図面 (/)

技術 指定券再販売方法、指定券再販売システム及びそれに用いるキャンセル受付け端末

出願人 株式会社東芝
発明者 露木育夫
出願日 2000年2月18日 (19年4ヶ月経過) 出願番号 2000-041775
公開日 2001年8月24日 (17年10ヶ月経過) 公開番号 2001-229410
状態 特許登録済
技術分野 特定用途計算機 券売機
主要キーワード 行先変更 付け端末 キャンセル依頼 グリーン券 締切り 号車番号 ハンディ端末 キャンセル待ち
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年8月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

まだ販売が間に合う時間帯区間について車内よりキャンセル手続を取ることにより、該当する区間の指定券を再販売し、実際に販売された場合にはキャンセルした本人に払戻しできるようにする。

解決手段

車内で再販売が間に合うあるから別の駅までの指定券のキャンセルの申込みが発生した場合に、車載のキャンセル受付け端末1からセンターコンピュータ2にキャンセル申込みのあった指定券に係る情報を送り、センターコンピュータ2から各地のクライアントコンピュータ3に当該指定券の再販売許可情報を配信しする。そして当該指定券が再販売された場合に払戻し許可情報をセンターコンピュータ2に登録し、いずれかのクライアントコンピュータからの払戻し問合せに対して、当該払戻し許可情報に照らし、該当するものがあれば払戻しを許可する。

概要

背景

従来から、指定席特急券指定席グリーン券寝台券、コンパートメント券等の指定券乗車券と共に購入したが、日程の変更その他の理由で該当する列車が利用できなくなったような場合、該当する列車の発車前であればグリーンの窓口やの窓口で所定の手数料払うことで払戻しを受けることができる。

概要

まだ販売が間に合う時間帯区間について車内よりキャンセル手続を取ることにより、該当する区間の指定券を再販売し、実際に販売された場合にはキャンセルした本人に払戻しできるようにする。

車内で再販売が間に合うある駅から別の駅までの指定券のキャンセルの申込みが発生した場合に、車載のキャンセル受付け端末1からセンターコンピュータ2にキャンセル申込みのあった指定券に係る情報を送り、センターコンピュータ2から各地のクライアントコンピュータ3に当該指定券の再販売許可情報を配信しする。そして当該指定券が再販売された場合に払戻し許可情報をセンターコンピュータ2に登録し、いずれかのクライアントコンピュータからの払戻し問合せに対して、当該払戻し許可情報に照らし、該当するものがあれば払戻しを許可する。

目的

本発明は、このような従来の問題点に鑑みてなされたもので、まだ販売が間に合う時間帯、区間について車内よりキャンセル手続を取ることにより、該当する区間の指定券を再販売し、実際に販売された場合にはキャンセルした本人に払戻しする指定券再販売方法、指定券再販売システム及びそれに用いるキャンセル受付け端末を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

車内で再販売が間に合うあるから別の駅までの指定券キャンセル申込みが発生した場合に、車載のキャンセル受付け端末からセンターコンピュータにキャンセル申込みのあった指定券に係る情報を送り、前記センターコンピュータから各地のクライアントコンピュータに当該指定券の再販売許可情報を配信し、当該指定券が再販売された場合に払戻し許可情報をセンターコンピュータに登録し、いずれかのクライアントコンピュータからの払戻し問合せに対して、当該払戻し許可情報に照らし、該当するものがあれば払戻しを許可することを特徴とする指定券再販売方法

請求項2

キャンセルされた前途有効な指定券に係る情報を車載のキャンセル受付け端末に入力させる段階と、前段階で入力させた前記指定券に係る情報を前記キャンセル受付け端末からセンターコンピュータに送信する段階と、前段階で前記センターコンピュータが受信した前記指定券に係る情報をクライアントコンピュータに配信し、該当する指定券を再販売させる段階と、前段階で再販売された指定券に係る払戻し情報を登録する段階と、前記クライアントコンピュータからの払戻し問合せに対して、該当する指定券に係る払戻し情報が登録されている場合に、払戻し許可情報を当該クライアントコンピュータに送信する段階とを備えて成る指定券再販売方法。

請求項3

キャンセルされた前途有効な指定券に係る情報が車載のキャンセル受付け端末に入力されたときに、払戻し特約付きの受付け証明を発行する段階を備え、前記払戻し特約付きの受付け証明と引替えに払戻しを行うことを特徴とする請求項2に記載の指定券再販売方法。

請求項4

車載のキャンセル受付け端末と、センターコンピュータと、各地のクライアントコンピュータとから成り、前記車載のキャンセル受付け端末は、再販売が間に合うある駅から別の駅までの指定券のキャンセルの申込みが発生した場合に、当該指定券に係る情報の入力を受け付けて前記センターコンピュータに送信し、前記センターコンピュータは、前記キャンセル受付け端末からの送信を受けて、前記キャンセル申込みのあった指定券に係る情報を登録し、各地のクライアントコンピュータに当該指定券の再販売許可情報を配信し、いずれかのクライアントコンピュータからの払戻し許可情報を登録し、かついずれかのクライアントコンピュータからの払戻し問合せに対して、当該払戻し許可情報に照らし、該当するものがあれば払戻しを許可し、前記クライアントコンピュータは、前記指定券を再販売したときに払戻し許可情報を前記センターコンピュータに登録し、かつ払戻し請求に対して該当する指定券に係る払戻し問合せを前記センターコンピュータに送信することを特徴とする指定券再販売システム

請求項5

前記車載のキャンセル受付け端末は、キャンセルされた前途有効な指定券に係る情報が入力されたときに、払戻し特約付きの受付け証明を発行することを特徴とする請求項4に記載の指定券再販売システム。

請求項6

車内で再販売が間に合うある駅から別の駅までの指定券のキャンセルの申込みが発生した場合に、当該指定券に係る情報の入力を受け付け、払戻し特約付きの受付け証明を発行することを特徴とするキャンセル受付け端末。

技術分野

0001

本発明は、指定券購入しながらキャンセル手続する間もなく急遽それよりも前の列車を利用しなければならなくなったり、行先変更により前途の指定席利用が不要になったりした場合に、該当する区間の指定券を再販売し、販売できた場合にはキャンセルした本人に払戻しする指定券再販売方法、指定券再販売システム及びそれに用いるキャンセル受付け端末に関する。

背景技術

0002

従来から、指定席特急券、指定席グリーン券寝台券、コンパートメント券等の指定券を乗車券と共に購入したが、日程の変更その他の理由で該当する列車が利用できなくなったような場合、該当する列車の発車前であればグリーンの窓口やの窓口で所定の手数料払うことで払戻しを受けることができる。

発明が解決しようとする課題

0003

しかしながら、従来、指定券を購入しながらキャンセル手続する間もなく急遽それよりも前の列車を利用しなければならなくなったり、行先変更により前途の指定席利用が不要になったりした場合には、実際にはその段階で再販売すれば特にキャンセル待ち人たちにとっては是非とも入手したいような指定券であっても無効になってしまい、その指定席は空いたまま列車は運行されることになる。

0004

例えば、(1)東京20:00発新大阪行きの新幹線指定席を購入していたが、急遽、同じ日の東京18:00発新大阪行きの新幹線自由席に乗ってしまったような場合、予約した列車の発車時刻までは2時間弱の時間があるので、その間に再販売されれば同じ指定券が他の人に売れることもあり得るが、車内でそのようなキャンセル手続きをとることはできない。

0005

また、(2)東京12:00発博多行きの新幹線指定席を購入し、その列車に乗ったが、急遽、行先が新大阪になったような場合、車内で早めにキャンセル手続が受付けられれば、(1)の場合と同様に、新大阪−博多間については当該列車が新大阪に到着するまでの間に再販売されればその前途区間の指定券が他の人に売れることもあり得るが、車内でそのようなキャンセル手続きをとることはできない。

0006

本発明は、このような従来の問題点に鑑みてなされたもので、まだ販売が間に合う時間帯、区間について車内よりキャンセル手続を取ることにより、該当する区間の指定券を再販売し、実際に販売された場合にはキャンセルした本人に払戻しする指定券再販売方法、指定券再販売システム及びそれに用いるキャンセル受付け端末を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

請求項1の発明の指定券再販売方法は、車内で再販売が間に合うある駅から別の駅までの指定券のキャンセルの申込みが発生した場合に、車載のキャンセル受付け端末からセンターコンピュータにキャンセル申込みのあった指定券に係る情報を送り、前記センターコンピュータから各地のクライアントコンピュータに当該指定券の再販売許可情報を配信し、当該指定券が再販売された場合に払戻し許可情報をセンターコンピュータに登録し、いずれかのクライアントコンピュータからの払戻し問合せに対して、当該払戻し許可情報に照らし、該当するものがあれば払戻しを許可するものである。

0008

請求項2の発明の指定券再販売方法は、キャンセルされた前途有効な指定券に係る情報を車載のキャンセル受付け端末に入力させ、前段階で入力させた前記指定券に係る情報を前記キャンセル受付け端末からセンターコンピュータに送信し、前段階で前記センターコンピュータが受信した前記指定券に係る情報をクライアントコンピュータに配信し、該当する指定券を再販売させ、前段階で再販売された指定券に係る払戻し情報を登録し、前記クライアントコンピュータからの払戻し問合せに対して、該当する指定券に係る払戻し情報が登録されている場合に、払戻し許可情報を当該クライアントコンピュータに送信するものである。

0009

請求項3の発明は、請求項2の指定券再販売方法において、キャンセルされた前途有効な指定券に係る情報が車載のキャンセル受付け端末に入力されたときに、払戻し特約付きの受付け証明を発行し、また前記払戻し特約付きの受付け証明と引替えに払戻しを行うものである。

0010

請求項4の発明の指定券再販売システムは、車載のキャンセル受付け端末と、センターコンピュータと、各地のクライアントコンピュータとから成り、前記車載のキャンセル受付け端末は、再販売が間に合うある駅から別の駅までの指定券のキャンセルの申込みが発生した場合に、当該指定券に係る情報の入力を受け付けて前記センターコンピュータに送信し、前記センターコンピュータは、前記キャンセル受付け端末からの送信を受けて、前記キャンセル申込みのあった指定券に係る情報を登録し、各地のクライアントコンピュータに当該指定券の再販売許可情報を配信し、いずれかのクライアントコンピュータからの払戻し許可情報を登録し、かついずれかのクライアントコンピュータからの払戻し問合せに対して、当該払戻し許可情報に照らし、該当するものがあれば払戻しを許可し、前記クライアントコンピュータは、前記指定券を再販売したときに払戻し許可情報を前記センターコンピュータに登録し、かつ払戻し請求に対して該当する指定券に係る払戻し問合せを前記センターコンピュータに送信するものである。

0011

請求項4の発明の指定券再販売システムでは、車内で再販売が間に合うある駅から別の駅までの指定券のキャンセルの申込みが発生した場合に車載のキャンセル受付け端末が当該指定券に係る情報の入力を受け付けてセンターコンピュータに送信する。センターコンピュータは、車載のキャンセル受付け端末からの送信を受けて、キャンセル申込みのあった指定券に係る情報を登録し、各地のクライアントコンピュータに当該指定券の再販売許可情報を配信する。

0012

クライアントコンピュータはセンターコンピュータから配信されてきた指定券を再販売したときに払戻し許可情報をセンターコンピュータに登録する。

0013

そしてキャンセルした人がいずれかの窓口に出向き、払戻しを要求してきた場合には、その窓口のクライアントコンピュータからセンターコンピュータに払戻し問合せを行う。これに対してセンターコンピュータは、当該払戻し許可情報に照らし、該当するものがあれば払戻しを許可する。これにより、当該窓口では、払戻しを要求している人に対して該当する指定券について、払戻し手続きを行うことになる。

0014

こうして、急遽、車内でキャンセルしたような指定券についても再販売し、実際に再販売ができれば元の購入者に対して払戻しを行うことにより、指定券が無駄になるのを防ぐと共に、指定券を急遽キャンセルした利用者被る損失も少なくする。

0015

請求項5の発明は、請求項4の指定券再販売システムにおいて、前記車載のキャンセル受付け端末は、キャンセルされた前途有効な指定券に係る情報が入力されたときに、払戻し特約付きの受付け証明を発行するものである。

0016

請求項5の発明の指定券再販売システムでは、車内で再販売が間に合うある駅から別の駅までの指定券のキャンセルの申込みが発生した場合に車載のキャンセル受付け端末が当該指定券に係る情報の入力を受け付けてセンターコンピュータに送信すると共に、払戻し特約付きの受付け証明を発行する。

0017

そして、この払戻し特約付きの受付け証明を持参した人が払戻し窓口に来て払戻し要求すれば、該当する指定券が実際に再販売されていた場合にはその人に払戻しを行う。これにより、誤って別の人に払戻しするのを防ぐ。

0018

請求項6の発明のキャンセル受付け端末は、車内で再販売が間に合うある駅から別の駅までの指定券のキャンセルの申込みが発生した場合に、当該指定券に係る情報の入力を受け付け、払戻し特約付きの受付け証明を発行するものである。

発明を実施するための最良の形態

0019

以下、本発明の実施の形態を図に基づいて詳説する。なお、本発明では、指定席特急券、指定席グリーン券、寝台券、コンパートメント券等の席が指定される特急券、グリーン券、寝台券等をまとめて指定券と称する。また車掌が車内で持ち歩くハンディ端末、各列車ごとに搭載されている車載端末をまとめて受付け端末と称する。また全列車の発券を管理するコンピュータをセンターコンピュータと称し、全国のみどりの窓口や旅行会社に設置されていて、このセンターコンピュータと接続され、発券処理を行う端末コンピュータをクライアントコンピュータと称する。

0020

図1は本発明の1つの実施の形態の指定券再販売システムの構成を示している。本システムは、即時キャンセル受付け用に車掌が列車内を持ち歩き、あるいは列車内の所定の場所、例えば、車掌室内に設置されている受付け端末1と、これと列車無線あるいは有線伝送路を介して接続されているセンターコンピュータ2と、各地のクライアントコンピュータ3A,3B,3C,…から構成されている。

0021

受付け端末1は、車内で再販売が間に合うある駅から別の駅までの指定券のキャンセルの申込みが発生した場合に、当該指定券に係る情報の入力を受け付け、払戻し特約付きの受付け証明を発行する端末である。

0022

センターコンピュータ2は、全国全列車の発券を管理する分散型、あるいは集中型の大型コンピュータである。そしてクライアントコンピュータ3(以下、個別に識別する必要がない場合には、符号「3」を用いる)は、全国のみどりの窓口や旅行会社に設置されていて、このセンターコンピュータと接続され、発券処理を行うコンピュータである。これらのセンターコンピュータ2及びクライアントコンピュータ3は従来用いられているシステムを利用し、本発明に係る新しいプログラムインストールされている。

0023

次に、上記の構成の指定券再販売システムの動作を説明する。なお、以下では、説明を明確にするために、A氏がある日の20:00東京発、新大阪行きの新幹線の指定席特急券を予約購入したが、急遽、出発が早まり駅窓口で従来の払戻し手続きをする間もなく、同日の18:00東京発、新大阪行きの新幹線自由席に搭乗して車内でキャンセル手続をする場合の指定券再販売の手順について説明する。また再販売指定券を購入するのは、B氏とする。

0024

図2フロー図及び図3のフローチャートに示すように、A氏が20:00発の指定券を持ちながら、18:00発の列車に搭乗し、車内で車掌に払戻し特約付きのキャンセルを依頼すると(図3のフローチャートにおけるステップS05)、車掌は受付け端末1からキャンセル依頼のあった指定券に係る情報、日付、列車番号号車番号、普通/グリーンの識別、座席番号等の必要な情報を入力する(ステップS10)。

0025

この指定券に係る情報は受付け端末1からセンターコンピュータ2に伝送され、センターコンピュータ2がキャンセル情報を受け付ける。このキャンセルされた指定券に係る情報をセンターコンピュータ2が受け付けて自身のデータベースに登録すると、受付け確認信号発信元の受付け端末1に返送する。受付け端末1はこの受付け確認信号を受信すると、払戻し特約付きの受付け証明票をプリントアウトする。車掌はこれをA氏に手渡す(ステップS15)。

0026

センターコンピュータ2はまた、払戻し特約付きのキャンセルが発生した場合、即時に各地のクライアントコンピュータ3に指定券に係る情報と共に再販売許可を配信する(ステップS20)。クライアントコンピュータ3はこの情報を受信すると、通常の指定席と同様に販売可能な指定席として再登録する(ステップS25)。

0027

この後、いずれかのクライアントコンピュータ3において、キャンセルされた指定席に係る指定券を販売締切り時刻までにB氏が購入したとすると(ステップS30,S35)、クライアントコンピュータ3は指定券の再販売結果(特に指定券に係る指定席の乗車区間が必要)の情報をセンターコンピュータ2に送信する(ステップS40)。

0028

センターコンピュータ2では、各地のクライアントコンピュータ3から払戻し特約付きの指定席の再販売結果の情報を受け付けると、自身のデータベースの該当する座席に対して再販売実績情報を登録する(ステップS45)。

0029

この後、指定期間内にA氏がいずれかの窓口、あるいは払戻し専用の窓口で払戻し特約付きの受付け証明票を提示して払戻しを要求した場合、係員はクライアントコンピュータ3からセンターコンピュータ2に問合せを送信する(図4のフローチャートにおけるステップS50)。

0030

センターコンピュータ2では、この問合せに対してデータベースから該当する指定席に係る指定券の再販売実績データ検索し(ステップS55)、再販売の実績があれば、該当する指定券に係る情報(特に乗車区間の情報)と共に払戻しOKの信号を、再販売の実績がなければ払戻しNOの信号を問合せのあったクライアントコンピュータ3に対して返信する(ステップS60,S65,S70)。

0031

A氏が払戻しの依頼に来ている窓口のクライアントコンピュータ3では、センターコンピュータ2からの返信に応じて、再販売された指定券の乗車区間と払戻しOK又は払戻しNOを係員に提示する。そこで係員は、払戻しOKであれば、A氏に対して、B氏が購入した指定券の対価から所定の払戻し手数料を差し引き、払戻しを行うことになる(ステップS75)。

0032

このようにして、上記の実施の形態では、指定券を購入しながらキャンセル手続する間もなく急遽それよりも前の列車を利用しなければならなくなったり、行先変更により前途の指定席利用が不要になったりした場合に、該当する区間の指定券を再販売し、販売できた場合にはキャンセルした本人に払戻しすることができ、販売締切りまでに時間があり、その間に再販売できそうな指定券についても空席のままになる無駄をなくし、同時に利用者にはキャンセルによる損失を少なくさせることができる。

0033

なお、上記の実例では、列車の前倒しの変更の場合の手続について説明したが、次のような場合にも有効に利用することができる。例えば、東京12:00発博多行きの新幹線指定席を購入し、その列車に乗ったが、急遽、行先が新大阪になったような場合である。このような場合、キャンセル手続をする時点によって再販売できる乗車区間は異なってくる。例えば、東京発車後すぐであれば、新大阪まで3時間前後の余裕があり、新大阪−博多間について再販売可能である。しかし、新大阪到着後であれば、再販売できる区間は、その新幹線が停車する駅に到着する15分前まで指定券を販売するものとすれば、その条件に該当する駅から先の区間についてのみ指定券の再販売が可能となる。

0034

このようにして、いずれの区間が再販売可能かは、センターコンピュータ2側において列車ダイヤデータ現在時刻とを対照させて決定し、クライアントコンピュータ3に配信する。

発明の効果

0035

以上のように請求項1の発明の指定券再販売方法によれば、車内で再販売が間に合うある駅から別の駅までの指定券のキャンセルの申込みが発生した場合に、車載のキャンセル受付け端末からセンターコンピュータにキャンセル申込みのあった指定券に係る情報を送り、センターコンピュータから各地のクライアントコンピュータに当該指定券の再販売許可情報を配信し、当該指定券が再販売された場合に払戻し許可情報をセンターコンピュータに登録し、いずれかのクライアントコンピュータからの払戻し問合せに対して、当該払戻し許可情報に照らし、該当するものがあれば払戻しを許可するので、急遽キャンセルされた指定席が無駄に空席のままになることが少なく、またやむなくキャンセルした利用者も払戻しによってキャンセルによって被る損失を少なくすることができる。

0036

請求項2の発明の指定券再販売方法によれば、車内でキャンセルされた前途有効な指定券に係る情報を車載のキャンセル受付け端末に入力させ、指定券に係る情報をキャンセル受付け端末からセンターコンピュータに送信し、センターコンピュータが受信した指定券に係る情報をクライアントコンピュータに配信し、該当する指定券を再販売させ、クライアントコンピュータにより再販売された指定券に係る払戻し情報を登録し、クライアントコンピュータからの払戻し問合せに対して、センターコンピュータが該当する指定券に係る払戻し情報が登録されている場合に、払戻し許可情報を当該クライアントコンピュータに送信するので、急遽車内でキャンセルされた指定席が無駄に空席のままになることが少なく、またやむなくキャンセルした利用者も払戻しによってキャンセルによる損失を少なくすることができる。

0037

請求項3の発明の指定券再販売方法は、請求項2の発明の効果に加えて、車内でキャンセルされた前途有効な指定券に係る情報が車載のキャンセル受付け端末に入力されたときに、払戻し特約付きの受付け証明を発行し、また払戻し特約付きの受付け証明と引替えに払戻しを行うので、払戻しを受ける権限を持つ人に対してのみ払戻しを行なえ、払戻しの不正な受領を防止できる。

0038

請求項4の発明の指定券再販売システムによれば、急遽、車内でキャンセルされたような指定券についても再販売し、実際に再販売ができれば元の購入者に対して払戻しを行うことにより、指定券が無駄になるのを防ぐことができ、またやむなくキャンセルした利用者が被る損失を少なくできる。

0039

請求項5の発明の指定券再販売システムによれば、請求項4の発明の効果に加えて、誤って別の人に払戻しするのを防ぐことができる。

0040

請求項6の発明のキャンセル受付け端末によれば、車内で再販売が間に合うある駅から別の駅までの指定券のキャンセルの申込みが発生した場合に、当該指定券に係る情報の入力を受け付け、払戻し特約付きの受付け証明を発行することができる。

図面の簡単な説明

0041

図1本発明の1つの実施の形態のシステム構成を示すブロック図。
図2上記の実施の形態による指定券キャンセル受付けと指定券再販売の手続を示すフロー図。
図3上記の実施の形態による指定券キャンセル受付け処理を示すフローチャート。
図4上記の実施の形態による指定券再販売処理を示すフローチャート。

--

0042

1 受付け端末
2センターコンピュータ
3,3A,3B,… クライアントコンピュータ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ