図面 (/)

技術 パチンコ機の玉受皿

出願人 株式会社竹屋
発明者 竹内正博若菜芳生田結誠竹内英勝梁川誠市
出願日 2000年1月7日 (20年2ヶ月経過) 出願番号 2000-005855
公開日 2001年7月17日 (18年8ヶ月経過) 公開番号 2001-190797
状態 特許登録済
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等)
主要キーワード 傾斜ユニット バネ受板 登り傾斜 底面幅 垂直落 水平位 傾斜底面 アール状
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年7月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (14)

課題

従来の整流機能を維持しつつ、玉貸機からパチンコ玉が貸し出された時でも、玉受皿底面でパチンコ玉が跳ね、玉受皿の外に跳び出してしまうのを防止するパチンコ機の玉受皿を提供する。

解決手段

玉貸機から排出された玉を受ける玉受皿の所定部に、遊技領域2側へ向かう所定の下り傾斜面を設ける。このような傾斜面を設けることによって、玉貸機30から貸し出されたパチンコ玉P1,P2,P3が、玉受皿で跳ね上がるときは遊技領域2側に跳ねるため、パチンコ玉が玉受皿の外側に跳び出してしまうことがない。

概要

背景

従来より、パチンコ機の前面下部には、図11乃至図13に示すように、玉貸機の玉案内体131から貸し出されたパチンコ玉や、パチンコ遊技によって獲得された景品玉であるパチンコ玉を受け止め貯留する、玉受皿としての上皿109と称されるものが設けられている。

前記上皿109の底面は、発射装置のある右側に向かって下り傾斜するよう形成されると共に、下流側へ向かうにつれ徐々に流路幅が狭められ、さらに傾斜壁114kの作用により、最終的にパチンコ玉を整流部115上に一列に整列させるようになっている。なお傾斜壁114kは、上皿109底面とカバー部114との間に設けられた部材で、所定の傾斜角度(カバー部114から上皿109底面に向かって下り傾斜)で形成されパチンコ玉を整流部115へ流下させるようになっている。また、上皿109の下流底面を流下するパチンコ玉になるほど、上流側のパチンコ玉から受ける玉圧が大きくなるため、玉圧によってパチンコ玉がブリッジを起こし、玉流れが悪くなったり玉詰まりを起こすことがあった。そのため、上皿109の底面は、上記したように右側に向かって傾斜されているが、玉圧を少しでも減らす為、図11のJ−J断面図を示す図12を参照しても分かるように、その断面方向では略水平に造られ水平底面111を形成していた。

また、玉貸機から貸し出されたパチンコ玉P1、P2、P3は、玉貸機の玉出口132から上皿109の水平底面111へ落下するように排出されていた。そのため、パチンコ玉が水平底面111上で跳ねて上皿109の外側に跳び出してしまわないよう、上皿109の上部へ折り返し部112を設けていた。

概要

従来の整流機能を維持しつつ、玉貸機からパチンコ玉が貸し出された時でも、玉受皿底面でパチンコ玉が跳ね、玉受皿の外に跳び出してしまうのを防止するパチンコ機の玉受皿を提供する。

玉貸機から排出された玉を受ける玉受皿の所定部に、遊技領域2側へ向かう所定の下り傾斜面を設ける。このような傾斜面を設けることによって、玉貸機30から貸し出されたパチンコ玉P1,P2,P3が、玉受皿で跳ね上がるときは遊技領域2側に跳ねるため、パチンコ玉が玉受皿の外側に跳び出してしまうことがない。

目的

本発明は、この様な事情を鑑みなされたものであり、その目的は、玉受皿底面の形状を変更することで、従来の整流機能を維持しつつ、玉貸機からパチンコ玉が貸し出された時等、玉受皿に対しパチンコ玉が排出された時にパチンコ玉が玉受皿から外側へ跳び出してしまうことを防止するようにしたパチンコ機の玉受皿を提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
9件
牽制数
21件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

玉貸機の玉案内体を介して排出されるパチンコ玉または景品玉払出装置から排出されるパチンコ玉を受け止め貯留するパチンコ機玉受皿において、前記玉受皿の底面は、前記玉案内体の玉出口または前記景品玉払出装置の景品玉排出口に臨み、該玉出口または景品玉排出口から排出されるパチンコ玉を受け止める所定部分を、遊技領域側へ向かって下り傾斜を形成する傾斜底面としたことを特徴とするパチンコ機の玉受皿。

請求項2

前記傾斜底面は、前記玉案内体の玉出口の大きさよりも大きく形成されていることを特徴とする請求項1記載のパチンコ機の玉受皿。

請求項3

前記傾斜底面は、前記景品玉払出装置の景品玉排出口の長手方向の長さよりも長く形成されていることを特徴とする請求項1または2記載のパチンコ機の玉受皿。

請求項4

前記傾斜底面は、遊技領域と反対側の端部から遊技領域側へ向かって形成されると共に、前記玉受皿底面幅の少なくとも略1/3以上形成されていることを特徴とする請求項1乃至3記載のパチンコ機の玉受皿。

請求項5

前記玉受皿に装着可能なユニットを設け、該ユニットに前記傾斜底面を形成したことを特徴とする請求項1乃至4記載のパチンコ機の玉受皿。

請求項6

前記ユニットは、前記玉受皿と装着するための装着手段を備えたことを特徴とする請求項5記載のパチンコ機の玉受皿。

請求項7

前記傾斜底面は、前記玉受皿に対し揺動自在に設けたことを特徴とする請求項1乃至6記載のパチンコ機の玉受皿。

請求項8

前記傾斜底面は、弾性部材により前記玉受皿に対し揺動自在に設けたことを特徴とする請求項7記載のパチンコ機の玉受皿。

請求項9

前記傾斜底面は、パチンコ玉の荷重が多くなるに従って当該傾斜が小さくなるように構成されていることを特徴とする請求項7または8記載のパチンコ機の玉受皿。

技術分野

0001

本発明は、パチンコ遊技によって獲得されたパチンコ玉を受け止め貯留するパチンコ機玉受皿に関するものである。

背景技術

0002

従来より、パチンコ機の前面下部には、図11乃至図13に示すように、玉貸機の玉案内体131から貸し出されたパチンコ玉や、パチンコ遊技によって獲得された景品玉であるパチンコ玉を受け止め貯留する、玉受皿としての上皿109と称されるものが設けられている。

0003

前記上皿109の底面は、発射装置のある右側に向かって下り傾斜するよう形成されると共に、下流側へ向かうにつれ徐々に流路幅が狭められ、さらに傾斜壁114kの作用により、最終的にパチンコ玉を整流部115上に一列に整列させるようになっている。なお傾斜壁114kは、上皿109底面とカバー部114との間に設けられた部材で、所定の傾斜角度(カバー部114から上皿109底面に向かって下り傾斜)で形成されパチンコ玉を整流部115へ流下させるようになっている。また、上皿109の下流底面を流下するパチンコ玉になるほど、上流側のパチンコ玉から受ける玉圧が大きくなるため、玉圧によってパチンコ玉がブリッジを起こし、玉流れが悪くなったり玉詰まりを起こすことがあった。そのため、上皿109の底面は、上記したように右側に向かって傾斜されているが、玉圧を少しでも減らす為、図11のJ−J断面図を示す図12を参照しても分かるように、その断面方向では略水平に造られ水平底面111を形成していた。

0004

また、玉貸機から貸し出されたパチンコ玉P1、P2、P3は、玉貸機の玉出口132から上皿109の水平底面111へ落下するように排出されていた。そのため、パチンコ玉が水平底面111上で跳ねて上皿109の外側に跳び出してしまわないよう、上皿109の上部へ折り返し部112を設けていた。

発明が解決しようとする課題

0005

しかし、玉貸機の玉出口132高さと、パチンコ機の水平底面111高さは、種類やメーカにより、若干異なっているため、玉貸機の玉出口132とパチンコ機の水平底面111との間隔が空いてしまうことがあった。この場合、玉貸機の玉出口132から排出されたパチンコ玉がパチンコ機の水平底面111で跳ね上がる量が増え、例え上記したように上皿上部へ折り返し部112を設けていても、パチンコ玉が上皿109の外側に跳び出してしまうことがあり、遊技客不利益を与えていた。

0006

つまり、図13に示すように、玉貸機の玉出口132から貸し出されたパチンコ玉は、パチンコ機の水平底面111上で跳ね上がるとき、パチンコ玉P2のように垂直方向に跳ね上がるパチンコ玉だけではなく、左側や右側に向かって跳ね上がるパチンコ玉P1、P3があるので、このとき、右側に向かって跳ねたパチンコ玉P3が上皿109の外側へ跳び出してしまうのである。

0007

また、従来の上皿109では、上述した理由と略同様な理由により、パチンコ遊技において入賞したことにより、図示しない景品玉払出装置から払い出される景品玉が、景品玉排出口3より勢いよく排出されたときにおいても、上皿109の外側へパチンコ玉が跳び出すことがあった。

0008

本発明は、この様な事情を鑑みなされたものであり、その目的は、玉受皿底面の形状を変更することで、従来の整流機能を維持しつつ、玉貸機からパチンコ玉が貸し出された時等、玉受皿に対しパチンコ玉が排出された時にパチンコ玉が玉受皿から外側へ跳び出してしまうことを防止するようにしたパチンコ機の玉受皿を提供することである。

0009

上記の目的を達成するためになされた本発明のパチンコ機の玉受皿は、請求項1に記載されているように、玉貸機の玉案内体を介して排出されるパチンコ玉または景品玉払出装置から排出されるパチンコ玉を受け止め貯留するパチンコ機の玉受皿において、前記玉受皿の底面は、前記玉案内体の玉出口または前記景品玉払出装置の景品玉排出口に臨み、該玉出口または景品玉排出口から排出されるパチンコ玉を受け止める所定部分を、遊技領域側へ向かって下り傾斜を形成する傾斜底面としたことを特徴とする。

0010

請求項1記載のパチンコ機の玉受皿では、玉貸機の玉案内体の玉出口から排出されたパチンコ玉または景品玉払出装置の景品玉排出口から排出されたパチンコ玉を受け止める玉受皿底面の所定部分を、遊技領域側へ向かって下り傾斜を形成する傾斜底面としたことにより、当該排出されたパチンコ玉は、玉受皿底面部分で跳ね上がるときには、傾斜底面の作用により、遊技領域側へ跳ねるようになる。そして、遊技領域側はガラス枠等の壁面で覆われているので、例え、パチンコ玉が大きく跳ね上がったとしても、壁面に当たって再び玉受皿へ戻ってくるため、パチンコ玉が玉受皿外側へ跳び出すことはない。その結果、遊技者は玉受皿からのパチンコ玉の跳び出しを気にすることなく、遊技を行うことができる。

0011

また、請求項2記載のパチンコ機の玉受皿は、請求項1記載のパチンコ機の玉受皿において、前記傾斜底面は、前記玉案内体の玉出口の大きさよりも大きく形成されていることを特徴とする。

0012

請求項2に記載のパチンコ機の玉受皿では、傾斜底面を玉貸機の玉案内体の玉出口の大きさ、即ち玉出口の開口面積よりも大きく形成したことにより、当該排出されたパチンコ玉、特に玉貸機から排出され略垂直落下してきたパチンコ玉は、玉受皿底面部分で跳ね上がるときには、全て傾斜底面にて受け止められ、遊技領域側へ跳ねるようになる。そして、遊技領域側はガラス枠等の壁面で覆われているので、例え、パチンコ玉が大きく跳ね上がったとしても、壁面に当たって再び玉受皿へ戻ってくるため、パチンコ玉が玉受皿外側へ跳び出すことはない。その結果、遊技者は玉受皿からのパチンコ玉の跳び出しを気にすることなく、遊技を行うことができる。

0013

また、請求項3記載のパチンコ機の玉受皿は、請求項1または2記載のパチンコ機の玉受皿において、前記傾斜底面は、前記景品玉払出装置の景品玉排出口の長手方向の長さよりも長く形成されていることを特徴とする。

0014

請求項3に記載のパチンコ機の玉受皿では、傾斜底面を景品玉払出装置の景品玉排出口の長手方向の長さよりも長く形成したことにより、当該排出されたパチンコ玉、特に景品玉払出装置から排出されたパチンコ玉は、玉受皿底面部分で跳ね上がるときには、全て傾斜底面にて受け止められ、遊技領域側へ跳ねるようになる。そして、遊技領域側はガラス枠等の壁面で覆われているので、例え、パチンコ玉が大きく跳ね上がったとしても、壁面に当たって再び玉受皿へ戻ってくるため、パチンコ玉が玉受皿外側へ跳び出すことはない。その結果、遊技者は玉受皿からのパチンコ玉の跳び出しを気にすることなく、遊技を行うことができる。

0015

また、請求項4記載のパチンコ機の玉受皿は、請求項1乃至3記載のパチンコ機の玉受皿において、前記傾斜底面は、遊技領域と反対側の端部から遊技領域側へ向かって形成されると共に、前記玉受皿底面幅の少なくとも略1/3以上形成されていることを特徴とする。

0016

請求項4に記載のパチンコ機の玉受皿では、傾斜底面を遊技領域と反対側の端部から遊技領域側へ向かって、且つ玉受皿底面幅の少なくとも略1/3以上形成したことにより、即ち、パチンコ玉を受け止める玉受皿底面部分の少なくとも遊技領域から遠い側を所定区間遊技領域側へ向かう下り傾斜としたことにより、当該排出されたパチンコ玉は、玉受皿底面部分の遊技領域から遠い側で跳ね上がるときには、傾斜底面の作用により、遊技領域側へ跳ねるようになる。そして、遊技領域側はガラス枠等の壁面で覆われているので、例え、パチンコ玉が大きく跳ね上がったとしても、壁面に当たって再び玉受皿へ戻ってくるため、パチンコ玉が玉受皿外側へ跳び出すことはない。

0017

一方、玉受皿底面部分の遊技領域側で跳ね上がったパチンコ玉は、例え、遊技領域外側へ向かったとしても、玉受皿の外側まで距離があるため玉受皿の外側に跳び出すことはない。その結果、遊技者は玉受皿からのパチンコ玉の跳び出しを気にすることなく、遊技を行うことができる。

0018

また、傾斜底面が少なくなると共に遊技領域から遠い側に設けられるので、玉受皿の下流側を流下するパチンコ玉、特に遊技領域側にある整流部上にあるパチンコ玉に対する玉圧を最小限におさえることができ、玉流れが悪くなったり、いわゆるブリッジ等の玉詰まり現象を起こすことはなく、玉受皿の設計が容易に行うことができる。

0019

また、請求項5記載のパチンコ機の玉受皿は、請求項1乃至4記載のパチンコ機の玉受皿において、前記玉受皿に装着可能なユニットを設け、該ユニットに前記傾斜底面を形成したことを特徴とする。

0020

請求項5に記載のパチンコ機の玉受皿では、傾斜底面を有したユニットを玉受皿に装着可能としたため、ユニットたけを単体成形し、既存の玉受皿に装着することで玉受皿に傾斜底面を形成することが可能となり、コストの低減化がはかれると共に、玉貸機の種類や形状等または玉受皿の種類や形状等に応じて、ユニットの形状を自由に設計、変更することが容易にできる。

0021

また、請求項6記載のパチンコ機の玉受皿は、請求項5記載のパチンコ機の玉受皿において、前記ユニットは、前記玉受皿と装着するための装着手段を備えたことを特徴とする。

0022

請求項6に記載のパチンコ機の玉受皿では、ユニットに玉受皿と装着するための装着手段を設けたことにより、装着手段の作用によって、ユニットと玉受皿との装着を容易に行うことが可能となり、且つガタツキの無いしっかりした玉受皿を構成することができる。

0023

また、請求項7記載のパチンコ機の玉受皿は、請求項1乃至6記載のパチンコ機の玉受皿において、前記傾斜底面は、前記玉受皿に対し揺動自在に設けたことを特徴とする。

0024

請求項7に記載のパチンコ機の玉受皿では、傾斜底面を玉受皿に対し揺動自在に設けたので、当該排出されたパチンコ玉が玉受皿底面部分で跳ね上がるときに、当該排出されたパチンコ玉の傾斜底面に対する衝撃をやわらげることができる。その結果、玉受皿の耐久性を向上させることができる。

0025

なお、傾斜底面を玉受皿に対し揺動自在に設けるには、請求項8記載のようにすると良い。即ち、請求項8記載のパチンコ機の玉受皿は、請求項7記載のパチンコ機の玉受皿において、前記傾斜底面は、弾性部材により前記玉受皿に対し揺動自在に設けたことを特徴とする。

0026

請求項8に記載のパチンコ機の玉受皿では、傾斜底面を弾性部材の付勢力を利用して玉受皿に対し揺動自在に設けているので、簡易な構成によるコストダウン及び耐久性の向上がはかれる。

0027

また、請求項9記載のパチンコ機の玉受皿は、請求項7または8記載のパチンコ機の玉受皿において、前記傾斜底面は、パチンコ玉の荷重が多くなるに従って当該傾斜が小さくなるように構成されていることを特徴とする。

0028

請求項9に記載のパチンコ機の玉受皿では、傾斜底面にパチンコ玉の荷重が無い(少ない)場合には、例えば弾性部材の付勢力により、傾斜底面は、その遊技領域側よりも遊技領域と反対側が押し上げられた状態を維持し、傾斜底面に所定の最大傾斜が形成されている。一方、遊技における入賞により傾斜底面にパチンコ玉が多くなると、それに従ってパチンコ玉の荷重が弾性部材の付勢力に抗し、傾斜底面は、その遊技領域と反対側が徐々に押し下げられていき、傾斜が少なくなっていく。

0029

ここで、玉受皿にパチンコ玉が多くあるときには、そもそも玉貸機からパチンコ玉を借り受けることは殆どなく、また、仮に玉貸機から借り受けたとき、または遊技中に入賞したときに排出されるパチンコ玉は、玉受皿にすでに存在する貯留玉に衝突することとなり、玉受皿の外側へ跳び出すことはない。つまり、玉受皿にパチンコ玉が多くあるときには、傾斜底面自体が不必要となる。この点、請求項9に記載のパチンコ機の玉受皿は、パチンコ玉の荷重、即ちパチンコ玉数が多くなるに従って傾斜底面の傾斜が小さくなるようになってるため、パチンコ玉が多いときに特に発生しやすい玉受皿の下流側を流下するパチンコ玉、特に遊技領域側にある整流部上にあるパチンコ玉に対する玉圧を最小限におさえることができ、玉流れが悪くなったり、いわゆるブリッジ等の玉詰まり現象を起こすことはなく、玉受皿の設計が容易に行うことができる。

0030

なお、傾斜底面は、パチンコ玉の荷重が多くなるに従って、最終的に当該傾斜を無くし水平状に形成するようにしても良い。このようにすれば、玉受皿の玉流れ状態をほぼ従来の玉受皿と同様にすることができ、前述した当該傾斜による玉圧を皆無にすることができる。

発明を実施するための最良の形態

0031

本発明のパチンコ機1の玉受皿における第1実施例を図面に基づいて説明する。

0032

図1はパチンコ機1及び玉貸機30を正面から見た全体斜視図を示したものであり、パチンコ機1の前面中央の上方には遊技領域2が設けられ、遊技領域2の下方に景品玉排出口3が設けられている。また、前記景品玉排出口3の前方には、パチンコ機1本体の前面から突出するように玉受皿としての上皿9が設置されている。

0033

玉貸機30は、パチンコ機1の左側に設置されるもので、玉貸機30の前面に玉案内体31が付設されており、玉案内体31の先端部が右横方向を向く位置から、前方向を向く位置(略90度の範囲)まで回動可能になっている。また、玉案内体31の玉出口32は、該玉案内体31の先端部が右横方向を向く位置へ回動したとき、パチンコ機1の上皿9上方から臨んだ状態になる。この状態において、玉貸機30本体の図示しない硬貨投入口へ硬貨投入(もしくはカード投入口カードを投入)すると、玉案内体31を介して玉貸機30本体から貸し出されるパチンコ玉が、玉貸機30の玉出口32からパチンコ機1の上皿9へ排出されるようになっている。

0034

図2は本実施例の上皿9平面図を示したもので、パチンコ玉を貯留する上皿底面(傾斜底面10及び水平底面11)とカバー部14と傾斜壁14kとが設けられている。また、上皿底面(傾斜底面10及び水平底面11)は右側に向けて傾斜されており、その先にはステンレス製の整流部15が設けられ、前述したようにパチンコ玉を玉1個分の幅に整列させながら、打球位置に導くようになっている。また、後に詳述する傾斜底面10は、前記玉案内体31の玉出口32に少なくとも対応する上皿9の所定部位図2におけるハッチング部分)に形成されていると共に、後述する景品玉排出口3の長手方向の長さ(図2における左右方向の長さ)よりも大きく形成されている。

0035

図3は、図2におけるA−A断面図であり、上皿9の左側は、遊技者が遊技を行う遊技領域2があると共に、遊技によって獲得された景品玉の出口である景品玉排出口3が設けられ、対向する前記カバー部14には、パチンコ玉の跳び出しを防止する折り返し部12が設けられている。そして、本実施例の主旨である上皿9の傾斜底面10は、前記遊技領域2側(図面左側)から前記折り返し部12側(図面右側)に向かって、緩やかな登り傾斜が設けられている。補足説明をすると、水平なラインであるLに対し、本実施例の傾斜底面10のラインはHであり、およそ5分程度の傾斜が設けられている。

0036

また、傾斜底面10と水平底面11の境目である境界部13(図2参照)について、図2のAX−AX断面図を示す図4を参照して説明すると、図のように、遊技領域2側から折り返し部12側に向かうにつれ、徐々に傾斜底面10と水平底面11との段差Xaが大きくなっている。

0037

以上説明した第1実施例の上皿9によれば、既存の上皿にもあった折り返し部12に加え、パチンコ機1の遊技領域2側が低くなるよう傾斜底面10を設けたため、図3に示すように、玉貸機30の玉出口32から排出されたパチンコ玉P1、P2、P3は、上皿9の底面で跳ね上がった時には、遊技領域2側に向かって跳ねることとなる。遊技領域2側には、図示しないガラス枠やガラス等の壁面があるため、当該跳ね上がったパチンコ玉P1、P2、P3は、例え、折り返し部12以上の高さで跳ねたとしても、それら壁面に衝突して再び上皿9内に落下するので、上皿9の外側に跳び出すことがない。その結果、遊技者は、上皿9からのパチンコ玉の跳び出しを気にすることなく、遊技を行うことができる。

0038

また、傾斜底面10の傾斜角度を5分としたため、後述するように景品玉排出口3から払い出されるパチンコ玉の流れを阻害することなく上皿9においてスムースな玉の流れを実現することができる。

0039

また、傾斜底面10を上皿底面の所定部位(図2に示すハッチング部分)にのみ設けたので、上皿底面の下流側を流下するパチンコ玉に対する玉圧を最小限におさえることができ、上皿9において玉流れが悪くなったり、いわゆるブリッジ等の玉詰まり現象を起こすことはない。

0040

さらに、傾斜底面10と水平底面11との境目に段差Xaが生じることで(図4参照)、パチンコ玉が傾斜底面10から水平底面11に流下する際、玉流れに勢いが付き、その勢いによって整流部15までの玉流れが良くなる。また、段差Xaは、遊技領域2側から折り返し部12側に向かうにつれ、徐々に大きくなっているので、上皿底面の下流側を流下するパチンコ玉、特に遊技領域2側にある整流部15上にあるパチンコ玉に対する玉圧を最小限におさえることができ、上皿9において玉流れが悪くなったり、いわゆるブリッジ等の玉詰まり現象を起こすことはない。

0041

なお、第1実施例では、傾斜底面10の傾斜角度を5分としたが、これは限定することなく、おおよそ3分〜5分程度であればよい。それは次の理由による。

0042

すなわち、傾斜底面10上にあるパチンコ玉は、傾斜底面10の傾斜のため、遊技領域2側(図3における左側)に転がる。そして、景品玉排出口3からパチンコ玉の払い出しがあると、遊技領域2側に寄ったパチンコ玉と景品玉排出口3から払い出されてくるパチンコ玉とが衝突することになる。このとき、傾斜底面10による傾斜角度が大きすぎると、景品玉排出口3から払い出されるパチンコ玉の流れを阻害し、玉流れが悪くなり玉詰まりの原因となるからである。

0043

また、傾斜底面10は、本実施例では平面で形成したが、アール状曲面)であっても良い。このようにしても、所定の傾斜角度が設けてあれば、平面と同様な効果が得られる。

0044

また、傾斜底面10は、上皿9の所定部位(図2におけるハッチング部分)に形成したが、これは、玉貸機30の玉出口32から排出されるパチンコ玉を受けることができる大きさを有していれば、どの程度であってもかまわない。好ましくは、傾斜による玉圧を考え、整流部15近傍へは傾斜底面10を設けない方が良いが、傾斜角度が3〜5分であれば特に問題はない。

0045

また、傾斜底面10と水平底面11の境目である境界部13に段差Xaを設けたが、この段差Xaのかわりに、傾斜底面10と水平底面11の境目をアール状面や斜面にて形成しても良い。このようにしても、段差Xaと同様な効果が得られる。

0046

図5は、本発明の第2実施例の上皿9a平面図であり、図6は、図5におけるB−B断面図である。なお、第2実施例において、第1実施例と同様な構成については、その説明を省略する。図6において、本実施例の主旨である上皿9aの底面は、前記遊技領域2側(図面左側)から前記折り返し部12a側(図面右側)の略中央(つまり、上皿底面の幅の略中央)である中点Mまで水平に形成された水平底面11aと、前記中点Mから前記折り返し部12a側(図面右側)に向かって緩やかな登り傾斜が設けられた傾斜底面10a(図5に示すハッチング部分)とが形成されている。補足説明をすると、水平なラインであるLaに対し、本実施例の傾斜底面10aのラインはHaであり、およそ5分程度の傾斜が設けられている。

0047

また、境界部13a(図5参照)において、前記中点Mから折り返し部12a側に向かうにつれ、徐々に大きくなる段差が形成されているが、第1実施例の境界部13とほぼ同様な構成のため、詳しい説明は省略する。

0048

以上説明した第2実施例の上皿9aによれば、図6に示すように、既存の上皿にもあった折り返し部12aに加えて、上皿底面の中点Mから折り返し部12a側(図面右側)まで登り傾斜を設けることにより、玉貸機30の玉出口32aから排出されたパチンコ玉P3は、上皿9aの傾斜底面10aで跳ね上がるときに、前述したように、遊技領域2側に向かって跳ねるため、上皿9aの外側に跳び出すことはない。また、パチンコ玉P1、P2は、例え、折り返し部12a側に向かって跳ねたとしても、上皿9aの外側(図面右側)まで距離があるため跳び出すことはない。その結果、遊技者は、上皿9aからのパチンコ玉の跳び出しを気にすることなく、遊技を行うことができる。

0049

また、上皿底面は、景品玉の出口である景品玉排出口3aから中点Mまで水平な水平底面11aとしたので、景品玉排出口3a近傍においては、傾斜による玉圧がほとんどかからず、前述した玉流れに影響を及ぼすことはなく、更に、水平底面11aにより、前述した段差を無くすことで整流部15a上にあるパチンコ玉に対する玉圧を皆無にする一方、傾斜底面10aにより、前述した段差の作用にて玉流れをスムースにすることができ、第1実施例よりも上皿を設計するのが容易である。特に、遊技領域2側にあるパチンコ玉は、折り返し部12a側にあるパチンコ玉より整流部15a上にあるパチンコ玉に対する玉圧は大きいので、水平底面11aが遊技領域2側にあることで効果は大となり、同様な理由により折り返し部12a側に傾斜底面10aがあることで効果は大となる。その他、第1実施例と同様な構成については、第1実施例と同様な効果を奏するので、説明を省略する。

0050

以上説明した第2実施例では、図6に示すように上皿底面幅の略中央から傾斜を設けているが、これに限定することなく、例えば、遊技領域2側寄りの上皿底面幅の3分の1付近から傾斜を設けたり、遊技領域2と反対側寄りの上皿底面幅の3分の2付近から傾斜を設けてもかまわない。また、水平底面11aから傾斜底面10aに至るまでを一連に若しくは部分的にアール状に形成しても良く、また、傾斜底面10aをアール状に形成しても良い。

0051

なお、第2実施例では、傾斜底面10aの傾斜角度を5分としたが、これは限定することなく、およそ3分〜7分程度であればよい。それは、前述したように、第1実施例に比べ玉流れに影響を及ぼすことが少ないので、その分傾斜角度の許容範囲が広くなるからである。

0052

図7は、本発明の第3実施例の上皿9b平面図であり、図8は、図7におけるC−C断面図である。なお、第3実施例において、第1、第2実施例と同様な構成については、その説明を省略する。図7における上皿底面のうち、ハッチング部分を可動傾斜ユニット16により構成している。この可動傾斜ユニット16を図8で説明する。

0053

景品玉排出口底面20と既存の上皿底面である水平底面11bとの間には、景品玉排出口底面20と水平底面11bとの段差Kが設けられている。この段差Kは、景品玉排出口3bから排出されるパチンコ玉を支障無く水平底面11bに導出するためにどの上皿にも設けられているものであり、本発明の第3実施例はこの段差Kを利用し、予め傾斜を設けて構成された可動傾斜ユニット16を図8に示すように、上皿9bに設置することで、既存の上皿底面上においても傾斜を設けることを可能としたものである。以下、詳細な説明をする。

0054

図8に示した可動傾斜ユニット16は、可動底面21の下流側(図面左側)の端部を軸19を介して土台22に支持させると共に、可動底面21の上流側(図面右側)端部の下側には、弾性部材としてのバネ17がバネ受板18と可動底面21との間に装着されて構成されており、可動底面21は土台22に対し軸19を支点にして上下方向に揺動可能になっている。また、図7に示すように、可動傾斜ユニット16は、平面視した場合、遊技領域2側(図7における上側)が折り返し部12b側(図7における下側)より幅広に形成された略台形状に構成されており、境界部13bは、平面視した場合、斜線13sを形成している。

0055

このように構成された可動傾斜ユニット16は、可動底面21にパチンコ玉による負荷がかかっていないときには、バネ17の付勢力により軸19を支点に可動底面21は押し上げられ、遊技領域2側に向けて下り傾斜(5分程度)を形成する。従って、可動底面21と水平底面11bとの境目である境界部13bは、図8に示すように、遊技領域2側から折り返し部12b側に向かうにつれ、徐々に可動底面21と水平底面11bとの段差(DH)が大きくなっている。一方、可動底面21にパチンコ玉による負荷がかかっているときには、可動底面21の重量(パチンコ玉の重量を含む)がバネ17の付勢力より大きくなるため、可動底面21は、図9に示すように、軸19を支点として揺動し、水平位置に押し下げられる。つまり、可動底面21と水平底面11bとは、その段差(DL)が略水平になっている。即ち、可動傾斜ユニット16は、パチンコ玉による負荷状況により可動底面21が揺動し、上皿9bに対し傾斜底面と水平底面とを形成することができるようになっている。

0056

以上のように、第3実施例の可動傾斜ユニット16によれば、通常玉貸機30からパチンコ玉を借り入れるときには、上皿9b(可動底面21)にパチンコ玉は殆ど残っていない状態であるため、可動底面21はバネ17の付勢力により、軸19を支点に押し上げられた図8のような状態になっている。この状態で玉貸機30の玉案内体31bから貸し出されたパチンコ玉(図示省略)は、可動底面ユニット16で跳ねるとき、バネ17によりパチンコ玉の可動底面21に対する衝撃をやわらげると共に、全て遊技領域2側に向かって跳ね、前述したように、上皿9bの外側に跳び出すことはない。また、可動底面21上にパチンコ玉が増えてくると、可動底面21の重量がバネ17の付勢力より大きくなり、可動底面21は図9に示すように、軸19を支点とする水平位置に押し下げられる。このとき、可動底面21に左右方向の傾斜が無くなるため、傾斜によるパチンコ玉の玉圧が少なくなる。

0057

つまり、実施例1、実施例2においては、上皿底面に傾斜が設けられているため、傾斜によるパチンコ玉の玉圧、即ち整流部15b上にあるパチンコ玉に対する玉圧が少なからずかかっていたが、実施例3のように、既存上皿底面の所定部分を可動底面21である可動傾斜ユニット16とすることにより、上皿9bにパチンコ玉が増えてくると、自動的に可動底面21に傾斜が無くなるため、当該傾斜による玉圧が皆無となり、上皿9bにおいて玉流れが悪くなったり、いわゆるブリッジ等の玉詰まりが起こることがない。

0058

また、可動底面21にパチンコ玉が多くあるときには、遊技者は玉貸機30からパチンコ玉を借り入れる必要はないので、可動底面21が水平になっていても問題はない。仮に、玉貸機30から貸し出されたとしても、貸し出されたパチンコ玉は可動底面21上ではなく、貯留されているパチンコ玉の上に払い出されるので、払い出されたパチンコ玉は殆ど跳ねることがなく、上皿9bの外側に跳び出してしまうことはない。

0059

また、可動底面21と水平底面11bとの境目に、可動底面21と水平底面11bとの段差(DH、DL)が生じることで(図8図9参照)、パチンコ玉が可動底面21から水平底面11bに流下する際、玉流れに勢いが付き、その勢いによって整流部15bまでの玉流れが良くなる。一方、可動底面21は、前述した略台形形状により境界部13bの箇所が斜線13sとなっており、段差が大きくなる折り返し部12b側ほど整流部15bから遠くなるように形成されているので、可動底面21自身を大きく形成しつつ、段差による玉圧で整流部15上にあるパチンコ玉に対する玉圧を最小限におさえることができ、玉詰まり等を減少させることができる。その他、第1、第2実施例と同様な構成については、第1、第2実施例と同様な効果を奏するので、説明を省略する。

0060

また、図10に示した傾斜ユニット23は、第3実施例の変形例であり、該傾斜ユニット23は、遊技領域2側に向けて下り傾斜を設けて一体成形したものであり、予め上皿9bの形状に合わせた傾斜ユニット23を、景品玉排出口底面20と水平底面11bとの段差Kを利用して上皿9bに設置することにより、傾斜ユニット23の斜面が上皿底面となり、第1、第2実施例と略同様な効果が得られる。

0061

また、傾斜ユニット23を、上皿9bに装着するのに、両面テープやのり等により接着しても良いが、図10に示したように、傾斜ユニット23底部分に予めゴム24を設け、該ゴム24にて装着するようにすれば、容易且つ強固に傾斜ユニット23を上皿9bに装着することができる。なお、本実施例では、ゴムを使用して説明したが、上皿との装着が容易且つ強固になるものならば良く、例えば、粘着性スポンジ係止爪を利用してもかまわない。

0062

以上説明した第3実施例では、上皿の傾斜部分をユニット化することにより、現在使用されている上皿にも利用可能であるのはもちろんのこと、上皿に合わせて設計変更できるメリットがある。

0063

また、上述した第1,第2、第3実施例の上皿9、9a、9bでは、パチンコ遊技において入賞したことにより、図示しない景品玉払出装置から払い出される景品玉が、景品玉排出口3、3a、3bより勢いよく排出されたときにおいても、上述した理由と略同様な理由により、上皿9、9a、9bから外側へパチンコ玉が跳び出すことを防止することができる。

図面の簡単な説明

0064

図1パチンコ機全体斜視図。
図2本発明における実施例1の上皿を示す平面図。
図3図2のA−A断面図。
図4図2のAX−AX断面図。
図5本発明における実施例2の上皿を示す平面図。
図6図5のB−B断面図。
図7本発明における実施例3の上皿を示す平面図。
図8可動底面を使用した可動底面ユニットを示す図7のC−C断面図の玉無し状態図。
図9可動底面ユニットを示す図7のC−C断面図の玉有り状態図。
図10傾斜ユニットを示す図7のC−C断面図の玉無し状態図。
図11従来の上皿を示す平面図。
図12図11のJ−J断面図。
図13従来の上皿底面におけるパチンコ玉の跳ね返り例を示す説明図。

--

0065

1…パチンコ機
2…遊技領域
3・3a・3b…景品玉排出口
9・9a・9b・109…上皿
10・10a…傾斜底面
11・11a・11b・111…水平底面
12・12a・12b・112…折り返し部
13・13a・13b…境界部
13s…斜線
14・14a・14b・114…カバー部
14k・114k…傾斜壁
15・15a・15b・115…整流部
16…可動傾斜ユニット
17…バネ
18…バネ受板
19…軸
20…景品玉排出口底面
21…可動底面
22…土台
23…傾斜ユニット
24…ゴム
30…玉貸機
31・31a・31b・131…玉案内体
32・32a・32b・132…玉出口
P1,P2,P3…パチンコ玉
Xa、DL、DH、K…段差
La、Ha、L、H…ライン
M…中点

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】遊技者の興趣の低下を抑制する。【解決手段】遊技機は、遊技媒体が遊技領域にある所定の通過口を通過することに基づいて抽選情報を取得し、抽選情報に基づいて当りであるかを判定し、開始条件の成立に基づい... 詳細

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 従来に比べて不具合の発生を抑制することができる遊技機を提供する。【解決手段】 枠本体の後側に設けられると共に、遊技機外部から遊技球を受け入れて下流側に誘導する遊技球供給部を備える遊技機で... 詳細

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 従来に比べて不具合の発生を抑制することができる遊技機を提供する。【解決手段】 枠本体の後側に設けられると共に、遊技機外部から遊技球を受け入れて下流側に誘導する遊技球供給部を備える遊技機で... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ