図面 (/)

技術 電子カメラ

出願人 オリンパス株式会社
発明者 冨澤将臣
出願日 1999年12月27日 (20年11ヶ月経過) 出願番号 1999-371662
公開日 2001年7月6日 (19年4ヶ月経過) 公開番号 2001-186406
状態 未査定
技術分野 カメラ一般 スタジオ装置 スタジオ装置
主要キーワード 条件履歴 撮影実績 マニュアル制御 カメラ条件 カスタムモード 複数条件 撮影回路 カスタムボタン
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年7月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

過去の撮影処理に基づいたユーザ特有撮影条件を迅速に設定することを可能とする電子カメラを提供する。

解決手段

システムコントローラ27は、この電子カメラ内の各部を制御しており、カスタム条件設定部29とカスタム条件格納部30とを有している。このカスタム条件格納部30は、実際に行われた撮影処理に対応して、そのときの撮影条件をカスタム条件現在値aとして保存する。そして、カスタム条件設定部29は、モードダイヤル2によりカスタム撮影モードが設定されたときに、カスタム条件格納部30からこのカスタム撮影条件を読み出し撮影制御部28の各制御処理の何れかに、この読み出した撮影条件に基づいた撮影処理を行わせる。

概要

背景

近年のカメラ半導体技術の発展に伴って高度に電子化され、マイコンなどの自動制御によって撮影処理が実行される場合も多くなってきている。

この自動制御撮影のうち、例えば絞り優先撮影においては、絞り値を指定すると、測光結果に基づいてシャッタ速度が自動的に計算され撮影される。また、シャッタスピード優先撮影では、シャッタ速度を指定することで、適切な絞り値が自動的に計算される。さらに、予め設定されたプログラム線図に基づいて絞り値およびシャッタ速度のすべてを自動的に決定するプログラム撮影等がある。

また、一方で、絞り値やシャッタ速度等をすべてマニュアルで設定するマニュアル撮影モードが設けられるカメラも多い。

さらに、特開平5−034791号公報には、バーコードを読み取ることで、ポートレート撮影、風景撮影、クローズアップ撮影等に適した撮影条件を設定できる技術が開示されている。また、特開平5−260364号公報には、電子スチルカメラにおいて記録媒体に格納された画像サンプル再生し、その再生画像に対応する撮影条件に設定可能とする技術が開示されている。

概要

過去の撮影処理に基づいたユーザ特有の撮影条件を迅速に設定することを可能とする電子カメラを提供する。

システムコントローラ27は、この電子カメラ内の各部を制御しており、カスタム条件設定部29とカスタム条件格納部30とを有している。このカスタム条件格納部30は、実際に行われた撮影処理に対応して、そのときの撮影条件をカスタム条件現在値aとして保存する。そして、カスタム条件設定部29は、モードダイヤル2によりカスタム撮影モードが設定されたときに、カスタム条件格納部30からこのカスタム撮影条件を読み出し撮影制御部28の各制御処理の何れかに、この読み出した撮影条件に基づいた撮影処理を行わせる。

目的

この発明は、このような事情を考慮してなされたものであり、その第1の目的は、過去の撮影実績に基づいて撮影条件が設定され、かつ、設定変更しない限りこの撮影条件を定常的に利用可能な新たな撮影モードを付加することができる電子カメラを提供することにある。

また、第2の目的は、外部の記憶媒体によらずにユーザの個人的な撮影条件が迅速に設定され、かつ、設定変更しない限りこの撮影条件を定常的に利用可能な新たな撮影モードを付加することができる電子カメラを提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

半導体撮像素子により被写体像撮影する電子カメラにおいて、不揮発性メモリ装置と、過去の撮影実績に基づいた撮影条件を前記メモリ装置に格納する撮影条件格納手段と、それぞれに固有の撮影条件が割り当てられた複数の撮影モードの中からいずれかの撮影モードを選択する撮影モード選択手段と、前記撮影モード選択手段により所定の撮影モードが選択されたときに、前記メモリ装置に格納された撮影条件を設定する撮影条件設定手段と、前記撮影条件設定手段により設定された撮影条件を用いて撮影処理を実行する撮影制御手段と、を具備したことを特徴とする電子カメラ。

請求項2

半導体撮像素子により被写体像を撮影する電子カメラにおいて、不揮発性のメモリ装置と、それぞれに固有の撮影条件が割り当てられた複数の撮影モードの中からいずれかの撮影モードを選択する撮影モード選択手段と、前記撮影モード選択手段による撮影モードの選択に伴って設定される撮影条件を修正する撮影条件修正手段と、所定の操作が行われたときに、その時点で設定中の撮影条件を前記メモリ装置に格納する撮影条件格納手段と、前記撮影モード選択手段により所定の撮影モードが選択されたときに、前記メモリ装置に格納された撮影条件を設定する撮影条件設定手段と、前記撮影条件設定手段により設定された撮影条件を用いて撮影処理を実行する撮影制御手段と、を具備したことを特徴とする電子カメラ。

請求項3

前記撮影条件格納手段は、複数の撮影条件を前記メモリ装置に格納し、前記撮影条件設定手段は、前記複数の撮影条件の中から選択指示された撮影条件を設定することを特徴とする請求項1または2記載の電子カメラ。

請求項4

前記撮影条件格納手段は、複数世代の撮影条件とその履歴とを前記メモリ装置に格納し、前記撮影条件設定手段は、現在の撮影条件を解除する旨が指示される毎に、前記履歴から時系列的に1つ前の撮影条件を得て再設定することを特徴とする請求項1または2記載の電子カメラ。

技術分野

0001

この発明は、半導体撮像素子により被写体像撮影する電子カメラ係り、特に、過去の撮影実績に基づいたユーザ特有撮影条件を迅速に設定することを可能とする電子カメラに関する。

背景技術

0002

近年のカメラ半導体技術の発展に伴って高度に電子化され、マイコンなどの自動制御によって撮影処理が実行される場合も多くなってきている。

0003

この自動制御撮影のうち、例えば絞り優先撮影においては、絞り値を指定すると、測光結果に基づいてシャッタ速度が自動的に計算され撮影される。また、シャッタスピード優先撮影では、シャッタ速度を指定することで、適切な絞り値が自動的に計算される。さらに、予め設定されたプログラム線図に基づいて絞り値およびシャッタ速度のすべてを自動的に決定するプログラム撮影等がある。

0004

また、一方で、絞り値やシャッタ速度等をすべてマニュアルで設定するマニュアル撮影モードが設けられるカメラも多い。

0005

さらに、特開平5−034791号公報には、バーコードを読み取ることで、ポートレート撮影、風景撮影、クローズアップ撮影等に適した撮影条件を設定できる技術が開示されている。また、特開平5−260364号公報には、電子スチルカメラにおいて記録媒体に格納された画像サンプル再生し、その再生画像に対応する撮影条件に設定可能とする技術が開示されている。

発明が解決しようとする課題

0006

ところで、そもそもカメラ撮影においては、撮影者個人の好みや感覚によって微妙な撮影条件が設定されることが多い。しかも、写真撮影、例えば野外での撮影等においては、撮影条件設定の迅速性や正確な再現を要することがある。例えばある撮影条件で撮影を行い、しばらく他の撮影を行って再び先の条件で撮影を行いたいことがある。

0007

このような場合には、バーコードや記録媒体からいちいち画像再生を行って条件を設定し直すのは煩雑である。また、最初に読み取った条件からさらに撮影条件が修正されている場合には、同一条件をバーコードや記録媒体から読み取ることができない。

0008

また、特に迅速性を要する場合でなくても、個人の好みに対応する特殊な撮影条件をいちいちバーコードやメモリカードから読み取って設定するのは煩雑であり、簡単な設定で、カメラの撮影機能をそのユーザ専用に修正できるようになっていると便利である。すなわち、個人的なカメラ撮影の世界では、カメラ所有者個人の撮影実績が後の撮影に重要な影響を与えることが多い。カメラ撮影の結果に対する評価は、個人の感覚に負うところが大きいためである。

0009

したがって、メーカにより予め与えられた自動条件を変更し、定常的にある撮影条件を修正して撮影できるように設定したいと考える場合もある。例えばあるカメラのプログラムモードでは常に露出オーバーぎみと考えるユーザがいるときに、そのユーザが撮影するときには常にマイナス露出補正で撮影できるようになっていると便利である。このような撮影を行うには、いちいち露出補正の設定を行えば実現できるが、ユーザが、そのような知識に乏しい場合やカメラの対する知識がほとんどない場合には、露出補正設定が困難となる場合もある。

0010

この発明は、このような事情を考慮してなされたものであり、その第1の目的は、過去の撮影実績に基づいて撮影条件が設定され、かつ、設定変更しない限りこの撮影条件を定常的に利用可能な新たな撮影モードを付加することができる電子カメラを提供することにある。

0011

また、第2の目的は、外部の記憶媒体によらずにユーザの個人的な撮影条件が迅速に設定され、かつ、設定変更しない限りこの撮影条件を定常的に利用可能な新たな撮影モードを付加することができる電子カメラを提供することにある。

課題を解決するための手段

0012

前述した目的を達成するために、この発明は、半導体撮像素子により被写体像を撮影する電子カメラにおいて、不揮発性メモリ装置と、過去の撮影実績に基づいた撮影条件を前記メモリ装置に格納する撮影条件格納手段と、それぞれに固有の撮影条件が割り当てられた複数の撮影モードの中からいずれかの撮影モードを選択する撮影モード選択手段と、前記撮影モード選択手段により所定の撮影モードが選択されたときに、前記メモリ装置に格納された撮影条件を設定する撮影条件設定手段と、前記撮影条件設定手段により設定された撮影条件を用いて撮影処理を実行する撮影制御手段と、を具備したことを特徴とする。

0013

電子カメラの多くには、プログラムモードや絞り優先撮影モード等の種々の撮影モードが設けられる。しかしながら、これらのモードはカメラメーカによって与えられるにすぎない。そこで、この発明の電子カメラにおいては、撮影者個人の撮影実績に基づいた撮影条件を設定可能とし、これを不揮発性メモリに保存するとともに、撮影モードに個人的撮影モード(カスタムモード)を設けて個人専用の撮影モードを付加できるようにした。これにより、カメラのカスタマイズが容易に可能となる。また、電子カメラでは、撮影した画像を直後に再生できるので、従来の銀塩カメラと違い、直前に撮影した条件を参考にして、次の撮影条件を設定するのが合理的な手法である。本発明では、過去の撮影条件を記憶し、再現して撮影することが容易にできるようにしたので、ユーザの希望の撮影がより容易に行える。

0014

また、この発明は、半導体撮像素子により被写体像を撮影する電子カメラにおいて、不揮発性のメモリ装置と、それぞれに固有の撮影条件が割り当てられた複数の撮影モードの中からいずれかの撮影モードを選択する撮影モード選択手段と、前記撮影モード選択手段による撮影モードの選択に伴って設定される撮影条件を修正する撮影条件修正手段と、所定の操作が行われたときに、その時点で設定中の撮影条件を前記メモリ装置に格納する撮影条件格納手段と、前記撮影モード選択手段により所定の撮影モードが選択されたときに、前記メモリ装置に格納された撮影条件を設定する撮影条件設定手段と、前記撮影条件設定手段により設定された撮影条件を用いて撮影処理を実行する撮影制御手段と、を具備したことを特徴とする。

0015

前述したように、電子カメラでは、撮影した画像を直後に再生できるので、従来の銀塩カメラと違い、直前に撮影した条件を参考にして、次の撮影条件を設定するのが合理的な手法である。本発明では、過去の撮影条件を記憶し、一部を修正等して撮影することが容易にできるようにしたので、ユーザの希望の撮影がより容易に行える。また、この発明の電子カメラにおいては、撮影処理のために設定される撮影条件をこの電子カメラ内でそのまま保存するようにしたため、外部の記憶媒体に頼ることなく、個人的な撮影条件を迅速に設定でき、また、この設定された撮影条件を個人的な撮影モードにて他のモードとは別途に利用できることになる。

0016

また、この発明の電子カメラは、前記撮影条件格納手段が、複数の撮影条件を前記メモリ装置に格納し、前記撮影条件設定手段が、前記複数の撮影条件の中から選択指示された撮影条件を設定することを特徴とする。

0017

この発明の電子カメラにおいては、複数の個人的な撮影条件の中から撮影状況に応じて所望の撮影条件を選択し設定することが可能となる。

0018

また、この発明の電子カメラは、前記撮影条件格納手段が、複数世代の撮影条件とその履歴とを前記メモリ装置に格納し、前記撮影条件設定手段が、現在の撮影条件を解除する旨が指示される毎に、前記履歴から時系列的に1つ前の撮影条件を得て再設定することを特徴とする。

0019

個人的撮影モードで設定される撮影条件は、複数から選択するよりも一種類の方が取り扱いの勝手は良い。しかしながら、過去に用いた他の条件を利用したい場合もある。そこで、この発明の電子カメラでは、複数条件からの選択とカメラの取り扱い勝手とのバランスを考慮し、過去に設定したカメラ条件を時系列的に復活できるようにした。

発明を実施するための最良の形態

0020

以下、図面を参照してこの発明の実施形態を説明する。
(第1実施形態)まず、この発明の第1実施形態について説明する。

0021

図1は、この発明の第1実施形態に係る電子カメラを上から見た場合の外観図である。図1に示すように、この電子カメラは、OVF(光学ファインダ)はなく、覗き込み型EVF(エレクトロビューファインダ)1が用いられる。モードダイヤル2は、プログラム撮影モード(P)、絞り優先撮影モード(A)、シャッタ速度優先撮影モード(S)、マニュアル撮影モード(M)、カスタム撮影モード(C)および再生モードを切り替える。

0022

操作キー3は、各種の操作入力を行うためのものであり、十字式の入力キーで構成される。操作ダイヤル4も操作入力を行うためのものであるが、撮影者がEVF1やカメラ背面にある大型の再生用液晶パネルを見ながら、ある程度限定された種類の入力を行うものである。そして、レリーズタン5を押すことにより撮影が実行される。また、カスタムボタン6やリセットキー7も設けられる。

0023

コントロールパネル8は、後述するシステムコントローラ27によって表示制御され、撮影モードや条件、残撮影可能枚数等が表示される。なお、EVF1や再生用液晶パネルからも撮影条件は表示される。

0024

図2は、この電子カメラのシステム構成を示す図である。

0025

この電子カメラにおいては、被写体像からの光束がレンズ系11、絞り12、シャッタ13を介してCCD14に入射し、CCD14の各素子電荷蓄積される。また、CCD14からの読み出し時にはシャッタ13は閉じられる。

0026

CCD14には、撮影回路15が付属しており、この撮影回路15によって、露光、読み出し、素子シャッタ、電力供給等が制御される。また、CCD14からの出力は、A/D変換器を16経て一旦DRAM17に格納された後、画像処理部18によって写真用静止画情報に変換され、バッファメモリ19に格納される。さらに、圧縮伸長部20により圧縮処理(JPEG)されて、記録媒体21に格納される。記録媒体21は、例えば光磁気ディスク磁気ディスク、さらにはフラッシュメモリ等が用いられる。

0027

画像処理部18によって静止画処理された画像は、表示制御部22により保存前に確認画像(RECビュー)としてカメラ背面の再生用液晶パネル(TFTパネル)23から表示可能である。また、一旦記録媒体21に格納された記録画像も圧縮伸長部22にて伸長処理されて一旦バッファメモリ19に格納され、さらに、再生用液晶パネル23から表示可能となっている。

0028

一方で、A/D変換器16からのCCD出力は、EVF用画像処理部24によって動画像表示可能な状態に処理され、表示制御部25により、スルー画像動画像)としてEVF用液晶パネル26に表示される。このEVF用液晶パネル26は、液晶パネル(TFTパネル)にレンズが設けられた覗き込み型EVFである。なお、この発明の適用は、EVFを用いる場合に限られるのでなく、OVFを用いてもよい。

0029

システムコントローラ27は、カメラ内の各部を制御する(AF自動合焦)処理、AE自動露出)処理、撮影回路、その他すべて(少なくとも矢印線で示す部分))。また、各種の操作ボタン(レリーズボタン5、操作キー3等)からの各種操作入力を受け付け、その入力に応じた制御を実行する。また、各種情報をコントロールパネル8に表示させる。さらに、このシステムコントローラ27は、撮影制御部28と、カスタム条件設定部29、カスタム条件格納部30および撮影条件入力受付部31を少なくとも有する。

0030

撮影条件入力受付部31は、レリーズボタン5、操作キー3、モードダイヤル2、操作ダイヤル4、リセットキー7からの撮影条件入力を受け付け、撮影制御部28またはカスタム条件設定部29に引き渡す。

0031

撮影制御部28は、マニュアル制御処理部32と、プログラム制御処理部33と、絞り優先制御処理部34と、シャッタ速度優先制御処理部35とを備え、モードダイヤル2により設定されるモードでの撮影を実行する。また、各制御処理部は、撮影条件を保持するとともに、カスタム条件設定部29から撮影制御依頼があった場合には、指定された撮影条件で自己担当するモードで撮影処理を行う。また、撮影制御部28は、特に図示しないが、A/D変換器16からCCD出力を取得し、露出のための測光やAF処理も行う。

0032

カスタム条件設定部29は、モードダイヤル2によりカスタム撮影モードが設定されたとき、すなわち、モードダイヤル2がカスタム撮影モードにセットされたときに、カスタム条件格納部30からカスタム撮影条件(カスタム条件または撮影用のカメラ条件ともいう)を読み出し、撮影制御部28の各制御処理部のいずれかに、この読み出したカスタム撮影条件に基づいた撮影処理を行わせる。

0033

このカスタム撮影条件は、実際に撮影が行われたときの撮影条件がカスタム条件現在値aとして保存されたものである。カスタム撮影条件aは、マニュアル撮影モード、プログラム撮影モード、絞り優先撮影モード、シャッタ速度優先撮影モードのうち、何れの撮影モードで撮影を実行するかの撮影モードの指定と、その撮影モードで設定されるべき各種の撮影条件とからなっている。ここでいう撮影条件には、シャッタ速度、絞り値、露出補正値ストロボ発光制御条件ホワイトバランス条件等がある。これらの撮影条件は、操作キー3により設定入力できる。

0034

また、カスタム条件設定部29は、何れかの撮影モードにおいてカスタムボタン6が押されたときに、その撮影モード情報および対応する制御処理部がその時点で保持する撮影情報をカスタム条件格納部30のカスタム条件現在値aとして格納する。このカスタム条件格納部30には、カスタム条件履歴格納部が設けられ、最新のカスタム条件現在値が更新される毎に、それ以前のカスタム条件が同履歴格納部にカスタム条件履歴bとして保存されるようになっている。

0035

さらに、カスタム条件設定部29は、カスタムボタン6を押したままの状態でリセットキー7が押されたときに、カスタム条件現在値aをクリアし、同現在値の一つ前に設定されていたカスタム条件をカスタム条件現在値aとして再設定する。この一つ前の値は、カスタム条件履歴bから読み出される。また、このカスタム条件現在値aは、操作キーの入力により変更可能となっている。

0036

カスタム条件格納部30は、フラッシュメモリやバッテリバックアップRAM等の不揮発性メモリから構成されており、電源を切っても内容が消えないため、カスタム現在値をいつでも利用できる。

0037

これにより、例えば予め与えられるプログラムモードに対して露出補正を固定的に行う場合には、このプログラムモードをカスタマイズしたカスタム現在値を保持しておき、必要に応じて読み出して利用すればよい。

0038

次に、図3乃至図5を参照してこの電子カメラの動作を説明する。図3は、この電子カメラの撮影処理に関する動作手順を示すフローチャートである。

0039

この電子カメラは、撮影モード時(ステップA1のYES)、まず、各モードが要求する撮影条件の設定を行う(ステップA2)。図4は、この撮影条件の設定に関する動作手順を詳細に示すフローチャートである。

0040

撮影条件の設定の際は、まず、カスタムモードかどうかを判断し(ステップB1)、カスタムモードであれば(ステップB1のYES)、カスタム条件格納部30からカスタム撮影条件を読み出して表示する(ステップB2)。ここで、カスタム条件に変更があれば(ステップB3のYES)、カスタムボタン6を押した状態でリセットキー7が押されたかどうかを判断する(ステップB4)。カスタムボタン6を押した状態でリセットキー7が押されていなければ(ステップB4のNO)、条件変更入力を受け付け(ステップB5)、この変更された撮影条件を新たなカスタム条件として保存する(ステップB6)。

0041

一方、カスタムボタン6を押した状態でリセットキー7が押されていれば(ステップB4のYES)、現在カスタム条件格納部30に設定されているカスタム条件をクリアし、1つ前に設定されていたカスタム条件を現在値として保存し直して表示する(ステップB7)。そして、このカスタム条件が示す撮影モードの制御処理に、カスタム条件に基づく撮影条件を設定する(ステップB8)。

0042

また、カスタムモードでなければ(ステップB1のNO)、各モードが要求する撮影条件設定があるかどうかを判断し(ステップB9)、あれば(ステップB9のYES)、その撮影条件を設定する(ステップB10)。

0043

撮影条件の設定が終了すると、今度はレリーズボタン5が押されたかどうかを判断し(ステップA3)、押されていれば(ステップA3のYES)、設定されたモードおよび撮影条件により撮影処理を実行する(ステップA4)。図5は、この撮影処理に関する動作手順を詳細に示すフローチャートである。

0044

撮影処理の際は、まず、カスタムモードかどうかを判断し(ステップC1)、カスタムモードであれば(ステップC1のYES)、カスタム条件が示す撮影モードによる撮影処理を実行する(ステップC2)。一方、カスタムモードでなければ(ステップC1のNO)、各モードにおける撮影処理を実行する(ステップC3)。

0045

そして、この撮影処理が終了すると、カスタムボタン6が押されたかどうかを判断し(ステップA5)、押されていれば(ステップA5のYES)、直前に撮影された撮影条件でカスタム条件を保存する(ステップA6)。

0046

以上のように、この電子カメラにおいては、過去に撮影処理で用いられた撮影者個人の撮影条件を迅速に設定することが可能となる。

0047

(第2実施形態)次に、この発明の第2実施形態について説明する。

0048

図6は、この発明の第2実施形態に係る電子カメラのシステム構成を示す図である。前述した第1実施形態の電子カメラでは、カスタム撮影条件は、カスタム条件現在値aとして常に1つのみ設定できるようになっていたが、この第2実施形態の電子カメラでは、カスタム条件格納部30内にカスタム条件設定スロットを複数設け、複数のカスタム条件から所望のカスタム条件を選択して設定できるようにしたことを特徴とする。これに対応して、カスタム条件設定およびカスタム撮影モードでの処理が第1実施形態と多少異なっている。

0049

つまり、何れかの撮影モードでカスタムボタン6を押すと、各設定スロットの内容が、EVF用液晶パネル26および再生用液晶パネル23に表示され、操作ダイヤル4により選択可能な状態となる。ここで、操作ダイヤル4を回転させると、順次設定スロットが選択されていくので、所望のスロットのところでカスタムボタン6を押すと、直前に撮影された撮影条件および撮影モード情報がそのスロット上のカスタム撮影条件として設定される。

0050

また、カスタム撮影モードにモードダイヤル2を設定すると、同様に各設定スロット内のカスタム条件が表示されるので、操作ダイヤル4で選択し、カスタムボタン6を押すと、選択されたカスタム条件で撮影可能な状態となる。

0051

なお、この第2実施形態では、複数のスロットそれぞれにカスタム条件を設定し、所望のカスタム条件を選択できるので、第1実施形態のようにカスタム条件格納部30に現在値a、履歴bに相当する部分はない。したがって、カスタムボタン6+リセットキー7で現在値がクリアされるという仕組みは特にもたなくてよい。

0052

ここで、図7および図8を参照してこの電子カメラの動作を説明する。なお、第1実施形態の電子カメラと比較して、撮影条件の設定(図3のステップA2)とカスタム条件の格納(図3のステップA6)とが異なるのみであるので、以下では、この異なる部分のみ説明する。

0053

図7は、この電子カメラの撮影条件の設定に関する動作手順を詳細に示すフローチャートである。

0054

まず、カスタムモードかどうかを判断し(ステップD1)、カスタムモードであれば(ステップD1のYES)、カスタム条件格納部30からすべてのカスタム撮影条件を読み出して一覧表示する(ステップD2)。そして、操作ダイヤル4によるカスタム条件の選択が行われる(ステップD3)。ここで、カスタム条件に変更があれば(ステップD4のYES)、条件変更入力を受け付け(ステップD5)、この変更された撮影条件を新たなカスタム条件として保存する(ステップD6)。また、このカスタム条件が示す撮影モードの制御処理に、カスタム条件に基づく撮影条件を設定する(ステップD7)。

0055

また、カスタムモードでなければ(ステップD1のNO)、各モードが要求する撮影条件設定があるかどうかを判断し(ステップD8)、あれば(ステップD8のYES)、その撮影条件を設定する(ステップD9)。

0056

図8は、この電子カメラのカスタム条件の格納に関する動作手順を詳細に示すフローチャートである。

0057

まず、カスタム条件格納部30からすべての条件設定スロットを読み出し、その内容を一覧表示する(ステップE1)。この表示に応じて、操作ダイヤル4による設定スロットの選択が行われる(ステップE2)。次に、カスタムボタン6が押されたかどうかを判断し(ステップE3)、押されていれば(ステップE3のYES)、選択された設定スロットに直前に撮影された撮影条件でカスタム条件を保存する(ステップE4)。

0058

以上のように、この電子カメラにおいては、撮影者個人の撮影条件を複数保存し、状況に応じて所望の撮影条件を選択することが可能となる。

発明の効果

0059

以上詳述したように、この発明によれば、撮影者個人の撮影実績に基づいた撮影条件を設定可能とし、これを不揮発性メモリに保存するとともに、撮影モードに個人的撮影モード(カスタムモード)を設けて個人専用の撮影モードを付加できるようにしたことにより、カメラのカスタマイズを容易に可能とする。

0060

また、撮影処理のために設定される撮影条件をこの電子カメラ内でそのまま保存するようにしたため、外部の記憶媒体に頼ることなく、個人的な撮影条件を迅速に設定でき、また、この設定された撮影条件を個人的な撮影モードにて他のモードとは別途に利用することを可能とする。

図面の簡単な説明

0061

図1この発明の第1実施形態に係る電子カメラを上から見た場合の外観図。
図2同第1実施形態の電子カメラのシステム構成を示す図。
図3同第1実施形態の電子カメラの撮影処理に関する動作手順を示すフローチャート。
図4同第1実施形態の電子カメラの撮影条件の設定に関する動作手順を詳細に示すフローチャート。
図5同第1実施形態の電子カメラの撮影処理に関する動作手順を詳細に示すフローチャート。
図6同第2実施形態に係る電子カメラのシステム構成を示す図。
図7同第2実施形態の電子カメラの撮影条件の設定に関する動作手順を詳細に示すフローチャート。
図8同第2実施形態の電子カメラのカスタム条件の格納に関する動作手順を詳細に示すフローチャート。

--

0062

1…EVF(エレクトロビューファインダ)
2…モードダイヤル
3…操作キー
4…操作ダイヤル
5…レリーズボタン
6…カスタムボタン
7…リセットキー
8…コントロールキー
11…レンズ系
12…絞り
13…シャッタ
14…CCD
15…撮影回路
16…A/D変換器
17…DRAM
18…画像処理部
19…バッファメモリ
20…圧縮伸長部
21…記録媒体
22…表示制御部
23…再生用液晶パネル
24…EVF用画像処理部
25…表示制御部
26…EVF用液晶パネル
27…システムコントローラ
28…撮影制御部
29…カスタム条件設定部
30…カスタム条件格納部
31…撮影条件入力受け付け部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ