて出力する光学装置の駆動指令操作装置300に、操作に応じて光量調節手段の駆動を指令するための光量調節指令信号を出力する光量調節操作手段26,27を設ける。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

焦点調節手段、変倍調節手段および光量調節手段を備えた光学装置又は前記各調節手段を備えた光学装置本体に装着されてこれら各調節手段を駆動する光学装置駆動ユニットに接続され、前記焦点調節手段又は前記変倍調節手段の駆動を指令するための指令信号を操作に応じて出力する光学装置の駆動指令操作装置において、操作に応じて前記光量調節手段の駆動を指令するための光量調節指令信号を出力する光量調節操作手段を有することを特徴とする光学装置の駆動指令操作装置。

請求項2

前記光学装置又は前記光学装置本体が装着されたカメラ装置から前記光量調節手段の駆動を指令するための光量調節指令信号が入力されるカメラ指令入力ラインを有しており、前記カメラ指令入力ラインに入力された光量調節指令信号を前記光学装置又は前記駆動ユニットに出力するためのラインと、前記光量調節操作手段から出力された光量調節指令信号を前記光学装置又は前記駆動ユニットに出力するためのラインとを兼ねる光量調節指令出力ラインを有することを特徴とする請求項1に記載の光学装置の駆動指令操作装置。

請求項3

前記光量調節指令出力ラインに対し、前記カメラ指令入力ラインと前記光量調節操作手段とを選択的に接続する入力指令換回路を有することを特徴とする請求項2に記載の光学装置の駆動指令操作装置。

請求項4

記入力指令切換回路は、前記カメラ装置から出力される、カメラ装置側から前記光量調節手段の駆動を行うことを示す信号がオンのときに前記光量調節指令出力ラインに対して前記カメラ指令入力ラインを接続し、カメラ装置側から前記光量調節手段の駆動を行うことを示す信号がオフのときに、操作に応じて前記光量調節指令出力ラインに対して前記カメラ指令入力ラインを接続するか前記光量調節操作手段を接続するかを切換えることを特徴とする請求項3に記載の光学装置の駆動指令操作装置。

請求項5

前記入力指令切換回路は、前記カメラ指令入力ラインが接続された第1の入力端子と、第2の入力端子と、これら第1および第2の入力端子に対して接続切換えが可能で前記光量調節指令出力ラインに接続された出力端子とを有する第1の入力指令切換手段と、前記カメラ指令入力ラインが接続された第1の入力端子と、前記光量調節操作手段が接続された第2の入力端子と、これら第1および第2の入力端子に対して接続切換えが可能で前記第1の入力指令切換手段の第2の入力端子に接続された出力端子とを有する第2の入力指令切換手段とを有して構成されており、前記第1の入力指令切換手段は、前記カメラ装置から出力される、カメラ装置側から前記光量調節手段の駆動を行うことを示す信号のオン・オフに応じて接続切換えがなされ、前記第2の入力指令切換手段は、使用者マニュアル操作に応じて接続切換えがなされることを特徴とする請求項4に記載の光学装置の駆動指令操作装置。

請求項6

前記光量調節出力ラインを介して出力した光量調節指令信号が前記光量調節手段に入力されるよう前記光学装置又は前記駆動ユニット内の入力回路構成を切り換えるための信号を、前記光学装置又は前記駆動ユニットに対して出力する信号出力手段を有することを特徴とする請求項1に記載の光学装置の駆動指令操作装置。

請求項7

焦点調節手段、変倍調節手段および光量調節手段を備え、前記焦点調節手段又は前記変倍調節手段の駆動を指令するための指令信号を操作に応じて出力する駆動指令操作装置が接続可能な光学装置において、前記駆動指令操作装置に設けられた、前記光量調節手段の駆動を指令するために操作される光量調節操作手段から出力される光量調節指令信号に応じた前記光量調節手段の駆動を可能とする光量調節指令入力ラインを有することを特徴とする光学装置。

請求項8

カメラ装置に装着が可能であり、前記光量調節指令入力ラインが、前記カメラ装置から前記駆動指令操作装置を介して前記光量調節手段の駆動を指令するための光量調節指令信号が入力されるラインと、前記光量調節操作手段から出力された光量調節指令信号が入力されるラインとを兼ねていることを特徴とする請求項7に記載の光学装置。

請求項9

カメラ装置に装着が可能であり、前記カメラ装置から前記光量調節手段の駆動を指令するための光量調節指令信号が入力されるカメラ指令入力ラインと前記光量調節操作手段からの光量調節指令信号が入力される光量調節指令入力ラインとを有し、前記光量調節手段に対し、前記カメラ指令入力ラインと前記光量調節指令入力ラインとを選択的に接続する入力指令切換回路を有することを特徴とする請求項7に記載の光学装置。

請求項10

前記入力指令切換回路は、前記カメラ装置から出力される、カメラ装置側から前記光量調節手段の駆動を行うことを示す信号がオンのときに前記光量調節手段に対して前記カメラ指令入力ラインを接続し、カメラ装置側から前記光量調節手段の駆動を行うことを示す信号がオフのときに、前記駆動指令操作装置における使用者のマニュアル操作に応じて入力される信号のオン・オフに応じて前記光量調節手段に対して前記カメラ指令入力ラインを接続するか前記光量調節指令入力ラインを接続するかを切換えることを特徴とする請求項9に記載の光学装置。

請求項11

前記入力指令切換回路は、前記カメラ指令入力ラインが接続された第1の入力端子と、第2の入力端子と、これら第1および第2の入力端子に対して接続切換えが可能で前記光量調節手段に接続された出力端子とを有する第1の入力指令切換手段と、前記カメラ指令入力ラインが接続される第1の入力端子と、前記光量調節指令入力ラインが接続される第2の入力端子と、これら第1および第2の入力端子に対して接続切換えが可能で前記第1の入力指令切換手段の第2の入力端子に接続された出力端子とを有する第2の入力指令切換手段とを有して構成されており、前記第1の入力指令切換手段は、前記カメラ装置から出力される、カメラ装置側から前記光量調節手段の駆動を行うことを示す信号のオン・オフに応じて接続切換えがなされ、前記第2の入力指令切換手段は、前記駆動指令操作装置における使用者のマニュアル操作に応じて入力される信号のオン・オフに応じて接続切換えがなされることを特徴とする請求項10に記載の光学装置。

請求項12

前記光量調節指令入力ラインを、前記光量調節手段と前記焦点調節手段又は前記変倍調節手段とに選択的に接続する接続切換手段を有しており、前記光量調節操作手段を有する駆動指令操作装置が接続されたときに、この駆動指令操作装置から入力される、光学装置内の入力回路構成を切り換えるための信号に応じて前記接続切換手段を前記光量調節手段側に切り換え、この駆動指令操作装置からの光量調節指令信号を前記光量調節指令入力ラインを介して前記光量調節手段に入力させ、光量調節操作手段を有さない駆動指令操作装置が接続されたときに、この駆動指令操作装置から光学装置内の入力回路構成を切り換えるための信号が入力されないことに応じて、前記接続切換手段を前記焦点調節手段又は前記変倍調節手段側に切り換え、この駆動指令操作装置から前記光量調節指令入力ラインを介して前記焦点調節手段又は前記変倍調節手段の駆動を指令する指令信号を入力させることを特徴とする請求項7に記載の光学装置。

請求項13

請求項1から6のいずれかに記載の駆動指令操作装置と、請求項7に記載の光学装置とを有して構成されることを特徴とする光学調節システム

請求項14

請求項1から6のいずれかに記載の駆動指令操作装置と、請求項8に記載の光学装置とを有して構成されることを特徴とする光学調節システム。

請求項15

請求項1又は6に記載の駆動指令操作装置と、請求項9から12のいずれかに記載の光学装置とを有して構成されることを特徴とする光学調節システム。

請求項16

焦点調節手段、変倍調節手段および光量調節手段を備えた光学装置本体に装着されて前記各調節手段を駆動する駆動ユニットであって、前記焦点調節手段又は前記変倍調節手段の駆動を指令するための指令信号を操作に応じて出力する駆動指令操作装置が接続可能な光学装置駆動ユニットにおいて、前記駆動指令操作装置に設けられた、前記光量調節手段の駆動を指令するために操作される光量調節操作手段から出力される光量調節指令信号に応じた前記光量調節手段の駆動を可能する光量調節指令入力ラインを有することを特徴とする光学装置駆動ユニット。

請求項17

前記光量調節指令入力ラインが、前記光学装置本体が装着されたカメラ装置から前記駆動指令操作装置を介して前記光量調節手段の駆動を指令するための光量調節指令信号が入力されるラインと、前記光量調節操作手段から出力された光量調節指令信号が入力されるラインとを兼ねていることを特徴とする請求項16に記載の光学装置駆動ユニット。

請求項18

前記光量調節手段に対し、前記光学装置本体に装着されたカメラ装置から前記光量調節手段の駆動を指令するための光量調節指令信号が入力されるカメラ指令入力ラインと、前記光量調節操作手段からの光量調節指令信号が入力される光量調節指令入力ラインとを有し、前記光量調節手段に対し、前記カメラ指令入力ラインと前記光量調節指令入力ラインとを選択的に接続する入力指令切換回路を有することを特徴とする請求項16に記載の光学装置駆動ユニット。

請求項19

前記入力指令切換回路は、前記カメラ装置から出力される、カメラ装置側から前記光量調節手段の駆動を行うことを示す信号がオンのときに前記光量調節手段に対して前記カメラ指令入力ラインを接続し、カメラ装置側から前記光量調節手段の駆動を行うことを示す信号がオフのときに、前記駆動指令操作装置における使用者のマニュアル操作に応じて入力される信号のオン・オフに応じて前記光量調節手段に対して前記カメラ指令入力ラインを接続するか前記光量調節指令入力ラインを接続するかを切換えることを特徴とする請求項18に記載の光学装置駆動ユニット。

請求項20

前記入力指令切換回路は、前記カメラ指令入力ラインが接続された第1の入力端子と、第2の入力端子と、これら第1および第2の入力端子に対して接続切換えが可能で前記光量調節手段に接続された出力端子とを有する第1の入力指令切換手段と、前記カメラ指令入力ラインが接続された第1の入力端子と、前記光量調節指令入力ラインが接続された第2の入力端子と、これら第1および第2の入力端子に対して接続切換えが可能で前記第1の入力指令切換手段の第2の入力端子に接続された出力端子とを有する第2の入力指令切換手段とを有して構成されており、前記第1の入力指令切換手段は、前記カメラ装置から出力される、カメラ装置側から前記光量調節手段の駆動を行うことを示す信号のオン・オフに応じて接続切換えがなされ、前記第2の入力指令切換手段は、前記駆動指令操作装置における使用者のマニュアル操作に応じて入力される信号のオン・オフに応じて接続切換えがなされることを特徴とする請求項19に記載の光学装置駆動ユニット。

請求項21

前記光量調節指令入力ラインを、前記光量調節手段と前記焦点調節手段又は前記変倍調節手段とに選択的に接続する接続切換手段を有しており、前記光量調節操作手段を有する駆動指令操作装置が接続されたときに、この駆動指令操作装置から入力される、駆動ユニット内の入力回路構成を切り換えるための信号に応じて前記接続切換手段を前記光量調節手段側に切り換え、この駆動指令操作装置からの光量調節指令信号を前記光量調節指令入力ラインを介して前記光量調節手段に入力させ、光量調節操作手段を有さない駆動指令操作装置が接続されたときに、この駆動指令操作装置から駆動ユニット内の入力回路構成を切り換えるための信号が入力されないことに応じて、前記接続切換手段を前記焦点調節手段又は前記変倍調節手段側に切り換え、この駆動指令操作装置から前記光量調節指令入力ラインを介して前記焦点調節手段又は前記変倍調節手段の駆動を指令する指令信号を入力させることを特徴とする請求項16に記載の光学装置駆動ユニット。

請求項22

請求項1から6のいずれかに記載の駆動指令操作装置と、請求項16に記載の光学装置駆動ユニットと、この光学装置駆動ユニットが装着される光学装置本体とを有して構成されることを特徴とする光学調節システム。

請求項23

請求項1から6のいずれかに記載の駆動指令操作装置と、請求項17に記載の光学装置駆動ユニットと、この光学装置駆動ユニットが装着される光学装置本体とを有して構成されることを特徴とする光学調節システム。

請求項24

請求項1又は6のいずれかに記載の駆動指令操作装置と、請求項18から21のいずれかに記載の光学装置とを有して構成されることを特徴とする光学調節システム。

請求項25

請求項13から15のいずれかに記載の光学調節システムと、前記光学装置が装着されるカメラとを有して構成されることを特徴とするカメラシステム

請求項26

請求項22から24のいずれかに記載の光学調節システムと、前記光学装置が装着されるカメラとを有して構成されることを特徴とするカメラシステム。

技術分野

0001

本発明は、テレビカメラビデオカメラなどに用いられるレンズ装置等の光学装置およびこれに接続されるデマンド等の駆動指令操作装置に関するものである。

背景技術

0002

図5には、テレビカメラおよびテレビレンズを操作する際のイメージ像を占めている。一般にテレビカメラ200の先端にテレビレンズ100を装着し、それら全体を三脚架台500に固定して使用する。この三脚架台500からは、2本のパン棒501a、501bが後方に延びており、一方のパン棒501aにテレビレンズ100のズームレンズ光学系を操作するためのズームデマンド300が取り付けられている。また、他方のパン棒501bにはフォーカスレンズ光学系を操作するためのフォーカスデマンド400が取り付けられている。これらズームおよびフォーカスの操作は、撮影者Nの手指等による入力に対し、直接テレビレンズ100に信号を伝達することによって行われる。

0003

一方、アイリス光量調節手段)の制御は、テレビカメラ200からの指令信号に基づいて行われる。アイリスの制御には、テレビカメラ200がテレビレンズ100を通して入射される光量に応じて、テレビレンズ100のアイリスを自動制御するオートアイリスモードと、テレビカメラ200やテレビレンズ100を撮影者以外の人が遠隔操作する際にテレビカメラ200に接続されたテレビカメラコントロールユニットを操作し、アイリスを制御するリモートアイリスモードという2つのモードがある。

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、上記従来例では、オートアイリスモードではテレビカメラが自動で光量調節を行うため、撮影者自身意思アイリス制御に反映されない。またリモートアイリスモードを使用する際にはいちいちテレビカメラコントロールユニットをテレビカメラに接続しなければならないばかりか、テレビカメラコントロールユニットをテレビカメラに接続したとしても、撮影者がズームおよびフォーカスの操作を行いながらアイリスの操作をすることは困難である。このため、いずれのモードを使用しても、撮影者自身が所望のアイリス制御を簡単に行うことができないという欠点を持っている。

課題を解決するための手段

0005

上記の課題を解決するために、本発明では、焦点調節手段、変倍調節手段および光量調節手段を備えた光学装置又は上記各調節手段を備えた光学装置本体に装着されてこれら各調節手段を駆動する光学装置駆動ユニットに接続され、焦点調節手段又は変倍調節手段の駆動を指令するための指令信号を操作に応じて出力する光学装置の駆動指令操作装置において、操作に応じて光量調節手段の駆動を指令するための光量調節指令信号を出力する光量調節操作手段を設けている。

0006

また、焦点調節手段、変倍調節手段および光量調節手段を備え、焦点調節手段又は変倍調節手段の駆動を指令するための指令信号を操作に応じて出力する駆動指令操作装置が接続可能な光学装置、若しくは焦点調節手段、変倍調節手段および光量調節手段を備えた光学装置本体に装着されて各調節手段を駆動する駆動ユニットであって、焦点調節手段又は変倍調節手段の駆動を指令するための指令信号を操作に応じて出力する駆動指令操作装置が接続可能な光学装置駆動ユニットにおいて、上記駆動指令操作装置に設けられた、光量調節手段の駆動を指令するために操作される光量調節操作手段から出力される光量調節指令信号に応じた光量調節手段の駆動を可能とする光量調節指令入力ラインを設けている。

0007

これら駆動指令操作装置と光学装置又は駆動ユニットを用いて光量調節システムを構成することにより、使用者は、デマンド等の駆動指令操作装置において焦点調節操作や変倍調節操作を行いながら、簡単に光量調節操作も自身の意思により行うことが可能となる。

0008

なお、駆動指令操作装置に、カメラ装置から光量調節手段の駆動を指令するための光量調節指令信号が入力されるカメラ指令入力ラインを設ける場合には、このカメラ指令入力ラインに入力された光量調節指令信号を光学装置又は駆動ユニットに出力するためのラインと、光量調節操作手段から出力された光量調節指令信号を光学装置又は駆動ユニットに出力するためのラインとを兼ねる光量調節指令出力ラインを設けるとともに、光学装置又は駆動ユニットにおいて、上記光量調節指令出力ラインにつながってカメラ指令入力ラインに入力された光量調節指令信号を受けるラインと光量調節操作手段から出力された光量調節指令信号を受けるラインとを兼ねる光量調節指令入力ラインを設けて、駆動指令操作装置と光学装置又は駆動ユニットとを接続するコネクタピン数の増加を抑えるようにするのがよい。この場合、駆動指令操作装置に、光量調節指令出力ラインに対してカメラ指令入力ラインと光量調節操作手段とを選択的に接続する入力指令換回路を設けるのがよい。

0009

そして、入力指令切換回路として、カメラ装置から出力される、カメラ装置側から光量調節手段の駆動を行うことを示す信号がオンのときに光量調節指令出力ラインに対してカメラ指令入力ラインを接続し、カメラ装置側から光量調節手段の駆動を行うことを示す信号がオフのときに、操作に応じて光量調節指令出力ラインに対してカメラ指令入力ラインを接続するか光量調節操作手段を接続するかを切換えるものを用いることにより、カメラ装置側から光量調節手段の駆動を行うことを示す信号のオン・オフにかかわらず駆動指令操作装置において使用者がカメラ側から光量調節手段の駆動を行わせるか駆動指令操作装置側から光量調節手段の駆動を行わせるかを選択することが可能となる。

0010

また、光学装置又は駆動ユニットに、カメラ装置から光量調節手段の駆動を指令するための光量調節指令信号が入力されるカメラ指令入力ラインと光量調節操作手段からの光量調節指令信号が入力される光量調節指令入力ラインとを設けるとともに、光量調節手段に対しカメラ指令入力ラインと光量調節指令入力ラインとを選択的に接続する入力指令切換回路を設けて、光量調節操作手段を有する駆動指令操作装置の構成を簡略化してもよい。

0011

この場合、入力指令切換回路として、カメラ装置側から光量調節手段の駆動を行うことを示す信号がオンのときに光量調節手段に対して前記カメラ指令入力ラインを接続し、カメラ装置側から光量調節手段の駆動を行うことを示す信号がオフのときに、駆動指令操作装置における使用者のマニュアル操作に応じて入力される信号のオン・オフに応じて光量調節手段に対してカメラ指令入力ラインを接続するか光量調節指令入力ラインを接続するかを切換えるものを用いれば、カメラ装置側から光量調節手段の駆動を行うことを示す信号のオン・オフにかかわらず駆動指令操作装置において使用者がカメラ側から光量調節手段の駆動を行わせるか駆動指令操作装置側から光量調節手段の駆動を行わせるかを選択することが可能となる。

0012

また、駆動指令操作装置に、光量調節出力ラインを介して出力した光量調節指令信号が光量調節手段に入力されるよう光学装置又は駆動ユニット内の入力回路構成を切り換えるための信号を、光学装置又駆動ユニットに対して出力する信号出力手段を設けてもよい。

0013

そしてこの場合、光学装置又は駆動ユニットに、光量調節指令入力ラインを光量調節手段と焦点調節手段又は変倍調節手段とに選択的に接続する接続切換手段を設け、光量調節操作手段を有する駆動指令操作装置が接続されたときに、この駆動指令操作装置から入力される、駆動ユニット内の入力回路構成を切り換えるための信号に応じて接続切換手段を光量調節手段側に切り換え、この駆動指令操作装置からの光量調節指令信号を光量調節指令入力ラインを介して光量調節手段に入力させるようにし、光量調節操作手段を有さない駆動指令操作装置が接続されたときに、この駆動指令操作装置から駆動ユニット内の入力回路構成を切り換えるための信号が入力されないことに応じて接続切換手段を焦点調節手段又は変倍調節手段側に切り換えてこの駆動指令操作装置から光量調節指令入力ラインを介して焦点調節手段又は変倍調節手段の駆動を指令する指令信号を入力させるようにすることもできる。

0014

これにより、光学装置又は駆動ユニットの光量調節指令入力ラインを、光量調節操作手段を有する駆動指令操作装置からの光量調節指令信号の入力ラインおよび光量調節操作手段を有さない駆動指令操作装置からの焦点調節又は変倍調節のための指令信号の入力ラインとして兼用することが可能となり、駆動指令操作装置との接続に用いるコネクタのピン数を少なくしつつ、光量調節操作手段を有する駆動指令操作装置および光量調節操作手段を有さない駆動指令操作装置を接続することが可能となる。

発明を実施するための最良の形態

0015

(第1実施形態)図1には、本発明の第1実施形態である光学調節システムの構成を示している。この光学調節システムは、テレビレンズ(光学装置)100と、テレビレンズ100に接続されるズームデマンド300およびフォーカスデマンド400とから構成されている。また、テレビレンズ100がテレビカメラ200に装着されることにより、カメラシステムが構成される。

0016

次に、テレビレンズ100、ズームデマンド300およびフォーカスデマンド400の内部の構成について説明する。

0017

テレビレンズ100において、1は焦点調節を行うフォーカスレンズ光学系、2はフォーカスレンズ光学系1を駆動するフォーカスモータ、3はフォーカスレンズ光学系1の位置に応じた位置信号を出力するフォーカス位置検出器、4はフォーカスモータ2を制御するフォーカス制御器である。なお、フォーカスレンズ光学系1,フォーカスモータ2およびフォーカス制御器4により請求の範囲にいう焦点調節手段が構成される。

0018

5は変倍調節を行うズームレンズ光学系、6はズームレンズ光学系5を駆動するズームモータ、7はズームレンズ光学系5の位置に応じた位置信号を出力するズーム位置検出器、8はズームモータ6を制御するズーム制御器である。なお、ズームレンズ光学系5,ズームモータ6およびズーム制御器8により請求の範囲にいう変倍調節手段が構成される。

0019

9は絞り調節を行うアイリス羽根、10はアイリス羽根9を駆動するアイリスモータ、11はアイリス羽根9の位置に応じた位置信号を出力するアイリス位置検出器、12はアイリスモータ10を制御するアイリス制御器である。なお、アイリス羽根9,アイリスモータ10およびアイリス制御器12により請求の範囲にいう光量調節手段が構成される。

0020

13は後述するデマンド接続コネクタ16のbピンから入力されるフォーカス指令信号又はアイリス指令信号をそれぞれフォーカス制御器4又はアイリス制御器12に選択的に供給する指令信号切換スイッチ(接続切換手段)である。なお、指令信号切換スイッチ13の入力端子とデマンド接続コネクタ16のbピンとをつなぐラインが、請求の範囲にいう光量調節指令入力ラインに相当する。

0021

14は後述するデマンド接続コネクタ17のbピンから入力されるフォーカス指令信号又はアイリス指令信号をそれぞれフォーカス制御器4又はアイリス制御器12に選択的に供給する指令信号切換スイッチである。

0022

15はテレビレンズ100とテレビカメラ200とを電気的に接続するテレビカメラ接続コネクタ、16,17はズームデマンド300やフォーカスデマンド400をテレビレンズ100に接続するデマンド接続コネクタ、18,19はズームデマンド300やフォーカスデマンド400とテレビレンズ100とを接続するデマンドケーブル、20,21はテレビレンズ100をズームデマンド300やフォーカスデマンド400に接続するテレビレンズ接続コネクタである。

0023

ズームデマンド300において、22はテレビレンズ100の指令信号切換スイッチ13をB側(アイリス側)に切り換えるための信号(請求の範囲にいう入力回路構成を切り換えるための信号)を出力する、言い換えればデマンド接続コネクタ16のbピンからテレビレンズ100に入力される指令信号がアイリス指令信号であることを示すアイリス認識信号出力器(信号出力手段)である。

0024

23はテレビカメラ200からのテレビカメラアイリス指令信号ICCの入力を受けるテレビレンズ接続コネクタ20のeピンに接続されたA入力端子(第1の入力端子)と、B入力端子(第2の入力端子)と、これらA入力端子およびB入力端子に対して接続切換が可能でテレビレンズ接続コネクタ20のbピンに接続された出力端子とを有するテレビカメラアイリス制御切換スイッチ(第1の入力指令切換手段)である。なお、このテレビカメラアイリス制御切換スイッチ23の出力端子とテレビレンズ接続コネクタ20のbピンとを繋ぐラインが請求の範囲にいう光量調節指令出力ラインに相当する。

0025

このテレビカメラアイリス制御切換スイッチ23は、テレビカメラ200からテレビレンズ接続コネクタ20のaピンを介してアイリス強制換信号(カメラ側からアイリス駆動を行うことを示す信号)ICLのオン信号を受けることによりA入力端子側切り換わり、同オフ信号を受けることによりB入力端子側に切り換わる。

0026

また、28はテレビカメラ200からのテレビカメラアイリス指令信号ICCの入力を受けるテレビレンズ接続コネクタ20のeピンに接続されたA入力端子(第1の入力端子)と、後述するアイリス指令信号発生器27に接続されたB入力端子(第2の入力端子)と、これらA入力端子およびB入力端子に対して接続切換が可能でテレビカメラアイリス制御切換スイッチ23のB入力端子に接続された出力端子とを有するアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ(第2の入力指令切換手段)である。このアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28は撮影者のマニュアル操作によってA入力端子側とB入力端子側とに切り換わる。なお、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ23およびアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28のA入力端子とテレビレンズ接続コネクタ20のeピンとを繋ぐラインが請求の範囲にいうカメラ指令入力ラインに相当する。また、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ23およびアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28により請求の範囲にいう入力指令切換回路が構成される。

0027

24はズームデマンド300のサムリング、25はサムリング24の操作量に比例したズーム指令信号を出力するズーム指令信号発生器である。

0028

26はアイリス操作ノブ、27はアイリス操作ノブ26の操作量に比例したアイリス操作指令信号を出力するアイリス指令信号発生器である。なお、アイリス操作ノブ26およびアイリス指令信号発生器27により請求の範囲にいう光量調節操作手段が構成される。

0029

フォーカスデマンド400において、29はテレビレンズ100の指令信号切換スイッチ14をA側(フォーカス側)に切り換えるための信号を出力する、言い換えればデマンド接続コネクタ17のbピンからテレビレンズ100に入力される指令信号がフォーカス指令信号であることを示すフォーカス認識信号出力器である。

0030

31はフォーカス操作ノブであり、30はフォーカス操作ノブ31の操作量に比例したフォーカス指令信号を出力するフォーカス指令信号発生器である。

0031

上記構成において、まずズームデマンド300のサムリング24を用いて、ズームレンズ光学系5の制御を行う場合について説明する。サムリング24が操作されると、このサムリング24の操作量に比例した駆動方向および駆動速度(駆動量や駆動位置であってもよい)を指示するズーム指令信号がズーム指令信号発生器25から出力される。このズーム指令信号は、テレビレンズ接続コネクタ20のdピン、デマンドケーブル18およびデマンド接続コネクタ16のdピンを介してズーム制御器8に入力される。

0032

ズーム制御器8はズーム指令信号に応じてズームモータ6を制御し、ズームレンズ光学系5を駆動させる。そして、ズームレンズ光学系5の駆動に連動してズーム位置検出器7がズームレンズ光学系5の位置に応じた位置信号をズーム制御器8に出力する。ズーム制御器8は、この位置信号に基づいてズームレンズ光学系5の可動範囲内での制御を行う。

0033

次に、フォーカスデマンド400を用いてフォーカスレンズ光学系1の制御を行う場合について説明する。フォーカスデマンド400の操作ノブ31が操作されると、その操作量に比例した駆動位置を指示するフォーカス指令信号がフォーカス指令信号発生器30から出力される。フォーカス指令信号は、テレビレンズ接続コネクタ21のbピン、デマンドケーブル19およびデマンド接続コネクタ17のbピンを介して指令信号切換スイッチ14の入力端子に入力される。

0034

このとき、フォーカス認識信号出力器29からの信号がテレビレンズ接続コネクタ21のcピン、デマンドケーブル19およびデマンド接続コネクタ17のcピンを介して指令信号切換スイッチ14の作動端子に入力される。このため、指令信号切換スイッチ14はA側に切り換わり、フォーカス制御器4にフォーカス指令信号を供給する。これにより、フォーカス制御器4はフォーカスモータ2を制御し、フォーカスレンズ光学系1を駆動させる。

0035

そして、フォーカスレンズ光学系1の駆動に連動してフォーカス位置検出器3がフォーカスレンズ光学系1の位置に応じた位置信号をフォーカス制御器4に出力する。フォーカス制御器4は、この位置信号とフォーカス指令信号発生器30からのフォーカス指令信号との差が0となるようにフォーカスレンズ光学系1を制御する。

0036

次に、アイリス羽根9の制御を行う場合について説明する。まず、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLがON、即ちテレビカメラ200からのアイリスの制御が選択された場合のアイリス羽根9の制御について説明する。

0037

この場合、テレビカメラ200からのテレビカメラアイリス指令信号ICCが、テレビカメラ接続コネクタ15、デマンド接続コネクタ16のeピン、デマンドケーブル18およびテレビレンズ接続コネクタ20のeピンを介してテレビカメラアイリス制御切換スイッチ23のA入力端子とアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28のA入力端子とに入力される。

0038

一方、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLのON信号が、テレビカメラ接続コネクタ15、デマンド接続コネクタ16のaピン、デマンドケーブル18およびテレビレンズ接続コネクタ20のaピンを介してテレビカメラアイリス制御切換スイッチ23の作動端子に入力される。これにより、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ23はA入力端子側に切り換えられ、この切換スイッチ23の出力端子からテレビレンズ接続コネクタ20のbピン、デマンドケーブル18およびデマンド接続コネクタ16のbピンを介して指令信号切換スイッチ13にテレビカメラアイリス指令信号ICCが出力される。

0039

またこのとき、アイリス認識信号出力器22からの信号がテレビレンズ接続コネクタ20のcピン、デマンドケーブル18、デマンド接続コネクタ16のcピンを介して指令信号切換スイッチ13の作動端子に入力されているため、指令信号切換スイッチ13はB側に切り換わり、テレビカメラアイリス指令信号ICCをアイリス制御切換12に供給する。

0040

これにより、アイリス制御器12はアイリスモータ10を制御し、アイリス羽根9を駆動させる。そして、アイリス羽根9の駆動に連動してアイリス位置検出器11がアイリス羽根9の位置に応じた位置信号をアイリス制御器12に出力する。アイリス制御器12は、この位置信号とテレビカメラアイリス指令信号ICCとの差が0となるようにアイリス羽根9を制御する。

0041

次に、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLがOFFで、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28がA側にセットされている場合、即ち撮影者によりテレビカメラ200からのアイリスの制御が選択された場合のアイリス羽根9の制御について説明する。

0042

この場合、テレビカメラ200からのテレビカメラアイリス指令信号ICCが、テレビカメラ接続コネクタ15、デマンド接続コネクタ16のeピン、デマンドケーブル18およびテレビレンズ接続コネクタ20のeピンを介してテレビカメラアイリス制御切換スイッチ23とアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28のA入力端子に入力される。

0043

一方、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLのOFF信号が、テレビカメラ接続コネクタ15、デマンド接続コネクタ16のaピン、デマンドケーブル18およびテレビレンズ接続コネクタ20のaピンを介して、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ23の作動端子に入力される。これにより、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ23はB入力端子側に切り換わり、かつ撮影者によってアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28はA入力端子側にセットされているため、テレビレンズ接続コネクタ20のeピンに入力されたテレビカメラアイリス指令信号ICCは、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28のA入力端子、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ23のB入力端子、テレビレンズ接続コネクタ20のbピン、デマンドケーブル18およびデマンド接続コネクタ16のbピンを介して指令信号切換スイッチ13に出力される。

0044

このとき、アイリス認識信号出力器22からの信号がテレビレンズ接続コネクタ20のcピン、デマンドケーブル18およびデマンド接続コネクタ16のcピンを介して指令信号切換スイッチ13の作動端子に入力されているため、指令信号切換スイッチ13はB側に切り換わり、テレビカメラアイリス指令信号ICCをアイリス制御器12に供給する。

0045

これにより、アイリス制御器12はアイリスモータ10を制御し、アイリス羽根9が駆動される。そして、アイリス羽根9の駆動に連動してアイリス位置検出器11がアイリス羽根9の位置に応じた位置信号をアイリス制御器12に出力する。アイリス制御器12は、この位置信号とテレビカメラアイリス指令信号ICCとの差が0となるようにアイリス羽根9を制御する。

0046

次に、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLがOFFで、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28がB側にセットされている場合、即ち撮影者によりアイリス操作ノブ26からのアイリスの制御が選択された場合のアイリス羽根9の制御について説明する。

0047

アイリス操作ノブ26が操作されると、その操作量に比例したアイリス操作指令信号がアイリス指令信号発生器27から出力され、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28のB入力端子に入力される。

0048

一方、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLのOFF信号が、テレビカメラ接続コネクタ15、デマンド接続コネクタ16のaピン、デマンドケーブル18およびテレビレンズ接続コネクタ20のaピンを介してテレビカメラアイリス制御切換スイッチ23の作動端子に入力される。これにより、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ23はB入力端子側に切り換わり、かつ撮影者によってアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28はB入力端子側にセットされているため、アイリス操作指令信号は、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28のB入力端子側、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ23のB入力端子、テレビレンズ接続コネクタ20のbピン、デマンドケーブル18およびデマンド接続コネクタ16のbピンを介して指令信号切換スイッチ13に出力される。

0049

このとき、アイリス認識信号出力器22からの信号がテレビレンズ接続コネクタ20のcピン、デマンドケーブル18およびデマンド接続コネクタ16のcピンを介して指令信号切換スイッチ13の作動端子に入力されているため、指令信号切換スイッチ13はB側に切り換わり、アイリス操作指令信号をアイリス制御器12に供給する。

0050

これにより、アイリス制御器12はアイリスモータ10を制御し、アイリス羽根9が駆動される。そして、アイリス羽根9の駆動に連動してアイリス位置検出器11がアイリス羽根9の位置に応じた位置信号をアイリス制御器12に出力する。アイリス制御器12は、この位置信号とアイリス操作指令信号との差が0となるようにアイリス羽根9を制御する。

0051

以上説明したように、本実施形態によれば、撮影者は、ズームデマンド300においてサムリング24によるズーム操作を行いながら、簡単にアイリス操作ノブ26によるアイリス操作も自身の意思により行うことができる。

0052

また、ズームデマンド300に設けられた光量調節指令出力ラインおよびテレビレンズ100に設けられた光量調節指令入力ラインは、アイリス制御器12に対してカメラ200側からのテレビカメラアイリス指令信号とデマンド300側からのアイリス操作指令信号の双方の供給ラインを兼ねているので、指令信号ごとに別々の供給ラインを設ける場合に比べてコネクタ16,20のピン数を少なくすることができる。

0053

また、本実施形態では、テレビレンズ接続コネクタ20にアイリス操作ノブ26を有するズームデマンド300を接続し、テレビレンズ接続コネクタ21にフォーカスデマンド400を接続した場合について説明したが、テレビレンズ接続コネクタ20にフォーカスデマンド400を、テレビレンズ接続コネクタ21にアイリス操作ノブ26を有するズームデマンド300を接続しても、アイリス操作ノブ26を通じたアイリス操作が可能である。この場合、指令信号切換スイッチ14に、デマンド接続コネクタ17のbピンを通じてテレビカメラアイリス指令信号とアイリス操作指令信号とが入力されることになる。すなわち、指令信号切換スイッチ14とデマンド接続コネクタ17のbピンとを繋ぐラインが請求の範囲にいう光量調節指令入力ラインになる。

0054

そしてこの場合、指令信号切換スイッチ13の作動端子には、テレビレンズ接続コネクタ20およびデマンド接続コネクタ16のcピンを介してフォーカスデマンド400のフォーカス認識信号出力器29からの信号が入力されるため、指令信号切換スイッチ13はA側に切り換わる。したがって、フォーカス操作ノブ31の操作量に比例したフォーカス指令信号は、テレビレンズ接続コネクタ20およびデマンド接続コネクタ16のbピン、さらには指令信号切換スイッチ13のA側を介してフォーカス制御器4に供給される。

0055

すなわち、テレビレンズ100に設けられた光量調節指令入力ライン(デマンド接続コネクタ16のbピンと指令信号切換スイッチ13とを繋ぐライン)は、アイリス操作ノブ26を有するズームデマンド300からのアイリス操作指令信号の入力ラインおよびフォーカスデマンド400からのフォーカス指令信号の入力ラインとして兼用することが可能である。これにより、デマンド接続コネクタ16には、このコネクタ16のピン数を少なくしつつ、アイリス操作ノブ26を有するズームデマンド300とフォーカスデマンド400の双方を接続することができる。

0056

なお、本実施形態では、カメラ200側からのテレビカメラアイリス指令信号とデマンド300側からのアイリス操作指令信号との電圧値がアイリス制御器12に対して共通である場合について説明したが、テレビカメラアイリス指令信号とアイリス操作指令信号との電圧値が異なる場合には、ズームデマンド300内若しくはテレビレンズ100内に、アイリス操作指令信号の電圧値をテレビカメラアイリス指令信号に一致させる電圧変換器を設けるようにしてもよい。

0057

また、本実施形態では、デマンド接続コネクタ、デマンドケーブル、テレビレンズ接続コネクタそれぞれのbピンをフォーカス指令信号とアイリス指令信号の共通のピンとした場合について説明したが、デマンド接続コネクタ、デマンドケーブル、テレビレンズ接続コネクタのそれぞれに1ピンずつ増設して、フォーカス指令信号とアイリス指令信号をそれぞれ別のピンを通じて供給するようにしてもよい。

0058

また、本実施形態では、デマンド接続コネクタ16,17のピン配置を同一のものとして説明したが、これを各々ズームデマンド専用とフォーカスデマンド専用のピン配置としてもよい。

0059

(第2実施形態)上記第1実施形態では、ズームデマンドにアイリス操作ノブを設けた場合について説明したが、フォーカスデマンドにアイリス操作ノブを設けてもよい。

0060

図2には、本発明の第2実施形態である光学調節システムの構成を示している。この光学調節システムは、テレビレンズ(光学装置)100′と、テレビレンズ100′に接続されるズームデマンド300′およびフォーカスデマンド400′とから構成されている。また、テレビレンズ100′がテレビカメラ200に装着されることにより、カメラシステムが構成される。

0061

次に、テレビレンズ100′、ズームデマンド300′およびフォーカスデマンド400′の内部の構成について説明する。なお、第1実施形態と共通する構成要素には第1実施形態と同符号を付して説明に代える。

0062

テレビレンズ100′において、33はデマンド接続コネクタ17のdピンから入力されるズーム指令信号又はアイリス指令信号をそれぞれズーム制御器8又はアイリス制御器12に選択的に供給する指令信号切換スイッチ(接続切換手段)である。なお、指令信号切換スイッチ13の入力端子とデマンド接続コネクタ17のdピンとをつなぐラインが、請求の範囲にいう光量調節指令入力ラインに相当する。

0063

32はデマンド接続コネクタ16のdピンから入力されるズーム指令信号又はアイリス指令信号をそれぞれズーム制御器8又はアイリス制御器12に選択的に供給する指令信号切換スイッチである。

0064

フォーカスデマンド400′において、22′はテレビレンズ100′の指令信号切換スイッチ33をB側(アイリス側)に切り換えるための信号(請求の範囲にいう入力回路構成を切り換えるための信号)を出力する、言い換えればデマンド接続コネクタ17のdピンからテレビレンズ100′に入力される指令信号がアイリス指令信号であることを示すアイリス認識信号出力器(信号出力手段)である。

0065

また、このフォーカスデマンド400′には、アイリス操作ノブ26およびアイリス指令信号発生器27が設けられている。なお、アイリス指令信号発生器27とテレビレンズ接続コネクタ21のdピンとを繋ぐラインが請求の範囲にいう光量調節指令出力ラインに相当する。

0066

23′はテレビカメラ200からのテレビカメラアイリス指令信号ICCの入力を受けるテレビレンズ接続コネクタ21のeピンに接続されたA入力端子(第1の入力端子)と、B入力端子(第2の入力端子)と、これらA入力端子およびB入力端子に対して接続切換が可能でテレビレンズ接続コネクタ21のdピンに接続された出力端子とを有するテレビカメラアイリス制御切換スイッチ(第1の入力指令切換手段)である。なお、このテレビカメラアイリス制御切換スイッチ23′の出力端子とテレビレンズ接続コネクタ21のdピンとを繋ぐラインが請求の範囲にいう光量調節指令出力ラインに相当する。

0067

このテレビカメラアイリス制御切換スイッチ23′は、テレビカメラ200からテレビレンズ接続コネクタ21のaピンを介してアイリス強制切換信号(カメラ側からアイリス駆動を行うことを示す信号)ICLのオン信号を受けることによりA入力端子側に切り換わり、同オフ信号を受けることによりB入力端子側に切り換わる。

0068

また、28′はテレビカメラ200からのテレビカメラアイリス指令信号ICCの入力を受けるテレビレンズ接続コネクタ21のeピンに接続されたA入力端子(第1の入力端子)と、アイリス指令信号発生器27に接続されたB入力端子(第2の入力端子)と、これらA入力端子およびB入力端子に対して接続切換が可能でテレビカメラアイリス制御切換スイッチ23′のB入力端子に接続された出力端子とを有するアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ(第2の入力指令切換手段)である。このアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28′は撮影者のマニュアル操作によってA入力端子側とB入力端子側とに切り換わる。なお、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ23′およびアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28′のA入力端子とテレビレンズ接続コネクタ21のeピンとを繋ぐラインが請求の範囲にいうカメラ指令入力ラインに相当する。また、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ23′およびアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28′により請求の範囲にいう入力指令切換回路が構成される。

0069

ズームデマンド300′において、34はテレビレンズ100′の指令信号切換スイッチ32をA側(ズーム側)に切り換えるための信号を出力する、言い換えればデマンド接続コネクタ16のdピンからテレビレンズ100に入力される指令信号がズーム指令信号であることを示すズーム認識信号出力器である。

0070

上記構成において、まずズームデマンド300′のサムリング24を用いて、ズームレンズ光学系5の制御を行う場合について説明する。サムリング24が操作されると、このサムリング24の操作量に比例した駆動方向および駆動速度(駆動量や駆動位置であってもよい)を指示するズーム指令信号がズーム指令信号発生器25から出力される。このズーム指令信号は、テレビレンズ接続コネクタ20のdピン、デマンドケーブル18およびデマンド接続コネクタ16のdピンを介して指令信号切換スイッチ32に入力される。

0071

このとき、指令信号切換スイッチ32の作動端子には、ズーム認識信号出力器34からの信号が入力され、指令信号切換スイッチ32はA側に切り換わっているため、ズーム指令信号はズーム制御器8に入力される。

0072

ズーム制御器8はズーム指令信号に応じてズームモータ6を制御し、ズームレンズ光学系5を駆動させる。そして、ズームレンズ光学系5の駆動に連動してズーム位置検出器7がズームレンズ光学系5の位置に応じた位置信号をズーム制御器8に出力する。ズーム制御器8は、この位置信号に基づいてズームレンズ光学系5の可動範囲内での制御を行う。

0073

次に、フォーカスデマンド400′を用いてフォーカスレンズ光学系1の制御を行う場合について説明する。フォーカスデマンド400′の操作ノブ31が操作されると、その操作量に比例した駆動位置を指示するフォーカス指令信号がフォーカス指令信号発生器30から出力される。フォーカス指令信号は、テレビレンズ接続コネクタ21のbピン、デマンドケーブル19およびデマンド接続コネクタ17のbピンを介してフォーカス制御器4に入力される。

0074

これにより、フォーカス制御器4はフォーカスモータ2を制御し、フォーカスレンズ光学系1を駆動させる。そして、フォーカスレンズ光学系1の駆動に連動してフォーカス位置検出器3がフォーカスレンズ光学系1の位置に応じた位置信号をフォーカス制御器4に出力する。フォーカス制御器4は、この位置信号とフォーカス指令信号発生器30からのフォーカス指令信号との差が0となるようにフォーカスレンズ光学系1を制御する。

0075

次に、アイリス羽根9の制御を行う場合について説明する。まず、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLがON、即ちテレビカメラ200からのアイリスの制御が選択された場合のアイリス羽根9の制御について説明する。

0076

この場合、テレビカメラ200からのテレビカメラアイリス指令信号ICCが、テレビカメラ接続コネクタ15、デマンド接続コネクタ17のeピン、デマンドケーブル19およびテレビレンズ接続コネクタ21のeピンを介してテレビカメラアイリス制御切換スイッチ23′のA入力端子とアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28′のA入力端子とに入力される。

0077

一方、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLのON信号が、テレビカメラ接続コネクタ15、デマンド接続コネクタ17のaピン、デマンドケーブル19およびテレビレンズ接続コネクタ21のaピンを介してテレビカメラアイリス制御切換スイッチ23′の作動端子に入力される。これにより、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ23′はA入力端子側に切り換えられ、この切換スイッチ23′の出力端子からテレビレンズ接続コネクタ21のdピン、デマンドケーブル19およびデマンド接続コネクタ17のdピンを介して指令信号切換スイッチ33にテレビカメラアイリス指令信号ICCが出力される。

0078

またこのとき、アイリス認識信号出力器22′からの信号がテレビレンズ接続コネクタ21のcピン、デマンドケーブル19、デマンド接続コネクタ17のcピンを介して指令信号切換スイッチ33の作動端子に入力されているため、指令信号切換スイッチ33はB側に切り換わり、テレビカメラアイリス指令信号ICCをアイリス制御切換12に供給する。

0079

これにより、アイリス制御器12はアイリスモータ10を制御し、アイリス羽根9を駆動させる。そして、アイリス羽根9の駆動に連動してアイリス位置検出器11がアイリス羽根9の位置に応じた位置信号をアイリス制御器12に出力する。アイリス制御器12は、この位置信号とテレビカメラアイリス指令信号ICCとの差が0となるようにアイリス羽根9を制御する。

0080

次に、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLがOFFで、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28′がA側にセットされている場合、即ち撮影者によりテレビカメラ200からのアイリスの制御が選択された場合のアイリス羽根9の制御について説明する。

0081

この場合、テレビカメラ200からのテレビカメラアイリス指令信号ICCが、テレビカメラ接続コネクタ15、デマンド接続コネクタ17のeピン、デマンドケーブル19およびテレビレンズ接続コネクタ21のeピンを介してテレビカメラアイリス制御切換スイッチ23′とアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28′のA入力端子に入力される。

0082

一方、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLのOFF信号が、テレビカメラ接続コネクタ15、デマンド接続コネクタ17のaピン、デマンドケーブル19およびテレビレンズ接続コネクタ21のaピンを介して、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ23′の作動端子に入力される。これにより、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ23′はB入力端子側に切り換わり、かつ撮影者によってアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28′はA入力端子側にセットされているため、テレビレンズ接続コネクタ21のeピンに入力されたテレビカメラアイリス指令信号ICCは、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28′のA入力端子、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ23′のB入力端子、テレビレンズ接続コネクタ21のdピン、デマンドケーブル19およびデマンド接続コネクタ17のdピンを介して指令信号切換スイッチ33に出力される。

0083

このとき、アイリス認識信号出力器22′からの信号がテレビレンズ接続コネクタ21のcピン、デマンドケーブル19およびデマンド接続コネクタ17のcピンを介して指令信号切換スイッチ33の作動端子に入力されているため、指令信号切換スイッチ33はB側に切り換わり、テレビカメラアイリス指令信号ICCをアイリス制御器12に供給する。

0084

これにより、アイリス制御器12はアイリスモータ10を制御し、アイリス羽根9が駆動される。そして、アイリス羽根9の駆動に連動してアイリス位置検出器11がアイリス羽根9の位置に応じた位置信号をアイリス制御器12に出力する。アイリス制御器12は、この位置信号とテレビカメラアイリス指令信号ICCとの差が0となるようにアイリス羽根9を制御する。

0085

次に、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLがOFFで、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28′がB側にセットされている場合、即ち撮影者によりアイリス操作ノブ26からのアイリスの制御が選択された場合のアイリス羽根9の制御について説明する。

0086

アイリス操作ノブ26が操作されると、その操作量に比例したアイリス操作指令信号がアイリス指令信号発生器27から出力され、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28′のB入力端子に入力される。

0087

一方、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLのOFF信号が、テレビカメラ接続コネクタ15、デマンド接続コネクタ17のaピン、デマンドケーブル19およびテレビレンズ接続コネクタ21のaピンを介してテレビカメラアイリス制御切換スイッチ23′の作動端子に入力される。これにより、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ23′はB入力端子側に切り換わり、かつ撮影者によってアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28′はB入力端子側にセットされているため、アイリス操作指令信号は、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ28′のB入力端子側、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ23′のB入力端子、テレビレンズ接続コネクタ21のdピン、デマンドケーブル19およびデマンド接続コネクタ17のdピンを介して指令信号切換スイッチ33に出力される。

0088

このとき、アイリス認識信号出力器22′からの信号がテレビレンズ接続コネクタ21のcピン、デマンドケーブル19およびデマンド接続コネクタ17のcピンを介して指令信号切換スイッチ33の作動端子に入力されているため、指令信号切換スイッチ33はB側に切り換わり、アイリス操作指令信号をアイリス制御器12に供給する。

0089

これにより、アイリス制御器12はアイリスモータ10を制御し、アイリス羽根9が駆動される。そして、アイリス羽根9の駆動に連動してアイリス位置検出器11がアイリス羽根9の位置に応じた位置信号をアイリス制御器12に出力する。アイリス制御器12は、この位置信号とアイリス操作指令信号との差が0となるようにアイリス羽根9を制御する。

0090

以上説明したように、本実施形態によれば、撮影者は、フォーカスデマンド400′において操作ノブ31によるフォーカス操作を行いながら、簡単にアイリス操作ノブ26によるアイリス操作も自身の意思により行うことができる。

0091

また、フォーカスデマンド400′に設けられた光量調節指令出力ラインおよびテレビレンズ100′に設けられた光量調節指令入力ラインは、アイリス制御器12に対してカメラ200側からのテレビカメラアイリス指令信号とデマンド400′側からのアイリス操作指令信号の双方の供給ラインを兼ねているので、指令信号ごとに別々の供給ラインを設ける場合に比べてコネクタ17,21のピン数を少なくすることができる。

0092

また、本実施形態では、テレビレンズ接続コネクタ21にアイリス操作ノブ26を有するフォーカスデマンド400′を接続し、テレビレンズ接続コネクタ20にズームデマンド300′を接続した場合について説明したが、テレビレンズ接続コネクタ20にアイリス操作ノブ26を有するフォーカスデマンド400′を、テレビレンズ接続コネクタ21にズームデマンド300′を接続しても、アイリス操作ノブ26を通じたアイリス操作が可能である。この場合、指令信号切換スイッチ32に、デマンド接続コネクタ16のdピンを通じてテレビカメラアイリス指令信号とアイリス操作指令信号とが入力されることになる。すなわち、指令信号切換スイッチ32とデマンド接続コネクタ16のdピンとを繋ぐラインが請求の範囲にいう光量調節指令入力ラインになる。

0093

そしてこの場合、指令信号切換スイッチ33の作動端子には、テレビレンズ接続コネクタ21およびデマンド接続コネクタ17のcピンを介してズームデマンド300′のズーム認識信号出力器34からの信号が入力されるため、指令信号切換スイッチ33はA側に切り換わる。したがって、サムリング24の操作量に比例したズーム指令信号は、テレビレンズ接続コネクタ21およびデマンド接続コネクタ17のdピン、さらには指令信号切換スイッチ33のA側を介してズーム制御器8に供給される。

0094

すなわち、テレビレンズ100′に設けられた光量調節指令入力ライン(デマンド接続コネクタ17のdピンと指令信号切換スイッチ33とを繋ぐライン)は、アイリス操作ノブ26を有するフォーカスデマンド400′からのアイリス操作指令信号の入力ラインおよびズームデマンド300′からのズーム指令信号の入力ラインとして兼用することが可能である。これにより、デマンド接続コネクタ17には、このコネクタ17のピン数を少なくしつつ、アイリス操作ノブ26を有するフォーカスデマンド400′とズームデマンド300′の双方を接続することができる。

0095

なお、本実施形態では、カメラ200側からのテレビカメラアイリス指令信号とデマンド400′側からのアイリス操作指令信号との電圧値がアイリス制御器12に対して共通である場合について説明したが、テレビカメラアイリス指令信号とアイリス操作指令信号との電圧値が異なる場合には、フォーカスデマンド400′内若しくはテレビレンズ100′内に、アイリス操作指令信号の電圧値をテレビカメラアイリス指令信号に一致させる電圧変換器を設けるようにしてもよい。

0096

また、本実施形態では、デマンド接続コネクタ、デマンドケーブル、テレビレンズ接続コネクタそれぞれのdピンをズーム指令信号とアイリス指令信号の共通のピンとした場合について説明したが、デマンド接続コネクタ、デマンドケーブル、テレビレンズ接続コネクタのそれぞれに1ピンずつ増設して、ズーム指令信号とアイリス指令信号をそれぞれ別のピンを通じて供給するようにしてもよい。

0097

また、本実施形態では、デマンド接続コネクタ16,17のピン配置を同一のものとして説明したが、これを各々ズームデマンド専用とフォーカスデマンド専用のピン配置としてもよい。

0098

(第3実施形態)上記第1,2実施形態では、アイリス制御器12に入力されるカメラ200からのテレビカメラアイリス指令信号ICCとアイリス指令信号発生器27(アイリス操作ノブ26)からのアイリス操作指令信号との切換えをデマンド300,400′に設けた入力指令切換回路により行う場合について説明したが、この入力指令切換回路をテレビレンズ700内にを設けてもよい。

0099

図3には、本発明の第3実施形態である光学調節システムの構成を示している。この光学調節システムは、テレビレンズ(光学装置)700と、テレビレンズ700に接続されるズームデマンド500およびフォーカスデマンド600とから構成されている。また、テレビレンズ700がテレビカメラ200に装着されることにより、カメラシステムが構成される。

0100

次に、テレビレンズ700、ズームデマンド500およびフォーカスデマンド600の内部の構成について説明する。

0101

テレビレンズ700において、1は焦点調節を行うフォーカスレンズ光学系、2はフォーカスレンズ光学系1を駆動するフォーカスモータ、3はフォーカスレンズ光学系1の位置に応じた位置信号を出力するフォーカス位置検出器、4はフォーカスモータ2を制御するフォーカス制御器である。なお、フォーカスレンズ光学系1,フォーカスモータ2およびフォーカス制御器4により請求の範囲にいう焦点調節手段が構成される。

0102

5は変倍調節を行うズームレンズ光学系、6はズームレンズ光学系5を駆動するズームモータ、7はズームレンズ光学系5の位置に応じた位置信号を出力するズーム位置検出器、8はズームモータ6を制御するズーム制御器である。なお、ズームレンズ光学系5,ズームモータ6およびズーム制御器8により請求の範囲にいう変倍調節手段が構成される。

0103

9は絞り調節を行うアイリス羽根、10はアイリス羽根9を駆動するアイリスモータ、11はアイリス羽根9の位置に応じた位置信号を出力するアイリス位置検出器、12はアイリスモータ10を制御するアイリス制御器である。なお、アイリス羽根9,アイリスモータ10およびアイリス制御器12により請求の範囲にいう光量調節手段が構成される。

0104

13は後述するデマンド接続コネクタ16のbピンから入力されるフォーカス指令信号又はアイリス指令信号をそれぞれフォーカス制御器4又はアイリス制御器12に選択的に供給する指令信号切換スイッチ(接続切換手段)である。なお、指令信号切換スイッチ13の入力端子とデマンド接続コネクタ16のbピンとをつなぐラインが、請求の範囲にいう光量調節指令入力ラインに相当する。

0105

14は後述するデマンド接続コネクタ17のbピンから入力されるフォーカス指令信号又はアイリス指令信号をそれぞれフォーカス制御器4又はアイリス制御器12に選択的に供給する指令信号切換スイッチである。

0106

15はテレビレンズ700とテレビカメラ200とを電気的に接続するテレビカメラ接続コネクタ、16,17はズームデマンド300やフォーカスデマンド400をテレビレンズ100に接続するデマンド接続コネクタ、18,19はズームデマンド500やフォーカスデマンド600とテレビレンズ700とを接続するデマンドケーブル、20,21はテレビレンズ700をズームデマンド500やフォーカスデマンド600に接続するテレビレンズ接続コネクタである。

0107

36はテレビカメラ200からのテレビカメラアイリス指令信号ICCの入力を受けるA入力端子(第1の入力端子)と、B入力端子(第2の入力端子)と、これらA入力端子およびB入力端子に対して接続切換が可能でアイリス制御器12に接続された出力端子とを有するテレビカメラアイリス制御切換スイッチ(第1の入力指令切換手段)である。

0108

このテレビカメラアイリス制御切換スイッチ36は、テレビカメラ200から入力されるアイリス強制切換信号(カメラ側からアイリス駆動を行うことを示す信号)ICLのオン信号を受けることによりA入力端子側に切り換わり、同オフ信号を受けることによりB入力端子側に切り換わる。

0109

また、35はテレビカメラ200からのテレビカメラアイリス指令信号ICCの入力を受けるA入力端子(第1の入力端子)と、指令信号切換スイッチ13のB側を介して光量調節指令入力ラインが接続されるB入力端子(第2の入力端子)と、これらA入力端子およびB入力端子に対して接続切換が可能でテレビカメラアイリス制御切換スイッチ36のB入力端子に接続された出力端子とを有するアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ(第2の入力指令切換手段)である。このアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35は、後述するアイリスローカルカメラ選択スイッチ37からのカメラ選択信号を受けることによりA入力端子側に切り換わり、ローカル選択信号を受けることによりB入力端子側に切り換わる。

0110

なお、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ36およびアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35のA入力端子とテレビカメラ接続コネクタ15とを繋ぐラインが請求の範囲にいうカメラ指令入力ラインに相当する。また、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ36およびアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35により請求の範囲にいう入力指令切換回路が構成される。

0111

ズームデマンド500において、24はズームデマンド500のサムリング、25はサムリング24の操作量に比例したズーム指令信号を出力するズーム指令信号発生器である。

0112

26はアイリス操作ノブ、27はアイリス操作ノブ26の操作量に比例したアイリス操作指令信号を出力するアイリス指令信号発生器である。なお、アイリス操作ノブ26およびアイリス指令信号発生器27により請求の範囲にいう光量調節操作手段が構成される。また、アイリス指令信号発生器27とテレビレンズ接続コネクタ20のbピンとを繋ぐラインが請求の範囲にいう光量調節指令出力ラインに相当する。

0113

22はテレビレンズ700の指令信号切換スイッチ13をB側(アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35およびテレビカメラアイリス制御切換スイッチ36を介したアイリス側)に切り換えるための信号(請求の範囲にいう入力回路構成を切り換えるための信号)を出力する、言い換えればデマンド接続コネクタ16のbピンからテレビレンズ100に入力される指令信号がアイリス指令信号であることを示すアイリス認識信号出力器(信号出力手段)である。

0114

37はアイリス制御をズームデマンド500のアイリス操作ノブ26を通じて行う(ローカル)かカメラ200から行わせるかを撮影者が選択するために設けられたアイリスローカル/カメラ選択スイッチである。このアイリスローカル/カメラ選択スイッチ37は、オフ状態にてカメラ選択信号をテレビレンズ接続コネクタ20のaピン、デマンドケーブル18およびデマンド接続コネクタ16のaピンを介してアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35の作動端子に供給し、オン状態にてローカル選択信号をテレビレンズ接続コネクタ20のaピン、デマンドケーブル18およびデマンド接続コネクタ16のaピンを介してアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35の作動端子に供給する。

0115

フォーカスデマンド600において、29はテレビレンズ700の指令信号切換スイッチ14をA側(フォーカス側)に切り換えるための信号を出力する、言い換えればデマンド接続コネクタ17のbピンからテレビレンズ700に入力される指令信号がフォーカス指令信号であることを示すフォーカス認識信号出力器である。

0116

31はフォーカス操作ノブであり、30はフォーカス操作ノブ31の操作量に比例したフォーカス指令信号を出力するフォーカス指令信号発生器である。

0117

上記構成において、まずズームデマンド500のサムリング24を用いて、ズームレンズ光学系5の制御を行う場合について説明する。サムリング24が操作されると、このサムリング24の操作量に比例した駆動方向および駆動速度(駆動量や駆動位置であってもよい)を指示するズーム指令信号がズーム指令信号発生器25から出力される。このズーム指令信号は、テレビレンズ接続コネクタ20のdピン、デマンドケーブル18およびデマンド接続コネクタ16のdピンを介してズーム制御器8に入力される。

0118

ズーム制御器8はズーム指令信号に応じてズームモータ6を制御し、ズームレンズ光学系5を駆動させる。そして、ズームレンズ光学系5の駆動に連動してズーム位置検出器7がズームレンズ光学系5の位置に応じた位置信号をズーム制御器8に出力する。ズーム制御器8は、この位置信号に基づいてズームレンズ光学系5の可動範囲内での制御を行う。

0119

次に、フォーカスデマンド600を用いてフォーカスレンズ光学系1の制御を行う場合について説明する。フォーカスデマンド600の操作ノブ31が操作されると、その操作量に比例した駆動位置を指示するフォーカス指令信号がフォーカス指令信号発生器30から出力される。フォーカス指令信号は、テレビレンズ接続コネクタ21のbピン、デマンドケーブル19およびデマンド接続コネクタ17のbピンを介して指令信号切換スイッチ14の入力端子に入力される。

0120

このとき、フォーカス認識信号出力器29からの信号がテレビレンズ接続コネクタ21のcピン、デマンドケーブル19およびデマンド接続コネクタ17のcピンを介して指令信号切換スイッチ14の作動端子に入力される。これにより、指令信号切換スイッチ14はA側に切り換わり、フォーカス制御器4にフォーカス指令信号を供給する。これにより、フォーカス制御器4はフォーカスモータ2を制御し、フォーカスレンズ光学系1を駆動させる。

0121

そして、フォーカスレンズ光学系1の駆動に連動してフォーカス位置検出器3がフォーカスレンズ光学系1の位置に応じた位置信号をフォーカス制御器4に出力する。フォーカス制御器4は、この位置信号とフォーカス指令信号発生器30からのフォーカス指令信号との差が0となるようにフォーカスレンズ光学系1を制御する。

0122

次に、アイリス羽根9の制御を行う場合について説明する。まず、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLがON、即ちテレビカメラ200からのアイリスの制御が選択された場合のアイリス羽根9の制御について説明する。

0123

この場合、テレビカメラ200からのテレビカメラアイリス指令信号ICCが、テレビカメラ接続コネクタ15を介してテレビカメラアイリス制御切換スイッチ36のA入力端子とアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35のA入力端子とに入力される。

0124

一方、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLのON信号が、テレビカメラ接続コネクタ15を介してテレビカメラアイリス制御切換スイッチ36の作動端子に入力される。これにより、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ36はA入力端子側に切り換えられ、この切換スイッチ36の出力端子からテレビカメラアイリス指令信号ICCがアイリス制御器12に出力される。

0125

これにより、アイリス制御器12はアイリスモータ10を制御し、アイリス羽根9を駆動させる。そして、アイリス羽根9の駆動に連動してアイリス位置検出器11がアイリス羽根9の位置に応じた位置信号をアイリス制御器12に出力する。アイリス制御器12は、この位置信号とテレビカメラアイリス指令信号ICCとの差が0となるようにアイリス羽根9を制御する。

0126

次に、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLがOFFで、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35がA側にセットされている場合、即ち撮影者によりアイリスローカル/カメラ選択スイッチ37がオフされ、カメラ選択信号がアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35の作動端子に入力されることにより、テレビカメラ200からのアイリスの制御が選択された場合のアイリス羽根9の制御について説明する。

0127

この場合、テレビカメラ200からのテレビカメラアイリス指令信号ICCが、テレビカメラ接続コネクタ15を介してテレビカメラアイリス制御切換スイッチ36とアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35のA入力端子に入力される。

0128

一方、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLのOFF信号が、テレビカメラ接続コネクタ15を介してテレビカメラアイリス制御切換スイッチ36の作動端子に入力される。これにより、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ36はB入力端子側に切り換わる。

0129

このため、テレビカメラアイリス指令信号ICCは、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35のA入力端子およびテレビカメラアイリス制御切換スイッチ36のB入力端子を介してアイリス制御器12に出力される。

0130

これにより、アイリス制御器12はアイリスモータ10を制御し、アイリス羽根9が駆動される。そして、アイリス羽根9の駆動に連動してアイリス位置検出器11がアイリス羽根9の位置に応じた位置信号をアイリス制御器12に出力する。アイリス制御器12は、この位置信号とテレビカメラアイリス指令信号ICCとの差が0となるようにアイリス羽根9を制御する。

0131

次に、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLがOFFで、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35がB側にセットされている場合、即ち撮影者によりアイリスローカル/カメラ選択スイッチ37がオンされ、ローカル選択信号がアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35の作動端子に入力されることにより、アイリス操作ノブ26からのアイリスの制御が選択された場合のアイリス羽根9の制御について説明する。

0132

アイリス操作ノブ26が操作されると、その操作量に比例したアイリス操作指令信号がアイリス指令信号発生器27から出力され、テレビレンズ接続コネクタ21のbピン、デマンドケーブル18およびデマンド接続コネクタ16のbピンを介して指令信号切換スイッチ14の入力端子に入力される。

0133

このとき、アイリス認識信号出力器22からの信号がテレビレンズ接続コネクタ20のcピン、デマンドケーブル18およびデマンド接続コネクタ16のcピンを介して指令信号切換スイッチ13の作動端子に入力される。これにより、指令信号切換スイッチ13はB側に切り換わり、アイリス操作指令信号はアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35のB入力端子に入力される。

0134

一方、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLのOFF信号が、テレビカメラ接続コネクタ15を介してテレビカメラアイリス制御切換スイッチ36の作動端子に入力され、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ36はB入力端子側に切り換わる。

0135

このため、アイリス操作指令信号は、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35のB入力端子、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ36のB入力端子を介してアイリス制御器12に供給される。

0136

これにより、アイリス制御器12はアイリスモータ10を制御し、アイリス羽根9が駆動される。そして、アイリス羽根9の駆動に連動してアイリス位置検出器11がアイリス羽根9の位置に応じた位置信号をアイリス制御器12に出力する。アイリス制御器12は、この位置信号とアイリス操作指令信号との差が0となるようにアイリス羽根9を制御する。

0137

以上説明したように、本実施形態によれば、撮影者は、ズームデマンド500においてサムリング24によるズーム操作を行いながら、簡単にアイリス操作ノブ26によるアイリス操作も自身の意思により行うことができる。

0138

また、入力指令切換回路(テレビカメラアイリス制御切換スイッチ36およびアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35)をズームデマンド500側ではなく、テレビレンズ700内に設けているので、アイリス操作ノブ26を有するズームデマンド500の構成を簡単化することができる。

0139

また、本実施形態では、テレビレンズ接続コネクタ20にアイリス操作ノブ26を有するズームデマンド500を接続し、テレビレンズ接続コネクタ21にフォーカスデマンド600を接続した場合について説明したが、テレビレンズ接続コネクタ20にフォーカスデマンド600を、テレビレンズ接続コネクタ21にアイリス操作ノブ26を有するズームデマンド500を接続しても、アイリス操作ノブ26を通じたアイリス操作が可能である。この場合、指令信号切換スイッチ14に、デマンド接続コネクタ17のbピンを通じてアイリス操作指令信号が入力されることになる。すなわち、指令信号切換スイッチ14とデマンド接続コネクタ17のbピンとを繋ぐラインが請求の範囲にいう光量調節指令入力ラインになる。

0140

そしてこの場合、指令信号切換スイッチ13の作動端子には、テレビレンズ接続コネクタ20およびデマンド接続コネクタ16のcピンを介してフォーカスデマンド600のフォーカス認識信号出力器29からの信号が入力されるため、指令信号切換スイッチ13はA側に切り換わる。したがって、フォーカス操作ノブ31の操作量に比例したフォーカス指令信号は、テレビレンズ接続コネクタ20およびデマンド接続コネクタ16のbピン、さらには指令信号切換スイッチ13のA側を介してフォーカス制御器4に供給される。

0141

すなわち、テレビレンズ700に設けられた光量調節指令入力ライン(デマンド接続コネクタ16のbピンと指令信号切換スイッチ13とを繋ぐライン)は、アイリス操作ノブ26を有するズームデマンド500からのアイリス操作指令信号の入力ラインおよびフォーカスデマンド600からのフォーカス指令信号の入力ラインとして兼用することが可能である。これにより、デマンド接続コネクタ16には、このコネクタ16のピン数を少なくしつつ、アイリス操作ノブ26を有するズームデマンド500とフォーカスデマンド600の双方を接続することができる。

0142

なお、本実施形態では、カメラ200側からのテレビカメラアイリス指令信号とデマンド500側からのアイリス操作指令信号との電圧値がアイリス制御器12に対して共通である場合について説明したが、テレビカメラアイリス指令信号とアイリス操作指令信号との電圧値が異なる場合には、ズームデマンド500内若しくはテレビレンズ700内に、アイリス操作指令信号の電圧値をテレビカメラアイリス指令信号に一致させる電圧変換器を設けるようにしてもよい。

0143

また、本実施形態では、デマンド接続コネクタ、デマンドケーブル、テレビレンズ接続コネクタそれぞれのbピンをフォーカス指令信号とアイリス指令信号の共通のピンとした場合について説明したが、デマンド接続コネクタ、デマンドケーブル、テレビレンズ接続コネクタのそれぞれに1ピンずつ増設して、フォーカス指令信号とアイリス指令信号をそれぞれ別のピンを通じて供給するようにしてもよい。

0144

また、本実施形態では、デマンド接続コネクタ16,17のピン配置を同一のものとして説明したが、これを各々ズームデマンド専用とフォーカスデマンド専用のピン配置としてもよい。

0145

(第4実施形態)上記第3実施形態では、ズームデマンドにアイリス操作ノブを設けた場合について説明したが、フォーカスデマンドにアイリス操作ノブを設けてもよい。

0146

図4には、本発明の第4実施形態である光学調節システムの構成を示している。この光学調節システムは、第3実施形態と同様に、テレビレンズ(光学装置)700′と、テレビレンズ700′に接続されるズームデマンド500′およびフォーカスデマンド600′とから構成されている。また、テレビレンズ700がテレビカメラ200に装着されることにより、カメラシステムが構成される。

0147

次に、テレビレンズ700′、ズームデマンド500′およびフォーカスデマンド600′の内部の構成について説明する。なお、第3実施形態と共通する構成要素には第3実施形態と同符号を付して説明に代える。

0148

テレビレンズ700′において、33はデマンド接続コネクタ16のdピンから入力されるズーム指令信号又はアイリス指令信号をそれぞれズーム制御器8又はアイリス制御器12に選択的に供給する指令信号切換スイッチ(接続切換手段)である。なお、指令信号切換スイッチ33の入力端子とデマンド接続コネクタ17のdピンとをつなぐラインが、請求の範囲にいう光量調節指令入力ラインに相当する。

0149

32はデマンド接続コネクタ16のdピンから入力されるズーム指令信号又はアイリス指令信号をそれぞれズーム制御器4又はアイリス制御器12に選択的に供給する指令信号切換スイッチである。

0150

36,35はそれぞれ、第3実施形態にて示したものと同じテレビカメラアイリス制御切換スイッチおよびアイリスカメラレンズ制御切換スイッチである。なお、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35は、後述するアイリスローカル/カメラ選択スイッチ37′からのカメラ選択信号を受けることによりA入力端子側に切り換わり、ローカル選択信号を受けることによりB入力端子側に切り換わる。

0151

なお、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ36およびアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35のA入力端子とテレビカメラ接続コネクタ15とを繋ぐラインが請求の範囲にいうカメラ指令入力ラインに相当する。また、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ36およびアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35により請求の範囲にいう入力指令切換回路が構成される。

0152

フォーカスデマンド600′において、22′はテレビレンズ700′の指令信号切換スイッチ33をB側(アイリス側)に切り換えるための信号(請求の範囲にいう入力回路構成を切り換えるための信号)を出力する、言い換えればデマンド接続コネクタ17のdピンからテレビレンズ700′に入力される指令信号がアイリス指令信号であることを示すアイリス認識信号出力器(信号出力手段)である。

0153

また、このフォーカスデマンド600′には、アイリス操作ノブ26およびアイリス指令信号発生器27が設けられている。なお、アイリス指令信号発生器27とテレビレンズ接続コネクタ21のdピンとを繋ぐラインが請求の範囲にいう光量調節指令出力ラインに相当する。

0154

37′はアイリス制御をフォーカスデマンド600′のアイリス操作ノブ26を通じて行う(ローカル)かカメラ200から行わせるかを撮影者が選択するために設けられたアイリスローカル/カメラ選択スイッチである。このアイリスローカル/カメラ選択スイッチ37′は、オフ状態にてカメラ選択信号をテレビレンズ接続コネクタ21のaピン、デマンドケーブル19およびデマンド接続コネクタ17のaピンを介してアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35の作動端子に供給し、オン状態にてローカル選択信号をテレビレンズ接続コネクタ21のaピン、デマンドケーブル19およびデマンド接続コネクタ17のaピンを介してアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35の作動端子に供給する。

0155

ズームデマンド500′において、34はテレビレンズ700′の指令信号切換スイッチ32をA側(ズーム側)に切り換えるための信号を出力する、言い換えればデマンド接続コネクタ16のdピンからテレビレンズ700′に入力される指令信号がズーム指令信号であることを示すズーム認識信号出力器である。

0156

上記構成において、まずズームデマンド500′のサムリング24を用いて、ズームレンズ光学系5の制御を行う場合について説明する。サムリング24が操作されると、このサムリング24の操作量に比例した駆動方向および駆動速度(駆動量や駆動位置であってもよい)を指示するズーム指令信号がズーム指令信号発生器25から出力される。このズーム指令信号は、テレビレンズ接続コネクタ20のdピン、デマンドケーブル18およびデマンド接続コネクタ16のdピンを介して指令信号切換スイッチ32の入力端子に入力される。

0157

このとき、ズーム認識信号出力器34からの信号がテレビレンズ接続コネクタ20のcピン、デマンドケーブル18およびデマンド接続コネクタ16のcピンを介して指令信号切換スイッチ32の作動端子に入力される。これにより、指令信号切換スイッチ32はA側に切り換わり、ズーム制御器8にズーム指令信号を供給する。これにより、ズーム制御器8はズームモータ6を制御し、ズームレンズ光学系5を駆動させる。そして、ズームレンズ光学系5の駆動に連動してズーム位置検出器7がズームレンズ光学系5の位置に応じた位置信号をズーム制御器8に出力する。ズーム制御器8は、この位置信号に基づいてズームレンズ光学系5の可動範囲内での制御を行う。

0158

次に、フォーカスデマンド600′を用いてフォーカスレンズ光学系1の制御を行う場合について説明する。フォーカスデマンド600′の操作ノブ31が操作されると、その操作量に比例した駆動位置を指示するフォーカス指令信号がフォーカス指令信号発生器30から出力される。フォーカス指令信号は、テレビレンズ接続コネクタ21のbピン、デマンドケーブル19およびデマンド接続コネクタ17のbピンを介してフォーカス制御器4に供給される。これにより、フォーカス制御器4はフォーカスモータ2を制御し、フォーカスレンズ光学系1を駆動させる。

0159

そして、フォーカスレンズ光学系1の駆動に連動してフォーカス位置検出器3がフォーカスレンズ光学系1の位置に応じた位置信号をフォーカス制御器4に出力する。フォーカス制御器4は、この位置信号とフォーカス指令信号発生器30からのフォーカス指令信号との差が0となるようにフォーカスレンズ光学系1を制御する。

0160

次に、アイリス羽根9の制御を行う場合について説明する。まず、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLがON、即ちテレビカメラ200からのアイリスの制御が選択された場合のアイリス羽根9の制御について説明する。

0161

この場合、テレビカメラ200からのテレビカメラアイリス指令信号ICCが、テレビカメラ接続コネクタ15を介してテレビカメラアイリス制御切換スイッチ36のA入力端子とアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35のA入力端子とに入力される。

0162

一方、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLのON信号が、テレビカメラ接続コネクタ15を介してテレビカメラアイリス制御切換スイッチ36の作動端子に入力される。これにより、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ36はA入力端子側に切り換えられ、この切換スイッチ36の出力端子からテレビカメラアイリス指令信号ICCがアイリス制御器12に出力される。

0163

これにより、アイリス制御器12はアイリスモータ10を制御し、アイリス羽根9を駆動させる。そして、アイリス羽根9の駆動に連動してアイリス位置検出器11がアイリス羽根9の位置に応じた位置信号をアイリス制御器12に出力する。アイリス制御器12は、この位置信号とテレビカメラアイリス指令信号ICCとの差が0となるようにアイリス羽根9を制御する。

0164

次に、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLがOFFで、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35がA側にセットされている場合、即ち撮影者によりアイリスローカル/カメラ選択スイッチ37′がオフされ、カメラ選択信号がアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35の作動端子に入力されることにより、テレビカメラ200からのアイリスの制御が選択された場合のアイリス羽根9の制御について説明する。

0165

この場合、テレビカメラ200からのテレビカメラアイリス指令信号ICCが、テレビカメラ接続コネクタ15を介してテレビカメラアイリス制御切換スイッチ36とアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35のA入力端子に入力される。

0166

一方、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLのOFF信号が、テレビカメラ接続コネクタ15を介してテレビカメラアイリス制御切換スイッチ36の作動端子に入力される。これにより、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ36はB入力端子側に切り換わる。

0167

このため、テレビカメラアイリス指令信号ICCは、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35のA入力端子およびテレビカメラアイリス制御切換スイッチ36のB入力端子を介してアイリス制御器12に出力される。

0168

これにより、アイリス制御器12はアイリスモータ10を制御し、アイリス羽根9が駆動される。そして、アイリス羽根9の駆動に連動してアイリス位置検出器11がアイリス羽根9の位置に応じた位置信号をアイリス制御器12に出力する。アイリス制御器12は、この位置信号とテレビカメラアイリス指令信号ICCとの差が0となるようにアイリス羽根9を制御する。

0169

次に、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLがOFFで、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35がB側にセットされている場合、即ち撮影者によりアイリスローカル/カメラ選択スイッチ37′がオンされ、ローカル選択信号がアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35の作動端子に入力されることにより、アイリス操作ノブ26からのアイリスの制御が選択された場合のアイリス羽根9の制御について説明する。

0170

アイリス操作ノブ26が操作されると、その操作量に比例したアイリス操作指令信号がアイリス指令信号発生器27から出力され、テレビレンズ接続コネクタ21のdピン、デマンドケーブル19およびデマンド接続コネクタ17のdピンを介して指令信号切換スイッチ33の入力端子に入力される。

0171

このとき、アイリス認識信号出力器22′からの信号がテレビレンズ接続コネクタ21のcピン、デマンドケーブル19およびデマンド接続コネクタ17のcピンを介して指令信号切換スイッチ33の作動端子に入力される。これにより、指令信号切換スイッチ33はB側に切り換わり、アイリス操作指令信号はアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35のB入力端子に入力される。

0172

一方、テレビカメラ200からのアイリス強制切換信号ICLのOFF信号が、テレビカメラ接続コネクタ15を介してテレビカメラアイリス制御切換スイッチ36の作動端子に入力され、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ36はB入力端子側に切り換わる。

0173

このため、アイリス操作指令信号は、アイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35のB入力端子、テレビカメラアイリス制御切換スイッチ36のB入力端子を介してアイリス制御器12に供給される。

0174

これにより、アイリス制御器12はアイリスモータ10を制御し、アイリス羽根9が駆動される。そして、アイリス羽根9の駆動に連動してアイリス位置検出器11がアイリス羽根9の位置に応じた位置信号をアイリス制御器12に出力する。アイリス制御器12は、この位置信号とアイリス操作指令信号との差が0となるようにアイリス羽根9を制御する。

0175

以上説明したように、本実施形態によれば、撮影者は、フォーカスデマンド600′においてフォーカス操作ノブ31によるフォーカス操作を行いながら、簡単にアイリス操作ノブ26によるアイリス操作も自身の意思により行うことができる。

0176

また、入力指令切換回路(テレビカメラアイリス制御切換スイッチ36およびアイリスカメラレンズ制御切換スイッチ35)をフォーカスマンド600′側ではなく、テレビレンズ700′内に設けているので、アイリス操作ノブ26を有するフォーカスデマンド600′の構成を簡単化することができる。

0177

また、本実施形態では、テレビレンズ接続コネクタ21にアイリス操作ノブ26を有するフォーカスデマンド600′を接続し、テレビレンズ接続コネクタ20にズームデマンド500′を接続した場合について説明したが、テレビレンズ接続コネクタ21にズームデマンド500′を、テレビレンズ接続コネクタ20にアイリス操作ノブ26を有するフォーカスデマンド600′を接続しても、アイリス操作ノブ26を通じたアイリス操作が可能である。この場合、指令信号切換スイッチ32に、デマンド接続コネクタ16のdピンを通じてアイリス操作指令信号が入力されることになる。すなわち、指令信号切換スイッチ32とデマンド接続コネクタ16のdピンとを繋ぐラインが請求の範囲にいう光量調節指令入力ラインになる。

0178

そしてこの場合、指令信号切換スイッチ33の作動端子には、テレビレンズ接続コネクタ21およびデマンド接続コネクタ17のcピンを介してズームデマンド500′のズーム認識信号出力器34からの信号が入力されるため、指令信号切換スイッチ33はA側に切り換わる。したがって、サムリング24の操作量に比例したズーム指令信号は、テレビレンズ接続コネクタ21およびデマンド接続コネクタ17のdピン、さらには指令信号切換スイッチ33のA側を介してズーム制御器8に供給される。

0179

すなわち、テレビレンズ700′に設けられた光量調節指令入力ライン(デマンド接続コネクタ17のdピンと指令信号切換スイッチ33とを繋ぐライン)は、アイリス操作ノブ26を有するフォーカスデマンド600′からのアイリス操作指令信号の入力ラインおよびズームデマンド500′からのズーム指令信号の入力ラインとして兼用することが可能である。これにより、デマンド接続コネクタ17には、このコネクタ17のピン数を少なくしつつ、アイリス操作ノブ26を有するフォーカスデマンド600′とズームデマンド500′の双方を接続することができる。

0180

なお、本実施形態では、カメラ200側からのテレビカメラアイリス指令信号とデマンド600′側からのアイリス操作指令信号との電圧値がアイリス制御器12に対して共通である場合について説明したが、テレビカメラアイリス指令信号とアイリス操作指令信号との電圧値が異なる場合には、フォーカスデマンド600′内若しくはテレビレンズ700′内に、アイリス操作指令信号の電圧値をテレビカメラアイリス指令信号に一致させる電圧変換器を設けるようにしてもよい。

0181

また、本実施形態では、デマンド接続コネクタ、デマンドケーブル、テレビレンズ接続コネクタそれぞれのdピンをズーム指令信号とアイリス指令信号の共通のピンとした場合について説明したが、デマンド接続コネクタ、デマンドケーブル、テレビレンズ接続コネクタのそれぞれに1ピンずつ増設して、ズーム指令信号とアイリス指令信号をそれぞれ別のピンを通じて供給するようにしてもよい。

0182

また、本実施形態では、デマンド接続コネクタ16,17のピン配置を同一のものとして説明したが、これを各々ズームデマンド専用とフォーカスデマンド専用のピン配置としてもよい。

0183

また、上記各実施形態は、ズームレンズ光学系、フォーカスレンズ光学系およびアイリスといった光学調節手段と、これら光学調節手段の駆動・制御系モータ制御器および切換スイッチ等)とが1つの外装内に収められたテレビレンズについて説明したが、本発明は、ズームレンズ光学系、フォーカスレンズ光学系およびアイリスが収められた光学装置本体に、駆動・制御系を別ユニット化した光学装置駆動ユニットを装着するタイプの光学装置であって、光学装置駆動ユニットにデマンドが接続可能なものにも適用することができる。

0184

さらに、上記各実施形態では、ハード的な構成によりデマンド側からのアイリス制御を行えるようにした場合について説明したが、ソフトウェアにより同様にデマンド側からのアイリス制御を行えるようにしてもよい。

発明の効果

0185

以上説明したように、本発明によれば、駆動指令操作装置に、操作に応じて光量調節手段の駆動を指令するための光量調節指令信号を出力する光量調節操作手段を設け、また、光学装置又は駆動ユニットに上記駆動指令操作装置に設けられた光量調節操作手段から出力される光量調節指令信号に応じた光量調節手段の駆動を可能とする光量調節指令入力ラインを設けているので、使用者は、デマンド等の駆動指令操作装置において焦点調節操作や変倍調節操作を行いながら、簡単に光量調節操作も自身の意思により行うことができる。。

0186

なお、駆動指令操作装置において、カメラ指令入力ラインに入力された光量調節指令信号を光学装置又は駆動ユニットに出力するためのラインと、光量調節操作手段から出力された光量調節指令信号を光学装置又は駆動ユニットに出力するためのラインとを兼ねる光量調節指令出力ラインを設けるとともに、光学装置又は駆動ユニットにおいて、上記光量調節指令出力ラインにつながってカメラ指令入力ラインに入力された光量調節指令信号を受けるラインと光量調節操作手段から出力された光量調節指令信号を受けるラインとを兼ねる光量調節指令入力ラインを設ければ、駆動指令操作装置と光学装置又は駆動ユニットとを接続するコネクタのピン数の増加を抑えことができる。

0187

この場合、駆動指令操作装置に、光量調節指令出力ラインに対してカメラ指令入力ラインと光量調節操作手段とを選択的に接続する入力指令切換回路を設けるのがよいが、入力指令切換回路として、カメラ装置側から光量調節手段の駆動を行うことを示す信号がオンのときに光量調節指令出力ラインに対してカメラ指令入力ラインを接続し、カメラ装置側から光量調節手段の駆動を行うことを示す信号がオフのときに、操作に応じて光量調節指令出力ラインに対してカメラ指令入力ラインを接続するか光量調節操作手段を接続するかを切換えるものを用いることにより、カメラ装置側から光量調節手段の駆動を行うことを示す信号のオン・オフにかかわらず駆動指令操作装置において使用者がカメラ側から光量調節手段の駆動を行わせるか駆動指令操作装置側から光量調節手段の駆動を行わせるかを選択することができる。

0188

また、光学装置又は駆動ユニットに、カメラ装置から光量調節手段の駆動を指令するための光量調節指令信号が入力されるカメラ指令入力ラインと光量調節操作手段からの光量調節指令信号が入力される光量調節指令入力ラインとを設けるとともに、光量調節手段に対しカメラ指令入力ラインと光量調節指令入力ラインとを選択的に接続する入力指令切換回路を設ければ、光量調節操作手段を有する駆動指令操作装置の構成を簡略化することができる。

0189

この場合、入力指令切換回路として、カメラ装置側から光量調節手段の駆動を行うことを示す信号がオンのときに光量調節手段に対して前記カメラ指令入力ラインを接続し、カメラ装置側から光量調節手段の駆動を行うことを示す信号がオフのときに、駆動指令操作装置における使用者のマニュアル操作に応じて入力される信号のオン・オフに応じて光量調節手段に対してカメラ指令入力ラインを接続するか光量調節指令入力ラインを接続するかを切換えるものを用いれば、カメラ装置側から光量調節手段の駆動を行うことを示す信号のオン・オフにかかわらず駆動指令操作装置において使用者がカメラ側から光量調節手段の駆動を行わせるか駆動指令操作装置側から光量調節手段の駆動を行わせるかを選択することができる。

0190

また、駆動指令操作装置に、光量調節出力ラインを介して出力した光量調節指令信号が光量調節手段に入力されるよう光学装置又は駆動ユニット内の入力回路構成を切り換えるための信号を、光学装置又駆動ユニットに対して出力する信号出力手段を設けるとともに、光学装置又は駆動ユニットに、光量調節指令入力ラインを光量調節手段と焦点調節手段又は変倍調節手段とに選択的に接続する接続切換手段を設け、光量調節操作手段を有する駆動指令操作装置が接続されたときに、この駆動指令操作装置から入力される、駆動ユニット内の入力回路構成を切り換えるための信号に応じて接続切換手段を光量調節手段側に切り換え、この駆動指令操作装置からの光量調節指令信号を光量調節指令入力ラインを介して光量調節手段に入力させるようにし、光量調節操作手段を有さない駆動指令操作装置が接続されたときに、この駆動指令操作装置から駆動ユニット内の入力回路構成を切り換えるための信号が入力されないことに応じて接続切換手段を焦点調節手段又は変倍調節手段側に切り換えてこの駆動指令操作装置から光量調節指令入力ラインを介して焦点調節手段又は変倍調節手段の駆動を指令する指令信号を入力させるようにすれば、光学装置又は駆動ユニットの光量調節指令入力ラインを、光量調節操作手段を有する駆動指令操作装置からの光量調節指令信号の入力ラインおよび光量調節操作手段を有さない駆動指令操作装置からの焦点調節又は変倍調節のための指令信号の入力ラインとして兼用することが可能となり、駆動指令操作装置との接続に用いるコネクタのピン数を少なくしつつ、光量調節操作手段を有する駆動指令操作装置および光量調節操作手段を有さない駆動指令操作装置を接続することができる。

図面の簡単な説明

0191

図1本発明の第1実施形態である光学調節システムおよびカメラシステムの構成図。
図2本発明の第2実施形態である光学調節システムおよびカメラシステムの構成図。
図3本発明の第3実施形態である光学調節システムおよびカメラシステムの構成図。
図4本発明の第4実施形態である光学調節システムおよびカメラシステムの構成図。
図5テレビカメラ、テレビレンズを操作する際のイメージ図。

--

0192

100,100′,700,700′…テレビレンズ
200…テレビカメラ
300,300′,500,500′…ズームデマンド
400,400′,600,600′…フォーカスデマンドである。
1…フォーカスレンズ光学系
2…フォーカスモータ
3…フォーカス位置検出器
4…フォーカス制御器
5…ズームレンズ光学系
6…ズームモータ
7…ズーム位置検出器
8…ズーム制御器
9…アイリス羽根
10…アイリスモータ
11…アイリス位置検出器
12…アイリス制御器
13、14、32、33…指令信号切換スイッチ
15…テレビカメラ接続コネクタ
16,17…デマンド接続コネクタ
18,19…デマンドケーブル
20,21…テレビレンズ接続コネクタ
22,22′…アイリス認識信号出力器
23,23′36,36′…テレビカメラアイリス指令切換スイッチ
24…サムリング
25…ズーム指令信号発生器
26…アイリス操作ノブ
27…アイリス指令信号発生器
28,28′,35,35′…アイリスカメラレンズ指令切換スイッチ
29…フォーカス認信号出力器
30…フォーカス指令信号発生器
31…フォーカス操作ノブ
34…ズーム認識信号出力器
37,37′…アイリスローカル/カメラ選択スイッチ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ