図面 (/)

技術 血圧上昇並びに血糖上昇を抑制するための機能性食品

出願人 株式会社町田アンド町田商会
発明者 田口茂星隆一
出願日 2000年2月14日 (21年0ヶ月経過) 出願番号 2000-034490
公開日 2001年8月21日 (19年5ヶ月経過) 公開番号 2001-224329
状態 拒絶査定
技術分野 食品の着色及び栄養改善
主要キーワード 血糖変動 カイマン 血圧変動 血糖上昇抑制効果 イタチ 血圧上昇抑制効果 醸造特性 号酵母
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年8月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

高血圧症並びに糖尿病の進行を安全に抑制することのできる機能性食品を提供する。

解決手段

血圧上昇並びに血糖上昇を抑制するための機能性食品を、黒麹抽出液、黒麹菌と酵母菌との共生発酵液、並びにこれらの複合物または処理物の少なくともいずれか1つを含有することを特徴とするものとする。特にミカン区に属する柑橘類からの抽出液を添加することが好ましい。

概要

背景

今日、欧米先進国を中心として高血圧症糖尿病などの生活習慣病蔓延しつつあり、日本国も例外ではなく、食環境の欧米化に伴う生活習慣病の急増顕在化している。その結果、悪性腫瘍や脳や心臓循環器障害死亡原因となる例が近年増加傾向にある。

概要

高血圧症並びに糖尿病の進行を安全に抑制することのできる機能性食品を提供する。

血圧上昇並びに血糖上昇を抑制するための機能性食品を、黒麹抽出液、黒麹菌と酵母菌との共生発酵液、並びにこれらの複合物または処理物の少なくともいずれか1つを含有することを特徴とするものとする。特にミカン区に属する柑橘類からの抽出液を添加することが好ましい。

目的

本発明は、このような従来の問題点を解消するべく案出されたものであり、その主な目的は、高血圧症並びに糖尿病の進行を安全に抑制することのできる機能性食品を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
5件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

黒麹抽出液、黒麹菌と酵母菌との共生発酵液、並びにこれらの複合物または処理物の少なくともいずれか1つを含有することを特徴とする血圧上昇並びに血糖上昇を抑制するための機能性食品

請求項2

前記黒麹菌が、アスペルギルス属であることを特徴とする請求項1に記載の血圧上昇並びに血糖上昇を抑制するための機能性食品。

請求項3

前記酵母菌が、サッカロマイセス属セルビジエ種であることを特徴とする請求項1に記載の血圧上昇並びに血糖上昇を抑制するための機能性食品。

請求項4

前記共生発酵液が、もろみ酢であることを特徴とする請求項1乃至3のいずれかに記載の血圧上昇並びに血糖上昇を抑制するための機能性食品。

請求項5

ミカン区に属する柑橘類からの抽出液を添加することを特徴とする請求項1乃至4のいずれかに記載の血圧上昇並びに血糖上昇を抑制するための機能性食品。

技術分野

0001

本発明は、血圧上昇並びに血糖上昇を抑制するための機能性食品に関するものである。

背景技術

0002

今日、欧米先進国を中心として高血圧症糖尿病などの生活習慣病蔓延しつつあり、日本国も例外ではなく、食環境の欧米化に伴う生活習慣病の急増顕在化している。その結果、悪性腫瘍や脳や心臓循環器障害死亡原因となる例が近年増加傾向にある。

発明が解決しようとする課題

0003

しかるに、従来の高血圧症や糖尿病の治療効果の高い医療用医薬品は、一般的に副作用が強い上に多剤服用による重複毒性の問題などが存在するため、長期間に亘る使用には適していない。

0004

本発明は、このような従来の問題点を解消するべく案出されたものであり、その主な目的は、高血圧症並びに糖尿病の進行を安全に抑制することのできる機能性食品を提供することにある。

課題を解決するための手段

0005

このような目的を果たすために、本発明においては、血圧上昇並びに血糖上昇を抑制するための機能性食品を、黒麹抽出液、黒麹菌と酵母菌との共生発酵液、並びにこれらの複合物または処理物の少なくともいずれか1つを含有することを特徴とするものとした。特にミカン区に属する柑橘類からの抽出液を添加することが好ましい。

発明を実施するための最良の形態

0006

以下に本発明を詳細に説明する。

0007

本発明による機能性食品は、栄養素一種以上含む天然物およびその加工物を指し、血圧上昇並びに血糖上昇を抑制するために、黒麹菌抽出液、黒麹菌と酵母菌との共生発酵液、並びにこれらの複合物または処理物の少なくともいずれか1つを含有するものであり、菓子類清涼飲料、並びに健康食品など、あらゆる飲食物に適用可能である。

0008

有効成分の調製に用いる黒麹菌としては、アスペルギルス属であることが好ましく、酵母菌は、泡盛醸造特性の高いサッカロマイセス属セルビジエ種(泡盛1号酵母)であることが好ましい。また黒麹菌と酵母菌との共生発酵液としては、例えばもろみ酢がある。これらには、ミカン区に属する柑橘類の果汁を添加することで味覚を向上することができる。

0009

ミカン区に属する柑橘類としては、シークワーシャーCitrus depressa)、タチバナ(C.tachibana)、コウジ(C.leiocarpa)、ギリミカン(C.tardiva)、ジミカン(C.succosa)、シカイカン、キシュウ(C.kinokuni)、コベニミカン(C.erythrosa)、スンキ(C.sunki)、チチュウカイマンリン(C.deliciosa)、キング(C.nobilis)、ポンカン(C.retuculata)、ダンシータンジェリン(C.tangerina)、ユズ区に属するハナユ(C.hanayu)、コウライタチバナ(C.nippokoreana)からなる群から選択することができる。

0010

以下に本発明の具体的な実施例を上げる。

0011

アスペルギルス属麹菌である黒麹菌を、蒸した硬質のタイ米上で温度を徐々に上昇(30〜41°C)させて約2日間に亘って繁殖させる。これを蒸留水に浸漬させることによって黒麹菌の抽出液を得る。

0012

サッカロマイセス属セルビジエ種酵母菌である泡盛1号酵母を25°C下のペプトン培地で約2日間培養することにより、酵母培養液を得る。

0013

日本の部、特に縄県の大宜味に多産する柑橘類の一つであるシークワーシャー(ヒラミレモン)の果実圧搾または遠心分離をすることにより、フラボノイドを含む果汁を得る。

0014

次に本発明による機能性食品の血圧上昇抑制効果の検証結果について説明する。

0015

週齢雄性自然発症高血圧(SHRSP)ラットに対し、予備飼育期間中は固形飼料を与えつつ血圧測定および状態観察を行い、収縮期血圧平均値がほぼ一定となるように5匹ずつ3群に群分けした。そして各群に対し、蒸留水、黒麹菌抽出液、酵母培養液、並びにシークワーシャー濃縮果汁を、それぞれ毎日1回30日間連続的に強制経口投与し、投与期間中の血圧の変動を、5日毎にtail cuff法を用いて測定した。なお、被験物質は200mg/kg相当量とし、ラットは38±1°Cに保温したホルダーにて保定した。試験結果は平均値±標準偏差で表し、有意差検定はstudent's-tを用いた。

0016

その結果、図1に示す通り、蒸留水のみを与えた、つまり被験物質を与えなかった陽性対照群最高血圧値は、試験開始時の204mmHgから、30日後には218mmHgと高血圧症を呈し、しかも上昇傾向にあったのに対し、被験物質として黒麹菌抽出液、酵母培養液、並びにシークワーシャー濃縮果汁を投与した群は、それぞれ投与後15日までに陽性対照群に対して有意な血圧上昇抑制効果を示し(黒麹菌抽出液:180mmHg、酵母培養液:183mmHg、シークワーシャー濃縮果汁:180mmHg)、その後も血圧上昇が抑制された。

0017

以上により、被験物質の黒麹菌抽出液、酵母培養液、並びにシークワーシャー濃縮果汁には、自然発症高血圧(SHRSP)ラットに対する血圧上昇抑制効果のあることが実証された。

0018

次に本発明による機能性食品の血糖上昇抑制効果の検証結果について説明する。

0019

8週齢、雄性の自然発症高血糖(KK−Ay)マウスに対し、予備飼育期間中は固形飼料を与えつつ血糖測定および状態観察を行い、空腹時の血糖の平均値がほぼ一定となるように5匹ずつ3群に群分けした。そして各群に対し、蒸留水、黒麹菌抽出液、酵母培養液、並びにシークワーシャー濃縮果汁を、それぞれ毎日1回28日間連続的に強制経口投与し、投与期間中の血糖の変動を、投与開始時、7日目、14日目、21日目、28日目に、それぞれ6時間絶食後の午後3時に尾静脈より採血して測定した。

0020

なお、被験物質は200mg/kg相当量とした。試験結果は平均値±標準偏差で表し、有意差検定はstudent's-tを用いた。

0021

その結果、図2に示す通り、蒸留水のみを与えた、つまり被験物質を与えなかった陽性対照群の血糖値は、試験開始時の144mg/dlから、28日後には206mg/dlと糖尿病血糖値を呈し、しかも上昇傾向にあったのに対し、被験物質として黒麹菌抽出液、酵母培養液、並びにシークワーシャー濃縮果汁を投与した群は、それぞれ投与後14日までに陽性対照群に対して有意な血糖上昇抑制効果を示し(黒麹菌抽出液:169mg/dl、酵母培養液:182mg/dl、シークワーシャー濃縮果汁:171mg/dl)、その後も血糖上昇が抑制された。

0022

以上により、黒麹菌抽出液、酵母培養液、並びにシークワーシャー濃縮果汁には、自然発症高血糖(KK−Ay)マウスに対する血糖上昇抑制効果のあることが実証された。

発明の効果

0023

このように本発明による機能性食品により、血圧並びに血糖の双方の上昇を抑制する作用が得られる。従って、本発明により、高血圧症並びに糖尿病に関連する疾患の進行を副作用を伴わずに抑制する上に大きな効果が得られる。特に柑橘類の果汁自体に血圧並びに血糖の上昇抑制作用があるので、これを添加することにより、味覚の向上はもとより、血圧並びに血糖の上昇抑制作用を増強する上にも効果的である。

図面の簡単な説明

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ