図面 (/)

技術 警報器、警報器及び外部機器間に設けられた信号変換器、警報装置

出願人 矢崎総業株式会社
発明者 豊田和男永田敏中江浩史本荘妙子
出願日 2000年3月17日 (20年0ヶ月経過) 出願番号 2000-076738
公開日 2001年9月28日 (18年5ヶ月経過) 公開番号 2001-266262
状態 未査定
技術分野 電気的手段による材料の調査、分析 異常警報装置 火災警報装置
主要キーワード 警報表示盤 連動機器 部品配置図 警報点 ガス検出信号 パルス駆動信号 吸収回路 有電圧出力
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年9月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

ガス警報動作及び火災警報動作を行える警報器信号変換器警報装置を提供する。

解決手段

センサで検出された検出信号に基づきガス警報を示す有電圧信号または火災警報を示す無電圧信号を出力する警報器1と該警報器1からの有電圧信号に基づき警報を発生する連動機器30aとの間に設けられた信号変換器40であって、警報器1から受信した受信信号が有電圧信号か否かを判定する有電圧判定回路31と、警報器1からの無電圧信号を受信する無電圧受信回路33と、受信信号が有電圧信号であると判定されたとき有電圧信号を連動機器30aに出力し、無電圧信号を受信したときに無電圧信号に基づき有電圧信号を発生しその有電圧信号を連動機器30aに出力する有電圧発生回路37とを備える。

概要

背景

ガス警報器は、室内の天井や壁等に取り付けられており、室内でガス漏れが発生すると、ガス警報器に有するガスセンサガス検知信号を出力し、このガス検知信号がガス警報点以上となったときにガス警報信号によりガス警報がスピーカ報知される。

また、ガス警報器は、ガス警報信号に基づきガス警報を示す12V等の有電圧信号警報器アダプターに出力する。この警報器アダプターの部品配置図を図7に示し、警報器アダプターの回路構成図を図8に示す。

図7及び図8を用いて警報器アダプターの動作を説明すると、まず、ガス警報器に、点検ガスによってガスをかけて警報させ、警報ランプ点灯するとともに、有電圧信号が6Vから12Vになり、12Vの有電圧信号が有電圧出力部材114を介して警報器アダプターに送られる。

警報器アダプターでは、12Vの有電圧信号がダイオード103を介して抵抗108及びフォトダイオード印加されて、フォトダイオード112が点灯する。また、12Vの有電圧信号がダイオード103及び抵抗109を介してツェナーダイオード104に印加されると、ツェナーダイオード104が降伏してトランジスタ102がオンし、電磁コイル111に励磁電流が流れる。

このため、リレー115がオンし、信号線113a,113bから無電圧信号が図示しないガス警報表示盤等に送られて、このガス警報表示盤等がガス漏れを表示する。このように、警報アダプターは、有電圧信号を無電圧信号に変換している。

一方、火災警報器は、室内の天井や壁等に取り付けられており、室内で火災が発生すると、火災警報器に有する火災センサ火災検知信号を出力し、この火災検知信号が火災警報点以上となったときに火災警報が報知される。また、火災警報器は、火災警報信号に基づき火災警報を示す無電圧信号を出力している。

概要

ガス警報動作及び火災警報動作を行える警報器、信号変換器警報装置を提供する。

センサで検出された検出信号に基づきガス警報を示す有電圧信号または火災警報を示す無電圧信号を出力する警報器1と該警報器1からの有電圧信号に基づき警報を発生する連動機器30aとの間に設けられた信号変換器40であって、警報器1から受信した受信信号が有電圧信号か否かを判定する有電圧判定回路31と、警報器1からの無電圧信号を受信する無電圧受信回路33と、受信信号が有電圧信号であると判定されたとき有電圧信号を連動機器30aに出力し、無電圧信号を受信したときに無電圧信号に基づき有電圧信号を発生しその有電圧信号を連動機器30aに出力する有電圧発生回路37とを備える。

目的

そこで、本発明は、外部機器がガス警報動作及び火災警報動作を行えるようにするための警報器及び信号変換器、警報器及び外部機器を備える警報装置を提供することを課題とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

センサで検出された検出信号に基づきガス警報を示す有電圧信号または火災警報を示す無電圧信号を出力する警報器と該警報器からの前記有電圧信号に基づき警報を発生する外部機器との間に設けられた信号変換器であって、前記警報器から受信した受信信号が前記有電圧信号か否かを判定する有電圧判定回路と、前記警報器からの無電圧信号を受信する無電圧受信回路と、前記受信信号が前記有電圧信号であると判定されたとき前記有電圧信号を前記外部機器に出力し、前記無電圧信号を受信したときに前記無電圧信号に基づき前記有電圧信号を発生しその有電圧信号を前記外部機器に出力する有電圧発生回路と、を備えることを特徴とする信号変換器。

請求項2

センサで検出された検出信号がガス警報点以上になったときにガス警報信号に基づくガス漏れ警報を示す有電圧信号を、警報を発生する外部機器に出力する有電圧回路と、前記検出信号が火災警報点以上になったときに火災警報信号に基づく火災警報を示す無電圧信号を出力する無電圧回路と、前記火災警報信号を前記無電圧回路及び前記有電圧回路に出力する信号出力制御部とを備え、前記有電圧回路は、前記信号出力制御部からの前記火災警報信号に基づき前記有電圧信号を前記外部機器に出力することを特徴とする警報器。

請求項3

切替信号を前記信号出力制御部に出力する切替手段を備え、前記信号出力制御部は、前記切替手段から前記切替信号が入力されたとき、前記火災警報信号を前記無電圧回路及び前記有電圧回路に出力し、前記切替信号が入力されないときには、前記火災警報信号を前記無電圧回路のみに出力することを特徴とする請求項2記載の警報器。

請求項4

センサで検出された検出信号に基づきガス警報を示す有電圧信号または火災警報を示す無電圧信号を出力する警報器と、該警報器からの前記有電圧信号に基づき警報を発生する外部機器と、前記警報器と前記外部機器との間に設けられた信号変換器とを備え、前記信号変換器は、前記警報器から受信した受信信号が前記有電圧信号か否かを判定する有電圧判定回路と、前記警報器からの無電圧信号を受信する無電圧受信回路と、前記受信信号が前記有電圧信号であると判定されたとき前記有電圧信号を前記外部機器に出力し、前記無電圧信号を受信したときに前記無電圧信号に基づき前記有電圧信号を発生しその有電圧信号を前記外部機器に出力する有電圧発生回路と、を備えることを特徴とする警報装置

請求項5

センサで検出された検出信号がガス警報点以上になったときにガス警報信号に基づきガス漏れ警報を示す有電圧信号を出力する有電圧回路、前記検出信号が火災警報点以上になったときに火災警報信号に基づき火災警報を示す無電圧信号を出力する無電圧回路、前記火災警報信号を前記無電圧回路及び前記有電圧回路に出力する信号出力制御部を備える警報器と、前記有電圧回路からの有電圧信号により警報を発生する外部機器とを備え、前記有電圧回路は、前記信号出力制御部からの前記火災警報信号に基づき前記有電圧信号を前記外部機器に出力することを特徴とする警報装置。

請求項6

切替信号を前記信号出力制御部に出力する切替手段を備え、前記信号出力制御部は、前記切替手段から前記切替信号が入力されたとき、前記火災警報信号を前記無電圧回路及び前記有電圧回路に出力し、前記切替信号が入力されないときには、前記火災警報信号を前記無電圧回路のみに出力することを特徴とする請求項5記載の警報装置。

技術分野

0001

本発明は、警報器、警報器及び外部機器間に設けられた信号変換器に関し、特に、火災警報時に無電圧信号及び有電圧信号を共に出力する警報器、無電圧信号を有電圧信号に変換する信号変換器、警報器及び外部機器を備える警報装置に関する。

背景技術

0002

ガス警報器は、室内の天井や壁等に取り付けられており、室内でガス漏れが発生すると、ガス警報器に有するガスセンサガス検知信号を出力し、このガス検知信号がガス警報点以上となったときにガス警報信号によりガス警報がスピーカ報知される。

0003

また、ガス警報器は、ガス警報信号に基づきガス警報を示す12V等の有電圧信号を警報器アダプターに出力する。この警報器アダプターの部品配置図図7に示し、警報器アダプターの回路構成図を図8に示す。

0004

図7及び図8を用いて警報器アダプターの動作を説明すると、まず、ガス警報器に、点検ガスによってガスをかけて警報させ、警報ランプ点灯するとともに、有電圧信号が6Vから12Vになり、12Vの有電圧信号が有電圧出力部材114を介して警報器アダプターに送られる。

0005

警報器アダプターでは、12Vの有電圧信号がダイオード103を介して抵抗108及びフォトダイオード印加されて、フォトダイオード112が点灯する。また、12Vの有電圧信号がダイオード103及び抵抗109を介してツェナーダイオード104に印加されると、ツェナーダイオード104が降伏してトランジスタ102がオンし、電磁コイル111に励磁電流が流れる。

0006

このため、リレー115がオンし、信号線113a,113bから無電圧信号が図示しないガス警報表示盤等に送られて、このガス警報表示盤等がガス漏れを表示する。このように、警報アダプターは、有電圧信号を無電圧信号に変換している。

0007

一方、火災警報器は、室内の天井や壁等に取り付けられており、室内で火災が発生すると、火災警報器に有する火災センサ火災検知信号を出力し、この火災検知信号が火災警報点以上となったときに火災警報が報知される。また、火災警報器は、火災警報信号に基づき火災警報を示す無電圧信号を出力している。

発明が解決しようとする課題

0008

しかしながら、従来の警報器アダプターにあっては、ガス警報器からの有電圧信号により警報動作するのみで、火災警報器からの無電圧信号により警報動作しなかった。

0009

これは、従来の警報器アダプターは、図8に示すように、12Vの有電圧信号が回路電源として用いられ、この回路が動作する構成となっていたため、無電圧信号では、回路の電源がない状態となり、回路が動作しないからである。

0010

また、外部機器を変更せずに、すなわち、外部機器が有電圧信号により警報動作するのみとし、外部機器がガス警報動作及び火災警報動作を行えるように、警報器側で対応したり、あるいは警報器と外部機器間に接続機器を設けて、この接続機器で対応することが要望されていた。

0011

そこで、本発明は、外部機器がガス警報動作及び火災警報動作を行えるようにするための警報器及び信号変換器、警報器及び外部機器を備える警報装置を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0012

上記課題を解決するために本発明は、以下の構成とした。請求項1の発明は、センサで検出された検出信号に基づきガス警報を示す有電圧信号または火災警報を示す無電圧信号を出力する警報器と該警報器からの前記有電圧信号に基づき警報を発生する外部機器との間に設けられた信号変換器であって、前記警報器から受信した受信信号が前記有電圧信号か否かを判定する有電圧判定回路と、前記警報器からの無電圧信号を受信する無電圧受信回路と、前記受信信号が前記有電圧信号であると判定されたとき前記有電圧信号を前記外部機器に出力し、前記無電圧信号を受信したときに前記無電圧信号に基づき前記有電圧信号を発生しその有電圧信号を前記外部機器に出力する有電圧発生回路と、を備えることを特徴とする。

0013

請求項1の発明によれば、信号変換器において、有電圧判定回路は、警報器から受信した受信信号が有電圧信号か否かを判定し、無電圧受信回路は、警報器からの無電圧信号を受信し、有電圧発生回路は、受信信号が有電圧信号であると判定されたとき有電圧信号を外部機器に出力し、無電圧信号を受信したときに無電圧信号に基づき有電圧信号を発生しその有電圧信号を外部機器に出力するので、外部機器は信号変換器からの有電圧信号に基づき警報を発生する。すなわち、信号変換器を設けるのみで、外部機器がガス警報動作を行えるとともに火災警報動作も行え、既存の警報器及び外部機器を用いることができる。

0014

請求項2の発明の警報器は、センサで検出された検出信号がガス警報点以上になったときにガス警報信号に基づくガス漏れ警報を示す有電圧信号を、警報を発生する外部機器に出力する有電圧回路と、前記検出信号が火災警報点以上になったときに火災警報信号に基づく火災警報を示す無電圧信号を出力する無電圧回路と、前記火災警報信号を前記無電圧回路及び前記有電圧回路に出力する信号出力制御部とを備え、前記有電圧回路は、前記信号出力制御部からの前記火災警報信号に基づき前記有電圧信号を前記外部機器に出力することを特徴とする。

0015

請求項2の発明によれば、警報器において、有電圧回路は、センサで検出された検出信号がガス警報点以上になったときに有電圧信号を外部機器に出力するので、外部機器は有電圧回路からの有電圧信号に基づき警報を発生する。また、信号出力制御部は、火災警報信号を無電圧回路及び有電圧回路に出力し、無電圧信号回路は、火災警報信号に基づく火災警報を示す無電圧信号を出力し、有電圧回路は、火災警報信号に基づき有電圧信号を外部機器に出力するので、外部機器は有電圧回路からの有電圧信号に基づき警報を発生する。すなわち、火災警報時に有電圧信号も外部機器に出力するので、外部機器がガス警報動作を行えるとともに火災警報動作も行え、既存の外部機器を用いることができる。

0016

請求項3の発明は、請求項2記載の警報器において、切替信号を前記信号出力制御部に出力する切替手段を備え、前記信号出力制御部は、前記切替手段から前記切替信号が入力されたとき、前記火災警報信号を前記無電圧回路及び前記有電圧回路に出力し、前記切替信号が入力されないときには、前記火災警報信号を前記無電圧回路のみに出力することを特徴とする。

0017

請求項3の発明によれば、信号出力制御部は、切替手段から切替信号が入力されたとき、火災警報信号を無電圧回路及び有電圧回路に出力し、切替信号が入力されないときには、火災警報信号を無電圧回路のみに出力するので、警報器の種類に応じて切り替えが可能となる。

0018

請求項4の発明の警報装置は、センサで検出された検出信号に基づきガス警報を示す有電圧信号または火災警報を示す無電圧信号を出力する警報器と、該警報器からの前記有電圧信号に基づき警報を発生する外部機器と、前記警報器と前記外部機器との間に設けられた信号変換器とを備え、前記信号変換器は、前記警報器から受信した受信信号が前記有電圧信号か否かを判定する有電圧判定回路と、前記警報器からの無電圧信号を受信する無電圧受信回路と、前記受信信号が前記有電圧信号であると判定されたとき前記有電圧信号を前記外部機器に出力し、前記無電圧信号を受信したときに前記無電圧信号に基づき前記有電圧信号を発生しその有電圧信号を前記外部機器に出力する有電圧発生回路とを備えることを特徴とする。

0019

請求項5の発明は、センサで検出された検出信号がガス警報点以上になったときにガス警報信号に基づきガス漏れ警報を示す有電圧信号を出力する有電圧回路、前記検出信号が火災警報点以上になったときに火災警報信号に基づき火災警報を示す無電圧信号を出力する無電圧回路、前記火災警報信号を前記無電圧回路及び前記有電圧回路に出力する信号出力制御部を備える警報器と、前記有電圧回路からの有電圧信号により警報を発生する外部機器とを備え、前記有電圧回路は、前記信号出力制御部からの前記火災警報信号に基づき前記有電圧信号を前記外部機器に出力することを特徴とする。

0020

請求項6の発明は、請求項5記載の警報装置において、切替信号を前記信号出力制御部に出力する切替手段を備え、前記信号出力制御部は、前記切替手段から前記切替信号が入力されたとき、前記火災警報信号を前記無電圧回路及び前記有電圧回路に出力し、前記切替信号が入力されないときには、前記火災警報信号を前記無電圧回路のみに出力することを特徴とする。

発明を実施するための最良の形態

0021

以下、本発明の警報器、信号変換器及び警報装置の実施の形態を図面を参照して詳細に説明する。

0022

(第1の実施の形態)図1は第1の実施の形態の警報装置に設けられた火災・ガス漏れ警報器の回路構成図である。図2は第1の実施の形態の警報装置の構成ブロック図である。図2に示す警報装置は、火災・ガス漏れ警報器1と、連動機器30aと、火災・ガス漏れ警報器1及び連動機器30a間に設けられた信号変換器40とを有して構成される。

0023

(火災・ガス漏れ警報器)図1に示す火災・ガス漏れ警報器において、異常電圧吸収回路7は、電源プラグ6から入力された交流電圧から異常電圧を吸収し、その出力をトランス8に出力する。トランス8は、一次巻線8aと二次巻線8b,8c,8dを有する。ガスセンサ駆動回路9は、二次巻線8bからの電圧を受けて動作し、CPU11からのパルス駆動信号を受けてガス検出回路10に設けられたガスセンサ2を駆動する。

0024

ガス検出回路10は、メタンガス一酸化炭素ガスの濃度を検出し、CPU11に出力する。ガスセンサ2は、ヒータ3及びこのヒータ3により加熱されるセンサ素子4を有する。

0025

CPU11は、パルス駆動信号をガスセンサ2に出力する。このため、CPU11は、ガスセンサ2の温度を低温域(例えば100℃)と高温域(例えば400℃)とに周期的に交互に変化させ、センサ素子4からのガスセンサ入力により、低温域で一酸化炭素ガス濃度を検出し、高温域でメタンガスの濃度を検出している。

0026

また、+5V定電圧回路13は、二次巻線8cからの電圧から+5Vの定電圧を発生し、この定電圧をガスセンサ駆動回路9、温度補償回路14、ガス警報濃度設定回路15、火災センサ回路16のそれぞれに供給する。

0027

温度補償回路14は、図示しないサーミスタ等からCPU11に温度補正入力を出力する。ガス警報濃度設定回路15は、CO設定点(警報点)、CH4設定点のそれぞれを設定し、それらの設定点をCPU11に出力する。火災センサ回路16は、サーミスタ等からなる火災センサ(図示せず)を有し、火災センサのセンサ出力をCPU11に出力する。

0028

CPU11は、メタンガス警報判定回路19、COガス警報判定回路20、火災警報判定回路21を有している。メタンガス警報判定回路19は、ガス検出回路10で検出されたメタンガス濃度がCH4設定点以上となった際にガス警報信号を音声警報出力回路23及び表示回路25に出力する。音声警報出力回路23は、スピーカ24にガス警報を報知させる。表示回路25は、発光ダイオードLED)等であり、ガス警報を報知する。

0029

COガス警報判定回路20は、ガス検出回路10で検出されたCOガス濃度がCO設定点以上となった際にガス警報信号を音声警報出力回路23及び表示回路25に出力する。

0030

火災警報判定回路21は、火災センサ回路16で検出されたセンサ出力が、火災警報点以上となった際に火災警報信号を音声警報出力回路23及び表示回路25に出力する。

0031

また、無電圧回路26は、電磁リレー等から構成され、火災警報判定回路21からの火災警報信号を無電圧信号として連動機器30に出力する。有電圧回路27は、二次巻線8dからの電圧を受けて動作し、メタンガス警報判定回路19、COガス警報判定回路20のそれぞれのガス警報信号を入力し、ガス警報信号から有電圧信号を生成し、出力端子UTから6V(ガス漏れ無し)または12V(ガス漏れ有り)を有電圧信号として連動機器30に出力する。

0032

(信号変換器の構成)信号変換器40は、受信した無電圧信号を有電圧信号に変換するもので、火災・ガス漏れ警報器1から受信した受信信号が有電圧信号か否かを判定する有電圧判定回路31と、火災・ガス漏れ警報器1からの無電圧信号を受信する無電圧受信回路33と、受信信号が有電圧信号であると判定されたとき有電圧信号を連動機器30aに出力し、無電圧信号を受信したときに無電圧信号に基づき有電圧信号を発生しその有電圧信号を連動機器30aに出力する有電圧発生回路37とを備えている。連動機器30aは、警報音回路35を有し、この警報音回路35は、信号変換器40内の有電圧発生回路37からの有電圧信号により警報音を発生する。

0033

このような第1の実施の形態の警報装置によれば、火災・ガス漏れ警報器1から有電圧信号または無電圧信号が信号変換器40に送られると、信号変換器40では、有電圧判定回路31が、受信した受信信号が有電圧信号か否かを判定し、無電圧受信回路33は、無電圧信号を受信し、有電圧発生回路35は、受信信号が有電圧信号であると判定されたとき有電圧信号をそのまま連動機器30aに出力する。

0034

一方、無電圧信号を受信したときには、有電圧発生回路35は、無電圧信号に基づき有電圧信号を発生しその有電圧信号を連動機器30aに出力するので、連動機器30aは信号変換器40からの有電圧信号に基づき警報を発生する。すなわち、信号変換器40を設けるのみで、連動機器30aがガス警報動作を行えるとともに火災警報動作も行え、既存の火災・ガス漏れ警報器1及び連動機器30aを用いることができる。

0035

また、信号変換器40を動作させるための電源が、有電圧信号により供給されるため、信号変換器40を動作させるための電源を特別に設けなくて済む。また、信号変換器40に、他のCOガス警報器プロパンガスLP)警報器を接続することもできる。

0036

また、第1の実施の形態の警報装置は、図3に示すような構成であっても良い。すなわち、図2に示す警報装置では、信号変換器40への電源が火災・ガス漏れ警報器1からの有電圧信号により供給されたが、図3に示す警報装置では、信号変換器40への電源が電源プラグ39を介する図示しない交流電源(例えばAC100V)としたものである。

0037

(第2の実施の形態)図4は第2の実施の形態の警報装置の構成ブロック図である。図4に示す警報装置は、火災・ガス漏れ警報器1aと、連動機器30aとを有して構成される。火災・ガス漏れ警報器1aは、図1に示す火災・ガス漏れ警報器1とほぼ同一構成であり、図4に示す主要構成のみが異なる。

0038

火災・ガス漏れ警報器1aは、ガスセンサ2で検出されたガス検出信号がガス警報点以上になったか否かを判定するとともに、火災センサ10で検出された火災検出信号が火災警報点以上になったか否かを判定する判定部としてのCPU11a、ガス検出信号がガス警報点以上になったときに出力されるガス警報信号に基づきガス漏れ警報を示す有電圧信号を、警報を発生する連動機器30aに出力する有電圧回路61と、火災検出信号が火災警報点以上になったときに出力される火災警報信号に基づき火災警報を示す無電圧信号を出力する無電圧回路60と、火災警報信号を無電圧回路60及び有電圧回路61に出力する信号出力制御部45とを備える。有電圧回路61は、信号出力制御部45からの火災警報信号に基づき有電圧信号を連動機器30aに出力する。

0039

また、切替信号を信号出力制御部45に出力する切替手段としての切替スイッチ43を備えている。信号出力制御部45は、切替スイッチ43から切替信号が入力されたとき、火災警報信号を無電圧回路60及び有電圧回路61に出力し、切替信号が入力されないときには、火災警報信号を無電圧回路60のみに出力する。

0040

このような第2の実施の形態の警報装置の動作を図5及び図6を参照して説明する。図5は第2の実施の形態の警報装置に設けられた火災・ガス漏れ警報器の通常の警報処理を示す図である。図6は第2の実施の形態の警報装置に設けられた火災・ガス漏れ警報器の火災及びガス側に切替スイッチを切り替えたときの警報処理を示す図である。

0041

まず、図5を参照して通常の警報処理を説明する。火災・ガス漏れ警報器1aにおいて、有電圧回路61は、ガス検出信号がガス警報点以上になったときに出力されるガス警報信号に基づきガス漏れ警報を示す有電圧信号を連動機器30aに出力するので、連動機器30aは有電圧回路61からの有電圧信号に基づき警報を発生する。

0042

また、この場合、切替スイッチ43をオフ(通常の位置)とするため、信号出力制御部45には切替スイッチ43から切替信号が入力されない。このため、信号出力制御部45は、火災検出信号が火災警報点以上になったときに出力される火災警報信号を無電圧回路60のみに出力し、無電圧回路60は、火災警報信号に基づき火災警報を示す無電圧信号を出力する。

0043

次に、切替スイッチ43をオン(火災+ガス側)とした場合には、図6に示すように、信号出力制御部45に切替スイッチ43から切替信号が入力される。このため、信号出力制御部45は、火災警報信号を無電圧回路60及び有電圧回路61に出力し、無電圧回路60は、火災警報信号に基づき火災警報を示す無電圧信号を出力し、有電圧回路61は、火災警報信号に基づき有電圧信号を連動機器30aに出力するので、連動機器30aには有電圧回路61からの有電圧信号に基づき警報を発生する。

0044

すなわち、同一のCPU11aにより火災警報とガス警報とを制御し、火災警報時に有電圧信号も連動機器30aに出力するので、連動機器30aがガス警報動作を行えるとともに火災警報動作も行え、既存の連動機器30aを用いることができる。

0045

また、信号出力制御部45は、切替スイッチ43から切替信号が入力されたとき、火災警報信号を無電圧回路60及び有電圧回路61に出力し、切替信号が入力されないときには、火災警報信号を無電圧回路60のみに出力するので、警報器の種類に応じて切り替えが可能となる。例えば、現在の家庭用・業務用の切替は行わないようにすることができる。

0046

さらに、ガス警報信号が入力された場合には、CPU11aがガス警報信号に基づき有電圧信号を出力するとともに、無電圧信号を出力してもよい。このようにすれば、有電圧信号を無電圧信号に変換する従来の警報器アダプターが不要となる。

0047

なお、本発明は第1及び第2の実施の形態の警報装置に限定されるものではない。第1及び第2の実施の形態の警報装置では、警報器として、火災・ガス漏れ警報器を例示したが、ガス漏れ警報器と火災警報器とが別個に設けられ、ガス漏れ警報器から有電圧信号が連動機器30,30aに入力され、火災警報器から無電圧信号が連動機器30,30aに入力されるような構成であっても良い。

発明の効果

0048

請求項1の発明の信号変換器によれば、信号変換器を設けるのみで、外部機器がガス警報動作を行えるとともに火災警報動作も行え、既存の警報器及び外部機器を用いることができる。

0049

請求項2の発明の警報器によれば、警報器が火災警報時に有電圧信号も外部機器に出力するので、外部機器がガス警報動作を行えるとともに火災警報動作も行え、既存の外部機器を用いることができる。

0050

請求項3の発明の警報器によれば、信号出力制御部は、切替手段から切替信号が入力されたとき、火災警報信号を無電圧回路及び有電圧回路に出力し、切替信号が入力されないときには、火災警報信号を無電圧回路のみに出力するので、警報器の種類に応じて切り替えが可能となる。

0051

請求項4の警報装置によれば、請求項1の発明の信号変換器の効果と同様な効果が得られ、請求項5の警報装置によれば、請求項2の発明の警報器の効果と同様な効果が得られ、請求項6の警報装置によれば、請求項3の発明の警報器の効果と同様な効果が得られる。

図面の簡単な説明

0052

図1第1の実施の形態の警報装置に設けられた火災・ガス漏れ警報器の構成ブロック図である。
図2第1の実施の形態の警報装置の構成ブロック図である。
図3第1の実施の形態の警報装置の他の構成例を示す図である。
図4第2の実施の形態の警報装置の構成ブロック図である。
図5第2の実施の形態の警報装置に設けられた火災・ガス漏れ警報器の通常の警報処理を示す図である。
図6第2の実施の形態の警報装置に設けられた火災・ガス漏れ警報器の火災及びガス側に切替スイッチを切り替えたときの警報処理を示す図である。
図7従来の警報器アダプターの部品配置図である。
図8図7に示す警報器アダプターの回路構成図である。

--

0053

1火災・ガス漏れ警報器
2ガスセンサ
3ヒータ
4センサ素子
9 ガスセンサ駆動回路
10ガス検出回路
11 CPU
16火災センサ回路
24スピーカ
25表示回路
26無電圧回路
27 有電圧回路
30a連動機器
31 有電圧判定回路
33 無電圧受信回路
35警報音回路
37 有電圧発生回路
43切替スイッチ
45信号出力制御部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ