図面 (/)

技術 複合被覆弾性糸及びその製造方法

出願人 東レ株式会社
発明者 木村俊彦梅田和生高橋徹三木芳幸井上啓
出願日 2000年4月3日 (20年7ヶ月経過) 出願番号 2000-100280
公開日 2001年10月19日 (19年1ヶ月経過) 公開番号 2001-288635
状態 未査定
技術分野 糸;糸またはロープの機械的な仕上げ
主要キーワード 伸縮荷重 転動ローラ 短繊維糸条 ソフトタッチ 被覆構造 レーヨン糸 複合被覆 集束ガイド
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年10月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

芯糸露出する目むきを起こさない複合被覆弾性糸及びその製造方法を提供する。

解決手段

芯糸の弾性糸1の周り鞘糸マルチフィラメント撚糸2が実質的無撚で被覆した無撚被覆構造の仮撚被覆弾性糸Yを構成し、該仮撚被覆弾性糸Yの周囲に長繊維糸条又は短繊維糸条Xが交絡した糸構造からなる複合被覆弾性糸Zである。弾性糸にマルチフィラメント糸を引揃えて仮撚加工することにより仮撚被覆弾性糸を製造し、該仮撚被覆弾性糸の周囲に長繊維糸条又は短繊維糸条を交絡処理して製造する。

概要

背景

特公平3−10739号公報(特許第165949号)は、ポリウレタン弾性糸芯糸にし、その周囲にポリアミドマルチフィラメント撚糸を実質的無撚で被覆した無撚被覆構造を有する仮撚被覆弾性糸を開示している。この仮撚被覆弾性糸はソフトな風合を有するためタイツパンティストッキング等の用途に使用され、需要者から高い評価を得ている。

しかし、上記仮撚被覆弾性糸を使用して編成したタイツ、パンティストッキング等の製品は、特になどの屈曲部で仮撚被覆弾性糸が他の箇所よりも大きな伸縮荷重を繰り返し受けることにより、芯糸の弾性糸鞘糸のポリアミドマルチフィラメント仮撚糸の間に露出し、所謂「目むき」と称する現象を生じやすい状態になっていた。すなわち、芯糸のポリウレタン弾性糸は鞘糸のポリアミド糸に比べて染料に染まり難いため、鞘糸に比べて淡色に染まってしまうのである。そのため、上記のように目むきが生じた箇所では、その目むき部の淡色状態スジ状に顕れて目立つようになるからである。

概要

芯糸が露出する目むきを起こさない複合被覆弾性糸及びその製造方法を提供する。

芯糸の弾性糸1の周りを鞘糸のマルチフィラメント仮撚糸2が実質的無撚で被覆した無撚被覆構造の仮撚被覆弾性糸Yを構成し、該仮撚被覆弾性糸Yの周囲に長繊維糸条又は短繊維糸条Xが交絡した糸構造からなる複合被覆弾性糸Zである。弾性糸にマルチフィラメント糸を引揃えて仮撚加工することにより仮撚被覆弾性糸を製造し、該仮撚被覆弾性糸の周囲に長繊維糸条又は短繊維糸条を交絡処理して製造する。

目的

本発明の目的は、上述した従来の問題を解消し、芯糸が露出する目むきを起こさない複合被覆弾性糸及びその製造方法を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

芯糸弾性糸周り鞘糸マルチフィラメント撚糸が実質的無撚で被覆した無撚被覆構造の仮撚被覆弾性糸を構成し、該仮撚被覆弾性糸の周囲に長繊維糸条又は短繊維糸条交絡した糸構造からなる複合被覆弾性糸。

請求項2

前記芯糸がポリウレタン弾性糸であり、前記鞘糸がポリアミド又はポリエステルのマルチフィラメント仮撚糸である請求項1に記載の複合被覆弾性糸。

請求項3

前記長繊維糸条がポリアミドフィラメント加工糸絹糸アセテート糸又はレーヨン糸である請求項1又は2に記載の複合被覆弾性糸。

請求項4

前記短繊維糸条が綿スパン糸、アセテートスパン糸又はレーヨンスパン糸である請求項1,2又は3に記載の複合被覆弾性糸。

請求項5

弾性糸にマルチフィラメント糸を引揃えて仮撚加工することにより仮撚被覆弾性糸を製造し、該仮撚被覆弾性糸の周囲に長繊維糸条又は短繊維糸条を交絡処理する複合被覆弾性糸の製造方法。

請求項6

前記仮撚被覆弾性糸と前記長繊維糸条又は短繊維糸条の給糸フィード率を互いに異ならせて交絡処理する請求項5に記載の複合被覆弾性糸の製造方法。

請求項7

前記仮撚被覆弾性糸の仮撚方向と前記長繊維糸条又は短繊維糸条の元撚の撚方向とを同一方向にする請求項5又は6に記載の複合被覆弾性糸の製造方法。

技術分野

0001

本発明は複合被覆弾性糸及びその製造方法に関し、さらに詳しくは、タイツ等に編成したときに等の屈曲部芯糸露出する目むきを発生し難くした複合被覆弾性糸及びその製造方法に関する。

背景技術

0002

特公平3−10739号公報(特許第165949号)は、ポリウレタン弾性糸を芯糸にし、その周囲にポリアミドマルチフィラメント撚糸を実質的無撚で被覆した無撚被覆構造を有する仮撚被覆弾性糸を開示している。この仮撚被覆弾性糸はソフトな風合を有するためタイツ、パンティストッキング等の用途に使用され、需要者から高い評価を得ている。

0003

しかし、上記仮撚被覆弾性糸を使用して編成したタイツ、パンティストッキング等の製品は、特に膝などの屈曲部で仮撚被覆弾性糸が他の箇所よりも大きな伸縮荷重を繰り返し受けることにより、芯糸の弾性糸が鞘糸のポリアミドマルチフィラメント仮撚糸の間に露出し、所謂「目むき」と称する現象を生じやすい状態になっていた。すなわち、芯糸のポリウレタン弾性糸は鞘糸のポリアミド糸に比べて染料に染まり難いため、鞘糸に比べて淡色に染まってしまうのである。そのため、上記のように目むきが生じた箇所では、その目むき部の淡色状態スジ状に顕れて目立つようになるからである。

発明が解決しようとする課題

0004

本発明の目的は、上述した従来の問題を解消し、芯糸が露出する目むきを起こさない複合被覆弾性糸及びその製造方法を提供することにある。

課題を解決するための手段

0005

上記目的を達成する本発明の複合被覆弾性糸は、芯糸の弾性糸の周りを鞘糸のマルチフィラメント仮撚糸が実質的無撚で被覆した無撚被覆構造の仮撚被覆弾性糸を構成し、該仮撚被覆弾性糸の周囲に長繊維糸条又は短繊維糸条交絡した糸構造からなることを特徴とするものである。

0006

このように芯糸の弾性糸と鞘糸のマルチフィラメント仮撚糸からなる仮撚被覆弾性糸の周りに、長繊維糸条又は短繊維糸条が交絡した構成にしたため、内側の芯糸が鞘糸の外側へ露出し難くなり、目むきを生じにくくなる。また、外側に巻き付けている長繊維糸条又は短繊維糸条の特性を適宜選択することにより、この複合被覆弾性糸から編成した編地ソフトタッチスパンライク、光沢、高吸湿性発色性などの新しい風合や機能を付与することができる。

0007

上記本発明の複合被覆弾性糸の製造方法は、弾性糸にマルチフィラメント糸を引揃えて仮撚加工することにより仮撚被覆弾性糸を製造し、該仮撚被覆弾性糸の周囲に長繊維糸条又は短繊維糸条を交絡処理することを特徴とするものである。

発明を実施するための最良の形態

0008

本発明の複合被覆弾性糸は主要部が仮撚被覆弾性糸から構成され、その仮撚被覆弾性糸は、弾性糸を芯糸にし、その外周をマルチフィラメント仮撚糸が鞘糸として撚回・反転して実質的無撚で被覆する無撚被覆構造を有している。芯糸に使用する弾性糸は特に限定されないが、例えばポリウレタン系弾性糸ポリエーテ系弾性糸などが好ましく使用される。また、鞘糸に使用するマルチフィラメント仮撚糸は、仮撚加工可能な合成繊維であれば特に限定されない。例えば、ポリアミドマルチフィラメント、ポリエステルマルチフィラメントなどからなる仮撚糸が好ましく使用される。

0009

本発明の複合被覆弾性糸は、上記仮撚被覆弾性糸の周囲に長繊維糸条又は短繊維糸条が交絡して形成されている。このように長繊維糸条又は短繊維糸条が外周に交絡していることにより、過剰な繰り返し伸縮を受けても、仮撚被覆弾性糸の芯糸が外側へ露出する目むきの発生を抑制することができる。

0010

長繊維糸条又は短繊維糸条に使用される糸条は特に限定されないが、その糸条の選択により、新しい風合や機能を付与することができるので、これら新たに付与される要因を考慮して選択するとよい。

0011

例えば、長繊維糸条の場合には、ポリアミド加工糸ポリエステル加工糸絹糸アセテート糸、レーヨン糸などを挙げることができるが、ポリアミド加工糸やポリエステル加工糸ではソフトさやサラサラ感などを、絹糸では光沢、吸湿性、しなやかさなどを、アセテート糸やレーヨン糸では発色性やドライ感などを与えることができる。

0012

また、短繊維糸条の場合には、綿スパン糸、アセテートスパン糸、レーヨンスパン糸などを挙げることができ、綿スパン糸では吸湿性やスパンライク感などを、アセテートスパン糸やレーヨンスパン糸の場合には発色性やドライ感などを与えることができる。

0013

なお、仮撚被覆弾性糸に交絡させる糸条として仮撚加工糸を用いると、高ストレッチ性を得ることができ、ポリプロピレンテレフタレートポリブチレンテレフタレートを用いると、さらに高ストレッチ性を得ることができる。

0014

図1及び図2は、それぞれ本発明の複合被覆弾性糸を例示した側面図である。

0015

複合被覆弾性糸Zは、いずれの場合も中心部に仮撚被覆弾性糸Yを配置し、その周囲に長繊維糸条又は短繊維糸条Xが交絡するように構成されている。交絡の態様は色々あり、図1の複合被覆弾性糸Zの場合は、所謂インターレース型といわれるもので、糸条の長手方向に糸同士が強く交絡する交絡部Eを間欠的に有している。これに対して、図2の複合被覆弾性糸Zの場合は、糸条の長手方向の全体に渡って、長繊維糸条又は短繊維糸条Xが多数のループを形成しながら互いに絡み合い、さらに仮撚被覆弾性糸Yの鞘糸2にも絡んだ構成になっている。

0016

上記複合被覆弾性糸において、中心部の仮撚被覆弾性糸Yは、弾性糸1を芯糸とし、その外周にマルチフィラメント仮撚糸2が鞘糸として長手方向に沿って撚回・反転しながら無撚で被覆した無撚被覆構造になっている。弾性糸1にはポリウレタン弾性糸やポリエーテル弾性糸などが使用され、本数は1本又は2本が配置される。勿論、それ以上の本数であってもよい。また、マルチフィラメント仮撚糸2には、ポリアミド、ポリエステルなどの合成繊維が使用される。このうちポリアミドはナイロン6又はナイロン66が好ましく、ポリエステルはポリエチレンテレフタレートが好ましい。

0017

交絡させる糸条Xは長繊維糸条及び短繊維糸条のいずれであってもよい。前述したように、長繊維糸条の場合には、ポリアミド加工糸、ポリエステル加工糸、絹糸、アセテート糸、レーヨン糸などが、短繊維糸条の場合には、綿スパン糸、アセテートスパン糸、レーヨンスパン糸などが好ましく使用される。

0018

上述した本発明の複合被覆弾性糸は、弾性糸をドラフトし、これにマルチフィラメント糸を引揃えて仮撚加工して仮撚被覆弾性糸を製造する第1の工程と、この仮撚被覆弾性糸に長繊維糸条又は短繊維糸条を交絡処理する第2の工程との組合せにより製造することができる。仮撚加工は摩擦仮撚が好ましく、その摩擦仮撚に採用するツイスターとしては、2軸式ディスク型ツイスターや3軸式ディスク型ツイスターが好ましく使用される。

0019

第2工程の交絡処理において、仮撚被覆弾性糸と長繊維糸条又は短繊維糸条との給糸フィード率は互いに異ならせることが好ましい。このように給糸フィード率に差を与えることにより交絡数を多くしたり、交絡の強さを大きくし、目むきの発生を一層低減させることができる。双方糸条間の給糸フィード率の大小関係はいずれが大きくてもよい。また、長繊維糸条又は短繊維糸条の元撚の撚方向を仮撚被覆弾性糸の仮撚の撚方向と一致させるようにすると、交絡による被覆性を向上することができる。

0020

図3は、仮撚被覆弾性糸を製造する第1の工程を例示する。

0021

3は芯部原糸用のポリウレタン弾性糸1が巻かれたパッケージであり、一対の転動ローラ5に回動自在に支持されている。このパッケージ3からポリウレタン弾性糸1がドラフトされながら、供給ローラ7により横方向に解舒される。他方、4は部原糸用のポリアミドマルチフィラメント糸2’が巻かれたパッケージであり、図示しない支持に支持されている。このパッケージ4からポリアミドマルチフィラメント糸2’が供給ローラ7により引き出され、上記のようにドラフト中のポリウレタン弾性糸1に集束ガイド6を介して引揃え合糸される。

0022

合糸されたポリウレタン弾性糸1とポリアミドマルチフィラメント糸2’とは、供給ローラ7から該供給ローラ7よりも周速度をやや速くした引取ローラ8に引き取られ、両ローラ間を移動する間にディスク型ツイスター10により摩擦仮撚りされる。ディスク型ツイスター10は加撚の撚を与え、そのツイスター10を通過後、解撚する。上流側で加撚された撚はヒータ9により熱セットされ、冷却されたのち解撚されて仮撚被覆弾性糸Yになり、チーズ11に巻き上げられる。

0023

図4は、第1の工程で得た仮撚被覆弾性糸Yに長繊維糸条又は短繊維糸条を交絡させる第2の工程を例示する。

0024

仮撚被覆弾性糸Yが巻かれたチーズ11は一対の転動ローラ12に回動自在に支持され、供給ローラ13により仮撚被覆弾性糸Yが引き出されるようになっている。他方、長繊維糸条又は短繊維糸条Xが巻かれたチーズ16は図示しない支持棒に支持され、供給ローラ17により軸方向に解舒されながら引き出されるようになっている。

0025

供給ローラ13に引き出された仮撚被覆弾性糸Yと、供給ローラ17により引き出された長繊維糸条又は短繊維糸条Xとは、双方の給糸フィード率を互いに異ならせて、引取ローラ19で引き取りながらインターレース型交絡ノズル18の中に通過させ圧縮空気で交絡処理する。この交絡処理により、仮撚被覆弾性糸Yの周囲に長繊維糸条又は短繊維糸条Xが絡み付くと共に、長繊維糸条又は短繊維糸条Xの糸条自身も互いに交絡し、特に強く絡みあった交絡部Eを長手方向に間欠的に形成するようにした複合被覆弾性糸Zになって(図1参照)、チーズ20に巻き上げられる。

0026

図2に示すように、多数のループと交絡とを有する複合被覆弾性糸Zを製造する場合には、交絡ノズル18として流体乱流型のノズル(所謂“タスラン”のノズル)を使用し、かつ供給ロール17と引取ロール19との間のオーバフィード率を大きくすればよい。なお、仮撚被覆弾性糸の仮撚方向と空気混繊する糸条の撚方向は被覆性および集束性から同方向、つまり仮撚方向がSであれば、混繊する糸条もS撚であること、ZであればZ撚である組合せが好ましい。

0027

本発明の複合被覆弾性糸は、特にタイツ、パンティストッキング、スポーツウェアニットインナーなどの編地、ストレッチ織物等に好適に使用することができる。

0028

以下に説明する実施例において、評価に使用した「目むき度」及び「目むき発生率」は、それぞれ下記の測定方法により測定したものである。

0029

〔目むき度〕試料糸に13.7cNの荷重を吊るして30cmの間隔に印を付け、次いで荷重を外して12cm弛緩させ、上記30cmの間隔を18cmの試料長さにする。再び13.7cNの荷重を吊るして30cmまで伸長する。この操作を4回繰り返し、5回目弛緩状態の試料長さを固定し、その試料長さ内に存在する目むき(鞘糸から芯糸が露出した箇所)の数nを測定する。この測定を20本(合計6m)の試料について行い、次式から目むき度を計算する。

0030

目むき度(%)=(Σn/20)×100
〔目むき発生率〕目むき発生率は、編地使用中に目むきが徐々に増加する過程抵抗性尺度を示すものであり、次のように測定する。

0031

タイツ用に編成した筒編地横幅方向の置寸として10mmの間隔に印を付ける。次いで、この編地の横方向に徐々に伸長を加えた時、伸長されたループ間から淡染した弾性糸(ポリウレタン弾性糸)が見え始めたときの上記置寸が変化した間隔をL1 とする。この測定を10回繰り返し、その平均値をLO として、次式から目むき発生率を計算する。

0032

目むき発生率(%)=〔1−(LO −10)/10〕×100
実施例1
繊度33dtexのポリウレタン弾性糸を芯糸にし、繊度78dtex,68フィラメントのナイロン66マルチフィラメント糸を鞘糸に使用して、図3に示す仮撚加工工程により、仮撚数3200(S撚)T/m、加熱温度180℃、加工ドラフト1.27倍、ポリウレタン弾性糸のドラフト2.8倍、D/Y比2.0、巻取フィード率+6%、加工速度230m/分で摩擦仮撚加工することにより、仮撚被覆弾性糸を得た。

0033

次いで、図4の交絡処理工程により、上記で得た仮撚被覆弾性糸と繊度44dtexのアセテート糸とを、前者の給糸フィード率−4.9%、後者の給糸フィード率+0.2%、交絡ノズル18の圧力0.392MP、巻取フィード率−0.8%にして交絡処理して複合被覆弾性糸を製造した。

0034

得られた複合被覆弾性糸の目むき度は0.8%であり、かつ目むき発生率は58%であった。これに対して上記仮撚被覆弾性糸だけの編地の目むき発生率を測定したところ85%であった。

0035

実施例2
繊度22dtexのポリウレタン弾性糸を芯糸にし、繊度56dtex,40フィラメントのナイロン6マルチフィラメント糸を鞘糸に使用して、図3に示す仮撚加工工程により、仮撚数4200(S撚)T/m、加熱温度175℃、加工ドラフト1.26倍、加工速度200m/分、D/Y比2.1、ポリウレタン弾性糸のドラフト2.9倍、巻取フィード率+7%で摩擦仮撚加工することにより、仮撚被覆弾性糸を得た。

0036

次いで、図4の交絡処理工程により、上記で得た仮撚被覆弾性糸と繊度30dtexの絹糸とを、前者の給糸フィード率+2.7%、後者の給糸フィード率−5.7%にして、交絡ノズル18の圧力0.294MPで交絡処理して、巻取フィード率−3.0%にて複合被覆弾性糸を製造した。

0037

得られた複合被覆弾性糸の目むき度は0.9%であり、かつ目むき発生率は49%であった。これに対して上記仮撚被覆弾性糸だけの編地の目むき発生率を測定したところ80%であった。

発明の効果

0038

上述したように本発明によれば、芯糸の弾性糸と鞘糸のマルチフィラメント仮撚糸からなる仮撚被覆弾性糸の周りに、長繊維糸条又は短繊維糸条が交絡した構成にしたため、内側の芯糸が鞘糸の外側へ露出し難くなり、目むきを生じにくくなる。また、外側に巻き付けている長繊維糸条又は短繊維糸条の特性を適宜選択することにより、この複合被覆弾性糸から編成した編地にソフトタッチ、スパンライク、光沢、高吸湿性、発色性などの新しい風合や機能を付与することができる。

図面の簡単な説明

0039

図1本発明の複合被覆弾性糸の一例を示す側面図である。
図2本発明の複合被覆弾性糸の他の例を示す側面図である。
図3本発明の複合被覆弾性糸の製造方法の第1工程を例示する説明図である。
図4本発明の複合被覆弾性糸の製造方法の第2工程を例示する説明図である。

--

0040

巻付け糸
Y 仮撚被覆弾性糸
Z複合被覆弾性糸
E交絡部
1 弾性糸
2マルチフィラメント仮撚糸
2’マルチフィラメント糸
3 (弾性糸の)パッケージ
4 (マルチフィラメント糸の)パッケージ
7,13,17供給ローラ
8,19 引取ローラ
9ヒータ
10ディスク型ツイスター
11 (仮撚被覆弾性糸の)チーズ
16 (交絡用糸の)チーズ
18交絡ノズル
20 (複合被覆弾性糸の)チーズ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ