図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2001年8月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

上位装置からローディングした書式データ外字文字パターンデータ印刷制御データパワーオフ等で失われた場合に発生し得る誤印刷の出力を防止し、上位装置から前記失われたデータを再ローディングすることにより、正常な印刷結果の出力を保証する。

解決手段

上位装置101から書式データや外字の文字パターンデータや印刷制御データのローディングが行われる場合に、必ず初期設定コマンド発行されることに着目し、初期設定コマンドの受信の有無をプリンタ制御装置102内の初期設定コマンド受信フラグ300にて判断し、上位装置101からの印刷データをプリンタ制御装置102が受信した時、本フラグの状態を判定し、初期設定コマンドを受信していなければ、印刷データの編集は行わないことで、誤印刷の出力を防止する。

概要

背景

例えば特開昭63−59563号公報に記載されているように、設定される初期設定条件を不揮発に記憶する記憶手段を設けることにより、電源を切断しても再設定を不要とする像形成装置を形成する等の技術がある。

概要

上位装置からローディングした書式データ外字文字パターンデータ印刷制御データパワーオフ等で失われた場合に発生し得る誤印刷の出力を防止し、上位装置から前記失われたデータを再ローディングすることにより、正常な印刷結果の出力を保証する。

上位装置101から書式データや外字の文字パターンデータや印刷制御データのローディングが行われる場合に、必ず初期設定コマンド発行されることに着目し、初期設定コマンドの受信の有無をプリンタ制御装置102内の初期設定コマンド受信フラグ300にて判断し、上位装置101からの印刷データをプリンタ制御装置102が受信した時、本フラグの状態を判定し、初期設定コマンドを受信していなければ、印刷データの編集は行わないことで、誤印刷の出力を防止する。

目的

上位装置より書式データや外字の文字パターンデータや印刷制御データをローディングして印刷データの印刷出力を制御するプリンタ制御装置において、パワーオフ等により、ローディングした前記各種データが失われた状態で、印刷データを編集し出力すると、目的とする印刷結果が得られず、誤印刷が発生する。

本発明の第1の目的は、上位装置からローディングした書式データや外字の文字パターンデータや印刷制御データが失われた場合に発生し得る誤印刷の出力を不揮発に記憶する記憶手段を用いることなく防止することにある。

本発明の第2の目的は、ローディングした書式データや外字の文字パターンデータや印刷制御データが失われた場合に、上位装置から前記各種データを再ローディングすることにより、不揮発に記憶する記憶手段を用いることなく正しい印刷結果を保証することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

上位装置と接続し、上位装置から印刷制御データ、及び、文字や図形/画像データ(以下、印刷データと呼ぶ)等を受信し記憶するメモリを備え、上位装置から書式データ外字文字パターンデータや印刷制御データをローディングして、印刷データ等の印刷出力を制御するプリンタ制御装置において、パワーオンハードウェア的に初期化される初期設定コマンドを受信したことを示すフラグ(以下、初期設定コマンド受信フラグと呼ぶ)を設け、印刷データを受信した時に、パワーオフ等で上位装置からローディングした各種データが失われたか否かを判定して、印刷を行わないことで誤印刷の出力を防止することを特徴としたプリンタ制御装置。

請求項2

前記プリンタ制御装置において、パワーオン直後は上位装置からのデータが初期設定コマンドか否かを判定し、初期設定コマンドの場合は、前記判定処理部を書き換え、以降の印刷データ受信においては、初期設定コマンドか否かのチェックを行わないようにし、前記判定で初期設定コマンドでない場合は、印刷データの編集を行わないことで誤印刷の出力を防止することを特徴としたプリンタ制御装置。

請求項3

前記プリンタ制御装置において、パワーオン後、最初に受信したコマンドが初期設定コマンドでない場合、上位装置にその旨を報告し、それを契機に上位装置からデータの再ローディングを行うことにより、正しい印刷結果保証することを特徴とする請求項1、及び、請求項2記載のプリンタ制御装置。

技術分野

0001

本発明はプリンタ制御装置に関し、特に誤印刷防止に係わるものである。

背景技術

0002

例えば特開昭63−59563号公報に記載されているように、設定される初期設定条件を不揮発に記憶する記憶手段を設けることにより、電源を切断しても再設定を不要とする像形成装置を形成する等の技術がある。

発明が解決しようとする課題

0003

上位装置より書式データ外字文字パターンデータ印刷制御データローディングして印刷データの印刷出力を制御するプリンタ制御装置において、パワーオフ等により、ローディングした前記各種データが失われた状態で、印刷データを編集し出力すると、目的とする印刷結果が得られず、誤印刷が発生する。

0004

本発明の第1の目的は、上位装置からローディングした書式データや外字の文字パターンデータや印刷制御データが失われた場合に発生し得る誤印刷の出力を不揮発に記憶する記憶手段を用いることなく防止することにある。

0005

本発明の第2の目的は、ローディングした書式データや外字の文字パターンデータや印刷制御データが失われた場合に、上位装置から前記各種データを再ローディングすることにより、不揮発に記憶する記憶手段を用いることなく正しい印刷結果を保証することにある。

課題を解決するための手段

0006

この発明に係る第1の目的は、上位装置から書式データや外字の文字パターンデータや印刷制御データのローディングが行われる場合に、必ず初期設定コマンド発行されることに着目し、プリンタ制御装置に、初期設定コマンド受信フラグを設け、印刷データ受信時に前記フラグを判定し、オンであれば、通常通り印刷データの編集を行い、前記フラグがオフであれば、印刷データの編集を行わないことで達成できる。また、前記フラグを使用せずに解決する場合、パワーオン直後は上位装置からのデータが初期設定コマンドか否かを判定し、初期設定コマンドの場合は、前記判定処理部を書き換え、以降の印刷データ受信においては、初期設定コマンドか否かのチェックを行わないようにし、前記判定で初期設定コマンドでない場合は、印刷データの編集を行わないこと達成できる。

0007

また、第2の目的は、パワーオン後、最初に受信したコマンドが初期設定コマンドでない場合、上位装置に例外報告を行い、それを契機に上位装置から書式データや外字の文字パターンデータや印刷制御データを再ローディングし、例外報告した印刷データを再送することにより達成できる。

発明を実施するための最良の形態

0008

図1は本発明の一実施例の構成を示すブロック図、図2は現状における誤印刷の発生を示した図、図3は本発明による誤印刷の防止を示した図である。

0009

まず、図1により、本発明によるプリンタ制御装置の動作概要を説明する。

0010

上位装置101より送られるデータは、中間バッファ103に格納される。

0011

中間バッファ103のデータが、書式データ113、外字の文字パターンデータ114、印刷制御データ115など印刷に先立ってプリンタ制御装置102内にローディングしておくものであれば、コマンド処理部104は、そのデータをそれぞれ書式メモリ105、文字パターンメモリ106、印刷制御データメモリ107に格納する。

0012

また、中間バッファ103のデータが印刷データ116であれば、コマンド処理部104はデータを編集し、編集したデータをページバッファ108に格納する。

0013

ページバッファ108に1ページ分のデータが完成すると、コマンド処理部104は印刷データ編集処理部109にデータ展開依頼するとともに次のページの編集を行う。

0014

コマンド処理部104からの依頼を印刷データ編集処理部109が受けるとページバッファ108より順次データを取り込み、該当する文字パターンを文字パターンメモリ106から読み出しページイメージページメモリ111に格納する。

0015

1ページの展開が終了すると、印刷データ編集処理部109は、コマンド処理部104にその旨を報告し、印刷データ出力部110に印刷を指示する。一方、コマンド処理部104は、ページバッファ108に次のページのデータが完成していれば、印刷データ編集処理部109に次のページのデータ展開を依頼する。

0016

印刷データ編集処理部109からの指示に対して印刷データ出力部110は、該当するページメモリ111よりデータを読み出し、そのドットデータをプリンタ装置112に送出することにより印刷を行う。

0017

次に、図2により、現状における誤印刷の発生について説明する。

0018

プリンタ制御装置102をパワーオン201した後に、上位装置101よりプリンタ制御装置102が初期設定コマンド202を受信すると、所定のデータを初期設定203し、上位装置101に正常終了報告204する。

0019

以下、書式データ205、外字の文字パターンデータ208、印刷制御データ211を受信すると、それぞれ書式メモリ206、文字パターンメモリ209、印刷制御データメモリ212にデータを格納する。

0020

その後送られてくる印刷データに対して、既にローディングされている各種データに従い、印刷データの編集を行い、以下図1で示した手順によって印刷を行う。

0021

このような印刷業務において、何らかの理由でプリンタ制御装置102がパワーオフ220されると、書式メモリ、文字パターンメモリ、印刷制御データメモリのデータはクリアされる。

0022

その後再び、プリンタ制御装置102をパワーオン211し、印刷業務を続行(印刷データn222を受信)すると、前記パワーオフにより、以前ローディングした各種データはクリアされているため、目的とする印刷結果が得られず、誤印刷が発生する。一方、プリンタ制御装置102は、上位装置101に対して、誤印刷したにも関わらず、正常に終了した旨を報告224する。

0023

次に、図3により、本発明の第一、及び、第三に係る誤印刷の防止について説明する。

0024

プリンタ制御装置102が、パワーオン301されることにより、本発明の初期設定コマンド受信フラグ300はオフ302される。

0025

その後、上位装置101よりプリンタ制御装置102が初期設定コマンド303を受信すると、所定のデータを初期設定304し、初期設定コマンド受信フラグ300をオン305にする。

0026

以下、書式データ307、外字の文字パターンデータ310、印刷制御データ313を受信すると、それぞれ書式メモリ308、文字パターンメモリ311、印刷制御データメモリ314にデータを格納する。

0027

その後送られてくる印刷データに対して、初期設定コマンド受信フラグ300を参照し、オンであることから、既にローディングされている各種データに従い、印刷データの編集を行い、以下図1で示した手順によって印刷を行う。

0028

図2と同様にプリンタ制御装置102がパワーオフ324されると、書式メモリ、文字パターンメモリ、印刷制御データメモリはクリアされる。

0029

その後再び、プリンタ制御装置102がパワーオン325されると、初期設定コマンド受信フラグ300はオフ326される。この状態で印刷データn327を受信すると、初期設定コマンド受信フラグ300を参照328し、オフであることから、印刷データの編集は行わず、上位装置101に例外報告330を行う。

0030

例外報告330により上位装置101は、初期設定コマンド331をプリンタ制御装置102に送信し、プリンタ制御装置102は、所定のデータを初期設定332後、初期設定コマンド受信フラグ300をオン333にする。

0031

その後、書式データ335、外字の文字パターンデータ338、印刷制御データ341をプリンタ制御装置102に再ローディングし、例外報告となった印刷データn344を再送する。

0032

プリンタ制御装置102は、初期設定コマンド受信フラグ300を参照345し、オンであることから、再ローディングされた各種データに従い、印刷データの編集346を行い、以下図1で示した手順によって印刷を行うことにより、正常に印刷結果を出力することができる。

0033

次に、図4により、本発明の第二、及び、第三に係る誤印刷の防止について説明する。

0034

プリンタ制御装置102が、パワーオン401されることにより、本発明の初期設定コマンド判定処理部が起動される。

0035

その後、上位装置101よりプリンタ制御装置102が初期設定コマンド403を受信すると、所定のデータを初期設定404し、判定処理部書き替え405を行うことにより、通常コマンド判定処理部が起動される。

0036

以下、書式/外字の文字パターン印刷制御データ407を受信すると、それぞれ書式/文字パターン/印刷制御データメモリ409にデータを格納する。

0037

その後送られてくる印刷データに対して、ローディングされている各種データに従い、印刷データの編集を行い、以下図1で示した手順によって印刷を行う。

0038

図2と同様にプリンタ制御装置102がパワーオフ416されると、書式メモリ、文字パターンメモリ、印刷制御データメモリはクリアされる。

0039

その後再び、プリンタ制御装置102がパワーオン417されると、初期設定コマンド判定処理部が起動される。この状態で印刷データn419を受信すると、初期設定コマンドでないため、印刷データの編集は行わず、上位装置101に例外報告421を行う。

0040

例外報告421により上位装置101は、初期設定コマンド422をプリンタ制御装置102に送信し、プリンタ制御装置102は、所定のデータを初期設定423後、判定処理部書き替え424を行うことにより、通常コマンド判定処理部が起動される。

0041

その後、書式/外字の文字パターン/印刷制御データ427をプリンタ制御装置102に再ローディングし、例外報告となった印刷データn429を再送する。

0042

プリンタ制御装置102は、再ローディングされた各種データに従い、印刷データの編集430を行い、以下図1で示した手順によって印刷を行うことにより、正常に印刷結果を出力することができる。

発明の効果

0043

以上詳細に説明したように、本発明に係る第1、及び、第2の発明によれば、プリンタ制御装置をパワーオン後、最初に受信したコマンドが初期設定コマンドでない場合は、印刷を行わないことにより、誤印刷の出力を防止できる。

0044

本発明に係る第3の発明によれば、プリンタ制御装置をパワーオン後、最初に受信したコマンドが初期設定コマンドでない場合は、上位装置に例外報告を行い、それを契機に上位装置から書式データや外字の文字パターンデータや印刷制御データを再ローディングし、例外報告となった印刷データを再送することにより、正常に印刷結果を出力することを保証する。

図面の簡単な説明

0045

図1本発明の一実施例の構成を示すブロック図である。
図2現状における誤印刷の発生を示した図である。
図3本発明の第一、及び、第三の発明による誤印刷の防止を示した図である。
図4本発明の第二、及び、第三のによる誤印刷の防止を示した図である。

--

0046

101…上位装置、102…プリンタ制御装置、103…中間バッファ、104…コマンド処理部、105…書式メモリ、106…文字パターンメモリ、107…印刷制御データメモリ、108…ページバッファ、109…印刷データ編集処理部、110…印刷データ出力部、111…ページメモリ、112…プリンタ装置、113…書式データ、114…外字の文字パターンデータ、115…印刷制御データ、116…印刷データ、300…初期設定コマンド受信フラグ。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 京セラドキュメントソリューションズ株式会社の「 画像形成装置」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】画像形成装置の周辺に外装カバーを平置きするスペースが確保できない場合でも、該外装カバーを取外して行う各種作業を効率良く行えるようにすることにある。【解決手段】画像形成装置本体2には、該画像形成... 詳細

  • キヤノン株式会社の「 画像形成装置」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】消費電力が低減された状態から定着手段に電力が供給されない状態へ復帰して結露判定のための環境を検出する。【解決手段】画像形成装置1は、画像形成装置を第一の状態、第二の状態および第三の状態に切り替... 詳細

  • キヤノンファインテックニスカ株式会社の「 画像記録装置」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】記録媒体の停止後に搬送を再開して記録媒体に画像を記録する際に、記録画像の品質の低下を防ぐこと。【解決手段】画像記録装置101は、記録媒体911を搬送する給送ローラ109及び搬送ローラ908と、... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ