図面 (/)

技術 室外用コンセントを回転させ、プラグの差し込みを容易にした室外用コンセント。また室外用コンセントに、鏡又はメッキ物などの、物が映る特性を持った材料を備え付け又は備えた形状にし、プラグの差し込みを容易にした室外用コンセントである。

出願人 有限会社林造園
発明者 林喜代弘牛込秀光岩崎俊昭渡辺真久小林高志
出願日 2000年4月1日 (19年7ヶ月経過) 出願番号 2000-136419
公開日 2001年10月12日 (18年1ヶ月経過) 公開番号 2001-283971
状態 未査定
技術分野 コネクタハウジング及び接触部材の保持
主要キーワード ヒンジ形状 ハンダゴテ ステンレステープ 差し込み作業 コンセントカバー メッキ物 アルミテープ メッキ工場
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年10月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

室外コンセントに、プラグを差し込む時間の短縮をする。

解決手段

室外用コンセントを手で手前に軽く引き回転させ、プラグの差し込み口見えたら、プラグを差し込むこのタイプは、留め具9を付けないで、室外用コンセントの重みだけで、留める方法である。室外用コンセントの台8の下部より留め具の出ている突起を、指で軽く押し上げると、台8と室外用コンセントが留め具の解除により、手前に回転できる、手で軽く手前に回転させると、プラグの差し込み口が確認出来る。確認できたらプラグを差し込む。使用後は、室外用コンセントを軽く台8に押すと、留め具9が押し上げられ、穴10に組み入ると、バネ11により留め具9が下がり、台8と室外用コンセント2を留める事が出来る。

概要

背景

従来の室外コンセントは、を低くしのぞき込んでコンセントの位置を確かめ、大変な思いをして、プラグをコンセントに差し込んでいた。この作業をすると、なかなか差し込む事が出来ないので、腰などを痛めたり、作業に時間が掛かったり、いらいらした違和感があった。この様に従来の室外用コンセントには、不具合が多かった。

概要

室外用コンセントに、プラグを差し込む時間の短縮をする。

室外用コンセントを手で手前に軽く引き回転させ、プラグの差し込み口見えたら、プラグを差し込むこのタイプは、留め具9を付けないで、室外用コンセントの重みだけで、留める方法である。室外用コンセントの台8の下部より留め具の出ている突起を、指で軽く押し上げると、台8と室外用コンセントが留め具の解除により、手前に回転できる、手で軽く手前に回転させると、プラグの差し込み口が確認出来る。確認できたらプラグを差し込む。使用後は、室外用コンセントを軽く台8に押すと、留め具9が押し上げられ、穴10に組み入ると、バネ11により留め具9が下がり、台8と室外用コンセント2を留める事が出来る。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

室外コンセントと、その室外用コンセントカバー一緒に回転させ、プラグ差し込み口を正面で見える様にした事を特徴とした、室外用コンセントである。

請求項2

室外用コンセント下部付近に、鏡又はメッキ物などの、物が映る特性を持った材料を備え付けた、又は備えた形状にし、プラグの差し込み口を鏡又は、メッキ物などの、物が映る特性を持った材料に映す事の出来る形状にした事を特徴とした、室外用コンセントである。

請求項3

室外用コンセント下部付近を、メッキを施した形状にし、物が映る特性を持たせ、そのメッキ部分にプラグの差し込み口を映す事の出来る形状にした事を特徴とした、室外用コンセントである。

技術分野

0001

本発明は、室外コンセントを回転させる事により、プラグを容易に差し込む事の出来る、室外用回転式コンセントである。また、室外用コンセントの下部部分に、鏡又はメッキ物などの、物が映る特性を持った材料を備え付け、又は備えた形状にし、プラグの差し込み口を、鏡又はメッキ物などの物が映る特性を持った材料に映し、プラグの差し込みを容易にした、鏡又はメッキ物などを付けた室外用コンセントである。室外用コンセント下部付近を、メッキを施した形状にし、物が映る特性を持たせ、そのメッキ部分にプラグの差し込み口を映す事で、プラグの差し込みを容易にしたメッキ付き室外用コンセントである。

背景技術

0002

従来の室外用コンセントは、を低くしのぞき込んでコンセントの位置を確かめ、大変な思いをして、プラグをコンセントに差し込んでいた。この作業をすると、なかなか差し込む事が出来ないので、腰などを痛めたり、作業に時間が掛かったり、いらいらした違和感があった。この様に従来の室外用コンセントには、不具合が多かった。

発明が解決しようとする課題

0003

1、室外用コンセントに、プラグを差し込む時間の短縮をする。
2、室外用コンセントに、プラグを容易に差し込む事の出来る様にする。
3、室外用コンセントに、プラグを差し込む作業に発生していた違和感の解消をする。
4、室外用コンセントに、プラグを差し込む作業に発生していた腰などを痛める事が無い様にする。

課題を解決するための手段

0004

室外用コンセントを手で手前に軽く引き回転させ、プラグの差し込み口が見えたら、プラグを差し込む(1)のタイプは、留め具(9)を付けないで、室外用コンセントの重みだけで、留める方法である。室外用コンセントの台(8)の下部より留め具の出ている突起を、指で軽く押し上げると、台(8)と室外用コンセントが留め具の解除により、手前に回転できる、手で軽く手前に回転させると、プラグの差し込み口が確認出来る。確認できたらプラグを差し込む。使用後は、室外用コンセントを軽く台(8)に押すと、留め具(9)が上に押し上げられ、穴(10)に組み入ると、バネ(11)により留め具(9)が下がり、台(8)と室外用コンセント(2)を確り留める事が出来る。室外用コンセントの下部部分に、鏡又はメッキ物などの、物が映る特性を持った材料を備え付け、又は備えた形状にした本発明に映ったプラグの差し込み口を確認し、そこにプラグを差し込む。室外用コンセント下部付近を、メッキを施した形状にし、物が映る特性を持たせ、そのメッキ部分にプラグの差し込み口を映し、そこにプラグを差し込む。以上の事により、プラグの差し込みが容易に出来、差し込み作業に掛かる時間の短縮、差し込み作業に発生していた、腰などを痛める危険性を無くし、またいらいらなどの違和感の解消が出来る。

発明を実施するための最良の形態

0005

室外用コンセントにヒンジ形状を設け、プラグの差し込み口を手で軽く手前に回転させ、プラグの差し込み口が見えたら、プラグを差し込む。室外用コンセントの下部部分に、鏡又はメッキ物などの、物が映る特性を持った材料を備え付け、又は備えた形状にし、そこに映し出されたプラグの差し込み口に、プラグを差し込む。室外用コンセント下部付近を、メッキを施した形状にし、物が映る特性を持たせ、そのメッキ部分にプラグの差し込み口を映し、そこにプラグを差し込む

0006

室外用コンセント(2)に台(8)を付け、室外用コンセントと台(8)の上部の部分にヒンジ(4)を設け、台(8)の下部部分に留め具(9)を設け、留め具がいつも下方向に力が掛かる様に、バネ(11)を留め具に組み込んだ。台(8)に取り付けた留め具の、コンセント側に当たる位置に、穴(10)を明けた。留め具(9)は台の下部より1cm飛び出す形状にした。この飛び出した突起を指で上に押し、室外用コンセント(2)が台(8)より解除されてから、手で室外用コンセントを手前に軽く引くと、室外用コンセントが回転し、プラグの差し込み口(5)が見え、そこにプラグ(12)を差し込んだ。使用後は、室外用コンセントを軽く台(8)に押すと、留め具(9)が上に押し上げられ、穴(10)に組み入ると、バネ(11)により留め具(9)が下がり、台(8)と室外用コンセント(2)を確り留める事が出来た。また(1)のタイプは、留め具(9)を付けないで、室外用コンセントの重みだけで、留める方法である。この方法でも扇風機で横から風を強く当ても、室外用コンセントが上に回転して持ち上がる事は無かった。室外用コンセントの下部に、、鏡又はメッキ物、ステンレステープアルミテープ銅テープステンレス板銅板、磨いたアルミ板など、物が映る特性を持った材料を、取り付ける為の台(3)を付けた。(3)はプラスチック樹脂板状の物をカッターナイフカットし、接着剤で室外用コンセントの下部に取り付けた。取り付け角度は、やや手前斜めに取り付けた。やや斜めに取り付けた理由は、雨などが室外用コンセントを取り付けた壁側に流れない様にする事。室外用コンセントは、建物外壁下部部分に取り付ける事がほとんどなので、使用者が斜め上から見る角度に適当なので斜めにした。その台(3)に鏡(6)、メッキ物、ステンレス板、磨いたアルミ板、銅板、を両面テープで室外用コンセントの下部に取り付けた。ステンレステープ、アルミテープ、銅テープなどは接着剤が付いているので7cmに切り、そのまま取り付ける為の台(3)に張り付けた。また、プラスチック樹脂にメッキしてある物は、台(3)を付けないで、そのまま接着剤で、室外用コンセントの下部に取り付け留める事が出来た。鏡は、7cm×2,3cmの物を使用した。鏡(6)に(5)が映った状態(7)の様になった。(7)を見ながらプラグ(12)を、プラグの差し込み口に差し込んだ。この試作実験でで確認できた事は、鏡、メッキ物、特にプラスチック樹脂にメッキを施した材料、ステンレス板は、プラグの差し込み口が映し出される鮮明度が高く良く確認できた。ステンレステープ、アルミテープ、銅テープ、銅板、磨いたアルミ板は、プラグの差し込み口が映し出される鮮明度が、鏡、メッキ物、特にプラスチック樹脂にメッキを施した材料、ステンレス板に比べプラグの差し込み口の映りが、鮮明に映し出されなく、確認するのに手間取った。また、室外用コンセント下部に、7cm×2,3cmのプラスチック樹脂板を、ハンダゴテで溶かし、やや手前斜めに溶着させた、それをメッキ工場で、室外用コンセント下部に取り付けた、7cm×2,3cmのプラスチック樹脂板部分をメッキしてもらった。メッキした部分に、プラグの差し込み口が鮮明に映り確り確認できた、プラグも容易に差し込む事が出来た。プラグを差し込む時、室外用コンセントをのぞき込まなくても、プラグの差し込み口が確認出来たので、作業に使用した時間は大変少なく、また作業に伴ういらいらなどの違和感も無く、腰などを痛める事も無かった。

発明の効果

0007

本発明を使用する事により、室外用コンセントをのぞき込まなくても、室外用コンセントを手前に回転する事が出来るので、プラグの差し込み口が確認でき、容易にプラグを差し込むことが出来る。また室外用コンセントの下部に、鏡又はメッキ物などの、物が映る特性を持った材料を備え付け、又は備えた形状にし、そこにプラグの差し込み口が映るので、室外用コンセントをのぞき込まなくても、プラグの差し込みが容易に出来る。室外用コンセントの下部を、メッキを施した形状にし、物が映る特性を持たせ、そのメッキ部分にプラグの差し込み口を映し、そこにプラグを容易に差し込む事が出来る。容易にプラグを差し込む事が出来るので、プラグを差し込む作業時間の短縮と、差し込む作業に発生していた、いらいらの違和感の解消、のぞき込まなくてもプラグの差し込みが出来るので、腰などを痛める事が無くなった。この様に本発明は、新規性があり画期的な室外用コンセントである。

図面の簡単な説明

0008

図1本発明の室外用コンセント斜視図
図2本発明の室外用コンセントの仕組みとプラグの斜視図

--

0009

1 本発明の室外用コンセントを回転させた室外用コンセント
2 室外用コンセント
3 鏡などを取り付ける為の台
4ヒンジ
5プラグの差し込み口
6 鏡
7 鏡に映ったプラグの差し込み口
8 室外用コンセントの台
9留め具
10バネ
11 留め具を留める穴
12 プラグ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ケル株式会社の「 分岐コネクタ装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】小型化を図ることができるとともに、多極化への設計変更も容易となる分岐コネクタ装置を提供する。【解決手段】分岐コネクタ50は、分岐ハウジング200と、分岐ハウジング200内に左右方向に並んだ状態... 詳細

  • SMK株式会社の「 電気コネクタ」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】小型化及び薄型化することができると共に生産性を向上させること。【解決手段】電気コネクタ1は、板状部12と、板状部12の後方に設けられると共に板状部12よりも側方に突出する本体部11と、を備える... 詳細

  • 株式会社オートネットワーク技術研究所の「 コネクタ」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】組付工程を簡素化しつつ、端子と電線との接続部分の損傷を抑制することが可能なコネクタを提供する。【解決手段】コネクタ10は、第1の電線12Aと第2の電線12Bとを有する複数の電線12と、複数の電... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ