図面 (/)

技術 ビデオカメラの機能を内蔵した携帯無線通信機器による、無線通信システム装置

出願人 早乙女守宏
発明者 早乙女守宏
出願日 2000年2月20日 (19年7ヶ月経過) 出願番号 2000-107317
公開日 2001年8月31日 (18年0ヶ月経過) 公開番号 2001-237931
状態 未査定
技術分野 送受信機 電話機の回路等 移動無線通信システム 他装置と結合した電話通信 電話通信サービス 電話機の機能
主要キーワード 携帯無線通信機器 携帯無線通信機 携帯無線機器 オリジナル映像 携帯通信機器 無線通信基地局 赤外線発光 映像送信
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年8月31日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

この発明は,携帯無線通信機器本体に、ビデオカメラの機能を内蔵させて指定された無線通信基地局を通じて通話者同士の周囲の状況の変化をオリジナル映像で即時に、安定通信(送信・受信)できる、便利なシステムに関するものである。

解決手段

(イ)携帯無線通信機1の上部にビデオカメラの機能を内蔵させる。(ロ)ビデオカメラレンズ携帯無線機器の裏側に取付ける。(ハ)表側のファインダータン3を押すと、画面映像を確認できる。(ニ)なお、映像送信ボタン4映像受信ボタン5赤外線発光スイッチ6とする。以上のような装置である。

概要

背景

従来の携帯通信機器は、パソコン、その他の機器に接続することで動画映像通信を可能としていた。したがって、かなりの手数を要し、しかも高価についた。故に、パソコンその他の機器を持たない者は動画映像通信の利便性を享受できなかった。

概要

この発明は,携帯無線通信機器本体に、ビデオカメラの機能を内蔵させて指定された無線通信基地局を通じて通話者同士の周囲の状況の変化をオリジナル映像で即時に、安定通信(送信・受信)できる、便利なシステムに関するものである。

(イ)携帯無線通信機1の上部にビデオカメラの機能を内蔵させる。(ロ)ビデオカメラレンズ携帯無線機器の裏側に取付ける。(ハ)表側のファインダータン3を押すと、画面映像を確認できる。(ニ)なお、映像送信ボタン4映像受信ボタン5赤外線発光スイッチ6とする。以上のような装置である。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ビデオカメラの機能を内蔵した携帯無線通信機器

技術分野

0001

この発明は,携帯無線通信機器本体に、ビデオカメラの機能を内蔵させて指定された無線通信基地局を通じて通話者同士の周囲の状況の変化をオリジナル映像で即時に、安定通信(送信・受信)できる、便利なシステムに関するものである。

背景技術

0002

従来の携帯通信機器は、パソコン、その他の機器に接続することで動画映像通信を可能としていた。したがって、かなりの手数を要し、しかも高価についた。故に、パソコンその他の機器を持たない者は動画映像通信の利便性を享受できなかった。

発明が解決しようとする課題

0003

動画映像を送信、受信するシステムによる、こうした使用者の強い要望にこたえるために発明されたものである。

課題を解決するための手段

0004

いま、その構造を説明すると
(イ)携帯無線通信機(1)の上部にビデオカメラの機能を内蔵させる。
(ロ)ビデオカメラレンズ(2)を携帯無線機器の裏側に取付ける。
(ハ)表側のファインダータン(3)を押すと、画面映像を確認できる。
(ニ)なお、映像送信ボタン(4)映像受信ボタン(5)赤外線発光スイッチ(6)とする。
以上のような装置である。

発明を実施するための最良の形態

0005

スイッチ、ボタン等の選択操作によりパソコン等の機器を使わずに、携帯性のある本機一台で、背景を流したり、現場臨場感溢れる各移動中のシーンをそのままに動画映像を送信、受信するシステムとして,力を発揮します。

発明の効果

0006

本発明は,映像・音声通信会話が共に楽しめるものであり、さらに夜道防犯にも赤外線発光スイッチで対応できる。動画映像を送信、受信するシステムを通じて携帯無線通信機器の世界がますます拡がり問題を解決したのである。

図面の簡単な説明

0007

図1本発明の表側図
図2本発明の裏側図

--

0008

(1)ビデオカメラの機能を内蔵 (4)映像送信ボタン
(2)ビデオカメラレンズ(5)映像受信ボタン
(3)ファインダーボタン (6)赤外線発光スイッチ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ